FC2ブログ

Latest Entries

幸福の生涯・・・・神の霊との交わりに生きる

190718(木)4時目覚め、37人+6家族の祈り。(汝の若き日に汝の創造主を憶えよ。伝道の書12:1) 4時20分起床。冷水洗顔上半身、体重測定(77.8キロ 体脂肪23% BMI28.9)血圧141-88 昨日HP「聖書研究の部」アクセス数 魚マーク ΙΧΘΥΣ・イエスス(イエス)、クリストス(キリスト)、セオス(神)、ヒュオス(子)、ソテル(救い主)=イクスス(魚) ●キリスト者の皆様お早うございます。毎朝の祈りのうちにある人が「幸福の生涯」を辿ってもらいたいと思う。その「幸福の生涯とは何か。それは旧約のユダヤ人の言葉である。偉大なるかなユダヤ人。


聖書協会共同訳2018

コヘレトの言葉121

 

l若き日に、あなたの造り主を心に刻め。

災いの日々がやって来て

「私には喜びがない」と言うよわいに

 近づかないうちに。

 

新共同訳1987

12:1 青春の日々にこそ、お前の創造主に心を留めよ。苦しみの日々が来ないうちに。「年を重ねることに喜びはない」と/言う年齢にならないうちに。

 

 

2太陽と光、月と星が闇にならないうちに。

雨の後にまた雲が戻ってこないうちに。

 

新改訳1970

12:1 あなたの若い日に、あなたの創造者を覚えよ。わざわいの日が来ないうちに、また「何の喜びもない。」と言う年月が近づく前に。

 

口語訳1955

12:1 あなたの若い日に、あなたの造り主を覚えよ。悪しき日がきたり、年が寄って、「わたしにはなんの楽しみもない」と言うようにならない前に、

 

文語訳1917

伝道者の書

12:1
汝の少き日に汝の造主を記えよ即ち惡き日の來り年のよりて我は早何も樂むところ無しと言にいたらざる先


●新約ではⅠヨハ1:3-4である。有難きかなキリストの救い

Ⅰヨハ1:3-4


聖書協会共同訳2018

3私たちが見たもの、聞いたものを

あなたがたにも告げ知らせるのは

あなたがたも、私たちと交わりを

 持つようになるためです。

私たちの交わりとは

御父(おんちち)と御子イエス・キリストとの交わりです。

 

岩波翻訳委員会訳1995

620103私たちが見たもの、聞いたものをあなたがたにも告げ知らせる。それはあなたがたも私たちとの交わりに与かるようになるためである。私たちの交わりとは父とその御子イエス・キリストとの交わりである。

 

新共同訳1987

1:3 わたしたちが見、また聞いたことを、あなたがたにも伝えるのは、あなたがたもわたしたちとの交わりを持つようになるためです。わたしたちの交わりは、御父と御子イエス・キリストとの交わりです。

 

前田訳1978

1:3 われらが見聞きしたものをお知らせするのは、あなた方もわれらと交わりを共になさるためです。われらの交わりとは父とみ子イエス・キリストとともにあることです。

 

新改訳1970

1:3 私たちの見たこと、聞いたことを、あなたがたにも伝えるのは、あなたがたも私たちと交わりを持つようになるためです。私たちの交わりとは、御父および御子イエス・キリストとの交わりです。

 

塚本訳1963

1:3 わたし達が見たもの、また聞いたものを、あなた達にも告げる。あなた達もわたし達と(霊の)交わりを持つためである。しかしわたし達のこの交わりは、(他方においては)父(なる神)とその子イエス・キリストとの交わりである。

 

口語訳1955

1:3 すなわち、わたしたちが見たもの、聞いたものを、あなたがたにも告げ知らせる。それは、あなたがたも、わたしたちの交わりにあずかるようになるためである。わたしたちの交わりとは、父ならびに御子イエス・キリストとの交わりのことである。

 

文語訳1917

"620103","我らの見しところ聞きし所を汝らに告ぐ、これ汝等をも我らの交際に與らしめん爲なり。我らは父および其の子イエス・キリストの交際に與るなり。"

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の啓示と黙想おわり。幸福の生涯とは、神とキリストの霊との交わり。


このことは新約ではで次のように言う。偉大なるかなありがたきかなキリストの救い。


Ⅰヨハ1:3-4

 

聖書協会共同訳2018

3わたしたちが見たもの、聞いたものを

あなたがたにも告げ知らせるのは

あなたがたも、わたしたちと交わりを

 持つようになるためです。

わたしたちの交わりとは

御父と御子イエス・キリストとの交わりです。

4わたしたちがこれを書き送るのは

わたしたちの事喜びが

 満ちあふれるようになるためです。

 

岩波翻訳委員会訳1995

620103私たちが見たもの、聞いたものをあなたがたにも告げ知らせる。それはあなたがたも私たちとの交わりに与かるようになるためである。私たちの交わりとは父とその御子イエス・キリストとの交わりである。

620104そして私たちがこれらのことを書くのは、私たちの喜びが満ち溢れるようになるためである。

 

新共同訳1987

1:3 わたしたちが見、また聞いたことを、あなたがたにも伝えるのは、あなたがたもわたしたちとの交わりを持つようになるためです。わたしたちの交わりは、御父と御子イエス・キリストとの交わりです。

1:4 わたしたちがこれらのことを書くのは、わたしたちの喜びが満ちあふれるようになるためです。

 

前田訳1978

1:3 われらが見聞きしたものをお知らせするのは、あなた方もわれらと交わりを共になさるためです。われらの交わりとは父とみ子イエス・キリストとともにあることです。

1:4 これをお書きするのはわれらのよろこびが全うされるためです。

 

新改訳1970

1:3 私たちの見たこと、聞いたことを、あなたがたにも伝えるのは、あなたがたも私たちと交わりを持つようになるためです。私たちの交わりとは、御父および御子イエス・キリストとの交わりです。

1:4 私たちがこれらのことを書き送るのは、私たちの喜びが全きものとなるためです。

 

塚本訳1963

1:3 わたし達が見たもの、また聞いたものを、あなた達にも告げる。あなた達もわたし達と(霊の)交わりを持つためである。しかしわたし達のこの交わりは、(他方においては)父(なる神)とその子イエス・キリストとの交わりである。

1:4 わたし達が(この手紙を)書くのは、(あなた達がわたし達との交わりに入り、)わたし達(が父と子と)の(交わりにおいてもっている)喜びが、完全なものとなるためである。

 

口語訳1955

1:3 すなわち、わたしたちが見たもの、聞いたものを、あなたがたにも告げ知らせる。それは、あなたがたも、わたしたちの交わりにあずかるようになるためである。わたしたちの交わりとは、父ならびに御子イエス・キリストとの交わりのことである。

1:4 これを書きおくるのは、わたしたちの喜びが満ちあふれるためである。

 

文語訳1917

"620103","我らの見しところ聞きし所を汝らに告ぐ、これ汝等をも我らの交際に與らしめん爲なり。我らは父および其の子イエス・キリストの交際に與るなり。"

