to 日記と感想 2008年10月
Top | RSS | Admin

2008.09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2008.11


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170824(木)12:10キララホールエントランスコンサート、マリンバ
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170813(日)10:30ナザレン教会浦和教会
    170813(日)14:00比企紀和君
    170812(土)14:00お江戸こらりあーず演奏会、文京シビックホール
    170809     TW誕生日
    170809(水)17:16初音吹奏楽、府中の森芸術劇場ドリームホール
    170808(火)0930池谷医院
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170708(土)14:00在宅医療説明会(キララホール)
    170707(金)10:00池谷医院
    170706      TM誕生日
    170702(日) 集会感話
    170701      TT誕生日
    170630(金)12:20キララホールエントランスコンサート
    170628      IY誕生日
    170627(火)11:00 能城牧師来訪
    170625)日)10:10トミ子集会感話
    170625(日)14:00茅ヶ崎金子邸
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール


嘆きの河が溢れる人 ++++++++ 所感

2008/10/31 07:38

081031(金)5時半起床、出勤日。朝の黙示「嘆きの河が溢れる人」●朝風呂で次回感話「人生を悔いる日」の原稿推敲。数回目●私の周囲に「人生の嘆きの涙が溢れる人」がいる。人生には不可解、不条理なことがある。彼は「もし神がいるなら抗議したい」と言う。もっともだ。私が彼の立場だったらそう言うだろう。私の残りの人生で彼に何ができるのだろう。「有体的復活」の伝承と、彼のための祈り、彼に神の光が射すことを祈る。●黒崎Web会議。●黒崎引照、ネストレの引照、ヨハネ2章打ち込み。●旅行の準備。過日はプラハの勉強、今日はミラノの勉強。
スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


有体的復活で一致 ++++++++ 所感

2008/10/30 09:45

081030(木)5時半起床。朝の黙示「有体的復活で一致」●朝風呂で黙想「有体的復活の信仰で一致」●「黒崎幸吉著註解新約聖書Web版」(http://stonepillow.dee.cc/)のWeb会議。(シドニー+福島+東京)●「有体的復活で一致」について。日本の無教会は世界の教派争い嫌気がさして出発した。その弟子塚本虎二は無教会を論理的帰結まで持って行って「一人一教会」を唱導した。その結果はどうだったか。一人一人の信仰を尊重して「他人の信仰を批判しない」という非常に良い雰囲気になった。しかしその反面、一人一人が「ちょっと違う」「違和感がある」と言っていがみ合うようになった。●ではどこに一致があるか。小なる私の50年の信仰生活によればそれは「有体的復活」の信仰で初めて一致する。そのときは教派も先生も主義も一切が消える。然り「大脳皮質の神学論争」がなくなる。そうだ自分もなくなるのだ。「我もなく世もなくただ主のみいませり」(讃美歌529番)である。●その実例。①ホームページやブログで「有体的復活の信仰」を発信した結果強力な信仰の友を複数与えられた。それは遠くに存在する。●②春風学寮の日曜礼拝で学生相手に「死の悲しみの克服は・・・有体的復活の使徒伝承が信じられる日」と題して語ったところ、主催者から、今日はいつもとは違う異例の反応があったと言われた。これに手ごたえを得た。人は死が怖いのだ。恐ろしいのだ。死にたくないのだ。死ぬまい死ぬまいと思っているのだ。●無教会は一人一教会で一致するように思えたが、歴史的事実はそうではなかった。一人一教派同士がいがみ合うようになった。●しかし「有体的復活の信仰で一致」する。これは何か。古き古き使徒伝承の正統信仰である。無教会で言えば内村、塚本、黒崎がそれを固く保持している。その後無教会に「聖書でメシを食う」専門家が生まれるようになって、今や無教会は「聖書を読まなくなった」。有体的復活よりも、内村の思想、先生の思想の方を面白い、刺激がある、今の世に大切だ、などと栄養価のない食べ物ばかりをかじっている。無教会が栄養失調になってやせ細るのは当然だ。神の教会が堕落してヒューマニズムか思想運動集団に化した。 ●11:00 妻の合唱団友人の森田裕子さんが来訪。懇親歓談。クリスチャン。2005年に一緒にライプチッヒに行った。あのときはバッハ「ロ短調ミサ曲」であった。●散髪、図書館。

resize0494.jpg 

夕方、このような景色を見ながら自転車で走るとなぜか泣けてくる。

なぜなのだろう。人生の残り少ない期間のためだろうか。人生のはかなさのためだろうか。愛する者との別れの寂しさのためだろうか。

2008.10.30 16:37

 resize0495.jpg

夕方、真っ暗になるまで遊んでいる小学校の生徒。私も幼いころ暗くなるまで遊んでいたっけなー。家に帰ると母親の夕飯がまっているのだろう。彼らには帰る家がある。 2008.10.30 17:06

  

 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


さっぱりわからないこと ++++++++ 所感

2008/10/29 08:22

081029(水)4時半目覚め。朝のひらめき「さっぱりわからないということ」●朝風呂で黙想「全く理解できない世界」●「黒崎プロジェクト」Web会議。●よく「神がいるのなら信じてみたい」という人がいる。これ全く堕落している人はそういうことは言わない。そういう人は逆に神を恐れるから神の存在をウスウス感じているものだ。問題は真面目な人だ。真面目だから神を信ずるに至らないのかもしれない●かってかなり学問のある人が「形而上学(現象を超越をしてその背後にある神とか霊魂の研究)はさっぱりわからない」と私に言ったことがある。これ一般の正しい人生観である。当然である。それが自然である。●聖書の中でこの「さっぱりわからない」ということの摩擦が数多く描かれている。思いつくままに列記してみる。

塚本訳 ヨハ 1:10-12
1:10 この世に来ておられ、世はこの方によって出来たのに、世はこの方を認めなかった
1:11 いわば自分の家に来られたのに、家の者が受け入れなかったのである。
1:12 しかし受け入れた人々、すなわち、その名を(神の子であることを)信じた人には一人のこらず、神の子となる資格をお授けになった。


塚本訳マタ 13:13-14
13:13 だから、あの人たちには譬をもって話すのである。『見ても見えず、聞いても聞えず、また悟らない』からだ。
13:14 こうしてイザヤの預言はあの人たちに成就した。──『あなた達は聞いても聞いても、決して悟るまい、見ても見ても、決してわかるまい。

塚本訳 ヨハ 12:40
12:40 〃主は彼らの目を見えなくし、その心を頑なにされた。これは彼らが目で見、心で解り、心を入れかえて、わたし(主キリスト)に直されないようにするためである。〃


塚本訳 ロマ 11:8
11:8 『神は彼らに』『麻酔の霊を』『与えて、目を見えなくし、耳を聞こえなくされた、今日に至るまで。』と書いてあるとおりである


塚本訳Ⅰコリ2:7
2:7 わたし達が話すのは神から来る(神の)秘密を示す知恵であり、(世に)隠されていた知恵であり、神がわたし達に栄光を与えるために、世の始めの前からあらかじめお定めになった知恵である。


塚本訳 エペ 3:9
3:9 また万物を創造り給うた神の中に世々隠されていた奥義の経綸の何であるかを露すこんな大きな恩恵が与えられたのである。

塚本訳 Ⅰコリ2:3
2:3 [アテネではこの世の知恵で福音を説こうとしたので失敗した。]それでわたしは、弱く、恐れて、またひどく震えて、あなた達の所にいたのである。


塚本訳 Ⅰコリ1:17-25
1:17 救世主がわたしをお遣わしになったのは、洗礼を授けさせるためでなく、福音を説かせるためなのだから。それも、言葉の上の知恵をもって(説くの)ではない。それでは(人間の言葉の力が大きくなり)、キリストの十字架(の救い)が空虚なものになる恐れがあるからである。
1:18 なぜか。この十字架についての言葉は、滅びゆく者には馬鹿なことであるが、わたし達救われる者には、神の力(の現われ)であるから。
1:19 (聖書に)こう書いてあるではないか、『知恵者の知恵をわたしは滅ぼし、賢い者の賢さをわたしは無にする』と。
1:20 『どこに知恵者が』、『どこに聖書学者が、どこに』この世の議論家がいるのか。神は(この)世の『知恵を馬鹿なものにされた』ではないか。
1:21 なぜなら、(この)世(の人)が自分の知恵により(判断し)、神の知恵(の現われである御業)において神を認めることをしないので、神は馬鹿な(ことと見える十字架の)説教によって信ずる者(だけ)を救おうと、お決めになったからである。
1:22 実際、ユダヤ人は(信ずるための証拠に神からの不思議な)徴を乞い、異教人は(真理を知るために)知恵を求めるが、
1:23 わたし達は十字架につけられたキリストのこと(だけ)を説く。すなわち、ユダヤ人にはつまづき、異教人には馬鹿なことであるけれども、
1:24 (神に)召された者だけには、ユダヤ人、異教人の別なく、(これこそ)神の力、また神の知恵なるキリストを(説くのである)。
1:25 というのは、神の(業はどんなに)馬鹿なこと(に見えても、それ)は人よりも知恵があり、神の(業はどんなに)無力(に見えても、それ)は人よりも力があるからである。


塚本訳ヨハ 8:26
8:26 あなた達について言うべきこと、裁くべきことが沢山あるにはあるが。(言ってもなんの役にも立つまい。)それでもわたしを遣わされた方は真実であるから、わたしもその方から聞いたことを、この世に語らないわけにゆかない。(あなた達がわかってもわからなくても。)」

塚本訳マタ 26:62-64
26:62 そこで大祭司は立ち上がってイエスに言った、「何も答えないのか。この人たちは(あんなに)お前に不利益な証言をしているが、あれはどうだ。」
26:63 しかしイエスは黙っておられた。大祭司が言った、「生ける神に誓ってわれわれにこたえよ。お前が、神の子救世主か。」
26:64 イエスは(はじめて口を開いて)彼に言われる、「(そう言われるなら)御意見にまかせる。だが、わたしは言う、あなた方は今後『人の子(わたし)が』『大能の(神の)右に坐り、』『天の雲に乗って来るのを』見るであろう。」


塚本訳ルカ 22:70
22:70 皆が言った、「ではお前が、神の子か。」彼らに言われた、そうだと言われるなら、御意見にまかせる。

塚本訳  ヨハ 14:17
14:17 これは真理の霊である。この世(の人)には見えもせず、わかりもしないから、これを受けいれることが出来ない。(しかし)あなた達にはこの霊がわかる。いつもあなた達のところをはなれず、また、あなた達の中におるのだから。

