to 日記と感想 2006年09月
Top | RSS | Admin

2006.08 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2006.10


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170821(土)15:00お江戸コラリアーズ定期演奏会、文京公会堂
    170809     TW誕生日
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170706      TM誕生日
    170701      TT誕生日
    170628       IY誕生日
    170625(日)14:00羽村フィル、ゆとろぎ。モーツァルト40番、チャイコフスキー5番
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール
    170610(土)14:00内村鑑三セミナー、立教大学12号館。矢田部、椚」山
    170609(金)   TS命日
    170608(木)12:15ボリショイ「白鳥の湖」、東京文化会館
    170707(水)10:00池谷医院
    170604(日)10:00集会感話、
    170604(日)16:30近藤恵邸起工式、福島市。
    170530(火)14:00田岡氏来訪
    170527(土)14:00今井館ピアノコンサート
    170521(日)14:00新宿フィル、ブラームス1番、レスピーギ「鳥」「ローマの松」。和田睦夫
    170425       TN)誕生日
    150420(木)09:30阿伎留センター泌尿器科)
    170416(日)14:00武蔵野室内合奏団、杉並公会堂(大坪満子)


「空の鳥を見よ」の鳥はカラス ++++++++ 所感

2006/09/30 06:04

060930(土)3時半目覚め。様々なことが思い巡らされて寝付けず、仕方なく起床●昨夜は大きなゴキブリと象を殺して剥製にするということをさせられたいやな夢を見る。生き物を殺すことはいやなことだ。●14年前に召された父は、私が昆虫を捕まえるとすぐ「逃がしてヤレ、逃がしてヤレ」と言ったものだ。●イエスの有名な言葉,マタイの「空の鳥を見よ」の鳥は平行記事のルカではカラスである。カラスは当時嫌われものの代表。そんな嫌われ者でさえ神は養ってくださるという意味。●神は人間が蛇蝎のごとく嫌う人物でもその生みの親としての親心で愛を注ぐ。殺さない。人間は嫌っても神は嫌わない。親だから。これを嫌う人間を親たる神は激怒する。それが律法学者やパリサイ人、職業宗教家、彼らはダメ人間を嫌った。だから神が怒った。


文語訳  マタ 6:26
6:26 空の鳥(とり)を見よ、播かず、刈らず、倉に収めず、然(しか)るに汝らの天の父は、これを養ひたまふ。汝らは之よりも遥(はるか)に優るる者ならずや。


文語訳  ルカ 12:24
12:24 鴉(からす)を思ひ見よ、播かず、刈らず、納屋も倉もなし。然るに神は之を養ひたまふ、汝ら鳥に優るること幾許(いくばく)ぞや。


●イエスの当時非常に嫌われ軽蔑されていたのは税金取りと売春婦。これは今でも同じ。その嫌われ者に対してイエスは次のように言った。神の子イエスでなければ言えない崇高な言葉。神は人間に嫌われた者を哀れに思って先に救う。これ親心。親になってみればわかる。


文語訳  マタ 21:31b
21:31 イエス言ひ給ふ『まことに汝ら告ぐ、取税人と遊女とは汝らに先だちて神の國に入るなり。


 ●一年間に84人もの人に洗礼を授けたという晴佐久昌英(異名カリスマ)神父と岩下壮一神父のことを9月27日日記の最後に加筆●とにかくどんな大組織でも「人物次第」である..電話懇談、清水澄子、斉藤みち、田村光三、●内村鑑三全集岩波新版全40巻は火災で消失したが、その後某さんが全巻を下さった。論考「内村鑑三の建築観」執筆のために身近に整理。一人の人間がよくもこれだけ書いたものだ。3メートルもある。●論考の題名は「余が内村鑑三に住まいの設計を頼まれたらどうするか」としようか。


s2006_0930_140440AA.jpg


秋の青い空のトンボ。 2006.9.30 あきる野市


子供たちに歌って聞かせた「トンボのメガネ」の歌を思い出した。


トンボのメガネは青いとメガネ


あーおいお空を飛んだから


トーンだからー


 


s2006_0930_151026AA.jpg


秋の高い空の下の我が家 2006.9.30


「神の恵みはいと高し」の讃美歌を心で歌う。讃美歌492番


 


 


 


 


 

スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


主よ○○が大変です。すぐ来てください ++++++++ 所感

2006/09/29 05:05

060929(金)4時起床。朝の黙想「祈りは叫び」●朝風呂で日経「私の履歴書」はプロスキーヤーの三浦雄一郎。2008年北京オリンピックの年に、中国側からエベレスト登頂に挑戦の計画、そのとき年齢は75歳。自己記録を5年更新しようとする限界挑戦だという。さすが「ヤメトケー」という感じ。●「主よ○○が大変です。すぐ来てください」。多分これが最も短い祈り。こういう切羽詰った祈りは聞かれる。イエスに近づいた人の叫び(祈り)は短い。事例豊富。


塚本訳 マタ 8:2
8:2 すると一人の癩病人が近寄ってきて、しきりに願って言った、「主よ、(清めてください。)お心さえあれば、お清めになれるのだから。」


塚本訳 マタ 8:5-6
8:5 カペナウムに帰られると、一人の百卒長がそばに来て願って
8:6 言った、「主よ、うちの下男が中風で家にねていて、ひどく苦しんでおります。……」


塚本訳  ルカ 4:38
4:38 イエスは立って礼拝堂を出て、シモンの家に入られた。シモンの姑がひどい熱病に苦しんでいた。人々が彼女のことを願うと、


塚本訳 マタ 8:16
8:16 夕方になると、人々は悪鬼につかれた者を大勢イエスのところにつれて来た。イエスは言葉をもって霊どもを追い出し、また一人のこらず病人をなおされた。


 塚本訳 マコ 2:3-5
2:3 人々が一人の中風の者を、四人にかつがせてつれて来る。
2:4 群衆のためイエスのところにつれて行けないので、おいでになる所の(上の)屋根をはがして穴をあけ、中風の者を担架に寝かせたまま(イエスの前に)吊りおろす。
2:5 イエスはその人たちの信仰を見て(驚き)、中風の者に言われる、「子よ、いまあなたの罪は赦された。」


 塚本訳 マタ 9:18
9:18 こう話しておられると、そこに一人の(礼拝堂の)役人が進み出て、しきりに願って言った、「わたしの娘がたったいま死にました。それでも、どうか行って、手をのせてやってください。そうすれば生き返りますから。」


 塚本訳 マタ 9:27-28
9:27 そこから出かけられると、二人の盲人が「ダビデのお子様、どうぞお慈悲を」と言って叫びながら、イエスについて来た。
9:28 そして家にかえられると、盲人たちがそばに来たので、イエスが言われる、「わたしにそれが出来ると信じるのか。」「はい、主よ」と二人がこたえる。


塚本訳 マタ 9:32-33
9:32 ちょうど二人と入れ違いに、人々が悪鬼につかれた唖をつれて来た。
9:33 悪鬼が追い出されると、唖が物を言うようになった。群衆が驚いて、「こんなことはかってイスラエル人の中で起ったためしがない」と言った。


塚本訳 マタ 12:22
12:22 そこに、悪鬼につかれた盲の唖をつれて来られたので、それをなおされると、唖が物を言い、目が見えるようになった。


塚本訳 マタ 15:22
15:22 すると、その地方生まれの一人のカナンの女が出てきて叫んだ、「主よ、ダビデのお子様よ、どうぞお慈悲を。娘がひどく悪鬼に苦しめられています。」


 塚本訳 マタ 15:29-30
15:29 それからイエスはそこを去って、ガリラヤ湖のほとりにかえり、山に上ってそこに坐られた。
15:30 大勢の群衆が足なえ、片輪、盲人、唖、そのほか多くの者をつれてイエスの所に来て、足もとに置いたので、それをなおされた。


塚本訳 マコ 9:17-18
9:17 群衆のうちの一人が答えた、「先生、唖の霊につかれている伜をあなたの所につれて来ました。
9:18 この子は霊がつくと所かまわず投げ倒され、泡をふき、歯斬りして、体がこわばってしまいます。それで霊を追い出すことをお弟子たちに頼みましたが、おできになりませんでした。」


塚本訳 マタ 20:29-31
20:29 一行がエリコ(の町)を出ると、大勢の群衆がイエスについて来た。
20:30 すると二人の盲人が道ばたに坐っていたが、イエスのお通りだと聞くと、「主よ、ダビデのお子様よ、どうぞお慈悲を」と言って叫んだ。
20:31 群衆が叱りつけて黙らせようとしたが、二人はますます大声で、「主よ、ダビデのお子様よ、どうぞお慈悲をと言って叫んだ。


塚本訳 ルカ 17:12-13
17:12 とある村に入ると、十人の癩病人に出合われた。彼らは(規則どおりに)遠くの方で立ち止まったまま、
17:13 声をはりあげて、「イエス先生、どうぞお慈悲を」と言った。


塚本訳  ヨハ 4:46-47
4:46 それから、またガリラヤのカナに行かれた。そこは(前に)水を酒にされた所である。するとカペナウムに(ヘロデ・アンデパス)王の役人がいて、その息子が病気であった。
4:47 イエスがユダヤからガリラヤに来ておられると聞くと、イエスの所に行き、(カペナウムに)下ってきて息子を直してほしいと頼んだ。息子が死にそうだったのである。


塚本訳  ヨハ 5:5-7
5:5 するとそこに三十八年病気の人がいた。
5:6 イエスはその人が横になっているのを見、すでに長い間わずらっていることを知ると、「直りたいか」とたずねられた。
5:7 病人が答えた、「主よ、水がかきまわされた時に、わたしを池に入れてくれる者がないのです。わたしが行くうちに、ほかの人が先に下りてゆきます。」


 塚本訳 ヨハ 11:21-22
11:21 マルタがイエスに言った、「主よ、あなたがここにいてくださったら、わたしの兄弟は死ななかったでしょうに。
11:22 しかしあなたがお願いになることなら、神様は何でもかなえてくださることを、わたしは今でも知っています。」


●医学の進んだ今日において宗教は必要ないと「冷笑」する人間に告ぐ。「自分の心がライ病であることを知れ」。人間、そのときは切羽詰って「助けてクレー」と叫ばざるを得ないのだ。「キリスト教の神様、仏様、アッラーの神様お助けください」となりふりかまわず無我夢中ですがらなければならないのだ。罪の自覚というのはそれほど恐ろしいものなのだ。その経験をしないものはオメデタイ「まだ半人前」。人生真に苦労していない●「汝自身を知れ」(ソクラテス)である。●私のHPを「説教臭い」と言って冷笑する人間がいる。ウザッタイ、目障りだと考える人もいる。迷惑だから公開はしなくても良いという人もいる。消せ、自分のことを出すなという人もいる。何せ路傍伝道だから群衆(月間アクセス数2千回以上)の中にはどんな「危険人物や曲者」がいるかわからないのだ。「クソッ!、何のこれしき。私には応援団がいるのだ。神が応援者だ」。日記の公開は不特定多数への「路傍説教」。中には「覗き見」の人で「自分の心がライ病である」ことを自覚する人が出ればしめたものだ。だからから公開している●祈りは「助けてくれー」が一番よい。それに比べて「悟りの祈り」は神としても「カワユクナイ」。「悟りの祈り」の例は次の通り。


「神様、この苦難を感謝します。私への試練と思って忍耐します」


「神様、私は信仰のおかげで、この苦難をも平安でいられます」


そのほか「我慢します」「忍耐する心を与えてください」」「あの人を赦してください」「私が悪いのです」「あなたの鞭で私の非がわかりました」・・・・・などなど自分を責める祈りは「自力」の祈り。こういう祈りを聞くと神は「アッ、ソー」といって過ぎ去っていく。「お呼びでナイ」と思われてしまう。 


●「悟りの祈り」でなく「叫びの祈り」が聞かれる。神が腰を上げるのは人間の単純な「叫び」。事例多数。詩篇に多い。


出    22: 23 [口語


もしあなたが彼らを悩まして、彼らがわたしにむかって叫ぶならば、わたしは必ずその叫びを聞くであろう。


Ⅰ列   8: 28 [口語


しかしわが神、主よ、しもべの祈と願いを顧みて、しもべがきょう、あなたの前にささげる叫びと祈をお聞きください。


Ⅱ歴   6: 19 [口語


しかしわが神、主よ、しもべの祈と願いを顧みて、しもべがあなたの前にささげる叫びと祈をお聞きください。


ネヘ   5: 6 [口語


わたしは彼らの叫びと、これらの言葉を聞いて大いに怒った。


ヨブ   27: 9 [口語


災が彼に臨むとき、/神はその叫びを聞かれるであろうか。


ヨブ   34: 28 [口語


こうして彼らは貧しき者の叫びを/彼のもとにいたらせ、/悩める者の叫びを彼に聞かせる。


詩    5: 2 [口語


わが王、わが神よ、わたしの叫びの声をお聞きください。わたしはあなたに祈っています。


詩    17: 1 [口語


主よ、正しい訴えを聞き、わたしの叫びにみ心をとめ、偽りのないくちびるから出るわたしの祈に/耳を傾けてください。


詩    18: 6 [口語


わたしは悩みのうちに主に呼ばわり、わが神に叫び求めました。主はその宮からわたしの声を聞かれ、主にさけぶわたしの叫びがその耳に達しました。


詩    34: 17 [口語


正しい者が助けを叫び求めるとき、主は聞いて、彼らをそのすべての悩みから助け出される。


詩    39: 12 [口語


主よ、わたしの祈を聞き、わたしの叫びに耳を傾け、わたしの涙を見て、もださないでください。わたしはあなたに身を寄せる旅びと、わがすべての先祖たちのように寄留者です。


詩    61: 1 [口語


神よ、わたしの叫びを聞いてください。わたしの祈に耳を傾けてください。


詩    102: 1 [口語


主よ、わたしの祈をお聞きください。わたしの叫びをみ前に至らせてください。


詩    106: 44 [口語


それにもかかわらず、主は彼らの叫びを聞かれたとき、その悩みをかえりみ、


哀    3: 56 [口語


あなたはわが声を聞かれました、『わが嘆きと叫びに耳をふさがないでください』。


マタ   2: 18 [口語


「叫び泣く大いなる悲しみの声が/ラマで聞えた。ラケルはその子らのためになげいた。子らがもはやいないので、慰められることさえ願わなかった」。


マコ   10: 47 [口語


ところが、ナザレのイエスだと聞いて、彼は「ダビデの子イエスよ、わたしをあわれんでください」と叫び出した。


ヘブ   5: 7 [口語


キリストは、その肉の生活の時には、激しい叫びと涙とをもって、ご自分を死から救う力のあるかたに、祈と願いとをささげ、そして、その深い信仰のゆえに聞きいれられたのである。


s2006_0929_170417AA.jpg


秋の夕暮れ。ラッパの花が咲いている。復活のときはラッパが鳴ると言う。2006.9.29


死は新しい命への誕生。永遠の生命、永遠の生命。イエスが復活したことでその希望が湧く。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


良い人に出会う喜び ++++++++ 所感

2006/09/28 08:59

060928(木)5時半起床。●朝風呂で日経「私の履歴書」はプロスキーヤーの三浦雄一郎。70歳でエベレスト登頂に成功。同行サポートの息子と抱き合う。実に美しい光景。この息子偉い。しかしどんな親子でも「人生のエベレスト」に登っているようなもの。クレバス、氷河、暴風の困難がある。●人生で一番うれしいのはよい人格と出会えること。それは見えざる大財産。人格とは小宇宙である。●ゲーテは「それ大いなるものは人格なり」と言った。●出会いが人生を決定する。キリストの救い、永遠の生命に導いてくれる人が最高の恩人●スポーツや金儲けや仕事や趣味習い事の師を究極の先生としてはならない。それは相対的な師である●だから音楽を志す人間はは次々と先生を変えていく。それは大抵は喧嘩別れだという●信者でも次々と教会や牧師を変えていく人間がいる。そういう人間はどこの教会や集会に行っても「満足しない」。どんな先生にも満足せず、不満をもって去っていく。去るにまかせよ。ご機嫌をとる必要はない。塩をまいて追い出せ。蹴飛ばせ。それが最大の親切だ最高の愛だ。それは警戒しなければならない人物。●牧師伝道者はよい信者との出会いで自らの信仰が深まる●よい出会いを歌った讃美歌は516番。自分が穢れた不完全な嫌われ者でもイエスは友になってくれる。この讃美歌、結婚式に歌うと最高なのだがナー。結婚とは主にあるお互いの赦しだ。


讃美歌516番


1. 主イエスを 知りたる


   うれしき この 日 や,


   いやしき 身 をさえ,


   すくわせ たまえり.


 


(Refrain)


   きみ に むつぶ この 日ぞ嬉しき,


   うれしき この 日 や,


   うれしき この 日 や,


   きみ に むつぶ この 日 ぞ 嬉しき.


 


2. イエス こそ わが きみ,


   わが み身は 主 の 民,


   いずこ え なり とも,


   みむね の ま に ま に.


 


3. くすしき みむね お


   日 に 日 に さとれば,


   いかなる とき に も,


   きみ より はなれじ.



 s2006_0928_053938AA.jpg


  「ああ麗しきシオンの朝」(讃美歌216番)。思わず表に飛び出して撮影。2006.9.28 5:30


こういう美しい景色を見られる幸いはあと18年間だと思うと悲しい、淋しい。


讃美歌216番


1. あぁうるわしき シオン の あさ,


   ひかり ぞ 照り そめ ける.


   やみ に まよう くにぐに も,


   いざ とも に いわえ かし.


 


2. あぁかがやける シオン の あさ,


   たのしき 日 ぞ き来に ける.


   イスラエル も, ことくに も


   いま こそ は 幸を え め.


 


3. 荒れし地 に も 花は咲き,


   いずみ は 湧き あふれて,


   よも の 山 に ひびき つつ,


   よろこび の 声 す なり.


 


4. おぉ うみ より も 陸(くが) より も,


   み神 を たたえ まつれ.


   みち の ひかり かがやきて,


   あまねく 世 を 照らせり.


s2006_0928_054301AA.jpg


  朝日の我が家。遠景は左・馬頭刈山(884m)と右・鶴脚山(916m)  2006.9.28 5:35


s2006_0928_054558AA.jpg


 朝日の書斎 今日もここでパソコンだ。 あと18年、残り少なくなった。2006.9.28 5:40


●清水望先生から電話。塚本先生記念会のこと●CDの棚つくり。工作大好き。●福島にいる妻から都はるみ「北の宿から」の電話。●日の出会でのこと。癌で夫人に先立たれた人が仏壇に携帯電話を置いてある。もしや天国の妻からかかってくるのではないかと思っているのだという。夫人に先立たれた初老の人の淋しさははかりがたい。





 


 




 


 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


木はその実で知られる ++++++++ 所感

2006/09/27 06:22

060927(水)5時起床。寝床で「樹はその実によって知らるる」を黙想●朝風呂で日経「私の履歴書」はプロスキーヤーの三浦雄一郎。息子二人が同伴でエベレスト登頂を目指すが、前回37歳のときとは体力が大違い。途中高山病と不整脈でフラフラ。それを息子が助ける。これは美しい話だ。記録よりもこの方が記憶される。


s2006_0927_180036AA.jpg


 北の窓から朝の奥多摩連山を眺む 雨上がり。2006.9.27 6:00


 讃美歌24番を心で歌う・


讃美歌24番


1. 父 の かみ よ, 夜 は去り て,


   あらた なる 朝 と なりぬ.


   われら は 今 みまえ に いで て,


   御名 を あがむ.


 


2. 万有の 主よ, み顔 あおぐ


   しもべ ら を つよく なして,


   あまつ くに の つきぬ めぐみ を


   えさせ たまえ.


 


3. 三つ に まして ひとり の かみ,


   みすくいはとうとき かな.


   御名 の ひかり 照り かがやき て,


   世 に あまね し.


●「木(の良し悪し)はいずれもその実で知られる」(ルカ6:44塚本訳)について考える。


●教会でも牧師でも伝道者でも人が多く集まるのは「木」が良いからである。●実を見れば木がわかるが同時にその木の根もわかる●私がモノを購入するときは必ず「このなかで一番多く売れているのはどれか」と聞く。●無教会主義はいわば「無印良品」であるが、無印ではあるが良品ではないものが出回っている。三位一体の使徒伝承が希薄●私が若いころに塚本先生に注目したのは、名だたる聖書学者(前田護郎、関根正雄、中沢樹たち)の多くが塚本先生を「木」とするその「実」であったからである。実を見て木を知ったのである。●教会でも無教会でも伝道者でも「実」が多くついているのはその木に「使徒性」という真理があるからである。●木に養分があるから実がつくのである。その養分とは「三位一体の使徒伝承」。実は養分のない木にはつかない。ここにも市場原理が働く。養分のない木にぶら下がると自分が死ぬ●社会生活で「人がつかない」というのは悪い兆候。養分のない木には実がならないのと同じ。人物判定の簡単な方法●企業内の昇格は部下が押し上げるもの 。部下が逃げるのは木が良くないから。●部下が逃げ出しても少しも反省しないのが「悪い木」の人間である証拠。●ブランド官公庁、ブランド学校、ブランド企業、ブランド血筋の人物必ずしも「良品」ではない、私の経験では逆に少ない。「不良品」が目立つ●有名神学校卒の牧師、聖書学者に必ずしも「実」がつかない。無教会の大先生の弟子に「実」がつかない。原因は「有体的復活、三位一体の使徒伝承」、その使徒性の欠如。


s2006_0927_170809AA.jpg


     JBCI委員会 渡辺弘之氏と。 2006.9.27 於建設物価調査会


JBCI(ジャパンビルディングコストインフォメーション)プロジェクトは当時建設物価調査会の理事であった渡辺弘之氏(前建設省審議官)のもとで立ち上げた。内外の激しい反対を受けながら、ようやく立ち上がったとき脳内出血で倒れ一時意識不明、聖路加国際病院に担ぎ込まれた。そのとき渡辺理事は病室に駆け込んでくるなり、いきなり耳元で「高橋さん!JBCIは立ち上がった。もう大丈夫、安心してください」と叫ばれた。あれから6年。JBCIは現在月間4万回のアクセスがあるまでに成長した。これ神のなしたもう業という感じがする。神がリードするプロジェクトに参画するのは楽しい。渡辺弘之氏は忘れえぬ人である。


  JBCI(ジャパンビルディングインフォメーション)の概要は下記。 


http://jbci.kensetu-navi.com/


13行目に無料のサイトツァーがある。また19行目には無料のゲストモード(お試し版)があり、ここではまた無料で建築工事費の予測シュミレーションができる。JBCIはすでに2万件の工事費プライスデータが蓄積されて、わが国で最大のデータバンクになった。単一民族でボランティア精神が横溢しているわが国だからこそデータの収集が可能であった。内容はこの分野のトップである英国の水準をキャッチアップして抜いた。


●教文館で、「総説キリスト教史2、宗教改革編」を購入。20年間の労作。なぜこれだけ時間がかかったかの監修者荒井献氏の言葉によれば、この20年間に新しい学問や資料が続々と出てきたからであるという。学問的良心が執筆を遅らせた。これは塚本虎二先生がご生前に「イエス伝」を本にまとめられなかったのに似ている。●店員の吉野、長谷川の両氏に勧められてカトリック高円寺教会の晴佐久昌英神父の説教集も購入。なるほど一年間に84名に洗礼を授けたカリスマ神父といわれるだけの事はある。救霊に熱心なことプロテスタント顔負け。●ミサというのはキリストの今現在の救いの見える形であるというカトリックの強い論理に感じ入った。ミサに預かれば救われるという。これ理性の安息を伴う不思議な魔術的なこと●しかしブドー酒とパンを食べれば救いが与えられるというのでは聖書が読める教養人はこれでは満足しない。●カトリックのドグマは強烈だから落ち着きがある。内村鑑三は教会に行くなら「カトリック」そうでなければ聖書を読む「無教会」と言っている。(「聖書の研究」最終号?)●中途半端なのはプロテスタント教会、教会主義にも徹せず、さりとて聖書のみにも徹せず。ただイベントと説教と音楽会でやかましいことはなはだしい●晴佐久神父を見て、カトリックといえども「人物次第」だと思った。その説教集の最後には次の言葉。「母さん、ぼくに福音を伝えてくれて、ありがとう。福音を語るための、ことばを教えてくれて、ありがとう」●昔、岩下壮一というすばらしい神父がいた。生まれつき足が悪かった。東大を一番で出て哲学研鑽のためにフランスに留学。そこでカトリックに触れて神父になり、約束されていた母校東大教授の地位を捨てる。神山復生病院というライ病院の院長となり、気の毒な人に尽くす。バチカンから高い地位で招かれたが「私はライ病者の友だ」と言ってその地位も捨てる。若くして召された。教会論で無教会の塚本虎二先生の好敵手であった。一度塚本先生の丸の内聖書講義に来たことがあるらしい。足の悪い後姿でそれがわっかたと受付の人が言った。多くの人に感化を与えた。




 

 


 



トラックバック(0) | コメント(1) | top▲


和解には犠牲が必要 ++++++++ 所感

2006/09/26 06:46

060926(火)5時目覚め。寝床で黙想「和解には犠牲が必要」●朝風呂で日経「私の履歴書」はプロスキーヤーの三浦雄一郎。齢65歳にしてエベレスト登頂を思い立つ。37歳のときは途中8千メートルからの滑降、今度は登頂を目指す。足に4キロのおもり、背中に20キロのリュックを背負って原宿の街を歩行トレーニング。その結果不摂生で太っていた体が20キロ減り、体調が良くなる。ご立派。かっては「世界の征服」が目標であったが、今度は「自分の征服」が目標。これは見習える。●朝の黙想「和解には犠牲が必要」について次々と思いが浮かぶ。


●「血は罪を清める」。最高刑は死刑。ところが今朝のニュースで我が子を殺された親が犯人に対して「彼には極刑以上の刑を施してもらいたい」と言う。


●極刑以上の刑とは何だろう。一族郎党の抹殺、お家断絶。罪のない人の死が伴うから。


●旧約聖書には建築士が技術的に間違った家を建てて人が死んだら、その建築士の家族は「全員が殺されなければならない」とある。身が引きしまる。


申   22:  8 [口語


新しい家を建てる時は、屋根に欄干を設けなければならない。それは人が屋根から落ちて、血のとがをあなたの家に帰することのないようにするためである。


●あの耐震偽装の姉歯建築士の妻は、ビルの屋上から飛び降り自殺した。血で夫の罪を贖ったと解す。


●私の関わった建築プロジェクトで担当税理士がうっかりミスで建築主に数千万円の損失を与えた。その税理士は「家屋敷を売却して弁償します」と言った。ご立派。税理士の仕事は組織でなく「個人」。


