to 日記と感想 2010年07月
Top | RSS | Admin

2010.06 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2010.08


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170812(土)14:00お江戸こらりあーず演奏会、文京シビックホール
    170821(土)15:00お江戸コラリアーズ定期演奏会、文京公会堂
    170809     TW誕生日
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170708(土)14:00在宅医療説明会(キララホール)
    170707(金)10:00池谷医院
    170706      TM誕生日
    170702(日) 集会感話
    170701      TT誕生日
    170630(金)12:20キララホールエントランスコンサート
    170628      IY誕生日
    170627(火)11:00 能城牧師来訪
    170625)日)10:10トミ子集会感話
    170625(日)14:00茅ヶ崎金子邸
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール
    170610(土)14:00内村鑑三セミナー、立教大学12号館。矢田部、椚」山
    170609(金)   TS命日
    170608(木)12:15ボリショイ「白鳥の湖」、東京文化会館
    170707(水)10:00池谷医院
    170604(日)10:00集会感話、
    170604(日)16:30近藤恵邸起工式、福島市。
    170530(火)14:00田岡氏来訪
    170527(土)14:00今井館ピアノコンサート
    170521(日)14:00新宿フィル、ブラームス1番、レスピーギ「鳥」「ローマの松」。和田睦夫
    170425       TN)誕生日
    150420(木)09:30阿伎留センター泌尿器科)
    170416(日)14:00武蔵野室内合奏団、杉並公会堂(大坪満子)


内村鑑三生誕150年記念行事準備会 ++++++++ 所感

2010/07/31 22:24


使徒伝承 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

       http://stonepillow.dee.cc/


100731(土)4時45分起床●TSK日本語版●公園でラジオ体操●14:00内村鑑三生誕150年記念行事準備会(於今井館)8名●新井明先生と帰途自由が丘で夕食懇談●眼鏡を紛失、今井館に戻るが既に締まっていて入れなかった。眼鏡なくとも道は歩けるが、小さい字が読めない。不自由な身になったものだ●帰途昭和記念公園や福生方面での花火が見えた。若い女性の浴衣姿が目立った。●21:00浅野摂郎氏と電話懇談
スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


建物の欠陥、人間の欠陥 ++++++++ 所感

2010/07/30 10:45

使徒伝承 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

       http://stonepillow.dee.cc/

100730(金)4時半起床●小雨で涼しい日で楽である。●TSK日本語版。マタイ23章。イエスのパリサイ人批判。怒りの背後には愛がある。見込みのない人間には怒りも生じない。イエスはパリサイ派は相手にしたが、サドカイ派は相手にしなかった。彼らは宗教的な祭司階級に安住していたので見込みがなかったからである。●かって尊敬するTご夫妻の家に伺って懇談させて頂いていた時、御主人が顔をしかめて「妻には欠点があるのです」と言われた。私は御夫人も尊敬していたのでこの言葉にはびっくりした。●人間には欠陥がある。完全無欠人間はいない。かって「内村鑑三の建築観と藝術観を批判する」という小論を書いたことがある。

口語訳 コロ 1:24
1:24 今わたしは、あなたがたのための苦難を喜んで受けており、キリストのからだなる教会のために、キリストの苦しみのなお足りないところを、わたしの肉体をもって補っている。


http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/uchimura4.html

いざ出そうと思ったところ某氏から止められた。一個人の人間性を見てあれが欠けている、ここが足りないというのはそもそも「方法論」が間違っているのだと反省した。人間は神ではない。欠陥人間の集合が社会であり家庭であり組織なのだと思った。●最近、私が設計に参画した建物をクソミソにいう人間が現れて(こんなひどい人間は建築人生40年でもめずらしい)ひどい目に遭っている。なにせ建築は5万部品の集合体。ケチをつけられればキリがない。立つ瀬がない。●そのケチは私に対する攻撃のため、断罪のためのケチであることがすぐ分かる。●建築は建築主が設計者と建築会社をきらいになったらケチの続出である。そういう時は心が通わない「縁のなかった」と人と判断して「逃げるより方法はない●幸い無教会者に頼まれた建築はケチらしいケチはつかないかったので感謝である。赦してくれているのである。建築は赦され続けて成り立つもの、継続するものである●結婚生活ではどうか。夫や妻からは逃げるわけにはいかない。誰でも「私は結婚に失敗した―」と思う時があるものだ。ここが人生の難しいところ。毎日、否一生涯欠陥人間と暮らしてケチを付けたりケチをつけられ続けなくでてはならない。●不幸にも欠陥人間と一緒になったら、否、結婚したら欠陥が多く見えてきたらどうするか。来世に期待するしか方法がない。直ると思わない方がよい。終末を期待するより方法はない。人生は瞬時だ。地球誕生して45億年、これをマラソン距離42キロに換算すると、人生100年は僅か1ミリだ。辛抱、辛抱。もうすぐだ。もうすぐだ。●何事も神から頂いたものだと感謝して受ければ、欠陥も欠陥でなくなる。


口語訳 ルカ 16:25
16:25 アブラハムが言った、『子よ、思い出すがよい。あなたは生前よいものを受け、ラザロの方は悪いものを受けた。しかし今ここでは、彼は慰められ、あなたは苦しみもだえている。

●ノジマでワイヤレスイヤホーンの故障を見てもらった。親切な青柳さんが一生懸命に見てくれたが直らなかった。しかしあの一生懸命さが心に残る。●続いて「地デジ」のテレビを物色した。今月発売のシャープのクアトロンは4原色で抜群の色彩。

resize1483.jpg 

五日市街道でスイカ、トマト、ナスを売っているおじさんはカブトムシも売っていた。
オス100円、メス50円、クワガタ50~300円。値段の付け方が面白かったので写真撮影した。300円のクワガタとはまたどんなものなのだろう。今日は店じまいで忙しそうだったので聴けなかった。明日また聞いてみよう。
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


崇高なるイエスの人格 ++++++++ 所感

2010/07/29 09:27


使徒伝承 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

       http://stonepillow.dee.cc/

100729(木)4時45分起床●TSK日本語版。マタイ23章に突入●今日、心に響いた個所の感想黙想

口語訳 マタ 22:43
22:43 イエスは言われた、「それではどうして、ダビデが御霊に感じてキリストを主と呼んでいるのか。


塚本訳 マタ 16:16-17
16:16 シモン・ペテロが答えて言った、「あなたは救世主、生ける神の子であります!」
16:17 するとイエスは(喜んで)ペテロに答えられた、「バルヨナ・シモン、あなたは幸いだ。これをあなたに示したのは血肉([人間]の知恵)でなく、わたしの天の父上だから

塚本訳 Ⅰコリ12:3
12:3 だから(霊の見分け方について、)あなた達に次のことを知らせる、神の霊に感じて語る者は、だれも 呪われよ、イエス!とは言わない、また聖霊に感じてでなければ、だれも、イエスは主と言うことは出来ない


口語訳 マタ 22:45
22:45 このように、ダビデ自身がキリストを主と呼んでいるなら、キリストはどうしてダビデの子であろうか」。


●崇高なるイエスの人格。圧倒される。イエスは自分をダビデよりもソロモンよりも大いなるものと自覚していた。最近の新約聖書学では「イエスには神の子の自覚や尊厳意識はなかった」というのが学会の趨勢らしいが(塚本虎二著作集第一巻月報荒井献「イエスのいわゆる『尊厳意識』」)。しかし、その趨勢は「御霊に感じていない」学者達の趨勢である。確かに詳しく読むとイエスは自分を指して「俺は神の子だ」とは言っていない。しかし言わなくても御霊に感じて「あなたこそ生ける神の子です」と告白するところに信仰の神髄がある。災いなるかな「学会の趨勢」を占める大脳皮質だけの学者達よ。 

塚本訳 マタ 12:42
12:42 また、南の国(シバ)の女王がこの時代の人と一しょに(最後の)裁きの(法廷に)あらわれて、この人たちの罪が決まるであろう。というのは、彼女は地の果てからソロモン(王)の知恵を聞きに(エルサレムに)来たが、(この人たちは、)いまここにソロモンよりも大きい者がいる(のに、それに耳を傾けない)からである。


●不幸な星の下に生まれた子供。不遇なる子供。・・・どう考えたらよいのだ。
●生まれつき頭の悪い子供。生まれたら片親(両親離婚)であった子供。親が犯罪者であった子供。生まれつき障害を持った子ども。・・・・・こういう人生どう考えたらよいのだ。
●ルカ16章15節に解決の道がありそうなので研究する。

塚本訳 ルカ 16:25
16:25 しかしアブラハムは言った、『子よ、考えてごらん、あなたは生きていた時に善いものを貰い、ラザロは反対に悪いものを貰ったではないか。だから今ここで、彼は慰められ、あなたはもだえ苦しむのだ。


●これによるとこの世と来世は逆転するようだ。しかし「来世ななんて行ってみなければわからない」。「宗教家や伝道者の話だけではないのか」。「坊主見てきたような嘘を言い」である。●人間ではなく神の子イエス自身に答えてもらおう。イエスの胸倉をつかんで「どうしてなんだよ―!」と泣こう。人生の抗議しよう。

塚本訳 ヨハ 9:1-3
9:1 イエスは通りがかりに、生まれつきの盲人を見られた。
9:2 弟子たちが尋ねた、「先生、この人が盲で生まれたのは、だれが罪を犯したからですか。この人ですか、両親ですか。」
9:3 イエスは答えられた、「この人が罪を犯したからでも、両親が罪を犯したからでもない。ただ神の御業がこの人に現われるためである。


●TSKでルカ16:25の引照を見てみよう。

*「子よ」

Luke 16:24

24そこで声をあげて言った、『父、アブラハムよ、わたしをあわれんでください。ラザロをおつかわしになって、その指先を水でぬらし、わたしの舌を冷やさせてください。わたしはこの火炎の中で苦しみもだえています』。


*「考えてごらん」

Lamentations 1:7

7エルサレムはその悩みと苦しみの日に、昔から持っていたもろもろの宝を思い出す。その民があだの手に陥り、だれもこれを助ける者のない時、あだはこれを見て、その滅びをあざ笑った。

Daniel 5:22-23

 22ベルシャザルよ、あなたは彼の子であって、この事をことごとく知っていながら、なお心を低くせず、  23かえって天の主にむかって、みずから高ぶり、その宮の器物をあなたの前に持ってこさせ、あなたとあなたの大臣たちと、あなたの妻とそばめたちは、それをもって酒を飲み、そしてあなたは見ることも、聞くことも、物を知ることもできない金、銀、青銅、鉄、木、石の神々をほめたたえたが、あなたの命をその手ににぎり、あなたのすべての道をつかさどられる神をあがめようとはしなかった。

Daniel 5:30

 30カルデヤびとの王ベルシャザルは、その夜のうちに殺され、

Mark 9:46

 46〔地獄では、うじがつきず、火も消えることがない。〕

Luke 16:23

 23そして黄泉にいて苦しみながら、目をあげると、アブラハムとそのふところにいるラザロとが、はるかに見えた。


*「あなたは生きていた時に善いものを貰い、ラザロは反対に悪いものを貰ったではないか」

Job 21:13-14

13その日をさいわいに過ごし、/安らかに陰府にくだる。  14彼らは神に言う、『われわれを離れよ、/われわれはあなたの道を知ることを好まない。

Job 22:18

 18しかし神は彼らの家を良い物で満たされた。ただし悪人の計りごとは/わたしのくみする所ではない。

Psalms 17:14

 14主よ、立ちあがって、彼らに立ちむかい、彼らを倒してください。つるぎをもって悪しき者からわたしのいのちをお救いください。

Psalms 37:35-36

 35主を待ち望め、その道を守れ。そうすれば、主はあなたを上げて、国を継がせられる。あなたは悪しき者の/断ち滅ぼされるのを見るであろう。  36わたしは悪しき者が勝ち誇って、レバノンの香柏のようにそびえたつのを見た。

Psalms 49:11

 11まことに賢い人も死に、愚かな者も、獣のような者も、ひとしく滅んで、その富を他人に残すことは人の見るところである。

Psalms 73:7

 7それゆえ高慢は彼らの首飾となり、暴力は衣のように彼らをおおっている。

Psalms 73:12-19

 12彼らは言う、「神はどうして知り得ようか、いと高き者に知識があろうか」と。  13見よ、これらは悪しき者であるのに、常に安らかで、その富が増し加わる。  14まことに、わたしはいたずらに心をきよめ、罪を犯すことなく手を洗った。  15わたしはひねもす打たれ、朝ごとに懲らしめをうけた。  16もしわたしが「このような事を語ろう」と言ったなら、わたしはあなたの子らの代を誤らせたであろう。  17しかし、わたしがこれを知ろうと思いめぐらしたとき、これはわたしにめんどうな仕事のように思われた。  18わたしが神の聖所に行って、彼らの最後を悟り得たまではそうであった。  19まことにあなたは彼らをなめらかな所に置き、彼らを滅びに陥らせられる。

Luke 6:24

 24しかしあなたがた富んでいる人たちは、わざわいだ。慰めを受けてしまっているからである。


Romans 8:7

7なぜなら、肉の思いは神に敵するからである。すなわち、それは神の律法に従わず、否、従い得ないのである。

Philippians 3:19

 19彼らの最後は滅びである。彼らの神はその腹、彼らの栄光はその恥、彼らの思いは地上のことである。

1 John 2:15

 15世と世にあるものとを、愛してはいけない。もし、世を愛する者があれば、父の愛は彼のうちにない。



*「だから今ここで、彼は慰められ、あなたはもだえ苦しむのだ」


Luke 16:20

20ところが、ラザロという貧しい人が全身でき物でおおわれて、この金持の玄関の前にすわり、

John 16:33

 33これらのことをあなたがたに話したのは、わたしにあって平安を得るためである。あなたがたは、この世ではなやみがある。しかし、勇気を出しなさい。わたしはすでに世に勝っている」。

Acts 14:22

 22弟子たちを力づけ、信仰を持ちつづけるようにと奨励し、「わたしたちが神の国にはいるのには、多くの苦難を経なければならない」と語った。

1 Thessalonians 3:3

 3このような患難の中にあって、動揺する者がひとりもないように励ますためであった。あなたがたの知っているとおり、わたしたちは患難に会うように定められているのである。

Hebrews 11:25

 25罪のはかない歓楽にふけるよりは、むしろ神の民と共に虐待されることを選び、

Revelation of John 7:14

 14わたしは彼に答えた、「わたしの主よ、それはあなたがご存じです」。すると、彼はわたしに言った、「彼らは大きな患難をとおってきた人たちであって、その衣を小羊の血で洗い、それを白くしたのである。


●次にこの個所を「WEB黒崎」で学んでみよう。

16章25節 アブラハムふ「よ、おもへ、なんぢはけるうちなんぢのものけ、ラザロはしきものけたり。いまここにてかれなぐさめられ、なんぢもだゆるなり。[引照]

口語訳アブラハムが言った、『子よ、思い出すがよい。あなたは生前よいものを受け、ラザロの方は悪いものを受けた。しかし今ここでは、彼は慰められ、あなたは苦しみもだえている。
塚本訳しかしアブラハムは言った、『子よ、考えてごらん、あなたは生きていた時に善いものを貰い、ラザロは反対に悪いものを貰ったではないか。だから今ここで、彼は慰められ、あなたはもだえ苦しむのだ。
前田訳アブラハムはいった、『子よ、思いおこせ、おまえは生前よいものを受け、ラザロは同じく生前悪いものを受けた。今ここでは彼が慰められ、おまえはもだえる。
新共同しかし、アブラハムは言った。『子よ、思い出してみるがよい。お前は生きている間に良いものをもらっていたが、ラザロは反対に悪いものをもらっていた。今は、ここで彼は慰められ、お前はもだえ苦しむのだ。
NIV"But Abraham replied, `Son, remember that in your lifetime you received your good things, while Lazarus received bad things, but now he is comforted here and you are in agony.
註解: 富者は前節に「父アブラハムよ」と言いてアブラハムの子孫であることの自覚を表顕したのであるが、アブラハムも本節において富者に対して反感らしいものを有たず、唯この世における生活態度がその人の永遠の運命を決定すること、そしてモーセと預言者とに真実に服(したが)う者はイエスを信じて救われ、反対にたとい聖書を学んでも真実にこれに服(したが)おうとしない者は復活のイエスを見てもこれを信じないことを示す。富者が「生ける間に善き物を受けた」という理由だけで、かかる苦悩に遭うのであるとアブラハムは言っているのであるが、彼が少しもラザロを憐まなかったことが重大なる理由を為していることは言外に含まれ、パリサイ人らがこれを聴いて自然自己の良心に反省させられるようにされたのであった。結局余裕あるほど資産が一人に与えられるのはこれを有効に神のために使用するがためであるのだから、これを自己に保留して「富者」となること、またさらにこれを自己の享楽に使用すること、そのことの中にすでに永遠の死に値する罪があることは何人も認め得る処である。
要義1 [貧富の問題]この寓話は金銭を愛するパリサイ人に対する教訓として残されたのであるが、これは一般に貧富の問題に対して多くの示唆を与えていることを注意しなければならない。元来貧富の差の書ずる原因は本人の能力のみならず、運命、健康、社会状態等、種々の原因があり、また一面道徳的に事業を経営するより来る利益によることもあり、また他面悪事を行って利益を得、これによって富を蓄積する場合も多くあり得るのである。従って富を凡て善行の報いと見ることもできず、また反対にすべて悪行の結果とも見ることが出来ない。貧も同様である。唯如何なる場合においても凡ての富は神のものであり、神のため、また凡ての人のために存するものであることは不動の真理であり、貧富の問題の解決の大前提である。従って如何なる富者もその富を自己の奢侈享楽のために消費する権利はなく、また富の不公平なる分配や偏在が一般の不幸を来たらしむるごとき事態は許すことができない。その富が全く正当に得られたものであっても同様である。この比喩における富者の死後の運命は、この立場より考えて極めて正当なる結論であることを見ることができる。

要義2 同様に貧者の方でも、たとい自己の貧が自然力や社会の変遷などの不可抗力から来た場合でも、富者のものを掠奪する権利がなく、従順に神の与え給える運命に服従すべきである。いわんや自己の怠惰等から貧困に陥った場合はなおさらである。神は如何なる場合でも暴力による掠奪を認め給わず、また反対に富者の剰余的富の私有を許し給わない。


●高橋の結論。神には出来ないことはない。神の主権でこの世で不遇だった人は信仰の有無に関係なく、来世で慰められる。なぜか。神は「父」である。親心があるからだ。

マタ   19: 26 [塚本訳

イエスは彼らをじっと見て言われた、「これは人間には出来ないが、『神にはなんでも出来る。』」

マコ   10: 27 [塚本訳

イエスは彼らをじっと見て言われる、「人間には出来ないが、神には出来る。『神にはなんでも出来る。』」

ルカ   1: 37 [塚本訳

『神には何一つ出来ないことはない』のだから。」

ルカ   18: 27 [塚本訳

イエスは言われた、「人間に出来ないことが、神には出来る。」

ロマ   2: 11 [塚本訳

神にはえこ贔屓がないからである。

Ⅱコリ  5: 11 [塚本訳

このようにわたし達は主の(裁判の)恐ろしさを知っているので、(非難者の言葉を借りれば、)人々を「説得している」のであるが、わたし達(に私心)の(ない)ことは神には知られている(筈である)。しかしあなた達の良心にも知られることを望むのである。


resize1479.jpg 
朝の光、キリストは救いの光


resize1480.jpg 
畑の中の一時の憩い。鬼ゆり。ほっとする


resize1482.jpg 
蜘蛛の巣にかかった蛾。近づくと羽をぶんぶん震わせて「放してくれ、放してくれ」と叫んでいるように感じられたので、棒を持ってきて逃がした。次の聖書の句を思い出した。

塚本訳 ルカ 13:16
13:16 この女はアブラハムの末であるのに、十八年ものあいだ、悪魔が縛っていたのだ。安息の日だからとて、その(悪魔の)縄目から解いてはならなかったのか。」

