to 日記と感想 2011年04月
Top | RSS | Admin

2011.03 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2011.05


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171030(月)10:00 聖路加 桑本先生
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170824(木)12:10キララホールエントランスコンサート、マリンバ
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170813(日)10:30ナザレン教会浦和教会
    170813(日)14:00比企紀和君
    170812(土)14:00お江戸こらりあーず演奏会、文京シビックホール
    170809     TW誕生日
    170809(水)17:16初音吹奏楽、府中の森芸術劇場ドリームホール
    170808(火)0930池谷医院
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170708(土)14:00在宅医療説明会(キララホール)
    170707(金)10:00池谷医院
    170706      TM誕生日
    170702(日) 集会感話
    170701      TT誕生日
    170630(金)12:20キララホールエントランスコンサート
    170628      IY誕生日
    170627(火)11:00 能城牧師来訪
    170625)日)10:10トミ子集会感話
    170625(日)14:00茅ヶ崎金子邸
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール


福島から孫が来る ++++++++ 所感

2011/04/30 17:55

110430(土)4時起床。●TSK日本語版ルカ●明日の感話のレジュメ推敲●聖書知識のコピー●池谷医院。気管支喘息処方●図書館のDVD「世界に衝撃を与えた日。マンハッタン計画の始まりとチェルノブイリ原発事故」を観る。原発はヒトラーを打つための武器開発の為に開発された副産物。動機が良くないから今日のような災いになったのではあるまいか●DVD「太陽の爆発」を観る。とにかく宇宙も星も最後が来る●このどうしようもない不安と悲しみは「有体的復活」により、主と共に生きる信仰が救う●14:30、福島県二本松市から妻が孫の見時と風人を連れてくる。子供を抱える親としては連休中の少しの間だけでも放射能から遠ざけたいと考えている。幼い子供を抱えている親はそうでない人とは「温度差」が違う

resize1828.jpg 

二人の孫が福島から新幹線ではるばる来た。原発の恐れの中を健気(けなげ)に生きているので「よく来た」と抱きしめた。早速東急に買い物。二人とも欲しかったカードが当たって大喜び。このベンダーマシンは、お目当ての怪獣カードが出るまで何度もやらなければならないような子供向けギャンブルマシン。設計思想が大人の発想。出ないとがっかりする子供の心理をどう考えているのだろう。●帰りに図書館に行ったが、子供向けの本もDVDも全く興味を示さず、カードばかりいじっていた。●妻は孫に誘われて難しい怪獣カードゲームを一緒にやる 。良く付き合ってくれので感心する。子育ては女性だ。


 有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tskmo.htm

   ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 

スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


失敗人生の方がよいのだ ++++++++ 所感

2011/04/29 10:05

110429(金・昭和の日)昨夜は気管支喘息で咳きこみ3時頃から30分間眠れなかった。私の体は弱いので困るが妻は丈夫なので感謝である。●明後日の感話の資料変更。建築設計と同じで最後の最後まで直したくなる。●8:00妻は福島へ孫の二人を引き取り(連休中だけ)に出発●塚本訳の修正●娘の愛子から嬉しいニュース。子供イ・ハ(私の孫)は日本基督教団の教会学校に通っているが、その先生から「イ・ハちゃんはどうして毎週日曜日に教会学校に来ているのですか?」と聞かれた時、「うーんと、神様を信じているから」と答えたという。●この「うーんと」という少し時間をおいた答え方が気に入った。●人が神を信じる理由は、Why(なぜ)ではなくHow(いかに)である。孫は母親の信仰に熱心な気持に感染して神を信じているのだ。「母の祈りは聴かれる」●キリスト教信仰は大脳皮質で考え抜いた結果入信するのではない。ここが哲学にちかい仏教徒は違うところ。何かに追い詰められ「仕方なしに」信じざるを得なくなって信じるのである。人生ボロボロになって「溺れる者は藁をもつかむ」気持でなりふり構わず「信ずる者は皆救われるとか言っているあのヤソの言うことも一つ聞いてみようかという「試し」が動機でよいのだ。恥をかくのでよい。それでよいのだそれでよいのだ。それは恥ではない。キリスト教信仰の原理がそうなっているからである。●「神はあるか、罪はあるか、キリストは神の子か、などの疑問が理性で納得きたら信じよう」などと言っているうちはキリスト教には永久に帰依できない●だから不信者が「あの人はなぜ(Why)キリスト教に帰依したのかを尋ねてみたい」という設問は真面目ではあるが、その答えは「Why(なぜ)」を満足させる」ものではない。また満足させるものであってはならない。それは大脳皮質を少しは満足させるかもしれないが、キリスト教に帰依するには到らない●ブルトマンというドイツの聖書学者神学者が現代人の理性に納得させて信仰を伝えようとして「非神話化」という学問分野を築いたが、信仰は理性の納得で分かるものではないから、はたして成功したのかどうかわからない。●それはキリスト教の不思議性を骨抜きにした●人生、行き詰まり、ボロボロズタズタになってどうしようもなくなり、悲しみ嘆きの内に藁をも掴む思いで「なりふり構わず」信仰の「門を叩く」という恥ずかしい惨めな方法で入門するのでよい。そういう入り方が正道である。門の前で沈思黙考考していては入門できない。恥も外聞も捨てて激しく「門を叩」かなけれbならない●キリスト教や、教会や、キリスト教の歴史や、クリスチャンと称する人間に不満はあるかもしれないが、「疑わずに、エイ、ヤッと飛び込まなければならない」●人生大失敗して、一度は大恥をかかねばならない。それが人間が大きくなる道だ●受験で失敗、病気で失敗、結婚で失敗、仕事で失敗、子育てで失敗、夫婦関係で失敗、親子関係で失敗、嫁姑関係で失敗。失敗は成功の元。成功とは「神を知ること」。だから失敗人生の方がよいのだ●失敗人生(結婚、仕事、兄弟関係、弟子関係)であった内村鑑三の入信記は「余は如何にしてキリスト信徒になりしか」である。Why(なぜ)ではなくHow(如何に)である。●妻から福島に無事に到着したと電話。バスが渋滞で遅くなったという●18:30英国王室、ウィリアム王子とケイトさんの結婚式。ロンドンウェストミンスター寺院からのBBCによるロイヤルウェディングの実況中継を見た。英国国教会による壮大な儀式を見て、結婚とはまさしく神の決めたものだと感じた。1900人の参列者の歌う讃美歌(ジョン・ラターのものもあった)は高い天井にこだまし、英国国歌の斉唱では涙がこぼれた。ゴルゴダで淋しく殺されたキリストが世界中に人にこのように崇められているのは不思議である。亡き母親のダイアナ妃も天で息子の結婚を喜んでいるであろう。●中継のNHK女性アナウンサーは盛んにケイトさんのウェディングドレスにばかり注目していたのは日本も程度が低い。もうちっとキリスト教式の結婚式についての解説をするべきであった ●エリザベス女王はチャールズ王子のこともあり、今度の結婚はうまくいってほしいと思っているだろうが、ケイトさんの方が5カ月の年長で賢そうである。うまくいきそうである。家の中では女性が強いほうが良いとはヒルティも言っている●花嫁の手を取って歩む父親の心境を深く感じた。 ●このロイヤルウェディングのように世界中の人に祝福された結婚式もすばらしいが、塚本先生がある女性に対して二人で行った真摯な結婚式を思い出しだ。それはこういうことである。●ある女性が塚本先生に結婚の挨拶に来られた。それはおそらく先生への別れの挨拶だったのであろう。塚本先生が彼女にどういう結婚式かと尋ねると彼女は「三三九度です」と言うなり泣き崩れたという。本当は信仰を同じくする人と結婚したかったのであろう。すると先生は「ではここで結婚式をやろう」と言われて、二人だけの結婚式を行ったという。彼女のその後の消息をわたしは知らない。おそらく、その生涯は「キリスト教のことを口にしなかった」が主にある心でその御主人に一生涯仕えたであろう。これ神にのみ知られた無教会的な最高の結婚式である。●結婚式は自分への「死」の儀式でもある。それを履き違えて結婚したら何でも「対等」でエゴを主張するから破局が多いのだ。本日の結婚式における英国国教会主教の「説教」でもそのことを強く戒めていた。結婚式は神への忠誠の約束の儀式である。


 有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tskmo.htm

   ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


地球は淋しい ++++++++ 所感

2011/04/28 10:34

110428(木)4時半目覚め、床におきあがって祈り●5時起床●朝の黙想「淋しい地球、孤独な地球」●聖書は自然災害の史実を信仰的に解釈している。
1・紀元前4000年頃のメシポタミアで起こった大洪水は、ギルガメシュ叙事詩その他の伝説があることから史実である。それを信仰的に解釈して、神が人類の堕落を嘆いて地上から人類を滅ぼそうとしたのであるとした。この洪水物語が含まれている創世記は紀元前650年頃に編纂は完了している
2・紀元前1900年ごろ死海の南方が地盤沈下して陥没した。この付近にソドムとゴモラがあった。聖書はこれを堕落町であったからm滅びたのであるとした。
3・紀元70年、エルサレムはローマ軍によって戦争で滅ぼされた。イエスはこれをエルサレムが「恩恵の時を知らなかった罰」だと言っている。
以上の三点は総て大災害という史実を信仰的にとらえて、すべてその道徳的堕落が原因であったとしている。
4・聖書は次に起こるのは「終末」による天地の消滅と言っている。その時は地球や宇宙が消滅するのである。そのとき人間の歴史も家庭家族の思い出も先生の思い出も一切がなくなる。星には寿命がある。地球という星の最後は灼熱地獄になり大爆発して何もなくなる。これは世界規模であるから、東日本大震災どころではない。地球の誕生は45億年前、余命は45億年と言われている。しかし、今度の大震災の津波被害を見て、地球最後の日は45億先ではなく、明日にでも突然に来るかも知れないと思うようになった。宗教学者の、山折哲雄氏が津波被害の跡をみて「地獄の様とはこれか」と感じたという。それと同じく私も津波が容赦なくウムを言わせず、家や街押し流していく様をTVで見て、神の恐ろしい裁きというものを感じた●地球には終わりがある。だから人類の歴史にも終わりがある。淋しい限りである。この淋しさと悲しさを聖書は救ってくれるのか。救ってくれる。それは有体的復活である。●その終末の日に、信じて眠った人は有体的に復活し、その時に生きている人は体が霊体に変化させられ、宮中でイエスに会って、以後永遠に生きるのだと聖書は言う。こんなバカゲタ事を聖書は言うのか。それはイエスという空前絶後の人格がこの世に現れたことからそういうこともまたあり得るのだと信じるられるのだ。聖書的根拠は次の通りだ。
 
塚本訳  Ⅰコリ15:51-52
15:51
いまここに(最後の日の)秘密を語る。わたし達はみんな眠ってしまうのではなく、(その時生きている者も眠った者も、)みんな変化させられるのである。
15:52 あっと言う間に、瞬く間に、最後のラッパの音で!ラッパが鳴る。すると死人は不滅のものに復活し、(その時生きている)わたし達は変化させられるのである。


塚本訳  Ⅰテサ4:14-17
4:14 私達が信ずるようにもしイエスが死んで復活し給うたならば、神はイエスによって眠った者をも同様にイエスと共に連れ来たり給うであろうから。
4:15 然り、私達の主の御言をもってこのことを(はっきり)君達に言う(ことが出来る)──私達主の来臨(の時)まで生き残っている者は、(既に)眠った者に先立つ(て光栄に与る)ことは絶対に無い。
4:16 何故なら、(その時)主自ら号令と御使いの頭の声と神のラッパ(の響き)と共に天から下り給うて、キリストにおいて死んだ死人がまず復活し
4:17 それから私達(その時まで)生き残っている者が主に会うため彼らと一緒に雲に乗って空中に奪い去られる。かくして私達はいつも主と共に居るのである。

●こういう様はパウロは「秘密」「奥義」と言うので、信者が一般人に言うと「頭がおかしい」と言われるだけである。じかし聖書の記事は「実現してきた」●この終末の悲惨な日には夫婦、親子、兄弟。嫁姑のいさかいも亡くなる。なぜか。無理やり引き裂かれるからである。その聖書的根拠は次である。

塚本訳 マタ 24:40-42
24:40 その時、二人の男が畑にいると、一人は(天に)連れてゆかれ、一人は(地上に)のこされる。
24:41 二人の女が臼をひいていると、一人は連れてゆかれ、一人はのこされる。
24:42 だから(たえず)目を覚ましておれ。あなた達は主がいつの日来られるか、知らないのだから。
 
●災害を全く自然災害と思うか、神の警告と思うか。今回の東日本大災害を全くの自然災害とのみ考える人間は小人である。人間が浅い●図書館から、宇宙の最後に関するDVDを借りてきて観た。宇宙は膨張と収縮を永遠に繰り返すものと思っていたが、最近の研究では消滅すると言うことのようだ。そうなるとますます淋しい。●このDVDによれば、地球が滅亡する前に、人類は子孫を残すために宇宙ステーションに移動してそこから次の星に向かうかもしれないと言っている。そんなことよりも地球が消滅するときは空中でキリストに出会って永遠に生きると言う信仰の方がリアリティがある。聖書的根拠は次である。

塚本訳 Ⅰテサ4:16-17
4:16 何故なら、(その時)主自ら号令と御使いの頭の声と神のラッパ(の響き)と共に天から下り給うて、キリストにおいて死んだ死人がまず復活し、
4:17 それから私達(その時まで)生き残っている者が主に会うため彼らと一緒に雲に乗って空中に奪い去られる。かくして私達はいつも主と共に居るのである。

●5月1日の聖日は福島から孫が来ているので妻は家で孫を相手に「日曜学校」。そこで当日の私の感話をリハーサルを兼ねて妻に聞いてもらった。もう少し短い方がよい。


 有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tskmo.htm

   ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 



トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


神を信ずる者の強さ ++++++++ 所感

2011/04/27 20:38

110427(水)5時起床●TSK日本語版ルカ18章●次回感話の勉強、その一部

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*「神の人類殲滅計画」

 

➀洪水によって。(ノアの大洪水) メソポタミアで大洪水紀元前4000年頃

口語訳 創  6:5-8

6:5 主は人の悪が地にはびこり、すべてその心に思いはかることが、いつも悪い事ばかりであるのを見られた。

6:6 主は地の上に人を造ったのを悔いて、心を痛め、

6:7 「わたしが創造した人を地のおもてからぬぐい去ろう。人も獣も、這うものも、空の鳥までも。わたしは、これらを造ったことを悔いる」と言われた。

6:8 しかし、ノアは主の前に恵みを得た。

 

口語訳 創  6:11-13

6:11 時に世は神の前に乱れて、暴虐が地に満ちた

6:12 神が地を見られると、それは乱れていた。すべての人が地の上でその道を乱したからである。

6:13 そこで神はノアに言われた、「わたしは、すべての人を絶やそうと決心した。彼らは地を暴虐で満たしたから、わたしは彼らを地とともに滅ぼそう

 

②硫黄と火によって。(ソドムとゴモラ)
               死海付近の一部地盤沈下紀元前1900年頃

 

口語訳 創  19:24-26

19:24 主は硫黄と火とを主の所すなわち天からソドムとゴモラの上に降らせて、

19:25 これらの町と、すべての低地と、その町々のすべての住民と、その地にはえている物を、ことごとく滅ぼされた。

19:26 しかしロトの妻はうしろを顧みたので塩の柱になった。

 

口語訳 エレ 50:40

50:40 主は言われる、神がソドムとゴモラと、その隣の町々を滅ぼされたように、そこに住む人はなく、そこに宿る人の子はない。

 

③戦争によって。(ローマによってエルサレム陥落。紀元70年)

 

塚本訳 マタ 24:1-2

24:1 イエスが宮を出て(オリブ山の方へ)歩いておられると、弟子たちが近寄ってきて、イエスに宮の(堂々たる)建築を指差した。(この宮が荒れ果てるなどとは考えられなかったのである。)

24:2 彼らに答えられた、「あれをすべてよく見ておけ。アーメン、わたしは言う、ここでそのまま重なっている石が一つもなくなるほど、くずれてしまうであろう。

 

④終末、再臨 (地球や宇宙の消滅は今後突然来る。時間の予測は不能)

 

塚本訳マタ 24:16-20

24:16 その時ユダヤ(の平地)におる者は(急いで)山に逃げよ

24:17 屋根の上におる者は、下におりて家にある物を取りだそうとするな

24:18 畑におる者は上着を取りに『(家に)もどる』な

24:19 それらの日には、身重の女と乳飲み子をもつ女とは、ああかわいそうだ!

