to 日記と感想 2007年07月
Top | RSS | Admin

2007.06 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2007.08


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171030(月)10:00 聖路加 桑本先生
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170824(木)12:10キララホールエントランスコンサート、マリンバ
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170813(日)10:30ナザレン教会浦和教会
    170813(日)14:00比企紀和君
    170812(土)14:00お江戸こらりあーず演奏会、文京シビックホール
    170809     TW誕生日
    170809(水)17:16初音吹奏楽、府中の森芸術劇場ドリームホール
    170808(火)0930池谷医院
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170708(土)14:00在宅医療説明会(キララホール)
    170707(金)10:00池谷医院
    170706      TM誕生日
    170702(日) 集会感話
    170701      TT誕生日
    170630(金)12:20キララホールエントランスコンサート
    170628      IY誕生日
    170627(火)11:00 能城牧師来訪
    170625)日)10:10トミ子集会感話
    170625(日)14:00茅ヶ崎金子邸
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール


人生はほねおりと悩みだけだ ++++++++ 所感

2007/07/31 11:17

070731(火)3時40分目覚め。6時間睡眠●「関根正伝道50年史年表」を読む。森田外雄氏畢生の作。森田氏の家庭の血が注がれている。●朝風呂で日経「私の履歴書」読売巨人軍終身名誉監督、長嶋茂雄。最終回。彼のような人生がいわゆる成功の人生なのだろう。人の世で賞賛され、死ぬ時は惜しまれて死ぬ●しかしクリスチャンの人生はそうであってももちろん良いが、神にのみ知られる人生の方が栄光の障害だ。特に神の国の真理に殉教する人生が栄光だ。●神の国の真理とは「何かをするのではなく」、難や悩みを負わされて泣く人生だ。それでも神への信仰を失わないで生きる人生だ●人生はこれ一生骨折りと悩みだ。4000千年前のユダヤの詩人言う通りだ。それは今も真理だ。犯すはずでない過ちも犯してしまうのだ。これ悩みの最大のことだ。


口語訳 詩  90:10
90:10 われらのよわいは七十年にすぎません。あるいは健やかであっても八十年でしょう。しかしその一生はただ、ほねおりと悩みであって、その過ぎゆくことは速く、われらは飛び去るのです。


新改訳 詩  90:10
90:10 私たちの齢は七十年。健やかであっても八十年。しかも、その誇りとするところは労苦とわざわいです。それは早く過ぎ去り、私たちも飛び去るのです。


新共同 詩  90:10
90:10 人生の年月は七十年程のものです。健やかな人が八十年を数えても/得るところは労苦と災いにすぎません。瞬く間に時は過ぎ、わたしたちは飛び去ります。


●しかし何の幸いか、人生の途次で「絶対恩恵による無条件の罪の許し」という絶大なる不思議な福音の出会って、人生は成功である。それは人生の晩年えもよい、臨終のときでもよい。神は赦す。神は救う。「ギブアップ」「参った」「ごめんさい」と呟きさえすればよいのだ●真に人のためになる仕事の発想は「清い生活」「清い思想」から湧き出る。金儲けの心にどっぷり浸っているとそれが出ない。清い生活とは祈りの生活。日曜日となるとすぐゴルフに行ったり遊びに行っているようでは良い発想は湧き出ない。教会に行って身も心も清めなければならない●日曜日も時間を惜しんで働くようではアイツも先がないなー●札幌農学校で内村鑑三の同期の人間、一番から七番は全員クリスチャン。月曜日から試験でも日曜日は勉強しなかった。普段清く正しい生活していたからこうなる。●過去日記、略歴追加●図書館CD●夕食後に歯科、歯茎の腫れ。平穏な一日。


s2007_0731_181243AA.jpg


夕陽の我が家。讃美歌43番を口ずさむ。


讃美歌43番


1. みかみ の たましい この ひ日も 暮れけり,


   いざ や けさ の ごと みめぐみ を たたえん.


 2. ひかり に むかいて めぐる 地 と とも に,


   知 に ある みたみ は みわざ に いそしむ.


 3. くにぐに, しまじま, しずか に 明けゆき,


   いのり わ もださず, ほめうた は つきず.


 4. われら に わかれて かくれし ひかげ は,


   西 に 住む 友 を みわざ に ぞ さます.


 5. おこりて ほろぶる 世 の くに に かわり,


   ときわ に さかゆる みくに ぞ とうとき.


 


 


スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


悩みの日に主を呼べ ++++++++ 所感

2007/07/30 08:08

070730(月)5時起床●朝のひらめき。「悩みの日に主を呼べ」「欲しいものは何でも求めよ」「祈りと願いをことごとく求め」●朝の目覚めのときは不思議に聖句が浮かぶ。


口語 詩篇50:15


50:15 悩みの日にわたしを呼べ、わたしはあなたを助け、あなたはわたしをあがめるであろう



塚本訳マタイ7:7


7:7 (ほしいものはなんでも天の父上に)求めよ、きっと与えられる。さがせ、きっと見つかる。戸をたたけ、きっとあけていただける。



塚本訳マタイ6:31-34



6:31 だから、『何を食べよう』とか、『何を飲もう』とか、『何を着よう』とか言って、心配するな。


6:32 それは皆異教人のほしがるもの。あなた達の天の父上は、それが皆あなた達に必要なことをよく御承知である。


6:33 あなた達は何よりも、御国と、神に義とされることとを求めよ。そうすれば(食べ物や着物など)こんなものは皆、(求めずとも)つけたして与えられるであろう。


6:34 だから、あしたのことを心配するな。あしたはあしたが自分で心配する。一日の苦労はその日の分で沢山である



 


 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


家庭礼拝をする ++++++++ 所感

2007/07/29 21:53

070729(日)5時半起床●NHKTV3CH「こころの時代」。「人生の荷物は小さい方がよい」禅僧のトーマス・カーシュナー●朝風呂で日経「私の履歴書」読売巨人軍終身名誉監督、長嶋茂雄。現役復帰で日本一になる。●4人で家庭礼拝。讃美歌509番を土台に「聖書の老人」にういて関連聖句を朗読した●14:30あきる野映画祭で「ボクはやっいない」。えん罪事件。裁判は絶対出ない。●参議院選挙の結果は与党自民が大敗。しかし世論の声は神の声ではない。


s2007_0729_064405AA.jpg


庭木を刈り込んでさっぱりした。プロだから思い切ってバッサリやったところに関心。


s2007_0729_121841AA.jpg


家庭礼拝、前列左から 石川緒子、釘本寛子。後列左から高橋照男 高橋トミ子。讃美509番を土台に「聖書の中の老人」について話す。


●妻は「もくせい合唱団」で「メサイア」の練習●私はあきる野映画祭で「それでもボクはやってない」を鑑賞。えん罪事件。人間の裁判は絶対ではないことを学んだ。特に裁判官は書面審査であるから実際のところはわかりにくい●映画の中でえん罪の犯人が「神のみぞ知るということは信じられなくなった」とつぶやいたのが印象的であった●参議院選挙は自民大敗。しかし民意必ずしも「神の声」でない。選挙はマスコミの影響がかなり大きい。

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


庭木の手入れ ++++++++ 所感

2007/07/28 10:33

070728(土)5時半起床。早朝散歩。キジ、鳩、雀の鳴き声。ここはウィーンではないが、確実に鳴いている。ベートーヴェンは聞こえなかったが私はまだ聞こえるから感謝だ。


s2007_0728_055210AA.jpg


あきるの名物のトウモロコシがぐんぐん伸びている。夏にわたしの家に来ればとうもろこしのお土産があると思っておられた亡き大熊好子さんを思う。


s2007_0728_060409AA.jpg


思わぬところに種が飛んできて伸びている我が家の百日紅(さるすべり)。福音と同じだ。思わぬ人に落ちて芽が生える。しかもぐんぐん伸びる。これぞと思う人に福音は入らない。なぜか。福音は神が撒くものだから。


●朝風呂で日経「私の履歴書」読売巨人軍終身名誉監督、長嶋茂雄。12年ぶりで巨人軍監督に復帰。若い人たちの気持ちが前とは違うことに気が付く。息子一茂の成績が悪いので自分から戦列から外れるように勧告する。大きなことのために「子を捨てる」ということは大切なこと。イエスは神の国のためには家を捨てよ妻子を捨てよと言ったことを思い出した。ルカ18章28-30節。これ人間の意志では到底できない。またしてはならない。神によって泣く泣く捨てさせられるのだ。18節にはペテロの嘆きが聞こえる。


文語訳  ルカ 18:28-30
18:28 ペテロ言ふ『視よ、我等わが物をすてて汝に從へり』
18:29 イエス言ひ給ふ『われ誠に汝らに告ぐ、神の國のために、或は家、或は妻、或は兄弟、あるひは兩親、あるひは子を棄つる者は、誰にても、
18:30 今の時に數倍を受け、また後の世にて永遠の生命を受けぬはなし』


塚本訳 ルカ 18:28-30
18:28 ペテロが(イエスに)言った、「でも、わたし達はこの通り、自分の持ち物をすててあなたの弟子になりました。」
18:29 彼らに言われた、「アーメン、わたしは言う、神の国のために家や妻や兄弟や親や子を捨てた者で、
18:30 この世でその幾倍を、また来るべき世では永遠の命を受けない者は一人もない。」


●樋原洋次氏が来られて庭木の手入れをして下さった。すっかり風通しがよくなった。「手入れ」ということからヨハネ15章を思う。


塚本訳 ヨハ 15:1-4
15:1 わたしがまことの葡萄の木、父上は栽培人である。
15:2 わたしについている蔓で実を結ばないものは、父上が皆それを切り取ってしまわれる。また実を結ぶものは、より多く実を結ぶように、皆それを奇麗に刈り込まれる。
15:3 あなた達はわたしが語った言葉(を受け入れること)によって(汚れを除かれ)、すでに奇麗になっている。
15:4 わたしに留っておれ。そうすればわたしもあなた達に留っている。ちょうど蔓が葡萄の木に留っていなければ、自分で実を結ぶことが出来ないように、あなた達もわたしに留っていなければ、実を結ぶことは出来ない。


s2007_0728_171735AA.jpg


樋原洋次氏(愛真高校一期生)が来訪。愛真高校のこと、このたび世界遺産に指定された郷里大田の石見(いわみ)銀山のことなどを話した。もう一人の方は所用で昼で帰る。すっかりきれいになって風通しがよくなった。


●12:00妻とあきる野映画祭で「フラガール」を鑑賞。妻の郷里の常磐炭鉱の閉鎖にともなうハワイアンセンター設立に際して地元の若い女性たちがフラダンスを覚えて生活を支えた実話。妻は自分の年代が重なるので感慨深そうであった。力作。私は構造不況というものが各家庭に深刻な影響を及ぼすものだということを知った。●妻と参議院議員選挙期日前投票に行く。私は東京都は農業と医療に力を入れる政党に投票、比例代表は憲法九条を守る政党に入れた●夜、妻は「西東京合唱団」で「ドボルザーク・スターヴァトマーテル」の練習


●だめな人間はどんなに不幸にあっても反省しない。だから人間の「説教」では人間は目覚めない。「あるべき姿」を説いても従わない。人間的に何をやっても心を入れ替えないから、ただ「死に到る道を歩む」のみなのだ。そして虚無。生きがいをこの世的なことに求めるが得られない。この世のどんなことにも生きがいを見いだせない。空しい気持ちになる。ならない方がおかしい人間だ。



 


 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


老いの悩み ++++++++ 所感

2007/07/27 06:41

070727(金)4時半起床。書斎の窓から景色を見て「老いの悩み」について黙想。あきる野台地を早朝散歩するとインスピレーション。良い考えは机の前では浮かばない。大自然の景色をみて浮かぶ。


s2007_0727_054238AA.jpg


早朝散歩。法律家の家の門。その家の門は住人の職業や性格を表すものだ。身を正される建物は裁判所、教会、コンサートホール、みな同じ。


s2007_0727_054626AA.jpg


早朝散歩。窓に朝日が反射している我が家。神の光が我が家に射し込みますように。




●老いの悩みの解決は讃美歌509番だ。これはすごい歌詞だ。百千の老人論にはるかに勝る。宗教による現実逃避ではない。なぜか。老年の価値は人生の真の宝は神との交わりであることがわかる時期であり、かつ復活、来世、永遠の生命への希望に満ちる時期であることが謳われているからである。


讃美歌509番


1. 世の 楽しみ 失せされ,


   人 の 誉れ 消え ゆけ,


   身 を置く 里(さと)世に なしとも,


   我が 幸 こそイエスきみ.


2.宝も 名 も 流るる


   水の 上 の 月影,


   ありて 無き を などかは追わん,


   我が 富 こそ イエス きみ.



3. さらば 行け よ, 世の夢,


   朝日の影 射しきぬ,


   我が迷いを 明(さや)に示す


   御光(みひかり)こそ イエス きみ.