●しかし蛾は解放したが、蜘蛛の食料を奪ってしまったのかなーと思って矛盾を感じた。
●残る生涯、罪と死の縄目に「解放してくれ、解放してくれ」と叫んでいる人にその苦悩から解放する十字架の血潮の福音を伝えねばならないと思った。

resize1481.jpg 
北側から見た愛する我が家。終(つい)の住処


●思想や言葉や行為は何事も心に浮かんだことの結果である。同じように「御霊に感ずる」ということも思想や行動のもとになる。それは神秘的なことで、生まれつきの人間の「心」や「大脳皮質」による事ではない。●「御霊をもたない人」の言葉もそれを聞く人が「御霊に感じれば」それは神の言葉になることもある。●カヤパの発言を御霊に感じれば神の言葉となったことがその例である。(ヨハ11:51)●最近の出来事であるが、私に向って「恥ずべきえげつない暴言」を吐いた悪質な人間がいたが、私はその「悪魔的暴言」を神の私への指図と御霊によって感じた。神はその人に聞くに堪えないえげつない暴言(今頃本人も恥入っているに違いない)を吐かせて私に方向を示したのだと感じる。●実人生の修羅場こそ聖書理解の道場 である。

塚本訳ヨハ 11:51
11:51 しかしこれは、カヤパが自分から言ったのではない。その年の大祭司であった彼は、イエスが国民のために死なねばならぬことを、(自分ではそれと気付かずに、神の預言者として)預言したのである。









トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


主が家を建てられるのでなければ ++++++++ 所感

2010/07/28 12:55



使徒伝承 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

       http://stonepillow.dee.cc/


010728(水)4時45分起床●TSK日本語版。マタイ22章から15節●今日のところの感話。
口語訳 マタ 22:29
22:29 イエスは答えて言われた、「あなたがたは聖書も神の力も知らないから、思い違いをしている。

●これは恐ろしい言葉である。具体的にいえば「眼鏡がないので何も見えないのである」。最近で始めた3Dテレビ(立体テレビ)を眼鏡なしで見るからぼやけて見えるのと同じである。●見えないから思想も狂う。●同じことが次の句にも関係する。


口語訳 詩  127:1
127:1 主が家を建てられるのでなければ、建てる者の勤労はむなしい。主が町を守られるのでなければ、守る者のさめているのはむなしい。


新改訳 詩  127:1
127:1 主が家を建てるのでなければ、建てる者の働きはむなしい。主が町を守るのでなければ、守る者の見張りはむなしい。


新共同 詩  127:1
127:1 【都に上る歌。ソロモンの詩。】主御自身が建ててくださるのでなければ/家を建てる人の労苦はむなしい。主御自身が守ってくださるのでなければ/町を守る人が目覚めているのもむなしい。


●建物は神の祝福がなければ建たない。50年の建築人生で「家を建てられる人格」と「建てられない人格」があることを経験的に分かるようになった。経験を積むと初対面で「この人格は家を建てられる人であるかどうかが」がすぐ分かるものである。●人を人と思わない悪質な人間は設計者や工事会社をいじめる。そういう人は何とか家が建っても「家庭が潰れる。会社が潰れる。組織が潰れる。」なぜか。弱い者いじめをする人間は神が復讐するからである。●某会社の社長は初対面の時に「違反建築してでも設計して下さい」と私に言った。こういう場合はすぐ設計をお断りするのであるが、なぜかその時は設計を引きうけて合法的に処理した。しかしその会社は間もなく潰れた。天罰があたった。あのような人格の人間は神が黙っちゃいなかったのだ。●神も正義もあるものか、あるのは人間の知恵だけだという人間は神が家を建てさせない。人間の知恵であくせくして何とか建っても間もなく消える。この事を指してr聖書は「建てる者の勤労はむなしい」というのだ。気の毒なのは設計者、建築会社。●人は職業生活でそういう「悪い人間」に仕事を頼まれないようにするのが幸福の道である。●最近はキリスト教の団体の中にこういう悪質建築担当者がいるから困る。キリストの顔に泥を塗っている。必ず天罰があたる。神は見ている。神が裁く。●一般職業世界での苦労は聖書の神髄を教えてくれるものだ。

文語訳  ロマ 8:28
8:28 神を愛する者、すなはち御旨によりて召されたる者の爲には、凡てのこと相働きて益となるを我らは知る。

塚本訳 ロマ 8:28
8:28 そればかりではない。(わたし達の救いは次のことからも確かである。)わたし達が知っているように、神を愛する者、すなわち(神の)計画に応じて召された者には、すべてのことが救いに役立つのである。

●6:30公園でラジオ体操●今井館の問題でNE氏と長電話。●昨日NHKFMですばらしい歌曲が放送された。ドイツ民謡「真実の愛」である。どこかで聞いたことがあると思ったら、昭和女子大の卒業式で卒業生が歌う歌であった。


歌詞

真実の愛 堀内敬三訳詞

いかで君と別れゆかん
ふかく慕うこの身の
熱き思い君に通じ
こころ永久にかわらじ


この演奏は鮫島有美子のものが定番のようだ。検索エンジンで「ドイツ民謡 真実の愛 試聴」でヒットすると約1分程度聴ける。お勧め。一瞬讃美歌のようだ。


●15:30「午後三時祈りの友」会員の星野利男さんを妻と見舞う。全盲、難聴でお気の毒である。しかし信仰はしっかりしておられるのは御立派。87歳。

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


神かカイザルか ++++++++ 所感

2010/07/27 13:07

使徒伝承 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

       http://stonepillow.dee.cc/


100727(火)5時起床●TSK日本語版。マタイ22章のうちの15節●次の所を黙想。

口語訳 マタ 22:21
22:21 彼らは「カイザルのです」と答えた。するとイエスは言われた、「それでは、カイザルのものはカイザルに、神のものは神に返しなさい」。


塚本訳 マタ 22:21
22:21 「皇帝のです」と彼らが言う。すると言われる、「では皇帝のものは皇帝に、神のものは神に返せ。」

●キリスト教2000年の超難解なこの句を無教会人生の体験的解釈は次の通り。つまり「この世のことは全部譲ってもこと信仰に関することは絶対に譲るな」。事例の数々。

●私達の結婚は「この世のことは譲っても信仰だけが条件」で、お互いに顔を見ないで承諾した。●つまり、家柄、学歴、要望、人間性などは考えないで神の指示と思って結婚を決意。●妻はクリスチャンと結婚できなければ一生独身で通すという信念であった。私も同様であった。トミ子と結婚するようにと「膝詰め」で迫ったOさんは、私が承諾した時に、手を叩いて喜んで下さった。あの瞬間は今でも忘れないがそれは新宿紀伊国屋書店2階の喫茶店であった。その0さんは故人になられ、今は妻の郷里に眠っておられる。Oさんにはお子様がおられなかった。●設計事務所で働いていた時、役員から「忙しいので明日は日曜出勤してくれ」と言われたが、「明日は集会(礼拝)に行くので働けません」と言った。するとその役員は「よろしい。それが君のレゾン・デートル(存在理由)だ」と逆に褒めて下さった、その役員は「祈ることができる人」ということで私を事務所に招いて下さった方である。すでに故人になられた。●子供の一人の結婚問題の時、妻は「信仰だけは失わないでほしい」と言い、私は結婚相手に「信仰を支えてほしい」とただ一つ要望をだした。●私としては国家が戦争を強要(これカイザルの事)すれば仕方なく行くが、信仰を捨てよと言ったら死を持って抵抗する。こういう戦いこそ死にがいがあるというものである。男一匹、この世のつまらない(カイザルの)ことでは死ねない●「有体的復活」を批判する人間は私の「敵」。死を賭して戦う。「社会問題などこの世の低級な(カイザルの)ことで見解の相違があってもこの信仰の事(神のもの)だけは譲れない、妥協できない。このことがわたしにとって「神のものを神に返す」ことだ。●人生の曲がり角でそれが神のものかカイザルのものか判別しにくいときはそのとき「神が教えてくれる」。

塚本訳 マタ 10:19
10:19 人々があなた達を(裁判所や役人に)引き渡した時には、いかに、何を言おうかと心配するな。何を言うべきかは、その時に(神から)授かるのだから。

塚本訳ロマ 8:26
8:26 しかし(創造物やわたし達神の子が苦しんでいると)同じように、御霊も、弱いわたし達を助けてくださる。すなわち、(神のみ心にかなうには)どう何を祈るべきかわからないので、御霊自身が、無言の呻きをもって(わたし達の祈りを神に)執り成してくださるのである。


●人から非難攻撃されるときは大抵は「罠にかけようとして」迫って来るものだ。難しく簡単には答えられないような難問で迫って来る。絶対絶命の窮地にに追い込もうとしてくる。その悪質な動機を持つサタン的人間に対しては神が逆襲して下さる。そういう人間は大抵が間もなく重い病気になる。気の毒だが仕方がない。それまでじっと我慢の無抵抗だ。

口語訳 マタ 22:15
22:15 そのときパリサイ人たちがきて、どうかしてイエスを言葉のわなにかけようと、相談をした。

塚本訳Ⅰコリ15:55-57
15:55 『死よ、どこに、お前の勝利は。死よ、どこに、お前の剣は』。
15:56 ──死の剣は罪である、罪の力(の源)は律法である。──
15:57 しかし神に感謝あれ、勝利をわたし達の主イエス・キリストによってわたし達にお与えになる神に!

塚本訳 ロマ 8:31
8:31 すると、それはどういうことになるのだろうか。──神がわたし達の味方である以上、だれがわたし達に敵対できるか。
 

resize1478.jpg 

あきる野の夕暮れ。今日も暑い日であった。

讃美歌535番


1. きょう を も おくりぬ, しゅ に つかえて,

   よ の ひかげ うつれど も,

   あまつ いのち ひ に ひ に

   ちかく ぞ ある

 

(Refrain)

   みむね かしこみ

   いそしめる み に,

   いこい を つぐる

   あした の かね.

 

2. きょ う も おくりぬ, しゅ に つかえて,

   みめぐみ を よ に つたえ,

   みな の さかえ かたる は

   たのしき かな.

 

3. いか に さち なる わが つとめ や.

   なやみ に も のぞみ あり,

   しゅ よ, みむね に かなわば,

   あす も つくさん.


●夕食の祈り。危篤の母が安らかに召されますように。

 

 





トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


土用の丑の日 ++++++++ 所感

2010/07/26 20:12

100726(月)4時45分起床●TSK日本語版。マタイ21-22の15節。本日感じたところ。

口語訳 マタ 22:6-7
22:6 またほかの人々は、この僕たちをつかまえて侮辱を加えた上、殺してしまった。
22:7 そこで王は立腹し、軍隊を送ってそれらの人殺しどもを滅ぼし、その町を焼き払った。

●神は「怒る」「殺す」「焼く」。神は福徳円満なお方ではない。その怒りがあるから十字架が必要なのである。●某医師(病院名は伏せる)が電話でかっとなって怒っていたが、あまりみっともよいものではなかった。(自戒)。●ゆき皮膚科、図書館で「音楽の友」●夕食は「土用の丑の日」でウナギ丼。感謝。点滴だけで生きている母に「悪いなー」と思う●「危篤の母が安らかに召されますように」ということを毎夕食時に妻と熱心に祈る。。●連日猛暑であるが、一度もクーラーを付けずに頑張った


resize1476.jpg 

朝日、7月26日4:55分。東の窓。神は悪人にも善人にも日を上らせる。

resize1477.jpg 

夏の我が家。


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


人生、全生涯が「涙の谷」 ++++++++ 所感

2010/07/25 13:18

使徒伝承 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

       http://stonepillow.dee.cc/

100725(日)5時起床●本日の家庭礼拝の準備、詩篇84編をTSK引照で学ぶ●6:30公園でラジオ体操●10:00妻と二人で家庭礼拝。詩編の真珠と言われている84編の勉強●これは6節がポイント。

文語訳 詩  84:6
84:6 かれらは涙の谷をすぐれども其処をおほくの泉あるところとなす。また前の雨はもろもろの惠をもて之をおほへり

口語訳 詩  84:6
84:6 彼らはバカの谷を通っても、そこを泉のある所とします。また前の雨は池をもってそこをおおいます。


新改訳 詩  84:6
84:6 彼らは涙の谷を過ぎるときも、そこを泉のわく所とします。初めの雨もまたそこを祝福でおおいます。

新共同 詩  84:7
84:7 嘆きの谷を通るときも、そこを泉とするでしょう。雨も降り、祝福で覆ってくれるでしょう。

●詩篇84編のTSKを打ち出してプリントしたものを妻と交互に朗読。讃美歌は90と382。
●塚本虎二先生の「バーカーの谷」という講演の次の個所に胸が詰まった。(聖書知識34号P24)
 「幸福なるは神を知り、神と共にあることである。・・・・・・神と共にあるべきこの特権と幸福とを得んが為には、全生涯バーカーの谷を歩み続くることをも厭わぬ者である。」
「人生は所謂バーカーの谷である。それは歓喜の散歩場(プロムナード9ではなくして、涙の谷である。死の谷である。」「しかし・・・・・涙を流し、傷ついた足引きづりながらも、春野を分けゆくような喜悦を以て、讃美歌を歌いつつ、これを過ぎゆくことが出来る。然り、バーカーの谷それ自身がエルサレムの宮である!」

●家庭礼拝終了後に妻と打ち合わせ。結婚してすぐに二人で作成した塚本虎二先生の「聖書知識索引」をエクセルで打ち込みインターネットで公表する計画。この索引は多くの人に感謝されてきたものだ。●まず二人がエクセルの習得が必要●Mから熱中症見舞いと夏休みの相談。
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


不幸なる出会い ++++++++ 所感

2010/07/24 14:39

100724(土)4時45分目覚め。朝の黙想「不幸なる出会い」●TSK日本語版。深く感じたところ。


塚本訳 マタ 21:27
21:27 そこで「知らない」とイエスに答えた。イエスも言われた、「ではなんの権威であんなことをするのか、わたしも言わない。


●何を言っても通じない人には答えるだけ無駄。そういう時は何も言わない方が賢いが、沈黙していると不利になる時は、なぜ答えないのかの説明も必要だなー。こういうとき私は沈黙することにしていたがその本音は「この人には言ってもとうてい通じない」と思うからである。しかし今後は言おうかな―。通じない事の最たる事は「信仰」のこと、次は藝術観。これ分からない人にはわからない。●かって「照チャン。俺は音楽というと皆同じに聞こえてしまうのだ」と言った人がいる。これは「宗教は皆同じに見えてしまう」というのと同じで、大脳皮質へ向っての説明は絶対に無理。建築藝術も同じであfる。ある人はとても素晴らしいと感謝してくれる場合もあるが、クソミソに言う人もいる。「使いにくい」などとクロミソ言う人はほとんどが私を嫌いな人であって、「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」の気持なのである。こういう人にはいくら弁解して、設計のいきさつや意図を説明しても到底無理。残念ながら「御縁」がなかったとみなさざるをえない。「じっと我慢しているしか」方法がない。「そうですねー、そうですね―」と言っておくしか方法がない。不幸なる出会いであった。永遠のお別れである。


塚本訳 マタ 21:29
21:29 長男は『いやです』と答えたが、あとで後悔して出かけた。

●人間であれば、いつか後悔するか恥じるという時が来る。これ人生の希望である。ヒルティはこのことを「この世には倫理的世界秩序というものが厳然として存在することを固く信ぜよ」と言っている。だから復讐はしない方がよい。逆襲しない方がよい。神が復讐して下さる。逆襲して下さる。私のことをクソミソに非難攻撃したアノ人は今頃後悔しているか恥じているのだろうか。もしそうでなければ神はとことん厳罰の追及の手を緩めず、地獄の業火(それはこの世で与えらえる)に投げ込んで悔い改めを迫るであろう。それでもだめなら神は「永遠の死」を与えるであろう。
可哀そうな人間よ。気の毒な人間よ。

resize1475.jpg 

昨日切った庭の蠟梅の枝を整理して束ねている妻。市役所のゴミ収集車が来る。

●ゆき皮膚科。図書館の冷房の効いた部屋で「中澤樹著作集」を読む。「伝統」に関する論考。●かってTS先生と御一緒に中澤先生をお訪ねして「無教会」の事をお伺いした事がある。●シャルパンティエ「真夜中のミサ」をCDで2種類観賞。福音の喜び。弾むような音楽 は素晴らしい。 ●NE氏より電話。今井館問題●妻は夕方から合唱の練習

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


汗は血の薬 ++++++++ 所感

2010/07/23 11:00



使徒伝承 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

       http://stonepillow.dee.cc/



100723(金)4時45分起床●TSK日本語版。昨日の分。マタイ21章の15節分。次の句に感じ入った。

口語訳 マタ 21:13
21:13 そして彼らに言われた、「『わたしの家は、祈の家ととなえらるべきである』と書いてある。それだのに、あなたがたはそれを強盗の巣にしている」。

●教会や無教会集会は財政難。そういうときこの世の営利会社で培った金儲けの知恵を教会に持ちこんで幅を利かす「長老や役員」なるものがいる。この世のことに疎い牧師はそういう金を握る「長老役員」に支配されて気の毒な思いをしている。「祈りの家」であるべきところが「強盗技術」に長けた人間の巣になっている。

●6:30公園でラジオ体操●9:30庭の蠟梅の木の枝を下ろす。汗だくで風呂に入る。ゴルフクラブの大浴場を思い出した。ゴルフクラブではなくノコギリ。●汗をかくことは「思想が健全になる」。ヒルティは「汗は血の薬である」と言ったが至言●神学や哲学や教会論や信仰論で争いのある人は肉体労働をして汗を流せば思想が矯正される。●独立学園、愛農高校、愛真高校の卒業生たちは肉体労働をする分野で働いているのは正解。聖書がよく理解できるのは労働者。●ヒルティは天使は働いている人の所に来るという。また苦闘している人の所に現れる。 極度の苦しみに陥っている人、人から責められて絶体絶命になっている人のところに現れて励まして下さる。


マタ   28: 5 [塚本訳

天使は女たちに言った、「恐れることはない。あなた達は十字架につけられたイエスをさがしているようだが、

マコ   1: 13 [塚本訳

イエスは四十日のあいだ荒野にいて、悪魔の誘惑にあわれた。(そのあいだ)野獣の中におられたが、イエスには天使たちが仕えていた。

ルカ   1: 13 [塚本訳

天使が言った、「ザカリヤ、『恐れることはない。あなたの』(かねての)祈りは『聞きいれられた。』妻エリサベツは男の子を産むであろう。その名をヨハネとつけよ。

ルカ   1: 28 [塚本訳

天使は乙女の所に来て言った、「おめでとう、恵まれた人よ、主があなたとご一しょだ!」

ルカ   1: 30 [塚本訳

天使が言った、「マリヤよ、恐れることはない。神からお恵みをいただいたのだから。

ルカ   1: 34 [塚本訳

マリヤが天使に言った、「まだ夫を知らぬわたしに、どうしてそんなことがありましょうか。」

ルカ   1: 35 [塚本訳

天使が答えた、「聖霊があなたの上に臨み、いと高きお方の力があなたを掩いかくすであろう。それゆえ(あなたから)生まれるものは、『聖』であり、神の子『と呼ばれる。』

ルカ   2: 10 [塚本訳

天使が言った、「こわがることはない。いまわたしは、(イスラエルの)民全体への大きな喜びのおとずれを、あなた達に伝えるのだから。

ルカ   22: 43 [塚本訳

そのとき天から一人の天使がイエスに現われて、力づけた。

ルカ   24: 23 [塚本訳

お体が見つからずにかえって来て、天使たちがあらわれ、あの方は生きておられる、と告げたと言うのです。

ヨハ   20: 13 [塚本訳

天使がマリヤに言う、「女の人、なぜ泣くのか。」マリヤが言う、「わたしの主を取っていった者があります。どこに置いたのかわかりません。」

●ヒルティはまたよいひらめきや発想は肉体労働の最中に起こるという。これまた至言。内村鑑三全集、カールバルト著作集を読まなくても聖書はわかる。●今日、それらの大全集を読んでいる人が幅を利かせているのは福音のために「不利」。バリヤーになっている。●昨日と本日、今井館問題で、NE氏、AS氏と電話で長懇談●内村研究の第一人者OT氏と懇談●TK氏から電話があって懇談。今井館資料館の設計を高く評価して下さった。過日はこれをクソミソに言う「目のない人」にぶつかっただけに、非常にうれしかった。人間の格はかくも違うものかとも思った。●ラスキンをダスキンとしか思えないような人とは建築の話は出来ない。心血注いで設計した建築をクソミソに言う人間は人間として最低の屑。神が裁く。神が裁く。●建築主は人間が出来てなければ家は建たない。設計者も建築会社も建築主の質を見る。設計者や建築会社をいじめる人は「家を建てることはできない」。神が建てさせない。●40年も建築をやっていると二言三言聞いただけでこの人は家を建てられるだけの資格があるのかどうかが判断できる。その建築が神に祝福されているのかどうかが分かるのだ。●悪質な建築主の仕事は引き受けない方がよい。心が汚染される。●キリスト教の中にトンデモナイ悪質な建築主がいて、次々とトラブルを起こしている。設計者や建築会社をいじめている。神に祝福されない家は間もなく行き詰る。

