fc2ブログ

Latest Entries

死者と再会できるか・・・死人は神のもとで生きている

221227(水)5時目覚め。黙想(死者と再会できるか) 正座して42人+6家族に対する祈り(死人は神のもとで生きている)

死に様・・・・神に召されて苦しんで死ぬその「死に様」が世に残す最大の告知

221206(火)4時半目覚め。黙想(最大の愛) 正座して42人+6家族に対する祈り(正統信仰保持で殉教) 5時起床 体重 77.4 BMI 28,8 血圧 142-91 冷水洗顔 歯磨き 湯沸かし HPアクセス数189人/日(http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/)神に召された知られざるクリスチャンに告ぐ。正統信仰に殉教する生涯たれ。●キリスト者の皆様お早うございます。今朝の啓示はヨハネ12:23ー28であった。ここを学んで自分の「死に様」を考えよう。

●まず、ヨハネ12;23-28

聖書協会共同訳2018
◆ギリシア人、イエスに会いに来る
ヨハ 12:23 イエスはお答えになった。「人の子が栄光を受ける時が来た。
ヨハ 12:24 よくよく言っておく。一粒の麦は、地に落ちて死ななければ、一粒のままである。だが、死ねば、多くの実を結ぶ。
ヨハ 12:25 自分の命を愛する者は、それを失うが、この世で自分の命を憎む者は、それを保って永遠の命に至る。
ヨハ 12:26 私に仕えようとする者は、私に従って来なさい。そうすれば、私のいる所に、私に仕える者もいることになる。私に仕える者がいれば、父はその人 を大切にしてくださる。」
◆人の子は上げられる
ヨハ 12:27 「今、私は心騒ぐ。何と言おうか。『父よ、私をこの時から救ってください』と言おうか。しかし、私はまさにこの時のために来たのだ。
ヨハ 12:28 父よ、御名の栄光を現してください。」すると、天から声が聞こえた。「私はすでに栄光を現した。再び栄光を現そう。」

フランシスコ会訳2013

023イエスは彼らにお答えになっ た、

「人の子が栄光を受ける時が来た。

024よくよくあなた方に言ってお く。

もし一粒の麦が地に落ちて死ななければ、

それは一粒のままである。

しかし、死ねば、豊かな実を結ぶ。

025自分の命を愛する者はそれを失 い、

この世で自分の命を憎む者は、

それを保って永遠の命に至る。

026わたしに仕えようとする者はわ たしに従いなさい。

そうすれば、わたしのいる所に、

わたしに仕える者もいることになる。

わたしに仕えようとする者があれば、

父は、その人を大切にしてくださる」。

◆十字架上の死の予告

027「今、わたしの心はかき乱され ている。

何と言おうか。

『父よ、わたしをこの時から救ってください』

と言おうか。

いや、このために、この時のためにこそ、

わたしは来たのである。

028父よ、み名の栄光を現してくだ さい」。

すると、天から声がした、「わたしはすでに栄光を現したが再び栄光を現そう」。



岩波翻訳委員会訳1995

431223イエスが彼らに答える。〔次のように〕言って、「時が来た。人の子が栄光を受ける時が。

431224アーメン、アーメン、あなたがたに言う。麦の種が地に落ちて死なないなら、それは一つのまま で残る。だが、もしも死ぬなら、多くの実を結ぶ。

431225自分のいのちにほれこむ者は、それを滅ぼし、この世で自分のいのちを憎む者は、それを永遠の 命にまで護ることとなる。

431226誰かが私に仕えたければ、私について来なさい。私のいるところ、そこにこそ私の仕える者もい ることになる。誰かが私に仕えるなら、父はその人を尊重するであろう。

431227今、私の 魂はかき乱されている。何を言おうか。『父よ、私をこの時から救い出して下さい』〔と言おう〕か。だ が、このために、この時のために私は来たのだ。

431228父よ、あなたの名の栄光を現わして下さい」。すると、天から声が来た、「私は栄

光 を現わした。また現わすことになる」。




新共同訳1987

12:23 イエスはこうお答えになった。「人の子が栄光を受ける時が来た。

12:24 はっきり言っておく。一粒の麦は、地に落ちて死ななければ、一粒のままである。だが、死ねば、多くの実を結ぶ。

12:25 自分の命を愛する者は、それを失うが、この世で自分の命を憎む人は、それを保って永遠の命に至る。

12:26 わたしに仕えようとする者は、わたしに従え。そうすれば、わたしのいるところに、わたしに仕える者もいることになる。わたしに仕える者がいれば、父はその 人を大切にしてくださる。」

◆人の子は上げられる

12:27 「今、わたしは心騒ぐ。何と言おうか。『父よ、わたしをこの時から救ってください』と言おうか。しかし、わたしはまさにこの時のために来たのだ。

12:28 父よ、御名の栄光を現してください。」すると、天から声が聞こえた。「わたしは既に栄光を現した。再び栄光を現そう。」


前田訳1978

12:23 イエスは答えられる、「人の子が栄化される時が来た。

12:24 本当にいう、一粒の麦は、地に落ちて死なねば、いつまでも一粒にすぎない死ねば多くのみを結ぶ。

12:25 おのがいのちを愛するものはそれを失い、この世でいのちを憎むものは永遠のいのちへとそれを保とう。

12:26 わたしに仕えるものはわたしに従え。そうすれば、わたしに仕えるものもわたしがいるところにいよう。わたしに仕えるものを、父は尊ばれよう。

12:27 今、わが心はさわぐ。何といおうか。父上、この時から救い出してください。否、このため、この時にこそわたしは来たのです。

12:28 父上、あなたのみ名を栄化してください」と。すると天から声がした、「わたしは栄化したし、また栄化しよう」と。


新改訳1970

12:23 すると、イエスは彼らに答えて言われた。「人の子が栄光を受けるその時が来ました。

12:24 まことに、まことに、あなたがたに告げます。一粒の麦がもし地に落ちて死ななければ、それは一つのままです。しかし、もし死ねば、豊かな実を結びます。

12:25 自分のいのちを愛する者はそれを失い、この世でそのいのちを憎む者はそれを保って永遠のいのちに至るのです。

12:26 わたしに仕えるというのなら、その人はわたしについて来なさい。わたしがいる所に、わたしに仕える者もいるべきです。もしわたしに仕えるなら、父はその人 に報いてくださいます。

12:27 今わたしの心は騒いでいる。何と言おうか。『父よ。この時からわたしをお救いください。』と言おうか。いや。このためにこそ、わたしはこの時に至ったので す。

12:28 父よ。御名の栄光を現わしてください。」そのとき、天から声が聞こえた。「わたしは栄光をすでに現わしたし、またもう一度栄光を現わそう。」


塚本訳1963

12:23 するとイエスは(非常に感動して)二人に答えられる、「人の子(わたし)が栄光を受ける時がついに来た。

12:24 アーメン、アーメン、わたしは言う、一粒の麦は、地に落ちて死なねば、いつまでもただの一粒である。しかし死ねば、多くの実を結ぶ。(だからわたしは命を すてる。)