24:20 逃げるのが冬や安息日にならないように祈れ

 

塚本訳 Ⅱペテ3:10

3:10 しかし主の日は盗人のように来るであろう。(そして)その日天は轟然(ごうぜん)たる響きと共に消え失せ、日月星辰(じつげつせいしん(は燃えて解け去り、地とその上にある(人間の)事業は燃え失せるであろう

 

口語訳 Ⅱペテ3:11-13

3:11 このように、これらはみなくずれ落ちていくものであるから、神の日の到来を熱心に待ち望んでいるあなたがたは、

3:12 極力、きよく信心深い行いをしていなければならない。その日には、天は燃えくずれ、天体は焼けうせてしまう。

3:13 しかし、わたしたちは、神の約束に従って、義の住む新しい天と新しい地とを待ち望んでいる。

 

文語訳 詩  46:10

46:10 汝らしづまりて我のたるをしれ、われはもろもろの國のうちに崇められ全地にあがめらるらるべし。

●連休中に福島の孫二人が東京に一時避難。私と妻が新幹線で送り迎えする。小さい子供を抱える親の心配は計り知れない。
●神を信ずる者は強い。
神が何とか助けて下さることを固く信じている。
たとえ死んでも有体的復活がある。次の世がある。
●放射性物質が体内に入ってもこれを排除する機能がこの肉体には備わっているという。(原子物理学者AS氏との電話懇談)。排除できない人もいるからそれは「確率」の問題。それほど人体は精巧に出来ているらしい。
●神が生かしたいと思えば体内に侵入した放射性物質は「排除」される。神を信ずるか信じないかである。いずれ人間は死ぬ。長いか短いかである。この人生ジタバタできない。次はある。有体的復活がある。

塚本訳  マタ 10:28-31
10:28 体を殺しても、魂を殺すことの出来ない者を恐れることはない。ただ、魂も体も地獄で滅ぼすことの出来るお方を恐れよ。
10:29 雀は二羽一アサリオン(三十円)で売っているではないか。しかしその一羽でも、あなた達の父上のお許しなしには地に落ちないのである。
10:30 ことにあなた達は、髪の毛までも一本一本数えられている。
10:31 だから恐れることはない。多くの雀よりもあなた達は大切である。

●メメントモリ(ラテン語諺)「死を思え」
●「常に終末の備えをせよ」というのは新約聖書
●ATM,切符、郵便局、町内会班長の仕事


 有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tskmo.htm

   ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 



 

 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


妻の登山 ++++++++ 所感

2011/04/26 20:49

110426(火)5時起床●TSK日本語版ルカ18章●8:00妻が奥多摩連山の大岳山の登山にYさんと出発。●次回の感話準備。タイトルを変更。「神が人類を滅ぼす『怒りの日』・・洪水を悔いた神、新約の源流」●各種レクイエムにが「怒りの日」という部分がある。これは終末における神の裁きという「怒りの日」のことを歌う。神は人類を滅ぼそうとされる恐ろしいお方なのだ。最初は「ノアの洪水」「続いてソドムとゴモラ」そして「エルサレム陥落」。この三つともイエスの口に登った、神が人類を殲滅しようとした歴史的事実である。今回の東日本大震災もその観点から満つのが聖書的である。神は人を滅ぼす。だから恐れなければならない。●それを嫌って、民衆守護だとか、人間は皆だとか言っているから「神を恐れる恐れ」も見失って、神と対等に口を聴けるようになっていおるから、「神にも不平を言う」存在になってしまっている。●福音は神の裁きの死刑が前提。そこにキリストの贖罪の道が平kられたのだ。神は「怒って」人類を滅ぼそうとしたが、ノアだけを残したので再び人類の血に罪が混じってしまった。その知が清められるまで、人類は3000年を待たなければならなかった。罪なき神の子キリストの登場である。その宝血で人類はようやく血液を清められたのである。●その最後の完成は終末で、人類はキリストの血潮で清められて有体的に復活するのである。●地球が滅びる時、信者は空中でキリストに会い、永久に生きつづけるのである。この希望なくして「地球が滅びる」終末の悲惨な光景には耐えられない。

resize1825.jpg 

文語訳 マタ 6:28-29
6:28 又なにゆゑ衣のことを思ひ煩ふや。野の百合は如何にして育つかを思へ、勞せず、紡がざるなり。
6:29 されど我なんぢらに告ぐ、榮華を極めたるソロモンだに、その服装この花の一つにも及かざりき。

resize1826.jpg 

このフーセン漫画の案山子、足がない。

resize1827.jpg


夕暮れの奥多摩連山。今日は妻がYさんとあの一番高い大岳山(1267m)に登ったのだ。私は体力的にもう無理だ。
妻は18:30に無事帰宅。リフレッシュしたという。

  有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tskmo.htm

   ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


脳検査異常なし ++++++++ 所感

2011/04/25 18:58

110425(月)4時45分起床●TSK日本語版18章●11:00聖路加国際病院。過日のMRI検査の診断結果、異常な詩。ホッ。村形先生●教文館で本を購入、吉野氏と懇談。同ビルの聖書図書館へ行き翻訳部の島崎氏と高橋裕子さんと懇談。地震で本棚が壊れて改修中であった。●連休中の福島の子供のことについて懇談。妻が華子に電話。

resize1822.jpg 

バベルの塔を立てた時の 目的は次の通り。(中野坂上の超高層ビル)

口語訳 創  11:4
11:4 彼らはまた言った、「さあ、町と塔とを建てて、その頂を天に届かせよう。そしてわれわれは名を上げて、全地のおもてに散るのを免れよう」。

resize1824.jpg 

あきる野に戻るとホッとする。

resize1823.jpg 

放射能の心配がなく農作業が出来るのは幸いだ。


 有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tskmo.htm

   ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 




トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


大震災における信者の役目 ++++++++ 所感

2011/04/24 07:37

110424(日)朝の黙想「大震災における信者の役目」●どうしても赦せない人を赦せ。人間は本来自己生存欲の為に自分を攻撃する人間を赦せない。逆に正当防衛で復讐する。しかしイエスは七度を七〇倍するまで赦せと言う。しかし生来の人間にはそれがとうていできない●これが出来る唯一の道は自分が神から重い罪を赦されるときである。そうすると不思議にあの憎い人を赦せている自分を発見する。●次のイエスの言葉は、人間にはできない「赦し」ができる不思議な原理を示している。●この大震災で、東北の人は東電を憎み、国のやり方を憎んでいる。そして「保障、保障」と叫んでいる。クリスチャンはそうであってはならない。●自分が何兆円もの莫大な借金を免除されたのではないか。


塚本訳マタ 18:23-34
18:23 だから天の国は、王が家来たちとの貸し借りを清算しようとするのに似ている。
18:24 清算を始めると、(王に対し)一万タラント[三百億円]の借りのある家来がつれて来られた。
18:25 返すことができないので、主人は(その家来に、)自分も妻も子も持ち物も全部売って返すように命じた。
18:26 家来はひれ伏して、しきりに願った、『しばらく待ってください。全部お返ししますから。』
18:27 そこで主人は気の毒に思って、身柄をゆるした上、借金にまで棒を引いてやった。
18:28 ところがその家来は出ていって、自分に百デナリ[五万円]を借りているひとりの同僚に出合うと、これをつかまえ、喉頚をしめて、『借りているものを返せ』と言った。
18:29 同僚はひれ伏して、『ちょっと待ってくれ。返すから』と頼んだ。
18:30 しかし承知せず、(裁判官につれて)行って、負債を返すまで牢に入れた。
18:31 その人の同僚たちはこの出来事を見て非常に悲しみ、行って、出来事の一部始終を主人に報告した。
18:32 すると主人はその家来を呼び出して言う、『不埒な家来、あなたが頼んだから、わたしはあの負債に全部、棒を引いてやったのだ。
18:33 だからあなたもわたしに情をかけてもらったように、同僚に情をかけてやるべきではなかったのか。』
18:34 そこで主人は怒って、負債を全部返すまでその男を獄吏に引き渡した、(という話。)

●6:00からN響大震災チャリティーコンサート、指揮ズービンメータ。全員が熱演であったが、特に東京オペラシンガーズ(プロの合唱団)は気合が入っていた。●聴衆の立ちあがっての拍手は10分間だったそうである。歴史的名演と思う●全員が無料奉仕に近いので力が入っていた。何事も「金目当てではない仕事」には力がある。●ズービンメータが「音楽は苦しみ悲しんでいる人に力を与える」と言ったのは至言●音楽家は音楽で、信者は信者でなければ出来ないことで世に尽くさなければならない、●10:00集会は川上、高橋トミ子(マタイ11:25-30 疲れている者は来なさい。福島原発関連報告と感想)、横田(教会史) ●10人で昼食

 有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tskmo.htm

   ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 








トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


洪水を悔いた神。新約の源流 ++++++++ 所感

2011/04/23 13:05

110423(土)TSK日本語版●次回感話の準備で聖書から感じること大きい。

塚本訳マタ 24:35
24:35 天地は消え失せる、しかし(いま言った)わたしの言葉は決して消え失せない。

●この宇宙と地球には終わりの日がある。

塚本訳マタ 24:36
24:36 ただし(人の子の来る)その日と時間とは、ただ父上のほかだれも知らない。天の使いたちも知らない。

●それは、いつの日であるかはわからない。天文学からすれば星としても終滅はいまから45億年後(地球の誕生は45億年前)。しかしこれがわからない。明日突然かもしれない。人の寿命も同じ

塚本訳マタ 24:37
24:37 人の子の来臨は、ちょうどノアの(洪水の)時のようであるから。

●東日本大震災はノアの洪水を思い出させる

塚本訳マタ 24:38-39
24:38 すなわち洪水の前のあのころ、『ノアが箱船に入った』日まで、人々は飲んだり食ったり、嫁にやったり取ったりしていて、
24:39 洪水が来て一人のこらずさらってゆくまで、それに気づかなかった。人の子の来臨もこのようである。

●今日の科学で地震の予測はP波という僅かの揺れで分かる。あの3月11日の地震の時は新幹線の16本はP派を感じて総て停止した。しかしそれはS波という大波が来るほんのわずかの時間。明日地震がが来るなどとはとても予測できない。高層ビルのエレベータはP波で瞬時に止まる。

塚本訳 マタ 24:40-41
24:40 その時、二人の男が畑にいると、一人は(天に)連れてゆかれ、一人は(地上に)のこされる。
24:41 二人の女が臼をひいていると、一人は連れてゆかれ、一人はのこされる。

●終末には親子別れ、夫婦別れ、肉親別れが生じる。信ずるものと信じない者との間には亀裂がある。円満夫婦、円満親子、円満嫁姑、円満親族、円満兄弟、必ずしも幸福の条件ではない。

塚本訳 マタ 24:44
24:44 だから、あなた達も用意していなさい。人の子(わたし)は思いがけない時に来るのだから。

●ハイデッがーは「人には等しく死が訪れることを知っているが、総ての人が、それは自分にとって遠い将来のことだと思っている」と言っている

口語訳 創  8:21-22
8:21 主はその香ばしいかおりをかいで、心に言われた、「わたしはもはや二度と人のゆえに地をのろわない。人が心に思い図ることは、幼い時から悪いからである。わたしは、このたびしたように、もう二度と、すべての生きたものを滅ぼさない。
8:22 地のある限り、種まきの時も、刈入れの時も、暑さ寒さも、夏冬も、昼も夜もやむことはないであろう」。

●神はノアの洪水をおこして、あまりにもむごいことをしたと言って悔いた。二度とこういうことはすまいと思ったのだが、ノア一人だけを遺したために再びこの世に罪がはびこるようになった。それが旧約の歴史である。人類が根本的に罪の根を断ち切られには神の子の犠牲の死が必要であった。それにはあと3000年の時が必要であった。
●そのとき神は地を呪わなくなり春夏秋冬の季節がめぐりきて人間は種まきが出来るようになる。涙なくして読めない。

口語訳 創  9:15-16
9:15 こうして、わたしは、わたしとあなたがた、及びすべて肉なるあらゆる生き物との間に立てた契約を思いおこすゆえ、水はふたたび、すべて肉なる者を滅ぼす洪水とはならない。
9:16 にじが雲の中に現れるとき、わたしはこれを見て、神が地上にあるすべて肉なるあらゆる生き物との間に立てた永遠の契約を思いおこすであろう」。

●神は二度と洪水のようなむごいことをするまいと、契約の徴に「虹」を出した。東北の人が虹を見られるのはいつのことか・・・・

口語訳 創  9:20
9:20 さてノアは農夫となり、ぶどう畑をつくり始めたが、

●神に祝福されたノアは「農夫」となったとは。幸いなるかなファーマー。 

●宗教学者の山折哲雄氏が津波の惨状を見た感想。「地獄の様とはこれか」●次回の感話の題名を変更。「天地が滅びる『怒りの日』・・・洪水を悔いた神、新約の源流」 ●節電のためにテレビの明るさを下げた。これで50ワットは節約。食卓の電球もLED球に変更して48ワット節約。これが2000万世帯になるとおそらく100万キロワット節約となる。●妻は夕方からコーラスのレッスン。ブラームス。歌うことはいいことだ。●娘の愛子から「復活節」にふさわしい嬉しい手紙。「24日はイースターです。お父さんが『空の墓』についてたくさん勉強していたことを思い出します。」。●孫娘も神を信じるようになって感謝。「母の祈り」は聴かれる。教会学校(日本基督教団)に感謝。
 

  有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tskmo.htm

   ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 




トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


[ガンバレ」ではなく「素直に忍耐する」 ++++++++ 所感

2011/04/22 08:40

110422(金)気分の悪い朝であった●今や日本全体が「がんばれ東北」の大合唱である●そこで聖書に「頑張る」と言う言葉を検索すると、これが一つもない。(口語、新改訳、新共同、文語)。一つだけ塚本訳の使徒12:15にあるが、これは「本当のことを言う」意味の頑張りであって「ガンバレ」という励ましではない。ましてや「頑張れ」という語句はこの5訳のどこにない●「頑張る」とは「我を張る」から来ていて、聖書にこの意味と似たところを求めれば、ガラテヤ書の罪のカタログにある「利己心」がこれに近い。塚本訳では「我利」

新共同 ガラ 5:20
5:20 偶像礼拝、魔術、敵意、争い、そねみ、怒り、利己心、不和、仲間争い、


塚本訳 ガラ 5:20
5:20 偶像礼拝、魔術、敵意、争い、嫉妬、激怒、我利、仲違い、党派心、

●つまり「頑張る」とか「ガンバレ」というのは聖書の精神ではない。、それは人間の欲望貫徹への励ましであって第一にあまり上品ではない。上品な人間はそういう言葉は使わない●精神の病を負った人に「頑張って」と励ますことは間違い。言われた方は「俺は頑張れない男だ」と思ってますます落ち込んでしまうからである●「頑張る」という精神に似た言葉をしいて聖書に求めれば「忍耐」である。これなら聖書に沢山ある。忍耐、忍ぶ、忍べ、の「忍」を検索すると、文語46、口語38、新改訳23、新共同24、塚本20 と実に多い。その内容は「神に負わされた苦難を素直に忍耐せよ」と言うのである。そこには人間の欲張りの匂いがない。「利己心」や「我利」の精神が見られない。自分が嫌なことでも「じっと我慢せよ」と言うことである。

代表的なところは次である。

塚本訳 マタ 5:5
5:5 ああ幸いだ、『(踏みつけられて)じっと我慢している人たち、』、『(約束の)地(なる御国)を相続する』のはその人たちだから。

塚本訳  マタ 5:39-42
5:39 しかしわたしはあなた達に言う、悪人に手向かってはならない。だれかがあなたの右の頬を打ったら、左をも向けよ
5:40 (裁判所に)訴えて下着を取ろうとする者には、上着をも取らせてやれ
5:41 だれかが無理に一ミリオン[一キロ半]行かせようとするなら、一しょに二ミリオン行ってやれ
5:42 求める者には与えよ、借りようとする者を断るな
 