塚本訳  Ⅰコリ2:8
2:8 この世の支配者のだれ一人、これのわかっていた者はなかった。もしわかったならば、栄光の主(キリスト)を十字架につけなかったはずであるから。


塚本訳  Ⅰヨハ3:1
3:1 見よ、父はなんとすばらしい愛を賜わったことか、わたし達は神の子(たるべき特権を与えられたの)であり、否、事実上すでに神の子である!この世は神を知らないために、わたし達(が神の子であること)を(も)知らないのである

●キリスト教は啓示の宗教であるから、大脳皮質では理解できない、到達できない。この世のXYZ軸の3次元世界では絶対に理解できないことである。第4の軸ともいうべきW軸がその人の胸に突き刺さって初めてわかるものである。目が開くというものである。そのW軸はいわば点線であり、透明な線である。これを胸に刺された人間はこの世の3次元の世界の「ロゴス・言葉」で表現するから、伝達には限界というものがある。それをヒューマニズム、天下国家の批判をもって信仰の実、信仰の表現だとするとこの世に人はキリスト教はヒューマニズムか社会批判のリーダーだと理解するので、それは盲人を導く盲人になる。●あの「神がいるのなら信じてみたい」そして「形而上学(現象を超越をしてその背後にある神とか霊魂の研究)はさっぱりわからない」と言った人に神が直接「エゴーエイミ・私だ」と言って現れてくださいますように祈る。私ではダメだった。前者は故人。後者は難病のお子様を抱えておられた。今頃どうしておられるか。

 

 

 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


泣くということ ++++++++ 所感

2008/10/28 21:04

081028(火)4時起床。朝のひらめき「泣くということ」●朝風呂で黙想「泣くということ」●「黒崎幸吉 注解新約聖書 Web版」 Web会議(シドニー、福島、東京)●「泣くということ」について体験的考察。●人間はどういうときに泣くのだろう。それはまず「何かを失う」時である。これすべて自分のこと。
①希望の道を失う(進学、就職、結婚、家庭、健康、地位、名誉)。②愛するものを失う(人、物、死別、失恋、財産)。この涙はそれ以上の宝が見えてくるという益に変わる●次は人のために泣く時。①愛する人の堕落。②親の堕落、③子供の堕落。④伴侶の堕落。⑤信者の堕落。⑥国の堕落、⑥妬みなどから誹謗中傷されるとき。⑦自分を悔いて自分を泣く。陰でひそかに泣くこと。これは尊い涙で神に覚えられる。十字架の涙である。涙は天に宝を積む。イエスはエルサレムのために泣かれた●次は藝術的感動の涙。素晴らしい曲の演奏を聴くとハラハラと自然に流れる涙。おそらくこれは作曲者も泣きながら作曲したのであろう。ヘンデルのメサイアがそうであった●主の受難を思って泣く時。これは宗教的涙である。神秘的である。受難週、受難曲、ビアドドローサ(エルサレム)。しかしエルサレムの女性たちが主のために泣いた時、イエスは次のように言った。イエスが「振り返って」というところが泣けて来る。

文語訳  ルカ 23:28
23:28 イエス振反りて女たちに言ひ給ふ『エルサレムの娘よ、わが爲に泣くな、ただ己がため、己が子のために泣け。

●午前中は「黒崎註解プロジェクト」入力

resize0493.jpg 

女子大に講義に出かける。あきる野市の景色が見送ってくれる。

2008.10.28 12:36

●午後は昭和女子大学授業2コマ。●授業中息抜きに「鴨の肉はおいしいそうだ。それを捕まえるときはカモンと呼ぶのだ」とやったら全然笑ってくれない。ガックリ。しかしにっこりしてくれた人がいた。ヨシヨシ、名前を憶えた。目をかけよう。オヤジギャクに笑ってくれる人は伸びる。(笑)●またこうも言った。「人の一日一日はかけがえのないものだ。だから私はブログをつけている。過去の出来事の検索に威力を発揮する。みんなも自分史を書くといい」 と言ったら、「先生のブログ見ていいですか」と一生徒。それに対して「いいよ、しかしバイブルの話 が多いよ」と答えた。●帰宅20:00、疲労した。



トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


ただで与えよ ++++++++ 所感

2008/10/27 06:52

081027(月9出勤日、4時40分起床●朝のひらめき「ただで与えよ」●朝風呂で瞑想「ただで与えよ」の関連聖句。●「黒崎プロジェクト」Web会議。その一端。私からシドニーと福島にメール。一部改変

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ご両名に

こうなると(工事中)のところは「この工事中の人間は高橋である」ということのサインでもあり、
私の励みでもあり負荷でもあります。こういうジョブワークを建築の世界では「クリティカルパス」と言います。
つまり全体工期はそのクリティカルパスに携わる人間の「出勤率」で決定するのです。それが私だとなると私は「休めない」「病気できない」「遊べない」「つまらない本は読まない」「つまらない争いはしない」「死ねない!」。・・・人生「使命のあるうちは死なない」と言われます。「負荷」感謝です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●「ただで与えよ」の関連聖句、類似聖句、類似思想、・・・こういうのを自分の頭でまとめるのが面白い。ライフワーク。

塚本訳  ルカ 22:25-26
22:25 するとイエスが言われた、「世間では王が人民を支配し、また主権者は自分を恩人と呼ばせる
22:26 しかしあなた達はそれではいけない。あなた達の間では、一番えらい者が一番若輩のように、支配する者が給仕をする者のようになれ。

●この「恩人と呼ばせる」の言葉に効き目がある。人生目標、教育目標はすべてこれ。しかし信者はそうであってはならない。

塚本訳  エペ 5:25-28
5:25 夫達よ、妻を愛せよ、キリストが教会を愛し、そのために自分を棄て給うたように。──
5:26 キリストは洗礼の水浴びにより、(その際述べられる告白の)言葉をもって、教会を潔めて聖なるものとなし、
5:27 かくて汚点も皺もかかるものの何も無い、聖なる瑕なき輝かしい教会を自分で自分のために建てようとし給うたのである。――
5:28 これと同様に夫【もまた】自分の妻を自分の体のように愛すべき義務がある。自分の妻を愛する者は自分自身を愛するのである。

●キリストがエクレシアのために死んだように、妻のために死ねという。これをもって妻は夫のために死ねとは言われてないから「男の方が勝る」と思っている人がいるがそうではない。次をみればそれが分かる。

塚本訳 エペ 5:22-24
5:22 妻達よ、主に対するように自分の夫に服従せよ
5:23 キリストが教会の頭であり給うように、夫は妻の頭であるから──しかも彼は(同時に)その体(なる教会)の救い主であり給う。(この点においてキリストと夫とはもちろん異なる。)──
5:24 しかし教会がキリストに服従するように、妻もまた何事によらず夫に服従せよ

●「服従」という言葉を聞いただけで「猛然」と反発する女性は生来の人間の本能むき出し。アダムの血は「反抗」。キリストの血は「従順」。クリスチャンは体中の血を入れ替えられたのだ。

●妻が夫に従うのは「自分の死」。夫婦はお互いへの死。夫が妻に従うのも「自分の死」。かくして二人は一人格となる。これキリスト教的結婚観。儒教的結婚観や夫婦観とは違う。自戒。

●ところが儒教道徳への反動で「女性は男性から解放されよ。対等だ」と叫ぶのはよいが、それが行き過ぎて「なんでも夫に従うのは良くない」などという新思想を植え付けられたキリスト教(的)女性が実在する。髪振り乱して天下国家を批判している。大間違い。それは生来の反抗心に火を付けられたもの。こんな女性を生みだしたキリスト教指導者の罪は重い。「樹はその実によって知らるる」。●これ本人が悪いのではない。親が悪いのではない。指導者が悪いのだ!。

塚本訳 マタ 10:8
10:8 病人をなおし、死人を生きかえらせ、癩病人を清め、悪鬼を追い出せ。(福音も病気もなおす力も、みな神から)ただで戴いたのだ、ただで与えよ。

●私たちのものは100%神からいただいたものばかり。財産も命も。然り妻も子供も孫も。然り余命17年も。これはただでおかえししなければならない。内村鑑三に「神に捧げよ」という詩があった。

●午後細井真澄建築設計事務所に行き、細井ご夫妻と歓談懇親。●電動アシスト自転車のバッテリー切れ●夕方から雨。秋の雨。

resize0492.jpg 

あきる野に戻ると空気がおいしい。米軍横田基地の飛行機が飛ぶ。残業御苦労さまと思う。2008.10.27

 

 

 

 

 







 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


三浦綾子の「こりゃー本物だ」 ++++++++ 所感

2008/10/26 06:22

081026(日)3時50分起床●「黒崎幸吉著 註解新約聖書」WEB会議(シドニー、福島、東京)

resize0491.jpg 

朝の労働室。夜はまだ明けない。2008.10.26 4:16

●NHKTV「こころの時代」。三浦光世が妻(故)三浦綾子を語る。すばらしい顔つきをしている。三浦綾子は病苦の一生だった(77歳で召される)が90冊以上の小説を書いて、福音を伝えた。癌になったとき「神様はなんでこんなに私を依怙贔屓(えこひいき)するのでしょう」と言ったという。信仰者の立派な生き方。●綾子が重病で長く病床にあったとき、前川という男性が聖書を読むように訪れる。追い返しても追い返しても訪ねてくるので、あるときついに「こりゃー本物だ」と思ったという。その前川はその後召される●初代基督教徒は殺されても殺されても信者が増加。それは「血は種子であった」と言われた。これを知ったローマ皇帝はその「本物性」に圧倒された。●福音は「こりゃー本物だ」と思わせるキリスト教独自の何かがなければならない●キリスト教がヒューマニズムと似たようなものに堕落しているとその「本物性」が現れない。天下国家や社会悪を批判する人間は信者でなくとも掃いて捨てるほどいる。●集会は土肥祐子、加藤辰巳、横田(アウグスチヌス)●14:00第35回塚本虎二先生記念会。小寺利男、冨永尚、斉藤みち。記念会を継続すべきかどうか、東京聖書読者会を継続すべきかどうかなどは「神学論争」で決着しない。神の祝福があるかどうかによる。●j小寺ご夫妻とトミ子と私の4人で夕食(新宿)。●その後トミ子はモーツァルトレクイエムの練習(池袋)

