to 日記と感想 2011年07月
Top | RSS | Admin

2011.06 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2011.08


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171030(月)10:00 聖路加 桑本先生
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170824(木)12:10キララホールエントランスコンサート、マリンバ
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170813(日)10:30ナザレン教会浦和教会
    170813(日)14:00比企紀和君
    170812(土)14:00お江戸こらりあーず演奏会、文京シビックホール
    170809     TW誕生日
    170809(水)17:16初音吹奏楽、府中の森芸術劇場ドリームホール
    170808(火)0930池谷医院
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170708(土)14:00在宅医療説明会(キララホール)
    170707(金)10:00池谷医院
    170706      TM誕生日
    170702(日) 集会感話
    170701      TT誕生日
    170630(金)12:20キララホールエントランスコンサート
    170628      IY誕生日
    170627(火)11:00 能城牧師来訪
    170625)日)10:10トミ子集会感話
    170625(日)14:00茅ヶ崎金子邸
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール


娘の里帰り ++++++++ 所感

2011/07/31 20:17

110731(日)5時半起床●TSK日本語版。孫達の将来の為●ヒルティは幸福論のだい3巻「孫達に幸あれで」孫の幸福を願うなら、聖書を読む人間に導けという●黒崎詩篇註解WEB判校正。●10:00集会は夏休みなので妻と二人で家庭礼拝。讃美歌二曲。「ヨナの徴」9月4日のK邸えの集まりのリハーサル。50分でまとまった。話は短い方がよい●15:30娘の愛子が孫を三人連れて里帰り。孫台風の襲来。健太郎とプロレス。噛みつきの秘策があることを知った。●愛子と教会問題を話し合う。愛子のピアノで讃美歌。子供たちは教会学校に通っている。感謝。

resize1925.jpg 

娘の愛子が里帰り。孫台風の襲来。次女の夕食の祈りはかなり長い心のこもったものであったので、思わず大声で「アーメン」と叫んだ。

有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

 

    TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tsk0603.htm

 

  ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 

 

 


スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


神の真似をせよ ++++++++ 所感

2011/07/30 07:30

110730(土)5時半起床●TSK日本語版ヨハネ。こういう聖書勉強のツール作成は孫子のため●佐々木征夫著「宗平君の選んだ学校・・愛真高校日誌」(教文館)読了。一番心に残った言葉「愛真は、答えは一つではないことを教える学校・・・・。どれが真理であるかは分からない」「ただ愛真も独立学園も、神を畏れ、悔い改める点では、完全に一致していると思います」(P266)●人間が十字架の救いに引きあわされるプロセスは多様。また救われた人がどのように生きるかも多様。しかし多様性を強調すると「ヒューマニズム的キリスト教」になる。否「キリスト教的ヒューマニズム」になる。クリスチャンとしては「一番大切なこと」を忘れてはならない。これはキリスト教を標榜する学校の方針でも同じ。次のことを忘れてはならない。

塚本訳Ⅰコリ15:3-5
15:3 まえにわたしが(福音の)一番大切な事としてあなた達に伝えたのは、わたし自身(エルサレム集会から)受けついだのであるが、キリストが聖書(の預言)どおりにわたし達の罪のために死なれたこと、
15:4 葬られたこと、聖書どおりに三日目に復活しておられること、
15:5 またケパに、それから十二人(の弟子)に、御自分を現わされたことである。

塚本訳Ⅰコリ1:17-18
1:17 救世主がわたしをお遣わしになったのは、洗礼を授けさせるためでなく、福音を説かせるためなのだから。それも、言葉の上の知恵をもって(説くの)ではない。それでは(人間の言葉の力が大きくなり)、キリストの十字架(の救い)が空虚なものになる恐れがあるからである。
1:18 なぜか。この十字架についての言葉は、滅びゆく者には馬鹿なことであるが、わたし達救われる者には、神の力(の現われ)であるから。

●パウロが「一番大切な事」ということを忘れるとキリスト教主義学校は「人格教育」「儒教教育」「社会批判、平和教育」が主となって堕落する。しかし愛真も独立学園も「神学校」ではない。ここが難しいところ。●しかしあくまでも聖書教育が中心。なぜか。聖書は「真似る」ことを奨める。●人間は神の真似をするときに、この世に真に貢献する。

ヨハ   5: 19 [塚本訳

そのとき、イエスは彼らに答えて言われた、「アーメン、アーメン、わたしは言う、子は父上のなさることを見て(それを真似るので)なければ、自分では何一つすることが出来ない。父上のなさるのと同じことを、子もまたするのだから。

エペ   5: 1 [塚本訳

(これらは要するに愛である。)だから、(既に神の愛子となった君達は)愛子らしく(愛なる)神を真似る者となれ。

ピリ   3: 17 [塚本訳

兄弟達よ、皆で私を真似る者になれ。また君達と同様私達を手本にして歩いている人達に目を留め(、その人達をも手本にせ)よ。

ヘブ   6: 12 [塚本訳

これはあなた達が怠け者とならずに、信仰と忍耐とをもって、(神の)約束(のもの、すなわちキリストによる救)を相続する人たちの真似をする者となるためである。

ヘブ   6: 13 [塚本訳

(あなた達はあのアブラハムの真似をしなければならない。)というのは、神はアブラハムに約束をされるとき、(全能の神で、ご自分より)大なる者を指して誓うことができなかったので、『御自分を指して誓い』、

●良い建物を設計するのには名建築を学ぶ必要がある。●陶工の名人や高級な反物の店に弟子入りすると初めの一年は「本物」にきり触れさせられない。すると本物と偽物との違いが分かるようになるのだという。●キリスト教の先生また同じ。「本物先生」に師事しないと信仰が曲がるか自分の霊魂の生命を失う。不幸にも「本物先生」がいなくなった場合は「聖書」そのものを「先生」にする必要がある。●某キリスト教の学生寮。「この世のことばかりを問題にして聖書を深く学んでいないからたまには聖書を学ぶようにしよう」などと言ったとか言わないとか。これでは創立者が天で泣いているだけではなく「キリスト教に泥を塗っている。●「キリスト教」が組織化すると組織の存続維持が第一の目的
となるから腐敗堕落する。これが教会主義の悪いところ。では組織がなければ堕落しないかというとそうではない。組織もなく、正統信仰もなく、有体的復活の信仰なく、聖霊もなく、あるのは自分の先生は偉かったという懐古趣味か先生の宣伝。あるいは先生の思想研究に終始しているがこれは抜け殻の研究。だから誰も救われない。これ自身が天罰の姿。
●ヨーロッパの著名な大学は神学部が核で大きくなった。それ以外の学部は「神を真似る」ということで発展していくのが正しい道において正しい。●しかしあの青山学院が神学部を廃止して久しい。あれで青山学院は「普通の大学」になった。ウェスレーが天で泣いている。一つには神学をやる人間に「人物」がいないからである。●今や日本には教派神学校ではなく「聖書のメッカ」が必要である。
 
 
resize1926.jpg 

隣地のKさんがあきる野名物のトウモロコシを下さった。大粒であった。


resize1927.jpg 

あきる野公園の百日花。百日花大好き。なぜか。百日も咲いているから。


   有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

 

    TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tsk0603.htm

 

  ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 

 


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


行き詰まり人生の息子への励まし ++++++++ 所感

2011/07/29 06:20

110729(金)5時半目覚め●放射能汚染で農業人生が行き詰った息子へメール。妻子は宮城県の小牛田に避難、息子はまずは稲の刈り入れまで福島県二本松市に留まって一人暮らし。。これはきつい。その後のことはその時点で考えるという。

息子へのメール(一部訂正加筆)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

KK様

KH様

孫の皆様

 

西多摩新聞に出たK君の記事を読んで下さったO先生から御返事を頂きましたので転送します。

K君の家のことは多くの人が祈ってくれています。神に覚えられています。きっと良い道がひらかれることを信じています。

なおO先生の奥様は癌(手術済み)+心臓病+何かもうひとつの三重の病で家事はおろか長く立っていることもできず、先生が家事をなさっています。過日その奥様と電話懇談いたしました。

人生の苦難と行き詰まりは私の経験では何か良い道が開かれる前兆です。

K君一家の家が神の導きのうちにあることを信じます。「神は総てを御存じです」。人智ではわからない「幸福」の道に導かれるでしょう。人生の行き詰まりは「人間の計画や思いの行き詰まり」であってそれは神の恵みの知恵であることが後になってわかります。神を信じて歩みましょう。私達も日夜祈っています。

 

口語訳 ピリ 4:6-7

4:6 何事も思い煩ってはならない。ただ、事ごとに、感謝をもって祈と願いとをささげ、あなたがたの求めるところを神に申し上げるがよい。

4:7 そうすれば、人知ではとうてい測り知ることのできない神の平安が、あなたがたの心と思いとを、キリスト・イエスにあって守るであろう。

 

塚本訳ピリ 4:6-7

4:6 何事についても心配せず、君達の求めは感謝を添えた祈りと願いとにより、大小となく神に知らせよ。

4:7 そうすれば全く思いもよらぬ神の平安が君達の心と考えをキリスト・イエスにおいて守るであろう。

 

新共同 ピリ 4:6-7

4:6 どんなことでも、思い煩うのはやめなさい。何事につけ、感謝を込めて祈りと願いをささげ、求めているものを神に打ち明けなさい。

4:7 そうすれば、あらゆる人知を超える神の平和が、あなたがたの心と考えとをキリスト・イエスによって守るでしょう。

 

離れて暮らす3人の上に神の特別の祝福がありますように。

 