"620104","此等のことを書き贈るは、我らの喜悦の滿ちん爲なり。

●このことを、主は次のように言う。偉大なるかな主の言葉。これは命の言葉だ。

ヨハネ4:23-24








真剣勝負の言葉・・・・主の怒鳴り声

190717(水)4時目覚め、「起きよ!」との心への声。37人+6家族の祈り。神が声をかけてくださいますように。4時20分起床。体重測定(78.0、体脂肪21 BMI29)血圧133-78 昨日のHP閲回数351 魚マークΙΧΘΥΣ・イエスス(イエス)、クリストス(キリスト)、セオス(神)、ヒュオス(子)、ソテル(救い主)=イクスス(魚) ●キリスト者の皆様お早うございます。昨日は能城一郎牧師(Jバイブルの開発者 讃美歌200曲作曲)長懇談した。中でも「説教とは聖霊に満たされて語る言葉」ということが心に残った。また今朝は「起きよ!」と天から声が響いたことを合わせて、「真剣勝負の言葉・・・・主の怒鳴り声」と題して、聖書のアチコチを並べてみよう。これ私の趣味、楽しみである。


塚本訳 マタ 4:10
4:10 そこでイエスは言われる、「引っ込んでいろ、悪魔(サタン)(聖書に)『あなたの神なる主をおがめ、』『主に』のみ『奉仕せよ』と書いてあるのだ。」

塚本訳 マコ 8:33
8:33 イエスは振り返って、弟子たちの見ている前でペテロを叱りつけられた、「引っ込んでろ、悪魔(サタン)!お前は神様のことを考えずに、人間のことを考えている!」

塚本訳 ヨハ 20:16-17
20:16 (こう言って、また墓の方を向いていると、)イエスが「マリヤ!」と言われる。マリヤが振り向いて彼に、ヘブライ語で「ラボニ!(すなわち「先生!」)と言う。(そしてイエスに抱きつこうとした。)
20:17 イエスが言われる、「わたしにすがりつくな。まだ父上の所に上っていないのだから。わたしの兄弟たち(弟子たち)の所に行って、『わたしは、わたしの父上、すなわちあなた達の父上、わたしの神、すなわちあなた達の神の所に上る』と言いなさい。」

塚本訳 ルカ 2:49-50
2:49 彼らに答えられた、「なぜおさがしになったのです。わたしが(天の)お父さまの家に居るのは当り前でしょう。御存知なかったのですか。」
2:50 両親にはこう言われた言葉(の意味)がわからなかった。


塚本訳 ルカ 7:14-15
7:14 近寄って棺に手をかけ──担いでいる者は立ち止まった──「若者よ、あなたに言う、起きよ!」と言われた。
7:15 すると死人が起き上がって物を言い出した。イエスは『彼を母に渡された。』

塚本訳 ルカ 8:52-55
8:52 (集まった)人々が皆泣いて、女の子のために悲しんでいた。イエスが言われた、「泣くな。死んだのではない、眠っているのだ。」
8:53 人々は死んだことを知っているので、あざ笑っていた。
8:54 しかしイエスは女の子の手を取り、声をあげて「子よ、起きなさい」と呼ばれると、
8:55 霊がもどって、即座に女の子は立ち上がった。イエスは(何か)食べさせるように言いつけられた。

塚本訳 ヨハ 11:42-44
11:42 (願わずとも)あなたはいつもわたしの願いを聞いてくださることを、わたしはよく知っております。しかしまわりに立っている人たちのために、(今わざと声を出して感謝を)申したのであります。(わたしの願いはなんでもきかれることを彼らに示して、)あなたがわたしを遣わされたことを信じさせるためであります。」
11:43 こう言ったのち、大声で、「ラザロ、出て来い」と叫ばれた
11:44 死人が手足を包帯で巻かれたまま、(墓から)出てきた。顔は手拭で包まれていた。イエスは「解いてやって(家に)帰らせなさい」と人々に言われた。

塚本訳 マコ 9:24-25
9:24 即座にその子供の父親が叫んだ、「信じます。不信仰をお助けください。」
9:25 イエスは群衆が駆けよってくるのを見ると、(急いで)汚れた霊を叱りつけて言われた、「唖と聾の霊、わたしが命令するのだ、この子から出てゆけ、二度と入るな!」

塚本訳 マタ 8:26-27
8:26 彼らに言われる、「なんでそんなに臆病なのか、信仰の小さい人たちよ」それから起き上がって風と湖とを叱りつけられると、(たちどころに)大凪になった。
8:27 人々は驚いて、「この方はどうした人だろう、風も湖も、その言うことを聞くのだが」と言った。

塚本訳 マタ 21:19
21:19 それで道ばたに一本の無花果の木があるのを見て、そこに行かれた。が見ると、ただ葉ばかりで何もなかった。イエスはその木に言われる、「もはやいつまでも、お前には実がなってはならない」無花果の木は見る間に枯れてしまった。

塚本訳 ルカ 22:70
22:70 皆が言った、「ではお前が、神の子か。」彼らに言われた、「そうだと言われるなら、御意見にまかせる。」

塚本訳 ヨハ 13:27
13:27 ユダがそのパンを受け取(って食べ)ると、その時、悪魔がユダに入った。そこでイエスがユダに言われる、「しようとしていることをさっさとしたがよかろう。

塚本訳 ルカ 22:42-44
22:42 言われた、「お父様、お心ならば、どうかこの杯をわたしに差さないでください。しかし、わたしの願いでなく、お心が成りますように!」
22:43 そのとき天から一人の天使がイエスに現われて、力づけた。
22:44 イエスはもだえながら、死に物狂いに祈られた。汗が血のしたたるように(ポタポタ)地上に落ちた。

塚本訳 マコ 15:33-35
15:33 昼の十二時になると、地の上が全部暗闇になってきて、三時までつづいた。
15:34 三時に、イエスは大声を出して『エロイ エロイ ラマ サバクタニ!』と叫ばれた。訳すると、『わたしの神様、わたしの神様、なぜ、わたしをお見捨てになりましたか!』である。
15:35 そばに立っていた人たちのうちにはこれを聞いて、「そら、エリヤを呼んでいる」と言った者が何人かあった。(エロイをエリヤと聞きちがえたらしい。)

塚本訳 ルカ 4:16-19
4:16 それからお育ちになったナザレに行って、安息の日にいつものとおり礼拝堂に入り、(聖書を)朗読しようとして立たれた。
4:17 (係の者から)イザヤの預言書が手渡され、その巻物をお開けになると、こう書いた所が出てきた。──
4:18 ”主の御霊がわたしの上にある、油を注いで(聖別して)くださったからである。主は貧しい人に福音を伝えるためにわたしを遣わされた。囚人に赦免を、盲人に視力の回復を告げ、”押えつけられている者に自由をあたえ”、
4:19 ”主の恵みの年(の来たこと)を告げさせるために。”


