to 日記と感想 2010年06月
Top | RSS | Admin

2010.05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2010.07


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170821(土)15:00お江戸コラリアーズ定期演奏会、文京公会堂
    170809     TW誕生日
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170706      TM誕生日
    170701      TT誕生日
    170628       IY誕生日
    170625(日)14:00羽村フィル、ゆとろぎ。モーツァルト40番、チャイコフスキー5番
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール
    170610(土)14:00内村鑑三セミナー、立教大学12号館。矢田部、椚」山
    170609(金)   TS命日
    170608(木)12:15ボリショイ「白鳥の湖」、東京文化会館
    170707(水)10:00池谷医院
    170604(日)10:00集会感話、
    170604(日)16:30近藤恵邸起工式、福島市。
    170530(火)14:00田岡氏来訪
    170527(土)14:00今井館ピアノコンサート
    170521(日)14:00新宿フィル、ブラームス1番、レスピーギ「鳥」「ローマの松」。和田睦夫
    170425       TN)誕生日
    150420(木)09:30阿伎留センター泌尿器科)
    170416(日)14:00武蔵野室内合奏団、杉並公会堂(大坪満子)


負ける建築 ++++++++ 所感

2010/06/30 11:04


使徒伝承 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

       http://stonepillow.dee.cc/



100630(水)4時半起床。朝の啓示「負けるということ」●TSK日本語版。イエスの人格のすごさ。その独一性。尊厳意識濃厚。

口語訳 マタ 13:16-17
13:16 しかし、あなたがたの目は見ており、耳は聞いているから、さいわいである。
13:17 あなたがたによく言っておく。多くの預言者や義人は、あなたがたの見ていることを見ようと熱心に願ったが、見ることができず、またあなたがたの聞いていることを聞こうとしたが、聞けなかったのである。

●日経の夕刊は昨日から建築家隈研吾の「『負ける建築』で勝つ」。聖書は「勝ちを目指さず、まけよという。なぜか。神が勝たせて下さるから」と言う。

塚本訳 マタ 5:38-42
5:38 あなた達は(昔の人がモーセから、)『目には目、歯には歯』──(人の目をつぶした者は自分の目で、人の歯を折った者は自分の歯で、つぐなわなければならない)と命じられたことを聞いたであろう。
5:39 しかしわたしはあなた達に言う、悪人に手向かってはならない。だれかがあなたの右の頬を打ったら、左をも向けよ。
5:40 (裁判所に)訴えて下着を取ろうとする者には、上着をも取らせてやれ。
5:41 だれかが無理に一ミリオン[一キロ半]行かせようとするなら、一しょに二ミリオン行ってやれ。
5:42 求める者には与えよ、借りようとする者を断るな。

塚本訳 ロマ 12:17-18
12:17 だれにも悪をもあって悪に報いず、どんな』人の前でも善をするように心がけよ。』
12:18 出来るなら、(少なくとも)あなた達の方では、どんな人とも仲良くせよ。 



塚本訳 Ⅰテサ5:15
5:15 誰も悪で悪に仕返しせぬように注意し、互いに、また何人にも、常に親切であるように努めよ。

塚本訳 Ⅰコリ6:7
6:7 その上、そもそも(信仰の兄弟でありながら)、互に裁判沙汰にすることが、すでにあなた達の失敗である。なぜむしろ不正をさせないのか。なぜむしろ奪い取られないのか。


塚本訳 ロマ 12:19
12:19 愛する者たちよ、自分で仕返しをするな、(裁きの日の神の)怒りにまかせよ。こう書いてあるではないか、「主は言われる、『仕返しはわたしのもの、』わたしが『報いをする』と。」


塚本訳Ⅰコリ6:1
6:1 あなた達のひとりが(信仰の兄弟である)他の人に対して訴訟があるとき、聖徒でなく、(主を信じない)不正な人たちに訴える(ような不見識な)ことを、恥としないのか。

塚本訳Ⅰペテ3:9
3:9 悪で悪に、あるいは悪口で悪口に報いず、むしろ反対に、祝福せよ。祝福を相続するために召されたのであるから。

塚本訳 ロマ 12:17-19
12:17 だれにも悪をもあって悪に報いず、どんな』人の前でも善をするように心がけよ。』
12:18 出来るなら、(少なくとも)あなた達の方では、どんな人とも仲良くせよ。
12:19 愛する者たちよ、自分で仕返しをするな、(裁きの日の神の)怒りにまかせよ。こう書いてあるではないか、「主は言われる、『仕返しはわたしのもの、』わたしが『報いをする』と。」


●14:00 今井館土地問題検討委員会。7名。議論百出。しかし「御心のままに、御心のままに」。









スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


神が下さる ++++++++ 所感

2010/06/29 11:11

使徒伝承 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

       http://stonepillow.dee.cc/





塚本訳 マタ 4:4
4:4 しかし答えられた「『パンがなくとも人は生きられる。(もしなければ、)神はそのお口から出る言葉のひとつびとつで(パンを造って、)人を生かしてくださる』と(聖書に)書いてある。」

●福島の義母はもう半月も点滴だけで生きている。生命の保持は神の御心による。


口語訳 箴  19:14
19:14 家と富とは先祖からうけつぐもの、賢い妻は主から賜わるものである。

●離婚が頻発。その理由は日本に真の宗教がないからである。中学高校生のときにしっかりした結婚観が教えられんないからである。神よりも大切な事があるからだ。

口語訳 詩  127:2
127:2 あなたがたが早く起き、おそく休み、辛苦のかてを食べることは、むなしいことである。主はその愛する者に、眠っている時にも、なくてならぬものを与えられるからである。

●「神が下さる」ということを信じなければ労苦は「取り越し苦労」。建築は人で決まる。その人が神に愛されてないと家は絶たない。

塚本訳マコ 4:26-27
4:26 また言われた、「神の国はこんなものだ。──ある人が地に種を蒔き、
4:27 夜昼、寝起きしていると、種は芽生えて育ってゆくが、本人はその訳を(すら)知らない。

●芽は人間が眠っている間に育てて下さる。


塚本訳 マタ 6:31-33
6:31 だから、『何を食べよう』とか、『何を飲もう』とか、『何を着よう』とか言って、心配するな。
6:32 それは皆異教人のほしがるもの。あなた達の天の父上は、それが皆あなた達に必要なことをよく御承知である。
6:33 あなた達は何よりも、御国と、神に義とされることとを求めよ。そうすれば(食べ物や着物など)こんなものは皆、(求めずとも)つけたして与えられるであろう。

●「それは皆異教人のほしがるもの」とは言い得て妙である。

塚本訳 マタ 15:12-14
15:12 あとで弟子たちが来てイエスに言う、「パリサイ人がお話を聞いて腹を立てたことを御存じですか。」
15:13 イエスは答えられた、「わたしの天の父上がお植えにならないものは皆、引き抜かれる。
15:14 あの人たちを放っておけ。盲人の手引をする盲人だ。盲人が盲人の手引をすれば、二人とも穴に落ちよう。」

●悩みの人、遊び人、遊び集会、政治的集会などは「放っておけ」ば自然消滅する。攻撃するな。時間の無駄だ。

新共同 出  14:14
14:14 主があなたたちのために戦われる。あなたたちは静かにしていなさい。」

●悪いことは神が注意して下さる。

●12:00 妻と市内のふれあいコンサートを聴きに行く。高橋京子、栗原薫、新條路子、小笠原智恵子の演奏。ショパン、ラウマニノフ、チャイコフスキー、ピアノとマリンバ
●15:00 小寺利男さんが来訪。歓談2時間の間に小寺さんの車のライトが点灯したままだったのでバッテリーが上がってしまい、ガソリンスタンドに救助を求めた。親切な人がコードを持ってきてエンジンをかけて下さって救われた。良くあるケースらしいが「地獄で仏」の感じ。



100629(火)4時半起床●朝の啓示「神が下さる」●TSK日本語版。マタイ15節。思うこと多し。●「神が下さる」ということについて頭に浮かんだ聖句とその感想。

塚本訳 ルカ 12:32
12:32 小さな群よ、恐れることはない。あなた達の父上は御国をあなた達に下さるつもりだから。

●御国は神が下さるもの。平和運動や教会組織の増大では来ない。信者の増加でもこない。その国の国民が全員信者になっても神の国ではない。なぜか。兄弟が仲良くしても親父を認めないからである。
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


高橋三郎先生からの宿題 ++++++++ 所感

2010/06/28 07:42


使徒伝承 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

       http://stonepillow.dee.cc/


100628(月)4時半起床●TSK日本語版。朝飯前の15節はエネルギーを使うが、至福の時●本日午後は高橋三郎先生の「お別れ会」。●高橋三郎先生の生涯は「無教会とはなにか」の追及であった。①東大に再入学して「ヒルティ」の批判をされる②昭和女子大の講師であったときにルターの研究にドイツ留学。ルターには法的思考が残っているので無教会の精神とはズレがあるとされた③「人は信仰によって救われる」とすれば、「ではいかなる信仰が人を救うのか」ということで争いが起きるではないかと教派争いを批判された④「無教会は2000年のキリスト教の歴史に無教会はどう接続するのか」という問題を投げかけた⑤社会的実践として、韓国や台湾と交流、愛真高校の創設。⑥終始、塚本グループの「信仰のみ、神ママ」の信仰に対して批判的に対峙された。しかし私の見るところ塚本先生の信仰と高橋先生の信仰はかなり似ておられた。塚本先生は「YS君のドイツ語はダメだが、高橋三郎君のドイツ語はすばらしい」と言われたという。あるとき高橋先生はボルンカムの日本訳を私にに見せ、ここのところの訳はこうすべきだ」と批判された●個人的には高橋三郎邸の二度にわたる改築(1994,1995)、愛真高校校舎増築(1997)、娘の愛子が愛真高校に入学(1990)。愛子は先生の御指導で信仰を頂けた。私は高橋門下の方々とは不思議に交流が多い。●子供の一人の結婚話の時、先方のご母堂は我が家が「無教会」であることをと聞かれて御心配されて(幕屋も無教会と言っているのでそのグループと思われたのか)、所属されておられる教会の長老にご相談された。するとその長老は「無教会には高橋三郎がいるから大丈夫だ」と言われたという。●無教会は、理論的支柱、健全正統信仰の支柱を失い、これからが心配である。●高橋三郎先生からの宿題は「無教会は2000年の教会史に有体的復活の正統信仰で接続しているから、それをしっかり継承せよ」ということだと私は個人的に受け取る。●13:30橋三郎先生の「お別れ会」に妻、愛子と参列。港区赤坂の霊南坂教会。

resize1442.jpg 

高橋三郎先生「お別れ会」港区赤坂、霊南坂教会。350席は満席。
妻、娘の愛子と参列。

resize1443.jpg 

高橋三郎先生の遺影。89歳。6月24日午後3時45分肺炎のためご自宅で召天。16年前に交通事故に遭われて 寝たきりのご不自由なお身体であったが、その苦痛から解放された。


resize1444.jpg 


高橋門下の藤森いずみさんのパイプオルガンがすばらしかった。
フランクのミサ曲より天使のパン、フォーレレクイエムよりピエイエス、
バッハマタイ受難曲より「血潮したたる(讃美歌136番)
参列者350人の心からなる讃美歌が高い天井にこだまして、素晴らしかった。建築の意義。
ライプチッヒの聖トーマス教会での礼拝は会衆の主の祈の唱和が地鳴りのようであったのに感動したが、今日もそれに似ていた。
式辞、佐藤全弘、弔辞、千葉真、武田晶子、など


resize1445.jpg 

献花の時に番外編で愛真高校卒業生の讃美歌。テニスン「砂州越えて」、バッハマタイ受難曲の「血潮したたる」(讃美歌136番)、そのほか讃美歌何曲か。これは素晴らしかった。
高橋先生の御遺体に接したが、荘厳で崇高なお顔であった。
ご遺族(美佐子夫人、愛子、純子、誠)の前でご挨拶したところ、御長男の高橋誠氏から「高橋さんの住宅改築設計(1994-1995)のおかげで、父は(16年も)長生きできました」と感謝された。建築士として大いに喜悦であった。
●今日の出会い。記憶にある人。直木、千葉、風間、西村、藤尾、杉山、石澤、富永夫妻、麻香、今野、助川、岩島、武、渡辺、大島、大友、内坂、宮部、坂内夫妻、田岡、森山夫妻、小田、椿本夫妻、 島崎、本間、来栖、原田、鈴木、李眞永、
●大島智夫先生には、「WEB黒崎」のアクセス回数が1万8千回になりました。これは『残りのもの』(ロマ9:27)ですと申し上げると、先生は「わたしはあの数値を毎日見ています」と喜んで下さった。

塚本訳 ロマ 9:27
9:27 (預言者)イザヤもイスラエル人について叫んでいる。『たとえイスラエル[ヤコブ]の子孫の数は海の砂のように(多数)であろうとも、(信ずる小数の)残りの者(だけ)が救われる。

●本日の葬儀で感じたこと。キリスト教は誰か傑出した人物の周りに人が集まることによって広まっていく。これはまた旧約の歴史でもある。●無教会はその傑出した人物に「首ったけ」の信者がいて形成されてきた。内村、塚本、黒崎、関根、前田、高橋・・・・問題はその「首」がなくなった場合だ。無教会は人口減だが、どこへ行ったかというと信仰を失ったわけではない。どこかの教会(あろうことかカトリックにも)にもぐりこんでいる。すべり込んでいる。


●帰途、妻と「私達の葬式は完全に家族葬で、子供達に讃美歌を歌ってもらえれば大満足だ」ということになった。


トラックバック(0) | コメント(1) | top▲


終油の心・無教会の場合 ++++++++ 所感

2010/06/27 06:51

使徒伝承 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

       http://stonepillow.dee.cc/




100627(日)4時半起床●TSK日本語版、至福の時。これは絶対に牧師、伝道者、感話者に必要である。基礎作業である。播註解書の前にまず「聖書」。ヒントが得られる●母の妻の死が迫っていて、妻も私も心が落ち着かない。臨終の時、カトリック信者は、教会の司祭を呼んで「終油の秘蹟」という儀式を行ってもらう。第二バチカン公会議以来、臨終でなくても病気の時にも行うようになった。

YAHOOで調べると次のようにある。 
  (YAHOO引用)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

終油の秘蹟


カトリック教会の七つの秘蹟(サクラメントsacrament)の一つ。現在は「病人塗油の秘蹟」と改名された。昔は臨終を迎えている病人に授けられたが、現代では重病人ならだれにでも与えられる。司祭は病人の目、鼻、口、耳、手、足に聖香油を塗り、病気の治癒と罪の許しと神の恩恵を願う祈りを唱える。この秘蹟を受ける前に、司祭に自分の罪を告白(告解(こっかい)の秘蹟)し、聖体の秘蹟を受けることが勧められる。プロテスタントではこれを秘蹟とは認めていない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
(YAHOO引用)おわり


●身内が臨終のときは、信者としては何とかして霊魂が救われて欲しいと、あわてて司祭を呼びたくなるのは人情である。無教会の我々はこれを笑ってはいけない。●「終油の秘蹟」の聖書的根拠は次の個所である。


新共同 ヤコ 5:13-16
5:13 あなたがたの中で苦しんでいる人は、祈りなさい。喜んでいる人は、賛美の歌をうたいなさい。
5:14 あなたがたの中で病気の人は、教会の長老を招いて、主の名によってオリーブ油を塗り、祈ってもらいなさい。
5:15 信仰に基づく祈りは、病人を救い、主がその人を起き上がらせてくださいます。その人が罪を犯したのであれば、主が赦してくださいます。
5:16 だから、主にいやしていただくために、罪を告白し合い、互いのために祈りなさい。正しい人の祈りは、大きな力があり、効果をもたらします。