●建築士の倫理が落ちたのは「建築士事務所」という制度ができて、責任が個人ではなく「組織」に帰せられるようになったからだと聞いた。企業、病院、然り政府、マスコミみな同じ。代表者がいっせいに頭を下げて謝罪してもそれが複数人数では「無責任」の徴。


●不登校、閉じこもりを扱う某氏の話。「父親が立派過ぎてスキがない家に閉じこもりや不登校が起きやすい」。


●その某氏も自身の父親が立派でスキがなかった。あるときその父親が駅の階段で転んで下までずり落ちた。そこで老婆にぶつかってしまい、ひどく謝った。その惨めな姿を見た某氏は父親に対するそれまでのツッパリの気持ちが消えて「和解」。失敗は犠牲であり、スキである。それが和解の原因。そのスキは神がたくらむ。


●私「親としてスキがないと子供がが息苦しくて不登校や閉じこもりになりやすいといわれています」。某父親「私はスキだらけなんだがなー」


●偉大な父、偉大な母、偉大な教師であればあるほど、子供は息苦しくてもがく。これが不登校や閉じこもり。良い親であろうとすればするほど子供が辛くなるというのは人生の矛盾。親がもがけばもがくほど家庭内にくさびが食い込む。それは蟻地獄。


●といって親がわざとスキをつくることはできない。それはジェスチャーになる。子供に見抜かれる。本当のスキは神が仕組む。それが不幸や病気や弱さ。それは犠牲。犠牲が和解を生む。


●某母親が心を閉じた子供に言った。「お母さんはあなたが話しかけてくれないのが悲しいわ」。するとしばらくしてその子供がポツリポツリと話はじめたという。これ母親に「悲しみという犠牲」があったから。母親に「悲しみ嘆きというスキ」ができたので子供が母親を哀れんだのである。「何でも正直に話さなければなりません」とスキのない態度で叱ったら、子供は心を開かなかったはず。


●某氏、新婚旅行で新婦がパリで迷子になり、ヴェルサイユ宮殿の前でシクシク泣いているところを発見。愛情がよりいっそう深まったという。男性は女性の泣く姿を見るとどっと愛情が湧く。だから頭が良すぎてスキがない偉大な女性は男性から愛されにくい。女性の涙も「スキ」の一つである。


●私の場合は妻に対して「スキ」ばかりであるが、スキも多すぎると迷惑になる。


●妻の欠点は「スキ」。夫の欠点も「スキ」。スキのない夫婦だったらお互いに息苦しい。スキだらけの夫婦の方が長持ちする。夫婦の間でスキがあるのは幸い。欠点が見えるのは幸い。補完しあう。


●家屋にも少しは隙間があった方がよい。完全高気密住宅はシックハウスになりやすい。病人が出る。


●隙を埋め会うのが組織の基本。上司の隙を見ると部下としては「何とかしてやろう」と思うものである。しかしあまり隙だらけでは部下に嫌われる。舌打ちされて軽蔑される。


●勤務先の私「○○クゥーン。パソコンのココどーやるの」。某君(心で)「チェッ、又か」と思っているかも。


●パソコンは周囲に親切な若い人がいれば上達する。それに「すぐ聞く」習慣をつけることが大切。しかしその場合は若い人たちが「犠牲」になる。時間がとられる。


●老齢化社会。老人介護は7割が「身内の女性」。この老人の弱みやスキは「身内の女性の犠牲」に負われている。身内の女性はマザーテレサのように華々しくはないが、真に天に宝を積む隠れた働き。


●2年前に逝った私の母は生前に嫁たちと確執があった。しかし肺癌で「余命半年」と宣言されたとき、嫁の一人が「オバーちゃん。今まで冷たくしてこめんなさい」と言って泣いて和解。母も「嫁たちの良いところが見えてきた」と言った。母の遺品からは嫁たちへの感謝の言葉を書いてたメモが出てきた。和解であった。癌になるというのは良い死に方だ。私も癌を宣告されたい。母が癌にならずもっと「健康で長生き」していたら今だに嫁たちとの確執は解消されず、和解はなかったかもしれない。


●神学者のカール・バルトに有名な「和解論」がある。読んでない。多分次の一句以上のものではないだろう。


塚本訳  ロマ 5:7-8
5:7 (驚くべき神の愛!人間の世界では、)義人のために命をすてる者はほとんどあるまい。善人のためならば、惜しげもなく命をすてる者が、あるいはあるかも知れない。
5:8 しかしわたし達が(義人でも善人でもなく、)まだ罪人(神の敵)であったとき、キリストが私たちのために死んでくださった。このことによって、神はわたし達に対する愛をお示しになったのである。


●この5章8節をBbB(聖書で聖書を読む)の各国引照で読み、心に響くものを次に掲げる。この聖書読みの方法、多分バルトもびっくり。


各国聖書引照編集


 


(独)NESTLE-ALAND  NOVUM TESTAMENTUM  GRAECE 27版1993 の引照 


新共同 ロマ 3:25


3:25 神はこのキリストを立て、その血によって信じる者のために罪を償う供え物となさいました。それは、今まで人が犯した罪を見逃して、神の義をお示しになるためです。 


(英・米)THE NEW TREASURY OF SCRIPTURE KNOWLEDGE 1982 の引照    


口語訳 ガラ 4:4


4:4 しかし、時の満ちるに及んで、神は御子を女から生れさせ、律法の下に生れさせて、おつかわしになった。



口語訳 Ⅰコリ15:3


15:3 わたしが最も大事なこととしてあなたがたに伝えたのは、わたし自身も受けたことであった。すなわちキリストが、聖書に書いてあるとおり、わたしたちの罪のために死んだこと、




口語訳 Ⅰテサ5:9-10


5:9 神は、わたしたちを怒りにあわせるように定められたのではなく、わたしたちの主イエス・キリストによって救を得るように定められたのである。


5:10 キリストがわたしたちのために死なれたのは、さめていても眠っていても、わたしたちが主と共に生きるためである。



口語訳 Ⅱコリ5:18-21


5:18 しかし、すべてこれらの事は、神から出ている。神はキリストによって、わたしたちをご自分に和解させ、かつ和解の務をわたしたちに授けて下さった。


5:19 すなわち、神はキリストにおいて世をご自分に和解させ、その罪過の責任をこれに負わせることをしないで、わたしたちに和解の福音をゆだねられたのである。


5:20 神がわたしたちをとおして勧めをなさるのであるから、わたしたちはキリストの使者なのである。そこで、キリストに代って願う、神の和解を受けなさい。


5:21 神はわたしたちの罪のために、罪を知らないかたを罪とされた。それは、わたしたちが、彼にあって神の義となるためなのである。



口語訳 ロマ 8:32


8:32 ご自身の御子をさえ惜しまないで、わたしたちすべての者のために死に渡されたかたが、どうして、御子のみならず万物をも賜わらないことがあろうか。



口語訳 ロマ 3:29-30

3:29 それとも、神はユダヤ人だけの神であろうか。また、異邦人の神であるのではないか。確かに、異邦人の神でもある。


3:30 まことに、神は唯一であって、割礼のある者を信仰によって義とし、また、無割礼の者をも信仰のゆえに義とされるのである。



口語訳 ピリ 4:4


4:4 あなたがたは、主にあっていつも喜びなさい。繰り返して言うが、喜びなさい。



(日)新共同訳1987の引照


新共同 ロマ 9:33


9:33 「見よ、わたしはシオンに、/つまずきの石、妨げの岩を置く。これを信じる者は、失望することがない」と書いてあるとおりです。



新共同 Ⅰテサ4:8


4:8 ですから、これらの警告を拒む者は、人を拒むのではなく、御自分の聖霊をあなたがたの内に与えてくださる神を拒むことになるのです。



新共同 Ⅱコリ13:13


13:13 主イエス・キリストの恵み、神の愛、聖霊の交わりが、あなたがた一同と共にあるように。



新共同 テト 3:6


3:6 神は、わたしたちの救い主イエス・キリストを通して、この聖霊をわたしたちに豊かに注いでくださいました。



新共同 ロマ 5:8-10


5:8 しかし、わたしたちがまだ罪人であったとき、キリストがわたしたちのために死んでくださったことにより、神はわたしたちに対する愛を示されました。


5:9 それで今や、わたしたちはキリストの血によって義とされたのですから、キリストによって神の怒りから救われるのは、なおさらのことです。


5:10 敵であったときでさえ、御子の死によって神と和解させていただいたのであれば、和解させていただいた今は、御子の命によって救われるのはなおさらです。



新共同 ガラ 4:4


4:4 しかし、時が満ちると、神は、その御子を女から、しかも律法の下に生まれた者としてお遣わしになりました。



新共同 ロマ 4:25


4:25 イエスは、わたしたちの罪のために死に渡され、わたしたちが義とされるために復活させられたのです。 


新共同 ロマ 8:39


8:39 高い所にいるものも、低い所にいるものも、他のどんな被造物も、わたしたちの主キリスト・イエスによって示された神の愛から、わたしたちを引き離すことはできないのです。 


新共同 ロマ 1:18


1:18 不義によって真理の働きを妨げる人間のあらゆる不信心と不義に対して、神は天から怒りを現されます。



新共同 Ⅰテサ1:10


1:10 更にまた、どのように御子が天から来られるのを待ち望むようになったかを。この御子こそ、神が死者の中から復活させた方で、来るべき怒りからわたしたちを救ってくださるイエスです。



新共同 ロマ 11:28


11:28 福音について言えば、イスラエル人は、あなたがたのために神に敵対していますが、神の選びについて言えば、先祖たちのお陰で神に愛されています。



新共同 ロマ 11:15


11:15 もし彼らの捨てられることが、世界の和解となるならば、彼らが受け入れられることは、死者の中からの命でなくて何でしょう。



新共同 Ⅱコリ5:18-20


5:18 これらはすべて神から出ることであって、神は、キリストを通してわたしたちを御自分と和解させ、また、和解のために奉仕する任務をわたしたちにお授けになりました。


5:19 つまり、神はキリストによって世を御自分と和解させ、人々の罪の責任を問うことなく、和解の言葉をわたしたちにゆだねられたのです。


5:20 ですから、神がわたしたちを通して勧めておられるので、わたしたちはキリストの使者の務めを果たしています。キリストに代わってお願いします。神と和解させていただきなさい。



新共同 コロ 1:22


1:22 しかし今や、神は御子の肉の体において、その死によってあなたがたと和解し、御自身の前に聖なる者、きずのない者、とがめるところのない者としてくださいました。



新共同 ロマ 8:34


8:34 だれがわたしたちを罪に定めることができましょう。死んだ方、否、むしろ、復活させられた方であるキリスト・イエスが、神の右に座っていて、わたしたちのために執り成してくださるのです。



新共同 ヘブ 7:25


7:25 それでまた、この方は常に生きていて、人々のために執り成しておられるので、御自分を通して神に近づく人たちを、完全に救うことがおできになります。



新共同 Ⅰヨハ2:1


2:1 わたしの子たちよ、これらのことを書くのは、あなたがたが罪を犯さないようになるためです。たとえ罪を犯しても、御父のもとに弁護者、正しい方、イエス・キリストがおられます。



新共同 ロマ 5:2


5:2 このキリストのお陰で、今の恵みに信仰によって導き入れられ、神の栄光にあずかる希望を誇りにしています。



(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE 1985 の引照


口語訳 Ⅰコリ13:13


13:13 このように、いつまでも存続するものは、信仰と希望と愛と、この三つである。このうちで最も大いなるものは、愛である。


口語訳 ガラ 4:4-6


4:4 しかし、時の満ちるに及んで、神は御子を女から生れさせ、律法の下に生れさせて、おつかわしになった。


4:5 それは、律法の下にある者をあがない出すため、わたしたちに子たる身分を授けるためであった。


4:6 このように、あなたがたは子であるのだから、神はわたしたちの心の中に、「アバ、父よ」と呼ぶ御子の霊を送って下さったのである。


口語訳 Ⅰペテ3:18


3:18 キリストも、あなたがたを神に近づけようとして、自らは義なるかたであるのに、不義なる人々のために、ひとたび罪のゆえに死なれた。ただし、肉においては殺されたが、霊においては生かされたのである。



口語訳 ロマ 8:32


8:32 ご自身の御子をさえ惜しまないで、わたしたちすべての者のために死に渡されたかたが、どうして、御子のみならず万物をも賜わらないことがあろうか。



口語訳 Ⅰヨハ3:16


3:16 主は、わたしたちのためにいのちを捨てて下さった。それによって、わたしたちは愛ということを知った。それゆえに、わたしたちもまた、兄弟のためにいのちを捨てるべきである。



口語訳 Ⅰヨハ4:10


4:10 わたしたちが神を愛したのではなく、神がわたしたちを愛して下さって、わたしたちの罪のためにあがないの供え物として、御子をおつかわしになった。ここに愛がある。



口語訳 Ⅱコリ5:18-21


5:18 しかし、すべてこれらの事は、神から出ている。神はキリストによって、わたしたちをご自分に和解させ、かつ和解の務をわたしたちに授けて下さった。


5:19 すなわち、神はキリストにおいて世をご自分に和解させ、その罪過の責任をこれに負わせることをしないで、わたしたちに和解の福音をゆだねられたのである。


5:20 神がわたしたちをとおして勧めをなさるのであるから、わたしたちはキリストの使者なのである。そこで、キリストに代って願う、神の和解を受けなさい。


5:21 神はわたしたちの罪のために、罪を知らないかたを罪とされた。それは、わたしたちが、彼にあって神の義となるためなのである。



口語訳 Ⅰテサ1:10


1:10 そして、死人の中からよみがえった神の御子、すなわち、わたしたちをきたるべき怒りから救い出して下さるイエスが、天から下ってこられるのを待つようになったかを、彼ら自身が言いひろめているのである。



口語訳 コロ 1:21-22


1:21 あなたがたも、かつては悪い行いをして神から離れ、心の中で神に敵対していた。


1:22 しかし今では、御子はその肉のからだにより、その死をとおして、あなたがたを神と和解させ、あなたがたを聖なる、傷のない、責められるところのない者として、みまえに立たせて下さったのである。



口語訳 コロ 3:3-4


3:3 あなたがたはすでに死んだものであって、あなたがたのいのちは、キリストと共に神のうちに隠されているのである。


3:4 わたしたちのいのちなるキリストが現れる時には、あなたがたも、キリストと共に栄光のうちに現れるであろう。


●これだけを熟読すればバルトも「然り、アーメン」というのは目に見えている。なぜか。パウロ自身、ヨハネ自身が解説してくれているからである。●妻が福島に出発。うれしそうである。妻にはまだ母がいる。今日から4日間好間と福島。食事をたくさん用意していってくれた。●12:00-15:00東部図書館でCDリクエストカードに書き込み。なかなか良いものがある。


s2006_0927_035321AA.jpg


雨の普門禅寺 2006.9.26 あきる野市


●日本的な落ち着きがある。キリスト教にもこの静寂と落ち着きが必要なのだが、プロテスタントのキリスト教会はやかましくてしょうがない。


 


 


 


 


 


 

トラックバック(0) | コメント(1) | top▲


信仰のない人はどうなるのだろう ++++++++ 所感

2006/09/25 04:44

060925(月)4時目覚め。黙想「信仰のない人はどうなるのだろう」「新約聖書の精神は万人救済」●信者になったほどの人の共通の悩みや心配は「家族の中で信仰のない人はどうなるのだろう」ということ。これパウロ自身の問題、聖書自身の問題、ロマ諸9章がそれ。●結論は「万人救済説」。これは人の子の親になってみれば少しはわかる●その聖書的根拠は聖書全巻であるが特に次の4箇所。


 ①塚本訳  ルカ 14:3-5
14:3 イエスは自分の方から律法学者やパリサイ人たちに向かって口を切られた。「安息日に病気をなおすことは正しいか、正しくないか。」
14:4 彼らが黙っていると、その人(の手)をつかんで、病気を直してお帰しになった。
14:5 そして彼らに言われた、「あなた達のうちには、息子か牛かが井戸に落ちたとき、安息の日だからとてじきに引き上げてやらない者がだれかあるだろうか。」


●子供が病気になったときの親の気持ちは、「息子が井戸に落ちたとき」の気持ちとは言いえて妙。必死で何とかしたい。聖書は深い。


②塚本訳  ルカ 15:4-6
15:4 「あなた達のうちのだれかが羊を百匹持っていて、その一匹がいなくなったとき、その人は九十九匹を野原に残しておいて、いなくなった一匹を、見つけ出すまではさがし歩くのではないだろうか。
15:5 そして見つけると、喜んで肩にのせて、
15:6 家にかえり、友人や近所の人たちを呼びあつめてこう言うにちがいない、『一しょに喜んでください。いなくなっていたわたしの羊が見つかったから』と。


●この羊は、「家出羊」。「俺のことなんか放っておいてくれ」というのかもしれない。親の心労の「99%」がこの一匹の羊に向けられるとはこれまた言いえて妙。さすが神の子イエスの譬。●信じない人はどんな苦難にあっても信仰を持つようにはならない。否かえっていじけて「神などあるものか」と不信仰になる●神はそんな「いじけた」心をも「包む」●一人の教師に、親に、牧師につまずいて「永遠の真理」「永遠の生命」に近づかない人間は教養がない。歴史を知らない。人生むなしき時を過ごす。ツッパリもいい加減にした方がよい。メンツを捨てたほうがよい。人生は短い。自分だけでなく家族も暗いところに道連れにする。


③塚本訳 ロマ 5:7-8
5:7 (驚くべき神の愛!人間の世界では、)義人のために命をすてる者はほとんどあるまい。善人のためならば、惜しげもなく命をすてる者が、あるいはあるかも知れない。
5:8 しかしわたし達が(義人でも善人でもなく、)まだ罪人(神の敵)であったとき、キリストが私たちのために死んでくださった。このことによって、神はわたし達に対する愛をお示しになったのである。


●だから日本の時代劇は嫌いなのだ。主君の仇を打つ「赤穂浪士」も高級な精神ではない。仇討ち礼賛の日本人の精神はロマ書5章7節どまり


④塚本訳 黙  3:20
3:20 視よ、われ戸の外に立ちて叩く、人もし我が聲を聞きて戸を開かば、我その内に入りて彼とともに食し、彼もまた我とともに食せん。


●内側から戸をあけなくても神の救いの心は決まっている。救いの方針は変わらない。戸を開けたものだけが救われるのではない。●いじけた人間は心の「戸」を閉じている●家出羊は逃げ回ってもいつか神に見出される。つかまる。人間にではなく神に見出される。●朝風呂で日経「私の履歴書」はプロスキーヤーの三浦雄一郎。七大陸世界最高峰からのスキー滑降を制覇。しかしそれで人生おしまい。不節制な生活に転落。世界制覇の後に来るこの人間の姿よ。目標を達成すると自分を失う。目標がむなしかった。世界制覇の野望は学者(ノーベル賞、文化勲章)、スポーツマン(グランドスラム)、企業(企業合併、敵対的買収)、などなどみな同じ。「熱心であれば何でもよい」というわけにはいかない。熱心度ならば泥棒の方が上である。世界を儲けると自分を失うということをイエスは次のように言う。


塚本訳  マコ 8:36
8:36 全世界をもうけても、命を損するのでは、その人になんの得があろう。


文語訳 マコ 8:36
8:36 人、全世界を贏(まう)
くとも、己が命を損せば、何の益あらん、


TEV マコ 8:36
8:36 Do you gain anything if you win the whole world but lose your life? Of course not!


●10月1日の準備、10月22日の準備●手紙一通●苦難の渦中の方と電話懇談●BK、農協。


s2006_0925_234510AA.jpg


 秋の空、美しい空。2006.9.25 この美しい空は来世でも見られるのかなー


 


 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


人に嫌われたら逃げよ ++++++++ 所感

2006/09/24 06:17

060924(日)5時起床。寝床で「逃げるが勝ち」を黙想●重い苦難の渦中の人にメール。内容は共通のことなので、一部改変で公開する。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 ○○様


ご苦難のほど、お伺いしました。
「三十六計逃げるが勝ち」です。こういうときは反省したり我慢したり自己卑下することは良くありません。
そうではないかも知れないからです。それは「自力」で事を解決する「人間の努力」であって御心ではないと思います。
また子供に背かれ、話をしてくれないときは「親」の身として最高に辛い日々です。
親は子供が成長の証である「反抗」ということに始めて接するときは大ショックです。嘆きです。
マリアは愛する子イエスの反抗的な態度に(おそらく)初めて接したときショックで
「意味がわからず」にいました。マリヤが「胸に秘めて」いたというところに感じ入ります。
ルカ2:40-52の「イエスの成長・過越まいり」(塚本訳)の箇所です。その50-51節。
母マリヤがイエスをいかに可愛く思っていたかは48節の「坊や」に良く現れています。


塚本訳  ルカ 2:48-51
2:48 両親はこれを見て驚き、母が言った、「坊や、どうしてこんなことをしましたか。ごらん、お父さまもわたしも(こんなに)心配して、あなたをさがしているではありませんか。」
2:49 彼らに答えられた、「なぜおさがしになったのです。わたしが(天の)お父さまの家に居るのは当り前でしょう。御存知なかったのですか。」
2:50 両親にはこう言われた言葉(の意味)がわからなかった。
2:51 それからイエスは一しょに(エルサレムから)下ってナザレに帰り、両親につかえられた。母(マリヤ)はこのことを皆胸に秘めていた。


ひどく嫌われ相手との和解が「これはとうていだめだ」「手に負えない」と感じた時は「縁がなかった」と思ってさっさと逃げるべきです。
イエスもパウロも逃げまくりました。また人にそれを勧めています。また追い出されもしました。事例多数。
ごたごたの原因を「私のせいだ」「私だけが我慢すればよいのだ」と思ってばかりいると「うつ病」になります。
誰が悪いのか何が悪いのかは神が決着します。神のやり方にまかせ「流れ雲」のように自然体で行きましょう。
(中略)
そのうちきっと「良い道」が開かれます


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


●私のことを天敵のように嫌うのは「自力社会改造のマルキスト型信者」。方々で私を目の敵にして批判している。なにか原理的なところで信仰の質に違いがあるから「手に負えない」。連中からは「三十六計逃げるが勝ち」だ。塩をまいて逃げよう。


マタ   10: 14 [塚本訳


しかし人があなた達を歓迎せず、あなた達の言葉に耳をかたむけないなら、(すぐ)その家なり町なりを(出てゆけ。そして)出てゆくとき、(縁を切った証拠に)足の埃を払いおとせ。


マコ   6: 11 [塚本訳


しかしある所で、あなた達を歓迎せず、言うことに耳をかたむけないなら、(すぐその土地を出てゆけ。そして)そこを出てゆくとき、(縁を切ったことを)そこの人々に証明するため、足の裏の埃を払いおとせ。」


ルカ   9: 5 [塚本訳


人があなた達を歓迎しないなら、(すぐ)その町を(出てゆけ。そして)出てゆくとき、(縁を切ったことを)そこの人々に証明するため、足の埃を払いおとせ。」


●集会は津田ホール。藤巻、高木、村上●昼食は9名、高木さんと「南原繁シンポジウム」の件で意見交換。コーディネーターの高木さんは重責。その後「塚本虎二先生記念会」の打ち合わせ。


sP1000122.jpg



若者の聖書勉強会。於「あんさんぶる荻窪」 2006.9.24


後列左から高橋トミ子 高橋新一 伊勢愛子 高橋照男 小寺七重


前列左から 伊勢初音 大熊好子(三重より) 杉崎孝 小寺利男


マルコ9-10章の勉強。「一番上になりたい者は一番下になれ。仕える者になれ」の勉強。大いなる意見が出た。


「偉い人がお茶を出す会社がある」「その偉い人はよっぽど暇なのだ」「天国に行ったら主人から自由だから食事を作らなくてよいかも」「残業している同僚の手伝いをするのが人に仕えることだろうか」「手伝ってもらっても役に立たないから早く帰ってくれと言われる」・・・・聖書学者の注解よりもよっぽど命のある解釈が続出。

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


絶望の日 ++++++++ 所感

2006/09/23 05:20

060923(土)4時目覚め。床の中で「絶望の日」ということを黙想●朝風呂で日経「プラスワン」は「散策したい蔵の町並みランキング」。行ったことのあるところは、喜多方(福島県)、川越(埼玉県)、函館(北海道)、倉敷(岡山県)、内子(愛媛県)、津和野(島根県)、小樽(北海道)、古川(岐阜県)、今井(奈良県)、近江八幡(滋賀県)、脇町(徳島県)。・・・・仕事や旅行で出かけるときはあらかじめ狙いをつけておいて短時間に見るのがコツ。●全国町並み保存連盟副会長の吉田桂二(現・連合設計社市谷建築事務所所長)の影響で多くの町並みに触れることができた。古い町並みは「日本的なるもの」で世界に誇れる景観だ。●自分が興味を持って好きなものは自然に周囲に感染する。町並みに限らず、音楽、聖書、食事。●日経に出ていない町並みで思い出のところ。須坂(長野県・・・故島忠勇氏にご案内いただいた)、角館(かくのだて・秋田県・・・雪の日の景観は格別によかった。妻と歩いた)


武家屋敷通り もみじ
     秋田県・角館。(武家屋敷通り もみじ)。この日本的なるもの。


(角館を訪れたのは冬の雪の日であったが、写真がないので角館観光案内からの写真を掲げる。推薦。ここは蔵の街ではなく武家屋敷。伝統的保存建築群である)


●キリスト教も日本的なるものが心に「しっくり」いく。世の中にはなんとなく「しっくりいかない」キリスト教がある。●キリスト教は「教会生活」ではない。聖書一巻を一人静かに深くまじめに学ぶことが基本。神相手に一人祈ることが基本。これ識字率の高い日本のキリスト教の姿。これが「日本的なるもの。●バザー、音楽会、有名人講演会、イベントなどの遊びが多すぎるのが今日の教会。あれではまじめな人間は「教会の人」とは付き合えない。遊び人ではないのだ。教会はサロンであってはならない。そんな暇はない。●「絶望の日」について。人生には「絶望の日」がある。そのときは大自然も、父母も、然り神すらもこれを助けることができない。しかしそれは人生で最も良いとき。なぜなら不思議な変化の起こる日だからである。3人の例を見よう。


エレミヤ。


 新改訳 哀  3:27-29
3:27 人が、若い時に、くびきを負うのは良い。
3:28 それを負わされたなら、ひとり黙ってすわっているがよい。
3:29 口をちりにつけよ。もしや希望があるかもしれない。


●日本には「若いときの苦労は買ってでもせよ」という言葉がある。なぜか。理論でない、それは体験してみなければわからない。若い日に流す涙、その涙のレンズで本では学べないものが見えてくる。


イエス


塚本訳  ルカ 22:42-44
22:42 言われた、「お父様、お心ならば、どうかこの杯をわたしに差さないでください。しかし、わたしの願いでなく、お心が成りますように!」
22:43 そのとき天から一人の天使がイエスに現われて、力づけた。
22:44 イエスはもだえながら、死に物狂いに祈られた。汗が血のしたたるように(ポタポタ)地上に落ちた。