塚本訳 マタ 11:20-21
11:20 それから、数多くの奇蹟を行っていただいた町々が悔改めなかったので、これを叱り始められた
11:21 「ああ禍だ、お前コラジン!ああ禍だ、お前ベツサイダ!わたしがお前たちの所で行っただけの奇蹟をツロやシドンで行ったなら、(あの堕落町でも、)とうの昔に粗布を着、灰の中で悔改めたにちがいないのだから。

塚本訳 マタ 17:18
17:18 そしてイエスが悪鬼を叱りつけられると、悪鬼が出ていって、その時から子はなおった

塚本訳 ヨハ 3:34
3:34 神がお遣わしになった方は神の言葉を話される。神は(その方に)いくらでも霊をお与えになるからである

塚本訳 ヨハ 6:63
6:63 霊が命を与える。肉はなんの役にも立たない。いまわたしがあなた達に話した言葉は、霊である。だから、命である。

塚本訳 ヨハ 16:13
16:13 真理の霊が来る時、彼があなた達を導いていっさいの真理を悟らせるであろう。(いっさいの真理というのは、わたしと同じく、)
彼は自分勝手に話すのではなく、(父上から)聞いたことを話すからである。また将来起るべき(世の終りの)ことをあなた達に知らせるであろう。

塚本訳 使  26:16-18
26:16 さあ、起きて、『自分の足で立て。』わたしが(今)現われたのは、君を選んで、わたしを見たことと、(今からも)君に現われて示すこととの証人として、わたしに仕えさせるためである。
26:17 (かずかずの迫害や危険がのぞむが心配するな。)わたしは君をこの(イスラエルの)民(の手)から、また』異教人(の手)から』『(かならず)救い出してやる。』『彼らの中にわたしが君を遣わすのは、』
26:18 彼らの』目をあけて』彼らが『暗闇から光に、』悪魔の権力から神に帰るため、そうして彼らがわたしに対する信仰によって罪の赦しを得、きよめられた人たちの仲間に入れていただくためである』と。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の啓示と黙想おわり。人の叫び、や鳴りは本音の表れ。主の叫びや怒鳴りは神の愛の表れ。真剣勝負。

●今日は久しぶりの「晴れの日」であった。ノアの洪水は40日40夜雨であったが遂に晴れた。(創世記8:6)
2019_07170001.jpg 



2019_07170002.jpg 



2019_07170010.jpg 





今からでも遅くない・・・・救いは神の絶対主権による

190716(火)4時目覚め。37人+6家族の祈り、救いは今からでも遅くない。来世でも救われる。4時半起床、体重測定(77.4キロ 体脂肪23 BMI 28.8)血圧1219-72 HP閲覧359回 魚マークΙΧΘΥΣ・イエスス(イエス)、クリストス(キリスト)、セオス(神)、ヒュオス(子)、ソテル(救い主)=イクスス(魚) ●キリスト者の皆様お早うございます。昨日は某氏から「予定説」について無教会の見解を正してきた。そこで主の言葉に聞いてみよう。結論は「今からでも遅くない・・・・救いは神の絶対主権による」。

塚本訳 ルカ 13:23-24
13:23 するとある人が「主よ、救われる者は少ないでしょうか」と尋ねた。人々に言われた、
13:24 「全力を尽くして(今すぐ)狭い戸口から入りなさい。あなた達に言う、(あとになって)入ろうとしても、入れない者が多いのだから。

塚本訳 ヨハ 12:34-35
12:34 すると群衆が答えた、「われわれは律法[聖書]で、救世主は〃永遠に〃(地上に)生きながらえると聞いていたのに、あなたはどういう訳で、人の子は(死んで天に)挙げられねばならぬと言われるのですか。その人のことはいったいだれのことです。」
12:35 するとイエスは(それには答えず、)彼らに言われた、「もうしばらくの間、光はあなた達のところにある。光のある間に(早く)歩いて、暗闇に追い付かれないようにせよ。暗闇を歩く者は、自分がどこへ行くのか知らない

塚本訳 ルカ 23:41-43
23:41 おれ達は自分でしたことの報いを受けるのだから当り前だが、このお方は何一つ、道にはずれたことをなさらなかったのだ。」
23:42 それから(イエスに)言った、「イエス様、こんどあなたのお国と共にお出でになる時には、どうかわたしのことを思い出してください。
23:43 「イエスが言われた、「アーメン、わたしは言う、(その時を待たずとも、)あなたはきょう、わたしと一しょに極楽(パラダイス)にはいることができる。」

塚本訳 ヨハ 3:7-8
3:7 『あなた達は新しく生まれなおさねばならない』と言ったからとて、すこしも不思議がることはない。
3:8 風[プニューマ]は心のままに吹く。その音は聞えるが、どこから来てどこに行くか、あなたは知らない。霊[プニューマ]によって生れる者も皆、そのとおりである。」

塚本訳 マコ 4:26-28
4:26 また言われた、「神の国はこんなものだ。──ある人が地に種を蒔き、
4:27 夜昼、寝起きしていると、種は芽生えて育ってゆくが、本人はその訳を(すら)知らない。
4:28 (すなわち)地はひとりでに実を結ぶので、初めに茎、次に穂、次に穂の中に熟しきった粒ができる


塚本訳 ヨハ 6:63
6:63 霊が命を与える。肉はなんの役にも立たない。いまわたしがあなた達に話した言葉は、霊である。だから、命である。

塚本訳 ヨハ 6:44
6:44 (わたしを信じないのは、父上が引っ張ってくださらないからだ。)わたしを遣わされた父上が引っ張ってくださらなければ、だれもわたしの所に来ることはできない。(しかし来れば、)わたしはその人をきっと最後の日に復活させる


塚本訳 ヨハ 6:54
6:54 わたしの肉を食い、わたしの血を飲む者は、永遠の命を持つ。わたしはその人を最後の日に復活させる

塚本訳 ヨハ 11:25-27
11:25 イエスがマルタに言われた、「わたしが復活だ、命だ。(だから)私を信じている者は、死んでも生きている。
11:26 また、だれでも生きて私を信じている者は、永遠に死なない。このことが信じられるか。」
11:27 イエスに言う、「はい、主よ、(信じます。)あなたが救世主で、神の子で、世に来るべき方であると、私は信じています。」

塚本訳 マタ 20:13-16
20:13 主人がその一人に答えた、『君、わたしは何も間違ったことをあなたにした覚えはない。一デナリの約束ではなかったのか。
20:14 自分の分を取って帰りたまえ。わたしはこの最後の人に、あなたと同じだけやりたいのだ
20:15 わたしのものを、わたしがしたいようにしてはいけないのか。それとも、わたしが親切をしてやったのが羨ましいのか。』
20:16 このように、最後の者が一番になり、一番の者が最後になるであろう。」

塚本訳 マタ 22:28-32
22:28 すると(もし復活があるなら、)復活の折には、この女は七人のうちのだれの妻になるのでしょうか。皆その女を妻にしましたから。」
22:29 イエスは答えられた、「あなた達は聖書も神の力も知らないので、間違いをしている
22:30 復活の折には、めとることもなく嫁ぐこともなく、ちょうど天の使いのようである
22:31 死人の復活については、(聖書にはっきり書いてある。)神があなた達に言われたこの言葉を読んだことがないのか。──
22:32 ”わたしはアブラハムの神、またイサクの神、またヤコブの神である”と。(ところで)神は死人の神ではなく、生きている者の神である。(だからアブラハム、イサクなども復活して、今生きているわけではないか。」