4. いざ や 湧かれん 浮世(うきよ) に,


   いざや迎えん  常世(とこよ) を,


   いざや迎えん 主の御胸に


   寄りて憩う その 日を


 



●パソコンで聖書の「老人」を検索すると32か所が一瞬に出てそれをパソコンに表示できる。パソコンの検索能力はすごい。またバイブルソフトの「Jバイブル」の威力はすごい。お勧め。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


検索 老人 [口語訳] 全書巻
ヒット数 検索 32


創    18: 11 [口語


さてアブラハムとサラとは年がすすみ、老人となり、サラは女の月のものが、すでに止まっていた。


創    18: 12 [口語


それでサラは心の中で笑って言った、「わたしは衰え、主人もまた老人であるのに、わたしに楽しみなどありえようか」。


創    18: 13 [口語


主はアブラハムに言われた、「なぜサラは、わたしは老人であるのに、どうして子を産むことができようかと言って笑ったのか。


創    19: 4 [口語


ところが彼らの寝ないうちに、ソドムの町の人々は、若い者も老人も、民がみな四方からきて、その家を囲み、


創    24: 1 [口語


アブラハムは年が進んで老人となった。主はすべての事にアブラハムを恵まれた。


創    25: 8 [口語


アブラハムは高齢に達し、老人となり、年が満ちて息絶え、死んでその民に加えられた。


創    43: 27 [口語


ヨセフは彼らの安否を問うて言った、「あなたがたの父、あなたがたがさきに話していたその老人は無事ですか。なお生きながらえておられますか」。


レビ   19: 32 [口語


あなたは白髪の人の前では、起立しなければならない。また老人を敬い、あなたの神を恐れなければならない。わたしは主である。


申    28: 50 [口語


顔の恐ろしい民であって、彼らは老人の身を顧みず、幼い者をあわれまず、


ヨシ   23: 2 [口語


ヨシュアはイスラエルのすべての人、その長老、かしらたち、さばきびと、つかさびとたちを呼び集めて言った、「わたしは年も進んで老人となった。


士    19: 16 [口語


時にひとりの老人が夕暮に畑の仕事から帰ってきた。この人はエフライムの山地の者で、ギベアに寄留していたのである。ただしこの所の人々はベニヤミンびとであった。


士    19: 17 [口語


彼は目をあげて、町の広場に旅人のおるのを見た。老人は言った、「あなたはどこへ行かれるのですか。どこからおいでになりましたか」。


士    19: 20 [口語


老人は言った、「安心しなさい。あなたの必要なものはなんでも備えましょう。ただ広場で夜を過ごしてはなりません」。


士    19: 22 [口語


彼らが楽しく過ごしていた時、町の人々の悪い者どもがその家を取り囲み、戸を打ちたたいて、家のあるじである老人に言った、「あなたの家にきた人を出しなさい。われわれはその者を知るであろう」。


Ⅰサム  28: 14 [口語


サウルは彼女に言った、「その人はどんな様子をしていますか」。彼女は言った、「ひとりの老人がのぼってこられます。その人は上着をまとっておられます」。サウルはその人がサムエルであるのを知り、地にひれ伏して拝した。


Ⅰ列   12: 6 [口語


レハベアム王は父ソロモンの存命中ソロモンに仕えた老人たちに相談して言った、「この民にどう返答すればよいと思いますか」。


Ⅰ列   12: 8 [口語


しかし彼は老人たちが与えた勧めを捨てて、自分と一緒に大きくなって自分に仕えている若者たちに相談して、


Ⅰ列   12: 13 [口語


王は荒々しく民に答え、老人たちが与えた勧めを捨てて、


Ⅱ歴   36: 17 [口語


そこで主はカルデヤびとの王を彼らに攻めこさせられたので、彼はその聖所の家でつるぎをもって若者たちを殺し、若者をも、処女をも、老人をも、しらがの者をもあわれまなかった。主は彼らをことごとく彼の手に渡された。


エズ   3: 12 [口語


しかし祭司、レビびと、氏族の長である多くの人々のうちに、もとの宮を見た老人たちがあったが、今この宮の基礎のすえられるのを見た時、大声をあげて泣いた。また喜びのために声をあげて叫ぶ者も多かった。


箴    17: 6 [口語


孫は老人の冠である、父は子の栄えである。


箴    20: 29 [口語


若い人の栄えはその力、老人の美しさはそのしらがである。


イザ   65: 20 [口語


わずか数日で死ぬみどりごと、おのが命の日を満たさない老人とは、もはやその中にいない。百歳で死ぬ者も、なお若い者とせられ、百歳で死ぬ者は、のろわれた罪びととされる。


エゼ   9: 6 [口語


老若男女をことごとく殺せ。しかし身にしるしのある者には触れるな。まずわたしの聖所から始めよ」。そこで、彼らは宮の前にいた老人から始めた。


エゼ   27: 9 [口語


ゲバルの老人たち、およびその熟練な人々は、あなたのうちにいて漏りを繕い、海のすべての船およびその船員らは/あなたのうちにいて、あなたの商品を交易する。


ヨエ   1: 2 [口語


老人たちよ、これを聞け。すべてこの地に住む者よ、耳を傾けよ。あなたがたの世、またはあなたがたの先祖の世に/このような事があったか。


ヨエ   2: 16 [口語


民を集め、会衆を聖別し、老人たちを集め、幼な子、乳のみ子を集め、花婿をその家から呼びだし、花嫁をそのへやから呼びだせ。


ヨエ   2: 28 [口語


その後わたしはわが霊を/すべての肉なる者に注ぐ。あなたがたのむすこ、娘は預言をし、あなたがたの老人たちは夢を見、あなたがたの若者たちは幻を見る。


ルカ   1: 18 [口語


するとザカリヤは御使に言った、「どうしてそんな事が、わたしにわかるでしょうか。わたしは老人ですし、妻も年をとっています」。


使    2: 17 [口語


『神がこう仰せになる。終りの時には、/わたしの霊をすべての人に注ごう。そして、あなたがたのむすこ娘は預言をし、/若者たちは幻を見、/老人たちは夢を見るであろう。


Ⅰテモ  5: 1 [口語


老人をとがめてはいけない。むしろ父親に対するように、話してあげなさい。若い男には兄弟に対するように、


テト   2: 2 [口語


老人たちには自らを制し、謹厳で、慎み深くし、また、信仰と愛と忍耐とにおいて健全であるように勧め、


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



●老いの悩み3つ。1・身体が不自由になる。(疲れる、痛い、筋力が衰える。階段の上り下り、立ち居振る舞いがつらくなる、病気がちになる、病気の回復が遅い)。2・脳が衰える。(物忘れ、うっかり、感受性の低下、もの覚えが悪い)。3・社会的に排除される。(定年、第一線から引く、新しい仕事がこない、若者にバカにされる)●老いの悲しみ3つ。1・死が近づく、2・過去の悔い、 3・新しいことへの挑戦意欲が低下。●しかしこれらの悩み悲しみはすべて「この世のこと」だ。●午後は休みをとる。池袋富士フィルムサービスセンターでデジカメ修理。さすが一流企業、社員が優秀で対応がよい。●16:30昭和女子大、福祉環境学科教師懇談会。木村教授が「福祉+建築」の概念は価値あるものと発言されたが、同感。●某会議で「このページは部外秘扱いにしたほうがよい」という発言があったが、その人物はどう見ても薄汚く暗い人物。将来伸びない。他の組織での経験だがそれと同じような性質(隠しぐせ)の人物がいて、皆に嫌われたらしく今はその組織にいない。つまり人間のデキが悪いのだ●何事も「隠そう」という思いが浮かぶ人間は三流人間。否、罪の匂いがする。金、収入、情報、知識などをことさら隠そうとする。●企業情報をひたすら隠そうとした結果、他社に負けた例をいくつも知っている。日本電気は建築ソフトを公開したので、クローズドシステムのIBMに勝利した。公開することにより良い外部情報が逆流したからである。建築CADの「オートCAD」はプログラムを公開することによって多くのユーザーがよってたかって改善改良、今ではナンバーワンになった。これ企業についても同じ。企業情報(それもあまり大したものでない)を隠すことがモラルで企業発展の原因と心得ている半可通(それは大体において人間の質が悪い)は早急に追放すべきである。なぜか。そういう人間を抱えていては企業の発展が望めないからである。とにかく人間が悪い。一刻も早く叩きだせ。●わたしの私生活もj情報公開だ。親切な人が寄ってたかって私を「改善改良」(?)してくれる。中には「憎しみ恨み」「ねたみ」から非難攻撃、誹謗、落とし入れようとする者、無き者にしようとする者などもいるが。それは益。なぜかというと真の友人が黙っていてもふるい分けれれるから。彼らには天罰が当たることは必至。私は知らない。勝手にしろ。どうにでもなれ。ただ言っておく。●「個人情報、個人情報の秘匿」を振り回す者はその心の根に「罪人の恐怖」「隠す性質」があるから匂いでわかる。その人物は明るくない


口語訳 創  3:8-10
3:8 彼らは、日の涼しい風の吹くころ、園の中に主なる神の歩まれる音を聞いた。そこで、人とその妻とは主なる神の顔を避けて、園の木の間に身を隠した
3:9 主なる神は人に呼びかけて言われた、「あなたはどこにいるのか」。
3:10 彼は答えた、「園の中であなたの歩まれる音を聞き、わたしは裸だったので、恐れて身を隠したのです」。


口語訳 ヨハ 3:19-21
3:19 そのさばきというのは、光がこの世にきたのに、人々はそのおこないが悪いために、光よりもやみの方を愛したことである。
3:20 悪を行っている者はみな光を憎む。そして、そのおこないが明るみに出されるのを恐れて、光にこようとはしない。
3:21 しかし、真理を行っている者は光に来る。その人のおこないの、神にあってなされたということが、明らかにされるためである。



口語訳 箴  28:1
28:1 悪しき者は追う人もないのに逃げる、正しい人はししのように勇ましい。


●妻はあきる野映画祭の夜の部に行く


 

→ more・・ ・
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


ベートーヴェンのすごさ ++++++++ 所感

2007/07/26 08:18

070726(木)4時半目覚め。小鳥の声。ものすごく大きい。外にお出てみると電線にヒヨドリ(?)。あれが大きな声を出していたんだ。なぜあんなに大きな声を出しているのだろう。


s2007_0727_043449AA.jpg


ヒヨドリか?。ものすごく大きな声で鳴いていた。


●ベートーベンの交響曲第6番「田園」の第二楽章は後半に鳥の鳴き声が描写されている。ナイチンゲールはフルート、うずらはオーボエ、かっこうはクラリネット。ベートーベンが森の中の「小川のほとり」でこれらの鳥の鳴き声を聞いてこの曲想を練った。●その「ベートーヴェンの散歩道」と言われた道を歩いたことを思い出しながら、第二楽章のみを、6種のCDで鑑賞。(トスカニーニ+NBC、ワルター+コロンビア、ムーティ+フィラデルフィア、カラヤン+ベルリン、フルトヴェングラー+ウィーン、ショルティ+シカゴ)


s2006_0624_110935AA.jpg


ベートーヴェンの散歩道。2007.6.24 ウィーン。左下に小川がある。ベートーヴェンはここで交響曲第6番の第2楽章「小川のほとりの情景」の曲想が浮かんだ。妻は「小鳥のさえずりが聞こえたわ」と後日言った。しかしベートーヴェンにはそれが聞こえなかったのだ。それなのにあの第2楽章はナイチンゲール、鶉、かっこうが木管楽器で巧みに作曲されている。ベートヴェンは肉の耳でなく心の耳で聞いたのだ。


●この「ベートーヴェンの散歩道」を気持ちよく歩いている時、先を行く妻が振り返って「お父さん。ウンコあるわよ、気をつけて!」。気分が壊れた。


帰国してから職場のヴィオリスト氏にこの話をすると音楽奏法標語に「ウン・ポコ・ソステヌート」(少し長めに)というのがあると教えられた(笑)。さらに後日談。「ウン・ポコ・キルギト」(少し、やわらかめに)というのもあるとイタリアに留学したことのあるさる青年歌手から聞く(笑)。この件、これ以上書くと「品格」を疑われ、軽蔑されるからやめとこう。(モー遅いか)


 



●ベートーヴェンは1800年に耳が聞こえなくなってから傑作を生んだ。交響曲は第2番が1802年、あの5番の「運命」は1808年、第6番も1808年。そうか、するとベートーヴェンは耳が聞こえなくてもこれを作曲したのだ。鳥の声が聞こえなくてもあの第2楽章を作曲したのだ。彼は鳥を目で見たがその声は「心」で聞いたのだ。ベートーベンはすごい。●人間は事物を心で見たり聴いたりするのでなければならないのだなー。イエスの言葉を思う。

 


塚本訳 マタ 13:12-17
13:12 だれでも持っている人は(さらに)与えられてあり余るが、持たぬ人は、持っているものまでも取り上げられるのである。
13:13 だから、あの人たちには譬をもって話すのである。『見ても見えず、聞いても聞えず、また悟らない』からだ。
13:14 こうしてイザヤの預言はあの人たちに成就した。──『あなた達は聞いても聞いても、決して悟るまい、見ても見ても、決してわかるまい
13:15 この民の心は鈍くなり、耳は遠くなり、その目は閉じてしまっているのだから。そうでないと、彼らは目で見、耳で聞き、心で悟り、心を入れかえて(わたし[神]に帰り)、わたしに直されるかも知れない。』
13:16 だが、あなた達の目は見、耳は聞くから幸いである
13:17 アーメン、わたしは言う、多くの預言者と義人とは、あなた達が(いま)見ているものを見たい見たいと思ったが見られず、あなた達が(いま)聞いているものを聞きたい聞きたいと思ったが、聞かれなかったのである。


文語訳  ヨハ 9:39
9:39 イエス言ひ給ふ『われ審判の爲にこの世に來れり。見えぬ人は見え、見ゆる人は盲目とならん爲なり


塚本訳  ヨハ 9:39
9:39 イエスは言われた、「わたしは裁きのためにこの世に来たのだ。・・盲が目明きに、目明きが盲になるために!」


●朝風呂で日経「私の履歴書」読売巨人軍終身名誉監督、長嶋茂雄.対談の日、家族一同が玄関で「長い間ご苦労様でした」と迎えてくれる。夫人は「お父さん、神様がいい時間をくれたんですよ。今までできなかったことを存分にやったらどうですか」と言ってくれた。長嶋のあるのは家族の支えだ。そして12年間の人生充電期間。その間、子供が学校でお父さんの職業はと聴かれて返答に困った。子供も父親を助けた。●14:00有名になった「あきる野映画祭」で「東京タワー」を鑑賞。庶民の家庭の母親ががんで苦しんで死ぬという話。讃美歌の「浮き世のなやみも」、「浮き世の荒波」と聖歌の「人生の海の嵐に」を思い出し、福音は人生の泥沼にもがいている人に入っていかなければならないと感じた。●妻は「あきる野映画祭」の夜の部を鑑賞に出かける。 


 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


憎い人は赦せないものだ ++++++++ 所感

2007/07/25 07:24

070725(水)5時15分起床●朝風呂で日経「私の履歴書」読売巨人軍終身名誉監督、長嶋茂雄.成績不振で解任される。「言いたいことは山ほどあった。でもそれを口にしてしまったら男ではない。恨み言ひとついわずに去った。それが男のけじめであった。さわやかだったと後で言われたのはせめてもの救いだ」。偉い言葉だ。●人間はジェントリーに別れなければならない。どんな人ともいつまでも仲がよいというわけにはいかにのがこの世の常。そういう時は「自然」に任せ、自然に疎遠になるのがよい。相手を非難したり、攻撃したり、爆撃するのはよくない。●残念だが「あの人とは御縁がなかったなー」とさびしく思って辞去するしか方法がない。自分を責めない方がよい。むろん相手を責めない方がよい●しかしこれが夫婦であったり、親子であったり、親族であったりすると面倒だ。それは十字架だ●人と喧嘩別れしない方法。かってその人との間にあった「楽しいこと」「いい奴だなー」と思ったわずかなことを思い出すことだ。そしてその人の将来を祝福する祈りをすることだ。●パウロは「愛」について次のように言う。