●このゲッセマネの祈りはイエスにとっての「絶望の時」。なぜなら神の顔が見えなくなったからである。これに比べれば十字架の苦しみは「肉体の苦痛」だけであった。●神はこのとき、イエスの祈りに顔を背けたのである。人類の罪を一身にこの愛する子のイエスに負わせるために。父なる神の方がつらかった。●24節、「そのとき天から一人の天使がイエスに現われて、力づけた」。そうだ、人生極度の悲しみの時には不思議な慰めの体験をするのだ。●マラソンランナーが最も苦しい時には脳からエンドルフィンという物質がでて苦痛を和らげるのだそうだ。人生も同じ、極度の悲しみのときに不思議な神秘的な慰めがくる。


パウロ


 塚本訳 ロマ 7:24-25
7:24 なんとわたしはみじめな人間だろう!だれがこの死の体から、わたしを救い出してくれるのだろうか。
7:25 ──神様、感謝します、わたし達の主イエス・キリストによって!──従って、このわたしは理性では神の律法に仕えるが、肉では罪の法則に仕えるのである。


●パウロは醜い自分に「絶望」した。そのとき天から不思議な光が来て解放された。キリストの贖罪の啓示。これなくして人生は絶望。なぜなら過ぎ去った時は取り返しがつかないからである。


●「絶望あっての喜び」もまた人生の真理。「人生は絶望なくして喜びなし」。「絶望亦神の摂理」。あいの摂理。その例を三つ見よう。


口語訳 詩  126:5-6
126:5 涙をもって種まく者は、喜びの声をもって刈り取る。
126:6 種を携え、涙を流して出て行く者は、束を携え、喜びの声をあげて帰ってくるであろう。


口語訳 詩  37:23-26
37:23 人の歩みは主によって定められる。主はその行く道を喜ばれる。
37:24 たといその人が倒れても、全く打ち伏せられることはない、主がその手を助けささえられるからである。
37:25 わたしは、むかし年若かった時も、年老いた今も、正しい人が捨てられ、あるいはその子孫が/食物を請いあるくのを見たことがない。
37:26 正しい人は常に寛大で、物を貸し与え、その子孫は祝福を得る。


●この二つは藤林益三先生の特愛の句。先生は三歳のときに父親と死別。そのとき父親四十三歳。母親三十四歳。写真がないので父親の顔を知らない。母親と醤油屋に住み込み、醤油の配達をしながら醤油倉庫の隅で生活。雪の日に自転車で醤油を配達のとき、竹やぶに転がり、竹が腿に刺さる。その傷は今でもある。苦学され、篤志家の援助で東大に入学、後に最高裁判所長官になられた。そのとき私は先生のお住まいを設計した。全身全霊であった。先生は夢の中にご母堂がでてくるそうだ。過日先生をお見舞いすると、「高橋君、頭が白くなったねー」と言われた。長男は先生に名前をつけていただいた●先生は不遇な青年がいると、上記の二つの句をもって励まされる。私は先生に可愛がられた。


塚本訳  ルカ 15:4-6
15:4 「あなた達のうちのだれかが羊を百匹持っていて、その一匹がいなくなったとき、その人は九十九匹を野原に残しておいて、いなくなった一匹を、見つけ出すまではさがし歩くのではないだろうか。
15:5 そして見つけると、喜んで肩にのせて、
15:6 家にかえり、友人や近所の人たちを呼びあつめてこう言うにちがいない、『一しょに喜んでください。いなくなっていたわたしの羊が見つかったから』と。


塚本訳 ルカ 15:8-9
15:8 また、どんな女でも、ドラクマ銀貨[五百円]を十枚持っていて、もしその銀貨を一枚無くしたとすれば、明りをつけて家(中)を掃き、それを見つけ出すまでは、丹念にさがしつづけるのではないだろうか。
15:9 そして見つけると、友だちや近所の女たちを呼びあつめてこう言うにちがいない、『一しょに喜んでください。無くした銀貨が見つかりましたから』と。


塚本訳  ルカ 15:24
15:24 このわたしの息子は死んでいたのに生き返り、いなくなっていたのに見つかったのだから。』そこで祝賀会が始まった。


●かってローマのカタコンベを訪れたとき、少年が子羊を肩に担いでいる壁画があった。迷い出た一匹の羊を探し出して戻ってきた「善き羊飼い」である。これ神の愛の表象である。ローマ帝国の迫害が厳しかった初代キリスト教の人たちは、その極限の絶望のときに神の福音をしっかりとつかんで「復活の希望」に生きた。


s2006_0923_111708AA.jpg


秋の空。金木犀のにおいがする。キリストの香りという言葉を思い出す。2006.9.23



s2006_0923_113248AA.jpg


あきる野市中学校陸上競技会。バトンタッチははらはらする。左側の母親の応援振りも見ものであった。 2006.9.23 秋留台公園競技場


 


s2006_0923_114515AA.jpg


秋の日の奥多摩連山。今年はあの高い大岳山に登れたのだ。2006.9.23 秋留台公園より


s2006_0923_113904AA.jpg


彼岸花 よくもまー間違えずに彼岸に咲くものだ。大自然の不思議


2006.9.23 秋留台公園


●妻はバッハ「クリスマスオラトリオ」の練習」21:30帰宅●20:00NHKTV「世界遺産」はエルサレム。三大宗教の聖地であることを公平に報道。しかし各宗教の本質言及については深さがなかったのでイマイチ。NHKのレベルもこれまで。信仰がない者たちの限界。期待するほうが無理。
 


 


 


 


 


 

トラックバック(0) | コメント(1) | top▲


私はモーだめでしょうか ++++++++ 所感

2006/09/22 05:00

060922(金)5時目覚め。寝床の中でかって電話で交わした対話を思い出した。もうずいぶん前のことだが、今その方はどうしておられるだろうか。イエスに出会えただろうか。その時の記事を再掲する。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「私はモーだめでしょうか」


「贖罪の道がある」 


ーーある新しい通信回線の勧誘宣伝の電話の女性との対話。ーー 


女性「さらに詳しいことは日曜日にお電話してもよろしいでしょうか」


私 「日曜日は聖書の勉強の集まりに出かけるからだめだ」


女性「あのォー ひとつお伺いしてもよろしいでしょうか。わたし過去に好きな人と関係したことがあるのですが、私はモーだめでしょうか」


私 「そんなことはない、イエス様が罪の身の身代わりになって死んでくださったからそれで新しく生まれ変わることができる。」


女性「ああ、なるほど」


女性「教会は私のようなものでも行ってよいのでしょうか」


私 「初心者向きの入門講座がウィークデーの夜にでもあるはずです」


女性「ここは神戸ですが、こちらにもありますか」


 


わたしはこれで多くのことを学んだ。この女性には「私はモーだめか」という過去の過ちという汚れの意識が厳然としてある。人間はどんなに堕落してもこのこの汚れの身を何とかしたいという意識があるのだ。


この悩みは、パウロの悩みであり、全人類の悩みでもあるのだ。


「私はモーだめか」という絶望の意識は正しい。なぜか、過ぎ去った過去は取り戻せないからである。汚点である。汚れである。人生のしみである。消せない。これだけはどうしようもないのである。


これに対する私の言葉。「イエス様が身代わりになって死んでくださった。それで新しく生まれ変わることができる。」という「情報」は神学的に言えば物足りず不備があるかもしれないが、この女性には感覚的にその意味が分ったらしい。その答えが、すかさず


「ああ、なるほど」で返ってきた。


わたしはびっくりした。これだけでわかったのか。福音は、これを受け入れる人にはどんなにまずい説明でも伝わるのだ。


「ああ、なるほど」・・・実に手ごたえのある返事であった。全宇宙に木霊(こだま)した。


「教会は私のようなものでも行ってよいのでしょうか」・・・日本の教会は敷居が高いのか。このように思われているのであったら大変だ。


生活に忙しく日曜日も働かなければならない人がいて、その人は「教会にもいけない」そんな人がかなりいることを知っている。教会はいつでも誰にでも接することができるように開かれていなければならないのだが、・・・・・敷居が高いらしい。


「教会」という概念はこのようなときに「救いの手」「見える手」として必要なものである。それが「無」であったらどうであろう。救いを求めているこのような女性はどこへ行ったらよいのであろうか。現代の「無」教会は「見えず」、見えても「教会」よりさらに敷居が高いのではないだろうか。イエスは教会を作ろうとされず、福音を拒否する人々を避けてこのような女性の中に入っていかれたのだ。


彼女の上に主の導きと恩恵あれ。彼女が行くかもしれない神戸の教会は彼女を受け入れ導いてほしい。期待する。彼女とはきっと来世で会えるであろう。いや会えなくても良い。救いの事実の知らせだけあれば。(2001.4.4 HP内[これだけは言い残しておきたい「贖罪の事実」 ]より転載)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 ●福音は蒔きっぱなし、説きっぱなしでよい。またそうでなければならない。人間から応答や感謝をいただいてはならない。それは人間の神へのお礼の横取りである。私の知らないところでいつかどこかで芽が出ればそれで満足すべきだ。出ないかもしれないのだ。確率は低い。労苦の褒美は来世で神から直接いただく。この仕事は神から依頼されたのだから。神からの依頼は成功報酬の契約ではない。日雇い賃金である。芽が出ても出なくても「蒔いた労働に対する報酬」はいただけるはずだ。


塚本訳 Ⅰコリ3:5-6
3:5 それなら、いったいアポロはなんだ、パウロはなんだ、(ただ)使用人で、彼らによってあなた達が信仰に入ったまでであり、しかもそれは、それぞれ二人に主がお命じになったように働いたのである。
3:6 ──わたしは植えた、アポロは水をやった、しかし神がこれまで成長させてくださった。


●東京工大付属高のクラス会のために新宿の車屋本店に行って申し込み。幹事は富塚孝君と私の二人。富塚君は新協建設社長。五十嵐永吉先生がお元気なのは感謝●TV19:00琵琶湖の鳥人間コンテストを観る。飛行機が自由設計であるところが面白い●エミール・ブルンナー著作集第4巻教義学Ⅲ(上)を読む。良くわかる。これが神学というのなら神学とは面白いものだ。


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


悩み多きこの世なるかな ++++++++ 所感

2006/09/21 07:42

060921(木)5時目覚め。寝床で黙想「悩み多きこの世なるかな」●自殺に対する私の考え。6年前の脳内出血による意識不明からの生還で悟ったことは「この自分の命は100%完全に神の手に握られているのだ」ということ。だから自殺は神のものを自分の手で破壊することだから取り返しのつかない罪である。●しかしその後母の臨終で体験したこと。母が昏睡状態において私の名を4回呼んだことを目の当たりに見て、この世と来世は地続きであることを感じた●その結果、自殺者も死後において悔い改めのチャンスがまだあると信ずる。神は死者の神でもある。(マタイ22章23-33節、復活問答)


s2006_0921_060101AA.jpg


今朝の窓から。 秋の空、高い空。2006.9.21 5:50 讃美歌492番を想う


讃美歌492番


1. かみ の めぐみ は いと たかし,


   あおぐ 高嶺(たかね) の しらゆき に


   あさ日匂( にお)える ヘルモン の


   山 に も まさり たかき かな.


 


2. かみ の めぐみ は  いとふかし,


   そこい も 知れぬ うなばら に,


   ゆう日 かがやく ガリラヤ の


   海 に も まさり ふかき かな.


 


3. かみ の めぐみ は いと ひろし,


   はてし も あらぬ まさご地(ぢ) に,


   月 すみ わたる アラビヤの


   原(はら) に も まさり ひろき かな.




s2006_0921_064414AA.jpg


   秋の高い空、うろこ雲。オリーブの木。 2006.9.21 


このオリブは三男の恵が福島に移住するときに記念に置いていったもの。2003.7.19のこと。創世記と詩編を想う


新共同 創  8:11-12
8:11 鳩は夕方になってノアのもとに帰って来た。見よ、鳩はくちばしにオリーブの葉をくわえていた。ノアは水が地上からひいたことを知った。


8:12 彼は更に七日待って、鳩を放した。鳩はもはやノアのもとに帰って来なかった。



新共同 詩  128:3


128:3 妻は家の奥にいて、豊かな房をつけるぶどうの木。食卓を囲む子らは、オリーブの若木。



●メール2通送信。内容は公的なことなので一部分公開する。一部省略、追加。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


社会改造型信者 殿 (感想返信)


(前文略)



●南原も矢内原もいまやヒューマニストたちに歓迎され、喜ばれ、担がれている

●「初代教会の敵はローマ帝国にあらずしてグノーシスであった」が今日の日本では「キリスト教の敵は

天皇制や国家体制ではなく、ヒューマニズムである」

●内村鑑三曰く「信仰は根、思想行動は枝葉」。この世の人間には地上の枝葉である思想行動きり見えない。

根が見えない。パンを求めても石を与えられているからである。

●社会改造なぜ悪いか。不信者ならともかく、「復活と再臨を信ずる」信者にあるまじき行為であるから。社会改造運動は信仰の必然的結果ではない。



(後略)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


不登校、閉じこもりの子供を抱えてしまった親 殿




(前略)




私の体験から申し上げます。


「不登校、閉じこもりは、自然治癒の力で絶対に直る!!」。これ固く信じ抜くことが大切。時間はかかるが・・・・。
「ただし単に放っておくのはよくない。自然治癒が正常に働く環境を作らなければならない。環境を変えて見るのもその実験の一つ。あるいはだめかもわからないが。・・・・・・。実験も祈りの一つ」
「不登校、閉じこもりは『心の骨折』。骨折は自然治癒で直るが、骨を正常な位置になるように筋肉を伸ばすような
環境を設定しなければならない。それが専門医や親の役割。下手に放っておくと骨がずれたままつながる。
「閉じこもりや不登校は家庭内外の心の血流のうっ血」。それは心のしもやけ。それは親も同じ。親もしもやけ。悩みや不満を吐露すると心がマッサージされ、そのうっ血が少しはよくなる。
それによって、自然治癒のための親としての環境作りになる。
「不登校、閉じこもり」の子供が出たときは、世の中から様々に悪く言われる。そのときは自分を責めないでまた反論せず、カッカせず、「そうねー。そうかもねー」と無抵抗主義で行く。ヨブの友人のような友情の言葉も来る。しかし根本的解決には至らない。

貴殿の電話での「深いため息」を聞いて追伸としてメールさせていただきました。祈っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


●ヤナーチェック弦楽四重奏団でドボルザークの「アメリカ」を鑑賞。ドボルザークはいい。心に染みる。癒し。


s2006_0921_103537AA.jpg 


 彼岸で秋川霊園に行く。私たちも将来はここに眠る。2006.9.22 


 しかし墓は一時的通過点。その後に復活と永遠の生命がある。



s2006_0921_105745AA.jpg


  父母の墓を掃除。2006.9.21 光の加減で斜めを向いた。


墓誌に 高橋晋 八十七歳 高橋ハナ子 八十八歳と書いてあるのを見て、八十歳以上は生きなければと思った。ガンバロー。


s2006_0921_114344AA.jpg


大悲願寺に萩の花を見に行く。2006.9.21


そこの東屋で弁当を食す。


●帰途、妻はパーマ。私は新装成った「公立阿伎留医療センター」(久米設計、清水建設他)を見学。すばらしい設計。緩和ケア病棟を集中的に見学。ソーシャルワーカーの人にいろいろ尋ねた。「現在、癌でいらっしゃいますか」と尋ねられたので「家系からしても私はかなりの確率で癌になります」と答えた。●現在、癌が死因の率は3-4割にもなった。癌になったら行くところがない。これを「癌難民」と言っている●武藤陽一氏と電話懇談


s2006_0921_141116AA.jpg


秋留台高校のメタソコイヤの並木。この高校は廃校になった。2006.9.21


臨死体験をした人は同じことを言うらしい。「トンネルの先は明るくてそこはお花畑であった」と。


臨死体験をして生き返った人は家族との確執の和解があるという話を伺った。癌も臨死体験も無意味には起こらない。確執が解消すれば、癌も可なり。臨死体験も可なり。


  
















 

トラックバック(0) | コメント(1) | top▲


人生は生きた犠牲の捧げもの ++++++++ 所感

2006/09/20 08:10

060920(水)5時目覚め、寝床で「人生は生きた捧げもの」(ロマ12:1)が心に浮かぶ。今日の勉強課題●返メール一通●朝風呂で日経「私の履歴書」はプロスキーヤーの三浦雄一郎。エベレストからのスキー滑降。荷物運搬者800人、途中6人が犠牲。滑降は成功とも言えず失敗とも言えずであった。「止めてくれるなおっかさん」の道でも、目的が低かった。つまらなかった。むなしかった。●「男の道」でも自分の欲望と頭でうち立てる目標は大体において低級で陳腐。本当に尊いものは神から無理やり負わされる「十字架」。人間の本能はその道を拒否する。病気、貧困、迫害、悩み、失敗、悔やみ、家庭問題、これ尊い「十字架」。いつか人を救うようになる。人の「癒し」となる。


塚本訳  マコ 8:34-35
8:34 それから、群衆を弟子と一しょに呼びよせて言われた、「だれでも、わたしについて来ようと思う者は、(まず)己れをすてて、自分の十字架を負い、それからわたしに従え。
8:35 (十字架を避けてこの世の)命を救おうと思う者は(永遠の)命を失い、わたしと福音とのために(この世の)命を失う者は、(永遠の)命を救うのだから。


●イエスでも「十字架」を避けようとされた。逃げようとされた。自殺しようとさえした。


塚本訳 マタ 26:38-39
26:38 それから彼らに言われる、「『心がめいって』『死にたいくらいだ。』ここをはなれずに、わたしと一しょに目を覚ましていてくれ。」
26:39 そしてなお少し(奥に)進んでいって、俯(うつむけ)けに倒れ、祈って言われた、「お父様、出来ることなら、どうかこの杯がわたしの前を通りすぎますように。しかし、わたしの願いどおりでなく、お心のとおりになればよいのです。」


●ロマ書12章1節の研究。まずBbBで、そこを読む。翻訳比較とその段落の各国引照。翻訳比較は新改訳と塚本訳が明快。


新改訳 ロマ 12:1
12:1 そういうわけですから、兄弟たち。私は、神のあわれみのゆえに、あなたがたにお願いします。あなたがたのからだを、神に受け入れられる、聖い、生きた供え物としてささげなさい。それこそ、あなたがたの霊的な礼拝です。


塚本訳  ロマ 12:1
12:1 (このように、神は偉大な計画によって人類を一人のこらず救おうとしておられるのであって、救いは確かである。)だから、兄弟たちよ、わたしは神のこの慈悲を指してあなた達に勧める。あなた達の体を(感謝のしるしとして神に)捧げよ。この生きた聖なる犠牲こそ、神のお気に入るものであり、(霊なる神を拝むにふさわしい、)あなた達の霊的な礼拝である。(あなた達の礼拝は動物を供えるような不合理なものでなく、全心全霊をささげる合理的な礼拝でなければならならない)


●次に各国(5カ国)の引照を見る。心に響いたものは次の箇所。今から2000年も前にこれだけのことを言うパウロは大した人物であった。大物であった。彼こそ「男の道」を歩いて散った。


口語訳 Ⅱコリ5:14-15


5:14 なぜなら、キリストの愛がわたしたちに強く迫っているからである。わたしたちはこう考えている。ひとりの人がすべての人のために死んだ以上、すべての人が死んだのである。


5:15 そして、彼がすべての人のために死んだのは、生きている者がもはや自分のためにではなく、自分のために死んでよみがえったかたのために、生きるためである。


 


口語訳 ロマ 6:13


6:13 また、あなたがたの肢体を不義の武器として罪にささげてはならない。むしろ、死人の中から生かされた者として、自分自身を神にささげ、自分の肢体を義の武器として神にささげるがよい。


 


口語訳 Ⅰコリ6:13-20


6:13 食物は腹のため、腹は食物のためである。しかし神は、それもこれも滅ぼすであろう。からだは不品行のためではなく、主のためであり、主はからだのためである。


6:14 そして、神は主をよみがえらせたが、その力で、わたしたちをもよみがえらせて下さるであろう。


6:15 あなたがたは自分のからだがキリストの肢体であることを、知らないのか。それだのに、キリストの肢体を取って遊女の肢体としてよいのか。断じていけない。


6:16 それとも、遊女につく者はそれと一つのからだになることを、知らないのか。「ふたりの者は一体となるべきである」とあるからである。


6:17 しかし主につく者は、主と一つの霊になるのである。


6:18 不品行を避けなさい。人の犯すすべての罪は、からだの外にある。しかし不品行をする者は、自分のからだに対して罪を犯すのである。


6:19 あなたがたは知らないのか。自分のからだは、神から受けて自分の内に宿っている聖霊の宮であって、あなたがたは、もはや自分自身のものではないのである。


6:20 あなたがたは、代価を払って買いとられたのだ。それだから、自分のからだをもって、神の栄光をあらわしなさい。


 


口語訳 ピリ 1:20


1:20 そこで、わたしが切実な思いで待ち望むことは、わたしが、どんなことがあっても恥じることなく、かえって、いつものように今も、大胆に語ることによって、生きるにも死ぬにも、わたしの身によってキリストがあがめられることである。


 


口語訳 Ⅱコリ4:4


4:4 彼らの場合、この世の神が不信の者たちの思いをくらませて、神のかたちであるキリストの栄光の福音の輝きを、見えなくしているのである。


 


口語訳 Ⅱコリ6:14-17


6:14 不信者と、つり合わないくびきを共にするな。義と不義となんの係わりがあるか。光とやみとなんの交わりがあるか。


6:15 キリストとベリアルとなんの調和があるか。信仰と不信仰となんの関係があるか。


6:16 神の宮と偶像となんの一致があるか。わたしたちは、生ける神の宮である。神がこう仰せになっている、/「わたしは彼らの間に住み、/かつ出入りをするであろう。そして、わたしは彼らの神となり、/彼らはわたしの民となるであろう」。


6:17 だから、「彼らの間から出て行き、/彼らと分離せよ、と主は言われる。そして、汚れたものに触れてはならない。触れなければ、わたしはあなたがたを受けいれよう。


 


口語訳 ガラ 1:4


1:4 キリストは、わたしたちの父なる神の御旨に従い、わたしたちを今の悪の世から救い出そうとして、ご自身をわたしたちの罪のためにささげられたのである。


 


口語訳 ロマ 8:29


8:29 神はあらかじめ知っておられる者たちを、更に御子のかたちに似たものとしようとして、あらかじめ定めて下さった。それは、御子を多くの兄弟の中で長子とならせるためであった。


 


口語訳 ロマ 13:14


13:14 あなたがたは、主イエス・キリストを着なさい。肉の欲を満たすことに心を向けてはならない。


 


口語訳 Ⅱコリ5:17


5:17 だれでもキリストにあるならば、その人は新しく造られた者である。古いものは過ぎ去った、見よ、すべてが新しくなったのである。


●次にTSK日本語ヴァージョンでロマ12:1だけをピンポイントで見る。


Psalms 116:12:
わたしに賜わったもろもろの恵みについて、どうして主に報いることができようか。


 Luke 7:47:
それであなたに言うが、この女は多く愛したから、その多くの罪はゆるされているのである。少しだけゆるされた者は、少しだけしか愛さない」。


 II Corinthians 4:1:
このようにわたしたちは、あわれみを受けてこの務についているのだから、落胆せずに、


 Romans 9:23:
かつ、栄光にあずからせるために、あらかじめ用意されたあわれみの器にご自身の栄光の富を知らせようとされたとすれば、どうであろうか。


 Romans 11:31:
彼らも今は不従順になっているが、それは、あなたがたの受けたあわれみによって、彼ら自身も今あわれみを受けるためなのである。


Psalms 116:12:
わたしに賜わったもろもろの恵みについて、どうして主に報いることができようか。


Luke 7:47:
それであなたに言うが、この女は多く愛したから、その多くの罪はゆるされているのである。少しだけゆるされた者は、少しだけしか愛さない」。


II Corinthians 5:15:
そして、彼がすべての人のために死んだのは、生きている者がもはや自分のためにではなく、自分のために死んでよみがえったかたのために、生きるためである。


Ephesians 2:4:
しかるに、あわれみに富む神は、わたしたちを愛して下さったその大きな愛をもって、


口語訳 エペ 2:5
2:5 罪過によって死んでいたわたしたちを、キリストと共に生かし――あなたがたの救われたのは、恵みによるのである――


口語訳 テト 3:3-7
3:3 わたしたちも以前には、無分別で、不従順な、迷っていた者であって、さまざまの情欲と快楽との奴隷になり、悪意とねたみとで日を過ごし、人に憎まれ、互に憎み合っていた。
3:4 ところが、わたしたちの救主なる神の慈悲と博愛とが現れたとき、
3:5 わたしたちの行った義のわざによってではなく、ただ神のあわれみによって、再生の洗いを受け、聖霊により新たにされて、わたしたちは救われたのである。
3:6 この聖霊は、わたしたちの救主イエス・キリストをとおして、わたしたちの上に豊かに注がれた。
3:7 これは、わたしたちが、キリストの恵みによって義とされ、永遠のいのちを望むことによって、御国をつぐ者となるためである。


I Peter 2:10:
あなたがたは、以前は神の民でなかったが、いまは神の民であり、以前は、あわれみを受けたことのない者であったが、いまは、あわれみを受けた者となっている。


I Peter 2:10:
あなたがたは、以前は神の民でなかったが、いまは神の民であり、以前は、あわれみを受けたことのない者であったが、いまは、あわれみを受けた者となっている。


口語訳 Ⅰコリ6:15-16
6:15 あなたがたは自分のからだがキリストの肢体であることを、知らないのか。それだのに、キリストの肢体を取って遊女の肢体としてよいのか。断じていけない。
6:16 それとも、遊女につく者はそれと一つのからだになることを、知らないのか。「ふたりの者は一体となるべきである」とあるからである。


Philippians 1:20:
そこで、わたしが切実な思いで待ち望むことは、わたしが、どんなことがあっても恥じることなく、かえって、いつものように今も、大胆に語ることによって、生きるにも死ぬにも、わたしの身によってキリストがあがめられることである。


Hebrews 10:22:
心はすすがれて良心のとがめを去り、からだは清い水で洗われ、まごころをもって信仰の確信に満たされつつ、みまえに近づこうではないか。


Psalms 69:30:
しかしわたしは悩み苦しんでいます。神よ、あなたの救が/わたしを高い所に置かれますように。


II Corinthians 4:16:
だから、わたしたちは落胆しない。たといわたしたちの外なる人は滅びても、内なる人は日ごとに新しくされていく。


 口語訳 ピリ 2:15-17
2:15 それは、あなたがたが責められるところのない純真な者となり、曲った邪悪な時代のただ中にあって、傷のない神の子となるためである。あなたがたは、いのちの言葉を堅く持って、彼らの間で星のようにこの世に輝いている。
2:16 このようにして、キリストの日に、わたしは自分の走ったことがむだでなく、労したこともむだではなかったと誇ることができる。
2:17 そして、たとい、あなたがたの信仰の供え物をささげる祭壇に、わたしの血をそそぐことがあっても、わたしは喜ぼう。あなたがた一同と共に喜ぼう。


