to 日記と感想 2010年12月
Top | RSS | Admin

2010.11 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2011.01


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170812(土)14:00お江戸こらりあーず演奏会、文京シビックホール
    170821(土)15:00お江戸コラリアーズ定期演奏会、文京公会堂
    170809     TW誕生日
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170708(土)14:00在宅医療説明会(キララホール)
    170707(金)10:00池谷医院
    170706      TM誕生日
    170702(日) 集会感話
    170701      TT誕生日
    170630(金)12:20キララホールエントランスコンサート
    170628      IY誕生日
    170627(火)11:00 能城牧師来訪
    170625)日)10:10トミ子集会感話
    170625(日)14:00茅ヶ崎金子邸
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール
    170610(土)14:00内村鑑三セミナー、立教大学12号館。矢田部、椚」山
    170609(金)   TS命日
    170608(木)12:15ボリショイ「白鳥の湖」、東京文化会館
    170707(水)10:00池谷医院
    170604(日)10:00集会感話、
    170604(日)16:30近藤恵邸起工式、福島市。
    170530(火)14:00田岡氏来訪
    170527(土)14:00今井館ピアノコンサート
    170521(日)14:00新宿フィル、ブラームス1番、レスピーギ「鳥」「ローマの松」。和田睦夫
    170425       TN)誕生日
    150420(木)09:30阿伎留センター泌尿器科)
    170416(日)14:00武蔵野室内合奏団、杉並公会堂(大坪満子)


忘れるという事 ++++++++ 所感

2010/12/31 10:29

101231(金)5時目覚め。6時起床。黙想「忘れるということ」●老化現象なのか「うっかり忘れ」が多くなった。そこでJバイブルで「忘」で検索すると口語訳で119回でてくるのでそれを全部読んだ。まとめると、「神の恵みを忘れるな」ということと「神は人をお忘れにならない」の二つである。119回の中から心に響くものを掲げる。

申    6: 12 [口語

その時、あなたはみずから慎み、エジプトの地、奴隷の家から導き出された主を忘れてはならない。

  ●これは旧約の根本。ユダヤ人の根本。

Ⅱ列   17: 38 [口語

わたしがあなたがたと結んだ契約を忘れてはならない。また他の神々を敬ってはならない。

  ●これも旧約の根本、ユダヤ人の根本。

詩    10: 12 [口語

主よ、立ちあがってください。神よ、み手をあげてください。苦しむ者を忘れないでください。

  ●ユダヤ人の祈りの根本

詩    45: 10 [口語

娘よ、聞け、かえりみて耳を傾けよ。あなたの民と、あなたの父の家とを忘れよ。

  ●子供は結婚したら、親を忘れよ。親よりも夫を妻を第一にせよ。親は「息子は嫁に取られた―」と嘆く事はいけない。自戒。

詩    119: 93 [口語

わたしは常にあなたのさとしを忘れません。あなたはこれをもって、わたしを生かされたからです。

  ●詩篇119篇には「忘」という言葉が多いが、そのほとんどが「(神の掟を)忘れません」と言うことである。人間はとかく神の恩恵、親の案を忘れがちになるものだ。

ホセ   8: 14 [口語

イスラエルは自分の造り主を忘れて、もろもろの宮殿を建てた。ユダは堅固な町々を多く増し加えた。しかしわたしは火をその町々に送って、もろもろの城を焼き滅ぼす。

  ●神を忘れた者の建物は破壊される。

ホセ   13: 6 [口語

しかし彼らは食べて飽き、飽きて、その心が高ぶり、わたしを忘れた。

  ●科学が万能と思っている人は「お祈りなんて意味がない」という。

ルカ   1: 54 [口語

主は、あわれみをお忘れにならず、その僕イスラエルを助けてくださいました、

  ●ここから新約。明るい。

ルカ   12: 6 [口語

五羽のすずめは二アサリオンで売られているではないか。しかも、その一羽も神のみまえで忘れられてはいない。

  ●そうなんだ。これが信じられないから人間は悩むのだ。

ヘブ   6: 10 [口語

神は不義なかたではないから、あなたがたの働きや、あなたがたがかつて聖徒に仕え、今もなお仕えて、御名のために示してくれた愛を、お忘れになることはない。

  ●宝を天に積んだ人の事を神は忘れない。

ヘブ   13: 2 [口語

旅人をもてなすことを忘れてはならない。このようにして、ある人々は、気づかないで御使たちをもてなした。

  ●出会いの人はこれ皆「旅人」だと思おう。

ヘブ   13: 16 [口語

そして、善を行うことと施しをすることとを、忘れてはいけない。神は、このようないけにえを喜ばれる。

  ●隠れた献金、隠れた祈り、隠れた忍耐、隠れた涙、砕けた魂。これらを神は忘れない。

Ⅱペテ  3: 8 [口語

愛する者たちよ。この一事を忘れてはならない。主にあっては、一日は千年のようであり、千年は一日のようである。 

  ●メメントモリ(死を思え。ラテン語)。人生は短いことを忘れてはならない。

●公園で孫と遊ぶが休みなく動き回る孫にはとうてい ついていけない。

resize1706.jpg 
かなほ(4歳)右は自分でブランコを漕げるようになれた。

resize1707.jpg 
サッカーをする。孫は休みなく動き回る。

resize1708.jpg 
枯れ枝で「オウチ」を作る。屋根に土を載せたのは初音のアイデア


resize1709.jpg 
ジャングルジム。長男と次男を8ミリでこのように写したのは30数年も前の事だったなー。

●12:45 次男のMが一人娘を送って来てくれる。今晩から二日間彼の娘を預かる。預かる孫娘はこれで三名●私はこの孫娘達が「母」となる日まで生きていることができるのだろうか●次男のMは帰る前に私達(妻)と3人で懇親。音楽の話しが大半。

resize1710.jpg 
テレビのアニメを見る孫娘3人。左から7歳、3歳、5歳。
アニメの色彩は素晴らしい。子供を虜にする。


resize1712.jpg 
紅白歌合戦では身ぶり手ぶりの大合唱。紅白は少女向けのものだ。
老人は唖然とした。

 


  有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

 

   TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tskmo.htm

 

  ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 



スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


「私はモーだめでしょうか」「贖罪の道がある」 ++++++++ 所感

2010/12/30 09:03

101230(木)6時起床●風邪は回復しつつある●一昨日から某医師と「気の毒な女性」に関してメール交換をしている。それは12月28日のブログに概要を記した。そのやりとりの中で約10年前に書いたものを送ったが、この問題は今でも同じであるので、ここに掲載する。●「重荷を負う気の毒な女性よ聞け!」

拙文「これだけは言い残しておきたい『贖罪の事実』」より
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「私はモーだめでしょうか」「贖罪の道がある」

 

ある新しい通信回線の勧誘宣伝の電話の女性との対話。

 

女性「さらに詳しいことは日曜日にお電話してもよろしいでしょうか」

私 「日曜日は聖書の勉強の集まりに出かけるからだめだ」

女性「あのォ―― ひとつお伺いしてもよろしいでしょうか。わたし過去に好きな人と関係したことがあるのですが、私はモーだめでしょうか」

私 「そんなことはない、イエス様が罪の身の身代わりになって死んでくださったからそれで新しく生まれ変わることができる。」

女性「ああ、なるほど」

女性「教会は私のようなものでも行ってよいのでしょうか」

私 「初心者向きの入門講座がウィークデーの夜にでもあるはずです」

女性「ここは神戸ですが、こちらにもありますか」

 

わたしはこれで多くのことを学んだ。この女性には「私はモーだめか」という過去の過ちという汚れの意識が厳然としてある。人間はどんなに堕落してもこの汚れの身を何とかしたいという意識があるのだ。

この悩みは、パウロの悩みであり、全人類の悩みでもあるのだ。

「私はモーだめか」という絶望の意識は正しい。なぜか、過ぎ去った過去は取り戻せないからである。汚点である。汚れである。人生のしみである。消せない。これだけはどうしようもないのである。

これに対する私の言葉。「イエス様が身代わりになって死んでくださった。それで新しく生まれ変わることができる。」という「情報」は神学的に言えば物足りず不備があるかもしれないが、この女性には感覚的にその意味が分ったらしい。その答えが、すかさず

「ああ、なるほど」で返ってきた。

わたしはびっくりした。これだけでわかったのか。福音は、これを受け入れる人にはどんなにまずい説明でも伝わるのだ。

「ああ、なるほど」・・・実に手ごたえのある返事であった。全宇宙に木霊(こだま)した。

「教会は私のようなものでも行ってよいのでしょうか」・・・日本の教会は敷居が高いのか。このように思われているのであったら大変だ。

生活に忙しく日曜日も働かなければならない人がいて、その人は「教会にもいけない」そんな人がかなりいることを知っている。教会はいつでも誰にでも接することができるように開かれていなければならないのだが、・・・・・敷居が高いらしい。

「教会」という概念はこのようなときに「救いの手」「見える手」として必要なものである。それが「無」であったらどうであろう。救いを求めているこのような女性はどこへ行ったらよいのであろうか。現代の「無」教会は「見えず」、見えても「教会」よりさらに敷居が高いのではないだろうか。イエスは教会を作ろうとされず、福音を拒否する人々を避けてこのような女性の中に入っていかれたのだ。

彼女の上に主の導きと恩恵あれ。彼女が行くかもしれない神戸の教会は彼女を受け入れ導いてほしい。期待する。彼女とはきっと来世で会えるであろう。いや会えなくても良い。救いの事実の知らせだけあれば。

 

2001.4.4 高橋照男

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

拙文「これだけは言い残しておきたい『贖罪の事実』」より ・・・終わり


●WEB黒崎詩篇のために関根訳詩篇第143篇入力●これをシドニーのOM氏(リーダー)と福島のYT氏(共働者)に送信する。その時のコメントを一部改変して掲載

(メール)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
両兄へ

我が国には「聖書通読人間」とも言うべき、素人で聖書そのものを熱心に通読愛読する無名の隠れた人がかなりいる事を実感します。

その人は聖書学を知らず、神学に興味なく、ただただ聖書を愛読通読しています。そういう人は教会にも無教会にもいます。

過日、神奈川県の一女性(教会所属)の方は拙HP「聖書で聖書を読む」サイトのミスをお知らせくださいました。

また私の所属する「東京聖書読者会」の97歳の大先輩は聖書協会発行の「スタディバイブル」を利用して「聖書そのもの」を通読愛読しておられます。

塚本虎二先生や、黒崎幸吉先生はこのように「聖書そのもの」を通読愛読される無名の素人が日本に多く出現することを望んでいたのだと思います。塚本先生の「聖書知識」は名は体を表すと言うことでしょうか。また黒崎先生の新約聖書註解と、先生が編集された「旧約聖書略註」もそういう目的だと解します。

聖書を通読愛読していて、意味が不明であったり引っかかるところは「辞書を引くような気分」でサッと使え、「アーソウカ」と分かる註解書が必要ですが、そういう時は黒崎先生のものは「使いやすさ」ですぐれています。塚本先生のものは内容と水準が高くて素晴らしいのですが、「使いやすさ」においてイマイチです。

現在、今井館では無教会雑誌28種類のWEB化が始まりましたが、「聖書知識」も「永遠の生命」も含まれています。しかしこのままではジャングルです。

ここにおいて、黒崎先生の新約聖書註解(塚本敷衍訳とともに国宝と思っています)がWEB化されたことは大島智夫先生の言われる通り「無教会史に残る大事業」だと思います。使いやすくなったわけです。・・・・・黒崎先生のものは大島兄の出現によるWEB化により「使い勝手」が抜群によくなりましたが、・・・・・。私の望みは塚本先生のものも「使い勝手」の良いものにならないものかなーと思っています。私としては一連の黒崎プロジェクトが終わったら、かねてより考えていた「聖書知識、新約知識、旧約知識・聖書索引」(結婚直後、妻の強力を得て完成)のWEB化を作成して先に述べた今井館の「聖書知識」のWEB版と連動出来るようにと思っています。そうすれば塚本虎二の「聖書知識」というジャングルに「道標」ができて「聖書愛読通読」者の便に供することができると思っています。・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
メール終わり 


●個人情報保護法の悪い影響

●過日、町内会の役員会でのこと。ある班長が敬老の日に75歳以上の老人がいる家庭に市役所からのプレゼントを届けに行ったら「ウチにはそんな人間はいない」と怒鳴られたという。どこでどう情報が隠されたのか間違ったのか原因はわからない。●某知事が個人情報保護法を盾にやたらと何もかも隠す人間は「うしろめたいものをもっている」と公言したのは至言である。
●「個人情報保護法」は各種人名を保有している業者が過去6か月に一回でも5000件を超えるデータを流した時に罰される法律である。これを変に振り回して「それは個人情報だから話せません」と人間が自己の罪を隠す習性と結びついているから世の中がダークになっている。善良な人間が大迷惑している●こんなに個人情報保護法が悪用されているのだから将来この法律はなくなるであろう。問題は法律の前に守秘義務と言う常識の問題である。●何もかも隠す人間は、夫婦関係、親子関係、兄弟関係もうまくいかないから人生明るくない。「気持の悪い人間である」。こういう態度では神の前にも自己の罪を隠して遂に「罪の赦しを頂けない。神の前に罪は兎の毛程でもも赦されない。●悪いことは神が注意して下さる。罪を赦さず糾弾して下さる。復讐は神が行う。 

塚本訳 Ⅰヨハ1:7-10
1:7 しかしもし神が光の中にあるように、わたし達も光の中を歩いているならば、(神と交わりを持ち、従って)互に(まことの)交わりを持つ(ことができる)のである。そして(たとい罪を犯すことがあっても)、その子イエスの血があらゆる罪から清めてくださる。(かくてわたし達は光の子となるのである。)
1:8 もしわたし達が自分に罪はない、と言うならば、自分をごまかしているのであって、真理はわたし達の中にない
1:9 もし罪を正直に言うならば、神は真実で、正しいお方であるから、わたし達の罪を赦し、あらゆる不義から清めてくださるのである。
1:10 もし自分は罪を犯したことはない、と言うならば、(それは)神を嘘つきとするのであって、(約束の)御言葉はわたし達の中にないのである。(聖書は、わたし達が一人のこらず罪人であるとするからである。) 

●妻が中野に孫の初音(7歳)とかなほ(4歳)を連れに行く●TSK日本語版ルカ6章●孫が襲来。しかし客だ●4歳の「かなほ」が食前にしっかり祈りを捧げた。教会学校に感謝●7歳の初音は観察眼がするどくなった。「オバーチャンってオジーチャンにキビシーンダネー」。子供は真理を言ってくれる。次の聖書の個所を思う。 

塚本訳  マタ 21:16
21:16 イエスに言った、「あの子供たちがなんと言っているのか、聞えているのか。」イエスは言われた、「聞えている。あなた達は『(神よ、)あなたは幼児と乳飲み子との口によって、(御自分のために)賛美をお備えになった』と詩篇にあるのを、まだ読んだことがないのか。大人が黙っているから、子供が叫ぶのだ。)」 

●寝る時に布団の上に4人が丸くなって一人ずつ祈りを捧げた。子や孫に「祈り」を伝授することは最大の遺産相続である。なぜなら、全知全能の創造主を味方にするので全世界を自分のものにすることが出来るからである。これはどんな大国家、どんな大企業よりも金持ちである。聖書には次のようにある。


塚本訳 Ⅰコリ3:22
3:22 パウロでもアポロでもケパでも、世界でも命でも死でも、現在起こっていることでも将来起こることでも、万物はあなた達のものである。 

塚本訳 ルカ 9:25
9:25 全世界をもうけても、自分(の命)を失ったり損したりするのでは、その人は何を得するのだろう。


 

  有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

 

   TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tskmo.htm

 

  ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 





 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


病の時の祈り ++++++++ 所感

2010/12/29 11:11

101229(水)6時半起床●風邪の具合が悪いので医者に行こうと思ったが、妻に「これぐらいであったら、現役の会社勤務であったら、出かけた筈だ。祈りで直す」と言って行くのをやめた。●先輩たちも難しい病でも「熱祈」で直した。●「病は祈りで直る」というと、近代人は笑うであろうが、事実祈りは聴かれるのだから議論の余地はない。「祈るか祈らないか」だ●祈りは「溺れる者は藁をもつかむでよいのだ。しかも熱祈ならば非常に難しく、医者がサジを投げたものでも直る」●病の時に励まされる聖句を挙げてみよう。

マタ   19: 26 [塚本訳

イエスは彼らをじっと見て言われた、「これは人間には出来ないが、『神にはなんでも出来る。』」

マコ   10: 27 [塚本訳

イエスは彼らをじっと見て言われる、「人間には出来ないが、神には出来る。『神にはなんでも出来る。』」

ルカ   1: 37 [塚本訳

神には何一つ出来ないことはない』のだから。」

ルカ   18: 27 [塚本訳

イエスは言われた、「人間に出来ないことが、神には出来る。」

●医者で直らないことが神には直せる。普通重い精神的病は到底直らないと思ってしまうが、熱祈で直る。時間がかかるが直る。例証あり。

塚本訳 マコ 9:23-29
9:23 イエスは言われた、「もしお出来になるなら(と言うの)か。信ずる者にはなんでも出来る。」
9:24 即座にその子供の父親が叫んだ、「信じます。不信仰をお助けください。」
9:25 イエスは群衆が駆けよってくるのを見ると、(急いで)汚れた霊を叱りつけて言われた、「唖と聾の霊、わたしが命令するのだ、この子から出てゆけ、二度と入るな!」
9:26 霊はどなって、はげしくひきつけさせて、出ていった。子は死んだようになったので、多くの人が、「死んだ」と言った。
9:27 イエスはその子の手をとって起された。すると立ち上がった。
9:28 家にかえられると、弟子たちは人のいない時に尋ねた、「なぜわたし達には霊を追い出せなかったのでしょうか。」
9:29 彼らに言われた、「この種類(の霊)は、祈り以外(の手段)では決して出てゆかせることは出来ない。」

●信仰に「もしお出来になるなら」という疑いは禁物。信じて拝み倒す気にならなくていけない。
●「祈りでなければ」直らない病気がある。近代医学と言えども限界は沢山ある。
●近代人は祈らなくなった。科学が万能と思っているからである。しかし高名な科学者ほどその万能に限界を感じている。
●「難しい病気」ほど神の恩恵摂理。「不幸」は神の罰ではなくて神の愛。何かをして下さる。
 

塚本訳 マコ 5:25-29
5:25 すると十二年も長血をわずらって、
5:26 大勢の医者からひどい目にあわされて、財産を皆使いはたして、なんの甲斐もなくて、かえってますます悪くなって、
5:27 イエスのことを聞いて、群衆にまじってついて来た女が、後ろからその着物にさわった。
5:28 「お召物にでもさわれば、なおるにちがいない」と思ったのである
5:29 はたしてすぐ血の源がかれて、病気が直ったのを身に感じた。