塚本訳 マタ 15:13
15:13 イエスは答えられた、「わたしの天の父上がお植えにならないものは皆、引き抜かれる。

●歯がポロリと折れたので急遽歯医者へ。どのように修復するのか興味があったが、そこはプロの道、根が残っていたのでそこに穴を開けて柱を建てて歯を作ると言う。





トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


建物も信仰も一代。 ++++++++ 所感

2010/07/22 18:36


使徒伝承 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

       http://stonepillow.dee.cc/


100722(木)5時起床●朝の黙想。「建物は一代、信仰も一代」●建築主の信頼と愛情に応える形で心血を注いで設計し建築した建物はその初代建築主による注文品である。だからその建築主が亡くなって別の人間(子供とか次の世代の人間)には使いにくいものになったり、不便ばかりが目につくものだ。●現実には2代目から「使いにくい建物だ」などと批判されている。設計内容を口汚くめちゃくちゃに言われている。アタリマエダ。初代のために作ったものだから2代目に合うはずはない。初代の愛情と信頼のもとに捧げた建築である。民度の低い割礼なき人間に捧げたものではない。「不便で与りまえだ」。建築は一代限りのものだ。物理的塊として残ってもそこに感謝の気持ちが失せているから命はない。「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」でなにを見ても不満だらけである。そんなに不便なら跡形もなくきれいさっぱり早く壊してもらいたい。●同じく信仰も一代だ。信仰は神がその人に特別に神の国の真理を啓示してくださるものだから、特徴がある。その内容を世襲として子や孫に形態だけで残そうとするから福音が伝承されないのである。信仰は神がその人に賜う一代限りの恩恵である。悲しく淋しいが仕方がない。神の主権にのみ代々栄光あれ。
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


「ほっとする」ということ ++++++++ 所感

2010/07/21 08:39





使徒伝承 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

       http://stonepillow.dee.cc/



100721(水)4時半起床●朝の黙想「ほっとする」ということ●独立伝道者の藤尾正人さんが1975年にパンフレッドで出された「ほっとしなきゃ福音じゃない」は、キリストの体なるエクレシアのあるべき姿を的確に言い表している。このことで最近藤尾さんとメールの交換をしたので、私からのものを掲げる。

藤尾正人さんへのメール (一部改変)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

藤尾正人 様

 

「ほっとしなきゃ福音じゃない」始め多数の文献をお送り下さり、感謝します。

藤尾様の文章を拝読させていただき「ほっと」して胸襟を開いて申し上げます。

無教会集会は「儒者」のような人が多すぎて「ほっと」しないので、若者が来ないのであると思います。

独立学園の記念館には鈴木、政池の肖像写真、今井館に行けば内村、矢内原の肖像写真、これらは皆「立派な儒者」の雰囲気です。

あの顔の前では「ほっと」できません。福音の「ほっと」が欠けています。無教会の構造的な根本的欠陥と思いますが・・・「絶対恩恵による、無条件の罪の赦し」という立場を見失っているのではないでしょうか。藤尾様に教会内の悩みを漏らされたという一御婦人の教会も「ほっと」しない何か構造的欠陥があるのではないでしょうか。といって無教会集会も「ほっと」せず、最近ではパラパラとカトリックに走る人がいます。

かくいう私の場合です。子供達が野球のテレビを見ているときに私が帰ってくると、子供達はあわててスイッチを切りました。私の存在が「ほっと」しなかったのです。しかし4人の子供は現在キリストに顔を向けてくれているのは、妻の存在が「ほっと」したからだと思い、感謝しています。

この度は「ほっとする」という福音の本質にかかわる重大なことを考えさせて頂きました。ありがとうございました。(以下省略)


次のメール




人は向き向きで、カトリックでほっとする人、プロテスタント教会でほっとする人、無教会でほっとする人、

人それぞれであり、それなりのもっともな理由があると思います。私の場合は塚本虎二先生によってプロテスタント教会の桎梏から解放されてほっとしました。それから50年間無教会の歩みです。日本人に対する神の「無教会の恩恵」は「ほっとする」という概念と共に「しっくりする」というものでもありました。しかしここへきて、かなりの人が無教会ではほっとしない、しっくりしないという声が上がっているのも現実です。

現代において全部の教会(無教会)に共通なことは、「有体的復活と、有体的再臨」の正統信仰が希薄になっているのは「事実」です。

私が「有体的復活」を叫ぶと、反応がなかったり、ひどいのはそれは高橋の造語だなどと批判する人さえいます。

今日、キリスト教、特に無教会が衰退している原因はこの正統信仰の喪失であると感じます。霊のキリストの不在がほっとしない原因です。

これは残念ながら明快です。キリストの体なるエクレシヤの本質は「ほっと」する要素があるか否かだと思います。この観点から藤尾様の「ほっとしなきゃ福音でない」という命題は大真理であると信じます。下記は私が有体的復活を信ずるにいたった「証」です。お時間があれば御一瞥ください。

 

http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/guno-sisukeikou.htm

 

http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/myrtus99.htm

 

http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/karadanoyomigaeri.htm

 

http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/riyu.htm


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
藤尾正人さんへのメール終わり




●TSK日本語版、マタイ21章に突入。今日は「ろば」について思いを馳せた。ロバは戦いの動物ではない。黙々と荷物を背負う性質がある。イエスが軍馬でなくロバに乗ってエルサレム入場したことに深い意味がある●この精神の聖書的関連個所を思いつくままに書く。  

塚本訳 マタ 5:38-42
5:38 あなた達は(昔の人がモーセから、)『目には目、歯には歯』──(人の目をつぶした者は自分の目で、人の歯を折った者は自分の歯で、つぐなわなければならない)と命じられたことを聞いたであろう。
5:39 しかしわたしはあなた達に言う、悪人に手向かってはならない。だれかがあなたの右の頬を打ったら、左をも向けよ。
5:40 (裁判所に)訴えて下着を取ろうとする者には、上着をも取らせてやれ。
5:41 だれかが無理に一ミリオン[一キロ半]行かせようとするなら、一しょに二ミリオン行ってやれ。
5:42 求める者には与えよ、借りようとする者を断るな。


口語訳 イザ 53:7-8
53:7 彼はしえたげられ、苦しめられたけれども、口を開かなかった。ほふり場にひかれて行く小羊のように、また毛を切る者の前に黙っている羊のように、口を開かなかった。
53:8 彼は暴虐なさばきによって取り去られた。その代の人のうち、だれが思ったであろうか、彼はわが民のとがのために打たれて、生けるものの地から断たれたのだと。


塚本訳 使  8:32
8:32 読んでいた聖書の文句はこれであった。『屠り場に引いてゆかれる羊のように、毛を切る者の前に黙っている小羊のように、彼は口を開かない。

塚本訳 ヨハ 13:5-8
13:5 それから盥に水を入れて、ひとりびとり弟子たちの足を洗っては、(腰に)巻いた手拭で拭き始められた。
13:6 こうしてシモン・ペテロの所まで来られると、ペテロが(こばんで)言う、「主よ、わたしの足を、あなたが洗われるのですか。」
13:7 イエスが答えて言われた、「わたしが何をしているのか、いまはあなたにわからない。(わたしがいなくなった)あとでさとるだろう。」
13:8 ペテロが言う、「わたしの足は、いつまでも絶対に洗わないでください。」イエスは答えられた、「わたしが(足を)洗ってやらないなら、あなたはわたしとなんの関係もない人だ。」

●クリスチャンがこの世の人、あるいは同じクリスチャンから非難攻撃されるときは「この世の法律」を根拠にされる。私はひどい目に遭っていある。そんな時は次の聖句で我慢すべきである。塚本訳の敷衍がよい。


塚本訳マタ 5:40-42
5:40 (裁判所に)訴えて下着を取ろうとする者には、上着をも取らせてやれ。
5:41 だれかが無理に一ミリオン[一キロ半]行かせようとするなら、一しょに二ミリオン行ってやれ。
5:42 求める者には与えよ、借りようとする者を断るな。




●この聖句をTSKで深く学んでみよう。


●マタ 5:40

5:40 あなたを訴えて、下着を取ろうとする者には、上着をも与えなさい。

 

*「節全体」

Luke 6:29

29あなたの頬を打つ者にはほかの頬をも向けてやり、あなたの上着を奪い取る者には下着をも拒むな。

1 Corinthians 6:7

 7そもそも、互に訴え合うこと自体が、すでにあなたがたの敗北なのだ。なぜ、むしろ不義を受けないのか。なぜ、むしろだまされていないのか。

 

 

●マタ 5:41

5:41 もし、だれかが、あなたをしいて一マイル行かせようとするなら、その人と共に二マイル行きなさい。

 

*「しいて」

Matthew 27:32

32彼らが出て行くと、シモンという名のクレネ人に出会ったので、イエスの十字架を無理に負わせた。

Mark 15:21

 21そこへ、アレキサンデルとルポスとの父シモンというクレネ人が、郊外からきて通りかかったので、人々はイエスの十字架を無理に負わせた。

Luke 23:26

 26彼らがイエスをひいてゆく途中、シモンというクレネ人が郊外から出てきたのを捕えて十字架を負わせ、それをになってイエスのあとから行かせた。

 

●マタ 5:42

5:42 求める者には与え、借りようとする者を断るな。

 

*「節全体」

Deuteronomy 15:7-14

7あなたの神、主が賜わる地で、もしあなたの兄弟で貧しい者がひとりでも、町の内におるならば、その貧しい兄弟にむかって、心をかたくなにしてはならない。また手を閉じてはならない。  8必ず彼に手を開いて、その必要とする物を貸し与え、乏しいのを補わなければならない。  9あなたは心に邪念を起し、『第七年のゆるしの年が近づいた』と言って、貧しい兄弟に対し、物を惜しんで、何も与えないことのないように慎まなければならない。その人があなたを主に訴えるならば、あなたは罪を得るであろう。  10あなたは心から彼に与えなければならない。彼に与える時は惜しんではならない。あなたの神、主はこの事のために、あなたをすべての事業と、手のすべての働きにおいて祝福されるからである。  11貧しい者はいつまでも国のうちに絶えることがないから、わたしは命じて言う、『あなたは必ず国のうちにいるあなたの兄弟の乏しい者と、貧しい者とに、手を開かなければならない』。  12もしあなたの兄弟であるヘブルの男、またはヘブルの女が、あなたのところに売られてきて、六年仕えたならば、第七年には彼に自由を与えて去らせなければならない。  13彼に自由を与えて去らせる時は、から手で去らせてはならない。  14群れと、打ち場と、酒ぶねのうちから取って、惜しみなく彼に与えなければならない。すなわちあなたの神、主があなたを恵まれたように、彼に与えなければならない。

Job 31:16-20

 16わたしがもし貧しい者の願いを退け、/やもめの目を衰えさせ、  17あるいはわたしひとりで食物を食べて、/みなしごに食べさせなかったことがあるなら、  18(わたしは彼の幼い時から父のように彼を育て、/またその母の胎を出たときから彼を導いた。)  19もし着物がないために死のうとする者や、/身をおおう物のない貧しい人をわたしが見た時に、  20その腰がわたしを祝福せず、/また彼がわたしの羊の毛で/暖まらなかったことがあるなら、

Psalms 37:21

 21しかし、悪しき者は滅び、主の敵は牧場の栄えの枯れるように消え、煙のように消えうせる。

Psalms 37:25-26

 25たといその人が倒れても、全く打ち伏せられることはない、主がその手を助けささえられるからである。  26わたしは、むかし年若かった時も、年老いた今も、正しい人が捨てられ、あるいはその子孫が/食物を請いあるくのを見たことがない。

Psalms 112:5-9

 5恵みを施し、貸すことをなし、その事を正しく行う人はさいわいである。  6正しい人は決して動かされることなく、とこしえに覚えられる。  7彼は悪いおとずれを恐れず、その心は主に信頼してゆるがない。  8その心は落ち着いて恐れることなく、ついにそのあだについての願いを見る。  9彼は惜しげなく施し、貧しい者に与えた。その義はとこしえに、うせることはない。その角は誉を得てあげられる。

Matthew 25:35-40

 35あなたがたは、わたしが空腹のときに食べさせ、かわいていたときに飲ませ、旅人であったときに宿を貸し、  36裸であったときに着せ、病気のときに見舞い、獄にいたときに尋ねてくれたからである』。  37そのとき、正しい者たちは答えて言うであろう、『主よ、いつ、わたしたちは、あなたが空腹であるのを見て食物をめぐみ、かわいているのを見て飲ませましたか。  38いつあなたが旅人であるのを見て宿を貸し、裸なのを見て着せましたか。  39また、いつあなたが病気をし、獄にいるのを見て、あなたの所に参りましたか』。  40すると、王は答えて言うであろう、『あなたがたによく言っておく。わたしの兄弟であるこれらの最も小さい者のひとりにしたのは、すなわち、わたしにしたのである』。

Proverbs 3:27-28

27あなたの手に善をなす力があるならば、これをなすべき人になすことを/さし控えてはならない。  28あなたが物を持っている時、その隣り人に向かい、「去って、また来なさい。あす、それをあげよう」と言ってはならない。

Proverbs 11:24-25

 24施し散らして、なお富を増す人があり、与えるべきものを惜しんで、かえって貧しくなる者がある。  25物惜しみしない者は富み、人を潤す者は自分も潤される。

Proverbs 19:17

 17貧しい者をあわれむ者は主に貸すのだ、その施しは主が償われる。

Ecclesiastes 11:1-2

 1あなたのパンを水の上に投げよ、多くの日の後、あなたはそれを得るからである。  2あなたは一つの分を七つまた八つに分けよ、あなたは、どんな災が地に起るかを知らないからだ。

Ecclesiastes 11:6

 6朝のうちに種をまけ、夕まで手を休めてはならない。実るのは、これであるか、あれであるか、あるいは二つともに良いのであるか、あなたは知らないからである。

Isaiah 58:6-12

 6わたしが選ぶところの断食は、悪のなわをほどき、くびきのひもを解き、しえたげられる者を放ち去らせ、すべてのくびきを折るなどの事ではないか。  7また飢えた者に、あなたのパンを分け与え、さすらえる貧しい者を、あなたの家に入れ、裸の者を見て、これを着せ、自分の骨肉に身を隠さないなどの事ではないか。  8そうすれば、あなたの光が暁のようにあらわれ出て、あなたは、すみやかにいやされ、あなたの義はあなたの前に行き、主の栄光はあなたのしんがりとなる。  9また、あなたが呼ぶとき、主は答えられ、あなたが叫ぶとき、『わたしはここにおる』と言われる。もし、あなたの中からくびきを除き、指をさすこと、悪い事を語ることを除き、  10飢えた者にあなたのパンを施し、苦しむ者の願いを満ち足らせるならば、あなたの光は暗きに輝き、あなたのやみは真昼のようになる。  11主は常にあなたを導き、良き物をもってあなたの願いを満ち足らせ、あなたの骨を強くされる。あなたは潤った園のように、水の絶えない泉のようになる。  12あなたの子らは久しく荒れすたれたる所を興し、あなたは代々やぶれた基を立て、人はあなたを『破れを繕う者』と呼び、『市街を繕って住むべき所となす者』と/呼ぶようになる。

Daniel 4:27

 27それゆえ王よ、あなたはわたしの勧告をいれ、義を行って罪を離れ、しえたげられる者をあわれんで、不義を離れなさい。そうすれば、あるいはあなたの繁栄が、長く続くかもしれません」。

Luke 6:30-36

30あなたに求める者には与えてやり、あなたの持ち物を奪う者からは取りもどそうとするな。  31人々にしてほしいと、あなたがたの望むことを、人々にもそのとおりにせよ。  32自分を愛してくれる者を愛したからとて、どれほどの手柄になろうか。罪人でさえ、自分を愛してくれる者を愛している。  33自分によくしてくれる者によくしたとて、どれほどの手柄になろうか。罪人でさえ、それくらいの事はしている。  34また返してもらうつもりで貸したとて、どれほどの手柄になろうか。罪人でも、同じだけのものを返してもらおうとして、仲間に貸すのである。  35しかし、あなたがたは、敵を愛し、人によくしてやり、また何も当てにしないで貸してやれ。そうすれば受ける報いは大きく、あなたがたはいと高き者の子となるであろう。いと高き者は、恩を知らぬ者にも悪人にも、なさけ深いからである。  36あなたがたの父なる神が慈悲深いように、あなたがたも慈悲深い者となれ。

Luke 11:41

 41ただ、内側にあるものをきよめなさい。そうすれば、いっさいがあなたがたにとって、清いものとなる。

Luke 14:12-14

 12また、イエスは自分を招いた人に言われた、「午餐または晩餐の席を設ける場合には、友人、兄弟、親族、金持の隣り人などは呼ばぬがよい。恐らく彼らもあなたを招きかえし、それであなたは返礼を受けることになるから。  13むしろ、宴会を催す場合には、貧しい人、体の不自由な人、足の悪い人、目の見えない人などを招くがよい。  14そうすれば、彼らは返礼ができないから、あなたはさいわいになるであろう。正しい人々の復活の際には、あなたは報いられるであろう」。

Romans 12:20

 20むしろ、「もしあなたの敵が飢えるなら、彼に食わせ、かわくなら、彼に飲ませなさい。そうすることによって、あなたは彼の頭に燃えさかる炭火を積むことになるのである」。

2 Corinthians 9:6-15

 6わたしの考えはこうである。少ししかまかない者は、少ししか刈り取らず、豊かにまく者は、豊かに刈り取ることになる。  7各自は惜しむ心からでなく、また、しいられてでもなく、自ら心で決めたとおりにすべきである。神は喜んで施す人を愛して下さるのである。  8神はあなたがたにあらゆる恵みを豊かに与え、あなたがたを常にすべてのことに満ち足らせ、すべての良いわざに富ませる力のあるかたなのである。  9「彼は貧しい人たちに散らして与えた。その義は永遠に続くであろう」/と書いてあるとおりである。  10種まく人に種と食べるためのパンとを備えて下さるかたは、あなたがたにも種を備え、それをふやし、そしてあなたがたの義の実を増して下さるのである。  11こうして、あなたがたはすべてのことに豊かになって、惜しみなく施し、その施しはわたしたちの手によって行われ、神に感謝するに至るのである。  12なぜなら、この援助の働きは、聖徒たちの欠乏を補うだけではなく、神に対する多くの感謝によってますます豊かになるからである。  13すなわち、この援助を行った結果として、あなたがたがキリストの福音の告白に対して従順であることや、彼らにも、すべての人にも、惜しみなく施しをしていることがわかってきて、彼らは神に栄光を帰し、  14そして、あなたがたに賜わったきわめて豊かな神の恵みのゆえに、あなたがたを慕い、あなたがたのために祈るのである。  15言いつくせない賜物のゆえに、神に感謝する。

1 Timothy 6:17-19

 17この世で富んでいる者たちに、命じなさい。高慢にならず、たよりにならない富に望みをおかず、むしろ、わたしたちにすべての物を豊かに備えて楽しませて下さる神に、のぞみをおくように、  18また、良い行いをし、良いわざに富み、惜しみなく施し、人に分け与えることを喜び、  19こうして、真のいのちを得るために、未来に備えてよい土台を自分のために築き上げるように、命じなさい。