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


人生、極度の悲しみの時 ++++++++ 所感

2008/10/25 07:30

081025(土)5時半起床●朝風呂で黙想「人生、極度の悲しみの時に神は現れてくださる」●人は神が「エゴー・エイミ(私だ)」と言ってご自身を現してくださる、声をかけて下さるときに神がわかり、信仰が分かる。その例、税金取りマタイ、ペテロ、パウロ。しかしこんな信仰的偉人ではなく、自分の極度の悲しみにに泣く人に神が声をかけてくださった。その例。サマリヤの女、姦淫の女、ザアカイ、マグダラのマリヤ、ラザロの兄弟マルタ(ヨハネ11:25)、十字架の上の強盗、●これは聖書中の人物でなくても、現代においても起る。パスカルの回心、アルベルト・シュヴァイツァーのアフリカ行き、塚本虎二が夫人の死去のとき「神は愛なり」と聞いたこと。

塚本訳  ヨハ 6:44-45
6:44 (わたしを信じないのは、父上が引っ張ってくださらないからだ。)わたしを遣わされた父上が引っ張ってくださらなければ、だれもわたしの所に来ることはできない。(しかし来れば、)わたしはその人をきっと最後の日に復活させる。
6:45 預言書に、〃(最後の日に)人は皆神に教えを受けるであろう〃と書いてある。(そして神に引っ張られる者、すなわち本当に)父上に聞き、また学ぶ者は皆、わたしの所に来る。

塚本訳  マタ 11:27
11:27 ──(知恵も力も、その他)一切のものが父上からわたしに任せられた。父上のほかに、子(であるわたし)を知る者は一人もなく、また、子と、子が(父上を)あらわしてやる者とのほかに、父上を知る者は一人もない。

塚本訳 ヨハ 14:22-23
14:22 イスカリオテでない方のユダが言う、「主よ、いったいどういうわけで、わたし達だけに御自分を現わし、この世(の人)にはそうしようとされないのですか。」
14:23 イエスは答えられた、「わたしを愛する者は、わたしの言葉を守る。するとわたしの父上はその人を愛され、わたし達は(父上もわたしも)、その人のところに行って、同居するであろう。

塚本訳 Ⅰコリ2:10
2:10 しかしわたし達には、神が御霊によって(すべてを)あらわしてくださった。(わたし達に住ませてくださる)その御霊は、すべてのことを、神の(御心の)深いところまでも、見抜かれるからである。

●神が近付いてくださるのは天から声を聞くなどの宗教体験でなくとも、人生の「意外なこと」「思うわぬできごと」「想定外のこと」「出会い」などによっても起る。特に病気や不幸はそれである。

文語訳 マタ 5:4
5:4 幸福なるかな、悲しむ者。その人は慰められん。

●11月7日にミラノを訪れてダ・ビンチの「最後の晩餐」を鑑賞する。この世界遺産の絵の鑑賞方法をバッハのマタイ受難曲に学んだ。

[バッハのマタイ受難曲に学ぶダ・ビンチ『最後の晩餐』の鑑賞方法]

  イエス「この中に私を売ろうとしている者がいる」

  弟子たち「主よ、まさか、私ではないでしょう?」

 絵画を鑑賞する信者のあるべき姿勢

  「主よ、それはこの私です。

   私こそ今再びあなたを十字架につけようとしているのです」

●黒崎と塚本のチラシ作成。明日配るもの。●黒崎プロジェクト、ヨハネ引照の入力●妻は夕方から合唱の練習。フォーレ「レクイエム」







トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


霊の癒しが肉の癒しになる ++++++++ 所感

2008/10/24 07:53

081024(金)出勤日。4時半起床。黒崎WEB会議●朝風呂で黙想{霊の癒しが肉の癒しに通じる」。●「肉の病は霊の病が原因」というと争いになる。そうではない。「肉の病は霊の病が癒されるための神の摂理」。つまり肉の病は神の愛から出る。●この世の不幸もまた同じ。人生において一見不可解不条理なところに神の深い愛の知恵がある。●旅行の準備。ユーロに換金。一ユーロ129円の円高●13:00。中野次長、吉田氏と鹿島建設(赤坂KIビル)に出向いて会議。鹿島7名出席●終了後その隣の最新の社屋をご案内いただく。省エネビルで2割の節約になっているという。

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


地位名誉とお金を手放す日 ++++++++ 所感

2008/10/23 07:03

081023(木)3時半目覚め。寝床で黙想。5時半起床●朝風呂で瞑想黙想祈り。「地位名誉とお金を手放す日」

塚本訳 ルカ 19:8-9
19:8 しかしザアカイは進み出て主に言った、「主よ、わたしは(誓って)財産の半分を貧乏な人たちに施します。人からゆすり取ったものは四倍にして返します。」
19:9 イエスが(人々に)言われた、「救いは(きょう、)この家に入った。(人でなしのように言われる)この人も、やはり(あなた達と同じ)アブラハムの末だから。

●ザアカイは心の内に主イエスを迎えることにより、お金を手放すことになった。お金なんかつまらないものだと思えるようになった。あれほど執着していた「お金」それが色あせて見えるようになった。ではなぜ4倍も返すのか。●税金を決まり切ったもの以上に取り立てて、利ざやを懐に入れていたのだ。それが4倍とは・・・・民衆に嫌われていた理由だ。●ザアカイは税金取りの仲間内を裏切った。協定を破った。当然ながら仲間内での地位や名誉を棄てることになる。追放されるからである。●財産を捨てたから良いのではない。主イエスが心の中に入ってくださったから「この世の地位名誉やお金」というこの世の宝を手放すようになったのだ。●次回感話の原稿。「人生を悔いる日・・・神の恩恵の日は必ず訪れる」●ダ・ビンチの「最後の晩餐」をバッハのマタイ受難曲で観る●10:00 公立阿伎留医療センター。胃カメラの結果。問題なし。次回胃カメラは2年後でもよいとのこと。感謝●コンビニでヨハネの拡大

resize0490.jpg 

落ち葉。秋だ。公立阿伎留医療センター。2008.10.23 10:39

 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


執着心が消える日 ++++++++ 所感

2008/10/22 11:01

081022(水)5時起床●朝風呂で黙想「執着心が消える日」●公園にラジオ体操●人間は多くの執着心をもつ。それが不自由であり、争いのもとでもある。それは金、人、物、地位、名誉、などであるそれを得ることができれば「シアワセ」になれると思うものばかりである。だから人間はそれへの執着心から本能的に逃れることはできない。イエスと金持の役人の対話のあとにイエスは次のように言う。

塚本訳 マタ 19:23-26
19:23 イエスは弟子たちに言われた、「アーメン、わたしは言う、金持が天の国に入ることはむずかしい。
19:24 かさねて言う、金持が天の国に入るよりは、駱駝が針のめどを通る方がたやすい。」
19:25 これを聞いて、弟子たちは非常に驚いて言った、「ではいったい、だれが救われることが出来るのだろう。」
19:26 イエスは彼らをじっと見て言われた、「これは人間には出来ないが、『神にはなんでも出来る。』」

●この最後の「人間に出来ないことが、神には出来る。」がまか不思議な言葉である。人間の努力ではどうしても捨てられなかったものがある日かさぶたがポロッととれるように消えるのだ。それは不思議な日、神の祝福の日。目から鱗が落ちる日。どうしても逃れられなかった執着心から自由になれる日。解放の日。その実例を二つ挙げる。まず税金取り(金持)のザアカイの例。ザアカイはイエスが来ていただくことによって金への執着心が消え、次のように言う。

塚本訳 ルカ 19:8
19:8 しかしザアカイは進み出て主に言った、「主よ、わたしは(誓って)財産の半分を貧乏な人たちに施します。人からゆすり取ったものは四倍にして返します。」

次はパウロ。パウロはユダヤ教の第一人者。律法にも学識にもすぐれていた。ローマの市民権も持っていた。この世的には申し分がなかったが、イエスを心に抱いて、それらの執着心が消えた。パウロは次のように言う。

口語訳 ピリ 3:8
3:8 わたしは、更に進んで、わたしの主キリスト・イエスを知る知識の絶大な価値のゆえに、いっさいのものを損と思っている。キリストのゆえに、わたしはすべてを失ったが、それらのものを、ふん土のように思っている。それは、わたしがキリストを得るためであり、


塚本訳  ピリ 3:8
3:8 否、ただにそれ(らの特権)ばかりでなく、わが主キリスト・イエス(を知る)の知識が(余りにも尊く)優れているために、本当は(今は)一切合切のものを損だと思っている。(実際)彼のために何もかも損してしまったのだが、(そんなものは皆)塵芥と思っている。これはキリスト・イエスを自分の有とし、

●この世のものへの執着心から逃れることができるのはイエスがわが心に来ていただく時である。神の祝福と恩恵の日である。イエスはこの世のものに真の幸福がないことを次のように言う。

口語訳 マコ 8:36
8:36 人が全世界をもうけても、自分の命を損したら、なんの得になろうか。


塚本訳 マコ 8:36
8:36 全世界をもうけても、命を損するのでは、その人になんの得があろう。


文語訳 マコ 8:36
8:36 人、全世界を贏くとも、己が命を損せば、何の益あらん、

●しかしこの世の執着心を棄てて何もかも失った場合、もし来世がなかったら、実にみじめである。弟子たちのそんな悩みの時、イエスは次のように言った。

塚本訳マタ 19:27-30
19:27 その時、ペテロが口を出してイエスに言った、「でも、わたし達は(あの金持とちがいます。)この通り何もかもすてて、あなたの弟子になりました。わたし達にはいったいなんの褒美があるのでしょうか。」
19:28 イエスが彼らに言われた、「アーメン、わたしは言う、新しい世界が生まれて、人の子(わたし)が栄光の座につく時には、わたしの弟子になったあなた達十二人も十二の王座について、イスラエル(の民)の十二族を支配するのである。
19:29 そしてわたしのために家や兄弟や姉妹や父や母や畑をすてた者は一人のこらず、(この世で)その幾倍を受け、また(来るべき世では)永遠の命をいただくのである。
19:30 しかし(決して油断をしてはならない。)一番の者が最後になり、最後の者が一番になることが多い。