●医者は金がかかる。
●私が若い頃、通っていた教会のSS牧師に「神学校に行きたい」と言うと「私の父(SK牧師)は結核であったが、金がなくて医者にかかれず、40代で亡くなった。高橋君にはそういう思いをさせたくない」と言って止められた。そのSS氏は御父上の死に考えるところあって、牧師の道を歩まれた。「一粒の麦死なずば、ただ一つにてあらん。もし死なば多くの実を結ぶべし」(ヨハ12:24)。SS氏が牧師になられて初めて洗礼を授けたのが私であって16歳のときであった。●もし病気が治らなくても神には深い目的がある。●そのSS牧師は現在難しい病気になられた。ご回復を祈る。●高木謙次、善養寺豊江、大塚節子、神谷光子、加藤辰巳の諸氏と電話懇談。無教会者の話しは早くて気持がよい。次のイエスの言葉を思う。

 塚本訳  マタ 5:37
5:37 あなた達はただはっきり『はい』とか、『いいえ』とだけ言え。これ以上は悪魔が言わせるのである。


 有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

 

   TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tskmo.htm

 

  ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 




トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


重荷を負って苦労している人の救い ++++++++ 所感

2010/12/28 09:52

101228(火)6時起床●WEB黒崎詩篇のために関根訳詩篇第141篇を入力●それをOM氏(チームリーダー、在シドニー)および協働者YT氏(福島)へ送信した時に「メールによる信仰の交わり」をした。その内容をかなり改変追加して掲載する。

(メール)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

○○兄
○○兄

昨日は某医師(婦人科、心療内科)から、性の過ちに苦しんで悔いている女性を診られた御報告を頂き、こういう方にこそ「十字架と復活」の福音が必要だと思わされました。真っ黒な過去、失敗の過去、汚れた過去、絶望の過去を持つ人が真白な、汚れのない、清い人間に造りかえられるのです。「池に落ちてもがいている女性を救う」のと同じように緊急を要することだと思います。イエスの「医者がいるのは健康な人ではなく病人だ」という言葉を思い出します。
これは今後の私の生き方に対する啓示です。私の経験では「過去に重荷を持つ人」ほど必死に真剣に聖書に「食らいつきます」。自己の生存がかかっているからです。一方教会(無教会集会も)は離婚経験を持つ人と精神病者を歓迎しません。教会の「役」に就かせません。私はその事実を知っています。なぜかと言うと教会や無教会集会は仲良しクラブの「遊び場としてのサロン」を形成しようとしているからです。「ブルータスお前もか!」です。
そんな時、「WEB黒崎」の存在は重要です。なぜならば教会や無教会集会に行かず(行けず)密かに真剣に自己の生存をかけて「聖書それ自身」を学ぼうとしている人がアクセスしているからだと感じるからです。そのような人の聖書勉強は神学や聖書学をやるような暇人の勉強ではなく。自己の生存がかかる人です。そういう人は密かに見ているので決して名前を明かしません。これが2万7000人(12月28日現在)のアクセス者の実態ではないでしょうか。私自身のブログも合わせると一日約100回のアクセスがあります。それでいいのだと思います。これが発信のみ、説きっぱなしの無教会の姿勢だと思います。こういう「覗き見」の人はイエスの後から見えがくれに着いていった女性たちでその代表が罪の女のマグダラのマリヤです。「魂が砕けた」人ですから神に喜ばれるのです。「WEB黒崎」はそういう人に発信あるのみです。
WEBを開ける人のみがその恩恵に浴す事が出来るのではないかと思いますが、携帯メールがこれほど普及している若者にはパソコン操作は問題ないと思います。
電車のなかで携帯メールをやっている人のほとんどが女性です。その理由は魂が淋しいのだと思います。その淋しさが「彼氏欲しい症候群」となり、「できちゃった結婚」(でき婚)に進みますが、現在、結婚のうちで「でき婚」は何と25%、そしてそのうち80%が離婚に到るというのですから日本は暗黒です。終末再臨を望みます。


高橋照男

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
メール終わり

●上記メールの内容に関連する聖句

塚本訳マタ 11:28
11:28 さあ、疲れている者、重荷を負っている者はだれでも、わたしの所に来なさい、休ませてあげよう。

●教会の看板で一番多いのはこの聖句。重荷とは心の重荷のこと。


塚本訳 マタ 9:12
9:12 聞いて言われた、「丈夫な者に医者はいらない、医者のいるのは病人である

●「直されたい」「清くなりたい」「重荷を下ろしたい」「人生落ち着きたい」というエネルギーがないと神も救えない。建築設計も同じ。家が欲しいという意欲がなければ設計ははじまらない。柔道も相撲も相手の力があれば巴なげやうっちゃりはできない。


口語訳 詩  51:17
51:17 神の受けられるいけにえは砕けた魂です。神よ、あなたは砕けた悔いた心を/かろしめられません。

●神が「かわいく思う人」「救いたい人は」は「俺は駄目だ」と思っている人。だから聖書学者や聖職者は嫌われる。


塚本訳 ルカ 7:37-38
7:37 すると、その町に一人の罪の女がいた。イエスがパリサイ人の家で食卓についておられることを知ると、香油のはいった石膏の壷を持ってきて、
7:38 泣きながら後ろからイエスの足下に進み寄り、しばし涙で御足をぬらしていたが、やがて髪の毛でそれをふき、御足に接吻して香油を塗った。

●この「罪の女」はおそらくマグダラのマリヤ。イエスはこういう「砕けた魂」の人を愛された


塚本訳  ルカ 24:8-11
24:8 女たちはイエスの言葉を思い出して、
24:9 墓から帰り、十一人(の使徒)とそのほかみんなの人に、一つのこらずこのことを知らせた。
24:10 これを使徒たちに話したのは、マグダラのマリヤとヨハンナとヤコブの母マリヤと、および、この女たちと一しょにいたほかの女たちとであった。
24:11 しかし使徒たちはこの話が冗談のように見えたので、女たちを信じなかった。

●イエスの復活の第一情報はマグダラのマリヤ。ペテロでもパウロでもなかった。人類の救いの使徒はマグダラのマリヤという女性であった。

塚本訳 ヨハ 20:14-18
20:14 こう言って後を振り向くと、イエスがそこに立っておられるのが見えた。しかしイエスだとは気づかなかった。
20:15 イエスが言われる、「女の人、なぜ泣くのか。だれをさがしているのか。」マリヤはそれを園丁だと思って言う、「あなた、もしあなたがあの方を持っていったのだったら、どこに置いたか教えてください。わたしが引き取りますから。」
20:16 (こう言って、また墓の方を向いていると、)イエスが「マリヤ!」と言われる。マリヤが振り向いて彼に、ヘブライ語で「ラボニ!(すなわち「先生!」)と言う。(そしてイエスに抱きつこうとした。)
20:17 イエスが言われる、「わたしにすがりつくな。まだ父上の所に上っていないのだから。わたしの兄弟たち(弟子たち)の所に行って、『わたしは、わたしの父上、すなわちあなた達の父上、わたしの神、すなわちあなた達の神の所に上る』と言いなさい。」
20:18 マグダラのマリヤは行って弟子たちに、「わたしは主にお目にかかった」、また、主がこのことを彼女に言われた、と報告した。

●「有体的復活」が人類に初めて現れたのはマグダラのマリヤであった。罪人がもっとも大きなことをするようになった。マリヤはおそらく生涯独身。現代でもその奇蹟が起こる。

●私が初めて十字架の救いにあずかった時の日記帳には下記のような画を描いた。
これはそれまでの真っ黒な過去が十字架で真白になるという意味である。私の人生を現すロゴマークである。キリストの血潮で清められた人の人生はこういう画で説明できる。
十字架  


●我が家の樹木三題。「冬来りなば、春遠からじ」

resize1702.jpg 

三男が福島に越していくときに記念に植えていったオリーブは枯れたので切った。しかし今日見たら根元から芽が出て伸び始めていたら。親は死んでも子は生きる。神います

ヨハ 12:24
12:24 誠にまことに汝らに告ぐ、一粒の麥、地に落ちて死なずば、唯一つにて在らん、もし死なば、多くの果を結ぶべし

resize1703.jpg

梅の木は春の芽の準備をしている。梅の木はかって妻の父が刈り込んでくれたことがある。


塚本訳  ルカ 21:29-30
21:29 (こう言ったあと、)また一つの譬をひいて彼らに話された。──「無花果の木をはじめ、すべての木を見なさい。
21:30 すでに芽が出ると、それを見て、ひとりでにはや夏が近いと知るのである。


resize1704.jpg 

蠟梅。良い匂いがする。キリストの香りのしないこの私はいつ切られても仕方がない。

塚本訳 エペ 5:2
5:2 そして愛に歩め──キリストが君達を愛し、私達のために自分を『献げ物また犠牲』として献げ、神への『馨しい香りとなり』給うたように。

新共同 Ⅱコリ2:14
2:14 神に感謝します。神は、わたしたちをいつもキリストの勝利の行進に連ならせ、わたしたちを通じて至るところに、キリストを知るという知識の香りを漂わせてくださいます。


 resize1705.jpg

市役所から西の方角を望む夕暮れ。市役所は今日が仕事治め


讃美歌39番を心で歌う。
 

1. ひ くれて よも は くらく

   わが たま は いと さびし,

   よるべ なき み の たよる

   しゅ よ, とも に やどり ませ.

2. いのち の くれ ちかずき

   よ の いろか うつり ゆく,

   とこしえ に かわらざる

   しゅ よ, とも に やどり ませ.

 3. よ の やみ おしせまりて

   いざない の こえ しげし,

   とき の ま も さり まさ で

   しゅ よ, とも に やどり ませ.

 4. し の はり いずこ に ある,

   しゅ の ちかく ましまさば,

   われ かちて あまり あらん,

   しゅ よ, とも に やどり ませ.

 5. じゅじか の くしき ひかり

   とずる め に あおがしめ,

   みさかえ に さむる まで

   しゅ よ, とも に やどり ませ.

 


   有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

 

   TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tskmo.htm

 

  ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/



トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


天国のノーベル賞 ++++++++ 所感

2010/12/27 08:07


101227(月)
6時15分起床。少し頭痛。風邪か?。歯痛の痛み止めに貰った薬も効くはずなので飲む●WEB黒崎のために関根訳詩篇第140篇を入力。黙想をして大きな益を与えられたので記す。
●詩篇140篇は敵の攻撃に悩む時に読むものである。旧訳では「復讐当然」である。●ところが新約のクリスチャンにとっての「敵」は「その家族」である。これは神により強制的に与えられるむごい悲劇、悩みである。宿命である。●信仰が深くなればなるほど家族親戚(肉の関係)、金銭関係者との亀裂が深くなる。原因はその根が「霊肉の分裂」だからである。戦いは生存をめぐっての死闘になる。●こうなることはイエスが恐ろしい預言をしている。イエスにもこの悩み悲しみがあったから次の言葉は千鈞の重みがある。初代キリスト教徒や福音書記者の身の上にもこの悩み悲しみがあったのだろう。


塚本訳  マタ 10:34-36
10:34 地上に平和をもたらすためにわたしが来た、などと考えてはならない。平和ではない、剣を、(戦いを)もたらすために来たのである。
10:35 わたしは子を『その父と、娘を母と、嫁を姑と』仲違いさせるために来たのだから。
10:36 『家族が自分の敵となろう。』


塚本訳 マタ 10:19-21
10:19 人々があなた達を(裁判所や役人に)引き渡した時には、いかに、何を言おうかと心配するな。何を言うべきかは、その時に(神から)授かるのだから。
10:20 言うのはあなた達でなく、父上の霊があなた達によって言われるのである。
10:21 また兄弟は兄弟を、父は子を、殺すために(裁判所に)引き渡し、『子は親にさからい立って』これを殺すであろう


●旧約聖書では「復讐当然」であるが、新約聖書では「愛敵」である。しかしその敵が「家族、親戚」であるとは苦しいことである。悲しいことである。辛い事である。恥である●なぜ「家族」が敵になってしまうのか。嫌われ、避けられ、訴えられ、殺意まで抱かれるのか。その理由はクリスチャンが肉の関係から解放されて霊の関係に生きるようになるための「産みの苦しみ」である。本当の信者になるための「洗礼」である。●この解決は、人間的な方法での妥協的和解の方法では得られない。その方法では返って亀裂が深まる。真の和解は「終末再臨」まで待たねばならない。だから初代教会の信者達は「主よ来りませ」(マラナサ)と言って必死に「終末再臨」を祈った。●クリスチャンとして人生を全うしたければ子供の一人や二人に「家出されたり、殺意を抱かれたり、訴えらたり、反抗攻撃されたり」することは当然と思わなければならない。それが本物のクリスチャンである証明である。の名誉ある勲章だ。金メダルだ。天国のノーベル賞だ。この事はイエスも次のように言う。

塚本訳 マタ 5:11-12
5:11 わたしゆえに罵られたり、迫害されたり、あらん限りの根も葉もない悪口を言われたりする時、あなた達は幸いである。
5:12 小躍りして喜びなさい、褒美がどっさり天であなた達を待っているのだから。あなた達より前の預言者たちも、同じように迫害されたのである。

●この世半分、神半分の生ぬるいクリスチャンにはこの霊肉分裂の悩み悲しみと悲劇は起こらない●熱心なクリスチャンで「家族、親戚」から嫌われ、避けられ、排斥されたりしたら次の言葉を心に念ずればよい。

「ナンノ コレシキ」「霊肉の分裂だからこうなるのは当然だ。今に分かる。終末で分かる」

●「敵」との亀裂は「終末再臨」を待たずとも「祈り」で修復できる。しかしそれは神ご自身の介入で 出来るのであって、人間的手段では絶対に不可能。人間的方法で修復できると神の栄光が上がらないからである。

●霊肉の亀裂は深くて人間的手段では和解できないことはイエスの次の言葉から暗示される。

塚本訳 ルカ 16:25-26
16:25 しかしアブラハムは言った、『子よ、考えてごらん、あなたは生きていた時に善いものを貰い、ラザロは反対に悪いものを貰ったではないか。だから今ここで、彼は慰められ、あなたはもだえ苦しむのだ。
16:26 そればかりではない、わたし達とあなた達との間には大きな(深い)裂け目があって、ここからあなた達の所へ渡ろうと思っても出来ず、そこからわたし達の所へ越えてくることもない。』

●イエスの教えの本質は「愛敵」だ。

塚本訳  マタ 5:43-48
5:43 あなた達は(昔の人がモーセから、)『隣の人を愛し、』敵を憎まねばならない、と命じられたことを聞いたであろう。
5:44 しかしわたしはあなた達に言う、敵を愛せよ。自分を迫害する者のために祈れ。
5:45 あなた達が天の父上の子であることを示すためである。父上は悪人の上にも善人の上にも日をのぼらせ、正しい人にも正しくない人にも、雨をお降らしになるのだから。
5:46 自分を愛する者を愛したからとて、なんの褒美があろう。(人でなしと言われるあの)税金取りでも同じことをするではないか。
5:47 また兄弟にだけ親しくしたからとて、なんの特別なことをしたのだろう。異教人でも同じことをするではないか
5:48 だからあなた達は、天の父上が完全であられるように『完全になれ。』 

●14:00 集会の釘本寛子さん(81歳)は最近特別養護老人ホーム(あきる野市菅生の「ほたるの郷」)に入所された。妻と共にその御令弟の釘本晴夫さん(77歳)を徒歩20分で訪問する。集会の「すずめの会」からのお見舞いの品物を届ける。懇談一時間。認知症の事、特別養護老人ホームの事、徘徊のこと。●姉上の面倒を見ておられる晴夫さんは偉い。麗しい兄弟愛だ●特別養護老人ホームはどこも大体100人待ちである。一年半程度で入所できればよい方である。●人間は学校に入るのも狭き門、老人になって施設に入るのにも狭き門。しかも費用がかかる。悩み多きこの世なるかな。

 


  有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

 

   TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tskmo.htm

 

  ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/




トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


来世での復活を目的とする人世観 ++++++++ 所感

2010/12/26 20:05

    有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

 

   TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tskmo.htm

 

  ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/




101225(日)
6時半起床、ラジオ体操●WEB黒崎詩篇のために関根訳詩篇第139篇を入力。その24節を深く学びたい。

文語訳  ねがはくは 我によこしまなる途(みち)のありやなしやを見て永遠(とこしえ)の途(みち)にみちびきたまへ。
口語訳 詩  139:24
139:24 わたしに悪しき道のあるかないかを見て、わたしをとこしえの道に導いてください。
新改訳 詩  139:24
139:24 私のうちに傷のついた道があるか、ないかを見て、私をとこしえの道に導いてください。
新共同 詩  139:24
139:24 御覧ください/わたしの内に迷いの道があるかどうかを。どうか、わたしを/とこしえの道に導いてください。
NKJV 詩  139:24
139:24 And see if there is any wicked way in me,And lead me in the way everlasting.
TEV 詩  139:24
139:24 Find out if there is any evil in me /and guide me in the everlasting way.