塚本訳 マタ 22:8-10
22:8 それから家来たちに言う、『宴会の用意はできているが、招いた人は(客たる)資格のない者(ばかり)だ。
22:9 だから町の出口の所に行って、出会った者をだれでもよいから宴会に呼んでこい。』
22:10 家来たちは道に出ていって、出会った者を悪人でも善人でも皆集めてきたので、宴会場は客で一ぱいになった



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の啓示と黙想おわり。 救いは今からでも遅くない。死んだあとでも来世で救われる。なぜか神は全能だから

●10:30 能城一郎牧師(Jバイブル開発者)が来訪。認可保育所の建築の相談。ウィンドウズ「10」にJバイブルを3種類のADD-ON付きで入れてくださった現在使用しているウィンドウズ「7」は2020年12月まで使用できると言う。。中国ではインターネットで中国語、ギリシャ語、ヘブル語聖書が無料で見られるとの事。共産主義国でも神の言葉は浸透している。また世界的に使われていたBible Worksは昨年販売中止になったと言う。神学校の聖徒は少ないが、福音派の教会は元気であること等々歓談15:00 まで。

●18:00-20:00 一度お帰りになられた能城一郎牧師が忘れ物(USBメモリー)を取りに来られて今度は日本人の救霊の問題を話し合った。高齢化、離婚問題。日本人は心の飢え渇きがないから救いを求めないこと。震災でも霊魂の救いに目覚めなかった事。日本のキリスト教は先がないと思われる事、などを話し合った。福音それ自身の力に期待することで意見が一致。

18002000 一度おかえ霊になられた能城一郎牧師が忘れ物(USBメモリー)を取に来られて、今度は日本人の救霊について懇談、高齢化、子育ての悩み、認知症、離婚、・・・・しかし霊魂の飢え渇きにまで至らないから救いを求めない。福音それ自身の力に期待することで意見が一致。




●今日はまた紫陽花(アジサイ)を撮った。集まって咲いているのはエクレシヤを連想する。まだ梅雨が明けない。

2019_07160001.jpg 

2019_07160005.jpg 

2019_07160008.jpg 

マタイ18:20

聖書協会共同訳2018

20二人または三人が私の名によって集まるところには、私もその中にいりのである。」

 

岩波翻訳委員会訳1995

401820なぜなら、私の名のもとに二人あるいは三人が集まっているところでは、彼らのただ中に私がいるからである」。

 

新共同訳1987

18:20 二人または三人がわたしの名によって集まるところには、わたしもその中にいるのである。」

 

前田訳1978

18:20 二人、三人とわが名で集まるところ、そこにわたしは彼らの仲間としている」と。

 

新改訳1970

18:20 ふたりでも三人でも、わたしの名において集まる所には、わたしもその中にいるからです。」

 

塚本訳1963

18:20 二人、三人、わたしの名によって集まっている所には、わたしがいつもその真中にいるのだから。」

 

口語訳1955

18:20 ふたりまたは三人が、わたしの名によって集まっている所には、わたしもその中にいるのである」。

 

文語訳1917

""401820","二三人わが名によりて集る所には、我もその中に在るなり』"












信仰と行為・・・悪に対する主の姿勢

190715(月)5時起床、体重測定(77.6キロ 体脂肪23 BMI28.9)血圧143-85 HP「聖書研究の部」閲覧回数、昨日390 、37人+6家族の祈り、悪から救われますように。魚マーク ΙΧΘΥΣ・イエスス(イエス)、クリストス(キリスト)、セオス(神)、ヒュオス(子)、ソテル(救い主)=イクスス(魚) ●キリスト者の皆様お早うございます。信仰と行為に対する私の態度を聞いて来た人がいる。これは古くて新しいしかも重要yな問題である。キリスト者としてこのことを考えるとき、人間(パウロ、ペテロ、ローマ法王、ルター、カルヴァン、内村、塚本、矢内原、然り自分の腹)に聞いてはいけない。神の子の主イエスに聴かなければならない。


塚本訳 マタ 5:38-42
5:38 あなた達は(昔の人がモーセから、)『目には目、歯には歯』──(人の目をつぶした者は自分の目で、人の歯を折った者は自分の歯で、つぐなわなければならない)と命じられたことを聞いたであろう。
5:39 しかしわたしはあなた達に言う、悪人に手向かってはならない。だれかがあなたの右の頬を打ったら、左をも向けよ。
5:40 (裁判所に)訴えて下着を取ろうとする者には、上着をも取らせてやれ。
5:41 だれかが無理に一ミリオン[一キロ半]行かせようとするなら、一しょに二ミリオン行ってやれ。
5:42 求める者には与えよ、借りようとする者を断るな。


塚本訳 マタ 5:43-48
5:43 あなた達は(昔の人がモーセから、)『隣の人を愛し、』敵を憎まねばならない、と命じられたことを聞いたであろう。
5:44 しかしわたしはあなた達に言う、敵を愛せよ。自分を迫害する者のために祈れ
5:45 あなた達が天の父上の子であることを示すためである。父上は悪人の上にも善人の上にも日をのぼらせ、正しい人にも正しくない人にも、雨をお降らしになるのだから。
5:46 自分を愛する者を愛したからとて、なんの褒美があろう。(人でなしと言われるあの)税金取りでも同じことをするではないか。
5:47 また兄弟にだけ親しくしたからとて、なんの特別なことをしたのだろう。異教人でも同じことをするではないか。
5:48 だからあなた達は、天の父上が完全であられるように”完全になれ。”

塚本訳 マタ 6:6
6:6 あなたが祈る時には、”奥座敷に入り、部屋をしめきった上で、”隠れた所においでになるあなたの父上に『祈れ。』そうすれば、隠れたことを見ておられるあなたの父上は、褒美をくださるであろう。

塚本訳 マタ 5:12-15
5:12 小躍りして喜びなさい、褒美がどっさり天であなた達を待っているのだから。あなた達より前の預言者たちも、同じように迫害されたのである。
5:13 (預言者と同じく)あなた達は地の塩である。(世の腐敗を防ぐのが役目である。)しかしもし塩が馬鹿になったら、何で(もう一度)塩気をもどすか。外に捨てられて人に踏まれるほか、もはや何の役にも立たない。
5:14 あなた達は世の光である。山の上にある町は隠れていることは出来ない。
5:15 また、(せっかく)明りをともして枡をかぶせる者はない。かならず燭台の上に置く。すると、家の中におる人を皆照らすのである。

塚本訳 マタ 6:12-15
6:12 罪を赦してください、わたしたちも罪を犯した人を赦しましたから。
6:13 わたしたちを試みにあわせないで、悪から守ってください。