高橋照男

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
息子へのメール(一部訂正加筆) おわり

●塚本虎二先生の「聖書知識」誌はその学問的水準の高さと信仰の深さにおいて「群を抜いていた」ことは多くの人が認めていた。毎月4000部も発行された。しかしながら先生はこの雑誌は人生の苦難に遭遇した人の涙を拭う落とし紙(つまりティッシュペーパーないしはハンカチ)にすぎないと言っておられた。現に生死の境をさまよっていた療養所の人に熱心に読まれた。先生は関東大震災で夫人を亡くし、幼い子供二人を抱えて、人生の辛酸を舐めつくした。伝道していたので収入は不安定。●またヒルティの「眠られぬ夜の為に」は人生の苦難に遭遇して眠れない夜にある人が読むようにという動機で書かれた。ヒルティには病弱な息子がいた。ヒルティの悩みの種であったのだろう。晩年に夫人にも先立たれたヒルティは言った「妻は自分の半分だったから妻に先立たれて私はもう完全ではない」と。●1980年37歳の時にスイスの首都ベルンにあるヒルティの墓に詣でた。その墓碑にはカール・ヒルテイと共に夫人のヨハンナヒルテイと息子のエドガーヒルティの名前が刻まれているのを見て、胸がつまった。美しい公園墓地で 墓の周りには小鳥やリスが来ていた。人生は瞬間だ。「苦痛は瞬時にして喜びは永遠なり」とはヒルティ幸福論最後の言葉。
   

 ヒルティの墓198006 
ヒルティの墓。 スイス ベルン 1980年6月 

●知人、千葉眞氏の玉稿がICU新聞に掲載されているのをネットで発見。御自身の御郷里が被災地であるので論調は重い。 しかし前向きの希望に満ちた格調の高い論考である。一読の価値あり。

http://www.icupress.com/article/feature/prof.chiba1_2011.html 
 



  有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

 

    TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tsk0603.htm

 

  ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 

 




トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


人はなぜ喧嘩をするのか ++++++++ 所感

2011/07/28 10:59

110728(木)5時半起床●昨夜はかっての職場で上司と喧嘩している夢を見た●TSK日本語版ヨハネ11章●「喧嘩」について聖書の個所を黙想する。


新共同 創 4:8
4:8 カインが弟アベルに言葉をかけ、二人が野原に着いたとき、カインは弟アベルを襲って殺した

●神はカイン(農耕者)の捧げものを喜ばなくて、アベル(牧羊者)の捧げものを喜んだ。なぜか。神は不公平ではないか。謎。カインは怒って弟を殺した。これ妬み。
 
新共同 創  37:3-4
37:3 イスラエルは、ヨセフが年寄り子であったので、どの息子よりもかわいがり、彼には裾の長い晴れ着を作ってやった。
37:4 兄たちは、父がどの兄弟よりもヨセフをかわいがるのを見て、ヨセフを憎み、穏やかに話すこともできなかった

新共同 創  37:11
37:11 兄たちはヨセフをねたんだが、父はこのことを心に留めた。

新共同 創  37:18-20
37:18 兄たちは、はるか遠くの方にヨセフの姿を認めると、まだ近づいて来ないうちに、ヨセフを殺してしまおうとたくらみ
37:19 相談した。「おい、向こうから例の夢見るお方がやって来る。
37:20 さあ、今だ。あれを殺して、穴の一つに投げ込もう。後は、野獣に食われたと言えばよい。あれの夢がどうなるか、見てやろう。

●親や教師は誰か一人をひいきすると周囲は必ずその人を「いじめ」る。●女子大で講義をする時には誰か一人を特別に見て講義してはいけないと注意された。特に女子はそれを敏感に感じとるからと言われた。

塚本訳 マコ 15:8-10
15:8 群衆が(官邸に)上がってきて、いつもするように(してもらいたい)と願い始めた。 15:9 ピラトは答えて言った、「あのユダヤ人の王を赦してもらいたいのか。」
15:10 ピラトは大祭司連が妬みからイエスを引き渡したことを知っていたのである。

●イエスが殺されたのは職業宗教家たちのイエスの人気に対する「妬み」が原因であった。ピラトはそれを察知した。●塚本先生もかなり妬まれた。ある一人の人から「妬み」が動機の手紙が舞い込んだ時、先生は「神学用語を使っているから、差出人は職業宗教家である」と睨んだ。●男の妬みは激しくて相手を殺さずにはおれない。

塚本訳 マタ 2:16
2:16 あとでヘロデは、博士たちに出し抜かれたことを知って非常に怒り、ベツレヘムをはじめ、その地方全体にいる男の子のうち、(前に)博士たちに確かめておいた時間で計算して、二歳以下の者を、一人のこらず殺させた

●自分の地位が危うくなると「邪魔者は殺せ」という心理になるのが人の世の常。また罪を犯した人は目撃者を消したくなる。


塚本訳 マタ 7:6
7:6 (とはいえ、正しい判断は出来ねばならない。神に供えた肉など)神聖な物を犬にやるな。また真珠を豚に投げてやるな。豚はそれを足で踏みつけ、向き直ってあなた達を噛み裂くかも知れない。

●求めていない人に、福音を押し売りすると「向き直ってあなた達を噛み裂く」●社会派クリスチャンに「あなたは終末で世界は完成することを知らないのか。有体的復活を信じてないのか」というと「向き直って噛みついてくる」のが共通現象。何かやましいことがあるのか。●クリスチャンと称してこの世の遊びに夢中の人間は信仰のみの真面目人間をうとましく思う。だから自分の行動を正当化するために「向き直って噛みついて自己弁護する」


新共同 創  2:18
2:18 主なる神は言われた。「人が独りでいるのは良くない。彼に合う助ける者を造ろう。」

新共同 創  2:24
2:24 こういうわけで、男は父母を離れて女と結ばれ、二人は一体となる。


●夫婦喧嘩は二つの人格が一体であることに原因がある。気持の情報交換がうまくいかないのである。●息子の婚約式で仲人の富永國比古先生は「夫婦喧嘩の作法」という式辞をされた。その後の茶話会では参列者から「私の場合」と言って体験談が語られて盛り上がった。●喧嘩というのは多くの場合、相手が「自分の思いどおりにならない時に起こる」。また自分の顔が潰されたときに起こる。●我慢できない時は怒鳴った方がよい。我慢しない方がよい。
 
 有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

 

    TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tsk0603.htm

 

  ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 

 



トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


喉に刺さった骨 ++++++++ 所感

2011/07/27 16:29

110727(水)5時半起床●TSK日本語版ヨハネ10章●信仰のなかた母は生前私に向かって「キリスト教は難しい。仏教のほうが分かりやすい」と言ったままついに何の信仰を持たずに逝った。母のこの正直な言葉はその時から私の「喉に刺さった骨」である。そして母が亡くなってから7年、未だにそれが抜けない。●救いは神の主権によるのだからどうしようもないと自らを慰めることいくたびか。●キリスト教の救いの難しさはイエスの次の言葉に現れている。

塚本訳 ヨハ 3:5
3:5 イエスは答えられた、「アーメン、アーメン、わたしは言う、人は霊によって生まれなければ、神の国に入ることは出来ない。

●そもそもこれが分からにくいのだ。「霊によって生まれる」とはどういうことなのか。教養のある一般の人間にはわからない。学校でも教えられなかった●これを解明するのは古今の註解書を時間をかけて読まなければなるまい。しかし頭脳でなく、「聖書で聖書を読む」方法によりその探究をしてみる。霊で読むのだ●手段は次のTSKである。


http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/bunshou/tsk.html

次に示すTSK日本語版の新約は現在鋭意作成中、あと2年程度かかる。完成するまでは死ぬわけにはいかない。

http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tsk0603.htm


この引照集でヨハネ3:5-8の引照を全部読む。そして霊に響いたものを次に掲げる。そうすると一本貫くものが見えてくる。そもそも聖書は一つの真理きり言っていないのだ。結論は復活のキリストすなわち聖霊によって清められるとき、罪の赦しを通して神が分かるのである。新約聖書を貫く真理の息吹に触れることが出来る。これを産みだした源流、初代教会の生き生きとした信者の信仰に触れる●「聖書で聖書を読む」のだから間違えることはない。 誰か一人の大先生の思想(それは人間の言葉だから時に変化する)に振り回されることはない。人間である先生の宗教思想の奴隷になることもない。

ヨハネ3:5-8 のTSKから霊に響いたものをピックアップ 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

塚本訳 テト 3:4-7
3:4 しかし我らの救い主なる神の慈愛と愛情とが顕れた時、
3:5 私達がした義の行為からでなく、(ただ)その憐憫により、再生と聖霊による革新とを齎す水浴びをもって私達を救い給うた。
3:6 神はこの聖霊を我らの救い主イエス・キリストによって豊かに私達の上に注ぎ給うたが、
3:7 これはその(キリストの)恩恵により義とされて、私達が望む永遠の生命の相続人となるためである。

塚本訳 Ⅰペテ1:2
1:2 君達は父なる神の予定に循い、御霊の聖潔によって、従順とイエス・キリストの血の潅ぎに与らんために選ばれたのである──恩恵と平安、(いよいよ)君達に豊かならんことを!