●日本全体がただ人間の力にたよって「頑張ろう」としているところに日本には福音が浸透しない原因を見た。自分の義を立てようとしているからである。ユダヤ人が福音を受け入れなかった理由と同じである。この事をパウロはユダヤ人について次のように言った。

塚本訳  ロマ 10:3
10:3 すなわち、彼らは(キリストを信ずることによって義とされる)神の義(の道が開けているの)がわからず、(自分の力で律法を守って)自分の義を立てようとしたため、神の義に服従しなかったのである

塚本訳  ロマ 10:21
10:21 彼はまたイスラエル人について言っている、』(神は言われる、)「一日中、この不従順な反抗ばかりしている民に、わたしは手を伸べていた」(と。)』(だから彼らが信じないのは、頑なで自分の義を立てようとしたからであって、弁解の言葉はない。)

●山本七平の「イザヤベンダサン」を待つまでもなく、ユダヤ人と日本人は似ている。神の福音を拒否したのである。素直な素質ではない。
●今度の大震災は神に負わされた「苦」である。神に負わされた十字架である。「素直に受け入れなければならない。反省すべきことは反省し、悔い改めて、神の赦しが下りるまでじっと忍ばねばならない。●もしそれをしないで「我々人間の力で復興した。原発が収束したのは日本の技術力だ。日本人は大したものだ」などとおごっていると、またまた大地震と大津波が襲ってくるであろう。預言しておくが次は東京直下型の大地震だ。ビルは揺れには強いが地割れには弱い。そうなると超高層ビル(100メートル以上)もバタバタと倒壊するおそろしい惨状になる。。●「神の国は近づいている。終末は近づいている。悔い改めて福音を信ぜよ」●イエスの伝道の第一声は次のようであった。
 
塚本訳 マコ 1:14-15
1:14 (洗礼者)ヨハネが牢に入れられた後、イエスはガリラヤにかえり、神の福音を説いて
1:15 言われた、「時は満ちた、神の国は近づいた。悔改めて福音を信ぜよ」と。 

resize1821.jpg 

大塚公園。
自転車で通り過ぎたが、散った赤い花が我々の罪の贖いの為に流されたイエスの血に思えて引き返して撮影した。
 


 有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tskmo.htm

   ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


電気なしの生活 ++++++++ 所感

2011/04/21 09:25

110421(木)TSK日本語版ルカ●黒崎幸吉聖書註解WEB版作成の責任者O氏(在シドニー)から、イースター休暇で一週間電気のないコテージ(山小屋)に山籠りするのでコンピュータは使用しませんという御連絡を頂いた。私は過日の計画停電(一日3時間)にかなり不便を感じ、またコンピュータや音楽なしの生活は考えられない我が身のことを省みて刺激された。そこで次のような返信を書いた。・・・と言いながらまた電気を使ってメール。

メール(一部変更)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

O兄

 

一週間、電気のない生活に入られるとは、うらやましい限りです。内村鑑三も山籠りの読書生活で、「我が身が改造された」と言ったそうです。

私の知る無教会者で、それを真似てリュックに本を詰めて山籠りした人がいました。帰ってきたとき「改造された」と言っていました。

 人間の電力使用量はひところ(いつか不明)の5倍になっているそうです。

便利、能率、省力などの美名のもとには市場原理の人間だれ一人反対する人がいないことが5倍になった原因だと思います。

原発もその線上にあります。国益という哲学のもとには殆どの人が口をつぐんだのです。

 また、シドニーでも御承知の通り、日本は「頑張れ、頑張れ」「奉仕、奉仕」の大合唱ですが、「神の怒りを恐れる恐れ」という根本的な指摘がなされていません。それを言うところに信者の真の使命があると思うのですがクリスチャンが1%の異教国では仕方がありません。こういうことを言うと洪水物語の「ノア」の心境になります。今度の震災の奥に「細い静かな声」を聴く事なしに余震は止まらず、遠い将来ではなく「東京直下型」大地震が来るような気がしてなりません。

 O兄が「コンピュータによる作業は中断」ということに啓示を受けました。コンピュータも文明の利器、「コンピュータは信仰を篤くしない」と認識することが我々(三人)の自浄作用になってますます「我らの手の業」を深めてくれるものと思います。来世にはコンピュータなし。神はコンピュータよりも早く適確に情報を我々に降します。第一にコンピュータのダウンという悩みがないことが天国の魅力です。

追伸

「電気のないコテージ」とはまたすぐれた建築設計思想です。企画者が立派です。日本ではあり得ません。

 

高橋

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ メール終わり

●5月1日の感話はイエス伝を休み「天地が滅びる『怒りの日』」として終末の心得を説いたイエスの言葉、マタイ24:36-44 にすることにした。
●昨夜はJバイブルの開発者である能城一郎牧師と電話懇談
●パソコンは休ませた方が長持ちすることを聴いたのでパソコンはなるべき午前中のみとすることにしたら、すがすがしくなった。
●昨日の今井館ウィークでーの集いは、藤森いづみさんの「ヨハネ受難曲の解説」は欠席。(妻と愛子が聴講)。そのテープを聞いて勉強になった。この受難曲はヨハネ福音書の18-19章の全部を朗唱する。これを合唱団と聴衆が一体となって歌うのは素晴らしい。しかしその精神は無教会が聖書を心から朗読するのに似ていると感じた。●CDの整理。数えたら3116枚あった。●クラシック音楽のCDを図書館から借りだしてコピーすること(著作権協会に聞いたら合法)はパソコンを酷使しないために一旦中止。●今のパソコンはTSK日本語版と、黒崎幸吉詩篇註解WEB版完成まで壊れないようにしなければならない。●庭木に樹木名の名札をぶら下げた針金が幹に食い込んでいるのを直した。もう10年も経ったので木も太くなったからである。


  有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tskmo.htm

   ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 




トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


信仰告白の意義 ++++++++ 所感

2011/04/20 13:33

110420(水)5時目覚め●朝の啓示「信仰告白の意義」

口語訳 詩  19:1
19:1 もろもろの天は神の栄光をあらわし、大空はみ手のわざをしめす。

●目に見えないものが見えるものになっているものが天然の美しさ
●建築は頭の中のことを見える形にすること
●歴史の英語であるhisutory は his(神の)story(物語)
●内村鑑三が「歴史と天然を学べ」というのはその奥にある神を学べという意味である。

塚本訳 ヘブ 1:3
1:3 彼は神の栄光の放射であり、本質の像である。彼はまたその力ある言葉をもって万物を保たれる。彼は(この世に降り)、罪の潔めを成し(とげて、ふたたび)高き所にのぼり、(神の)御稜威の『右にお坐りになっている』。

●放射生物質の本質は「原子」。それは目に見えない。イエスが神の子であることは肉眼では見えない

塚本訳  ロマ 10:9
10:9 つまり、あなたは『口で』イエスを主と告白して、『心で』神がイエスを死人の中から復活させられたことを信ずれば、救われる。

●心の中のことは他人に見えないから、告白して相手に五感で分かるようにしなければならない。

塚本訳  ロマ 10:14
10:14 ところで、(呼ぶだけで救われると言うが、)信じたことのない者を、どうして呼ぶことができようか。聞いたことのない者を、どうして信ずることができようか。説く者がなくて、どうして聞くことができようか。

●告白しないと心の中のことは分からないから、これは「説く」必要がある。

塚本訳  使  8:30-32
8:30 ピリポが駈けよってゆくと、その人がイザヤ預言書を読んでいるのが聞こえたので、たずねた、「どうです、読んでおられるところが読めていますか。」
8:31 彼がこたえた、「だれかに手引をしてもらわねば、とてもわたしには読めません。」そして(車に)乗って一緒に坐ってもらいたいとピリポに頼んだ。
8:32 読んでいた聖書の文句はこれであった。『屠り場に引いてゆかれる羊のように、毛を切る者の前に黙っている小羊のように、彼は口を開かない。

●聖書の真理をは救いを経験した人から説明を受けないと信じるに到らない。証人を信じることが福音伝播の原点。ここにエクレシア(教会)の存在意義がある。また信者の証言の意義がある。

塚本訳 マタ 16:1-4
16:1 するとパリサイ人とサドカイ人とが来て、イエスを試そうとして、(神の子である証拠に)天からの(不思議な)徴を示すようにと頼んだ。
16:2 彼らに答えられた、「あなた達は夕方には『(明日は)天気だ、空が焼けているから』と言い、
16:3 また朝早く、『きょうは荒れだ、空が雲って焼けているから』と言う。あなた達は空の模様を見分けることを知っていながら、時の(せまった)徴を見分けることが出来ないのか。
16:4 この悪い、神を忘れた時代の人は、徴をほしがる。しかしこの人たちには、ヨナの徴以外の徴は与えられない。」イエスは彼らをすてて立ち去られた。

●天変地異の現象を見て、単なる自然現象と見るか、神の警告と感じるかが人生の分かれ目。東日本大震災を「神の警告」と感じる人は少ない。ここに信者の存在意義がある。「ボランテヤやガンバレ」の精神ばかりで神の警告を感じていない。神は泣いている。

塚本訳  ルカ 12:2-5
12:2 覆われているものであらわされないものはなく、隠れているもので(人に)知られないものはない。
12:3 (伝道も同じである。)だからあなた達が暗闇で(こっそり)言ったことはみな、明るみで聞かれ、奥の部屋で耳にささやいたことは、屋根の上で宣伝される(時が来る)のである。
12:4 あなた達、わたしの友人に言う、体を殺しても、そのあと、それ以上には何もできない者を恐れるな。
12:5 恐るべき者はだれか、おしえてあげよう。殺したあとで、地獄に投げ込む権力を持っておられるお方を恐れよ。ほんとうに、わたしは言う、そのお方(だけ)を恐れよ。

●東日本大震災、「奉仕や頑張れではない。神の警告なのだから。悔い改めが必要なのだ」ということが行為主義者にはわからない。神は泣いている。余震が収まらないのはここにある。●こういうことを言うといつの時代も「この世」から迫害される。しかし「恐れるな」。

  有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tskmo.htm

   ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


天地が滅びる日 ++++++++ 所感

2011/04/19 08:21

110419(火)TSK日本語版ルカ●朝の黙想「天地が滅びる日」


Psalms 102:25-27
25わたしは言いました、「わが神よ、どうか、わたしのよわいの半ばでわたしを取り去らないでください。あなたのよわいはよろず代に及びます」と。 26あなたはいにしえ、地の基をすえられました。天もまたあなたのみ手のわざです。 27これらは滅びるでしょう。しかしあなたは長らえられます。これらはみな衣のように古びるでしょう。あなたがこれらを上着のように替えられると、これらは過ぎ去ります。
Isaiah 51:6
6目をあげて天を見、また下なる地を見よ。天は煙のように消え、地は衣のようにふるび、その中に住む者は、ぶよのように死ぬ。しかし、わが救はとこしえにながらえ、わが義はくじけることがない。
Matthew 5:18
18よく言っておく。天地が滅び行くまでは、律法の一点、一画もすたることはなく、ことごとく全うされるのである。
Luke 21:33
33天地は滅びるであろう。しかしわたしの言葉は決して滅びることがない。
2 Peter 3:10
10しかし、主の日は盗人のように襲って来る。その日には、天は大音響をたてて消え去り、天体は焼けてくずれ、地とその上に造り出されたものも、みな焼きつくされるであろう。

●8:30 妻は映画観賞「留岡幸助」他 夕方から月本昭男先生の旧約講義聴講●次回5月1日の感話は「天地が滅びる日」に変更●16:30華子と原発に関して懇談●パソコン買い替えの検討。セキド、ノジマ、富士通、恵。結論は恵の言う通りにすることにした。冬に東京に来て新しい機種に変更とHP立ち上げをやるので父さんはさわるなというありがたいことを言ってくれた●それまで現在の機種が壊れないことを祈る。●パソコン延命の方法。使わない時はシャットダウンする。付けていると常にモーターが回転しているから劣化する。温めないこと。夏は冷やすか風を当てること。周囲に物を置かないこと。埃を取ること・・・・ノジマに聞いたこと●次回感話の原稿。
 

  有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    
     
TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tskmo.htm

  ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


前もって心配するな ++++++++ 所感

2011/04/18 08:27

110418(月)ある葬儀の式辞で直前にという話す原稿を無くしてしまい、非常に焦ったが、原稿なしで話したという苦しい夢で目が覚めた。●目覚めて与えられた啓示の聖句

塚本訳 マタ 10:19
10:19 人々があなた達を(裁判所や役人に)引き渡した時には、いかに、何を言おうかと心配するな。何を言うべきかは、その時に(神から)授かるのだから。

塚本訳 使  9:6
9:6 さあ起きて、町に入れ。そうすれば、せねばならぬことが告げられる。」

塚本訳 マタ 6:34
6:34 だから、あしたのことを心配するな。あしたはあしたが自分で心配する。一日の苦労はその日の分で沢山である。


塚本訳マタ 4:3-4
4:3 すると誘惑する者[悪魔]が進み寄って言った、「神の子なら、(そんなにひもじい思いをせずとも、)そこらの石ころに、パンになれと命令したらどうです。」
4:4 しかし答えられた「『パンがなくとも人は生きられる。(もしなければ、)神はそのお口から出る言葉のひとつびとつで(パンを造って、)人を生かしてくださる』と(聖書に)書いてある。」

●この聖句を理解する為には「そのとき、神は何とかしてくれる」という神への絶対信頼が必要である。
●ヒルテイは「苦難はその当座よりも、それを前もって恐れるt機の悩みの方が大きい」とどこかで言っている。
●「年金」が入らない来月はどうやって暮らそうかという心配は、その無収入の時よりも前月の心配の方が苦しい
●癌になったらどうしようと前もって心配している時の方が「癌にかかった当座」の方よりも大きい
●老年になって寝たきりになったらどうしよう。
●妻を一人残して死んだら、この家に妻は一人で生活できるだろうか
●今のパソコンが壊れたら、データの移行が不能になるが、どうしよう
●あの子供の将来はどうなるだろうか
●あの孫の健康はどうなるだろうか
●信仰なくして逝った母の霊魂はどうなるのだろう
●無教会の将来はどうなるのだろう

●これらの不安の解消に「前もって」準備したり予防すべきことは常識であるが、準備していてもどうしようもない「人智」ではどうしようもない「想定外」のことが世の中には起こる
●福島第一原子力の防波堤は7メートルであったが、津波は20メートルであった。
●東電は「想定外」の災難に遭遇した。神の摂理。神は何とか救って下さる。
●、原子力政策は国の方針で多く建設したのだ。東電に「第一義的」罪はない。「東電」は技術的失敗だけであった。それを東電が悪い、と国も国民も揃って責めるのはなぜだ。東電は日本全体の罪を負ってくれた。
●原子力保安院という国の組織があるが、その組織の責任はないのか。第一にその記者会見に出てくる男の顔が木に食わない。「責任を感じてない」話し方なのだ。 
 
●「インク革命」というインクメーカーに聞いてプリンター直る。感謝●問題はパソコン。現在の機種が今年の9月で5年経過するので、壊れないうち(今年中と予想する)には新機種にしなければならない●11:00 無教会のAS氏に放射性物質はなぜ大量に飛散するのか、放射性物質はなぜ人体に有害なのかを伺った。・・・・放射性物質は目に見えないほど小さいが埃や雨にくっつくから飛散する。原子の物質そのものでは飛ばない。その原子が体内ない入るとDNAを壊す。大したものではないものは人体の組織がはじき出すから、悪影響を受けない人もいる。・・・・大体こういうことであった。放射性物質は目に見えないので神谷信仰と同じと感じた
●今回の最大の原因は国と原子力安全委員会であって、東電はむしろその通り実行したにすぐないと言われたので溜飲を下げた。
●図書館、●次回感話「キリストは誰の子か」マタイ22:41-40の準備。タイトルを「イエスを神の子と告白する不思議」とした。


