to 日記と感想 2006年12月
Top | RSS | Admin

2006.11 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2007.01


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170812(土)14:00お江戸こらりあーず演奏会、文京シビックホール
    170821(土)15:00お江戸コラリアーズ定期演奏会、文京公会堂
    170809     TW誕生日
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170708(土)14:00在宅医療説明会(キララホール)
    170707(金)10:00池谷医院
    170706      TM誕生日
    170702(日) 集会感話
    170701      TT誕生日
    170630(金)12:20キララホールエントランスコンサート
    170628      IY誕生日
    170627(火)11:00 能城牧師来訪
    170625)日)10:10トミ子集会感話
    170625(日)14:00茅ヶ崎金子邸
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール
    170610(土)14:00内村鑑三セミナー、立教大学12号館。矢田部、椚」山
    170609(金)   TS命日
    170608(木)12:15ボリショイ「白鳥の湖」、東京文化会館
    170707(水)10:00池谷医院
    170604(日)10:00集会感話、
    170604(日)16:30近藤恵邸起工式、福島市。
    170530(火)14:00田岡氏来訪
    170527(土)14:00今井館ピアノコンサート
    170521(日)14:00新宿フィル、ブラームス1番、レスピーギ「鳥」「ローマの松」。和田睦夫
    170425       TN)誕生日
    150420(木)09:30阿伎留センター泌尿器科)
    170416(日)14:00武蔵野室内合奏団、杉並公会堂(大坪満子)


病妻を抱える人 ++++++++ 所感

2006/12/31 09:17

061231(日)6時20分起床●朝風呂で日経「私の履歴書」読売新聞主筆の渡邊恒雄。最終回。晩年に愛妻が脳内出血により認知症になる。高村光太郎の「智恵子抄」に励まされ献身的な介護をする。読売の経営が成功したことよりも何倍も心を打つ。●不幸にも一生病妻を抱える宿命を負っている人がいる。病妻から感謝の言葉も聞けない人がいる。不幸で辛い一生。辛いよなー。●「お礼を言えない人に尽くせ」と聖書にある。それが天に宝を積むこと。神にお礼を言われる。来世で輝く人。成功の人生。


塚本訳  ルカ 14:12-14
14:12 また自分を招いた人にも言われた、「朝飯や夕飯の会を催す時には、友人も、兄弟も、親族も、近所の金持も呼ぶな。そうでないと、その人たちもあなたを招待してお返しをするかも知れない。
14:13 御馳走をする時には、むしろ貧乏人、片輪、足なえ、盲人を招きなさい。
14:14 この人たちはお返しができないから、あなたは幸いである。(最後の日)義人の復活の時に、あなたは(神から)お返しをうけるのだから。」


NKJV ルカ 14:12-14
14:12 Then He also said to him who invited Him, "When you give a dinner or a supper, do not ask your friends, your brothers, your relatives, nor rich neighbors, lest they also invite you back, and you be repaid.
14:13 "But when you give a feast, invite the poor, the maimed, the lame, the blind.
14:14 "And you will be blessed, because they cannot repay you; for you shall be repaid at the resurrection of the just."


●10:00 家庭礼拝 妻、愛子、初音、かなほ。エペソ書5章22節~6章9節の家庭訓を塚本訳、口語訳、新改訳、新共同訳の4種類で輪読。夫婦関係・・妻の義務、夫の義務、夫婦関係の奥義、父子の関係、主従の関係、讃美歌3曲を歌う。子供が飽きないように40分で終了。●この家庭訓は、人に注意しようという下心で読むと逆にやられる。この家庭訓は万人にとって「諸刃の剣」。聖書は恐ろしい●韓国の若い人は今日でも長幼の礼を尽くすと言う。儒教教育が浸透している。神なき民主主義を学んだ日本はそのうち韓国に負ける。●亡くなった鈴木忠昭君と一緒に参列したある結婚式のこと。牧師からこの家庭訓を聞き、「高橋君。聖書って東洋的なことが書いてあるねー」と語った。鈴木君は還暦を待たずに逝ってしまった。●仏教と儒教と神道は日本の旧約。それらが目指すところはキリストの救いによって満たされる●東急に買い物。混雑●2006年のプリント写真をアルバムに整理。人生の残りは少ないと感じた。同時に父親として夫として不完全であったこの私を皆が赦してくれて「顔を立てて」くれたことに感謝の涙がこぼれた。●すき焼きで本年「最後の晩餐」。●初音に「むねあかどり」と「しらゆきひめ」を読んで寝かし、年越しそばを食べて21時就寝

スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


進歩する人間は常に迷う ++++++++ 所感

2006/12/30 06:11

061230(土)3時半起床。睡眠7時間15分●ある集まりで「教会のあり方の神学論争は終わった。あとはそのキリスト教が日本人の肌に合うか合わないかだけだ。」と発言したら多くの人から同感されたところで夢が覚めた●朝風呂で日経「私の履歴書」読売新聞主筆の渡邊恒雄。プロ野球の運営にまでに口出しするとは●人間、何でもいいから偉くなりたいとい人物がいる。人に頭を下げられる人になりたいという人物がいる。その動機は金が儲かるということに結びつくから、争いが果てしなく続く。ただしその目的を達してもその地位は長続きはしないうえに決して心から満足しない。かえってその地位を失うことに恐怖を覚えるから批判者を殺したくなる。神無きローマ帝国、神無き社会主義国の恐怖政治がそれである。●日本におけるキリスト教土着の神学論争は終わった。あとはそれぞれが肌に合う集会を構築できるかどうかにかかっている。●シャツの必要論争は終わった。あとは肌に合うシャツを作れるかどうかだ。しっくりするもの、トゲトゲざらざらするもの、ヒヤッとするもの。などなどがある。理論的にしっくりしても心が温まらなければエクレシアとはいえない。●最近、若い人がぴったり、しっくりする教会(集会)を求めて遍歴した、またはしている二人の例を聞いた●「遍歴」「探求」「求道」はよいことである。ゲーテ「ウィルヘルムマイスターの遍歴時代」、ヘルマンヘッセ「車輪の下」、バンヤン「天路歴程」、内村鑑三「求安録」などは皆求道の遍歴の記録であえる。●ゲーテの言葉に「進歩する人間は常に迷うものだ」というものがある。迷うことなく生きている人間は進歩してない人間。迷いなき一生であったということが大きな誤りである。●レター3通。


s2006_1230_150441AA.jpg


娘の愛子が里帰りで来訪。孫の初音(3歳11ヶ月)とかなほ(2ヶ月)を連れて来る。昨夜は初音を風呂に入れながら、娘の愛子の体を洗ったことを思い出した。もう27年も前のことだ。私は初音の成人式の日を見ることができるか。人生は短い。写真は愛子と初音。


         2006.12.30 16:20


s2006_1230_162432AA.jpg


陽が沈み、富士が浮かぶ。一日の終わり、人生の終わり。寂しい。NO!来世での復活がある。


証拠は、イエスの有体的復活。復活の証拠は「イエスの墓が空であった史実」。それを聞いて胸が熱くなった事実。


       2006.12.30 16時29分32秒


  


 



トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


里帰りの気持ち ++++++++ 所感

2006/12/29 07:04

061219(金)5時半起床●朝風呂で日経「私の履歴書」読売新聞主筆の渡邊恒雄。癌を宣告されるが手術が成功して10年経過。癌患者同士の会話は非常に明るいことを発見したという。●何事も「同質の原理」が働く。悲しいときは悲しい音楽を聴くのがよいとは日野原重明先生の著書「音楽力」での言葉。●健康な人間が病人を慰めに行ってもあまり効果はない。特に精神の病の人に「見舞い」は禁物。逆に悪化する●イエスは「罪人の一人に数えられた」とある。イエスは罪人の悩み悲しみを知っていた。だから罪の中にいる人を救えたのだ。


新共同 イザ 53:3
53:3 彼は軽蔑され、人々に見捨てられ/多くの痛みを負い、病を知っている。彼はわたしたちに顔を隠し/わたしたちは彼を軽蔑し、無視していた。


新共同 イザ 53:12
53:12 それゆえ、わたしは多くの人を彼の取り分とし/彼は戦利品としておびただしい人を受ける。彼が自らをなげうち、死んで/罪人のひとりに数えられたからだ。多くの人の過ちを担い/背いた者のために執り成しをしたのは/この人であった。


塚本訳 ヘブ 2:16-18
2:16 然り、イエスは天使たちを世話(しようとは)されない。『彼は(人類を)、アブラハムの子孫を世話される』。
2:17 そのため、彼はどの点からしても『兄弟』(である人間)に似ざるを得なかったのである。彼は(人間に対して)憐れみぶかい、神に関することについては忠実な大祭司となられた。それは民の罪を贖うためであった。
2:18 というのは、みずから誘惑にあって苦しみをうけたので、(同じく)誘惑にあう者を助けることが出来るからである。


●昨夕のこと。娘の愛子が来るなり妻に「今晩はお寿司が食べたい」。子供は里に帰ると遠慮なくものを言う。他人だったらこういうことは言わない。そこで聖書を思う。


文語訳 マタ 7:9-10
7:9 汝等のうち、誰かその子パンを求めんに石を與へ、
7:10 魚を求めんに蛇を與へんや。


塚本訳 マタ 7:9-10
7:9 あなた達のうちには、自分の子がパンを求めるのに、石をやる者がだれかあるだろうか。
7:10 また魚を求めるのに、蛇をやる者があるだろうか。


NKJV マタ 7:9-10
7:9 "Or what man is there among you who, if his son asks for bread, will give him a stone?
7:10 "Or if he asks for a fish, will he give him a serpent?


●聖書のなかで「そんなことありえない」と思う箇所は、「親の子に対する気持ち」を考えると少しはわかるものだ。


マタ   7: 7 塚本訳


(ほしいものはなんでも天の父上に)求めよ、きっと与えられる。さがせ、きっと見つかる。戸をたたけ、きっとあけていただける。


ヨハ   15: 7 塚本訳


もしあなた達がわたしに留まっており、わたしの言葉があなた達に留まっておれば、なんでもほしいものを願いなさい。かならずかなえられる。


●こんなことを人に教えたイエスは、自分の願いだけは神に聞いてもらえなかった。


塚本訳 マタ 26:39
26:39 そしてなお少し(奥に)進んでいって、俯けに倒れ、祈って言われた、「お父様、出来ることなら、どうかこの杯がわたしの前を通りすぎますように。しかし、わたしの願いどおりでなく、お心のとおりになればよいのです。」


NKJV マタ 26:39
26:39 He went a little farther and fell on His face, and prayed, saying, "O My Father, if it is possible, let this cup pass from Me; nevertheless, not as I will, but as You will."


●帰り行く里がある人は幸いである。私の母は事情があって「里」がなかった。気の毒であった。そういう人をこそ神は天国に迎える。


口語訳 詩  27:10
27:10 たとい父母がわたしを捨てても、主がわたしを迎えられるでしょう。


●死ぬというとき、信仰のあるなしに関わらず、先に逝った親しい人に会えるのではないかという漠とした希望がある。そういう言葉を何人からも聞いた。戦争で長男を失った母親が「一郎ちゃん。もうすぐですよ。母はもうすぐ行きますよ」と言った。私の母が病気になったとき「もうすぐおじーチャンャのところに行くんだ」とつぶやいた。ご主人の看病を6年もした夫人は「天国で主人に会えるのが楽しみです」と言った。●私の父は病床で「御国は近い、御国は近い」とつぶやいていた。●この世で嫌われ、つまはじきされ、排斥され、殺されそうになるとき、キリスト信者は天国の「里」に目がむく。心が向く。


エペ   2: 12 [塚本訳


その当時はキリスト無く、またイスラエルの民籍に縁無く、(従ってアブラハムとその子孫に対する神の大なる)約束に基づく種々な契約にも与らず、この世において希望なく、また神無き人であった。


エペ   2: 19 塚本訳


だから、君達は最早余所(よそ)の人でも居候(いそうろう)でもなく、聖徒と同じ(天上の)市民また神の家族であり、


ピリ   3: 20 塚本訳


しかし(私達はそうであってはならない。)私達の故国は天にある。私達は主イエス・キリストが救い主として其処から来給うのを待っているのである。



讃美歌482番


1. なつかしく も うかぶ おもい,


   あまつ 故郷(ふるさと) は やや に ちかし.


 (Refrain)


   ふるさと, ふるさと,


   こいしき 故郷(ふるさと )やや に ちかし.


 2. ちち の かみの そなえ たもう


   住まい ぞ 多かる あまつ 家 に は.


 3. 負いなやめる わが十字架の


   冠(かむり )と なる べき 日 ぞ 待たるる.


 4. 死の 波路(なみじ) の やみ の かなた,


   天(あめ )なる 岸(きし)べ の かがやく 見ゆ.


 5. 父 の かみ よ, その 波路(なみじ )を


   救(すく)い の 舟(ふね) にて 乗(の)りこえ ゆかん.


●愛子から最近流行の漫画「のだめカンタービレ」の内容を10分で聞く。その中にでてくるというベートーベンの交響曲第7番をカルロス・クライバー+ウィーンフィルの名演で鑑賞。モーツァルトのオーボエ協奏曲も鑑賞。●某氏。5000万円のマンションを購入したが、勤務先の会社が統合したので退職金の見込みが立たず、二人目の子供をあきらめたという。●住宅ローンと教育ローンの圧迫で子供ができないとは。亡国の兆し。●住居の為に労働があり、「やめさせられることを恐れて」勤務先に言いたいことも言えないとは人生本末転倒だ。金に奴隷の一生だ。


s2006_1229_101714AA.jpg


   初音が妻のパン作りを手伝う。「べたべたするゥー」


          2006.12.29 10:15


●ようやく「秀村欣二選集第4巻論文ーギリシャ・ローマ史」キリスト教図書出版)が届いた。この種の論文は真の信仰がなければ本質はつかめずただの知識の集積に過ぎない。聞いていてつまらない。命がない。他人の時間を奪うだけである。●無教会者は真偽ホンモノを見分ける感覚をもたなければならない。●もう20年も前のこと、学者の意見をまとめたものを「発表」したら、さる長老から「君、その話はやめたまえ」と言われたことがある。また某女子からは「高橋は聖書ではなくその周辺のことばかり勉強している」と批判された。人は若いときに「しごかれ」なければならない。しごかれることを嫌い、しごいてくれる人間を変に邪推して素直に注意を受けない人間は伸びない。しごく者もとしても「しごきがい」がないから二度と注意しようとは思わない。 馬鹿で無駄で余計なことをしていると思ってしまう。だからそういう人間はだれからも愛されない野良犬のごとき育ちとなる。●「午後三時祈りの友」東京支部の顔であった中川正子さんがご主人中川晶輝氏のあとを追うように召された。12月24日14:00。肝硬変。77歳。神の力と復活を固く信じておられた方で、信仰的に多大の影響を受けた。日本基督教団信濃町教会会員であられたので、12月18日に同教会で告別式が行われたと言う。神にあって霊の御平安を祈る。●愛子、初音、かなほが風邪気味。2日には大勢来るのであと3日間で直さなければならない。


 


 


 


 


 


 


 


 


 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


孫のイナバウアー ++++++++ 所感

2006/12/28 19:56

061228(木)5時半起床●朝風呂で日経「私の履歴書」読売新聞主筆の渡邊恒雄。読売は渡邊恒雄の思想で一色となる。巨人軍の長島を復帰させたのも渡邊恒雄氏の力。●独裁必ずしも悪くはない。しかしどんな集団も神に祝福された指導者が必要。●神に祝福されない人間達の民主主義は不毛。民主主義だからという理由だけで祝福されるわけではない。●今日もCDの整理。作曲家は無数に現れたが、残るのは僅か。市場経済の原理のように民意で自然淘汰される。バッハ、モーツァルト、ベートーヴェンのような偉大な作曲家は1900年以降は出現しないのはなぜだろう。人類は退歩しているのか●夕散歩。


s2006_1228_161324AA.jpg


西の空、富士の方角に日が沈む 2006.12.28 16:30


夕暮れは寂しい。人生の夕暮れも寂しい


s2006_1228_161911AA.jpg


 サンセット。人生にも終わりがある。そのときはすべてのもの、すべての人と別れるのだ。


テニスンの「砂州超えて」という詩を思い出す。人生の死の瞬間には「我を呼ぶ声がする」というのだ。我が魂を愛する神、私を生んでくれた神が暖かく喜んで向かえてくれる。だから何を嘆こう。この世との別れを。という内容の詩。そうだ、死は終わりではない。復活と永遠の生命への入り口だ。復活。その証拠は「空の墓」。復活は有体的復活であった。人類の希望と慰めはそこにある。


                     2006.12.28 16:30


s2006_1228_192930AA.jpg


 伊勢喜明氏が愛子と孫二人を連れてきた。左は伊勢かなほ(2ヶ月)、右は伊勢初音(3歳11ヶ月)。喜明氏が帰るとき初音は激しく泣いた。人生の「別れ」ということを考えさせられた。親にとって子育ては大変だ。


                 2006.12.28 19:30


s2006_1228_200146AA.jpg

    初音のイナバウアー。ウマイウマイ。後ろはトミ子


                  2006.12.28 20:00


 


 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


メメント・モリ(死を想え) ++++++++ 所感

2006/12/27 09:13

061227(水)6時半起床。風邪気味で朝風呂中止●雨上がりの朝を小散歩


s2006_1227_070113AA.jpg


           雨上がりの朝は美しい。2006.12.27 7:00


s2006_1227_070521AA.jpg
   


雨上がりの太陽はことのほかありがたく感じる。讃美歌「くる朝ごとに」をくちずさむ 


                  2006.12.27 7:00


 


讃美歌23番


1. くる あさ ごと に あさ日 と とも に,


   かみ の ひかり を こころ に うけて,


   あい の みむね を あらた に さとる.


 


2. くる あさ ごと に つみ を きよむる


   めぐみ の つゆ は あめ より くだり,


   かみ の さち を ぞ あらた に そうる.