塚本訳 Ⅰペテ3:21  今やこの水の対型たる洗礼は、肉の穢れを除くことでなく、善い良心を神に祈願することであって、イエス・キリストの復活により君達をも救うのである。

塚本訳 使  2:38
2:38 ペテロがこたえた、「悔改めなさい。そしてあなた達ひとりびとり、罪を赦されるために、イエス・キリストの名において洗礼を受けなさい。そうすれば(わたし達と同じ)聖霊の賜物を戴くことができる。

塚本訳 使  3:19
3:19 だから(今すぐ)悔改めて、心を入れかえ(て主に帰り)なさい。そうすればあなた達の罪が拭い去られる。

塚本訳ロマ 14:17
14:17 神の国は(なんでも自由に)食べることや飲むことではなく、義と平安と聖霊による喜びとであるから。

塚本訳Ⅱコリ5:17-18
5:17 だから、キリストと結びついている者は、新しい創造物である。古いものは消え失せて、いまここに、新しくなってしまっている!
5:18 しかしこれらすべてのことは神から(の恩恵)である。神はキリストによってわたし達(人類)を御自分と和睦させ、わたし達(使徒)にこの和睦の(福音を伝える)役目をお与えになった。

塚本訳 ガラ 6:15
6:15 なぜなら、割礼があるのも、割礼がないのも、なんの意味もない。ただ意味があるのは、(キリストによる)新しい創造。

塚本訳 エペ 2:4-10
2:4 しかし憐憫に富み給う神は、その大なる愛によって私達を愛し、
2:5 咎によって死んでいたこの私達をもキリストと共に活かし──君達が救われたのは恩恵によるのだ──
2:6 キリスト・イエスにおいて彼と共に蘇らせ、共に天上に坐らせ給うたのであるが、
2:7 これはキリスト・イエスにおいて私達に与えられた慈愛による神の恩恵の豊富絶大なることを、来るべき代々(の人達)に示し給わんためである。
2:8 然り、君達は恩恵の故に、信仰によって救われた者である。これは君達の力によるのでなく、神の賜物である。
2:9 業によるのではない──誇る者の無からん為である!
2:10 何故なら私達は神が予め準備し給うた善い業のため、その中を歩くために、キリスト・イエスにおいて創造られた神の作品である。

塚本訳  Ⅱテサ2:13-14
2:13 しかし、『主に愛されている』兄弟達よ、私達は常に君達のために神に感謝しなければならない。というのは、神は君達を霊の聖潔と真理の信仰とによって始めから救いに選び、
2:14 私達の主イエス・キリストの栄光を得させようとして、私達の福音によって君達をも召し給うたからである。

塚本訳  Ⅰコリ15:47-49
15:47 最初の『人は地から出て土で出来たものであり』、第二の人は天の出である。
15:48 土の人たちはこの土の人(アダム)のようであり、天の人たちはこの天の人(キリスト)のようである。
15:49 こうしてわたし達は土の人の姿を帯びたように、(復活の時は)天の人の姿を帯びるであろう。

塚本訳 ガラ 5:16-21
5:16 わたしの意味はこうである。──霊によって歩け。そうすれば肉の欲を満たすことがないであろう。
5:17 なぜなら肉の欲するところは霊に反し、霊は肉に反する。二つは互にさからうものであって、(肉の体をもつ)あなた達は、したいと思うことを、することができないからである。
5:18 しかしもしあなた達が霊に導かれているならば、律法の(支配の)下にはいない。
5:19 肉の行いは明らかである。──それは不品行、汚れ、放蕩、
5:20 偶像礼拝、魔術、敵意、争い、嫉妬、激怒、我利、仲違い、党派心、
5:21 そねみ、酩酊、酒宴等々である。前もって言ったことであるが、(今もう一度)あらかじめ言っておく、こんなことをする者は、神の国を相続することがないであろう。

塚本訳  エペ 2:3
2:3 (否、)私達も皆かつてはこの人達に伍して自分の肉の欲の中に生活し、肉と欲望の欲するままに振舞って、他の(異教)人達のように生まれながら(神の)怒りの(審判に定められた)子であった。

塚本訳  コロ 2:11
2:11 君達はまた彼において手にてせざる(真の)割礼、すなわち(モーセ律法によりただ体の一部に施すものでなく、)肉の体を(悉く)脱ぎ去るキリストの割礼によって割礼された。

塚本訳 ロマ 8:5
8:5 なぜ(霊によって歩けばそれができる)か。肉による者[生まれながらの人]は肉のことを追い求めるが、霊による者[キリストを信ずる者]は霊のことを追い求めるからである。

塚本訳  ロマ 8:9
8:9 しかしあなた達は肉にある者ではなく、霊にある者である、(すでにキリストを信じて)神の御霊があなた達の中に住んでおられる以上は。しかし(神の御霊すなわち)キリストの霊を持たないなら、その人はキリストのものではない。

塚本訳 Ⅰコリ6:17
6:17 しかし主に結びつく者は(主と一つの体、)一つの霊になるのである。

塚本訳 ガラ 5:17
5:17 なぜなら肉の欲するところは霊に反し、霊は肉に反する。二つは互にさからうものであって、(肉の体をもつ)あなた達は、したいと思うことを、することができないからである。

塚本訳  マコ 4:26-29
4:26 また言われた、「神の国はこんなものだ。──ある人が地に種を蒔き、
4:27 夜昼、寝起きしていると、種は芽生えて育ってゆくが、本人はその訳を(すら)知らない。
4:28 (すなわち)地はひとりでに実を結ぶので、初めに茎、次に穂、次に穂の中に熟しきった粒ができる。
4:29 実が熟すると、すぐに『鎌を入れる。刈入れ時が来たのである。』」

塚本訳 ルカ 6:43-44
6:43 わるい実を結ぶ良い木はなく、また良い実を結ぶ悪い木もない。
6:44 木(の良し悪し)はいずれもその実で知られるのである。茨から無花果をとらず、茨の薮から葡萄をつまない。

塚本訳 ヨハ 1:13
1:13 この人たちは、人間の血や、肉の欲望や、男の欲望によらず、神(の力)によって生まれたのである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ヨハネ3:5-8 のTSKから霊に響いたものをピックアップ おわり

●17:15 妻はフォーレ「レクイエム」のエキストラ出演の練習。東大和へ。帰宅は21:30頃

 有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

 

    TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tsk0603.htm

 

  ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


「母」の苦悩 ++++++++ 所感

2011/07/26 11:06

110726(火)5時半起床●朝の黙想「『母』の苦悩」●TSK日本語版ヨハネ●福島県の三男恵は放射能汚染による子供の内部被曝を避けるために妻子だけ宮城県に避難することになった。私に関係する方々にご報告と御礼のために次のようにメールした。

御報告のメール
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

各位 殿

 

この度の福島原発事故による、三男恵一家の苦境に際しましては、深甚なるご心配かつ物心の御援助また御指導を賜りここに衷心より感謝御礼申し上げます。

放射能内部被曝の心配から子供を抱える多くの家庭が福島県を去っている状態です。

息子、近藤恵の家もこのたび伴侶の華子と子ども(見時8歳と風人6歳・・・孫)が華子の実家がある宮城県小牛田町(福島第一原発より北へ約115キロ)へ避難し孫は特別処置により転校することになりました。

恵は稲の収穫が終わるまでは現在地、福島県二本松市(放射能の値が非常に高いホットスポットです)に一人留まり、その後どうするかはその時点で考えると言っています。その間、伴侶の華子は時々小牛田町から車で二本松に通うということです。

息子一家が思わぬ災難に遭って親の私達も心が重いのですが、神はきっとこの苦難を通して思わぬよい方向に導いて下さるものと信じ、それを妻と日夜祈っています。息子が「心の挫折」をしないようにと祈っています。

正直なところ私としては孫が遠くに去ってしまうことに一抹の淋しさを感じます。

添付の西多摩新聞の記事は私の地元の新聞です。東京都西多摩郡出身の人間が原発の地でどうしているかの取材です。インタビュー記事としてよく観察されていると思いますのでお送りします。お時間があれば御一瞥下さい。(下記URLで開き、画面上をクリックすれば拡大します。2枚あります)
 
http://blog-imgs-46.fc2.com/t/e/r/teruonikki/20110726123126943.jpg 

http://blog-imgs-46.fc2.com/t/e/r/teruonikki/20110726123125833.jpg 

 
猛暑の夏、皆様と御一家の方々におかれましては身体御壮健であられますようにお祈り申し上げます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
御報告のメール 終わり
 
●福島にいる三男の嫁は、子供の将来を思って2年前に購入した二本松市の家と土地を去ることを決断。去るにあたり深い苦悩に陥った。「母の苦悩」というものがいかに深いものであるかは私が今回の東日本大震災で遭遇した特筆すべきことであった。そこで聖書に出てくる「母の苦悩」について瞑想してみた。人生の苦難は聖書を深く読ませられる。

新共同 創  19:24-26
19:24 主はソドムとゴモラの上に天から、主のもとから硫黄の火を降らせ、
19:25 これらの町と低地一帯を、町の全住民、地の草木もろとも滅ぼした。
19:26 ロトの妻は後ろを振り向いたので、塩の柱になった

●これは以前から、ロトの妻は未練がましく後ろを振り返ったのだと解していたが、今回、そうではないのかもしれないと思うようになった。ロトにはソドムとゴモラにロトの忠告を聞かなかった娘婿(創世記19:14」)が残っていたのだ。ロトの妻は彼等のことを思って思わず振り返ったのかもしれない。神は時に残酷である。「命がけで逃れよ。後ろを振り返ってはいけない」(創世記19:17)という。しかし誰がロトの妻を責められようか。●塚本虎二先生の奥様は関東大震災の時に家の中に残してきた子供を連れ出そうと家に戻ったときに大きな梁が落下、それに直撃されて即死。先生はその時神の愛を疑った。●死海のほとりには塩の柱があって、ロトの妻の柱だと案内人が説明した。

塚本訳 マタ 2:18
2:18 『声がラマに聞えた、──(ラケルの)』はげしい『わめきと、なげきの声である。ラケルはその子らのために泣くばかりで、慰められようとしない、子らがもういないので。』

●子供を失った母親は、誰からも慰められようとしないという現実に遭遇したことがある。一人息子を失った老母はお悔みの電話がかかってきても電話に出ようとはしなかった。●今日「放射能恐怖症」におびえる母親は子供のことを思って、放射能の値が「これぐらいなら安全だ」という冷静な科学者の慰めの言葉に耳を貸さない。どんな慰めの言葉にも耳を貸さなくなってしまっているのだ。