●旧約の詩人はこの「永遠の道」を死後のことと考えているのかどうかは不明と黒崎先生は言われる。旧約の時代ではそうであろう●しかしキリスト信者としては旧約を新約の光で読みたい。新約聖書の中心的使信は「永遠の命」である。●詩篇139篇の内容は神は人間の思いをことごとく御存知であって正しく導かれるということである。そしてそれが死後にまで続くのだと読みたい。
●私見としてその新約聖書的根拠を掲げる。●は感想である

塚本訳  ヨハ 14:6
14:6 イエスは言われる、「わたしが道である。また真理であり、命である。(手段であると同時に目的であるから。)わたしを通らずには、だれも父上の所に行くことはできない。

●イエスは命の君であり、同時に道である


塚本訳 ルカ 16:9
16:9 それでわたしもあなた達に言う、あなた達も(この番頭に見習い、今のうちにこの世の)不正な富を利用して、(天に)友人[神]をつくっておけ。そうすれば富がなくなる時、その友人が永遠の住居に迎えてくださるであろう

●私がこの世限りの建築に熱心になれるようになったのは、この句である。「友人が永遠の住居に迎えてくれる」と書いてあるからである。友人とは神でもある。

塚本訳  ルカ 16:25-26
16:25 しかしアブラハムは言った、『子よ、考えてごらん、あなたは生きていた時に善いものを貰い、ラザロは反対に悪いものを貰ったではないか。だから今ここで、彼は慰められ、あなたはもだえ苦しむのだ。
16:26 そればかりではない、わたし達とあなた達との間には大きな(深い)裂け目があって、ここからあなた達の所へ渡ろうと思っても出来ず、そこからわたし達の所へ越えてくることもない。』

●この世で気の毒な運命であった人は来世では幸福になれるらしい。逆転である。


塚本訳  ルカ 20:34-38
20:34 イエスは言われた、「この世の人はめとり嫁ぐけれども、
20:35 あの世にはいる資格を与えられて、死人の中から復活する者は、めとることもなく嫁ぐこともない。
20:36 復活によって生まれる彼らは、天使と同じであり、神の子であるので、もはや死ぬことが出来ない、(従って子を産む必要がない)からである
20:37 死人が復活することは、(聖書にはっきり書いてある。)モーセも茨の薮の(燃える話の)ところで、主を『アブラハムの神、またイサクの神、またヤコブの神(である)と』と言ってこれを示している。
20:38 ところで神は死人の神ではなく、生きている者の神である。神に対しては、すべての者が生きているのだから。(してみるとアブラハム、イサクなども皆復活して、今生きているわけではないか。)」

●これは不妊の女性の喜びである。生きているうちに「天使の如き」生き方をせよと言われているのである。イエスの考えではアブラハムもイサクも復活していきているのだという。信じがたいことだが、この世と来世は同じ原理になっているらしい。


塚本訳  ルカ 23:41-43
23:41 おれ達は自分でしたことの報いを受けるのだから当り前だが、このお方は何一つ、道にはずれたことをなさらなかったのだ。」
23:42 それから(イエスに)言った、「イエス様、こんどあなたのお国と共にお出でになる時には、どうかわたしのことを思い出してください
23:43 「イエスが言われた、「アーメン、わたしは言う、(その時を待たずとも、)あなたはきょう、わたしと一しょに極楽にはいることができる。」

●この強盗は死んだ後も神に目をかけてもらいたいと思った。有体的復活を期待している。イエスはその信仰を喜んだ。


塚本訳 黙  20:6
20:6 幸福なる哉、聖なる哉、第一の復活に与(り得)る者! この人達に対しては第二の死も権威が無く、彼らは神とキリストとの祭司となって、千年の間彼と共に王となるであろう。

●聖書で一番恐ろしいところ。死んだ後も霊魂に「第二の死」が下される。「死んだらおしまい」と言うことではない。だから自殺で楽になれるわけではない。霊魂の死という「第二の死」から逃れるのは生きている時でも来世でも十字架の罪の贖いを信ずる「道」を選らばなければならない。信じないで死んだ人間も来世で信ずれば救われると考える。

●10:00 集会が冬休みなので、妻と二人で「家庭礼拝」。2月6日の感話は「権威」をテーマにしたいので、その「準備」の話しをした。●10:45 ヘルムートりリング指揮+N響+国立音楽大学の「第九」を観賞●TSK日本語版ルカ5章●5:00「古代ローマ街道を飛ぶ」を見る。やはり建築はヘレニズムだ。建築は面白い。ローマ帝国が長く続いたのは皇帝が国民を愛したからであることがわかった。だから国民は皇帝を「主」と呼んでいたのである。しかしキリスト教徒はキリストを「主」と読んだから迫害されたのだ。皇帝の愛よりも復活のキリストの愛の方が広く深い。この世の皇帝はこの世の面倒は見るが来世までは面倒を見てくれない。それに比べて主キリストはこの世でも来世でもこの私を愛して下さる。キリストは裏切らない。●古代の殉教者ポリカルプスは処刑執行人が「あなたも老人なんだから、皇帝が主とさえ言えば赦される」と勧めたがポリカるプスは「キリストはこの年齢になるまで私を裏切らなかった。だから今ここで主を裏切ることはできない」と言って殉教した。●殉教者たちは皆「有体的復活」を信じていたから堂々と殉教していったのだ●「苦しみは瞬時にして喜びは永遠」(ヒルティ幸福論第3巻の末尾)なりだ。17:15歯が痛みだしたので山川歯科


  






トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


私のレーゾンデートル(存在理由) ++++++++ 所感

2010/12/25 07:25


 有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

 

   TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tskmo.htm

 

  ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 




101225(土)5時起床。WEB黒崎詩篇のために関根訳詩篇138篇を入力。ユダヤ人のエホバの神を愛しこれに信頼する思いの深さに感嘆した。霊なる神は人間が追求する総ての文化文明(教会、聖書、人間)よりはるかにはるかに高い●人との対話は自分の本質が何であるかを教えてくれる。他人はこの私をどう見ているかが分かる。他人の私に対する見方で自分の姿がわかる●過日夫人を失われた方から「生きていても意味がない」とこぼされたが、その方が「高橋さんと出会った事のうち、あなたが復活を信じていることに最大の影響を受けた」と言われた。目と目を合わせて握手して別れる時「これでさらに生きる気持になれました」と言われた。●ガッツポーズである。これで私の存在理由(レーゾンデートル・仏)が見えた。私の存在理由が何であるかをその人に教えられた。●かって職場の上司に「明日は礼拝なので出勤できません」と言って仕事を断ったところ「それは君のレーゾンデートルだ。」と褒めて下さった。氏は信仰なくして逝ったが、その言葉は神に覚えられたと信ずる●キリスト教の伝道は説教ではない。啓蒙ではない。社会批判ではない。この自分が罪の赦しに預かって有体的復活を固く信じ続けること、その事だけで良い。なまじ人に「教えてヤロウ」などという気を起こすと不利で有害である。正しい道ではない。自分自身が、十字架の罪の赦しと有体的復活の希望を持って生きていれば、それだけでよい。なまじ伝道だ教会形成だ、エクレシアの存続だなどと人間的行為をすると誤解される。人間的欲望だと思われるからである●人が神を信ずるのは神がその人に臨む時である。そのとき我々人間はただただ「証人」の存在であればよい●ところが今日の教会も無教会も有体的復活を信じていないから「証人」の存在に成りえていない。直ちにキリスト教の看板を下ろすべきである。福音の顔に泥を塗る有害無益の存在であるばかりでなく、福音を誤解させる害毒を流す存在である。●今や教会はお祭りの場、無教会集会は知的遊びのカルチャーセンター。こんな不真面目の人間集団に救いを求める若者は来る筈はない。来るとしたらよほどの暇人か遊び人だ●他人から自分のレーゾンデートル(存在理由)を悟らされた例としてはイエスが異教人の訪問を受けた時の事がある。


塚本訳  ヨハ 12:20-24
12:20 この祭にお参りするため上ってきた人たちの中に、数人の(改宗した)異教人があった。
12:21 ガリラヤのベッサイダの人ピリポの所に来て、こう言って頼んだ、「君、イエスにお会いしたいのですが。」
12:22 ピリポは行ってアンデレに話し、アンデレはピリポと行ってイエスに話した。
12:23 するとイエスは(非常に感動して)二人に答えられる、「人の子(わたし)が栄光を受ける時がついに来た。
12:24 アーメン、アーメン、わたしは言う、一粒の麦は、地に落ちて死なねば、いつまでもただの一粒である。しかし死ねば、多くの実を結ぶ。(だからわたしは命をすてる。)

●私の理想は不幸な人や自殺しようとする人が「ところで高橋さんは復活ということを信じているんだったね―」と問いかけてくることである。●人間は極限状態に追い込まれなくては神を求めない。それまでは馬の耳に念仏である。

●昨日は有体的復活を信ずる者3人の集まりをする予定であったが、一人の人の家族の病気で突然中止になった。有体的復活を心から信ずる者の集まりは使徒信条の中にある「聖徒の交わり」である。来世実在の証明、証拠である。非常に残念であった。延期することにした。 
 

使徒信条

 

主は・・・・・

三日目に死人のうちよりよみがえり。天にのぼり、全能の父なる神の右に座したまええり、・・・・・

我は聖霊を信ず、聖なる公同の教会、聖徒の交わり、罪の赦し、身体のよみがえり、永遠の生命を信ず。アーメン

 

 
resize1700.jpg 

クリスマスの朝。午前6時17分。東の窓から。

●妻がバッハの「クリスマスオラトリオ」をCDで流した。これは数年前に妻が合唱団「もくせい」で歌ったものだ。

●この「クリスマスオラトリオ」の冒頭はクリスマスの喜びの弾む気分が現れている。ミュンヘンバッハ合奏団+ペーターシュライヤー指揮のものがYOU TUBEで映像と共に聴ける。次をクリック

http://pacem.web.fc2.com/

●クラシック音楽ファンの方々にお知らせ。ご存知かとは思いますが、YOU TUBE で動画付きの音楽サイト(もちろん無料)を発見しました。名曲名演奏揃いですごいです。

http://pacem.web.fc2.com/

●YOU TUBE とは自分の家が放送局になれる方法である。米国で開発されたその歴史を見ると度重なる削除命令(迫害?)にも関わらず、市場の支持を受けて拡大、遂には削除要求した一企業からも「一緒にやらせてくれ」と申し出が出る始末。●パウロが福音を妨害されながら障害をかいくぐって粘り強く説き続けたのに似ている。●尖閣列島の映像もこのYOU TUBE で流された。●この問題は「正確な情報を早く国民に知らせたかった」という主犯の言い分は正しいが、国家機密を垂れ流しする「まずさ」とは別問題。国の立場もあると言うものだ●福音の真理も度重なる迫害をかいくぐって広まった。●神の愛と罪の赦しの真理、使徒伝承の真理、有体的復活の真理を自分達の都合によってこれを阻止するような人間や組織は神に断罪される。●情報阻止で常に後手後手に回るのは為政者。一番遅れている。●「イエスの説く福音」を阻止しようとしたのはユダヤ教の律法学者。「無教会主義」を阻止したのは教会を経営していた聖職者。自分達の商売があがったりになるから。自分の立場(祭司、牧師)が否定されて無くなるから●私が叫ぶ「有体的復活の使徒伝承」を非難するのは社会派クリスチャン。世の中は自分達の平和運動、社会悪批判で良くなると思っているから「有体的復活の福音とは相入れず、攻撃してくる。そういう運動は後が続かないということで神の罰を受けている。●TSK日本語版ルカ5章入力。聖書を開いていると胸が熱くなる。不思議だ●13:20 小寺利男氏(子供達4人の聖書の先生)が来訪。主にある歓談2時間は楽しかった。●集会の長老で98歳のSTさんからクリスマスの電話。妻が応対。さすが体力の問題で集会へは来られなくなったが御声はお元気。聖書の勉強に御熱心。わたしもあやかりたい。●17:25 妻は合唱団「もくせい」の練習。ブラームス。

resize1701.jpg 

小寺利男さん(子供達4人の聖書の先生)が来訪。妻を交えてクリスマスの歓談2時間。
主にある交わりは楽し。使徒信条の「聖徒の交わり」を信ずとは何か。その交わりの真理性を指すのであって、来世実在の証明だ。

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


三種類のクリスチャン ++++++++ 所感

2010/12/24 09:00

有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

 

   TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tskmo.htm

 

  ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

101224(金)福島の恵と華子と電話懇談。様子伺い。恵は頭痛が残るものの大分良くなったようで感謝●武義和氏のブログ(  

http://folke.exblog.jp/)に三種類のクリスチャンという興味深い観察があったので、転載させて頂く

武義和ブログ 12月19日
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
 
ボンくり、ぼんくれ、ぼんくら、これをクリスチャン三段活用と呼ぶ。(かどうかは知らない。私の考案)

ボンクリはボーンクリスチャンの略で、生まれたときからクリスチャン家庭に育った人。
私たち夫婦はそれぞれその両親のみならず、3代4代前からのクリスチャンなので、まさにこのボンクリ。

次に盆暮れ、これは毎週教会には行かず、イースター(復活祭)とクリスマスくらいしか教会に行かないこと。
ぼんくら、これはその名のとおり、まさにぼんくら。

ボンクリは、劇的な聖書やイエスとの出会いの経験などがない場合が多いので、どうしても信仰がなまっちょろいもの、ぬるま湯になりやすい。私はその典型か。

その結果、熱心に教会に通わなくなり、盆暮れのみの出席となる。キリスト教国ノルウェーの教会などまさにその典型。普段は閑古鳥も鳴かんかというような教会も、クリスマスイブの礼拝には、立錐の余地もないほどの人で満員になる。

その結果、ぼんくらになる。。。。というわけだ。まさに私。

そんな信仰のかけらすらも見えにくいような私でも、それでも神さまは忘れずにいてくださり、愛し用いてくださる。なんというめぐみだろうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
武義和ブログ 12月19日 終わり


●私が観察するキリスト教の前で考え込んでいる人の種類は次の通りだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

文学者型。・・・・信じられない自分を美化している。最後は自殺

仏教者型。・・・・宗教は皆同じという。復活の使徒伝承を受け入れない

理論型。・・・・・イエスの死を大脳皮質で考えるからついに信じられない

④革命家型。・・・・地上王国の完成が幸福だと思い、神との平和を知らない

⑤絶望型。・・・・・過去の罪の深さを知って無条件の罪の赦しを受け入れない
⑥袈裟嫌い型。・・・嫌いな親父の信じている神など信じられるかという突っ張
⑦懐疑型。・・・・・生育が不幸な人間。「愛」を信じられない気の毒な人

⑧宗教嫌い型。・・・宗教と言えばオウム真理教、原理運動などを連想する人間
⑨神への不満型。・・身内に重い病気の人を抱えていたり、戦争の惨状への不満
➉求道者型。・・・・「分かったら信じよう」という人。信仰寸前の脈あり型

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●今夜はクリスマスイブであるが、我が国のクリスマスイブは超堕落している。ソドム・ゴモラである。気分が悪いが仕方なしに列挙してみる。

・営利企業はクリスマスを商売の好機にしている。資本主義経済、自由主義経済に毒されている。・教会はお祭り気分で一杯。教会も大繁盛。これは教会のために不利。・若い男女はムードに酔ってホテルに行く。婚前交渉が悪いことであることはその後の人生がなぜかうまくいかないことで証明される。彼らの子供が清く正しく成長しないことも証明の一つ。人は見てなくても神は見ている。神は兎の毛ほどの罪をも見逃さない。人生絶対絶命である。しかし悔い改めて人生を精算すれば若さ故にすぐ立ち直れる。神はどんなに深い罪も赦して下さる。・「清さ」は人間としての深い欲求である。タールで汚れた手は拭っても拭ってもきれいにならない。ベンジンでなければきれいにならない。・キリストの血はベンジンである。キリストの流した血は「絶対恩恵による無条件の罪の赦し」。復活のイエスにより、この赦しを受け入れる人は幸いである。・過去の罪がない人はいない。総ての人はキリストの血で清められなければならない。
 
塚本訳 マタ 26:27-28
26:27 また杯を取り、(神に)感謝したのち、彼らに渡して言われた、「皆この杯から飲みなさい。
26:28 これは多くの人の罪を赦されるために流す、わたしの『約束の血』であるから。

●人間は「汚れ」を嫌い、「清さ」を欲する。死後の復活を要求する。
十字架による罪の赦しとイエスの有体的復活はこの人間の深い要求を満たしてくれる。まさに福音である。
 
●婚前の清くない男女関係はその後の仕事や家庭生活にも支障をもたらす。第一に霊魂が清くないから仕事上の企画や発想が清くない。汚れた低級な計画である。気高くない。家庭生活では「不倫」を美化するから子供が真似をする。父さん母さんがそうだから「俺もやる」「私も赦される」として心理的に歯止めがかからない。

●日本の離婚率は米国や韓国以上になった。そんな状態だから「学力」も落ち目になるのは当たり前。学力世界一を目指すならまず霊魂を清めなければならない。

●汚れた私生活の社長がいる会社は没落する。神の祝福が得られないからだ。不倫と会社経営に直接の関係はないと思うのは人生読みが浅い。神は見ている。
 

resize1698.jpg 

あきる野市庁舎から我が家の方角を望む。真ん中の赤い家の右側


resize1699.jpg 

グローリヤ グローリヤ ホザンナ ホザンナ


●夕食は妻と二人だけの聖夜、静夜。今年一年の感謝の祈りを捧げた。

●黒田隆さんからお借りしたNHK作成の「証言記録 シベリヤ抑留」のDVDを2枚見た。黒田さんも短く出演。戦争は勝っても負けても人間を破壊する。戦争はやってはいけない。敵が攻めてきたら負けてやればよい。●それにしても第二次世界大戦後、日本人捕虜を極寒のシベリヤで10年も強制労働に駆り立てたスターリンとソ連はいかなる罰が下されるのだろう。マテマテ、あの強制労働は日本軍の残虐性に対する贖罪の十字架ではなかったのか。●シベリヤ抑留の死者は7万人。帰国(ダモイと言う)を夢見て果たせずシベリヤの凍土に眠っている
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


シャルパンティエ作曲「真夜中のミサ」 ++++++++ 所感

2010/12/23 10:04

  有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

 

   TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tskmo.htm

 

  ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 




101223(木)福島の三男から電話。昨日から具合が悪く、一晩寝てもよくならないというので、私の本日の訪問予定を急遽中止にした。残念無念。同時に24日の帰途に郡山で予定していた、湯浅先生と富永先生との昼食会も中止、これも残念無念。恵の回復を熱祈した。●WEB黒崎のために関根訳詩篇136篇を入力。●この詩は若き日に塚本虎二先生の解説で非常に感動し、クリスチャンとして生きよう、塚本先生に師事しようと思わされた記念すべき詩である。(「聖書知識」第108号「キ・レオラム・カスドー」)●詩人は天地の美しさとイスラエルの歴史を振り返ってそこに現れた神の恵みへの感謝を心から歌ったものである。●現代の我々も、大自然の美しさと、自らの人生を振り返って、神の恵みを感謝するようになれば、成功の人生である。●自然の美しさを堂々と歌った讃美歌は75番。この詩は、あのアッシジの聖フランシス(1182-1226)のもの。さすがである。 

讃美歌75番 

1. もの みな こぞりて みかみ を たたえ よ,

   はれるや, はれるや.

   ひかり の もと なる ひ を つくり ましし

   みかみ を たたえ よ,

   はれるや, はれるや, はれるや.

2. つき かげ さやか に みそら に かがやく,

   はれるや, はれるや.

   きらめく ほし をも しずかに みちびく

   みかみ を たたえ よ.

   はれるや, はれるや, はれるや.

3. おがわ の ながれ は ほめごと ささやく,

   はれるや, はれるや.

   みのり も ゆたけき だいち お あたえし

   みかみ を たたえ よ.

   はれるや, はれるや, はれるや.

4. よ の なやみ も し も いかで おそる べき,

   はれるや, はれるや.

   たがい に たすくる こころ を たまいし

   みかみ を たたえ よ,

   はれるや, はれるや, はれるや.

●クリスマスに歌われる曲でシャルパンティエ(1643-1704)の「真夜中のミサ」がすばらしい。これは「合唱の出来るまで」という映画に出てきたもので、以来忘れられなくなった。「キリエ」の弾むようなメロディーもクリスマスの喜びをよくあらわしているが、中でも「サンクトゥス」がすばらしい。「グローリヤ、グローリヤ、ホザンナ、ホザンナ」と心一杯叫ぶように歌っている、涙がこぼれそうになる。これを歌うのは被造物として最高の喜びだ。●おそらく天国での大礼拝もこのようなものであろうと思われる●こういう合唱を出来る人(被造物)がうらやましい。もし私も歌えてこれを歌う合唱団の一員となれたら、最高の喜びである。このサンクトゥスを歌いながら死んでも本望だ。●今朝は朝からこの曲を数回聞いた●この「サンクトゥス」の映像付き音声のサイトを発見した。3分13秒、御すすめである。下記をクリックすると約15秒後に映像と音声が出る。


http://www.youtube.com/watch?v=uAcXEBHvfCY


●同じ「「真夜中のミサ」のはじめの「キリエ」もヘンデルのメサイアに匹敵するクリスマスの弾むような喜びに満ちている。そのサイトは次である。4分11秒。同じように下記をクリックすると約15秒後に映像と音声が出る。いずれも最近尖閣諸島問題で話題になった「You Tube 」。情報公開は良いものも悪いものもある。神の愛、福音は大いに公開すべきである。

http://www.youtube.com/watch?v=ey5Iejk1aJk


resize1697.jpg 

グローリヤ グローリヤ ホザンナ ホザンナ!!