 


3. くる あさ ごと に わざ と ことば を


   きよめ わかち て 神 に ささげ ば,


   ささぐる たから いや まし たまわん.


 


4. くる あさ ごと に とる わが つとめ,


   ひと を あいして おのれ に たか ば,


   かみ に ちかずく みち と こそ なれ.


 


5. くる あさ ごと に いのれる ごとく,


   あゆみ ただしく まさ みち すすみ,


   きよき やすみ に いらしめ たまえ.


s2006_1227_070411AA.jpg


五日市線が東に向かって走る。オリエンテーションの語源はオリエント。教会の祭壇は東の位置に配置し、信者は東に向いて座るように設計する。


                   2006.12.27 7:00


s2006_1227_071225AA.jpg


     あきる台公園。犬連れの仲間。同じ悩みの話し合いだろうか。


               2006.12.27 7:00


●朝風呂で日経「私の履歴書」読売新聞主筆の渡邊恒雄。読売内部トップの権力争い。こういう世界は実に醜い。変な新聞記事を読んでしまった。ヒルティが「朝、新聞を読むな」と言ったのは至言。こういう記事を読むと心が汚れる。●メメント・モリ(Memento mori)は、ラテン語で「自分が(いつか)必ず死ぬことを忘れるな」 ということ。●人間にとって死は絶対的なこと。私の平均余命は18年。この認識が「もったいない時間」ということを思わせてくれる。準備、準備。来世に入れるように準備、準備。●人間は、多くのことはできない。何か一つのこときりできない。私が目的とすることは「有体的復活の使徒伝承」。わざわざ有体的とつけたのは日本のキリスト教のグノーシス的傾向に対抗するため。このことは人に5次元の世界からの働きかけがなければ分からないことだから困難。胸が熱くならなければ分からないことだから難しい●しかしこのことが分かれば、この世的には惨めでも成功の人生。大往生の人生●この世の失敗の数々。受験、教育、就職、結婚、健康、家庭、育児、仕事、経営、家庭経済、住まい、夫婦関係、親子関係、老後経済、独居、孤独・・・などなど。しかしこれが完全に満たされると満足かというと、理屈はともかく実際のところどうもそうでもなさそうである.。老後の暇をもてあまして趣味享楽や習い事に打ち興じている人間を知っているが、真の安らぎはなさそうである●「テレビとは欲求不満を作り出すための装置である」という名言を読んだ●富坂キリスト教センター編「生き生きと農業をするための勇気」P30に「年収250万円の楽しそうな農家に触れて、これは大都市サラリーマンの年収500万円に相当する」という部分があった。この観察は優れている。成功とは年収の額ではない。心の喜びがどれほどあるかによる。満足度、喜び度である。●「御霊の実は喜び」。神との交わりが最大の財産。世界のものが自分のものになるから。そういう気分になる。パウロは次のように言う


塚本訳 ガラ 5:22
5:22 しかし霊の実は愛、喜び、平和、寛容、親切、善良、忠実、


NKJV ガラ 5:22
5:22 But the fruit of the Spirit is love, joy, peace, longsuffering, kindness, goodness, faithfulness,


塚本訳 Ⅰコリ3:21-22
3:21 従って、(自分の先生はだれだ、彼だなどと、)人間のことを自慢する者があってはならない。万物はあなた達のものではないか。
3:22 パウロでもアポロでもケパでも、世界でも命でも死でも、現在起こっていることでも将来起こることでも、万物はあなた達のものである。


TEV Ⅰコリ3:21-22
3:21 No one, then, should boast about what human beings can do. Actually everything belongs to you:
3:22 Paul, Apollos, and Peter; this world, life and death, the present and the future-all these are yours,









 


 


 


 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


「新しい酒は新しい皮袋に」とは ++++++++ 所感

2006/12/26 08:28

061226(火)6時起床。冷たい雨が降る●朝風呂で日経「私の履歴書」読売新聞主筆の渡邊恒雄。読売の土台は何といっても正力松太郎。二代目の務台光雄は正力氏と対立、渡邊恒雄はその務台光雄の薫陶を受けて育ったから、正力氏の功績を大きくは書いてない。しかし、第三者からみればそれは大間違い。「自分ひとりで大きくなった」と思うのが小人の常の癖。●「新しい酒は新しい皮袋に」の研究をする。これは具体的にどういうことだろう●まず「Jバイブル」で翻訳比較。


文語訳 マタ 9:17
9:17 また新しき葡萄酒をふるき革嚢に入るることは爲じ。もし然せば、嚢はりさけ酒ほどばしり出でて、嚢もまた廢らん。新しき葡萄酒は新しき革嚢にいれ、かくて兩ながら保つなり』


塚本訳 マタ 9:17
9:17 新しい酒を古い皮袋に入れることもしない。そんなことをすれば、皮袋が破れて酒は流れ出し、皮袋もだめになる。新しい酒は新しい皮袋に入れる。そうすれば両方とも安全である。」


新共同 マタ 9:17
9:17 新しいぶどう酒を古い革袋に入れる者はいない。そんなことをすれば、革袋は破れ、ぶどう酒は流れ出て、革袋もだめになる。新しいぶどう酒は、新しい革袋に入れるものだ。そうすれば、両方とも長もちする。」


TEV マタ 9:17
9:17 Nor does anyone pour new wine into used wineskins, for the skins will burst, the wine will pour out, and the skins will be ruined. Instead, new wine is poured into fresh wineskins, and both will keep in good condition."


●次に私のBbbでマタイ9章14-17の断食問題の項目を各国聖書の引照を調べる


(日)並行個所・・・・・・塚本虎二訳


塚本訳 マコ 2:18-22


2:18 (ある断食日に洗礼者)ヨハネの弟子とパリサイ人が断食をしていると、人々が来てイエスに言う、「ヨハネの弟子とパリサイ人の弟子は断食をするのに、なぜあなたの弟子は断食をしないのか。」


2:19 イエスは言われた、「婚礼の客は花婿がまだ一しょにいるうちに、断食(をして悲しむこと)が出来ようか。(もちろん)花婿と一しょにいる間に断食は出来ない。


2:20 しかしいまに花婿を奪いとられる時が来る。その時、彼らは(いやでも)断食をするであろう。


2:21 真新しい布切れで古い着物に継ぎをあてる者はない。そんなことをすれば、新しい当て切は古い着物をひきさき、裂け目はますますひどくなる。


2:22 また新しい酒を古い皮袋に入れる者はない。そんなことをすれば、酒は皮袋を破って、酒も皮袋もだめになる。」


 塚本訳 ルカ 5:33-39


5:33 彼らがイエスに言った、「(洗礼者)ヨハネの弟子はしばしば断食をし、祈りをするのに、あなたの弟子は(平気で)飲み食いしている。」


5:34 イエスは言われた、「あなた達は花婿がまだ一しょにいるうちに、婚礼の客に(悲しみの)断食をさせることが出来るのか。


5:35 しかしいまに(悲しみの)時が来て、花婿が奪いとられたら、その時、彼らは(いやでも)断食をするであろう。」


5:36 なお一つの譬を彼らに話された、「新しい着物を切って、古い着物に継ぎをする者はない。そんなことをすれば、新しい着物も疵ものになり、新しいのから切った継ぎも古いのにあわない。


5:37 また新しい酒を古い皮袋に入れる者はない。そんなことをすれば、新しい酒は皮袋を破って流れ出し、皮袋もだめになるであろう。


5:38 新しい酒は新しい皮袋に入れねばならない。


5:39 また、古い酒を飲んだ者は、新しいのをほしがらない。『古い方が甘い』と言って。」


  (英・米)THE NEW TREASURY OF SCRIPTURE KNOWLEDGE 1982 の引照


 口語訳 Ⅰコリ3:1-2


3:1 兄弟たちよ。わたしはあなたがたには、霊の人に対するように話すことができず、むしろ、肉に属する者、すなわち、キリストにある幼な子に話すように話した。


3:2 あなたがたに乳を飲ませて、堅い食物は与えなかった。食べる力が、まだあなたがたになかったからである。今になってもその力がない。


 (仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE 1985 の引照


 口語訳 Ⅱコリ5:17


5:17 だれでもキリストにあるならば、その人は新しく造られた者である。古いものは過ぎ去った、見よ、すべてが新しくなったのである。


 口語訳 ガラ 4:9


4:9 しかし、今では神を知っているのに、否、むしろ神に知られているのに、どうして、あの無力で貧弱な、もろもろの霊力に逆もどりして、またもや、新たにその奴隷になろうとするのか。


●次に私のHP「TSK日本語ヴァージョン」で9章17節だけをピンポイントで調べる


  新改訳 ヨブ 32:17-19
32:17 私は私で自分の言い分を言い返し、私の意見を述べてみよう。
32:18 私にはことばがあふれており、一つの霊が私を圧迫している。私の腹を。
32:19 今、私の腹は抜け口のないぶどう酒のようだ。新しいぶどう酒の皮袋のように、今にも張り裂けようとしている。



新共同 ヨブ 32:17-19
32:17 それならわたしが/自分の言い分を述べさせてもらおう。わたしの意見を言わせてもらおう。
32:18 言いたいことはたくさんある。腹の内で霊がわたしを駆り立てている。
32:19 見よ、わたしの腹は封じられたぶどう酒の袋/新しい酒で張り裂けんばかりの革袋のようだ。


●ナルホド、新しい酒とは内から溢れ出る「霊の圧力」。新しい酒とは単に新しい思想、若い人の思想、古い人や先人を乗り越える思想というのではない、中身である。中身がなければ「新しくはない」のである。若さ必ずしも新しくはない●ことにイマドキのワカイモンの思想は新しくはない。後退か陳腐である。若さだけを自慢していると人類は退歩してしまう。●キリスト教の基本は「使徒伝承」である。これは古い古い「十字架と復活」の伝承である。これを古いと言って捨て去ったり無視する人間は「新しくない」。●妻と家庭の経済財政会議。生きていくうえで「経済」は重要だが、「あるもので足る」という考えに立たないと「欲望には際限がない」。●池谷医院、図書館、市役所●大塚節子さんからラーゲルレーヴの「むねあかどり」という絵本をいただいたのでお礼の電話で長話。16年も前に建築した大塚ビルが機縁で「心の交わり」ができた。建物は古びるが「心の交わり」は古びない。これがこの世の仕事の本質。仕事とは「心の交わり」●19:0010年前に召された故松島省三先生のご夫人の信子さんと電話越しに一緒に讃美歌416番「主われを愛す」を歌う。もう一つの受話器で妻も一緒に歌う。信子さんは93歳。

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


切れる男の心理 ++++++++ 所感

2006/12/25 05:45

061225(月)3時15分起床。「キレル」ということについて黙想●朝風呂で日経「私の履歴書」読売新聞主筆の渡邊恒雄。読売の主筆になり、読売のドンとなる。主筆は副社長よりも上。読売は渡邊色一色。こういう企業は次なる人物が出ないと続かない。またドンたる人間は神の祝福を受けなかったら、その人間的ワンマンの故に集団が没落する。●旧約の指導者は神に油を注がれたドン。モーセ、ソロモン、ダビデ、●神はイスラエルに傑出したドンを起こして導いた。会議や民主主義で決めるもの必ずしも神に祝福されない。出エジプト記において民衆はエジプトの「肉鍋」を恋しがってドンたる指導者モーセに不平を言った。この不平が神の怒りをかった。今日的に言えばモーセの支持率が低下したということ。民意必ずしも神の前に正しくない。民意ばかりを気にする政治家に真の指導力はない●戦後日本の教育が神抜きの民主主義を悪く教えた結果、生徒は先生をセンコーと呼び、婦人は嫌がる夫を無視して行動し、子は親を殺す。禍なのは神を信じない教師の教える「民主主義」。それはただ人間の頭数の「多数決」が決定原理だと思っている。人間は生まれながらに「平等」だと言うことを悪く教えて「エゴ」の働く機会としている●強力な指導力があるところ、これに反発する人間が出る。反発のないところには指導力がないのだと見てよい。●わたしはよくキレルので、キレルということについて研究(?)●広辞苑では「切れる」について次のように定義している。⑤決断が早くて、よく事を処理する。⑪我慢が限界に達し、理性的な対応ができなくなる。●私が問題にするのは⑪、家でも職場でも女子大の講義中も会議でもよく「切れる。実際のところ生理的に我慢ができないのであって、理性では抑えられない。女子大の授業中に私語があって、むっとなった。初めはぐっとこらえ、次は水を飲んで我慢したがついにこらえきれずに「カッ」となって爆発激怒。すると生徒が「コワーイ」と言った。●切れた男の状態を集めて観察(?)。●イエスはヘロデ王のことを「あの狐」と言った。堕落した町々を激怒。堕落した職業宗教家を激怒。弱い者いじめをしていたパリサイ人を激怒。●パウロはユダヤ主義に戻りかけたペテロに対し、面と向かって叱責。有体的復活を信じないコリントの信者に、「愚か者」と激怒、(第一コリント15:36)●ルターはカトリックの教義に激怒。内村は教会主義に激怒。絶対恩恵による無条件の罪の赦しという道が開かれたにもかかわらず、職業宗教家たちがなんとか屁理屈をつけて洗礼を受けて教会員になることを救いの条件としていることに激怒。この激怒は特に塚本虎二において顕著。激しく切れた。●逆に教会主義は無教会主義を激怒。無教会主義は「無」「無」と言いつつ肝心の正統信仰の「有体的復活の使徒伝承」を行っていない。それは怠慢であるという。この激怒は今や教会無教会の双方に必要な激怒●男一匹生まれてきたからには何かに「激怒」するようにさせられて死ぬのがよい。それが生きるということだ●自己を省みて、どういうときに切れるかを考えると「一生懸命なときに切れる」のである●6年前に脳の毛細血管が切れて倒れた。その後聖路加国際病院の主治医から「激怒」すると脳に悪いと言われた。●世の中には「激怒しない人間」というものがいる。しかしそれをよく観察すると心が広いのではなくて、「人の顔を恐れて」いるか「この世と妥協」しているに過ぎない。あるいは「違いがなにもワカッチャイナイ」人間。「真に一生懸命でない」人間●勤め人は給料を払ってくれる社長が怖い。主人は妻が怖い。妻は夫が怖い。子供は親が怖い。否、今は親が子供を恐れる。政治家は選挙民が怖い。教師は父兄の評判が怖い。牧師は長老や教会員が怖いから耳障りのよい「説教」きりできない。これらの人種はみな人の顔を恐れて神を恐れないから真理に立っていない。だから人の為にならない。結局「世の中の為に」生きない生涯となる。それは「この世に妥協する」という保身術、護身術、エゴ、である。●この「恐れ」は「食えなくなる」と言う経済的な心配だから人間の生き方として情けない。小人である。大過なく過ごす一生で晩年に生きがいを見出さずに「趣味教養の遊び」で気を紛らわせる結末となる。


口語訳 ロマ 12:2
12:2 あなたがたは、この世と妥協してはならない。むしろ、心を新たにすることによって、造りかえられ、何が神の御旨であるか、何が善であって、神に喜ばれ、かつ全きことであるかを、わきまえ知るべきである。


新改訳 ロマ 12:2
12:2 この世と調子を合わせてはいけません。いや、むしろ、神のみこころは何か、すなわち、何が良いことで、神に受け入れられ、完全であるのかをわきまえ知るために、心の一新によって自分を変えなさい。


新共同 ロマ 12:2
12:2 あなたがたはこの世に倣ってはなりません。むしろ、心を新たにして自分を変えていただき、何が神の御心であるか、何が善いことで、神に喜ばれ、また完全なことであるかをわきまえるようになりなさい。


塚本訳  ロマ 12:2
12:2 また、この世に調子を合わせてはならない。むしろ反対に、何が神の御心であるか、何が善であり、お気に入るものであり、また完全であるかを見分け得るために、(御霊によって)心を一新されて自分を造りかえていただけ。(そうすれば来るべき世への準備ができる。)


TEV ロマ 12:2
12:2 Do not conform yourselves to the standards of this world, but let God transform you inwardly by a complete change of your mind. Then you will be able to know the will of God-what is good and is pleasing to him and is perfect.