塚本訳 ルカ 7:12-15
7:12 町の門の近くに来られると、ちょうど、ある独り息子が死んで、(棺が)舁き出されるところであった。母は寡婦であった。町の人が大勢その母に付添っていた。
7:13 主は母を見て不憫に思い、「そんなに泣くでない」と言って、
7:14 近寄って棺に手をかけ──
担いでいる者は立ち止まった──「若者よ、あなたに言う、起きよ!」と言われた。
7:15 すると死人が起き上がって物を言い出した。イエスは『彼を母に渡された。』

●イエスはむやみやたらに奇蹟を行わなかった。徴(奇蹟)を見て信ずる信仰はいけないと思っていたからである。(ヨハネ3:3)。しかし一人息子に先立たれたこの母親を見た時はいても立ってもいられず、思わず「そんなに泣くでない」(塚本訳は名訳。先生の人生体験が滲み出ている)と言った。●私の高校生のときからの長い間の友人S君は還暦を待たずに突然亡くなった。女手ひとつでその一人息子を育てた母親のところにお悔みに行くと取りすがられて号泣され泣きやまなかった。人生は残酷である。その老母はなお10年ほど生きた。S君夫人はよくその面倒をみられた。見上げたものだ。

塚本訳 ルカ 23:26-29
23:26 (兵卒らが)イエスを(刑場へ)引いてゆく時、シモンというクレネ人が野良から来(て通りかかっ)たので、つかまえて(イエスの)十字架を背負わせ、イエスの後から担いでゆかせた。(イエスにはもう負う力がなかったのである。)
23:27 民衆と、イエスのために悲しみ嘆く女たちとの大勢の群が、あとにつづいた。
23:28 イエスは女たちの方に振り向いて言われた、「エルサレムの娘さんたち、わたしのためには泣いてくれなくともよろしい。それよりは自分のため、自分の子供のために泣きなさい。
23:29 いまに人々が、『石女と、(子を)産んだことのない胎と、飲ませたことのない乳房とが羨ましい』と言う(恐ろしい)日が来るのだから。

●終末の恐ろしい日に母親は「自分の子供のために泣く」のだと言う。終末という残酷な日の最大の悲劇は「子を持つ母親」の有様だとイエスは預言した。この嘆き悲しみは男には分からないのかもしれない。神の子イエスにして初めてそれを預言できたのだ。●なぜ嘆き悲しむのか。女性は「命の母」だから「子供の命は自分の命」なのだ。


塚本訳 マタ 24:16-21
24:16 その時ユダヤ(の平地)におる者は(急いで)山に逃げよ。
24:17 屋根の上におる者は、下におりて家にある物を取りだそうとするな。
24:18 畑におる者は上着を取りに『(家に)もどる』な。
24:19 それらの日には、身重の女と乳飲み子をもつ女とは、ああかわいそうだ!
24:20 逃げるのが冬や安息日にならないように祈れ。
24:21 その時、『世の始めから今日までになかった、』また(これからも)決してない『ような、』大きな『苦難が』臨むのだから。 
 

●終末は東日本だけではない。地球規模で大惨事が起こるのだ。イエスはその惨状の中で最大のことは子を持つ母親の嘆きであると預言する。塚本訳は「ああかわいそうだ!」(口語、新共同は「不幸だ」と訳しているがそれでは嘆きが伝わってこない)●今回の東日本大震災における「母親の嘆き悲しみ」は終末の予兆である。


塚本訳 ヨハ 19:25-27
19:25 ところが一方、イエスの十字架のわきには、その母(マリヤ)と母の姉妹、クロパの妻マリヤとマグダラのマリヤが立っていた
19:26 するとイエスは母上と、そのそばに立っている自分の愛する弟子とを見て、母上に言われる、「女の方、これがあなたの息子さんです。」
19:27 それからその弟子に言われる、「これがあなたのおかあさんだ。」この時以来、その弟子はイエスの母を自分の家に引き取った。


●世に自分の子供が目の前で残酷な刑に合わされて死んでゆくのを見させられることほどむごいことはない。この嘆きを詩にしたのが「スターバトマーテル」(悲しみの聖母。13世紀フランシスコ会修道士の宗教詩人ヤーコポーネ・ダ・トーディの作とされる)」である。多くの人がこれに曲をつけた。この悲しみに耐えたからこそカトリック教会ではマリヤを「聖母」として崇めているのかもしれない。●東日本大震災では自分の子供が内部被曝でむしばまれていくのを見るのは「母」として耐えられないのである。まさしく「悲しみの聖母」の心である。●この母の悲しみは多くの芸術家のテーマになった。音楽ではベルゴレージの「スターバトマーテル」が最高。彫刻ではミケランジェロの「ピエタ」。ベルゴレージの音楽は次をクリックするとそれを聴けるがそこにある写真はミケランジェロの「ピエタ」(悲しみの聖母)像である。バチカン大聖堂でこれを見た時、実に荘厳な気持になった。

http://classicmm.blog79.fc2.com/blog-entry-318.html

●「スターバトマーテル」の歌詞に関しては次をクリック 

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%86%E3%83%AB 

●ベルゴレージ(イタリア)は1736年26歳の若さで結核で召されたが、その最後に余力を振り絞って「スターバトマーテル(悲しみの聖母)」を作曲した。人生は長さではないなー。 



  有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

 

    TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tsk0603.htm

 

  ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 



トラックバック(1) | コメント(0) | top▲


伝道は快楽 ++++++++ 所感

2011/07/25 11:24

110725(月)5時45分起床●昨日のブログに追加●7:20NHKFM音楽番組「きままにクラシック」。このイントロクイズは面白い。現在まで38勝10敗。演奏家によって聞こえ方が微妙に違うから標準的なものえ出題して欲しいと担当者に苦言を呈した●昨日の今井館伝道集会閉校式の講演で田村光三先生が内村鑑三の「伝道の情念」(1906年6月)を紹介された。内村は大略次のように言う。「伝道は人の為にはできない。義務としてはできない。職業としてもできない。伝道は人も神も報い給わない。自己を同胞の為に捧げて得るところは、社会よりは軽蔑である。國人よりはある種の十字架である。収支相償わざる職業とて伝道のごときはない。伝道は己の快楽としてなら出来る。天の美音を伝える美的事業であるから快楽である・・・・」●然り、アーメンである。伝道は人に感謝されない。軽蔑される。憐まれる。馬鹿な奴と言われる。肉親から「照男は私に向かって説教する」と言われたことがある。●伝道は人を救わんとしてやって失敗する。挫折する。それは天に向かっての独唱えだるべきだ。可哀そうな人に向かっての伝道ほどむなしい結果になる。裏切られる。●自分が変えられ事の感謝の「つぶやき」であるべきだ。人を教化、啓蒙しようとしての伝道は目的を達しない。それはむなしく終わる。つらく痛いことだが、自分の罪を赦されて楽になった変化を天下に向かって恥を披歴する必要がある。聖書的には次の個所である。 

塚本訳  マコ 5:18-20
5:18 そこで舟に乗られると、悪鬼につかれていた者が、ついて行きたいと願った。
5:19 しかし許さずに言われた、「家に帰ってうちの者に、(神なる)主があなたを憐れんで、どんなにえらいことをしてくださったかを、知らせてやりなさい。」
5:20 すると彼は行って、イエスがどんなにえらいことを自分にされたかを、デカポリスに言いふらし始めた。皆が驚いた。

●これは深い意味がある。人は救われると感激して職業を捨ててイエスの弟子になろうとする。イエスはそれをいましめた。恥を披歴して回れ。と言うのである。●私のHPはこれである。恥は自分に、栄光は神に!。「馬鹿な奴、憐れな奴」とさげすむ人間は何とでも言え。私には神に救われた仲間いるのだ。直近の統計でHPへのアクセスは世界15カ国から一日平均97名である。だれだか分からない見えない友、心の友、霊の友である。私の「つぶやきの独唱」を聞いてくれるのだ。隠れキリシタンならぬ隠れHP覗き見読者だ。今後とも肉において知りあわなくてよいのだ。●しかし時々、隠れてないで応答して下さるのは快楽である。それは大抵「復活」に関する同感者である。隠れていられないのである。決死的告白である。これが本当の「聖徒の交わり」(使徒信条)である。
 ●内村は「伝道の情念」の中で次のように言う。「(伝道が)娯楽となり快楽となるに及んで、初めてわれらも心に足りてこれに従事することができ、世もまた喜んでわれらの言に耳を傾くるに至るのである」。これまたアーメンである。自分で自分を自慢することが聞いている人の心を打つのである。自分の快楽は聴く人も快楽になる。

●東京スカイツリーは禍である。昨日のNHKTVで「東京スカイツリー」の技術的内容を放映していた。その中で次のような恐るべき恥ずべき禍の事実が暴露された。スカイツリーの高さは初めの設計では610メートルであったが、中国でそれを超えるえる高さのものが建てられると聞くと急に634メートルに設計変更。TVではやたらに「世界一、世界一を目指せ」と言っていた。実に大人げないつまらない低級な競争心ではないか。バベルの塔の精神にそっくりだ。神の天罰が降ることは必至である。その動機が神の祝福を得らそうにない。

新共同 創  11:4-9
11:4 彼らは、「さあ、天まで届く塔のある町を建て、有名になろう。そして、全地に散らされることのないようにしよう」と言った。
11:5 主は降って来て、人の子らが建てた、塔のあるこの町を見て、
11:6 言われた。「彼らは一つの民で、皆一つの言葉を話しているから、このようなことをし始めたのだ。これでは、彼らが何を企てても、妨げることはできない。
11:7 我々は降って行って、直ちに彼らの言葉を混乱させ、互いの言葉が聞き分けられぬようにしてしまおう。」
11:8 主は彼らをそこから全地に散らされたので、彼らはこの町の建設をやめた。
11:9 こういうわけで、この町の名はバベルと呼ばれた。主がそこで全地の言葉を混乱(バラル)させ、また、主がそこから彼らを全地に散らされたからである。