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


生きている意味がない ++++++++ 所感

2010/12/22 09:54


 有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

 

   TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tskmo.htm

 

  ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 

101222(水)6時起床●朝の黙想「生きる意味」●WEB黒崎詩篇のyために関根訳入力135篇●過日17日は国立がんセンター名誉総長垣添忠生著「妻を看取る日」のテレビドラマ化を妻と観賞した。その感想は18日のブログに記した●その後のある日、同じく夫人に先立たれた某氏から「生きていても意味がない」とこぼされた●そこで「生きる意味」について黙想した。聖書的に言えば生きる意味は次のところであろう。ヒルティも人生の目的としてここを上げる。

塚本訳 ヨハ 17:4
17:4 わたしは、わたしにさせようとして賜わりました仕事を成しとげて、地上にあなたの栄光をあらわしました。

●ウェストミンスター小教理問答書の冒頭は次のようである。

問い「人生の主たる目的は何ですか」
答え「人生の主たる目的は神の栄光を現し、永遠(とこしえ)に神を喜ぶにある」

●これはすごい人生観である。さすが英国。この問答書は人類の至宝である。●しかしこれらは大脳皮質からの問いかけであり大脳皮質を納得させようとする答えである。●現実に夫人に先立たれ、半身を失ったことによる喪失感の人にこの大脳皮質に訴える「言葉」は慰めにならない。
●では、「生きていても意味がない」と嘆いている人に向かってどういう言葉が慰めになるだろうか。それは聖書的には次であると思考する。


塚本訳  Ⅰヨハ1:3-4
1:3 わたし達が見たもの、また聞いたものを、あなた達にも告げる。あなた達もわたし達と(霊の)交わりを持つためである。しかしわたし達のこの交わりは、(他方においては)父(なる神)とその子イエス・キリストとの交わりである。
1:4 わたし達が(この手紙を)書くのは、(あなた達がわたし達との交わりに入り、)わたし達(が父と子と)の(交わりにおいてもっている)喜びが、完全なものとなるためである。

●この中に「有体的復活」と「喜び」ということが込められている●「生きていても意味がない」と嘆く時は大抵「愛する人を失った」とか「愛する仕事を失った」とか「仕事がなくて暇な時」に浮かぶ感情である。●つまり「愛の交わり」が失せた時である。子育てに無我夢中の母親には「生きている意味がない」という嘆きはない。●日本の自殺者は年に3万人。キリスト教界が怠慢である。キリストに救いを求めて教会や無教会主義集会に足を向けたらそこは「歌と踊りと知的遊びとバザーと御交わりと称する交際と、社会批判と平和運動と先生礼賛と、教会(集会)の成長と維持の運動ばかり」で救いの「ス」の字もない。有体的復活の福音が発せられてない。これでは若者は救われない。パウロが泣いている●パウロは「一番大切なこと」と言っているのはイエスの有体的復活とそれによって解らされた罪の赦しのイエスのしの意味である。

塚本訳 Ⅰコリ15:3-5
15:3 まえにわたしが(福音の)一番大切な事としてあなた達に伝えたのは、わたし自身(エルサレム集会から)受けついだのであるが、キリストが聖書(の預言)どおりにわたし達の罪のために死なれたこと、
15:4 葬られたこと、聖書どおりに三日目に復活しておられること

15:5 またケパに、それから十二人(の弟子)に、御自分を現わされたことである。

●教会が「教勢」と称して資本主義社会の営利企業と同じような成長を画策するような精神でいたり、無教会主義集会が各集会ごとに「わが師尊し」で人間たる先生の思想や人生観を礼賛しているようでは日本の若者は救われず自殺者も減らない。
●TSK日本語版ルカ4章●図書館にCDを借りに2往復する。シャルパンティエ「真夜中のミサ」●明日の旅程を福島と打ち合わせ●今日は冬至。ゆず湯に入る

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


無くてならぬものとは何か ++++++++ 所感

2010/12/21 06:03


 有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

 

   TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tskmo.htm

 

  ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 

101221(火)5時半起床●朝の黙想はルカ10:42

●まず翻訳比較

口語訳 ルカ 10:42
10:42 しかし、無くてならぬものは多くはない。いや、一つだけである。マリヤはその良い方を選んだのだ。そしてそれは、彼女から取り去ってはならないものである」。

新改訳 ルカ 10:42
10:42 しかし、どうしても必要なことはわずかです。いや、一つだけです。マリヤはその良いほうを選んだのです。彼女からそれを取り上げてはいけません。」


新共同 ルカ 10:42
10:42 しかし、必要なことはただ一つだけである。マリアは良い方を選んだ。それを取り上げてはならない。」


塚本訳 ルカ 10:42
10:42 無くてならないものはただ一つである。マリヤは善い方を選んだ。それを取り上げてはならない。」


文語訳 ルカ 10:42
10:42 されど無くてならぬものは多からず、唯一つのみ、マリヤは善きかたを選びたり。此は彼より奪ふべからざるものなり』

NKJV ルカ 10:42
10:42 "But one thing is needed, and Mary has chosen that good part, which will not be taken away from her."


TEV ルカ 10:42
10:42 but just one is needed. Mary has chosen the right thing, and it will not be taken away from her."

●このうち「無くてならぬもの」とは何か。それは「ただ一つ」なのだという。この言葉を意味を探究するために、註解書に頼らず、引照に頼らず、自分の頭に浮かんだものとその感想を記す。 


塚本訳  Ⅰコリ15:3
15:3 まえにわたしが(福音の)一番大切な事としてあなた達に伝えたのは、わたし自身(エルサレム集会から)受けついだのであるが、キリストが聖書(の預言)どおりにわたし達の罪のために死なれたこと、


感想
パウロの念頭には「一番大切な事」ではないものがあったのだ。それは十字架の死は罪の赦しであることと有体的復活の事意外のことである。何か論争があったのかも知れない。パウロにとっては地上の平和などは「一番大切な事」ではなかった。「エクレシアの形成と維持」も「一番大切な事」ではなかった。人間として「一番大切な事は「神との平和」であった。それが人間の最も求めるところであり最も大切な幸福のもとであった。しかし現代は・・・・あとは言わない。言うだけ時間の無駄。「大切でないものは自然消滅する」。根のない樹木は枯れる。

塚本訳 マタ 6:24
6:24 (わたし達の心は天か地かに引かれる。)だれも(同時に)二人の主人に仕えることは出来ない。こちらを憎んであちらを愛するか、こちらに親しんであちらを疎んじるか、どちらかである。あなた達は神と富とに仕えることは出来ない

感想
人間にとって一番大切なものは先ず「金」。これ家庭でも勤め先でも、教会(集会)でも、老後でも、国家でも同じ。金がないと離婚、企業倒産、教会(集会)消滅、国家転覆である。戦争の原因は「経済問題」。しかし神を第一にするとその「金」(ただし必要なだけ)は与えられる。私は家屋を全焼したが、不思議に前よりも大きいものを建てる事が出来た。神います。


塚本訳 マタ 22:37
22:37 イエスは言われた、「『心のかぎり、精神のかぎり、』思いの『かぎり、あなたの神なる主を愛せよ。』

感想
イエスは忙しく「もてなす」マルタをたしなめた。かって私の家族の集まりで、私が「大切な話」をしようとした矢先に今は亡き母が急に立ち上がってみんなに「お茶」を用意しようとした。わたしは「カッ」となった。イエスもマルタに「カッ」となったのだろう。お茶や食事も大切だが「それよりも自分の話を聞いてもらいたかった」のであったのだろう。
しかしみんながみんなマリヤのように聞いているだけでいたら、誰が食事の用意をするのかという意見もある。いいのだ。食事の時間は少しずらせばよいのだ。だから話す者は話しを短くすべきなのだ。宗教者の話しはとかく長くなるのだ。あの亡き母は、「照男の話しはまた長くなる」と思って「お茶」を用意しようと席を立ったのかもしれない。母は信仰なくして逝った。 


塚本訳  ルカ 10:17-20
10:17 七十二人が喜んで帰ってきてイエスに言った、「主よ、あなたの名を使うと、悪鬼までがわたし達に服従します。」
10:18 彼らに言われた、「悪魔が稲妻のように天から落ちるのを、わたしは見ていた。
10:19 (悪魔の下働きをする)『蛇』や蝎『を踏みつけ、』また敵のあらゆる力に打ち勝つ全権をあなた達に授けたではないか。だから、あなた達に害を加えるものは一つもない。
10:20 しかし(悪い)霊どもがあなた達に服従したことを喜ばず、自分の名が天(の命の書)に書き込まれていることを喜ばなくてはいけない。」

感想
牧師や、伝道者は「教会員や集会の人数」に一喜一憂しているが、それは一面として正しい。本物は増加するからである。集会が停滞したり減象する時は「的外れ」のことをやっている徴である。だから反省をしなければならないのに「人数は関係ない」と涼しいことを言っている鈍感な人間ほど「一番大切な事」に立っていない。

●ここで「参考」に註解と引照集見る。WEB黒崎からは次の3か所を学んだ。

塚本訳  ルカ 10:3-4
10:3 行け、いまわたしがあなた達を送り出すのは、羊を狼の中に入れるようなものだ。
10:4 (だからただ信仰で武装せよ。)財布も旅行袋も持ってゆかず、靴もはくな。だれにも道で挨拶をするな。

感想
わたしの知人で聖書一本の生活で親戚付き合いに不義理をした人がいた。その人の告別式に関係したが、親戚筋からすこぶる評判が悪かった。あれではいけない。キリスト教の顔に泥を塗った。

口語訳 詩  27:4
27:4 わたしは一つの事を主に願った、わたしはそれを求める。わたしの生きるかぎり、主の家に住んで、主のうるわしきを見、その宮で尋ねきわめることを。


口語訳 ヨハ 6:27
6:27 朽ちる食物のためではなく、永遠の命に至る朽ちない食物のために働くがよい。これは人の子があなたがたに与えるものである。父なる神は、人の子にそれをゆだねられたのである」。

●次にBbBを見てみよう。

塚本訳  Ⅰコリ7:32-35
7:32 ただわたしはあなた達が、(この世のことに)気をつかわないでほしいのである。独身の男は、どうしたら主に喜ばれるかと、主のこと(ばかり)に気をつかうが、
7:33 結婚している男は、どうしたら妻に喜ばれるかと、この世のことに気をつかって、
7:34 心が割れるのである
。また独身の女と処女とは、身も霊もきよくあろうとして、主のこと(ばかり)に気をつかうが、結婚している女は、どうしたら夫に喜ばれるかと、この世のことに気をつかうのである。
7:35 しかしこれはあなた達自身の利益のために言うのであって、(もちろん)罠に掛け(て束縛す)るのではなく、むしろあなた達が品位を保つため、かつまた、余念なく主のもとにあって動かされないためである

感想
これだからプロテスタントは独身のカトリック聖職者から見れば甘いと言われるのかもしれない。家族は足手まといになるとしたら、独身の方がよいが、結婚して二人で力を会わせるのが創造の原理だ。

●次にTSKを見てみよう。

塚本訳 マコ 8:36
8:36 全世界をもうけても、命を損するのでは、その人になんの得があろう。

感想
これを営利企業のバリバリのトプに言うと嫌われる。かっての知人はその営利企業のトップになったが、若き日の信仰はどうなっているのだろう。金には不自由はなさそうだが、心はどうなのかな―


塚本訳 ルカ 18:22
18:22 イエスは聞いて言われた、「もう一つ欠けている。持っているものをことごとく売って、(その金を)貧乏な人に分けてやりなさい。そうすれば天に宝を積むことができる。それから来て、わたしの弟子になりなさい。」

感想
教養の一つとして聖書を学んでいる人からは「キリストの香り」は出てこない。


塚本訳 Ⅰコリ13:3
13:3 またたといわたしの全財産をほどこしても、たとい焼かれるためにわたしの体をささげても、愛がないなら、わたしにはなんの益もない。

●この愛とは神への愛である。
 
●11:00目黒の黒田隆氏を見舞い訪問。来年は90歳になられる。復活のことが話題になった。信仰はお持ちにならないが、私(高橋)との出会いで最大の事は「復活を信じている」という事であった。感謝。自分の姿は他人から教えられる●私が「有体的復活」を言う時、それを職業や仕事や人集めで言っていないところに「強み」がある●14:50 昭和女子大で建築講義。今日は「工事請負契約約款」。●妻は月本昭男先生の旧約講義で新宿へ ●妻は冷たい雨の中を帰ってきた。

resize1696.jpg 

クリスマスの飾りのショーウインドウ。渋谷





トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


行け!。救いを求めている若者は多い。 ++++++++ 所感

2010/12/20 21:12


 有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

 

   TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tskmo.htm

 

  ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/



101220(月)6:30ラジオ体操●7:20気ままにクラシック、イントロクイズ。18勝6敗●NHKBS「名建築100選」を観賞。建築は人の心が見える形になったもの●フランスのル・トロネ修道院(シトー派)が100選に入ったのはうれしかった。あの建築は修道僧の手造り。心がこもっている●使徒18:9-10が頭から離れない。「行け!。この国には救いを求めている若者は多い」
 

文語訳  使  18:9-10
18:9 主は夜まぼろしの中にパウロに言ひ給ふ『おそるな、語れ、黙すな、
18:10 我なんぢと偕にあり、誰も汝を攻めて害ふ者なからん。此の町には多くの我が民あり



塚本訳 使  18:9-10
18:9 するとある夜主が幻でパウロに言われた、「『恐れることはない。』語りつづけよ、沈黙するな。
18:10 『わたしはいつもあなたと一緒にいて、』だれもあなたを襲って害を加える者はない『のだから。』またこの町にはわたしの民が沢山いるのだから。」


●春に咲く花も華やかで奇麗だが、晩秋に咲く花も清く気高い。人生晩年で、否、臨終で悔改めても成功の人生、神はそのような人の方がかわいいのだ●晩秋の花の一つは菊。私達の結婚式は11月3日。菊が飾られた。2003年に逝った義父(妻の父)は菊づくりが趣味だったな―。

●パウロが復活のイエスに打倒された時に聴いた言葉は「起きよ」である。 
 
文語訳  使  9:6
9:6 起きて町に入れ、さらば汝なすべき事を告げらるべし』


塚本訳 使  9:6
9:6 さあ起きて、町に入れ。そうすれば、せねばならぬことが告げられる。」

●「スコポス理論」と「バラテクスト」について勉強。●妻と二人でクリスマス会食。妻が手巻き寿司を作ってくれた。こういう日はあと何回あるのかなーとフト思った。
 ●神は人間の霊魂を御自分のものにするために、人の目には残酷非道不条理と思われることをなさる。「なぜだ!」と言いたくなる。あの人の事。この人の事。神のなされることは「理解できない」『納得できない」。しかし神の仕打ちは「畏れかしこまねばならない」。

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


クリスマス感謝会 ++++++++ 所感

2010/12/19 18:58


有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

 

   TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tskmo.htm

 

  ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 



101219(日)10:00集会は宮崎、丹野、村上(民数記)●13:30クリスマス感謝会、15名。高齢者ばかりで私(67歳)が最年少。こういう集会もありだ。各人感話は「いぶし銀」の如くだ。●女性二人から「祈りは聴かれる」。TH氏の感話で集会は、「母なる集会となることを目指すべきだ」との発言に賛同した。●そのTH氏と途中まで懇談しながら帰った。「高橋は有体的復活を叫べ」とアドヴァイスされて感謝であった。天の声である。●妻は感謝会終了後に今井館における愛真高校の音楽の集まり(愛子出席)に行く。愛子が子供3人を連れて帰るのは大変なので応援。●地方の某無教会集会で若者が多いクリスマス集会の盛会ぶりをブログで知り、感謝であった。うらやましくもあった。●キリストの集会も、青年、壮年、老年と様々だ。それぞれにそれぞれの良さがある。
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


「 妻を看取る日 」 ++++++++ 所感

2010/12/18 10:19

  有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

 

   TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tskmo.htm

 

  ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/



101218(土)5時半起床●WEB黒崎のために関根訳詩篇131篇入力●昨夜は「妻を看取る日」(新潮社2009.12.18)のテレビドラマ化されたものを妻と観賞。国立がんセンター名誉総長の垣添忠生氏は、名誉総長退任の年に、夫人を癌で失った。その挫折の実話。●暮れに夫人を病院から引き取り、自宅で看病。夫人は大晦日に垣添氏の手を握って一言「ありがとう」と言って息を引き取る。垣添氏は三日三晩泣き明かされ、酒びたりの日々になり、あれほどの人がなかなか立ち直れなかった。●最後に垣添氏ご自身が出演されてこう言われた。「私は今まで夫人に先立たれた人を何人も診てきたが、今度初めてその深い悲しみが分かるようにようになった」●そして「悲しかったら泣け。」と言われる。それが氏がこれから尽くそうとされるグリーフケア(悲嘆の癒しという医療)の本質らしい。●見終って妻に言った「私はとてもじゃないが、君を先に送るわけにはいかない」と。すると妻は「そんなに弱いことではいけないわ」と言った。●私は有体的復活を信じているが、イザそのときはどうなるだろう。信仰を固くして頂きたいものだ。●塚本虎二先生は結婚2年目で夫人を震災で亡くされた。先生は浅間に登られて「男泣きに泣かれた」●この話を聞いた私はどこからともなく「彼に聴け」という声が胸に響き、以来先生は生涯の師となった。●人は自分と同じ悲しみに遭遇している人を初めて慰める事が出来る●昔、神戸照子さんという方がおられた。戦争で御主人を南方で失われた。塚本先生のところに泣きに行かれると先生は「タイルでは足りない。毛布がぐしょぐしょになるまで泣きなさい」と諭された。神戸さんはその一言で人生立ち直り、YWCAのために尽くされた。●過日神戸さんのその後の消息を尋ねると、御高齢で召されたという。人生は短い。塚本先生の二人のお子様も既に逝かれた。人生は短いものだ。●14:00「五日市カンツォーネ研究会」関係者からの招待で「カンツォーネ」を観賞(キララホール)。藤堂元三郎氏の指導。野口京子さんの演奏が素晴らしかったので、帰りの入り口で褒めてお礼を言うと、「私の歌がユーチューブ」で聴けますというので、開いてみるとこの人かなり有名なカンツォーネ歌手であったのにはびっくり。歌い方が素晴らしい●カンツォーネとはイタリアの大衆的歌曲。日本の演歌のようなものだ。キリスト教とは「世界が違う」が。これもまたこれだ。●妻は登戸学寮で行われる大島富士子コンサートに夕方から出かける。●音楽はいいものだ。聖書の次に胸が満たされる。●私は歌えず、楽器も演奏できないが、クリスチャンというのはは神が作曲された楽譜(聖書)を人生を通して演奏するのだ。
トラックバック(0) | コメント(1) | top▲


深き淵より汝をよべり ++++++++ 所感

2010/12/17 06:45

有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

 

   TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tskmo.htm

 

  ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 

101217(金) 5時起床。●WEB黒崎詩篇130篇、関根訳を入力●黒崎の解説によれば、「ルーテルがパウロの詩篇と称せるもの(32,51、130、143篇)の一つ」と言うことである。●バッハに「われ深き淵より汝をよべり」というのがあったと思ったので文献を調べると「ルター作の『詩篇』第130編に基づく悔い改めのコラールの編曲」と言うことであった。●またその演奏が次のサイト(無料)にある。トン・コープマンの演奏である。

http://www.youtube.com/watch?v=lms5_bPyd3s&feature=fvw

●去る12月12日、今井館伝道聖書集会(聴取者はカトリック、プロテスタント、無教会と多彩)の終了後に懇談会を開いたが、「若い人は救いを求めている」という話題が出て、同感した。●その若い人は心の中で「われ深き淵より汝をよべり」ということだ。日本には救いを望む多くの若者がいる!!。

塚本訳  使  18:9-10
18:9 するとある夜主が幻でパウロに言われた、「『恐れることはない。』語りつづけよ、沈黙するな。
18:10 『わたしはいつもあなたと一緒にいて、』だれもあなたを襲って害を加える者はない『のだから。』またこの町にはわたしの民が沢山いるのだから。」

●建築の世界に「建築構造力学」がある。構造家と称する専門家がこれに携わる。これの経済分野に「建築経済力学」がある。これは私の「造語」であるが、建築経済の世界で生きて来た者の実感である。経済的に優位に立つ人の力で建築の中味、良し悪しが決定する。同じく「信仰力学」というものがありそうだ●ユダヤ人は「救い主」を待ち望んでいた。そういうマイナスの磁場福音が投じられたので民衆は引きつけられた。聞き耳を立てた。●我が国の伝道も同じで、福音は救いを求めている人に向かって発信すべきである。吸い取り紙に向かって発信すベきである。●なぜ信仰が必要か、なぜ宗教が必要か、神はいるか、などから説くのは徒労、不毛、無駄である●これ無教会主義についても言える。聖書を自由に読んでみたいという欲求のある所にきり無教会主義は説けない。●塚本先生は「無教会主義」を標榜してその雑誌である「聖書知識」の副題に「教会の外に救いあり」を掲げた。教会主義の桎梏に苦しんでいた人は聞き耳を立てた●しかしその教会の「外」とは現実的には、塚本、黒崎、矢内原という人間の「ところ」であった。その先生の説くところを聞くのが無教会主義であった。人間に聞いていた。ところが今やそういう大先生がいなくなった現在は「教会の外」とは一体どこであるかが課題になった。●この難問についてAS氏と語り合ったとき、氏は即座に「それは聖書である」と言われた。これはプロテスタントとしては究極の答えであるが、その聖書は「使徒伝承」が土台であるから使徒信条を心の底から丸ごと(処女降誕から有体的復活、体的来臨まで)そっくり信じてない人がいくら「聖書、聖書」と言っても現実問題として力がないから話しは通じない。●そういう人は決まって自分を信仰に導いてくれた人間たる「牧師や先生や法王」の宗教思想を大脳皮質に向かって説く。これが今日、教会と無教会の教派主義への堕落傾向である。●無教会は「教派にはなるまい、なるまい」と思っているから文字による「教派神学」がない。しかしその代わりに集会ごとに先生の方針という「変な雰囲気」に支配されている。某氏が無教会を批判して、「密教だ」と言った。また内村鑑三という人間を崇拝する人間を指して「あれは儒教だ」と言った。●教会も無教会も有体的復活の使徒伝承を継承しないから惨めな姿になっている。
●12:00 BShi 「BSベストオブベスト」で小澤征爾にロングインタビュー。感心した言葉二つ。➀「ベートーベンやモーツァルトをやる時には譜面どおりでなく、その背後にある喜怒哀楽の心をつかまないとお客さんは感動しない。また楽譜の背後にあるものは国境を越えて世界共通である。だから東洋人の私がドイツ音楽をやれるのだ」
②「カラヤン先生は『指揮者は常にオーケストラの楽員からinvite(誘う、促す、引き出す)するべきなのだ』と言っていた。これは楽員自らが気持よく演奏できるようにするためなのだ」。
●この2点は聖書の読み方、エクレシアのありかたに通じる。聖書は文字の背後にある神の心を掴まなければ聖書を読めてない。語学出来なくても背後の心はつかめる。またエクレシアは各自が気持よく集うようなものでなければならない。
●私(高橋)が初めてカラヤンの指揮ぶりをテレビで見たのは中学生の時であった。ドボルザークの「新世界」第2楽章の「家路」のメロディーのところでは目をつぶったまま指揮をしないのにはびっくりした。しかしあれはイングリッシュホルンの独奏者に「気持よく」吹かせるためであった。●聖書の読み方、エクレシアのありかたまた同じ。各自が自由に気持よくなればよいのだ。それで決して間違った方向には行かないはずだ。間違っていれば神が正して下さる。

●クリスマスが近づいたのでCDでヘンデルの「メサイア」を観賞。リチャードボニング指揮、イギリスチェンバーオーケストラ、ソプラノはジョンサザーランド。胸が躍る。
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


赦しの心が最大の行為 ++++++++ 所感

2010/12/16 07:18


  有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

 

   TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tskmo.htm

 

  ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 

 

 

101216(木)5時半起床●朝の黙想「赦しの心が最大の行為」●ペテロとパウロは有体的復活のイエスが現れて下さった事によって自分の罪(ペテロは裏切りの罪、パウロは信者迫害の罪)が赦された実感を持った。これがキリスト教贖罪信仰の土台である。●この原点は神の「赦しの心」である。その赦しが行動になって現れたのが「有体的復活の顕現である。●これに関連する聖句を黙想する。 

塚本訳  マタ 5:44-45
5:44 しかしわたしはあなた達に言う、敵を愛せよ。自分を迫害する者のために祈れ。
5:45 あなた達が天の父上の子であることを示すためである。父上は悪人の上にも善人の上にも日をのぼらせ、正しい人にも正しくない人にも、雨をお降らしになるのだから。


塚本訳 Ⅰテサ5:15
5:15 誰も悪で悪に仕返しせぬように注意し、互いに、また何人にも、常に親切であるように努めよ。


塚本訳  ヨハ 15:13
15:13 (わたしはあなた達のために命を捨てる。)友人のために命を捨てる以上の愛はないのだ。


 塚本訳 マタ 5:39-40
5:39 しかしわたしはあなた達に言う、悪人に手向かってはならない。だれかがあなたの右の頬を打ったら、左をも向けよ。
5:40 (裁判所に)訴えて下着を取ろうとする者には、上着をも取らせてやれ。

 塚本訳 ルカ 15:19-20
15:19 もうあなたの息子と言われる資格はありません。どうか雇人なみにしてください』と。
15:20 そして立ってその父の所へ出かけた。ところが、まだ遠く離れているのに、父は見つけて不憫に思い、駈けよって首に抱きついて接吻した。


塚本訳 ルカ 15:21-22
15:21 息子は父に言った、『お父さん、わたしは天(の神様)にも、あなたにも、罪を犯しました。もうあなたの息子と言われる資格はありません。……』
15:22 しかし父は(皆まで聞かず)召使たちに言った、『急いで、一番上等の着物をもって来て着せなさい。手に指輪を、足にお靴をはかせなさい。


塚本訳  Ⅰペテ4:12
4:12 愛する者よ、試練のため君達に起こった烈火の苦難を(何か)異常なことが臨んだかのように(驚き)異しむな。


 塚本訳 Ⅱコリ1:6
1:6 (すなわち)わたし達が苦しめられるにしても、それはあなた達の慰めとなり救いとなるためであり、わたし達が慰めていただくにしても、それはあなた達の慰めとなるためであって、その慰めが働いて、わたし達がうけるのと同じ苦しみをあなた達は耐え忍ぶことが出来るのである。


 塚本訳 Ⅱコリ4:8
4:8 わたし達はあらゆることで悩まされる、しかし行き詰まらない。当惑する、しかし絶望しない。


 塚本訳 コロ 1:24
1:24 今私は君達のために苦しむことを喜びとし、またキリスト・イエスの体なる教会のために私の体でキリストの患難の不足を補っている。


塚本訳 Ⅰコリ15:58
15:58 だから、わたしの愛する兄弟たちよ、しっかりしておれ、動かずにおれ、いつも主の仕事にぬきんでよ。骨折りが主にあってむだにならないことを、あなた達は知っているのだから。


 塚本訳 ピリ 1:29
1:29 君達はキリストのために──ただ彼を信ずるばかりでなく、また彼のために苦しむことをも恵まれたからである。


塚本訳 ロマ 12:17-18
12:17 だれにも悪をもあって悪に報いず、どんな』人の前でも善をするように心がけよ。』
12:18 出来るなら、(少なくとも)あなた達の方では、どんな人とも仲良くせよ。


 塚本訳 ヤコ 5:16
5:16 だから互いに罪を告白し、医されるため互いのために祈れ。義人の(熱心な)祈りは働くと大きな力がある。


塚本訳  ルカ 22:25-26
22:25 するとイエスが言われた、「世間では王が人民を支配し、また主権者は自分を恩人と呼ばせる。
22:26 しかしあなた達はそれではいけない。あなた達の間では、一番えらい者が一番若輩のように、支配する者が給仕をする者のようになれ。


塚本訳 ヨハ 13:14-15
13:14 してみると、主であり先生であるこのわたしが足を洗ってやったのだから、あなた達も互に足を洗う義務がある。
13:15 わたしがしてやったとおりあなた達もするようにと、手本を示したのである。

●生まれつきの人間は人を赦す事が出来ない。復讐がその本能である。正義である。だから裁判制度が存在する。しかし許せる見時がある。それは自分が神から赦された時である。そうでなければなぜかわからないがその時に初めて赦せる。次の主の祈りの言葉は神に罪を赦された弟子に向かって祈りの模範を話されたものである。

 塚本訳 マタ 6:12-13
6:12 罪を赦してください、わたしたちも罪を犯した人を赦しましたから。
6:13 わたしたちを試みにあわせないで、悪から守ってください。

塚本訳 マタ 6:14-15
6:14 (祈る前に、まず人の罪を許さねばならない。)あなた達が人の過ちを赦してやれば、天の父上もあなた達を赦してくださるが、
6:15 人を赦さないならば、父上もあなた達の過ちを赦してくださらないであろう。

●「信仰と行為」の論争はキリスト教界の古典的なiいつもの現象である。「またか」と思う。しかしその行為概念たるや社会批判、社会問題のことである。あるいは教会形成、集会維持の「行為」である。しかし聖書で言う大切な行為とは「赦しの行為」である。聖書にそれを読めないいわゆる社会派信者は聖書の半可通である。もちっと聖書そのものを深く読むべきである。●「赦し」の行為は目立った形で表には出ないものである●社会派信者の一人から「信仰のみの信者は聖書ばかり勉強しているからダメなのだ」と驚くべき悲しむべき発言があった。世も末である。彼ら社会派信者に共通なのは、「行為よりもまず信仰や聖書が大切である」というと、自分達の熱心な活動や行為が批判されたと思うのか、プライドが傷つけられたと思うのか、良心が痛むのか、真理に立ってないと言われたと思うのか、必ずと言って同じように劇烈にみっともなく自己弁護の反論をしてくる。●私の感ずるところによれば「平和、平和」と叫ぶ人間ほど「喧嘩」好きである。これは不思議な共通点である。彼らの行為は一代限りで「後が続かない」ことで神の審判が下される。キリスト教の中心的真理ではないことが証明される。


●「赦す事が最大の裁きである」

resize1693.jpg 

図書館の帰り。今日は非常に寒い日である。この景色でチャイコフスキーの
交響曲第1番「冬の日の幻想」という言葉を思い出した。帰宅してから、その曲の始めと
同じくチャイコフスキーのピアノ曲「四季」から「12月クリスマス」と「1月炉辺にて」を中村紘子で観賞。同じく「冬」の曲ではヴィヴァルディの「四季」の「冬」がある。このヴィヴァルディの曲はチョン・キョンファの演奏に定評がある。チョンの演奏は次のサイトで動画付き、かつ全6分36秒「冬」を見られるからうれしい。少しスクロールして▶をクリックすればよい。

http://cembalo.blog90.fc2.com/blog-entry-155.html

 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


トイレで泣け ++++++++ 所感

2010/12/15 10:03


  有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

 

   TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tskmo.htm

 

  ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

101215(水)6時起床。咳が止まって楽になった。医者はホームドクターがよい。患者の病歴を熟知しているから適切な処方をしてくれる●WEB黒崎詩篇のために関根訳詩篇の入力d第128篇●次の3節に感ずるところがあった。


口語訳 詩  128:1
128:1 すべて主をおそれ主の道に歩む者はさいわいである。

●これは世界一短い「幸福論」である。この短い言葉に耳を傾けない人間は「幸福」を見出すことができない。
●人生の幸福とはまず「神を畏れる」ことにある。文化文明の発達は「畏れる」ものを無くすことである。それは良いことであるが神を畏れる事すら無くしてしまったところに不幸の始まりがある。かって私の従兄の一人は父と私を前にして「神なんてアルのかい」と半ば軽蔑の言葉を発した。こういう人間には、信仰や神の事はもうなにも言えない。言わない方が賢明だ。
●神が邪魔な人は「主の道に歩む事」が窮屈であり恐怖である。自己の欲望を自由に果たせないからである。
●神抜きで「幸福」を求めようとする人に対して神はその人に病気や家庭崩壊やもろもろの不幸を降して霊魂の救いに導こうとされる。霊魂の救いが真の幸福だからである。だからそのような「不幸」は神の愛の業である。こういう不幸をみて人間はただ「天罰」だと思うが、間違いだ。神は罰ではなく愛の心からその不幸を降しているのだ。だから我々もその人の真の救いを
祈るべきだ。


口語訳 詩  128:2
128:2 あなたは自分の手の勤労の実を食べ、幸福で、かつ安らかであろう。

●「居候三杯目はそっと出し」。自分の勤労で稼いだ金で食べる時は食事もおいしい。これ幸福の基本。汗を流す事が労働。
●ヒルティは「汗は血の薬」といって「人間の分」として仕事(労働)を幸福の条件としている。
●現代における各種の精神的病は「肉体労働」をすることで直る。これ持論。その労働もかなり激しいものがよい。汗を多く流すからである。私は若い日の建築現場の重労働で世界観人世観信仰観が矯正され健全になった経験がある。
●イマドキのワカイモンが汗を流す重労働を嫌い、汗を流さない軽労働を望むから様々な精神病になる。思想がおかしくなる。
●そういう病気は病院に行く前にアルバイトでもいいから汗を流す仕事に就けば健全になる。それは例えば、引越し業者の手伝い。建築現場の職人の手伝い。新聞配達。・・・など何でも「手伝い」でよい、一時的でよい。それを一所懸命やればとのうち見込まれてそれが本業になるかもしれない。それでいいのだ。それがいいのだ。


口語訳 詩  128:3
128:3 あなたの妻は家の奥にいて/多くの実を結ぶぶどうの木のようであり、あなたの子供たちは食卓を囲んで/オリブの若木のようである。


●「家の奥」とは建築士として考えることが多い。祈りは隠れたところで人に知られないようにして祈れと言われている(マタ6:6)


文語訳  マタ 6:6
6:6 なんぢは祈るとき、己が部屋にいり、戸を閉ぢて、隱れたるに在す汝の父に祈れ。さらば隱れたるに見給ふなんぢの父は報い給はん。

口語訳 マタ 6:6
6:6 あなたは祈る時、自分のへやにはいり、戸を閉じて、隠れた所においでになるあなたの父に祈りなさい。すると、隠れた事を見ておられるあなたの父は、報いてくださるであろう。

新改訳 マタ 6:6
6:6 あなたは、祈るときには自分の奥まった部屋にはいりなさい。そして、戸をしめて、隠れた所におられるあなたの父に祈りなさい。そうすれば、隠れた所で見ておられるあなたの父が、あなたに報いてくださいます。

新共同 マタ 6:6
6:6 だから、あなたが祈るときは、奥まった自分の部屋に入って戸を閉め、隠れたところにおられるあなたの父に祈りなさい。そうすれば、隠れたことを見ておられるあなたの父が報いてくださる。

塚本訳マタ 6:6
6:6 あなたが祈る時には、『奥座敷に入り、部屋をしめきった上で、』隠れた所においでになるあなたの父上に『祈れ。』そうすれば、隠れたことを見ておられるあなたの父上は、褒美をくださるであろう。

●現代では「奥座敷」や「自分の部屋」など造れない場合が多い。そういう時は「トイレで泣く」のがよい。私はそういう人を知っている。あの涙は神に知られたと思う。「トイレで泣け」。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●妻はコーラス仲間と秋川丘陵のハイキング。夕方戻る

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


家は神が建てる ++++++++ 所感

2010/12/14 09:04



    有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

 

   TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tskmo.htm

 

  ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

101214(火)6時起床●WEB黒崎詩篇のために関根訳を入力●詩篇127篇は建築士としては感想が多い。文語訳をベースにして人生体験からの感想を書く

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第127篇ソロモンがよめる京(みやこ)まうでのうた

127:1ヱホバ家(いへ)をたてたまふにあらずば 建(た)つるものの勤勞(きんらう)はむなしく ヱホバ城(しろ)をまもりたまふにあらずば衛士(ゑじ)のさめをるは徒勞(むなしきこと)なり

●若き日には労働の意味ということを探究した。「人間はなせ働かなければならないのか」。労働が空しいという感情があったからである。
●様々な本を読んでも解決を得られなかったが、カール・ヒルティと塚本虎二に遭遇して解決した。ヒルティは労働は「人間の分」だと言って、幸福とは神と共なる勤労だという。これはキリスト教を仕事にしようとすることではない。塚本虎二からはルカ16章1-13の解説で、「人生は来世への準備」であり「小事(労働)に忠実なることが大事(来世のこと)に忠実になる」と言うことを学び、建築労働の神学(哲学)は確定した。神抜きの職業観は空しい。
●この労働神学が定着したのは私を愛して私に仕事を依頼してきた建築主(多くは信者)の存在であった。その人の仕事をしている時は労働が空しいとは思わなかった。
●神の祝福がないと家は建たない。企画が進企画が「立ち上がらない」という。これは不思議な事である。縁談が進まないのと似ている。よい縁談はススッと事が進む。

127:2なんぢら早(はや)くおき遅(おそ)くいねて辛苦(しんく)の糧(かて)をくらふはむなしきなり 斯(かく)てヱホバその愛(いつく)しみたまふものに寝(ねぶり)をあたへたまふ

●建築主に愛されて仕事をするとき、早朝出勤や残業も苦ではない。背中から建築主が微笑んでくれているようである。
●設計の最初に設計監理料を値切ってきた建築主の息子がいた。こういう場合は設計中に「心に影」が差して、労働が苦痛になる。こういう建築主からは塩を播いて退散すべきである。家は建っても心は空しい。そういう経験が2棟ほどある。もう心の交流はない。