  有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

   TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tskmo.htm

  ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


東電を赦せ ++++++++ 所感

2011/04/17 07:43

110417(日)朝の啓示「暗闇でささやかれたことを屋根の上で叫べ」「体を殺しても魂を殺せないものを恐れるな」「東電を赦せ」
●この世の人間は、東電を責めて、「保障!保証!」と叫んでいる。クリスチャンと自称する人間さえも「東電事故は人災だ」と息巻いている。これではこの世の人間と同じではないか。東電はすでに「悪かった」と言っているではないか。聖書には七度を七〇倍赦せと言う。●東電の技術者も努力している。第一に今まで福島原発が供給した電力で電車に乗り電話を掛けられたではないか。人間のやることには間違いがある。失敗がある。「まさか」と言うこともある●技術者は真面目である。思わぬことが起こるものだ。建築部品は住宅でも5万点ある。釘一本がゆるんでもガタガタするのだ。●技術的失敗を見て正義を振り回して相手を「不正視」する人間は自分の汚い顔つきを見よ。実に不穏な目つきの不完全な顔である。自分の顔を直せ。自分の失敗はどれほどあったのか、自分の過去を見よ●私の付き合っている自称クリスチャンで「平和平和」と叫んでいる人間ほど心に平和を持っていないで、人を見るとすぐ批判攻撃する。平和は平和な心と赦す心から生まれる●それにしてもTVで原子力保安院の説明に毎回出てくる役人は「責任感のない顔」である。東電からの報告を受けて話しているだけである。役人はすぐ自分の地位を権威づけるための報告義務を要求し強調しているが、何も分からない人間に「報告する」のは時間の無駄なのだ。●建築技術者としての経験では顔を見ただけで「この人は責任がある話し」をする人間かどうかの見分けがつく。アノ原子力保安院の発表者には「責任感」がないから、東電の現場担当者に代わってもらいたい。●10:00集会は高木、丹野、村上。それぞれが「東日本大震災」に触れた●5月は聖日が5回あるので集会責任者のYM氏からもう一度感話を依頼された●帰途、YT氏と懇談しながら「東電を赦すべきだ」と言うと「被害者の高橋が言うから効き目があるのだ。それはクリスチャンらしい新しい切り口だ」と言われた。●妻は午後コーラスのレッスン。ブラームス。●パソコンの買い替え時期についてNTTと相談。今のマシンが生きているうちに新しいものを購入した方がデータなどの移行が楽であると進言された。困った、困った●エプソンのプリンターがインクカートリッジの個所でトラブル。困った、困った。集会の配布資料に支障をきたす。

resize1818.jpg 

何事もなかったように今年も美しく咲く桜。イエスの「野の花を見よ」の心を思う

resize1819.jpg 

庭に花が一杯。この住人は花が好きな人だ。

resize1820.jpg 

家の近くの道。日曜日の午後らしい。人影がない静かな道。東北の方々のことを思うと
申し訳ない。

 有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tskmo.htm

  ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


悩みの日にわたしを呼べ ++++++++ 所感

2011/04/16 08:25

110416(土)5時半起床●TSK日本語版ルカ●朝の黙想「悩みの日にわたしを呼べ」

口語訳 詩  50:15
50:15 悩みの日にわたしを呼べ、わたしはあなたを助け、あなたはわたしをあがめるであろう」。

関連聖句をTSKで黙想する

口語訳 ヨブ 22:27
22:27 あなたが彼に祈るならば、彼はあなたに聞かれる。そしてあなたは自分の誓いを果す。

口語訳 詩  77:2
77:2 わたしは悩みの日に主をたずね求め、夜はわが手を伸べてたゆむことなく、わが魂は慰められるのを拒む。

口語訳 詩  91:15
91:15 彼がわたしを呼ぶとき、わたしは彼に答える。わたしは彼の悩みのときに、共にいて、彼を救い、彼に光栄を与えよう。

口語訳 詩  107:6-7
107:6 彼らはその悩みのうちに主に呼ばわったので、主は彼らをその悩みから助け出し、
107:7 住むべき町に行き着くまで、まっすぐな道に導かれた。

口語訳 詩  107:19
107:19 彼らはその悩みのうちに主に呼ばわったので、主は彼らをその悩みから救い、

口語訳 詩  107:28
107:28 彼らはその悩みのうちに主に呼ばわったので、主は彼らをその悩みから救い出された。

新共同 箴  27:10
27:10 あなたの友人、父の友人を捨てるな。災いの日に、あなたの兄弟の家には行くな。近い隣人は遠い兄弟にまさる。

口語訳 ルカ 22:44
22:44 イエスは苦しみもだえて、ますます切に祈られた。そして、その汗が血のしたたりのように地に落ちた。

口語訳 ヤコ 5:13
5:13 あなたがたの中に、苦しんでいる者があるか。その人は、祈るがよい。喜んでいる者があるか。その人は、さんびするがよい。
 
●13:30 町内会総会●図書館。放射線関連●定時制高校の中退者を追うドキュメントを見る。家庭が貧しかったり、両親離婚の崩壊家庭が背景にある。総じて「生きる喜び」の喪失。神なき世の惨憺たる姿●夫婦仲が悪いと閉じこもりや不登校の原因となる●妻と懇談。ヒットラーやフセインは家庭環境が良くなかった。人間から注目されるような心理状態が独裁者への道を歩ませる●18:30組長に町内会組費集金の依頼


resize1816.jpg 

きれいな紫色の花。妻に聞くとショカッサイ(諸葛菜)だろうと言う

resize1817.jpg 

菜の花畑に~♫  何事もなったように今年もきれいに咲いている。



  有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tskmo.htm

  ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


不思議な人 ++++++++ 所感

2011/04/15 07:33

110415(金)4時起床●使用中のパソコンが壊れないうちにTSK日本語版の新約を完成させるために早起きすることにする。福音書完成はあと1335節。140日。9月2日 ちょうど現在のパソコン購入から5年目●残り黙示録までは4178節で418日14か月。2012年10月。それまでパソコンが壊れませんように●朝の黙想「不思議な人」。新約聖書には「不思議」という言葉が多い、(塚本65、口語25)。●イエスを神の子と信じられる人と有体的復活を信じられる人は「不思議な人」である。これは勉強や「がんばる」という人間の努力では到達できないものである。神の祝福が降る人である。この祝福を頂ければ、人生長くなくてもよい。●神の祝福が降らない人は不公平ではないか。そういう人はこの世で幸福の人である。


塚本訳 ルカ 16:25
16:25 しかしアブラハムは言った、『子よ、考えてごらん、あなたは生きていた時に善いものを貰い、ラザロは反対に悪いものを貰ったではないか。だから今ここで、彼は慰められ、あなたはもだえ苦しむのだ。

●10:20 聖路加国際病院で年一回のMRI検査。この機械は放射線は出ない。放射線が出るのはCT。●行き帰りの電車で「放射能」の勉強

resize1812.jpg 

2001年7月。脳出血を救ってくれた聖路加国際病院。あの7階に一カ月入院していた。

resize1813.jpg 

聖路加の旧チャペル。ヴォーリズの設計

●せっかく築地に行ったのでランチは握り寿司。一流の店は店員のキビキビした態度が良く、また味もすばらしい。しかもランチで850円は安かった。

resize1814.jpg 

築地の一流の寿司屋。きびきびした店員の態度も一流。ランチの850円は安かった。
 
resize1815.jpg 

妻への土産に名物のアンパンを購入


●13:00新宿武蔵野館で「大地の詩(うた)・・・留岡幸助物語・・・を観賞。力作である。北海道家庭学校を創設するまでの苦闘の物語。知人の令息(本間健太郎)が河上丈太郎役で出演。新渡戸稲造が出てくる。山室軍平、内村鑑三の名前も出てくる。。●留岡幸助は囚人の教戒師から出発して監獄の改良を志したが、犯罪者は家庭環境が悪いところに生まれることを実地で体験。人生方向転換して「家庭のような学校」を造るようになった。●幸助の妻の夏子は苦労がたたり4人の子供を残して34歳の若さで召される。小学生の長男は幸助に向かって叫ぶ「父さんはいつも偉そうなことを言っているが、母さんを殺したのは父さんだ!!」。ここでグッと来た。●キリストに専心従う時にしばしば家庭が犠牲になる。しかし天国では褒美が待っている●最後に幸助が「将来はこういう学校の必要がいらなくなる日の来ることを望む」と言ったのに考えさせられた。現実は家庭崩壊が多くなっている。それに「事業」として学校を建設するのは根本的な解決ではない●留岡幸助の生き方の感動して「事業」を起こしたり職業を選択するのは誤り。●信仰は「事業」とは異なる。無教会者は各々自分の生きる立場で留岡幸助の精神で生きるべきだと考える。ここが教会主義と無教会主義の分水嶺●家庭崩壊また神の摂理。神の受け入れ準備の愛が待っている●北海道家庭学校第5代校長の谷昌恒氏は私の遠戚。令兄は東京聖書読者会のメンバーであったが故人になられた



  有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tskmo.htm

  ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


命のことを心配するな ++++++++ 所感

2011/04/14 07:05

110314(木)朝の黙想「命のことを心配するな」●大震災、原発で日本中が心配して騒いでいる。もしイエスが日本に来たら「なぜそんなに命のことで心配するのか。信仰の小さい人たちよ」と言うに違いない。「ガンバレ日本」とは言わないはずだ。 

塚本訳 マタ 6:25
6:25 だから、わたしは言う、何を食べようかと命のことを心配したり、また何を着ようかと体のことを心配したりするな。命は食べ物以上、体は着物以上(の賜物)ではないか。(命と体とを下さった天の父上が、それ以下のものを下さらないわけはない。)


●神も復活も信じない異教人は「自分の命、肉の命」が滅びることを最も恐れる。家庭や日本が滅びることを恐れる


塚本訳 マタ 6:32
6:32 それは皆異教人のほしがるもの。あなた達の天の父上は、それが皆あなた達に必要なことをよく御承知である。 

●なぜ心配しなくてよいか。なぜ恐れなくてよいか。神が総てを知っていて下さるから。神は人間の「心配の原因」を総て御存じでいられるからである。恐れの原因を神は知っていて下さる。ここに信仰がある。この信仰がない人は飼い主のない野良犬か野良猫。何事も疑いの目を向けて恐怖に満ち満ちている。

塚本訳 マタ 10:29-30
10:29 雀は二羽一アサリオン(三十円)で売っているではないか。しかしその一羽でも、あなた達の父上のお許しなしには地に落ちないのである。
10:30 ことにあなた達は、髪の毛までも一本一本数えられている

●癌細胞の一個の率は地球人口における一人の率よりも少ない。人体は精巧にできている。癌何物ぞ。「汝は神の手の内にあるのだ。」

塚本訳 マタ 10:28
10:28 体を殺しても、魂を殺すことの出来ない者を恐れることはない。ただ、魂も体も地獄で滅ぼすことの出来るお方を恐れよ。

●私は82歳で肺癌で死ぬことになっている。それまでに悔い改めるべきことは悔い改めて来世にいけるように準備しなければならない。今回の大震災はイエスの次の言葉が日本全国に響いたのである。

塚本訳 マタ 4:17
4:17 この時から、イエスは「悔改よ、天の国は近づいた」と言って、教えを説き始められた。

塚本訳ルカ 13:4-5
13:4 またシロアムの(池の)近くの櫓が倒れて(下敷になって)死んだあの十八人は、(当時)エルサレムに住んでいた(ほかの)すべての人よりも罪人だったと思うのか。
13:5 そうではない。わたしは言う、あなた達も悔改めなければ、皆同様に滅びるであろう。

●TSK日本語版。再開。現在のコンピュータが壊れるまでに新約聖書を完成したい2012年中●新約聖書の節数積算。7958節8口語、新共同、RSV)。ギリシャ語版は7956節●16:00 山川歯科●図書館で「放射能」に関する本を2冊借りる。

有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tskmo.htm

  ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


新しいパソコン導入の検討 ++++++++ 所感

2011/04/13 19:33

110413(水)朝の黙想「敵は愛せない」●イエスは敵を愛せ、敵を赦して祈れろ言うが、事実上肉の人間はそれができない。絶対にできない。

塚本訳  マタ 5:43-48
5:43 あなた達は(昔の人がモーセから、)『隣の人を愛し、』敵を憎まねばならない、と命じられたことを聞いたであろう。
5:44 しかしわたしはあなた達に言う、敵を愛せよ。自分を迫害する者のために祈れ。
5:45 あなた達が天の父上の子であることを示すためである。父上は悪人の上にも善人の上にも日をのぼらせ、正しい人にも正しくない人にも、雨をお降らしになるのだから。
5:46 自分を愛する者を愛したからとて、なんの褒美があろう。(人でなしと言われるあの)税金取りでも同じことをするではないか。
5:47 また兄弟にだけ親しくしたからとて、なんの特別なことをしたのだろう。異教人でも同じことをするではないか。
5:48 だからあなた達は、天の父上が完全であられるように『完全になれ。』

●これが実行できつのは「神の力」を頂いた時に初めて出来る。それまではやせ我慢の実行であるかtら本物ではない。それは道徳である。キリスト教は儒教ではない。●いがみ合いをしている相手とはお互いに十字架の救いで神の霊を頂いた時に和解ができる。それまではやせ我慢の義理の和合であって本当の和解ではない。●信者はこの世から理解されずに一生が終わる。いがんでいた相手がキリストの救いに目覚めると信者の死後になって分かってもらえる。それでいいのだ、それwでいいのだ。イエスだって生きているうちには分かってもらえなかった。「弟子は師に勝らず」とイエスが言った意味は師は弟子よりも苦労するのだと言う意味だ。キリストより楽をして死のうと思ってはならない。

●現在使用しているパソコンはeマシーンでウィンドウズXP、2006.9.3の購入でそろそろ5年だから、買い変えねばならないので、各方面に意見を求めて検討。NTTは波戸場さん、ノジマPCサポートの輪島あsん、ノジマデンキの加藤雄也さん。結論として「今のものが調子よければだめになるまで継続使用すべし。ただし急にダウンするとデータ移行が出来ないので、あらかじめデータのバックアップを取っておくこと」と言うことになり、データを数本CDにバックアップして火災に遭っても大丈夫なように別棟の物置にしまった。あと02-3年は使えるように希望。そうすると年齢は70才。その時ウィンドウズ「7」を購入、その後は寿命まで2回程買い変えねばなるまい。今日はこの検討で一日潰れた。

●福島県農林水産部の発表で、三男が有機農業を営んでいる二本松市の水田は稲の作付をしてもよいということになった。しかし畑についてはこpれから調査だと言う。喜びも半分である。

resize1811.jpg 

何事もなかったかのように咲く桜


 有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tskmo.htm

  ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


福音の正客は人生がボロボロになった人 ++++++++ 所感

2011/04/12 08:26

110412(火)●一昨日の夢。、家の玄関に人生がボロボロになった人がしょんぼり座っていて顔も合わせたくないようであった。何とそれは私の親戚であった●そして今朝の啓示。「福音の正客は、人生がボロボロになった人」「終末は近い。悔い改めて福音を信ぜよ」●人生がボロボロになった人こそが神に迎えらえることは聖書に次のようにある。放蕩息子、乞食のラザロ、十字架上の強盗。これには説明がいらない。●イエスは分かりやすい話をされた。神学不要、聖書学不要、遊びのエクレシヤ不要。

放蕩息子
塚本訳 ルカ 15:11-16
15:11 また話された、「ある人に二人の息子があった。
15:12 『お父さん、財産の分け前を下さい』と弟が父に言った。父は身代を二人に分けてやった。
15:13 幾日もたたないうちに、弟は(分け前)全部をまとめて(金にかえ、)遠い国に行き、そこで放蕩に財産をまき散らした。
15:14 すべてを使いはたしたとき、その国にひどい飢饉があって、食べるにも困り果てた。
15:15 そこでその国のある人のところに行ってすがりつくと、畑にやって、豚を飼わせた。
15:16 彼はせめて豚の食う蝗豆で腹をふくらしたいと思ったが、(それすら)呉れようとする人はなかった。