Hebrews 10:20:
彼の肉体なる幕をとおり、わたしたちのために開いて下さった新しい生きた道をとおって、はいって行くことができるのであり、


Hebrews 13:15:
だから、わたしたちはイエスによって、さんびのいけにえ、すなわち、彼の御名をたたえるくちびるの実を、たえず神にささげようではないか。


Hebrews 13:16:
そして、善を行うことと施しをすることとを、忘れてはいけない。神は、このようないけにえを喜ばれる。


I Peter 2:5:
この主のみもとにきて、あなたがたも、それぞれ生ける石となって、霊の家に築き上げられ、聖なる祭司となって、イエス・キリストにより、神によろこばれる霊のいけにえを、ささげなさい。


Romans 12:2:
あなたがたは、この世と妥協してはならない。むしろ、心を新たにすることによって、造りかえられ、何が神の御旨であるか、何が善であって、神に喜ばれ、かつ全きことであるかを、わきまえ知るべきである。


Romans 15:16:
このように恵みを受けたのは、わたしが異邦人のためにキリスト・イエスに仕える者となり、神の福音のために祭司の役を勤め、こうして異邦人を、聖霊によってきよめられた、御旨にかなうささげ物とするためである。


Psalms 19:14:
また、あなたのしもべを引きとめて、故意の罪を犯させず、これに支配されることのないようにしてください。そうすれば、わたしはあやまちのない者となって、大いなるとがを免れることができるでしょう。 [19:15] わが岩、わがあがないぬしなる主よ、どうか、わたしの口の言葉と、心の思いが/あなたの前に喜ばれますように。


Isaiah 56:7:
わたしはこれをわが聖なる山にこさせ、わが祈の家のうちで楽しませる、彼らの燔祭と犠牲とは、わが祭壇の上に受けいれられる。わが家はすべての民の/祈の家ととなえられるからである」。


I Timothy 5:4:
やもめに子か孫かがある場合には、これらの者に、まず自分の家で孝養をつくし、親の恩に報いることを学ばせるべきである。それが、神のみこころにかなうことなのである。


I Peter 2:5:
この主のみもとにきて、あなたがたも、それぞれ生ける石となって、霊の家に築き上げられ、聖なる祭司となって、イエス・キリストにより、神によろこばれる霊のいけにえを、ささげなさい。


I Peter 2:20:
悪いことをして打ちたたかれ、それを忍んだとしても、なんの手柄になるのか。しかし善を行って苦しみを受け、しかもそれを耐え忍んでいるとすれば、これこそ神によみせられることである。


●これだけ読むとモーイーという感じ。わかったわかったと言いたくなる。●捧げものとは人間的行為でなすものでなく。神に打たれて流す血、これが生きた捧げものなのだ。流す涙が生きた犠牲の捧げものだ。●家族のなかの病人は犠牲者、それによって家族の誰かが救われる。これが尊い犠牲の捧げもの。●私は家屋が全焼した。家が焼かれて犠牲にされた。三ヵ月後に脳内出血で意識不明になった。これ生きたまま犠牲にされたこと。あの時は「もはやこれまで」と思った。しかし神の「お情け」で再び命を与えられた。かくなるうえは残りの人生は「お礼奉公」だ。●妻は今井館ウィークデーの集い●ゆき皮膚科、図書館、東急ノジマ


s2006_0920_154423AA.jpg


百日紅(さるすべり)大好き。まだ咲いている



s2006_0920_163409AA.jpg


秋のきれいな空、青い空と白い雲、ススキ。讃美歌90番を歌う。


讃美歌90番


1. ここ も かみ の みくに なれば,


   あめ つち, 御歌(みうた) を うたい かわし,


   岩に,樹々(きぎ )に, 空 に, 海 に,


   たえなる 御業(わざ) ぞ, あらわれたる.


 


2. ここ も かみ の みくに なれば,


   鳥 の音( ね), 花 の香( か), 主 おをば たたえ,


   あさ日, ゆう日, 栄(は)え に はえて,


   そよ 吹く 風 さえ かみ を かたる.


 


3. ここ も かみ の みくに なれば,


   よこしま暫(しば)し  は とき を 得(う )とも,


   主の みむね の やや に 成りて,


   あめ つち 遂(つい) に は 一つ と ならん.





 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


内村鑑三の建築観 ++++++++ 所感

2006/09/19 10:13

060919(火)5時起床●朝風呂で日経「私の履歴書」はプロスキーヤーの三浦雄一郎。富士山の次はエベレスト山頂からの滑降への挑戦。37歳。これを応援する人が出るから世の中は面白い出発のとき、気丈な妻も涙ぐむ●「止めてくれるなおっかさん」というのが「男の道」だ。イマドキのワカイモンにそれだけの気概がないのは淋しい。●ただし趣味遊びの向上や会社の発展に対して「止めてくれるなおっかさん」と言って邁進するのはいかにも淋しい。●しかし結婚問題は微妙。若者は「止めてくれるなおっかさん」と言って結婚していくのだ。聖書には次のようにある。


文語訳 マタ 19:5
19:5 「かかる故に人は父母を離れ、その妻に合ひて、二人のもの一體となるべし」と言ひ給ひしを未だ讀まぬか。


塚本訳  マタ 19:5
19:5 また、『それゆえに人は父と母とをすてて妻に結びつき、二人は一体となる』と言われたことを、あなた達は読んだことがないのか。


TEV マタ 19:5
19:5 And God said, "For this reason a man will leave his father and mother and unite with his wife, and the two will become one.'


●塚本訳の「捨てて」は厳しい訳。子供は親を捨てて、つまり親の反対を押し切って結婚に至る。そのとき男親は怒り心頭「狂いまくる」。私の場合は娘の結婚相手に向かって「娘に手を出すな!」と狂い怒鳴った。しかしその男性はこの言葉を乗り越えて娘を「貰ってくれた」。あの怒鳴りつけに発奮したのだという。人生何が幸いするかわからないものだ。●反対にイマドキの親たちは「アーいいよ。いいよ。もっていきな。娘はもう年も年だから」と言う気持ちだから婚期が遅れるのだ


s2006_0919_053258AA.jpg


      今朝の窓から 2006.9.19 5:30  讃美歌66番を想う


1. 聖なる, 聖なる, 聖なる かな,


   三(み)つに いまして 一(ひと)つ なる


   神 の 御名(みな) を ば あさまだき


   おきいでて こそ ほめ まつれ.


 


2. 聖なる, 聖なる, 聖なる かな,


   神の みまえ に 聖徒(せいと) ら も,


   かむり お すてて ふし おがみ,


   みつかい たち も み名 を ほむ.


 


3. 聖なる, 聖なる, 聖なる かな,


   罪 ある め目に は 見えね ど も,


   みいつくしみ の 満ち たれる


   神 の さかえ ぞ たぐい なき.


 


4. 聖なる, 聖なる, 聖なる かなせいなる, 


   み手 の わざ なる もの みな わ,


   三(み)つに いまして 一(ひと)つ なる


   神 の 大御名  ほめ 奉(まつ)らん.


 


s2006_0919_085227AA.jpg


     高い秋の空 2006.9.19 讃美歌101番を想う


この讃美歌の原作はマルチン・ルター。クリスマスの歌。それをバッハが「高きみ空より」というコラールにしたと想うが。



讃美歌101番


1. いずこ の 家 に も めでたき 音ずれ


   伝うる ため とて 天(あめ) より くだりぬ.


 


2. マリヤ の 御子(みこ) なる 小さき イェス こそ,


   み国 に この 世 に つきせぬ 喜び.


 


3. 神 なる イェス こそ 罪 とが きよむる


   きず なき 子羊(こひつじ), 救い の 君 なれ.


●「内村鑑三研究」編集委員会の高木謙次氏と電話懇談で「内村鑑三の建築観」という論考を来年の夏までに仕上げることに決定●今までだれも手をつけなかったこと。内村の弟子からはなぜ有力な建築家はでなかったか。●内村門下から土木技術者は多く出て、日本の土木技術の礎になった。広井勇、青山士(あきら)など。しかし建築家がでなっかたのは不思議●これは内村の文学嫌いと関係がありはしないか。●ただし内村には建築を見る「目」があった。旧霊南坂教会堂の献堂式に呼ばれたとき、その建築に驚いて「霊感が沸く」と褒めている。これは辰野金吾+ヴォーリズの設計。


s2006_0919_170147AA.jpg


図書館の帰りに奥多摩連山の夕暮れを眺める。讃美歌43番を歌う


讃美歌43番

 



1. みかみ の たましい この 日 も 暮れけり,


   いざ や けさ の ごと みめぐみ を たたえん.


 


2. ひかり に むかいて めぐる 地 と とも に,


   地 に ある みたみ は みわざ に いそしむ.


 


3. くにぐに, しまじま, しずか に 明けゆき,


   いのり は もださず, ほめうた は つきず.


 


4. われら に わかれて かくれし ひかげ は,


   西 に 住む 友 を みわざ に ぞ さます.


 


5. おこりて ほろぶる 世の くに に かわり,


   ときわ に さかゆる みくに ぞ とうとき.




トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


気の毒な人は慰められるか ++++++++ 所感

2006/09/18 06:49

060918(月)5時起床、敬老の日●朝風呂で日経「私の履歴書」はプロスキーヤーの三浦雄一郎。富士山を滑降してパラシュートで止まるというアイデアを実行。世の中にはこういう冒険野郎もいる。規制の体制や組織の中からはこういうアイデアはでない。なぜか。「その意義は?」[その経済効果は?」などと審議されて潰される。真によい物は個人的なもの。しかしその個人的アイデアがうまくいくとその規制の体制や組織はニコニコして寄ってくるから困るのだ。しかし,まーいいか赦してやろう。


塚本訳 マコ 9:38-41
9:38 ヨハネがイエスに言った、「先生、わたし達の仲間でない者が、あなたの名を使って悪鬼を追い出しているのを見たので、止めるように言いました。仲間にならないからです。(しかし言うことを聞きませんでした。)」
9:39 イエスは言われた、「止めさせるに及ばない。わたしの名を使って奇蹟を行ったすぐそのあとで、わたしの悪口の言える者はないのだから。
9:40 反対しない者はわたし達の味方である
9:41 キリストの弟子だからとてあなた達に一杯の水を飲ませる者は、アーメン、わたしは言う、(天にて)その褒美にもれることはない。


●世論調査に信用は於けけない。群集心理からはよい発想は出ない。NHKの世論調査などは群集エゴの統計だ。政治がそれを判断の基準にするのは低級。群集の人気からは良い政治家は選ばれない。スポーツ選手が門外漢の政治の世界に選ばれるとは情けない。会議からは真に尊くよい発想はでない。常識論で潰される●真に気の毒な人はだれか。神学ではなく実際的な問題。①不治の病の人、病妻病夫病気の子供を抱えた人 ③不幸な星の下に生まれた人、家庭環境が不遇な人 ④取り返しのつかないことをしてしまった人 ⑤家庭環境親類縁者がめちゃくちゃで悩んでいる人 ⑥放蕩の息子、娘、夫、妻、親を抱えた人 ⑦癌を宣告された人、余命期間を言われた人、⑧かけがいのないない人を失った人 ⑧自分自身のまずい性格に悩む人 ⑨財産を失った人、愛する人をを失った人、失恋、病死 ⑨相性の悪い人(国家・企業・家庭)と一緒に生活しなければならない人 ⑩親不孝の子供を抱えた人、恥の親を抱えている子供 家庭が暗い人 ⑪貧困で子供たちに希望の道を歩ませられない親 ⑫頭が良いのに貧困で進学できなかった人 ⑬受験に失敗した人、希望の企業に入れなかった人・・・・などなどそれぞれに顔が浮かぶ。●このような人は慰められるか。慰めがあるか。病気や貧困やまずい環境は「次第に」直っていく。それは[直ることが慰め」である。しかし中には直らないものもある。「取り返しのつかないことをしてしまった人」「不幸な家庭環境のもとに生まれた人」などの人の悩みは直らない。過ぎ去った「時」は取り戻せない。「私も同じだ」と言っても真の慰めにはならない。それは真の励ましにはならない●「自殺」の原因はこの辺にある。人間の手には負えないどうしようもない苦悩、悲しみである。●ところがこの人生はありがたい。この深い悩みから救われる道があるのだ。「神による慰め」である。


口語訳 イザ 40:1-2
40:1 あなたがたの神は言われる、「慰めよ、わが民を慰めよ、
40:2 ねんごろにエルサレムに語り、これに呼ばわれ、その服役の期は終り、そのとがはすでにゆるされ、そのもろもろの罪のために二倍の刑罰を/主の手から受けた」。


口語訳 イザ 42:1-3
42:1 わたしの支持するわがしもべ、わたしの喜ぶわが選び人を見よ。わたしはわが霊を彼に与えた。彼はもろもろの国びとに道をしめす。
42:2 彼は叫ぶことなく、声をあげることなく、その声をちまたに聞えさせず、
42:3 また傷ついた葦を折ることなく、ほのぐらい灯心を消すことなく、真実をもって道をしめす。


●では具体的な慰めとは何か。「この古い自分が新しく生まれなおして」「まったく新しい永遠の生命に生きる」別人になることである。このことをイエスはつぎのように言う。


塚本訳  ヨハ 3:3-7
3:3 イエスが答えて言われた、「アーメン、アーメン、わたしは言う、(徴を見て信じたのではいけない。)人は新しく生まれなおさなければ、神の国にはいることは出来ない。」
3:4 ニコデモがイエスに言う、「(このように)年を取った者が、どうして生まれなおすことが出来ましょう。まさかもう一度母の胎内に入って、生まれなおすわけにゆかないではありませんか。」
3:5 イエスは答えられた、「アーメン、アーメン、わたしは言う、人は霊によって生まれなければ、神の国に入ることは出来ない。
3:6 肉によって生まれたものは肉であり、霊によって生まれたものだけが霊である(から)。
3:7 『あなた達は新しく生まれなおさねばならない』と言ったからとて、すこしも不思議がることはない。


文語訳  マタ 5:1-4
5:1 イエスは群衆を見て、山にのぼり、座し給へば、弟子たち御許にきたる。
5:2 イエス口を開き、教へて言ひたまふ、
5:3 『幸福なるかな、心の貧しき者。天國はその人のものなり。
5:4 幸福なるかな、悲しむ者。その人は慰められん。


●アーソーカ。人間によっては絶対に慰めることができない「悩み悲しみ」は神による慰めで初めて癒される。●悪い環境を「跳ね除けたり」「改造」することによって慰められることもあるが、「取り返しのつかないことをしてしまった」「不幸な家庭環境に生まれ育った」人などの「過去の重荷」を負う人の悩みは「神の奇跡」によるほかに癒されない。神の癒しはあるか。それがあるのだからこの人生は「息がつける」


口語訳 イザ 40:1-2
40:1 あなたがたの神は言われる、「慰めよ、わが民を慰めよ、
40:2 ねんごろにエルサレムに語り、これに呼ばわれ、その服役の期は終り、そのとがはすでにゆるされ、そのもろもろの罪のために二倍の刑罰を/主の手から受けた」。


口語訳 イザ 42:1-4
42:1 わたしの支持するわがしもべ、わたしの喜ぶわが選び人を見よ。わたしはわが霊を彼に与えた。彼はもろもろの国びとに道をしめす。
42:2 彼は叫ぶことなく、声をあげることなく、その声をちまたに聞えさせず、
42:3 また傷ついた葦を折ることなく、ほのぐらい灯心を消すことなく、真実をもって道をしめす。
42:4 彼は衰えず、落胆せず、ついに道を地に確立する。海沿いの国々はその教を待ち望む。


●自分の十字架を負うということは自分に与えられた悩みを神からのものと思うことである。それは毎日負う物である。跳ね除けてはいけない。イエスだって自分の十字架の重みに耐えかねて崩れ落ちて、クレネ人シモンに負ってもらわなければならなかったのだ。●負いきれぬ自分の十字架に潰されること、それが真に「自分の十字架を負うこと」なのだ。だから周囲の悪い環境を改造することが「十字架を負う」ことだと自負するマルキスト型クリスチャンは間違っている。なぜかそれは人間の栄光があがってこの世の人間には誉められるが、「神の栄光」はあがらない。ルカには「毎日自分の十字架を負」えとある。不信者やマルキストは重荷を改良によって跳ね除けようとする。彼らは「信仰のみの」信者に対して「手をこまねいていて無策」だというが、実際は違う。世の中を真に改良するのは信仰者によるその職業内においての働きであった。預言者的批判ではなかった。


塚本訳  ルカ 9:23
9:23 それから今度は皆に話された、「だれでも、わたしについて来ようと思う者は、(まず)己れをすてて、毎日自分の十字架を負い、それからわたしに従え。


●上記に関連して、私の特愛の句は次である。


塚本訳  Ⅱコリ7:10
7:10 なぜなら、神の御心に沿った悲しみは、(人を)救いに入れる悔いのない悔改めをもたらすけれども、この世(的)の悲しみは、(絶望と)死をもたらすからである。


●これの関連聖句をTSK日本語ヴァージョンで調べる。


 II Samuel 12:13:
ダビデはナタンに言った、「わたしは主に罪をおかしました」。ナタンはダビデに言った、「主もまたあなたの罪を除かれました。あなたは死ぬことはないでしょう。


Jonah 3:10:
神は彼らのなすところ、その悪い道を離れたのを見られ、彼らの上に下そうと言われた災を思いかえして、これをおやめになった。


Matthew 26:75:
ペテロは「鶏が鳴く前に、三度わたしを知らないと言うであろう」と言われたイエスの言葉を思い出し、外に出て激しく泣いた。


Luke 15:10:
よく聞きなさい。それと同じように、罪人がひとりでも悔い改めるなら、神の御使たちの前でよろこびがあるであろう」。


Luke 18:13:
ところが、取税人は遠く離れて立ち、目を天にむけようともしないで、胸を打ちながら言った、『神様、罪人のわたしをおゆるしください』と。


II Timothy 2:25:
反対する者を柔和な心で教え導くべきである。おそらく神は、彼らに悔改めの心を与えて、真理を知らせ、


II Timothy 2:26:
一度は悪魔に捕えられてその欲するままになっていても、目ざめて彼のわなからのがれさせて下さるであろう。


Genesis 4:13:
カインは主に言った、「わたしの罰は重くて負いきれません。


口語訳 創  30:1-2
30:1 ラケルは自分がヤコブに子を産まないのを知った時、姉をねたんでヤコブに言った、「わたしに子どもをください。さもないと、わたしは死にます」。
30:2 ヤコブはラケルに向かい怒って言った、「あなたの胎に子どもをやどらせないのは神です。わたしが神に代ることができようか」。


II Samuel 13:4:
彼はアムノンに言った、「王子よ、あなたは、どうして朝ごとに、そんなにやせ衰えるのですか。わたしに話さないのですか」。アムノンは彼に言った、「わたしは兄弟アブサロムの妹タマルを恋しているのです」。


Proverbs 15:13:
心に楽しみがあれば顔色も喜ばしい、心に憂いがあれば気はふさぐ。


Proverbs 15:15:
悩んでいる者の日々はことごとくつらく、心の楽しい人は常に宴会をもつ。


Proverbs 17:22:
心の楽しみは良い薬である、たましいの憂いは骨を枯らす。


Proverbs 18:14:
人の心は病苦をも忍ぶ、しかし心の痛むときは、だれがそれに耐えようか。


Matthew 27:4:
言った、「わたしは罪のない人の血を売るようなことをして、罪を犯しました」。しかし彼らは言った、「それは、われわれの知ったことか。自分で始末するがよい」。


Matthew 27:5:
そこで、彼は銀貨を聖所に投げ込んで出て行き、首をつって死んだ。


Hebrews 12:17:
あなたがたの知っているように、彼はその後、祝福を受け継ごうと願ったけれども、捨てられてしまい、涙を流してそれを求めたが、悔改めの機会を得なかったのである。


●アーソウカ。悔いも涙もみんな神の手の内、神がすべてご存知。その失敗を良く利用する。●14:00妻と今井館に行く。内村鑑三研究会。研究発表は「青山士(あきら)の平和思想・・・土木学会会長講演を通して・・・」(大西洋司)、「内村鑑三と鈴木弼美・・・その信仰の系譜」(冨樫徹)。終了後講師の大西洋司氏と懇談。今日の出会い、高木謙次、田村光三、斉藤みち、伏原理夫(東京神学大学の講師になられた)、千葉眞、矢沢英一、ゾンターク・ミラ、武藤陽一、渋谷浩、山中稔(経堂聖書会)、●私はフロアーから次のような発言をした。「内村鑑三山脈からは優秀高名な土木技術者が出た(広井勇、青山士、松尾春雄)。しかしそれに反して先人に高名な建築家がいないのはなぜか。これは内村鑑三の文学嫌いと一脈相通じることがありはしないか」


s2006_0918_180309AA.jpg


        自由が丘の夕日 2006.9.18 


今井館の帰途、妻と自由が丘で夕食。表に出ると夕日、この地でこれほどの夕日を見るとは。私たちの人生も夕暮れだ。でも来世がある。来世での復活と再会の希望がある。


 


 


 


 


 


 


 


 


 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


自分の十字架とは何か ++++++++ 所感

2006/09/17 07:11

060917(日)5時起床。目覚めに「自分の十字架とは」という課題が与えられる●朝風呂で日経「私の履歴書」はプロスキーヤーの三浦雄一郎。スキー滑降のスピードは時速170キロ以上、それでも世界一になれない。風洞実験で風の抵抗が少ない姿勢を研究。プロの努力は違う。●プロテスタンティズムは「個の尊重」。職業は各自が神から個別に与えられる。ふさわしいものが与えられる。自我がそれを阻むこともある。見えなくすることもある。●「自分の十字架とは何か」の黙想。まず基本的な言葉。では私の十字架とは何だろう。キリストのように人の罪を担うことが十字架か。自分の悩みが十字架か。自分の目的を達成するのが十字架か。巨人軍の原監督は低迷巨人が十字架か。企業の成績不良は十字架か。学生の受験は十字架か。自分の病気は十字架か。家庭内の問題は十字架か。などなど、自分の十字架とは何だろう。


●まず基本的な箇所を見る。


マタ   10: 38 [塚本訳


また自分の十字架を取ってわたしのあとに従わない者は、わたし(の弟子たる)に適しない。


●次に関連箇所を調べる。Jバイブルで「十字架」を検索して選択する。塚本訳の敷衍は理解の補助。


マタ   10: 39 [塚本訳


(十字架を避けてこの世の)命を得る者は(永遠の)命を失い、わたしのために(この世の)命を失う者は、(永遠の)命を得るであろう。


マタ   16: 24 [塚本訳


あとでイエスは弟子たちに言われた、「だれでも、わたしについて来ようと思う者は、(まず)己れをすてて、自分の十字架を負い、それからわたしに従え。


マタ   16: 25 [塚本訳


(十字架を避けてこの世の)命を救おうと思う者は(永遠の)命を失い、わたしのために(この世の)命を失う者は、(永遠の)命を得るのだから。


マコ   8: 34 [塚本訳


それから、群衆を弟子と一しょに呼びよせて言われた、「だれでも、わたしについて来ようと思う者は、(まず)己れをすてて、自分の十字架を負い、それからわたしに従え。


マコ   8: 35 [塚本訳


(十字架を避けてこの世の)命を救おうと思う者は(永遠の)命を失い、わたしと福音とのために(この世の)命を失う者は、(永遠の)命を救うのだから。


ルカ   9: 23 [塚本訳


それから今度は皆に話された、「だれでも、わたしについて来ようと思う者は、(まず)己れをすてて、毎日自分の十字架を負い、それからわたしに従え。


ルカ   9: 24 [塚本訳


(十字架を避けてこの世の)命を救おうと思う者は(永遠の)命を失い、わたしのために(この世の)命を失う者が、(永遠の)命を救うのだから。


ルカ   14: 27 [塚本訳


自分の十字架を負ってわたしについて来ない者は、わたしの弟子になることは出来ない。


●上記のうち、マタイ10:38をBbBでヒットすると、その前の10:34-37が読める。


塚本訳 マタ 10:34-37
10:34 地上に平和をもたらすためにわたしが来た、などと考えてはならない。平和ではない、剣を、(戦いを)もたらすために来たのである。
10:35 わたしは子を『その父と、娘を母と、嫁を姑と』仲違いさせるために来たのだから。
10:36 『家族が自分の敵となろう。』
10:37 わたしよりも父や母を愛する者は、わたし(の弟子たる)に適しない。わたしよりも息子や娘を愛する者は、わたし(の弟子たる)に適しない。


●これでナットク。十字架とは家庭問題、実に最も近いものが十字架なのだ。アーソウカである。これで心一杯、胸一杯である。自分の十字架とは自分の家の十字架である。天下国家の悪を負うというかっこいいことではない。アーソウカである。聖書で聖書を読むとはこのことである。●集会は高橋新一(司会)、川上邦子、望月明。●小寺利男さんと昼食●妻はすずめの会(婦人の聖書勉強会)


s2006_0917_151031AA.jpg
     バトンタッチは面白い 2006.9.17 16:00 秋留台運動場


選手に聞くと練習すればするほどうまくなるという。バトンを渡すときは声をだす。キリスト教の伝承も同じか。


   

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


オウム松本被告に死刑判決 ++++++++ 所感

2006/09/16 06:37

060916(土)4時半目覚め。「苦難のつらさは罪の非難」の黙想●朝風呂で日経「私の履歴書」はプロスキーヤーの三浦雄一郎。米国でのプロスキー選手権に出るが、世界の壁は厚いことを知り、「捨て身にならないと超一流にはなれないのだと神の領域にも似た厳しさを痛感した」という。これはどの分野でも同じ。捨て身で生きる、捨て身で生きよ。イエスもそれを言う。


塚本訳 マタ 16:24
16:24 あとでイエスは弟子たちに言われた、「だれでも、わたしについて来ようと思う者は、(まず)己れをすてて、自分の十字架を負い、それからわたしに従え。


●捨て身は捨て身でも「捨て身で金儲けをする」ような愚をしてはいけない。なぜか。それは結局人間を真に満足させないからである。地位、名声、異性の愛、趣味遊び、また同じ。悪いことはいわない。持たないものの「犬の遠吠え」ではない。それを得た人の嘆きを目の当たりに見るからである。少しも「幸せ」そうではない。人間、この一回限りの大切な人生、何に捨て身となるか。まさか集団の維持や人間の思想に捨て身にはなれない。「真理」に捨て身でなければならない。


塚本訳 マタ 16:26
16:26 たとい全世界をもうけても、命を損するならば、その人は何を得するのだろう。それとも、人は(一度失った永遠の)命を受けもどす代価として、何か(神に)渡すことができるのだろうか。


TEV マタ 16:26
16:26 Will you gain anything if you win the whole world but lose your life? Of course not! There is nothing you can give to regain your life.