127:3みよ子輩(こら)はヱホバのあたへたまふ嗣業(ゆづり)にして 胎(たい)の實(み)はその報(むくい)のたまものなり

●この詩は結婚式によく読まれる。結婚は神の祝福がないと成立しないし、長続きしない。
●結婚も、子どもも神が下さるものである。自分で決断して結婚し、子どもは自分で作ると思うところに、現代の結婚生活の根本的間違いがある。そういう人は自分で決断して離婚したり子どもを中絶する。離婚も中絶も「殺人」である。悪魔の業である。親不幸も「親殺し」である。 ●私達はお互いに一度も顔を合わせることなく結婚を決断した。仲人を信じて神から「頂く人」だと信じ込んで、飛び込みの冒険であった。職場の女子学生には「それが信じらない」という。 ●妻も子供も「主より賜る」ものである。この姿勢がない限り、結婚も立ちあがらず、結婚生活も破綻する。
●無教会主義では「恋愛結婚御法度」の風潮があるが、真剣勝負の信仰生活ならばそうなる。ステキな異性に目がくらんで結婚するとさらにステキな人が現れるとそちらに走る。
●長い結婚生活では何度も「結婚に失敗した―」「私は子育てに失敗したー」と嘆く事がしばしばある。そんなときは「この人は神が私に与えて下さった人なのだからしょうがない」と思うことが、「忍耐の神学」である。
● 旧約聖書で「嗣業」とは神から与えられた土地を所有することだが、妻と子供もまた同じ。障害の子どもも嗣業、親不孝者の子ども嗣業、子どもが出来ない人生もまた嗣業。

127:4年(とし)壯(わか)きころほひの子(こ)はますらをの手(て)にある矢(や)のごとし

●パソコンは若い者の武器である。老年は逆立ちしても無理。私は子供達がいるからパソコンが出来るようになった。
●某氏が私にとって「パソコンは高橋の武器だ」と言ったが、私の矢は「パソコンが出来る子どもたち」である。
●神を信じる子どもは「矢」である。神を信じる「孫」もまた「矢」である。神から賜る「武器」である。


127:5矢(や)のみちたる箙(えびら)をもつ人(ひと)はさいはひなり かれら門(もん)にありて仇(あた)とものいふとき恥(はづ)ることあらじ 


●プロレタリアとは資本主義社会において労働力を資本家に売って生活する無産階級。子どもを産む事以外に生者手段がない階層。
●子や孫が「神を信ずる」ようになれば、それは最高の生産。しかしそれは神が「賜る」もの。
●恥の子が回心して神を信ずるようにでもならばこれまた強力な「武器」である。
●「悩みの子」「恥の子」が神を信ずるように変わるのには「時」が必要。「もう少し」「もう少し」と思っていればよい。5年も待てば変わる。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


●14:50 昭和女子大建築経済の講義。経済はギリシャ語のオイコノミヤに語源があり、「家政学」がその根本であると話した。ラスキンの「藝術経済論」を解説し、その中に咽頭されている聖書の言葉を解説した。●理想の主婦は箴言31章の次の言葉であり、皆さんもたとえ貧しくても藝術心を忘れないこのような女性になることを望みますと講義した。

口語訳 箴  31:15
31:15 彼女はまだ夜のあけぬうちに起きて、その家の者の食べ物を備え、その女たちに日用の分を与える。


口語訳 箴  31:22
31:22 彼女は自分のために美しいしとねを作り、亜麻布と紫布とをもってその着物とする。


口語訳 箴  31:25
31:25 力と気品とは彼女の着物である、そして後の日を笑っている。

resize1692.jpg 

昭和女子大の中のブリティッシュスクールの子どもたち。最近の若い者は
カメラを向けるとVサイン(これをピースというらしい)出す。

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


救いを求める若者は多い ++++++++ 所感

2010/12/13 10:24



  有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

 

   TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tskmo.htm

 

  ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 


101213(月)6時半起床。●昨日の今井館伝道集会の聴講者は、無教会者が多かったが、プロテスタント教会員、牧師夫人、カトリック信者、神学者、無所属信者、など多彩な顔ぶれであった。「有体的復活」の告知の前には教派問題はないと感じた●別室で懇談会12人。「救いを求める若者は多い」という話題がでた。これに関して関連聖句を思う。

塚本訳 ロマ 9:27
9:27 (預言者)イザヤもイスラエル人について叫んでいる。『たとえイスラエル[ヤコブ]の子孫の数は海の砂のように(多数)であろうとも、(信ずる小数の)残りの者(だけ)が救われる。

●「残りの者」はいる。塚本訳の「少数の」敷衍にはグッとくる。日本の信者数は1%。少ないけれどもいる。ゼロではない。

塚本訳  ロマ 11:4-5
11:4 ところが彼に対する神のお告げはどうであるか。──「『わたしは(異教の神)バアルに膝をかがめなかった男子七千人を』自分のために『残しておいた。』」
11:5 だから、同じように今の世にも、恩恵の選びによる残りの者がある

●「今の世にも」の言葉に励まされる。「イマドキノワカイモン」という言葉につながる。でも少数だ。

塚本訳  使  18:9-10
18:9 するとある夜主が幻でパウロに言われた、「『恐れることはない。』語りつづけよ、沈黙するな。
18:10 『わたしはいつもあなたと一緒にいて、』だれもあなたを襲って害を加える者はない『のだから。』またこの町にはわたしの民が沢山いるのだから。」

●宗教学者の井門富士夫氏は「日本には教会には行きたくないが、聖書を読んでみたいという人が何百万人もいる」と言っている。「この町」は「この日本」という言葉に置き換えられる。

塚本訳 マタ 9:36-38
9:36 そして『羊飼いのいない羊が』疲れきって、(地に)倒れている『ような』群衆を見られて、かわいそうに思われた。
9:37 そこで弟子たちに言われる、「刈入れは多いが、働き手は少ない
9:38 だから刈入れの主人に、刈入れのため(多くの)働き手を送られるよう、お願いしなさい。」

●日本人は「疲れている」。自殺者は年鑑三万人。キリスト教界は怠慢である。

塚本訳  使  1:8
1:8 ただ聖霊があなた達にくだるとき、あなた達は力を戴いて、エルサレムをはじめユダヤ全体、またサマリヤ、さては世界の果てまでも、わたしの証人になるであろう。」

●WEBという手段は「世界の果てまで」瞬時に可能。拙HpとWEB黒崎新約聖書註解のアクセスは世界最近では13カ国から来る。世界中にいる「日本人」(ディアスポラ)からでろう。これでいいのだ。初代教会も世界中に散ったユダヤ人に福音が流れ出た。


塚本訳 使  16:9-10
16:9 すると(そこである)夜、パウロに幻が見えた。それはひとりのマケドニヤ人で、(わきに)立ち、こう言って頼んだ、「(すぐ)マケドニヤに渡ってきてわたし達を助けてください。」
16:10 パウロがこの幻を見た時、わたし達(一七節マデノ「ワタシ達記録」ノ記者ヲ含ムパウロ一行)はさっそくマケドニヤ州に出かけることにした。マケドニナの人に福音を説くために、神はわたし達を呼び出されたのだという結論に達したからである。

●「イマドキノワカイモン」も心の底では「救いを求めている」[ 真の愛と平安と喜び」を求めている。特に「死の問題」に関心があることを知っている。讃美歌214番を思う。


讃美歌214番

1. きた の はて なる こおり の やま,

   てる ひ に やくる まさご の はら,

   さけび もとむる こえ ぞ ひびく,

   "まよい の くさり とき はなて," と.

2. めぐみ の つゆ は くさき に すら

   ゆたか に かかり, あまつ さかえ

   の に も やま に も みち わたる を,

   などか ひと のみ つみ に そみし.

3. うえ なき ちえ に てらされ たる

   われら は いかで この ひかり を,

   くらき に まよう よ の たみら に

   てらさで かくし ひめ おくべき.

4. おおきみ いえす の みよ を しらす

   とき の くる まで いよよ はげみ,

   すくい の ひかり たかく かかげ,

   あまねく てらせ, よも の くに に.


●餓死寸前の民に「救援物資」を届ける精神でよいと思うのだが、それがなかなか難しい。救援物資を「求めている人」に向かって投下すべきである。餓死はしないから求める事もしないという人には「救援物資」は投げても無駄というものだ。

●昨日の「今井館伝道聖書集会」で話した「復活の使徒伝承くを継承する・・・第4回神は命を再創造する」をHPの使徒伝承に「アップロード」

http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/sa.htm


●図書館、ポスト。帰途に秋川駅前のイルミネーションを見る

resize1691.jpg 

秋川駅前のイルミネーション。ヨハネ8:12を思う

文語訳  ヨハ 8:12
8:12 かくてイエスまた人々に語りて言ひ給ふ『われは世の光なり、我に從ふ者は暗き中を歩まず、生命の光を得べし』


塚本訳  ヨハ 8:12
8:12 (同じ大祭の日に、)イエスはまた人々に語られた、「わたしが世の光である。わたしに従う者は、決して暗やみを歩かない。そればかりか、命への光を持つことができる。」

口語訳 ヨハ 8:12
8:12 イエスは、また人々に語ってこう言われた、「わたしは世の光である。わたしに従って来る者は、やみのうちを歩くことがなく、命の光をもつであろう」。

●YH氏は困難な時代に生きられ、戦いの生涯であられたが晩年に不思議な導きで「エクレシア」に接せられ、洗礼を受けられた。そしてエクレシアのことを「ほっとするところだ」と言われた。「争わなくてもよい」「戦わなくてもよい」「疑わなくてもよい」。この世にそんなところがあったと言われた。

●NA氏より電話。懇談



 





トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


特攻隊になりたい ++++++++ 所感

2010/12/12 06:52

  有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

 

   TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tskmo.htm

 

  ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 


101212(日)5時15分起床●WEB黒崎詩篇のために関根訳詩篇の入力●今日の午後の「今井館伝道聖書集会」のために祈って下さるという激励のメールが遠方から来た。その返信を次のように書く。

(メール)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

湯浅兄

 

離れていても、祈りでの応援、百人力です。感謝です。

指をポキポキならしたくなる気分です。「出撃、特攻」してまいります。

特攻隊は「言ってきます」とは言わないで「行きます」と言ったそうです。帰らないつもりだからそうです。

「わが名によりてネットで2-3人集まるところ我もおるなり」です。感謝

 

高橋。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(メール)おわり

●かっての日本軍の「特攻隊の精神」は尊かった。●問題は何のための特攻隊かである。日本軍は(陛下の)「皇軍」であることを誇っていた。現代は「企業戦士」といって自社を誇っている。ノ―!。それではいけない。人間としてそれでは「落ちる」●私は「主の特攻隊だ」。イエスはエルサレムに向う時、顔を固く向けたという。あれは「特攻隊」の精神だ。生きて帰ることはないと思っていたのだ。後ろを振り返らないで「特攻、突撃」したのだ。
 
新改訳 ルカ 9:51
9:51 さて、天に上げられる日が近づいて来たころ、イエスは、エルサレムに行こうとして御顔をまっすぐ向けられ


塚本訳 ルカ 9:51
9:51 イエスは(いよいよ)昇天の日が迫ったので、決然としてその顔をエルサレムへ向けて進み、


文語訳 ルカ 9:51
9:51 イエス天に擧げらるる時滿ちんとしたれば、御顔を堅くエルサレムに向けて進まんとし、

●讃美歌 384番は「主の特攻隊」の精神である。「われもまた行く」。赦せ家族の者達。「父さんはやはりおかしくなった」と思ってくれ。終末の日に分かる。

讃美歌384

                                              
1. われ こそ じゅじか の つわもの なれ,

   いかで か はず べき いえす の みな を.

2. わが しゅ の いくさ の さきがけ して

   ち の うみ こえ ゆき とも は かちぬ.

3. いかで か われ のみ はな の とこ に,

   うましき ゆめじ を たどる べき か.

4. みはた を かざして いざ たたかわん,

   なびかぬ あだ なき この みはた を.

5. さかえ に さかゆる わが しゅ いえす と

   よ を すべ おさむる かち は ちかし. 



●集会は茂木(司会)、高木(詩篇)、山本(Ⅰコリ)、●14:30今井館伝道聖書集会で話し。「復活の使徒伝承を継承する。第4回、神は命を再創造する」

resize1689.jpg 

今井館の入り口で。いざ出陣。妻が撮影。

resize1690.jpg 

今井館伝道聖書集会。講壇の花。

●聴講者は、無教会者(多数)プロテスタント教会牧師の夫人、カトリック信者、神学者等多彩であった。有体的復活の前に教派問題はない。●集会後に別室で懇親会12人。初対面方々。浅香孝、高柳博一、櫻本智江●「救いを求めている若者は多い」と言うことが話題になった。●すると現代の教会や無教会は若者がパンを求めているのに石を与え、卵を求めているのに蠍(さそり)を与えているのではないか。

塚本訳 マタ 7:9
7:9 あなた達のうちには、自分の子がパンを求めるのに、石をやる者がだれかあるだろうか。

塚本訳 ルカ 11:11-12
11:11 あなた達のうちのどんなお父さんでも、子が魚を求めるのに、魚の代りに蛇をやるだろうか。
11:12 また卵を求めるのに、蝎をやるだろうか。






 


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


現代における復活顕現 ++++++++ 所感

2010/12/11 08:18


  有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

 

   TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tskmo.htm

 

  ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 


101210(土)薬のおかげで咳きこまず朝まで熟睡できて感謝。●朝の黙想「現代における復活顕現」●イエスの召天2000年後の今日では、復活のキリストはどんな形で現れているか。それは肉眼では見えないが、各人の胸に、心に、霊に、様々な働きかけとして顕現する。●入信した経緯を伺うと「十字架が心にストンと入った、スッと入った」という証言が多い。また「姿は見えないが声が胸に聞こえた」などという類が多いが、共通しているのは「罪赦された」という体験である。一般の宗教体験は様々であるが、十字架による「罪の赦し」という体験がキリスト教になるかならないかの分かれ目である。●父も結核の病で臨終の25歳の時に「罪の赦しの体験を」したが、霊に「罪の赦しの声」を聞き、同時に十字架の幻をみたという。翌日、それまでつけていた酸素吸入のマスクを急に外すまで、元気になったという。●こういうのが現代の復活顕現である。それを聖書に求めればパウロの次の体験談である。パウロの胸のうちに復活のイエスが働きかけたのである。(使徒22:6-10と22:12-16も同じ事の別の表現)

塚本訳  使 9:4-7
9:4 彼は地上に倒れ、「サウロ、サウロ、なぜわたしを迫害するのか」と言う声を聞いた。
9:5 サウロが言った、「主よ、あなたはどなたですか。」彼がいわれた、「わたしだ、あなたが迫害しているイエスだ。
9:6 さあ起きて、町に入れ。そうすれば、せねばならぬことが告げられる。」
9:7 一緒に来た者たちは唖然としてそこに立っていた。声は聞いたが、だれも見えなかったのである

●声は聞いたがだれも見えなかったのである。●「さあ起きて」の言葉が胸に迫る●塚本先生は震災で夫人を亡くされて悲嘆にくれている時に天から「神は愛なり」という声を聞いて目から鱗が落ちたという。この声は鼓膜の振動を通しての声ではない。霊に働きかけた復活イエスの声である。塚本先生は俄然「起きて」伝道に飛び込んだ●こういう復活体験は人様々で一つとして同じ形ではないことが特徴である。それは霊の世界の事だからである。もし肉眼で一人の人を見るのが復活だとすれば、それは復活のキリストではない。パウロの言う次の言葉も、復活のイエスは霊界のことであることを示す。500人が集まっているところにイエスが現れたのではない。「一度に」というのは一つの会場にイエスが現れたというのではのではない。ある期間において各人がそれぞれの形で罪の赦しを通してイエスの復活に出会い、そして神の存在と愛を知ったのである。 使徒伝承の源流はここに始まった。

塚本訳&Ⅰコリ15:6
15:6 そのあと、一度に五百人以上の兄弟に御自分を現わされた。そのうちの多数の者はいまでも生きてい(て、わたしが嘘を言っていないことを証明してくれ)る。もっともすでに眠った者もあるにはある。

●人がクリスチャンになるには大なり小なりこのような宗教体験をするものであるが、宗教体験がないと信仰に入れないというのではない。しかし、最終的には神がその人に近づいて霊の目を開けて下さることが「道」である。
その道に行きたい。「私も神を信じたい」「私もあのクリスチャンのようになりたい」と少しでも思いさえすれば神はきっと確実に必ずその人に間もなく、姿を現して下さる、ペテロにパウロに復活のイエスが現れて下さったように現れて「十字架の死の意味」を教えて下さり、罪の赦しの体験を通して神の存在を分からせて下さる。イエスは言う。

塚本訳 ルカ 11:4-13
11:4 罪を赦してください、わたしたちも罪を犯した人を皆赦しておりますから。わたしたちを試みにあわせないでください。」
11:5 また彼らに言われた、「あなた達のうちのだれかに友人があって、夜中にその友人の所に行き、『友よ、パンを三つ貸してくれ。
11:6 旅先からわたしの友人が来たのに、何も出すものがないから』と言ったとき、
11:7 その友人は内から、『勘弁してくれ。もう戸締りをしてしまったし、子供たちもわたしと一しょに寝ている。起きてかしてやるわけにはゆかない』と答えるにちがいない。
11:8 しかしわたしは言う、(その人がなおもせがんで止まなければ、)友人だからというのでは起きて(パンを)かしてやらなくても、その厚かましさにはかなわず、起き上がって、必要なだけのものをかしてやるにちがいない。
11:9 それで、わたしもあなた達に言う、(ほしいものはなんでも神に)求めよ、きっと与えられる。さがせ、きっと見つかる。戸をたたけ、きっとあけていただける
11:10 だれであろうと、求める者は受け、さがす者は見つけ、戸をたたく者はあけていただけるのだから
11:11 あなた達のうちのどんなお父さんでも、子が魚を求めるのに、魚の代りに蛇をやるだろうか。
11:12 また卵を求めるのに、蝎をやるだろうか。
11:13 してみると、あなた達は悪い人間でありながらも、自分の子に善い物をやることを知っている。まして天の父上が、求める者に聖霊(という善いもの)を下さらないことがあるだろうか。」

●現代における「復活顕現」をよく現す讃美歌は次である。


1. なざれ の ふせや に つかれ を いとわで,

   いそしみ たまいし むかし は しらねど,

   のこり し みわざ に わが しゅ と しる かな.

 2. すかる の いどべ に かわき も わすれて,

   さとさせ たまいし むかし に おらねど,

   いのち の しみず を わが しゅ に くむ かな.

 3. かるばり の おか に て よびと の つみ とが

   なげかせ たまいし むかし は みねども,

   あふるる めぐみ に わが しゅ を みる かな.

4. えまお の みち に て かたれる みでし に

   あらわれ たまいし むかし に あらねど,

   もえ たつ いのり に わが しゅ と あう かな.

5. おりぶ の やま より みちち の もと へ と

   かえらせ たまいし むかし に すまねど,

   みくに の ひかり に こころ も すむ かな.