乞食のラザロ
塚本訳 ルカ 16:19-22
16:19 (つぎに、利巧な番頭と反対に、神の国の準備をしなかった人の話を聞け。)一人の金持があった。紫(の上着)と細糸の亜麻布(の下着)を着て、毎日華やかに楽しく暮していた。
16:20 またその金持の門の前に、ラザロという出来物だらけの乞食がねていた。
16:21 せめて金持の食卓から落ちる物で満腹できたらと思った。それどころか、犬まで来て出来物をねぶっていた。
16:22 やがて乞食は死んで、天使たちからアブラハムの懐につれて行かれ、金持も死んで葬られた。

十字架上の強盗
塚本訳 ルカ 23:39-43
23:39 磔にされている罪人の一人がイエスを冒涜した、「お前は救世主じゃないか。自分とおれ達を救ってみろ。」
23:40 するともう一人の者が彼をたしなめて言った、「貴様は(このお方と)同じ(恐ろしい)罰を受けていながら、それでも(まだ)神様がこわくないのか。
23:41 おれ達は自分でしたことの報いを受けるのだから当り前だが、このお方は何一つ、道にはずれたことをなさらなかったのだ。」
23:42 それから(イエスに)言った、「イエス様、こんどあなたのお国と共にお出でになる時には、どうかわたしのことを思い出してください。
23:43 「イエスが言われた、「アーメン、わたしは言う、(その時を待たずとも、)あなたはきょう、わたしと一しょに極楽にはいることができる。」

●「終末は近い、悔い改めて福音を信ぜよ」
8時8分。関東地方に震度3~5の地震。地震は東北から次第に南下している。日本全体が振るわれている。東京直下型大地震は近い。東京には超高層ビルが1000棟もある。どうなるのか。
●福島の原発事故はチェルノブイリ並みの被害レベル「7」となったと報道。スリーマイル島は米国、チェルノブイリは旧ソ連、そして今回はGDB世界3位の日本。いずれもトップレベルの国。神は日本全体に「悔い改めを迫っている」のだ。日本人全体が悔い改めない限り、福島原発の放射能放出はとまらない。それなくして人間がいくら人間的に努力しても地震は止まらず、放射能の放出はとまらない。●キリスト教界は奉仕や援助も結構だが、この「罪の悔い改め」という根源的な事を叫ばなければならない。クリスチャンとしてやることをやらないで、異教人の誰もがやるようなことの尻馬に乗って行動してはならない。

●次回感話(5月1日)の構想。
テキストは「キリストはだれの子か」(マタイ22:41-46)
感話
この難解な部分をどう解釈するか
イエスの問いは誘導尋問
イエスが尊厳意識を持っていたと分かるのは聖霊の働き
荒井献先生の見解とそれに対する高橋の反論、
有体的復活観に対する荒井献先生との一致
尊厳意識はその「言葉と業」で現れた
マタイの編集方針はイエスの「言葉と業」に注目した
イエスの「言葉と業」に驚いた民衆。この驚きの事実は歴史的に確実
イエスに接しても驚く人と驚かない人に分かれた
信仰告白の不思議
イエスを神の子と告白する幸いな人。神の祝福に満たされた人
人生は短くても、その告白さえできれば成功の人生
失敗でボロボロの人生こそ「イエスは神の子」と告白しやすい 

●原発被害で苦労している三男の恵と電話懇談。昨夜のTVで私が聴いた朗報。「放射能のうち問題のセシウムは2年目からは作物が吸い上げない」ということを話したら、恵は先刻勉強済み。恵の家ではTVを見ない主義●妻は歯が欠けたので昨日歯医者。私は痛むので今日歯医者。年を重ねると医者への出費が多い。●TVで名曲探偵アマデウスを妻と観る。ラヴェルのボレロ。クライマックスはトロンボーンの高音域での難しい演奏であることを初めて知った。なんでもなく聴いていたこの曲にも裏話があった。●建築設計また同じ。なんでもなく住んでおられるが、建物が完成するまでには涙の裏話が沢山ある。それを知らないで出来あがったものに対してあちこち不平不満をいう人間は最低の人間。大抵は創造の苦労を知らない二代目。「糞食らえ」。 
●これ人間関係の総てに同じ。「あの人早く死なないかな―」「どこかに消えてくれないかな―」と思うような憎くて嫌な人でも「あの人、こんな私とよく付き合ってくれるな―」と思えば相手を裁けない(自戒)
●私達の結婚の司式をしてくださった故藤林益三先生は式辞でこう言われた。「伴侶の寝顔を見て、夫は『この女性はよく私のところにきてくれたなー』と思い、妻は『この男性はよく私のようなものを受け入れて下さった』と思いなさい」と。 そして誓約の段になって「間違いを犯してはいけない。いいな」と真剣な顔で私の目をじっと見られた。とても怖い顔であった。その日から42年経った。 

resize1810.jpg 

何事もなかったかのように今年も咲くタンポポ。イエスは野の花を見よと言った。


 有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tskmo.htm

  ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/



トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


仮設住宅の建設を急げ ++++++++ 所感

2011/04/11 10:16

110411(月)役所仕事の遅さには怒り心頭である。●仮設住宅の需要は6万戸、その建設期間は5か月というのだから国土交通省のノロマな態度にはまいった。いろいろな理由を並べて保身術の連中が会議しているからこうなる。もし戦争する精神なら1カ月で造れと言うことにもなろう●避難所生活も1カ月が限度だろう。長期化すると病人が多く出始める●それからせっかくの義援金が配分の方法が決まらないなどと言うこれまた保身術の役人連中の役所仕事の精神のために、全然被災者に届いていない。義援金はスピードが必要なのだ。●「急いでやらない罪」というものがあってもよい。大罪悪である●農家と漁業者への補償も速やかに行うべきだ。計算の仕方や配分の方法で公平でなければならないと言って先延ばしする「お役所仕事」は目に見えている。役人達の自分の決断に火の粉がかかってこない為の保身術が総てを遅らせている●建築現場の経験から言えばあれぐらいの連棟の仮設住宅ならば一か所一週間できるはずだ。材料などが品薄ならば代替品で真に合わせればよい。この祭、建築基準法のしばりなどははずして、供給可能な材料でよい。●役所仕事の良いところは動き出せば巨船のように波をけたてて進むが、動き出すまでが大変である。しかしここは応急が大切。超法規が大切。
 
●ゴルフ場を仮設住宅の場所にせよ
仮設住宅を造る場所がないと言う。この際、ゴルフ場をそれにあてればよい。ゴルフ場はバブル経済の時に造り過ぎたからである。当時4000万円だった会員権は今は紙くず。こういう意見は私が組織人間(マスコミや建設会社など)であったら出来ないが、自由人になったから言える。

●典型的な「役所言葉」
「直ちに人体に悪影響を与える放射線量ではない」・・・それではどうすればよいのか。脅かされるだけで指導性が読めない。
 
「自主避難地域」・・・・国民は放射線のことは分からないから動きようがない。

●人間としてのあるべき基本要件は「安心」「落ち着けるところ」。
この心理的原点は「罪の赦し」「神と人との前における心の安らぎ」。そのためにキリストによって十字架による罪の赦しの道が開かれた。

●このことをこの世の事象で表すとすれば、「住まい」「家」「枕するところ」。病気の人は「家で死にたい」「家に帰りたい」と思うのもである。この心理的原理を聖書に探れば次の2個所である。

塚本訳  ヨハ 14:2
14:2 父上のお家には、沢山住居がある。(あなた達は一人のこらず、そこに住むことが出来る。)もしそうでなかったら、『あなた達のために場所の準備に行く』と言うわけがないではないか。

●沢山住居がある。・・・・・天国の住居は6万戸以上。しかも仮設ではない。安心できる場所。 ●一人残らず・・・・この世の仮設住宅は抽選というむごいことになっている
●場所の準備・・・・家を作るのには「骨が折れる」。イエスは天の家を作るために骨を折って血を流された。事実足の骨が折られた

塚本訳 マタ 8:20
8:20 イエスはその人に言われる、「狐には穴がある、空の鳥には巣がある。しかし人の子(わたし)には枕する所がない。(その覚悟があるか。)」

●枕するところ・・・・安眠できるところ。安眠なくして健康は保てない。人間としての基本が備わらない。釜が崎でホームレスの救済に尽力されている「入佐」さんの話ではホームレスが人間として立ち直る為に最も必要なものは金でも食物でもないという。それは「住居」。住居は人間を人間とさせてくれる


 塚本訳 マタ 6:26-27
6:26 空の鳥を見てごらん。まかず、刈らず、倉にしまいこむこともしないのに、天の父上はそれを養ってくださるのである。あなた達は鳥よりも、はるかに大切ではないのだろうか。
6:27 (だいいち、)あなた達のうちのだれかが、心配して寿命を一寸でも延ばすことが出来るのか。

人間は長寿が目的ではない。放射能汚染でこの世の命が少しばかり短くなることで恐れるな。これを機会に、生きる目的、幸福とは、人生の意義、死とはなにか、死後の世界のこと、神、罪、のことなどを考えるべきである。●塚本先生は、安保騒動の時、血気盛んな青年達に向かって「民主主義がそんなに大切か!」と講壇から怒鳴られた。クリスチャンがこの世の人間の尻馬に乗って行動しようとしていたからである。(側聞)。●今度の震災でもクリスチャンは放射能汚染で命が短くなってもしょうがないではないか。それが御心ではないか。放射能で子供の生殖機能が侵されるといわれているが、神が必要と思えば何らかの方法で子孫を繁栄させる。

●シベリヤ抑留で数年間苦労された黒田隆さんから見舞いの電話。●福島でまた大きな余震。受難の福島  


 有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tskmo.htm

  ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 


 





トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


イエスを神の子と告白する特別な人 ++++++++ 所感

2011/04/10 07:04

110410(日)朝の啓示。「イエスを神の子と告白する特別な人」●イエスを神の子と告白する人は特別な人である」。これはその人に特別な霊が降ったからそういう「告白」をするのであって、研究や教養や知識や家系の伝統でもない。神からの特別のモメント(力)が働いて告白せざるをえなくなって思わず「舌」がそう告白するのである●であるからそういう人は特別なひとであるから、大切につきあわねばならない。少しぐらい人間的な欠点、破れがあっても見逃さなければならない。放蕩息子はボロを着て帰ってきたのであるから、人間的にボロでもよい。人間的に欠陥、不足、不完全でも、頂いた霊は神の子の霊である。関連聖句を思いつくまま掲げる。 


塚本訳 マタ 16:16-17
16:16 シモン・ペテロが答えて言った、「あなたは救世主、生ける神の子であります!」
16:17 するとイエスは(喜んで)ペテロに答えられた、「バルヨナ・シモン、あなたは幸いだ。これをあなたに示したのは血肉([人間]の知恵)でなく、わたしの天の父上だから。


塚本訳  Ⅰヨハ4:15
4:15 イエスが神の子であることを告白すれば、その人に神は留っておられ、その人も神に留っている。 


マタ   10: 32 [塚本訳

それだから(恐れずに説け。)だれでも人の前で(公然)わたしを(主と)告白するものを、わたしも(裁きの日に)、わたしの天の父上の前で(弟子として)認める。

マコ   8: 38 [塚本訳

(わたしを信ずると言いながら、)神を忘れた、罪のこの時代において、わたしとわたしの福音(を告白すること)とを恥じる者があれば、人の子(わたし)も、父上の栄光に包まれ、聖なる天使たちを引き連れて(ふたたび地上に)来る時、その(臆病)者を(弟子と認めることを)恥じるであろう。」

ルカ   9: 26 [塚本訳

(わたしを信ずると言いながら、)わたしとわたしの福音(を告白すること)とを恥じる者があれば、人の子(わたし)も、自分と父上と聖なる天使たちとの栄光に包まれて(ふたたび地上に)来る時、そんな(臆病)者を(弟子と認めることを)恥じるであろう。

ルカ   12: 8 [塚本訳

それで、わたしは言う、(恐れずに説け。)だれでも人の前で公然わたしを(主と)告白する者を、人の子(わたし)も(裁きの日に、)神の使たちの前で(弟子として)認める。

ヨハ   12: 42 [塚本訳

とは言え、(最高法院の)役人たちのうちにも、彼を信じた者が多かった。ただパリサイ人をはばかって、(公然)それを告白しなかった。礼拝堂追放にされるのをおそれたのである。

ロマ   10: 9 [塚本訳

つまり、あなたは『口で』イエスを主と告白して、『心で』神がイエスを死人の中から復活させられたことを信ずれば、救われる。

ロマ   10: 10 [塚本訳

『心で信じて義とされ、口で告白して救われるからである。──(こうわたし達は説いているのである。)

エペ   5: 26 [塚本訳

キリストは洗礼の水浴びにより、(その際述べられる告白の)言葉をもって、教会を潔めて聖なるものとなし、

ピリ   2: 11 [塚本訳

凡ての舌が』「イエス・キリストは主なり」と『告白して』父なる『神に』、栄光を帰せんためである。

Ⅰテモ  2: 10 [塚本訳

神信心を告白する婦人に似つかわしい立派な業をもって身を飾ってもらいたい。

Ⅰテモ  6: 12 [塚本訳

信仰の善い戦いを戦い、永遠の生命を捉えよ。君はこの生命に召されて、多くの証人達の前で(信仰の)よき告白をしたのである。

ヘブ   3: 1 [塚本訳

それゆえ、聖なる兄弟たちよ、天の選択にあずかった者よ、わたし達が告白する使徒また大祭司(である)イエスに心を向けよ。

Ⅱヨハ  1: 7 [塚本訳

というのは、イエス・キリストが肉体で来られたことを告白しない誘惑者が、多く(この)世に出てきたのである。これが誘惑者であり、また(最後の日に現われるかの)反キリストである。

黙    3: 5 [塚本訳

(しかし)勝利者は(誰でも皆、)このように白い着物を着せられるであろう。そして私はその名を決して生命の書から消さず、また、私の父の前とその御使い達の前でその名を告白するであろう。

●集会は長島、大山、山本●13:50 町内会班長会議 ●妻は集会の婦人会(すずめの会)
●あきる野市内の桜を見る。●夜、宮澤賢治(アーカイブズ)。賢治と音楽の話し。
 
 
resize1805.jpg 

都立秋留台公園。満開の桜を見に多くの人。

resize1806.jpg 

普門禅寺のしだれ桜

resize1807.jpg 
普門禅寺本堂の前のしだれ桜

resize1808.jpg 

撮影を頼んだ人の御夫人が、この位置がいいですよと言ってくれた。 


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


アリアードネの糸 ++++++++ 所感

2011/04/09 09:41

110408(土)医者の薬を飲んだので楽になった。買い薬は弱い。●UT氏から放射能汚染に関する貴重なデータが送られて来たので、原発事故の渦中福島にいる三男夫妻に「転送」した。そして私のコメントを次のように添えた。

放射能汚染予測データ送信に付したコメント
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
恵君
華子さん

(福島の地から)逃げるか、進むか、留まるか、苦慮するところでしょうが、神は最善の道を備えて下さいます。その道は人間には分かりません。「御心のままに、御心のままに」と祈りましょう。私は高校生の時にヒルティの「眠られぬ夜のために第一巻」3月3日に出てくる「アリア-ドネの糸」(その糸をたぐっていけば出口にでられるというギリシャ神話)の説明に感銘しました。ヒルティはその糸のことを「神の導き、神の啓導」と言うのです。わたしはこの糸にしっかりつかまって歩く事を人生の指針と決めました。人間は先のことは全くわからないものです。隠されているのです。そんな時にはいくら大脳皮質で考えても「決断」には到らないものです。せいぜい五分五分とか七三などという「人間的かつ数量的判断」にたよるものです。これに反して神に身をゆだねる場合は「思わぬ道」が開けるのです。ヒルティはそのことを別のところで「開かれた門を通って安らかに行く」と言っています。今日的に言えば自動ドアーのように目の前がスッと開かれるということでしょう。その道に歩む者にとってやってはいけないのはこの世の欲に絡まれてロトのように後ろを振り返ることです。


新共同 創  19:24-26

19:24 主はソドムとゴモラの上に天から、主のもとから硫黄の火を降らせ、

19:25 これらの町と低地一帯を、町の全住民、地の草木もろとも滅ぼした。

19:26 ロトの妻は後ろを振り向いたので、塩の柱になった。


人生で道を選択する時ほど脳漿をしぼりだす苦しみはありません。そのとき人間は迷います。職業の選択、職場の選択、結婚相手の選択などです。しかし人間的な欲を捨てれば「神は最善を備えて下さる」のです。妻もこの考えが好きです。パスカルは「職業、職場の選択は人間にとって一番重要なことであるが、大抵の場合それは偶然によって決まる」と言っています。恵君一家の上に神の祝福導きが豊かにありますように祈ります。大丈夫、大丈夫。