6:14 (祈る前に、まず人の罪を許さねばならない。)あなた達が人の過ちを赦してやれば、天の父上もあなた達を赦してくださるが、
6:15 人を赦さないならば、父上もあなた達の過ちを赦してくださらないであろう。

塚本訳 マタ 22:17-21
22:17 それで御意見を聞かせてください──(わたし達は異教人である)皇帝に、税を納めてよろしいでしょうか、よろしくないでしょうか。」
22:18 イエスは彼らの悪意を知って言われた、「なぜわたしを試すのか、この偽善者たち、
22:19 税の貨幣を見せなさい。」デナリ銀貨を差し出すと、
22:20 言われる、「これはだれの肖像か、まただれの銘か。」
22:21 「皇帝のです」と彼らが言う。すると言われる、「では皇帝(カイザルのものは皇帝(カイザル)に、神のものは神に返せ

塚本訳 マタ 15:12-14
15:12 あとで弟子たちが来てイエスに言う、「パリサイ人がお話を聞いて腹を立てたことを御存じですか。」
15:13 イエスは答えられた、「わたしの天の父上がお植えにならないものは皆、引き抜かれる。
15:14 あの人たちを放っておけ。盲人の手引をする盲人だ。盲人が盲人の手引をすれば、二人とも穴に落ちよう。」

塚本訳 マタ 26:50-54
26:50 イエスはユダに言われた、「友よ、そのために来たのではあるまいが!」その時人々が進み寄って、イエスに手をかけて捕えた。
26:51 すると、見よ、イエスと一しょにいた一人の人が手をのばして剣を抜き、大祭司の下男に切りかかって片耳をそぎ落してしまった。
26:52 その時イエスが言われる、「剣を鞘におさめよ。剣による者は皆、剣によって滅びる
26:53 それとも、父上にお願いして十二軍団以上の天使を今すぐ送っていただくことが、わたしに出来ないと思うのか。
26:54 しかしそれでは、かならずこうなる、とある聖書の言葉は、どうして成就するのか。」


塚本訳 ルカ 22:47-51
22:47 イエスの言葉がまだ終らぬうちに、そこに一群の人があらわれた。十二人の一人である、前に言ったユダが先頭に立ち、イエスに接吻しようとして近寄ってきた。
22:48 イエスが言われた、「ユダ、接吻で人の子を売るのか。」
22:49 弟子たちはことの迫ったのを見て言った、「主よ、剣で切りまくりましょうか。」
22:50 そのうちのひとりの人が大祭司の下男に切りかかり、右の耳をそぎ落してしまった。
22:51 イエスは、「もうそれでよし」と言って、耳にさわってお直しになった。

塚本訳 マタ 13:24-30
13:24 またほかの譬を群衆に示して言われた、「天の国は畑に良い種をまく人にたとえられる。
13:25 人々が(夜)眠っている間に敵が来て、麦の中に毒麦をまいて行った。
13:26 苗が芽生えて実を結ぶと、その時毒麦も現われた。
13:27 使用人たちが来て家の主人に言った、『ご主人、畑には良い種をまかれたのではないですか。すると毒麦はどこから来たのでしょうか。』
13:28 主人がこたえた、『敵のしわざだ。』使用人たちが言う、『では、行って抜き取りましょうか。』
13:29 主人が言う、『いや、毒麦を抜き取ろうとして、麦まで一しょに引き抜くかも知れない。
13:30 両方とも刈入れまで育つままにしておけ。刈入れの時、わたしが刈入れ人たちに言いつける、まず毒麦を抜き取り、束にしばって焼きすてよ、麦の方は集めて倉に入れよ、と。』」


塚本訳 マタ 24:1-2
24:1 イエスが宮を出て(オリブ山の方へ)歩いておられると、弟子たちが近寄ってきて、イエスに宮の(堂々たる)建築を指差した。(この宮が荒れ果てるなどとは考えられなかったのである。)
24:2 彼らに答えられた、「あれをすべてよく見ておけ。アーメン、わたしは言う、ここでそのまま重なっている石が一つもなくなるほど、くずれてしまうであろう。」


塚本訳 マコ 13:14-20
13:14 しかし『(聖なる所を)荒す忌わしい者が』立ってはならない(聖なる)所に立つのを見たら[読者は(ここに隠された意味を)よく考えるがよい]、その時ユダヤ(の平地)におる者は(急いで)山に逃げよ。
13:15 屋根の上におる者は、下におりて家に入って何か取りだそうとするな。
13:16 畑におる者は上着を取りに『家にもどる』な。
13:17 それらの日には、身重の女と乳飲み子をもつ女とは、ああかわいそうだ!
13:18 このことが冬にならないように祈れ。
13:19 それらの日には、神が(天地を)創造された『その創造の始めから今日までになかった、』また(これからも)決してない『ような苦難が』臨むのだから。
13:20 もし主がこれらの(苦難の)日を短くされなかったら、だれ一人助かる者はあるまい。しかし選びをうけた、選ばれた人々のために、これらの日を短くしてくださっているのである

塚本訳 ルカ 9:23
9:23 それから今度は皆に話された、「だれでも、わたしについて来ようと思う者は、(まず)己れをすてて、毎日自分の十字架を負い、それからわたしに従え。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の啓示と黙想おわり。悪人も神に造られた。救われるように祈れ。赦せ。悪人に手向かうな。



●今日は「黄色い百合」を撮った。きれいだなー、きれいな色だなー。神の栄光の表れだ。

2019_07150002.jpg 

2019_07150003.jpg 

2019_07150006.jpg 

神の創りだす色彩は心地よいものだなー












我らは光の子・・・有体的復活を信じて生き抜こう

190714(日)2時半一度目覚め、4時45分起床。黙想、37人+6家族の祈り。我らは光の子、有体的復活を信じ貫けますように。体重測定(77.4キロ 体脂肪23 BMI 28.8)血圧137-76 昨日のHP「聖書研究の部」閲覧回数352回(牧師伝道者が多い証拠)魚マーク ΙΧΘΥΣ・イエスス(イエス)、クリストス(キリスト)、セオス(神)、ヒュオス(子)、ソテル(救い主)=イクスス(魚) ●キリスト者の皆様お早うございます。昨日は図書館で「パウロをどうとらえるか」(1972年新教出版社)荒井献編を読んだ。少壮の聖書学者(荒井、田川、佐竹、八木、弓削、高尾・・・・)達が、パウロの思想をメッタ切りにしていて面白くもあったが、同時に頭が痛くなった。一つ有益なことがあった。それは荒井献先生が、「新約聖書が成立する前に伝承があったと言うのである。具体的にはマルコは13章までのイエス福音伝承と14章以下のケリュグマ福音伝承の継ぎ合わせだと言うのである。つまり聖書の前に伝承があった。●今朝はその伝承を担った「光の子」集団について、それを聖書から想定してみよう。

塚本訳 マタ 5:14-16
5:14 あなた達は世の光である。山の上にある町は隠れていることは出来ない。
5:15 また、(せっかく)明りをともして枡をかぶせる者はない。かならず燭台の上に置く。すると、家の中におる人を皆照らすのである。
5:16 そのようにあなた達も、その光を世の人の前に輝かし、人があなた達の良い行ないを見て、あなた達の天の父上をあがめるようにせよ。