12:25 [(この世の)命をかわいがる者は(永遠の)命を失い、この世で命を憎む者は、命を守って永遠の命にはいるであろう。

12:26 わたしに仕えようとする者は、わたしに従い(わたしと同じ道を歩き)なさい。そうすれば、わたしに仕える者もわたしがおる所におることができる。父上はわ たしに仕える者に、(そんな)栄誉をくださるのである。]

12:27 今、わたしは胸がどきどきしてならない。ああ、なんと言っ(て祈っ)たらよいだろう。『お父様、この(試みの)時からわたしを救ってください』(と祈ろう か。)いやいや、わたしはこのため、この時のために(この世に)来たのだ。

12:28 『お父様、(どうかわたしを御心のままになさって、)あなたの御名の栄光をあらわしてください!』」すると天から声がひびいた、「わたしは(あなたの業 で)すでに(わたしの)栄光をあらわした。(今)また(あなたの苦しみによって)栄光をあらわすであろう。」


口語訳1955

12:23 すると、イエスは答えて言われた、「人の子が栄光を受ける時がきた。

12:24 よくよくあなたがたに言っておく。一粒の麦が地に落ちて死ななければ、それはただ一粒のままである。しかし、もし死んだなら、豊かに実を結ぶようになる。

12:25 自分の命を愛する者はそれを失い、この世で自分の命を憎む者は、それを保って永遠の命に至るであろう。

12:26 もしわたしに仕えようとする人があれば、その人はわたしに従って来るがよい。そうすれば、わたしのおる所に、わたしに仕える者もまた、おるであろう。もし わたしに仕えようとする人があれば、その人を父は重んじて下さるであろう。

12:27 今わたしは心が騒いでいる。わたしはなんと言おうか。父よ、この時からわたしをお救い下さい。しかし、わたしはこのために、この時に至ったのです。

12:28 父よ、み名があがめられますように」。すると天から声があった、「わたしはすでに栄光をあらわした。そして、更にそれをあらわすであろう」。


文語訳1917

"431223"," イエス答へて言ひ給ふ『人の子の榮光を受くべき時きたれり。"

"431224"," 誠にまことに汝らに告ぐ、一粒の麥、地に落ちて死なずば、唯一つにて在らん、もし死なば、多くの果を結ぶべし。"

"431225"," 己が生命を愛する者は、これを失ひ、この世にてその生命を憎む者は、之を保ちて永遠の生命に至るべし。"

"431226"," 人もし我に事へんとせば、我に從へ、わが居る處に我に事ふる者もまた居るべし。人もし我に事ふることをせば、我が父これを貴び給は ん。"

"431227"," 今わが心さわぐ、我なにを言ふべきか。父よ、この時より我を救ひ給へ、されど我この爲にこの時に到れり。"

"431228"," 父よ、御名の榮光をあらはし給へ』ここに天より聲いでて言ふ『われ既に榮光をあらはしたり、復さらに顯さん』"

●次に、「聖書知識の宝庫 TSK」を読み、心に響くものを抜粋する。

●ヨハ 12:28

12:28 父よ、み名があがめられますように」。すると天から声があった、「わたしはすでに栄光をあらわした。そして、更にそれをあらわすであろう」。

 

*「父よ、み名があがめられますように」

Matthew 26:42

42また二度目に行って、祈って言われた、「わが父よ、この杯を飲むほかに道がないのでしたら、どうか、みこころが行われますように」。

Mark 14:36

 36「アバ、父よ、あなたには、できないことはありません。どうか、この杯をわたしから取りのけてください。しかし、わたしの思いではなく、みこころのままになさってください」。

John 18:11

 11すると、イエスはペテロに言われた、「剣をさやに納めなさい。父がわたしに下さった杯は、飲むべきではないか」。

 

*「すると天から声があった、」

Matthew 3:17

17また天から声があって言った、「これはわたしの愛する子、わたしの心にかなう者である」。

Matthew 17:5

 5彼がまだ話し終えないうちに、たちまち、輝く雲が彼らをおおい、そして雲の中から声がした、「これはわたしの愛する子、わたしの心にかなう者である。これに聞け」。

2 Peter 1:17

 17イエスは父なる神からほまれと栄光とをお受けになったが、その時、おごそかな栄光の中から次のようなみ声がかかったのである、「これはわたしの愛する子、わたしの心にかなう者である」。

 

*「わたしはすでに栄光をあらわした。」

John 9:3

3イエスは答えられた、「本人が罪を犯したのでもなく、また、その両親が犯したのでもない。ただ神のみわざが、彼の上に現れるためである。

John 11:4

 4イエスはそれを聞いて言われた、「この病気は死ぬほどのものではない。それは神の栄光のため、また、神の子がそれによって栄光を受けるためのものである」。

John 11:40-44

 40イエスは彼女に言われた、「もし信じるなら神の栄光を見るであろうと、あなたに言ったではないか」。  41人々は石を取りのけた。すると、イエスは目を天にむけて言われた、「父よ、わたしの願いをお聞き下さったことを感謝します。  42あなたがいつでもわたしの願いを聞きいれて下さることを、よく知っています。しかし、こう申しますのは、そばに立っている人々に、あなたがわたしをつかわされたことを、信じさせるためであります」。  43こう言いながら、大声で「ラザロよ、出てきなさい」と呼ばわれた。  44すると、死人は手足を布でまかれ、顔も顔おおいで包まれたまま、出てきた。イエスは人々に言われた、「彼をほどいてやって、帰らせなさい」。

 

*「そして、更にそれをあらわすであろう」

John 13:31-32

 31さて、彼が出て行くと、イエスは言われた、「今や人の子は栄光を受けた。神もまた彼によって栄光をお受けになった。  32彼によって栄光をお受けになったのなら、神ご自身も彼に栄光をお授けになるであろう。すぐにもお授けになるであろう。

Ephesians 2:7

 7それは、キリスト・イエスにあってわたしたちに賜わった慈愛による神の恵みの絶大な富を、きたるべき世々に示すためであった。

Ephesians 3:10

 10それは今、天上にあるもろもろの支配や権威が、教会をとおして、神の多種多様な知恵を知るに至るためであって、

Ephesians 3:21

 21教会により、また、キリスト・イエスによって、栄光が世々限りなくあるように、アァメン。

Philippians 1:6-11

 6そして、あなたがたのうちに良いわざを始められたかたが、キリスト・イエスの日までにそれを完成して下さるにちがいないと、確信している。  7わたしが、あなたがた一同のために、そう考えるのは当然である。それは、わたしが獄に捕われている時にも、福音を弁明し立証する時にも、あなたがたをみな、共に恵みにあずかる者として、わたしの心に深く留めているからである。  8わたしがキリスト・イエスの熱愛をもって、どんなに深くあなたがた一同を思っていることか、それを証明して下さるかたは神である。  9わたしはこう祈る。あなたがたの愛が、深い知識において、するどい感覚において、いよいよ増し加わり、  10それによって、あなたがたが、何が重要であるかを判別することができ、キリストの日に備えて、純真で責められるところのないものとなり、  11イエス・キリストによる義の実に満たされて、神の栄光とほまれとをあらわすに至るように。