高橋照男

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
放射能汚染予測データ送信に付したコメント 終わり
 
●「イエスの尊厳意識」
イエスには神の子の自覚という、いわゆる「尊厳意識」はあったのか。この問題に関して「学会の趨勢」では「尊厳意識はなかった」という結論になっているらしい。塚本虎二著作集第一巻月報」。荒井献、イエスのいわゆる「尊厳意識」(1979年)。●これは正統信仰を継承している塚本グループには爆弾の投入であった。●これに関して学者ではなく「学会の趨勢」なるものを知らない一信者の私が「信仰があればイエスに神の子の自覚があったと見える」と反論した。「内村鑑三、塚本虎二、そして現代」・・・イエスの尊厳意識をめぐって・・・(「内村鑑三研究」1991年第28号)●その後荒井先生とは「空の墓」は歴史の内か外かをめぐって「歴史内のこと」ということで有体的復活の信仰が一致した。次回の感話(5月1日)にはこの事をめぐって話したい。そもそも聖書というのはイエスには神の子の自覚ありという信仰をもった人々の間できたものであるから、コトは面倒なのである。だからイエスの言葉は歴史的信憑性が疑われるというわけにはいかない。
 
●イエスに「尊厳意識」があったと思われる「言葉」。 

塚本訳 マタ 22:44-45
22:44 『(神なる)主はわが主(救世主)に仰せられた、『わたしの右に坐りなさい、わたしがあなたの敵を(征服して)あなたの足の下に置くまで』と。』
22:45 だから、ダビデが(このように)救世主を主と呼んでいる以上、どういう訳で(その救世主が)ダビデの子であろうか。」 

塚本訳 マタ 12:42
12:42 また、南の国(シバ)の女王がこの時代の人と一しょに(最後の)裁きの(法廷に)あらわれて、この人たちの罪が決まるであろう。というのは、彼女は地の果てからソロモン(王)の知恵を聞きに(エルサレムに)来たが、(この人たちは、)いまここにソロモンよりも大きい者がいる(のに、それに耳を傾けない)からである。


塚本訳マタ 26:63-65
26:63 しかしイエスは黙っておられた。大祭司が言った、「生ける神に誓ってわれわれにこたえよ。お前が、神の子救世主か。」
26:64 イエスは(はじめて口を開いて)彼に言われる、「(そう言われるなら)御意見にまかせる。だが、わたしは言う、あなた方は今後『人の子(わたし)が』『大能の(神の)右に坐り、』『天の雲に乗って来るのを』見るであろう。」
26:65 そこで大祭司は自分の上着を引き裂いて言った、「冒涜だ!これ以上、なんで証人の必要があろう。諸君は今ここに(おのれを神の子とする許しがたい)冒涜を聞かれた

塚本訳 ヨハ 8:57-58
8:57 するとユダヤ人がイエスに言った、「君はまだ五十にもならないのに、アブラハムに会ったのか。」
8:58 イエスは言われた、「アーメン、アーメン、わたしは言う、アブラハムが生まれる前から、わたしはいたのだ。

●妻は夕方からコーラスの練習。お互いに残り少ない人生だ。妻には好きな事をやってもらおう。●嫁から非常によいメールがきた。夫は妻次第、妻は夫次第。「妻の顔は夫の成績表」という本がある。




 有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tskmo.htm

  ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 










トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


「死にたい」。一緒にいてくれ ++++++++ 所感

2011/04/08 08:27

110408(金)昨夜は東京でもひどい揺れ。熟睡していたが目が覚めた。宮城県は震度6。まだ続くのか●人間、極度の悲しみの時には誰かが傍にいてくれると楽である。悲しみを共有してくれる人の存在の有り難さである。神の子イエスもゲッセマネの苦しみの時には弟子に「一緒に目を覚ましていていてくれ」と言った。

塚本訳  マタ 26:37-39
26:37 そしてペテロとゼベダイの子二人(だけ)を連れて(奥の方へ)ゆかれると、(急に)悲しみおののき始められた。
26:38 それから彼らに言われる、「『心がめいって』『死にたいくらいだ。』ここをはなれずに、わたしと一しょに目を覚ましていてくれ。」
26:39 そしてなお少し(奥に)進んでいって、俯けに倒れ、祈って言われた、「お父様、出来ることなら、どうかこの杯がわたしの前を通りすぎますように。しかし、わたしの願いどおりでなく、お心のとおりになればよいのです。」

●高校のクラスメートのIS君は私のブログを見て息子が被災したことを知り級友に知らせてくれた。これなども悲しみを共有してくれるありがたさである。その返礼を次のように書いて「全員へ返信」ボタンで級友の多数にも送った。

見舞いメールに対する返礼。一部氏名はイニシャルにした

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ IS君

お見舞メールありがとうございます。

三男の恵は福島原発から60キロ地点の二本松市で有機農業(儲からない)を営んでいます。二人の子供(小2と幼稚園)がいるので、初めの爆発直後の16日に福島を脱出、11時間かけて東京の拙宅に来て避難していました。しかし、「父さんは職場を3回変えたが職業(建築士)は変えなかった。だから俺も農業を捨てない。種を蒔かねばならない」。と言って家族を連れて先月末に福島に帰って行きました。走り去る車を見ながら、見えない敵に向かっていく出征兵士を見送る気持でした。折悪しく本日(4月7日)のニュースで二本松市は非常に汚染の高い地域で農耕延期命令がでました。かねてより儲からない有機農業をやっている息子の家庭経済を心配していた私でしたが、ある時「父さん。俺は貧乏だとは思っていないよ」と言われて一本参りました。しかしその子供(私の孫)は「お父さん。今日のおかずも白菜なの?」と言ったことがあるそうです。息子の家庭経済が今後どうなるのか非常に心配です。福島のものというと自動車も敬遠されるそうです。風評被害です。岩手県在住であった宮澤賢治の「雨ニモマケズ」の詩は有名ですが、賢治は今回と同程度の大地震と大津波を経験しています(4月4日朝日)その悲惨な経験がこの詩の背景にあるのだと思います。SK君のご令息、また宮城県のW君の無事を祈ります。本日、故IN先生の奥様のJさんと電話懇談しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

見舞いメールに対する返礼 終わり


●地震直後から肉親関係者や親しい方々(計12名)に「地震関連消息情報」を発信している。これも悲しみや心配ごとの共有をしていいただこうという意図からである。昨日は次のように書いた。

地震関連消息情報 110407
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

各位

 

地震関連消息情報 110407

 

先月末に恵の一家は福島に戻りましたが、今日華子から連絡がありました。「本日(7日)恵の住む二本松市は原発より20~30キロの屋内避難区域圏外(約60キロ地点)ですが、放射能汚染が強く、恵の畑の約半分が耕作禁止(延期)地域に該当するようで恵はひどく落ち込んでいる」というのです。心配です。

農業者に耕作禁止(延期)命令とは生活の道を断たれたも同然で気の毒です。また華子は見時(小2)と風人(5歳)のことを非常に心配しています。学校は始まったそうです。

原発の事故が収束し、恵の農作業が再開できるようになることを祈ります。皆様どうか御加祈下さい。

 

高橋照男

197-0828 東京都あきる野市秋留4-10-11

電話&FAX 042-558-9361 携帯 090-2443-9916

電子メール ej2t-tkhs@asahi-net.or.jp

ホームページ http://www.asahi-net.or.jp/~ej2t-tkhs/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
地震関連消息情報 110407 終わり 

 
●被爆地福島にいるファーマーである三男の恵の妻(華子)への激励メール。その一  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
華子様
 

昨夜は熟睡中でしたが目が覚めました。神はいつまで「手を緩めない」のでしょうか。「私の力を知れ」という警告ではないでしょか。

昨日のブログに「神を恐れる恐れ」が日本人に気がつかせることがこの災害の目的でではないのかという意味のことを書きました。

私のブログを見た高校のクラスメートが「息子の被災」を多く級友に知らせてくれましたのでその返礼を書きましたので本日ブログにアップします。

極度の悲しみの時は一緒に共にいてくれる人の存在が助けになります。イエスもゲッセマネの祈りの時に弟子に次のように言いました。

 

塚本訳マタ 26:37-39

26:37 そしてペテロとゼベダイの子二人(だけ)を連れて(奥の方へ)ゆかれると、(急に)悲しみおののき始められた。

26:38 それから彼らに言われる、「『心がめいって』『死にたいくらいだ。』ここをはなれずに、わたしと一しょに目を覚ましていてくれ。」

26:39 そしてなお少し(奥に)進んでいって、俯けに倒れ、祈って言われた、「お父様、出来ることなら、どうかこの杯がわたしの前を通りすぎますように。しかし、わたしの願いどおりでなく、お心のとおりになればよいのです。」

高橋照男

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●被爆地福島にいるファーマー三男の恵の妻(華子)への激励メール。その一  おわり


●被爆地福島にいるファーマー三男の恵の妻(華子)への激励メール。そのニ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

華子さん

 

苦難の時は聖書の言葉が浮かびますね。

(華子さんは)黙示録が頭を過(よぎ)ったとありますが、私はマタイ241544の「終末預言」を連想します。その一部です。

 

塚本訳 マタ 24:21

24:21 その時、『世の始めから今日までになかった、』また(これからも)決してない『ような、』大きな『苦難が』臨むのだから。

 

今回の大地震と大津波は終末の日の悲惨さの「予形」ではないでしょうか。

こういう時に信者は「神は総てを御存じ」と思って信仰で歩みましょう。

悲しみの時は「音楽」が慰めになります。「悲しい時は悲しい曲を聴くべし」というのは聖路加国際病院の日野原重明先生の言葉です。

華子さんは常に恵のことを思ってくれていて感謝です。

「恵さんが落ち込んでいるので励ましてやってください」ということですが、東京のものとしては「言葉もありません」。言葉だけは空しいです。

そこでチャイコフスキーのアンダンテカンタービレなどをかけてやってみたらどうでしょうか。

かける時に「『アンタッテクタ―ビレ』てるのねー。」(笑)と言うのはどうでしょうか。この親父ギャクは以前にも言ったかと思いますが、すみません・・・・・
http://www.youtube.com/watch?v=sNCKVQ7clm4&feature=related (浅田真央が踊る)
 

私は母が死んだ悲しみの時はバッハの「二つのヴァイオリンの為の協奏曲」ニ短調第二楽章BWV1043が慰めてくれました。何度も聴きました。
http://www.youtube.com/watch?v=SZ_1QFkaWBQ&playnext=1&list=PLD8C820BD06E5B23E

 

高橋照男

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●被爆地福島にいるファーマー三男の恵の妻(華子)への激励メール。そのニ おわり

●キリストが神の子
次回感話(5月1日)のテーマは「キリストが神の子という告白」
ローマ皇帝は自らを神の子、救い主、主と呼ばせて大帝国を支配していた。これに対してキリスト教徒はイエスこそ「神の子、救い主、主」と告白した。

●主の祈りの結びの言葉
「主の祈りの結び」は「国と力と栄光とは限りなく汝のものなればなり」となっているが、これはイエスが教えられた祈りの中にはなかった。この政治的な言葉は初代教会が「主の祈り」を唱えるうちに、ローマ皇帝を意識してイエスこそ神の国の主であると言うことを表明しようとしたものである。

●この信仰告白はどこから生まれるのか。政治的対決からではなく神の霊から来る。
 
塚本訳 マタ 16:17
16:17 するとイエスは(喜んで)ペテロに答えられた、「バルヨナ・シモン、あなたは幸いだ。これをあなたに示したのは血肉([人間]の知恵)でなく、わたしの天の父上だから。


塚本訳 ルカ 10:23-24
10:23 それから特に弟子の方へ振り向いて言われた、「あなた達が(いま)見ているものを見る目は幸いである。
10:24 わたしは言う、多くの預言者と王とは、あなた達が(いま)見ているものを見たいと思ったが見られず、あなた達が(いま)聞いているものを聞きたいと思ったが、聞かれなかったのである。」


塚本訳 ガラ 1:11-12
1:11 なぜなら、あなた達に知らせる、兄弟たちよ、わたしが説いた福音は、人間的のものではない。
1:12 というのは、わたしは人からそれを受けいれたのでも、また教えられたのでもなく、イエス・キリストの啓示によったのである。


塚本訳 ガラ 1:16
1:16 異教人に福音を伝えさせるため御子をわたしに啓示する決心をされたその時、わたしはじきに血肉[人間]と相談をせず、


口語訳 イザ 54:13
54:13 あなたの子らはみな主に教をうけ、あなたの子らは大いに栄える。



塚本訳  ルカ 10:21-22
10:21 この時イエスは聖霊にみたされ、感激にあふれて言われた、「天地の主なるお父様、(神の国の秘密に関する)これらのことを(この世の)賢い人、知恵者に隠して、幼児(のような人たち)にあらわされたことを、讃美いたします。ほんとうに、お父様、そうなるのがあなたの御心でした。
10:22 (──知恵も力も、その他)一切のものが父上からわたしに任せられた。父上のほかに、子(であるわたし)が何であるかを知る者は一人もなく、また、子と、子が父上をあらわしてやる者とのほかに、父上が何であるかを知る者はない。」


塚本訳  ヨハ 6:45
6:45 預言書に、〃(最後の日に)人は皆神に教えを受けるであろう〃と書いてある。(そして神に引っ張られる者、すなわち本当に)父上に聞き、また学ぶ者は皆、わたしの所に来る。


塚本訳 ヨハ 17:6-8
17:6 わたしは、あなたがこの世から(選び出して)わたしに下さったこの人たち((弟子たち))に、あなたの名を──(あなたについての一切のことを)──知らせてやりました。彼らはもとあなたのものであったのに、わたしに下さったのです。彼らは(わたしが教えた)あなたの言葉を守りました。
17:7 今彼らは、あなたがわたしに下さったものは、(言葉も業も)何もかも皆、(人間からでなく)あなたから来たことを知りました。
17:8 すなわち、わたしは賜わりました言葉を(そのまま)彼らに伝え、彼らはそれを受けいれて、わたしがあなたのところから出てきたことを本当に知り、あなたがわたしを遣わされたことを信じたのであります。


塚本訳 Ⅰコリ2:9-12
2:9 しかし(聖書に)書いてあるとおり(に実現したの)である。『目も見ず耳も聞かず』、人の『心に起こらなかった』もの、『これを神は御自分を愛する者たちのために』用意された。
2:10 しかしわたし達には、神が御霊によって(すべてを)あらわしてくださった。(わたし達に住ませてくださる)その御霊は、すべてのことを、神の(御心の)深いところまでも、見抜かれるからである。
2:11 なぜなら、(たとえば)人間のことも、その人間の中にある霊のほかに、いったいだれがわかっていよう。そのように神のことも、神の霊のほかに、わかった方はいままでなかった。
2:12 しかしわたし達はこの世の霊でなく、神から来るその霊を戴いた。それは、神から恩恵として賜わったもの(の何であるか)が、わかるためである。


塚本訳  エペ 1:17-18
1:17 われらの主イエス・キリストの神、栄光の父が、知恵と黙示との霊を君達に与えて神の知識に至らせ給わんこと、
1:18 また【君達の】心の目を明らかにして、神に召され(ることによって得)た希望の何であるか、『聖徒の受くる』光栄ある(天の)『相続財産』の富の何であるか、



塚本訳  エペ 2:8
2:8 然り、君達は恩恵の故に、信仰によって救われた者である。これは君達の力によるのでなく、神の賜物である。


塚本訳  エペ 3:18-19
3:18 かくて君達が凡ての聖徒と共に神の経綸の広さ、長さ、高さ、深さの如何ばかりなるかを悟り、
3:19 また(人の)知識を越ゆるキリストの愛を知ることが出来、かくて遂に神の中に充ち満つる凡てのものをもって満たされんことを!