●オウム真理教代表、松本智津夫の死刑が確定。当然である。判決まで10年は遅かった。●しかし、松本はじめ優秀な青年を狂わせた真の責任はどこにあるかを考える●健全な宗教というものを教えなかった戦後の無神論教育にある。科学的判断が最高と教えた。これ最高ではない。私に向かって「神はいませんよ」とか「宗教は恐ろしい」とか「神がいたら抗議する」とか「信ずるものは皆救われる」などと冷やかすような無知無教養低級な人間を多く作った。無神論の日教組がまずかった。●次に責任が大きいのはキリスト教の指導者たちである。その無力さである。あの優秀な青年たちの心の真空を満たすことができなかったキリスト教界全体の罪は重い。教会(無教会も)が政治的、商売的、遊び的であったからである。牧師を職業の一つととらえる神学生がいるからである。教会主義の悪いところは昨日9月15日の日記に書いた。●イエスが彼らオウムの青年に出会ったとしたら多分、次のように言ったに違いない。


文語訳 ヨハ 4:13-14
4:13 イエス答へて言ひ給ふ『すべて此の水をのむ者は、また渇かん。
4:14 されど我があたふる水を飲む者は、永遠に渇くことなし。わが與ふる水は彼の中にて泉となり、永遠の生命の水湧きいづべし』


塚本訳  ヨハ 4:13-14
4:13 イエスは答えられた、「この(井戸の)水を飲む者はだれでもまた渇くが、
4:14 わたしが与える水を飲む者は永遠に渇かない。そればかりでなく、わたしが与える水は、その人の中で(たえず)湧き出る水の泉となって、永遠の命に至らせるであろう。」


TEV ヨハ 4:13-14
4:13 Jesus answered, "Those who drink this water will get thirsty again,
4:14 but those who drink the water that I will give them will never be thirsty again. The water that I will give them will become in them a spring which will provide them with life-giving water and give them eternal life."


●わが国のキリスト教指導者たちは青年子供たちがパン(永遠の生命)を求めるのに石(政治の心、商売の心、遊びの心)を教えて、青年子供たちを飢え乾かせて死に至らしめている。その罪は松本被告よりも重い。神に打たれること必至。


文語訳  マタ 7:9-10
7:9 汝等のうち、誰かその子パンを求めんに石を與へ、
7:10 魚を求めんに蛇を與へんや。


塚本訳  マタ 7:9-10
7:9 あなた達のうちには、自分の子がパンを求めるのに、石をやる者がだれかあるだろうか。
7:10 また魚を求めるのに、蛇をやる者があるだろうか。


TEV マタ 7:9-10
7:9 Would any of you who are fathers give your son a stone when he asks for bread?
7:10 Or would you give him a snake when he asks for a fish?


塚本訳  ルカ 12:47-48
12:47 主人の心を知っていながら用意せず、あるいは主人の心に従って行動しなかった僕は、(鞭で)打たれることが多い。
12:48 しかし(主人の心を)知らない者は、打たれるようなことをしても、打たれ方が少ない。(神に)多く渡された者は皆多く請求され、(信頼して)多く任された者は一そう多く要求される。



s2006_0916_053615AA.jpg
      今朝の窓から 2006・9・16 5:30 あきる野市


讃美歌29番


1. ほのぼの 昇る あさ日 に  やみ夜の かげ は消 えぬ,


    主よ, 今 みまえ に いでて  みかお を あおぎ まつる.


 


2. 見わたす 谷間 に, 丘 に 夜の 幕 かかれる とき,


    かがやく ひかり いで きて あした は 地 に めさめぬ.


 


3. 御座 より 見そなわし つつ まよい の 雲をひらき,


    むかし に まさる みめぐみ あらた に そそぎ たまえ.


 


4. うずもれ 隠るる もの も 主わはみな 知り たまえ ば,


     あした の 空 に かがやく  みことば 読ませ たまえ.


 


5. くらき の あと だ に あらぬ  とこ世 の あさ と ならば,


   きよけき ひかり を あびて  みまえ に ちかく はべらん.



●13:30日の出が丘病院で「日の出会」(癌で家族を亡くされた人の会、私が代表)。今日は沖医師の話があった。「よい薬の発達で末期がんの非常な痛みの95%は緩和できるようになった。残るは霊魂の苦悶をどうするかの段階になった」。そして、信仰の有無にかかわらず、最後は霊的な助けが来て楽になる例が話し合われた。クリスチャンの船橋さんからクリスチャンの夫人の実に平安な死に方を伺った。わたしもかくありたいと思った。●人間、どうせ死ぬのだから、痛まず平安に逝きたいものだ。それには信仰が必要なことは実例実証として説明できそうである。


文語訳  黙  14:13
14:13 我また天より聲ありて『書き記せ「今よりのち主にありて死ぬる死人は幸福なり」御靈も言ひたまふ「然り、彼等はその勞役を止めて息(やす)まん。その業これに隨ふなり」』と言ふを聞けり。


新共同 黙  14:13
14:13 また、わたしは天からこう告げる声を聞いた。「書き記せ。『今から後、主に結ばれて死ぬ人は幸いである』と。」"霊"も言う。「然り。彼らは労苦を解かれて、安らぎを得る。その行いが報われるからである。」


TEV 黙  14:13
14:13 Then I heard a voice from heaven saying, "Write this: Happy are those who from now on die in the service of the Lord!" /"Yes indeed!" answers the Spirit. "They will enjoy rest from their hard work, because the results of their service go with them."


s2006_0916_124440AA.jpg
   きれいな雲大好き 2006.9.16 12:50 あきる野市


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


なぜ教会主義はいけないのか ++++++++ 所感

2006/09/15 07:31

060915(金)4時半目覚め、「教会主義はなぜいけないか」の黙想●朝風呂で日経「私の履歴書」はプロスキーヤーの三浦雄一郎。体育協会にたてついて「生意気」だと思われてアマチュア資格剥奪、永久追放される。除名される。とにかくこの世には、「組織悪」というものがある。それにあぐらをかく人種が多く出る。甘い汁を吸いにくる人間がいる。天下り習慣が是正されるのはよいことである。「組織悪」は優れた人物が邪魔であるから追放する。組織秩序が壊れるというのがその論理。神に嫌われる最たるもの●教会主義はなぜいけないのか。答えは簡単、人間の「業」によって堕落した姿であるから。その姿の3様。①政治的心。・・・・カトリックはいつの時代でも国のトップを改宗させて国中をキリスト教化しようとする。終戦直後、昭和天皇をカトリックに改宗させようと熱心であった。東大法学部にはカトリック系の高校から大量に送り込もうとしている。しかしそれは大脳皮質に雑学一杯の頭でっかち。皇太子妃は2代続いてカトリック校から出身したことを喜んでいる。いずれも「支配階級」に接近している。誤り。これに反して無教会が「侍従として」皇室に多く入ったのは面目が保たれている。基督教は「支配ではなく、仕える」宗教。秀吉がキリシタンを弾圧したのは衣の下にあるカトリックの政治的世界制覇の野望を察知したから。「秀吉の野望」と「カトリックの野望」とが激突した。それはこの世の戦い。②商売の心・・・・・教会に行くと「よくいらっしゃいました」「皆さんの前で自己紹介をしてください」と言われるのがいやだという人が多い。あまり「いらっしゃい、いらっしゃい」というから一度だけ義理で行った人が団扇(うちわ)を仰いで牧師の話を聞いていたという。教会は客集めの商売に堕落した。また「教会はいいとろだから一度来て見なさい」と言われたので初めて行ったら牧師に「人間は罪人だー」と睨まれてびっくりした人がいたという。「バザー、音楽会、有名人の講演会」などは縁日の出し物と同じの客寄せ。③遊びの心・・・・聖書の話を牧師に聞きに行こうと思っているのに、お交わりと称して「ご奉仕、ご奉仕」と人間的社会活動に参加させられる。●マテマテ、かく言う無教会も似たり寄ったりになっている。①マルキスト型無教会・・・・・主の祈りの「御心の天になるごとく地にもならせたまえ」を大脳皮質で捕らえて、信仰の結果は社会批判が当然だと勘違いしている。それが信仰の展開の当然の姿だと誤解している。これ聖書の深い読みをしていない連中。イエスの復活と再臨を固く信ずれば社会批判と社会活動がクリスチャンの本道ではないことがわかるはず②商売型無教会・・・・・先生派閥の勢力争いをする連中。勢力拡大か先生伝道をする。その雑誌には仲間内の誉め合いの来信を掲げる③遊び型無教会・・・・この世の趣味習いごとと同じ精神。遊び人。遊び仲間を増やそうとするから困る。老後の楽しみやボケ防止としての聖書勉強●天国がこの世の教会(集会)のように人間臭かったら魅力はない。●イエスの精神は、政治的でも商売的でも遊び的でもない。それは次の言葉でわかる。いちいち解説しない。音楽に説明がいらないようにイエスの言葉は明瞭だから説明の必要はない。「耳のあるものは聞け」である。耳がない人間には全くわからない。100万言の言葉を尽くしても永久にわからない。組織悪にどっぷりの人間にはわからない。聴こうとしない。


塚本訳 マタ 4:8-10
4:8 悪魔はまたイエスを非常に高い山に連れてゆき、世界中の国々と、栄華とを見せて
4:9 言った、「あれを皆あげよう、もしひれ伏してわたしをおがむなら。」
4:10 そこでイエスは言われる、「引っ込んでいろ、悪魔!(聖書に)『あなたの神なる主をおがめ、』『主に』のみ『奉仕せよ』と書いてあるのだ。」


塚本訳  ルカ 22:24-26
22:24 また弟子たちの間に、自分たちのうちでだれが一番えらいと思われているかについての争いもあった。
22:25 するとイエスが言われた、「世間では王が人民を支配し、また主権者は自分を恩人と呼ばせる。
22:26 しかしあなた達はそれではいけない。あなた達の間では、一番えらい者が一番若輩のように、支配する者が給仕をする者のようになれ。


塚本訳  ルカ 10:17-20
10:17 七十二人が喜んで帰ってきてイエスに言った、「主よ、あなたの名を使うと、悪鬼までがわたし達に服従します。」
10:18 彼らに言われた、「悪魔が稲妻のように天から落ちるのを、わたしは見ていた。
10:19 (悪魔の下働きをする)『蛇』や蝎『を踏みつけ、』また敵のあらゆる力に打ち勝つ全権をあなた達に授けたではないか。だから、あなた達に害を加えるものは一つもない。
10:20 しかし(悪い)霊どもがあなた達に服従したことを喜ばず、自分の名が天(の命の書)に書き込まれていることを喜ばなくてはいけない。」


塚本訳 マタ 20:25-28
20:25 するとイエスは彼らを呼びよせて言われた、「あなた達が知っているように、世間では主権者が人民を支配し、また(いわゆる)えらい人が権力をふるうのである。
20:26 あなた達の間では、そうであってはならない。あなた達の間では、えらくなりたい者は召使になれ。
20:27 一番上になりたい者は奴隷になれ。
20:28 人の子(わたし)が来たのも仕えさせるためではない。仕えるため、多くの人のあがない金としてその命を与えるためである。」


塚本訳マタ 23:15
23:15 ああ禍だ、君たち聖書学者とパリサイ人、この偽善者!君たちはたった一人の改宗者を作るために海と陸とを飛びまわり、そして(改宗者が)できると、自分たちより倍も悪い地獄の子にするからだ。


 s2006_0915_053017AA.jpg


 今朝の窓から 2006.9.15 5:30 あー久しぶりに太陽が見えた


 s2006_0915_063515AA.jpg
よく晴れて新宿副都心の超高層ビル群が見える。(写真中央)2006.9.15ここから35キロメートル。


●都会は面白いが最終的には心が安らがない。35~50キロ程度の周辺に住むのがよい。埼玉県は中心部、東京は八王子あきる野市、神奈川は鎌倉藤沢、千葉県は千葉市。ロンドンも50キロ圏によい住居群がある。●勤務先のヴィオリスト和田睦夫氏と音楽談義。ショスタコーヴィッチ。●鹿島出版会刊「コストプランニングの知識」増補改定2版第4刷のための訂正作業。これで20年間で累計1万1千冊になる●某氏はこの本は「心の本」だと評した。これが技術書なのに20年間のロングセラーの原因●鹿島出版会の小田切氏と橋口氏と懇談。何か次の本をといわれたので、「ラスキンに『芸術経済論』がある。私としては『聖書と建築』を書いてみたい」と言った。●苦難の渦中の人にメール。「そりゃーつらいだろうなー」というのでは慰められない。「そりゃーつらいなー」でなければならない。それは経験者でなければ発せられない言葉。同質の原理●昨日、某女が「子育ては大変です」と言ったのに対して妻が「○○さん、まだ序の口よ」と答えたという。苦難経験者の言葉のみが人を慰め励ますことができる。イエスは次のように言う。


塚本訳 マタ 10:23-25
10:23 この町で迫害された時には、次の町に逃げてゆけ。アーメン、わたしは言う、人の子(わたし)は(すぐに)、あなた達がイスラエル人の町々を回りつくさぬうちに来るのだから。
10:24 弟子は先生以上でなく、僕は主人以上ではない。(だからあなた達が迫害されるのは当り前である。)
10:25 弟子は先生のよう、僕は主人のようであれば、それで満足すべきである。家の主人(たるわたし)が(悪鬼の頭)ベルゼブルと(悪口を)言われたのだから、その家族(たるあなた達)はなおさらのことである。


●これは次のように文語訳で暗記すべきもの。これはイエスの慰めの言葉。あなたたち(弟子・僕)の苦難はこの私(イエス・師・主人)に勝ることはない(大きくはない)というもの。私たちには4人の子供があった。イマドキの少子化の親たちに告ぐ。「まだまだ。苦難はこれからだ。何のこれしきと思えばよい」


文語訳 マタ 10:24
10:24 弟子はその師にまさらず、僕はその主にまさらず、


●不登校閉じこもりは自らそれを体験した人間でなければ痛みはわからない。これに関して060301の日記を再掲する。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


これ何人にも共通のこと。自分の頭で「よかれ」と思う道は意外に大したことが出来ない。一番大きなことができるのは希望に反した道に「追い込まれる」こと。挫折のあとで意外な道が「与えられる」とき本道を歩むようになる。 なぜか。自分の道の成功では「神の栄光があがらない」からである。神はその人間の計画を壊す。●恵んでヤルという福祉の態度。教えてヤルという教育者の態度、救ってヤルという牧師の態度などが意外とうまくいかないのはそのためである。●自分が上になって何々をしてヤルという態度がいけない。受けるほうは むっと来る●自分も同じ悩みだったという「一言」の方が人を慰め影響を与える●かって自ら不登校の苦しみを味わった僧侶の話。ある日訪ねてきた不登校の少年との対話。僧侶「君は学校に行かないでどこに行っていたのだ」。少年「土管の中に隠れていた」。僧侶「そりゃ―辛かったなー」。すると少年は急に泣 き出した。この僧侶の「一言」で少年は立ち直る。立ち直った秘密は僧侶が「辛かったろうなー」ではなく、「辛かったなー」と言ったから。自分が少年の苦しみの立場に立っている言葉。同質の苦しみに降っている。説教してヤルという態度ではない。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


悲しいときは泣こう ++++++++ 所感

2006/09/14 07:06


060914(木)
5時起床●目覚めの床で「泣く」ということを黙想●朝風呂で日経「私の履歴書」はプロスキーヤーの三浦雄一郎。北大を卒業して獣医学部の助手となるが、学者の世界は学閥に逆らっては生きていけないと悟ってさっさとその地位を捨てる。大物になる人物は違う●「泣く」ということの生理的説明はあるだろうが、聖書的にはどうか。思い浮かぶままに「人生体験」を通して書く。


創   42:  7 [口語


ヨセフは兄弟たちを見て、それと知ったが、彼らに向かっては知らぬ者のようにし、荒々しく語った。すなわち彼らに言った、「あなたがたはどこからきたのか」。彼らは答えた、「食糧を買うためにカナンの地からきました」。


創    42: 24 [口語


ヨセフは彼らを離れて行って泣き、また帰ってきて彼らと語り、そのひとりシメオンを捕えて、彼らの目の前で縛った。


●これは隠れた所で泣くということ。人に涙を見せないということ。●泣くときは隣の部屋に走って行って泣けばよい。イエスも祈るときは「自分の部屋」で祈れという。


塚本訳 2 マタ 6:6
6:6 あなたが祈る時には、『奥座敷に入り、部屋をしめきった上で、』隠れた所においでになるあなたの父上に『祈れ。』そうすれば、隠れたことを見ておられるあなたの父上は、褒美をくださるであろう。


●奥座敷も隣の部屋もない人は、トイレに入って泣けばよい。水を流せば声も聞こえない●神は隠れたところで「人知れず」に流す涙を覚えてくださる●2年前に召された母はトイレに入って泣いて、涙をぬぐってから子供の前にでてきたことがあった。母は不遇の育ちであった。●私が若い日に希望の道に進めなかったとき、隣の部屋から「泣けば泣くほど強くなるのよ」と言ってくれたことがあった。あのとき母も泣いていたのであろう●少々古いが「水色のワルツ」という日本の名曲の中の一節が忘れられない。これはうれし泣きの涙だが、それでも涙を隠すことは奥ゆかしくて尊いことである。


水色のワルツ  


【作詞】藤浦洸
【作曲】高木東六


1.君に会ううれしさの
  胸に深く
  水色のハンカチを
  ひそめる習慣(ならわし)が
  いつの間にか
  身に沁みたのよ
  
涙のあとを
  そっと隠したいのよ


●塚本先生は「葬式の時には泣いてはいけない」といわれた。●ある結婚式でのこと。折悪しく新郎の母方の親が午前中に亡くなられた。しかしその母は涙を隠して息子の結婚式に臨んだ。それを知られた藤林益三先生は「あの人は涙を見せずにいる」とつぶやいたものだった。私はそのことに心打たれた。


●イエスの涙。これは人間の涙とは少し違う。愛する者の滅びの予感を感じての嘆き。尊い涙。


塚本訳  ルカ 19:41-42
19:41 いよいよ(エルサレムが)近くなって(はじめて)都が見えると、イエスは都(に臨もうとしている裁き)を思い、声をあげて泣きだされた
19:42 そして言われた、「(ああエルサレム、)お前ももし(「平安を見る」という自分の名のように、)きょうでも平安への道が見えたなら(まだ遅くはないのに!)しかし今それはお前の目に隠されている。


●アウグスチヌスは放蕩の限りを尽くし、その母モニカは毎日泣き明かした。その悲しみを司教に訴えると、「涙の子は滅びません」と励まされた。祈りが聞かれて、後にアウグスチヌスは回心、カトリック教会の礎となった。人類の第一級の人物になった。


●弟子たちの涙。これは失敗と悔いの涙。まずペテロ。イエスを裏切ったときの後悔の涙。


塚本訳 マコ 14:72
14:72 するとすぐ、二度目に鶏が鳴いた。ペテロは、「鶏が二度鳴く前に、三度、わたしを知らないと言う」とイエスに言われた言葉を思い出して、わっと泣きだした。(いつまでも涙が止まらなかった。)


●塚本訳敷衍の(いつまでも涙が止まらなかった。)は心打たれる。ペテロはなぜわっと泣いたか。イエスの目が赦していてその赦しの心に触れたからである。次のルカ22:6の「じっと・・・見つめられた」は人類で最高の目、神の子の目。ルカのすばらしい描写。ルカはよく書いてくれた。


塚本訳  ルカ 22:60-62
22:60 しかしペテロは言った、「君、あなたの言っていることはわからない。」するとたちまち、まだその言葉の終らぬうちに、鶏が鳴いた。
22:61 主が振り向いて、じっとペテロを見つめられた。ペテロは、「きょう(今夜)、鶏が鳴く前に、わたしを三度、知らないと言う」と言われた主の言葉を思い出し、
22:62 外に出ていって、さめざめと泣いた


●次はユダ。これもイエスを裏切った後悔と悔いの涙。イエスはユダの裏切りを察知していた。その上でユダにパンを差し出した。そのときの「目」。赦しの目。だからユダはいたたまれずに外に出て行ったのだ。塚本訳敷衍の(ユダの心は真暗であった)は心で泣いている様子。「最後の晩餐」はイエスがユダの裏切りを何とか赦そうとするイエスの必死の努力。ヨハネ福音書にそれがよく現れている。


塚本訳  ヨハ 13:26-27
13:26 イエスが(彼に)答えられる、「わたしが一きれのパンをひたして渡すその人が、それだ。」それからパンを(汁に)ひたし、イスカリオテのシモンの子ユダに渡される
13:27 ユダがそのパンを受け取(って食べ)ると、その時、悪魔がユダに入った。そこでイエスがユダに言われる、「しようとしていることをさっさとしたがよかろう。」


塚本訳  ヨハ 13:30
13:30 ユダはパンを食べると、すぐ出て行った。夜であった。──(そとは丸い月がかがやいていたが、ユダの心は真暗であった。)


●ユダの自殺。


塚本訳 マタ 27:3-5
27:3 その時イエスを売ったユダは、イエスの判決が決まったのを見て後悔し、(受け取ったシケル)銀貨三十枚を大祭司連、長老たちに返して、
27:4 「罪もない(人の)血を売って、悪いことをした」と言った。彼らが答えた、「われわれの知ったことではない。お前が自分で始末しろ!」
27:5 ユダは銀貨を宮に投げ込んで去り、行って首をくくった


●イエスはこのとき裁判で引き回されていたから、ユダの自殺を知らなかったはずである。しかしもし聞いたとしたら「バカ!、バカ!」と言って泣いたに違いない。あるいは心で「バカヤロー!」と言ったかも知れない。イエスはユダを愛していたからこそ弟子にしたのだ。だから裏切りの心を知っても何とか赦そうとしたのだ。これが最後の晩餐の本質●ユダの罪はその裏切りではない。裏切りやスッポカシは人間にとって日常茶飯事である。最もいけないのは「神の赦し」を素直に受け入れない「勝気」の心。ツッパリの態度。これが罪。罪の本質●私が16歳のときに受洗した教会のこと。私が塚本虎二先生の無教会に移ることを赦してくれた牧師はお別れするとき私の後ろ姿を見えなくなるまでじっと見送って下さった。あれから47年。神の啓導によって今日まで信仰を失わずにすんだのは、その牧師の隠れた祈りがあったからだと信ずる。


●次はパウロ。パウロは涙の連続。「涙の書簡」という幻の手紙もある。






塚本訳 Ⅱコリ2:4
2:4 わたしは非常な苦悩と心の痛みとから、多くの涙のうちにあれを書いたのであって、あなた達が悲しませられるためではなく、わたしがあなた達に対して特に持っている愛を知ってもらいたかったためである。


●パウロの言葉で心を打つ第一のものは次の言葉。これは若い日に自分の不遇に泣いたときに何度も口に上らせた言葉。パウロの言葉は人を慰める。パウロ自身の体験だからであろう。


塚本訳  Ⅱコリ7:10
7:10 なぜなら、神の御心に沿った悲しみは、(人を)救いに入れる悔いのない悔改めをもたらすけれども、この世(的)の悲しみは、(絶望と)死をもたらすからである。


口語訳 Ⅱコリ7:10
7:10 神のみこころに添うた悲しみは、悔いのない救を得させる悔改めに導き、この世の悲しみは死をきたらせる。


●パウロの言葉で泣けてくるのは次の箇所。パウロの苦労が偲ばれて泣けてくる。パウロの涙を感じる。


文語訳 Ⅰコリ15:58
15:58 然(さ)れば我が愛する兄弟よ、確くして搖(うご)くことなく、常に勵(はげ)みて主の事(わざ)を務めよ、汝等その勞(らう)の、主にありて空(むな)しからぬを知ればなり


新改訳 Ⅰコリ15:58
15:58 ですから、私の愛する兄弟たちよ。堅く立って、動かされることなく、いつも主のわざに励みなさい。あなたがたは自分たちの労苦が、主にあってむだでないことを知っているのですから


塚本訳 Ⅰコリ15:58
15:58 だから、わたしの愛する兄弟たちよ、しっかりしておれ、動かずにおれ、いつも主の仕事にぬきんでよ。骨折りが主にあってむだにならないことを、あなた達は知っているのだから


●最後に定番の箇所。クリスチャンたるものは暗記すべき箇所。


口語訳 詩  126:5-6
126:5 涙をもって種まく者は、喜びの声をもって刈り取る。
126:6 種を携え、涙を流して出て行く者は、束を携え、喜びの声をあげて帰ってくるであろう。


新改訳 詩  84:5-7
84:5 なんと幸いなことでしょう。その力が、あなたにあり、その心の中にシオンへの大路のある人は。
84:6 彼らは涙の谷を過ぎるときも、そこを泉のわく所とします。初めの雨もまたそこを祝福でおおいます。
84:7 彼らは、力から力へと進み、シオンにおいて、神の御前に現われます。


口語訳 詩  42:3
42:3 人々がひねもすわたしにむかって/「おまえの神はどこにいるのか」と言いつづける間は/わたしの涙は昼も夜もわたしの食物であった。


文語訳  黙  7:17
7:17 御座の前にいます羔羊は、彼らを牧して生命の水の泉にみちびき、神は彼らの目より凡ての涙を拭ひ給ふべければなり


文語訳  黙  21:3-4
21:3 また大なる聲の御座より出づるを聞けり。曰く『視よ、神の幕屋、人と偕にあり、神、人と偕に住み、人、神の民となり、神みづから人と偕に在して、
21:4 彼らの目の涙をことごとく拭ひ去り給はん。今よりのち死もなく、悲歎も號叫も苦痛もなかるべし。前のもの既に過ぎ去りたればなり』


●泣くということは、人生における曲がり角。神にあるときその涙のレンズで今まで見えなかったことが見えてくる。わからなかったことがわかるようになる。涙は心を清める。●Kさんは新婚間もなくご主人が南方の海で戦死。塚本虎二先生のところに泣きに行くと、先生は「タオルでは足りない。敷布がぐしょぐしょになるまで泣きなさい」と慰められた。Kさんはその一言で人生を立ち直ることができ、一心に主に仕え、後にYWCAの会長に押されて就任した。晩年は群馬県の老人にホームに入られたというが、どうしておられるか。●そのKさんが、その南方の島を訪れたときのこと。海に向かってご主人の名前を大声で呼びつつ浜辺を何度も行き来したという●苦難と涙は私たちの顔を硬く天国に向けさせる。古い自分から別れさせてくれる。賛美歌355はそれを歌う。


賛美歌355番


1. 主を 仰ぎ 見れ ば 古き われ は,


   うつし 世と 共 に 速(と)く 去り ゆき,


   我 ならぬ われ の あらわれ きて,


   見ずや 天地(あめ つち) ぞ あらた まれ る.