●「黒崎幸吉、註解新約聖書デジタル化プロジェクト」Web会議●妻とあきる野を歩いて池谷医院へ。インフルエンザ予防接種。●次回感話の原稿執筆。「人生を悔いる日・・・その日は必ず訪れる」●今井館の相澤理事長に電話。●庭に8年ぶりに一個だけ生った柿を食べる。一部分鳥が食べた。●夕食のおかずであるイワシについて妻に聞く。


 

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


無料の強み ++++++++ 所感

2008/10/21 08:35

081021(火)5時起床●朝風呂で次回感話の黙想「悔い改めの日・・・それは自然に訪れる・・・」●「黒崎幸吉註解新約聖書デジタル化プロジェクト」でWeb会議。共同作業者へのメール。一部省略改変

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

共同作業者殿

① 複数の人から(黒崎註解新約聖書が)「無料」ということに感心されます。今や福音は「商売」という原理、「市場経済」という原理に阻まれて「発信」できないでいます。過去に福音はローマカトリック教会」とか「聖職者」に阻まれていました。現代では「市場経済」で阻まれています。つまり本ならば売れなければいけない、学校では人が集まらなければやっていけない、そのほか会員の減少で先行が暗い組織はかなりあって、増員に腐心しています。本末転倒なのです。

   しかし福音は「無料!」。塚本先生は「われわれには教会堂がないのが強みだ」と言われました。その意味で黒崎の註解がWebで無料公開とは福音の精神に似ているものであると力強く思います。

   無料であることの我々の執行部の強みはノルマなし、間違いも「ゴメンナサイ」で済む。取り上げる順序も自由。気分的に快適です。ただ心配なのは我々の健康です。祈ります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 resize0487.jpg

昭和女子大付属小学校の小学一年生 2008.10.21 14:28 私の孫二人も来年はこのぐらいになるのか。

resize0488.jpg 

昭和女子大学付属小学校一年生 2008.10.21 14:29

●今日の授業ではハイデッガーの言葉を引用した。「人生は死という壁に向かって歩む旅である。しかしほとんどの人が『そのことは自分にとってはずっと先のことだ』と思っている」

resize0489.jpg 

昭和女子大学、人見記念講堂。音楽ホールとして優秀。 2008.10.21 16:33

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


心の安らぐところ ++++++++ 所感

2008/10/20 10:44

081020(月)出勤日。3時半目覚め、寝付けず5時半起床●人間は誰でも「心の安らぐところ」を求めている。家庭、伴侶、親、職場、教会、集会、先生。しかしそのどれをとっても不満足である。この世に完全に満足のいく場所はない。人間は誰でも永遠の放浪者である。●かくして人間は永遠の安らぎたる造り主なる神に行き着いて初めて安らぎを得る。●それが可視的なものとして存在するというのがカトリシズムである。カトリック教会だという。それは理性が安息する。●プロテスタント教会や無教会は不安定である。特に無教会は常に「不満足」である。可視的なものが欠けているからである。●肉体を持っている人間は可視的なものを得て安定する。●可視的なものを排除する無教会が、不思議に可視的な権威にすがって安心する。「聖書学者」「先生」「高学歴」「社会的に高い地位の人」「偉い人」。これは脳の仕組みからして無理からぬことかもしれない●ところが「聖書」は可視的である。プロテスタントは「聖書」を読むことにおいて一致、かつ安心する。聖書は「正統信仰の基礎」だからである。●ところがその無教会が聖書を読まなくなった。聖書よりも先生である。聖書よりも内村である。これが無教会衰退の原因である。●昨日は某会議でカッとなってしまい机を叩いて激怒してしまった。自分がいやになってしまった。そこで過去日記で「カッと」で検索すると出てきた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

080401(火)5時20分起床目覚めに昨日来訪の能城牧師との会話を思い出した。話が脳の仕組みに及んだ時のこと。私「怒りたくなるときは体の中からマグマが湧いてきて抑えられず、すぐカッとなるのはどういう原理ですか」、能城「高橋さんはIQ(Intelligence Quotientインテリジェンス・クォーシェント知能指数)は高いがEQ(Emotional Quotientエモーショナル・クォーシェント感情指数)が低いからです」。私「EQって何ですか?」。能城(最近米国に留学された御経験から米国事情をもとに)「エモーショナル・クォーシェントといい、簡単に言うと『我慢づよさ』のこと」。私「それが、どうしてもできないのです。押さえているとまた脳内出血が起こりそうで恐怖です」。能城「それは相手を神に全く委ねてないからです。相手を捨てきってないからです。祈りがないからです」。私、グサッとやられて「そうですねー、そうですねー」。傍で聞いていた妻が大喜び。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

resize0486.jpg 

勤務先の帰り。中央区大伝馬町付近「べったら市」の賑わい。2008.10.20 17:28

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


食糧危機の原因 ++++++++ 所感

2008/10/19 05:40

081019(日)4時15分目覚め●朝風呂で次回感話の黙想。「悔い改めの前に、神の赦しが先行する」。人は悔い改めの結果、赦されるのではない。●神なき世界では「謝ってきたら、頭を下げてきたら赦してやる」という気持ちは常識である。クリスチャンはそれではいけない●法律の世界でも「改悛の情」が刑の軽重に関係する。しかし神の国は、悔いの深さで救いが決まるというのではない。神の赦しは人間の態度にかかわらず先行している●17日夜、NHKTV「世界同時食糧危機」を見ての感想。原因は米国の世界食糧戦略という結論であるが。それは違う。原因は「神なき市場原理の」である。食糧危機は人災ではない、神災である。NHKは読みが浅い。マダマダ。●バベルの塔は神によって建たなくなった。人間の奢りを神が怒ったのである。●神なき市場原理はそのうち行き詰る。世界中で餓死者が続出。これ政治体制の変革では防ぎようがない。
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


まさか、この私とでも? ++++++++ 所感

2008/10/18 10:16

081018(土)5時起床●朝風呂で「塚本サイト」「黒崎サイト」のチラシの構想●バッハのマタイ受難曲、最後の晩餐のクライマックス。イエス(独唱)が「この中に私を売るものがいる」と言い放つと、弟子たちはユダを除いて全員(コーラス)が「まさか、この私とでも?」と不安な声。次が有名なP・ゲルハルトの受難コラール(讃美歌)「われなり、われこそ贖いに、両手両足を縛(いまし)められ、陰府(よみ)の業火に焼かるべきなり!、鞭と縄目、そのほか汝の耐えたまいし受難の数々、そはわが魂の浮くべき報いぞ」(杉山好訳)。コラールはルター派教会では会衆全体が歌うそうである。つまりここでは会衆が「それはこの私です」と呼応合唱するのである。これは涙なくして聞けない。なおマタイ受難曲でのコラールは13回。●この部分を3種類のCDで鑑賞して3回とも袖で涙をぬぐった。

カール・リヒター+ミュンヘンバッハ合唱団と管弦楽団+ミュンヘン少年聖歌隊(1958年+不朽の名演。リヒターはバッハに打ち込んだために家庭なし)

ニコラウス・アーノンクール+ウィーンコンツェントゥス・ムジクス+ケンブリッジ・キングズ・カレッジ合唱団+レーゲンスブルグ大聖堂少年聖歌隊+ウィーン少年合唱隊員(ソプラノ)1970)

鈴木雅明+バッハコエrギウム・ジャパン(我が国でこれだけの演奏ができるとは快挙)

●11月7日にミラノに行ってこの最後の晩餐を鑑賞する。レオナルド・ダ・ヴィンチは弟子たちが「まさか、この私とでも」と言ったその瞬間を描いたのだ。この絵は「主よ、それはこの私です」と呟きながら鑑賞しなければならない。

 
 レオナルド・ダ・ヴィンチ 「最後の晩餐」1495-97年(世界遺産)

ミラノのサンタ・ マリア・デレ・グラツィエ聖堂修道院食堂の装飾画 20年かけて修復されたもの

2007年「最後の晩餐」が160億画素のインターネットで全世界に公開された。のイタリア政府の快挙。
●「絵画鑑賞者の姿勢」
イエス「この中に、私を売ろうとしている者がいる」
弟子たち「主よ、まさか、私ではないでしょう?」
絵画鑑賞者「主よ、それはこの私です。私こそ再びあなたを十字架につけようとしているのです」
●13:30日の出が丘病院に日の出町落合クリニック神尾重則院長の講演「人はどこから来てどこへ行くのか」を聞きに行く、大蔵理事長及び小野寺医師、沖医師、前川看護婦(母を看取ってくれた3名)にお礼の挨拶。神尾院長とチベット仏教、キリスト教の復活について懇談。共通点は「光」だということで一致。
resize0484.jpg 
日の出が丘病院。あの最上階の端の病室から母は逝った。
2004年3月18日、もう4年半も前のことになった。「よみがえりの日」に会えることを信ずる。
2008.10.18 13:20
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


矛盾の私 ++++++++ 所感

2008/10/17 07:19

081017(金)5時半起床。出勤日●昨夜は孫の初音から妻に「(幼稚園の運動会で)金メダル取ったわよ」と電話。私は心で「ヤッタ!」と喜んだと同時に14日のブログでカッコイイことを独白したこの自分の矛盾に恐れた。恥を告白するためにその14日のブログを再掲する

・・・・・・●昨日は荒川区に住む娘「愛子」の長女「初音」の運動会。朝、「ころんでもおきあがってさいごまではしりましょう」とFAXで激励文を送った。この「頑張れ」という親ばか、ジジバカの心がいけないのか。転んだらそのままうずくまって泣くのでもよくはないのか。人生「素直に転ぶ」ということが大切。「がんばって起き上がらなくてもよい。それは神に転ばされたのだ・・・・・・

●天下を向こうに回して日露戦争に反対した内村鑑三は日本海海戦で日本海軍がロシアのバルチック艦隊を撃滅したという知らせを聞いた時、隣近所に聞こえるほどの大声で「万歳三唱」をしたという。そして自分の矛盾に恐れたという●人間はいかなる平和主義者でも高校野球では故郷から出身校が出ると無我夢中で応援する。ワールドカップ、オリンピックまた同じ。。●キリスト教徒が「神の国」というとき、この世を「敵国」と想定しているのではないだろうか。人間は矛盾する。それでいいのだそれでいいのだ。●信者の親が子供に躓かれるのはこの「人間としての矛盾」のためだ。「お父さんは言うこととやることが違うじゃーないか」と敏感に感じられてしまうのだ●「人間としての矛盾」故につまずかれた親の涙は神に覚えられている。神が何とかして下さる。神にも少しは責任があるからだろうか。●朝風呂で次回の感話の準備。ほぼまとまる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人生を悔いる日