塚本訳  コロ 1:26-27
1:26 この神の言は世々代々隠されていた奥義であるが、今や神の聖者達に顕されたのであって、
1:27 神はこの奥義が異教人にとって如何ばかり大なる栄光の富であるかを知らせようと欲し給うたのである。そして奥義とは(取りも直さず)君達の中にい給うキリストのことであって、(これがまた)栄光の希望である。


塚本訳 Ⅰヨハ4:15
4:15 イエスが神の子であることを告白すれば、その人に神は留っておられ、その人も神に留っている。


塚本訳 Ⅰヨハ5:20
5:20 しかしわたし達は知っている、神の子が来て、(唯一の)まことの者(なる神)を知る知識力をわたし達に与えられたことを。そしてわたし達はこのまことの者の中に、(然り、)御子イエス・キリストの中に、あるのである。この方はまことの神であり、また永遠の命である。





 


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


災難を聖書的にとらえる ++++++++ 所感

2011/04/07 07:04

110407(木)朝の黙想。「災難の聖書的にとらえる」●今回の災難に関しては100人が100人の思いがあるが災難や不幸について聖書はどうい言っているか

【天罰諭」】

塚本訳マタ 10:15
10:15 アーメン、わたしは言う、(最後の)裁きの日には、あの(堕落町)ソドムやゴモラの地の方が、まだその町よりも罰が軽いであろう

●石原都知事が「天罰だ」と言ったことがかなり物議を呼んで流布しているが、一面の真理があfるからである。イエスもソドムとゴモラを堕落町と言って滅びは「罰」だと言っている 

塚本訳 マタ 22:13
22:13 王は家来たちに言った、『あの者の手足を縛って、外の真暗闇に放り出せ。そこでわめき、歯ぎしりするであろう。』

●最後の審判の時は全員が呼びだされてキリストの義の衣を着せられる。しかしそれを拒む人は永遠の闇に落とされる  
  

塚本訳 ルカ 19:44
19:44 お前と、そこにいる『お前の子供たちを地べたに叩きつけ、』お前の中に、そのまま重なっている石が一つもないようにするであろう。恩恵の時を知らなかった罰である。」

●イエスはエルサレム神殿が崩壊するのを「罰」だという。 

塚本訳 ルカ 13:4-5
13:4 またシロアムの(池の)近くの櫓が倒れて(下敷になって)死んだあの十八人は、(当時)エルサレムに住んでいた(ほかの)すべての人よりも罪人だったと思うのか
13:5 そうではない。わたしは言う、あなた達も悔改めなければ、皆同様に滅びるであろう。」

●シロアムの櫓倒壊の原因は何かはわからないが、イエスは「罪の結果」だという認識である。

【覚醒恩恵論】

口語訳 申  32:11
32:11 わしがその巣のひなを呼び起し、/その子の上に舞いかけり、/その羽をひろげて彼らをのせ、/そのつばさの上にこれを負うように、


●「わし」はその雛を故意に巣から落として子供の羽を強くする訓練をする。雛が地面に激突する寸前に自分の羽に乗せて死なないようにする。獅子は子供を谷に突き落とす。かわいい子には旅をさせよ。「一見不条理な不可解なところに神の大なる恵みの知恵が隠されていると私は信じる。神はこれを以て私達に神の愛の何であるかを教えられるのである」(塚本虎二)


口語訳 エレ 29:11
29:11 主は言われる、わたしがあなたがたに対していだいている計画はわたしが知っている。それは災を与えようというのではなく、平安を与えようとするものであり、あなたがたに将来を与え、希望を与えようとするものである

●今回の震災の時、信仰の先輩からエレミヤ29章を示された。これはそこに出ていた言葉である。


新共同 詩  23:4
23:4 死の陰の谷を行くときも/わたしは災いを恐れない。あなたがわたしと共にいてくださる。あなたの鞭、あなたの杖/それがわたしを力づける。

●神の鞭は痛い、杖も痛い。しかしそれは神が「これでもか、これでもか」と思ってのことである。私の家が全焼し三か月後に脳出血で倒れた時、集会の老婦人から「神様は高橋さんを『これでもか、これでもか』と打っておられるのですよ。』と言って下さった。 


塚本訳 Ⅱコリ7:10
7:10 なぜなら、神の御心に沿った悲しみは、(人を)救いに入れる悔いのない悔改めをもたらすけれども、この世(的)の悲しみは、(絶望と)死をもたらすからである。

●今回の大震災で道徳的に目覚めた人は救いに入るが、無神論者は絶望する。


塚本訳 ヨハ 9:1-3
9:1 イエスは通りがかりに、生まれつきの盲人を見られた。
9:2 弟子たちが尋ねた、「先生、この人が盲で生まれたのは、だれが罪を犯したからですか。この人ですか、両親ですか。」
9:3 イエスは答えられた、「この人が罪を犯したからでも、両親が罪を犯したからでもない。ただ神の御業がこの人に現われるためである。

●生まれつきの不幸にも神の思い入れがある。それは救われた後でわかる

【神の自己顕示】

口語訳 詩  46:10
46:10 「静まって、わたしこそ神であることを知れ。わたしはもろもろの国民のうちにあがめられ、全地にあがめられる」。

新共同 詩  46:11
46:11 「力を捨てよ、知れ/わたしは神。国々にあがめられ、この地であがめられる。」
口語訳 申  4:35
4:35 あなたにこの事を示したのは、主こそ神であって、ほかに神のないことを知らせるためであった。


●神なき民主主義や、平等や、人権、ヒューマニズム等を振り回して「神を恐れる恐れ」が説かれていなかったことが今回の大震災を通しての日本のキリスト教に対する「警告」である

塚本訳 ヘブ 11:7
11:7 信仰によって、ノアはまだ見ないもの[洪水]について(神の)お告げを受け、自分の家族を救うために恐れかしこんで箱船を造った。この信仰(の行い)のゆえに(残りの)世界の罪は決まり、彼は信仰による義の相続人となった。


●「神を恐れかしこめ」。これが災難の聖書的意義である。

口語訳 ヘブ 12:28
12:28 このように、わたしたちは震われない国を受けているのだから、感謝をしようではないか。そして感謝しつつ、恐れかしこみ、神に喜ばれるように、仕えていこう


●これが人間の姿勢として究極の目的である。不幸の目的はそこにある。
 
resize1804.jpg 
何事もなかったように今年も美しく咲く水仙。イエスの次の言葉を思い出した。

文語訳マタ 6:27-30
6:27 汝らの中たれか思ひ煩ひて身の長一尺を加へ得んや。
6:28 又なにゆゑ衣のことを思ひ煩ふや。野の百合は如何にして育つかを思へ、勞せず、紡がざるなり。
6:29 されど我なんぢらに告ぐ、榮華を極めたるソロモンだに、その服装この花の一つにも及かざりき。
6:30 今日ありて明日、爐に投げ入れらるる野の草をも、神はかく装ひ給へば、まして汝らをや、ああ信仰うすき者よ。


  有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tskmo.htm

  ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 





トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


キリストが神の子だと信じられる祝福の日 ++++++++ 所感

2011/04/06 18:14

110406(水)昨夜はひどく咳きこんで苦しかった。春だというのにまた気管支喘息か●8:00妻は婦人の勉強会で千駄ヶ谷。「塚本虎二著作集」。7名。15:00帰宅●町内会回覧配り●図書館で朝日新聞●小学校で同級の青木孝君から「相続と贈与これで安心」を贈られた。日本図書館協会選定図書になっている。えらいもんだ。●集会から譲り受けた「足踏みオルガン」の塗装。我が家のアンチック家具となった。●ホームページの「使徒伝承」のうちアップされていないものがあったので次の3本をアップした。パソコンは難しい。良い指導者がいないと出来ない。

霊魂の救いは終末

http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/rs.htm

実のならない木から命の木に

http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/mnk.htm

故五十嵐永吉葬儀式辞

http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/ig.htm

●次回5月1日の感話のテキストは「キリストは誰の子か」(マタイ22:41-46)なので感話のタイトルを「キリストが神の子と信じられる祝福の日」としよう。

resize1803.jpg 
あきる野市のさくら通り。何事もなかったように咲き始めた
トラックバック(1) | コメント(0) | top▲


激励メール ++++++++ 所感

2011/04/05 07:20

110405(火)5時45分起床●東電の必死の努力にもかかわらず、放射能の流出は収まらず、遂に海に放出する方針にでた。●初期段階で米国が申し出た米国の技術援助を断わった菅総理(と言われる)は失策であった。神の無条件の救いの道を拒否したユダヤ人に似ている。自分の義(功績)を立てようとする「罪の本質」が現れている●福島第一原発は人体における癌細胞に似ている。癌細胞の増殖は今のところ人智では抑えきれない。●現在、医学界の努力に関わらず、癌による死亡率は4割、間もなく5割になるという●こういう時に一番効果的なのは開き直って「人間は死ぬものだ」と思うことである。イエスもいう。

塚本訳  マタ 6:27
6:27 (だいいち、)あなた達のうちのだれかが、心配して寿命を一寸でも延ばすことが出来るのか。

●ラテン語の諺に「メメントモリ」(死を思え)という言葉がある●医学がどんなに進歩してもそれで延命できる期間は僅かである●人間いつかは死ぬ。金持ちも死ぬ。社会的に成功した人も死ぬ。●この世の命の延命を焦って計画するより、死を受容すると逆説的だが、癌の直る率は高い。●信仰のある人の方が長く生きる(ねばる)とは私の母が世話になったホスピスの医師の話し。●集会のTH先輩から電話で「今朝の朝日に宮澤賢治のことが出ている」と御連絡を頂いた。一昨日の感話で宮澤賢治の「雨ニモマケズ」の背景には賢治の遭遇した大地震と津波があると言ったからである●「自分は日経なので、図書館に言って読みます」と答えた●賢治は1896年の陸羽地震(死者約2万2千人)と賢治没時の半年前1933年には三陸沖大地震(死者約3千人)を経験している。
●2週間東京の拙宅に避難していた三男の恵は、先月末に受難の地、福島に妻子を連れて帰って行った。「父さん。僕は農業者だ。種を蒔かばならない。父さんは職場は変わったが職業(建築士)は生涯変えなかった。だから僕も農業者であることを捨てない」と言って走り去った。かねてより息子の家庭経済(有機農業は儲からないない)について親として心配していたとき、彼は私にこう言ったことがある「父さん、僕は貧乏と思ってないよ」。これには参った。その子供(私の孫)はこうも言ったことがあるという「お父さん。今日のおかずもまた白菜なの?」。しかし信仰ある一家のせいか彼の家族は「貧乏くさくない」。●金を目当てにする人生は金と縁がなくなるのは古今の鉄則。 
 

ルカ   17: 33 口語

自分の命を救おうとするものは、それを失い、それを失うものは、保つのである。

Ⅰテモ  6: 5 口語

また知性が腐って、真理にそむき、信心を利得と心得る者どもの間に、はてしのないいがみ合いが起るのである。

●三男の息子夫婦に昨日次のような激励メールを書いた


福島の地に「種を蒔きに」帰った息子とその妻への激励メール。一部改変
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
K君

Hさん

 

(前略)
人生に試練はつきものですが、今度の試練はお二人にとってかなりのものです。

Jバイブル(バイブルソフト)で関連個所を出しました。

 

口語訳 Ⅰコリ10:13

10:13 あなたがたの会った試錬で、世の常でないものはない。神は真実である。あなたがたを耐えられないような試錬に会わせることはないばかりか、試錬と同時に、それに耐えられるように、のがれる道も備えて下さるのである。

 

塚本訳 Ⅰペテ4:12-13

4:12 愛する者よ、試練のため君達に起こった烈火の苦難を(何か)異常なことが臨んだかのように(驚き)異しむな。

4:13 むしろキリストの苦難に与れば与るだけ喜べ。(最後の日)その栄光の顕るる時にも歓びに喜ぶ(ことが出来る)ためである。

 

塚本訳 ヤコ 1:2-3

1:2 わが兄弟達よ、種々な試練に遭った時には、(それを)無上の喜びと思え。

1:3 信仰の試験に及第することが忍耐を生み出すことを、君達は知っているのだから。

 

塚本訳ヤコ 1:12

1:12 『幸福なるかな』、試練に『耐える』人、(これに)及第すると、主を愛する者に約束された生命の冠が戴けるのだから。

 

口語訳 Ⅰペテ1:5-6

1:5 あなたがたは、終りの時に啓示さるべき救にあずかるために、信仰により神の御力に守られているのである。

1:6 そのことを思って、今しばらくのあいだは、さまざまな試錬で悩まねばならないかも知れないが、あなたがたは大いに喜んでいる。

 

●あなた達の歩みが神に覚えられ、平安の道に歩めますように切に祈っています。

Hさんは引っ越し続きの人生で、「引越しはもうイヤだ」とあきる野に避難している時に言われました。出来ればK一家が福島県二本松市に平穏に住み続けられるように放射能被害が速やかに終息することを祈ります。(後略)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
激励メール 終わり


●図書館に朝日の「宮澤賢治」の「雨ニモマケズ」の記事を読みに行く。記事の内容に同感だが、残念ながら道徳的精神であって、罪の悔い改めと言う就航まで到っていない●図書館であきる野市在住の高木氏に出会い懇談。氏から「足利時代は贅沢過ぎていたが、その後に武士道という質素を重んじる精神が生まれた。今回の大地震も日本が浮ついた贅沢な遊びの精神から目覚めさせられる時なのではないか。日本人は国益とか経済性という理論の前には全員が口をつぐんでしまう」という示唆に富んだ御意見を伺った。●日本人の電力消費量はある時期から比べて5倍になっているという。「便利」「能率的」「経済的」という美名のもとに全員が賛成して電力需要が増大。それが今日の参事の遠因。 ●日本の原発の多くは海岸に出来ているのは「地価が安い」「反対する人が少ない」などという市場経済の論理の集積の結果である。市場経済は最良決断の切り札ではない。そこに高尚な理念がない。今回の事故は市場原理万能主義への警告ではあるまいか。市場原理に高尚な信仰的哲学なし●午後は黒崎幸吉詩篇註解39篇の校正結果をシドニーと福島に送信した、その送り状に次のように書いた。

黒崎幸吉詩篇註解39篇の校正 送り状
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
両兄

 

詩篇校正第39篇です。

本日「海老名だより」№193 が到着、早速拝読しました。

ルター(に帰せられている言葉)の「もし明日世界が滅ぶとしても私は今日リンゴの木を植える」を思いました。

 

今回の震災と原発事故を日本人に対する神の往復ビンタの道徳的警世ととる論調は少ないのです。

これで目覚めないと次は東京直下型大地震が来ることは必至と思います。

しかし、このようなとき、信者は「今日リンゴの木を植える」ことをしなければならないと思っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
黒崎幸吉詩篇註解39篇の校正 送り状 終わり
 


  有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tskmo.htm

  ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 


 


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


明日炉に入れられる存在 ++++++++ 所感

2011/04/04 08:15

110404(月)5時15分目覚め。様々な聖句が浮かんだ。


塚本訳マタ 6:30
6:30 きょうは花咲き、あすは炉に投げ込まれる野の草でさえ、神はこんなに装ってくださるからには、ましてあなた達はなおさらのことではないか。信仰の小さい人たちよ!

東日本大震災。死者行方不明は2万人を超す。焼却炉も不足のはず。そうする自分で家族を焼かねばならないのか。埋めなければならないのか。


塚本訳  ルカ 12:28
12:28 きょうは野に花咲き、あすは炉に投げ込まれる草でさえ、神はこんなに装ってくださるからには、ましてあなた達はなおさらのことである。信仰の小さい人たちよ!