Revelation of John 5:9-14

 9彼らは新しい歌を歌って言った、「あなたこそは、その巻物を受けとり、封印を解くにふさわしいかたであります。あなたはほふられ、その血によって、神のために、あらゆる部族、国語、民族、国民の中から人々をあがない、  10わたしたちの神のために、彼らを御国の民とし、祭司となさいました。彼らは地上を支配するに至るでしょう」。  11さらに見ていると、御座と生き物と長老たちとのまわりに、多くの御使たちの声が上がるのを聞いた。その数は万の幾万倍、千の幾千倍もあって、  12大声で叫んでいた、「ほふられた小羊こそは、力と、富と、知恵と、勢いと、ほまれと、栄光と、さんびとを受けるにふさわしい」。  13またわたしは、天と地、地の下と海の中にあるすべての造られたもの、そして、それらの中にあるすべてのものの言う声を聞いた、「御座にいますかたと小羊とに、さんびと、ほまれと、栄光と、権力とが、世々限りなくあるように」。  14四つの生き物はアァメンと唱え、長老たちはひれ伏して礼拝した。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の啓示と黙想おわり。アーソーカ。神に召されて苦しんで不条理不可解に死ぬその「死に様」が世に残す最大の告知なのだ。キリスト教は仏教の「大往生」を目的としない。

● 夕方、初冬の秋留野公園を撮る。寒い日で散歩も早々に引き上げた。
2212061.jpg

2212062.jpg




どうすれば神が分かるか・・・罪の赦しの体験を通して

221205(月)5時目覚め。黙想(どうすれば神が分かるか) 正座して42人+6家族に対する祈り(罪の赦しの体験を通して)魚マーク医ΙΧΘΥΣ・イエスス(イエス)、クリストス(キリスト)、セオス(神)、ヒュオス(子)、ソテル(救い主)=イクスス(魚) 5時半起床 体重 77.8  BMI 28.9 血圧 147-78 冷水洗顔 歯磨き 湯沸かし HPアクセス数317人/日(http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/)知られざるクリスチャンに告ぐ。キリストの血で兄弟になった仲間である。●キリスト者の皆様お早うございます。かって母が晩年になって「キリスト教は難しい。仏教のお坊さんの話の方が分かりやすい」と言ったことがある。その理由は、キリスト教は霊で仏教は頭(肉)だからだ。今朝は、「どうすれば神が分かるか・・・罪の赦しの体験を通して」と題して、ヨハネ福音書を3か所学ぼう。

塚本訳 ヨハ 3:5-6
3:5 イエスは答えられた、「アーメン、アーメン、わたしは言う、人は霊によって生まれなければ、神の国に入ることは出来ない。
3:6 肉によって生まれたものは肉であり、霊によって生まれたものだけが霊である(から)。

塚本訳 ヨハ 6:63
6:63 霊が命を与える。肉はなんの役にも立たない。いまわたしがあなた達に話した言葉は、霊である。だから、命である。

塚本訳 ヨハ 4:24
4:24 神は霊である。だから礼拝者も霊と真理とをもって礼拝せねばならない。」





●上記のうち、ヨハネ6:63。邦語100年間の各種翻訳並読。

聖書協会共同訳2018
ヨハ 6:63 命を与えるのは霊である。肉は何の役にも立たない。私があなたがたに話した言葉は霊であり、命である。

フランシスコ会訳2013

063命を与えるのは霊である。

肉は何の役にも立たない。

わたしがあなた方に話した言葉は、

霊であり、命である。

 

岩波翻訳委員会訳1995

430663霊こそが生かすものであって、肉は何の役にも立たない。私があなたがたに語ってきた言葉は霊 であり、命である。


新共同訳1987

6:63 命を与えるのは“霊”である。肉は何の役にも立たない。わたしがあなたがたに話した言葉は霊であり、命である。


前田訳1978

6:63 霊は生かすもので、肉は何にも役立たない。わたしがあなたがたに語った言葉は霊でありいのちである。


新改訳1970

6:63 いのちを与えるのは御霊です。肉は何の益ももたらしません。わたしがあなたがたに話したことばは、霊であり、またいのちです。


塚本訳1963

6:63 霊が命を与える。肉はなんの役にも立たない。いまわたしがあなた達に話した言葉は、霊である。だから、命である。


口語訳1955

6:63 人を生かすものは霊であって、肉はなんの役にも立たない。わたしがあなたがたに話した言葉は霊であり、また命である。


文語訳1917

"430663"," 活かすものは靈なり、肉は益する所なし、わが汝らに語りし言は、靈なり、生命なり。"



●次に、ヨハネ6:63。「聖書知識の宝庫 TSK」を読む。

●ヨハ 6:63

6:63 人を生かすものは霊であって、肉はなんの役にも立たない。わたしがあなたがたに話した言葉は霊であり、また命である。

 

*「人を生かすものは霊であって、」

創世記 2:7

7主なる神は土のちりで人を造り、命の息をその鼻に吹きいれられた。そこで人は生きた者となった。

ローマ人 8:2

 2なぜなら、キリスト・イエスにあるいのちの御霊の法則は、罪と死との法則からあなたを解放したからである。

1 コリント 15:45

 45聖書に「最初の人アダムは生きたものとなった」と書いてあるとおりである。しかし最後のアダムは命を与える霊となった。

2 コリント 3:6

 6神はわたしたちに力を与えて、新しい契約に仕える者とされたのである。それは、文字に仕える者ではなく、霊に仕える者である。文字は人を殺し、霊は人を生かす。

ガラテヤ 5:25

 25もしわたしたちが御霊によって生きるのなら、また御霊によって進もうではないか。

1 ペテロ 3:18

 18キリストも、あなたがたを神に近づけようとして、自らは義なるかたであるのに、不義なる人々のために、ひとたび罪のゆえに死なれた。ただし、肉においては殺されたが、霊においては生かされたのである。

 

*「肉はなんの役にも立たない。」

ローマ人 2:25

25もし、あなたが律法を行うなら、なるほど、割礼は役に立とう。しかし、もし律法を犯すなら、あなたの割礼は無割礼となってしまう。

ローマ人 3:1-2

 1では、ユダヤ人のすぐれている点は何か。また割礼の益は何か。  2それは、いろいろの点で数多くある。まず第一に、神の言が彼らにゆだねられたことである。

1 コリント 11:27-29

 27だから、ふさわしくないままでパンを食し主の杯を飲む者は、主のからだと血とを犯すのである。  28だれでもまず自分を吟味し、それからパンを食べ杯を飲むべきである。  29主のからだをわきまえないで飲み食いする者は、その飲み食いによって自分にさばきを招くからである。