●プロテスタント、無教会にはこの秘蹟がない。どうしたらよいか。事例。・・・・山本七平夫人のご母堂が臨終の時、婦人は集会の故OHに電話して、「母が臨終です。祈って下さいと」言った。また某氏が危篤の時、集会責任者の故藤林益三先生は、小走りで前にでて、「皆さま、御加祈下さい」と言われた。・・・この事例にあるように無教会では秘蹟は行わないが「心からの祈り」を捧げる。●無教会では臨終の時に、司祭に自分の罪を告白(告解(こっかい)の秘蹟)する儀式はない。第一に私の義母の場合は認知症なのでこちらの言うことがわからなくなってしまっている。だからこそ周囲の「心からなる祈り」が必要だ。●無教会も儀式を批判するばかりでなく、人間の「悩み心配」を受け止める対応が必要である。矢内秦忠雄先生の母親が亡くなられたとき内村先生に「信仰なくして死んだ母はどうなるのでしょうか」と質問したところ、「分からんねー」と答えられたという。それは真実だが、「死後でも周囲の祈りで救われる」と言えばよかったのになーと思う。(ラザロ、ナインの若者、ヤイロの娘の例)●それにしても臨終の人に油を塗ればそれで救われるという権威がある司祭の力は御立派である。内村鑑三のように「さーどうなるか分からんねー」という無教会では人が集まらないのは当然だ。「一緒に祈りましょう」と言えるようでなければならない。●集会は大山、高橋トミ子(十人のらい病人)横田(教会史)●昼食会のとき高木博義さんに今井館の存続問題についてご意見を伺う●高橋三郎先生が24日に召されて明日28日に霊南坂教会で「お別れ会」がある事を知った。前田、関根、中沢、そして今度は高橋三郎なく、無教会は淋しくなった。●高橋三郎先生の弟子の森山浩二氏に高橋先生の御最後と、式を教会で執り行うことになったいきさつを伺う。式場は、今井館、ICU、恵泉など数多く当たったが、最後は葬儀社社長の意向で霊南坂教会になったという。●葬儀の方法はこの世的の問題。「葬儀は死にたるものにまかせよ」だと思った。●高橋先生には思い出がある。百合丘の高橋邸の改造には2度携わった。娘の愛子は人生ピンチの時に高橋先生の御指導を頂いて、信仰に導かれた。これは最も大きな感謝である。先生の「なぜ無教会か」の御著書の中では、敬虔主義をめぐって名指しで批判された事がある。
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


演奏家がいなければならない ++++++++ 所感

2010/06/26 07:51


使徒伝承 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

       http://stonepillow.dee.cc/



100626(土)4時半起床●TSK日本語版。至福の時。昨日新しいテクニックを習得したので20節もできた。この調子で行けば新約は2012年に完了する。そのあと旧約も8年間程度でできそうな希望が湧いた。

resize1438.jpg 

梅雨の晴れ間はうれしい4:40


●朝の黙想「演奏家がいなければならない」●名曲は楽譜のままでは人に届かない。聖書も活字として存在していても人に分からない。●これに関連する聖句を思う。引照は自分で探すのが一番効果がある。(左近)。

塚本訳 ロマ 10:12-15
10:12 (「すべて」と言う以上、)ユダヤ人も異教人も、その間になんの差別もないのである。なぜなら、同じ一人の方がすべての人の主であって、御自分を呼ぶすべての人に、あり余る恩恵をお与えになるからである。
10:13 ほんとうに(預言者ヨエルが言うように、)『主[キリスト]の名を呼ぶ者はすべて救われる。』
10:14 ところで、(呼ぶだけで救われると言うが、)信じたことのない者を、どうして呼ぶことができようか。聞いたことのない者を、どうして信ずることができようか。説く者がなくて、どうして聞くことができようか
10:15 (神に)遣わされなければ、どうして説くことができようか。(しかし説く者はある。それはわたし達である。)『善いこと[福音]を伝える人たちの足の、なんと美しいことよ!』と書いてあるとおりである。


塚本訳 使 8:29-31
8:29 御霊がピリポに、「行って、あの車にぴったりついて歩け」と言った。
8:30 ピリポが駈けよってゆくと、その人がイザヤ預言書を読んでいるのが聞こえたので、たずねた、「どうです、読んでおられるところが読めていますか。」
8:31 彼がこたえた、「だれかに手引をしてもらわねば、とてもわたしには読めません。」そして(車に)乗って一緒に坐ってもらいたいとピリポに頼んだ。


塚本訳 ヨハ 5:38-42
5:38 また御言葉があなた達の心に留まっていない。父上の遣わされた者を信じないのがその証拠だ。
5:39 あなた達は聖書(旧約)をもっていることが永遠の命を持っていることのように思って、それを研究している。ところがこの聖書は、(永遠の命である)このわたしのことを証明しているのに、
5:40 あなた達はその命を得るためわたしの所に来ようとしない。
5:41 (こう言うのは、自分を認めてもらいたいからではない。)わたしは人間の名誉などほしくない。
5:42 しかし(それをほしがる)あなた達は、心の中に神に対する愛を持たない。わたしはそれを知っている。


塚本訳 マタ 12:1-5
12:1 そのころ、ある安息日にイエスは麦畑の中を通られた。弟子たちは空腹を覚えたので、穂を摘んで食べ始めた。
12:2 パリサイ人が見てイエスに言った、「あなたの弟子は、あんな、安息日にしてはならぬことをしている。」
12:3 イエスが言われた、「あなた達は、ダビデ(王)と供の者とが空腹の時に何をしたか、(聖書で)読んだことがないのか。
12:4 ──彼が神の家に入って、ただ祭司のほかはだれも、自分も供の者も食べてはならない『供えのパンを』(彼らと)食べたことを。
12:5 また、祭司は安息日に宮で(いろいろな務めをして)安息日を犯しても罪にならぬことを、律法で読んだことがないのか。


●ゆき皮膚科

resize1439.jpg 

五日市街道に秋川名物の「とうもろこし」の店が出始めた、
一本180円だが、次第に安くなって最後は150円になる



resize1440.jpg 

13:00 ふれあいホールで、あきる野市の知的障害者の集まりである「ひばりの会」30 周年
記念コンサート。エル・パジャーソのラテン音楽。会長の小西フミ子さんと懇談。


resize1441.jpg 

障害者の一女性が音楽に合わせて急にステージの前で踊り出した。
それが実にリズムに乗り、楽しそうに踊ったのに大感動。
休憩時間に彼女に「素晴らしかったよ」と声をかけた。
ダビデが神の箱の前で踊り狂ったのを思い出した。


口語訳 Ⅱサム6:5
6:5 ダビデとイスラエルの全家は琴と立琴と手鼓と鈴とシンバルとをもって歌をうたい、力をきわめて、主の前に踊った。


新共同 Ⅱサム6:14
6:14 主の御前でダビデは力のかぎり踊った。彼は麻のエフォドを着けていた。

新共同 Ⅱサム6:16
6:16 主の箱がダビデの町に着いたとき、サウルの娘ミカルは窓からこれを見下ろしていたが、主の御前で跳ね踊るダビデ王を見て、心の内にさげすんだ。

●あきる野市の人口は8万人、知的障害者は0.1%ぐらいはいるのか。なぜか。
神は御存じ。家族を含めて救いの大経綸にあると固く信ずる。神はむやみやたらに苦難を下さない。●妻は夕方からコーラスの練習。ブラームス。

















トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


神に選び出された人 ++++++++ 所感

2010/06/25 11:43


使徒伝承 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

       http://stonepillow.dee.cc/




100625(金)4時半起床●TSK日本語版、マタイ10節。至福の時●5:30サッカーワールドカップ対デンマーク戦。若い人が熱狂している。この愛国心はどこからくるのか。それは本物か。真理か、正しいものか。これ第二次世界大戦の時の戦争に熱心な心情と同じか。 人間は「戦いに熱中する動物だ」。

resize1436.jpg 

公園でのラジオ体操の帰り。美しい雲

resize1437.jpg 

我が家の軒樋にたまった土に、どこかららか種が飛んできて芽が出た。福音の種も意外なところに落ちて芽が出るのだなー


●福島県の二本松で、貧しいながら有機尿業を営んでいる三男から「農園日誌」が届いた。 6月24日「梅雨の晴れ間」
 
http://chitata.blogspot.com/

これに対し次のように感想を送った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
K君

写真、お母さんと楽しく拝見しました。

忙しくても、マイペースが必要です。

「蟹は自分の甲羅に合わせて穴を掘る」と言います。

脱力で、70%の力でやることが大切です。

「頑張らないこと」。頑張るというのはもともと自分以上の力を発揮しようとする「下品」な言葉だそうです。

頑固の「頑」と欲張りの「張」の組み合わせだそうです。

ズッキーニ、おいしく頂きました。

夏は日射病にならないように気をつけてください。

 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●クリスチャンとは総て「神に選び出された人」である。次はパウロの言葉であるが、信者は総てこの世から選び分かたれた人である。

新共同 ロマ 1:1
1:1 キリスト・イエスの僕、神の福音のために選び出され、召されて使徒となったパウロから、――


新共同 ガラ 1:15
1:15 しかし、わたしを母の胎内にあるときから選び分け、恵みによって召し出してくださった神が、御心のままに、

●神に選ばれたということを考えると「なんでアイツがクリスチャンなのか」という不満、怒り、疑問は解消する。神のお心が何かあるのだ。人間の頭では量れない。●終日、TSK日本語版。これで一日20節進んだ。

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


信仰なくして死んだ(死ぬ)親族の救い ++++++++ 所感

2010/06/24 13:58

使徒伝承 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

       http://stonepillow.dee.cc/



100624(木)4時半起床●TSK日本語版。マタイ10節。至福の時●妻が6月27日に集会で感話するルカ17:11-19「十人の癩病人」のTSK日本語版を作製●ゆき皮膚科、第二回目の手術●妻の母の命が今月一杯と医者に宣告されて妻も私も心が落ち着かない。信仰が試されている。●妻の母にもしもの事がったら、いわき市に飛んでいかなければならない。その時の感話は私が代行する。そのプリントを作成した。演題は「神は悲しんでいる人に『近づいて』姿を示される」。●その結論は「詩は眠り。信仰なくして死んだ人でも残された人の祈りで救われる」●その内容を次に掲げる。人類は一般に誰も救われるというのは頭だけの事。信仰ではない。それでは心が休まらない。●信仰による神の臨在、有体的復活の霊のイエスの臨在で人類は始めて来世での復活に希望が持てる。

感話準備資料
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

④死は眠り。信仰なくして死んだ人も残された人の祈りで救われる
 

●信仰なくして死んだ親族、信仰なくして死ぬであろう親族。その消息はどうなるかは、クリスチャンたるものの総ての心配、悩み。万物は復活するという一般的理念だけでは人間安息できない(ヨハネ11:24)。しかし福音書の記事は死んだ人も残された人の祈り(願い)で救われることを教えてくれる。死は神の前では「眠り」であり、完全には死んでないのだ。
●次のマタ 9:18-26の(礼拝堂の)役人(マルコ・ルカではヤイロ)の信仰の深さに感心する。並行記事のマルコ、ルカは「死にかかっている」でありそれが原形らしいが、マタイの「死にました」の方を信じたい。この記事により死んだ親族の来世での救いを信じたい。信じた通りになるというのであるから。

 

塚本訳 マタ 9:18-19

9:18 こう話しておられると、そこに一人の(礼拝堂の)役人が進み出て、しきりに願って言った、「わたしの娘がたったいま死にました。それでも、どうか行って、手をのせてやってください。そうすれば生き返りますから。

9:19 イエスは立ち上がって彼について行かれた、弟子たちも一しょに。

(中略)

9:23 やがてイエスは役人の家に着いて、笛吹き男と騒いでいる群衆とを見ると、

9:24 言われた、「あちらに行っておれ。少女は死んだのではない、眠っているのだから。」人々はあざ笑っていた。

9:25 群衆が外に出されると、イエスは(部屋に)入っていって少女の手をお取りになった。すると少女は起き上がった。

9:26 この評判がその土地全体に広まった。

 

塚本訳 マタ 11:2-5

11:2 さて(洗礼者)ヨハネは牢屋で、(イエスの)救世主としての働きを聞くと(心が動揺し、)弟子たちをやって、

11:3 「来るべき方(救世主)はあなたですか、それともほかの人を待つべきでしょうか」とたずねさせた。

11:4 イエスは答えられた、「行って、(今ここで)聞いていること見ていることをヨハネに報告しなさい。

11:5 ──『盲人は見えるようになり、』足なえは歩きまわり、癩病人は清まり、聾は聞き、死人は生きかえり、『貧しい人は福音を聞かされている』と。

 

塚本訳マタ 9:24-25

9:24 言われた、「あちらに行っておれ。少女は死んだのではない、眠っているのだから。」人々はあざ笑っていた。

9:25 群衆が外に出されると、イエスは(部屋に)入っていって少女の手をお取りになった。すると少女は起き上がった

 

塚本訳 ルカ 7:14-16

7:14 近寄って棺に手をかけ──担いでいる者は立ち止まった──「若者よ、あなたに言う、起きよ!」と言われた。

7:15 すると死人が起き上がって物を言い出した。イエスは『彼を母に渡された。』

 

塚本訳ヨハ 11:39-44

11:39 「石をのけなさい」とイエスが言われる。死んだ人の姉妹のマルタが言う、「主よ、もう臭くなっています。四日目ですから。」

11:43 こう言ったのち、大声で、「ラザロ、出て来い」と叫ばれた。

11:44 死人が手足を包帯で巻かれたまま、(墓から)出てきた。顔は手拭で包まれていた。イエスは「解いてやって(家に)帰らせなさい」と人々に言われた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
感話準備資料おわり

●次の聖日は妻が「十人の癩病人」(ルカ17:11-19)の感話。二人で「らい病」「重い皮膚病」の訳語について話し合う。●私は次の聖句を言った。
 

塚本訳  マタ 11:4-5
11:4 イエスは答えられた、「行って、(今ここで)聞いていること見ていることをヨハネに報告しなさい。
11:5 ──『盲人は見えるようになり、』足なえは歩きまわり、癩病人は清まり、聾は聞き、死人は生きかえり、『貧しい人は福音を聞かされている』と。


新共同 マタ 11:4-5
11:4 イエスはお答えになった。「行って、見聞きしていることをヨハネに伝えなさい。
11:5 目の見えない人は見え、足の不自由な人は歩き、重い皮膚病を患っている人は清くなり、耳の聞こえない人は聞こえ、死者は生き返り、貧しい人は福音を告げ知らされている。

●「らい病」と「重い皮膚病」の概念規定がはっきりしないので意味が通らないが、死人が生き返ることと同等の驚天動地の事だったらしい。このとき「重い皮膚病」では迫力がないが・・・・・。

resize1430.jpg 

梅雨の晴れ間の朝日。久しぶりの朝日はうれしい。

resize1431.jpg 

あきる野名物のとうもろこしがぐんぐん伸びる。


resize1432.jpg

中国産パク。オス13歳。名前はロク。神社の狛犬のモデル



 

 