塚本訳 ピリ 2:15-16
2:15 これは君達が非難すべき所でなく、純真であって、『曲ったねじくれた(この)時代』の真中にあって『瑕なき神の子』とならんためである。(まことに)君達はこの時代にあって、生命の言を堅く守りながら、この(暗い)世に星のように輝いているのである。
2:16 かくて私の走ったことが無駄にならず、』苦労したことが無駄に』ならずに、キリストの日に名誉が私に帰するであろう。


塚本訳 Ⅰペテ2:9
2:9 しかし君達は『選ばれた種族、王なる祭司、聖き民族、』神の『所有物なる民』(である。そして君達がかく神の所有物となったのは、)君達を暗から驚くべき光へと召し給うたお方の『功業(いさおし)を宣べるためである』。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の啓示と黙想おわり。 われらは光の子にさせられた。残り人生はこの光のうちに生きぬこう。

●10:00 妻と東京聖書読者会に行く。藤本悦子(司会)、高橋トミ子(大祭司連らの陰謀 マルコ14:1-2)
横田淳(塚本虎二エペソ書講義)
●12:00 小寺七重さんと共に3人で昼食

●今後の人生で、人の世の「宇宙大の問題」を聖書に聞く。神に聞く。方針が示された。
今日は世の悪、社会悪の問題について考える。社会悪で自己の人生が大被害になった人がいる。
●東日本大震災で人生が狂った人に対し聖書はどう答えてくれるのか。

●まずマタイ5:5-6の翻訳比較

聖書協会共同訳2018

 5柔和な人々は幸いである

 その人たちは地を受け継ぐ。

 6義に飢え渇く人々は幸いである

 その人たちは満たされる。

 

岩波翻訳委員会訳1995

400505幸いだ、柔和な者たち、

   その彼らこそ、大地を継ぐであろう。

400506幸いだ、義に飢え渇く者たち、

   その彼らこそ、満ち足りるようにされるであろう。

 

新共同訳1987

5:5 柔和な人々は、幸いである、/その人たちは地を受け継ぐ。

5:6 義に飢え渇く人々は、幸いである、/その人たちは満たされる。

 

前田訳1978

5:5 さいわいなものはくだかれた人々、彼らは地を継ごうから。

5:6 さいわいなのは義に飢え渇く人々、彼らは満ち足らわされようから。

 

新改訳1970

5:5 柔和な者は幸いです。その人は地を相続するからです。

5:6 義に飢え渇いている者は幸いです。その人は満ち足りるからです。

 

塚本訳1963

5:5 ああ幸いだ、『(踏みつけられて)じっと我慢している人たち、』、『(約束の)地(なる御国)を相続する』のはその人たちだから。

5:6 ああ幸いだ、(神の)義に飢え渇いている人たち、(かの日に)満足させられるのはその人たちだから。

 

口語訳1955

5:5 柔和な人たちは、さいわいである、彼らは地を受けつぐであろう。

5:6 義に飢えかわいている人たちは、さいわいである、彼らは飽き足りるようになるであろう。

 

文語訳1917

"400505","幸福なるかな、柔和なる者。その人は地を嗣がん。"

"400506","幸福なるかな、義に飢ゑ渇く者。その人は飽くことを得ん。"



●次にこの部分を拙HP「TSK日本語版」、BbB」、{黒崎}、「ネストレ」、{グノーモン」を読めば、全聖書が総がかりになって答えてくれる。聖書の厚みというものを感じる。そして何らかの聖句に引っかかって、「平安の道」「安らぎの心」が与えられる。この方法に勝る聖書勉強はない、IT時代だからできるベストの方法である。土曜日などに閲覧回数が多いのは。牧師伝道者に良く使われているらしく昨日などは一日352回のアクセスがあった。●聖句の引っかかりは人によって異なるから、各人がそれぞれに自分で読む必要がある。
●社会悪で義憤に満たされている人は神にのみその解決が出来る。人の手には負えない。

●昨日は満76歳の誕生。今日、ケーキが用意された。感謝、感謝

2019_07140003.jpg 

口語訳 詩  136:1
136:1 主に感謝せよ、主は恵みふかく、そのいつくしみはとこしえに絶えることがない。




現代の殉教者・・・隠れて祈りをする人

190713(土)4時半目覚め、満76歳の誕生日。健康寿命はアト10年の命だと思う。37人+6家族の祈り。神による救いは神にのみ知られて人の目には見えない。神は救う。5時起床、体重祖測定(77.4 体脂肪24 BMI28.8)昨日のHP閲覧数276。魚マーク ΙΧΘΥΣ・イエスス(イエス)、クリストス(キリスト)、セオス(神)、ヒュオス(子)、ソテル(救い主)=イクスス(魚) ●キリスト者の皆様お早うございます。昨夜は集会の故Wさんの夢をみた。10年以上前の事、あるときWさんは「高橋さん。主人は信仰を持ちました」と私に告げた。Wさんの御主人は叙勲を受けた程の良く知られた洋画家であった。晩年心臓を患った。どのような経緯で信仰を持つよう鬼なったか、またその信仰告白や証はどのようなものであったかはわからない。ただ御夫人は「主人は信仰を持ちました」という話打だけである。葬儀は嶺南坂教会で行われた。また集会のOさんんp御主人はご病気で寝たきりであったが、Oさんの熱心な要望で塚本先生の「丸の内講演」がテーに収録されることになり、それを聞いてご主人が入信された。洗礼は行わなかったが、Oさんの「死に様」を接して家族の多くが入信された。この二人の御夫人は「現代の殉教者」であった。隠れた祈りは聴かれたのだ。

●まず救いは人間の五感で察知できるものであることを黙想する。

塚本訳 マタ 5:14-16
5:14 あなた達は世の光である。山の上にある町は隠れていることは出来ない
5:15 また、(せっかく)明りをともして枡をかぶせる者はない。かならず燭台の上に置く。すると、家の中におる人を皆照らすのである。
5:16 そのようにあなた達も、その光を世の人の前に輝かし、人があなた達の良い行ないを見て、あなた達の天の父上をあがめるようにせよ。

塚本訳 マタ 13:8-9
13:8 しかしあるものは良い地に落ちた。そしてあるいは百倍、あるいは六十倍、あるいは三十倍の実がなった。
13:9 耳のある者は聞け。」

塚本訳 ヨハ 15:1-3
15:1 わたしがまことの葡萄の木、父上は栽培人である。
15:2 わたしについている蔓で実を結ばないものは、父上が皆それを切り取ってしまわれる。また実を結ぶものは、より多く実を結ぶように、皆それを奇麗に刈り込まれる。
15:3 あなた達はわたしが語った言葉(を受け入れること)によって(汚れを除かれ)、すでに奇麗になっている。