神の恩恵の時。それは必ず訪れる

    東京聖書読者会 高橋照男 2008.11.2

☆悔いの言葉、悔いの態度

         ●神の赦しの言葉、赦しの行為

 

①他人と比べて自分の人生(地位、職業、家庭、経済、道徳)がみじめに思える日・。・・・「俺の人生、こんなはずじゃなかった」

 

パリサイ人と税金取り

    ☆胸を打って。落ちぶれて袖に涙の落ちるとき

    ●この人のほうがよしとされた

ザアカイ

   ☆木に登ってひそかに見る

   ☆ゆすりとったのを4倍にして返します

   ●ザアカイ降りておいで

 

②愛の失敗で泣く日。「あの人とさえ出会わなければ」

 

サマリヤの女

  ☆人目を避ける生活

  ●女の人よく聞きなさい。どこででも礼拝ができる

 

罪の女(遊女)

    ☆泣きながら足に油を注いだ

  そのままにさせておきなさ

 

③親しさゆえの憎しみで殺意を抱いてしまった瞬間。「憎い!。殺してやる」

 

ユダ

 ☆罪もない人を売った。月が出ていた。神殿に金。首をつる

    必死で翻意を促すイエス

 

ペテロ

 ☆さめざめと泣く

 ●じっとペテロの目を見て許す。復活は最初にシモンにあらわれた

 

④保身のために人を切ってしまった瞬間。「あいつは俺にとって邪魔な存在だ」

 

ヘロデ

   ☆良心の痛みから手を洗う

   ●ピラトの妻を通して無罪を促す

パウロ

   ☆私は迫害しました。

   ●サウロサウロなぜ私を迫害するのか

 

⑤親を捨ててしまった子供。「親父の束縛から解放されたい」

 

 放蕩息子

    ☆ 神様にも親にも罪を犯しました

    ●みなまで聞かずに首を抱いた

 

 「二人の子の譬」の長男

    ☆ 後で後悔した

    ● あとでよしとされた

 

●悔い改めは臨終のときでもよい

 

十字架の上の強盗

    俺たちはこんなことをしでかした

  汝今日われとともにパラダイスにあらん

 

取税人と遊女は汝らに先立ちて

    罪人と遊女が集まる

  一緒に食事をする

 

先と後が逆転

    ☆ らい病、穢れた者

    ● 取税人と遊女とは汝らに先立ちて天国に入るなり

 

●どんな人間にも神の赦しのときは必ず訪れる

  もう一年まってくれ

   彼等は何をしているのかわからないのです。おゆるしください。

 

●主よそれはこの私ではないでしょうね

     いやそうかもしれない

     ダビンチ「最後の晩餐」の劇的瞬間

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


人生悔いる日、恩恵の時。 ++++++++ 所感

2008/10/16 07:29

081016(木)5時目覚め。朝のひらめき「人生悔いる日、恩恵の時●朝風呂でその黙想。●次回の集会の感話は「パリサイ人と税金取りの譬」(ルカ18:9-14)●人生を悔いた人は必ず神の恩恵の力が働く。その人はその後神の国のために素晴らしい働きをすることも共通点。その10人。

①パリサイ人の立派な祈りを聞いていた税金取り

②ザアカイ

③マグダラのマリヤ

④放蕩息子

⑤二人の子の譬(マタ21:28-32)の長男

⑥十字架の上の強盗

⑦ユダ

⑧ペテロ

⑨トマス

⑩パウロ

●人生悔い改めの日は自然に訪れる。それは神がその人に襲いかかる時。恩恵の時。早くその日が来るようにと人間が傍で気をもんでみても始まらない。その日は確実に来る。なぜか。神が見ていてくださるから。私以上に心配してくださっているから。

口語訳 雅  2:7b
2:7 愛のおのずから起るときまでは、ことさらに呼び起すことも、さますこともしないように。


新改訳 雅  2:7b
2:7 揺り起こしたり、かき立てたりしないでください。愛が目ざめたいと思うときまでは。


新共同 雅  2:7b
2:7 誓ってください/愛がそれを望むまでは/愛を呼びさまさないと。

●その10人には必ず神の言葉が注ぐ。力が注ぐ。

●その10人はその後良い働きをする人生になった。悔い改めは臨終のときでもよいのだ。悔い改めそのものが大事業だ。

●妻から「柿の木に実がなったわよ」と呼ばれたので撮影。一個だけだった。この地に引っ越してきたときに苗を植えてちょうど8年目。「桃、栗3年、柿8年。柚子のバカヤロ18年」の言葉をを思い出した。同時に、神の忍耐も思った。

塚本訳  ルカ 13:7-8
13:7 葡萄畑の作男に言った、『もう三年この方、この無花果の木に実をさがしに来ているのに、まだ実がならない。切ってくれ。(ならないばかりか、)なんで土地までくたびれさせることがあろう。』
13:8 答えて言う、『ご主人、今年もう一年だけ勘弁してやってください。今度は回りを掘って、肥料をやってみますから。

resize0481.jpg 

庭の柿の木に実がなった。一個だけ。ちょうど8年目。

「桃栗3年、柿8年。柚子のバカヤロ18年」。神は一年一年、来年は来年はと期待しながらついに一生待ってくださる。いや来世でも待って下さる。身代わりの心で待って下さる。

ルカ13:7-8 

●黒崎註解新約聖書デジタル化プロジェクト作業。これが完成すれば向こう数十年は牧師、説教者、聖書講義者の最強のツールになるであろうことが予想される。正統信仰と学問が調和している。それに新共同訳とネストレの引照が一気に見られるから。

resize0482.jpg 

図書館に行く途中。今夜の月は赤かった。2008.10.16 18:05

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


人生を失敗した人たち ++++++++ 所感

2008/10/15 06:54

081015(水)4時半目覚め。朝のひらめき「人生を失敗した人たち」。これで次回の感話のテーマが決定。●聖書はこれ道徳修身の教科書として読むのは間違い。これはひっくりかえして読まないと意味が「見えない」。すると福音書全部が人生を失敗した人の例が書かれていることが分かる。枚挙にいとまがないが、その代表を列挙してみる。この失敗した人たちの共通点は「この世のこと」をひたすら一生懸命に生きようとしていた人たちである。そしてあるとき自然に人生を悔いる日が訪れて、人生大転換、その後は神の国のために良い働きをした。順不同

①親との不和・・・・放蕩息子、家出した羊

②結婚に失敗・・・姦淫の女、マグダラのマリア、サマリアの女、愛の失敗

③金に目がくらむ・・・富める青年、愚かな金持、ザアカイ。パリサイ人と税金取りの話。

④師を裏切る・・・ユダ、ペテロ、

⑤体制にべったり・・・・パウロ、ヘロデ

⑥疑って信仰がもてない・・・トマス、ニコデモ

⑦出世争いに敗れる・・・誰が偉いかを論じたイエスの弟子

⑧人を許せない・・・同僚の首を絞めた男

⑨子育ての失敗・・・子供の出世を願って嫌われた母、子供に先立たれる 子供に恵まれない

⑩仕事で失敗・・・砂の上に家を建てた人(姉歯)、建築計画の失敗、戦争の失敗、漁の失敗

⑪主人の留守に心緩む・・・十人の乙女、悪い小作人

⑫十字架を負えない・・・十字架は神が負ってくださる

⑬不運な病気・・・・12年長血の女、精神の病、らい病、

⑭最大の人生失敗者はイエス・・・家庭崩壊、母を捨てる、体制に睨まれる、弟子に去られ、裏切られる、民衆にあざけられる、終末予言が外れる、神を疑う、苦悶の見苦しい最後、短い人生、母親の面倒を見られない若死。親より先に死んだ最高の親不孝者。

●人生の失敗は神の国では成功の入口。●人生は失敗した方がよい。神はそういう人に目をかける。先に救われる。逆転する。●最大の人生失敗者は当のイエスだと考えて目頭が熱くなった

●9:00公立阿伎留医療センターで「胃カメラ」。今年一月の段階よりきれいになっているということで安堵。モニターで医師と一緒に自分の胃の内部が見られるとは医療技術の進歩はすごいと感じだ。●11:00森眼科。メガネの度数は良く、疲れ目の点眼薬が処方された●コンビニで聖書の拡大コピー●15:30池谷医院で検診●妻は今井館にウィークデーの集い。加藤春恵子。●DVDでチャップリンの短編。社会的弱者に対する暖かい心が流れている●20:30 福島の3男恵から引っ越しが無事済んだという連絡。実に多くの方々に奉仕していただいたらしい。「普請(ふしん)」ということを思う●日本は建築のことを「普請」と言っていた。建物(社寺仏閣、家)を建てるのは普(あまねく)請(こう)のだという意味で、多くの方々にお願いして建てるものだというのである。これは現実的な真理である。●それが「建築」というようになったのは明治時代の「造語」であり、建物が商売的、商品的になって日本の伝統の良さが失われた。

resize0479.jpg 

あの方向に胃カメラの検査に向かう。何でもなければ良いか。

2008.9.15 8:21

resize0480.jpg 

帰宅。胃カメラの結果、問題なしとの結果、(病理検査の結果は一週間後だが)が出た。またあの家で生活できる。感謝

2008.10.15 12:25

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


死に方の希望 ++++++++ 所感

2008/10/14 08:00

081014(火)5時起床。●昨日は福島の三男(恵)が福島市内から、農地に近い二本松に土地と中古住宅を購入、引っ越しした。何よりも「あだたら聖書集会」のエクレシアに近くなって感謝●昨日は荒川区に住む娘「愛子」の長女「初音」の運動会。朝、「ころんでもおきあがってさいごまではしりましょう」とFAXで激励文を送った。この「頑張れ」という親ばか、ジジバカの心がいけないのか。転んだらそのままうずくまって泣くのでもよくはないのか。人生「素直に転ぶ」ということが大切。「がんばって起き上がらなくてもよい。それは神に転ばされたのだ●朝風呂で黙想「死に方の希望」。①仕事中に死ぬこと(黒崎新約注解デジタル化が終わるまでは死ねない。ヒルティは仕事中に死ぬのが理想と言っている。ヒルティは「永遠の平和」という論考を執筆中に死んだ。娘が書斎にお茶を運んだら、亡くなっていた。ヒルティは一人で逝った)②周囲に迷惑をかけないでサッと逝きたい(長患いをしたり、盲目になって妻や子供達に厄介をかけたくない。癌で死ねればサッと逝ける。痛まずに死にたい)③最後まで来世での復活の希望を抱いて死にたい。その信仰を失わずに死にたい●眼が疲れるので、本日から活字をかなり大きくする。●コンビニに行って拡大コピー。目が見えるというのはありがたいことだ。●午後は昭和女子大で授業2コマ。今日は「古典文献にあらわれた建築積算の歴史」、へロドトスの「歴史」から始まり、聖書の話まで。体験談の話が一番注目される。生徒の目が点になる。「物理的建物はなくなるが、一生懸命にやった仕事はその思い出がみんなの心に永遠に残る。」と話した。私の講義はどうしても宗教講話に近いものになってしまう。●妻は無教会研修所、月本昭男先生の旧約講義。プラハに行ったら「ユダヤ人墓地」を見たらよいとアドバイスされたという。