 有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

 

    TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tsk0603.htm

 

  ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 




トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


今井館伝道聖書集会閉校 ++++++++ 所感

2011/07/24 20:39

110724(日)5時半起床。窓をあけるときれいな空なので表に出て撮影

resize1920.jpg 

きれいな朝の空


●TSK日本語版ヨハネ10章●8:00集会が夏休みなので、妻と二人で家庭礼拝。讃美歌501「いのちのみことば」。次回感話のリハーサル「ヨナの徴」。妻の意見を入れて方針を変更●11:30神楽坂のあゆみギャラリーへ、集会のMTさんの絵画(ニコライ堂)を観賞しにいく。クリスチャンらしい優しい画であった。 ●ニコライ堂の壁には「復活」という文字がある。然り。

resize1921.jpg 

神楽坂。あゆみギャラリーのある高橋建築事務所。これは名建築だ。

●14:30今井館伝道集会閉校式に出席。オカノユキオ氏の回顧と田村光三氏の講演があった。40年間延べ200人の講師で800回とはよく続いた。 私はそのうち7回講壇に立った。 全員で讃美歌534番(ほむべきかな 主のみめぐみ 今日まで旅路を守りたまえり)を歌った時、過ぎにし苦しかった日々(息子の行き詰り、家屋全焼、脳内出血、母の死などなど)を次々と思いだして、万感胸に迫るものがあった。

resize1922.jpg 

●今井館の帰途、矢内原忠雄先生の家の前を通って自由が丘の駅に行く。

resize1923.jpg 

都心からあきる野に戻ると空気も景色もいい。ホッとする。讃美歌90番。
~♫~
①ここも神のみくになれば みくになれば あめつち御歌(みうた)を うたいかわし 岩に 樹々(きぎ)に 空に海に たえなる 御業(みわざ)ぞ あらわれたる
 ②ここもかみの みくになれば 鳥の音(ね)、花の香(か) 主をばたたえ、あさ日、ゆう日 栄(は)えにはえて、そよ吹く風さえ かみをかたる ~♫~   

メロディーは次をクリック(YOU TUBEより)

http://www.youtube.com/watch?v=_yfIqtTLxu0&feature=related 

resize1924.jpg 

あきる野に戻ってイオンに水泳パンツを買いに行く。中国製は安くて助かる。
ひまわりは放射能(人間の罪なる毒にもなる)を少しは吸収してくれるらしい。首を垂れて咲いているところが十字架上のイエスに似ている。この世の救いには「命の犠牲」ということが 必要なんだなー。
 
讃美歌257番

①十字架のうえに 屠(ほふ)られたまいし
 こよなくきよき み神のこひつじ
 あがため悩みを しのびたまいし
 みめぐみげにもとうとし

②十字架のうえに ほふられ給いし
 こよなくきよき み神のこひつじ
 み救いあらずば 罪のこの身は
 ほろびをいかでまぬかれん

③十字架のうえに ほふられ給いし
 こよなくきよき み神のこひつじ
 乏しくかよわき われをあわれみ
 やすきをつねにたまえや

~♫~ 音源は次をクリック(YOUTUBE より)

http://www.youtube.com/watch?v=cj1EyDBne0Y


●21:00NHKTVで「東京スカイツリー」の建設記録。最後の電波塔(高さ130メートル)のリフトアップの技術が中心。内部においてワイヤーで引っ張りあげるのだ。日本の技術(日建設計+大林組)は大したものだ●人間が救いへと神のもとにリフトアップされるのはひとえに神が引っ張る力による。
 

文語訳 ヨハ 6:44
6:44 我を遣しし父ひき給はずば、誰も我に來ること能はず、我これを終の日に甦へらすべし。

塚本訳 ヨハ 6:44
6:44 (わたしを信じないのは、父上が引っ張ってくださらないからだ。)わたしを遣わされた父上が引っ張ってくださらなければ、だれもわたしの所に来ることはできない。(しかし来れば、)わたしはその人をきっと最後の日に復活させる。


 有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

 

    TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tsk0603.htm

 

  ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 

 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


復活は信じられないのが普通 ++++++++ 所感

2011/07/23 12:07


110723(土)5時30分起床●朝の啓示「人に神と復活がわかるとき」。人が神と復活が分かるのは勉強研究ではない。ある日ある時(その多くは人生に挫折して泣いている時)神の方から近寄ってご自分を現して下さる。これ千古不易の真理。その聖書的根拠をあげてみる。 


●人に神と復活が分かるのは神がその人に個人的に示される時

 

塚本訳 使  10:40-41

10:40 (しかし)神はこの方を三日目に復活させ、(人の目にも)見えるようにされた。

10:41 (ただし)国民全体でなく、神からあらかじめ選ばれていた証人であるわたし達、すなわちイエスが死人の中から復活されたあとで、一緒に飲み食いした者(だけ)に見えたのです。

 

塚本訳 ルカ 24:28-34

24:28 とかくするうちに目指す(エマオの)村に近づくと、なお先へ行くような様子をされたので、

24:29 二人はこう言って無理に引き留めた、「わたし達のところにお泊まりなさい。間もなく夕方で、日もはや傾いたから。」そこで彼らのところに泊まるために、(家に)入られた。

24:30 一しょに食卓について、(いつものように)パンを(手に)取り、(神を)讃美したのち、裂いて渡されると、

24:31 (その時)二人の目が開けて、その方とはっきりわかった。すると(また)その姿が見えなくなった

24:32 二人は語り合うのであった、「(そう言えば、)道々わたし達に話をされたり、聖書を説き明かされたりした時に、胸の中が熱くなったではないか」と。

24:33 時を移さず二人は立ち上がってエルサレムに引き返して見ると、十一人とその仲間とが集まっていて、

24:34 「ほんとうに主は復活して、シモン(・ペテロ)に御自分を現わされた」と話してくれた。

 

塚本訳Ⅰコリ15:3-6

15:3 まえにわたしが(福音の)一番大切な事としてあなた達に伝えたのは、わたし自身(エルサレム集会から)受けついだのであるが、キリストが聖書(の預言)どおりにわたし達の罪のために死なれたこと、

15:4 葬られたこと、聖書どおりに三日目に復活しておられること、

15:5 またケパに、それから十二人(の弟子)に、御自分を現わされたことである。

15:6 そのあと、一度に五百人以上の兄弟に御自分を現わされた。そのうちの多数の者はいまでも生きてい(て、わたしが嘘を言っていないことを証明してくれ)る。もっともすでに眠った者もあるにはある。

 

塚本訳マタ 11:27

11:27 ──(知恵も力も、その他)一切のものが父上からわたしに任せられた。父上のほかに、子(であるわたし)を知る者は一人もなく、また、子と、子が(父上を)あらわしてやる者とのほかに、父上を知る者は一人もない

 

塚本訳 ヨハ 14:22-23

14:22 イスカリオテでない方のユダが言う、「主よ、いったいどういうわけで、わたし達だけに御自分を現わし、この世(の人)にはそうしようとされないのですか。」

14:23 イエスは答えられた、「わたしを愛する者は、わたしの言葉を守る。するとわたしの父上はその人を愛され、わたし達は(父上もわたしも)、その人のところに行って、同居するであろう

 

塚本訳Ⅰコリ2:16

2:16 なぜなら(聖書に)、『だれが主の御心を知って、主を教えることができるか』とあるからである。ただわたし達(主キリストを信ずる者)は、キリストの(霊を持ち、その)心を持っているのである

 

塚本訳 ルカ 24:36-48

24:36 二人がこう話しているところに、(突然)御自身でみなの真中に出ておいでになった。

24:37 ぞっとして震えあがり、幽霊でも見ているように思っていると、

24:38 彼らに言われた、「なにをうろたえるのか。なぜ心に疑いを起すのか。

24:39 わたしの手と足とを見てごらん。だれでもない、わたしだよ!さわってごらん、幽霊には肉も骨もないが、わたしには、それがあるのがわかるから。」

24:40 [無シ]

24:41 喜びのあまり、彼らがまだ信じられずに怪しんでいると、「ここに何か食べるものがあるか」と言われた。

24:42 焼いた魚を一切差し上げると、

24:43 受け取ってみなの前で食べられた。

24:44 それから彼らに言われた、「(あなた達が見聞きした)これらのことは、わたしがまだあなた達と一しょにいたとき、わたしについてモーセの律法と預言書と詩篇と[聖書]に書いてあることは一つのこらずきっと成就する、と話したその言葉(が実現したの)である。

24:45 それから聖書をわからせるために彼らの心を開いて

24:46 言われた、「救世主は苦しみをうけて、三日目に死人の中から復活する。

24:47 また罪を赦されるための悔改め(の福音)が、その名においてすべての国の人に説かれる、エルサレムから始まって、と(聖書に)こう書いてある。

24:48 あなた達はこの(苦しみと復活との)証人である。

 

塚本訳 使  16:14

16:14 するとテアテラ町の紫毛織物の商人で、敬信家のルデヤという婦人が聞いていたが、主はその心を開いてパウロの話に耳を傾けさせられた

 

塚本訳 マタ 20:16-17

20:16 このように、最後の者が一番になり、一番の者が最後になるであろう。」

20:17 いよいよエルサレムへ(の道を)上り出されるとき、イエスはまた十二人(の弟子)だけをそばに呼んで、道々こう話された

 

塚本訳ヨハ 4:21-22

4:21 イエスが言われる、「女の人、わたし(の言葉)を信じなさい。(間もなく)あなた達が、この山でもエルサレムでもなく(どこででも、)父上を礼拝する時が来る。

4:22 ただ(同じ神を、)あなた達は知らずに礼拝し、わたし達は知って礼拝している。救いはユダヤ人から出る(のでわたし達だけに神が示された)からである

 