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


神の名を呼ぶ時 ++++++++ 所感

2010/06/23 09:58

使徒伝承 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

       http://stonepillow.dee.cc/

100623(水)4時半起床。朝の啓示「詩篇127編」●TSK日本語版。至福のとき●福島県で零細有機農業に奮闘している三男から「農園日誌」(201.6.22)が届いた。

http://chitata.blogspot.com/

この日誌に次のように応答した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


K君


 かぼちゃの数1000個と聞いて、ウーンとうなりました。

その数以上に腰をかがめるのですね。重労働です。しかし「千里の道も一歩からです」

仕事というのはコツコツやっていればいつの間にか終わります。

結婚40年、この間に御母さんが作ってくれた食事の回数は43000回以上。感謝。

礼拝への出席はお母さんと合わせて4000回以上、しかし「喜んで」行くので苦痛にはなりませんでした。

初挑戦の「マルなす」。「これからが楽しみ」とは苦痛の中にも「喜び」があるのは感謝です。

労働は「喜び」の内にあれば「苦痛」ではありません。

健康第一にお願いします。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●YR氏と「どのような神を選ぶのか」という日本人にとって最重要の課題をメールで語り合った。そのなかの私からのメールを掲げる。一部変更削除 掲載

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

YR兄

 

聖書交流有益で感謝です。

貴兄の設問は異教の日本にとっては最重要の課題と思います。

以下小生の感想です。

今やワールドカップ熱一色です。各国はその国の神に戦勝祈願しているはずです。

すると神様どおしの戦いになるわけです。事実前回大会で日本は神社に戦勝祈願していたニュースを見ました。

日本人にとってYHWH(ユダヤ教の神)は敵の神。日本とイスラエルが戦った場合は神道の神とYHWH(ユダヤ教の神)の戦いになります。

貴兄の質問の落とし穴は人間が神を選ぶのだと言うことが前提になっているところにあるのではないでしょうか。

振り返って我が身を考えるとわたしはイエスキリストの父なる神とは偶然の出会いでした。これをあとから神学的に反省すると「神が私を選んでくれた」という言い回しになります。人間が選んだのか神に選ばれたのか。、

これは堂々巡りのいわゆる「神学論争」になります。しかし事の真相は人間が神に祈るのは「溺れる者は藁をもつかむ」「神様!仏様!キリスト様!」ということではないでしょうか。

そのもがきの中で、八百万の神の内「罪の赦し」の効能(?)があるのはキリストの父なる神だけではないでしょうか。

多くの人はキリスト教徒になるまでにまず宗教遍歴(研究)をするのが通常ではないでしょうか。その遍歴の末に「キリストの父なる神」で初めて満足するのではないでしょうか。

次はカトリックかプロテスタントのどちらを選ぶかの問題。これも「溺れる者はなりふり構わずにすがる」のが現実です。あるいは親切にしてくれた信者の属する方に行きます。

ずっと以前、私は腎臓結石の摘出手術をしました。失敗率が3-4%とかなり高かったので手術の前日は不安でした。するといつも来る部屋掃除のカトリックのおばさんが「ダンナさんはクリスチャンでしたね。明日の手術が成功しますように、マリヤ様にお祈りしておきます」と言ってくれました。その親切な言葉にほだされ、藁をもすがる思いで、無教会の私は言いました「マリヤ様によろしく言っておいてください」と。(笑)

(以下省略)
 

高橋照男

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



●YT兄と「人が神を呼ぶ時(創世記4:26)」をめぐって聖書感想交流。一部変更掲載

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
YT兄


(貴兄のご感想)その通りと思います。聖書の感想の話し合いは非常に有益で感謝です。

私はルカ15章の放蕩息子の目覚めの「時」を思い出しました。

 

塚本訳 ルカ 15:17-18

15:17 ここで(はじめて)本心に立ち返って言った。──お父さんのところでは、あんなに大勢の雇人に食べ物があり余っているのに、(息子の)このわたしは、ここで飢え死にしようとしている。……

15:18 よし、お父さんの所にかえろう、そしてこう言おう、『お父さん、わたしは天(の神様)にも、あなたにも、罪を犯しました。

 

 

17節の翻訳に興味がわきました。

「本心に立ち返って」・・・・口語、塚本。塚本の(はじめて)の敷衍が効いている。

「我に返って」・・・・新改訳、新共同。これ神秘的な尊い現象とおもいます。

「われに立ち返って」・・・前田。・・・・そのほかに「目が覚めて」という概念も日本的概念だと思いますが。

 

●人間は誰でも長い人生の旅でいつか必ずこのような「時」がくるのではないでしょうか。それが人間に生まれつき備わっている性質だと思い感謝です。

●放蕩息子にとっては家にいる父が「清く正しい」生活をしてなかったら、「本心に立ち返る」ことはなく、オヤジが堕落しているのだから俺もこのままでいいのだという思いになるでしょう。

●神は「その時」を忍耐強く待っておられるのではないでしょうか。オヤジが説教しても「目が覚める」という神秘的な尊い現象は起こらないと思います。

●人間が説教して悔い改めた場合は無理があります。それは説教者への「屈服」です。教会組織への「屈従」です。だから一時的です。いつか信仰から離れます。 本当の「回心」は神の導きによって「我に返る」神秘現象ではないでしょうか。

●今回の「聖書感話交流」によって私も「目が覚め」ました。私の身内に神を信じない人がいますが、その人には説教しても責めても効果はなく、神ご自身の「接近」によって、本人が、本人自身が人間にではなく、教会にではなく、神ご自身に屈服(ギブアップ)する「時」を待たねばならない。そしてそれは神ご自身の「働き」によって必ず可能である。このことに気が付きました。交流感謝です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

resize1429.jpg 

文語訳 マタ 6:28-31
6:28 又なにゆゑ衣のことを思ひ煩ふや。野の百合は如何にして育つかを思へ、勞せず、紡がざるなり。
6:29 されど我なんぢらに告ぐ、榮華を極めたるソロモンだに、その服装この花の一つにも及かざりき。
6:30 今日ありて明日、爐に投げ入れらるる野の草をも、神はかく装ひ給へば、まして汝らをや、ああ信仰うすき者よ。
6:31 さらば何を食ひ、何を飮み、何を著んとて思ひ煩ふな。

 





トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


泣いている人のところに行け ++++++++ 所感

2010/06/22 06:22

使徒伝承 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

       http://stonepillow.dee.cc/


100622(火)4時半起床●朝の啓示

塚本訳2 マタ 10:26-27
10:26 だから彼らを恐れるな、(すべてはじきに明らかになるであろう。)覆われているものであらわされないものはなく、隠れているもので(人に)知られないものはないからである。
10:27 わたしが暗闇で(こっそり)話すことを、(大胆に)明るみで言え。耳うちされたことを屋根の上で宣伝せよ。 


塚本訳  ルカ 9:59-60
9:59 またほかの一人に言われた、「わたしについて来なさい。」その人が言った、「その前に、父の葬式をしに行かせてください。」
9:60 その人に言われた、「死んだ者の葬式は死んだ者にまかせ、あなたは行って神の国を伝えなさい。」 


塚本訳  使  5:19-20
5:19 しかし主の使が夜、牢の戸をあけ、使徒たちをつれだして言った、
5:20 「行け、そして宮に出ていって、この命の言葉をのこらず民衆に語れ。」


●集会の大長老が私に言った「高橋君。聖書の話なんて簡単だ。啓示されたことを話せばよいのだ」。
●組織やこの世の財産の処置に関しては「死んだ者の葬式は、死んだ者にまかせよ」が指針になる。この世の組織や財産は神のお心があれば存続するし、なければ自然消滅する。そのこの世的なことに腐心するのは間違っていることだ。その存続よりも「使徒伝承の存続」に腐心すべきだ。
●無教会という現象は老齢化で無くなるかもわからない。しかし使徒伝承は絶対に存続しなければならない。
●仕事をする術の一つに、「仕事自身で競らせ、大切なものからやること。」(ヒルティ、塚本)がある。そうすると私の残りの期間は15年。「やることを先にやらなければならない」それは①有体的復活の使徒伝承。この関連で「崩壊家庭の子供の救い」がある。②TSK日本語版デジタル化。70歳までに新約、そのあとは肉体の続く限り旧約。この途方もないプロジェクトは自分の楽しみとともに国のため。日本のキリスト教界のため。
●したがって今まで生業(なりわい)としてきた「建築」の仕事は放棄する。ペテロが網を捨てたように。
●YT兄から愛読書のバンヤン著「天路歴程」の重要部分を指摘され、その部分のコピーを送って下さったので礼状をメールする。

( YT兄への礼状)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
YT兄 

 この度は「天路歴程」の重要個所をお示しくださりそこをコピー送付してくださりありがとうございました。

本書に対して38年ぶりにどう見方が変わるか期待して読みましたところ、(岩波版)P286―12行からP287-7行目に

新しく同感いたしました。38年の実人生がこれをなさしめました。

それは神が御子を啓示するのは、人が極度の悲しみに陥っている時だという部分です。これ私の人生経験でもあります。

神は人が順風満帆の時には姿を現さない。イエスの方から積極的に「近づいて」声をかけた人は皆「悲しんでいる人」「泣いている人」でした。

イエスはそういう人のところに出かけて行く。声をかける。これは今の時代でも同じではないでしょうか。

 

●死にかかった娘の父親に、

塚本訳  マコ 5:21-24

5:21 イエスが舟でまた向う岸に渡られると、大勢の群衆が彼のところに集まってきた。彼は湖のほとりにおられた。

5:22 するとヤイロという一人の礼拝堂監督が来て、イエスを見ると足もとにひれ伏し、

5:23 しきりに願って言う、「わたしの小さな娘が死にかかっています。助かって命びろいをするように、どうか行って、手をのせてやってください。」

5:24 イエスは彼と一しょに出かけられた。大勢の群衆がイエスについて行って押しまくった。

 

●息子を失った母に、

塚本訳 ルカ 7:12-14

7:12 町の門の近くに来られると、ちょうど、ある独り息子が死んで、(棺が)舁き出されるところであった。母は寡婦であった。町の人が大勢その母に付添っていた。

7:13 主は母を見て不憫に思い、「そんなに泣くでない」と言って、

7:14 近寄って棺に手をかけ──担いでいる者は立ち止まった──「若者よ、あなたに言う、起きよ!」と言われた。

 

 

●ラザロの兄弟のマルタマリヤに、

塚本訳ヨハ 11:7-11

11:7 そのあとで弟子たちに、「もう一度ユダヤに行こう」と言われた。

11:8 弟子たちが言う、「先生、ついこの間もユダヤ人があなたを石で打ち殺そうとしたのに、またそこに行かれるのですか。」

11:9 イエスが答えられた、「(心配するな。わたしが神に命ぜられた務を果す時までは、だれもわたしに手を下すことはできない。)昼間は十二時間あるではないか。人は昼間歩けば、つまづくことはない。この世の光(太陽)が照らしているからだ。

11:10 しかし夜歩けば、つまづく。その人の中に(心を照らす)光がないからである。」

11:11 こう話して、またそのあとで言われる、「わたし達の友人ラザロが眠った。目をさましに行ってやろう。

 

 

●結婚に失敗して過去が暗いサマリヤの女に、

塚本訳 ヨハ 4:4-7

4:4 しかし(ガリラヤへ行くのに)サマリヤを通らねばならなかった。

4:5 そして、サマリヤのスカルという町のそばまで来られた。ヤコブがその子ヨセフに与えた地所の近くで、

4:6 そこには(有名な)ヤコブの井戸があった。旅に疲れたイエスは、いきなり井戸のわきに腰をおろされた。昼の十二時ごろであった。

4:7 一人のサマリヤの女が水を汲みに来る。「飲ませてくれないか」とイエスが女に言われた。

 

●墓で泣く罪の女マグダラのマリヤに。

塚本訳 ヨハ 20:14-16

20:14 こう言って後を振り向くと、イエスがそこに立っておられるのが見えた。しかしイエスだとは気づかなかった。

20:15 イエスが言われる、「女の人、なぜ泣くのか。だれをさがしているのか。」マリヤはそれを園丁だと思って言う、「あなた、もしあなたがあの方を持っていったのだったら、どこに置いたか教えてください。わたしが引き取りますから。」

20:16 (こう言って、また墓の方を向いていると、)イエスが「マリヤ!」と言われる。マリヤが振り向いて彼に、ヘブライ語で「ラボニ!(すなわち「先生!」)と言う。(そしてイエスに抱きつこうとした。)

 

●神は今日でもむやみやたらに人に声をかけない。「人の顔を見て法を説く」のではないでしょうか。

●神に「お前は人生を泣いている人のところに行け」と言われたような気がします。

この事を新しく認識目覚めさせていただきました。ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(YT兄への礼状)おわり

resize1428.jpg 

石地の僅かな隙間から芽を出して育ち、花を咲かせた。

トラックバック(0) | コメント(1) | top▲


人が神を知る時 ++++++++ 所感

2010/06/21 12:10

使徒伝承 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

       http://stonepillow.dee.cc/


100621(月)5時45分起床●昨日は「父の日」で子供4人の全員からメッセージを貰った。感謝。子供達はこの事を通じて神に感謝しているのだと思い、これで「子育ては終わった」と思った。かくなるうえは残る私の人生は感謝のお礼奉公の人生に邁進だ。

塚本訳ロマ 12:1
12:1 (このように、神は偉大な計画によって人類を一人のこらず救おうとしておられるのであって、救いは確かである。)だから、兄弟たちよ、わたしは神のこの慈悲を指してあなた達に勧める。あなた達の体を(感謝のしるしとして神に)捧げよ。この生きた聖なる犠牲こそ、神のお気に入るものであり、(霊なる神を拝むにふさわしい、)あなた達の霊的な礼拝である。(あなた達の礼拝は動物を供えるような不合理なものでなく、全心全霊をささげる合理的な礼拝でなければならならない)

●NHKFM7:20「気ままにクラシック」イントロクイズの先週、「ヴェートーヴェンピアノソナタ悲愴第二楽章」を早く答えたら、4位と名前を放送されたのでガッツポーズ。毎回900通程度の答えがある。今日の答えは「ヨハンシュトラウス、喜歌劇『こうもり』序曲」、30秒程度後に送信したから今度は3位以内に入るか。来週6月28日の発表が待ち遠しい。ささやかな楽しみ。野球賭博で犯罪になった力士がいるが、金が絡む悪い楽しみはいけない。


●昨日、今井館資料館で、経堂聖書会のYR兄と主にある懇親。テーマは「神の名」。言い足りなかったことを下記のようにメールした。

(YR兄へのメール)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

YR様

 

昨日は今井館資料館で主にある交わりを賜り、幸いな時をありがとうございました。

 さてそのとき「神の名」についてお話しいただき、大変興味深い課題であると思いました。日本人が「エホバの神の名」を呼ぶなどとはどういうことなのか・・・・この問題に関連すると思い、その時申し上げました創世記426の各種訳と、またそれに関連する引照を調べましたのでご参考にしてください。

 

●各種翻訳

 

口語訳 創  4:26

4:26 セツにもまた男の子が生れた。彼はその名をエノスと名づけた。この時、人々は主の名を呼び始めた。

 

 

新改訳 創  4:26

4:26 セツにもまた男の子が生まれた。彼は、その子をエノシュと名づけた。そのとき、人々は主の御名によって祈ることを始めた。

 

 

新共同 創  4:26

4:26 セトにも男の子が生まれた。彼はその子をエノシュと名付けた。主の御名を呼び始めたのは、この時代のことである

 

 

NKJV 創  4:26

4:26 And as for Seth, to him also a son was born; and he named him Enosh. Then men began to call on the name of the Lord.

 

 

TEV 創  4:26

4:26 Seth had a son whom he named Enosh. It was then that people began using the Lord's holy name in worship.