Hebrews 6:10

10神は不義なかたではないから、あなたがたの働きや、あなたがたがかつて聖徒に仕え、今もなお仕えて、御名のために示してくれた愛を、お忘れになることはない。

Hebrews 13:16

 16そして、善を行うことと施しをすることとを、忘れてはいけない。神は、このようないけにえを喜ばれる。

James 1:27

 27父なる神のみまえに清く汚れのない信心とは、困っている孤児や、やもめを見舞い、自らは世の汚れに染まずに、身を清く保つことにほかならない。

James 2:15-16

 15ある兄弟または姉妹が裸でいて、その日の食物にもこと欠いている場合、  16あなたがたのうち、だれかが、「安らかに行きなさい。暖まって、食べ飽きなさい」と言うだけで、そのからだに必要なものを何ひとつ与えなかったとしたら、なんの役に立つか。

1 John 3:16-18

 16主は、わたしたちのためにいのちを捨てて下さった。それによって、わたしたちは愛ということを知った。それゆえに、わたしたちもまた、兄弟のためにいのちを捨てるべきである。  17世の富を持っていながら、兄弟が困っているのを見て、あわれみの心を閉じる者には、どうして神の愛が、彼のうちにあろうか。  18子たちよ。わたしたちは言葉や口先だけで愛するのではなく、行いと真実とをもって愛し合おうではないか。 


●次にマタイ5:38-42を「WEB黒崎」に学んでみよう。

5章38節 にはを、にはを」とへることあるをなんぢけり。[引照]

口語訳『目には目を、歯には歯を』と言われていたことは、あなたがたの聞いているところである。
塚本訳あなた達は(昔の人がモーセから、)“目には目、歯には歯”──(人の目をつぶした者は自分の目で、人の歯を折った者は自分の歯で、つぐなわなければならない)と命じられたことを聞いたであろう。
前田訳あなた方が聞いたようにこういわれている、『目には目、歯には歯』と。
新共同「あなたがたも聞いているとおり、『目には目を、歯には歯を』と命じられている。
NIV"You have heard that it was said, `Eye for eye, and tooth for tooth.'
註解: 引照の箇所(出21:24、レビ24:20、申19:21)は元来有司(ゆうし)が罪人を取り扱う場合の規則であって、私人としての復讐を許した律法ではなかった。しかし私人がその受けし損害を有司に訴えて、これと同種の報復を要求することを常とし、これが当然であるかのごとくに考えられた。

5章39節 されどわれなんぢらにぐ、しきもの抵抗てむかふな。ひともしなんぢみぎほほをうたば、ひだりをもけよ。[引照]

口語訳しかし、わたしはあなたがたに言う。悪人に手向かうな。もし、だれかがあなたの右の頬を打つなら、ほかの頬をも向けてやりなさい。
塚本訳しかしわたしはあなた達に言う、悪人に手向かってはならない。だれかがあなたの右の頬を打ったら、左をも向けよ。
前田訳しかしわたしはあなた方にいう、悪者にさからうな。あなたの右の頬を打つものには、ほかの頬をも向けよ。
新共同しかし、わたしは言っておく。悪人に手向かってはならない。だれかがあなたの右の頬を打つなら、左の頬をも向けなさい。
NIVBut I tell you, Do not resist an evil person. If someone strikes you on the right cheek, turn to him the other also.
註解: ロマ12:19-21にこの節の最良の註解を見出すことができる。他人がいかに悪意を以って我に対し、かつ我に害を与えることも、ただ善意と愛の心を持って彼に対すべきことを教えている。善意と愛なしに燃ゆる復讐心を抑えつつ、左の頬を向くるとも無意義である。

5章40節 なんぢをうったへて下衣したぎらんとするものには、上衣うはぎをもらせよ。[引照]

口語訳あなたを訴えて、下着を取ろうとする者には、上着をも与えなさい。
塚本訳(裁判所に)訴えて下着を取ろうとする者には、上着をも取らせてやれ。
前田訳あなたを訴えて下着を取ろうとするものには上着をも取らせよ。
新共同あなたを訴えて下着を取ろうとする者には、上着をも取らせなさい。
NIVAnd if someone wants to sue you and take your tunic, let him have your cloak as well.
註解: 訴訟によりて我らより何物かを要求せんとする場合における我らの態度を教えている。我より奪わんとする相手方に対し我は与えんとしているならば、彼は恥じてその悪しき心を改めるであろう。

5章41節 ひともしなんぢ一里いちりゆくことをひなば、とも二里にりゆけ。[引照]

口語訳もし、だれかが、あなたをしいて一マイル行かせようとするなら、その人と共に二マイル行きなさい。
塚本訳だれかが無理に一ミリオン[一キロ半]行かせようとするなら、一しょに二ミリオン行ってやれ。
前田訳あなたに一ミリオン行くよう強いるものにはともに二ミリオン行け。
新共同だれかが、一ミリオン行くように強いるなら、一緒に二ミリオン行きなさい。
NIVIf someone forces you to go one mile, go with him two miles.
註解: 公共の労役に挑発さるる場合の態度を教えている。「強いる」は挑発の意味、愛の行為は律法上の義務遂行の場合にも及ぼすべきである。

5章42節 なんぢにものにあたへ、らんとするものこばむな。[引照]

口語訳求める者には与え、借りようとする者を断るな。
塚本訳求める者には与えよ、借りようとする者を断るな。
前田訳求めるものには与え、借りたく思うものを拒むな。
新共同求める者には与えなさい。あなたから借りようとする者に、背を向けてはならない。」
NIVGive to the one who asks you, and do not turn away from the one who wants to borrow from you.
註解: 思慮なしに貸し与えよというのではないこともちろんであって、たとえば放蕩息子がその遊蕩の資を借らんとするときにこれを拒まないごときことは不可である。ただ請わるる場合、借らんと申し込まるる場合に第一に我らの心には惜しいという心が起こるのであって、かかる心を砕くべきことを教えられたものと見るべきである(Ⅱコリ8:13)。
要義 [無抵抗主義の原則] この教訓を必ずしも文字通りに行えとの意味ではない。しかしこの教訓は今日あまりに軽視せられ、到底行うことを得ざるものとして敬遠せられていることは甚だしき誤りである。今日キリスト教文明が失敗に帰しつつあるのもこの教訓を無視または軽視した罰である。しかし今日この教訓が遵守さられるならば資本家は労働者に対してその要求する以上のものを与え、労働者は資本家に対してその要求以上の労役を提供するであろう。かくて労働時間の制限も、最低賃金の制定もその必要を失い、今日世界を悩ましつつある階級闘争もその跡を絶つに至るであろう。これをなすにはモーセの律法をキリストの愛をもって完成しなければならない。そして自己に対して害を与うる者ある場合において、自己の受くる害につき考えるひまなきまでに相手方を愛し、彼を正しき道に立ち返らしめんと考えることより外に、このキリスト御言を完全に成就するの道は無い。欧米人の権利義務の思想はこの教訓に反する人間的思想である。


●これで心一杯、胸一杯である。聖書の威力はたいしたものだ。



●14:00今井館で難しい問題発生。教友会の福島常務理事および施工を担当した岩本組の相馬好氏と三者懇談。●建築は心が通わなくなったらうまくいかない。それはバベルの塔になる。言葉が通じないと言うのは心が通じないということ。●艱難汝を玉にす。●イエスがエルサレム神殿の崩壊を予感して泣いたという次回感話の本質がひらめいた。感謝。

resize1473.jpg 

今井館資料センターの前で。栗原庸夫(つねお)さん(午後三時祈りの友会員)と。WEB黒崎を感謝された。

resize1474.jpg 

昭和女子大。講師、教授懇談会。
左から、高橋照男、木村信之、佐野武仁、宇野博之。
木村先生から、建築のクレームは二代目から出るものだと言われて、その真理性に納得した。


トラックバック(0) | コメント(2) | top▲


気品の美 ++++++++ 所感

2010/07/20 10:58

使徒伝承 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

       http://stonepillow.dee.cc/


100720(火)4時半目覚め●朝の啓示「気品の美」。●「気品の美」についてMorning Meditationn(朝の黙想)●人生の旅において男女を問わず、ハッとするような気品の美を備えた顔の人に出会う事がある。●それは神々しい美しさである。あの輝きはどこから来るのであろうか。●友人を持つならそういう人と多く交際するのがよい。自分も磨かれる。その輝きに自分が感化され、自分の暗さ醜さに気が付くというものだ●気品の美は化粧の美とは違うものだ。目を大きく開けて目のふちに墨を塗ったりまつ毛にカールするような「努力」をしても気品の美」には到達しない。あれはコストがかかるだけだ●「気品の美」は神の霊に満たされるところから来る●といって美しくなろうと思って神を求めても美しくはなれない。それは「美」という偶像崇拝である●「気品の美」は神から来る。そこに神の栄光が現れている。

塚本訳 ヨハ 1:14
1:14 この言葉は肉体となって、(しばらく)わたし達の間に住んでおられた。(これが主イエス・キリストである。)わたし達はその栄光を見た。いかにも父上の独り子らしい栄光で、恩恵と真理とに満ちておられた。

口語訳 詩  45:2
45:2 あなたは人の子らにまさって麗しく、気品がそのくちびるに注がれている。このゆえに神はとこしえにあなたを祝福された。

●ダビデは気品のある人であったらしい。姿が美しいだけでなく主の霊に満たされていたのである。


口語訳 Ⅰサム16:12
16:12 そこで人をやって彼をつれてきた。彼は血色のよい、目のきれいな、姿の美しい人であった。主は言われた、「立ってこれに油をそそげ。これがその人である」。


口語訳 Ⅰサム16:18
16:18 その時、ひとりの若者がこたえた、「わたしはベツレヘムびとエッサイの子を見ましたが、琴がじょうずで、勇気もあり、いくさびとで、弁舌にひいで、姿の美しい人です。また主が彼と共におられます」。

●だれでもダビデのように素晴らしい人になりたく思うが、人為的努力では不可能である。神が共におられるときにその輝きに満たされる。この世の人にはその美しさはわからない●私の所属する集会に顔はアンパンマンのような形であるが輝いている人がいる●女子大の生徒は素晴らしい人と出会うかを望んでいるが、私は常に言う「イケメンと結婚するな。それはたいてい教養も金もない。結婚するならジャガイモのようでも働き者がよい。現場監督、地方の小さい工務店の跡取り息子などが狙い目だ」と。●すると「先生、最近のイケメンは金持ちですよ」と教えられた事がある。でもイケメンと金に目が眩むと絶対に失敗する●イマドキのワカイモンに告ぐ。誰でもが称えるこの世的美人、イケメンを避けよ。神の気品を求めよ●神の気品に満ちた美しい人に振られると、その人よりも美しい神を求めるようになるから不思議。失恋も失恋に終わらない。

塚本訳 Ⅱコリ7:10
7:10 なぜなら、神の御心に沿った悲しみは、(人を)救いに入れる悔いのない悔改めをもたらすけれども、この世(的)の悲しみは、(絶望と)死をもたらすからである。

●建築でも気品の美を追求すべきである。気品のある人には気品のある建物を建てたくなるものである。

塚本訳マタ 17:2-4
17:2 すると彼らの見ている前でイエスの姿が変った。顔は太陽のように照りかがやき、着物(まで)が光のように白くなった。
17:3 すると見よ、モーセとエリヤとが彼らに現われた。二人はイエスと話していた。
17:4 ペテロが口を出してイエスに言った、「主よ、わたし達(三人)がここにいるのは、とても良いと思います。もしよろしければ、わたしはここに小屋を三つ造りましょう。あなたに一つ、モーセに一つ、エリヤに一つ。」

●インドのタージ・マハルは亡き妃の思い出のために王が建てたものである 王に愛された妃がどんな人であったかが偲ばれる名建築である。世界遺産。一度訪れてみたいが、もう無理だ。建築は建築主の人格が現れる。


タージ・マハル 



●建築でもハッとするような気品のあるものは少なくなった。人を脅かすようなものはいけない。ほっとするようなものでなければならない●赦せない人がいるときの顔は汚い。(自戒)。その顔には気品がない。しかし人間、自力では人を赦せないものだ。●自分が神に赦されなければ人を赦せない。この私もアノ人がを赦せない限り気品のある人にはなれないのだ。(大自戒)

塚本訳 マタ 18:32-33
18:32 すると主人はその家来を呼び出して言う、『不埒な家来、あなたが頼んだから、わたしはあの負債に全部、棒を引いてやったのだ。
18:33 だからあなたもわたしに情をかけてもらったように、同僚に情をかけてやるべきではなかったのか。』

塚本訳 ロマ 3:21-24
3:21 しかしながら今、律法に関係なく、神の義は現わされた。しかし律法と預言書と[聖書]によって(すでに)証しされているものである。
3:22 この神の義は、イエス・キリストを信ずる信仰(だけ)によって、これを信ずるすべての者にあたえられる。(すべてというのは、そこに人間的の)なんの差別もないからである。
3:23 なぜか。すべての人が罪を犯したため、いまだれ一人、(かつて持っていた)神の栄光をもたない。
3:24 (さりとて失った栄光を回復する力はないので、何一つ)代価を払わず、(ただ)神の恩恵によって、キリスト・イエスによるあがないの力で、(神に)義とされる(道が設けられた)のである。

塚本訳 ロマ 5:6-8
5:6 なぜなら、わたし達がまだ弱くあったとき、当時まだ不信心者の(わたし達の)ために、キリストは死んでくださったからである。
5:7 (驚くべき神の愛!人間の世界では、)義人のために命をすてる者はほとんどあるまい。善人のためならば、惜しげもなく命をすてる者が、あるいはあるかも知れない。
5:8 しかしわたし達が(義人でも善人でもなく、)まだ罪人(神の敵)であったとき、キリストが私たちのために死んでくださった。このことによって、神はわたし達に対する愛をお示しになったのである。

●妻は月本先生の旧約講義に出かける。私はゆき皮膚科、BK、など。明日の資料準備、各所に電話で調査。神の導きにより「御心のままに、御心のままに」と祈る。●猛暑、炎天下労働の三男、その他、三人の子供たちの健康を祈る。危篤の母を祈る。

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


「Unto This Last」(この最後の者にも) ++++++++ 所感

2010/07/19 13:02



使徒伝承 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

       http://stonepillow.dee.cc/



100719(月)5時起床●TSK日本語版。今日は葡萄園の労働者の譬。これについては7年前に「市場経済の来るのは人格経済」という小論を書いた。
http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/bunshou/sijyou.html
この一部を掲げる。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

J・ラスキンの預言

理想的な経済社会の姿はこのような「人格」が存在する社会であると説いたのは、英国のJ・ラスキン(美術・建築・経済評論家1819-1900年)である。ラスキンはその著「Unto This Last」(この最後の者にも)において、新約聖書マタイ福音書20章1~16節のイエスの言葉に根拠を置き、少しの時間しか働けなかった「最後の者」(多分それは健康ではなかった弱者)にも、長時間働いた者(多分それは健康であった強者)にも同額の報酬を支払ったという葡萄畑の「長」の人格の存在を誉め、これが来るべき理想的な経済社会の姿であると説いた。筆者もラスキンの思想に賛成である。これが「人格経済」の根拠である。

しかしこの経済原理が広く世に行き渡るには、一人一人が現実に真の「人格」たる神という「長」に出会うことが必要である。現在、英国の国会議員が最も尊敬する経済思想家はJ・ラスキンであるという。英国健全なりと言うべきである。しかし、この思想が広く人類に根付くのはいつのことであろうか。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●ラスキンの念頭にあった、イエスの「心」を聖書に見る。


塚本訳ルカ 16:25
16:25 しかしアブラハムは言った、『子よ、考えてごらん、あなたは生きていた時に善いものを貰い、ラザロは反対に悪いものを貰ったではないか。だから今ここで、彼は慰められ、あなたはもだえ苦しむのだ。


塚本訳 マタ 21:31
21:31 この二人のうち、どちらが父の心を行ったのだろうか。」「もちろん長男」と彼らが答える。イエスが言われる、「アーメン、わたしは言う、税金取りや遊女たちは、あなた達よりも先に神の国に入るであろう。

塚本訳ルカ 23:41-43
23:41 おれ達は自分でしたことの報いを受けるのだから当り前だが、このお方は何一つ、道にはずれたことをなさらなかったのだ。」
23:42 それから(イエスに)言った、「イエス様、こんどあなたのお国と共にお出でになる時には、どうかわたしのことを思い出してください。
23:43 「イエスが言われた、「アーメン、わたしは言う、(その時を待たずとも、)あなたはきょう、わたしと一しょに極楽にはいることができる。」

塚本訳 ルカ 18:13-14
18:13 しかし税金取りは(罪に責められ、)遠く(うしろ)の方に立ったまま、目を天に向け(て祈りをささげ)ようともせず、ただ胸をうって、『神様、どうぞこの罪人のわたしをお赦しください』と言った。
18:14 わたしは言う、あの人でなく、この人の方が(神から)信心深いとされて、家にかえっていった。自分を高くする者は皆低くされるが、自分を低くする者は高くされるのである。」

塚本訳 ルカ 7:44-47
7:44 女の方に振り向き、シモンに言われた、「この婦人を見たか。わたしがこの家に来たとき、あなたは足の水もくれないのに、この婦人は涙でわたしの足をぬらし、髪の毛でふいてくれた。
7:45 あなたは接吻一つしてくれないのに、この婦人はわたしが(この家に)来たときから、わたしの足に接吻のしつづけである。
7:46 あなたは(普通の)油をすら頭に塗ってくれないのに、この婦人は(高価な)香油を足に塗ってくれた。
7:47 だから、わたしは言う、この婦人の多くの罪は赦されている。(いま)多くわたしを愛したのがその証拠である。赦され方の少ない者は、愛し方も少ない。」


●神の国の救いは「絶対恩恵による無条件の罪の救い」である。この世の学校のような点数主義の序列化は神の国救いになじまない。●今日は真夏日。部屋の中でも32度。窓を開け放ってクーラーなしで頑張る



トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


平気な顔でいられる人間 ++++++++ 所感

2010/07/18 22:35



使徒伝承 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

       http://stonepillow.dee.cc/



100718(日)5:00 NHK「心の時代」上智大学教授雨宮慧(カトリック司祭)。「取って食べなさい」。イエスの5000人のパンや最後の晩餐の言葉は旧訳にその土台があるということ●カトリック司祭らしく、マタイに重心を置いている。●集会は小寺、丹野、村上(レビ記)●全員で昼食後に感謝会●私の考え方。神の祝福を喪失すると正統信仰を逸脱する。すると教会も集会も夫婦関係も親子関係も、おかしくなって滅びる。イエスはそのことを次のように言う。

塚本訳マタ 7:26-27
7:26 また、わたしの話を聞くだけでそれを行わない者は皆、砂の上に家を建てた愚かな人に似ている。
7:27 雨が降って、大水が出て、風が吹いて、その家にうちつけると、倒れてしまった。ひどい倒れ方であった。」

●神の祝福を失ってしまった信者の徴は決まっている。数え上げればきりがないがベスト5は次の通り。

①集会を平気で休む。無教会主義だから日曜日も自由だというのはエクレシヤを知らない。彼はどこに行って遊んでいるのだ
②正統信仰の喪失。有体的復活、再臨終末、処女降誕を信じないことを「平気」でいられる。
③「平気で」社会批判をする。天下国家を断罪批判することが神のためと心得ている。聖書の読みが浅い。自分のことに気をつけよ。自分の家庭の平和構築に努力せよ。
④無教会者なのに「平気」でカトリックに鞍替えする。内村、塚本先生が天で泣いている。
⑤「平気で」学歴だけで人を判断する。これ「割礼なき女」。無教会のおばさんに多いのは無教会の七不思議。教会の権威を否定するから社会的権威や学歴を拝む心理現象になる。災いである。
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


エクレシアから叩き出せ ++++++++ 所感

2010/07/17 11:24


使徒伝承 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

       http://stonepillow.dee.cc/


 100717(土)4時半目覚め●やっかいな問題が起こった。信者がこの世の法律を持ち出して相手を裁き、断罪し、窮地に追い込み、訴えてぎゃふんと言わせようとしている。ああいうタチの悪い人間がいることはキリスト教の顔に泥を塗るから、エクレシアから即刻叩き出さなければならない。パウロに次のように激怒される。