2. うつくし の 都(みやこ), エルサレム は


   今こそ くだり て われ に 来(き )つれ.


   主 とも に 在(いま)せ ば つきぬ さち は


   きよき 河 の ごと  湧(わ)きて ながる.



3. うるわし 慕(した)わし とこよ世の くに,


   うらら に 恵み の 日かげ 照れ ば,


  生命( いのち) の 木(こ)の 実(み) は みのり しげく,


   とわ に 死 の 影 も なやみ も なし.


 4. つゆ だ に 功(いさお) の あらぬ み身を も


   潔(きよ)めて みくに の 世嗣 (よつぎ)と なし,


   黄金(こがね) の みとの に 住(す)ませ たもう


   わが 主 の 愛 こそ かぎり なけれ.



sDSCF0001.jpg
      秋雨の庭 2006.9.14 11:45


寒い日の秋の雨はなぜか淋しい。人間は寂しさというものには耐えられないものだ。「愛」、永遠の生命を下さる神の愛!。



s2006_0914_142254AA.jpg

  我が家の居間。イサムノグチがデザインした照明器具。日本的なるもの 2006.9.14


●我が家の主たる建築材料は、木、紙、漆喰(しっくい)、畳。これ実に落ち着く●文化は「お国柄」を発揮しなければならない。何でも外国かぶれはよくない。音楽、絵画、建築、宗教、食事、衣服、奥さん。●基督教からバタ臭さを除こうとしたのが内村鑑三の無教会主義とカトリックの遠藤周作。●15:30妻と二人で市内の病院に御入院中の集会の釘本京子さんをお見舞いする。私たちの国は天にあると話した。残りの御生涯の御平安を祈って別れた。





 





トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


イエスの復活は神の愛 ++++++++ 所感

2006/09/13 10:26

060913(水)3時半目覚め、「イエスの復活は神の愛」とささやかれる●イエスの復活、再臨、処女降誕は理性ではわかりにくいが、神の愛のなせる業だとみるとわかりやすい。●つまり「いつまでも一緒」というのが復活。「またすぐに来る」というのが再臨。「罪の赦しは清い人によってなされたから絶対に確実」というのが処女降誕。いずれも神の愛から。神の慰めの心から。●人間としての最大の「慰め」はこの正統信仰に預かること。これ病気と死を突破する「希望」。●この「慰めの福音」は人間の心の真空地帯を満たす。自然は真空を嫌う●あの人の心は「真空だ」。あの人の心には「隙間風」が吹いている。それを満たすのは、神の愛、神の福音、有体的復活の使徒伝承、歴史的に確実なことの報告。その伝承の連鎖反応がエクレシア(教会)の本質。●人間としての底知れぬ心の悲しさ寂しさの慰めは「イエスの有体的復活の歴史的事実」。これが神の愛。それは使徒以来の地上伝承によってつながってきた。この使徒伝承に連なるのが本当の教会員●死ぬべき運命の人間の寂しさは「永遠の生命」ではじめて慰められる●ダンタイソンのピアノを鑑賞。ベトナムから超すごい人物がでたものだ。●JバイブルにADD=ONを導入。ギリシャ語を導入。Jバイブルサポートの堀井さん(親切)に指導を受ける。専門家から教えられないとうまくいかない。


20060913172343.jpg


今日は雨、奥多摩連山も雲に隠れる 2006.9.13 午後


肌寒い日、暗い日、淋しい日、今週はずっと雨らしい。太陽が恋しい、秋晴れが待たれる。人生は曇りのち晴れ。冬来たりなば春遠からじ、人生は「不利亦利用」


●人間というのは淋しさには耐えられないものなのだ。「愛」がなければ生きられない生物なのだ。真に満足のいく愛とは人間の愛ではなく、神の愛。これは求めればただでいただける。


塚本訳  黙  21:6
21:6 また我に言ひたまふ『事すでに成れり、我はアルパなり、オメガなり、始なり、終なり、渇く者には價なくして生命の水の泉より飲むことを許さん。


新改訳 黙  21:6
21:6 また言われた。「事は成就した。わたしはアルファであり、オメガである。最初であり、最後である。わたしは、渇く者には、いのちの水の泉から、価なしに飲ませる。



TEV 黙  21:6
21:6 And he said, "It is done! I am the first and the last, the beginning and the end. To anyone who is thirsty I will give the right to drink from the spring of the water of life without paying for it.

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


ホームページは路傍伝道 ++++++++ 所感

2006/09/12 07:05

060912(火)4時起床●パソコンが新しくなったことで「電子路傍伝道のお働きに感謝」と激励メールをいただいた。●HPは路傍伝道。年間数万回のアクセスがあるから、石を投げつけられるようなことをされたり、暴漢に襲われたりもする。「クソっ!、何のこれしき」だ。先輩の多くはもっとひどい迫害をうけたのだ。職場を追われたり(食道を絶たれる)、裁判にかけられたり、殺されたりもしたのだ。●ところが逆にまた昨日は未知の人から次のようなうれしいメールをいただいた。公的なことなので全文そのまま公開する。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


はじめまして。
いつも、[日記と感想]blogやHPからたくさんの主にある恵みを頂き
こころから感謝して読ませて頂いております。
また、bbbibleも本当にありがたく使わせて頂いています。
無償で使わせて頂きありがとうございます。
さて、今朝、bbbibleでルカの福音書6章を読んでおりましたら
http://www.bbbible.com/bbb//bbblk06c.html
ルカ6:1-5「安息日に穂を摘む」のところが、岩波翻訳委員会訳以外は
5:1-5になっていましたので、ご報告させて頂きました。


こんな素晴らしいものを無償で提供して下さる先生をはじめ入力して
下さった皆様のご労の上に主の祝福が豊かでありますように。


感謝して


主にありて
○○○○


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


●こういう激励メールは歌舞伎の客席からの掛け声である「○○屋!」と同じ。未知の人からのこのような激励の掛け声がある限り「電子路傍伝道」は楽しくてやめられない。●激励を下さる方は、聖書をよく読まれていてBbBを利用しておられる方ばかり。●HPに難癖をつけてくる人で自分に実害があったという報告は今まで一人もいなかった。もし実害があったら報告していただきたい。その報告者の実名と共に実害内容を天下に公表して謝罪したい。


●上記の激励メールに対して次のような返メールを打った。。(メールアドレスからは住所はわからない)。一部改変で全文公開する。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


○○○○様

BbBをご利用くださいまして、感謝です。

3年がかりで完成、妻および息子とその伴侶に手伝ってもらいました。

なおバグの御指摘感謝です。バグはそのほかにもありましたので、現在進行中の検索システム

が完了したら一気にまとめて修正します。このたびはありがとうございました。

どこにお住まいかは存じませんが(心は天国と思います)、全国各地にあなたのような

方がおられることがわかったことは、BbBの目的が果たせていることであり感謝です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 


●人間、極度の悲しみに陥るときは不思議に「どっと」慰めが下るものだ。


塚本訳  ルカ 22:42-44
22:42 言われた、「お父様、お心ならば、どうかこの杯をわたしに差さないでください。しかし、わたしの願いでなく、お心が成りますように!」
22:43 そのとき天から一人の天使がイエスに現われて、力づけた
22:44 イエスはもだえながら、死に物狂いに祈られた。汗が血のしたたるように(ポタポタ)地上に落ちた。


●路傍伝道と言っても「酒屋の前で禁酒の説教」をするような愚かなことを私はしない。教会の前で「無教会主義」を説かない。「人を見て法を説け」である。●しかし電子路傍伝道は相手の「顔」が見えない。「パンを水の上に投げよ」だ。いやいや私の場合は、勝新太郎演じる全盲の座頭市の「真空斬り」だ。


口語訳 伝  11:1
11:1 あなたのパンを水の上に投げよ、多くの日の後、あなたはそれを得るからである。

 

TEV 伝  11:1
11:1 Invest your money in foreign trade, and one of these days you will make a profit.



●この「多くの日の後」とは私の死(あと18年)の後という意味かもしれない。それでいいんだそれでいいんだ。●鹿島出版会から拙著「コストプランニングの知識」をまた増刷するという連絡がくる。1986年初版だから20年間のロングセラー、技術書で20年間も売れ続けるのは異例。理由はわかっている。技術を説きながら聖書を説いているから。●妻は無教会研修所の月本昭男先生の旧約講義の聴講に行く。終了後山口喜代子さんと会食。●研修所に出席した妻からの報告。某女性「ご主人にお会いしたい」。妻「主人はホームページを立ち上げていますからご覧ください」。某女性「わたしパソコン持っていないのです」。・・・・こういう会話がなされたということを聞いて、ホームページは不特定多数に対する「叫び」なので、電子路傍伝道では「行き届かない」と思った。神の愛は「個別的」である。●パソコンが電話並みに多くの人に利用されるのは10年も先のことになりそう●新しいXPマシンへの移行作業をする。日記ブログに写真を貼り付ける方法は福島県の息子から「遠隔指導」を受ける。過去にさかのぼって写真を貼り付けた。9/3 .9/5. 9/10



 


 


 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


人に憎まれているときはどうしたらよいか ++++++++ 所感

2006/09/11 05:58

060911(月)明け方に多くの雷鳴。「誰かが私を怒っている。誰かが私を憎んでいる」と直感。「憎まれる苦しみ」について考える。●人間、憎まれる時、恨まれる時は苦しいものである。これ戦争の真の原因である。これは人生における「困難」の一つであることは数千年前からの真理である。


口語訳 伝  3:8
3:8 愛するに時があり、憎むに時があり、戦うに時があり、和らぐに時がある。


●憎まれる時、恨まれる時、それは苦しみである。「眠られぬ夜」(ヒルティ)にもなる。つける薬が無い。飲む薬もない。朝になってもそれは解消しない。●恨み憎しみは近い人ほど激しい。夫婦、親子、嫁姑、職場、教会(集会)、派閥内部、陸軍の敵は海軍、仕事上の取引相手、隣国(韓国と日本、イスラエルとパレスチナ)。●この悩みの人間的な慰め、解決の言葉は数ある。「出る杭は打たれる。(これ出る杭は抜けに発展されて行く)。」「樹が成長すると風当たりが強くなるものだ」「雉も鳴かずば打たれまい」・・・・などなど●聖書には次のようにある。


塚本訳Ⅰペテ4:15
4:15 君達のうち誰も人殺し、あるいは泥坊、あるいは悪者として、あるいはおせっかい屋として受難してはならない。


口語訳 Ⅰペテ4:15
4:15 あなたがたのうち、だれも、人殺し、盗人、悪を行う者、あるいは、他人に干渉する者として苦しみに会うことのないようにしなさい。


●この翻訳で塚本訳の「おせっかい」は名訳。教会(集会)内の愛は「おせっかい」が多い!。また社会的信者の中には「予言的精神だ」と称して国家におせっかいして捕まる者がいる。予言的批判は「真の愛」ではない。それは口語訳の言うように「他人に干渉する者」。他人の職業領域に土足で入り込む者である。私も建築の門外漢が知ったかぶりして「建築論」を吹っかけてくると「怒り心頭に発す」となる。自分自身に与えられた専門領域のことをさらにもっとシッカリヤレ!●では「憎み恨まれている時」は具体的にどうしたらよいのか。かってその悩みの時、今は90歳のさる長老に「あの人にはいいところ『も』ある」と慰められた。以来、この「いいところ『も』ある」という言葉が頭をよぎることが多い。これ処世術として最高のもの。「アイツにはいいところ『も』ある」と数回心で念ずれば、不思議にその人のよいところが見えてくる。私に親切をしてくれた事が思い浮かぶ。●しかしこういう苦難は聖書的にはもっと高い意味がある。パウロは持病(癲癇かあるいは眼病だったともいわれる)についてこれを離して下さいと三度も(何度もという意味)祈ったというが、神は「我が恵み汝に足れり」と言われた。またこの苦しみは自分が傲慢にならないようにという「神の鞭」だと思って耐え忍んだ。かくしてパウロはますますキリストに似る者とされていった。


塚本訳  Ⅱコリ12:7-10
12:7 そしてこれらの素晴らしい啓示があるので、わたしが高慢にならないようにと、わたしの肉に一つの刺が与えられた。悪魔の使いであって、これはわたしが高慢にならないようにと、わたしをうつものである。
12:8 この使について、それがわたしから手を引くようにと、三度まで主に願ったが、
12:9 主は(その都度)言われた、「わたしの恩恵はあなたに十分だ。力は弱さの中に完成されるのだから。」、それでわたしはキリストの力がわたしに住みついてくださるように、大喜びで、むしろ(自分の)弱いことを自慢しよう。
12:10 それゆえわたしは弱いことを、虐待、艱難、また迫害と苦悩をうけることを、キリストの故に喜ぶ。わたしは弱い時には、(彼の力によってかえって)強いのであるから。


●だから自分の「人間的欠点」(棘、これ持病!)もまた恩恵だと思おう。憎み恨む人は神からの杖や鞭だと思おう。弱さ(自分の欠点)もまた神にあるとき強さである。神は欠陥人間を「利用する」。パウロがそうであった。●橋本次長と長懇談。FM、PM、JBCI、JAFMA、BSIJ●建築家の細井真澄君と電話懇談。個人情報の保護に関する職業別の対応について●医者、弁護士、聖職者(牧師)、建築家は特に個人情報の保護に気をつけなければならない。●職業によって個人情報の保護にピリピリと神経質になる分野がある。●最近は「個人情報の保護」の行き過ぎが社会問題になっている。一部の悪質な人間のために「善良な市民」の多くが迷惑している。卒業アルバムに名前を出さないことなどはあきらかにその行きすぎ。●一部の悪質人間のために多くの人が迷惑している例に、特急列車の車内検札があった。しかし最近はそれがなくなった●ドイツでは改札がない。しかしごまかしが発見されるととんでもない罰金があるらしい。●一部悪質人間のために無駄な経費がかかっている●土地の所有者、面積、形態、抵当権の有無、所有者の履歴などは役所に行けば分かる。誰にでも分かるようになっている。これはずっと以前からのことである。それが不明なことによる土地売買取引上のトラブルを未然に防ぐためである。●「個人情報の保護」をピリピリと気にする人間は特別な職業領域の人間に限るのであって、一般的普遍的常識ではない●私たちは一度も会わずに結婚した。相手が無教会キリスト教の信者であることが唯一の条件であった。個人情報の保護よりも大切なことが事がある。それは「人を信ずる」ことである。だまされたとしても「信じぬくことである」。この「愛の冒険」なくして人生は面白くない、ひいては神も信じられない。●親鸞はたとえだまされたとしても法然を信じぬく」と言った。何事も調査してからでないと信じられない人間は淋しい人間だ。デカルト以来の実験による判定の人生観は潤いがない。●ウチの母親、父親の親切は本物か、本当の愛かなどと疑う人間をつくり、親殺しに至る少年を大量に産み出したのは、戦後の無神論教育の結果である。そのツケである。日教組がよくなかった。科学が最高と誤解してなにごとも疑ってかかるべしという間違った教育をしてきたことも原因である。人間、科学的精神よりも「人を信ずるという基本的教育が大切。●個人情報の保護の誤った蔓延は教育問題、人生観の問題である●人は疑ってかかるより信じ抜いた方が人生が好転する。神の存在を疑ってかかるよりも信じぬいたほうが人生「得」なことが多い。人生万事好転する。第一に仕事にも勉強にも家庭教育にも、趣味にも(!)、勝負事にも(!!)益をもたらす


 


 


 


 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


天国にはパソコンの悩みなし ++++++++ 所感

2006/09/10 07:34

060910(日)5時起床●昨夜21:00ウインドウズ98からXPへの切り替え作業終了。98内部にある記憶装置(脳みそ)を外付のボックス(3800円)に移し、それを新規XPマシン(ゲートウエイのEマシン6万5000円)に接続、成功。●6年前に故障パソコンを修理していて脳内出血で倒れたので今回は専門の技術者に依頼。2万5千円は安かった。●「専門のことは専門家に、それが人間社会の仕組み」ということを今回も学んだ●98のデータ移植に悩んでいたのでXPへの切り替えが遅れたのだが、有料でのパソコン技術サービスが充実してきたのはありがたい。●社会のニーズのあるところに職能が誕生する。商売が繁盛する。これ市場経済の原理●天国にはパソコンの悩みなし●祈りは電気よりも早くかつ「無料」●集会は大山、杉崎、山本●昼食は小寺夫妻、松井律子(故松井清氏令嬢)、山口喜代子、高橋照男、●妻はコーラスの練習。ロッシーニのスターバトマーテル●XPでCDをコピー、6分で済む。驚異的な速さ●図書館。ノジマ


sDSCF0027.jpg
       白い雲 2006.9.10 昼 あきる野市


●白い雲を見ると14年前に召された父を思い出す。父は白い雲が好きで「白い雲」という詩集がある。またドイツの詩人へルマンヘッセを思う。ヘッセの本の全世界の出版数の3分の1は日本。理由はヘッセの文学には「旅」の思想があるからだと、詩人の古井由吉は言う。私も詩人になりたい。●あの雲はあっという間に姿が消える。人生のようだ。でも神は覚えている。


 山村暮鳥に「おーい雲よ」がある。


おーい、雲よ
ばかに生き生きとのんきそうじゃないか
どこまで行くんか
ず~と向こうのいわきだいらまで行くんか


山村暮鳥はキリスト教(日本聖公会)の伝道者であった。


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


なぜ自殺してはいけないのか ++++++++ 所感

2006/09/09 06:48

060909(土)5時起床●朝風呂で日経。昨日の夕刊、徳山高専女子学生殺人事件。なぜ自殺してはいけないのか、を考える●日経「私の履歴書」はプロスキーヤーの三浦雄一郎。みんなが受験勉強をしている中学生の時、津軽半島一人旅20日間のサバイバル生活。「何かどえらいことをやってきたんだという充実感があった」と言う。このような体験を自由にやらせた親が偉かった。通常常識コースとは違う道を歩まされことが人生の「宝」。それは経験と体験だから本で学ぶことよりも身につく。病気、受験の失敗、落第、失恋、破婚、子供の非行と病気、争い、挫折、倒産、リストラ、失業、貧困、夫婦の不和、●日経「プラスワン」で「初心者が使いやすいデジカメ」ランキング●「なぜ自殺はいけないのか」。答えは簡単。他人(神)から預かっているものを自らの手で壊す事はいけないからである。これ6年前の脳内出血のときの体験で自覚。つまり意識不明の瞬間から生還しさせられ、この肉体の命は100%完全に神のもので、神に握られている事がわかった。この命、自分の手ではどうしようもできないことを知った。つまりこの肉体の器は全く神からの預かり物なのだ。こういう認識は体験に基づくものであって、聖書を頭で勉強しては出てこない。ギリシャ語、ヘブライ語、英語、ドイツ語、各種翻訳、然りBbBで聖書を勉強してもわからない。そういうものは真理を悟った者に「補強」として役立つものえだる●第一、聖書には「自殺は罪」ということは書いてない。この世のものは皆神のものものであるということから「自殺はいけないことだ」という認識が出て来る。●聖書の最も大切な事は頭から入らない。体験と経験で認識する。内村鑑三が「真理は手から入る」と言ったのは至言。●建築士として信者のお住いを拝見しての経験的直感。「蔵書量と語学力は信仰に反比例する」。聖書に「関する」周辺の本が多い。信仰が篤いなーと思う人の蔵書量は少ない。ギリシャ語ヘブライ語ドイツ語に強い人で信仰的に尊敬できる人は少ない。


塚本訳  Ⅰヨハ2:27
2:27 しかしあなた達は、キリストから戴いた油(すなわち聖霊)が留っているのだから、だれからも教えてもらう必要はない。彼の油が万事についてあなた達に教えるように、またそれはまことであって、嘘ではない。そしてその油があなた達に教えたとおり、(つねに)キリストに留っておれ。


●「なぜ殺してはいけないか」の明快な答えはヒューマニズムからはでてこない。それは水平思考に終始する。その良い例は防衛論争。自衛のための殺人また可ともなる。「神」という絶対者のファクターを持たない限り納得のいく答えはでてこない●ドストエフスキーの「罪と罰」の主人公ラスコーリニコフは「なぜ金持ちの老婆を殺してはいけないか」という疑問がおきた。これも「神なき人間」の疑問●神への信仰をもつとこの世のものは自分の体をも含めてすべて神のものであるという認識が与えられる。「殺してはならない」「自殺してはならない」という理由もそこからでてくる。


口語訳 詩  24:1
24:1 地と、それに満ちるもの、世界と、そのなかに住む者とは主のものである。


●子供は神からの「預かり物」である。しかも20年間だけの。妻も神からの預かりもの。主人も神からの預かり物である。


新改訳 詩  127:3
127:3 見よ。子どもたちは主の賜物、胎の実は報酬である。


口語訳 箴  19:14
19:14 家と富とは先祖からうけつぐもの、賢い妻は主から賜わるものである。


塚本訳  Ⅰコリ7:4
7:4 (夫婦の体は共有で、)妻は自分の体を自由にする権利をもたない。夫がそれをもっている。夫も同様に、自分の体を自由にする権利をもたない。妻がそれをもっている。


 ●お金も他人のものだと思うことが正しい経済認識。正しい人生観、職業観。納税観。


 塚本訳  マコ 12:14-17
12:14 その人たちは来てイエスに言う、「先生、あなたは正直な方で、だれにも遠慮されないことをよく承知しております。人の顔色を見ず、本当のことを言って神の道を教えられるからです。(それでお尋ねしますが、わたし達は異教人である)皇帝(カイザル)に、税を納めてよろしいでしょうか、よろしくないでしょうか。納めるべきでしょうか、納めるべきでないでしょうか。」
12:15 イエスは彼らの偽善を見抜いて言われた、「なぜわたしを試すか。デナリ銀貨を持ってきて見せなさい。」
12:16 持ってくると、言われる、「これはだれの肖像か、まただれの銘か。」「皇帝(カイザル)のです」と彼らが言った。
12:17 イエスは言われた、「皇帝(カイザル)のものは皇帝(カイザル)に、神のものは神に返せ。」彼らはイエスに驚いてしまった。


塚本訳  ルカ 16:9-12
16:9 それでわたしもあなた達に言う、あなた達も(この番頭に見習い、今のうちにこの世の)不正な富を利用して、(天に)友人[神]をつくっておけ。そうすれば富がなくなる時、その友人が永遠の住居に迎えてくださるであろう。
16:10 ごく小さなことに忠実な者は、大きなことにも忠実である。ごく小さなことに不忠実な者は、大きなことにも不忠実である。
16:11 だから、もし(この世の)不正な富に忠実でなかったならば、だれが(天の)まことの富をあなた達にまかせようか。
16:12 もし他人のもの[この世のこと]に忠実でなかったならば、だれがあなた達のもの[天のもの]をあなた達に与えようか。


●以上いささか「説教」っぽくなったが。人間、本当に憎いときは殺したくなる、罪を自覚した時は自殺したくなる。汗水流して稼いだ金は自分のものと思う。伴侶は自分のものと思う。だから自然に生きよう、自然に思おう。その自然の感情も「神から」のものだ。●悔しい時は「悔しい」と言おう。憎らしい人には「バカヤロー」と言おう。好きな人には「好きです」と言おう。悲しい時は大泣きしよう。転ぶ時は素直に転ぼう。何事も「素直」ということが大切だ。その素直さが神への深い信仰につながるのだ。


塚本訳 ヨハ 1:47
1:47 イエスはナタナエルが自分の方に来るのを見て、彼のことをこう言われる、「そら、あれは生粋のイスラエル人だ。すこしもごまかしがない。」


塚本訳  マタ 5:37
5:37 あなた達はただはっきり『はい』とか、『いいえ』とだけ言え。これ以上は悪魔が言わせるのである。


塚本訳  マタ 22:16
22:16 その弟子たちをヘロデ党の者と共にイエスのところにやって言わせた、「先生、あなたは正直な方で、本当のことを言って神の道を教えられ、だれにも遠慮されないことをよく承知しております。人の顔色を見られないからです。


●ソニーのテレビが不具合になったので、診断に来てもらう。ブラウン管の寿命は10年と言うが、短いなー●ソニーのサービスマンがきて基盤にハンダ付けをして修理。経年変化でハンダか割れてしまって通電しなかったという。ブラウン管を変えずに済んで安上がり。ソニーのサービスは立派●14;00妻と町田の武集会に行く。●18:00ノジマデンキの若い田倉氏19歳学生が来てXPをセット。終了21:00


 


 




 


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


徳山高専女子殺害、容疑者自殺 ++++++++ 所感

2006/09/08 08:11

060908(金)5時半起床●朝風呂で日経「私の履歴書」はプロスキーヤーの三浦雄一郎。オリンピック銀メダリストの猪谷千春との出会い。猪谷も父の影響を受ける。一流になるには2~3代かかるのか●日経「交遊抄」は建築家の原田鎮郎。「建築家は人間が好きでなければならない」。これどんな仕事でも同じ。建築設計は建築主と心が通わなければできない。●徳山高専女子殺害の犯人と思われる少年が自殺体で発見。首吊り自殺。よかった。殺人罪は死で償わなければならない。死は罪を清める。●このようなとき「生きて罪を償うべきだ」という考えは甘い。それは罪の何であるかを知らない人間。罪はどんなに善行を積んでも償うことができない。これ罪悪感の薄い日本人の欠陥。これではイエスの十字架の死の贖いは永久に分からない●罪を償うために「善行」をしようという慢心そのものが罪。罪の本質●少年の祖母は「あの子が真犯人であったら生きては居られないはず」と言った。そして「あの子は小さい頃から生き物が好きで熱帯魚や金魚を飼っていて虫も殺せなかった」と言って絶句。●この少年の「自殺」にはきっと意味がある。なにか良いことが起こりそうだ●イエスを裏切って死に追いやったあのユダは首吊り自殺をした。●神の水準は高い。心の中で「あんなやつ早く死んでしまったらイイ」と思った瞬間に神の目には「殺人者」である。死刑である。自殺しなければならないのだ。●かって職場でこのことを言ったら「高橋君、それじゃー俺生きていけないよー」と言った人がいた。彼は私の親友であった。数年前に若くして逝った。私は友人代表で弔辞を伸べた●死は罰である。しかしイエスの十字架の贖いの死でわれわれの罪は赦されている●上記友人の弔辞は仏教(真言宗だったか)の僧侶の読経の途中で約3分間という制約があったがそこでキリストの復活と来世での再会の可能性を話した。僧侶に小言は言われなかった。●西片、丸木、和田、の諸氏と懇談●今日は宮城県から応答。聖書勉強にわたしのHPを利用していると言う。最近は東北勢が熱心な応答●19:30ノジマデンキのタクラ氏(19歳、鹿児島県生まれ)が来てWINDOWS98のCPUを取りに来た。ハードが壊れていないかどうかのチェックを店で行なう。もし壊れていたら、XPへのデータ移行は出来ない。●この世界、数年前と違ってパソコンのセッティングサービスが充実してきた。市場経済の先端を見るようである。世の中のニーズに応じて職能が発達する。●あだたら聖書研究会の湯浅鉄郎氏から激励の本を贈られる。それを読んでわかったこと。私のHPに対して難癖をつける人間がいることは、それが不特定多数に向けて発信しているもので、いわば路傍伝道だからである。路傍伝道は、時に暴漢に襲われることがあるものだ。これで納得。イエスもパウロもみんな暴漢に襲われた。不特定多数に福音を発したからである。●教会とか、信者仲間に対する話しは「楽」である。なぜなら親派、仲間内に話すからである。楽である。ところがHPは「この世」に向かって発信するから、ときに暴漢に石を投げつけられる危険を覚悟しなければならない。●暴漢と言うのは自分がヤラれると思うから逆襲として襲い掛かってくるのである。


塚本訳マコ 1:24
1:24 言った、「ナザレのイエス様、『放っておいてください。』わたしどもを滅ぼしに来られたにちがいない。あなたがだれだか、わたしにはわかっています。神の聖者(救世主)です。」


 


 


 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


親王誕生の喜び ++++++++ 所感

2006/09/07 08:18

060907(木)5時起床●朝風呂で日経「私の履歴書」はプロスキーヤーの三浦雄一郎。父にくっついて冬の雪山を滑降。この父にしてこの子あり。●イエスは神の真似をして生きていた



ヨハ   5: 19 [塚本訳
そのとき、イエスは彼らに答えて言われた、「アーメン、アーメン、わたしは言う、子は父上のなさることを見て(それを真似るので)なければ、自分では何一つすることが出来ない。父上のなさるのと同じことを、子もまたするのだから。
ヨハ   13: 16 [塚本訳
アーメン、アーメン、わたしは言う、僕はその主人よりもえらくはならない。また使は本人よりもえらくはない。(だからわたしを真似るがよい。)


●ヨハ 14:9の「我を見し者は父を見しなり」 はキリスト教の本質。しかしわずか2000年前にユダヤの地に出現した哺乳類のイエスを「神の子」と信ずるわけにはいかない。これ教育を受けた人間の常識的な考え。私がそこを突破させられて「イエスは神の子で処女から生まれ、復活して、将来は再臨する」などというヘンテコリンな宗教を信ずる「ハメ」になったのは、ひとえに自分の罪の悩みでなりふりかまわず、キリストにすがりついたからである。「苦しき時の神頼み」「溺れる者は藁をもつかむ」「受験の単願の気持ち」であった。その結果、罪の赦しを体験してしまって神が分からされた。人間はこの罪の赦しという体験を通してのみ神がわかる。イエスの十字架は「この私の罪のためでした」という時間逆転のヘンテコリンな告白をするようになり、イエスは「神の子」と告白せざるを得なくなる。これ神学用語で「同時化」という。これは聖霊の働きというこれまた生まれつきの人間には全く分からないことが起こって神の存在がわかるようになったのである。


塚本訳  ヨハ 14:9
14:9 イエスは言われる、「ピリポ、こんなに長い間一しょにいるのに、あなたはまだわたしがわからなかったのか。(父上とわたしとは一つである。)わたしを見た者は父上を見たのだ。どうして『父上を見せてください』と言うのか。


TEV ヨハ 14:9
14:9 Jesus answered, "For a long time I have been with you all; yet you do not know me, Philip? Whoever has seen me has seen the Father. Why, then, do you say, "Show us the Father'?