 

 

●関連引照聖句

 

塚本訳 使  2:20-21

2:20 主の(恐ろしい)大いなる、輝きの日が来る前に、日は暗闇に月は血にかわるであろう。

2:21 そして主の名を呼ぶ者はすべて救われる。』

 

塚本訳 Ⅰコリ1:2

1:2 コリントにある神の集会、すなわちキリスト・イエスにあって聖別され、(神に)召された聖徒たちに、および、到る所でわたし達の──わたし達ばかりでなくまた彼らの──主イエス・キリストの名を呼ぶ人一同に、この手紙をおくる。

 

塚本訳 ロマ 10:12-13

10:12 (「すべて」と言う以上、)ユダヤ人も異教人も、その間になんの差別もないのである。なぜなら、同じ一人の方がすべての人の主であって、御自分を呼ぶすべての人に、あり余る恩恵をお与えになるからである。

10:13 ほんとうに(預言者ヨエルが言うように、)『主[キリスト]の名を呼ぶ者はすべて救われる。』

 

塚本訳 ピリ 2:9-11

2:9 それ故に神も彼を至高く上げ、凡ての名に優る(「主」なる)名を与え給うた。

2:10 これはイエスの(この尊い)名の前に、天の上、地の上、地の下にある『万物が膝を屈め、

2:11 凡ての舌が』「イエス・キリストは主なり」と『告白して』父なる『神に』、栄光を帰せんためである。

 

 

●感想。

人も国も、ある時から「主の名を呼ぶ」ことが始まります。その時がその人や国にエホバの神が実在した事になると考えてよいのでしょうか。しかし人間の方で神の名を呼ばなくても(身内に多数いますが)神は天に厳然と存在します・・・・・ この辺どう考えたらよいのでしょうか。集会の一御婦人は認知症で私達夫婦がお見舞いに行っても誰だか分からなくなっています。もちろん「主の名」を呼ぶことも忘れていると思います。けれども人間の側で神を見失っても神の方では御存知であると思いました。


高橋照男

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(YR兄へのメール)終わり



●あの人はいずこ!

ずっと以前、中央線の電車の向かいの席に素晴らしい女性が座っていた。温和でやさしそうで清楚、しかしどこか淋しそうなその顔に見とれてしまった。
そしてこのような人から生まれて育てられる子供はどんなに幸福だろうなーと夢想していた。武蔵小金井の駅であったか、その女性が電車を降りてホームを歩く姿を見て、心が凍りついた。彼女は足が悪かった。体を左右に振って歩き去った。そうかあの少し淋しそうな顔は、「自分はまともに結婚ができて『母』という存在になれるのだろうか」という憂いではなかったのか。彼女は今いずこ!。彼女の上に神の恩恵また祝福豊かなれ。
 

●「崩壊家庭の子供の救い」。

離婚のニュースが耳に入る。気の毒なのは両親が分かれてしまったところの子供。本人には罪はない!。この人生の不条理をどう考えたらよいのだろう。そういう子供は「愛」ということを信じられなくなる。性格が歪む。こんな風になったのは何が原因か。そういう子供はなかなか結婚話が進まない。見合いにしろ、恋愛にしろ。そして何かしら障害がおきて人並みの幸福な人生は歩めない。その子供から生まれる子供も離婚の再犯を犯しやすくなる●この不条理の解決は「終末」に期待するきりない。イエスはそういう気の毒な女性に接する事が多かった。そして天国はそういう人たちが先に入るのだという。
 


塚本訳 マタ 21:31
21:31 この二人のうち、どちらが父の心を行ったのだろうか。」「もちろん長男」と彼らが答える。イエスが言われる、「アーメン、わたしは言う、税金取りや遊女たちは、あなた達よりも先に神の国に入るであろう。


塚本訳 ルカ 7:48-50
7:48 そしてその女に言われた、「あなたの罪は赦されている。」
7:49 同席の者が(憤慨して)ひそかに考えた、「罪さえ赦す(という)この人はいったい何人だろう。」
7:50 しかしイエスは女に言われた、「あなたの信仰があなたを救った。『さよなら、平安あれ。』」


塚本訳  ヨハ 4:15-18
4:15 女が言う、「主よ、その水を下さい。(二度と)渇くことがないように、またここに汲みに来なくてもよいように。」
4:16 イエスが言われる、「行って、あなたの夫をここに呼んで来なさい。」
4:17 女が答えた、「わたしには夫はありません。」イエスが言われる、「『わたしには夫はありません』と言うのは、もっともだ。
4:18 五人の夫とは別れ、今のは、あなたの夫ではないのだから。あなたの言ったことは本当だ。」

●私の残る生涯の使命は離婚率4割という、惨憺たる状態の我が国における「崩壊家庭の子供の救い」にある。収容施設を作るのではない。来世での幸福、有体的復活の真理を伝承する。たとえその人がこの世ではその経歴の故に不遇であっても来世では幸福が待っている。そのことを伝承したい。●来世での幸福を説くのは逃げではない。人生は短いからその人生の不利を幸いなこととして永遠の生命に踊り込むのだ●その人にとってこの人生は苦界である。しかしそれは真の幸福の門である。結婚が何か、健康が何か、子宝が何か、それは皆「この世」だけの楽しみではないか。



resize1427.jpg 

梅雨。我が家の紫陽花(あじさい)。よくぞ我が家で咲いてくれた。

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


死別は悲しいことだ ++++++++ 所感

2010/06/20 07:32


使徒伝承 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

       http://stonepillow.dee.cc/



100620(日)4時45分起床●NHKTV3CH[「こころの時代」。カトリック司祭雨宮慧。30年ほど前にヨハネ福音書のカトリックの資料を頂きに伺った事がある。非常にお忙しくしておられたことが印象的。今日は「隣人とは誰か」。旧約と新約における「隣人」の概念の違いを分かりやすく解説された●死別は悲しいことだ。これ肩を張らずに「脱力」の気持からの正直な気持ちだ。●人間にとって「死別」は非常に悲しいことであるからこそ神の子が人の子の姿をとって「人間としての悲しみ」の底の底に下ってきてくださったのだ。そして十字架と復活を通して人類の究極の悲しみの涙が拭われる道を開いて下さった●神の子イエス自身が死の苦しみと悲しみに脅えた●そのイエスは常に「自分は殺されるけれども復活がある、復活がある」と言った。自分で自分を励ましていたのだ。自分を奮い立たせていたのだ。自分の死は神の御心であることを知っていたので肉体の苦しみがあっても精神的な希望があった。●神の子イエスでなくても人の死には何かしら意味がある。良い意味がある●神戸照子さんは婚約者が戦死。悲しんで塚本先生のところに伺うと、先生は聖書を引いて説教せず「タオルでは足りない、毛布がぐしょぐしょになるまで泣きなさい」と話された。神戸さんはこの一言で気を取り直し、人生が立ち直った。そしてYWCAでクリスチャンらしい立派な働きをなさった。後年、婚約者が戦死したフィリッピンのルソン島を訪れたとき、海に向かって大声で婚約者の名前を呼びながら海岸を何度も行き来したという。過日、神戸さんの消息を伺ったところ、既に召されていた。長生きされた。しかし人生は短い。死は一時の眠り。復活はある。再会はできる。イエスは言う「汝の信ずるごとく汝になれ」●集会は土肥、丹野、村上●14:30 今井館総会。始まる前に経堂聖書会の吉野さんと懇親。総会では相澤理事長が新井明理事長代行にバトンを渡す挨拶。●その後今井館の将来対策問題小委員会●また離婚のニュース。家庭がめちゃくちゃ。子供がかわいそう。気持が重くなった。イエスはそういう気の毒な人に近づいて救った。もう終末が来ないと救われない。可哀そうな子供が救われますように。●教会問題、無教会論争、今井館問題、聖書翻訳問題どころではない。家庭崩壊で救いの必要な人が多い。収穫は多いが刈り入れ人が少ない。
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


涙をもって播く種は、美しく咲く ++++++++ 所感

2010/06/19 10:09


使徒伝承 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

       http://stonepillow.dee.cc/




100619(土)5時半起床●何を差し置いてもまずTS日本語版。至福の時。毎回胸が詰まる。今日は次の所で手が止まった。

口語訳 使 18:6
18:6 しかし、彼らがこれに反抗してののしり続けたので、パウロは自分の上着を振りはらって、彼らに言った、「あなたがたの血は、あなたがた自身にかえれ。わたしには責任がない。今からわたしは異邦人の方に行く」。

●思うように伝道の成果が上がらない時、伝道に失敗した時、教会員が増えない時、否、減っていくとき、多くの人が離れ去る時、否、攻撃される時、そんな時は「自分を責めるな!」。パウロでさえ「わたしには責任がない」と言っているではないか。
●福島で零細の有機農業に苦労している三男から作物の失敗の「農園日誌」が届いた。
 http://chitata.blogspot.com/

●そこで次のようにメールした。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 K

 

●仕事とは厳しいものです。詩篇126編の通り「涙」の連続です。

 

口語訳 詩  126:5

126:5 涙をもって種まく者は、喜びの声をもって刈り取る。

 

せっかく育てた一回目のズッキーニを全部処分とは・・・・宮崎牛を処分した人たちもこのような悲しみでしょう。

 

●私も一年間情熱をかけて基本設計したものがいざ実施設計になろうとしたときに役員会で拒否され、受け入れられなかったことがあります。建築主が「組織」の場合の悲哀です。「クソッ!」。涙を流して引き下がりました。

●あの時は設計事務所長から「高橋君。設計が気に入られなかった場合は、ジェントリーに引き下がるべきだ」と慰められました。私は所長の前で泣きました。

 

●しかし、2回目に咲いた今回の花の色はことのほか素晴らしく美しく見えるではありませんか。花蜂も喜んで祝福して飛び回っているように見えます。きっと素晴らしい収穫になるでしょう。

●去る6月9日は父の18周年の日でした。あの告別式の日にK君はオルガンで讃美歌を弾いてくれましたね。その父は生前私に耳にタコができるほど次の言葉を語ってくれたものです。

 

文語訳 ロマ 8:18

8:18 われ思うに、今の時の苦難(くるしみ)は、われらの上に顯(あらわ)れんとする榮光にくらぶるに足らず。

 

文語訳ロマ 8:26

8:26 斯(か)くのごとく御靈も我らの弱(よわき)を助けたまふ。我らは如何(いか)に祈るべきかを知らざれども、御靈みづから言ひ難き歎なげ)きをもて執成(とりな)し給ふ。

 

文語訳 ロマ 8:28

8:28 神を愛する者、すなはち御旨(みむね)によりて召されたる者の爲には、凡てのこと相働(あいはたら)きて益となるを我らは知る。

 

●私の父が臨終の時、私は耳元で「ロマ書8章!、ロマ書8章!」と叫びました。父は目をカッと開いたままでしたが聞こえたのでしょうか。

●去る6月17日には福島労災病院に妻の母を見舞いました。医者からは今月中と宣告されています。もう点滴だけの毎日です。90歳認知症です。「照男です!。東京の照男です!」と耳元で言いましたが、答えはありませんでした。私の父の時と同じです。聞こえたのでしょうか。

●人間の最後はみなこのように分からなくなるのかなーとも思いました。しかし母は美しい顔をしていました。6年前に逝った私の母の死に顔もぞっとするくらいにきれいでした。

●「死には意味がある」。そう思います。第一回目のズッキーニの全滅にも何か深い意味があるはずです。犠牲でした。

●神は総てを御存じです。収穫、家庭、健康が守られますように祈ります。

 

父・照男


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●マリヤの研究の続き。難しいが面白い。しかし、聖書はまず素人のカンで読むことが大切。各種学説はそのカンを裏付けるために読むべきである。そうでないと多くの学説に振り回されるだけ。●キリスト教の歴史の勉強、神学、聖書学の勉強また同じ。各種学説の寄せ集めや又聞きの受け売りは真実の話ではないから時間の無駄。●過日、図書館で借りた分厚いFT著「キリスト教史はどうも命がなく辺だと思っていたとこころ大山綱夫先生にお伺いしたら、あれは「ネタ本」があるという。やっぱりか。詳細に読まなくてよかった●昼食は自炊●イオン、図書館、キララホールでピアノ教室おさらい会。ショパンなどを聴く。●明日は父の日。多くの心を頂いて感謝。私も父だったのだ。子供達には父として決して「良い父」ではなかったのに・・・・・・。
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


マリヤとは誰か ++++++++ 所感

2010/06/18 15:51

使徒伝承 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

       http://stonepillow.dee.cc/



100618(金)5時半起床●TSK日本語版、毎日10節。至福の時●次回感話の「ナルドの香油」のマリヤは誰であるか、学説を調べたが、私の直感は大体当たっていたが、若干修正。その結論を次のようにした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上の結果、高橋の直感に次の言葉を追加する。

●学者の意見によれば、ナルドの香油物語は4福音書並行だが、ルカだけはマルコ・マタイ・ヨハネとは別人物(「売春婦」黒崎)としている。
●マルコ・マタイの「一人の女」がルカでは「罪の女」となり、ヨハネではマリヤという具体的な名前となった。後代教会は無名人物に名前を付ける様になる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●東急ストアー、ゆき皮膚科、山川歯科。●夕飯は得意の野菜炒めで自炊。●明後日は集会で妻い会う。
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


母を見舞う ++++++++ 所感

2010/06/17 21:44

使徒伝承 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

       http://stonepillow.dee.cc/



 100617(木)5時半起床●6時50分出発。妻の母(草野タキヰ)が余命少ないと宣告されたので見舞いに行行く。
11時45分、福島労災病院着、「照男です。東京の照男です。」母は僅かに応答。もう何日も点滴だけで生きている。蝋燭の火が消えるようだ。安らかに、安らかに。 本人に信仰はなくても神は総てを御存じだ。最後の日の万人の復活を信じる。

resize1423.jpg 

上野発スーパーひたち号でいわきへ。結婚後はじめて両親に挨拶に行ってから41年。     今日は巣立って行った子供はいない。疲れた妻は寝ている。
見舞いにいく母は認知症90歳だ。妻を生み育ててくれた母に感謝。

resize1424.jpg 

母が入院している「福島労災病院」。母のところに急ぎ向かう妻の後姿。90歳で認知症でも母は母、娘は娘だ。 「照男です。東京の照男です。」母は僅かに応答。何もわからない母はもう何日も点滴だけで生きている。美しい顔をしていた。蝋燭の火が消えるようだ。 人の多くはこのように認知症になるのだ。兄弟たちは母の延命処置はしないことに決定した。これでいいのだ、これでいいのだ。安らかに、安らかに。

resize1425.jpg

母見舞いの人達で会食をした。
高橋新一は仕事で当地に来たついでに母の見舞いに来たので偶然の合流。神の導き、感謝。新一は39年前にこのいわき市で生まれた。母には世話になった。
多くの人に見舞いを受けた母は幸せだ。

resize1426.jpg 

新一がいわき駅まで車で送ってくれた。車中職場の事仕事のことを語ってくれた。大丈夫だ。
新装なったいわき駅はすっかり変わって時の流れを感じる。


●帰途、駅に置いてあった自転車の鍵を紛失。後輪を持ち上げて歩くこと一時間。途中何度も全盲の星野利男さんがつぶやいていた「ナンノコレシキ」を口に上らせた。マイッタ。汗ぐっしょり。



トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


ガッツポーズ ++++++++ 所感

2010/06/16 09:06



使徒伝承 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

       http://stonepillow.dee.cc/

100616(水)5時45分起床●昨夜は妻が帰るなり、「Yさんが、自分の葬式はキリスト教でやってもらいたいと言っているそうです」と言った。私は左手の拳を握ってガッツポーズ。●Aさんデカした。10年間の祈りが聴かれた。●キリスト教の周辺的な難しいこと(神学、聖書学、社会倫理道徳、藝術)は分からなくても、わが身はキリストで救われたいというかすかな思いさえあれば人間救われる。

塚本訳 使 2:20-21
2:20 主の(恐ろしい)大いなる、輝きの日が来る前に、日は暗闇に月は血にかわるであろう。
2:21 そして主の名を呼ぶ者はすべて救われる。』

●人は周囲の人の熱心な祈りで救われる。福音書にその事例がたくさんある。●本人に「その気がなくても」救われる。周囲の人たちの熱心な祈りは神を動かし、ついに本人に「その気を起こさせる」。かくして福音は偉い伝道者の存在なくして「福音それ自身の力で」(ダイスマン?)涙の生活を通してジワリジワリと広まっていく。
 

塚本訳  使  16:30-31
16:30 そして二人を外につれだして言った、「先生方、救われるにはどうしなければならないのですか。」
16:31 二人が言った、「主イエスを信じなさい。そうすればあなたも家族も救われる。」

口語訳 Ⅰペテ3:1-3
3:1 同じように、妻たる者よ。夫に仕えなさい。そうすれば、たとい御言に従わない夫であっても、
3:2 あなたがたのうやうやしく清い行いを見て、その妻の無言の行いによって、救に入れられるようになるであろう。


口語訳 Ⅰペテ2:12
2:12 異邦人の中にあって、りっぱな行いをしなさい。そうすれば、彼らは、あなたがたを悪人呼ばわりしていても、あなたがたのりっぱなわざを見て、かえって、おとずれの日に神をあがめるようになろう。


塚本訳 Ⅰコリ7:14
7:14 (夫婦は結婚生活で一体となるため、)不信者の夫は(信者の)妻によってすでにきよめられており、不信者の妻は兄弟(すなわち信者の夫)によってすでにきよめられているからである。そうでなければ、あなた達の子供は清くないはずであるが、現に彼らはきよい(と認められている)ではないか。


塚本訳Ⅰテモ2:15
2:15 しかしもし婦人が慎みをもって信仰と愛と聖潔とを保っているならば、子を産むこと(、これを育てて母の務めを果たすこと)によって救われるであろう。(婦人は教会でなく家の中で働くべきである。)

●妻は今井館ウィークデーの集い。今回は木村園子。
●過日集会で「ディスポジション」という本を御紹介下さった、THさんにお礼の手紙を書いた。一部削除して掲載する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

TH様

 

この度はまた良書を御推薦くださり、衷心より御礼申し上げます。

コピーを見ればよいので購入しなくてよいと申されましたが、目次を読むと建築に関わることにも言及されていますので、地元の図書館に取り寄せを注文しました。

 さて、聖書を「接近」という視点から読むのは新鮮でした。実に分かりやすい概念です。そもそも神が独り子をこの世に遣わされたのも「接近」だと思いました。そしてその波紋としてイエスは「気の毒」な人に「接近」、パウロも「異邦人」に接近です。

 私の好きな聖書の個所に次があります。

 

塚本訳 ロマ 12:17-18

12:17 だれにも悪をもあって悪に報いず、どんな』人の前でも善をするように心がけよ。』

12:18 出来るなら、(少なくとも)あなた達の方では、どんな人とも仲良くせよ。

 

これはいつまでもツッパッテいないで、こちらから折れて出よという意味ととります。自戒です。次にはズバリ「行って」ということがあります。これも自戒です。

 

塚本訳マタ 5:23-24

5:23 だからもし、あなたが祭壇に供え物を捧げるとき、そこで兄弟に恨まれていることを思い出したなら、

5:24 供え物をそこに、祭壇の前に置き、まず行ってその兄弟と仲直りをし、それからかえって来て供え物を捧げよ。

 

次回7月4日の小生の感話は「ナルドの香油」ですが、これは実に絵画的です。

この度はまた御指導ありがとうございました。

 

高橋照男

2010.6.16

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


●妻とコンサートに行く

フィルハーモニック・アンサンブル・ウィーン「モーツァルスティステン」(ウィーンフィルの精鋭21名)
 於・昭和女子大人見記念講堂。学生の授業の一環。指揮、ハンス・ペーター・オクセンホファー
曲目
ハイドン:チェロ協奏曲 チェロ ローベルト・ノージュ
モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第5番「トルコ風」 ヴァイオリオ アルベナ・ダイナローヴァ(ウィーンフィル史上初の女性コンサートマスター。脱力の素晴らしい演奏)
シューベルト:交響曲だい5番(この第2楽章に魅せられていたので、生演奏で聴けて感激)
アンコール:ヨハンシュトラウス「春の声」とポルカ一曲
(さすが本物。ヴィオラがワルツの刻みの伴奏を体を振って自身万々に楽しそうに演奏していたのが印象的。芸術も宗教もこの「喜び」がなければいけない。これがあれば「言葉や説明」なしに真理が伝わる。)

前列に「女性の品格」の著者坂東真理子学長がおられたので、「こういう良い演奏を聴けば(聖徒の)品格も上がりますね」と企画を褒めた。


resize1421.jpg 

resize1422.jpg

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


神は落ち目の人間に大命を下す ++++++++ 所感

2010/06/15 13:41


使徒伝承 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

       http://stonepillow.dee.cc/



100615(火)5時半起床●TSK日本語版。マタイ、毎日10節。至福の時●6:30公園でラジオ体操●次回感話の「ナルドの香油」(ヨハ12.1.-11)の結論を次のようにした。

(7月4日感話「ナルドの香油」の結論)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
エピローグ

●復活のイエスは弟子たちよりも先にこのマグダラのマリヤに有体的に姿を現し「女の人、なぜ泣くのか」と呼びかけた。これは人間として「死別の悲しみ」が癒される究極の状態である。これはまた現在も同じである。

 

塚本訳 ヨハ 20:14-18

20:14 こう言って後を振り向くと、イエスがそこに立っておられるのが見えた。しかしイエスだとは気づかなかった。

20:15 イエスが言われる、「女の人、なぜ泣くのか。だれをさがしているのか。」マリヤはそれを園丁だと思って言う、「あなた、もしあなたがあの方を持っていったのだったら、どこに置いたか教えてください。わたしが引き取りますから。」

20:16 (こう言って、また墓の方を向いていると、)イエスが「マリヤ!」と言われる。マリヤが振り向いて彼に、ヘブライ語で「ラボニ!(すなわち「先生!」)と言う。(そしてイエスに抱きつこうとした。)

20:17 イエスが言われる、「わたしにすがりつくな。まだ父上の所に上っていないのだから。わたしの兄弟たち(弟子たち)の所に行って、『わたしは、わたしの父上、すなわちあなた達の父上、わたしの神、すなわちあなた達の神の所に上る』と言いなさい。」

20:18 マグダラのマリヤは行って弟子たちに、「わたしは主にお目にかかった」、また、主がこのことを彼女に言われた、と報告した。

 

●有体的復活に最初に出会ったのはマグダラのマリヤ。このマリヤが弟子たちに告げにいった。神はこの世的には落ち目のマリヤに大命を下し最初の「使徒」にした。

 

●ナルドの香油のこの物語は後の人がイエスの死の意味を伝承するときに、必ず記念として添えて語り続けられるであろうという。「こういう気の毒な婦人がいたけれども、彼女が知らずに感謝の気持ちから塗った香油は彼女自身にはその意味を知らなかった(ヨハネ11:51のカヤパと類似)が、実は神の人類救済の『贖罪死』を指し示す象徴的な行為であったのだ」と。

 

●この物語の結論はイエスの死の意味を記念して終末まで伝承せよということ

 

塚本訳 マコ 14:9

14:9 アーメン、わたしは言う、世界中どこででも(今後)福音の説かれる所では、この婦人のしたことも、その記念のために(一しょに)語りつたえられるであろう。」

 

塚本訳Ⅰコリ11:24-25

11:24 (神に)感謝して裂いて、言われた、「これはあなた達のためにわたすわたしの体である。わたしを記念するためにこのことを行ないなさい」。

11:25 食事の後、杯を同じように(感謝)して(分けて、)言われた、「この杯はわたしの『血』の犠牲を払った『新しい約束』である。(今から後、)飲むたびごとに、わたしを記念するためにこのことを行ないなさい」。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(7月4日感話「ナルドの香油」の結論)終わり

●ATM→郵便局→ホビー●妻は愛子の所から月本昭男先生の「旧約講義」。日本中がサッカー熱。国どうしの戦いの様を見て、福音も「神の国」と言うなーと思った●しかし神の国は物理的実体としてはこない。それを物理的実体だと言うからユダヤ、パレスチナの領土あらそいになるのだ。
塚本訳 ルカ 17:20-21
17:20 パリサイ人から神の国はいつ来るのかと尋ねられたとき、答えられた、「神の国は、(いつ来るのかと計算や)観測のできるようにしては来ない。
17:21 また『そら、ここに(ある)』とか、『かしこに(ある)』とか言うことも出来ない。神の国はあっと言う間に、あなた達の間にあらわれるのだから。」


塚本訳 ヨハ 18:36
18:36 イエスが答えられた、「わたしの国はこの世のものではない。もしわたしの国がこの世のものであったら、わたしの手下の者たちが、わたしをユダヤ人に渡すまいとして戦ったはずである。しかし実際のところ、わたしの国はこの世のものではない。」


塚本訳 マタ 12:28
12:28 しかし、もし(そうでなく、)わたしが神の霊で悪鬼を追い出しているのであったら、それこそ神の国はもうあなた達のところに来ているのである。


塚本訳 Ⅰコリ4:20
4:20 神の国は言葉にはなく、力にあるのだから。

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


女の人、なぜ泣くのか ++++++++ 所感

2010/06/14 21:14

使徒伝承 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

       http://stonepillow.dee.cc/




100614(月)5時半起●TSK日本語版●次回感話は「ナルドの香油」(ヨハネ12:1-12)に決定。17年前の論考が役に立つ。福音の真理は古びない。その結論を次のようにした。

●復活のイエスは弟子たちよりも先にこのマグダラのマリヤに有体的に姿を現した。「女の人、なぜ泣くのか」。これは「死別の悲しみ」が癒される究極の道である。ヨハ 20:14-18

 

 ●有体的復活に最初に出会ったのはマグダラのマリヤ。このマリヤが弟子たちに告げにいった。マリヤは最初の「使徒」であった。

 

●ナルドの香油のこの物語は後の人がイエスの死の意味を伝承するときに、必ず記念として添えて語り続けられるであろうという。「こういう気の毒な婦人がいたけれども、彼女が知らずに感謝の気持ちから塗った香油は彼女自身にはその意味を知らなかったが、実は神の人類救済の『イエスの贖罪死』を指し示す象徴的な行為であったのだ」と。

●16:00 BK、ゆき皮膚科にガーゼ交換、池谷医院、待合室で居眠りをした。

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


ICUゴスペルラヴァーズ来る ++++++++ 所感

2010/06/13 05:00

使徒伝承 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

       http://stonepillow.dee.cc/


100620(日)
4時45分起床●昨日の「内村鑑三セミナー」でフロアーから「神の国は神の意志でくるのであるから人間の力で来ると思って社会運動をやっている人間は信仰の堕落である」と発言したが、まだ言い足りないのでここで言う。●初代教会は「マラナサ(主よ来りませ」という祈りで一杯であった。その祈りが現代の教会も無教会からも消えた。あるのはただ教会や集会の継続維持発展である。社会批判すればこの世が改善されて神の国が思っている人間には「信仰」がない。●「みこころの天になるごとく地にもならせたまえ」は祈りであって人間の行動ではない。●神なき、信仰なき人間はこの世に狂う「金、異性、恋、妻、夫、子供、家庭、文学、人間(内村、○○先生)、地位、名誉、学歴、企業、国家、思想、民主主義、文化文明、聖書、神学、聖書学」。聖書的根拠は無数.。

塚本訳 マタ 6:24
6:24 (わたし達の心は天か地かに引かれる。)だれも(同時に)二人の主人に仕えることは出来ない。こちらを憎んであちらを愛するか、こちらに親しんであちらを疎んじるか、どちらかである。あなた達は神と富とに仕えることは出来ない。


塚本訳 Ⅰヨハ2:15-16
2:15 あなた達は(神を知らぬ罪の)世をも、世にあるものをも、愛してはならない。もし世を愛する者があったら、その人には父(なる神)を愛する愛はない。
2:16 というのは、世にあるものはすべて、(すなわち)肉の欲も、目(から入ってくるさまざま)の欲も、また財産の自慢も、父のものでなく、世のものだからである。


塚本訳 Ⅰテモ6:17
6:17 この世の金持ち達に(堅く)命ぜよ──高慢にならぬように、また不確かな富でなく、私達を楽しませようとして豊かに万物を与え給う神に望みを置くように、

●こういうように神第一で生きるようになるとこの世に狂っている人間とは「ソリ」が合わなくなるのが当然である。必然的真理である◍「この世的人間」は決まって熱心なクリスチャンが「コトコチ、ガチガチ」に見える。「心が狭い。この世を知らない」と嘲笑う。しかしこの世の雑学知識の広さは神の狭さより狭い

口語訳 Ⅰコリ1:25
1:25 神の愚かさは人よりも賢く、神の弱さは人よりも強いからである。


塚本訳 Ⅰコリ1:25
1:25 というのは、神の(業はどんなに)馬鹿なこと(に見えても、それ)は人よりも知恵があり、神の(業はどんなに)無力(に見えても、それ)は人よりも力があるからである。

◍ではクリスチャンは霞を食う仙人になのか。それは聖書に半可通の人間。聖書には次のようにある。

塚本訳ルカ 16:11
16:11 だから、もし(この世の)不正な富に忠実でなかったならば、だれが(天の)まことの富をあなた達にまかせようか。

●この世に狂うことは「(この世の)不正な富に忠実」なことだから良いのではないか。と思われがとだがそうではない。聖書にはまた次のようにある。 


塚本訳 ルカ 16:10-15
16:10 ごく小さなことに忠実な者は、大きなことにも忠実である。ごく小さなことに不忠実な者は、大きなことにも不忠実である。
16:11 だから、もし(この世の)不正な富に忠実でなかったならば、だれが(天の)まことの富をあなた達にまかせようか。
16:12 もし他人のもの[この世のこと]に忠実でなかったならば、だれがあなた達のもの[天のもの]をあなた達に与えようか。
16:13 しかし(この世のことはみな準備のためであるから、それに心を奪われてはならない。)いかなる僕も(同時に)二人の主人に仕えることは出来ない。こちらを憎んであちらを愛するか、こちらに親しんであちらを疎んじるか、どちらかである。あなた達は神と富とに仕えることは出来ない。」
16:14 金の好きなパリサイ人の人々は一部始終を聞いて、イエスを鼻で笑った。(富は信仰の褒美と考えていたのである。)
16:15 そこで彼らに言われた、「あなた達は人の前では信心深そうな顔をしているが、神はあなた達の心を見抜いておられる。人の中で尊ばれるものは、神の前では嫌われるものである。

◍信仰のみ、神第一でこの世に忠実に仕える人の方が、この世に深い影響を与える。神抜き信仰なしで人間の欲望に忠実な「この世熱心人間」はこの世に成功しない。なぜか。神の応援、神の祝福がないからである。◍神に忠実だから社会批判や社会活動するのだと言う人間はマユツバである。それが本物であるかどうかを見分ける方法は、「それを隠れてやる」のかどうかである。わたしの知る限り、それはたいていは見せびらかしでやっている。キリストの香りがしない。