●もし「切れる」ことをしない人間がいたら一生懸命に生きていないとみなしてよい。●ここは仮の職場だと思う人間は「大過なく」過ごせばよいと考えているから、影響力は皆無。●あのいやな生徒も何年かすると卒業していなくなる。あのいやな人物もいつかはいなくなると思うと「切れない」で済む。しかしそれでは愛情がない●切れる人間は神に切れさせられる場合もある。切れる人間は心が狭くて「愚か」と言う考えは危険。パウロは次のように言う。


新共同 Ⅰコリ1:21-25
1:21 世は自分の知恵で神を知ることができませんでした。それは神の知恵にかなっています。そこで神は、宣教という愚かな手段によって信じる者を救おうと、お考えになったのです。
1:22 ユダヤ人はしるしを求め、ギリシア人は知恵を探しますが、
1:23 わたしたちは、十字架につけられたキリストを宣べ伝えています。すなわち、ユダヤ人にはつまずかせるもの、異邦人には愚かなものですが、
1:24 ユダヤ人であろうがギリシア人であろうが、召された者には、神の力、神の知恵であるキリストを宣べ伝えているのです。
1:25 神の愚かさは人よりも賢く、神の弱さは人よりも強いからです。


●切れない人間に対する神の怒りは次の通り


新改訳 黙  3:15-16
3:15 「わたしは、あなたの行ないを知っている。あなたは、冷たくもなく、熱くもない。わたしはむしろ、あなたが冷たいか、熱いかであってほしい。
3:16 このように、あなたはなまぬるく、熱くも冷たくもないので、わたしの口からあなたを吐き出そう。


●信者でなかった母とあるときいさかいがあった。母「照男君は素直なよい子であったのにキリスト教になってからはトゲトゲするようになった」。母は泣き、私も隣の部屋で泣いた。こんな男に誰がした。●母は神を信ずることなく2年前に逝った。いいやいいや、いつかきっと神が説明してくれる。母さん神に聞いてくれ。神から説明してもらってくれ。●切れる男に対する神の慰めは次のとおり。神は素直なよい人間を鉄よりも硬い金剛面皮にしてしまう。みんなに嫌われる宿命を負うのだ。


 新改訳 エゼ 3:8-9
3:8 見よ。わたしはあなたの顔を、彼らの顔と同じように堅くし、あなたの額を、彼らの額と同じように堅くする。
3:9 わたしはあなたの額を、火打石よりも堅い金剛石のようにする。彼らは反逆の家だから、彼らを恐れるな。彼らの顔にひるむな。」


口語訳 エゼ 3:8-9
3:8 見よ、わたしはあなたの顔を彼らの顔に向かって堅くし、あなたの額を彼らの額に向かって堅くした。
3:9 わたしはあなたの額を岩よりも堅いダイヤモンドのようにした。ゆえに彼らを恐れてはならない。彼らの顔をはばかってはならない。彼らは反逆の家である」。


新共同 エゼ 3:8-9
3:8 今やわたしは、あなたの顔を彼らの顔のように硬くし、あなたの額を彼らの額のように硬くする。
3:9 あなたの額を岩よりも硬いダイヤモンドのようにする。彼らが反逆の家だからといって、彼らを恐れ、彼らの前にたじろいではならない。」


●6階のヴィオリスト和田睦夫氏と音楽談義。ノンビブラート奏法に否定的なご意見。ビブラートを付けたくなることも大いにあると言う●午後は休暇●渋谷のユーロスペースで「合唱のできるまで」を鑑賞、パリのアマチュア合唱団がシャルパンティエの曲を仕上げていく過程のドキュメント。女性指揮者のクレールマルシャンがすばらしい。またハーモニーがすばらしい。●NHKTVで米国の絵本作家ターシャ・テューダー91歳のこと。自分の生活そのものを絵にしているところがすばらしい。テューダーの孫から「おばあさんの生活はどの様なものでしたか」と聞かれるときは「あの絵本の通りです」と応えるのだそうである。●ヒルティは「演説は生活である」と言っている。論文、説教、論考、勉強の発表などはその人の全生活をかけたものでなければならない。●勉強した話というのは枯葉をかき集めて固めたものであるから命がない。本人ばかりでなく、聞く方も時間の無駄。相手の貴重な時間を奪うだけである。無教会集会にはこれが多いから禍。命のない話。


s2006_1225_171304AA.jpg


  クリスマスの渋谷。この雑踏ではとても「聖夜」とはほど遠い。


          2006.12.25 渋谷


 


 



 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


クリスマス会 ++++++++ 所感

2006/12/24 20:23

061224(日)5時起床●朝風呂で日経「私の履歴書」読売新聞主筆の渡邊恒雄。朝日とは違う編集方針を打ち出す。新聞も思想的に偏る。これはいたし方がない。人の思想はいろいろある●10:00高橋家で若者の聖書勉強会。マルコ14章。全員で輪読、全員で意見交換。プロテスタンティズムの理想的な姿。新一が司会●93歳の杉崎さんがご遠方からこられたのには敬服●エクレシアとは牧師の「説教」や特定の先生の「研究余滴」や勉強してきた人の話を聞くスタイルはよくない。人間派閥や教派ができるのみ。自分の心で聖書を読んだ感想を述べ合うのが理想。相互批判なしとする。すると本物の信仰を持っている人だけが自然に残る●人は聖霊によらなければ信仰を持てないということで見解が一致。●聖霊とは5次元の世界からの働きかけ。その「静かな細い声」について話し合い●聖霊をいただくと「ひとりでに」「自然に」主の交わりができる。そうでない集まりは単なる「遊び」のグループ、あるいはサロン、お祭りイベントのグループ。こういう集会は黙っていても消滅する●勉強会終了後、クリスマス会食会。●その後小寺さん御夫妻と懇談。●新一と懇談


s2006_1224_141810AA.jpg


若者の聖書勉強会とクリスマス会 2006.12.24 10:00 於あきる野市高橋家


後列 左から 高橋照男 宮崎トキ 高橋新一(司会) 高橋トミ子


前列 左から 小寺七重 杉崎孝 小寺利男


 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


法律で攻める人間 ++++++++ 所感

2006/12/23 22:23

061223(土)5時起床、天皇誕生日●朝風呂で日経「私の履歴書」読売新聞主筆の渡邊恒雄。渡邊氏をよく思わない人間の誹謗中傷●私自身も、私をよく思わない人たちから誹謗中傷を受けている。その特別の人たち(人数は少ない)に決まって共通の現象は「法律」で攻めてくるのである。「お前のやっていることは法律に抵触する」と言う。実に汚いやり方である。根本は私を嫌っているので何とか「法律で」ギャフンと言わせたいのである。根本の動機は恨みや妬みである。私を罪人にして追放したいのである。自らの手を汚さずに無き者としたいのである。いいさいいさ「神は見ている」。神の裁きに任せる。悪人は神の前に滅ぼされることは歴史の証明すること。●今井館伝道聖書集会12月10日の津上毅一氏の「三位一体論について」のテープを聞く。90歳を超えられた津上氏が声をからせて全身全霊で使徒伝承の三位一体を説いている姿に感激感動。わたしの残りの生涯もかくありたいと思った。●津上毅一氏とオカノユキオ氏にお礼の手紙を書く●CD1500枚を作曲家別年代別に見出しをつけて整理●妻がクリスマスツリーを飾る●恵と新一から電話●NHKFMで「第九ざんまい」の9時間の放送。第九の演奏リクエストではやはりフルトヴェングラー+バイロイト祝祭管弦楽団1951年のライブ版が圧倒的な人気。これ20世紀の遺産。モノラルだがその迫力に」圧倒される。第二次世界大戦語最初のバイロイト音楽祭のもの。第4楽章の最後はベートーヴェン指示の速度記号を無視したものすごい速さ。
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


道を求める女生たち ++++++++ 所感

2006/12/22 05:53

061222(金)4時10分起床、床の中で「求めよさらば与えられん」を黙想●朝風呂で日経「私の履歴書」読売新聞主筆の渡邊恒雄。読売内部の人事抗争。理屈というのは人事抗争の手段。人事抗争というのは「数多(さわ)のあらそい」(讃美歌191番3節)である。時がたてば「夏草や兵(つわもの)どもが夢のあと」となる。つまらない組織内抗争に悩まされてはならない。組織というものにはさしたる価値はない。その内部抗争も時がたてば昔のことになる●争いというのは組織や集団という枠があるから起るもの。家庭内抗争というのも枠があるから起こる。●昔、海軍の敵は陸軍であった。日本という枠内での抗争。●無教会主義基督教には枠はない。


 


夏草や兵どもが夢の跡


元禄二年(一六八九)芭蕉四十六歳の作


 句意


 その昔、主君義経を守って奮戦した勇士らの功名も、悠久の歴史の中で一場の夢と化し、古戦場は今ただ茫々の夏草が深く生い茂るばかりだ。



讃美歌191番3節



3. 数多(さわ) の あらそい み民 を さき


   世人(よびと) そしりて なやむれども,


   かみ は たえざる いのり を きき,


   なみだ に かえて 歌 を たまわん.



●過日昭和女子大でのこと。進路についていつも熱心に質問に来る女生徒の後ろ姿を見て祈った。「彼女によい道が開かれますように」●聖書にある「求めれば得られる」という意味はどういうことなのだろう。


文語訳 マタ 7:7-11
7:7 求めよ、さらば與へられん。尋ねよ、さらば見出さん。門を叩け、さらば開かれん。
7:8 すべて求むる者は得、たづぬる者は見いだし、門をたたく者は開かるるなり。
7:9 汝等のうち、誰かその子パンを求めんに石を與へ、
7:10 魚を求めんに蛇を與へんや。
7:11 さらば、汝ら惡しき者ながら、善き賜物をその子らに與ふるを知る。まして天にいます汝らの父は、求むる者に善き物を賜はざらんや。


NKJV マタ 7:7-11
7:7 "Ask, and it will be given to you; seek, and you will find; knock, and it will be opened to you.
7:8 "For everyone who asks receives, and he who seeks finds, and to him who knocks it will be opened.
7:9 "Or what man is there among you who, if his son asks for bread, will give him a stone?
7:10 "Or if he asks for a fish, will he give him a serpent?
7:11 "If you then, being evil, know how to give good gifts to your children, how much more will your Father who is in heaven give good things to those who ask Him!


●「求めよさらば与えられん」の意味をBbBで探る。



(独)NESTLE-ALAND  NOVUM TESTAMENTUM  GRAECE 27版1993 の引照


新共同 ヨハ 14:13 わたしの名によって願うことは、何でもかなえてあげよう。こうして、父は子によって栄光をお受けになる。 


(英・米)THE NEW TREASURY OF SCRIPTURE KNOWLEDGE 1982 の引照



口語訳 ロマ 8:26 御霊もまた同じように、弱いわたしを助けて下さる。なぜなら、わたしたちはどう祈ったらよいかわからないが、御霊みずから、言葉にあらわせない切なるうめきをもって、わたしたちのためにとりなして下さるからである。



口語訳 ロマ5:8-10


5:8 しかし、まだ罪人であった時、わたしたちのためにキリストが死んで下さったことによって、神はわたしたちに対する愛を示されたのである。


5:9 わたしたちは、キリストの血によって今は義とされているのだから、なおさら、彼によって神の怒りから救われるであろう。


5:10 もし、わたしたちが敵であった時でさえ、御子の死によって神との和解を受けたとすれば、和解を受けている今は、なおさら、彼のいのちによって救われるであろう。



口語訳 ロマ 8:32 ご自身の御子をさえ惜しまないで、わたしたちすべての者のために死に渡されたかたが、どうして、御子のみならず万物をも賜わらないことがあろうか。


 (日)新共同訳1987 の引照


新共同 ヤコ 1:5


1:5 あなたがたの中で知恵の欠けている人がいれば、だれにでも惜しみなくとがめだてしないでお与えになる神に願いなさい。そうすれば、与えられます。



新共同 ヤコ 5:15-16


5:15 信仰に基づく祈りは、病人を救い、主がその人を起き上がらせてくださいます。その人が罪を犯したのであれば、主が赦してくださいます。


5:16 だから、主にいやしていただくために、罪を告白し合い、互いのために祈りなさい。正しい人の祈りは、大きな力があり、効果をもたらします。


 新共同 Ⅰヨハ3:22 神に願うことは何でもかなえられます。わたしたちが神の掟を守り、御心に適うことを行っているからです。



新共同 Ⅰヨハ5:14-15


5:14 何事でも神の御心に適うことをわたしたちが願うなら、神は聞き入れてくださる。これが神に対するわたしたちの確信です。


5:15 わたしたちは、願い事は何でも聞き入れてくださるということが分かるなら、神に願ったことは既にかなえられていることも分かります。



新共同 ヤコ 1:17 良い贈り物、完全な賜物はみな、上から、光の源である御父から来るのです。御父には、移り変わりも、天体の動きにつれて生ずる陰もありません。


 (仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE 1985 の引照



口語訳 Ⅰヨハ3:22 そして、願い求めるものは、なんでもいただけるのである。それは、わたしたちが神の戒めを守り、みこころにかなうことを、行っているからである。


 口語訳 Ⅰヨハ5:14-15


5:14 わたしたちが神に対していだいている確信は、こうである。すなわち、わたしたちが何事でも神の御旨に従って願い求めるなら、神はそれを聞きいれて下さるということである。


5:15 そして、わたしたちが願い求めることは、なんでも聞きいれて下さるとわかれば、神に願い求めたことはすでにかなえられたことを、知るのである。




●神は父のような存在だから子供が求めるものは何とか与えようと思うものだ。ただし子供のためを思って悪いものは与えない●その昔、子供たちが欲しがるゲーム機を買うかどうかで妻と争ったことがある。それは平行線のままであったので、「エイッ」と思って独断で買ってきてしまった。よかったのかなー。しかしこの世のことはどっちでもよかったことなのかも知れない。


s2006_1222_100323AA.jpg


先日、方向感覚を失った曲がり角。三叉路なので正常なときでも間違いやすい。左に曲がるべきところを右に行ってしまったのだ。脳のせいばかりではなかった。2002.12.22 10:05 撮影


●勤務先で「罪人の一人に数えられる」という悲哀を味わう。人生で何が悲しいかといって「罪人」とされること以上のことはない。人間の尊厳が損なわれる悔しさ悲しさである●このとき人間は本能的に「それは罪ではない、俺は罪人ではない」と抵抗が始まる。もがく。●しかし神は暖かく接して悔い改めに導く。これ実に神秘的なことで神以外の誰にもできない業●十字架の贖罪愛が示されて心の底のささいな罪でもすっかり清められる。次の聖句は人類千古不易の真理。


新改訳 Ⅰヨハ1:9
1:9 もし、私たちが自分の罪を言い表わすなら、神は真実で正しい方ですから、その罪を赦し、すべての悪から私たちをきよめてくださいます。


塚本訳 Ⅰヨハ1:9
1:9 もし罪を正直に言うならば、神は真実で、正しいお方であるから、わたし達の罪を赦し、あらゆる不義から清めてくださるのである。


TEV Ⅰヨハ1:9
1:9 But if we confess our sins to God, he will keep his promise and do what is right: he will forgive us our sins and purify us from all our wrongdoing.


●このとき「抵抗が止んで」川のような平安がおとづれる。平安、平和、平らかなる心をいただける。これ絶対恩恵による無条件の罪の赦し、イエスの贖罪死による購いの愛。●18:00市谷アルカディアで「昭和女子大歳末感謝の会」温交会に出席。多くの人と懇談した。


s2006_1222_190811AA.jpg


昭和女子大「歳末感謝の会」於・市谷アルカディア


     2006.12.22 18:00


左・助手の野口恵理子 右・助手の吉田恵子 中・高橋照男


s2006_1222_200807AA.jpg


昭和女子大「歳末感謝の会」於・市谷アルカディア


      2006.12.22 18:00


左・小粥庸夫講師(構造) 右・平井聖学長(日本建築史)中・高橋照男講師(建築経済・積算)





 


 




トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


脳に異常なし ++++++++ 所感

2006/12/21 21:02

061221(木)5時起床●朝風呂で日経「私の履歴書」読売新聞主筆の渡邊恒雄。政治屋大野伴睦の子分としてチンピラのごとき働き。政界の裏事情に通じていることを自慢し、大野伴睦の愛人のことも臆面もなく書く。ご多分に漏れず読売の中ではこんな渡邊恒雄を嫌う「人間派閥」ができる。なってはならない職業として政治記者程のものはない。人格が汚染する。歩いてはならない闇の世界。ワシントン支局長に「飛ばされる」がじっと忍耐。これは偉い。●「飛ばされる」ことは負け犬ではない。広く世界を見るためのよいチャンスと思わなければならない。人間大きくなるには一敗地に塗(まみ)れなければならない。●建築は現場経験が宝。建築士の経歴としては建物を完成させることが何よりものキャリアとなる。管理者にはキャリアというべきものは備わらない。苦労の度合いが違う●10:30聖路加国際病院で、先週のMRIの結果を聞きに行く。篠田医師。年齢相応の脳梗塞の気配はあるがさしたる異状はなし。6年前の小脳出血の傷も小さくなっている。万歳。ホッ。●焼き芋屋の鈴木さんのところに座って弁当●一度行って見たかった築地の魚河岸を見学。


s2006_1221_122338AA.jpg
日本一の大きさの中央区の築地の魚河岸。活気がある。江戸っ子たちの雰囲気。江東区に移転計画があるが10年はかかるという。


                 2006.12.21 12:40


s2006_1221_122926AA.jpg


マグロの切り身を激安の850円で購入。朝三時からやっているから昼で店じまい。早速妻に電話「マグロ買ったよー」


            2006.12.21 12:40


s2006_1221_130732AA.jpg


築地魚河岸の中にある寿司屋。新鮮で安いので長蛇の列。浦和にいた頃御用聞きにきた魚屋のトクさんは早朝にこの築地に仕入れに来ておいしい寿司を食べるのが楽しみであったという。これは亡くなった母から聞いた話。小学生の頃そのトクさんとよく相撲をしたもだ。今頃どうしておられるか。


             2006.12.21 12:50


s2006_1221_153024AA.jpg


築地から歩いて銀座の教文館に行く。御木本真珠店のクリスマスツリーはコストがかかっている。さすがによいデザインだ。


        2006.12.21 14:00


●教文館で「基督教年鑑2007年版」を購入。重いので店員の吉野氏が郵送してくれるという●7階の聖書図書館で日本聖書協会翻訳部の島崎克臣氏と「有体的復活論」。お互いに胸が熱くなり、目を見合わせて硬く握手。島崎氏は「アーメン」と言った。ここにも「有体的復活」を信ずる仲間がいた。いる、いる、確実にいる。少ないがいる●有体的とは霊としての有体。霊だけだと「幽霊」となる。体だけでは「肉体」となる。霊の体としての復活だ。この難しいことをパウロは植物の有様をもって説明。第一コリント15章。●私の復活信仰を聞いて胸が熱くなった人は今までに12人程度いる。少ないといえば少ない。多いと言えば多い。この人たちで「イエスの復活研究会」なるものを立ち上げたくなった。●この世の苦難はイエスの有体的復活を信じることで突破。この伝承こそが「愛の行為」だ。●使徒伝承は「伝承」のしっぱなし。それを信じる人がいようがいまいがそれはかまわない。結果は気にしない。体験を語るのみ。胸が熱くなった事実を告知するのみ。信じる人が出ればしめたもの。出なくても私に責任はない。言わされているだけだから。



トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


独立学園に行く ++++++++ 所感

2006/12/21 07:11

061220(水)5時起床●6時出発、独立学園に向かう。安達太良山や吾妻小富士は雄大だ。人間はこういう景色を見て育てば大思想家大宗教家が生まれやすい。新宿副都心や六本木ヒルズの景色を眺めていては学校のペーパーテストに強い子供はできても大思想家は生まれない。●アインシュタインは数学は得意だったが国語が苦手だったので国家公務員試験には受からなかった。受かっていたらあの「相対性理論」の発見はなかったはず。


s2006_1220_094914AA.jpg
吾妻小富士 雄大だ。 2006.12.20 10:00 この地は我が家にとってお世話になっている人が多い。


●赤湯に松井先生出迎え。途中、日本見建築学会東北作品賞受賞の伊佐領小学校を見学。地方建築家の巨人である本間利雄の作品。屋根のかけ方とデザインがすばらしい。


s2006_1220_112834AA.jpg


s2006_1220_113100AA.jpg


伊佐領小学校。日本建築学会、東北作品賞。本間利雄の設計。雁行型のプランに優れた屋根のかけ方。小さいながらも力作。小さいものにも力を注いで注目されたよい例。


                  2006.12.20 11:00


●13:30 独立学園男子寮問題の会議。結露問題と内部リニューアル改修問題。結露問題は修復の4段階を具申●男子寮は「懲役3年の牢獄のようで暗い」と直言。明るく快適なようにすべきであると具申●無教会に美しさと快適性を罪悪視する傾向が見られるのはいかなる理由か。これではまずい。現世と肉を軽視するグノーシス的信仰の傾向が原因でなければよいが。心配である。●桝本華子先生に挨拶、短い懇談。卒業生の一人一人を覚えていて「あの人は今どうしてますか」とお尋ね。独立学園の母だ。


s2006_1220_145733AA.jpg


桝本華子先生にご挨拶する。左から助川暢、桝本華子、高橋照男。


          2006.12.20 15:00


●帰途、鈴木孝二校長ご夫妻が赤湯まで送ってくださった。車中鈴木校長とイエスの復活に関して信仰が一致。胸が熱くなった。今や教会も無教会も復活、三位一体の正統信仰の使徒伝承が希薄ということでも意見が一致。別れるとき「二人三人我が名によりて集まるところに我もおるなり」と言い合い、目を見合わせて固く握手。夕陽の山がきれいであった。いる、いる。何百人かに一人はイエスの「有体的復活」の信仰に波長の合う人が。胸が熱くなる人が。

 


 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


人生は出会いで決まる ++++++++ 所感

2006/12/19 07:11

061219(火)4時半起床●朝風呂で日経「私の履歴書」読売新聞主筆の渡邊恒雄。またまた金と権力の裏話。この人物はよっぽど権力と金に興味があるらしい。この二つに踊らされる人間は多いが全部ではない。馬鹿を言うな。金にも権力にも女にも「頭を下げない」男がいるのだ。聖書はそれを言う。


Ⅰ列  19: 18 [新改訳


しかし、わたしはイスラエルの中に七千人を残しておく。これらの者はみな、バアルにひざをかがめず、バアルに口づけしなかった者である。」


塚本訳 マタ 4:1-10
4:1 間もなくイエスは悪魔の誘惑にあうため、御霊につれられて荒野に上られた。
4:2 四十日四十夜断食をされると、ついに空腹を覚えられた。
4:3 すると誘惑する者[悪魔]が進み寄って言った、「神の子なら、(そんなにひもじい思いをせずとも、)そこらの石ころに、パンになれと命令したらどうです。」
4:4 しかし答えられた「『パンがなくとも人は生きられる。(もしなければ、)神はそのお口から出る言葉のひとつびとつで(パンを造って、)人を生かしてくださる』と(聖書に)書いてある。」
4:5 そこで悪魔はイエスを聖なる都(エルサレム)に連れてゆき、宮の屋根の上に立たせて
4:6 言った、「神の子なら、下へ飛びおりたらどうです。『神は天使たちに命じて、手にてあなたを支えさせ、足を石に打ち当てないようにしてくださる。』と(聖書に)書いてあります。(人々はそれを見て信じ、たちどころにあなたの国が出来ます。)」
4:7 イエスは言われた、「ところが、『あなたの神なる主を試みてはならない』とも書いてある。」
4:8 悪魔はまたイエスを非常に高い山に連れてゆき、世界中の国々と、栄華とを見せて
4:9 言った、「あれを皆あげよう、もしひれ伏してわたしをおがむなら。」
4:10 そこでイエスは言われる、「引っ込んでいろ、悪魔!(聖書に)『あなたの神なる主をおがめ、』『主に』のみ『奉仕せよ』と書いてあるのだ。」


●某女からの手紙に「46年前に「無教会に出会った」というくだりがあった。なるほど無教会は人物との出会いなのだ。無教会の真理とか理念に出会うのではない。無教会者という人物に出会うのである。キリスト教の信仰は「人物」との出会いである。●人生は「よい出会い」で決まる。その最大のことは信仰の師と伴侶との出会い。しかしこれは実に神秘的なことだ。●13:10昭和女子大講義、今日は「工事請負契約約款」の講義に加えてアダムスミスの「国富論」の解説。「国富論」は「神の見えざる御手」と「自然価格」ということを掴めばその言わんとすることが分かると言い、「国富論」を建築の世界に当てはめるとどうなるかの講義。古典経済学と近代経済学のことも話した。●昭和女子大の図書館で、湿度、気温、結露、飽和水蒸気圧、露点、の勉強。この図書館は建築の本もよいものがそろっている●倉島先生、木村先生と、某生徒の進路について懇談。女流建築家の道を示すべきだとのことで意見が一致。熱心でまじめでよく質問してくる生徒は得だ。「求めよさらば与えられん」である。


 


 


 


 


 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


神が植える樹 ++++++++ 所感

2006/12/18 06:40

061218(月)4時40分起床、床の中で「神が植える樹」ということを黙想する●朝風呂で日経「私の履歴書」読売新聞主筆の渡邊恒雄。またまた政界の裏話。いわゆる「回顧録」もいいが、この回顧録は汚いものを見るようだ。こういうのを喜ぶ人が世の中にはいるのだ●人も信者も集会も教会も「神が」起こさなければ生まれない。また神が起こしたものは神の手で消滅させられる。


塚本訳 マタ 15:12-13
15:12 あとで弟子たちが来てイエスに言う、「パリサイ人がお話を聞いて腹を立てたことを御存じですか。」
15:13 イエスは答えられた、「わたしの天の父上がお植えにならないものは皆、引き抜かれる。


t塚本訳 マコ 4:26-28
4:26 また言われた、「神の国はこんなものだ。──ある人が地に種を蒔き、
4:27 夜昼、寝起きしていると、種は芽生えて育ってゆくが、本人はその訳を(すら)知らない。
4:28 (すなわち)地はひとりでに実を結ぶので、初めに茎、次に穂、次に穂の中に熟しきった粒ができる。


塚本訳  マタ 13:8
13:8 しかしあるものは良い地に落ちた。そしてあるいは百倍、あるいは六十倍、あるいは三十倍の実がなった。


塚本訳  マタ 7:17-19
7:17 (そのように、)善い木は皆良い実を結び、わるい木は悪い実を結ぶ。
7:18 善い木に悪い実がなることは出来ず、わるい木に良い実がなることも出来ない。
7:19 良い実を結ばない木はどんな木でも、切られて火の中に投げ込まれる。


マタ   12: 33 [塚本訳


木を良いとするなら、その実をも良いとせよ。また、木を悪いとするなら、その実をも悪いとせよ。木(の良し悪し)は実で知られるのである。


マタ   24: 32 [塚本訳


無花果の木で(この天の国の)譬を学ぶがよい。──枝がすでに柔らかになって葉が出ると、夏が近いと知るのである。


マコ   13: 28 [塚本訳


無花果の木で(この神の国の)譬を学ぶがよい。──枝がすでに柔らかになって葉が出ると、夏が近いと知るのである。


 ルカ   6: 44 [塚本訳


木(の良し悪し)はいずれもその実で知られるのである。茨から無花果をとらず、茨の薮から葡萄をつまない。


t塚本訳 マタ 13:31-33
13:31 またほかの譬を彼らに示して言われた、「天の国は芥子粒に似ている。ある人がそれを畑にまいた。
13:32 これはあらゆる種の中で一番小さいが、育つと、野菜の中で一番大きくなり、(大きな)木になって、『空の鳥が』来て『その枝に巣を作る』ようになるのである。」
13:33 またほかの譬を彼らに語られた、「天の国はパン種に似ている。女がそれを三サトン(二斗)の粉の中に混ぜたところ、ついに全体が発酵した。」


塚本訳  ロマ 1:1
1:1 キリスト・イエスの奴隷であり、(また)神に召され、その福音のために選ばれた使徒であるパウロから、──


塚本訳  ロマ 1:4
1:4 聖なる霊としては死人の中から復活して力ある神の子と定められた方、わたし達の主イエス・キリストに関するものである。


マコ   1: 31 [塚本訳


進み寄り、手を取って起された。すると熱が取れ、彼女は彼らをもてなした。


マコ   2: 11 [塚本訳


「あなたに命令する、起きて担架をかついで、家に帰りなさい。」


マコ   2: 12 [塚本訳


すると彼は起き上がり、すぐ担架をかついで、皆の見ている前を出ていった。皆が呆気にとられ、「こんなことはかって見たことがない」と言って、神を讃美した。


マコ   5: 41 [塚本訳


そして子供の手を取って、「タリタクミ!]と言われる。訳すると「少女よ、あなたに言う。起きなさい!」である。


マコ   9: 27 [塚本訳


イエスはその子の手をとって起された。すると立ち上がった。


マコ   10: 49 [塚本訳


イエスは立ち止まって、「あれを呼べ」と言われた。人々が盲人を呼んで言う、「安心せよ。起きよ。お呼びだ。」


ルカ   3: 8 [塚本訳


(ほんとうに悔改めたのか。)それなら(洗礼を受けるだけでなく、)悔改めにふさわしい実を結べ。『われわれの先祖はアブラハムである(から大丈夫だ)』などという考えを起してはならない。わたしは言う、神はそこらの石ころからでも、アブラハムの子供を造ることがお出来になるのだ。


ルカ   5: 24 [塚本訳


では、人の子(わたし)は地上で罪を赦す全権を持っていることを知らせてやろう」と彼らに言いながら、中風の者に言われた、「あなたに命令する、起きて、寝床をかついで家にかえりなさい。」


ルカ   7: 14 [塚本訳


近寄って棺に手をかけ──担いでいる者は立ち止まった──「若者よ、あなたに言う、起きよ!」と言われた。


ルカ   8: 24 [塚本訳


弟子たちがそばに来て、「先生、先生、わたし達は溺れます」と言ってイエスを起した。イエスが目をさまして風と浪とを叱りつけられると、(たちどころに)静まって、凪になった。


ルカ   8: 54 [塚本訳


しかしイエスは女の子の手を取り、声をあげて「子よ、起きなさい!」と呼ばれると、


使    3: 7 [塚本訳


そして右手でつかんで起こすと、たちどころに足と踝とが強くなり、


使    7: 37 [塚本訳


この人が、イスラエルの子孫に、『神はあなた達の兄弟の中から、わたしのような一人の預言者をあなた達のために起こされる』と言ったモーセである。


ロマ   15: 12 [塚本訳


さらにイザヤは言う。『エッサイの根ははえ、起きあがる者[キリスト]があらわれる、異教人を支配するために。異教人は彼に望みをかけるであろう。』


塚本訳  使  10:39-41
10:39 ──(使徒たる)わたし達は、イエスがユダヤ人の地、ことにエルサレムでされた一切のことの証人です。──このイエスを人々は『(十字架の)木にかけて』処刑した。
10:40 (しかし)神はこの方を三日目に復活させ、(人の目にも)見えるようにされた。
10:41 (ただし)国民全体でなく、神からあらかじめ選ばれていた証人であるわたし達、すなわちイエスが死人の中から復活されたあとで、一緒に飲み食いした者(だけ)に見えたのです。


塚本訳  使  4:10-11
4:10 あなた方御一同はもとより、イスラエル国民全体も、このことを知ってほしい。ナザレ人イエス・キリスト──あなた方が十字架につけ、神が死人の中から復活させられた方──その名で、この人がよくなって、あなた方の前に立っているのです。
4:11 この方は、(聖書にある)『大工の』あなた方から』投げ捨てられ、隅の土台石になった石』です。


塚本訳  使  13:29-31
13:29 そして彼について(聖書に)書いてあることを一つのこらず完了すると、(十字架の)木から(死体を)下ろして墓に納めた。
13:30 しかし神は彼を死人の中から復活させられ、
13:31 彼はガリラヤからエルサレムに一緒に上ってきた人たちに、幾日もの間御自分をお現わしになったので、(この復活の主を目のあたり見た)この人たちが、今(イスラエルの)民に対して彼の証人になっています。


 ●福島で有機農業をやっている三男の恵は今年無農薬有機米の生産に成功。初収穫であった。米とともに写真と広告が来た。感謝。


20061218204509.jpg




 このお米は


 私が作りました


無農薬・無化学肥料栽培です。19年度有機JAS認証予定。


有機質肥料は米ぬか、および有機JAS適合の有機肥料のみを使用しています。今年度は大豆畑からの転換水田のために養分過多となり、また、7月は低温の影響でいもち病の大被害を受けました。大幅な減収が見込まれましたが、皆様の健康を


支えるべく、農薬を使用せず一生懸命栽


培し秋の実りを迎えました。どうぞご賞


味ください。


JAみちのく安達二本松有機農業研究会




近藤恵


 

トラックバック(0) | コメント(1) | top▲


心の重荷、魂の休息。 ++++++++ 所感

2006/12/17 07:38

061217(日)6時起床●朝風呂で日経「私の履歴書」読売新聞主筆の渡邊恒雄。またしても政界人事かけひきの話。なってはならない職業として政治家と新聞記者ほどのものはない。人間として最も尊い「義と聖」という雰囲気がない。渡邊恒雄という男はこういう道を歩いてきたのか。がっくり。●人間には二つの悩みがある。一つは肉の病。もう一つは心の重荷。肉の病は心や精神の病も含めて人間の手になる医学で次第に治癒されつつある。癌の痛みも間もなくなくなりそうである。しかし人間の業ではどうしても取り去ることができないのが「心の重荷」。なぜか。その重荷を負わされることが神の目的なのだから。神の業に参加させられているのだから。それをイエスは「十字架を負う」という。


マタ   10: 38 [塚本訳


また自分の十字架を取ってわたしのあとに従わない者は、わたし(の弟子たる)に適しない。


マタ   10: 39 [塚本訳


(十字架を避けてこの世の)命を得る者は(永遠の)命を失い、わたしのために(この世の)命を失う者は、(永遠の)命を得るであろう。


マタ   16: 24 [塚本訳


あとでイエスは弟子たちに言われた、「だれでも、わたしについて来ようと思う者は、(まず)己れをすてて、自分の十字架を負い、それからわたしに従え。


マタ   16: 25 [塚本訳


(十字架を避けてこの世の)命を救おうと思う者は(永遠の)命を失い、わたしのために(この世の)命を失う者は、(永遠の)命を得るのだから。


マタ   27: 23 [塚本訳


ピラトは言った、「いったいどんな悪事をはたらいたというのか。」しかし人々はいよいよ激しく、「十字架につけるのだ」と叫びつづけた。


マタ   27: 26 [塚本訳


そこでピラトはバラバを赦してやり、イエスの方は鞭打ったのち、十字架につけるため(兵卒)に引き渡した。


マタ   27: 31 [塚本訳


こうしてなぶった後、外套を脱がせてもとの着物を着せ、十字架につけるために引いていった。


マタ   27: 32 [塚本訳


(都を)出ると、シモンと言うクレネ人に出くわしたので、兵卒らはこの人に有無を言わせずイエスの十字架を負わせた。(イエスにはもう負う力がなかったのである。)


マタ   27: 40 [塚本訳


こう言った、「お宮をこわして三日で建てるという人、自分を救ってみろ。神の子なら、十字架から下りてこい。」


マタ   27: 42 [塚本訳


「あの男、人は救ったが、自分は救えない。イスラエルの王様じゃないか。今すぐ十字架から下りてくるがよい。そうしたら信じてやるの!