口語訳 Ⅰコリ13:4-7
13:4 愛は寛容であり、愛は情深い。また、ねたむことをしない。愛は高ぶらない、誇らない。
13:5 不作法をしない、自分の利益を求めない、いらだたない、恨みをいだかない。
13:6 不義を喜ばないで真理を喜ぶ。
13:7 そして、すべてを忍び、すべてを信じ、すべてを望み、すべてを耐える。



文語訳  Ⅰコリ13:4-7
13:4 愛は寛容にして慈悲あり。愛は妬まず、愛は誇らず、驕らず、
13:5 非禮を行はず、己の利を求めず、憤ほらず、人の惡を念はず、
13:6 不義を喜ばずして、眞理の喜ぶところを喜び、
13:7 凡そ事忍び、おほよそ事信じ、おほよそ事望み、おほよそ事耐ふるなり。


塚本訳 Ⅰコリ13:4-7
13:4 愛はじっと辛抱する、愛は親切である。妬まない、愛は自慢しない、得意にならない。
13:5 無作法をしない、自分勝手をしない。激昂しない、『(人の)悪いことを根にもたない』。
13:6 偽りを見て喜ばない、むしろ真理を喜ぶ。
13:7 すべてを我慢し、すべてを信じ、すべてを望み、すべてを耐え忍ぶ。


●実にいやな人、到底我慢できない人が身近にいたら、その人は神から自分に与えられた伝道の対象、否、十字架を負うべき人、祈りの対象の人。もしその人が改心しなくても、悔い改めなくても、反省しなくても一瞬でもその人の救いを祈り、その人の幸福を祈り、その人の家庭の祝福を祈ったという「事実」がこの身にあればそれが「天に宝を積む」ことになるのだ●人は人間に応答を期待してはいけないのだ。相手の私に対する態度は自由なのだ。だからあの人に「あるべき姿」を強要してはいけないのだ。●それにしてもなー。あいつだけはどうしても赦せない。憎くてしょうがない。長いこと努力してきたが無理。私にはできないんだなー。あの憎い人はとうてい赦せないんだなー。それが今のこの身の悩みだ●そんなときはイエスの次の言葉が慰めになる。「人間にはできないが神にはできる」と。


口語訳 マタ 19:26
19:26 イエスは彼らを見つめて言われた、「人にはそれはできないが、神にはなんでもできない事はない」。


新改訳 マタ 19:26
19:26 イエスは彼らをじっと見て言われた。「それは人にはできないことです。しかし、神にはどんなことでもできます。」


新共同 マタ 19:26
19:26 イエスは彼らを見つめて、「それは人間にできることではないが、神は何でもできる」と言われた。


塚本訳マタ 19:26
19:26 イエスは彼らをじっと見て言われた、「これは人間には出来ないが、『神にはなんでも出来る。』」


●かってオードリーヘップバーン主演の「尼僧物語」という映画を観た。修道院に入る時父親から止められた。しかし「やめたくなったら出てきてもいいんだよ」と言われて送り出される。その後ナチスドイツにその父親が殺されたと聞き、ナチスが憎くて憎くてどうしても赦せなった。尼僧の身でありながらのこの矛盾に耐えられずに彼女は修道院を出る。見送る人は誰もいなかった。これがラストシーンであった。彼女のその後はいかに●私としては、祖父の家庭破壊で母が悲運な生涯になった。私は母を不幸にした祖父が憎くて憎くて赦せなかった。しかし私自身が十字架の救いを頂くことにより不思議にその祖父(私が生まれる前に他界)を赦せるようになった。そして子供たちから嫌われて所在もわからなかった墓を十年かけて九州は水俣の山中に探し出し、その遺骨を50年ぶりに末娘の母のところに持ち帰った。今は私の父母と共に秋川霊園に眠っている。私も将来はそこに眠る。「キリストは我らの平和」だ。


口語訳 エペ 2:13-16
2:13 ところが、あなたがたは、このように以前は遠く離れていたが、今ではキリスト・イエスにあって、キリストの血によって近いものとなったのである。
2:14 キリストはわたしたちの平和であって、二つのものを一つにし、敵意という隔ての中垣を取り除き、ご自分の肉によって、
2:15 数々の規定から成っている戒めの律法を廃棄したのである。それは、彼にあって、二つのものをひとりの新しい人に造りかえて平和をきたらせ、
2:16 十字架によって、二つのものを一つのからだとして神と和解させ、敵意を十字架にかけて滅ぼしてしまったのである。


新改訳 エペ 2:13-16
2:13 しかし、以前は遠く離れていたあなたがたも、今ではキリスト・イエスの中にあることにより、キリストの血によって近い者とされたのです。
2:14 キリストこそ私たちの平和であり、二つのものを一つにし、隔ての壁を打ちこわし、
2:15 ご自分の肉において、敵意を廃棄された方です。敵意とは、さまざまの規定から成り立っている戒めの律法なのです。このことは、二つのものをご自身において新しいひとりの人に造り上げて、平和を実現するためであり、
2:16 また、両者を一つのからだとして、十字架によって神と和解させるためなのです。敵意は十字架によって葬り去られました。



塚本訳 エペ 2:13-16
2:13 しかしながら今やキリスト・イエスに在って、かつては『遠く』あった君達が、キリストの血によって『近く』なったのである。
2:14 何故なら、彼(キリスト)が私達の』平和』であって、(今まで離反していたイスラエルと異教人の)両者を一つにし、(その仲を割いていた)仕切りの籬なる敵意を取り除け給うたからである。すなわちその肉で、
2:15 (あらゆる)命令規則から成る律法を廃止し給うたのである。これは(今まで敵であった)この二つの者を己において一つの新しい人に創造りかえて平和を作るため、
2:16 かくてまた十字架によって二つの者を一つの体において神と和睦させ、十字架において(神と人との間の)敵意を殺すためである。


●母のことは男兄弟3人で「母の旅路・・・高橋ハナ子を偲ぶ」という私家版の小冊子(非売品100ページ)にまとめた。母は私の祈り空しく信仰をもたずに死んだが、来世での救いを祈るものである。神は陰府に下ってまで「信仰なき人」を救われるということを信じる。●図書館に二度。CD。●「祈りの友東京支部」の吉川高司さん召天の知らせを加藤宮吉さんから頂く。その加藤さん自身が肺がんの疑いで2週間入院。この肉体は誰でももろい。不自由なものだ。しかし我々には「永遠の命がある」それを頂いている。希望に生きることができる。●夕飯は「ひやむぎ」。アー日本人はいいなー。




 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


人生で一番つらいことは罪と死 ++++++++ 所感

2007/07/24 07:07

070724(火)4時45分起床●黙想。「人生で一番つらいことは罪と死」。この深い悩みからの救いを求めない限り神を知ることはない。●その救いを求める人に対してでなければ「福音」の告知は効果がない。●その深い悩みは神によって起される。不幸や嘆きがそれである。それは罰でなく神の愛。神の促し●山上の説教の冒頭の七福は「招きの言葉」。


文語訳マタ 5:1-13
5:1 イエスは群衆を見て、山にのぼり、座し給へば、弟子たち御許にきたる。
5:2 イエス口を開き、教へて言ひたまふ、
5:3 『幸福なるかな、心の貧しき者。天國はその人のものなり。
5:4 幸福なるかな、悲しむ者。その人は慰められん。
5:5 幸福なるかな、柔和なる者。その人は地を嗣がん。
5:6 幸福なるかな、義に飢ゑ渇く者。その人は飽くことを得ん。
5:7 幸福なるかな、憐憫ある者。その人は憐憫を得ん。
5:8 幸福なるかな、心の清き者。その人は神を見ん。
5:9 幸福なるかな、平和ならしむる者。その人は神の子と稱へられん。
5:10 幸福なるかな、義のために責められたる者。天國はその人のものなり。
5:11 我がために、人なんぢらを罵り、また責め、詐りて各様の惡しきことを言ふときは、汝ら幸福なり。
5:12 喜びよろこべ、天にて汝らの報は大なり。汝等より前にありし預言者たちをも、斯く責めたりき。


●イエスの伝道の第一声もこれに通じる。


塚本訳 ルカ 4:16-19
4:16 それからお育ちになったナザレに行って、安息の日にいつものとおり礼拝堂に入り、(聖書を)朗読しようとして立たれた。
4:17 (係の者から)イザヤの預言書が手渡され、その巻物をお開けになると、こう書いた所が出てきた。──
4:18 『主の御霊がわたしの上にある、油を注いで(聖別して)くださったからである。主は貧しい人に福音を伝えるためにわたしを遣わされた。囚人に赦免を、盲人に視力の回復を告げ、』『押えつけられている者に自由をあたえ、』
4:19 『主の恵みの年(の来たこと)を告げさせるために。』


●こういう救世主が出現することをイザやは次のように予言していた。


口語訳 イザ 42:2-4
42:2 彼は叫ぶことなく、声をあげることなく、その声をちまたに聞えさせず、
42:3 また傷ついた葦を折ることなく、ほのぐらい灯心を消すことなく、真実をもって道をしめす。
42:4 彼は衰えず、落胆せず、ついに道を地に確立する。海沿いの国々はその教を待ち望む。


●「藤林益三記念講演会」の記録を出版する作業で思うこと。藤林先生が藤林牧師であったら、あの「津地鎮祭違憲訴訟での「追加反対意見」は書けなかった。また浅見仙作事件でのあの三宅正太郎の名判決は引き出せなかった。この二つの判決は我が国における治安維持法違反事件における宗教者弾圧に待ったをかけた。楔を打った。また教育基本法制定に力のあった南原繁が南原牧師であったら、あの教育基本法はできなかった。ここに無教会主義者の存在の意義がある●同じく、教会員でないこと、洗礼聖餐にあずからない人が「三位一体と有体的復活」を堅く信じているところに無教会主義の強みがある。●神の力とは五感で感じられないが「不思議」を感じることで認知できる。●讃美歌における「神の力」は次の通り。讃美歌検索ソフトは便利。(HPトップページからアクセスできる)。讃美歌検索で「ちから」を検索すると、112の讃美歌にある。その中でも心に力を得るものは、9,15,57,79,94,97,162,163,265,284,286,280,391,514,515,522、これを歌うと「目から鱗」。この中で二つを選ぶとすれば9番と286番。


讃美歌9番


1 ちから の しゅ を ほめ たたえ まつれ.


   わが こころ よ, いま しも めさめ て,


   たてごと かき ならし つつ,


   みな を ほめ まつれ.


2. すくい の しゅ を ほめ たたえ まつれ.


   みことば もて わが み を はげまし,


   なやみ に かたしめ たもう


   みいつ たぐい なし.


3. いのち の しゅ をほめ たたえ まつれ.


   しげき めぐみ あめ と ふりそそぐ.


   つきせぬ みいつくしみ を


   いかで わする べき.


4. さかえ の しゅ を ほめ たたえ まつれ.


   よ を こぞりて かしこみ あがめ よ.


   ひかり に います わが しゅ を


   とわ に ほめ まつれ.


 


讃美歌 286


 1. かみ は わが ちから, わが たかき やぐら,


   くるしめる とき の ちかき たすけ なり.


 2. たとい ち は かわり やま は うなばら の


   なか に うつる とも, われ いかで おそれん.


3. かみ の みやこ に は しずか に ながるる


   きよき かわ ありて みたみ を うるおす.


 4. みことば の みず は つかれ を いやして,


   あらた なる いのち あたえて つき せじ.


 5. かみ の みもとべ は つね に やすらけく,


   くるしみ なやみ も きえて あと ぞ なき.


s2007_0724_045354AA.jpg


 4時半、書斎の窓を開けるとこの景色。太陽はずいぶん北になった。そうか3日前(7月21日)は夏至だったのだ 。天文は面白いなー。


●8:30 市民検診。大がかりな体制で検診。親切。公的機関というのはありがたい。それは神の使いだ。体脂肪23.5は「ややよい」


s2007_0724_091613AA.jpg


夏のあきる野の風景。 トウモロコシがぐんぐん伸びている。


s2007_0724_091852AA.jpg
 


 夏の日の我が家。太陽熱温水器の湯は埋めなくては入れない。


●市民プール(屋外)でクロール1000メートル。25メートルプールなので往復20回。各種交響曲の1番から10番までを頭で歌いながら泳ぐこと50分。


s2007_0724_211312AA.jpg


 年に一度きり咲かない「月下美人」。それが今晩だ。神秘的な花だなー。一期一会。人生の出会いも一度限りだ。それは皆「月下美人」と思うべきものなのだなー。この花、明朝にはしぼんでいる。人生のようだなー。詩篇90編を想う。


語訳 詩  90:1-10
90:1 主よ、あなたは世々われらのすみかで/いらせられる。
90:2 山がまだ生れず、あなたがまだ地と世界とを造られなかったとき、とこしえからとこしえまで、あなたは神でいらせられる。
90:3 あなたは人をちりに帰らせて言われます、「人の子よ、帰れ」と。
90:4 あなたの目の前には千年も/過ぎ去ればきのうのごとく、夜の間のひと時のようです。
90:5 あなたは人を大水のように流れ去らせられます。彼らはひと夜の夢のごとく、あしたにもえでる青草のようです。
90:6 あしたにもえでて、栄えるが、夕べには、しおれて枯れるのです。
90:7 われらはあなたの怒りによって消えうせ、あなたの憤りによって滅び去るのです。
90:8 あなたはわれらの不義をみ前におき、われらの隠れた罪をみ顔の光のなかにおかれました。
90:9 われらのすべての日は、あなたの怒りによって過ぎ去り、われらの年の尽きるのは、ひと息のようです。
90:10 われらのよわいは七十年にすぎません。あるいは健やかであっても八十年でしょう。しかしその一生はただ、ほねおりと悩みであって、その過ぎゆくことは速く、われらは飛び去るのです。


●津上、相澤さんと打ち合わせやりとり。93歳の津上さんの頭脳明晰ぶりには敬服する。



 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


心が通じない仕事は苦痛 ++++++++ 所感

2007/07/23 10:35

070723(月)4時半起床●「藤林益三記念講演会記録」について縮小案を検討●朝風呂で日経「私の履歴書「巨人軍終身名誉監督長嶋茂雄。V9の栄光から最下位に転落。これがバネになって若手を中心に地獄の猛特訓。長嶋も一緒に風呂に入って心を通わせる●仕事やプロジェクトは「心」が通わなければうまくいかない●バベルの塔が途中で完成しなかったのは神に言葉を乱されたから。言葉が通じないというのは「心」が通じないということ。●どんな仕事でも「心」が通じないときは苦痛である。アダムの労働が苦痛になったのは神と心が通じなくなったから。


(労働が苦痛である原因)