 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


4次元の世界のこと ++++++++ 所感

2008/10/13 18:31

081013(月)体育の日、休日。5時起床●体育の日は10月10日だと思っていたら、10月の第2月曜日に変更になっていた。妻も知らなかった●「黒崎新約聖書注解デジタル化」作業。今日はガラテヤ書4章引照の入力●最近はこのプロジェクトに妻が応援してくれている。感謝。●Web会議、シドニーと福島●NHK全国学校音楽コンクール高等学校の部を鑑賞。金賞校(九州・宮崎学園)を当てたので耳に少し自信を持った。●山下次郎著「イエスという人・・補足編」を著者から贈呈されたので一気に読み、その礼状を書いた。内容は公的的なことなのえ以下に公開する。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

山下次郎先生

このたびは「イエスという人」の補足編をお送り頂き衷心より御礼申し上げます。早速一気に拝読させていただきました。
神とか福音を物理学者のお立場から「なんとかして」(1コリ9:22)御説明なさろうとされるその懸命のご努力に敬服いたします。それはパウロの心です。

口語訳 Ⅰコリ9:22
9:22 弱い人には弱い者になった。弱い人を得るためである。すべての人に対しては、すべての人のようになった。なんとかして幾人かを救うためである。

塚本訳Ⅰコリ9:22
9:22 (信仰の)弱い者たちには弱くなった。弱い者たちを得るためである。わたしはこれらみんなのために、どんなものにでもなった。せめて幾人かだけでも救うためである。

しかしこのことがいかに困難なことであるかを、私は建築士の立場から図学的に考察しました。この世は縦、横、高さ(X,Y、Z)の3次元でできています。これが建築の世界でもあってこの原理が真理なので建物が物理的に建ちます。ところが神とか聖霊とか復活とかはこの3次元とは別に斜め上方から光が射し来ることなのです。しかもその光は3次元の座標軸を通るのです。これを第4の座標軸でW軸と言ってもよく、4次元と言えば4次元です。しかしこの第4の軸は3次元の座標では認識できないのです。見えず、聞こえずだからです。しかしその光に打たれた者、光を感じた人間は3次元空間に戻って言語(ロゴス)で説明します。ここが3次元世界の人間に説明しようとしてもそれは不可能なことの原理的な理由と解します。
本書136ページには次のようにあります。
・・・・以下引用文・・・「極端な場合には、『私は他の人が信じられないと言っている事を信じているんですよ』という主張にもなっている。よく言われる例は、イエスの空の墓の話であろう。『私はイエスの墓が空になっていたということを事実として信じています』というのが、自分の信仰の証明であるかのように、言明されるのである」・・・・以上引用文おわり・・・・
ここにある「よく言われる例」とはこの私がしばしば主張していることです。自分で弁解しますと第4のW軸を体験した者、W軸に刺された者は3次元世界に戻って三次元世界の言語で語らねばならない宿命があるのです。それが「わけのわからないことを話している」という評判になってしまうのです。
物理学者の先生の懸命のご努力に感じるところがありましたので、私は建築士という職業柄、3次元の図学に第4番目のW軸の概念を持ち込んで「苦しい胸の内を」を話させていただきました。しかしこれでは神、聖霊、復活は「どうしても説明困難」という弁明になるだけで、諦念になるだけです。しかし良いこともあります。人間はW軸の光が射し来ることなしに神や聖霊や復活は結局は理解できないのだということを悟れるのです。バッハのカンタータ62番の題名が私の希望です。「いざ来ませ、異邦人の救い主」(BWV62)。これは聖霊を待ち望む心です。このたびはありがとうございました。

(以下略)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


大往生でなく壮絶死がよい ++++++++ 所感

2008/10/12 07:03

081012(日)4時半起床●朝風呂で手紙の原稿●5:00NHK3CH「こころの時代」は「麦の家」主宰者の山崎隆。大蔵省を28歳で辞めて自給自足の農業生活。この種の例は数多く聞くがなぜか「心を打たない」。なぜかと考えると、結局「自分の楽しみ」の生き方追及にすぎないから。●聖書は「最も大いなる生き方は人のために自分の命をささげること」だという。しかしその追求は自分の信念や楽しみからはできない。神に無理に負わされる十字架によってその愛の道が無自覚のうちになされる●「何でだよー」「この俺が何でこんな目に会わねばならないんだよー」と絞り出すように泣くところに神の手がくだっている●マルタアルゲリッチのピアノでチャイコフスキーのピアノ協奏曲の第一楽章をデュトワ+ロイヤルフィルで鑑賞。この壮絶なまでの弾き方に感動。●人間、どうせ死ぬのなら、大往生ではなく壮絶死が良い。その方が生き甲斐があるというものだ。●問題は何をやって壮絶死するかだ。国家、企業、家庭、人間、に命を捧げることは無駄。それは壮絶死にならない。自分の信念に殉教しているだけの犬死にで人を救わない。全く価値なし。見苦しいだけ。人にはすぐ忘れられる。自分の目的が潰されて神にひきずりまわされる人生が壮絶な生き方だ。

resize0477.jpg 

朝の窓。夜明け前。神の国が近づいたというのはこういう状態だ。 2008.10.12 5:29

●妻と集会へ●集会は丹野、小寺、山本●帰途、高木博義さんと駅まで懇談●夜、NHKTVで「読字障害」という病の特集。目から鱗のショック。字が読み書きできない病気の原因は簡単。文字は人類が5000年前に発明したもので、文字を理解する脳の一部分が発達していない人がいるのは当たり前だというのが結論。20人に一人はいるという。あのエジソン、電話のベルなど有名人で「読字障害」だった人は多い。●番組でモデルとして登場したのは建築科の優秀な学生。空間認識が異常に素晴らしく、英国留学。しかし本は3ページも読めない。パニックになるという。。●「聖書を読むべし」という話は必ずしも真理ではなさそうだ●イエスは聖書を呼んだらしいが(聞かされたのかもしれない)、文字はかけたのだろうか。イエスは書物を残さなかった。そのかわり霊の世界が異常に発達していた。●人間を「共通一次テスト」などで輪切りで区別するのは大間違い、あのアインシュタインは公務員試験に受からなかった。国語が苦手だったから。藝術大学の建築学科には空間認識のすぐれた人がいなくなったという。理由は「共通一次テスト」で芸術感覚(空間認識)にすぐれた人がふるい落とされるからだという●「ペーパーテスト」では人間全体を測ることはできない。かえって見誤る。●米国は「読字障害」の子供の研究が進んでいる。障害児を温かく見るのはキリスト教精神のためである●神とか信仰が分からない人はその認識をする脳の部分が未発達のためか。「人を裁くな」である。自戒●文字に強い無教会者が芸術感覚(特に空間認識)に弱いというか、無関心というか、オンチであることが今わかった。無教会者の脳はそのようにできているのだ。●「かって「内村鑑三の藝術観と建築観を批判する」という論考を書いた(HPに掲載)が、評判が悪かった。しかかし今日その意味がわかった。左利きの子供に右手使いを強要すると脳がそのようにできていないのでパニック状態になるのと同じ。無教会者に建築芸術を啓蒙しても無理。その部分の脳が未発達なのだ。天は二物を与えず。

resize0478.jpg 

夕暮れ。讃美歌43番を歌う。2008.10.12 16:51

讃美歌43番

1. みかみ の たまいし この ひ も くれけり,

   いざ や けさ の ごと みめぐみ を たたえん.

 

2. ひかり に むかいて めぐる ち と とも に,

   ち に ある みたみ は みわざ に いそしむ.

 

3. くにぐに, しまじま, しずか に あけゆき,

   いのり は もださず, ほめうた は つきず.

 

4. われら に わかれて かくれし ひかげ は

   にし に すむ とも を みわざ に ぞ さます.

 

5. おこりて ほろぶる よ の くに に かわり,

   ときわ に さかゆる みくに ぞ ととき.

 

 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


「塚本虎二訳研究サイト」 ++++++++ 所感

2008/10/11 16:16

081011(土)昨夜は早く寝過ぎたので、3時半に目覚めてそのまま眠れず4時に起床●今井館ニュースに掲載を依頼した「塚本虎二訳研究」のサイトのお知らせを執筆した。次の通り。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

インターネット「塚本虎二訳研究」サイト公開のお知らせ。

 

名訳の誉れ高い「塚本虎二訳新約聖書(全)」は様々な事情で一冊の本にならないでいた。ところが今から15年ほど前に、バプテスト教会連合の中沢啓介牧師から、塚本虎二訳(全)をデジタル化したいという御相談があったので、資料を提供した。すると氏の教会員がこれを打ち込まれた。私はそのうちピレモン書とヨハネ書簡について本文と敷衍の分離を行い、かつ全体にわたって校正再入力して完成した。その段階で聖書知識社の山下次郎先生の御承認を頂き、私のホームページでこれを公開した。これは今から12年ほど前のことである。すると意外なことに無教会ではなく教会の牧師から反響があった。そのお一人が能城一郎牧師(単立教会)である。氏は塚本訳の敷衍と小見出し及びその独特の訳語に注目され、「塚本訳は伝道者訳」だと非常に高く評価された。そしてぜひ「塚本虎二訳新約聖書(全)」の研究をしたいと申され、私に協力を求められた。私としてはまた資料の提供をしたり、独特の訳語などを指摘した。そして出来上がったのが「塚本虎二訳研究」というインターネットのサイトである。音楽でも建築でも傑作は作者の死後になって評価されるケースが多い。塚本先生召されて35年、先生畢生の大事業であった「塚本虎二訳新約聖書」が、今になって教会側に高く評価され始めたことに神の摂理を感じるものである。インターネットのURLは下記の通りである。

http://www.jbible.net/testup/J-Tukamoto/

 