 ●十字架は重い。楽になりたい。どうすれば楽になれるか。自分の心が砕ければ楽になるという。


文語訳  マタ 11:28-29
11:28 凡て勞する者・重荷を負ふ者、われに來れ、われ汝らを休ません。
11:29 我は柔和にして心卑ければ、我が軛を負ひて我に學べ、さらば靈魂に休息を得ん。


塚本訳 マタ 11:28-29
11:28 さあ、疲れている者、重荷を負っている者はだれでも、わたしの所に来なさい、休ませてあげよう。
11:29 わたしは心がやさしく、高ぶらないから、わたしの軛を負ってわたしの弟子になりなさい、そうすれば『魂の休息が得られよう。』


●教会の門を叩く女性の多くは「主人の浮気」が原因。その逆もありうる。これ「心の重荷」の最たるもの。十字架。その涙は神に覚えられる。この重荷が軽くなるのは「自分も同罪だ」と心が砕かれるとき。上記の29節がそれにあたる。「魂の休息」が与えられる。●集会は丹野、茂木、望月●13:00感謝会。人数がめっきり少なくなった。15名。●妻と銀座三越に行って背広をあつらえる。その後クリスマスの飾りの銀座通りを歩いて東京駅まで。


s2006_1217_172212AA.jpg


銀座通りの「シャネル」の建物が完成。コストスクール講師のジョンディキソン氏がいるヴォヴィスレンドリースが「プロジェクトマネージャー」。壁面一杯に映像が写る。すごいことをやった。


       2006.12.17 17:15


s2006_1217_172301AA.jpg


クリスマスの飾りの銀座通りで妻を撮影する。なかなかきれいな飾りである。


           2006.12.17 17:15


 


 


 


 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


最も困らせた人 ++++++++ 所感

2006/12/16 19:24

061216(土)5時40分起床●朝風呂で日経「私の履歴書」読売新聞主筆の渡邊恒雄。総理の座を巡り巨額が飛び交った裏話。政治家不信になった。なりたくないのは政治家と新聞記者。人格が破壊する●昨日の日記の「お年玉の相場」について我が家の財務相である妻の見解。「子供に大金を渡すと堕落する。新聞の相場では中学生3千円、小学生2千円、幼稚園は本。」●13:30日の出会(癌で伴侶に先立たれた人の会)で夫人に先立たれると「食事に悩みがある」ことで意見が一致。悩みの第一、食事を自分で作っても『おいしい』と言ってくれる人がいないので張り合いがない。②ヘルパーさんに食事を作ってもらっても亡くなった妻の作る味とはちがう。●日の出会のソーシャルワーカーから貴重な報告。ホスピス始まって以来で「最も困らせた人」。味噌汁に入れた揚げ豆腐が大きすぎると文句を言うので翌日は小さくすると今度は小さすぎると文句。これに似た食事の不満が3ヶ月間続いた。しかし最後は「ありがとう」と言って亡くなったので、スタッフは満足した。●ホスピスのスタッフのご苦労を思う。しかし「お礼の言えない人に尽くす」ことが天国に宝を積むことだ。癌で亡くなる人の多くは「お礼も言えずに」なくなっていく。しかし来世でお礼を言われる。それでよいのだ。それでよいのだ。この世ではお礼どころか悪口をいわれ続けたとしても、ひたすらその人の「救いを祈り続ける」ことが天に宝を積むことだ●帰りに4階のホスピスフロアーに行って、押見さんと斉藤さんに挨拶。押見さんは母が召された部屋を覚えていてくださった。もう2年半も前のことなのに。感謝。●日の出が丘病院から家まで徒歩で帰る。一時間半。有酸素歩行は1万歩を超えた●妻は夕方から合唱の練習


s2006_1216_172609AA.jpg


       あきるのルピアのクリスマスツリー  2006.12.16

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


お年玉の相場 ++++++++ 所感

2006/12/15 14:02

061215(金)6時起床●朝風呂で日経「私の履歴書」読売新聞主筆の渡邊恒雄。政界の裏話。児玉誉士夫のこと。「この世の王」は金が武器。こういう裏事情に通じることが「世渡り上手」だと思ったら大間違い。「悪」というものは必ず消滅する。剥げる。衰退する●11:00聖路加国際病院でMRI、脳の精密検査。●終了後、玄関入り口の焼き芋屋、ご年配の鈴木さんのところに座って弁当。私「この正月には家に14人集まる」。鈴木「ヒャー、そりゃ大変だなー。お年玉の相場は、中学生2万円、小学生1万円、幼稚園3千円。それ以下は0円。焼き芋で稼ぐのは孫のため。それが生きがいだ」。私「ウチはそんなに出せない」。鈴木「孫はオジーチャンのところに行けばお年玉がもらえると思って来るのだ。親も喜ぶ。一年に一回のことだ」 私「困ったなー。将来が不安だ」●この世の悩み、嘆き、不平、不満、は99%、比較から来る。他人と比べての不足感から来る。お金、学歴、職場、地位、家庭、家族、健康、家屋、スタイル、美しさ●「世間相場」を知るから不足感が湧く。しかし子や孫にそれを説教できるか。教えることができるか。我慢を強いることはできないなー。


s2006_1215_114153AA.jpg


聖路加国際病院チャペル。パイプオルガンの演奏があった。6年前に脳出血で入院していたときに祈ったこと。「もしこの病を癒して下さったら、以後はあなたのこときり話しません」。あれから6年。その役目を果たしていない無益な僕と思って、悔恨の熱い涙がながれた。「絶対恩恵による無条件の罪の赦し」を体現してこなかった。この間に親友の大沢胖君(音楽の友)と、鈴木忠昭君(建築の友、同僚)が還暦を迎えずに逝った。この病院では井上佐紀子さんが35歳の若さで癌で逝った。私はみんなより余計にまだ生かされている。この無益な僕は神に赦されのだろうか。


             2006.12.15 11:30


s2006_1215_114442AA.jpg


聖路加国際病院チャペルにある彫像 2006.12.15 11:30


 


s2006_1215_114717AA.jpg


聖路加国際病院の渡り廊下に名画があった。これは何か、ラファエロか。母子の心の交流が見えている。母性愛は美しい。父性愛とを描いたものがあったと思うが。


2006.12.15 11:30



●秋葉原で除湿機の研究●妻は合唱の練習。




トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


天に宝を積むとは ++++++++ 所感

2006/12/14 10:02

061214(木)6時目覚め。床の中で「天に宝を積む」とはどういうことかを黙想●朝風呂で日経「私の履歴書」読売新聞主筆の渡邊恒雄。政界の裏話。総理大臣の順序を裏で決めた密約や金が動く話。人間を破壊するものとして政治家以上のものはない。これを読んでつくづく政治の世界がイヤになった。●「天に宝を積む」とはどういうことか。こういう疑問がおきたときはどうするか。すぐ註解書や大先生の「解説」を見てはいけない。それは聖書を先生に読んでもらっているのであって身に付かない●聖書の解釈を教会や聖書学者から奪取しなければならない。それには「武器」が必要。私に言わせればそれは「三種の神器」。①Jバイブル(いのちの言葉社刊行。約一万円程度)、②BbB「聖書で聖書を読む」、私のホームページ(無料)③「TSK日本語ヴァージョン」、私のホームページ(無料)。この三種の神器を使いこなせれば聖書の「素人読み」ができて、それが「聖書の本質読み」になる。●まず①のJバイブルで「天」と「宝」をAND検索する。


マタ   6: 19 [塚本訳


(このように、何事も天の父上相手でなければならない。たとえば)あなたたちは衣魚や虫が食い、また泥坊が忍び込んで盗むこの地上に宝を積まず、


マタ   6: 20 [塚本訳


衣魚も虫も食わない、また泥坊が忍び込むことも盗むこともない天に、宝を積んでおきなさい。(そうでないと、心が天に向かないであろう。)


マタ   6: 23 [塚本訳


目が悪いと、体全体が暗い。だから(天に宝を積まないため、)もしあなたの内の光(である目、すなわち心)が暗かったら、その暗さはどんなであろう。


マタ   13: 44 [塚本訳


天の国は畑に隠されていた宝に似ている。人がそれを見つけると、(またそこに)隠しておいて喜んで立ち去り、持っているものをみな売って、その畑を買うのである。


マタ   19: 21 [塚本訳


イエスは言われた、「完全になりたければ、家に帰って持ち物を売って、(その金を)貧乏な人に施しなさい。そうすれば天に宝を積むことができる。それから来て、わたしの弟子になりなさい。」


マコ   10: 21 [塚本訳


イエスは彼をじっと見て、かわいく思って言われた、「(よく守った。だが)一つ足りない。家に帰って、持っているものをみな売って、(その金を)貧乏な人に施しなさい。そうすれば天に宝を積むことができる。それから来て、わたしの弟子になりなさい。」


ルカ   12: 33 [塚本訳


(ただ御国のために働けばよろしい。)持ち物を売って施しをしなさい。(すなわちそれによって)自分のために古び(て破れ)ることのない財布をつくり、泥坊が近づくことも、衣魚が食うこともない天に、使いつくすことのない宝をつんでおきなさい。


ルカ   18: 22 [塚本訳


イエスは聞いて言われた、「もう一つ欠けている。持っているものをことごとく売って、(その金を)貧乏な人に分けてやりなさい。そうすれば天に宝を積むことができる。それから来て、わたしの弟子になりなさい。」


ヘブ   11: 26 [塚本訳


彼は『キリストの(受けられる)罵りを(受けることは)』、エジプトの宝にまさる大なる富と考えたのである。(来るべき天からの)報いに目を向けていたからである。


●次に②のBbB「聖書で聖書を読む」で「天に宝を積む」というマタイ6:20の引照を見る。


(英・米)THE NEW TREASURY OF SCRIPTURE KNOWLEDGE 1982 の引照



口語訳 ピリ 4:5


4:5 あなたがたの寛容を、みんなの人に示しなさい。主は近い。 


口語訳 ピリ 4:17


4:17 わたしは、贈り物を求めているのではない。わたしの求めているのは、あなたがたの勘定をふやしていく果実なのである。



口語訳 Ⅰコリ15:50


15:50 兄弟たちよ。わたしはこの事を言っておく。肉と血とは神の国を継ぐことができないし、朽ちるものは朽ちないものを継ぐことがない。   


(日)新共同訳1987 の引照


 


新共同 ヘブ 13:5


13:5 金銭に執着しない生活をし、今持っているもので満足しなさい。神御自身、「わたしは、決してあなたから離れず、決してあなたを置き去りにはしない」と言われました。



新共同 ヤコ 5:1-4


5:1 富んでいる人たち、よく聞きなさい。自分にふりかかってくる不幸を思って、泣きわめきなさい。


5:2 あなたがたの富は朽ち果て、衣服には虫が付き、


5:3 金銀もさびてしまいます。このさびこそが、あなたがたの罪の証拠となり、あなたがたの肉を火のように食い尽くすでしょう。あなたがたは、この終わりの時のために宝を蓄えたのでした。


5:4 御覧なさい。畑を刈り入れた労働者にあなたがたが支払わなかった賃金が、叫び声をあげています。刈り入れをした人々の叫びは、万軍の主の耳に達しました。



新共同 Ⅰペテ1:4


1:4 また、あなたがたのために天に蓄えられている、朽ちず、汚れず、しぼまない財産を受け継ぐ者としてくださいました。


 


新共同 ガラ 1:10


1:10 こんなことを言って、今わたしは人に取り入ろうとしているのでしょうか。それとも、神に取り入ろうとしているのでしょうか。あるいは、何とかして人の気に入ろうとあくせくしているのでしょうか。もし、今なお人の気に入ろうとしているなら、わたしはキリストの僕ではありません。


 


新共同 ヤコ 4:4


4:4 神に背いた者たち、世の友となることが、神の敵となることだとは知らないのか。世の友になりたいと願う人はだれでも、神の敵になるのです。



新共同 Ⅰヨハ2:15


2:15 世も世にあるものも、愛してはいけません。世を愛する人がいれば、御父への愛はその人の内にありません。


 


(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE 1985 の引照



口語訳 ヤコ 5:2-3


5:2 あなたがたの富は朽ち果て、着物はむしばまれ、


5:3 金銀はさびている。そして、そのさびの毒は、あなたがたの罪を責め、あなたがたの肉を火のように食いつくすであろう。あなたがたは、終りの時にいるのに、なお宝をたくわえている。


●次に③、TSK日本語ヴァージョンでピンポイントで引照を調べる


Matthew 19:21:
イエスは彼に言われた、「もしあなたが完全になりたいと思うなら、帰ってあなたの持ち物を売り払い、貧しい人々に施しなさい。そうすれば、天に宝を持つようになろう。そして、わたしに従ってきなさい」。


Isaiah 33:6:
また主は救と知恵と知識を豊かにして、あなたの代を堅く立てられる。主を恐れることはその宝である。


Luke 12:33:
自分の持ち物を売って、施しなさい。自分のために古びることのない財布をつくり、盗人も近寄らず、虫も食い破らない天に、尽きることのない宝をたくわえなさい。


Luke 18:22:
イエスはこれを聞いて言われた、「あなたのする事がまだ一つ残っている。持っているものをみな売り払って、貧しい人々に分けてやりなさい。そうすれば、天に宝を持つようになろう。そして、わたしに従ってきなさい」。


I Timothy 6:17:
この世で富んでいる者たちに、命じなさい。高慢にならず、たよりにならない富に望みをおかず、むしろ、わたしたちにすべての物を豊かに備えて楽しませて下さる神に、のぞみをおくように、


Hebrews 10:34:
さらに獄に入れられた人々を思いやり、また、もっとまさった永遠の宝を持っていることを知って、自分の財産が奪われても喜んでそれを忍んだ。


Hebrews 11:26:
キリストのゆえに受けるそしりを、エジプトの宝にまさる富と考えた。それは、彼が報いを望み見ていたからである。


James 2:5:
愛する兄弟たちよ。よく聞きなさい。神は、この世の貧しい人たちを選んで信仰に富ませ、神を愛する者たちに約束された御国の相続者とされたではないか。


I Peter 1:4:
あなたがたのために天にたくわえてある、朽ちず汚れず、しぼむことのない資産を受け継ぐ者として下さったのである。


I Peter 5:4:
そうすれば、大牧者が現れる時には、しぼむことのない栄光の冠を受けるであろう。


Revelation of John 2:9:
わたしは、あなたの苦難や、貧しさを知っている(しかし実際は、あなたは富んでいるのだ)。また、ユダヤ人と自称してはいるが、その実ユダヤ人でなくてサタンの会堂に属する者たちにそしられていることも、わたしは知っている。


●10:00 屋根に取り付けた太陽熱温水器がまれに破損の恐れがあるというので落下防止のネットをかけにきた。施工したアポロン工業の角田氏が病気なので同業者のエルガが来た。個人業は組織がないので不安定だが、このように同業者が助け合う風習ができているのは美しい社会慣習だ。




 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


偉くなりたい心理 ++++++++ 所感

2006/12/13 08:48

061213(水)5時半起床●朝風呂で日経「私の履歴書」読売新聞主筆の渡邊恒雄。自由党と民主党が合併する動きの渦中にいた話。多くの人が総理大臣というものになりたがってる。●人間がこの世で偉い人物になりたがる心理を分析する。①人を支配できる。②恩人と呼ばれて人に尊敬される。愛される。③お金が入る。・・・・・この三点はイエスの言う神の国の人間とは完全に正反対。その聖書的根拠は次の通り


塚本訳  ルカ 22:24-27
22:24 また弟子たちの間に、自分たちのうちでだれが一番えらいと思われているかについての争いもあった。
22:25 するとイエスが言われた、「世間では王が人民を支配し、また主権者は自分を恩人と呼ばせる。
22:26 しかしあなた達はそれではいけない。あなた達の間では、一番えらい者が一番若輩のように、支配する者が給仕をする者のようになれ。
22:27 食卓につく者と給仕をする者と、どちらがえらいか。食卓につく者ではないのか。でもわたしはあなた達の間で、あたかも給仕をする者のようにしている。


塚本訳  マタ 20:25-28
20:25 するとイエスは彼らを呼びよせて言われた、「あなた達が知っているように、世間では主権者が人民を支配し、また(いわゆる)えらい人が権力をふるうのである。
20:26 あなた達の間では、そうであってはならない。あなた達の間では、えらくなりたい者は召使になれ。
20:27 一番上になりたい者は奴隷になれ。
20:28 人の子(わたし)が来たのも仕えさせるためではない。仕えるため、多くの人のあがない金としてその命を与えるためである。」


塚本訳 マタ 5:3
5:3 ああ幸いだ、神に寄りすがる『貧しい人たち、』天の国はその人たちのものとなるのだから。


●だから政治の世界は神の国に最も遠い。政治的平和は真の平和ではない。心の平和ではない。民主主義が究極の幸福ではない。人間の真の平和は神との平和●13:00自由が丘、宮崎トキさんの草木染の作品を鑑賞●13:30今井館で、倉石真テノールコンサート。ピアノ伴奏江澤敬行。聴衆80名で満員。倉石氏は第27回イタリア声楽コンソルソ入選。江澤氏はストラスブール歌劇場ピアニスト。二人とも本格派。


s2006_1213_153153AA.jpg


      今井館クリスマスコンサート 倉石真テノールコンサート 


                2006.12.13 13:30


         左より高橋照男 倉石真 高橋トミ子


 




 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


つまずく人間の心理 ++++++++ 所感

2006/12/12 09:12

061212(火)5:30起床●昨夜は妻と「ある人が親しい人に躓いたこと」の話題。今朝は床の中で人につまずくというのはどういうことかを黙想●朝風呂で日経「私の履歴書」読売新聞主筆の渡邊恒雄。大野伴睦付きの記者になる。大野伴睦が{(渡邊さん)小遣いがいるなら言ってくれ。いくらでもやるよ」。渡邊恒雄「金には困っていませんからそんな心配はしないでください」。・・・・渡邊恒雄はこのときあやうく金に足をとられて新聞記者としての生命を落とすところであった。偉くなる人は金に頭を下げない。●「人に躓く」という現象について考える。教会の牧師や無教会の伝道者につまづいて教会や集会を転々と変える女性がいる。かなりいる。そういう人は、ズバリ言うが躓く方に問題がある。共通点がある。自分への「愛され方が足りない」と思っている。「愛の飢餓」である。そういう女性はブラックホールと同じだから、どんなに愛されてもこれで満足ということはない。危ない人間である。●先生、親、上司につまずく人間は「自分が心理的に圧迫されているという被害者意識を持っている」人種。彼らは常に自分の方が正しいのだと思って正義の味方ぶって、先生、親、上司に平気で「弓を引く」。自分の醜い姿に気が付いていない証拠。自分が放ったその矢は間もなく、必ず自分に刺さってくる。マタ 7:1-5のイエスの言葉は人生の真理。●もう一種類の「つまずく人間」は「人を見くびる」人。自分に利益をもたらせてくれると思っていたらそうでもなかったと分かってその人間から去る人間。これは低級な動機での躓き。ユダがその実例●つまずく人間の共通点は被害者意識と「自分はちっとも悪くないのだ」と言うおごり。それが相手の非を裁くようになる。その対策はない。馬の耳に念仏だ。しかし自分が躓かれる立場になってみれば自然に「目からうろこ」が落ちる。しかしそれには多くの時間がかかるものだ。あるいは残念ながらそういう人間は「つまずかれる」者になっても「うろこ」は落ちないかもしれない。●マテマテ、生きているうちに「目のうろこ」が落ちないで死んだとしても「来世で落ちる」かもしれない。それでいいのだ。そのときは神がその「大うろこ」を落として下さる。神は正義。間違いは決して赦さない。


文語訳 マタ 7:1-5
7:1 なんぢら人を審くな、審かれざらん爲なり。
7:2 己がさばく審判にて己もさばかれ、己がはかる量にて己も量らるべし。
7:3 何ゆゑ兄弟の目にある塵を見て、おのが目にある梁木を認めぬか。
7:4 視よ、おのが目に梁木のあるに、いかで兄弟にむかひて、汝の目より塵をとり除かせよと言ひ得んや。
7:5 僞善者よ、まづ己が目より梁木をとり除け、さらば明かに見えて兄弟の目より塵を取りのぞき得ん。


塚本訳 マタ 7:1-5
7:1 (人を)裁くな、自分が(神に)裁かれないためである。
7:2 (人を)裁く裁きで、あなた達も裁かれ、(人を)量る量りで、あなた達も量られるからである。
7:3 なぜあなたは、兄弟の目にある塵が見えながら、自分の目に梁があるのに気付かないのか。
7:4 また、どうして兄弟にむかって、『あなたの目の塵を取らせてくれ』と言うのか。そら、自分の目に梁があるではないか。
7:5 偽善者!まず自分の目の梁を取ってのけよ。その上で、兄弟の目の塵を(取ってやれるなら、)取ってやったらよかろう。


TEV マタ 7:1-5
7:1 "Do not judge others, so that God will not judge you,
7:2 for God will judge you in the same way you judge others, and he will apply to you the same rules you apply to others.
7:3 Why, then, do you look at the speck in your brother's eye and pay no attention to the log in your own eye?
7:4 How dare you say to your brother, "Please, let me take that speck out of your eye,' when you have a log in your own eye?
7:5 You hypocrite! First take the log out of your own eye, and then you will be able to see clearly to take the speck out of your brother's eye.