創世記3章17-19 新共同


3:17 神はアダムに向かって言われた。「お前は女の声に従い/取って食べるなと命じた木から食べた。お前のゆえに、土は呪われるものとなった。お前は、生涯食べ物を得ようと苦しむ。


3:18 お前に対して/土は茨とあざみを生えいでさせる/野の草を食べようとするお前に。


3:19 お前は顔に汗を流してパンを得る/土に返るときまで。お前がそこから取られた土に。塵にすぎないお前は塵に返る。」


(バベルの塔)



創世記11章1-9 新共同


11:1 世界中は同じ言葉を使って、同じように話していた。


11:2 東の方から移動してきた人々は、シンアルの地に平野を見つけ、そこに住み着いた。


11:3 彼らは、「れんがを作り、それをよく焼こう」と話し合った。石の代わりにれんがを、しっくいの代わりにアスファルトを用いた。


11:4 彼らは、「さあ、天まで届く塔のある町を建て、有名になろう。そして、全地に散らされることのないようにしよう」と言った。


11:5 主は降って来て、人の子らが建てた、塔のあるこの町を見て、


11:6 言われた。「彼らは一つの民で、皆一つの言葉を話しているから、このようなことをし始めたのだ。これでは、彼らが何を企てても、妨げることはできない。


11:7 我々は降って行って、直ちに彼らの言葉を混乱させ、互いの言葉が聞き分けられぬようにしてしまおう。」


11:8 主は彼らをそこから全地に散らされたので、彼らはこの町の建設をやめた。


11:9 こういうわけで、この町の名はバベルと呼ばれた。主がそこで全地の言葉を混乱(バラル)させ、また、主がそこから彼らを全地に散らされたからである。


●リニューアルなった連合設計社市谷建築事務所に吉田桂二所長を訪問。事務所は見違えるようにきれいになった。●吉田所長は77歳で現役。誰よりも多くの図面を書いているという。パソコンよりも手で書く方が早いという。ご立派。引退する人間はすぐボケると言われた。●吉田所長は5月にイギリスの郊外に旅行に行って英国人の教養の高さ、礼儀正しさに感心してイギリス好きになったという。私は6月のオーストリア旅行の話をした。●新人所員の越野俊氏と初対面


s2007_0723_130848AA.jpg


リニューアルなった連合設計社市谷建築事務所。外部は吹き付け直し。色彩はよくなった。


s2007_0723_134016AA.jpg


設計室。吉田所長も所員と机を並べて図面を書いている。所長でも別室に閉じこもるようなことはしていなかった。ご立派。


s2007_0723_134234AA.jpg


広いギャラリー。この豊かな空間性がよい。吉田さんの個展は今後ここで開くという。


s2007_0723_134310AA.jpg


打ち合わせ室の一角にオープンキッチンという大胆なデザイン。キッチンの背後はロッカーだが、個別ロッカーでなく全員の洋服が一本の棒にぶら下げてある。ナルホド、個別ロッカーだと各自が不要な物を入れたがる。トイレが大胆なデザイン。またシャワー室もある。仕事柄、資金面のことを伺った。


s2007_0723_140053AA.jpg


2階へのもう一つの階段。曲線の手すりだけで縦棒の「手すりこ」がない。若干降りにくかった。デザイン先行の階段。


●妻は先日亡くなられた釘本京子さんのお宅に花を届けながら、令妹の石川緒子さん釘本寛子さんと懇親懇談。●藤林益三記念講演会全記録について検討。



 


 


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


究極の喜び ++++++++ 所感

2007/07/22 07:19

070722(日)5時起床。●NHKTTV「こころの時代」は彫刻家の池田宗弘の「私のサンチャゴ巡礼」。信者でもないのにキリスト教芸術に携わっている。これが日本人の悪いところ。困ったものだ。●マテマテ。有体的復活を信じていなくても牧師を「やっている」おかしな人間もいるのが日本のキリスト教界の実情だ●朝風呂で日経「私の履歴書」読売巨人軍終身名誉監督、長嶋茂雄。V9から最下位になった時の巨人OB会では「針のムシロ」。その時の水原元監督の言葉は見上げたもの。「私の21年間の監督生活の経験から言いたい。他人がとやかく言うより采配を振るった長嶋監督が一番知っている。失敗した時こそ男は今度こそやってやろうと思うものだ。我々は静かに見守ってやろう。それだけで十分だ。来年がダメならさ来年がある」。・・どんな職業世界でも「人生を学ぶ」ことはできる。●病気の苦しみ、家庭破壊の苦しみ、不登校の苦しみ、浪人の苦しみ、失業の苦しみなどは当の本人や、当事者でなければわからないものだ。周りから「一般論」で批評はできない。その言葉は効き目がない。同情も通じない。ただ祈るのみ●朝の閃き。「讃美歌527番」。人間は喜びを求めて生きる。幸福追求というのもこの喜び追及なのだ。しかしその喜びはこの世のものからはこない。「神との交わり」からくる。


讃美歌527


1. わが よろこび, わが のぞみ,


   わが いのち の 主 よ,


   ひる たたえ, よる うたいて


   なお たらぬ を おもう.


 


2. したい まつる かいぬ主よ,


   いずこ の まきば に,


   その むれ を しゅ は みちびき,


   やしない たまえる.


 


3. シオン の むすめ, かたれ かし,


   わが いのち の しゅ に,


   のべ にて か, まくや にて か,


   あい まつらざりし.


 


4. 主 の みかお の やさしさ に,


   みつかい よろこび,


   みことば の うるわしさ に


   あめ つち うたえり.


 


5. ならび も なき あい の 主 の


   みこえ ぞ うれしき.


   わが のぞみ, わが いのち は


   とわ に 主 に あれ や.



●神を知ることが人間にとって究極の喜びであることを聖書は次のように言う。


塚本訳  ヨハ 20:31
20:31 しかし(ほんの一部分であるが、いま)これらのことを書いたのは、あなた達に、イエスは救世主で、神の子であることを信じさせるため、また、それを信じて、イエスの名によって(永遠の)命を持たせるためである。


塚本訳 Ⅰヨハ1:4
1:4 わたし達が(この手紙を)書くのは、(あなた達がわたし達との交わりに入り、)わたし達(が父と子と)の(交わりにおいてもっている)喜びが、完全なものとなるためである。


●日経第一面「与党、過半数厳しく」(参院選情勢 本社調査)。予測というのはそれなりに意義がある。天気予報などがそれである。地震も事前に予測できれば新幹線などを止めて大事故を防げる。ところが選挙の予測などは、時間がたてば真実が判明するからあまり価値はない。与党不利の予測がでても今さらアクションを起こしても遅い。「なるようにっきりならない」この世のことは予測しても、その予測自体にあまり価値はない。●10:00妻と二人で家庭礼拝。讃美歌、聖書朗読、祈り、「神のなさる不思議」についての話。(7月21日のブログをコピーして話す)。讃美歌、祈り、30分で終了。「二人三人、わが名によりて集まる所に我もおるなり」●15:00文教シビックホールで「なにわコラリアーズ、国立音楽大学女声合唱団、ジョイントコンサート」に妻と行く。ナンバーワン同士の演奏で聞きごたえがあった。「なにわコラリアーズ」の方は守が司会をした。男女交互の5ステージは一団体の演奏会に比べて気分転換になるから楽であった。



 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


神の力学は不思議 ++++++++ 所感

2007/07/21 08:13

070721(土)5時半起床●朝風呂で日経「私の履歴書」読売巨人軍終身名誉監督、長嶋茂雄。監督一年目で最下位。V9の栄光失墜。この頃の長嶋のいつもうなだれていた姿を覚えている。●人生はこのように何もかもうまくいかないで「うなだれる」ことがあるものだ。●朝の黙想。力学について。神の力の不思議は人間にとって「想定外」のこと。構造力学(重力、テコの原理)、運動力学(スポーツ、)流体力学(飛行機、UFO)、電気力学(電力、デジタルの世界)、経済力学(金の切れ目が縁の切れ目、天の声、贈収賄)芸術力学(美の力、男女の愛)・・・・・これ人間の経験する力学の数々。●ところが神の力学というものは人間の目に全く「不思議」に思えるものであって「想定外」のものである。実はこれが実在するのだ。信じられない人は経験しないだけのことだ。迷信ではない、絵空事ではない。●神の力学が働くとき、人間にとってそれは「不思議」なことに思える。


出    34: 10 [口語


主は言われた、「見よ、わたしは契約を結ぶ。わたしは地のいずこにも、いかなる民のうちにも、いまだ行われたことのない不思議を、あなたのすべての民の前に行うであろう。あなたが共に住む民はみな、主のわざを見るであろう。わたしがあなたのためになそうとすることは、恐るべきものだからである。


申    7: 19 [口語


すなわち、あなたが目で見た大いなる試みと、しるしと、不思議と、強い手と、伸ばした腕とを覚えなさい。あなたの神、主はこれらをもって、あなたを導き出されたのである。またそのように、あなたの神、主はあなたが恐れているすべての民にされるであろう。


申    28: 46 [口語


これらの事は長くあなたとあなたの子孫のうえにあって、しるしとなり、また不思議となるであろう。


申    34: 11 [口語


主はエジプトの地で彼をパロとそのすべての家来およびその全地につかわして、もろもろのしるしと不思議を行わせられた。


ヨブ   5: 9 [口語


彼は大いなる事をされるかたで、測り知れない、/その不思議なみわざは数えがたい。


ヨブ   9: 10 [口語


彼が大いなる事をされることは測りがたく、/不思議な事をされることは数知れない。


詩    139: 6 [口語


このような知識はあまりに不思議で、わたしには思いも及びません。これは高くて達することはできません。



 箴  30:18-19[口語



30:18 わたしにとって不思議にたえないことが三つある、いや、四つあって、わたしには悟ることができない。
30:19 すなわち空を飛ぶはげたかの道、岩の上を這うへびの道、海をはしる舟の道、男の女にあう道がそれである。


イザ   29: 14 [口語


それゆえ、見よ、わたしはこの民に、再び驚くべきわざを行う、それは不思議な驚くべきわざである。彼らのうちの賢い人の知恵は滅び、さとい人の知識は隠される」。


マタ   21: 42 [口語


イエスは彼らに言われた、「あなたがたは、聖書でまだ読んだことがないのか、『家造りらの捨てた石が/隅のかしら石になった。これは主がなされたことで、わたしたちの目には不思議に見える』。


ルカ   2: 33 [口語


父と母とは幼な子についてこのように語られたことを、不思議に思った。


ルカ   9: 43 [口語


人々はみな、神の偉大な力に非常に驚いた。みんなの者がイエスのしておられた数々の事を不思議に思っていると、弟子たちに言われた、


ルカ   11: 14 [口語


さて、イエスが悪霊を追い出しておられた。それは、物を言えなくする霊であった。悪霊が出て行くと、口のきけない人が物を言うようになったので、群衆は不思議に思った。


ルカ   11: 38 [口語


ところが、食前にまず洗うことをなさらなかったのを見て、そのパリサイ人が不思議に思った。


ヨハ   3: 7 [口語


あなたがたは新しく生れなければならないと、わたしが言ったからとて、不思議に思うには及ばない。


ヨハ   5: 20 [口語


なぜなら、父は子を愛して、みずからなさることは、すべて子にお示しになるからである。そして、それよりもなお大きなわざを、お示しになるであろう。あなたがたが、それによって不思議に思うためである。


使    3: 12 [口語


ペテロはこれを見て、人々にむかって言った、「イスラエルの人たちよ、なぜこの事を不思議に思うのか。また、わたしたちが自分の力や信心で、あの人を歩かせたかのように、なぜわたしたちを見つめているのか。


使    4: 13 [口語


人々はペテロとヨハネとの大胆な話しぶりを見、また同時に、ふたりが無学な、ただの人たちであることを知って、不思議に思った。そして彼らがイエスと共にいた者であることを認め、


●13:30日の出会(癌で大切な家族を失った人の会)。白崎事務長、佐々木課長も交えてホスピスのありかた、家族ケアの在り方について懇談●図書館CD●修理に出したエプソンのプリンターがもう届いた。4日目に戻るとは。エプソンは優秀。しかも純正品のインクに入れ替えてくれてあった。●NHKTV「世界不思議発見」ポルトガル・シントラ。この世のエデンの園。しかし王宮のため崩壊。王宮の崩壊は世の常。この世に楽園はない。王宮ではなかったが私が愛でた家は神によって焼かれた。あのとき「天国の家は焼けない」という声が聞こえた。

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


悩みは誰に告げるべきか ++++++++ 所感

2007/07/20 07:53

070720(金)6時起床●朝風呂で日経「私の履歴書」読売巨人軍終身名誉監督、長嶋茂雄。川上監督に「勝負の世界は勝ってやめるほど甘くはない。負けた時が男の花道」と言われる。この言葉人生に通じる。落第、中退、成績不良で退社、病気で退社、家庭学校教会などから追放される。負け犬同然で追い払われる。大病で医者から見放されて死んでゆく。●「泣かれず惜しまれずに死ぬ」ことが良い道。なぜか。神に見出されるから●人間に「毛嫌いされる」人生ほど神に愛される道。


塚本訳  ルカ 16:15
16:15 そこで彼らに言われた、「あなた達は人の前では信心深そうな顔をしているが、神はあなた達の心を見抜いておられる。人の中で尊ばれるものは、神の前では嫌われるものである。


塚本訳 ヨハ 5:40-41
5:40 あなた達はその命を得るためわたしの所に来ようとしない。
5:41 (こう言うのは、自分を認めてもらいたいからではない。)わたしは人間の名誉などほしくない。


●人生の道には誰にでも「悩み」というものがある。その大抵は「努力、工夫、知識」で解決する。しかし問題はそれらでも「どうしても治らない悩み」というものがある。医者が匙を投げる病。その痛み、罪の悩み、その懊悩、人間関係の悩み、将来の経済的不安心配、不妊の悩み、容姿の悪さの悩み、などなど努力工夫ではどうしても治りそうにない深い悩みというものがある。●そんな時は悔しいが、恥ずかしがらずに「神にすがる」べきである。それは弱いものの道ではない。卑怯な道ではない。非科学的な道ではない。賢い者の道である。なぜか、人間の努力工夫による解決に絶望した者の道であるから。それを潔しとしないでいつまでも「悪あがき」する人間は愚か。●「祈りに効き目があるのかないのか」は自分で納得してみなければわからないから、疑っているものはまず「飛び込んでみる必要がある。」●だからどうしようもなく「なりふりかまわず」祈るように追い詰められるほどのいわゆる「不幸」に見舞われた人は幸いだ。それによって賢い者の道に歩まされることになるから●自己の罪深さに気がついて「どうしようもなく懊悩する」という経験を持たない人間は半人前。あの人はマダマダだ。●学校の勉強がよくできる人間はたいていは愚かな道を歩むから人生は不可解だ。●独立学園の枡本華子先生が「高橋さん、人生には意外なことが起こりますよ」と私に「予言」してくださったことがある。●悩みは誰に告げるべきか。それは「全能」の力を持つ神に告げるべきである。なぜか。人間に告げても「全能」でないから解決に効果なし。「その悩みは誰にでもある」などと解決にならない「慰め」を言われるだけ。●どんなささいな悩みもすぐ神の告げるべきである。