ガラテヤ 5:6

 6キリスト・イエスにあっては、割礼があってもなくても、問題ではない。尊いのは、愛によって働く信仰だけである。

ガラテヤ 6:15

 15割礼のあるなしは問題ではなく、ただ、新しく造られることこそ、重要なのである。

1 テモテ 4:8

 8からだの訓練は少しは益するところがあるが、信心は、今のいのちと後の世のいのちとが約束されてあるので、万事に益となる。

へブル 13:9

 9さまざまな違った教によって、迷わされてはならない。食物によらず、恵みによって、心を強くするがよい。食物によって歩いた者は、益を得ることがなかった。


1 ペテロ 3:21

21この水はバブテスマを象徴するものであって、今やあなたがたをも救うのである。それは、イエス・キリストの復活によるのであって、からだの汚れを除くことではなく、明らかな良心を神に願い求めることである。

 

*「わたしがあなたがたに話した言葉は霊であり、また命である」

申命記 32:47

47この言葉はあなたがたにとって、むなしい言葉ではない。これはあなたがたのいのちである。この言葉により、あなたがたはヨルダンを渡って行って取る地で、長く命を保つことができるであろう」。

詩編 19:8-11

 8主のおきては完全であって、魂を生きかえらせ、主のあかしは確かであって、無学な者を賢くする。  9主のさとしは正しくて、心を喜ばせ、主の戒めはまじりなくて、眼を明らかにする。  10主を恐れる道は清らかで、とこしえに絶えることがなく、主のさばきは真実であって、ことごとく正しい。  11これらは金よりも、多くの純金よりも慕わしく、また蜜よりも、蜂の巣のしたたりよりも甘い。

詩編 119:51

 51あなたの約束はわたしを生かすので、わが悩みの時の慰めです。

詩編 119:94

 94わたしは常にあなたのさとしを忘れません。あなたはこれをもって、わたしを生かされたからです。

Psalms 119:131

 131み言葉が開けると光を放って、無学な者に知恵を与えます。

ヨハネ 6:68

 68シモン・ペテロが答えた、「主よ、わたしたちは、だれのところに行きましょう。永遠の命の言をもっているのはあなたです。

ヨハネ 12:49-50

 49わたしは自分から語ったのではなく、わたしをつかわされた父ご自身が、わたしの言うべきこと、語るべきことをお命じになったのである。  50わたしは、この命令が永遠の命であることを知っている。それゆえに、わたしが語っていることは、わたしの父がわたしに仰せになったことを、そのまま語っているのである」。

ローマ人 10:8-10

 8では、なんと言っているか。「言葉はあなたの近くにある。あなたの口にあり、心にある」。この言葉とは、わたしたちが宣べ伝えている信仰の言葉である。  9すなわち、自分の口で、イエスは主であると告白し、自分の心で、神が死人の中からイエスをよみがえらせたと信じるなら、あなたは救われる。  10なぜなら、人は心に信じて義とされ、口で告白して救われるからである。

ローマ人10:17

 17したがって、信仰は聞くことによるのであり、聞くことはキリストの言葉から来るのである。

1 コリント 2:9-14

9しかし、聖書に書いてあるとおり、/「目がまだ見ず、耳がまだ聞かず、/人の心に思い浮びもしなかったことを、/神は、ご自分を愛する者たちのために備えられた」/のである。  10そして、それを神は、御霊によってわたしたちに啓示して下さったのである。御霊はすべてのものをきわめ、神の深みまでもきわめるのだからである。  11いったい、人間の思いは、その内にある人間の霊以外に、だれが知っていようか。それと同じように神の思いも、神の御霊以外には、知るものはない。  12ところが、わたしたちが受けたのは、この世の霊ではなく、神からの霊である。それによって、神から賜わった恵みを悟るためである。  13この賜物について語るにも、わたしたちは人間の知恵が教える言葉を用いないで、御霊の教える言葉を用い、霊によって霊のことを解釈するのである。  14生れながらの人は、神の御霊の賜物を受けいれない。それは彼には愚かなものだからである。また、御霊によって判断されるべきであるから、彼はそれを理解することができない。


2 コリント 3:6-8

 6神はわたしたちに力を与えて、新しい契約に仕える者とされたのである。それは、文字に仕える者ではなく、霊に仕える者である。文字は人を殺し、霊は人を生かす。  7もし石に彫りつけた文字による死の務が栄光のうちに行われ、そのためイスラエルの子らは、モーセの顔の消え去るべき栄光のゆえに、その顔を見つめることができなかったとすれば、  8まして霊の務は、はるかに栄光あるものではなかろうか。

1 テサロニケ 2:13

 13これらのことを考えて、わたしたちがまた絶えず神に感謝しているのは、あなたがたがわたしたちの説いた神の言を聞いた時に、それを人間の言葉としてではなく、神の言として――事実そのとおりであるが――受けいれてくれたことである。そして、この神の言は、信じるあなたがたのうちに働いているのである。

へブル 4:12

 12というのは、神の言は生きていて、力があり、もろ刃のつるぎよりも鋭くて、精神と霊魂と、関節と骨髄とを切り離すまでに刺しとおして、心の思いと志とを見分けることができる。

ヤコブ 1:18

 18父は、わたしたちを、いわば被造物の初穂とするために、真理の言葉によって御旨のままに、生み出して下さったのである。

1 ペテロ 1:23

 23あなたがたが新たに生れたのは、朽ちる種からではなく、朽ちない種から、すなわち、神の変ることのない生ける御言によったのである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の啓示と黙想おわり。神が分かるのは、罪の赦しの体験で霊を頂くことである。


10:00 阿伎留医療センター整形外科、

11:00 泌尿器科

小雨降る寒い日のあきる野。早く家に帰って暖を取りたい。
2212051.jpg

2212052.jpg





死者との再会・・・霊の存在として

221204(日)4時半目覚め。黙想(死者との再会) 正座して42人+6家族に対する祈り(霊の存在として)魚マークΙΧΘΥΣ・イエスス(イエス)、クリストス(キリスト)、セオス(神)、ヒュオス(子)、ソテル(救い主)=イクスス(魚) 5時起床 体重78.1  BMI 29.0 血圧 146-84 冷水洗顔 歯磨き 湯沸かし HPアクセス数 325人/日(http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/)知られざるクリスチャンに告ぐ。来世の存在はある。罪の赦しでそれが信じられる。●キリスト者の皆様お早うございます。キリスト教の最大の価値は、来世の存在の希望を与えてくれることだ。今朝は、「死者との再会・・・霊の存在として」と題して聖書のアチコチを読んで見よう。神学的でなく霊的に信仰的に。