塚本訳 マタ 6:2-4
6:2 だからあなたが施しをする時には、偽善者のように、自分の前にラッパを吹きならして(吹聴して)はならない。彼らは人に褒められようとして、礼拝堂や町の中でそうするのである。アーメン、わたしは言う、彼らは(褒められたとき、)すでに褒美をもらっている。
6:3 あなたは施しをするときに、右の手のすることを左に悟られてはならない。
6:4 これは施しを隠しておくためである。そうすれば、隠れたことを見ておられるあなたの父上は、褒美をくださるであろう。


塚本訳 マタ 6:5-6
6:5 また祈る時には、偽善者のようにしてはならない。彼らは人に見せようとして、礼拝堂や大通りの角に立って祈ることを好むのである。アーメン、わたしは言う、彼らは(褒められた時、)すでに褒美をもらっている。
6:6 あなたが祈る時には、『奥座敷に入り、部屋をしめきった上で、』隠れた所においでになるあなたの父上に『祈れ。』そうすれば、隠れたことを見ておられるあなたの父上は、褒美をくださるであろう。

●妻と集会に行く。道々、二人とも今まで信仰を失わないで幸せであったと話しながら歩いた●集会は藤巻、高木(柳澤田実・編「ディスポジション・・配置としての世界)●山本(第一コリント三章)●帰途は高木氏と三鷹まで懇親。本日の感話について。●地元あきる野市の単立秋川キリスト集会(教会)にICU(国際キリスト教大学のゴスペルラヴァーズ)の30数名が大挙してこられゴスペルコンサート。

resize1420.jpg 

resize1419.jpg 

15:00地元の単立秋川キリスト集会(教会)にICU(国際キリスト教大学)の高校大学生のゴスペルラヴァーズ30数名が大挙してゴスペルコンサート。こんな若い人たち(高校生が大部分)が熱心に主を讃美する姿に思わず「ホーッ」と思った。帰国子女が三分のニだけあって英語の発音が素晴らしかった。みんなの若い顔は美しかった。姿形式は違っても罪の赦しと主は悩みから救って下さるという福音の中核は同じである。ただ、我々無教会の老人たちはこのような若い人たちの歌にはついていけないなーと思った。逆にこの若者たちが無教会集会に来たら「お通夜」と思うであろうと思った。人は年齢に応じた諸段階がある。幼年は幼年らしく、若者は若者らしく、壮年は壮年らしく、老年は老年らしく。教会(集会)もそれぞれ「向き向き」である。彼女たちの将来に末長く神の祝福あれ。

●19:30能城一郎牧師がこられて塚本文献。今日の話題は第一コリント12:10、13:1で普通「異言」と訳されるところをなぜ塚本訳は「霊言」とされたかのこと。能城牧師は塚本先生の解説を読まれて納得。妻を交えて3時間懇談歓談。●人の話を聞くと頭が改造されるから有益である。赦せなかった人にも同情できる●その御FEさんから送信されてきた「塚本訳別冊2010」のデータを各方面に送信して健康上の限界時間22:00を3時間以上オーバー。これはいけない。





トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


内村鑑三の再臨信仰 ++++++++ 所感

2010/06/12 11:36


使徒伝承 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

       http://stonepillow.dee.cc/


100612(土)5時起床。メール3通●l公園でラジオ体操●TSK日本語版。面白い。●メール3本●14:00「第25回内村鑑三セミナー」富坂キリスト教センター。妻と出かける。発表者、「再臨信仰と内村鑑三のユダヤ観」、内村鑑三の生における病体験」柴田真希都。若手の研究発表はよかった。●私はフロアーから次のように発言した「今日キリスト教が衰退しているのは、有体的復活と有体的再臨を信じなくなったからである。再臨運動をした時の内村と1904年病になった時の再臨信仰とは質が違い、後者の方が本物である」●帰途妻はコーラスの練習
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


死別の悲しみ ++++++++ 所感

2010/06/11 11:59


使徒伝承 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

       http://stonepillow.dee.cc/


100611(金)5時起床●TSK日本語版。キーワードについてKJVと口語訳のマッチングは面白い。至福の時●6:30公園でラジオ体操●浅野摂郎氏と電話懇談。聖書の個人訳(関根訳塚本訳など)は委員会訳とは違う価値があるので「伝統芸能保存」の精神で残すべき事で意見が一致。1999年に私が公開したWEBの塚本訳(電子版)は良いことをしてくださったと評価して下さったのはうれしかった。●無教会集会は集会ごとにまた各人ごとに使用する聖書が違うがそれでよいのではないか。●聖書知識で塚本先生の改訳の基本的方針を学ぶ。文字に忠実ではなく、意味に忠実、しかしいわゆる動的等価法とは違う。聖書の本質はどんなに変な訳でも真理は伝わるという●翻訳の違いで聖書の真理が伝わったり伝わらなかったりすることはない。●聖書の根本はそれを読む人がイエスが基督であって救いをもたらすものであることを知ることにある。●妻の母が病状おもわしくなく、医者から最後通告らしきことを言われた。●死の悲しみは死を宣告されてから死の間までの期間が最高に辛い。これを「予期悲嘆」という。
●次回感話を次のようにしたい。

7月4日の感話目次
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

死別の悲しみ

人はこの悲しみをどう癒されるのか

 

             東京聖書読者会 高橋照男 2010.7.4

 

①死別の悲しみの聖書の例

  1-1 子供の死 

  1-2 伴侶の死 

  1-3 兄弟の死 
  1-4 友人の死 

  1-5 親の死  

  1-6 自分の死

       

②大脳皮質での安息では癒されない。宿命観、諦念

③真の慰めは「有体的復活」と言うが、それは真(まこと)か。

④不信者も復活できるか。できる!。信じた通りになる。

⑤どうすれば「有体的復活」を信じられるのか

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(7月4日の感話目次)おわり

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


父の命日、墓参 ++++++++ 所感

2010/06/10 21:22

使徒伝承 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

       http://stonepillow.dee.cc/



 100610(木)4時起床●Ⅱコリ8:18,22 12:18 の人物研究●公園でラジオ体操●昨日は乳の命日。本日墓参。乳は1905年4月29日生まれ、1992年6月9日召天 87歳。18周年。 妻は風邪気味なので私一人で出発。自転車で40分の秋川霊園

resize1410.jpg 

雉だ!。 道の中央にいる。

resize1412.jpg 

高橋家の墓。「神は愛なり」。妻が庭の紫陽花とゼラニウムを切ってくれた。
人間は墓に永眠しない。眠りは一時だ。復活するのだ。証拠は?
イエスの有体的復活。その使徒伝承の連鎖。聖霊により胸が熱くなること。

resize1413.jpg 

父・橋晋87歳、母高橋ハナ子88歳。私もそのぐらいの年まで生きたいものだ。

resize1414.jpg 

墓を建立したのは1979年。父74歳、母64歳の時。 墓を作っておくと長生きするという。

resize1416.jpg 

セブンスデーアドベンチスト八王子教会の共同墓地。「今より後、主にありて死ぬ死に人」は幸いである。

resize1417.jpg 

こういう墓碑銘もあった。「幸せでした。ありがとう」。
墓誌を見ると御夫婦とも90歳ぐらいの長寿。

resize1418.jpg 

秋川高校跡地。メタセコイアが残った。

●14:00能城一郎牧師来訪。塚本虎二論。聖書翻訳論。Ⅱコリに出てくる人物論。「新標準訳」と個人訳の違い、ヒルティ論、ピエティスムス論、ダンテ論、ネストレ引照打ち合わせ。TSK日本語版の方針。妻も交えて4時間半







トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


育つのを見る喜び ++++++++ 所感

2010/06/09 08:23


使徒伝承 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

       http://stonepillow.dee.cc/


100609(水)4時半起床●今度集会で妻が発表する「十人のらい病人」(ルカ17:11-19)のTSKをプリント。私自身が非常に恵まれた。この話のポイントは二つ。①異教人が救われたこと。・・・「ローマの百卒長」、「ツロフェニカヤの女」と内的に一致する②「あなたの信仰があなたを救った」という言葉。・・・・救いは予定ではない宿命ではない。信仰があれば救われる。「税金取りや遊女でも救われる」(マタ21:31)と内的に一致●TSKは信仰の深いところに導かれるツールとして最強。解読のヒント、ひらめきが与えられる。●やはりTSKを日本簿版として世に提供することをライフワークとしたい。●福島県で貧しいながらも有機農業を営んでいる三男の息子の「農園日誌」が届いた。「草刈り」


http://chitata.blogspot.com/


これに対して次のように応答した。 (一部変更削除)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

K君


[2009:222] [ちたた農園日誌] 草刈り拝見しました。

2枚の写真。麦自身が喜んで勢いよく育っているように見え、神の祝福が豊かにあるように感じられます。

「勢い」がないものは素人目にも「これはヤバイ」と感じるものです。

何事も「育つ」のを見るのは「人生の喜び」の一つです。「お金が増える」喜びとは比べ物にならない深く尊い喜びです。

神に感謝です。「育つ」ということで思い起こすのは次の聖書の個所です。

 

塚本訳マタ 6:28

6:28 また、なぜ着物のことを心配するのか、野の花の育つのを、よく見てごらん、苦労をせず、紡ぐこともしない。

 

塚本訳 マコ 4:26-29

4:26 また言われた、「神の国はこんなものだ。──ある人が地に種を蒔き、

4:27 夜昼、寝起きしていると、種は芽生えて育ってゆくが、本人はその訳を(すら)知らない。

4:28 (すなわち)地はひとりでに実を結ぶので、初めに茎、次に穂、次に穂の中に熟しきった粒ができる。

4:29 実が熟すると、すぐに『鎌を入れる。刈入れ時が来たのである。』」

 

 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●今日は父(晋)の18年目の命日。今日はs墓参ができない。机で祈る●9:00 ゆき皮膚科でガーゼ交換●建築がうまくいかなかったという某氏夫妻に劇烈説教。「建築主が建築設計者、建築会社とうまくいかないのは8割方建築主が問題。自業自得だ。建築チームもそんな嫌な建築主のためには尽くしたくない。アフターサービスなどは自分を愛してくれる建築主の方を先にして嫌な建築主の方は後回しにする」と言った●過日某団体の建築担当者から、建物の不具合に対して業者を呼んでもなかなか来てくれないという嘆きを聞いた。理由は簡単、その担当者が人間的に非常にタチが悪いからである。建築チームも馬鹿ではない。●タチの悪い建築主の上位にキリスト教団体があるから困る。あんなタチの悪い人間が揃っているのでは基督の顔に泥を塗っていることになる。伝道どころではない。キリスト教団体はまず建築業界に評判が良くなくてはならない●Ⅱコリ8:18,22、12:18の人物研究で半日費やした●13:00ピアノの調律に田岡雄民氏(無教会の高橋三郎集会)が来訪。主にある交わりの歓談は楽し。

resize1409.jpg 

ピアノ調律に田岡雄民(ゆうみ)氏(無教会の高橋三郎集会)が来訪。
田岡氏は日曜学校の校長先生でもある。ご令息の啓之氏(愛真高校で愛子と同期)は御自身よりも音感のすぐれた調律師であるという。音感は天性であることを伺い、それは「聞いても聞いても悟らない」という信仰の原理と似ていると思った。
調律は讃美歌演奏で始まり、終わりも讃美歌。仕事は祈りである。

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


記念すべき事、されるべき事 ++++++++ 所感

2010/06/08 08:53

使徒伝承 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

       http://stonepillow.dee.cc/



100608(火)5時起床●公園でラジオ体操●朝の啓示黙想「記念すべき事、記念されるべき事」。次回感話は「ナルドの香油」。イエスは彼女のことを記念しなさいと言った。人類史上、教会誌上、唯一「記念すべき」ことはこの彼女のこと。不肖この私も記念されねばならない。それは「私はかく罪から救われ神を知り永遠の命をいただき有体的復活の希望に生きて死んでいった男だった」と。昨年3月1日に集会感話で話した「彼女を記念しなさい」を読み返した。



http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/kinen.htm

●その日の日記によれば集会のあとに94歳のS長老から今日の話は君の総決算の遺言だと言われた。私が「今月で定年です」と申し上げると「あとは伝道一本だ」と言われた。背中を押された。そのS長老、その後病を得てさすが集会にはおでになられなくなった。S長老の私への遺言であったのか。●イオンで妻の自転車のブレーキ修理。秋多綸業で私の自転車のパンク修理●山川歯科●去る6月6日、東京聖書読者会の感話「神に預けよ」を「使徒伝承」にアップロードした。

http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/azuke

トラックバック(0) | コメント(1) | top▲


女性の品格 ++++++++ 所感

2010/06/07 22:57

使徒伝承 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

       http://stonepillow.dee.cc/



 100607(月)4時半起床。朝の啓示

口語訳 哀 3:27
3:27 人が若い時にくびきを負うことは、良いことである。

●本人が悪いことをしたのではないのに、若い日に不可解な不条理な苦しみに遭遇するのはなぜだろう。多くの人がこの難問に躓いて神を信じられない。●この真剣な問いの答えはその人に神が直接現れる時にのみ解決する。 

塚本訳  ヨハ 9:1-3
9:1 イエスは通りがかりに、生まれつきの盲人を見られた。
9:2 弟子たちが尋ねた、「先生、この人が盲で生まれたのは、だれが罪を犯したからですか。この人ですか、両親ですか。」
9:3 イエスは答えられた、「この人が罪を犯したからでも、両親が罪を犯したからでもない。ただ神の御業がこの人に現われるためである。