人間の肉体の最後は炉に投げ込まれるのは現実に火葬場で見ることだ。しかし神はそれまでは装って下さる

塚本訳マタ 6:34
6:34 だから、あしたのことを心配するな。あしたはあしたが自分で心配する。一日の苦労はその日の分で沢山である。

原発事故はなかなか終息しない。昨日のニュースでは数カ月はかかるという。先のことは「思いわずらえない」

塚本訳 Ⅱコリ4:7
4:7 しかしこの宝が、(貧弱な)土の器の中にある。それはその素晴らしい力が神のものであって、わたし達(土の器)から出るのではないことがわかるためである。

人間は不完全。肉体も性格も、そして家族も経歴も。過去も、それは「(貧弱な)土の器」。すぐ壊れる土器。土に帰る

口語訳 創  3:19
3:19 あなたは顔に汗してパンを食べ、ついに土に帰る、/あなたは土から取られたのだから。あなたは、ちりだから、ちりに帰る」。

人体の成分は分析すると「土」に似ているという。Hさんの御遺体を棺桶に入れる時は重かった。粘土の塊のようであった。


塚本訳 マタ 10:28
10:28 体を殺しても、魂を殺すことの出来ない者を恐れることはない。ただ、魂も体も地獄で滅ぼすことの出来るお方を恐れよ。

原発汚染で人生が短くなってもよい。人間は寿命を延ばせない。短命でも神を知って死ねば成功の人生

塚本訳 マタ 15:17-20
15:17 すべて口に入るものは、腹を通って便所に落ちる(から、人をけがさない)ことが解らないのか。
15:18 しかし口から出るものは心から出るので、そちらは人をけがす。
15:19 心から悪い考えが出るからである。人殺し、姦淫、不品行、盗み、偽証、悪口(など)。
15:20 人をけがすのこれで、洗わぬ手で食事をすることは人をけがさない。」

放射能汚染で人は汚れない。それは癌で寿命が短くなるだけ。この短命の悲しみで永遠の命に目が向けば幸いだ


口語訳 イザ 40:2
40:2 ねんごろにエルサレムに語り、これに呼ばわれ、その服役の期は終り、そのとがはすでにゆるされ、そのもろもろの罪のために二倍の刑罰を/主の手から受けた」。

東日本の方々は、日本全体の罪の犠牲。しかしこの苦しみという「服役の期」は終る時が来る。


口語訳 エレ 29:10
29:10 主はこう言われる、バビロンで七十年が満ちるならば、わたしはあなたがたを顧み、わたしの約束を果し、あなたがたをこの所に導き帰る。

福島県がもとの姿に戻るのは10年単位ではないか。すると子供の学校問題がある。

口語訳 エレ 29:4-7
29:4 「万軍の主、イスラエルの神は、すべて捕え移された者、すなわち、わたしがエルサレムから、バビロンに捕え移させた者に、こう言う、
29:5 あなたがたは家を建てて、それに住み、畑を作ってその産物を食べよ。
29:6 妻をめとって、むすこ娘を産み、また、そのむすこに嫁をめとり、娘をとつがせて、むすこ娘を産むようにせよ。その所であなたがたの数を増し、減ってはならない。
29:7 わたしがあなたがたを捕え移させたところの町の平安を求め、そのために主に祈るがよい。その町が平安であれば、あなたがたも平安を得るからである。

新しい地を求めての移住も考えられるが、原発問題は必ず終息すると睨む。学校は1-2年遅れても仕方がない。浪人したと思えばよい。
 
●町内会班長の仕事をする。今年度の新組長に挨拶がてら回覧を届ける。●町内会に入っている人は6-7割だが、巨大組織である。●福島県の原発問題でも感心するが日本人はお上の命令によく従うものだ。これだからあの戦争が出来たのだろうか。組織は組織。間違った方向に歩むとトンデモナイことになる。

●昨日の集会感話「コハガラナクテモイヽ 有体的復活は確実だ」の配布プリント全文をHP「使徒伝承」にアップした。途中なぜかうまくいかなくて困った。

http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/kwg.htm

resize1801.jpg 
なかなかよいデザインの家。庭の樹木との調和がまたすばらしい。家の形は
住む人の教養と人格が現れる

resize1802.jpg 
雉(キジ)だ!。孫が避難滞在している時に見せたった。これ以上近づくと逃げる。


 有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tskmo.htm

  ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 





トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


懐かしき日の思い出 ++++++++ 所感

2011/04/03 18:26


110403(日)5時起床、今日の感話のプリント修正。プリンタ若干トラブルで焦った。5年も酷使したからか。●集会は藤巻、小寺、高橋●私の話は 1・大地震、私の場合。2・宮澤賢治「雨ニモマケズ」について。3・「コハガラナクテモイヽ 有体的復活は確実だ 」
●私は制限時間5分オーバーで失敗。●しかし私の話しに涙がこぼれたと言って下さった方がおられたのはうれしかった●話しの途中で地震が来たが「大丈夫、大丈夫」と言った●13:00 神楽坂の「花かぐら」で浦和市立仲本小学校1~4年のクラス会。幹事は大和、青木。現役、退役、御主人を送られた方、母上を送られた方、体調のこと、認知症のこと、海外に別荘を二つ持っている人、孫のこと、地震のこと、・・・・60年前の懐かしい思い出に花が咲いて楽しい時であった。●女性二人から「てるちゃんの家は庭が芝生であってハイカラだった。お母さんは素敵であった。」と言われたが、そのことを母に報告しようにも母は7年も前に逝った。人生は速い。短い。●次回の幹事は池田、小海、石原。3年後の70歳の時にと再会を約した●終了後大和稔君の案内で神楽坂の散策。私は失敬した。

resize1798.jpg 

浦和市立仲本小学校1~4年クラス会(於・神楽坂「花かぐら」)3年ぶり。氏名は旧姓

左から小出憲治、石原由美、湧口義輝、小山千沙子、青木孝、池田国幸、大和稔、岸弘、高橋照男
座っている人。今村美和子、武藤登志子、

●妻は中野ZEROホールで和田睦夫氏の出演するコンサート。その後愛子の所に行く。




トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


コハガナクテモイヽ 有体的復活は確実だ ++++++++ 所感

2011/04/02 06:29

110402(土)5時半目覚め。朝の啓示「コハガラナクテモイヽ 有体的復活は確実だ」●宮澤賢治の「雨ニモマケズ」には次の下りがある。●「南ニ死ニサウナ人アレバ 行ってコハガラナクテモイヽトイヒ」●これは具体的にどのような慰めの言葉であったのかが長い間の疑問であった。●ある研究者は次のように言ったのだろうと言う・・・「大丈夫。○○さん。生命は巡るものです。良い心を持ち、静かに清浄な気持ちを持って旅立てば、仏様が迎えてくれますよ。良き心、そして静かに逝きなさい。もうじき私も逝くのです。その時は私を迎えに来てくれますね・・・」そしてその死に逝く人の手を取り、にっこり微笑むはずだ。この言葉は、賢治が最後に到達した生命あるいは魂というものに対する秘密の独白なのである。・・・(インターネット。「宮澤賢治2001・・・賢治が星となる瞬間」・・・佐藤)●これに対してキリスト信者の私は「違う!」と言いたい●「雨ニモマケズ」の最後は「サウイフモノニワタシハナリタイ」とあるが。この「サウイフモノ」とは誰のことか。●今日、この詩には実在のモデルがいて、それは内村鑑三の忠実な弟子で賢治と同郷の岩手県花巻在住であった斉藤宗治郎であることはほぼ定説である●それが歴史的真実であれば斉藤宗次郎は上記研究者佐藤氏の言うような仏教の輪廻転生を説くはずはない。なるほど賢治自身は仏教信者(法華経)だからそうは考えるのであろうが、ヤソ教だとして迫害された斉藤宗治郎はそうは言わなかったであろう●では何と言ったか。これは推測にすぎないがおそらく次のようにいったのであろう。これは私(高橋)だったらこう言うということでもある。

「怖がらなくてもよい。有体的復活がある。」
「証拠は?」
「キリスト教会(信者達の伝承)の伝統である」
 
●死に逝く人には難しいことは言えない。短く簡単でなければならない。●これを言って信ずるか信じないかは聞いた人の側の問題である。説く人の人格識見力量ではない .●聞いた人が信仰に到らなくても神は「最後の審判の座」で「キリストの衣」を無理にでも着せて下さる。
●明日の感話の骨子をまとめた。

4月3日感話骨子 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


コハガラナクテモイヽ 有体的復活は確実だ 

              東京聖書読者会 高橋照男 2011.4.3


  「南ニ死ニサウナ人アレバ 行ッテコハガラナクテモイヽトイヒ」         宮澤賢治(1896-1933)の「雨ニモマケズ」は死後に偶然発見された。賢治は1896年の陸羽地震と1933年には三陸沖地震を経験していて、大津波による海岸の悲惨さも知っている。

               

【怖がらなくてもいい、有体的復活は確実だ】                *怖がらなくてもいい、有体的復活は確実だ                            *証拠は?                               *空になった墓の史実と有体的復活を信ずる人達(教会)の2千年の伝統

【神は災難を通して真の平安と希望を与えてくださる】                            *地上の地震で天には振るわれない国があることを教えられる                 *家屋の喪失で霊魂は永遠の住居(すまい)に住むべきことを教えられる           *飢饉で人間には永遠の命という本当の食べ物があることを教えられる    *神は災難を通して真の平安と希望を与えてくださる      

【死の恐怖からの解放である福音】                    *人間は全生涯死の恐怖の奴隷である。肉の死の恐怖は霊魂の死の恐怖の予形     *有体的復活の信仰は、人を捨て身で生きさせる。人生は長寿が目的ではない

【イエスは復活観の間違いを指摘した。その内容は日本人にも向けられている】
*来世は地上生活の続きではなく、新生して全く違った霊の復活体になる              *来世の復活では地上の親子関係、夫婦関係、子弟関係、教派もなくなる   *復活観の間違いは「神の力」というものを知らないことが原因
                        

【「神の力」とは何か。】                          *聖書の言葉の深い意味を探るには「聖書で聖書を読む」ことが効果的          *「神の力」で「心の目」が開けられる時に有体的復活の希望が与えられる

【復活は霊魂不滅思想ではない。眠った死人の神の力による有体的復活である】     *死は眠り。肉体の死に伴い霊魂は終末の復活の時まで神の懐に隠されている
*終末(来世)において神に名前を呼ばれて霊の体で有体的に復活する

【どうしたら生きているうちに死後の有体的復活を信じられるようになるか】
*有体的復活は聖霊が教えてくれる。大脳皮質で如何に努力しても分からない    *有体的復活の信仰は空の墓の史実および使徒伝承の伝統が理性の安息となる          

【最後の日には悪人でも裁きの座において無理に義の衣を与えられる】      *善人も悪人も最後の日に裁きの座に無理に呼び出される                    *裁きの座で与えられる衣を着ない人は霊魂の死である「第二の死」となる  *有体的復活、それは希望の喜び。体を殺しても魂を殺せない者を恐れるな

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
4月3日感話骨子 おわり



 有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tskmo.htm

  ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


希望の日 ++++++++ 所感

2011/04/01 05:34

67歳9か月。平均余命15年(生命保険会社統計)、5475日、13万1400時間。この時間をすべてキリスト教使徒伝承の連鎖に捧げる。罪と死の悲しみを克服する「十字架の贖罪の福音と有体的復活の希望の喜び」を犠牲的に生きて証人となる。自分のため、親類縁者のため、気の毒な人のため。

110401(金)5時半起床、朝の啓示「希望の日」●私の希望。福島原発の放射能が収まり、汚染された土壌が清まり、福島県の農耕が可能になる日が来ること。●この「希望」は神の霊から来る。●人間、「希望」を失うと死に到る。ナチス強制収容所で生き延びた人達の共通点は、戦争が終わったら何かをしたいという「希望」を持っていたことであると言う観察をしたのは、同じ収容所にいた精神科医のフランクル。彼はそのことを戦後になって「夜と霧」で著わした。●聖書の中に「希望」を検索する(Jバイブル利用。このツールは素晴らしい。聖書自身が励ましてくれる)


ヨブ   29: 24 [口語

彼らが希望を失った時にも、/わたしは彼らにむかってほほえんだ。彼らはわたしの顔の光を除くことができなかった。

エレ   29: 11 [口語

主は言われる、わたしがあなたがたに対していだいている計画はわたしが知っている。それは災を与えようというのではなく、平安を与えようとするものであり、あなたがたに将来を与え、希望を与えようとするものである。

エレ   31: 17 [口語

あなたの将来には希望があり、あなたの子供たちは自分の国に帰ってくると/主は言われる。

使    24: 15 [口語

また、正しい者も正しくない者も、やがてよみがえるとの希望を、神を仰いでいだいているものです。この希望は、彼ら自身も持っているのです。

使    28: 20 [口語

こういうわけで、あなたがたに会って語り合いたいと願っていた。事実、わたしは、イスラエルのいだいている希望のゆえに、この鎖につながれているのである」。

ロマ   5: 2 [口語

わたしたちは、さらに彼により、いま立っているこの恵みに信仰によって導き入れられ、そして、神の栄光にあずかる希望をもって喜んでいる。

ロマ   5: 4 [口語

忍耐は錬達を生み出し、錬達は希望を生み出すことを、知っているからである。

ロマ   5: 5 [口語

そして、希望は失望に終ることはない。なぜなら、わたしたちに賜わっている聖霊によって、神の愛がわたしたちの心に注がれているからである。

Ⅰコリ  13: 13 [口語

このように、いつまでも存続するものは、信仰と希望と愛と、この三つである。このうちで最も大いなるものは、愛である。

Ⅱコリ  1: 13 [口語

わたしたちが書いていることは、あなたがたが読んで理解できないことではない。それを完全に理解してくれるように、わたしは希望する。

エペ   2: 12 [口語

またその当時は、キリストを知らず、イスラエルの国籍がなく、約束されたいろいろの契約に縁がなく、この世の中で希望もなく神もない者であった。


●かなえられる「希望」は神から来る。それに比べて人間の希望は「欲望」である。神に反する単なる生存欲である。それは皆異教人のほしがるもの」である。
 
塚本訳 マタ 6:31-34
6:31 だから、『何を食べよう』とか、『何を飲もう』とか、『何を着よう』とか言って、心配するな。
6:32 それは皆異教人のほしがるもの。あなた達の天の父上は、それが皆あなた達に必要なことをよく御承知である。
6:33 あなた達は何よりも、御国と、神に義とされることとを求めよ。そうすれば(食べ物や着物など)こんなものは皆、(求めずとも)つけたして与えられるであろう
6:34 だから、あしたのことを心配するな。あしたはあしたが自分で心配する。一日の苦労はその日の分で沢山である。

●「希望」や「祈り」は御心にかなうものだけがかなえられる。
 
塚本訳 ルカ 11:11-13
11:11 あなた達のうちのどんなお父さんでも、子が魚を求めるのに、魚の代りに蛇をやるだろうか。
11:12 また卵を求めるのに、蝎をやるだろうか。
11:13 してみると、あなた達は悪い人間でありながらも、自分の子に善い物をやることを知っている。まして天の父上が、求める者に聖霊(という善いもの)を下さらないことがあるだろうか。」

●「御心にかなうもの」とは何か。人間にはわからないからとにかく「なりふり構わず」祈ればよい。泣き叫べばよい。そうすると神の方で「御心にかなうもの」だけを与えて下さるのだ。

●生まれ故郷の福島県を捨てて他県に逃れている避難民は故郷に帰れる日が来る。聖書の事例は次の通り。(ヒルティがいたらおそらくここを引用するだろう9

口語訳 エレ 29:10-14
29:10 主はこう言われる、バビロンで七十年が満ちるならば、わたしはあなたがたを顧み、わたしの約束を果し、あなたがたをこの所に導き帰る。
29:11 主は言われる、わたしがあなたがたに対していだいている計画はわたしが知っている。それは災を与えようというのではなく、平安を与えようとするものであり、あなたがたに将来を与え、希望を与えようとするものである
29:12 その時、あなたがたはわたしに呼ばわり、来て、わたしに祈る。わたしはあなたがたの祈を聞く。
29:13 あなたがたはわたしを尋ね求めて、わたしに会う。もしあなたがたが一心にわたしを尋ね求めるならば、
29:14 わたしはあなたがたに会うと主は言われる。わたしはあなたがたの繁栄を回復し、あなたがたを万国から、すべてわたしがあなたがたを追いやった所から集め、かつ、わたしがあなたがたを捕われ離れさせたそのもとの所に、あなたがたを導き帰ろうと主は言われる。
 
●池谷医院、BK、郵便局、図書館●次回感話準備


 有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tskmo.htm

  ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 

 









トラックバック(0) | コメント(0) | top▲




| Top |
0814