●妻は今井館のクリスマスコンサートに出かける。司会●私は明日の「今井館伝道聖書集会」の準備と配布プリント印刷●14:30あきる野市役所の「がん検診」に行く。肺癌、大腸がん、前立腺がんの検診●少しでも長く生きて「有体的復活の使徒伝承」に邁進しなければならない●バッハの「クリスマスオラトリオ」をCDで観賞。ニコラウスアーノンクール指揮ウィーンコンツェントゥスムジクスの演奏●ドイツのクリスマスもすばらしいだろうが、病床での、また孤独での、苦難の涙の「一人クリスマス」もまた神に祝福される●キリスト降誕の夜に羊飼いに現れた天使を思う。貧しい羊飼い、残業で羊の番をしていたのであろう。神はそういう淋しく貧しい人に現れる。声をかける。 


塚本訳  ルカ 2:8-11
2:8 (その晩、)数人の羊飼がそのあたりで、野宿をしながら群の夜番をしていた
2:9 すると(突然)一人の主の使が(現われて)彼らに近づき、主の栄光が彼らのまわりを照らしたので、羊飼たちはすっかりおびえてしまった
2:10 天使が言った、「こわがることはない。いまわたしは、(イスラエルの)民全体への大きな喜びのおとずれを、あなた達に伝えるのだから。
2:11 実は今夜ダビデの町に、あなた達のために一人の救い主がお生まれになった。このお方が(かねて預言されていた)救世主なる主である。

●19:00町内会班長会議。

 
















トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


咳きこんで寝られず ++++++++ 所感

2010/12/10 19:54


有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

 

   TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tskmo.htm

 

  ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 


101210(金)夜半に咳きこんで寝られず。3時に起床。●おかげで12日の「今井館伝道聖書集会の準備ができた。「最も大切な事」であるイエスの「有体的復活」のことをトップに持ってくるように大変更。

(レジュメ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

復活の使徒伝承を継承する

・・・第4回「神は命を新創造する」・・・              

今井館伝道聖書集会 高橋照男 2010.12.12

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1・私が有体的復活を信じるようになったいきさつ。「胸が熱くなった」事実。                 2・天地創造時の世界の完全さ。神と人間のはじめの関係の美しさ。    3・人間の神への反抗(=罪)による神と人間の関係の破綻。苦悩の始まり。4・キリストが第二のアダムと言われる意味。神による関係回復の知恵と努力。5・イエスの死の意味は分かりにくい。神が信じられないという尤もな理由。6・イエス自身は自分の死を贖罪と考えていたのか。聖書学の趨勢は否定的。7・復活したイエスが現れて下さって「死の意味」が分かったペテロとパウロ。8・イエスの死と有体的復活を伝承しない教会や集会は歴史から遊離して消滅。9・イエスの死は私に対する贖罪だと信じられる神の祝福による関係回復の時。10・神は最終的には万物を新創造して完成する。万人が救済されるという希望。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

WEB黒崎詩篇のための関根訳詩篇入力●池谷医院で診察。咳が出るのは鼻が悪いからだと言われる。

resize1688.jpg 

病院に行く途中で真白き富士の嶺を見る。


resize1687.jpg 

実の落ちた柿の木を通して奥多摩連山を望む

●TSK日本語版ルカ2章●ブーニン東京ライブのCDでモーツァルトのピアノ協奏曲第23番を観賞する。●薬のせいで楽になった。

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


マー、一つ飛び込んでみろ ++++++++ 所感

2010/12/09 08:38

  有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

 

   TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tskmo.htm

 

  ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 


101209(木)5時半起床。寒い朝●WEB黒崎詩篇のために関根訳入力122篇。共同者(シドニー、福島)に送信する。その添付送り状の感話。一部改変

(メール)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

両兄へ

 

感話です。

本篇(122篇)は冒頭に「ダビデの歌」とありますが、黒崎先生は作者はダビデではないと明言しておられます。

聖書をこのように科学的姿勢で読む事は、今日の「聖書学方法論」(それは理性の要求)ですが、その嚆矢は我が国では無教会の黒崎塚本であると思います。この姿勢は新約聖書学ではイエスの真正の言葉と後代教会の加筆とを鋭く区別する「作業」に引き継がれています。しかし塚本黒崎のすごいところは、後代教会がイエスに着せた宗教的尊称の衣(伝統的・規範的キリスト教・・・大貫隆の言葉)をはぎ取ることは同じですが、はがし終わって最後に裸のイエスに見たものは、生きた生々しい「生ける神の子」(マタイ1616)の姿でした。そこが現代の聖書学者達と違います。現代の聖書学者たちは大体において、衣をはがしきった最後において、そこに「人間イエス」を見るのです。(荒井献、大貫隆、田川建三)。これは結局は聖霊による示しがないからであると思います。これでは人は救われないと思います。

 

塚本訳マタ 16:15-17

16:15 彼らに言われる、「では、あなた達はわたしのことをなんと言うのか。」

16:16 シモン・ペテロが答えて言った、「あなたは救世主、生ける神の子であります!」

16:17 するとイエスは(喜んで)ペテロに答えられた、「バルヨナ・シモン、あなたは幸いだ。これをあなたに示したのは血肉([人間]の知恵)でなく、わたしの天の父上だから。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(メール終わり)

●聖書は理性で読む必要がある。それは理性の要求である。しかし信仰に入るには「飛び込み」が必要である。●この関係を故渡辺善太牧師は面白い喩で説明した。「首つり自殺をする時は椅子か箱を重ねて天上からつるしたひもに首をかける。そこまでは準備で、理性で聖書を読み重ねる準備。これは聖書学も同じ。しかし自殺するには、その椅子とか箱を足で蹴飛ばさないと首をつれない。つまり信仰に入れない」。この足で蹴飛ばす作業が「信仰は飛び込みである」という原理である。理性も恥も外聞もメンツも蹴飛ばすのだ。それが信仰だ。●私の知人のKG君は御両親がクリスチャン。なかなか信仰に入れなかったが、あるとき伝道者GH氏との立ち話で「君にはキリスト教に対して色々不満はあるだろうが、マー、一つ思いきって飛び込んでみるんだな」の一言で目が覚め、今では熱心なクリスチャンになった。●信仰は神の恩恵(カトリックでは恩寵)が前提であるが、人間の側では「信じて飛びこむ」という思い切りが必要だ。●プロテスタント教会では恩恵、恩恵とばかりいうから分かりにくい。信仰は理性を蹴飛ばす首つりである。●迷っている若者よ、崖の上で躊躇するな。思い切って飛び込め。下には神の愛の御手があって救ってくださる。悪いことは言わない。騙されたと思って崖(理性)を蹴飛ばせ。
 
口語訳 詩  94:18
94:18 しかし「わたしの足がすべる」と思ったとき、
主よ、あなたのいつくしみは/わたしをささえられました。


口語訳 マタ 4:5-7
4:5 それから悪魔は、イエスを聖なる都に連れて行き、宮の頂上に立たせて
4:6 言った、「もしあなたが神の子であるなら、下へ飛びおりてごらんなさい。『神はあなたのために御使たちにお命じになると、あなたの足が石に打ちつけられないように、彼らはあなたを手でささえるであろう』と書いてありますから」。
4:7 イエスは彼に言われた、「『主なるあなたの神を試みてはならない』とまた書いてある」。
 

口語訳 詩  91:11-12
91:11 これは主があなたのために天使たちに命じて、あなたの歩むすべての道で/あなたを守らせられるからである。
91:12 彼らはその手で、
あなたをささえ、石に足を打ちつけることのないようにする。
 
●12:00 ふれあいコンサート。小笠原智恵子、栗原薫、新條路子、高橋京子。●ピアノの栗原さんに、リストのコンソレーション第3番をリクエストした。●吉田亀太郎追憶集を拾い読みした。私の知る非常に多くの人が出てくる。東北地方の伝道に力を尽くされた。私が行った日曜学校は日本基督教会浦和教会であるが、その創立にも関わっておられる。磐城の教会にも関わりがある。●12日午後の今井館伝道聖書集会での話しのプリントを作成。その骨子は次の通り。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

 

復活の使徒伝承を継承する

・・・第4回「神は命を再生する」・・・              

今井館伝道聖書集会 高橋照男 2010.12.12

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1・天地創造時の世界の完全さ。神と人間のはじめの関係の美しさ。

2・人間の神への反抗(=罪)による神と人間の関係の破綻。苦悩の始まり。

3・キリストが第二のアダムと言われる意味。神による関係回復の知恵と努力。

4・イエスの死の意味は分かりにくい。神を信じられないという尤もな理由。

5・イエス自身は自分の死を贖罪と考えていたのか。聖書学の趨勢は否定的。

6・復活したイエスが現れて下さって「死の意味」が分かったペテロとパウロ。

7・イエスの死と有体的復活を伝承しない教会や集会は歴史から遊離して消滅。

8・イエスの死は私に対する贖罪だと信じられる神の祝福による関係回復の時。

9・神は最終的には万物を新創造して完成する。万人が救済されるという希望。

 

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


数値は正義か ++++++++ 所感

2010/12/08 05:59

 有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

 

   TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tskmo.htm

 

  ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/


101208(水)5:30目覚めの啓示「数値は正義か」。聖書で黙想する。●信者の知人MY氏は某大手企業の役員であったが、ある日の役員会で社長と対立。社長は「数値は正義だ!」と叫んでその役員会を終了させた。しばらくしてMY氏は子会社に追放された。殉教であった。キリシタン大名の高山右近に似ている●こういう時に信仰者の立場を捨てて「うまーく」立ちまわる俗人信者がいるが、こういう人からは「キリストの香り」が漂わない。最後の日に神に追放される。

塚本訳 マコ 8:38
8:38 (わたしを信ずると言いながら、)神を忘れた、罪のこの時代において、わたしとわたしの福音(を告白すること)とを恥じる者があれば、人の子(わたし)も、父上の栄光に包まれ、聖なる天使たちを引き連れて(ふたたび地上に)来る時、その(臆病)者を(弟子と認めることを)恥じるであろう。」

●ここで数値は正義である面とそうではない面を聖書で黙想する。

●数値は正義であり神の祝福の徴であるという面は次の通りである。

口語訳 創  1:21-22
1:21 神は海の大いなる獣と、水に群がるすべての動く生き物とを、種類にしたがって創造し、また翼のあるすべての鳥を、種類にしたがって創造された。神は見て、良しとされた。
1:22 神はこれらを祝福して言われた、「生めよ、ふえよ、海の水に満ちよ、また鳥は地ふえよ」。

●神ご自身すら「増える」事を喜びとしている

口語訳 詩  91:16
91:16 わたしは長寿をもって彼を満ち足らせ、わが救を彼に示すであろう。

●聖書を持ち出すまでもなく、長寿は祝福される。聖書もそういう。しかしあまり長寿も災いだ。認知症になり周りに迷惑をかける。馬齢を重ねるという言葉もある。

口語訳 マタ 13:32
13:32 それはどんな種よりも小さいが、成長すると、野菜の中でいちばん大きくなり、空の鳥がきて、その枝に宿るほどの木になる」。

口語訳 マタ 13:33
13:33 またほかの譬を彼らに語られた、「天国は、パン種のようなものである。女がそれを取って三斗の粉の中に混ぜると、全体がふくらんでくる」。

●この句が教会員を増やそうとする教会主義の原点。「教勢」というバロメーターにとりつかれている。神でなく数値を拝んでそれを喜んでいる。

口語訳 ヨハ 11:45-53
11:45 マリヤのところにきて、イエスのなさったことを見た多くのユダヤ人たちは、イエスを信じた。
11:46 しかし、そのうちの数人がパリサイ人たちのところに行って、イエスのされたことを告げた。
11:47 そこで、祭司長たちとパリサイ人たちとは、議会を召集して言った、「この人が多くのしるしを行っているのに、お互は何をしているのだ。
11:48 もしこのままにしておけば、みんなが彼を信じるようになるだろう。そのうえ、ローマ人がやってきて、わたしたちの土地も人民も奪ってしまうであろう」。
11:49 彼らのうちのひとりで、その年の大祭司であったカヤパが、彼らに言った、「あなたがたは、何もわかっていないし、
11:50 ひとりの人が人民に代って死んで、全国民が滅びないようになるのがわたしたちにとって得だということを、考えてもいない」。
11:51 このことは彼が自分から言ったのではない。彼はこの年の大祭司であったので、預言をして、イエスが国民のために、
11:52 ただ国民のためだけではなく、また散在している神の子らを一つに集めるために、死ぬことになっていると、言ったのである。
11:53 彼らはこの日からイエスを殺そうと相談した

●今の政治は世論調査の数値に動かされている。マスコミがいけない。マスコミも国民の「人気」が行動の動機である。視聴率、新聞の購読者数、本の出版数。これに一喜一憂している。物事の判断を民衆の「人気度」に置いている。「売れれば正義だ」と思っている。●防衛論争も肉なる人間の欲望という世論を土台にしているから、非戦、無抵抗などの崇高な施策を出せないでいる。


●ところが数の多い事だけが神の祝福ではないという事が聖書にある。むしろそのほうが聖書的である。 親としてはデキの悪い子や孫を愛おしく思い助けたいと思う。


口語訳 マタ 6:24
6:24 だれも、ふたりの主人に兼ね仕えることはできない。一方を憎んで他方を愛し、あるいは、一方に親しんで他方をうとんじるからである。あなたがたは、神と富とに兼ね仕えることはできない

●これ人生の真理。救世軍ブース大将の夫人は、「金持ちに福音を説くほど難しい事はない」と言ったと言う。

口語訳 ルカ 12:16-20
12:16 そこで一つの譬を語られた、「ある金持の畑が豊作であった。
12:17 そこで彼は心の中で、『どうしようか、わたしの作物をしまっておく所がないのだが』と思いめぐらして
12:18 言った、『こうしよう。わたしの倉を取りこわし、もっと大きいのを建てて、そこに穀物や食糧を全部しまい込もう。
12:19 そして自分の魂に言おう。たましいよ、おまえには長年分の食糧がたくさんたくわえてある。さあ安心せよ、食え、飲め、楽しめ』。
12:20 すると神が彼に言われた、『愚かな者よ、あなたの魂は今夜のうちにも取り去られるであろう。そしたら、あなたが用意した物は、だれのものになるのか』。

●18節の「もっと大きいのを建てて」と言う言葉を聞くと、建築の業界人(私も含まれる)は喜んで営業をする。かって私が20年間勤務した設計事務所は、大きい仕事と小さい仕事があった場合、「小さい方」を選ぶことにしていた。その所長は晩年に受洗された。今は無教会の集会におられる。

口語訳 マタ 16:26
16:26 たとい人が全世界をもうけても、自分の命を損したら、なんの得になろうか。また、人はどんな代価を払って、その命を買いもどすことができようか

●金で命は買えない。金があっても人は死ぬ。

口語訳 マタ 6:27
6:27 あなたがたのうち、だれが思いわずらったからとて、自分の寿命をわずかでも延ばすことができようか

●日本人は、長寿幸福の目的と考えている。否、生きるものは全て「死ぬまい、死ぬまい、殺されるまい」と思って行動する。
企業は「潰れまい潰れまい」と必死に思う。


口語訳 マタ 6:31-33
6:31 だから、何を食べようか、何を飲もうか、あるいは何を着ようかと言って思いわずらうな。
6:32 これらのものはみな、異邦人が切に求めているものである。あなたがたの天の父は、これらのものが、ことごとくあなたがたに必要であることをご存じである。
6:33 まず神の国と神の義とを求めなさい。そうすれば、これらのものは、すべて添えて与えられるであろう。

●「異邦人が切に求めているもの」とは言い得て妙である。日本人は異邦人である。数値の大きさを求めてそれが幸福だと思っている。その数々の例を見よう。

学校の点数成績。学校も親も生徒もこぞって有名校に入ることを目的として、一流校一流企業を狙う。だから塾が流行る。女性は東大卒、一流企業に勤務する人間、大学教授を好む。こういう「女」のことを聖書は「割礼なき女」という(士師14:3)。目のある信者はこういう「女」と付き合ってはならない。汚染される。そういう「女」は「割礼なき男」を好む。

口語訳 ルカ 18:9-14、
18:9 自分を義人だと自任して他人を見下げている人たちに対して、イエスはまたこの譬をお話しになった。
18:10 「ふたりの人が祈るために宮に上った。そのひとりはパリサイ人であり、もうひとりは取税人であった。
18:11 パリサイ人は立って、ひとりでこう祈った、『神よ、わたしはほかの人たちのような貪欲な者、不正な者、姦淫をする者ではなく、また、この取税人のような人間でもないことを感謝します。
18:12 わたしは一週に二度断食しており、全収入の十分の一をささげています』。
18:13 ところが、取税人は遠く離れて立ち、目を天にむけようともしないで、胸を打ちながら言った、『神様、罪人のわたしをおゆるしください』と。
18:14 あなたがたに言っておく。神に義とされて自分の家に帰ったのは、この取税人であって、あのパリサイ人ではなかった。おおよそ、自分を高くする者は低くされ、自分を低くする者は高くされるであろう」。

●信仰のバロメーターが数値になるとこういうことになる。教会の人数、献金の額また同じ。日本基督教団某教会の牧師は献金の額が多い信者を大切にして玄関まで見送りに行くという。その教会の某氏は「俺なんか一度も見送られことがない」と私にボヤいた。

口語訳 ルカ 12:29-32
12:29 あなたがたも、何を食べ、何を飲もうかと、あくせくするな、また気を使うな。
12:30 これらのものは皆、この世の異邦人が切に求めているものである。あなたがたの父は、これらのものがあなたがたに必要であることを、ご存じである。
12:31 ただ、御国を求めなさい。そうすれば、これらのものは添えて与えられるであろう。
12:32 恐れるな、小さい群れよ。御国を下さることは、あなたがたの父のみこころなのである。

●神は小さいものを愛す。 小さい教会、小さい集会、小さい家庭、小さい人生、無名の人生。

口語訳 ルカ 23:28-29
23:28 イエスは女たちの方に振りむいて言われた、「エルサレムの娘たちよ、わたしのために泣くな。むしろ、あなたがた自身のため、また自分の子供たちのために泣くがよい。
23:29 『不妊の女と子を産まなかった胎と、ふくませなかった乳房とは、さいわいだ』と言う日が、いまに来る。

口語訳 イザ 54:1
54:1 「子を産まなかったうまずめよ、歌え。産みの苦しみをしなかった者よ、声を放って歌いよばわれ。夫のない者の子は、とついだ者の子よりも多い」と主は言われる。

塚本訳 ルカ 20:34-36
20:34 イエスは言われた、「この世の人はめとり嫁ぐけれども、
20:35 あの世にはいる資格を与えられて、死人の中から復活する者は、めとることもなく嫁ぐこともない。
20:36 復活によって生まれる彼らは、天使と同じであり、神の子であるので、もはや死ぬことが出来ない、(従って子を産む必要がない)からである。

●子どものない人に対する神の最大の慰めは、有体的復活、永遠の命、天使と同じである。上記塚本訳の「子を産む必要がない」という敷衍は千鈞の重みがあり、この世の楽しみではないところの真の使命に奮い立たせられる。カトリックの神父やシスターは結婚しない。