●6:30公園でラジオ体操●9:00ゆき皮膚科でガーゼ交換。●TSK日本語版、●久しぶりで都心へ。銀座の教文館で月本昭男著「古代メソポタミアの神話と儀礼」(岩波書店)を購入。吉野さんと聖書図書館の高橋裕子さんに会う。●16:30三軒茶屋の昭和女子大で環境デザイン学科の教師懇談会。坂東真理子学長のいう「女性の品格」とデザイン教育について議論が集中●吉祥寺で夕食●行き帰りの車中で日本積算協会コストスクールの論文テストの採点●帰宅は21:30●NHKTVで辻井伸行とそのピアノ教師川上昌裕氏との12年間の歩み。辻井氏が教師川上氏から別れ、独立するところに胸を打たれた。人は親や先生を蹴飛ばして行かなければ(多くは喧嘩別れ)一人前になれないのは、これ宿命なのか。辛い別れ。その多くは喧嘩別れであるがこれも神の摂理ではあるまいか。辻井氏は教師の川上氏との出会いで快挙。ヘレンケラーとサリバンのような関係である。人生は良い先生との出会いで決まる。●人間にとって良い先生とは神とキリストである。その神とキリストに出会うようにしてくれた人々が人生の最高の師である。それは大抵においてあまり偉くない「普通の人」。しかしその人は深い信仰を持っている。

resize1405.jpg 

銀座4丁目交差点。都心は活気があっていいなー。

resize1406.jpg 

昭和女子大キャンパスの下校時風景。小学校から大学までとブリティッシュスクールがある。
女子学生の顔が輝いて見えた。

resize1408.jpg 

帰途、吉祥寺で夕食。この電飾看板はアジア的風景。欧米には見られない。
これはこれでまた活気がある。

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


キリスト教弱体化の原因 ++++++++ 所感

2010/06/06 07:42

使徒伝承 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

       http://stonepillow.dee.cc/



100606(日)3時半目覚め。以後寝つけず。今日の感話の構想。
「ミナの譬」を学び、これはルカの同時代批判であることを知った●これはキリスト以後の現代までのキリスト教の批判にも通じる●来年は内村鑑三生誕150年記念なので諸行事が行われるが、現代無教会への批判でもある。
●「ミナの譬」(≒「タラントの譬」)の主眼は第三番目の「悪い僕」。第一と第二の僕は第三の悪い僕を際立たせるためにある●イエスの譬はこの世の悪い行いを取り上げて、「君たちはそうであってはならない」とか「この世の人間のずる賢さを天国のことのために真似よ」という話しぶりになっている。塚本訳では譬の本体が終わったところに敷衍で(という話)を挿入していある。●「悪い僕」の第一の姿は「終末と再臨を信じない」ことである。これキリスト教弱体化の第一である。その結果の姿は、教会主義、集会主義、集会のサロン化、地上王国主義、社会批判、社会改良になって現れる。再臨が信じられないのは有体的復活が信じられないからである。(内村鑑三聖書の研究213号P3[復活と再臨」。塚本虎二聖書知識176号P1「再臨信仰について」)●悪い僕の第二の姿は「裕福な人」になったからである。隅谷三喜男先生によれば、日本のキリスト教は中産階級に入ったので「貧しき者は幸いなり」が現実的な祈りになっていない。これでは「日毎の糧を今日も与えたまえ」という主の祈りが空念仏になっている。無教会人は一般的に裕福である。私は裕福ではないが、それでもこう批判されている「高橋の話は年金をもらうようになってから力がなくなった」と●悪い僕の第三の姿は、最後の審判を恐れないからである。これは日本の精神的基盤が仏教的であり、グノーシス的だからである。そもそも福音書ができたのはグノーシス対策であった。新約聖書が死に物狂いで戦ったのはこのグノーシスであった。それは創造主というものを信じないで、「人間即神」という思想になっている(大貫隆「聖書の読み方」P204-5)
●この「悪い僕」の三態はキリスト以後2000年に共通である。原因は神の祝福を失ったからである。祈りの欠如である●集会は小寺、長島、高橋(ミナの譬。神に預けよ)●何時も感想をお話し下さるTH先輩の評。「今日の話はあまりに盛り沢山過ぎて、三分の一は頭に入らなかった」。●反省。力みすぎた。話は少なくして脱力で話さなければならない。大いに反省。●小寺夫妻と新宿で寿司。●妻はコーラスの練習。妻の体調が回復の兆しで感謝●昨日からのこと。いわき市の妻の母(90歳)の病状が悪しく、妻は心に重荷がある。昨夜は、もしもの事があったら、もう高齢なので延命処置はしないで自然に、自然に、がよいと話し合う。

resize1404.jpg 

家に入ろうとすると、蟻が大きな幼虫を引っ張っているのを見た。いろいろな事を思った。
●小さい時に浦和で蟻の行動をじっと見ていたものだ。幼いころと言うのは人生の深い悩みというものがないものだなー 。故郷浦和のことを思い出した。
●自分の体よりずっと大きいものを引っ張るのに2~3匹で協力している。家庭の建設も子育ても強力だなー。
●建築設計も建築工事も一人の力ではできないものだなー
●このことはエクレシアも同じだなー。

塚本訳 Ⅰコリ12:20-24
12:20 しかし実際は、器官は多いが、体は一つなのである。
12:21 目は手に、「お前はいらない」、あるいはまた頭は足に、「お前たちはいらない」と言うことは出来ない。
12:22 いや反対に、体の中でわりあいに弱いと見える器官こそかえって必要であり、
12:23 また体の中でわりあいにりっぱでないとわたし達が思う器官は、これにことさらにりっぱなものをまとわせるのである。またわたし達の見苦しい部分はことさらに体裁よくするが、
12:24 (始めから)体裁のよい部分は、その必要がない。むしろ、神は劣っている部分にことさらにりっぱなものを与えて、体(全体)を統合された。

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


よい先生を選べ ++++++++ 所感

2010/06/05 10:06



使徒伝承 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

       http://stonepillow.dee.cc/


100605(土)5時起床●朝の黙示「もしできれば、というのか」。人間は常に「もし」「もしかして」「あわよくば」「万が一」「あるいは」・・・と思うのが普通である。イエスはそれを信仰薄き者と言う。

マルコ9:23


口語訳イエスは彼に言われた、「もしできれば、と言うのか。信ずる者には、どんな事でもできる」。
塚本訳イエスは言われた、「もしお出来になるなら(と言うの)か。信ずる者にはなんでも出来る。」
前田訳イエスはいわれた、「もしできましたら、か。信じるものには何でもできる」と。
新共同イエスは言われた。「『できれば』と言うか。信じる者には何でもできる。」
NIV
"`If you can'?" said Jesus. "Everything is possible for him who believes."

●明日の感話の内容変更。建築設計と同じで最後の最後まで変更したくなる。推敲はこれで36回。この辺でキリにしよう。



(6月6日感話の目次)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


神に預けよ

・・・「ミナの譬」に学ぶ終末に備える人生・・・

               東京聖書読者会 2010.6.6 高橋照男

 

ミナの譬の元の姿は律法学者批判。ルカはそれを同時代人への忠告に編集

  ルカ11:52-54 ルカ 18:8

ミナの譬の始めと最後にある終末再臨思想の編集句。第三番目の僕が主眼
  ルカ1911-27 ルカ 19:12-26 ルカ 19:27 

悪い僕への忠告その一。主の再臨を待望しない不信仰で遊び人の態度

  ルカ1914-15 ルカ 12:42-47 Ⅰテサ4:14 Ⅰコリ15:33

④悪い僕への忠告その二。神の働きを信じないで福音の宝を隠しておく態度

  ルカ19:20-23 マタ25:24-25 マコ 4:26-29 マタ13:33 マコ9:22-23

⑤悪い僕への忠告その三。神を恐れる恐れがなく、最後の審判を信じない態度

  ルカ 19:25,27 マタ 25:30 マタ 22:11-13 ルカ12:19-20 マタ3:9

⑥持たぬ人は、持っているものまでも取り上げられるとは何か。不信者の運命  

  ルカ19:24-26 マタ25:28-29 マタ21:37-41 マコ4:24-25 

⑦信者への忠告。この世の人の金儲けの熱心さに見習って、天に真の宝を積め

  ルカ16:8-13 マタ18:33-34 マタ 25:12-13 マコ12:7-9

⑧天に宝を積むとは復活の希望に生きる事。その結果が財産放棄と人を赦す事

  ルカ19:7-9 マタ18:23-35 使 24:15-16 ロマ5:2

⑨どうしても実を結べなかった悪い僕の救い。キリストが執り成して下さる

  ルカ13:6-9 Ⅱペテ3:8-9 ヨナ 4:11

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(6月6日感話の目次)おわり

●公園でラジオ体操●9:30妻の風邪は大分良くなる。医者を変えたせいである。感謝。医者は選ばなければならない。良い医者にかからなければならない。キリスト教の信仰も同じ。まずい先生につくと「人生を誤る。地獄行きになる。身を滅ぼす」。だから義理人情を欠いても悪い先生(教会、集会)を振り切って良い先生に付かなければならない。コトは自分の命の問題なので命がけでなければならない。 ●復活を信じていない牧師(!)や信者(!)と交際してはいけない。自分の信仰が曲がる。


塚本訳 ルカ 6:39-40
6:39 なお譬を一つ話された、「盲人に盲人の手引が出来るか。二人とも穴に落ち込まないだろうか。
6:40 (良い先生をえらべ。)弟子は先生以上になれない。りっぱに一人前になっても、(たかだか)先生のようになるだけである。


塚本訳Ⅰコリ15:33
15:33 迷わされてはならない。(復活の信仰のない人との交際に注意せよ。)悪い交際は良い習慣をこわす。(と詩人も言っている。)

●世の中、真に良い先生のところはたいてい門戸が開かれている。意欲さえあれば資格なく、条件なしで習う事が出来る。●イエスのところに集まった群衆に聴講の資格はなかった。●トミ子は練馬から田無でのコンサート(峯崎りみ指揮、桑の実コーラス)に出かける。●東急ストアーの前で米国バプテスト派の単立教会(あきる野市)の宣教師ご夫妻からトラクトを渡されたので立ち話。米国では単立教会が多いと言う。
 来日34年で無教会のことも知っていた。日本語流暢。頭が下がった。●激しい雨だったが妻が帰る頃にはおさまった。●明日の感話資料35部印刷 ●バッハの宗教声楽曲をCDで観賞。救いの喜びは時代を超え国境を越えて共通だ。●老年の目的は「復活の希望に生きる」ことだ。そして子供、孫、兄弟、親族の救いを祈り続けることだ。

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


宥めの供え物 ++++++++ 所感

2010/06/04 11:55

使徒伝承 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

       http://stonepillow.dee.cc/



100604(金)4時半目覚め。朝の啓示「宥めの供え物として生きよ」「人に嫌われたら逃げよ」


resize1403.jpg 
4時半起床。東の窓を開けるとこの景色

讃美歌24番

1. ちち の かみ よ, よる は さり て,

   あらた なる あさ と なりぬ.

   われら は いま みまえ に いで て,

   みな を あがむ.

 2. ばん ゆう の しゅ よ, みかお あおぐ

   しもべ ら を つよく なして,

   あまつ くに の つきぬ めぐみ を

   えさせ たまえ.

 3. みつ に まして ひとり の かみ,

   みすくい は とうとき かな.

   みな の ひかり てり かがやき て,

   よ に あまね し.

●メロディーは次をクリック


http://moclin.jp/hymnal/mid/hymn_1-024-nocte_surgentes_vigilemus_omnes.mid

●TSK日本語版マタイ10節●公園でラジオ体操●次回感話の練り直し●残る人生は「宥めの供え物」として生きるべきであることが示された。関連聖句を掲げる。


塚本訳 ロマ 3:25
3:25 すなわち神は御自分の義を示すために、宥めの供え物としてキリストを提供された。これはキリストの血でなされたものであり、(人は)信仰によ(ってこの恩恵にあずか)るのである。このことは──神が(長いあいだ)忍耐をもって過ぎし日に犯した罪を罰せずにおられたので──


塚本訳 Ⅰヨハ4:10
4:10 わたし達が神を愛したことではなく、彼がわたし達を愛し、その子をわたし達の罪のための宥め(の供物)として遣わされたそのことに、愛があるのである。


塚本訳ロマ 5:9
5:9 それならばキリストの血で義とされている今、わたし達がキリストによって(最後の日の神の)怒りから救われるのは、もちろんである。
 
新共同 ピリ 2:17
2:17 更に、信仰に基づいてあなたがたがいけにえを献げ、礼拝を行う際に、たとえわたしの血が注がれるとしても、わたしは喜びます。あなたがた一同と共に喜びます。

●血が罪を清める。パウロはそのことを自覚していた。


塚本訳 使  22:18
22:18 主にお目にかかった。主は言われた、『急いで、すぐさまエルサレムを出てゆけ。ここの人々は君がわたしの証しをしても、受け入れないのだから。』

塚本訳 マタ 10:23
10:23 この町で迫害された時には、次の町に逃げてゆけ。アーメン、わたしは言う、人の子(わたし)は(すぐに)、あなた達がイスラエル人の町々を回りつくさぬうちに来るのだから。

口語訳 エゼ 3:5-7
3:5 わたしはあなたを、異国語を用い、舌の重い民につかわすのでなく、イスラエルの家につかわすのである。
3:6 すなわちあなたがその言葉を知らない、異国語の舌の重い多くの民につかわすのではない。もしわたしがあなたをそのような民につかわしたら、彼らはあなたに聞いたであろう。
3:7 しかしイスラエルの家はあなたに聞くのを好まない。彼らはわたしに聞くのを好まないからである。イスラエルの家はすべて厚顔でまた強情である。

●人に嫌われることは悲しいことであるが、そういう場合は無理して和解しようとしない方がよい。「脱力」で神ママに委ねるべきである。不和、不仲も神の思いである。分離も御心。残念ながら縁がなかったと思え。悲しく淋しいことであるがしかたがない。自分を責めてはいけない。自分も完全ではないからこうなったのだ。完全なる人間はいない。嫌われるのは当然。復讐をしてはいけない。逆襲爆撃をしてはいけない。呪ってはならない。嫌う人の末長い幸福を祈って離れるべきである。●次回感話「ミナの譬」。この譬の主題は第三番目の「預けられた宝を土の中に隠しておいた男」である。その男への忠告である。そこで骨子を変更した。

6月6日感話骨子
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

神に預けよ

・・・「ミナの譬」に学ぶ終末に備える人生・・・

               東京聖書読者会 2010.6.6 高橋照男

 

ミナの譬の元の姿は律法学者批判。ルカはそれを同時代への忠告に編集

  ルカ11:52-54 ルカ 18:8

ミナの譬の始めと最後にある終末再臨思想の編集句。第三番目の人が主眼
  ルカ1911-27 ルカ 19:12-26 ルカ 19:27 

悪い僕への忠告その一。主の再臨を快く迎えない「地上王国建設」主義者

  ルカ1914-15 マタ2134-39 

④悪い僕への忠告その二。神の働きを信じないで福音の宝を隠しておく態度

  ルカ 19:20-23 マタ 25:24-25 マコ 4:26-29 マタ13:33 ルカ17:6

⑤悪い僕への忠告その三。神を恐れる恐れがなく、最後の審判を信じない態度

  ルカ 19:25,27 マタ 25:30 マタ 22:11-13 ルカ12:19-20 マタ3:9

⑥持たぬ人は、持っているものまでも取り上げられるとは何か。不信者の運命  

  ルカ19:24-26 マタ25:28-29 マタ21:37-41 マコ4:24-25 詩18:25-27

⑦信者への忠告。この世の人の金儲けの熱心さに見習い、熱心に天に宝を積め

  ルカ16:8-13 マタ18:33-34 マタ 25:12-13 マコ12:7-9

⑧天に宝を積むとは復活の希望に生きること。その結果の財産放棄。人は赦せ

  ルカ19:7-9 マタ18:23-35 使 24:15-16 ロマ5:2

⑨どうしても実を結べなかった失敗者の救い。キリストが執り成して下さる
  ルカ13:6-9 Ⅱペテ3:8-9 ヨナ 4:10-11

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・       
  (6月6日感話骨子)おわり。

上記のうち⑨の内容は次の通り

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どうしても実を結べなかった失敗者の救い。キリストが執り成して下さる

  ルカ13:6-9 Ⅱペテ3:8-9 ヨナ 4:10-11

塚本訳 ルカ 13:6-9

13:6 そこでこの譬を話された、「ある人が葡萄畑に一本の無花果の木を植えておいた。(ある日)実をさがしに来たが、見つからないので、

13:7 葡萄畑の作男に言った、『もう三年この方、この無花果の木に実をさがしに来ているのに、まだ実がならない。切ってくれ。(ならないばかりか、)なんで土地までくたびれさせることがあろう。』

13:8 答えて言う、『ご主人、今年もう一年だけ勘弁してやってください。今度は回りを掘って、肥料をやってみますから。

13:9 それで来年実を結べばよし、それでもだめなら、切ってください。』」

 

塚本訳 Ⅱペテ3:8-9

3:8 愛する者よ、『主の前では』一日が千年の如く、『千年』が一『日の如く』である、この一つの事を忘れるな。

3:9 主は或る人達が遅いと考えているように約束を果たし給うのが遅いのでは(決して)ない。ただ何人の亡びることをも欲せず、凡ての者が悔い改めに到ることを欲して、君達に対し寛大であり給うのである。