口語訳 詩  18:1-3
18:1 わが力なる主よ、わたしはあなたを愛します。
18:2 主はわが岩、わが城、わたしを救う者、わが神、わが寄り頼む岩、わが盾、わが救の角、わが高きやぐらです。
18:3 わたしはほめまつるべき主に呼ばわって、わたしの敵から救われるのです。


●浜松町から東京駅丸の内へ行き、新築の新丸ビルを見学。


s2007_0720_152259AA.jpg


左は丸ビル(設計:三菱地所、施工:竹中工務店)。右は新丸ビル(設計:三菱地所、インテリアデザイン:英国のマイクロホプキンス、施工:竹中工務店)。東京駅周辺は超高層ビルラッシュ。両丸ビルとも低層部はショッピングゾーンで、丸の内に新風を巻き起こした。


 s2007_0720_153852AA.jpg


新丸ビルの一階ロビー、なかなか落ち着いたデザイン。インテリア設計は英国のマイクロホプキンス。


s2007_0720_153429AA.jpg

新丸ビル脇の日本工業倶楽部。大正9年、横河民鋪の設計、有形文化財。超高層ビルよりこのほうがほっとする。


 s2007_0720_153109AA.jpg


日本工業倶楽部の一階ロビー正面階段。何かほっとする。

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


引き際はきれいに ++++++++ 所感

2007/07/19 09:00

070719(木)5時起床●朝風呂で日経「私の履歴書」読売巨人軍終身名誉監督、長嶋茂雄.打撃の不振で、川上監督から引退せよと言われるがもう一年給料なくてもよいからやらせてくださいと申し出る。「給料なくてもよいからもう一年」と言ったところに感心。●男は引き際が奇麗でなければならない●昨日読んだ昭和女子大学長坂東眞理子著「女性の品格」に、人との別れ方は「何となく疎遠になるという形がよい」、とあった。つまり喧嘩別れはするなということ●私が設計事務所に勤務していた時の思い出。苦労して某ミッションスクールの基本設計をしたが、最後の理事会でその案が拒否された。悔しくて悔しくて所長に憤懣をぶちまけると「高橋君、こういう時はジェントリー(紳士的に、ジェントルマンとして)に別れるのだ」とこんこんと諭された。しかしそれでも悔しさは収まらなかったので、今までかかった費用を「がっちり」いただいて別れた。すると所員から「高橋さんはジェントルマンでなくゼニトルマン(銭取るマン)だなー」と言われた。(笑)。あのとき残念でも悔しくてもお金をもらわずにきれいに別れていれば天に宝を積んだことになったのになー。もう天国ではもらえない。●自転車で1時間半、宣伝されている「瀬音の湯」に行ってみる。3時間800円。あきる野で初めて出た温泉。秋川渓谷の山々を見ながら露天風呂に入る。サウナ、昼食。あきる野市が建てて運営は第3セクターに委ねている。


s2007_0719_124553AA.jpg


瀬音の湯。秋川渓谷の山々を眺めながら露天風呂に入る。アルカリ泉が出たが27度なので追い焚きしている。


s2007_0719_132832AA.jpg


デッキチェアーに座るとこの景色。酒でも飲むと眠くなるのだが。


s2007_0719_132846AA.jpg


山々を眺めることができるデッキチェアー。室内には畳敷きの仮眠室がある。


●14:32 帰途、「午後三時祈りの友会」の星野利男さんを見舞う。全盲。「お好きな讃美歌を歌いましょう。」というと494番だと言われる。星野さんは歌いながら見えない目をしばたたかせておられた。何を回顧されておられたのか。そばには先に召された奥さんの写真があった。私も将来こうならないとは限らないと思い胸がつまった。


讃美歌494番


1. わが 行く みち いつ いかに


   なるべき か は つゆ 知らねど,


  主 は みこころ なし たまわん.


 


(Refrain)


   そなえ たもう 主 の みち を


   ふみて ゆかん ひとすじ に.


 


2. こころ たけく たゆまざれ,


   ひと は かわり 世 は うつれと,


  主 はみこころ なし たまわん.


  


3. あらうみ を も うち ひらき,


   すなはら に も まな を ふらせ,


  主 は みこころ なし たまわん.


●妻は、姪の直美さんのところに誕生祝いを持って行く。大宮の一つ先の土呂。シヅエさんとも会う。御主人は感じのよい人だという。


 


 


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


絶望の果ての祈り ++++++++ 所感

2007/07/18 07:18

070718(水)4時15分起床●朝風呂で日経「私の履歴書」読売巨人軍終身名誉監督、長嶋茂雄。巨人軍日本シリーズV9の偉業は川上哲治監督の管理野球。森と長嶋が叱られ役。長嶋は時々管理の枠を外れた。命令に従わなかった。●昨夜はカラヤン+ウィーンフィルでウィンナワルツ、今朝はフルトヴェングラー+ベルリンの「運命」と「エグモント」。こpれは名演奏の1947年版。それから「代フーガ」。●音楽はどうせ聴くのなら古今最高の演奏で聴くべきだ。●聖書の翻訳も同じ。朗読は文語訳、意味を通すなら塚本訳●人見記念講堂でダンタイソンのピアノ演奏会。昭和女子大の授業の一環であったが、非常に静粛でよく聴いていた。本物というのは説明解説なしにその本物性が伝わるらしい。イエスの言葉も聴衆に感動を与えた。


文語訳 マタ 7:28-29
7:28 イエスこれらの言を語りをへ給へるとき、群衆その教に驚きたり。
7:29 それは學者らの如くならず、權威ある者のごとく教へ給へる故なり。


塚本訳  マタ 7:28-29
7:28 イエスがこれらの話を終えられた時、一しょに聞いていた群衆はその教えに感心してしまった。
7:29 自分たちの聖書学者のようでなく、権威を持つ者のように教えられたからである。


●人生、いやなヤツと一緒に生きなければならないことは「不幸」の一つ、「人生最大の悩み」の一つである。そんな時はどうしたらよいか。仲良くするように工夫努力するべきか。無理。注意教育啓蒙説教して相手を自分の気にいるように変革すべきか。無理。攻撃爆撃非難して相手をなき者にすべきか。ギャフンと言わせるべきか。早くいなくなってしまえとか、早く失脚したらいいと思うべきか、失敗を望むべきか、早く死んでしまえと願うべきか。No!。それは心での殺人。そんなことを心に偉大おたら、この自分が逆に神に裁かれる。なぜか。その人も神に造られたひとだから●ではどうしたら良いのか。「自らの力、努力、工夫」に絶望すべきである。そして祈るべきである。神に動いていただくことである。神に腰を上げてもらうべきである。これに限らず人生のこういう人間関係の悩みについてイエスは次のように言う。


塚本訳ルカ 18:1-8


(不埒な裁判官の譬)
18:1 なお、気を落さずに常に祈るべきことについて、一つの譬をひいて弟子たちに話された、
18:2 「ある町に、神を恐れず、人を人とも思わない裁判官があった。
18:3 またその町に一人の寡婦がいた。いつもその裁判官の所に来ては、『(早く裁判をして)わたしのため敵に仕返しをしてください』と言っていた。
18:4 裁判官はしばらくの間は取り合おうとしなかったが、あとでひそかに考えた、『わたしは神を恐れず、人を人とも思わないが、
18:5 この寡婦はどうもうるさくて、やりきれないから、(裁判をして、)この女のために仕返しをしてやろう。そうしないと最後にはやって来て、わたしをどんなひどい目にあわせるか知れない。』」
18:6 それから主は言われた、「この不埒な裁判官の言うことを聞け。
18:7 (こんな男でもこのとおり。)まして神が、夜昼叫んでいるその選ばれた人々のために仕返し(の裁判)をせず、気長に放っておかれることがあろうか。
18:8 わたしは言う、間もなく彼らのために仕返しをされるであろう。しかし人の子(わたし)が来るときに、はたして地上に信仰(をもつ人)が見当るだろうか!」


●祈りは自己への絶望から生まれる。相手への絶望から生まれる。父母に絶望、伴侶に絶望、子供に絶望、兄弟や親類縁者に絶望、会社同僚に絶望、然り、社会に絶望、政治に絶望、日本国に絶望、世界に絶望、人類に絶望。そうして万策尽きたところに祈りの心が生まれる。そうだ。神は全能だ。


●自分に絶望する時が本当に尊い時。それが本当に深刻な悩み。そして絶望。自己の罪の醜さを知った時の懊悩。この絶望の経験なくして人間は人間として目覚めない。その絶望の時は「神にすがらざるをえない」のだ。自然も科学も人間も助けてはくれないのだ。


新改訳 詩  121:1-2
121:1 私は山に向かって目を上げる。私の助けは、どこから来るのだろうか。
121:2 私の助けは、天地を造られた主から来る。


●私が講師をしている昭和女子大学長の坂東眞理子さんが出版した「女性の品格」が25万部(?)のベストセラーだというので図書館で借りた。散見すると耳の痛いことばかり。内容は事細かな習慣、言葉づかいなど、いわば「律法」である。私は品格のないことおびただしい。絶望●しかし最後の最後で「品格のある生き方の基本」として聖書の「ゴールデンルール」の解説があってほっとした。しかしこの解説はイマイチ。聖書のゴールデンルールとはつぎの箇所。


文語訳 マタ 7:12
7:12 さらば凡て人に爲られんと思ふことは、人にも亦その如くせよ。これは律法なり、預言者なり。


塚本訳 マタ 7:12
7:12 だから、何事によらず自分にしてもらいたいと思うことを、あなた達もそのように人にしなさい。これが律法と預言書(と[聖書]の精神)である。


●坂東氏の解説はこうだ。「自分のしてほしいことを相手がしてほしいと思っているとは限らない」と。なるほど。聖書をこうも読むか。●自分がお腹がすいているから相手もすいているだろうと思うことがしばしばあるがそうでもないこともある(笑)●坂東氏の本は品格の「律法集」。これを守っても救われない。霊の命を頂くと「品格」以上ももの、霊の輝き、顔の輝きが現れてくるのだ。愛は立法を完成するとある。


文語訳 ロマ 13:10
13:10 愛は隣を害はず、この故に愛は律法の完全なり。


塚本訳  ロマ 13:10
13:10 愛は隣の人に悪事を働かない。だから愛は律法の完成である。


●私は言いたい。「幸いなるかな育ちや躾が悪くて品格のないもの。天国は汝らのものなり」。●品格があっても救われない、天国に入れない。品格がなくても救われる。カッコ悪い言葉、卑しい態度、トッポイ態度、攻撃的な心、きつい言葉、不親切、意地悪、冷たい心。そういう人でも、否、そう人こそ神に見出される。十字架で救われる。●「女性の品格」の本は今日が返却期限だったので急いで拾い読みした。こういう流行本をその都度読んでいたら人生を失う。●15:30社会保険庁に今日話題の「年金問題」を問う。番号を言っただけですぐ応答。すこぶる対応がよい。私のものは問題なし。妻のものは昭和36年に一時期わずかに会社勤務したものがいただける年齢になったので「請求手続きをしてください」との返事。社会保険庁はよく対応している。マスコミの非難は選挙時期と関係しているのではないか。




 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


人間には絶望せよ ++++++++ 所感

2007/07/17 07:47

070717(火)5時半起床。さすがに体が疲れている。イエスの言葉を思う。


新改訳 マタ 26:41
26:41 誘惑に陥らないように、目をさまして、祈っていなさい。心は燃えていても、肉体は弱いのです。」


塚本訳 マタ 26:41
26:41 目を覚まして、誘惑に陥らないように祈っていなさい。心ははやっても、体が弱いのだから。」


●しかし昨日の講演者である津上毅一さんは93歳、昨日の講演のために藤林益三著作集全10巻の半分は読まれたという。すごい勉強欲。わたしも最後まで勉強をしなければならない。●朝風呂で日経「私の履歴書」読売巨人軍終身名誉監督、長嶋茂雄.大阪万博のコンパニオンであった亜希子さん(4ヶ国語をあやつるバイリンガル)に一目ぼれで電撃婚約。毎朝電話をかけた強攻策作、知り合って40日目。●仕事でもヤル気のある時はスピードが出る。労働に不満が出てすぐ「労働組合運動」に熱心になる人間は神からの仕事を頂いてない証拠。そういう人間と友達になってはいけない●待ち合わせ時間に遅れてきた私よりも年下の人間がいた。しかも「送れてすみません」との挨拶もない。彼はどういう教育を受けて来たのだろう。その人間、このままでは先がない。否、あってはならない。対人関係において礼儀知らずだから発想が陳腐で低級。彼の仕事は栄えない。こういう人間には切望した方がよい●礼儀と愛のある人間の仕事が栄える●人間は学問知識技術よりもまず道徳、しつけ、礼儀、常識を学ばなければならない。それを身につけなければならない。●まともな挨拶、お礼ができない人間の仕事は栄えない。なぜか。仕事というのは人への奉仕、愛、礼儀の表れだからだ。まともな礼状一本も書けない人間、「ありがとうございました」と電話の一本もかける気持ちのない人間は、滅びるべき人間。大脳皮質だけでコスイ金儲けをしても周囲の人間や社会が彼を「生かしちゃおかない」。●ホリエモンは金儲けのコスイ技術はあっても礼儀と愛がなかった。道徳や宗教などの前に躾、常識がなかった。彼が感謝の気持ちから丁寧に礼状を書いている人間としての姿は想像できない。●人間、絶望するとき祈りの気持ちが湧く。特に人間関係で「絶望」することが多い。そうだ、人間には絶望した方が良いのだ。なぜか。祈ることができるから。人間の努力や教育で相手を変えようと思うのはまだ甘い。実験が足りない。人間の努力で相手が変わると思うのは不遜だ。●イヤなヤツは変わらないと思った方が楽。あの人は永久にあのまま、そのままなのだ。あの人を変えるのは神のみなのだ。●14:30小寺利男氏が15日の感謝会で私が撮影した写真を受け取りにこられた。妻も交えて歓談。「聖徒の交わりを信ず」「三位一体」「聖なる公会を信ず」ということについて信仰の交わりの話。●エプソンプリンターダウン。廃液タンクが一杯●図書館、写真店●津上さん、相澤さんと電話打合せ