塚本訳 Ⅰコリ6:1-8
6:1 あなた達のひとりが(信仰の兄弟である)他の人に対して訴訟があるとき、聖徒でなく、(主を信じない)不正な人たちに訴える(ような不見識な)ことを、恥としないのか。
6:2 それとも、(最後の日には)聖徒がこの世を裁くことを、あなた達は知らないのか。そしてあなた達(が着く裁判席)の前でこの世が裁かれるというのに、ごくつまらない事件をさばく資格が、あなた達にはないのか。
6:3 わたし達は(かの日)天使をさえ裁くのだ、まして日常のことはなおさらであるということを、あなた達は知らないのか。
6:4 あなた達は日常のことの事件がある場合に、(日ごろ)集会で軽蔑されている(不正な)人たち、あんな者を裁判席に着かせるのか。
6:5 あなた達を辱めるために言うのだ。そんなに、あなた達の間には、兄弟と兄弟との間を調停することの出来る分別のある人が、たった一人もないのか。
6:6 それどころか、兄弟が兄弟を訴え、しかも不信者の(裁判席の)前に持ち出すのか。
6:7 その上、そもそも(信仰の兄弟でありながら)、互に裁判沙汰にすることが、すでにあなた達の失敗である。なぜむしろ不正をさせないのか。なぜむしろ奪い取られないのか。
6:8 あなた達は自分の方でかえって不正をし、奪い取っている、しかも兄弟たちに対して。

●この部分を黒崎幸吉の註解に学んで見よう。

1節・・註解: 当時コリント信徒相互間に訴訟問題が起つた、そして之を訴うるに当つて信仰を持たない裁判人に訴えたと云う事をパウロは聴き、之を戒めたのが本章1-8節の文字である。

2節・・註解: 未来に於てキリスト再び来り給うふ時、凡ての聖徒は復活又は栄化してキリストと偕に千年の間地上に王となり「世」即ち世の人を審くべき雄大なる資格を持つて居る者である(マタ19:28。黙2:26、27。20:4)。此の事についてパウロは屡々コリントの信徒に告げたので忘れた筈がない。
 

註解: 「世界の万民をすら審くべき資格ある信徒が、信徒間の小紛争を審き得ない筈は無い。然るに、汝ら之を未信者に訴うるとは何事であるか。」


3節・・註解: パウロは更に再び「汝ら知らぬか」と繰返し、甞て彼等に語れる事柄を忘却せるが如き彼等の態度を叱責して居る。即ち基督者はやがてはキリストの花嫁となり、彼と同じく神の子たる資絡を受け、宇宙万物を従わすべき運命を持つて居るのである(ヘブ2:6)。故にやがては天の使よりも高き位に挙げられ、彼らをも審くの地位に立つのであつて、此の事を考うるならば此の世の些事を審く如きは、彼らに取つて容易の事柄であるべき筈である。

4-5節・・註解: 基督信徒の身分、資格はかく高いにも関らず之を忘れて、教会にて軽視して居る未信者をして審判人たらしむる事は非常なる恥辱では無いか。かく云うは必ずしも兄弟の前に訴うる事がよいと云う意味ではない、唯汝らをして良心に恥ぢしめんがためである。

6-7節・・註解: 兄弟同志の争を兄弟の間で処埋するならばせめてもの事であるのに、是すら為さずして不信者なる裁判官に訴うる事は実に言語道断で全く論外である。前に兄弟が審き人となるべき事を言つたのは、未信者の前に訴えるに比して優つて居る事を言つたに過ぎないのであつて実は互に訴うる事すら既に大体間違つて居る。基督者として取るべき真の態度は不義を受けて之に反抗せず、寧ろ欺かれて欺き返さぬ事である。「人もし汝の右の頬をうたば左をも向けよ。なんぢを訴えて下衣を取らんとする者には上衣をも取らせよ」(マタ5:39、40)。基督者の愛はかかる者の悔改むることのみを望むのであつて、自己の利益を主張する事を考えない。故に基督者に取つて訴訟は無用である。「主の僕は争うべからず」(IIテモ2:24)、パウロは遂に此の最後の断案に達したのである。

8節・・註解: 基督者は前節の如き高き理想を持つべきものであるのに、汝らは此の理想を実現せざるのみならず、信徒相互の間に不義や詐欺を行つて居る事は甚だしき堕落と云わなければならない。此の一節を連鎖としてパウロは次節より11節まで兄弟達が益々聖潔に進むべき事を教えて居る

1-8節・・
要義 [信徒相互の訴訟に対するパウロの態度]パウロの態度の最も尊き点、即ち霊の導きの豊である事を思わしむる点は、最も恥づべき信徒相互の訴訟沙汰に対し、単に普通に行わるる如き平凡なる訓戒を与えず深く信仰の奥義に立ちて之を批評訓戒した点であった。彼によれば基督者としての最良の態度は全く訴訟を為さず、不義を受け詐欺にかかっても之を意に止めずに相手方を愛して行く事であった。是が敵を愛する者の当然の態度である。之が出来ない場合には、せめて信者同志の間で此の問題を解決すべき事がパウロの願であった。それは世間一般の考の如くに、外聞が悪いからでは無く、聖徒には元来その資格が充分に備わって居るからであった。斯くパウロは一時の便宜や虚栄的立場より此の問題を解決しようとはせずに、深く信徒の信仰の本質、及びその身分の如何を示し、此の根本原則よりこの問題を解決しようとしたのである。夫故に此の解決は今日も尚お其の力を失わない。


●聖書の勉強は活人生で血を流しながら学ぶことが身に付く。●社会批判する人間の悪いところは人の顔を見ると「断罪する」癖があるところである。罪悪を指摘してぎゃふんと言わせて悔い改めさせることが世をよくすることだと間違えた考えを持っている。こういう育ちの悪い人間は即座にキリスト教をやめて、政治活動に没入すべきである。キリスト教に来たのは誤りであった。天下国家を断罪することが主のためだと思っているから聖書の読みが浅い。そういう人間たちに限って有体的復活の終末を信じていない。これ判でついたような共通点である。●今日の写真

resize1461.jpg 

あきる野名物のとうもろこしがぐんぐん伸びる


resize1462.jpg 

ひまわりは太陽の申し子だ



resize1463.jpg 

野の花のいかにして育つかを思え



resize1464.jpg 

あきる野の夏


resize1465.jpg 

夏は来ぬ




resize1466.jpg 

コンサートホールの「ミューザ川崎シンフォニーホール」に初めて行く。
川崎駅に直結はすばらしい。妻が撮影



resize1467.jpg 

ミューザ川崎シンフォニーホールの内部。
設計は松田平田建築設計事務所。音響設計は永田穂。
2004年7月竣工。ワインヤード(蒲萄畑)形式。素晴らしい音響であった。
ブラームスの一番のとき、例によって「ブラボー」と大声で叫んで自ら音響の具合を確かめた。

TGY合唱団&東京カンマーフィルハーモニー
モーツァルト「戴冠式ミサ曲」
武満徹「うた1」より、ちいさな空他
ブラームス「交響曲第一番」ブラームス「哀悼の歌」

指揮 松井慶太
合唱指揮 山本義人

我が国でもこれだけの合唱曲が素人合唱団でできるとは素晴らしいことだ。
合唱指揮者山本義人氏の手腕だ。何事も指導者次第である。
私も新約聖書をギリシャ語でバンバン読めなければiけないなーと思った。


resize1468.jpg 

客席数は1997.素晴らしいデザインだ。良い音楽は良いホールに限る


resize1469.jpg 

海外演奏旅行(ウィーン、プラハ)に行った懐かしい面々に出会う


resize1470.jpg 

海外演奏旅行で知り合った湘南からのアルト二人組。KSさん HMさん。
旅行以後に磨きをかけた音楽オヤジギャグによく笑ってくれたのは感謝、感謝。

事例

サラサーテがヴァイオリンの超難曲を作曲して幼い子供に聴かせたとき。
「お父さんこの曲チゴイネー」と言ったのでそれを「チゴイネルワイゼン」と命名したのデス。(笑)

●オヤジギャグは人の顔を見て使い分ける。音楽編、聖書編、文学編、家庭編、食生活編・・・・・
  KSさんに「随分レパートリーが増えたのですね」と言われた。


resize1471.jpg 

音楽を聴いた後の駅まで歩くコリドーのデザインがよい。音楽の余韻を楽しむ。





トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


美しく平安に死ぬということ ++++++++ 所感

2010/07/16 21:11



使徒伝承 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

       http://stonepillow.dee.cc/

100716(金)5時起床●「美しく平安に死ぬということ」●公園でラジオ体操●ゆき皮膚科●母の危篤状態が続く。落ち着かない妻。●私も妻も夕食の祈りは「母が平安に召されますように」である。●痛みなく逝く方法は医学の分野。しかしスピリチュアルの面は医学では無理。それは宗教の分野●聖書はどういうか。

口語訳 創  2:7
2:7 主なる神は土のちりで人を造り、命の息をその鼻に吹きいれられた。そこで人は生きた者となった。

 ●私が脳出血で意識不明から生還した時の実感は、この命は99%でなく、100%神の主権に握られているという事。


口語訳 ヨブ 1:21
1:21 そして言った、/「わたしは裸で母の胎を出た。また裸でかしこに帰ろう。主が与え、主が取られたのだ。主のみ名はほむべきかな」。

 ●人間は自分の意思で生まれてくるのではない。だから死ぬのもどうにもならない。否。神の意志で息が引き取られるのだ。


塚本訳 ルカ 8:52
8:52 (集まった)人々が皆泣いて、女の子のために悲しんでいた。イエスが言われた、「泣くな。死んだのではない、眠っているのだ。」

●「死は眠り」これ以上に深く喜びに満ちた死の哲学はない。眠りは目覚めがある証拠。死は終わりではない。


塚本訳 ルカ 23:46
23:46 その時イエスは大声をあげて言われた、「お父様、』わたしの霊をあなたにおあずけします。』」こう言われるとともに、息が絶えた。

●イエスの危篤から臨終の言葉、神に霊を預けるということ。


塚本訳 ヨハ 11:25-26
11:25 イエスがマルタに言われた、「わたしが復活だ、命だ。(だから)私を信じている者は、死んでも生きている。
11:26 また、だれでも生きている私を信じている者は、永遠に死なない。このことが信じられるか。」

●死の悲しみは「永遠の命」の信仰によってのみ平安になれる。


●一昨日(仙台市)も今日(上田市)もBbBのミスの指摘。感謝。「御心にかなう人」は日本の各地にいる。●今井館の問題で、AS氏およびNE氏と意見交換、相談。長電話●人間には引くべき時がある。美しく去るベきときが来た。●残る人生の時間は少ない。やるべきことをやらねばならない●死んだ者の葬式は死人にまかせなければならない●18:30妻は「わらび座」公演の「カンアミ伝」という歌舞劇ロマンを観賞に行く。於キララホール。




トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


夫婦円満の秘訣 ++++++++ 所感

2010/07/15 11:51

使徒伝承 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

       http://stonepillow.dee.cc/



100715(木)4時45分起床●早朝散歩30分●TSK日本語版。思いが及んでしばしば手がとまる。確かにTSKは人間が書いた註解書の数冊分以上の効力がある。新約2年、旧約7年でぜひ完成したい。マタイ18章だけで2800ページ。とても本にはできないから、HPにWEBで無料アップしたい。ライフワーク。●10:00NHKFM「クラシック俱楽部」森麻季、福井敬、りサイタルを観賞。美声は神からの賜物だと感じた。
●キリスト教性教育研究会のM先生にメール。公的なことが含まれるので公開する。 

 
(メール)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

> キリスト教性教育研究会 M様

> 

>(前部分省略)

> M先生は奥様のことを「カナイ」と言っておら れることを過日の会でお伺いしまし

> た。

> 小生はオヤジギャクに凝っていまして、音楽編、文学編、聖書編、夫婦円満編、健康編、など「人の顔を見て」選んで話します。笑いは癌予防です。

> 夫婦円満編の例を二つ。
 

>①「うちのカナイにはカナイません」。

キリスト教での結婚式は50%近くになっているそうです。その理由は夫と妻の関係がキリスト教の場合は儒教とは違い神の前には男女平等であるところが女性に好まれるからだということを聞いたことがあります。これポイントだと思います。

小生は離婚家庭の幼児の救いを祈っています。あまりにも離婚が多すぎます。

>②「夫婦喧嘩をしたときにはアイスクリームを買っていき『君をアイス』と言いながら渡します。」

心は形で現すこと。言葉だけでもよいが、モノが伴うと不思議に効果的である。

離婚多発の現状にこのようなささやかな努力が必要と思います。

過日妻にアイスを買っていった(当然自分の分も)とき、「モーイイワヨ」と言われてしまいました。あまり頻繁に買ってくると逆に嫌われるかもしれません。(笑)

>   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(メール終わり

●早朝散歩の写真

resize1457.jpg 

早朝散歩  4時50分 神は良いものにも悪いものにも日を上らせる。


resize1458.jpg 

早朝散歩 あきる野名物トウモロコシが育つ。神は人が寝ている間も成長させる

resize1460.jpg 

早朝散歩 トウモロコシの実。
「主よ。あなたに満足な実がならなくても十字架の故に私をお救い下さい」

resize1459.jpg 

早朝散歩の終わり、我が家をのぞむ。「主が家を建てる」。これは本当だ。
主が建てるものは家に限らない、健康、信仰、経済、家庭、組織、エクレシア。
 

●ラジオ体操の会場で「カブトムシ」をいただいたが、家に持ちかえる途中で18年前に召された父の声が聞こえてきた。「生き物は逃がしてやれ」。家の庭に放してやったら、心がすっきりした。



トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


じっと我慢しろ ++++++++ 所感

2010/07/14 11:52



使徒伝承 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

       http://stonepillow.dee.cc/



100714(水)4時半目覚め。朝の啓示「じっと我慢しろ」●TSK日本語版●ラジオ体操●池谷医院検診●ゆき皮膚科で背中の腫れものの三回目の手術。膿が残っていた●朝の啓示の「じっと我慢」について聖書の黙想。

塚本訳 マタ 5:5
5:5 ああ幸いだ、『(踏みつけられて)じっと我慢している人たち、』、『(約束の)地(なる御国)を相続する』のはその人たちだから。

これをWEB黒崎で見てみよう。


5章5節 幸福さいはひなるかな、柔和にうわなるもの。そのひとがん。[引照]

口語訳柔和な人たちは、さいわいである、彼らは地を受けつぐであろう。
塚本訳ああ幸いだ、“(踏みつけられて)じっと我慢している人たち、”、“(約束の)地(なる御国)を相続する”のはその人たちだから。
前田訳さいわいなのはくだかれた人々、
  彼らは地を継ごうから。
新共同柔和な人々は、幸いである、/その人たちは地を受け継ぐ。
NIVBlessed are the meek, for they will inherit the earth.
註解: 現世のいわゆる成功者たらんとするものは柔和であってはならない。彼は他人を排除、圧迫、誹謗するの勇気と大胆さとを持っていなければならない。かくして成功せる人は現世の幸福者と見なされている。されど真の幸福者は柔和なるものである、人には排斥され、圧迫され、誹謗され、「侮られて人にすてられ悲哀の人にして病患を知れる」人である。かかる人こそ神これを救い給いやがてキリストと共に、この全地を支配する栄光の地に置かるる人である。ガラ3:18、エペ1:11。
辞解
[地を嗣ぐ] 神がその民に嗣業としてこの地を与え給う約束の実現を意味している。キリスト再臨後の状態である。


●アーメン。これで心一杯、胸一杯だ。


●今井館の土地問題で、浅野摂郎氏、野末榮一氏と電話で長い意見交換。
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


誕生日に想う ++++++++ 所感

2010/07/13 08:59



使徒伝承 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

       http://stonepillow.dee.cc/


100713(火)4時半起床●今日は私の満67歳の誕生日である。朝、妻から「おめでとうございます」と言われたので「今日、私があるのはあなたのおかげです」とお礼を言った●同時にイエスは自分の誕生日にはこのように祝福されたのだろうかなーと考えた●イエスの誕生年は、紀元前4年が定説になっているが、その誕生日は不明。人類の救い主の誕生日は誰も知らないとは!。母のマリヤは知っていたであろう。


塚本訳ルカ 2:51
2:51 それからイエスは一しょに(エルサレムから)下ってナザレに帰り、両親につかえられた。母(マリヤ)はこのことを皆胸に秘めていた。

塚本訳  ヨハ 2:4
2:4 イエスが言われる、「女の方、〃放っておいてください。〃わたしの栄光(を示す)時はまだ来ておりません。」

塚本訳 ヨハ 19:25-26
19:25 ところが一方、イエスの十字架のわきには、その母(マリヤ)と母の姉妹、クロパの妻マリヤとマグダラのマリヤが立っていた。
19:26 するとイエスは母上と、そのそばに立っている自分の愛する弟子とを見て、母上に言われる、「女の方、これがあなたの息子さんです。」

●母親というのは自分の子供の誕生日を覚えているものである。●私の母は、28歳の時に私を生んでくれた(その時父は38歳)、人間は誰でも「母の陣痛の苦しみ」によってこの世に生を受けるのだ。生命は苦によって生まれる。人は皆「母の苦」に感謝しなければならない。●私の生まれた日は暑かった。冷房などなかったことであろう。陣痛は長かったのだろうか。私が生まれた浦和の中山産婦人科は現存する。

resize1456.jpg 

母が私を生んでくれた浦和市の中山産婦人科(現さいたま市)。2009.8.2 撮影
建物は改築されたので当時の面影はない。私を取り上げてくれたお産婆さんの中山さんには小さい頃道で会うとよく挨拶をしたものであった。もういないはずだ。
私はこの浦和市でキリストの救いを知った。今の自分があるのはキリストのおかげである。

新共同 Ⅰコリ15:101a
15:10 神の恵みによって今日のわたしがあるのです。

●だから私の生まれた日はありがたい。ヨブの次の言葉は私には当てはまらない。

口語訳 ヨブ 3:1-3
3:1 この後、ヨブは口を開いて、自分の生れた日をのろった。
3:2 すなわちヨブは言った、
3:3 「わたしの生れた日は滅びうせよ。『男の子が、胎にやどった』と言った夜も/そのようになれ。


●愛が失われた時。・・・・建築設計は建築主との愛情関係で成立する。その関係は金でも契約義務でもない。もし建築主からの愛と信頼を感じられなくなったら「紳士的に」引き下がるのが生活の知恵だ。それがお互いに傷つかない道だ●イエスもパウロも「こりゃー駄目だ」と思ったらすぐ立ち去った。イエスの場合は学者パリサイ人サドカイ人から、パウロの場合は律法にガチガチのユダヤ人から。●同じことが夫婦関係にも言える。愛が覚めた生活は空しい。最近は身近で離婚のニュースが頻繁である。「終末が来なければ」解決しない。この難問に対してパウロは次のように言う。
 
塚本訳 Ⅰコリ7:15
7:15 しかし不信者の夫(なり妻なり)が別れるなら、別れさせよ。こんな場合に、兄弟なり姉妹なり(つまり信者)は(結婚に奴隷として)束縛されてはいない。神は平和な生活へあなた達をお召しになったのである。(無理があるのは、御心ではない。)

●離婚は不幸なこと、人生の汚点であるが、そうなってしまう原因はおそらく「神の祝福」がなかったからである。夫婦関係の維持は人間的努力では無理で限界がある。だからどんな結婚式でも神仏に手を合わすのである。それでもうまくいかない時がある。そうなってしまったときは「別れよ」とパウロは言う。仕方がないじゃーないかという。しかしその不幸によって永遠の命に目覚めればシメタものだ。人間にとって結婚は究極の幸福ではない。●Ⅰコリ7:15のTSKを調べてみよう。


塚本訳 マタ 12:50
12:50 だれでもわたしの天の父上の御心を行う者、それがわたしの兄弟、姉妹、また母であるから。」

塚本訳  ヤコ 2:15-16
2:15 (君達の)兄弟か姉妹が裸でいて、その日の食物に事欠いている時、
2:16 君達の誰かがこれに、「(では)『お大事に』、温かにして、満腹しなさい」と言って体に必要なものを与らなければ、何の役に立とう。