●次に隠れた祈りは聴かれるということを黙想しよう。


塚本訳 マタ 6:6
6:6 あなたが祈る時には、『奥座敷に入り、部屋をしめきった上で、』隠れた所においでになるあなたの父上に『祈れ。』そうすれば、隠れたことを見ておられるあなたの父上は、褒美をくださるであろう。

塚本訳 マタ 6:2-4
6:2 だからあなたが施しをする時には、偽善者のように、自分の前にラッパを吹きならして(吹聴して)はならない。彼らは人に褒められようとして、礼拝堂や町の中でそうするのである。アーメン、わたしは言う、彼らは(褒められたとき、)すでに褒美をもらっている。
6:3 あなたは施しをするときに、右の手のすることを左に悟られてはならない。
6:4 これは施しを隠しておくためである。そうすれば、隠れたことを見ておられるあなたの父上は、褒美をくださるであろう。

塚本訳 マタ 25:44-46
25:44 その時、彼らも答える、『主よ、いつわたし達は、あなたが空腹であったり、渇いたり、お宿がなかったり、裸でおられ、御病気であり、牢に入っておられたりするのを見て、お世話をしてあげませんでしたか。』
25:45 その時、王は答える、『アーメン、わたしは言う、このいと小さい者たちの一人にしなかったのは、わたしにしてくれなかったのと同じである。』
25:46 こうして、『この(悪い)人たちは永遠の』刑罰に、正しい人たちは『永遠の命に』入るであろう。」



●キリスト者の死は、神が働いて実を結ぶ

塚本訳 ヨハ 12:24
12:24 アーメン、アーメン、わたしは言う、一粒の麦は、地に落ちて死なねば、いつまでもただの一粒である。しかし死ねば、多くの実を結ぶ。(だからわたしは命をすてる。)

塚本訳 ルカ 12:33
12:33 (ただ御国のために働けばよろしい。)持ち物を売って施しをしなさい。(すなわちそれによって)自分のために古び(て破れ)ることのない財布をつくり、泥坊が近づくことも、衣魚が食うこともない天に、使いつくすことのない宝をつんでおきなさい

塚本訳 マタ 5:38-42
5:38 あなた達は(昔の人がモーセから、)『目には目、歯には歯』──(人の目をつぶした者は自分の目で、人の歯を折った者は自分の歯で、つぐなわなければならない)と命じられたことを聞いたであろう。
5:39 しかしわたしはあなた達に言う、悪人に手向かってはならない。だれかがあなたの右の頬を打ったら、左をも向けよ。
5:40 (裁判所に)訴えて下着を取ろうとする者には、上着をも取らせてやれ。

5:41 だれかが無理に一ミリオン[一キロ半]行かせようとするなら、一しょに二ミリオン行ってやれ。
5:42 求める者には与えよ、借りようとする者を断るな。

塚本訳 マコ 10:45
10:45 人の子(わたし)が来たのも仕えさせるためではない。仕えるため、多くの人のあがない金としてその命を与えるためである。」

塚本訳 ルカ 22:25-26
22:25 するとイエスが言われた、「世間では王が人民を支配し、また主権者は自分を恩人と呼ばせる
22:26 しかしあなた達はそれではいけない。あなた達の間では、一番えらい者が一番若輩のように、支配する者が給仕をする者のようになれ。

塚本訳 使  20:35
20:35 わたしはあらゆる機会にあなた達に例を示したのだから、あなた達も同じように一生懸命に働いて、経済的に恵まれない者たちを助けなさい。主イエス御自身が言われた、『与えるのは貰うより幸いである』という御言葉を忘れずに!」

塚本訳 黙  14:13
14:13 また私は天から声が(こう)言うのを聞いた、「書け、『今から後主にあって死ぬる死人は幸福である。』」御霊も言い給う、「然り、彼らはその労苦を休息む(ことが出来る)であろう。その(為した)業が彼らに随いて行くのであるから!」と。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の啓示と黙想おわり。 残り10年。天に宝を積む生き方をしよう

●今日も復活の象徴である「百合」を撮った。神の権威を感じる

2019_07130002.jpg 

2019_07130006.jpg 

2019_07130007.jpg 

人々はイエスの言葉に権威を感じた。マタイ7:28-29

聖書協会共同訳2018

28イエスがこれらの言葉を語り終えられると、群衆はその教えに驚愕した。

29自分たちの律法学者のようにではなく、権威ある者のように教えておられ

たからである。

 

岩波翻訳委員会訳1995

400728さて、イエスがこれらの言葉を語り終えた時、群集は彼の教えに仰天したままであった。

400729なぜならば、彼は彼らの律法学者たちのようにではなく、権能ある者のように彼らを教え続けたからである。


新共同訳1987

7:28 イエスがこれらの言葉を語り終えられると、群衆はその教えに非常に驚いた。

7:29 彼らの律法学者のようにではなく、権威ある者としてお教えになったからである。

 

前田訳1978

7:28 そして、イエスがこれらのことばを終えられたとき、群衆は彼の教えにおどろいた。

7:29 それは、彼らを教えること権威あるもののごとくであり、彼らの学者らのごとくでなかったからである。


新改訳1970

7:28 イエスがこれらのことばを語り終えられると、群衆はその教えに驚いた。

7:29 というのは、イエスが、律法学者たちのようにではなく、権威ある者のように教えられたからである。

 

塚本訳1963

7:28 イエスがこれらの話を終えられた時、一しょに聞いていた群衆はその教えに感心してしまった。

7:29 自分たちの聖書学者のようでなく、権威を持つ者のように教えられたからである。

 

口語訳1955

7:28 イエスがこれらの言を語り終えられると、群衆はその教にひどく驚いた。

7:29 それは律法学者たちのようにではなく、権威ある者のように、教えられたからである。

 

文語訳1917

"400728","イエスこれらの言を語りをへ給へるとき、群衆その教に驚きたり。"

"400729","それは學者らの如くならず、權威ある者のごとく教へ給へる故なり。


讃美歌527番4節

4. しゅ の みかお の やさしさ に,

   みつかい よろこび,

   みことば の うるわしさ

   あめ つち うたえり.

塚本訳 ヨハ 6:68
6:68 シモン・ペテロが答えた、「主よ、(あなたを離れて)だれの所に行きましょう。永遠の生命の言葉はあなただけがお持ちです(から)。



神を信じないで死んだ人の運命・・・来世でも全能の神による救いがある。

190712(金)4時半目覚め。黙想、37人+6家族の祈り。神の救いが降りますように。5時起床、体重測定(77.4キロ 体脂肪23
BMI 28.8)血圧131-84 HP「聖書研究の部」閲覧回数265回、の本には「残りの者」がいる。芥子粒の人間、一粒の麦が存在する。
魚マークΙΧΘΥΣ・イエスス(イエス)、クリストス(キリスト)、セオス(神)、ヒュオス(子)、ソテル(救い主)=イクスス(魚) ●キリスト者の皆様お早うございます。矢内原忠雄が初めて内村k鑑三に逢った時の質問。「私の両親は神を信じないで死んでいきましたが救われるのでしょうか」。これに対して内村は次のように答えたという「ウーン、それは俺にもわからんが、長い人生で次第に信じられるようになるものだ」と。●この長い人生というのも私は本日で75歳は終わる。(矢内原忠雄は68歳で逝去、癌)。そこでこの私も75歳の人生で不信者の救いについて信じられるようになったことを書こう。結論は「来世でも全能の神による救いがある。」である。この信仰にたいして神のまなざしがある。これは真理だ。
そこでその聖書的根拠を並べよう。イエスの言動はそのことを暗示している。