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


神に起こされることが本物 ++++++++ 所感

2007/07/16 07:02

070716(月)4時半起床。今日は「藤林益三記念講演会」●黙想、「神に起こされるということ」。イエスは人間の手によって殺されたが、神によって復活させられた。この復活させられたという言葉は「起こされる」という意味である。岩波訳各所●これ人間社会の面についても言える。ある人たちに排斥されても真実や真理は見出される時が来るものだ。●それに比べて「この世の人間」のすることは、神に引き抜かれる。一時は目覚ましくてもいつかは滅びる。いなくなる。それまで忍耐忍耐。持久戦。


塚本訳マタ 15:13
15:13 イエスは答えられた、「わたしの天の父上がお植えにならないものは皆、引き抜かれる。



塚本訳ルカ 16:15
16:15 そこで彼らに言われた、「あなた達は人の前では信心深そうな顔をしているが、神はあなた達の心を見抜いておられる。人の中で尊ばれるものは、神の前では嫌われるものである。



口語訳 詩  126:5-6
126:5 涙をもって種まく者は、喜びの声をもって刈り取る。
126:6 種を携え、涙を流して出て行く者は、束を携え、喜びの声をあげて帰ってくるであろう。


●人間どもに捨てられても神に拾われる人生が一番価値があり、歴史に貢献する。イエス、洗礼者ヨハネ、ダンテ、ルーテル、内村、塚本、矢内原、そして小人物としても会社から、教会から、集会から、仲間から真理のために追放されるときに「男」になる。


塚本訳 ルカ 20:17-19
20:17 イエスは彼らをじっと見て言われた、「では、こう(聖書に)書いてあるのはなんの意味であるか。──』大工たちが(役に立たぬと)捨てた石、それが隅の土台石になった。』
20:18 (救世主なる)その石の上に(つまづき)倒れる人は一人のこらず打ち砕かれ、(最後の裁きの日に)その石が倒れかかる人は、粉微塵になるであろう。」
20:19 この時聖書学者と大祭司連は、イエスが自分たちに当てつけてこの譬を言われたことを知ったので、(怒って)イエスに手をかけようと思ったが、人民(が騒ぎ出すの)を恐れた。


●ダメな人間、集団、徒党はいつかは滅びる。続かないものだ。それは讃美歌90番の3節のとおり。それがよいものかどうかの判断はしばらく放っておいてみることだ。●だからいやな人間に関しては自ら爆撃しないで神の手に任せるべきである。それまで忍耐忍耐。持久戦。


讃美歌90番3節


3. ここ も 神 の みくに なれば,


   よこしま しばし は時を得( う )とも,


 主の みむね の やや に なりて,


   あめ つち つい に は ひとつ と ならん.


s2007_0716_043341AA.jpg


朝4時半。窓を開けるとこの景色。台風一過。ベートーヴェン交響曲第6番「田園」第5楽章。



●「藤林益三記念講演会」14:00今井館。これは神の手によって起された会。不思議。


司会 高橋照男(東京聖書読者会)


祈祷 相澤忠一(今井館教友会理事長)


講演 津上毅一(本講演会実行委員長)


    清水望(早稲田大学名誉教授)


s2007_0716_124555AA.jpg


この書は今井館理事長相澤忠一氏のもの


s2007_0716_163340AA.jpg

藤林益三記念講演会、


左より高橋照男(司会)、清水望(講演)、津上毅一(講演)、相澤忠一(祈祷)


s2007_0716_124659AA.jpg


藤林益三記念講演会、受付スタッフ


左から高橋トミ子、宮崎トキ、小寺七重


●聴講者101名は盛会であった。


●第34回塚本虎二先生記念会のお知らせを次のように書いて発送した。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



第34回塚本虎二先生記念会のお知らせ


 



キリスト教の無教会主義は


神の恩恵により日本人に備えられものであります。


私たちはそこに神の摂理を認識いたします。従いまして本年もまた人間を記念するのでなく、下記のような「集まり」を開催いたします。


ここに謹んでお知らせ申し上げます。


 



 


主 催  東京聖書読者会


日 時  2007年10月28日 午後2時~4時半


場 所  野口英世記念会館(新宿区大京町)


会 費  500円


 


司 会    高 橋 照 男


                 讃美歌234番


 


第一部 講 演    高 木 謙 次


                 内村鑑三と塚本虎二


 


 休 憩 


           讃美歌495番


 


      第二部 感 話    村松梅太郎


 


           〃     相 澤 忠 一


 


          報 告    山 本 政 則


 


 


            連絡先 〒181-0012


               東京都小金井市中町1-12-23


               山本政則 ℡042-384-6890



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 


 



 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


台風の心配 ++++++++ 所感

2007/07/15 07:25

070715(日)5時半起床。●NHKTV3CH「心の時代」。太田愛人牧師のパウロ●朝風呂で日経「私の履歴書」読売巨人軍終身名誉監督、長嶋茂雄。王選手には荒川という師がいたが長島には師がいなかった。人生、よき師に恵まれるのは幸いだが、もしいなくても長島のようにはなれる。しかし長島はそれだけ自学自習した。自己努力をした●台風4号で心配。特に農業者の心配は大きい。大雨と大風について聖書の言葉を見てみる。


新共同 創  7:11-13
7:11 ノアの生涯の第六百年、第二の月の十七日、この日、大いなる深淵の源がことごとく裂け、天の窓が開かれた。
7:12 雨が四十日四十夜地上に降り続いたが、
7:13 まさにこの日、ノアも、息子のセム、ハム、ヤフェト、ノアの妻、この三人の息子の嫁たちも、箱舟に入った。


新共同 ヨブ 37:6
37:6 神は命じられる。雪には、「地に降り積もれ」雨には、「激しく降れ」と。


新共同 ヨナ 1:4
1:4 主は大風を海に向かって放たれたので、海は大荒れとなり、船は今にも砕けんばかりとなった。


 塚本訳 マタ 8:23-27
8:23 舟に乗られると、弟子たちも従った。
8:24 するとにわかに湖に激しい嵐がおこって、ついに舟は波をかぶった。しかしイエスは眠っておられた。
8:25 弟子たちがそばに来て、「主よ、お助けください、溺れます」と言って起した。
8:26 彼らに言われる、「なんでそんなに臆病なのか、信仰の小さい人たちよ!」それから起き上がって風と湖とを叱りつけられると、(たちどころに)大凪になった。
8:27 人々は驚いて、「この方はどうした人だろう、風も湖も、その言うことを聞くのだが」と言った。


●台風を自然現象とみるか神の起こしたもうものと見るか。これは「死」を自然現象とみるか、神にお召されることと見るか。病気を自然現象と見るか神の与えたもうものと見るかのもつながる●神を信ずる人間は、この世の不幸を防ぐための努力が足りないとという人間がいるが、誤り。そう言った人間はたいていの場合「恐怖人間」。治りにくい病気になるとうろたえる●祈りの力。不幸を回避したり、その不幸の意味の正しい認識を得る●神を信じる者の方がその不幸の回避に最良の処置が思いつく。人間の努力による「発想」は陳腐、ダイナミックではない。●米国で、ハリケーンの進路を変える方法を研究中という。これを無謀な努力とわらっれはいけない。●台風に関して現代の科学で効果的なのは「予報」である。台風の進路をあらかじめ知ることができる。「予測の科学「の発達●私の余命は17年。これも統計の発達によってわかること●ニュートークに行った時のこと。何かの都合で空港になかなか着陸できなかったとき、乗客の黒人の集団が何やらぶつぶつ祈りはじまた。無事着陸できるたとき、乗客は一斉に拍手●讃美歌273Bはウェスれーの作。彼が乗った船が嵐で難破しそうになったとき、乗客の黒人たちが一斉に祈ったことにインスピレーションを受けてこの讃美歌を作った。


讃美歌273番


1. わが たましい を  愛する イェス よ,


   波 は さかまき 風 ふけ あれて,


   沈む ばかり の この み身を 守り,


   天 の みなと に みちびき たまえ.


 2. われ に は外( ほか )の 隠れ家 あらず,


   頼 るかた なき この たましい を


 委(ゆだ)ねまつれば, みいつくしみ の


   つばさ の 陰 に 守らせ たまえ.


 3. わが 身 は 全(また)く けがれ に 染(そ)めど,


   君は  まこと と恵みに 満ちて,


   われ の 内外(うちと )を ことごと きよめ,


   つかれし 霊(たま) を慰( なぐさ)め たまわん.


 4. きみ は生命( いのち) の みなもと なれば,


   たえず 湧きいで こころ に 溢(あふ)れ,


  我を うるおし, 渇き おをとどめ,


   とこしえ まで も やすき を 賜え.


●集会は宮崎トキ、小寺利男、望月明 ●午後は感謝会。台風4号の影響で出席者少なく、終了も早くした。私は今井館の「内村鑑三研究懸賞論文集」の当選者5人のうち3名が大学生、残りの2名も30歳代の若い人であり、かつ内容も深いものであったことに驚嘆したことを話した。


s2007_0715_140918AA.jpg


東京聖書読者会、夏期感謝会。台風4号のため出席者が少なかった。 2007.7.15

 


 


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


誕生日のうれしいメッセージ ++++++++ 所感

2007/07/14 08:57

070714(土)5時起床●誕生日のメッセージに某氏からの玉稿があった。下記に記す。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


高橋照男様


一日遅れましたが、お誕生日おめでとうございます。福音を信じて、只々お恵みによって永遠のいのちを賜り、「霊のからだ」を約束された方には心から「誕生日おめでとう」と言えます。(以下省略)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



●これに対して私から感謝の返メールを次のように書いた



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



○○様


誕生日のメッセージありがとうございました。「福音を信じて、只々お恵みによって永遠のいのちを賜り、「霊のからだ」を約束された方には心から「誕生日おめでとう」と言えます。」に刺激されました。そうです。余命17年であってもまたそれ以上であっても「永遠」と比べれば問題はありません。今日この日、永遠の生命に生きることが大切と理解させられました。(以下省略)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



●朝風呂で日経「私の履歴書」読売巨人軍終身名誉監督、長嶋茂雄。村山と杉浦の思い出。村山投手の引退試合でわざと大振りの三振をしようと思ったが思わず強打でヒット。すると村山に「あれが一番のはなむけであった」と喜ばれた。それ以来二人は無二の親友になった。●人には手加減をしてはいけない。真の愛は手加減をしない。親の子に対する「激怒」「叱声」がそれである。愛していない人間には激怒も叱声も控えるものだ。●14:00今井館で「内村鑑三研究懸賞論文受賞者表彰式」に出席。受賞者5人がすべて若い人であったのに驚嘆。大山綱夫氏の講評がよかった。茶話会の司会は千葉真氏。私も一言述べた。内容は「どんな教派も100年も経つと衰退しはじめる。無教会は100年目。内村を乗り超えなければならない。内村が目的であったり、内村止まりであってはならない。これが我々古い者たちの課題である」●17:00、相澤、鈴木九十九、鷲見、高橋の4人で16日の「藤林益三記念講演会」の打ち合わせ。●帰途倉石真氏(テノール歌手)と一緒。


 



 


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


そんなつもりじゃなったのに ++++++++ 所感

2007/07/13 06:49

070713(金)5時起床。今日は満64歳の誕生日。余命18年0か月。死の壁にまた一歩近づく。ノー!。十字架、贖罪、復活、永遠の生命!!。希望、愛、信仰、●使徒伝承、有体的復活の使徒伝承者でありうることが残りの人生目標。●先日孫の見時が電話でわたしのことを「ジジー」と言って母親に叱られ泣いたことについて考える。彼は普通は「ジージ」と言っていたのだが、その日に限ってなぜかとっさに最初の言葉が「ジジー」になった。母親はあわてたらしい●心と言葉、心と形について考える。


●心は言葉になって表れるのは真理である。


塚本訳 マタ 12:33-34
12:33 木を良いとするなら、その実をも良いとせよ。また、木を悪いとするなら、その実をも悪いとせよ。木(の良し悪し)は実で知られるのである。
12:34 蝮の末よ、あなた達(自身)が悪いのに、どうして善いことが言えよう。心にあふれて口に出るのだから。


●心はそうでもないのに口に出した言葉は「きつく」感じられてしまうことがある。某氏から「照男さんあんたは言い方がきついよ」と暖かい忠告を頂いたこともある。じっくり自己を観察するとたしかに私は「言葉がきつい」。よくいえばズバッと判断してしまう。建築設計は最低でも5千回の素早い判断の連続作業。ズバッと判断しないと建築が進まない。


●神は外側でなく心を見る。


新共同 Ⅰサム16:7
16:7 しかし、主はサムエルに言われた。「容姿や背の高さに目を向けるな。わたしは彼を退ける。人間が見るようには見ない。人は目に映ることを見るが、主は心によって見る。」


●「ジージ」はよくて「ジジー」は悪いか。受けとった私は彼の言い方が今回初めて変わったので「ギクッ」ときたが、まー「孫のことだ」と思った。母親が注意してくれて安堵した。注意してくれなかったらやっぱりひっかかりが残ったかもしれない●これが大きくなった子供から「j爺ー」「おやじ」「てめー」「おめー」「アンタ」などと言われたら頭に来る。トサカに来る●心に傷つく言葉はなぜかいつまでも忘れられないものだ。いつまでも残ってしまうものだ。その一言で永遠の「喧嘩別れ」になってしまうことも多い。そういう時は早く仲直りせよと聖書は言う。


塚本訳 マタ 5:23-24
5:23 だからもし、あなたが祭壇に供え物を捧げるとき、そこで兄弟に恨まれていることを思い出したなら、
5:24 供え物をそこに、祭壇の前に置き、まず行ってその兄弟と仲直りをし、それからかえって来て供え物を捧げよ。


●ところがこれができないのだなー。向こうから頭を下げて謝ってきたら許してやると思うものだ。しかし聖書は進んでこちらから和睦するようにせよという。塚本訳で明快。まーでも難しい。


塚本訳 ロマ 12:17-18
12:17 だれにも悪をもあって悪に報いず、どんな『人の前でも善をするように心がけよ。』
12:18 出来るなら、(少なくとも)あなた達の方では、どんな人とも仲良くせよ。


●孫が悪い気持ちで「ジジー」と言ったとは100%思えない。それなのに母親に叱られたので「そんなつもりじゃなかったのになー」と泣いたのだろう。神は見ている。神は知っている。今度行く時はお土産をたくさん買っていこう。これで神の気持ちが少しわかったような気がする。聖書の次の箇所が理解できる。●良かれと思って親切にしたことが嫌われると神が「褒美」をくださる