聖書協会・共同訳 イザヤ書 [34]章
イザ 34:15 ふくろうはそこに巣を作り/卵を産み、それをかえし/自分の陰に雛を集める。/そこには鳶も/それぞれつがいで集まる。
イザ 34:16 主の書を調べて、読め。/これらのうち、一つも欠けるものはない。/それぞれが相手を見いだせないことはない。/主の口が命じ/その霊が集めたからである

塚本訳 ルカ 7:11-15
7:11 そのあとで、ナインという町に行かれた。弟子たちおよび多くの群衆も一しょに行った。
7:12 町の門の近くに来られると、ちょうど、ある独り息子が死んで、(棺が)舁き出されるところであった。母は寡婦であった。町の人が大勢その母に付添っていた。
7:13 主は母を見て不憫に思い、「そんなに泣くでない」と言って、
7:14 近寄って棺に手をかけ──担いでいる者は立ち止まった──「若者よ、あなたに言う、起きよ!」と言われた。
7:15 すると死人が起き上がって物を言い出した。イエスは”彼を母に渡された。”

塚本訳 マタ 9:23-24
9:23 やがてイエスは役人の家に着いて、笛吹き男と騒いでいる群衆とを見ると、
9:24 言われた、「あちらに行っておれ。少女は死んだのではない、眠っているのだから。」人々はあざ笑っていた。

塚本訳 ヨハ 11:43-44
11:43 こう言ったのち、大声で、「ラザロ、出て来い」と叫ばれた。
11:44 死人が手足を包帯で巻かれたまま、(墓から)出てきた。顔は手拭で包まれていた。イエスは「解いてやって(家に)帰らせなさい」と人々に言われた。

塚本訳 ルカ 20:37-38
20:37 死人が復活することは、(聖書にはっきり書いてある。)モーセも茨の薮の(燃える話の)ところで、主を『アブラハムの神、またイサクの神、またヤコブの神(である)と』と言ってこれを示している。
20:38 ところで神は死人の神ではなく、生きている者の神である。神に対しては、すべての者が生きているのだから。(してみるとアブラハム、イサクなども皆復活して、今生きているわけではないか。)

塚本訳 ルカ 24:31-34
24:31 (その時)二人の目が開けて、その方とはっきりわかった。すると(また)その姿が見えなくなった。
24:32 二人は語り合うのであった、「(そう言えば、)道々わたし達に話をされたり、聖書を説き明かされたりした時に、胸の中が熱くなったではないか」と。
24:33 時を移さず二人は立ち上がってエルサレムに引き返して見ると、十一人とその仲間とが集まっていて、
24:34 「ほんとうに主は復活して、シモン(・ペテロ)に御自分を現わされた」と話してくれた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の啓示と黙想おわり。来世はある。霊体での再会はある。

●11:00家庭礼拝

 家庭礼拝  妻と二人(東京聖書読者会はコロナ禍で休会)
     司会 高橋トミ子
        讃美歌263番(よろこばしき)
        聖書朗読詩編83編 聖書協会共同訳2018
        開会祈祷
     
     感話 高橋照男
        罪の重荷・・・今この世で赦されて楽になる
 
                                        
                                          ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/221204.htm

                 讃美歌260番(ちとせのいわよ)

        閉会祈祷

●嫁と孫娘二人が帰った聖日の夕方、夕暮れを撮る。あと10年、次の世があるのだ
2212032.jpg



2212041.jpg

人生は出会いと旅・・・神の不思議な導き

221203(土)4時目覚め。黙想(出会い) 正座して42人+6家族に対する祈り(道連れとの旅)魚マークΙΧΘΥΣ・イエスス(イエス)、クリストス(キリスト)、セオス(神)、ヒュオス(子)、ソテル(救い主)=イクスス(魚) 5時起床 体重 77.7 BMI 28.9 血圧 167-87 冷水洗顔 歯磨き 湯沸かし HPアクセス数 283人/日(http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/)知られざるクリスチャンに告ぐ。人生は出会いと旅である。それは神の不思議な導きである。●キリスト者の皆様お早うございます。過日今井館で某女に、聖書には「連れ合い」という言葉があると言った。これは不思議な響きのする言葉である。今朝はこれを学ぼう。

●まず、イザヤ書34:35ー36。 邦語100年間の各種翻訳並読。

聖書協会共同訳2018
イザ 34:15 ふくろうはそこに巣を作り/卵を産み、それをかえし/自分の陰に雛を集める。/そこには鳶も/それぞれつがいで集まる。
イザ 34:16 主の書を調べて、読め。/これらのうち、一つも欠けるものはない。/それぞれが相手を見いだせないことはない。/主の口が命じ/その霊が集め たからである。

フランシスコ会訳2013
イザヤ書34

015木に棲む蛇が、そこに巣を作っ て卵を産み、

かえすためにその卵を抱く。

そこには鳶がそれぞれつがいで集まる。

016主の書を調べて読め。

これらのもののうちの何一つ抜けていない。

各々片割れを欠いていない。

命じたのはわたしの口であり、

それらを集めたのはその霊である。

 

新共同訳1987

34:15 ふくろうは、そこに巣を作って卵を産み/卵をかえして、雛を翼の陰に集める。そこに鳶も、雌も雄も共に集まる。

34:16 主の書に尋ね求め、読んでみよ。これらのものに、ひとつも欠けるものはない。雌も雄も、それぞれ対を見いださぬことはない。それは、主の口が命じ/主の霊 が集めたものだからである。

 

新改訳1970
34:15 蛇もそこに巣を作って卵を産み、それをかえして、自分の陰に集める。とびもそれぞれ自分の連れ合いとそこに集まる。

34:16 主の書物を調べて読め。これらのもののうちどれも失われていない。それぞれ自分の連れ合いを欠くものはいない。それは、主の口がこれを命じ、主の御霊が、 これらを集めたからである。


口語訳1955

34:15 ふくろうはそこに巣をつくって卵を産み、それをかえして、そのひなを翼の陰に集める。とびもまた、おのおのその連れ合いと共に、そこに集まる。

34:16 あなたがたは主の書をつまびらかに/たずねて、これを読め。これらのものは一つも欠けることなく、また一つもその連れ合いを欠くものはない。これは主の口 がこれを命じ、その霊が彼らを集められたからである。


文語訳1917
34:15 蛇ここに穴をつくり卵をうみてこれを孚しおのれの影の下に子をあつむ 鳶もまたその偶(とも)とともに此處にあつまらん

34:16 なんぢらヱホバの書をつまびらかにたづねて讀べし これらのもの一つも缺ることなく又ひとつもその偶(とも)をかくものあらじ そはヱホバの口このことを命じ その靈これらを集めたまふべければなり

●次に、イザヤ34:15-16。「聖書知識の宝庫 TSK」を読む。

●イザ34:15 ふくろうはそこに巣をつくって卵を産み、それをかえして、そのひなを翼の陰に集める。とびもまた、おのおのその連れ合いと共に、そこに集まる。

 