                         2008.10.11 高橋照男

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●「黒崎幸吉註解新約聖書デジタル化」プロジェクトWeb会議。

resize0476.jpg 

あきる野の秋。入道雲大好き。こういう素晴らしい景色が見られるのはあと何回だろうか。悲しいなー。 2008.10.11 15:37

●チャイコフスキーのピアノ協奏曲第一番をキリルコンドラシン指揮、バイエルン放送交響楽団、ピアノマルタアルゲリッチ。1980.2 ミュンヘンでのライブ録音。この壮絶なまでの熱演にハラハラと涙がこぼれた。

 


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


美しい秋の空 ++++++++ 所感

2008/10/10 08:04

081010(金)代休。5時起床。朝のひらめき。貧しき信徒。●「貧しき信徒」という詩集が八木重吉にあったと思うが火災で無くなった。●私に洗礼を授けてくださった浦和の牧師が「田舎牧師」という本を読んでおられた。一向に信者が増えないのは貧しい教会、そこの牧師は貧しき牧師●親がいなかったり病気をすると子供は高校大学に進学もできず、良縁にも恵まれず、一流企業にも就職できず、貧しい生涯になる●伴侶が長い病になると家庭が暗くなって、貧しい家庭になる。●来たれ、「貧しき者よ」。貧しいということと信仰が篤いという言葉はユダヤではシノニム「同義語)である●宗教に逃げ込むのではない。真理に目覚めるのだ。

resize0471.jpg 

窓を開けると「ああ麗しきシオンの朝」  2008.10.10 5:46

resize0473.jpg 

ラジオ体操の会場に向かう。秋の空。筆で描いたような白い雲。 2008.10.10 6:25 

resize0474.jpg 

秋の空、パステルカラーのブルー。神は色彩にウルサイ 2008.10.10  6:27

resize0475.jpg 

秋の空の下のコスモス。この色もパステルカラーだ。 2008.10.10 6:51

 

 

 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


天からのノーべル章 ++++++++ 所感

2008/10/09 08:31

081009(木)5時半起床●「黒崎プロジェクト」WEB会議。その途中で日本人にノーベル化学賞(今年4人目)のニュース。そこで共同作業者に次のように書いた。 その一部を公開する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●今朝日本人4人目のノーベル賞(化学賞)のニュースが入りました。われわれの作業は人の目には目立ちませんが神によるノーベル章候補だと思いました。主にあってその方が価値があります。下積みの作業だからです。文化勲章以上です。なぜか。この世のことではなく「人の救い」にかかわることだからです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●かって集会で叙勲者の祝賀会があった。その席上で故坂上百百合子さんは次のようにスピーチした「私は天からの勲章をいただいている(生涯寝たきりの)病人の友です」(坂上御夫妻はそういう人たちに仕えるために結核のメッカであった清瀬に居を構えた人である。)。その時はこのお祝いの席上で失礼なことを言うなーと思ったが、居並ぶ名誉大好き人間に対してはズバリ真理を語った。●人間からの勲章の輝きに目がくらみその人に近寄っていく人がいる。そういう人は「偉い人大好き人間」「勲章大好き人間」。無教会にそういう人間が多いのは見えるものにすがろうとする無教会者の神学上の欠陥である。そういう人はたいてい信仰が薄いので学ぶことが少ない。キリストの香りがしない。

resize0468.jpg 

書斎(労働室)の部屋を開けるとこの景色。思わず讃美歌を口づさんだ。

2008.10.9 5:40

讃美歌 216

1. ああ うるわしき しおん の あさ,

   ひかり ぞ てり そめ ける.

   やみ に まよう くにぐに も,

   いざ とも に いわえ かし.

 2. ああ  かがやける しおん の あさ,

   たのしき ひ ぞ き に ける.

   いすらえる も, ことくに も

   いま こそ は さち を え め.

 3. あれし ち に も はな は さき,

   いずみ は わき あふれて,

   よも の やま に ひびき つつ,

   よろこび の こえ す なり.

 4. おおうみ より も くが より も,

   みかみ を たたえ まつれ.

   みち の ひかり かがやきて,

   あまねく よ を てらせり.

resize0469.jpg 

書斎(労働室)でこの景色を見ながら讃美歌166番を聴き、袖で涙を3度拭った。 右のオリーブは恵一家が東京を去って福島に旅立つときに植えていったもの。大きくなった。2008.10.9 9:30

讃美歌166

 1. イェス きみ は いと うるわし,

   あめ つち の しゅ なる

   かみ の みこ, ひと の こ を,

   なに に か は たとえん.

 2. はる の あさ つゆ に におう

   はな より うつくし,

   あき の よる そら に すむ

   つき より さやけし.

 3. なつ の ゆう あおば わたる

   かぜ より かぐわし,

   ふゆ の ひ に ふりつもる

   ゆき より きよけし.

 4. イェス きみ は いと うるわし,

   あめ つち の しゅ こそ,

   わが さかえ, わが かむり,

   わが よろこび なれ.

 resize0470.jpg

秋の空。2008.10.9 14:23

 

 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


数学的4時間の世界 ++++++++ 所感

2008/10/08 21:31

081008(水)5時起床●14:00 積算協会で北原氏(元竹中工務店積算部長)と懇親懇談。合唱団に所属されているという●15:00コストスクール評議委員会。成績判定会議。内田祥哉、鵜沢、市川●帰途は藤上積算協会会長と立川まで。数学的4次元の世界の話を伺い面白かった。聖書やキリスト教は4次元の世界の話であると話した。数学の難問、ポアンカレの予想を2007年に解いたロシア人フェレルマンはその後数学をやめて「キノコ取り」の仕事をするようになったという話を聞いて、それはパスカルに似ていると話した。●藤上会長はアインシュタインの相対性理論を理解されるという●ノーベル物理学賞に日本人3名。素粒子理論の世界は日本のお家芸。
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


女子大後期授業開始 ++++++++ 所感

2008/10/07 22:11

081007(火)5時起床

resize0465.jpg 

東の窓を開けるとこの景色。思わず「オーッ」と言う。朝はいいなー。

2008.10.7 6:40

●午前中は「黒崎デジタル化:作業●午後は昭和女子大後期授業開始、2コマ。今日は導入授業(ガイダンス)。みんな何かを真剣に求めている。若い人の将来を祈る気持ちである。●女流建築家の第一人者である平倉直子氏は昭和女子大の講師であったことを知る。女流建築家輩出のために私の講義が貢献することを祈る。

resize0466.jpg 

昭和女子大、光葉会館で昭和初期の生活品の展示会。子供のころの思い出がよみがえり、亡くなった両親の苦労をしきりに思い出した。2008.10.7 16:13

resize0467.jpg 

学校の帰途、三軒茶屋駅付近。若い二人が住むところを探している。「よいところが見つかりますように」。 2008.10.7 17:51

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


何で私をを捨てるのだ ++++++++ 所感

2008/10/06 06:34

081006(月)4時半起床●朝の黙想「何でこの俺を捨てるのだ」●頂いた山下次郎著「イエスという人・続編」を読み始める。結語で「空になった墓」は人間の側からのつまり下から上への信仰だと、暗に私を批判している。「ブルータス(山下)、お前もか!」である。内村、塚本、黒崎が天で泣いている●経済原理のみで集団を形成している企業は「営利目的に不用な人間」はそれだけの理由で切り捨てる。エコノミックアニマルの末路。剣で立つものは剣で倒れる●経済原理で切り捨てられた人間よ。腐るな。その集団は「金の亡者」だ。君の価値はいささかも落ちるものではない。かえって上がる。君が金の亡者でなかったことの証明だから。●人間集団は狭い考えで、自分達に不都合な人間を追放する。その被害者の代表はイエス。時の職業宗教家集団から商売荒らしとみなされて殺された。しかし神はイエスを復活させて「罪の人間ども」に復讐した。●NHKTV20:00「鶴瓶の家族で乾杯」は「あきる野市」。妻と一緒に見た●「黒崎プロジェクト」Web会議。アクセス数が増えている。不思議。神の言葉の力だ。人間の力ではない。

resize0463.jpg 

ラッパを吹きながら豆腐を売っている青年。「がんばれよ」と心で叫んだ。豆腐を入れるケースがプラスチックなので、木にしたらどうかと進言した。 2008.10.6 15:57 神田

resize0464.jpg 

あきる野に戻ると空気がおいしい。月が出ていた。秋だ。 2008.10.6 17:53

 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


殺意を抱いてしまった時 ++++++++ 所感

2008/10/05 06:50

081005(日)3時半目覚め、起床。苦しい夢をみてしまった●人は誰でも「思わぬ人」に殺意を抱いてしまうことがあるものだ。しきりにユダのことを思った。来月の感話のテーマは決まった。「ユダはなぜイエスに殺意を抱いたのか」。来月はちょうどミラノに旅をしてダビンチの「最後の晩餐」を鑑賞する。ユダに注目しよう。●某女から訊ねられた。「ユダがいなかったらイエス様の十字架はなかった。どう考えたらよいのでしょうか」●「ユダを思う」。①イエスとユダの関係はよかった。会計(などあったのか)を任されていた。②イエスとユダの間を妬む人間がいたのではないのか。あらぬ中傷をイエスに発したのではないか「金をごまかしている」と。③香油を貧乏な人にやった方がよいという発言を誤解されるという増幅作用がおこった。④イエスに叱られた。このときユダの心はプツンと切れた。あれほど親しかったイエスも私に冷たくなったのか。イエスの私に対する目つきが違ってしまった。④このときサタンがユダの心にに入った。「心変わりが憎い。殺そう」。⑤最後の晩餐でイエスは必死にユダに翻意を促すが失敗⑥ユダは表に出るが心は真っ暗。月は明るかった(塚本訳)⑥ナント自分で殺さないで、イエスを良く思わない祭司階級に売りつけて他人の手で殺そうという汚い手口を計画(これ役人の手口と同じ)⑥イエスが十字架に付けられた時、ユダはどこにいたのか。イエスの「父よ彼らを赦し給え」という声を聞いたのか⑦ユダは良心に責められ自分がいやになって売って得た金を聖所に投げ込んだ。⑧そして首をつった。過日の聖地旅行でその場所を遠くから見た⑨エピローグ。ユダが死んだことをイエスは知ったのか。聖書は語らず。もし知ったら「バカバカバカ」と言って泣いたに違いない。あれほど愛した者がコトモアロウに首をくくるとは。赦しているのに。➉しかしユダの殺意は神の摂理。それなくして人類の救いはなかった。この私の代わりをユダが演じてくれたのだ。十字架の隣の強盗の悔いはユダの心。イエスは言った「汝、今日我と共にパラダイスにあらん」●なぜユダが存在したか。これは2次元の世界ではわからない。神の摂理という3次元思考でなければわからない。ユダは神にイエスを殺す凶器とさせられたのだ。かわいそうなユダ。●集会は小寺、大山、高橋「神の国を信じ抜く」。私の話すことはローマ法王からもプロテスタントの牧師からも「そうだ、そうだ」と言われるもので間違いはない。なぜなら「聖書はこう言っている」という内容だからだと言った。●杉崎孝様から「Web黒崎」に関する質問を受ける。ミスプリを2か所見つけたという。95歳にしてこの熱心。若者たちよナニやっているんだ。奮起せよ!●「Web黒崎」の3日間のアクセス数は168。神の言葉の実力はものすごい●小寺夫妻と私たち夫婦の4名で昼食。