塚本訳ヨハ 14:22-23

14:22 イスカリオテでない方のユダが言う、「主よ、いったいどういうわけで、わたし達だけに御自分を現わし、この世(の人)にはそうしようとされないのですか。

14:23 イエスは答えられた、「わたしを愛する者は、わたしの言葉を守る。するとわたしの父上はその人を愛され、わたし達は(父上もわたしも)、その人のところに行って、同居するであろう

 

塚本訳 ルカ 2:14

2:14 いと高き所にては神に栄光、地上にては(いまや)平安、御心にかなう人々にあり

 

塚本訳 Ⅱコリ13:13

13:13 主イエス・キリストの恩恵と、神の愛と、聖霊の交りとが、あなた達一同と共にあらんことを


●次回感話の準備

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

ヨナの徴

復活の奇蹟がイエスが神の子であることの徴(証拠)

・・・2011.9.4 すずめの会 感話 高橋照男・・・

 

 

塚本訳 マタ 12:38-42 ヨナの徴


12:40 すなわち『ヨナが三日三晩大きな魚の腹の中にいた』ように、人の子(わたし)も三日三晩地の中におるのである。

 

「翻訳比較」

文語訳 マタ 12:40

12:40 即ち「ヨナが三日三夜、大魚の腹の中に在りし」ごとく、人の子も三日三夜、地の中に在るべきなり。

 

口語訳 マタ 12:40

12:40 すなわち、ヨナが三日三晩、大魚の腹の中にいたように、人の子も三日三晩、地の中にいるであろう。

 

新改訳 マタ 12:40

12:40 ヨナは三日三晩大魚の腹の中にいましたが、同様に、人の子も三日三晩、地の中にいるからです。

 

新共同 マタ 12:40

12:40 つまり、ヨナが三日三晩、大魚の腹の中にいたように、人の子も三日三晩、大地の中にいることになる。

 

「感話」 

●イエスの復活預言は史実か。後代の人がイエスの口に入れたのではないか?

●イエスの遺体の消失は衝撃であった。それは歴史内のこと。胸が熱くなった。

●人は復活伝承を聞いても信仰を持つことはできない。神の働きで信仰に到る

●イエスの復活は弟子すらも疑った。人間の理性は有体的復活を疑うのは当然

●神の力で救われた人にとってのみ、有体的復活の徴は信仰の強い裏付けとなる 



「引照」

新共同 ヨナ 2:1

2:1 さて、主は巨大な魚に命じて、ヨナを呑み込ませられた。ヨナは三日三晩魚の腹の中にいた。

 

新共同 ヨナ 2:11

2:11 主が命じられると、魚はヨナを陸地に吐き出した

 

塚本訳 ルカ 11:30

11:30 すなわちヨナが(大きな魚の腹から出てきて)ニネベの人に徴となったように、人の子(わたしも地の中から出てきて)この時代の人に徴となるのである

 

塚本訳 マタ 16:21

16:21 この時から、イエスは自分が(神の計画どおり)エルサレムに行って、長老、大祭司連、聖書学者たちから多くの苦しみをうけ、殺され、そして三日目に復活せねばならないことを弟子たちに示し始められた

 

塚本訳マタ 17:23

17:23 彼らに殺されるが、三日目に復活する。」弟子たちは非常に悲しんだ。

 

塚本訳 マタ 27:40

27:40 こう言った、「お宮をこわして三日で建てるという人、自分を救ってみろ。神の子なら、十字架から下りてこい。」

 

塚本訳 マタ 27:63-64

27:63 言った、「閣下、あの嘘つきがまだ生きている時、『自分は(死んで)三日の後に復活する』と言ったことを思い出しました。

27:64 だから三日目まで墓を警備するように命令してください。そうでないと、弟子たちが来て盗んでいって、人々に『イエスは死人の中から復活した』と言いふらさないとはかぎりません。そうなると、このあとの方の嘘は、(自分は救世主だと言った)前の(嘘)よりも始末が悪いでしょう。」

 

塚本訳 ヨハ 2:19-22

2:19 イエスは答えられた、「このお宮をこわせ、三日で造ってみせるから。

2:20 ユダヤ人が言った、「このお宮を建てるには四十六年もかかったのに、あなたは三日で造るというのか。」

2:21 しかしイエスは自分の体のことを宮と言われたのであった。

2:22 だから死人の中から復活された時、弟子たちはこう言われたことを思い出して、聖書とイエスの言われた言葉と(が本当であること)を信じた。

 

塚本訳 ルカ 24:21-23

24:21 ほんとうにわたし達は、この方こそイスラエル(の民)をあがなってくださる人だと望みをかけていたのに!そればかりが、かてて加えて、そのことがあってから、きょうはもう三日目になったのです。(もはや生き返られる望みもありません。)

24:22 ところがまた、仲間の女たちがわたし達をびっくりさせました。──この女たちは朝早く墓に行ったが、

24:23 お体が見つからずにかえって来て、天使たちがあらわれ、あの方は生きておられる、と告げたと言うのです。

 

塚本訳 ヨハ 20:24-25

20:24 十二人の一人で、トマスすなわちギリシャ語でデドモ(二子)は、イエスが来られた時、みんなと一しょにいなかった。

20:25 そこでほかの弟子達が、「わたし達は主にお目にかかった」と言うと、彼らに言った、「わたしはその手に釘の跡を見なければ、わたしの指をその釘の場所に差し込まなければ、手をその脇腹に差し込まなければ、決して信じない。」

 

塚本訳 マタ 28:16-17

28:16 さて、十一人の弟子はガリラヤに行き、イエスに命じられた山にのぼり、

28:17 お目にかかっておがんだ。しかし疑う者もあった。

 

塚本訳 エペ 4:8-9

4:8 だから(聖書に)言う──『かれは高きに昇りて捕虜を捕らえ、人々に賜物を与えたまえり。』

4:9 「『昇りたまえり』」とあるからには、まず地の低い所にも下り給うたことを意味するものでなくして何であろう

 

塚本訳 Ⅰペテ3:19

3:19 且つ霊で行って、(陰府の)獄に閉じ込められていた(悪)霊達に(救いの福音を)宣べ給うた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
●妻は夕方から合唱の練習に出かける。ブラームス。合唱団「もくせい」。

  有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

 

    TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tsk0603.htm

 

  ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


反原発思想と脱原発思想の違い ++++++++ 所感

2011/07/22 11:47

1107222(金)5時半起床●TSK日本語版ヨハネ9章●聖書の真理は関連があってどの一節も全体に関連する。採血検査によって少量の血液から体中の病気が分かるのに似ている●3月11日の東日本大震災以来、福島原発事故に関しては様々な思想類型、人間類型に出会ってきた。しかし大きく分けると二集類になる。①反原発思想人間と、②脱原発思想人間である。それぞれの思想と行動の特徴と聖書的感想をまとめる。

①反原発思想人間
●原発事故を直ちに「人災」だと声高に叫んで悪を糾弾して正義を振り回す人間。私は技術者として「造る人間の苦労」というものを知らないこういう人間を軽蔑する。信用しない。人を裁く人間は神に裁かれる。その人は何を作ったというのか。まさか社会批判が「自分の仕事」だとは思ってはいないのだろう。彼らの大半はこの世の仕事に忠実ではない●「新潟の原発は首都圏の為にあるのだ」と迷惑がる人間は社会の仕組みというものを知らなすぎる幼児的な思想。過日、新潟の原発は東京の人の為だから地元が犠牲になっているという恥ずかしい思想の人間と電話懇談。彼は反原発人間。新潟に行く新幹線は新潟県人の為と言いたい。こういう人間は今回の原発事故を「この時とばかり」従来から持っている社会批判の材料としている。無教会の中にこういう共産党的な人間がいるから困るのだ。彼らの行動は外から見ると熱心だが実に的外れであるから空しいのである。さっさとキリスト教をやめて、人権主義者団体か共産党に行けばよい。それに彼らは「右手のすることを左手に教えている」(マタイ6:1-4)。言動が悉く見せびらかしである。祈りがない。(マタイ6:5-8)。信仰は必ず「行動になる」「行動に展開しなければならない」と誤解している。彼らの言動は実に「むなしいのである。神への信頼と 祈りがない。だから神の祝福を得られない。こういう人間類型を聖書は次のように言う。


口語訳 詩  127:2
127:2 あなたがたが早く起き、おそく休み、辛苦のかてを食べることは、むなしいことである。主はその愛する者に、眠っている時にも、なくてならぬものを与えられるからである。

●彼らに共通のことは「あなたの言動は見せびらかしで神への祈りがない」と指摘すると決まって判をついたように「激怒し、逆襲してくる」それは罪を指摘した時に罪人が「激怒し逆襲」してくるのと同じ顔つき。おそらく自分にやましいところがあるからだ。

②脱原発思想人間
●原子力発電はまだ技術が未完成であるから、安全が十分に完成しないうちは軽々に使わない方が良いという「冷静聡明な思想。原発に絶対反対ではない。しかし今のところ「脱原発思想」である。こういう人は冷静かつ聡明で、それも自分の職業領域(小事)で論陣を張っている。神を真に信じてこの世の小事から逃げないで誠実に行う人が真に世の中の為になることを行う。神の祝福があるからである。こういう人間の事を「小事に忠実な人間」という。こういう人間類型を聖書は次のように言う。 