塚本訳 マタ 5:10-12
5:10 ああ幸いだ、信仰のために迫害される人たち、天の国はその人たちのものとなるのだから。
5:11 わたしゆえに罵られたり、迫害されたり、あらん限りの根も葉もない悪口を言われたりする時、あなた達は幸いである。
5:12 小躍りして喜びなさい、褒美がどっさり天であなた達を待っているのだから。あなた達より前の預言者たちも、同じように迫害されたのである。


smitokakudai.jpg


保育園の積み木ゲームがうまくいって得意顔の見時。母親から送られてきた写真。見時はもうじき満5歳になる。


●結婚して認識したこと。福島県(妻の郷里)の人は心と言葉に違いがない。裏腹がない。時にははっきりものを言いすぎるきらいもあるが。・・・・それに比べて東京の人は心と言葉が違うことがある。「きっとお礼の御返事しますわ」と言われてその後全然こなかった苦い経験がある。●塚本先生は毎夏の避暑地に福島県を選んだことを少し理解できたものだ●福島県の人は言葉ではなく態度で表わす。言葉だけの人よりもよい●5:30朝風呂で日経「私の履歴書」読売巨人軍終身名誉監督、長嶋茂雄。天覧試合で劇的なサヨナラホームラン。役者だなー。この辺からは良く知られたエピソードが始まりそうだ。こうなると「履歴書」もつまらないものだ



 


 


 


 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


病気は十字架 ++++++++ 所感

2007/07/12 07:04

070712(木)5時半起床。妻に「今日は満63歳最後の日。名残惜しいなー」と言う。明日はもう64歳。●朝の黙想。「病気は十字架」●朝風呂で日経「私の履歴書」読売巨人軍終身名誉監督、長嶋茂雄.プロ野球での活躍。人間、活躍し始めると「新聞」で話題になる。それは「この世」●クリスチャンの中にはこの「この世的」なことに関心をもってそれを尊いものと考える人がいる。この世的に有名になることが神の栄光を表すことだと誤解している。それは「この世的人間」。彼らには信仰は通じないから話しても無駄。注意しても無駄。ただ避けよ。天罰にまかせよ。●病気は多くの場合、誰か他の人の罪を負う十字架。負われた人は大抵そのことを知らないでいる。讃美歌331番を思う


讃美歌 331 


1. 主 に のみ 十字架 を  負わせ まつり


   われ 知らず がお に ある べき か は.


 2. 十字架 を 負いにし 聖徒 たち の


   み国 に よろこぶ さち や いか に.


 3. わが 身 も いさみ て 十字架 を 負い,


   死に いたる まで も 仕え まつ らん.


 4. この 世 の 禍幸(まがさち)いかに も あれ,


   さかえ の かむり は 十字架 に あり.


●15;00 橋本真一君とともに黒田隆さんを訪問。私のオーストリア旅行談、会社の近況などを話す。


s2007_0712_190651AA.jpg

帰途、幻想的な夕焼け。神の芸術はすごいなー。すごい色彩だなーー。


 


 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


母からの宿題 ++++++++ 所感

2007/07/11 22:37

070711(水)6時起床●黙想。母からの宿題3つ。1・キリスト教よりも仏教のほうがわかりやすい。(いつも暗に信仰を説いてばかりいたとき) 2・照男は親に向かって説教する。(涙ぐんで娘に言ったそうである) 3・天国では痛みないというが「行って見てきたのですか」。(肺ガンで苦しんできたとき)。全部重大な宿題。生涯をかけて取り組む宿題。しかし、これらの難しい宿題は神が解いてくださらなければとうてい解決できない。なまじのことでは宿題が果たせない●朝風呂で日経「私の履歴書」読売巨人軍終身名誉監督、長嶋茂雄.鳴り物入りでプロ野球読売巨人軍に入っ得意になっていた時、国鉄金田正一投手に4打席4三振をくらい、高慢の鼻をへし折られる。すると打撃の神様の川上が「あんな金田はこれまで一回もなかったんだ。気にするな。気にしちゃいかんぞ」と慰めた。その夜、明け方まで悔しさと恥ずかしさがこみ上げて、何度もガバッと布団をはねのけ、闇の中でバットを振る。●人間は一度や二度はぺしゃんこにされた方が後で伸びるものだ●「オーストリアの旅」写真日記を非常に褒めてくれた人がいたので、その人に「2006イスラエルの旅」と「2005ドイツの旅」をプリントして郵送。言葉や、話はこれを聞いてくれる人にのみ通じるものだ●BK、ノジマ、図書館CD●日記、今度のオーストリア旅行の写真交換会のために写真をプリント●エプソン詰め替えインクのチェッカーという器具がうまく働かず、メーニーに「これは設計ミスだ」と苦言を呈す●夜、NHK3CHで肺がん治療薬について。母に投与された「イレッサ」のことが出た。もう3年も前の悩みの薬であった。●孫の見時と電話で話し始めたら急に言葉が途切れて泣きはじめた。冒頭でいつものように「ジージ」でなく今日に限って「ジジー」といったので、母親からひどく叱られたらしい。心は言葉になるが、心の底の本当の状態は神が知る。●孫が泣くとこちらが悲しい。しかし母親のしつけというのも大切。義と愛の板挟み、これが人生だ。●親が子供を叱るのは本当の親である証拠。本当の愛は叱る。●祖父母は孫をひどく叱れないから育児はできない


 

トラックバック(0) | コメント(1) | top▲


一か月5万円で暮らす方法 ++++++++ 所感

2007/07/09 06:57

070710(火)なぜか日記つけ忘れ。考えられないことだ。


070709(月)5時10分起床。朝の黙想。「祈りは聴かれる」。難しい病気、困難な病気になればなるほど「祈ればいい」。世には「お祈りなんて迷信だ。お祈りなんて気休めだ。お祈りなんて効き目がない」という人がいる。しかしそういう人には徹底的に治りにくい病気が下る。それは罰ではなく、神の真剣な愛の業。本人が万策尽きて祈らざるをえないようにするのだ。意地悪ではない。神の真の愛なのだ。神は手加減をしない。神の愛が真剣な証拠。本物である証拠。神は失われた者を探す。


塚本訳ルカ 17:5-6
17:5 使徒たちが主に言った、「もっと信仰を下さい。」
17:6 主が言われた、「もしあなた達に芥子粒ほどでも信仰があれば、──(あなた達にはそれがないが、もしあれば)──この桑の木にむかい『抜けて海に植われ』と言っても、言うことを聞くであろう。


●過日のこと。一か月5万円だけの年金で暮らしている方の話を伺った。その方法は?。


一緒に住んでいる子供の家に3万円を入れる。残りの2万円で他人と比較しない「絶対生活」。これで年4回も旅行に行く。先日も1万2千円で2泊3日の団体バス旅行で塩原温泉に行ってきたという。またボランティア活動をしている。そう語るその人の顔は明るかった。●この話を伺って「目から鱗」。我が家の将来の不安に光が射してきた●「パンはなくとも人は生きられる」(塚本訳)というマタイ4:4の解釈は、「パンがないなら神はご飯かうどんで養ってくださるという意味だと思うが」、とその人に言ったら、「ご飯もうどんもパンだ」と喝破された。実際、パンがなくとも生きられるのだという。頭だけの私の聖書解釈の敗北。●昨日の高木博義氏の「感話」は、「パンがなくとも人は生きられる」のご自身の実証についてであった。●キルケゴールだったと思うが「国家から給料をもらっている牧師が『幸いなるかな貧しき者』と説教している」と皮肉っている●私の経験。家屋の火災で焼け出されたとき。ご近所の方々は「炊き出し」で握り飯をたくさんふるまってくださった。私はこのとき「神が養ってくださる」という聖書の言葉を理解した。着る物や布団もどっと届けられた。●苦難は聖書解釈の最大の道


塚本訳マタ 6:31-32
6:31 だから、『何を食べよう』とか、『何を飲もう』とか、『何を着よう』とか言って、心配するな。
6:32 それは皆異教人のほしがるもの。あなた達の天の父上は、それが皆あなた達に必要なことをよく御承知である。


●大友浩「内村鑑三の柔軟性」(内村鑑三記念講演)をテープで聴く。信仰によって得られた自由は、この世への対処の仕方も自由になるという貴重な話。テープを送ってくださった方が柔軟性は建築の柔構造であると説明して下さった。テープのお礼に「私は柔構造人間になりたいが、それは神の力を堅く信ずることによって可能」と書いた。●福島県の湯浅先生に電話。9月2日に安達太良聖書研究会の礼拝に出席したき旨を話す。すると「使徒伝承」を語ってくださいと言われた。なぜか「奮い立った」。たしかに使徒伝承は真理なのだ。


 


 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


松井清記念会 ++++++++ 所感

2007/07/08 22:21

070708(日)5時半起床●朝風呂で日経「私の履歴書」読売巨人軍終身名誉監督、長嶋茂雄.6大学での活躍。●集会は藤巻、高木、山本●14:30 八潮台の松井邸で松井清一周年記念会。小寺利男、藤巻胖、高橋照男。心からなる交流の記念会はささやかではあるが真実であった。


s2007_0708_160143AA.jpg


前列は松井家ご遺族。遺影は松井清。その右は塚本虎二先生の色紙。後列は左から高橋照男、小寺利男、藤巻胖。 2007.7.8



トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


私を嫌う人は神の使い ++++++++ 所感

2007/07/07 07:44

070707(土)4時目覚め。黙想「「自分をひどく嫌う人」がいる場合は、「その人は自分を磨く神の使い」だと思えばよい』。5時15分起床●朝風呂で日経「私の履歴書」読売巨人軍終身名誉監督、長嶋茂雄。父の臨終で大学一、プロでも一番になれと発破をかけられる。家計が苦しくなったのでプロに転じようとしたが、母親に止められる。自分のあるのは家庭のおかげと感謝している●日経「何でもランキング」は「妻に言われてムッとした一言」。第一位「うちにはお金がないわ」「生活費がたりないわ」、第三位「おなかが出てきたわね」、台5位「私だっていそがしいの」、第七位「あなたの○○くさいわ」、第九位「あなたの親(兄弟姉妹、親せき)は○○ね」。●「妻に言われてうれしかった一言」は、第一位「ありがとう」、第二位「いつも御苦労さま」「お疲れさま」、第三位「いってらっしゃい」、第四位「さすが!」、第五位「早く帰ってきてね」、弟七位「あなたと結婚してよかった」。●終日「藤林益三記念講演会プログラム」の作成。相澤理事長とやりとり●図書館CD●妻はいわきから愛子のところへ。初音のダンス発表会を見に行く。●16:30 石川緒子、釘本寛子さん来訪。先に召された姉君の釘本京子さんの思い出を語り合う。「無教会でなくてはぴったり来ない」という話に「なぜか」と考えさせられた。得意な宗教現象だ。

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


人間の訓練、神の訓練 ++++++++ 所感

2007/07/06 10:23

070706(金)5時半起床●朝風呂で日経「私の履歴書」読売巨人軍終身名誉監督、長嶋茂雄。立大、鬼の砂押監督の猛烈なしごきと特訓。そのすさまじさ。長島はそれに耐えた。今日の母親だったら問題にして教育委員会に訴える。真の愛でないものは人間を脆弱にする。●砂押監督は影で「長島は磨けばよくなる」と周囲のものに言っていたという。砂押監督あっての長島。●神の訓練も厳しいものがある。財産を失ったり、不幸になったり、病気になったり、社会的な遅れをとったり、受験就職の失敗をしたり、落第失業したり、「いじめ」られたり、愛する者を失ったり、家庭内不和、家庭崩壊したり・・・・などなど、これすべて神の「しごき」。神の目的はこれによって「真の平安」「永遠の生命」「真の人生観」を与えようとするのである。●HPに「オーストリアの旅」をアップロードした(トップページ)ので、冊子にしたものも発送。●6月16日の「藤林益三記念講演会」の準備。壇上に立つ者の担当者の熱の入れようは大変なものになっている。信仰による熱心である。藤林先生を称えるのでなく、神を称える方向である。準備の段階から神に祝されている。栄光は神にある。

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


子供が傷つけられる ++++++++ 所感

2007/07/05 07:49

070705(木)5時半起床●朝風呂で日経「私の履歴書」読売巨人軍終身名誉監督、長嶋茂雄。高校卒業のとき、父はプロ野球志望であった本人の意見も聞かずに立教大学の鬼の砂押監督のスパルタ指導に惚れこんで、そこに送り込む。これを人権無視、子供の自由無視、親のエゴ、親の名誉欲、親の罪、・・・だなどと甘い考えをする者は大成しない。脆弱な子供に育つ。親は時に子供の道を勝手に決めてしまうことが大切。●なぜか、長島の父は、砂押監督に「息子をビシバシやってくれ」と言ったことからもわかるように、息子を苦難の道に追いやったのだ。甘やかさない道に追いやったのだ。人間は本能として苦労する道は避けるからだ●長島はこの父の理不尽な処置に対して「(この時の)父の決断は間違ってなかった」という。●今日の長嶋があるのは「この父にしてこの子あり」だ。世の中はそれを知らない。子供を甘やかす。「自由」が大切だと言って。●父親のいない家庭ではこの父親の強さが子供に必要である。●母親が強すぎて、父親の影が薄い家庭は子供の精神状態がよく育たない。●7:45妻は数人で故大熊好子さんの墓参のため「いわき市」へ。「人は棺桶の蓋を閉じてからその真価が表れる」。大熊好子さんに対しては死後このように大勢の人が墓参に行く。不思議。集会で私が話した「千の風になって、OH、NO!」と「キリスト信者はなぜ身内から疎まれるのか」のプリントを同行の人数分だけ妻に持たせて、「配って」もらうようにした。●日経の文化欄。ヴェートヴェンの切手を収集している人の話。●ヴェート―ヴェンは音楽だけでなく、その苦難の人生が人の心を打つのだ。音楽家にして「耳が聞こえなくなるとは」。しかし彼はそれから傑作を生み出したのだ。個人の苦難こそが人類に普遍的な慰めを与える。彼は遺書は書いたが自殺しなかった。●それに比べて我が国の有島武郎は、人妻に溺れて情死自殺。内村は激怒。「彼の首吊りの縄にはウジ虫がぞろぞろと上下していた」と言い放つ。また源氏物語は日本人を女々しくしたと喝破する。●内村の激怒は父の愛だ。祖父母にはこの激怒がないからよくない。「孫はかわいい」などと甘やかす祖父母には真の愛がないのかもしれない。自戒。●保育園に通う子供が同じ園児にはさみで傷つけられたことに対する問題。どうしたらよいか、その母親から相談。●「いやな人間のことはとても赦せないなー」と同情●事件の真相というものは「当事者」でなければなかなかわからないものだ。第三者は評論家になってしまうだけだ。●しかし評論家には評論家の役割がある。これ裁判官についても同じ。評論や裁判は一面の真理を持つ。しかし真の判定は神が行う。だから恐ろしい。どう見ても「相手が悪い」と思っていることでも実は「この私が悪い」ということにもなりかねない。神の裁きは恐ろしい。●この事件に関して三つの聖句が浮かんだ。