●13:10 昭和女子大講義。「工事請負契約」についてと「ウィトルウィウスの建築書」(紀元前33-22年ローマ)の解説。これは古今の建築家のバイブル。「建築家は文学(人に説明のため)、法律(争いの解決のため)、幾何学(建物の垂直水平を保つため)、数学(費用を計算するため)、天文学(太陽光を正しく導くため)、音楽(リズムを心得るため)、絵画(人に出来上がりの形態を示すため)、医学(健康を保つため)、哲学(心を広くもつため、相手の考えを受容するため)、歴史(歴史的遺産を継承するため)に通じていなければならない」とある。建築は諸学の総合。全能の神の素養を持たなければならない。ハーバード大学の建築学科は卒業まで7年間かかるが最初の2年間は建築ではなく、もっぱら哲学、芸術、宗教などばかりを学ぶと言う。こうでなければ世界に通じる建築家は生まれない●これは日本の大学のどの学部にも同じことが言える。医学も経済も工学も目先の小手先の技能を教えるだけではすばらしい人物が出ない。世界的な人物が出ない●女流建築家を目指す生徒の進路指導をした。彼女は私のところによく質問に来る。彼女によい道が開かれることを祈る●妻は無教会研修所の月本昭男先生の旧約講義を受講に行く


 s2006_1212_100548AA.jpg


  あきる野市「あすなろ保育園」の子供たち。あきる野市


いいぞいいぞ。「生めよ繁殖(ふえ)よ地に満盈(みて)よ」(創世記1章28節)


         2006.12.12 10:00


 


 


 


 


 


 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


死の悲しみは有体的復活で癒される ++++++++ 所感

2006/12/11 07:30

061211(月)5時35分起床●朝風呂で「永井路子」。歴史の見直しということ。「歴史の捉え方」ということ。これは聖書の歴史をどう捉えるかの問題にもつながる。●聖霊によって「胸が熱くなるとき」イエスの見方、イエスの墓が空になったことが信仰につながる。それまでは何を言っても「馬の耳に念仏」●「死の悲しみ」は人類に普遍的な悩み悲しみである。そこから生存欲がうまれて人間の「文明」が生まれる。医学、経済、戦争。●死の悲しみの根本的解決は「復活の希望」「来世実在の確信」。それは有体的復活の「使徒伝承」によって可能。使徒伝承を鼓膜の振動という地上波で受けた人が、聖霊という天上波を受けると「発火して」胸が熱くなる。そのとき死の悲しみが癒される。「見ない来世」を信ずることができる。すると人生観が変わる。●罪の悩み悲しみは十字架の使徒伝承で救われて楽になる。そのとき人間は神の実在を知る。●死の悩み悲しみは有体的復活の使徒伝承で癒されて楽になる。そのとき人間は来世実在を知る。●地上波の使徒伝承を聞いて上からの天上波(造語)を受けると胸が熱くなって復活と来世を「信じられる」ようになるから不思議●胸が熱くなって信じられるようになった者は「心と口と行いと生きざまをって」(バッハ・カンタータ147番)たくまずして自然に地上波を発するようになる●それを耳で聞き肌で感じた人のうち胸が熱くなって神を知り来世での復活を信じられるようになる人は「きわめて少数」●それでよいのだ、それでよいのだ。なぜか。それが少数であることはイエスの「汝これを信ずるか」という言葉に現れている。それを信ずる人はなかなか出現しないのだ


文語訳 ヨハ 11:23-26
11:23 イエス言ひ給ふ『なんぢの兄弟は甦へるべし』
11:24 マルタ言ふ『をはりの日、復活のときに甦へるべきを知る』
11:25 イエス言ひ給ふ『我は復活なり、生命なり、我を信ずる者は死ぬとも生きん。
11:26 凡そ生きて我を信ずる者は、永遠に死なざるべし。汝これを信ずるか』


塚本訳  ヨハ 11:23-26
11:23 イエスは言われる、「あなたの兄弟は生き返る。」
11:24 マルタが言う、「最後の日の復活の時に生き返ることは、知っています。」
11:25 イエスがマルタに言われた、「わたしが復活だ、命だ。(だから)私を信じている者は、死んでも生きている。
11:26 また、だれでも生きている私を信じている者は、永遠に死なない。このことが信じられるか。」


●信じる人は僅かであることは、次のとおり。身内必ずしも信じない。これ宿命。大伝道者の子供必ずしもクリスチャンにはならない。神の思いは計り知れない。神は「こころのままに」風を吹かせる。


塚本訳 マタ 24:40-41
24:40 その時、二人の男が畑にいると、一人は(天に)連れてゆかれ、一人は(地上に)のこされる。
24:41 二人の女が臼をひいていると、一人は連れてゆかれ、一人はのこされる。


塚本訳  ルカ 17:34-35
17:34 わたしは言う、その晩、二人の男が一つ寝床にねていると、一人は(天に)連れてゆかれ、他の一人は(地上に)のこされる。
17:35 二人の女が一しょに臼をひいていると、一人は連れてゆかれるが、他の一人はのこされる。」


●使徒伝承の労苦は決して無駄に終わらない。これ信じ込むことが大切だ。


塚本訳 第一コリント15:55-58


"461555","・コリント 15:55","“死よ、どこに、お前の勝利は。死よ、どこに、お前の剣
は”。"
"461556","・コリント 15:56","──死の剣は罪である、罪の力(の源)は律法である。─
─"
"461557","・コリント 15:57","しかし神に感謝あれ、勝利をわたし達の主イエス・キリス
トによってわたし達にお与えになる神に!"
"461558","・コリント 15:58","だから、わたしの愛する兄弟たちよ、しっかりしておれ、
動かずにおれ、いつも主の仕事にぬきんでよ。骨折りが主にあってむだにならないことを、
あなた達は知っているのだから。"


●体を殺しても魂を殺すことができない者を恐れることはない。殺されることによって逆に救いが到来するのだ。


塚本訳  マタイ10:24-28


"401024","弟子は先生以上でなく、僕は主人以上ではない。(だからあなた達が迫害される
のは当り前である。)"
"401025","弟子は先生のよう、僕は主人のようであれば、それで満足すべきである。家の
主人(たるわたし)が(悪鬼の頭)ベルゼブルと(悪口を)言われたのだから、その家族
(たるあなた達)はなおさらのことである。"
"401026","だから彼らを恐れるな、(すべてはじきに明らかになるであろう。)覆われてい
るものであらわされないものはなく、隠れているもので(人に)知られないものはないか
らである。"
"401027","わたしが暗闇で(こっそり)話すことを、(大胆に)明るみで言え。耳うちされ
たことを屋根の上で宣伝せよ。"
"401028","体を殺しても、魂を殺すことの出来ない者を恐れることはない。ただ、魂も体
も地獄で滅ぼすことの出来るお方を恐れよ。"


塚本訳 マタイ10:34-39


"401034","地上に平和をもたらすためにわたしが来た、などと考えてはならない。平和で
はない、剣を、(戦いを)もたらすために来たのである。"
"401035","わたしは子を“その父と、娘を母と、嫁を姑と”仲違いさせるために来たのだ
から。"
"401036","“家族が自分の敵となろう。”"
"401037","わたしよりも父や母を愛する者は、わたし(の弟子たる)に適しない。わたし
よりも息子や娘を愛する者は、わたし(の弟子たる)に適しない。"
"401038","また自分の十字架を取ってわたしのあとに従わない者は、わたし(の弟子たる)
に適しない。"
"401039","(十字架を避けてこの世の)命を得る者は(永遠の)命を失い、わたしのため
に(この世の)命を失う者は、(永遠の)命を得るであろう。"


●人には誰にも刺(とげ)というものがあるものだ。病気という刺。これはパウロにもあった。癲癇か眼病らしい。家族の肉体の病気もまた刺である。また、対人関係の悩みというのも人生の大いなる刺である。これは心にチクチクと刺されるから痛いものである。肉体の刺と心の刺、この二つはどうしても抜きたいものである。できれば刺されたくないものである。跳ね除けたいある。これに対してパウロは次のように言う。


塚本訳 第一コリント12:7-10


"471207","・コリント 12:7","そしてこれらの素晴らしい啓示があるので、わたしが高慢に
ならないようにと、わたしの肉に一つの刺が与えられた。悪魔の使いであって、これはわ
たしが高慢にならないようにと、わたしをうつものである。"
"471208","・コリント 12:8","この使について、それがわたしから手を引くようにと、三度
まで主に願ったが、"
"471209","・コリント 12:9","主は(その都度)言われた、「わたしの恩恵はあなたに十分
だ。力は弱さの中に完成されるのだから。」、それでわたしはキリストの力がわたしに住み
ついてくださるように、大喜びで、むしろ(自分の)弱いことを自慢しよう。"
"471210","・コリント 12:10","それゆえわたしは弱いことを、虐待、艱難、また迫害と苦
悩をうけることを、キリストの故に喜ぶ。わたしは弱い時には、(彼の力によってかえっ
て)強いのであるから。"


●刺は抜くものでなく刺されたままにしておくべきものだ。なぜか。神によって刺されたものだからである。刺もまた恩恵である。●神によって刺された刺は目的が達せられると自然に抜ける。然り、神が抜く。●昼食は細井真澄建築設計事務所で細井ご夫妻と共にした。若いお嬢様がカトリックの洗礼を受けられたこと。そのお嬢さんが町で瀕死の猫を拾って動物病院に預けて治療したら、元気になって突然逃げ出したこと。治療費に数万円かかったことを伺う。こういうことはきっとどこかからお礼がくる。「よきサマリア人」(ルカ10:25-37)の話を思い出した。●このお嬢さんは神的要素を供えている


塚本訳  ルカ 10:30-35
10:30 イエスが答えて言われた、「ある人が(──それはユダヤ人であった──)エルサレムからエリコに下るとき、強盗に襲われた。強盗どもは例によって(着物を)はぎとり、なぐりつけ、半殺しにして逃げて行った。
10:31 たまたま、ひとりの祭司がその道を下ってきたが、この人を見ながら、向こう側を通っていった。
10:32 同じくレビ人もその場所に来たが、見ながら向こう側を通っていった。
10:33 ところが旅行をしていたひとりのサマリヤ人は、この人のところに来ると、見て不憫に思い、
10:34 近寄って傷にオリブ油と葡萄酒を注いで包帯した上、自分の驢馬に乗せて旅籠屋につれていって介抱した。
10:35 そればかりか、次の日、デナリ銀貨[五百円]を二つ出して旅篭の主人に渡し、『この方を介抱してくれ。費用がかさんだら、わたしが帰りに払うから』と言った(という話)。


●6階のヴィオリスト和田睦夫氏と音楽談義。最近流行のノンヴィブラート奏法は非常に難しいものであることを伺う。一発でぴったりの位置に指を置かなければならないからだという。その代わり全員がそろうと非常にすばらしいという。妻も私もその演奏が「サッパリ、単純、直裁、質素」であることを感じた。無教会主義の感じがする。飾りがないからである●独立学園の鈴木校長から電話


 







 


 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


聖書学者になるな。伝道者になるな。 ++++++++ 所感

2006/12/10 07:37

061210(日)4時半目覚め。●本日の長谷川浩一周年記念会で話すことをまとめる。「長谷川浩様に教えられたこと。・・・長谷川家のために捧げた生涯・・・・・」●この自分の命は他の為にあることを知ると人生を正しく歩める●朝風呂で日経「私の履歴書」読売新聞主筆の渡邊恒雄。結婚のいきさつは次のとおり。「(その女性に会ったとき)『これまでに何人にも求婚しています。あなたで28回目のプロポーズですが、過去の27人の誰よりもすばらしい』と奇妙な論理で口説き、そのまま口づけした。女性は拒まない。それが答えだった」。・・・・なるほどこの人物は大物だ。●塚本先生信仰五十周年記念論文集「聖書とその周辺」1959年伊藤節書房。は当時の第一級の聖書学者たち(前田護郎、関根正雄、中沢樹、秀村欣二、蛭沼寿雄、などなと)が」寄稿した。しかし塚本先生はその直後にご自身の雑誌で「聖書学者になるな」という文章を書かれた。「聖書知識350号」1959年6月。ここに無教会主義がある。●長谷川商店の創業者であった長谷川新吉さんは、東京聖書読者会の核であった「十二人会」という実業家達の集まりの一員であった。私はこの十二人会の多くの方に建築を依頼された。その方たちの無言の説教があった。「高橋君。伝道者になるなよ。普通の職業でいろ」。ここに無教会主義の真髄がある。●教会主義では神学校に行って聖書学者や聖職者になったり伝道者になることをなにか一枚上だと思うから大間違いである。それは「職業の神学」がないからである。●集会は大山、小寺、山本●13:00ホテルオークラで長谷川浩一周年記念会。長谷川浩の生き方に学んだことを式辞として述べたところ、多くの人から感謝の言葉が寄せられた。なかでも「聖書にそういうことが書いてあるのですか」という反応が多くてうれしかった。●帰途、教文館で旧新約のスタディバイブルを購入。すごいものができたものだ。聖書協会ヒットである。●富永先生からお電話。私の健康のことをご心配くださった。感謝。


s2006_1210_080520AA.jpg


集会に出かけるとき。振り返ると大岳山が雲海に浮かんでいた。今年はあそこに登れたのだ。 


          2006.12.10 8:00


s2006_1210_124418AA.jpg


長谷川浩一周年記念会が行われたホテルオークラ。すばらしい建築。帝国ホテルよりも全然よい   2006.12.10 13:00


設計は委員会方式 谷口吉郎委員長 メンバーは小坂秀雄 清水一 岩間旭(三菱地所設計部長) 伊藤喜三郎 大成建設観光設      計部(桑木泰司 渡辺健三 柴田陽三 ウィリアムシェイカー )


5階ロビーの和風の内装は谷口吉郎 これはさすがだ。


施工大成建設1961年 


         


s2006_1210_154111AA.jpg


ホテルオークラ ロビーのクリスマスツリー。すばらしいデザイン


         2006.12.10 15:20


s2006_1210_165001AA.jpg


教文館でスタディバイブルを購入して歩行者天国の銀座を歩く。クリスマスの飾りはきれいであった。歩け歩けで東京駅まで。


                 2006.12.10 17:00


●妻は昭島公会堂でバッハの「クリスマスオラトリオ」演奏会。好評だったそうである。




 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


南京大虐殺に加担した人 ++++++++ 所感

2006/12/09 06:46

061209(土)5時半起床●某氏からこういうことを伺ってショックであった。「○○氏は自ら南京大虐殺に加担したと言っておられる」。これで私は○○氏の戦後の平和運動を理解できた。○○氏には心に「大きな痛み」があったのだ。人間の言動には背景がある。温度差がある。だから土台や背景の違う人間に対する平和「教育」というものには限界がある。●本当の平和教育はまず人間の神との敵対関係の解消。この敵対関係は時代を超えてすべての人に共通。そして地上の戦争の元凶。


塚本訳  ロマ 5:8-10
5:8 しかしわたし達が(義人でも善人でもなく、)まだ罪人(神の敵)であったとき、キリストが私たちのために死んでくださった。このことによって、神はわたし達に対する愛をお示しになったのである。
5:9 それならばキリストの血で義とされている今、わたし達がキリストによって(最後の日の神の)怒りから救われるのは、もちろんである。
5:10 なぜなら、(神の)敵であったのに、その御子の死によって神と和睦ができたくらいならば、すでに和睦をしたわたし達が、御子の(復活の)命によって救われるのは、もちろんである。


●最近、「南京大虐殺はなかった」という人がいるという。中国人を逆なでする言葉だ。戦後ドイツの若者の周辺国に対する「贖罪行動」は見上げたものだ。無償で勤労奉仕に行っているという●地上の平和は神と敵対関係にある人間の「運動」「批判」「抵抗」では絶対に到来しない。彼らは彼らは「何もしないよりは何かやった方がよいだろう」と言って平和運動に狂奔するが、それは己の義を立てている罪悪。●「運動」「批判」「抵抗」で地上の平和はあっても神との平和はない●兄弟同士が仲がよくても「親父(オヤジ)」を認めなければ父なる神は不満。だからヒューマニズムは信仰者の道ではないのだ●「キリスト新聞」にはよく「教会合同」の記事があるが、この「運動」も間違い。それは政治的合同。勢力の拡大運動。一人一教会の無教会が徹底するときに天で教会合同が行われる。地上におけるその源流は「エルサレム教会」


塚本訳 Ⅰコリ15:3-5
15:3 まえにわたしが(福音の)一番大切な事としてあなた達に伝えたのは、わたし自身(エルサレム集会から)受けついだのであるが、キリストが聖書(の預言)どおりにわたし達の罪のために死なれたこと、
15:4 葬られたこと、聖書どおりに三日目に復活しておられること、
15:5 またケパに、それから十二人(の弟子)に、御自分を現わされたことである。


●この「Ⅰコリ15:3-5」を言わないで、社会批判や教会(集会)継続維持や教会(集会)合同に熱心な人間は、有体的復活三位一体の正統信仰から逸脱していると思ってまず間違いはない。匂いで分かる。「樹はその果(言動)によって知らるる」である。


文語訳  マタ 12:33
12:33 或は樹をも善しとし、果をも善しとせよ。或は樹をも惡しとし、果をも惡しとせよ。樹は果によりて知らるるなり。


塚本訳  マタ 12:33
12:33 木を良いとするなら、その実をも良いとせよ。また、木を悪いとするなら、その実をも悪いとせよ。木(の良し悪し)は実で知られるのである。


TEV マタ 12:33
12:33 "To have good fruit you must have a healthy tree; if you have a poor tree, you will have bad fruit. A tree is known by the kind of fruit it bears.