●肉のままの大脳皮質の雑学からではこのキリスト教の正統信仰には至らない。雑学教養からの信仰への接近は禍の道、禍の人間。●そういう禍の人間に限って自説を「布教する」という現象がおきる。大脳皮質に訴える「伝道(?)」をする。それが困るのだが、真面目な正統信仰者はそれに嫌悪感を感じるだけで「耳を傾けない」。だからそれは放っておけば自然消滅、自然死となる。いましばしの忍耐だ。●そういう禍の人間は自らを省みて遠慮して聖なる集会から身を引くべきである。自らの信仰を顧みて遠慮して「無教会グループ」から身を引いた人を知っている。外国で神学を学んできた人である。無教会グループの核は「正統信仰」の保持。異物は集会全体がなんとなく嫌悪感をもつから、無言のうちにはじき出される。これ正統信仰保持グループの自然の姿。無教会集会は「来る者をこばまず、去る者を追わず」。●教会主義は「来る者を拒み、去る者を追う」。人間的な、あまりに人間的な


塚本訳  マタ 23:15
23:15 ああ禍だ、君たち聖書学者とパリサイ人、この偽善者!君たちはたった一人の改宗者を作るために海と陸とを飛びまわり、そして(改宗者が)できると、自分たちより倍も悪い地獄の子にするからだ。


●待望の親王誕生で日本はもとより世界各国が喜んでいる。●一つの命の誕生というものがこれほど「喜び」をもたらすのかと改めて感じ入った。そこで思い出したのがヨハネ16:21


塚本訳 ヨハ 16:21
16:21 女が子を産む時には、女の(宿命の)時が到来したので悲しみがあるけれども、子が生まれると、一人の人間が世に生まれ出た喜びのために、もはや(お産の)苦しみを覚えていない。


TEV ヨハ 16:21
16:21 When a woman is about to give birth, she is sad because her hour of suffering has come; but when the baby is born, she forgets her suffering, because she is happy that a baby has been born into the world.


●これをTSK日本語ヴァージョンで勉強してみよう。すると次の引照がでてくる。


Genesis 3:16:
つぎに女に言われた、/「わたしはあなたの産みの苦しみを大いに増す。あなたは苦しんで子を産む。それでもなお、あなたは夫を慕い、/彼はあなたを治めるであろう」。


Jeremiah 30:6:
子を産む男があるか、尋ねてみよ。どうして男がみな子を産む女のように/手を腰におくのをわたしは見るのか。なぜ、どの人の顔色も青く変っているのか。


Hosea 13:13:
子を産む女の苦しみが彼に臨む。彼は知恵のない子である。生れる時が来ても彼は産門にあらわれない。


Micah 4:10:
シオンの娘よ、産婦のように苦しんでうめけ。あなたは今、町を出て野にやどり、バビロンに行かなければならない。その所であなたは救われる。主はその所であなたを敵の手からあがなわれる。


Revelation of John 12:2:
この女は子を宿しており、産みの苦しみと悩みとのために、泣き叫んでいた。


口語訳 創  30:22-24
30:22 次に神はラケルを心にとめられ、彼女の願いを聞き、その胎を開かれたので、
30:23 彼女は、みごもって男の子を産み、「神はわたしの恥をすすいでくださった」と言って、
30:24 名をヨセフと名づけ、「主がわたしに、なおひとりの子を加えられるように」と言った。


Psalms 113:9:
また子を産まぬ女に家庭を与え、多くの子供たちの喜ばしい母とされる。主をほめたたえよ。


Galatians 4:27:
すなわち、こう書いてある、/「喜べ、不妊の女よ。声をあげて喜べ、産みの苦しみを知らない女よ。ひとり者となっている女は多くの子を産み、/その数は、夫ある女の子らよりも多い」。


塚本訳 ルカ 1:57-58
1:57 月満ちて、エリサベツは男の子を産んだ。
1:58 近所の者や親類は、主がエリサベツに大きな憐れみをほどこされたと聞いて、自分のことのように喜んだ。


●陣痛の苦しみとそのあとの喜び。これが人生だ。陣痛なくして喜びなし。苦難と悩み無くして喜びなし。


新改訳 ヘブ 12:11
12:11 すべての懲らしめは、そのときは喜ばしいものではなく、かえって悲しく思われるものですが、後になると、これによって訓練された人々に平安な義の実を結ばせます。


●苦難の孫にメール。


○○君

カブトムシの卵が生まれたんだって?。オジーちゃんを越えたね。卵、幼虫、成虫。よーく観察するといいよ。
でも、カブトムシは卵を産むと死ぬんだよ。悲しいね。しかし新しい命が生まれるからうれしいね。

保育園に行きたくないこともあるよねー。おじいちゃんも見時君のようだったら休んじゃうなー。

悲しい事があったら大泣きしちゃおう。


sDSCF0024.jpg



 


 


 



 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


心の苦しみと神の慰め・親王誕生 ++++++++ 所感

2006/09/06 05:18

060906(水)5時起床●HPのブログ(=個人や数人のグループで運営され、日々更新される日記的なWebサイトの総称)人口は今や868万人という。ブログの発達している中国では言論の自由とモラルに関して事件が起きたが、ブログによる自由発言を法律を持ち出して非難した人の方が逆に「民衆」から攻撃されて潰された例がある。ブログの世界にも「市場経済」の原理が働いているようだ。こういうとき、法律は「民意」に従うから法律も弱い。イエスはその時代の「法律」で罰された。●政治家はすぐ民意を気にするが、その民意というものは気まぐれ。あてにならない。世論調査ほど無責任の集団エゴのものはない。企業でいえば「社内の噂と評判」。真理に立つ者はこれに恐れてはならない。歴史的になにかコトをなした人間は「民意」を敵に回した。


塚本訳 マタ 26:65-66
26:65 そこで大祭司は自分の上着を引き裂いて言った、「冒涜だ!これ以上、なんで証人の必要があろう。諸君は今ここに(おのれを神の子とする許しがたい)冒涜を聞かれた。
26:66 (この者の処分について)お考えを承りたい。」「死罪を相当とする」と彼らが答えた。


●真理に立つ者は民意を気にせず「直言」しなければならない。



マタ   5: 37 [塚本訳
あなた達はただはっきり『はい』とか、『いいえ』とだけ言え。これ以上は悪魔が言わせるのである。
新共同 ヨハ 16:29
16:29 弟子たちは言った。「今は、はっきりとお話しになり、少しもたとえを用いられません。弟子たちは言った、「今はあからさまにお話しになって、少しも比喩ではお話しになりません。


●最近、ブログの内容について動機が不純と思われる非難がきたのでがっくりきて落ち込んでいたら、不思議に「激励」が複数舞い込んだ。それにより「神の慰め」ということはこういうことなのかと思った。聖書の「神の慰め」という言葉が見えてきた。苦難は聖書の言葉に目を開いてくれる。●こういうときJバイブルはありがたい。「神」と「慰」のAND検索で次の語句がさっとでる。



ロマ   15: 5 [塚本訳
この忍耐と慰めとを賜わる神が、キリスト・イエスの心を体してあなた達が互に思いを同じくするようにさせられんことを。
Ⅱコリ  1: 3 [塚本訳
讃美すべきかな、わたし達の主イエス・キリストの神また父、慈悲深い父、あらゆる慰めを賜わる神!
Ⅱコリ  1: 4 [塚本訳
どんな苦難の時にもわたし達を慰めてくださる神、こうしてわたし達自身も神に慰めていただくその慰めをもって、どんな苦難の中にいる人たちをも慰めることが出来るのである。
Ⅱコリ  7: 6 [塚本訳
しかしあわれな者を慰めてくださる神は、テトスの到着によって(この)わたし達を慰めてくださった。
コロ   4: 11 [塚本訳
またユストというイエスからよろしく。割礼ある者の中でこの人達だけが神の王国のために一緒に働いてくれて、私の慰めとなった者である。
Ⅱテサ  2: 16 [塚本訳
願わくは、私達の主イエス・キリスト彼自らと、私達を愛し、恩恵により永遠の慰めと善き希望を与え給うた私達の父なる神とが、


●イエスも極度の苦しみの時に神に慰められた。


塚本訳  ルカ 22:42-44
22:42 言われた、「お父様、お心ならば、どうかこの杯をわたしに差さないでください。しかし、わたしの願いでなく、お心が成りますように!」
22:43 そのとき天から一人の天使がイエスに現われて、力づけた
22:44 イエスはもだえながら、死に物狂いに祈られた。汗が血のしたたるように(ポタポタ)地上に落ちた。


塚本訳 マタ 26:52-53
26:52 その時イエスが言われる、「剣を鞘におさめよ。剣による者は皆、剣によって滅びる。
26:53 それとも、父上にお願いして十二軍団以上の天使を今すぐ送っていただくことが、わたしに出来ないと思うのか。


●今日午前中、紀子さまが帝王切開恵でご出産予定。出産のときにはだれでも「祈る」気持ちになる。人智では及ばないことだからである。●8:27秋篠宮に親王誕生。紀子さんヤッタッ!。親王の誕生の喜びは大変なもの。国中が喜びに満ちている。国民は皇室を愛している●男児は41年ぶり。皇位継承問題もあり、男児を待望していたから喜びもひとしお。一般に女児よりも男児を喜ぶ理由はなぜだろう●誕生の喜びを聖書に見る。


塚本訳 ルカ 2:10
2:10 天使が言った、「こわがることはない。いまわたしは、(イスラエルの)民全体への大きな喜びのおとずれを、あなた達に伝えるのだから。


塚本訳 ルカ 2:14
2:14 いと高き所にては神に栄光、地上にては(いまや)平安、御心にかなう人々にあり!


●誕生の喜びの讃美歌は私の大好きな111番、アデスデフィデレス


讃美歌111番


1. 神 の 御子 は 今宵(こよい) し も

   ベツレヘム に 生まれ たもう.

   いざ や 友 よ, もろとも に

   いそぎ ゆき て 拝まず や.

 

2. 賎(しず) の 女(め )を ば 母 と して

   生まれ ましし みどりご わ,

   まこと の 神, きみ の 君,

   いそぎ ゆき て 拝まず や.

 

3.「神 に さかえ あれ かし,」と,

   みつかい ら の 声 す なり.

   地なる 人 も たたえ つつ

   いそぎ ゆきて 拝まず や.

 

4. とこしなえ の みことば わ

   今 ぞ 人望みし主の 民 よ,

   おの が 幸(さち )を いわわず や.



●戦後東京大学と皇室が急速にキリスト教に接近したのは偉観であった。これには特に無教会主義キリスト教が非常に深く関係した事は神の不思議な摂理。東京大学の総長が二期続いて無教会主意義のクリスチャンであった。(南原繁、矢内原忠雄)。皇室では侍従に無教会主義者が多かった(三谷隆正・・・侍従長、村井長正・・・侍従、田島道冶・・初代宮内庁長官、関屋貞三郎・・・宮内次官は塚本虎二に聖書を学んでいた)、そのほかに最高裁判所長官には無教会主義のキリスト者が二名(田中耕太郎・・・後にカトリックに改宗。藤林益三)。「天皇のロザリオ」の著者鬼塚英昭によれば、現在皇室の侍従の半分はキリスト教徒だという。 ●こういう事実を喜ぶ人間は聖書の本質を知らないこの世的人間●国の上層部にキリスト教が接近して伝道しようとするのは完全に失敗する。なぜか。それは「支配者」がキリスト教になるだけの事であって、神の国の方針とは反対だからである。神の国は罪人の悔改めを喜び、底辺に生きる●ローマ帝国のコンスタンチヌス大帝がキリスト教を公認したのは、政治的理由。すでに世の底辺にキリスト教が根を張っていたからである。 ●天国の真の喜びは罪人の悔い改めという誕生。●イエスの誕生は「死ぬため」であった。父なる神の苦しみはこの時にはじまった。母マリヤにとってもこの時が悲劇の始まりであった。イエスに「我が母とは誰か」とそむかれ、最後は目の前で我が子の処刑を見なければならなかった。



塚本訳 ルカ 15:7
15:7 わたしは言う、このように、一人の罪人が悔改めると、悔改める必要のない九十九人の正しい人以上の喜びが、天にあるのである。


塚本訳ルカ 15:10
15:10 わたしは言う、このように、一人の罪人が悔改めると、神の使たちに喜びがあるのである。」


塚本訳ルカ 15:32
15:32 だが、喜び祝わずにはおられないではないか。このお前の弟は死んでいたのに生きかえり、いなくなっていたのに見つかったのだから。』」


●東京裁判のA級戦犯の7名が処刑されたときのこと。昭和天皇は「三谷、私は辞めたいと思う。どう思うか」と語ったという。これ侍従の村井長正のメモ。その後昭和天皇の「謝罪詔書」というものが書かれた。昭和天皇は田島長官に謝罪詔書案をまとめるように下命された。・・・・・このように昭和天皇の謝罪と退位をめぐって動いたこの三谷隆信、田島道冶、村井長正は三名とも無教会主義のクリスチャンであった。しかし田島が心血を注いだその「謝罪詔書案」は主として吉田茂によって潰され、日の目をみなかった。吉田茂は死の間際にカトリックになった。もっとまじめに生前から聖書を読んでいたらなーと思う。惜しかった。●あのとき昭和天皇の「謝罪詔書」が出ていたら、ドイツの戦後謝罪の姿勢に優るものになって世界の人に尊敬される国になっていたことは間違いない。かえすがえすも残念であった。●昭和天皇は皇太子(現天皇)の家庭教師にはクリスチャンの中から選ぶように命じた。そこで選ばれたのはキリスト教徒のヴァイニング夫人●皇太子の后にキリスト教育ちの人をと言って選ばれたのは美智子妃殿下。その候補を絞ったのは三人のクリスチャン。小泉信三、田中耕太郎、田島道冶。●しかし皇室のキリスト教化は失敗。(鬼塚英昭「天皇とロザリオ」の結論)●それは当然。キリスト教は世の低辺に浸透するのがその本来の筋。無教会主義も世の支配者や学者に占められているとき伸びない。病床や農業者や下積みの人間に浸透する時が健全●妻は婦人の「聖書勉強会(無教会)」に千駄ヶ谷に行く。






 

 


 



 


 


 


 






 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


恐竜博に行く ++++++++ 所感

2006/09/05 18:56

060905(火)5時起床●朝風呂で日経「私の履歴書」はプロスキーヤーの三浦雄一郎。父親にくっついて大人も難しい冬の八甲田山の縦走を成し遂げる。親父においていかれるとまずいという気持ちが「がんばり」の気持ちを沸かせた。この父にしてこの子あり。子供は父親の背中を見て育つ。●娘にもらった恐竜博のチケットで妻と幕張メッセに行く。感心した事。恐竜は1億5000万年間も地球の覇者であった。中国からの化石が非常に多かった。恐竜の卵は15センチメートルぐらいのもの。それが孵化すると年間2mのスピードで成長。●考古学の研究をしていれば、6000年程度の聖書の歴史の神を信ずるには至らない。2000年前に地上に現れた哺乳類のイエスを「神の子」とはとうてい信じられない。大脳皮質では信ずるにいたらない。●キリスト教の神は自己の「罪の発見」「罪の自覚」と十字架による罪の許しの体験においてのみ創造の神が分かるものだと再認識●写真を撮ったが私のパソコンが壊れているので貼り付けられなくて残念。後日さかのぼって貼り付ける●息子の一人から、「お父さんのブログ日記を読んだ感想が出ているHPがある」と教えられた。


http://d.hatena.ne.jp/summercontrail/20060828


●これは私の全く知らない人。このように心の通う応答は嬉しい。先日も知らない人が高橋照男の「聖書で聖書を読む、BbBとTSKを『激しくオススメします』と自分のHPで発表。聖書をまじめに勉強している人●また昨日は9月4日のブログ日記に感動したと激励してきてくれた人がいた。日記の反応はいろいろある。気持ち悪く不快なのは、難癖をつけてくる人物。注意だと言い訳して何かとたびたびケチをつけてくる人物。残念であるが「縁」がない。悲しく寂しいことである。しかしどう努力しても「縁」を結べない。結ぼうと無理をするのはいけないのかもしれない。してはいけないのかもしれない。●こういう場合は「自然体」で行けば良い。●16:00故郷浦和の比企君から電話で同窓会の相談。古き友はよし。●16:30.BK、郵便局、農協。経済は社会の血液。潤滑油●高木謙次選集第4巻到着


sDSCF0006.jpg


妻と恐竜博にいく(幕張メッセ)。2006.9.5 恐竜の歴史(1億5000万年)に比べ人類の歴史の短いことよ。


●地球には過去5回、生物の絶滅期があった。あるいは人類も絶滅するかもしれない。


sDSCF0014.jpg


孫が好きだというトリケラトプス(左)。神はすばらしいデザインをするものだ。孫も喜ぶほどだ。


●ところで聖書には「恐竜」のことが出ているか。次がそれに近いか。


新共同 創  1:21
1:21 神は水に群がるもの、すなわち大きな怪物、うごめく生き物をそれぞれに、また、翼ある鳥をそれぞれに創造された。神はこれを見て、良しとされた。



トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


キリスト信者はなぜ憎まれるか ++++++++ 所感

2006/09/04 07:37

060904(月)4時起床●自分のパソコンが故障したが、妻のが使えるのでブログ日記が続行できて感謝。パソコンは一家に2台あると便利。●北海道の一女性からBbBの文語訳を見て感謝のメール●かと思うと、HPに難癖をつけてくる人物がまた出た。これ天地の差。憎しみや妬みがその動機●キリスト信者(キリシタン、クリスチャン、信者)はなぜ憎まれるか。その理由は単純。キリスト信徒が「この世」とか「この世的」「罪人」と言って世の人を軽蔑するからである。軽蔑された方は「自分が滅ぼされる」という恐怖心から逆襲に出る。これが憎しみとなって攻撃的態度になる。徒党を組んで陰口を吐く●初代キリスト教徒がローマ帝国にひどい迫害を受けた理由はキリスト教徒がこの世を[憎悪」したからである。ネロなどの皇帝を憎悪したのである。これがこの世の秩序を重んじる皇帝に「生意気」と見えたのである。●ではキリスト信徒がこの世の秩序に従わなかったのが悪かったのか。ノー。神に従う時には悪や享楽や遊びの「この世」には従えない。だからキリスト信徒はこの世では迫害に遭遇するのが当然。もしこの世から憎まれなかったら、神に一身を捧げて真剣に生きていない証拠。新約聖書には信者が「この世的人間」から憎まれることは沢山書いてある。Jバイブルで「憎」で福音書をヒットすると次のように出る



マタ   10: 22 [塚本訳
あなた達はわたしの弟子であるために皆から憎まれる。しかし最後まで耐え忍ぶ者は救われる。
マタ   24: 9 [塚本訳
その時あなた達は苦しめられ、殺される。またわたしの弟子であるために、すべての国の人から憎まれる。
マタ   24: 10 [塚本訳
するとその時、『多くの人が信仰から離れて、』互に裏切り、互に憎むであろう。
マコ   13: 13 [塚本訳
あなた達はわたしの弟子であるために皆から憎まれる。しかし最後まで耐え忍ぶ者は救われる。
ルカ   1: 71 [塚本訳
その角こそ、われらの『敵から、』『また』すべてわたし達を『憎む者の手から、』すくう救いである。
ルカ   6: 22 [塚本訳
人に憎まれる時、また、人の子(わたし)のゆえに除名されたり、罵られたり、悪様に言われたりする時には、あなた達は幸いである。
ルカ   14: 26 [塚本訳
わたしの所に来て、その父と母と妻と子と兄弟と姉妹と、なおその上に、自分の命までも憎まない者は、だれもわたしの弟子になることは出来ない。
ルカ   19: 14 [塚本訳
ところが国民は彼を憎んでいたので、あとから使者をやって、『われわれはこの人を王に戴きたくない』と言わせた。
ルカ   21: 17 [塚本訳
またわたしの弟子であるために皆から憎まれる。
ヨハ   3: 20 [塚本訳
悪いことをしている者は皆、光を憎んで光に来ない。自分の行いが明るみに出されたくないのである。
ヨハ   7: 7 [塚本訳
この世はあなた達を憎むことはできないが、わたしを憎む。(あなた達はこの世のものだが、)わたしはこの世の(ものではなく、この世の人々の)することを悪いとはっきり言うからだ。
ヨハ   15: 18 [塚本訳
(しかしわたしに愛される時、あなた達はこの世から憎まれる。だが)もしこの世があなた達を憎んだら、あなた達よりも先にわたしを憎んだと思え。
ヨハ   15: 19 [塚本訳
もしあなた達がこの世のものであったら、この世は自分のもの(であるあなた達を)愛するはずである。しかしあなた達は(もはや)この世のものではなく、わたしがこの世から選び出したのだから、この世はあなた達を憎むのである。
ヨハ   15: 21 [塚本訳
ところが、彼らはあなた達がわたしの弟子であるために、(憎み、迫害など)すべてこれらのことを、あなた達にするであろう。わたしを遣わされた方を知らないからである。
ヨハ   15: 23 [塚本訳
わたしを憎む者は父上をも憎むのであるから。
ヨハ   15: 25 [塚本訳
しかしこれは、彼らの律法[聖書]に〃彼らはゆえなくわたしを憎んだ〃と書いてある言葉が成就するためである。
ヨハ   17: 14 [塚本訳
第三には、わたしは彼らにあなたの言葉を伝えました。(彼らはそれを受け入れました。)するとこの世は彼らを憎みました。わたしがこの世のものでないように、彼らも(もはや)この世のものでないからであります。(だから彼らのことをお願いします。)


●私のHPに文句をつけてくる人はBbBなどの聖書研究の部を読んではいそうもない「この世にどっぷりの人間」「聖書を勉強していない人間」(マテマテ、こう言うのがいけない。そこまで言ってはいけない)●こういうときに慰めとなるのはこの世から逆襲されて憎まれた先輩たちの存在。


塚本訳  マタ 5:10-11
5:10 ああ幸いだ、信仰のために迫害される人たち、天の国はその人たちのものとなるのだから。
5:11 わたしゆえに罵られたり、迫害されたり、あらん限りの根も葉もない悪口を言われたりする時、あなた達は幸いである。


塚本訳  ルカ 6:22-23
6:22 人に憎まれる時、また、人の子(わたし)のゆえに除名されたり、罵られたり、悪様に言われたりする時には、あなた達は幸いである。
6:23 その日には躍りあがって喜びなさい、どっさり褒美が、天であなた達を待っているのだから。あの人達の先祖も、同じことを預言者たちにしたのである。


●矢内原先生がこの世である国家から迫害された時に同じように迫害を受けている人たちに語った言葉。「体を殺しても魂を殺す事の出来ない者を恐れるな」●私のHPは暗闇でこっそりささやかれたことを大胆に告白しているのである。この世的人間から憎まれ迫害されているクリスチャンに告ぐ。次のイエスの言葉は励ましである。