*「節全体」

Isaiah 34:15

15ふくろうはそこに巣をつくって卵を産み、それをかえして、そのひなを翼の陰に集める。とびもまた、おのおのその連れ合いと共に、そこに集まる。

 

 

●イザ34:16 あなたがたは主の書をつまびらかに/たずねて、これを読め。これらのものは一つも欠けることなく、また一つもその連れ合いを欠くものはない。これは主の口がこれを命じ、その霊が彼らを集められたからである。

 

*「あなたがたは主の書をつまびらかに/たずねて、これを読め。これらのものは一つも欠けることなく、また一つもその連れ合いを欠くものはない。」

Deuteronomy 31:21

21こうして多くの災と悩みとが彼らに臨む時、この歌は彼らに対して、あかしとなるであろう。(それはこの歌が彼らの子孫の口にあって、彼らはそれを忘れないからである。)わたしが誓った地に彼らを導き入れる前、すでに彼らが思いはかっている事をわたしは知っているからである」。

Joshua 1:8

 8この律法の書をあなたの口から離すことなく、昼も夜もそれを思い、そのうちにしるされていることを、ことごとく守って行わなければならない。そうするならば、あなたの道は栄え、あなたは勝利を得るであろう。

Proverbs 23:12

 12あなたの心を教訓に用い、あなたの耳を知識の言葉に傾けよ。

Isaiah 30:8

 8いま行って、これを彼らの前で札にしるし、書物に載せ、後の世に伝えて、とこしえにあかしとせよ。

Daniel 10:21

 21しかしわたしは、まず真理の書にしるされている事を、あなたに告げよう。わたしを助けて、彼らと戦う者は、あなたがたの君ミカエルのほかにはありません。

Amos 3:7

 7まことに主なる神はそのしもべである預言者にその隠れた事を示さないでは、何事をもなされない。

Malachi 3:16

 16そのとき、主を恐れる者は互に語った。主は耳を傾けてこれを聞かれた。そして主を恐れる者、およびその名を心に留めている者のために、主の前に一つの覚え書がしるされた。

Matthew 5:18

18よく言っておく。天地が滅び行くまでは、律法の一点、一画もすたることはなく、ことごとく全うされるのである。

Luke 21:33

 33天地は滅びるであろう。しかしわたしの言葉は決して滅びることがない。

John 5:39

 39あなたがたは、聖書の中に永遠の命があると思って調べているが、この聖書は、わたしについてあかしをするものである。

John 10:35

 35神の言を託された人々が、神々といわれておるとすれば、(そして聖書の言は、すたることがあり得ない)

2 Peter 1:19

 19こうして、預言の言葉は、わたしたちにいっそう確実なものになった。あなたがたも、夜が明け、明星がのぼって、あなたがたの心の中を照すまで、この預言の言葉を暗やみに輝くともしびとして、それに目をとめているがよい。

 

*「これは主の口がこれを命じ、その霊が彼らを集められたからである。」

Genesis 6:17

17わたしは地の上に洪水を送って、命の息のある肉なるものを、みな天の下から滅ぼし去る。地にあるものは、みな死に絶えるであろう。

Psalms 33:6

 6もろもろの天は主のみことばによって造られ、天の万軍は主の口の息によって造られた。

Psalms 33:9

 9主が仰せられると、そのようになり、命じられると、堅く立ったからである。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の啓示と黙想おわり。聖書の連れ合いは、聖書で聖書を読む精神。

●天と植物の成長を撮る。地はひとりでに実を結ぶ。
2212031.jpg

2212032.jpg

聖書協会共同訳2018
◆「成長する種」のたとえ
マル 4:26 また、イエスは言われた。「神の国は次のようなものである。人が地に種を蒔き、
マル 4:27 夜昼、寝起きしているうちに、種は芽を出して成長するが、どうしてそうなるのか、その人は知らない。
マル 4:28 地はおのずから実を結ばせるのであり、初めに茎、次に穂、それから穂には豊かな実ができる。


フランシスコ会訳2013

◆種の生長の喩え

026また、仰せになった、「神の国 は人が大地に種を蒔くようなものである。

027種を蒔く人が夜昼、寝起きして いるうちに、種は芽を出し生長する。しかし、種を蒔いた人はどうしてそうなるかを知らない。

028大地は自ら働き、初めに苗、次 に穂、次に穂の中に豊かな実を生ずる。

 

岩波翻訳委員会訳1995

410426また彼は言った、「神の王国とは次のようなものだ。すなわち、一人の人が大地に種を蒔き、

410427夜寝て朝起き〔ることをくり返し〕ていると、彼自身の知らない間に種は芽を出し、成長する。

410428大地がおのずから実を結ばせるのであって、まず茎、次に穂、次にその穂の中に豊かな穀粒を造 りなす。

 

新共同訳1987

4:26 また、イエスは言われた。「神の国は次のようなものである。人が土に種を蒔いて、

4:27 夜昼、寝起きしているうちに、種は芽を出して成長するが、どうしてそうなるのか、その人は知らない。

4:28 土はひとりでに実を結ばせるのであり、まず茎、次に穂、そしてその穂には豊かな実ができる。

 

前田訳1978

4:26 またいわれた、「神の国はこのようである。ある人が地に種をまく。

4:27 夜昼寝起きするうち、種は芽生えて育つが、その人はわけを知らない。

4:28 地はひとりでに実を結ぶ。まず茎、次に穂、次に穂の中に塾した粒。

 

新改訳1970

4:26 また言われた。「神の国は、人が地に種を蒔くようなもので、

4:27 夜は寝て、朝は起き、そうこうしているうちに、種は芽を出して育ちます。どのようにしてか、人は知りません。

4:28 地は人手によらず実をならせるもので、初めに苗、次に穂、次に穂の中に実がはいります。

 

塚本訳1963

4:26 また言われた、「神の国はこんなものだ。──ある人が地に種を蒔き、

4:27 夜昼、寝起きしていると、種は芽生えて育ってゆくが、本人はその訳を(すら)知らない。

4:28 (すなわち)地はひとりでに実を結ぶので、初めに茎、次に穂、次に穂の中に熟しきった粒ができる

 

口語訳1955

4:26 また言われた、「神の国は、ある人が地に種をまくようなものである。

4:27 夜昼、寝起きしている間に、種は芽を出して育って行くが、どうしてそうなるのか、その人は知らない。

4:28 地はおのずから実を結ばせるもので、初めに芽、つぎに穂、つぎに穂の中に豊かな実ができる。

 

 文語訳1917

"410425"," それ有てる人は、なほ與へられ、有たぬ人は、有てる物をも取らるべし』"

"410426"," また言ひたまふ『神の國は、或人たねを地に播くが如し、"

"410427"," 日夜起臥するほどに、種はえ出でて育てども、その故を知らず。"

"410428"," 地はおのづから實を結ぶものにして、初には苗、つぎに穂、つひに穂の中に充ち足れる穀なる。"

 
