塚本訳 マタ 5:4-7
5:4 ああ幸いだ、”悲しんでいる人たち、”、(かの日に)『慰めていただく』のはその人たちだから。
5:5 ああ幸いだ、”(踏みつけられて)じっと我慢している人たち、””(約束の)地(なる御国)を相続すろ”のはその人たちだから。
5:6 ああ幸いだ、(神の)義に飢え渇いている人たち
、(かの日に)満足させられるのはその人たちだから。
5:7 ああ幸いだ、憐れみ深い人たち、(かの日に)憐れんでいただくのはその人たちだから。

塚本訳 ルカ 23:42-43
23:42 それから(イエスに)言った、「イエス様、こんどあなたのお国と共にお出でになる時には、どうかわたしのことを思い出してください。
23:43 「イエスが言われた、「アーメン、わたしは言う、(その時を待たずとも、)あなたはきょう、わたしと一しょに極楽(パラダイス)にはいることができる。」

塚本訳 ルカ 16:24-25
16:24 声をあげて言った、『父アブラハムよ、どうかわたしをあわれと思ってラザロをよこし、指先を水にひたしてわたしの舌を冷やさせてください。わたしはこの焔の中でもだえ苦しんでおります。』
16:25 しかしアブラハムは言った、『子よ、考えてごらん、あなたは生きていた時に善いものを貰い、ラザロは反対に悪いものを貰ったではないか。だから今ここで、彼は慰められ、あなたはもだえ苦しむのだ。

塚本訳 ルカ 20:36-38
20:36 復活によって生まれる彼らは、天使と同じであり、神の子であるので、もはや死ぬことが出来ない、(従って子を産む必要がない)からである。
20:37 死人が復活することは、(聖書にはっきり書いてある。)モーセも茨の薮の(燃える話の)ところで、主を『アブラハムの神、またイサクの神、またヤコブの神(である)と』と言ってこれを示している。
20:38 ところで神は死人の神ではなく、生きている者の神である。神に対しては、すべての者が生きているのだから。(してみるとアブラハム、イサクなども皆復活して、今生きているわけではないか。)

塚本訳 ヨハ 11:43-44
11:43 こう言ったのち、大声で、「ラザロ、出て来い」と叫ばれた。
11:44 死人が手足を包帯で巻かれたまま、(墓から)出てきた。顔は手拭で包まれていた。イエスは「解いてやって(家に)帰らせなさい」と人々に言われた。

塚本訳 ルカ 7:13-15
7:13 主は母を見て不憫に思い、「そんなに泣くでない」と言って、
7:14 近寄って棺に手をかけ──担いでいる者は立ち止まった──「若者よ、あなたに言う、起きよ!」と言われた。
7:15 すると死人が起き上がって物を言い出した。イエスは『彼を母に渡された。』

塚本訳 ルカ 8:50-55
8:50 イエスは聞いて監督に言葉をかけられた、「こわがることはない。ただ信ぜよ。そうすれば助かる。」
8:51 家に着かれると、ペテロとヨハネとヤコブと、女の子の父と母とのほかには、だれも一しょに中に入ることを許されなかった。
8:52 (集まった)人々が皆泣いて、女の子のために悲しんでいた。イエスが言われた、「泣くな。死んだのではない、眠っているのだ。」
8:53 人々は死んだことを知っているので、あざ笑っていた。
8:54 しかしイエスは女の子の手を取り、声をあげて「子よ、起きなさい!」と呼ばれると、
8:55 霊がもどって、即座に女の子は立ち上がった。イエスは(何か)食べさせるように言いつけられた。

塚本訳 マコ 5:31-34
5:31 弟子たちが言った、「御覧のとおり群衆が押しまくっているのに、さわったのはだれか、とおしゃるのですか。」
5:32 イエスはこのことをした女を見つけようとして、(黙って)見まわしておられた。
5:33 女は自分(の身)におこったことを知っているので、恐ろしくなって震えながら、進み出てイエスの前にひれ伏し、すべてをありのままに話した。
5:34 イエスは言われた、「娘よ、あなたの信仰がなおしたのだ。さよなら、”平安あれ。”もう病気をせず、達者でいなさい。」

塚本訳 マコ 5:38-42
5:38 やがて監督の家に着いて、人々がひどく泣きわめいて騒いでいるのを見ると、
5:39 (家の)中に入って言われる、「なにを泣いたり騒いだりするのか。子供は死んではいない、眠っているのだ。」
5:40 人々はあざ笑っていた。しかしイエスは皆を外に出し、子供の父と母と、一しょに来た者(三人だけ)を連れて、(死んだ)子供のいる所に入ってゆかれる。
5:41 そして子供の手を取って、「タリタクミ!]と言われる。訳すると「少女よ、あなたに言う。起きなさい!」である
5:42 ただちに少女は立ち上がって歩きまわった。十二歳になっていたからである。見るなり、人々は気が遠くなるほど驚いた

塚本訳 使  16:30-31
16:30 そして二人を外につれだして言った、「先生方、救われるにはどうしなければならないのですか。」
16:31 二人が言った、「主イエスを信じなさい。そうすればあなたも家族も救われる。」

塚本訳 ルカ 19:5-10
19:5 イエスはその場所に来られると、ザアカイを見上げて言われた、「ザアカイ、急いで下りておいで。きょうはあなたの家に泊まることになっているから。」
19:6 ザアカイは急いで下りてきて、喜んでお迎えした。
19:7 皆がこれを見て、イエスは(税金取りのような)罪人の所に入りこんで宿を取った、と言ってぶつぶつ呟いた。
19:8 しかしザアカイは進み出て主に言った、「主よ、わたしは(誓って)財産の半分を貧乏な人たちに施します。人からゆすり取ったものは四倍にして返します。」
19:9 イエスが(人々に)言われた、「救いは(きょう、)この家に入った。(人でなしのように言われる)この人も、やはり(あなた達と同じ)アブラハムの末だから。
19:10 人の子(わたし)は『滅びうせた者をさがして』救うために来たのである。」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の啓示と黙想おわり。信仰無くして死んだ人も来世で救いのチャンスはある。そのように信じ込む。全能の神は祈りを聴いてくださる。霊魂は神が握っていてくださる。

●明後日の妻の集会感話資料作成の応援

●今日は歩いて5分ほどの秋留公園を撮った

2019_07120001.jpg 

孫娘がこの地蔵様の前で両手を組んで祈っている姿を見た。
この子が、本当の神を知る時が来ますように。

2019_07120003.jpg 

この地域の区画整理竣工記念碑

2019_07120004.jpg 

コローの「モルトフォンテーンの思い出」の絵画を思う