塚本訳 マタ 10:16-42
10:16 いまわたしがあなた達を送り出すのは、羊を狼の中に入れるようなものだ。だから、蛇のように賢く、鳩のように純真であれ。
10:17 人々に気をゆるすな。あなた達を裁判所に引き渡し、礼拝堂で鞭打つからである。
10:18 また、あなた達はわたし(の弟子であるが)ゆえに、総督や王の前に引き出されるであろう。これは、その人たちと異教人とに(福音を)証しする(機会を与えられる)ためである。
10:19 人々があなた達を(裁判所や役人に)引き渡した時には、いかに、何を言おうかと心配するな。何を言うべきかは、その時に(神から)授かるのだから。
10:20 言うのはあなた達でなく、父上の霊があなた達によって言われるのである。
10:21 また兄弟は兄弟を、父は子を、殺すために(裁判所に)引き渡し、『子は親にさからい立って』これを殺すであろう。
10:22 あなた達はわたしの弟子であるために皆から憎まれる。しかし最後まで耐え忍ぶ者は救われる。
10:23 この町で迫害された時には、次の町に逃げてゆけ。アーメン、わたしは言う、人の子(わたし)は(すぐに)、あなた達がイスラエル人の町々を回りつくさぬうちに来るのだから。
10:24 弟子は先生以上でなく、僕は主人以上ではない。(だからあなた達が迫害されるのは当り前である。)
10:25 弟子は先生のよう、僕は主人のようであれば、それで満足すべきである。家の主人(たるわたし)が(悪鬼の頭)ベルゼブルと(悪口を)言われたのだから、その家族(たるあなた達)はなおさらのことである。
10:26 だから彼らを恐れるな、(すべてはじきに明らかになるであろう。)覆われているものであらわされないものはなく、隠れているもので(人に)知られないものはないからである。
10:27 わたしが暗闇で(こっそり)話すことを、(大胆に)明るみで言え。耳うちされたことを屋根の上で宣伝せよ。
10:28 体を殺しても、魂を殺すことの出来ない者を恐れることはない。ただ、魂も体も地獄で滅ぼすことの出来るお方を恐れよ。
10:29 雀は二羽一アサリオン(三十円)で売っているではないか。しかしその一羽でも、あなた達の父上のお許しなしには地に落ちないのである。
10:30 ことにあなた達は、髪の毛までも一本一本数えられている。
10:31 だから恐れることはない。多くの雀よりもあなた達は大切である。
10:32 それだから(恐れずに説け。)だれでも人の前で(公然)わたしを(主と)告白するものを、わたしも(裁きの日に)、わたしの天の父上の前で(弟子として)認める。
10:33 しかしだれでも人の前でわたしを否定する者を、わたしも天の父上の前で否認するであろう。
10:34 地上に平和をもたらすためにわたしが来た、などと考えてはならない。平和ではない、剣を、(戦いを)もたらすために来たのである。
10:35 わたしは子を『その父と、娘を母と、嫁を姑と』仲違いさせるために来たのだから。
10:36 『家族が自分の敵となろう。』
10:37 わたしよりも父や母を愛する者は、わたし(の弟子たる)に適しない。わたしよりも息子や娘を愛する者は、わたし(の弟子たる)に適しない。
10:38 また自分の十字架を取ってわたしのあとに従わない者は、わたし(の弟子たる)に適しない。
10:39 (十字架を避けてこの世の)命を得る者は(永遠の)命を失い、わたしのために(この世の)命を失う者は、(永遠の)命を得るであろう。
10:40 あなた達を迎える者は、わたしを迎えてくれるのであり、わたしを迎える者は、わたしを遣わされた方をお迎えするのである。
10:41 預言者を預言者として迎える者は、預言者と同じ褒美を戴き、義人を義人として迎える者は、義人と同じ褒美を戴くであろう。
10:42 また(わたしの)弟子としてこの一人の小さな者に一杯の冷たい水でも飲ませる者は、アーメン、わたしは言う、(天にて)その褒美にもれることはない。」


●人間の心理として、とても憎い人のことは「殺そう」と思う。いなくなって欲しいと思う。早く死ねばよいと思う。その前段階で「言葉尻」を捉えて合法的に相手を裁判に訴えようとする。些細なことを正しい忠告だと思って大騒ぎにする。しかも徒党を組んでそれを行うのは汚いやり方。神は見ている。神は知っている。神は正しく裁く。神が復讐する。アー可愛そうだ。あの人の先は滅びだ。


塚本訳 マルコ 12:12-13


マルコ 12:12 彼らはイエスが自分たちに当て付けてこの譬を言われたことを
知ったので、(怒って)イエスを捕えようと思ったが、民衆(が騒ぎ出すの)を恐れた。
それで、イエスをそのままにして立ち去った。"


マルコ 12:13 それから彼らは数人のパリサイ人とヘロデ党の者とを、イエス
の所にやった。その言葉尻をとらえ(て訴え出)ようとするのである


●人間は生きていく上で「どうしても赦せない人」がいるものだ。そのときは苦しむ。そういう時は宗教、それもキリスト教でなければ「楽」になれない。なれるという人があったらその道を教えていただきたい。とにかくキリスト教は難しくて面倒なのだ。●「国家の本質はエゴ」と言ったのはアメリカの神学者ニーバー(だったと思う)。組織はそれ自体でエゴである。だから無教会主義は組織ではない。正統信仰を持つものの自然的集まり。だから正統信仰をもたないで趣味娯楽のサークルと同じように考える者は存在してはならない。そういう不真面目な遊び人は集会から叩き出すべきである。 ●塚本先生は「すすき払い」と称して集会を一時解散したことが二度ほどある。集会にごみがたまってきたらそうしなければならない。●無教会主義集会が正統信仰の告知から逸脱して組織維持に腐心するようになったらおしまい。それは堕落の徴●争いという争いは「組織内闘争である」。その組織とは家庭、職場、教会(集会)、国家、そして地球。自分の生命維持、存在維持のために存亡をかけた争い。イエスは「自分の命を憎まなければいけない」と言った。自分の命を憎むというのは自分を犠牲にする。自分を捨てるということである。


ルカ   14: 26 [塚本訳
わたしの所に来て、その父と母と妻と子と兄弟と姉妹と、なおその上に、自分の命までも憎まない者は、だれもわたしの弟子になることは出来ない。


●しかしこれは人間のエゴの本能ではできない。「愛」ということを考えないと実行不可能。神は愛なり。


 


 







 


 



トラックバック(0) | コメント(1) | top▲


理想的な聖書集会 ++++++++ 所感

2006/09/03 20:17

060903(日)5時起床●10・00夏期聖書勉強会。(東医健保会館)。大熊好子さんが名古屋から出席。12名。各自少しずつの感話を2順。司会新一。プロテスタントの集会として理想的.。出席者の記録。宮崎トキ、小寺利男、小寺七重、藤巻胖、杉崎孝、高橋トミ子、高橋照男、山本政則、大熊好子、長島建一、高木博義(紙上参加)●パソコンが故障したのでウインドウズ98からXPに買い換えることにしたが使用していたマシンに根っこがあるので引越しなどが大変。しかし数年前とは違って有料サポートが完備、近くのノジマ電気の技師が、9日(土)の夕方に来てセット。●三男の恵のサジェスチョンで妻のパソコンからブログ日記をアップできる事が分かったので、日記は途切れることなく公開できる。ただし写真は私のパソコンがセットされるまではアップできない。あとはまとめてアップする●日記の公開に文句をいう人種はきまってある共通点があるから不思議。重い罪悪性を感じる。つまらないことでこの世的判断をキリスト教の世界に持ち込んでくる。それは妬み。●第3回南原繁シンポジウムに関してコーディネーナーの高木博義さんに手紙を書く「現在の無教会の多くは三位一体の正統信仰を持っていないから、根が無く、したがって枝葉ができない」●東北から一人、北海道から一人。ホームページを見たといって問い合わせ。いずれもまじめなクリスチャン。ネットで心温まる「聖徒の交わり」(使徒信条)が出来て感謝。●こういう応答を頂くと公開日記に文句を言ってくる人とはダンチの差が現れるから比較されるということは恐ろしい


sDSCF0002.jpg


 今朝の窓から 2006.9.3 どうしてもじっと見とれてしまう。イエスは神は太陽のようだと言った。


良いものにも悪いものにも陽を昇らす。神は「絶対恩恵による無条件の罪の赦し」を実行する。昔も今も永遠に。


sDSCF0003.jpg
夏期聖書勉強会 2006.9.3 東医健保会館


前列左から 山本政則 高橋照男 大熊好子(名古屋から!) 小寺利男


後列左から 高橋新一(司会) 藤巻胖 杉崎孝(93歳) 高橋トミ子 小寺七重 宮崎トキ 長島建一


エクレシアというのは世にも不思議な団体である。キリストの霊かこれを支配する。そこにこのよの習慣や法律は入り込まない。

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


夫婦の不和と親殺し ++++++++ 所感

2006/09/02 07:26

060902(土)4時半起床。昨夜は20時半に就寝したので8時間睡眠ですっきり●朝風呂で日経「私の履歴書」はプロスキーヤーの三浦雄一郎。父の敬三はわが国のスキーの草分け。雄一郎氏はいつも父のあとについていって学ぶ。父を尊敬している文章は美しい。母親が偉かったに違いない●今日頻繁に起こる親殺しの原因は夫婦の不和。夫婦の不和は一種の病気。家庭内の心の不健康。●夫婦の不和は肉体の病気と同じで「願わない」のに襲ってくる。この不和の修復も健康と同じで人間的努力では修復できない●昭和女子大で講義をしていての経験。とにかく女子学生は相性がよい男性との出会いを望んでいることを知った。幸福な結婚にシアワセを望んでいる●相性が合えば夫婦は不和にならないか。疑問。熱烈恋愛で結婚したケースで間もなくドロドロ、冷たい関係になる例を多く見る●それではどうすればよいか。神に肉体の健康祈願をするのと同じように夫婦間の健康も同時に祈るべきである。なぜなら肉体の健康同様に夫婦仲の健康も人間の力ではどうしようもないことだからである。人智を越えた力にすがらなければ夫婦間の心の健康は保てない。


子供に殺される親

 

●最近のニュースに子供による「親殺し」が多い。世の評論は子供のほうに冷たい目を向けるが、クリスチャンとして親の立場で考える時、「愛する息子」に殺されることになったときは「この私についに神の手が下ったか」と観念すべきである。●子供に殺される場合は、殺されるだけの何らかの小なる理由が親にもある。夫婦の不仲が原因でもある。それに対して神の審きがついに下ったと思うべきである。神の水準は高い。心の中で「こんな伴侶!」「こんな子供!」と思うとき、それは神の目に殺人である。死刑である。夫の横暴、妻の不従順。だから子供に殺されても仕方がない。非常識で極端のように思えるが、救われた者に対するイエスの次の厳しい「命令」からみれば当然である。●最近流行のフェミニズム神学はサタンにそそのかされて不従順な妻の理論武装の武器となっている。この神学は聖書的でない。だから無教会は神学を嫌うのだ

 

塚本訳 マタ 5:21-22

5:21 (だからわたしの戒めは彼らよりもきびしい。)──あなた達は昔の人が(モーセから、『人を)殺してはならない、』殺した者は裁判所で罰せられる、と命じられたことを聞いたであろう。

5:22 しかしわたしはあなた達に言う、兄弟に腹をたてる者は皆、(ただそれだけの理由で、天国の)裁判所で罰せられる。兄弟に馬鹿と言う者は、最高法院で罰せられる。畜生と言う者は、火の地獄で罰せられる。

 

塚本訳 マタ 5:39-42

5:39 しかしわたしはあなた達に言う、悪人に手向かってはならない。だれかがあなたの右の頬を打ったら、左をも向けよ。

5:40 (裁判所に)訴えて下着を取ろうとする者には、上着をも取らせてやれ。

5:41 だれかが無理に一ミリオン[一キロ半]行かせようとするなら、一しょに二ミリオン行ってやれ。

5:42 求める者には与えよ、借りようとする者を断るな。

 

塚本訳 マタ 5:43-48

5:43 あなた達は(昔の人がモーセから、)『隣の人を愛し、』敵を憎まねばならない、と命じられたことを聞いたであろう。

5:44 しかしわたしはあなた達に言う、敵を愛せよ。自分を迫害する者のために祈れ。

5:45 あなた達が天の父上の子であることを示すためである。父上は悪人の上にも善人の上にも日をのぼらせ、正しい人にも正しくない人にも、雨をお降らしになるのだから。

5:46 自分を愛する者を愛したからとて、なんの褒美があろう。(人でなしと言われるあの)税金取りでも同じことをするではないか。

5:47 また兄弟にだけ親しくしたからとて、なんの特別なことをしたのだろう。異教人でも同じことをするではないか。

5:48 だからあなた達は、天の父上が完全であられるように『完全になれ。』

 

●母親を殺した16歳の少年は、その父親ともども自力で罪を精算しようとする慢心がこの父子には見える。この父子は罪の認識が甘い。●罪を自力で償おうとするその慢心が罪なのだ。冗談ではない。殺人の罪は「善行」では償えない。罪の認識が甘い。これだから日本にキリスト教が土着しない。●殺人罪の価は死刑である。これは20歳以下でも同じ。本人は16歳なので将来のために死刑にしないというが、甘い。これがいけない。何歳であろうと、どんな理由があろうと殺人罪の価は死である。多分本人もそれを望んでいるのではなかろうか。●少年に同情することは彼を生かさない。殺すことになる●イエスは我が子ではなく弟子のユダに裏切られて殺された。しかしイエスは十字架の上から自分を殺す者を赦した。イエス殺しは「神殺し」。しかし神は人間を赦した。●この少年の家庭は冷たかった。父親は最初の夫人との仲が悪かった。そこに神の審きが下った。家庭に審きが下ったと見る。●神は「神殺し」をした人間の罪を死で償って人間を赦した。

 

塚本訳 ルカ 23:33-34

23:33 髑髏という所に着くと、(兵卒らは)そこでイエスを十字架につけた。また罪人も、一人を右に、一人を左に(十字架につけた)。

23:34aするとイエスは言われた、「お父様、あの人たちを赦してやってください、何をしているか知らずにいるのです。」



●神は不思議な事件を起こして夫婦仲を修復する。不思議な事件を起こして夫婦を反省させる。その場合ひどい犠牲を伴う。けれどもその犠牲的事件は罰でなく「愛」。神は「もったいない」と思って修復する。あるいはご自分の名誉のために修復する。●夫婦の不和は恥ではない。その裂け目に神の命の水が流れ込む。家庭の不幸はそこに神の愛が流れ込む前提だ。神はその悲しみをすべてご存知だ。



口語訳 エゼ 20:9
20:9 しかしわたしはわたしの名のために行動した。それはエジプトの地から彼らを導き出して、周囲に住んでいた異邦人たちに、わたしのことを知らせ、わたしの名が彼らの目の前に、はずかしめられないためである。


口語訳 エゼ 20:14
20:14 わたしはわたしの名のために行動した。それはわたしが彼らを導き出して見せた異邦人の前に、わたしの名が汚されないためである。


口語訳 エゼ 20:22
20:22 しかしわたしはわが手を翻して、わが名のために行動した。それはわたしが彼らを導き出して見せた異邦人の前に、わたしの名が汚されないためである。


口語訳 エゼ 36:21-23
36:21 しかしわたしはイスラエルの家が、その行くところの諸国民の中で汚したわが聖なる名を惜しんだ。
36:22 それゆえ、あなたはイスラエルの家に言え。主なる神はこう言われる、イスラエルの家よ、わたしがすることはあなたがたのためではない。それはあなたがたが行った諸国民の中で汚した、わが聖なる名のためである。
36:23 わたしは諸国民の中で汚されたもの、すなわち、あなたがたが彼らの中で汚した、わが大いなる名の聖なることを示す。わたしがあなたがたによって、彼らの目の前に、わたしの聖なることを示す時、諸国民はわたしが主であることを悟ると、主なる神は言われる。


2006_0902_053901AA0001.jpg


今朝の窓 2006.9.2 6:30 今日は暑くなりそうだ。神はすべてを清める、修復する。罪を償って赦す。讃美歌355番の4節を思う。


讃美歌355番


1. 主 を 仰ぎ みれ ば 古き われ は,

   うつし 世 と 共 に 速(と)く 去り ゆき,

   我 ならぬ われ の あらわれ きて,

   みずや 天地(あめ つち)ぞ あらた まれ る.

 

2. うつくし の 都(みやこ),) エルサレムは

  今 こそ くだり て われ に 来(き) つれ.

   主 とも に在( い)ませ ば つきぬ さちは

   きよき 河 の ごと 湧きて ながる.

 

3. うるわし 慕わし とこよ世の くに,

   うらら に 恵み の 日かげ 照れ ば,

  生命(いのち) の 木 の 実 は みのり しげく,

   とわ に 死 の 影 も なやみ も なし.

 

4. つゆ だ に 功((いさお) の あらぬ 身 を も

   潔(きよ)めて みくに の 世嗣(よつぎ) と なし,

   黄金(こがね) の みとの に 住ませ たもう

   わが 主 の 愛 こそ かぎり なけれ.



●東北の未知の方から近くの無教会主義集会を教えてほしいというメール。無教会に関心があるという。真面目そうなので紹介した●高木博義さんに南原繁シンポジウムのことで手紙。三回書き直した●五日市図書館までサイクリング往復一時間。担当者のCD購入担当者の白田和枝さんにお世話になっているお礼。パソコンによる検索だけでは分からなかったものを40点リクエストカードに記入。●妻にお土産の酒饅頭を購入。


2006_0902_153756AA0001.jpg


いまはもう秋。夏の想い出の余韻がある。また来年、また来年。2006.9.2 15:30 秋川



2006_0902_181759AA0001.jpg


いまはもう秋、虫の音が大きい。虫たちよなぜそんなに鳴き続けるのだ。疲れないのか。


2006.9.2 18:15











 

 



トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


あと何年生きられるのか ++++++++ 所感

2006/09/01 07:03

満63歳2ヶ月 職場完全退職まであと2年7ヶ月 平均余命18年10ヶ月。死亡推定年齢82歳。死亡原因はおそらく癌(家系から推測)か脳血管障害(病歴から推測)。認知症にはならない(父母の経歴から推測)


060901(金)4時起床●朝風呂で日経「私の履歴書」は今月はプロスキーヤーの三浦雄一郎。70歳でエベレスト登頂。父の故三浦敬三はまだすごかった。百歳でもスキーをやり、目標は105歳まで滑ることであった。筆まめで年賀状は2-300枚。この父にしてこの子あり。私の現在63歳はまだ子供。いまから平均余命などを想定していてはいけないなー。その低い思いだけで命を縮めそうだ。三浦家を見習わなければならない●「明日死ぬかも知れないと思って今日を大切にし、永遠に生きるつもりでゆったりと生きるのが理想的な人生観」と学んだことがある。●厚生労働省による日本人の平均余命は次の通り。平均余命とは「ある国のある年齢の人が、その後生きられる平均の年数」。平均寿命とはある年齢が0歳のときの平均余命の数値。


0(今の年齢)・79(男性の平均余命)・85(女性の平均余命)、5・74・81、25・54・61、30・49・56、35・49・56、40・40・46、45・35・42、50・31・37、55・26・32、60・22・28、65・18・23、70・14・19、75・11・15、80・8・11,85・6・8、


●女性は男性より長生きする。私の死亡推定年齢は82歳。あと18年10ヶ月。孫たちの結婚式には出られない。妻は今の予想では私の死後約5年は生きる。●自分の余命年数を知ると生活に緊張感がでて有益。バカなことはやっていられないという気持ちになる。遊びまくってはいられないという気持ちになる。神の愛にこの身を捧げ尽くすのだ。神に恩返ししてパッと散るのだ。そうすると長さは問題ではない。イエスは33歳であった。人生は「長さでなく中味だ」●「健康で長生き」を人生の目標にしてはいけない。それは価値の低い人生観だ。またそれが幸福ではない。短くても一瞬輝いてパッと散るのが人生。


●聖書では人間の寿命というものをどう考えているのかを調べる。一番現実的なのは詩篇90篇10節。


口語訳 詩  90:10
90:10 われらのよわいは七十年にすぎません。あるいは健やかであっても八十年でしょう。しかしその一生はただ、ほねおりと悩みであって、その過ぎゆくことは速く、われらは飛び去るのです。


新改訳 詩  90:10
90:10 私たちの齢は七十年。健やかであっても八十年。しかも、その誇りとするところは労苦とわざわいです。それは早く過ぎ去り、私たちも飛び去るのです。


新共同 詩  90:10
90:10 人生の年月は七十年程のものです。健やかな人が八十年を数えても/得るところは労苦と災いにすぎません。瞬く間に時は過ぎ、わたしたちは飛び去ります。


NKJV 詩  90:10
90:10 The days of our lives are seventy years;And if by reason of strength they are eighty years,Yet their boast is only labor and sorrow;For it is soon cut off, and we fly away.


TEV 詩  90:10
90:10 Seventy years is all we have- /eighty years, if we are strong; /yet all they bring us is trouble and sorrow; /life is soon over, and we are gone.


●NKJVの For it is soon cut off, and we fly away.とTEVのlife is soon over, and we are gone.を読むと泣けてくる。人生ははかない。あっという間だ。そうだ、人生はgone  with the wind.「風とともに去りぬ」だ。●親友の大沢胖君も鈴木忠昭君も還暦を待たずに逝った。私は63歳までも生きられて「申し訳ない。もったいない」。かくなる上は殉教だ。「苦しみは瞬時にして喜びは永遠なり」(ヒルティ幸福論Ⅲの最後の言葉)。●初代教会の殉教者には「老いも若きも」いたのだ。彼らは人生の目的がはっきりしていて一瞬輝いてパッと散ったカッコいい人生であった。殉教の苦も、愛があれば痛くない、痛くてもそれは一瞬だ。ヒルティが励ましてくれる。●かってローマのカタコンベを訪れたときに、首を切られた殉教者の像を見た。若き彼女は今神の国で輝いている●殉教のときの痛さや苦しみは愛の故に一瞬だ。●賀川は妾の子供として生まれたために世間から冷たくされいじめられた。そのため不遇な淋しい少年時時代を過ごしたがマヤスとローガンという宣教師に拾われて本当の愛である神の愛に出会った。それからの彼は神に一身を捧げて、気の毒な人に尽くしてノーベル平和賞の候補にまでなった。アメリカには「カガワストリート」がある。日本よりも欧米で有名。賀川の苦しみや悲しみの生涯も一瞬であった。賀川の愛唱讃美歌は495番●親や伴侶や兄弟や子供が汚れていても、然り、血が汚れていても神は清めてその人を神の国のために使う。賀川豊彦はそのよい例。神は奇蹟で人を清める


讃美歌495番


1イエス よ この 身 を ゆかせ たまえ,

   愛 の したたる 十字架 さして.

 

(Refrain)

   我 は ほこらん ただ 十字架 を,

   天(あま)つ いこいに 入(い)る とき まで.

 

2. 十字架 に すがる よわき われ は,

   今 ぞ 知りぬる ふかき めぐみ.

 

3. 十字架 の うえ に よろこび あり,

   たえず 御陰(みかげ) に よらせ たまえ.

 

4. かがやく 国 に のぼる 日 まで,

   十字架 の もと に 立ちて ぞ 待たん.

●詩篇90:10の類似個所は次のⅠペテ1:24-25。ただし最後の25節が旧約と違うところ。明るい。これは大熊一雄さんご夫妻の墓碑銘(いわき市、2006.7.31日記参照)



文語訳  Ⅰペテ1:24-25
1:24 『人はみな草のごとく、その光榮はみな草の花の如し、草は枯れ、花は落つ。
1:25 されど主の御言は永遠に保つなり』、汝らに宣傅へたる福音の言は即ちこれなり。


塚本訳 Ⅰペテ1:24-25
1:24 何故なら『人はみな草』のよう『また』その『栄華はみな草の花のようである』。』草は枯れた花は落ちた』
1:25 『しかし』主の『言は永遠に消え失せない』。これが君達に』宣べ伝えられた福音の言』である。


NKJV Ⅰペテ1:24-25
1:24 because"All flesh is as grass,And all the glory of man as the flower of the grass.The grass withers,And its flower falls away,
1:25 But the word of the Lord endures forever." Now this is the word which by the gospel was preached to you.


TEV Ⅰペテ1:24-25
1:24 As the scripture says, /"All human beings are like grass, /and all their glory is like wild flowers. /The grass withers, and the flowers fall,
1:25 but the word of the Lord remains forever." /This word is the Good News that was proclaimed to you.


●TSKで詩篇90:11の引照を調べる。


 Deuteronomy 28:59:
主はあなたとその子孫の上に激しい災を下されるであろう。その災はきびしく、かつ久しく、その病気は重く、かつ久しいであろう。


Deuteronomy 29:20:
主はそのような人をゆるすことを好まれない。かえって主はその人に怒りとねたみを発し、この書物にしるされたすべてののろいを彼の上に加え、主はついにその人の名を天の下から消し去られるであろう。


Nahum 1:6:
だれが彼の憤りの前に立つことができよう。だれが彼の燃える怒りに耐えることができよう。その憤りは火のように注がれ、岩も彼によって裂かれる。


Luke 12:5:
恐るべき者がだれであるか、教えてあげよう。殺したあとで、更に地獄に投げ込む権威のあるかたを恐れなさい。そうだ、あなたがたに言っておくが、そのかたを恐れなさい。


II Corinthians 5:11:
このようにわたしたちは、主の恐るべきことを知っているので、人々に説き勧める。わたしたちのことは、神のみまえには明らかになっている。さらに、あなたがたの良心にも明らかになるようにと望む。


Revelation of John 6:17:
御怒りの大いなる日が、すでにきたのだ。だれが、その前に立つことができようか」。


●BbBで調べる


口語訳 Ⅱペテ3:8


3:8 愛する者たちよ。この一事を忘れてはならない。主にあっては、一日は千年のようであり、千年は一日のようである。


 

口語訳 マタ 6:30

6:30 きょうは生えていて、あすは炉に投げ入れられる野の草でさえ、神はこのように装って下さるのなら、あなたがたに、それ以上よくしてくださらないはずがあろうか。ああ、信仰の薄い者たちよ。

 

口語訳 ヤコ 1:11

1:11 たとえば、太陽が上って熱風をおくると、草を枯らす。そしてその花は落ち、その美しい姿は消えうせてしまう。それと同じように、富んでいる者も、その一生の旅なかばで没落するであろう。

 

口語訳 Ⅰコリ3:7

3:7 だから、植える者も水をそそぐ者も、ともに取るに足りない。大事なのは、成長させて下さる神のみである。

 

新共同 ヤコ 1:11

1:11 日が昇り熱風が吹きつけると、草は枯れ、花は散り、その美しさは失せてしまいます。同じように、富んでいる者も、人生の半ばで消えうせるのです。

 2006_0901_172407AA0001.jpg


今日は非常に涼しい日であった。雨も降ってきた。夕方雨が上がったとき、妻が「虹が出ているかもしれない」というので表に出てみたが出てなかった。そこで庭木の姫娑羅を通して見あげた空を写す。「虹は神の約束の徴」。 2006.9.1 17:24

トラックバック(0) | コメント(1) | top▲




| Top |
0814