●ベートーベンの「合唱」をバーンスタイン+ニューヨークフィル1964年で鑑賞。定番のフルトヴェングラー+バイロイト祝祭歌劇場管弦楽団1954年に次ぐ名演と感じる●朝風呂で日経「私の履歴書」読売新聞主筆の渡邊恒雄。共産党員に殺されそうになるが党員の高史明(コ・サミヨン)の「殺しは許さん」の一言で救われる。高史明は後に「共産党の軍事方針を批判して査問にかけられ」、親鸞の信徒になる。●ベートーヴェンの「合唱」を定番フルトヴェングラー+バイロイト祝祭歌劇場管弦楽団1954年で鑑賞。やはりこの第3楽章はすばらしい演奏、思わず涙がこぼれる。●「歓喜の歌」の詩は、シラーが家賃を支払えなくて困っていたところ、友人達が助けてくれた感謝の気持ちから書かれたものであることを知った。優れたものは小さいものにある。これ2005年ドイツ旅行の財産。 HPドイツの旅2005写真日記7月3日参照。●13:30昭和女子大第二部講師懇談会。今日は第二部の講師懇談会。第二部は主として社会人相手の学校。生徒は第一部の昼間部よりもまじめで水準が高いということで一致●16:00人見記念講堂で「東京工業大学管弦楽団第135回定期演奏会」指揮末永隆一、ラフマニノフピアノ協奏曲、ピアノ川村文雄。ラフマニノフが精神の病で挫折したあとに作曲した名曲。ショスタコーヴィッチ交響曲第5番。社会主義体制は音楽まで暗くした。しかしこの難曲をよく演奏した。



s2006_1209_170657AA.jpg

昭和女子大学人見記念講堂。これはよいホールだ。 


           2006.12.9 16:00


●妻は午後、町田の武集会。夜はバッハ「クリスマスオラトリオ」のゲネプロ

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


気遣いの言動は訓練で可能  ++++++++ 所感

2006/12/08 07:41

061208(金)5時半起床●朝風呂で日経「私の履歴書」読売新聞主筆の渡邊恒雄。読売の駆け出し記者時代の苦労。何事も下積みの苦労からはじめなければ偉くなれない。「現場に神宿る」である。●ヒルティは「愛は訓練だ」と言っている。つまり気遣いの言動は後天的な訓練で可能になるというのである。わたしの経験ではそれは「真似」でできるようになる。だから人間は常によい人と交わらなければならない。●私が真似したい心に残る気遣いあるよい言動。①同年輩の人の病気見舞いは奥さんがかわいそうだから気が引けると言った人がいた②少し太めの人の前では減量の話題を出さない③人の話を聞いているときにはチラッとでも時計を見ない④外国では懇談の中で宗教と政治を話題にしない。これは人それぞれに帰依しているものが微妙に違うから。私に面と向かって「信ずるものは救われる」とか「アーメンソーメン」と言ったどうしようもなく無教養の人間がいた。お先真っ暗な人間⑤人が気持ちよく話しているときに「話の腰を折る」ようなことは言わない。ブラックユーモアやブラックジョークは品性のない人間が発する。周囲は一応笑ってくれるが実のところ不快感を与えて、相手に深い怨念を残す⑥話が長くなりそうになったとき、「アッ、もうこんな時間だ」とは言わない。ましてや「早く寝ないと体によくない」とも言わない⑦客に招かれたとき食事の前に主人の趣味を長々と聞かされることがあっても我慢我慢我慢。しかしこれはかなりきつかった⑥夫婦間ではお互いの親兄弟の悪口を言わない。むっとしない。しかしこれはかなり難しい。なぜか。伴侶の欠点が見えるときは同時に親の顔がみえてしまうから。そのときは、「人の性質は血筋によらない」と繰り返して思えばよい。「人間は教育次第でどうにでもなる」と思えばよい。ヒルティの「愛は訓練だ」という言葉を思い出せばよい。⑦返事は速攻ですぐ出す⑧お金の請求には速攻ですぐに支払う⑨お金を貸してくれと言ってきたら、倍ぐらいを貸すか無償で与える。これは実際に先輩が実行したことで忘れられない⑩夫(妻)が嫌がることは察して、それを実行しない。「はばかる」という繊細な感情を持たなければ上品な人にはなれない。紳士とは言われない。淑女とは呼ばれない⑪注意されたときにムカッと来る人間は育ちが悪い。子供をそのように育ててはいけない。躾と教育が大切。よい性質は親が見本を示さないといけない。悪い性質は子供に感染する●よい性質は真似たくなるものだ●皇室の元侍従がいる前で平気で天皇制批判をした無教養の男がいた。そういう人間からは福音は伝わりにくい。伝わったとしてもトッポイ若者が出るだけでキリスト教が評判の悪いものになる。キリストの顔に泥を塗る。私はその後その男に「もっと頭を使った言動をしたらどうだ」と直言した。●いい気になって正面攻撃で世の中をよくしようと思うのは逆効果。私を「訴えるぞ」とか「違和感がある」と直言した人物かいた。神は見ている。神は知っている。酷い天罰は神が下すものだ。●よい先輩からのアドバイス。「悪いことは神が注意して下さる」「あの人に『も』よいところがあると思え」。エクレシアの価値はこういうアドバイスがいただけることにある。●「愛の訓練の数々」は次の一句に集約される。これ聖書の黄金律といわれる。


文語訳  マタ 7:12
7:12 さらば凡て人に爲られんと思ふことは、人にも亦その如くせよ。これは律法なり、預言者なり。


塚本訳  マタ 7:12
7:12 だから、何事によらず自分にしてもらいたいと思うことを、あなた達もそのように人にしなさい。これが律法と預言書(と[聖書]の精神)である。


TEV マタ 7:12
7:12 "Do for others what you want them to do for you: this is the meaning of the Law of Moses and of the teachings of the prophets.


●橋本次長と長懇談●清水理事から来年度「顧問契約」継続の話。企業に勤務する場合は条件や報酬などは一切任せるということが「人生の歩き方」である。欲を出して条件などを吊り上げたりすると印象が悪くなるだけである。よいことはない。給料に不満をもってはいけない。与えられた給料の額は「神に決められたもの」と思わなければならない。HP論考「市場経済の次に来るのは人格経済」を参照●自分の報酬に不満をもって、歴史上に悪い印象を残した例は次の通り。イエスは主人のやることに「不平」を言ってはならないと言っている。


塚本訳  マタ 20:11-12
20:11 そこで貰ったとき、家の主人に向かって不平を
20:12 言った、『この最後の者は(たった)一時間しか働かなかった。われわれは一日中、重労働と暑さを辛抱したのに、あなたは同じ扱いをされたではないか。』


塚本訳 ルカ 15:28-30
15:28 兄はおこって、家に入ろうとしなかった。父が出てきていろいろ宥めると、
15:29 父に答えた、『わたしは何年も何年もあなたに仕え、一度としてお言い付けにそむいたことはないのに、わたしには友人と楽しむために、(小牛どころか)山羊一匹下さったことがただの一度もないではありませんか。
15:30 ところがあのあなたの息子、きたない女どもと一しょに、あなたの身代をくらいつぶしたあれがかえって来ると、肥えた小牛を御馳走されるのはどういうわけですか。』


●同じことは「人生の不平」にもつながる。「どうして俺だけがこんな目に遭わなければならないのだ」、「まじめな俺がどうしてこうならなければならないのだ」というのが人生の不平。パウロは次のように宥める。


塚本訳 ロマ 9:20-21
9:20 ああ人よ、いったい君は何者なれば、神に口答えをするのか。『作られたものが作った者に向かって、「なぜ『わたしをこんなものに造ったか」と言えるだろうか。』
9:21 それとも、『陶器師には、』同じ『粘土』の塊で、一つは尊い用途の、一つは卑しい用途の器を造る権利がないのだろうか。


 ●かって勤務していた企業でのこと。労働組合運動に積極的に参加しなかった私に対して組合の委員長が「おい、お前と同じ年齢のアイツの方が高橋より給料がずっと多いぞ」。と不満を焚きつけて組合運動に誘った。私は彼の顔が「悪魔」に見えた。組合の執行委員長にこういう人物を抱えていた会社は間もなく消滅した。


塚本訳  マタ 4:3-4
4:3 すると誘惑する者[悪魔]が進み寄って言った、「神の子なら、(そんなにひもじい思いをせずとも、)そこらの石ころに、パンになれと命令したらどうです。」
4:4 しかし答えられた「『パンがなくとも人は生きられる。(もしなければ、)神はそのお口から出る言葉のひとつびとつで(パンを造って、)人を生かしてくださる』と(聖書に)書いてある。」



●共産主義は富への嫉妬、天皇制批判や体制批判は権力への嫉妬。わたしはそういう嫉妬人物の「育ち」を知っているからまともに意見を聞くわけにはいかないのだ。●12月3日に秋川ドコモで新しく購入した携帯電話の使い方をドコモ小伝馬町で聞く。この機種(FOMA F882iES)はスグレモノ。ホームページ、バイブル、ヤフーも見ることができる。びっくりした。●16:30昭和女子大で「文化創造学科」教師懇談会。平井聖学長を囲んで忌憚ない意見を述べた●某教授の意見「大学に入って自分は何をしたいか何を学ぶべきかを決めかねている人がいるが、それが普通。」●どんな人間になるかわからなくても教育する早稲田の人間科学部、国際基督教大学の教養学科などは教育の最先端との話題もでた。●矢内原忠雄先生は卒業式に「東大聖書研究会」の生徒を集めて言った「君達はこの大学で今学んでいるこの学問は何のために役に立つのかわからないこともあったであろう。しかしいつの日にか、あのときあの勉強をしておいてよかったと分かる日の来ることを願う」。(その席でこれを聞いた大島智夫先生に伺う)



s2006_1208_201428AA.jpg


あきる野市の自宅近くのイルミネーション これぐらい小さいものがよい 


           2006.12.8 20:00


●本日の携帯電話に記された有酸素歩行(一分間60歩以上を10分間以上継続歩行したときにのみカウントされる)は8175歩。この携帯電はスグレモノ(FOMA F882iES・富士通)だ。もう品薄。私の場合は切り代えでかつポイントもあったので1700円で購入できた。お勧め。



トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


愛されなくなったとき ++++++++ 所感

2006/12/07 08:50

061207(木)6時半起床●朝風呂で日経「私の履歴書」読売新聞主筆の渡邊恒雄。学生のとき、激しく恋をする。「悪いこととは思いつつ」偶然に彼女の日記をのぞいてしまう。するとそこには好きな人に対する想いが綿々と書かれている。絶望して読み進められず、すぐ遺書を書いて恩師に速達。さらに読み進めるとなんとその「好きな人」とは自分のこと。びっくりして二通目を書く。「自殺は取りやめます」・・・・しかしこの恋は実らなかった。●相思相愛でも結婚に至らないことがある。なぜか。そこに神が介入してないから。正しい結婚は神との契約。だからそれは相手に対する片思いでなければならない●ある結婚式で牧師が新郎新婦のそれぞれににすばらしいことを誓わせた。「○○さん。あなたは○○さんが病めるときも健やかなるときも、もし不幸にも○○さんがあなたのことを愛さなくなったときでもあなただけは○○さんのことを生涯愛し続けますか」。これに誓うものは自分への死である。●これは人生のすべての場面への応用である。夫に、妻に、親に、子供に、先生に、上司に、部下に、愛されなくなったときでも「少なくともあなたの方だけは相手を愛し続けなければならない。」その人のためを思って「隠れた祈りを捧げなければならない」。なぜか。契約は相手とではなく神に対するものだから。●マテマテ、あまりカッコイイことを説教するとまた「お前は人に教えて自分に教えないのか」と神に鉄槌を食らわせられる。●愛されるべき人に愛されなくなったら、「これも宿命」と思えばよい。世の中にはそういう悲劇の人が大勢いるのだ。ジェントリーに分かれるのがよい。


塚本訳  ロマ 12:17-19
12:17 だれにも悪をもあって悪に報いず、どんな』人の前でも善をするように心がけよ。』
12:18 出来るなら、(少なくとも)あなた達の方では、どんな人とも仲良くせよ。
12:19 愛する者たちよ、自分で仕返しをするな、(裁きの日の神の)怒りにまかせよ。こう書いてあるではないか、「主は言われる、『仕返しはわたしのもの、』わたしが『報いをする』と。」


●18節塚本敷衍の(少なくとも)は実に効き目がある。一方的な愛である。忍耐の愛である。報復しない愛である。相手の生涯の幸福を祝福し祈り続ける愛である。


 文語訳  ルカ 23:34a
23:34 かくてイエス言ひたまふ『父よ、彼らを赦し給へ、その爲す所を知らざればなり』


塚本訳  ルカ 23:34a
23:34 するとイエスは言われた、「お父様、あの人たちを赦してやってください、何をしているか知らずにいるのです。」


TEV ルカ 23:34a
23:34 Jesus said, "Forgive them, Father! They don't know what they are doing."


●日経「私の履歴書」読売新聞主筆の渡邊恒雄に思うこと。共産党を除名されるがこういう経歴のものは就職がうまくいかない。ところが読売が彼を拾った。氏の特徴はその「哲学的思索」。金、金、金の時代にこういう人物に目をつけた読売は目が高かった●かって連合設計社市谷建築事務所に勤務していたときのこと。忙しい仕事になったとき、社長に対して「日曜日は仕事をすることができません」と言ったら、「それは君のレーゾンデートル(存在理由)だ」と誉められた。私はよい職場に恵まれたものだと思った。しかしその社長は長く床に伏せっている。回復を祈る●昨夜聴いたスェーデン放送合唱団は無名であったが指揮者のクラウディオ・アバドに見いだされて一躍世界的に有名になった。テルツ少年合唱団もドイツの一寒村の教会聖歌隊であったがそのすばらしさが「自然に」知れ渡って世界的になった。テルツはミュンヘンから40キロのアルプスの麓の一寒村、私の地図には出ていない!!●異教国日本の無教会が世界的な神学者エミールブルンナーに見出されて世界中に知られるようになったのもこれに似ている。ただしその無教会の主流は首都になく、先生になく寒村にあるときにそれは健全。見よ、いま都心の無教会主義集会は「三位一体の有体的復活の正統信仰」がぐらついて「塩気を失った塩」になっている。大先生の思想墨守団体、趣味神学知識のサークルに似たものに堕落している。キリスト教の匂いに欠けている●生命の延命処置。組織の延命処置はいずれも神なきこの世の不信仰人間の「あせりと心配」の姿。あわれな姿。人間は死ぬ。組織はその時代の役目が終了すると消滅する。それが神の目的。宿命。


塚本訳 ルカ 12:16-21
12:16 そこで一つの譬を人々に話された、「ある金持の畑が(ある年)豊作であった。
12:17 『どうしよう、わたしの作物をしまいこむ場所がないのだが…』と金持ちはひそかに考えていたが、
12:18 やがて言った、『よし、こうしよう。倉をみなとりこわして大きいのを建て、そこに穀物と財産をみなしまいこんでおいて、
12:19 それからわたしの魂に言おう。──おい魂、お前には長年分の財産が沢山しまってある。(もう大丈夫。)さあ休んで、食べて、飲んで、楽しみなさい、と。』
12:20 しかし神はその人に、『愚か者、今夜お前の魂は取り上げられるのだ。するとお前が準備したものは、だれのものになるのか』と言われた。
12:21 自分のために(地上に)宝を積んで、神のところで富んでいない者はみな、このとおりである。」


塚本訳 ルカ 12:22-26
12:22 それから(また)弟子たちに言われた、「だから、わたしは言う、何を食べようかと命のことを心配したり、また何を着ようかと体のことを心配したりするな。
12:23 命は食べ物以上、体は着物以上(の賜物)だから。(命と体とを下さった神が、それ以下のものを下さらないわけはない。)
12:24 烏をよく見てごらん。まかず、刈らず、納屋も倉もないのに、神はそれを養ってくださるのである。ましてあなた達は、鳥よりもどれだけ大切だか知れない。
12:25 (だいいち、)あなた達のうちのだれが、心配して寿命を一寸でも延ばすことが出来るのか。
12:26 それなら、こんな小さなことさえ出来ないのに、なぜほかのことを心配するのか。


●物理学の世界の真理で「質は量に変化する」。この代表例は核爆発。しかし量から質には変化しない。これ経済の世界でも同じ、質のある企業は大きくなるが大会社必ずしも質を有していない。質を見失う。●組織がジリ貧になり衰退するのは「本質」を見失うから。だからそうなってから延命処置に努力しても徒労。過去のやり方をまねしても徒労。これ家庭にも言える。教会にも言える。無教会主義集会にも言える。聖書をそっちのけで「○○先生、今日にあらしめれば」などと言ってカビの生えた本を引っ張り出しても無駄。それは今の時代を見ない罪悪。●妻と市内の広徳寺に散歩●妻と全盲の星野利男さんをお見舞いし、「祈りの友」12月号を朗読●あきる台病院に集会の釘本京子さんを見舞う●今日の歩数、1万687歩。とにかく歩けばやせるらしい


s2006_1206_135349AA.jpg


 広徳寺山門より有名な大銀杏を見る。銀杏の時期は終わっていた。


          2006.12.7. 13:30


s2006_1206_140514AA.jpg


 広徳寺山門の楓、 この日本的なるもの。この山門は江戸時代中期のもの。


            2006.12.7  13:30


s2006_1206_135548AA.jpg


 広徳寺,1390年開山の古刹 、臨済宗(開祖は栄西)。屋根のデザインがよい。 日本的なデザイン。なぜか落ち着く。人物は妻。


            2006.12.7 13:40


s2006_1206_163011AA.jpg

市内の病院にご入院中の集会の釘本京子さんを見舞う。


なじみの花店に寄る。花かごをアレンジしてくれた。立派な芸術。


左から花店の女主人、高橋トミ子、高橋照男。   


       2006.12.7 16:20





 


 


 


 


 


 


 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


隠れた祈りの力 ++++++++ 所感

2006/12/06 07:14

061206(水)4時半起床●朝風呂で日経「私の履歴書」読売新聞主筆の渡邊恒雄。天皇制に反発して共産党に接近するが、その軍隊的な思想に疑問を感じて入らず。この人古典的教養があるから「集団性」「共同体性」に汚染されない。東大の「新人会」に入って「個の自主性」を訴える。この会の写真に南原繁が一緒に写っている●新流行語大賞になった「品格」は藤原正彦著「国家の品格」から来ている●渡邊恒雄が共産党という集団に引き込まれなかったのは古典を読んだからである。個の確立の方が大切と認識したからである。そういう人生観の人間の方が逆に家庭、所属企業、国家のために有益な人物になる。国家や会社や思想団体よりも「個」の方が上である。●若者よ、国家や企業や思想団体に飲み込まれるな。●祈りは隠れた祈りが聴き届けられる。


文語訳  マタ 6:6
6:6 なんぢは祈るとき、己が部屋にいり、戸を閉ぢて、隱れたるに在す汝の父に祈れ。さらば隱れたるに見給ふなんぢの父は報い給はん。


塚本訳 マタ 6:6
6:6 あなたが祈る時には、『奥座敷に入り、部屋をしめきった上で、』隠れた所においでになるあなたの父上に『祈れ。』そうすれば、隠れたことを見ておられるあなたの父上は、褒美をくださるであろう。



新共同 マタ 6:6
6:6 だから、あなたが祈るときは、奥まった自分の部屋に入って戸を閉め、隠れたところにおられるあなたの父に祈りなさい。そうすれば、隠れたことを見ておられるあなたの父が報いてくださる。


TEV マタ 6:6
6:6 But when you pray, go to your room, close the door, and pray to your Father, who is unseen. And your Father, who sees what you do in private, will reward you.