塚本訳 マタイ18:21-35 


"401821","その時ペテロが進み寄ってたずねた、「主よ、兄弟がわたしに対して罪を犯した
とき、何度赦してやらねばなりませんか。七度まででしょうか。」"
"401822","イエスがこたえられた、「いや、あなたに言う、七度までどころか、七十七度ま
で!  "
"401823","だから天の国は、王が家来たちとの貸し借りを清算しようとするのに似ている。
"
"401824","清算を始めると、(王に対し)一万タラント[三百億円]の借りのある家来がつ
れて来られた。"
"401825","返すことができないので、主人は(その家来に、)自分も妻も子も持ち物も全部
売って返すように命じた。"
"401826","家来はひれ伏して、しきりに願った、『しばらく待ってください。全部お返しし
ますから。』"
"401827","そこで主人は気の毒に思って、身柄をゆるした上、借金にまで棒を引いてやっ
た。"
"401828","ところがその家来は出ていって、自分に百デナリ[五万円]を借りているひと
りの同僚に出合うと、これをつかまえ、喉頚をしめて、『借りているものを返せ』と言っ
た。"
"401829","同僚はひれ伏して、『ちょっと待ってくれ。返すから』と頼んだ。"
"401830","しかし承知せず、(裁判官につれて)行って、負債を返すまで牢に入れた。"
"401831","その人の同僚たちはこの出来事を見て非常に悲しみ、行って、出来事の一部始
終を主人に報告した。"
"401832","すると主人はその家来を呼び出して言う、『不埒な家来、あなたが頼んだから、
わたしはあの負債に全部、棒を引いてやったのだ。"
"401833","だからあなたもわたしに情をかけてもらったように、同僚に情をかけてやるべ
きではなかったのか。』"
"401834","そこで主人は怒って、負債を全部返すまでその男を獄吏に引き渡した、(いう
話。)"
"401835","わたしの天の父上も、もしあなた達ひとりびとりが心から兄弟を赦さないなら
ば、同じようにあなた達になさるであろう。」"


塚本訳 マルコ11:25


マルコ 11:25","なお立って祈っている時に、だれかに恨みがあったら赦してや
れ。これは天の父上からも、あなた達の過ちを赦していただくためである。」"


口語訳 詩篇19:9-14



19:8 主のさとしは正しくて、心を喜ばせ、主の戒めはまじりなくて、眼を明らかにする。


19:9 主を恐れる道は清らかで、とこしえに絶えることがなく、主のさばきは真実であって、ことごとく正しい。


19:10 これらは金よりも、多くの純金よりも慕わしく、また蜜よりも、蜂の巣のしたたりよりも甘い。


19:11 あなたのしもべは、これらによって戒めをうける。これらを守れば、大いなる報いがある。


19:12 だれが自分のあやまちを知ることができましようか。どうか、わたしを隠れたとがから解き放ってください。


19:13 また、あなたのしもべを引きとめて、故意の罪を犯させず、これに支配されることのないようにしてください。そうすれば、わたしはあやまちのない者となって、大いなるとがを免れることができるでしょう。


19:14 わが岩、わがあがないぬしなる主よ、どうか、わたしの口の言葉と、心の思いが/あなたの前に喜ばれますように。


●とは言うものの「赦せないものは赦せない」。そういうときは激怒して「赦せないー!」と人にも神にも叫んだ方がよっぽど神に愛される。下手に反省などしていると自分が病気になる。それは自己努力で神に良しとされない。神の力で「赦せる」ようになるのがクリスチャンの道だ


 






 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


釘本京子密葬 ++++++++ 所感

2007/07/04 08:32

070704(水)7時起床、疲れがとれない●朝風呂で日経「私の履歴書」読売巨人軍終身名誉監督、長嶋茂雄。高校野球で強豪の熊谷高校と対戦し、大ホームラン。このとき巨人のスカウトから逸材と目を付けられる。父親は長嶋を緊張させないように試合を見に行かないと言っていたが、実は外野でひそかに観戦。これが親心。しかし父にとっての観戦はこれが最初にして最後であった●「親の心、子知らず」と言う。「子を持って知る親の恩」、「親の説教と冷酒は後になって効く」、「孝行したきときには親はなし」、「墓に布団はかけられない」。●山室軍平に「母の愛」という名説教があるそうだ。●10:00釘本京子、密葬。司式をする。釘本家は兄弟姉妹5人で仲がよく、次女の石川緒子(いとこ)さんの影響で4人がクリスチャンになる。京子さんはルーテル教会員であったが文化服装学院の加賀山栄さんの影響で無教会になる。●13:00日の出が丘斎場で火葬。全員で6人の質素な理想的な式であった。密葬での感話では復活の希望ということを主題に下記の聖書個所を朗読し、「また会う日まで」として締めくくった。


ロマ   5: 2 [塚本訳


 


そうだ、キリストにより、信仰で、わたし達はいまいるこの恩恵の状態に入ることができ、また(最後の日に)神の(子になることを信じて、その)栄光にあずかる希望を誇っているのである。


 


ロマ   5: 5 [塚本訳


 


そしてこの『希望は(必ず実現して、わたし達を)失望させることはない。』神はわたし達に聖霊を授け、それによって愛をわたし達の心の中に(いつも豊かに)注いでいてくださるからである。


 


ロマ   15: 13 [塚本訳


 


希望の源である神が、(彼を)信ずることにおいて来る無上の喜びと平安とであなた達を満たし、聖霊の力によって(豊かな)希望に溢れさせられんことを。


 


 


Ⅱコリ  5: 1 [塚本訳


 


なぜ(こんな希望に生きることができるの)であろうか。もし地上の家であるわたし達のこのテント、(この肉体)がこわれるならば、天に、神の建てられた建物、(人間の)手で造らない永遠の家をいただいていることを、わたし達は知っているからである。


 


ガラ   5: 5 [塚本訳


 


(キリストを信ずる)わたし達は、御霊によって、信仰により、(最後の日に)義とされる希望をもって待っているからである。


 


エペ   1: 18 [塚本訳


 


また【君達の】心の目を明らかにして、神に召され(ることによって得)た希望の何であるか、『聖徒の受くる』光栄ある(天の)『相続財産』の富の何であるか、


 


コロ   1: 27 [塚本訳


 


神はこの奥義が異教人にとって如何ばかり大なる栄光の富であるかを知らせようと欲し給うたのである。そして奥義とは(取りも直さず)君達の中にい給うキリストのことであって、(これがまた)栄光の希望である。


 


Ⅰテモ  4: 10 [塚本訳


 


私達の奮闘も努力も畢竟この生命の約束を目的としている──私達は凡ての人、特に信者の救い主である活ける神に希望を置いているのであるから!


 


ヘブ   11: 1 [塚本訳


 


(では信仰とは何であるか。)信仰とは、希望することの実現であり、(目に)見ぬ事の確信である。


 


Ⅰペテ  1: 3 [塚本訳


 


讃美すべきかな、我らの主イエス・キリストの父なる神!彼は大なる憐憫により、イエス・キリストが死人の中から復活し給うたことをもって、私たちを活ける希望に新しく生み、


 


Ⅰペテ  1: 21 [塚本訳


 


(そして)君達は彼によって、彼を死人の中から甦らせて栄光を給うた神を信ずる者となり、斯くして君達の信仰はまた神に対する希望となった。


 


Ⅰペテ  3: 15 [塚本訳


 


ただ心に『主』キリスト『を(畏れこれを)聖とせよ』。君達にある希望について説明を求むる者には誰にでも、何時でも弁明の用意をして居れ。


 




 



トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


真理への呼応 ++++++++ 所感

2007/07/03 06:29

070703(水)5時起床。妻も私も旅の疲れが出てきて治らない●朝風呂で日経「私の履歴書」読売巨人軍終身名誉監督、長嶋茂雄。野球が好きで好きでたまらなかった中学高校時代。人間の才能というものは、この頃に芽を出すものなのか。この頃に「目」のある指導者がいると人間はぐんぐん伸びるものだ●十把ひとからげの現代偏差値教育は有為なる青少年の真の芽をつぶす●「まともな挨拶も出来ない男だなー。とんでもない奴だなー。とんでもない家庭だなー」と思っていたら、その夫人から丁重なお礼の言葉があった。「夫婦は一体」、夫は妻によって清められているという言葉を思い出した。変な奴と結婚すると一生苦労する。しかしその苦労は十字架だ。光栄だ。





塚本訳 Ⅰコリ7:14
7:14 (夫婦は結婚生活で一体となるため、)不信者の夫は(信者の)妻によってすでにきよめられており、不信者の妻は兄弟(すなわち信者の夫)によってすでにきよめられているからである。そうでなければ、あなた達の子供は清くないはずであるが、現に彼らはきよい(と認められている)ではないか。




新共同 Ⅰコリ7:14
7:14 なぜなら、信者でない夫は、信者である妻のゆえに聖なる者とされ、信者でない妻は、信者である夫のゆえに聖なる者とされているからです。そうでなければ、あなたがたの子供たちは汚れていることになりますが、実際には聖なる者です。





●「空になった墓」「有体的復活」のいわゆる「使徒伝承」を語るとこれに呼応する人がときどき現れる。これは実に不思議な現象である。この呼応の姿を見て逆に「使徒伝承というのは真理なのだ」と知ることができる●この呼応の手段はPC(パーソナルコンピュータ)も多い。物理的教会組織や文書(雑誌)というのには限界がある。●この呼応の共鳴を感じる時、社会派キリスト者に対する批判の興味を失う。私自身としても批判すること自体が大脳皮質レベルの思想闘争神学論争になっているのだ。それはこの世的低次元のことなのだ.「地上王国」を作ろうとしている人間の思いなのだ。●「死んだ者の葬式は死んだ者にまかせよ」。私は「病める葦」に向かって「使徒伝承」のみを伝えるべきなのだ。




塚本訳  ルカ 9:60
9:60 その人に言われた、「死んだ者の葬式は死んだ者にまかせ、あなたは行って神の国を伝えなさい。」




塚本訳 ルカ 4:18
4:18 『主の御霊がわたしの上にある、油を注いで(聖別して)くださったからである。主は貧しい人に福音を伝えるためにわたしを遣わされた。囚人に赦免を、盲人に視力の回復を告げ、』『押えつけられている者に自由をあたえ、』


●歯医者で奥歯に銀をかぶせた。医者にその銀のかぶせものの製造方法を教えてもらう●終日、「2007オーストリアの旅」のプリント製本。11冊できた●カラープリンターのトナーカートリッジは高価だが、詰め替え用の液体だけが売り出されていることを知ってさっそく購入。カートリッジがないので三分の一のコストで済む。シックの剃刀は柄は安いが取り換えの刃が高くて困る。こういう(ずるいともいえる)商売の戦略は良心的でない。いつかは衰退する。●釘本京子さんが84歳で召されたご連絡。妹さんから明日の密葬の御依頼を受ける。死は一時の別れ、私たちは有体的復活を信ずる。永遠の生命を信ずる。その希望を抱いて生きている。







 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


時差ボケの苦。その意味 ++++++++ 所感

2007/07/02 07:59

070702(月)7時起床。時差ボケがまだ治らない。旅の疲れが出てきた。●西回りで欧州へ行く時は半日ダブル。これはあまり時差ボケはない。欧州から東回りで日本に帰るときは半日空白になる。このとき時差ボケが激しい。なぜか?。時間に真空地帯ができるからではないか。神(自然)は真空を嫌うからではないか。●神と人との関係も真空的断絶状態を神は嫌うから、それを埋めようとして神はイエスを遣わした。●神は人間の罪の過去を「真空地帯」にして時間を消してくださる。神ご自身がが時差ボケの苦しみを負ってくださるのだ。それがイエスの十字架の苦●神は過去を清算してくださる。「過去ある人間」を赦してくださる。そうでなければ「結婚」はできない。結婚は二人の過去が清算されて清い人間同士で結ばれて一体となるのである●自己の過去を十字架で清算できていないとき、また相手の過去を赦せないときは結婚できない。●自分の過去が十字架で清算できた人は結婚相手を赦せる。●結婚は神のなしたもうこと。神の創造の業。過去ある人間同士を清算して清めて結びつける●人間の過去を攻め立てるのは悪魔の手法。過去を暴いて人間に「やる気」を失わせる。生きる気力を失わせる。やめる葦を折る。ほの暗い灯芯を消す。しかしイエスは違う。


口語訳 イザ 42:2-4
42:2 彼は叫ぶことなく、声をあげることなく、その声をちまたに聞えさせず、
42:3 また傷ついた葦を折ることなく、ほのぐらい灯心を消すことなく、真実をもって道をしめす。
42:4 彼は衰えず、落胆せず、ついに道を地に確立する。海沿いの国々はその教を待ち望む。

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


妻の誕生日会 ++++++++ 所感

2007/07/01 22:38

満63歳11ヶ月 職場完全退職まであと1年10ヶ月 平均余命18年1ヶ月。死亡推定年齢82歳。ライフワークは、「有体的復活]の伝承を担う使徒でありうること。


070701(日)集会は高木、小寺、高橋(オーストリアの旅)●15:00昭島公会堂で西東京合唱団演奏会。ロッシーニ「スターバトマーテル」。トミ子出演。オーストリアに行った指揮者の山本義人先生が合唱指導者であった。●17:30トミ子の誕生日祝い。衣純さんが初めて高橋の家の集まりに参加。於昭島昭和館。


s2007_0629_062942AA.jpg


しばらく見ないうちにトウモロコシがこんなに伸びた。



s2007_0630_054931AA.jpg


オーストリアの雲と同じだ。木々の緑も同じだ。日本もまたいいもんじゃないか。神は天然自然を同じように与えてくださる。



s2007_0701_192729AA.jpg


妻の誕生日会。女性たち 於・昭島昭和館


s2007_0701_201744AA.jpg


 妻の誕生日会。 於・昭島昭和館 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲




| Top |
0814