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


人に捨てられたとき ++++++++ 所感

2008/10/04 15:26

081004(土)4時起床●「黒崎幸吉註解新約聖書デジタル化プロジェクト」●讃美歌の「深き御胸を悟り得せず」。が胸に響く●この世で人に捨てられ、無視され、のけ者にされ、除名されるという悲しい辛い憤激のことが起きた時は、こう考えるとよい。「神のお召しだ」と。「何で人間どもに招かれることを喜んでいたのか。ああ、愚かな私よ。馬鹿な私よ」と思えばよい。

讃美歌507

1. ふかき みむね を さとり えせず,

   くしき みのり を うたがい つつ,

   われ を たのみし おろかしさ よ,

   いま は さとりぬ, いま は くいぬ.

 (Refrain)

   ちち の かみ よ, すくい たまえ,

   こころ を つくして わが たよれば.

2. かみ より いでし み を わすれて

   やがて くつ べき よ の たから を

   あだ に したいし おろかしさ よ,

   いま は さとりぬ, いま は くいぬ.

 3. あまつ みその の はる を よそに

   さきて かつ ちる もろき はな の

   いろか に よい し おろかしさ よ,

   いま は さとりぬ, いま は くいぬ.

resize0459.jpg 

ラジオ体操で空を仰ぐとこの景色。体操中断して撮影。秋の空だ。 2008.10.4 6:38

resize0460.jpg 

ラジオ体操終了後大勢が秋留台公園を歩く。2008.10.4 6:50

resize0461.jpg 

孫にカブとやクワガタをとってやった林。16年も前に召された父の声が耳に響いた。「生き物はぬがして(逃がして)やれ」。 2008.10.4 6:53

resize0462.jpg 

散髪の帰途。畑の中にきれいな花。秋の空。 2008.10.4 14:21

●妻は今井館に武義和氏のレクチャーコンサート。●散髪。ぼさぼさしすぎるので短くした。ウィーンでは小沢征爾に間違えられた。●黒崎デジタル化プロジェクトの共同作業者にメール。公開する.。一部改変。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 共同作業者殿

不思議なことに「Web黒崎」(http://stonepillow.dee.cc/)へのアクセス回数が増えていますね。どこのどなたであるかわかりませんが(われわれスタッフが多いのはわかりますが。笑)、実に不思議です。神の言葉は宣伝しなくてもそれ自身の力で広まる現実を見ます。ロマ1:8ではパウロが全世界(当時は地中海世界)に福音が広まっていくのを喜ぶとあります。この全世界にというところに気が引かれ日英の翻訳で読みました。英文は下記です。私たちの作業が日本のみならず「全世界」に向けて発信できていることをパウロとともに喜びたいと思います。過日Su様が「検索エンジン、(グーグルやヤフー)で黒崎のサイトがひっかかるようにすることが大切だ」とおっしゃってくださいました。

 

 

NKJV ロマ 1:8

1:8 First, I thank my God through Jesus Christ for you all, that your faith is spoken of throughout the  whole world.

 

 

TEV ロマ 1:8

1:8 First, I thank my God through Jesus Christ for all of you, because the whole world is hearing about your faith.

 

 

KJV

Rom

1:8 First, I thank my God through Jesus Christ for you all, that your faith is spoken of throughout the whole world.

 

 

New International Version 

Rom

1:8 First, I thank my God through Jesus Christ for all of you, because your faith is being reported all over the world.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


人生を悔いた人の夢 ++++++++ 所感

2008/10/03 10:57

081003(金)415分起床●「黒崎幸吉註解新約聖書」デジタル化プロジェクト。ガラテヤの準備。●「黒崎幸吉註解新約聖書」、共同作業者へのメール

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

共同作業者殿

 

黒崎註解の活字が大きくなることで、日本人に「正統信仰の使徒伝承」が「見える」ようになること間違いなしです。

お二人の労苦は主にあって報われます。小生の使命、「正統信仰の使徒伝承を行う」もこの黒崎Pに参加するという形で実行できるように導かれ感謝です。

昨夜の夕食のとき「黒崎Pが終了するまでは健康を守りたまえ」と祈りました。私の健康とは「頭脳」のことです。

脳内出血か脳梗塞のことです。両兄におかれましても健康第一で、疲れたら休んでください。休み休みまいりましょう。

仕事が思白いと肉体の健康を忘れがちです。今日からガラテヤです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●昨夜の夢。毎日祈りのなかにある人が涙を流している夢。何かある。夢は正夢という。自分の人生を悔いて「涙を流す」。それでいいんじゃーないかなー。神はそれだけで喜ぶんじゃーないかなー。十字架、復活、再臨、教会、教理、などの難しいことは彼に説けない。●中野次長、吉田君と3人で会議。

resize0458.jpg 

勤務を終えて2時間かけて我が家に到着。あれは夕食の灯だ、ありがたい。 2008.10.3 19:02

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


主の約束なんて嘘っぱちだ ++++++++ 所感

2008/10/02 08:56

081002(木)4時起床●朝風呂で瞑想●朝の散歩。エンジェルトランペットという花を見て、最後の日にはラッパが鳴り響くということを思い、胸が詰まった。

resize0456.jpg 

主の約束の日、ラッパが鳴り響いて死者が有体的に復活する日。イエスの言葉に騙されても、イエスを有体的に復活させた神を馬鹿正直に信じ込むのだ。信じ抜くのだ。 2008.10.2 9:06

●次回集会での感話の結論を次のようにまとめた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

⑤エクレシアの本質は「神の国を信じて待ち望む」集団

   その望みを忘れないための生活の知恵。形や姿は 様々。

 

●神の国到来の約束を忘れないで待つ方法。生活の知恵は聖日遵守。形は自由

●主を信ずる仲間がいることを知る不思議な安心感と喜び。

[毎日の祈りの習慣]

塚本訳 マタ 6:9-10

6:9 だからあなた達は、このように祈りなさい。──、わたしたちの天のお父様、お名前がきよまりますように。

6:10 お国が来ますように。お心が行われますように、天と同じに、地の上でも。

 

『神の主権と約束を信じ込む。騙されていると思ってもイエスの言葉を信じ抜く]

塚本訳 ルカ 12:31-32

12:31 あなた達はむしろ御国を求めよ。そうすれば(食べ物や着物など)こんなものは、(求めずとも)つけたして与えられるであろう。

12:32 小さな群よ、恐れることはない。あなた達の父上は御国をあなた達に下さるつもりだから

 

[教会の聖餐式の意義]

塚本訳 Ⅰコリ11:25

11:25 食事の後、杯を同じように(感謝)して(分けて、)言われた、「この杯はわたしの『血』の犠牲を払った『新しい約束』である。(今から後、)飲むたびごとに、わたしを記念するためにこのことを行ないなさい」。

 

[集会を休まないこと]

塚本訳 ヘブ 10:25

10:25 (また、)ある人々がするように、集会を怠けず、むしろ互に勧め(合って出席す)るようにしなくてはいけない。その日が近づいていることをあなた達は知っているから、いよいよそうしなくては!

 

 

⑥ 主の言葉に騙されたとしても、主を有体的に復活させた神を信じ抜く。

 

●主の約束なんて嘘っぱちだ。いつまでたっても終末はこないではないか

塚本訳 Ⅱペテ3:9-10

3:9 主は或る人達が遅いと考えているように約束を果たし給うのが遅いのでは(決して)ない。ただ何人の亡びることをも欲せず、凡ての者が悔い改めに到ることを欲して、君達に対し寛大であり給うのである。

3:10 しかし主の日は盗人のように来るであろう。(そして)その日天は轟然たる響きと共に消え失せ、日月星辰は燃えて解け去り、地とその上にある(人間の)事業は燃え失せるであろう。

 

● 主の終末予言は外れたが、主を有体的に復活させた神を信じ込み、生涯これを馬鹿正直に信じ抜いて死ぬのだ。

塚本訳ヘブ 11:8-10

11:8 信仰によって、アブラハムは財産として戴くべき(カナンの)場所に『出てゆけ』とのお召しを受け、(素直に)言うことを聞いた。そしてどこへ行くともわからず、『出ていった』。

11:9 信仰によって、彼は約束の地に他国人として『宿った』。彼は同じ約束の(ものの)共同相続人(である子)イサクおよび(孫)ヤコブと一しょに、天幕に住んだのである。

11:10 (どうしてこんな生活に甘んじたか。)彼は(堅固な)土台を持つ(天の)都を待ちのぞんでいたからである。その建設者また創造者は神である。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

●終日、「黒崎幸吉新約聖書註解デジタル化」のうちピレモンに取り組んで完了。ピレモンはわずか一章であるが聖書に入ったのは理由がある。贖罪の愛が理論でなくパウロの実生活に現われているから。「神の国は言葉でなく力である。」パウロは「後始末の金は自分が払おう」とまで言う。黒崎の解説がまたすごい。●妻は立川に旅行の用意。パスポート延長、買い物など。

resize0457.jpg 

秋川は栗の産地でもある。でも600円ではなー 2008.10.2 11:00

 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲




| Top | Next
0814