塚本訳  ルカ 16:9-13
16:9 それでわたしもあなた達に言う、あなた達も(この番頭に見習い、今のうちにこの世の)不正な富を利用して、(天に)友人[神]をつくっておけ。そうすれば富がなくなる時、その友人が永遠の住居に迎えてくださるであろう。
16:10 ごく小さなことに忠実な者は、大きなことにも忠実である。ごく小さなことに不忠実な者は、大きなことにも不忠実である。
16:11 だから、もし(この世の)不正な富に忠実でなかったならば、だれが(天の)まことの富をあなた達にまかせようか。
16:12 もし他人のもの[この世のこと]に忠実でなかったならば、だれがあなた達のもの[天のもの]をあなた達に与えようか。
16:13 しかし(この世のことはみな準備のためであるから、それに心を奪われてはならない。)いかなる僕も(同時に)二人の主人に仕えることは出来ない。こちらを憎んであちらを愛するか、こちらに親しんであちらを疎んじるか、どちらかである。あなた達は神と富とに仕えることは出来ない。」


●次回感話の準備。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ヨナの徴

復活の奇蹟がイエスが神の子であることの徴(証拠)

・・・2011.9.4 すずめの会 感話 高橋照男・・・

 

 

塚本訳 マタ 12:38-42 ヨナの徴




12:39 彼らに答えられた、「この悪い、神を忘れた時代の人は、(信ずるのに)徴をほしがる。しかしこの人たちには、預言者ヨナの徴以外の徴は与えられない。

 

「翻訳比較」

文語訳 マタ 12:39

12:39 答へて言ひたまふ『邪曲にして不義なる代は徴を求む、されど預言者ヨナの徴のほかに徴は與へられじ。

 

口語訳 マタ 12:39

12:39 すると、彼らに答えて言われた、「邪悪で不義な時代は、しるしを求める。しかし、預言者ヨナのしるしのほかには、なんのしるしも与えられないであろう。

 

新改訳 マタ 12:39

12:39 しかし、イエスは答えて言われた。「悪い、姦淫の時代はしるしを求めています。だが預言者ヨナのしるしのほかには、しるしは与えられません。

 

新共同 マタ 12:39

12:39 イエスはお答えになった。「よこしまで神に背いた時代の者たちはしるしを欲しがるが、預言者ヨナのしるしのほかには、しるしは与えられない。

 

「感話」

●「神がいるなら信じてみたい」「聖書が信じられるなら神を信じたい」という人は多い

●しかし理性が奇蹟を納得しない。人は徴(奇蹟)を見て納得できれば信じられると思う。

●イエスは理性が納得する徴を拒否。ヨナの徴が唯一の証明手段だという。これ復活預言

●イエスが有体的に復活したという史実伝承が来世実在の唯一の徴(奇蹟)。信仰の裏付

●神とか復活を信じられる人は神の主権で決められるので、人間の努力では不可能では?

●神は人を救うとき、まずその人に救いの願いを起こさせる。

●神は全人類を救おうと思っておられる

●救われた者にとっては、イエスの有体的復活の伝承は信仰の強い保証(徴)となる。

 

「引照」

 

塚本訳マコ 8:12

8:12 イエスは心の中で大きく溜息をついて言われる、「この時代の人はなぜ徴を求めるのだろうか。アーメン、わたしは言う、この時代の人に徴が与えられるものか。」

 

塚本訳 ルカ 16:28-31

16:28 わたしに五人の兄弟があります。彼らまでがこの苦しみの場所に来ないように、よく言って聞かせてください。

16:29 しかしアブラハムは言う、『(その必要はない。)彼らにはモーセ(律法)と預言書と[聖書]がある。その教えに従えばよろしい。』

16:30 彼が言った、『いいえ、父アブラハムよ、もしだれかが死人の中から行ってやれば、きっと悔改めます。』

16:31 しかしアブラハムは答えた、『モーセと預言書との教えに従わないようでは、たとえ死人の中から生き返る者があっても、その言うことを聞かないであろう。』

塚本訳 ヨハ 11:45-48

11:45 すると、マリヤの所に来てイエスのされたことを見たユダヤ人のうち、多くの者は彼を信じた。

11:46 しかし中には(彼を信ぜず、)パリサイ人の所に行って、イエスのされたことをあれこれと報告した者もすこしあった。

11:47 そこで大祭司連とパリサイ人は最高法院を召集して言った、「どうすればよいだろう、あの男はたくさん徴[奇蹟]をしているのだが。

11:48 もしこのまま放っておけば、皆があれを信じ(て王に祭り上げ)るであろう。すると騒動が起り、ローマ人が来て、われわれから(エルサレムの)都も国民も、取ってしまうにちがいない。」

 

塚本訳マタ 16:4

16:4 この悪い、神を忘れた時代の人は、徴をほしがる。しかしこの人たちには、ヨナの徴以外の徴は与えられない。」イエスは彼らをすてて立ち去られた

 

塚本訳 ヨハ 3:8

3:8 風[プニューマ]は心のままに吹く。その音は聞えるが、どこから来てどこに行くか、あなたは知らない。霊[プニューマ]によって生れる者も皆、そのとおりである。」

 

塚本訳ヨハ 6:37

6:37 (だが、信じないのは父上の御心である。)父上がわたしに下さるものは皆、わたしの所に来、わたしの所に来る者を、わたしは決して放り出さない。

 

塚本訳ピリ 2:13

2:13 (しかしもちろんこれは君達の力では出来ない。)何故なら、(救いに関わる)御旨を成し遂ぐるため、君達のうちに働いて、(救いの)願望を起こさせ、これを成就せしめ給う者は、神であるからである

 

口語訳 テト 3:6-7

3:6 この聖霊は、わたしたちの救主イエス・キリストをとおして、わたしたちの上に豊かに注がれた。

3:7 これは、わたしたちが、キリストの恵みによって義とされ、永遠のいのちを望むことによって、御国をつぐ者となるためである

 

塚本訳 Ⅱテモ2:24-26

2:24 しかし主の僕は争わず、誰に対しても優しくあらねばならぬ。教え上手で、辛抱強く、

2:25 反抗する者の誤りを柔和に正してやれ。あるいは神が彼らに真理の知識への悔い改めを与え給うて(本心に立ち返らせ)

2:26 悪魔の罠から逃れしめ給うかも知れない──彼らは(いま)悪魔に虜にされて、その意のままになっているのである。

 

塚本訳 ルカ 15:17-18

15:17 ここで(はじめて)本心に立ち返って言った。──お父さんのところでは、あんなに大勢の雇人に食べ物があり余っているのに、(息子の)このわたしは、ここで飢え死にしようとしている。……

15:18 よし、お父さんの所にかえろう、そしてこう言おう、『お父さん、わたしは天(の神様)にも、あなたにも、罪を犯しました。

 

塚本訳 ヨハ 5:5-9

5:5 するとそこに三十八年病気の人がいた。

5:6 イエスはその人が横になっているのを見、すでに長い間わずらっていることを知ると、「直りたいか」とたずねられた。

5:7 病人が答えた、「主よ、水がかきまわされた時に、わたしを池に入れてくれる者がないのです。わたしが行くうちに、ほかの人が先に下りてゆきます。」

5:8 イエスが言われる、「起きて担架をかついて、歩きなさい。」

5:9 するとその人はすぐ直って、担架をかついで歩きまわった。あいにくその日は安息日であった。

 

塚本訳ヨハ 10:14-16

10:14 わたしが良い羊飼である。わたしはわたしの羊を知っており、わたしの羊もわたしを知っている。

10:15 父上がわたしを知っておられ、わたしが父上を知っているのと同じである。そしてわたしは羊のために命を捨てる。

10:16 ・・なおわたしには、この檻のものでない、ほかの羊がある。(彼らはまだ野山をさまよっている。)わたしはそれをも導いてやらねばならない。彼らはわたしの声を聞きわけ、かくて群一つ、羊飼一人となるであろう。・・

 

塚本訳 Ⅰコリ1:18

1:18 なぜか。この十字架についての言葉は、滅びゆく者には馬鹿なことであるが、わたし達救われる者には、神の力(の現われ)であるから

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



  有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

 

    TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tsk0603.htm

 

  ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


復活という奇蹟 ++++++++ 所感

2011/07/21 20:15

110721(木)6時起床●TSK日本語版ヨハネ9章●次回感話準備勉強。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

              ヨナの徴

復活という奇蹟がイエスが神の子であることの徴(証拠)

・・・2011.9.4 すずめの会 感話 高橋照男・・・

 

 

塚本訳 マタ 12:38-42 ヨナの徴

 

12:38 すると数人の聖書学者とパリサイ人が口を出して、イエスに言った、「先生、(では、神の子である証拠に)あなたの(不思議な)徴を見せてください。」


●「キリストは神の子か人間か」は人類の謎。どうしたらそれを信じられるか
信じるために徴(証拠)を求めるのは人間として自然の姿。裁判は証拠が基礎
しかし信仰は大脳皮質で徴(奇蹟)を認めることからは生まれない
信仰の篤い薄いは家柄、学歴、地位、洗礼の有無、教会、先生では決まらない
 

塚本訳 ヨハ 6:30

6:30 そこで彼らが言った、「ではあなたは、どんな徴をわたし達にして見せて、自分を信じさせようとされるのですか。どんなことをされますか。

 

塚本訳 Ⅰコリ1:22-25

1:22 実際、ユダヤ人は(信ずるための証拠に神からの不思議な)徴を乞い、異教人は(真理を知るために)知恵を求めるが、

1:23 わたし達は十字架につけられたキリストのこと(だけ)を説く。すなわち、ユダヤ人にはつまづき、異教人には馬鹿なことであるけれども、

1:24 (神に)召された者だけには、ユダヤ人、異教人の別なく、(これこそ)神の力、また神の知恵なるキリストを(説くのである)。

1:25 というのは、神の(業はどんなに)馬鹿なこと(に見えても、それ)は人よりも知恵があり、神の(業はどんなに)無力(に見えても、それ)は人よりも力があるからである。

 