罪の重荷・・・・今この世で赦されて楽になる

221202(金)2時目覚め。黙想(罪の重荷) 正座して42人+6家族に対する祈り(今この世で赦されて楽になる)魚マークΙΧΘΥΣ・イエスス(イエス)、クリストス(キリスト)、セオス(神)、ヒュオス(子)、ソテル(救い主)=イクスス(魚) 3時起床 体重 77.8 BMI 28,9 血圧 138-80 冷水洗顔 歯磨き 湯沸かし HPアクセス数 271人/日(http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/)知られざるクリスチャンに告ぐ。神の霊との交わりは、この世のいかなる喜びよりも深く大きい。●キリスト者の皆様お早うございます。昨日は来る12月22日のM邸出張礼拝のテーマは「罪について」と申し出があった。そこで今朝はこの事を取り上げ「罪の重荷・・・・今この世で赦されて楽になる」と題して「聖書で聖書を読む」方法で準備しよう。テーマのリクエストがあるのは励みである。

聖書協会・共同訳 創世記 [4]章
創 4:8 カインが弟アベルに声をかけ、二人が野にいたとき、カインは弟アベルを襲って殺した。
創 4:9 主はカインに言われた。「あなたの弟アベルは、どこにいるのか。」彼は言った。「知りません。私は弟の番人でしょうか。」
創 4:10 主は言われた。「何ということをしたのか。あなたの弟の血が土の中から私に向かって叫んでいる。
創 4:11 今やあなたは呪われている。あなたの手から弟の血を受け取るため、その口を開けた土よりもなお呪われている。
創 4:12 あなたが土を耕しても、その土地にはもはや実を結ぶ力がない。あなたは地上をさまよい、さすらう者となる。」
創 4:13 カインは主に言った。「私の過ちは大きく、背負いきれません。
創 4:14 あなたは今日、私をこの土地から追放されたので、私はあなたの前から身を隠します。私は地上をさまよい、さすらう者となり、私を見つける者は誰であれ、私を殺すでしょう。」
創 4:15 主は彼に言われた。「いや、カインを殺す者は誰であれ、七倍の復讐を受けるであろう。」主は、カインを見つける者が誰であれ、彼を打ち殺すことのないように、カインにしるしを付けられた。
創 4:16 カインは主の前を去り、エデンの東、ノドの地に住んだ。

聖書協会・共同訳 イザヤ書 [6]章
イザ 6:5 私は言った。/「ああ、災いだ。/私は汚れた唇の者/私は汚れた唇の民の中に住んでいる者。/しかも、私の目は/王である万軍の主を見てしまったのだ。」
イザ 6:6 すると、セラフィムの一人が私のところに飛んで来た。その手には祭壇の上から火箸で取った炭火があった。
イザ 6:7 彼はそれを私の口に触れさせ、言った。/「見よ、これがあなたの唇に触れたので/過ちは取り去られ、罪は覆われた。」

塚本訳 マタ 5:21-22
5:21 (だからわたしの戒めは彼らよりもきびしい。)──あなた達は昔の人が(モーセから、『人を)殺してはならない、』殺した者は裁判所で罰せられる、と命じられたことを聞いたであろう。
5:22 しかしわたしはあなた達に言う、兄弟に腹をたてる者は皆、(ただそれだけの理由で、天国の)裁判所で罰せられる。兄弟に馬鹿と言う者は、最高法院で罰せられる。畜生と言う者は、火の地獄で罰せられる。

塚本訳 マタ 20:28
20:28 人の子(わたし)が来たのも仕えさせるためではない。仕えるため、多くの人のあがない金としてその命を与えるためである。

塚本訳 マタ 11:28-29
11:28 さあ、疲れている者、重荷を負っている者はだれでも、わたしの所に来なさい、休ませてあげよう。
11:29 わたしは心がやさしく、高ぶらないから、わたしの軛を負ってわたしの弟子になりなさい、そうすれば”魂の休息が得られよう。”

塚本訳 Ⅰコリ11:23-26
11:23 なぜというか。わたしは(晩餐のことを)主から授かり、それをまたあなた達に伝えたのであるが、それはこうである。──主イエスは(敵に)引き渡された夜、パンを手に取り、
11:24 (神に)感謝して裂いて、言われた、「これはあなた達のためにわたすわたしの体である。わたしを記念するためにこのことを行ないなさい」。
11:25 食事の後、杯を同じように(感謝)して(分けて、)言われた、「この杯はわたしの『血』の犠牲を払った”新しい約束”である。(今から後、)飲むたびごとに、わたしを記念するためにこのことを行ないなさい」
11:26 すなわち、主が(ふたたび)来られるまで、あなた達はこのパンを食べこの杯を飲むたびごとに、主の死(の意味)を、(このことを行なうことによって)宣べ伝えるのである。

塚本訳 マコ 2:5-11
2:5 イエスはその人たちの信仰を見て(驚き)、中風の者に言われる、「子よ、いまあなたの罪は赦された。
2:6 数人の聖書学者がそこに坐っていたが、心の中で考えた、
2:7 「この人はなぜあんなことを言うのだろう。冒涜だ。神お一人のほか、だれが罪を赦せよう。」
2:8 イエスは彼らがひそかにこう考えているのを、すぐ霊で見抜いて、「なんで、そんなことを心の中で考えているのか。
2:9 この中風の者に、あなたの罪は赦された、と言うのと、起きて担架をかついで歩け、と言うのと、どちらがたやすい(と思う)か。
2:10 では、人の子(わたし)は地上で罪を赦す全権を持っていることを知らせてやろう」と彼らに言いながら、中風の者に言われる、
2:11 「あなたに命令する、起きて担架をかついで、家に帰りなさい。」

塚本訳 ルカ 7:44-50
7:44 女の方に振り向き、シモンに言われた、「この婦人を見たか。わたしがこの家に来たとき、あなたは足の水もくれないのに、この婦人は涙でわたしの足をぬらし、髪の毛でふいてくれた。
7:45 あなたは接吻一つしてくれないのに、この婦人はわたしが(この家に)来たときから、わたしの足に接吻のしつづけである。
7:46 あなたは(普通の)油をすら頭に塗ってくれないのに、この婦人は(高価な)香油を足に塗ってくれた。
7:47 だから、わたしは言う、この婦人の多くの罪は赦されている。(いま)多くわたしを愛したのがその証拠である。赦され方の少ない者は、愛し方も少ない。」
7:48 そしてその女に言われた、「あなたの罪は赦されている。
7:49 同席の者が(憤慨して)ひそかに考えた、「罪さえ赦す(という)この人はいったい何人だろう。」
7:50 しかしイエスは女に言われた、「あなたの信仰があなたを救った。『さよなら、平安あれ。』」