塚本訳  ロマ 14:19
14:19 だから平安に役立つこと、また互に(信仰を)造りあげることを、努めようではないか。

塚本訳 Ⅱコリ13:11
13:11 それでは、(愛する)兄弟たちよ、御機嫌よう。正しい道にもどってくれ。自分を戒めよ。思いを同じくせよ。平和を保て、そうすれば、愛と平和との神が一緒にいてくださる。

塚本訳 ガラ 5:22
5:22 しかし霊の実は愛、喜び、平和、寛容、親切、善良、忠実、

塚本訳 ヘブ 12:14
12:14 すべての人との『平和を追い求めよ』、また聖潔を。聖潔がなければ、だれも主にまみえることはできない。

塚本訳 ヤコ 3:17-18
3:17 上からの知恵はまず聖く、次に平和を好み、親切で、温順で、憫れみと善き果実に満ちて居り、党派根性がなく、偽善でない。
3:18 そして(この)義の果実は平和を作る人(の心)に、(神によって)平和の裡に播かれるのである。

●パウロは次のように言う、終末が近いから結婚している人は結婚していないようにふるまえと。 
 
塚本訳  Ⅰコリ7:29-35
7:29 兄弟たちよ、わたしが言うのはこのことである。──時は迫った。(だから)今から後は、妻を持つ者は持っていない者のように、
7:30 泣いている者は泣いていない者のように、喜んでいる者は喜んでいない者のように、(物を)買う者は(何も)持っていない者のように、
7:31 (つまり、)この世と交渉のある者は交渉がない者のように、しなくてはいけない。この世の姿は(じきに)消え去るのだから。
7:32 ただわたしはあなた達が、(この世のことに)気をつかわないでほしいのである。独身の男は、どうしたら主に喜ばれるかと、主のこと(ばかり)に気をつかうが、
7:33 結婚している男は、どうしたら妻に喜ばれるかと、この世のことに気をつかって、
7:34 心が割れるのである。また独身の女と処女とは、身も霊もきよくあろうとして、主のこと(ばかり)に気をつかうが、結婚している女は、どうしたら夫に喜ばれるかと、この世のことに気をつかうのである。
7:35 しかしこれはあなた達自身の利益のために言うのであって、(もちろん)罠に掛け(て束縛す)るのではなく、むしろあなた達が品位を保つため、かつまた、余念なく主のもとにあって動かされないためである。
 
●建築の世界の人と電話、3名。そのうちの一人TM氏はこの度「建築学会論文賞」受賞。生活が論文になっているので、「ヒルティは演説は生活なり」と言っていると祝福のメッセージを送った。
●夕食後、私の誕生祝いにケーキがでた。妻が私の将来のことを祈ってくれた。感謝。子供から誕生祝いの電話。感謝。
●無教会の現実と将来・・・・無教会主義は金がなくてもやっていける集団だが、何もない事だけでは神に祝福されない。使徒伝承がなければならない。中心的先生がいただけでもいけない。先生が死ねば行き詰まる。先生からエクレシア中心へ移行しつつあるが、そのエクレシアの中心に使徒伝承がない時にはあらぬものが中心となる。先生の思い出、懐かしのメロディー集会、神よりもヒューマニズムが上の社会運動集団、神よりも神学思想を中心とする斬り合い集団、無教会集団がこの世の財産を持つと争いが起こる。無教会に組織はなじまない。無教会は教会堂や組織を持たないのが強みである。無教会を目に見える思想集団にしてみたくなるのは信仰の堕落である。無教会集会がなくなっても無教会の真理は存続する。 それは神がよしとする期間だけである。駄目な時は消滅する。 ●15:15NHKTVでの「マサダ」を妻と観賞。旅行で当地を訪れたことを思い出した。




トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


求道者に行け! ++++++++ 所感

2010/07/12 12:51


使徒伝承 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

       http://stonepillow.dee.cc/


100712(月)4時半目覚め。朝の啓示「求道者に行け!」●ワールドカップサッカー決勝戦を見る。オランダもスペインも日本より人口が少ない。スペインが延長戦後半決勝ゴール。最後の最後で決まった。●キリスト教の救いもそれまでの人生がめちゃくちゃでも最後の最後で悔い改めれば「勝利」する。人生のドタンバでの逆転勝利である。 聖書的には次である。

塚本訳 マタ 21:31
21:31 この二人のうち、どちらが父の心を行ったのだろうか。」「もちろん長男」と彼らが答える。イエスが言われる、「アーメン、わたしは言う、税金取りや遊女たちは、あなた達よりも先に神の国に入るであろう。


塚本訳 ルカ 23:41-43
23:41 おれ達は自分でしたことの報いを受けるのだから当り前だが、このお方は何一つ、道にはずれたことをなさらなかったのだ。」
23:42 それから(イエスに)言った、「イエス様、こんどあなたのお国と共にお出でになる時には、どうかわたしのことを思い出してください。
23:43 「イエスが言われた、「アーメン、わたしは言う、(その時を待たずとも、)あなたはきょう、わたしと一しょに極楽にはいることができる。」


塚本訳  ルカ 18:13-14
18:13 しかし税金取りは(罪に責められ、)遠く(うしろ)の方に立ったまま、目を天に向け(て祈りをささげ)ようともせず、ただ胸をうって、『神様、どうぞこの罪人のわたしをお赦しください』と言った。
18:14 わたしは言う、あの人でなく、この人の方が(神から)信心深いとされて、家にかえっていった。自分を高くする者は皆低くされるが、自分を低くする者は高くされるのである。」

●人が救われるのは本人が求道することが前提である。人が求道する心は神が起こす。伝道はその求道者に向けて行わなければ効果がない。それまでは「馬の耳に念仏」である。イエスも聞く耳を持たない人間のもとを去って歩き回った。パウロは母国イスラエルが「聞く耳を持たない」と知るや目を異邦人に向けた。 

塚本訳 使  9:15
9:15 主が彼に言われた、「(恐れることはない。)行け。あの人は、異教人と王たちとイスラエルの子孫との前に、わたしの名を運んでゆく(ために選んだ)わたしの選びの器であるから。


塚本訳 使  13:46-48
13:46 そこでパウロとバルナバとは公然こう宣言した、「神の言葉は(お約束どおり)まず第一に、君たち(ユダヤ人)に語られねばならなかった。(だから、そうしたのだ。)しかし君たちがそれをはねつけ、自分で自分を永遠の命にふさわしからぬ者とするので、それでは、よし、異教人(の伝道)へ方向をかえる
13:47 主はこのようにわたし達(伝道者)にお命じになっているから。『わたしはあなたを立てて異教人の光にした、あなたが地の果てまで救いを伝えるために。』」
13:48 これを聞いて異教人は喜び、主の言葉を讃美し、永遠の命へあらかじめ定められていた者はみな信者になった。

塚本訳 使  22:19-22
22:19 しかしわたしはこたえた、『主よ、このわたしは、(今まで)あなたを信ずる者を牢に入れたり礼拝堂で打たせたりしていたことが、あの人たちにはわかっております。
22:20 またあなたの殉教者ステパノの血が流された時、わたしもそばに立っていてそれに賛成し、ステパノをやっつける人たちの上着の番をしていました。』
22:21 主はわたしに言われた、『行け、わたしが君を遠く異教人につかわすのだから。』」
22:22 (静かに聞いていた)人々は、(主から異教人につかわされたのだという)パウロのこの言葉まで聞くと、声を張りあげて言った、「こんな奴は地の上から片付けろ。生かしておいてはならない!」

●「新約聖書ギリシャ語入門」の著者故片山徹先生は、「教育は高校時代だ」とのお考えで、終生高校の物理の教師で通された。(都立大学付属高校)。ナルホド、私も妻もキリスト教の救いを熱心に求道したのは高校生の時である●福音は救いを求めていない人に向かって説くのは無駄である。徒労である。御心ではない。●人間は高校時代に人生を考えて求道する事が多い●救いを求めている人に説くのは柔道の巴投げである。相手の力を利用して投げ飛ばすのである。あるいはボクシングのカウンターパンチである。相手が向かってくる力を利用してパンチを出せば力が倍になって猛烈な力になるからダウンする。●救いの道を求めていない人に向うのはこちらのエゴであり、人間的な思いである。●「聴け!。救いを求めている人」「往け!。救いを求めて入る人に」「金持ちや。遊び人に向かうな・この世のことに満足してしている人に向かうな」●日本人は全員中流意識で、そこそこに幸福だと思っている。抑圧の被害者意識がない。だから救いを求めない。これでは日本に福音が入らない。イエスは日本人に言うだろう「日本は金持ちだ。しかし汝なお一つを欠く」と。


塚本訳マコ 10:21-22
10:21 イエスは彼をじっと見て、かわいく思って言われた、「(よく守った。だが)一つ足りない。家に帰って、持っているものをみな売って、(その金を)貧乏な人に施しなさい。そうすれば天に宝を積むことができる。それから来て、わたしの弟子になりなさい。」
10:22 彼はこの言葉に顔をくもらせ、悲しそうにして立ち去った。大資産家であったのである。

文語訳マコ 10:21-22
10:21 イエス彼に目をとめ、愛しみて言ひ給ふ『なんぢ尚ほ一つを缺く、往きて汝の有てる物をことごとく賣りて、貧しき者に施せ、さらば財寳を天に得ん。且きたりて我に從へ』
10:22 この言によりて、彼は憂を催し、悲しみつつ去りぬ、大なる資産をもてる故なり。

●7:20 NHKFM「気ままにクラシック」イントロクイズ。今日はシューベルトの「楽興の時」。やさしい。15秒以内で解答を送信。これで7連勝。ささやかな喜びよ。

●ゆき皮膚科、図書館●午後はTSK日本語版、 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


エクレシアの呻き ++++++++ 所感

2010/07/11 20:44

使徒伝承 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

       http://stonepillow.dee.cc/




100711(日)5:00 一僧侶の求道の話。「教えてやろう」という話ではなく、自らの迷いの告白なので心打たれた。●ブログも「失敗の告白」をするときに神の手が現れる●世にはなにごとも「隠す」人間がいるが、あれは「罪」。●御主人が「癌」になったとき、心配した周囲の人が「どこの御病気ですか」と尋ねたところ、「ええ、ちょっと」と答えたと言う。これなどは疾病は恥であるから隠したいという、異教の暗い「罪」の心。これでは直るものもなおらない●集会は茂木、高木(詩篇105-106、美濃のキリシタン)、山本(第一コリント)●日本伝道に挺身した宣教師フロイスの宣教スピリットに心打たれた。こういう人物が一人でもいればキリスト教は広まる●高木博義氏と懇談。江戸時代にキリスト教が急速に広まったのは、武士も農民も神の前には平等であるという革命的な思想、韓国にキリスト教が広まったのがその圧政からの解放のため●現在結婚式がキリスト教である率は4~50%。その理由は男女は神の前に平等であるというキリスト教の精神に若い女性が魅かれるからだと言う話を聞いた事がある。●抑圧からの解放の手段としてのキリスト教は本物でないから長続きしない。抑圧がなくなればキリスト教も捨てられる。●東ドイツの教会は社会主義体制の抑圧が去ると教会から人が去った●人間として本当の抑圧は「罪と死」の苦しみ。その抑圧からの解放としてキリスト教の十字架と復活がある。●今日キリスト教は衰退の一途であるが、原因がある。神ならざるものを「幸福」「喜び」として、遊んでいるからである。キリスト教で遊んでいるからである。●キリスト教徒と称してはいるがゴルフをやったり日曜日に遊んでいる人間が多すぎる。これらの人間に無関心であってはいけない。他人の信仰生活を「とやかく」いうのは「おせっかい」ではない。苦悩だからある。遊び人や有体的復活を信じない不信仰者の存在に対してウンウンと呻かないのは信仰が死んでいる証拠、命がない証拠。この苦悩なしにエクレシアの存在意義はない。集会は遊びのサロンではない。 


塚本訳 ヘブ 10:25
10:25 (また、)ある人々がするように、集会を怠けず、むしろ互に勧め(合って出席す)るようにしなくてはいけない。その日が近づいていることをあなた達は知っているから、いよいよそうしなくては!
 

塚本訳 ロマ 8:22-26
8:22 わたし達が知っているように、全創造物は(かの日から)今まで、一しょになって呻き、一しょになって産みの苦しみをしている。(父なる神がこの  呻きに耳を傾けられないことがあろうか。)
8:23 しかし(苦しんでいるのは)創造物だけではない。わたし達自身も、(神の子にされた証拠として)御霊なる初穂を持っているので、このわたし達自身も、自分(のみじめな姿)をかえりみて、呻きながら、(正式に神の)子にされること、すなわちわたし達のこの(罪の)体があがなわれ(て、朽ちることのない栄光の体にされ)ることを、待っているのである。
8:24 なぜなら、わたし達は(最後の日に救いが完成されるという)望みをもって、救われているからである。目に見ることのできる望みは望みではない。人はいま現に見ているものを、なんでその上望む必要があろうか。
8:25 しかしわたし達が見ていないものを望むとすれば、忍耐をもって待たねばならない。
8:26 しかし(創造物やわたし達神の子が苦しんでいると)同じように、御霊も、弱いわたし達を助けてくださる。すなわち、(神のみ心にかなうには)どう何を祈るべきかわからないので、御霊自身が、無言の呻きをもって(わたし達の祈りを神に)執り成してくださるのである。
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


喜びの質 ++++++++ 所感

2010/07/10 12:05

使徒伝承 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

       http://stonepillow.dee.cc/





100710(土)4時半起床●朝の黙想「喜びの質が違う」●6:30公園でラジオ体操●TSK日本語版、マタイ16章。ペテロの告白に胸が熱くなる●ゆき皮膚科、図書館、東急●この世の喜びと神の国の喜びでは「喜びの質が違う。聖書的には次の通りだ。

塚本訳 ピリ 3:8
3:8 否、ただにそれ(らの特権)ばかりでなく、わが主キリスト・イエス(を知る)の知識が(余りにも尊く)優れているために、本当は(今は)一切合切のものを損だと思っている。(実際)彼のために何もかも損してしまったのだが、(そんなものは皆)塵芥と思っている。これはキリスト・イエスを自分の有とし、


塚本訳 使  14:15
14:15 「諸君、何をするのか。わたし達(二人)もあなた達と同じ人間です。あなた達に福音を説いて、こんな(ゼウスなどのような命のない空な)偶像から離れ、』天と地と海とそれらの中の一切の物とをお造りになった、』生ける(まことの)神に転ずるようにしているのです。


塚本訳 使  20:22-24
20:22 (だがいよいよお別れだ。)さあ、わたしは御霊に縛られて、エルサレムにのぼって行く。そこでどんな目に会うか、わたしは知らない、
20:23 ただ、聖霊は(預言者たちをもって)到る所の町で、縄目と苦難とが(あそこで)わたしを待っていると証しをしてくださったことのほかは。
20:24 しかしわたしは、自分の走るべき道を走りおえて、主イエスから託された、神の恩恵をつたえる福音を証しする役目をはたすためなら、自分の命のことなど口にする値打もないと思う。


塚本訳 コロ 1:27
1:27 神はこの奥義が異教人にとって如何ばかり大なる栄光の富であるかを知らせようと欲し給うたのである。そして奥義とは(取りも直さず)君達の中にい給うキリストのことであって、(これがまた)栄光の希望である。


●この世の欲望と神の国の喜びとは衝突しない。煩悩は罪ではない。それが衝突すると思わせるキリスト教の説き方は悪い。●まず、神に帰依すれば、煩悩が祝福される。イエスは食事を楽しみ、結婚を祝した。富はこれを利用せよという。

resize1452.jpg 

東の窓を開ける。オッ、今日は天気がいいぞ。 4時05分


resize1453.jpg 

夏の空。あきる野名物のトウモロコシがぐんぐん成長する。天に向かって喜んで伸びる。
ラジオ体操の帰り。

resize1454.jpg 

15:00立教大学に講演会を聞きに行く。

講演者  梁賢恵(ヤム・ヒョン・エ 韓国の梨花{りか}女子大学教授)

演題  福音と預言そして「創造的な受苦」・・・内村鑑三と咸錫憲(ハム・ソク・ホン)の道・・・

司会  立教大学キリスト教学研究科委員長 月本昭男

写真  右から武藤陽一(無教会の伝道者、教文館版内村全集索引の制作者)、武藤富子(陽一氏夫人)、高橋トミ子(講演会終了後、コーラスの練習に行く)、高橋照男(韓国のキリスト教を学びに行く)

感想  咸錫憲(ハム・ソク・ホン)は時代的に内村より後。キリスト教が展開している。終末論が濃厚なのは良かった。 

帰途  元塚本集会の神谷光子さんと所沢まで一緒。良い話を伺った。栃木県の無教会伝道者竹内正一氏が召されたあと、村松梅太郎氏が召命を受けて家庭集会を開く事になったという。「ハレルヤ」と言った。神生き給う。神は死の後に人を起こす。


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


同病相憐れむ ++++++++ 所感

2010/07/09 08:09





使徒伝承 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

       http://stonepillow.dee.cc/




100709(金)4時45分起床●某氏から貴重なメール。私からの返信の一部で差し障りのないところを公表する。少し改変。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


○○殿

 ●「この世の業務に翻弄されている」・・・・人間は年齢相応にあることに一生懸命になることを強いられているのだと思います。それでいいのだと思います。この世の業務そのものが神の業、翻弄の苦が他の翻弄中の人に福音が伝えられる素地であると思います。集会の某氏が「高橋は年金を受給するようになってから話に力が抜けた」と申されます。とすると年金受給者は現役者に福音は伝えられないのかもしれません。現業者が福音に生きる事が無教会の伝道の特徴だと思います。 「同病相哀れむ」ところから福音が伝わるのだと思います。


●今まで無教会の伝道の「武器」は雑誌でしたが、今後はWEBになっていくものと思います。

●かって塚本先生が無教会の実態を知ろうと「無教会の姿」という本を作ろうとされました。それで信者各人の入信の経緯から現在の集会の持ち方などを多くの人に書いてもらったのですが、編集スタッフの足並みの乱れから日の目を見ずに終わりました。しかしその途中で塚本先生は「日本における福音の伝播は『文書伝道』であることがわかったと言っておられます。今やパソコンは電話機並みになりつつあります。今後の伝道は雑誌よりもWEBによるHPであると予想します。

●妻の母は認知症で妻の事も分からなくなっています。90歳で、内臓の病気になり福島県いわき市にある労災病院に入院、既に点滴だけで生存一カ月余、今日か明日かの命で妻も私も落ち着きません。日本人は長寿になった代わりに「認知症」という悲しい現実に直面します。妻は家系から常に「自分は認知症になるワヨ」と私を悲しませます。私は妻より先に逝きたいと思っているのですが・・・・伴侶に「認知症」になられた時の「悲しみ苦しみ」は福音が入っていく素地ではないでしょうか。

●建築材料には「劣化現象」というものがあります。そのときは万人が「寿命だ」と言って納得します。認知症も脳の劣化現象と解します。それは「仕方のないこと」だとは思いますが、問題はその時の周囲の大変さに対する「心のケア」ではないでしょうか。認知症の親と一緒に生活をされておられる方の御苦労は言葉では言えないほど大変なことだと思います。

●私は両親の家が白アリにやられた経験があります。人間は「虫」に負けます。あの時はぞっとしました。せっかく立派に完成した貴殿のお喜びに「水を差す」ようで申し訳ないのですが、この世のものは総て永久ではありません。この世のものは有限ではかないものです。ですから肉体も建築も「一時的なもの」、その一時的な瞬間を感謝して楽しむほかに対応する「哲学」はないのだと思います。ですからこの「一時」こそは来世への準備、跳躍へのバネではないでしょうか。

高橋

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●6:30 公園でラジオ体操

●人間関係で嫌な事があったら、神に告げて悩みを貯金ずる心得が道だ。なぜか。神に知っていただければ百人力だから。もし相手が悪かった場合は神が注意して下さる。

●ある組織で、常に私を攻撃し悪口を言い放って周囲を汚染していた「嫌な奴」二名が辞職した。じっと我慢していた甲斐があった。神は私を楽にして下さった。善悪が判断できないときはしばらく「静観」していればよい。神が植えた樹ならば伸びるがそうでない時は神に抜かれる。聖書的根拠は多数。