 

口語訳 ヨナ 4:10-11

4:10 主は言われた、「あなたは労せず、育てず、一夜に生じて、一夜に滅びたこのとうごまをさえ、惜しんでいる。

4:11 ましてわたしは十二万あまりの、右左をわきまえない人々と、あまたの家畜とのいるこの大きな町ニネベを、惜しまないでいられようか」。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ⑨の内容おわり

孫の一人が「おたふくかぜ」で学校を休んでいて、「ヒマだから」と言って電話をかけてきた。電話の動機が良くないがそれでも嬉しい。●妻の風邪の具合が良くならないので別の病院(池谷医院)に行く●私はゆき皮膚科にガーゼ交換●寝込んでいる妻にアイスクリームを買ってきた●夕飯は妻に変わって私が料理。得意の野菜炒め。妻は半分きり食べられない。今まで病気らしい病気をしたことがない妻が寝込んでしまったので考え込んでしまった。●妻には見送ってもらうつもりでいるのだが、妻が先に逝くということもあるいはあるのかなー。


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


神に預けよ ++++++++ 所感

2010/06/03 13:47


使徒伝承 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

       http://stonepillow.dee.cc/



100603(木)4時半目覚め。朝の啓示「神に預けよ」●次回感話の「ミナの譬」の本質は「神に預けよ」ではないか。人間は願いも悩みもつぶやきもこれ総て神に預けるべきである。骨子を変更した。

(次回感話の骨子)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

神に預けよ

・・・「ミナの譬」に学ぶ終末に備える人生・・・

               東京聖書読者会 2010.6.6 高橋照男

 

ミナの譬の元の姿はイエスの律法学者批判。ルカはそれを同時代批判に編集

  ルカ11:52-54 ルカ 18:8

ミナの譬の始めと最後にある終末再臨思想の編集句。終末に備えて生きよ
  ルカ1911-27 ルカ 19:12-26 ルカ 19:27 

悪い僕批判その一。主の再臨を快く迎えない「地上王国建設、享楽」主義者

  ルカ1914-15 マタ2134-39 

④悪い僕批判その二。神が働かれる力を信じないで福音の宝を隠しておく態度

  ルカ 19:20-23 マタ 25:24-25 マコ 4:26-29 マタ13:33 ルカ17:6

⑤悪い僕批判その三。神を恐れる恐れがなく、終末最後の審判を信じない態度

  ルカ 19:25,27 マタ 25:30 マタ 22:11-13 ルカ12:19-20 マタ3:9

⑥悪い僕への神の激怒。持たぬ人は、持っているものまでも取り上げられる

  ルカ 19:24-26 マタ 25:28-29 マタ21:37-41 マコ 4:24-25 マタ 3:9

⑦信者への警告。この世の人の金儲けの熱心さに見習い、熱心に天に宝を積め

  ルカ16:8-13 マタ18:33-34 マタ 25:12-13 マコ12:7-9

⑧天に宝を積むとは復活の希望を頂く喜びによる財産放棄。人は赦せ

  ルカ19:7-10 マタ18:23-35 使 24:15-16 ロマ5:2

実を結ばない悪い僕の救い。キリストの執り成しに望みを託す

  ルカ13:6-9 Ⅱペテ3:8-9

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(次回感話の骨子)終わり

●公園でラジオ体操●コンビニから送金●佐藤優著「神学部とは何か」昨日読了。佐藤優は怪物だ。博覧強記。神学は本人とっては面白いかもしれないが「人を斬る」道具でもある。同志社大学神学部卒で外務省在籍だがあまりにデキたからか背任容疑で逮捕された。傑出した人物の宿命か。●それにしても同志社の人脈であるこの佐藤優にしてもキリスト教史の藤代泰三にしても内村鑑三や無教会のことに触れないのはなぜだろう。ことにキリスト教史で取り上げないのは片手落ちではないのか。 ●14:00能城一郎牧師が来訪。70人訳、Jバイブルヘブル、旧約続編、グリークシソーラス、などをインストールしにきて下さる●妻を交えて歓談5時間。話題は聖書の翻訳理論、牧会の悩み、聖書学者との交流、塚本訳のこと、ネストレ引照の展開、TSK入力の方針

resize1402.jpg 

能城一郎牧師が来訪。聖書翻訳理論など歓談5時間。

●妻の風邪がおもわしくない。弱くなった。心配。



トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


実を結ばぬ悪い僕の救い ++++++++ 所感

2010/06/02 08:43


使徒伝承 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

       http://stonepillow.dee.cc/


100602(水)5時半目覚め。朝の啓示「実を結ばぬ樹」●ラジオ体操●8:15妻は婦人の読書会(塚本虎二著作集)に千駄ヶ谷に出発●人間は誰でも「満足な実を結ぶことのない悪い僕である。しかし聖書は「それでよい。それでよい」と言ってくださる。次回感話の内容を変更。

(6月6日感話の骨子)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

終末に備える心

  ・・・「ミナの譬」にみる終末と復活。その希望の喜び・・・

               東京聖書読者会 2010.6.6 高橋照男

 

ミナの譬の元の姿はイエスの律法学者批判。ルカはそれを同時代批判に編集

  ルカ11:52-54 ルカ 18:8

ミナの譬の始めと最後にある終末再臨思想の編集句。神の国は終末に来る
  ルカ1911-27  

悪い僕批判その一。主の再臨を快く迎えない「地上王国建設、享楽」主義者

  ルカ1914-15 マタ2134-39 

④悪い僕批判その二。神が働かれる力を信じないで福音の宝を隠しておく態度

  ルカ 19:20 マタ 25:24-25 マコ 4:24-29 マコ 9:22-24 ルカ 17:6

⑤悪い僕批判その三。神を恐れる恐れがなく、終末最後の審判を信じない態度

  ルカ 19:21-27 ルカ19:25 マタ 25:26-30

⑥悪い僕への神の激怒。持たぬ人は、持っているものまでも取り上げられる

  ルカ 19:24-26 マタ 25:28-29 マタ21:37-41 マコ 4:24-25 マタ 3:9

⑦信者への警告。この世の人の金儲けの熱心さに見習い、熱心に天に宝を積め

  ルカ16:8-13 マタ18:33-34 マタ 25:12-13 マコ12:7-9

⑧実を結ばない悪い僕の救い

  ルカ13:6-9 Ⅱペテ3:8-9

⑨終末と復活。その希望の喜びによる財産放棄。人は赦せ

  ルカ19:7-10 マタ18:23-35 使 24:15-16 ロマ5:2

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(6月6日感話の骨子) 終わり

●今朝の啓示で⑧を加えた。その内容は次の通り。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

⑧実を結ばない悪い僕の救い

 ルカ13:6-9 Ⅱペテ3:8-9

 

塚本訳 ルカ 13:6-9

13:6 そこでこの譬を話された、「ある人が葡萄畑に一本の無花果の木を植えておいた。(ある日)実をさがしに来たが、見つからないので、

13:7 葡萄畑の作男に言った、『もう三年この方、この無花果の木に実をさがしに来ているのに、まだ実がならない。切ってくれ。(ならないばかりか、)なんで土地までくたびれさせることがあろう。』

13:8 答えて言う、『ご主人、今年もう一年だけ勘弁してやってください。今度は回りを掘って、肥料をやってみますから。

13:9 それで来年実を結べばよし、それでもだめなら、切ってください。』」

 

塚本訳 Ⅱペテ3:8-9

3:8 愛する者よ、『主の前では』一日が千年の如く、『千年』が一『日の如く』である、この一つの事を忘れるな。

3:9 主は或る人達が遅いと考えているように約束を果たし給うのが遅いのでは(決して)ない。ただ何人の亡びることをも欲せず、凡ての者が悔い改めに到ることを欲して、君達に対し寛大であり給うのである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●散髪。ゆき皮膚科でガーゼ交換●鳩山首相辞任で国中は大騒ぎ。「またか」という感じ。政治に新しいことはない。
次の聖句を思う。

口語訳 伝  1:9
1:9 先にあったことは、また後にもある、先になされた事は、また後にもなされる。日の下には新しいものはない。

●辞任の理由は鳩山政権に対する支持率低下。しかし世論必ずしも絶対ではない。民衆の意見必ずしも正しくない。イエスは民衆の支持率はなかったので殺された。次の聖句を思う。

塚本訳 マコ 14:64
14:64 諸君は(今、おのれを神の子とする許しがたい)冒涜を聞かれた。(この者の処分について)御意見を承りたい。」満場一致で、死罪を相当とすると決定した。


口語訳 マタ 27:22
27:22 ピラトは言った、「それではキリストといわれるイエスは、どうしたらよいか」。彼らはいっせいに「十字架につけよ」と言った。

●妻から今日の報告。読書会の後、会員の一人の絵画鑑賞。妻は喉の具合が悪く、咳もある。郷里の母(90歳)は認知症で妻も孫もわからなくなっているという。気の毒。しかし妻の兄弟たちは母親のことで一致協力しているのはうらやましい●孫の一人がおたふくになったとの連絡。(おたふく+水疱瘡+はしか)×孫6人=18回。悩み多しこの世なるかな。人生は死ぬまで悩み悲しみが絶えない。

resize1401.jpg 

近くの秋留公園で子供たちがサッカー。少子化と言われている今日、頼もしい

 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


労働の本質は手伝い ++++++++ 所感

2010/06/01 10:34



使徒伝承 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

       http://stonepillow.dee.cc/



66歳11か月。平均余命16年(生命保険会社統計)、5800日、14万時間。この時間をすべてキリスト教使徒伝承の連鎖に捧げる。罪と死の悲しみを克服する「十字架の贖罪の福音と有体的復活の希望の喜び」を犠牲的に生きて証人となる。自分のため、親類縁者のため、気の毒な人のため。

100601(火)3時半目覚め。黙想●妻は今夜帰ってくる●TSK日本語版3時間、ヘトヘトだが楽しい●ラジオ体操●福島で貧しいながら独立農園を苦闘している三男からの「農園日誌」の6月1日の「さなぶり」が届いた。 
http://chitata.blogspot.com/

●これに対してつぎのような感想を書いた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

K君

 

●「さなぶり」・・・・この言葉を知りませんでした。「早苗饗」と書き、田植えを終えた祝であることを知りました。

●「手植え」・・・・機械化もそれなりに意味がありますが、「手作業」も尊いものです。効率が悪いところに逆に人間の心のつながりができます。なぜか。汗と涙を共有できるからです。設計が間に合わなくて残業するときに出来上がる同労者意識は貴重なものです。心の中に何か残ります。

●「手伝い」・・・独立学園の生徒と、地元のニュージーランド人の手伝いを頂いたことは心温まります。感謝。「結(ゆい)」という制度があります。これは労力が必要な作業を、集落の住民総出で助け合い、協力し合う相互扶助の精神で成り立つ作業のことです。岐阜県の飛騨の茅葺の家などは、その年に村でとれる茅の量は二軒分切りありません。そこで、今年は誰のうち、来年は誰のうちを葺き替えようとみんなで決めて、その日は村人が総出で葺き替えます。ここに市場経済のコスト競争原理はありません。手伝いの精神での労働は楽です、自由です、力が出ます。Hさん裏方御苦労さまでした。孫達にもよい影響があったでしょう。こういう良い経験はお金では絶対に買えません。よい経験をしました。

●「みなの願い」・・・・労働はそれ自体が祈りです。祈らずとも神は人間の願いを御存じです。冷夏予想も神は御存知です。マタイ634です。

 

塚本訳マタ 6:34

6:34 だから、あしたのことを心配するな。あしたはあしたが自分で心配する。一日の苦労はその日の分で沢山である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●ヒルティは「労働は手伝いの精神で行うのが楽である」と言っている。その見地からボランティアによる労働というのは良い人生体験である。●人生は「人間であれば」あるとき「俺は何ということをしてしまったのだろう」と悔いの涙にくれるときが来る。「それでいいんだ。それでいいんだ」。他人を傷つけ、親、兄弟、子供、妻、夫をを殺し、他人をを誹謗し、恩師や牧師を罵倒する。人間はそういう暗い道を歩いて光を欲するのだ●神は自分の罪を知ってのみ分かる。今日において神を信じるとは難しいことだが、罪を知って十字架によって救われる時にのみその存在と実在がわかる。 


塚本訳 ヨハ 14:6
14:6 イエスは言われる、「わたしが道である。また真理であり、命である。(手段であると同時に目的であるから。)わたしを通らずには、だれも父上の所に行くことはできない。


新共同 Ⅰテモ2:5
2:5 神は唯一であり、神と人との間の仲介者も、人であるキリスト・イエスただおひとりなのです。

塚本訳 使  4:11-12
4:11 この方は、(聖書にある)『大工の』あなた方から』投げ捨てられ、隅の土台石になった石』です。
4:12 この方のほかのだれによっても救いはない。天下ひろしといえども、わたし達が救われるべき名はこれ以外、人間に与えられていないからです。」

●教会(集会)キリスト教の周辺の神学とか思想とか天下国家批判やお祭り遊びが中心にあるかのようなことだから世の人は救いが見えない。●ヒルティは「神学は神が見えなくなったときに生じる学問である」と言っている。天下国家の批判、社会運動、お祭りと遊びなどもまた同じ。●BMさんから長電話。困った、困った。雄弁は銀、沈黙は金だと言った。事件の真相は当事者でないとわからないものだ。●経験的に感じること。建築がうまくいかないときの原因の8割は建築主の人格にある。建築主で最もタチの悪いのはキリスト教の団体。これだからこの世にキリスト教の評判が悪くなる。伝道どころではない。建築業界も馬鹿ではない。汚い建築主には寄りつかない。メンテナンスもあとまわしにする。冗談じゃーない。アンナヤツのところに直しに行くものかと思う。いくら法的義務だと言われても「ごめんだ」と思う。建築業者としても「残りの金は要らないから早くやめさせてくれ」と思う●次回感話の骨子を次のように変更。総ての希望は終末と復活。

(6月6日感話の骨子)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

        終末に備える心 

   ・・・終末と復活。その希望の喜び・・・

               東京聖書読者会 2010.6.6 高橋照男

 

ミナの譬の元の姿はイエスの律法学者批判。ルカはそれを同時代批判に編集

  ルカ11:52-54 ルカ 18:8

ミナの譬の始めと最後にある終末再臨思想の編集句。神の国は終末にあり
  ルカ1911-27  

悪い僕批判その一。主の再臨を快く迎えない「地上王国建設、享楽」主義者

  ルカ1914-15 マタ2134-39 

④悪い僕批判その二。神が働かれる力を信じないで福音の宝を隠しておく態度

  ルカ 19:20 マタ 25:24-25 マコ 4:24-29 マコ 9:22-24 ルカ 17:6

⑤悪い僕批判その三。神を恐れる恐れがなく、終末最後の審判を信じない態度

  ルカ 19:21-27 ルカ19:25 マタ 25:26-30

⑥悪い僕への神の激怒。持たぬ人は、持っているものまでも取り上げられる

  ルカ 19:24-26 マタ 25:28-29 マタ21:37-41 マコ 4:24-25 マタ 3:9

⑦信者への警告。この世の人の金儲けの熱心さに見習い、熱心に天に宝を積め

  ルカ16:8-13 マタ18:33-34 マタ 25:12-13 マコ12:7-9

⑧終末と復活。その希望の喜びによる財産放棄。人は赦せ

  ルカ19:7-10 マタ18:23-35 使 24:15-16 ロマ5:2

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(6月6日の感話骨子)


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲




| Top |
0814