塚本訳 ルカ 11:20-23
11:20 しかし、もし(そうでなく、)わたしが神の指で悪鬼を追い出しているのであったら、それこそ神の国はもうあなた達のところに来ているのである。
11:21 強い者が武装して自分の城を守っている時には、その持ち物は安全であるが、
11:22 より強い者が襲ってきてこれに打ち勝つと、その頼みにしている武具を奪い、分捕品を分けるのである。
11:23 (だからわたしは言う、神と悪魔との戦いはすでに始まっている。)わたしの側に立たない者は、わたしに反対する者、わたしと一しょに集めない者は、散らす者である。

塚本訳 ヨハ 5:8-14
5:8 イエスが言われる、「起きて担架をかついて、歩きなさい。
5:9 するとその人はすぐ直って、担架をかついで歩きまわった。あいにくその日は安息日であった。
5:10 そこでユダヤ人(の役人たち)が病気のよくなった人に言った、「(きょうは)安息日だ、担架をかつぐのは規則違反だ。」
5:11 彼は答えた、「わたしを直してくれた人が、『担架をかついで歩け』と言ったのです。」
5:12 彼らが尋ねた、「『かついで歩け』と言った人はだれだ。」
5:13 しかしいやされた人は、それがだれか知らなかった。大勢の人がその場所にいたので、イエスは(そっと)立ち去られたのであった。
5:14 そののちイエスは宮で彼に出合って言われた、「ほら、直ったではないか。もう罪を犯すなよ。もっとひどい目にあうかもしれないから。」

塚本訳 ロマ 8:31-35
8:31 すると、それはどういうことになるのだろうか。──神がわたし達の味方である以上、だれがわたし達に敵対できるか。
8:32 御自分の子をさえなんの惜しげもなく、わたし達みんなのために死に引き渡されたその神が、どうしてそれと共に、すべてのものをも賜わらないことがあろうか。
8:33 だれが(わたし達)神の選ばれた者を告発することができるか。神が(裁判官として)『罪なしと宣告しておられるのに。』
8:34 『だれが(わたし達を)罰することができるか。』キリスト・イエスが(わたし達の罪のために)死んで、それだけでなく復活して、いま神の右においでになって、わたし達のために執り成していてくださるのに。
8:35 (このゆえに)だれがキリストの(わたし達を愛する)愛から、わたし達を引き離すことができるか。苦しみか、悩みか、迫害か、飢えか、裸か、危険か、剣か。

塚本訳 ヨハ 3:6-8
3:6 肉によって生まれたものは肉であり、霊によって生まれたものだけが霊である(から)。
3:7 『あなた達は新しく生まれなおさねばならない』と言ったからとて、すこしも不思議がることはない。
3:8 風[プニューマ]は心のままに吹く。その音は聞えるが、どこから来てどこに行くか、あなたは知らない。霊[プニューマ]によって生れる者も皆、そのとおりである。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の啓示と黙想おわり。アーソーカ。罪は神が一方的に赦して下さるのだ、

●16:00 遠路、嫁と孫娘二人が来てくれた。

朋あり遠方より来たるまた楽しからずや(論語)


●17:30 黒茶屋






●冬の日の幻想(チャイコフスキー)
2212021.jpg

2212022.jpg




エデンの東とは・・・さすらう者の地

 13日で満79歳5ヶ月。残り時間のすべてをキリスト教使徒伝承の連鎖に捧げる。罪と死の恐怖から救われる「十字架の贖罪の福音と有体的復活と有体的再臨の希望の喜び」を犠牲的に生きて証人となる。自分のため、子孫のため、親類縁者のため、エクレシヤのため、気の毒な人のため。悪魔(病魔)に取りつかれて苦しんでいる人のため。孤独と向きあっている人のため。

221201(木)4時半目覚め。黙想(エデンの東とは) 正座して42人+6家族に対する祈り
神の知る地)5時起床 77.9 体重 77.9 BMI 29.血圧140-81 冷水洗顔 歯磨き 湯沸かし HPアクセス数 228人/日(http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/)知られざるクリスチャンに告ぐ。クリスチャンは常に神にそられているのだ。●キリスト者の皆様お早うございます。弟殺しのカインはエデンの東に去った。しかし神に印をつけられて悪い者から守られた。これ神の愛のなせる業。クリスチャンは神のもとを逃げても神はその地を知っている。行先を知っている。

聖書協会・共同訳 創世記 [4]章
創 4:13 カインは主に言った。「私の過ちは大きく、背負いきれません。
創 4:14 あなたは今日、私をこの土地から追放されたので、私はあなたの前から身を隠します。私は地上をさまよい、さすらう者となり、私を見つける者は誰であれ、私を殺すでしょう。」
創 4:15 主は彼に言われた。「いや、カインを殺す者は誰であれ、七倍の復讐を受けるであろう。」主は、カインを見つける者が誰であれ、彼を打ち殺すことのないように、カインにしるしを付けられた。
創 4:16 カインは主の前を去り、エデンの東、ノドの地に住んだ。

●旧約聖書に出てくる「エデンの東」とはノドの地と書かれているが、場所は不明。ただしノドとは「さすらい」の意味。4章14節からすればカインは弟のアベルを殺したので主の前にいられなくなって地上をさまよい、さすらう者となった。人殺し、罪のはじまり。この罪は神の子キリストの出現によって贖われる新約時代が始まった。

塚本訳 マコ 10:45
10:45 人の子(わたし)が来たのも仕えさせるためではない。仕えるため、多くの人のあがない金としてその命を与えるためである。」


塚本訳 ロマ 3:23-25
3:23 なぜか。すべての人が罪を犯したため、いまだれ一人、(かつて持っていた)神の栄光をもたない。
3:24 (さりとて失った栄光を回復する力はないので、何一つ)代価を払わず、(ただ)神の恩恵によって、キリスト・イエスによるあがないの力で、(神に)義とされる(道が設けられた)のである。
3:25 すなわち神は御自分の義を示すために、宥めの供え物としてキリストを提供された。これはキリストの血でなされたものであり、(人は)信仰によ(ってこの恩恵にあずか)るのである。このことは──神が(長いあいだ)忍耐をもって過ぎし日に犯した罪を罰せずにおられたので──

塚本訳 Ⅰコリ11:25-26
11:25 食事の後、杯を同じように(感謝)して(分けて、)言われた、「この杯はわたしの『血』の犠牲を払った『新しい約束』である。(今から後、)飲むたびごとに、わたしを記念するためにこのことを行ないなさい」。
11:26 すなわち、主が(ふたたび)来られるまで、あなた達はこのパンを食べこの杯を飲むたびごとに、主の死(の意味)を、(このことを行なうことによって)宣べ伝えるのである。

●10:00 妻と二人で阿伎留医療センターの「物忘れ外来」に行く。二人共MRIw撮った。

●14:00渋谷整骨院。体操教室。

●寒い日の奥多摩連山を撮る。
2212011.jpg

2212012.jpg




Appendix

プロフィール

高橋照男

高橋照男
生年月日1943(昭和18)
埼玉県浦和市生まれ
職 業  一級建築士

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索