塚本訳 マタ 15:13
15:13 イエスは答えられた、「わたしの天の父上がお植えにならないものは皆、引き抜かれる。

口語訳 詩  1:3-4
1:3 このような人は流れのほとりに植えられた木の/時が来ると実を結び、その葉もしぼまないように、そのなすところは皆栄える。
1:4 悪しき者はそうでない、風の吹き去るもみがらのようだ。


塚本訳マタ 15:14
15:14 あの人たちを放っておけ。盲人の手引をする盲人だ。盲人が盲人の手引をすれば、二人とも穴に落ちよう。」

塚本訳マタ 13:28-29
13:28 主人がこたえた、『敵のしわざだ。』使用人たちが言う、『では、行って抜き取りましょうか。』
13:29 主人が言う、『いや、毒麦を抜き取ろうとして、麦まで一しょに引き抜くかも知れない。


口語訳 出  14:14
14:14 主があなたがたのために戦われるから、あなたがたは黙していなさい」。


resize1450.jpg 

13:30 聖書図書館開館30周年記念講演会 (教文館ビル9階)

講演

「聖書図書館・・・その成り立ちと魅力」 池田裕。筑波大名誉教授。写真中央

「歴史的聖書の発見・保存修復・デジタル化」 木部徹 ㈱資料保存機材 社長 写真右

 60年前に発見された死海写本のうち銅板の巻物は竪に真二つに割って京都の八ツ橋せんべいのようにして読めるようになったが、今ではそんなことをしないでもCTで内部の文字が解読できるという話にびっくり。医学と聖書学の融合。学際の時代である。
●終了後の茶話会で池田裕先生と懇談。筑波大学で息子がお世話になったことのお礼。息子の近況報告。喜んで下さった。●中尾美都子さんや聖書協会翻訳部の高橋裕子さんと懇談。、

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


素直に泣け ++++++++ 所感

2010/07/08 16:55



100708(木)朝の黙想「素直に泣く」●TSK日本語版。マタイの15節。今日はKJVと口語訳のマッチングが難航。時間がかかった●次回10月3日の集会感話は「イエスが泣かれる」(ルカ19:41-44)●そこで「泣く」ということをJバイブルで検索し心に響いたものを黙想してみる。

検索 泣 [口語訳] 旧約


創 43: 30 [口語

ヨセフは弟なつかしさに心がせまり、急いで泣く場所をたずね、へやにはいって泣いた。

ルツ 1: 14 [口語

彼らはまた声をあげて泣いた。そしてオルパはそのしゅうとめに口づけしたが、ルツはしゅうとめを離れなかった。

Ⅱサム 18: 33 [口語

王はひじょうに悲しみ、門の上のへやに上って泣いた。彼は行きながらこのように言った、「わが子アブサロムよ。わが子、わが子アブサロムよ。ああ、わたしが代って死ねばよかったのに。アブサロム、わが子よ、わが子よ」。

伝 3: 4 [口語

泣くに時があり、笑うに時があり、悲しむに時があり、踊るに時があり、

エゼ 24: 16 [口語

「人の子よ、見よ、わたしは、にわかにあなたの目の喜ぶ者を取り去る。嘆いてはならない。泣いてはならない。涙を流してはならない。

ヨエ 1: 8 [口語

あなたがたは若い時の夫のために/荒布を腰にまとったおとめのように泣き悲しめ。

検索 泣 [口語訳] 新約


マタ 2: 18 [口語

「叫び泣く大いなる悲しみの声が/ラマで聞えた。ラケルはその子らのためになげいた。子らがもはやいないので、慰められることさえ願わなかった」。

マタ 8: 12 [口語

この国の子らは外のやみに追い出され、そこで泣き叫んだり、歯がみをしたりするであろう」。

マタ 26: 75 [口語

ペテロは「鶏が鳴く前に、三度わたしを知らないと言うであろう」と言われたイエスの言葉を思い出し、外に出て激しく泣いた。

マコ 5: 38 [口語

彼らが会堂司の家に着くと、イエスは人々が大声で泣いたり、叫んだりして、騒いでいるのをごらんになり、

マコ 5: 39 [口語

内にはいって、彼らに言われた、「なぜ泣き騒いでいるのか。子供は死んだのではない。眠っているだけである」。

マコ 14: 72 [口語

するとすぐ、にわとりが二度目に鳴いた。ペテロは、「にわとりが二度鳴く前に、三度わたしを知らないと言うであろう」と言われたイエスの言葉を思い出し、そして思いかえして泣きつづけた。

マコ 16: 10 [口語

マリヤは、イエスと一緒にいた人々が泣き悲しんでいる所に行って、それを知らせた。

ルカ 6: 21 [口語

あなたがたいま飢えている人たちは、さいわいだ。飽き足りるようになるからである。あなたがたいま泣いている人たちは、さいわいだ。笑うようになるからである。

ルカ 6: 25 [口語

あなたがた今満腹している人たちは、わざわいだ。飢えるようになるからである。あなたがた今笑っている人たちは、わざわいだ。悲しみ泣くようになるからである。

ルカ 7: 13 [口語

主はこの婦人を見て深い同情を寄せられ、「泣かないでいなさい」と言われた。

ルカ 7: 38 [口語

泣きながら、イエスのうしろでその足もとに寄り、まず涙でイエスの足をぬらし、自分の髪の毛でぬぐい、そして、その足に接吻して、香油を塗った。

ルカ 8: 52 [口語

人々はみな、娘のために泣き悲しんでいた。イエスは言われた、「泣くな、娘は死んだのではない。眠っているだけである」。

ルカ 13: 28 [口語

あなたがたは、アブラハム、イサク、ヤコブやすべての預言者たちが、神の国にはいっているのに、自分たちは外に投げ出されることになれば、そこで泣き叫んだり、歯がみをしたりするであろう。

ルカ 19: 41 [口語

いよいよ都の近くにきて、それが見えたとき、そのために泣いて言われた、

ルカ 23: 28 [口語

イエスは女たちの方に振りむいて言われた、「エルサレムの娘たちよ、わたしのために泣くな。むしろ、あなたがた自身のため、また自分の子供たちのために泣くがよい。

ヨハ 11: 31 [口語

マリヤと一緒に家にいて彼女を慰めていたユダヤ人たちは、マリヤが急いで立ち上がって出て行くのを見て、彼女は墓に泣きに行くのであろうと思い、そのあとからついて行った。

ヨハ 11: 33 [口語

イエスは、彼女が泣き、また、彼女と一緒にきたユダヤ人たちも泣いているのをごらんになり、激しく感動し、また心を騒がせ、そして言われた、

ヨハ 16: 20 [口語

よくよくあなたがたに言っておく。あなたがたは泣き悲しむが、この世は喜ぶであろう。あなたがたは憂えているが、その憂いは喜びに変るであろう。

ヨハ 20: 11 [口語

しかし、マリヤは墓の外に立って泣いていた。そして泣きながら、身をかがめて墓の中をのぞくと、

ヨハ 20: 13 [口語

すると、彼らはマリヤに、「女よ、なぜ泣いているのか」と言った。マリヤは彼らに言った、「だれかが、わたしの主を取り去りました。そして、どこに置いたのか、わからないのです」。

ヨハ 20: 15 [口語

イエスは女に言われた、「女よ、なぜ泣いているのか。だれを捜しているのか」。マリヤは、その人が園の番人だと思って言った、「もしあなたが、あのかたを移したのでしたら、どこへ置いたのか、どうぞ、おっしゃって下さい。わたしがそのかたを引き取ります」。

使 9: 39 [口語

そこでペテロは立って、ふたりの者に連れられてきた。彼が着くとすぐ、屋上の間に案内された。すると、やもめたちがみんな彼のそばに寄ってきて、ドルカスが生前つくった下着や上着の数々を、泣きながら見せるのであった。

使 20: 37 [口語

みんなの者は、はげしく泣き悲しみ、パウロの首を抱いて、幾度も接吻し、

使 21: 13 [口語

その時パウロは答えた、「あなたがたは、泣いたり、わたしの心をくじいたりして、いったい、どうしようとするのか。わたしは、主イエスの名のためなら、エルサレムで縛られるだけでなく、死ぬことをも覚悟しているのだ」。

ロマ 12: 15 [口語

喜ぶ者と共に喜び、泣く者と共に泣きなさい。

Ⅰコリ 7: 30 [口語

泣く者は泣かないもののように、喜ぶ者は喜ばないもののように、買う者は持たないもののように、

ヤコ 4: 9 [口語

苦しめ、悲しめ、泣け。あなたがたの笑いを悲しみに、喜びを憂いに変えよ。

ヤコ 5: 1 [口語

富んでいる人たちよ。よく聞きなさい。あなたがたは、自分の身に降りかかろうとしているわざわいを思って、泣き叫ぶがよい。

黙 5: 4 [口語

巻物を開いてそれを見るのにふさわしい者が見当らないので、わたしは激しく泣いていた。

黙 5: 5 [口語

すると、長老のひとりがわたしに言った、「泣くな。見よ、ユダ族のしし、ダビデの若枝であるかたが、勝利を得たので、その巻物を開き七つの封印を解くことができる」。

黙 12: 2 [口語

この女は子を宿しており、産みの苦しみと悩みとのために、泣き叫んでいた。

黙 18: 15 [口語

これらの品々を売って、彼女から富を得た商人は、彼女の苦しみに恐れをいだいて遠くに立ち、泣き悲しんで言う、

黙 18: 19 [口語

彼らは頭にちりをかぶり、泣き悲しんで叫ぶ、『ああ、わざわいだ、この大いなる都は、わざわいだ。そのおごりによって、海に舟を持つすべての人が富を得ていたのに、この都も一瞬にして無に帰してしまった』。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●結論。人間は「素直に泣け」。神はその涙を知って下さる。
●今から10年前、私が心血注いで設計し、賞を獲得し、4人の子供を育て、深く愛していた思い出の深い家が焼けた。神に奪われたのだ。焼跡の灰なかからある一冊の本を必死に探した。それはクロスチナ・ロセッティの信仰詩集である。焼けないで残っていた。その中に

「お泣き、失せた望みのために朝までお泣き。朝になれば愛のほか何も残りません」

という内容の詩に慰められたかったのである。●神は私の涙を覚えて下さり、涙を拭って下さった。奇蹟的に回復して下さった●人生は失敗し、愛するものを失って泣いた方がよい。新しいものが見えてくる。地上の喜び以上の喜びが与えられるのだ。それは「永遠の生命!」

●人生を失敗して泣いて与えられる永遠の命の喜び。その反対に人生を成功して得られる喜び。どちらの喜びが本物か、永遠か。聖書は人生の失敗を泣いて得られる永遠の命の喜びの方が幸いだと言う。なぜか「喜び」の質が違うというのだ。


塚本訳 ルカ 6:20-21
6:20 イエスは目をあげ、(十二人の使徒その他の)弟子たちを見ながら話された。──「ああ幸いだ、『貧しい人たち、』神の国はあなた達のものとなるのだから。
6:21 ああ幸いだ、今飢えている人たち、(かの日に)満腹させられるのはあなた達だから。ああ幸いだ、今泣いている人たち、(かの日に)笑うのはあなた達だから。

使徒伝承 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

       http://stonepillow.dee.cc/





塚本訳 ルカ 6:24-25
6:24 だが、ああ禍だ、富んでいるあなた達、もう慰めを受けたのだから。
6:25 ああ禍だ、今食べあきているあなた達、(かの日に)飢えるのだから。ああ禍だ、今笑っている人たち、(かの日に)泣き悲しむのはあなた達だから。


resize1449.jpg 

ラジオ体操の帰途。きれいな虎、夏の雲。刷毛で描いたようだなー。

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


この10年 ++++++++ 所感

2010/07/07 10:06


使徒伝承 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

       http://stonepillow.dee.cc/


100707(水)2時半ごろに妻の頭に虫がたかり、急に起きたので以降寝付けなかった。サソリ、ムカデではなかった。●おかげで黙想。多数。●昨日は妻から、脳出血から10年目の日と教えられたので、この10年を回顧した。真に「エホバ取り、エホバ与えたもう」である。

口語訳 ヨブ 1:21
1:21 そして言った、/「わたしは裸で母の胎を出た。また裸でかしこに帰ろう。主が与え、主が取られたのだ。主のみ名はほむべきかな」。

●2000年4月に家屋全焼、その3ヶ月後に脳出血で意識不明。主は私から財産を奪った。某氏が「現代のヨブ」と評した。
しかしその後の10年で住居の再建、4人の子供全員の結婚、そして孫が6人与えられた。健康が回復して海外旅行に4回行けた。ドイツ、イスラエル、オーストリア、チェコ。神に感謝。

塚本訳 Ⅰコリ3:12-15
3:12 ある人がこの土台の上に金、銀、宝石、(あるいは)木、草、藁で建てれば、
3:13 それぞれの仕事(が金か藁か)は、かならず明らかになる。(最後の裁きの)かの日がそれを明らかにするのである、その日は火で現われるから。そしてそれぞれの仕事がどんなであるかを、その火が試験して証明する。
3:14 その(土台の)上に建てたある人の仕事がそのままのこれば、褒美を受け、
3:15 ある人の仕事が焼けてしまえば、罰を受ける。ただ彼自身は、火をくぐるようにして(やっと)救われるのである。


●今井館に塚本先生の改訳原稿(第二コリント)を調べに行く。原本を見て氷解。●今井館の後藤さんと、書籍の電子化、インターネット化、録音テープのPM3ないしCD化などについて懇談。その壮大な素晴らしい計画をお聞きして感心もし、安心もした。●塚本先生の講演テープが今井館の地下に揃っているのを確認して安心した。かって「シオン会」からに依頼でオープンリールからカセットテープにダビングしたもの●別室で今井館「ウィークデーの集い」の仕事をしていた、蜷川史子さんの車で三鷹まで私と妻を送ってくださった。夕食を取りながら懇談。●10年前に私の家の実施設計をしてくださったSNさんから電話。






トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


主よ大変です。母が死にそうです。 ++++++++ 所感

2010/07/06 09:11

使徒伝承 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

       http://stonepillow.dee.cc/




100706(水)4時半起床●TSK日本語版、イエスのすごい権威に感服●朝の黙想「主よ大変です。母が死にそうです」。妻の母が間もなく眠りに就こうとしている。この圧させるような苦しみは医学用語で「予期悲嘆」という。死の時を決められたとこの人間の悲痛、塗炭の苦しみ。それは残酷である。死刑囚に対する死刑執行の日はその朝まで知らされない意味が分かるもしそれが何月何日が執行の日だと言われたら、苦悶であfる。●妻の母の場合は6月末が限界だろうと医者の宣告であった。妻とその兄弟姉妹また私達も心が圧せられている。幸いそれから一週間、生き伸びているが既に反応が鈍くなっていると福島の方から連絡があった。●こういう苦しみの時は、クリスチャンの場合は信仰の篤い友人先輩に話すことが一番良い。聖書には次のようにある。重荷を負ってくださり祈って下さる人がいれば少しは楽になる。
口語訳 ヤコ 5:14
5:14 あなたがたの中に、病んでいる者があるか。その人は、教会の長老たちを招き、主の御名によって、オリブ油を注いで祈ってもらうがよい。

● 6年前の私の母の場合も重い予期悲嘆」にくれた。母の場合は肺癌で余命6カ月と宣告されていた。心が落ち着かず、その時に記録したのが、「主よ大変です。来て下さい。母が死にそうです」。である。


http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/bunshou/taihen.html

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


信仰は一代 ++++++++ 所感

2010/07/05 10:40



使徒伝承 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

       http://stonepillow.dee.cc/

 

塚本訳 ヨハ 3:3-5
3:3 イエスが答えて言われた、「アーメン、アーメン、わたしは言う、(徴を見て信じたのではいけない。)人は新しく生まれなおさなければ、神の国にはいることは出来ない。」
3:4 ニコデモがイエスに言う、「(このように)年を取った者が、どうして生まれなおすことが出来ましょう。まさかもう一度母の胎内に入って、生まれなおすわけにゆかないではありませんか。」
3:5 イエスは答えられた、「アーメン、アーメン、わたしは言う、人は霊によって生まれなければ、神の国に入ることは出来ない
3:6 肉によって生まれたものは肉であり、霊によって生まれたものだけが霊である(から)。
3:7 『あなた達は新しく生まれなおさねばならない』と言ったからとて、すこしも不思議がることはない。
3:8 風[プニューマ]は心のままに吹く。その音は聞えるが、どこから来てどこに行くか、あなたは知らない。霊[プニューマ]によって生れる者も皆、そのとおりである。」


塚本訳 マタ 15:13-14
15:13 イエスは答えられた、「わたしの天の父上がお植えにならないものは皆、引き抜かれる。
15:14 あの人たちを放っておけ。盲人の手引をする盲人だ。盲人が盲人の手引をすれば、二人とも穴に落ちよう。」


口語訳 詩  1:2-3
1:2 このような人は主のおきてをよろこび、昼も夜もそのおきてを思う。
1:3 このような人は流れのほとりに植えられた木の/時が来ると実を結び、その葉もしぼまないように、そのなすところは皆栄える。

●信仰が一代限りということは、芸術家の子供必ずしも優秀な芸術家ではないことに似ている。信仰はこの世の財産の世襲のようにはいかない。歌舞伎は何代目というが、信仰はそうはいかない。●無教会の大伝道者の息子必ずしも信仰を継がない●大手証券会社のN証券は役員の息子を採用しない。なぜなら優秀ではないからだと言う。血を濁らせないためであると言う。●大手ゼネコンのT建設は血が濁ってないから社員のヤル気がある。同じく大手のS建設は創業者の血統の子供が役員になったがデキが悪くて、冠婚葬祭専門の役員になった。大手のK建設の創業者には女子ばかりで男子が生まれなかった。そこで婿に超優秀な「人物」を3人も迎えたので急速に成長した。●世の中、うかないものだ。また公平だ。●「信仰は一代」というのは神の深い摂理かもしれない。これ故藤林益三のお考えでもある。●無教会の先生中心の集会も一代の様相を示している。これでいいのかもしれない。しかし「使徒伝承」はどこかで何かしらの形で継承されていくの現実だ。そこには「新しいところ」の福音を播く神の摂理なのかもしれない。●福音はユダヤを去って異邦人に向かった。かくしてキリスト教は世界宗教になった。●昨日集会で話した「エクレシアが記念すべきこと・・・『ナルドの香油』に学ぶ」をホームページの「使徒伝承にアップロードした。次をクリック。

http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/eku.htm

●15:00 集会の釘本京子さんが召されて3年、妻と釘本家にお伺いした。御令弟の釘本晴夫さんと「認知症」について懇談。京子様のお墓は御郷里の佐賀県にある。人生の出会いは一瞬だ。●妻と我が家の経済問題検討。悩み多きこの世なるかな。

resize1448.jpg 

近くの秋留公園にある地蔵。都市計画で公園になったが、元からあったこの地蔵は撤去されずに残っている。この地蔵、時の流れを考えているのかなー。



100705(月)4時半目覚め。朝の黙想「信仰は一代」●TSK日本語版、マタイ15節●公園でラジオ体操●MK氏およびMY氏と無教会の将来について電話懇談●高橋三郎先生召されて、これで先生中心の無教会主義は終わった感じがする。関根先生は無教会は先生中心からエクレシア中心(集団指導体制になるように指導されたが、現実的にはうまくいっていない。●その原因は「福音は責任ある一人の人格的生命によって伝承される」のであるが、エクレシア中心となると、連帯とか仲良しクラブの指向になり命がけの使徒伝承が行われにくい。それに「連帯責任は無責任」の真理の通り、命がけで求道してくる人間をしっかり受け止める人がいない。●「信仰は一代」である。無教会としての福音この世の装いとして続くとしたら、不連続の連続によってである。●「信仰は一人格一代限り」のものである。その聖書的根拠は次のとおりである。 

塚本訳 ヨハ 1:12-14
1:12 しかし受け入れた人々、すなわち、その名を(神の子であることを)信じた人には一人のこらず、神の子となる資格をお授けになった。
1:13 この人たちは、人間の血や、肉の欲望や、男の欲望によらず、神(の力)によって生まれたのである
1:14 この言葉は肉体となって、(しばらく)わたし達の間に住んでおられた。(これが主イエス・キリストである。)わたし達はその栄光を見た。いかにも父上の独り子らしい栄光で、恩恵と真理とに満ちておられた。