●隠れた祈りができる人は「神の力」というものを固く信じている人。神の力を信じられない人ほど「行動に出て」社会派信者となる。かってその一人がわたしに言った「何もしないよりは少しでもした方がよいのではないか」と。彼は「神の力」というものを信じられないでいるから行動に出たがる。不信仰の典型。彼らに習ってはならないとはイエスも次のように言う。


文語訳  マタ 6:5
6:5 なんぢら祈るとき、僞善者の如くあらざれ。彼らは人に顯さんとて、會堂や大路の角に立ちて祈ることを好む。誠に汝らに告ぐ、かれらは既にその報を得たり。


塚本訳 マタ 6:5
6:5 また祈る時には、偽善者のようにしてはならない。彼らは人に見せようとして、礼拝堂や大通りの角に立って祈ることを好むのである。アーメン、わたしは言う、彼らは(褒められた時、)すでに褒美をもらっている。


●積算協会の村山さんと音楽談義●17:00 コストスクール執行部会議●19:00妻とオペラシティでスェーデン放送合唱団演奏会。モーツァルトとフォーレのレクイエム。世界最高峰の合唱団を聴けて満足●なぜこんなにすごいのだろうか。帰途、西東京合唱団の山田氏と懇談して意見が一致したことは指導者(引退したエリック・エリクソン)の水準の高さ。これはオーケストラの指揮者、野球の監督も同じ、然り教会の牧師も同じ。会社の社長、一家の主人についても言えること●ソーシャルダンスの出来栄えは9割が男性のリードにかっかっているそうだ。家庭の建設また同じ●世の中の会議と言う会議はすべて組織維持のための経済運営の方策会議。市場経済で組織維持がそんなに大切だろうか。消滅するべきものは消滅するのではないだろうか。


s2006_1206_062917AA.jpg


早朝散歩 朝焼け 2006.12.6 6:20


s2006_1206_063430AA.jpg


あきる台公園でラジオ体操。指導者が模範演技をしてくれる 2006.12.6 6:30


s2006_1205_194758AA.jpg


オペラシティコンサートホールで、世界最高峰のスェーデン放送合唱団演奏会を鑑賞。モーツァルトとフォーレのレクイエム。最高!。


2006.12.6 19:00


s2006_1205_211125AA.jpg


オペラシティのクリスマスツリーは豪華 2006.12.6 21:00






 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


人も仕事も愛せなくなったとき ++++++++ 所感

2006/12/05 06:16

061205(火)3時目覚め、4時半起床。朝の黙想。「人生がむなしくなったとき」●朝風呂で日経「私の履歴書」読売新聞主筆の渡邊恒雄。軍隊に入営するとき抱えていった本。カントの「純粋理性批判」、ウィリアムブレイクの「詩集」、研究社のポケット英和小辞典、偉くなる人は読む本が違う。●イマドキのワカイモンはベストセラーのやわらかい本ばかり読んでいるから発想が軟弱。それは大体「自分の専門分野の本」、あるいは金儲けに成功する本か娯楽本。第一、建築士になろうとする人間が「聖書」もラスキンも読んでいないようでは『優れた建築』ができないのは目に見えている。これすべての分野において共通。精神性がナッチャイナイ●人も仕事も愛せなくなって空しくなるというのは、1・暇なとき、2・いやな人やいやな勤務先の仕事をするとき。 1については忙しくなれば解消する。ただし根本解決にはならない。2については、そのうちそのいやな人と一緒に仕事をしなくても済む「時」が必ずくる。義務だと思ってしばらく我慢する。楽になる「時」が必ず来ると信じ続ける●ドイツの諺に「明日は我らの日だ」という言葉があることを教えられたことがある。しかしこれも根本解決にはならない●私は30代のとき、愛する人の建築をしたときが労働の喜びの「開眼」であった。仕事は「金」ではない。「名誉欲」でもない。この身を好きな人に捧げるときに「労働の喜び」が満たされる。そのときは自分の利益を捨てて、自分の周囲のものを総動員してその愛する人に尽くす。家庭も勤務先も利用する。●「空しさ」の根本解決は人間相手でなく神相手に仕事をすること●スェーデン放送合唱団でモーツアルトのレクイエムを鑑賞。声の質が違う。信仰がある。●勤務先の仕事が空しくなったときはどうするか。人生二足のわらじ論で生きる。日銀の故吉野理事は森鴎外の研究で第一人者でもあった。家の庭に鴎外研究の別棟の書庫を持ち、一定時間はそこに閉じこもった。これ二足のわらじで生きて本業も栄えた良い例。●二足のわらじの一方はスポーツやサークルや娯楽ではなく、何か一つの「研究」がよい。それには小遣いをつぎ込むべきだ。●13:10昭和女子大講義。今日から3回「請負契約約款」について。「契約行為の中で請負契約が最も高度で困難。なぜなら目に見えないものを築き上げることを約束して契約金を支払うのだから。それは結婚式とおなじ。目に見えない家庭を築き上げることに対する「契約」。それは冒険であり駈けである」と話した。●各所にイルミネーションがともった。


s2006_1205_070914AA.jpg


早朝散歩 最も冷え込んだ朝 雪の富士が美しい 2006.12.5 6:50


s2006_1205_175444AA.jpg


    昭和女子大のイルミネーション 


なかなかよいデザインだ。品がある。設計が良い


     2006.12.5 17:50


s2006_1205_181832AA.jpg


 武蔵溝の口駅前のイルミネーション これはけばけばしい。


          2006.12.5  18:20 


s2006_1205_194545AA.jpg


あきる野市のイルミネーション 少々やりすぎだ 2006.12.5 19:45

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


日本人に罪の自覚が希薄なわけ ++++++++ 所感

2006/12/04 08:39

061204(月)4時50分起床。●朝風呂で日経「私の履歴書」読売新聞主筆の渡邊恒雄。戦争による学徒動員、勤労動員のため東大哲学科の学業が短くなる。東大卒が人生のパスポートではない。●「知識人の宗教観」(三一書房)の遠藤周作の部分を読む。「(遠藤周作)日本は共同体のなかで個の自立ができず、責任観念が乏しくて、その意味で罪の意識に欠けるところもあったわけです。ですからキリスト教の導入はそうした近代的自我の自立に応える意味がありました。対談者保井温「内村鑑三などはそうですね」・・・至言。官製談合事件の根本はここにある。●ロッキード事件裁判の時、全日空の若狭得治社長は「私は会社のためを思って(贈賄を)やったのだ」と無罪を主張したが、世論はその考えを有罪とした。日本健全なり。人間の個人の倫理は共同体や仲間意識よりも上でなければならない。●「赤信号みんなで渡ればこわくない」。「みんながやっているではないか」。「集団維持のためには嘘も方便」「仲間をかばうための嘘は美徳」。「企業の維持発展のためには贈収賄も善」などの思想は罪。日本には個の確立ができていなからそう言いう思想を善とする。真の人格神への信仰がないからそうなる。●こういう思想は結果的に仲間割れを生じて集団や企業の崩壊を招く。ライブドアの醜い仲間割れがその例●「内村鑑三よ今あれかし。日本は汝を要す。来たりて我らを教えよ」(ワーズワースのミルトンへの呼びかけの言葉をもじる。)●チャイコフスキー「白鳥の湖・ハイライツ」をアナトール・フィストラーリ指揮アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団1960年ごろで鑑賞。非常に心地よいのはこれが名演ばかりでなく、中学のときにこの演奏で耳ができていたからではないか。●親としては、子供に対して「よいもの」を中学・高校」時代に徹底的に触れさせる義務がある。芸術、宗教。ところが今日の偏差値教育ではこの右脳への教育をおろそかにしている●昨日購入した携帯電話に万歩計が付いているので励みとなり、普通は自転車で行くところを往復6500歩歩く●新年会のテーブル準備。合計14名になる。●手紙2通


●秋の風景4枚


s2006_1204_152927AA.jpg


あきる野市庁舎屋上よりあきる野丘陵を望む。右下はよく行くあきる野図書館


            2006.12.4 15:00


s2006_1204_153103AA.jpg


あきる野市庁舎屋上より父母が眠る秋川霊園を望む。いずれ私たちもあそこに眠るのだ。NO!。その後は復活だ。永遠の生命だ。


             2006.12.4 15:00


 


s2006_1204_154850AA.jpg


        秋の夕陽 2006.12.4 15:30


 


s2006_1204_155021AA.jpg


           夕陽に映える雲 2006.12.4 15:30



●夜、トミ子は合唱の練習。バッハ「クリスマスオラトリオ」。本番のドイツからの指揮者が来たと言う●NHKTV19:30「いじめの実態」。「いじめの心理は自分の存在を確かめるためである」とは実にいいところまで指摘したが今一歩。●私に言わせれば「自分とは何か」がわからないから、いじめで自分を確立するのだ。つまり、神の前における自己確認がないからこうなる。つまり宗教教育なきところには「自己確認」「自己認識」がないから、他人をいじめてようやく自己の存在を知り安心する。いじめて自己の存在を認識する。確立する。神に愛されているというところに自己存在の認識がある●「いじめ」は今日の学校教育が無神論の唯物主義に基づいているからである。宗教を教えない公立学校にいじめや非行が多いと聞くが・・・・・・・。





 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


すべてのことに時がある ++++++++ 所感

2006/12/03 07:26

061203(日)5時起床。「すべてのことに時がある」がひらめき、今日の話の準備ができた●朝風呂で日経「私の履歴書」読売新聞主筆の渡邊恒雄。旧制東京高校の時のこと。軍国主義的教育に反発して数人で教師に殴るけるの暴行。学校側が「やった人間は申し出よ」と言うとまじめな生徒も含めて47名が自首。その多さに学校側は処分をやめたという●今日の話の骨子。「神のなさることには時にかなって美しい」ということ。神が人を召すときには「時」がある。まだまだと言うときとここぞと言うときがある。ここぞと言うときはその人が最も大切と思っていることを無残にも取り上げられる。しかし神に取り上げられたものはその目的が達せられると必ず回復される●恩恵の風もちょうどよいときにちょうど良い風が吹いてくる●クリスチャンが「いじめ」られるのもちょうどよいときに「いじめられる]ものだ。いじめの最大はイエスの弟子、ナルドの香油を注いだことに対してマリヤを「いじめた」。パウロはクリスチャン達を「いじめた」。初代キリスト教徒は「この世、この世」と言ってこの世を憎悪したので逆にいじめられた。●集会は藤巻、杉崎、高橋(「弟子の覚悟」「聖書の風」「聖書のいじめ」。三つの話に共通なことは「時」)●高木博義さんと吉祥寺まで●15:00キララホールで「ローマ弦楽合奏団」演奏会を鑑賞。ソプラノがよかった。弦楽合奏はさすがに優秀。ビバルディ「四季」●携帯電話故障で新機種に買い換える。カメラ付き、Iモード付き、万歩計付き。電話帳がそっくり移動できたのはありがたい。しかし満載の新機能を覚えなくてはならないかとおもうとすこし憂鬱。


●秋の景色 4枚


s2006_1203_061049AA.jpg


今朝の窓 2006.12.3 6:00 荘厳だなー 


s2006_1203_133820AA.jpg


秋の空に飛行機が飛ぶ。白い色をしている 2006.12.3 14:30


s2006_1203_142333AA.jpg


秋川駅前通りのロケーション 山が見える都市計画はグッド。


             2006.12.3 14:30


s2006_1203_191512AA.jpg


   イルミネーションが好きな夫人がいる家。ただしやりすぎ。


              2006.12.3 19:00

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


患難(なやみ)の日になんぢに呼(よば)はん  ++++++++ 所感

2006/12/02 07:09

061202(土)5時起床●朝風呂で日経「私の履歴書」読売新聞主筆の渡邊恒雄。開成高校でのこと。学校は人間を作らない。よい友人よい教師との出会いは人生の喜びの一つだが、それが人間を形成するわけではない。真の出会いは「神とキリスト」。これは学校では教えない。学校は地元がよい。●奥さんは日本人がよい。建築材料、食品、お酒なども地元のものがよい。旅も近くがよい。キリスト教も国産キリスト教の「無教会主義」がよい。●「人生を楽に歩む道」は神を信じて生きる道。これヒルティの「幸福論」の結論。そりゃそうだろう。神の存在が5分5分なら「いる」にかけた方が得なのはあたりまえだ。死んでみて来世で神などいなければそれでモトモト。「いない」にかけた方が楽で自由だから「幸福だ。面白い」という人生観には出会ったためしがない。これ宗教でメシを食ってない私が言うのだから間違いない。「耳あるものは聞け」●宗教や信仰などは人生が順風満帆の時には必要ない。悩みの日にフト思い出せばよい。人生、悩みの日に主を呼べ。


口語訳 詩  20:1
20:1 主が悩みの日にあなたに答え、ヤコブの神のみ名があなたを守られるように。


文語訳 詩  50:15a
50:15  なやみの日にわれをよべ我なんぢを援(たす)けん而(しか)してなんぢ我をあがむべし


文語訳 詩  86:7
86:7  われわが患難(なやみ)の日になんぢに呼(よば)はん なんぢは我にこたへたまふべし


口語訳 詩  102:2
102:2 わたしの悩みの日にみ顔を隠すことなく、あなたの耳をわたしに傾け、わが呼ばわる日に、すみやかにお答えください。


●悩みの日に「酒や異性や享楽や趣味道楽」に走るな。「科学的判断、経済的判断、諦念、」に走るな。それは自力解決に絶望する日。断念する日。常識が通じなくなる日。天国に入る門の近い日。恩恵の日。間違っても新興宗教やお稲荷さんに走ってはならない。●フォーレのレクイエムをアンドレ・クリュイタンス指揮コロンビア管弦楽団1950年版で鑑賞。普通この演奏は1962年のパリ管弦楽団のものが有名。1950年版は貴重。日野原重明先生は臨終のときはこの曲を聴くきたいという。●早朝に子供の一人から「蜂に刺された!どうしよう」と緊急電話。「アンモニアがなければ誰のでもいいからオシッコをかけなさい」と指示。これ老人の知恵。●尿は有益。その昔私に「尿療法」を盛んにすすめてくださった方がいた。毎朝自分の尿をコップ一杯「ぐっと」飲むのだそうだ。栄養満点。(ナニ、自分のじゃないか、汚くはない)。その人の肌はツヤツヤであった。これの実行者は黙っているが推定300万人はいると言うのだが・・・・・・私は飲んでいない。念のため。●14:00妻とキララホールに「日の出混声合唱団演奏会」を聴きに行く。男性陣がよかった。アンコールのアメイジンググレイスとアベベルムコルプスがよかった。アンコールのときは指揮者から曲目の解説があった。これはよかった。アメイジンググレイスは歌詞がよい。深い信仰の歌詞がよい。アベベルムコルプスの「まことのお体」に意味も信仰的にふかい。この内容に立たないとグノーシス的土壌のわが国にはキリスト教が根づかないと感じた。指揮者の解説で『この曲は私の友人のモーツアルトが250年前に私のために作曲したものです」と笑わせた。


●あきる野の秋。写真3枚


s2006_1202_131928AA.jpg


s2006_1202_132114AA.jpg



s2006_1202_132559AA.jpg


●夜、妻は合唱の練習●モーツァルトセレナード13番(アイネクライネナハトムジーク)をベーム+ウィーンフィル1974で鑑賞。これは最高。

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲




| Top | Next
0814