to 日記と感想 2007年11月25日
Top | RSS | Admin

2007.10 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2007.12


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171030(月)10:00 聖路加 桑本先生
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170824(木)12:10キララホールエントランスコンサート、マリンバ
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170813(日)10:30ナザレン教会浦和教会
    170813(日)14:00比企紀和君
    170812(土)14:00お江戸こらりあーず演奏会、文京シビックホール
    170809     TW誕生日
    170809(水)17:16初音吹奏楽、府中の森芸術劇場ドリームホール
    170808(火)0930池谷医院
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170708(土)14:00在宅医療説明会(キララホール)
    170707(金)10:00池谷医院
    170706      TM誕生日
    170702(日) 集会感話
    170701      TT誕生日
    170630(金)12:20キララホールエントランスコンサート
    170628      IY誕生日
    170627(火)11:00 能城牧師来訪
    170625)日)10:10トミ子集会感話
    170625(日)14:00茅ヶ崎金子邸
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール


八木一夫のこと ++++++++ 所感

2007/11/25 20:39

071125(日)6:10起床●朝風呂で日経「私の履歴書」は野村証券元会長の田淵節也。「今振り返って、内部留保を溜めすぎるのは考えものだという思いがある。(中略)これからの経営は、利益は配当で吐き出し、利益が出なくなったら社長が替わればいい」という。・・・・利益日本一になった会社にしてこの言葉。田淵氏は非凡だ。●家庭もおなじ。金がありすぎるとよいことはない。カスカスのぎりぎりがよい家計だ。綱渡り家計が緊張を生み、家族も結束できる。子供がよく勉強し、勤労を尊ぶようになる。大金持ちの家は子供が健全に育たないとは鉄則だ●集会は土肥、山本、横田●14:30今井館で「八木一夫の生涯」八木誠一。八木誠一氏の父親である八木一夫氏は誠一氏に「君は宗教哲学者」になると言ったそうである。父親には一度も叱られた覚えはないという。今日は心温まる話を聞いた●帰途は鈴木久氏と●ブログの応答(信仰者)がシドニーからあって、心が広くなった。WEBの威力、インターネットの威力、ブログの威力。ブログによる心の交わりは楽し。地球の反対側の人と「聖徒の交わり」ができるとはイエスさまもビックリではないか。オーストラリアにも行ってみたくなった。

resize0011.jpg

八木誠一先生と。今井館聖書講堂控室にて。私は若いころ先生の本をたくさん読んだ。私「先生は仏教の方に関心を持たれて、キリスト教との中間の位置におられるのはなぜですか」。八木「真理とは何かを追求しているのです」






スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲




| Top |
0814