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


わたしが復活だ、命だ。 ++++++++ 所感

2010/07/04 06:29


使徒伝承 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

       http://stonepillow.dee.cc/


100704(日)4時45分目覚め。●朝の啓示「わたしが復活だ」。ラザロの兄弟のマルタは終末での復活を頭だけで理解していたから、心に安らぎと喜びがなかった。そこにイエスは「わたしが復活だ、命だ。」と迫った。それをすぐ信じたマルタは偉かった。 

塚本訳  ヨハ 11:23-27
11:23 イエスは言われる、「あなたの兄弟は生き返る。」
11:24 マルタが言う、「最後の日の復活の時に生き返ることは、知っています。」
11:25 イエスがマルタに言われた、「わたしが復活だ、命だ。(だから)私を信じている者は、死んでも生きている。
11:26 また、だれでも生きている私を信じている者は、永遠に死なない。このことが信じられるか。」
11:27 イエスに言う、「はい、主よ、(信じます。)あなたが救世主で、神の子で、世に来るべき方であると、私は信じています。」

●本日の感話資料のタイトルを次のように変更、そこだけプリントやり直し。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   
       エクレシアが記念すべきこと
        「ナルドの香油」に学ぶ
           ヨハネ121-11

     
東京聖書読者会 高橋照男 2010.7.4


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



●上記感話の結論の一部

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

結論

 

●並行記事のマルコ(=マタイ)には次の言葉がある、

塚本訳マコ 14:9

14:9 アーメン、わたしは言う、世界中どこででも(今後)福音の説かれる所では、この婦人のしたことも、その記念のために(一しょに)語りつたえられるであろう。

 

●ナルドの香油のこの物語は後の人がイエスの死の意味を伝承するときに、必ず記念として添えて語り続けられるであろうという。「こういう気の毒な婦人がいたけれども、彼女が知らずに感謝の気持ちから行った香油塗り、それは彼女自身はその意味を知らなかった(ヨハネ1151のカヤパと類似)が、図らずも『神による人類救済の死を指し示す記念をした』偉業になっていたのだ」と。

塚本訳ヨハ 11:50-51

11:50 また、一人の人が民(全体)に代って死んで全国民が滅びない方が、諸君にとって得であることも考えておられない。」

11:51 しかしこれは、カヤパが自分から言ったのではない。その年の大祭司であった彼は、イエスが国民のために死なねばならぬことを、(自分ではそれと気付かずに、神の預言者として)預言したのである。

 

●この「女」の行った行為は図らずもイエスの死の意味を指向していた。今後エクレシアとしては「女」が知らずして行ったこの行為の意味と内容をよく理解して記念し続けるべきだいうのである。

●「エクレシアはイエスの死の意味を記念せよ!。有体的復活を伝承せよ!」。どんなに優れた人物であったとしてもエクレシアは人間を記念していてはいけない。それは人間偶像崇拝であるから神の祝福は受けられなくなり衰退する。

●エクレシアが終末まで「記念」すべきことをパウロは次の通りに言う。

 

塚本訳Ⅰコリ11:24-25

11:24 (神に)感謝して裂いて、言われた、「これはあなた達のためにわたすわたしの体である。わたしを記念するためにこのことを行ないなさい」。

11:25 食事の後、杯を同じように(感謝)して(分けて、)言われた、「この杯はわたしの『血』の犠牲を払った『新しい約束』である。(今から後、)飲むたびごとに、わたしを記念するためにこのことを行ないなさい」。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●昨日はKMさんから「有体的復活」についてメール。その返事を次のように書いた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 


KM様

 

応答感謝です。また明日の感話の励み、はずみになりました。塚本先生は今日のキリスト教が弱体なのは有体的復活と有体的再臨を固く信じていないからだと言っています。塚本虎二著作集第8巻P68.イエス伝第234講の標題は「有体的復活」です。

小生がどのような経緯で「有体的復活」を信ずるにいたったかは、次の諸論考を御一瞥下さい。

 

古い順です。

 

胸が熱くなって見えたもの・・・1999

http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/guno-sisukeikou.htm

 

死の悲しみと淋しさ・・・2008

http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/sabi

 

イエスの復活を信じられるようになった理由・・・2010

http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/riyu.htm

 

 

●娘の愛子は「お父さんの話を聞いてもさっぱり胸が熱くならない」と言いました。しかし天から聖霊を頂くときに初めて胸が熱くなるのであり、

それは人生の「ある日ある時に」必ず訪れてくるものであることを信じています。

 

 

高橋照男 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●ヨハネ11:25 の「私は復活だ」をTSKで見てみる。

Philippians 3:10

10すなわち、キリストとその復活の力とを知り、その苦難にあずかって、その死のさまとひとしくなり、

Philippians 3:20-21

 20しかし、わたしたちの国籍は天にある。そこから、救主、主イエス・キリストのこられるのを、わたしたちは待ち望んでいる。  21彼は、万物をご自身に従わせうる力の働きによって、わたしたちの卑しいからだを、ご自身の栄光のからだと同じかたちに変えて下さるであろう。

1 Thessalonians 4:14

 14わたしたちが信じているように、イエスが死んで復活されたからには、同様に神はイエスにあって眠っている人々をも、イエスと一緒に導き出して下さるであろう。

Revelation of John 20:5

 5(それ以外の死人は、千年の期間が終るまで生きかえらなかった。)これが第一の復活である。

Revelation of John 20:10-15

 10そして、彼らを惑わした悪魔は、火と硫黄との池に投げ込まれた。そこには、獣もにせ預言者もいて、彼らは世々限りなく日夜、苦しめられるのである。  11また見ていると、大きな白い御座があり、そこにいますかたがあった。天も地も御顔の前から逃げ去って、あとかたもなくなった。  12また、死んでいた者が、大いなる者も小さき者も共に、御座の前に立っているのが見えた。かずかずの書物が開かれたが、もう一つの書物が開かれた。これはいのちの書であった。死人はそのしわざに応じ、この書物に書かれていることにしたがって、さばかれた。  13海はその中にいる死人を出し、死も黄泉もその中にいる死人を出し、そして、おのおのそのしわざに応じて、さばきを受けた。  14それから、死も黄泉も火の池に投げ込まれた。この火の池が第二の死である。  15このいのちの書に名がしるされていない者はみな、火の池に投げ込まれた。

Revelation of John 21:4

 4人の目から涙を全くぬぐいとって下さる。もはや、死もなく、悲しみも、叫びも、痛みもない。先のものが、すでに過ぎ去ったからである」。

●集会は宮崎、土肥(塚本先生の手紙)、高橋(エクレシアが記念すべきこと)●土肥さんと塚本先生の手紙の活字化について懇談。パウロの手紙の収集は「各エクレシアに君の所にパウロからの手紙は残っていないか」という問い合わせがあったらしい●手紙と言えどもよいものは「聖書」にまでなる●プライバシーの問題でどこまで公開できるかが問題。しかしパウロの手紙もかなりプライバシーの問題が書かれている。生きた手紙である。それが聖書である●午後、妻はコーラスの練習●非常に蒸し暑い日であった。

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


泣くな。死は眠りだ ++++++++ 所感

2010/07/03 12:07


使徒伝承 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

       http://stonepillow.dee.cc/





100703(土)4時半目覚め。妻の母の命は今日か明日かと落ち着かず、二人とも心が圧されて悲しみが大きい。そんな時に朝の啓示。「 泣くな。死は眠りだ」。 

塚本訳 マタ 9:24
9:24 言われた、「あちらに行っておれ。少女は死んだのではない、眠っているのだから。」人々はあざ笑っていた。

●死に直面して悲しみに沈む家族に対する慰め励ましの言葉としてこれ以上のものはない。さすが神の子、神の言葉。百万巻の本よりもこの一言で慰められる。
●過日の夕食の私の祈り「母の眠りの時が近づいています。どうか安らかにお受けください」

●マタ9:24の黒崎註解から新共同訳の引照を読む



  1. [眠っているのだ]

      ヨハネによる福音書 11章11節 - 13節
      11章11節 こうお話しになり、また、その後で言われた。「わたしたちの友ラザロが眠っている。しかし、わたしは彼を起こしに行く。」
      11章12節 弟子たちは、「主よ、眠っているのであれば、助かるでしょう」と言った。
      11章13節 イエスはラザロの死について話されたのだが、弟子たちは、ただ眠りについて話されたものと思ったのである。

      使徒言行録 20章9節 - 10節
      20章9節 エウティコという青年が、窓に腰を掛けていたが、パウロの話が長々と続いたので、ひどく眠気を催し、眠りこけて三階から下に落ちてしまった。起こしてみると、もう死んでいた。
      20章10節 パウロは降りて行き、彼の上にかがみ込み、抱きかかえて言った。「騒ぐな。まだ生きている。」


●マタ9:24のTSKを見てみる。

*「少女は死んだのではない。眠っているだけである」。

John 11:4

4イエスはそれを聞いて言われた、「この病気は死ぬほどのものではない。それは神の栄光のため、また、神の子がそれによって栄光を受けるためのものである」。

John 11:11-13

 11そう言われたが、それからまた、彼らに言われた、「わたしたちの友ラザロが眠っている。わたしは彼を起しに行く」。  12すると弟子たちは言った、「主よ、眠っているのでしたら、助かるでしょう」。  13イエスはラザロが死んだことを言われたのであるが、弟子たちは、眠って休んでいることをさして言われたのだと思った。

●マタ9:24のネストレの引照を読む

ヨハネによる福音書 11章11節 - 14節
11章11節 こうお話しになり、また、その後で言われた。「わたしたちの友ラザロが眠っている。しかし、わたしは彼を起こしに行く。」
11章12節 弟子たちは、「主よ、眠っているのであれば、助かるでしょう」と言った。
11章13節 イエスはラザロの死について話されたのだが、弟子たちは、ただ眠りについて話されたものと思ったのである。
11章14節 そこでイエスは、はっきりと言われた。「ラザロは死んだのだ。

●マタ9:24の黒崎註解を読む

註解: 我ら復活を信じる者にとってはすべての死者は寝たる者であって、この少女の場合と同じく主来り給えば直ちに甦えるのである。しかしながらかかる信仰をば人は「嘲笑(あざわら)う」こと今も昔も変りがない(使17:32)。
要義 [死者の復活について]イエスはその御在世中に三度死者を甦らしめ給うた(ルカ7:11以下。ヨハ11:1以下及びこの場合)。これによりて彼は(1)未来において彼の再臨の時に死者の復活のあり得ること(詳細は1コリント15の註を見よ)。(2)死人を甦らしむる者はキリストであり、彼に復活の力があることを示し給うた。復活を信ずることを欲しない者は、この明瞭なる福音書の記事を種々の口実をもって否定しようとしているけれども、いずれも復活がないという前提から出発して推測しているに過ぎないのであって、記事それ自身の証明力を少しも減ずる力はない。三福音書ともこの記事を如実に記載していることを見、而して神の子に在し給うイエスにこの力が与えられしことを信ずる時、この記事の事実であることを疑う余地は少しもない。


●朝のラジオ体操と昼に図書館に行ったほかは終日明日の感話の準備。●妻の母が間もなく召される状態に、妻は心が圧せられている。6年前の私の母の時のことを思う。●このことでK夫人より主にある励ましのメールを頂く。●私の祈り、「安らかに、安らかに眠って下さい●来世での復活再会はある。証拠はイエスの有体的復活の歴史的事実

 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


財産を失う時 ++++++++ 所感

2010/07/02 11:47


使徒伝承 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

       http://stonepillow.dee.cc/



100702(金)5時起床。朝の啓示「財産を失う時」●TSK日本語版。マタイ13:43-57●6:30 公園でラジオ体操

resize1447.jpg 

ラジオ体操に行く途中にいつも出あう犬連れの4人。私の体重の増減を敏感に感じてくれている。この写真、パソコンでプリンとして差し上げよう。



●今朝の啓示に関する黙想に、TSK日本語版作業の内マタ13:44が一致した。

口語訳 マタ 13:44
13:44 天国は、畑に隠してある宝のようなものである。人がそれを見つけると隠しておき、喜びのあまり、行って持ち物をみな売りはらい、そしてその畑を買うのである。

●この個所のTSKは次の通り。これを読めば心一杯、胸一杯である。

(TSK)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

*「天国は、畑に隠してある宝のようなものである」

Proverbs 2:2-5

2あなたの耳を知恵に傾け、あなたの心を悟りに向け、  3しかも、もし知識を呼び求め、悟りを得ようと、あなたの声をあげ、  4銀を求めるように、これを求め、かくれた宝を尋ねるように、これを尋ねるならば、  5あなたは、主を恐れることを悟り、神を知ることができるようになる。

Proverbs 16:16

 16知恵を得るのは金を得るのにまさる、悟りを得るのは銀を得るよりも望ましい。

Proverbs 17:16

 16愚かな者はすでに心がないのに、どうして知恵を買おうとして/手にその代金を持っているのか。

Proverbs 18:1

 1人と交わりをしない者は口実を捜し、すべてのよい考えに激しく反対する。

Matthew 6:21

 21あなたの宝のある所には、心もあるからである。

John 6:35

 35イエスは彼らに言われた、「わたしが命のパンである。わたしに来る者は決して飢えることがなく、わたしを信じる者は決してかわくことがない。

Romans 15:4

 4これまでに書かれた事がらは、すべてわたしたちの教のために書かれたのであって、それは聖書の与える忍耐と慰めとによって、望みをいだかせるためである。

1 Corinthians 2:9-10

9しかし、聖書に書いてあるとおり、/「目がまだ見ず、耳がまだ聞かず、/人の心に思い浮びもしなかったことを、/神は、ご自分を愛する者たちのために備えられた」/のである。  10そして、それを神は、御霊によってわたしたちに啓示して下さったのである。御霊はすべてのものをきわめ、神の深みまでもきわめるのだからである。

Colossians 2:3

 3キリストのうちには、知恵と知識との宝が、いっさい隠されている。

Colossians 3:3-4

 3あなたがたはすでに死んだものであって、あなたがたのいのちは、キリストと共に神のうちに隠されているのである。  4わたしたちのいのちなるキリストが現れる時には、あなたがたも、キリストと共に栄光のうちに現れるであろう。

Colossians 3:16

 16キリストの言葉を、あなたがたのうちに豊かに宿らせなさい。そして、知恵をつくして互に教えまた訓戒し、詩とさんびと霊の歌とによって、感謝して心から神をほめたたえなさい。

 

*「喜びのあまり、行って持ち物をみな売りはらい」

Matthew 19:21

21イエスは彼に言われた、「もしあなたが完全になりたいと思うなら、帰ってあなたの持ち物を売り払い、貧しい人々に施しなさい。そうすれば、天に宝を持つようになろう。そして、わたしに従ってきなさい」。

Matthew 19:27

 27そのとき、ペテロがイエスに答えて言った、「ごらんなさい、わたしたちはいっさいを捨てて、あなたに従いました。ついては、何がいただけるでしょうか」。

Matthew 19:29

 29おおよそ、わたしの名のために、家、兄弟、姉妹、父、母、子、もしくは畑を捨てた者は、その幾倍もを受け、また永遠の生命を受けつぐであろう。

Luke 14:33

 33それと同じように、あなたがたのうちで、自分の財産をことごとく捨て切るものでなくては、わたしの弟子となることはできない。

Luke 18:23-24

 23彼はこの言葉を聞いて非常に悲しんだ。大金持であったからである。  24イエスは彼の様子を見て言われた、「財産のある者が神の国にはいるのはなんとむずかしいことであろう。

Luke 19:6-8

 6そこでザアカイは急いでおりてきて、よろこんでイエスを迎え入れた。  7人々はみな、これを見てつぶやき、「彼は罪人の家にはいって客となった」と言った。  8ザアカイは立って主に言った、「主よ、わたしは誓って自分の財産の半分を貧民に施します。また、もしだれかから不正な取立てをしていましたら、それを四倍にして返します」。

Acts 2:44-47

 44信者たちはみな一緒にいて、いっさいの物を共有にし、  45資産や持ち物を売っては、必要に応じてみんなの者に分け与えた。  46そして日々心を一つにして、絶えず宮もうでをなし、家ではパンをさき、よろこびと、まごころとをもって、食事を共にし、  47神をさんびし、すべての人に好意を持たれていた。そして主は、救われる者を日々仲間に加えて下さったのである。

Acts 4:32-35

 32信じた者の群れは、心を一つにし思いを一つにして、だれひとりその持ち物を自分のものだと主張する者がなく、いっさいの物を共有にしていた。  33使徒たちは主イエスの復活について、非常に力強くあかしをした。そして大きなめぐみが、彼ら一同に注がれた。  34彼らの中に乏しい者は、ひとりもいなかった。地所や家屋を持っている人たちは、それを売り、売った物の代金をもってきて、  35使徒たちの足もとに置いた。そしてそれぞれの必要に応じて、だれにでも分け与えられた。

Philippians 3:7-9

7しかし、わたしにとって益であったこれらのものを、キリストのゆえに損と思うようになった。  8わたしは、更に進んで、わたしの主キリスト・イエスを知る知識の絶大な価値のゆえに、いっさいのものを損と思っている。キリストのゆえに、わたしはすべてを失ったが、それらのものを、ふん土のように思っている。それは、わたしがキリストを得るためであり、  9律法による自分の義ではなく、キリストを信じる信仰による義、すなわち、信仰に基く神からの義を受けて、キリストのうちに自分を見いだすようになるためである。

Hebrews 10:34

 34さらに獄に入れられた人々を思いやり、また、もっとまさった永遠の宝を持っていることを知って、自分の財産が奪われても喜んでそれを忍んだ。

Hebrews 11:24-26

 24信仰によって、モーセは、成人したとき、パロの娘の子と言われることを拒み、  25罪のはかない歓楽にふけるよりは、むしろ神の民と共に虐待されることを選び、  26キリストのゆえに受けるそしりを、エジプトの宝にまさる富と考えた。それは、彼が報いを望み見ていたからである。

 

*「そしてその畑を買うのである」

Proverbs 23:23

23真理を買え、これを売ってはならない、知恵と教訓と悟りをも買え。

Isaiah 55:1

 1「さあ、かわいている者は/みな水にきたれ。金のない者もきたれ。来て買い求めて食べよ。あなたがたは来て、金を出さずに、ただでぶどう酒と乳とを買い求めよ。

Revelation of John 3:18

 18そこで、あなたに勧める。富む者となるために、わたしから火で精錬された金を買い、また、あなたの裸の恥をさらさないため身に着けるように、白い衣を買いなさい。また、見えるようになるため、目にぬる目薬を買いなさい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(TSK)終わり


●生まれつきの人間はこの世の「富」を求める。「財産を求める」。金、健康、社会的地位、学歴、学業成績、容姿、良き妻、良き夫、良い家庭、土地家屋、一流の職場、寿命、平和・・・・これらを求めるのは人間として常識かつ当然である。これらの追及を妨げてはいけない。しかし不幸にもこれらのいくつか、あるいは殆ど全部を失う事がある。聖書では「富、財産」の概念規定が違う。質が違う、これ現実逃避ではない。宗教に逃げるのではない。宗教は弱いものが逃げ込むところではない。なぜか。「この世の富・財産」はそれで真の幸福をもたらさないからである。大体においてそれを得ようとするときに競争や争いが起こる。だからとても安らぎのない生涯になる。ところが安らぎの道がある。それは神の啓導に道である。この道は「戦いの道」ではない。聖書のいう富とは「神との交わり」。これこそが真の道。真の幸福。永久の幸福。永遠の命。それは多くの場合、「この世の富・財産」を失って貧しく惨めになった時に「目覚めて」神を求めることによって与えられる。

口語訳 ヤコ 2:5
2:5 愛する兄弟たちよ。よく聞きなさい。神は、この世の貧しい人たちを選んで信仰に富ませ、神を愛する者たちに約束された御国の相続者とされたではないか

●今井館問題で幹事のN氏と懇談一時間。神はどんなに恐ろしい裁きをなさるかわからない。残念ながら人間の努力も通じないことがある。

 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲




| Top | Next
0814