●WEB黒崎詩篇のために関根訳詩篇入力●TSK日本語版ルカ入力●来る12日の今井館伝道聖書集会のレジュメ作成。「復活の使徒伝承を継承する。・・・第4回、神は命を再生する」●CDコピー●妻が風邪で具合が悪くなった。お互いに年を取ると体が弱くなる●拙宅を建てた棟梁の加藤久雄氏が来訪。61歳で現役とは立派。長野県伊那の現場で仕事があり、大平宿(吉田桂二が再生を手掛けたもの)を見学に行って、地元の人と懇談したと言う。仕事は「相手から感謝の言葉を頂けるものが最高だ」。ということで意見が一致。企業人はそれが得られにくいのが現実だ●NHKTV19:30クローズアップ現代「延命。ある少女の選択」。(延命を希望しない18歳の少女と延命を進める親との葛藤)。見終わって妻に次のように言った。「私は延命を希望しない。復活を信じているから。自然に生き、自然に死にたい。ただ痛みだけは取ってもらいたい。そうでないと周囲に迷惑をかけるから」 。●妻も延命は希望しないという●延命を希望しないと言うと自殺希望と誤解されるが、その誤解は不信仰な人間の考え。神を信じる人間はむやみやたらに延命をしない。無宗教の人世観は空しく淋しく粘りがない。

塚本訳 Ⅱコリ5:5-9
5:5 このことがわたし達に出来るようにされたお方は神であり、このお方がその手付けとして御霊を下さったのである。
5:6 だから、わたし達はいつも心強くあり、また、この体に同居しているあいだは主から離れて別居していることを知っている、
5:7 ──というのも(いま)わたし達は(主を)見ることによってではなく、信仰によって歩いているからである。──
5:8 それで、わたし達は心強くはあるけれども、
むしろこの体を離れて別居し、主の所に同居したいと望んでいる。








トラックバック(1) | コメント(0) | top▲


神は人生を赦す ++++++++ 所感

2010/12/07 20:49


   有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

 

   TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tskmo.htm

 

  ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 


101207(火)10:15無教会のSY女史の勧めで「レオニー」という映画を新宿角川シネマで観賞(妻は過日立川で観賞)。SY女史はこの映画の女性監督を支援しているという。●レオニーとは彫刻家イサムノグチの母でその実話。夫は日本人。夫婦共に異文化とその風習になじめずやむをえず離婚。離婚しても女性として自立して生きたレオニーは立派だが、二人の間に生まれたイサムノグチは幼少から苦労した。国際結婚の難しさを知った。●人は、みんなそれぞれに一生懸命に生きているものだ。それぞれに苦労しているものだ。神はどんな人生の人も赦して下さると思った。●我が家のリビングの照明器具はイサムノグチのデザイン。和紙であるが形は洋風、和様折衷でイサムノグチの生い立ちを暗示している。●14:30 昭和女子大で建築経済の講義。試験スケジュールの打ち合わせ。拙宅見学会を2011.2.15に決定●卒業設計がなかなか進まない学生の相談

resize1686.jpg 

昭和女子大校内のクリスマスツリー。授業が終わって変える時に疲れを癒してくれる。
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


宗教者の確執は宿命 ++++++++ 所感

2010/12/06 10:34

  有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

 

   TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tskmo.htm

 

  ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 

 

101206(月)6時半起床。●来る12日の今井館伝道聖書集会で話す「神は命を再生する」の目次構想●WEB黒崎詩篇のための関根訳詩篇入力119篇●その送信(シドニー、福島へ)の送り状。一部変更。

(メール)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

通常の4倍近くの176節もある119篇は、胸突き8丁でした。

しかし、9月にY兄から送られた関根訳データベースのおかげで3時間程度で登りきることが出来ました。感謝。

感話です。

本編でしきりに言われる、「律法(おきて)」「み言葉」「さとし」などとは何のことかとしきりに考えました。この研究だけでも

優に論文の課題になりそうですが、直感的な素人読みではこれらの言葉を「神のお心」と置き換えれば殆ど意味が通ります。

 

裏付けとしてはマリヤの次の言葉ではないでしょうか。

 

口語訳 ルカ 1:35-38

1:35 御使が答えて言った、「聖霊があなたに臨み、いと高き者の力があなたをおおうでしょう。それゆえに、生れ出る子は聖なるものであり、神の子と、となえられるでしょう。

1:36 あなたの親族エリサベツも老年ながら子を宿しています。不妊の女といわれていたのに、はや六か月になっています。

1:37 神には、なんでもできないことはありません」。

1:38 そこでマリヤが言った、「わたしは主のはしためです。お言葉どおりこの身に成りますように」。そして御使は彼女から離れて行った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(メール終わり)

●昨夜は禁を犯し睡眠時間を延長して教育TV22:00-23:00まで。「トルストイの家出」を見る。トルストイは勤務先の昭和女子大の精神的支柱(校内に銅像もある)だからである。
トルストイの晩年の家出の原因は長い間謎であったが、最近発見され公開されたトルストイ夫妻の最晩年の日記からその秘密に迫ろうとするもの。●私の感想は「宗教家の宿命としてのこの世的なるものとの確執」だと感じた。夫人のソフィアは三大悪女(ソクラテスの妻、モーツァルトの妻、トルストイの妻)とされているが、ソフィアの日記(朗読された)を聴く限り、普通一般のむしろ健全常識の思想の持ち主。しかしトルストイは晩年に信仰的に高揚し純粋になり、いわゆる「この世的なるもの」から離れようとした事が原因と見た。●宗教家の信仰が高揚して純粋になるとこの世と確執が起こり、普通健全常識者から見て「非常識、不思議、不可解、奇怪」な行動に出る。変人扱いされる●神はこのような不思議人間を起こして世を救うのではないのだろうか。その例は無数。みんな健全常識人と確執する。●思いつくままに例をあげると、イエス(家を捨てる)、仏陀(出家)、ルター(雷に打たれて修道院入り)、ジャンヌダーク(神のお告げを聴いたと言って軍隊の先頭に立つ)、パスカル(科学上の名声を捨てキリスト教弁証家になる)、キルケゴール(婚約破棄)、A・シュヴアイツヴァー(アフリカ行きの決断)●そして今回これにトルストイが加わる●こんな有名人でなくともキリスト教になるとか神学校に行くとか修道院に入るとか言いだすと、決まって家人から理解されず「泣かれる」。実例は枚挙に暇がない。●よくある信者と家人との争いも同じ、妻と、夫と、子どもと、姑舅と、親類と。教会と、信者仲間と。しかしこの確執の「涙」「悲しみ苦しみ」は終末が来ない限り解決しない。これは世の終わりになって分かってもらえるのである。生きている内は絶対に理解されない。この世的な方法で和解しようとするのはいけないことだ。●信者のこの世の人との確執は霊肉の戦いだから人間的手段での和解は絶対に無理。●この責任は「神にとって貰おう。神が「言いだした」事なのだから。神ご自信が責任をとって必ず「良いようにして下さる」●この確執の悩み苦しみ涙叫び」は多くの先人がいる。●無教会の親子関係に多い。時効だから言う。矢内原先生が家庭集会を開いていた時、その子息の一人は、玄関に来る信者の顔に煙草の煙を吹きつけたという。●旧知の細井真澄君(真澄設計所長)から電話●昨日の集会感話のプリント「イエスの死、その意味が分かる時」をHPの使徒伝承にアップロードした。
http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/son.htm


resize1685.jpg 


あきる野の夕暮れ。飛行機雲。あの飛行機はこれからどこに行くのだろう。
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


若井さん、これからだ ++++++++ 所感

2010/12/05 20:01


有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

 

   TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tskmo.htm

 

  ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 




101205(日)5:00 NHKTV3CH「心の時代」はICU教授で国際法学者、最上敏樹の「わが道を照らされて・・・ハマーショルドと共に」●最上氏が16歳の時にハマーショルド(第二代国連事務総長。スウェーデン人)の日記「道しるべ」(みすず書房)を読んだが、そこには仕事(国連の事)は何も書かれておらず、神との対話の日記であったという。そのころ最上氏は原口統三の「20歳(はたち)のエチュード」(角川文庫)を読んで、自我の追求は自死に到ることを知ったときであったが、ハマーショルドの「道しるべ」には「自己を捨てよ」ということが書かれてあって衝撃。以後人生の師としたという内容。●ハマーショルドはコンゴ紛争解決のために向かう途中に飛行機事故で死亡。抱えていたのはトマス・ア・ケンピスの「キリストにならいて」であったという。 ●仕事中に死ぬことを理想としたヒルティ(私が師事した師)の言葉を思い出した。●ハマーショルドは偉大なる人格の持ち主であった。周恩来を高く評価していた。周恩来また人格者●10:00東京聖書読者会。土肥、大山(金の話し)、橋(「イエスの死」その意味がわかるとき)。反応あり、癒された。●帰途は高木博義氏と新宿まで。今日の感話の講評をいただけた●14:00若井晋・克子夫妻の講演会に行く。演題「新しいいのちに生きる。・・・・若年性アルツハイマー病と診断されて・・・・」於さいたま市文化センター(南浦和)。主催浦和キリスト集会●若井氏とは40年前に美ヶ原聖書合宿研究会で一緒。講師は内田芳明、大島智夫、杉山好だった。●若井氏は脳外科の名医として活躍していたが、54歳の時に漢字が書けなくなったりATMが押せなくなる症状が出た。なかなか診断を受けなかったが、ついに「若年性アルツハイマー」と診断されると「なぜこの俺がこの病気になるのだ」と怒鳴って荒れた。克子夫人は御苦労された。●定年前に東大教授を辞められた。しかし克子夫人の献身的な看護で現在は次第に落ちつかれた。●自分の病気を天下に公表。「アルツハイマーは病気であるが、人格は壊れない。自分は自分だ」が持論。この病者本人の短い言葉には千鈞の重みがある。現在63歳。

resize1683.jpg 

若井晋氏と。お互いに手を取り合って、信仰を失わずに生きて来られたことを喜びあった。そして私は言った
「若井さん。これからがあなたの本当の人生だ。創世記で神は土の人間に命を吹き込んだとあるがあれは人格を吹き込んだのだ。土(肉体)は壊れるものだ」と。すると目を光らせて分かって下さったようだったので、ふたたび手を握った。

resize1684.jpg 

若井克子さん。晋氏が荒れた時はどんなにか泣いて苦労されたか。しかし祈りで奇蹟的に回復されつつある。これからどうなるかは「神まかせ」だと言われる。●克子さんは9年前に拙宅の新築祝に友人と一緒に来られてミルトスの木を下さった。今にして思えばそれは若井氏の病がそろそろ出始めた頃だ。●ベターハーフとは一般に夫人の事を言うが、克子さんは70%と言う感じ。講演会といっても司会者(関根義夫医師)の質問に答える形で進められたが、90%は克子夫人が晋氏に変わって答えられた。晋氏はまだ思うようによく話せない。

resize1682.jpg 

関根義夫先生。浦和キリスト集会(無教会)主宰者、医師、賛育会病院院長

resize1681.jpg 

中村志津さん。黒明幸吉先生令嬢。浦和キリスト集会の会員。
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


聖書女性現れる ++++++++ 所感

2010/12/04 18:44


  有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

 

   TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tskmo.htm

 

  ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 



101204(土)5時半目覚め。明日の感話のプリント推敲変更。特に次のところを追加


●福音を全世界に宣べ伝えよ。救われるべき人は多い

 

塚本訳 使  1:8

1:8 ただ聖霊があなた達にくだるとき、あなた達は力を戴いて、エルサレムをはじめユダヤ全体、またサマリヤ、さては世界の果てまでも、わたしの証人になるであろう。」

 

塚本訳使  18:9-10

18:9 するとある夜主が幻でパウロに言われた、「『恐れることはない。』語りつづけよ、沈黙するな

18:10 『わたしはいつもあなたと一緒にいて、』だれもあなたを襲って害を加える者はない『のだから。』またこの町にはわたしの民が沢山いるのだから。」

 




●「世界の果てまでも」というところ。現在はWEBでそれが可能。拙HPは次の国からアクセスがある。日本、オーストラリア、アメリカ、韓国、オランダ、中国、台湾、ドイツ、香港、タイ、フランス、イタリア●WEB黒崎、関根訳詩篇入力●ATM、図書館●明日の感話のプリントを仕上げ、コピーする。●私のHPの「聖書で聖書を読む」で熱心に聖書を読む女性からミスの指摘があって以来、やりとりしているが、見ず知らずのその方は
「起きてから寝るまでの絶えざる祈り」という信仰の篤い「聖書女性」(私のあだ名)。こういう方が現れるから聖書中心のHPを公開するのがうれしい。彼女に次のようにメールした。

(メール)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

○○様

 

応答感謝です。

「起きてから寝るまでの絶えざる祈り」であられるとは、信仰は○○さんのほうが「上」。
信仰は女性にはかなわないなーと思った次第です。

同じく「ウチの家内にはカナイません」であります。(笑)。

聖地旅行しても大脳皮質では「あーあそこか」と便利にはなりますが信仰は深くなりません。これ私の体験です。

「聖霊の臨在」そして「教会は神のもの」ということも真理と思います。

高橋

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(メール終わり)

●この女性の息子さん(小4)は生まれた時からアトピーであったが、母親たる彼女が授洗したら3ヶ月後にそのアトピーが治癒したと言う●今日のTVでみたこと。銀行員の父親が仕事に打ち込みすぎて、子供に目が向かなかったところ、その子どもは非行に走り、暴走族となって覚せい剤におぼれた。ある日両親の目の真で覚せい剤を打とうとしたところ、父親が「お前は私の大事な息子なんだからやめてくれ」と言って涙ながらにきつく抱きしめた。するとその少年はそれから非行がやんだという。●これは何を意味するか。仕事や金や地位というこの世の偶像におぼれた父親への神の警告だったのではないだろうか。神を知らない拝金教の日本資本主義への警告だ。そうだ、神から見ればまず親の方が非行だったのだ●その非行少年は立ち直って今では自分の回心の経験を語る歌手になって手弁当で全国を回っているという。万歳!●この世の痛み悲しみは一時は辛く苦しいが、総てが良くなるものだ。神います●15:00浅野摂郎氏と今井館のことで長電話。
●リヒターでバッハ「ロ短調ミサ曲」を観賞。バッハはマタイ受難曲を作曲している時、ロ短調ミサ曲を念頭に置いていたという。そうなのだ、この曲は「復活」信仰の喜びの曲なのだ。受難曲は「死」であるがこの曲は「復活」の喜び。17:15 妻は合唱の練習。ブラームス

resize1678.jpg 

あきる野から見る初冬の富士。きれいな白だな―。その昔登ったことがある。
日本人なら一度は登っておく方がよい。

resize1679.jpg 

誰も取らない柿。どうなってしまうのだろう。いいんだ、いいんだ。それも一生だ。

resize1680.jpg 

秋川高校は廃校になって今はなにもないがこのメタセコイアの並木だけは残っている。「母校」というものがなくなったここの卒業生は可哀そうだなー。



トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


今井館土地問題委員会 ++++++++ 所感

2010/12/03 21:01

  有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

 

   TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tskmo.htm

 

  ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 





101203(金)薬のおかげか、咳がとまって楽になった●目覚めの床で次回感話プリントの推敲●WEB黒崎詩篇のために関根訳詩篇入力●TSK日本語版ルカ●次回感話のプリント作成「イエスの死。その意味が分かる時」そお目次は次の通り

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「イエスの死」、その意味が分かる時
・・・神の愛の不思議なる導き・・・              
東京聖書読者会 高橋照男 2010.12.5
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1・イエスの死の意味が分かりにくいというもっともな理由
2・イエス自身は自分の死を贖罪と考えていたのか 。聖書学の趨勢は否定的
3・復活したイエスが会って下さって「死の意味」が分かったペテロとパウロ
4・イエスの死と有体的復活を伝承しない時、それは歴史から遊離して消滅
5・人生においてイエスの死は私に対する贖罪だと信じられる神の祝福の時
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


●14:30今井館で「土地問題委員会」全8名で甲論乙駁。無教会の困難さが明らかになった。●帰途は溝の口まで浅野摂郎氏と懇談。
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


福音は集客ではなく発信すべきもの ++++++++ 所感

2010/12/02 09:15



 
有体的復活の使徒伝承
            http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」 
                  http://stonepillow.dee.cc/

 TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tskmo.htm

 

ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/


101202(木)5時半目覚め。咳がやんで感謝。やはりホームドクターの診断は違う。●次回感話の原稿推敲。朝良い発想が浮かぶ。●6:30家でラジオ体操●WEB黒崎詩篇のために関根訳詩篇入力。協働者(シドニー、福島)への送信する添え状を次のように認めた。一部改変

(メール)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
両兄

 関根訳詩篇115篇を送ります。

 

感話

 

●私の「WEB黒崎経験」は目から鱗です。

今日まで、キリスト教の歴史は福音(使徒伝承)を教会や集会への集客、(集金が伴う)という手段でしたが、

ITが発達した今日、福音(使徒伝承)はこれをWEBで無料で広域に発信することが出来るようになりました。

ただ、この情報を受けた人が、信仰に到るか、救われるかは神の御心次第です。

一方、この福音(使徒伝承)は、これを真に信じて生きている人がその時代に「現臨」していないと伝わらないということも真理だと思います。塚本先生の講義には300人以上が集まりましたが、先生の死後にその「講演テープを聞く会」(私はこれに20年間出席)というものが発足しましたが集まる人はなぜか数人でした。これは何を示すか。神に遣わされた人(この場合は塚本先生)がその時代、その場に「現臨」していないと福音は伝わらないということでしょうか。

文字情報だけが存在しても、使徒伝承を心から信じている「命ある人」(神に遣わされる人)が説かないと福音は伝わらないと言うことかと思います。

 

口語訳 ロマ 10:14-15

10:14 しかし、信じたことのない者を、どうして呼び求めることがあろうか。聞いたことのない者を、どうして信じることがあろうか。宣べ伝える者がいなくては、どうして聞くことがあろうか。

10:15 つかわされなくては、どうして宣べ伝えることがあろうか。「ああ、麗しいかな、良きおとずれを告げる者の足は」と書いてあるとおりである。

 

 

●我々のWEB構築の労苦(とは思いませんが)は神に命じられてひたすらに「パンを水の上に投げる」行為なのでしょうが、僅かな人でも「多くの日の後に」「心の目」が明らかに」なる人が誕生する事を期待します。祈りです。

 

口語訳 伝  11:1

11:1 あなたのパンを水の上に投げよ、多くの日の後、あなたはそれを得るからである。

 

口語訳 エペ 1:17-19

1:17 どうか、わたしたちの主イエス・キリストの神、栄光の父が、知恵と啓示との霊をあなたがたに賜わって神を認めさせ、

1:18 あなたがたの心の目を明らかにして下さるように、そして、あなたがたが神に召されていだいている望みがどんなものであるか、聖徒たちがつぐべき神の国がいかに栄光に富んだものであるか、

1:19 また、神の力強い活動によって働く力が、わたしたち信じる者にとっていかに絶大なものであるかを、あなたがたが知るに至るように、と祈っている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(メール終わり)


●「私を癒す名曲」
リストのコンソレーション第3番「慰め」

これが、なナントあのホロヴィッツの演奏録画で全曲(3分59秒)がタダで見られます。!!。

http://cembalo.blog90.fc2.com/blog-entry-142.html

少しスクロールして、該当画面の▶を押します。

 

 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲




| Top | Next
0814