塚本訳 ヨハ 3:1-3

3:1 ところでパリサイ人の中に名をニコデモという人があった。ユダヤの(最高法院の)役人であった。

3:2 ある夜、イエスの所に来て言った、「先生、わたし達はあなたが神のところから来られた先生であることを知っています。神がご一しょでなければ、あなたのされるあんな徴[奇蹟]はだれもすることは出来ません。」

3:3 イエスが答えて言われた、「アーメン、アーメン、わたしは言う、(徴を見て信じたのではいけない。)人は新しく生まれなおさなければ、神の国にはいることは出来ない。」

●放射線の専門家、中川恵一氏の癌についての論考を読む。説得力がある。しかし人間は100%死ぬ。早いか遅いかである。人生は死後の準備の為にある。
●罪赦されて永遠の命に復活して生きることが人生の真の目標。
●町内会の笠原敬三氏が88歳で逝去。その通夜に行く。ご家族にお悔みを述べた。


  resize1918.jpg

台風一過のあきる野の夕方。
ヴェートーヴェン「田園交響楽」第5楽章は感謝の歌

●ヴェートーヴェンの「田園」はワルター指揮コロンビア交響楽団のものが最高。
名演奏としては長らくフルトヴェングラーの「第九」が一位の座であったがこれを抜いた。

 

  有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

 

    TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tsk0603.htm

 

  ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 






トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


人間は台風を阻止できるか ++++++++ 所感

2011/07/20 16:23

110720(水)5時半起床●TSK日本語版ヨハネ9章●妻の発信メールが配信不能とのメッセージ。ノジマPC電話相談室の遠隔操作で診断してもらったら、メールアドレスの帳の不備であった。修正して再送。PCは難しい。特にメールの不具合は人間関係を壊さないのだろうか。●意思疎通の手段として一番良いのは直接会うこと、次は電話。建築の基本設計図の説明は絶対に直接会わなければいけない。単に郵送したら決まるものも決まらない。●観測史上類のない大型の台風6号は太平洋にに抜けそうで一安心。●ヨブ記38章33-34節を勉強。

口語訳 ヨブ 38:33-34
38:33 あなたは天の法則を知っているか、/そのおきてを地に施すことができるか。
38:34 あなたは声を雲にあげ、/多くの水にあなたをおおわせることができるか。

新改訳 ヨブ 38:33-34
38:33 あなたは天の法令を知っているか。地にその法則を立てることができるか。
38:34 あなたの声を雲にまであげ、みなぎる水にあなたをおおわせることができるか。

新共同 ヨブ 38:33-34
38:33 天の法則を知り/その支配を地上に及ぼす者はお前か。
38:34 お前が雨雲に向かって声をあげれば/洪水がお前を包むだろうか。

●天の法則・・・天体運動。
●天体は地上に影響を及ぼすものと考えられていた。現代でも太陽の黒点と作物の収穫は関係あると言われている。
●人間は天に向かって命令して雨をコントロールはできない。
●人間は原子爆弾や原子力発電所を作れるが台風ほどの巨大エネルギーは造れない。


有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

 

    TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tsk0603.htm

 

  ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


塚本虎二訳新約聖書一巻本完成 ++++++++ 所感

2011/07/19 16:13

110719(火)塚本虎二訳新約聖書の一巻本がこのたび新教出版社から公刊(8月15日)されることになった。定価4200円。塚本訳は戦前、先生の個人雑誌「聖書知識」誌で新約全巻が1944年に完成した。これは我が国における聖書口語訳の草分けであった。先生はこれを公刊せずその「改訳」に着手されたが完成できずに召された。今度公刊されるものは、塚本訳の集大成である。今まで入手困難であった塚本訳が集め整理されて一巻本になったのはうれしい。[
[
[
「塚本虎二訳新約聖書刊行会」に直接注文の場合は送料込4200円で送られる。
注文方法は次の通り。

①郵便 192-0364八王子市南大沢4-34-2 藤本悦子方 塚本虎二新約聖書刊行会 

②Eメール 
fujimoto@mx2.et.tiki.ne.jp

①氏名 ②住所 ③電話/FAX ④メールアドレス ⑤注文冊数 を明記

郵送される書籍に振替用紙が同封されるので到着後に送金。

●新教出版社の宣伝チラシには、佐竹明、大島智夫、新井明、千葉眞の諸先生が推薦文を書いておられる。

発刊にあたり中心的に御苦労なさったFEさんには次のように感謝と御祝いの手紙を書いた。
FEさん宛レター、一部追加改変
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

FE 様

 

 塚本訳新約聖書がついに一冊本で公刊されることになったことをお喜び申し上げます。

推薦者の大島智夫先生の「障害を見事に乗り越え」という言葉が真に的を得た賛辞と思います。また「(塚本訳全巻は)長い間一般の読者には入手困難であった」という佐竹明先生の御指摘もその通りであると思います。塚本訳の価値を知る心ある若い勉強家達には今まで非常に不便であったわけです。

FEさんから「高橋(照男)さんに『これ(塚本虎二訳の一巻本のまとめ)をやらないうちは死んではいけません』と脅迫されたので『必死』でやりました。ヘトヘトになりました。」とお手紙をいただいたのはついこの間のことでした。そのときから短時間で一巻本の公刊にまでこぎつけられましたのはFEさんの信仰と能力でなければできないことでした。真に御苦労様でした。塚本先生も天でお喜びと思います。

 日本聖書協会の「日本語訳聖書の系図」(一枚もの)でも、キリスト新聞社の「新聖書大辞典」(昭和46年3月・・・824ページ)でも和訳聖書において塚本虎二訳は「福音書」だけになっていることを長い間残念に思っていました。「使徒のはたらき」は1977年に岩波書店の文庫本として出版されたのですが現在では絶版でありかつ重販未定です。従って塚本訳「使徒のはたらき」は歴史から葬られる運命でした。それが塚本先生の遺稿の整理をされ、ロマ書以下残りの書簡類とともに塚本訳完全本として誰もが入手できるように公刊されることは深い喜びです。

 今回のものはぜひ聖書協会に一冊献本していただき、先の「日本語訳聖書の系図」(一枚もの)の改定時には修正していただきたいとお話し下さいますようにお願い申し上げます。

7月9日の「キリスト新聞」によりますと、ブラウン訳「新約全書」の復刊が完成したようです。ブラウンの訳は1895年頃のことです。現代仮名使いに直す作業など関係者は随分苦労されたようです。塚本訳は聖書口語訳の草分け(塚本先生の言葉)の意義がある偉業です。
以下省略
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
レター終わり 


●超大型の台風6号が四国に接近、接近は四国だがすでに関東でも強風と雨、一個の台風が日本の半分にも影響があるとは日本は小さい島国だなー。●人間は台風を阻止できない。癌、地震、津波、飢饉などと同じだ。

resize1915.jpg 

暴風雨に備えて、ベランダにルーバー設置。男の出番だ。


resize1916.jpg 

暴風雨の備えにルーバーを取り付けた。外観。


resize1917.jpg 

観測史上最大級の台風6号の接近に既に荒れ模様。


●この暴風雨の中を妻は月本昭男先生の「旧約講義」に夕方から新宿に出かける。電車がストップしなければよいがなー。●東北地方の農家が心配、福島原発が心配。


  有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

 

    TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tsk0603.htm

 

  ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 

 

 


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


サッカー女子金メダル ++++++++ 所感

2011/07/18 20:56

110718(月)3:30起床サッカー女子ワールドカップ決勝。なでしこジャパンは米国に勝って金メダル●日本の「ねばり」は見上げたものだ。●大震災で避難している人にも励ましになった●しかし人間「力を尽くすべきこと」はこの世の「勝利」ではない。
聖書で「頑張る」べきことは神の国に入ることへの努力である。●信仰に「努力」は不必要と思われるが、神の国に入ように「努力せよ」とある。

塚本訳 ルカ 10:27
10:27 学者が答えた、「『心のかぎり、精神のかぎり、力のかぎり、』思いのかぎり、『あなたの神なる主を愛せよ。』また』隣の人を自分のように愛せよ』です。」

塚本訳 ルカ 13:24
13:24 「全力を尽くして(今すぐ)狭い戸口から入りなさい。あなた達に言う、(あとになって)入ろうとしても、入れない者が多いのだから。

●パウロの言い回しは少し違うが、イエスの言うことと本質は同じ。

塚本訳 ロマ 12:1
12:1 (このように、神は偉大な計画によって人類を一人のこらず救おうとしておられるのであって、救いは確かである。)だから、兄弟たちよ、わたしは神のこの慈悲を指してあなた達に勧める。あなた達の体を(感謝のしるしとして神に)捧げよ。この生きた聖なる犠牲こそ、神のお気に入るものであり、(霊なる神を拝むにふさわしい、)あなた達の霊的な礼拝である。(あなた達の礼拝は動物を供えるような不合理なものでなく、全心全霊をささげる合理的な礼拝でなければならならない)
 
add 2 Ⅰコリ9:24-25
9:24 (だからあなた達も、競技場の闘士のように自制しなければならない。)競技場で走る者は皆走るけれども、たった一人が賞をもらうことを、あなた達は知らないのか。あなた達も、それを勝ち取るように走らなければならない。
9:25 しかし競技する者は皆、何事にも自制する。ただ、あの人たちは朽ちはてる冠をもらうためであるが、わたし達は朽ちぬ冠のためである。

口語訳 ピリ 3:13-14
3:13 兄弟たちよ。わたしはすでに捕えたとは思っていない。ただこの一事を努めている。すなわち、後のものを忘れ、前のものに向かってからだを伸ばしつつ、
3:14 目標を目ざして走り、キリスト・イエスにおいて上に召して下さる神の賞与を得ようと努めているのである。

●しかし神の国の努力はこの世のガンバリとは違う。救われているのだから努力せよ、と言うのである。●山上の説教(マタイ5-7章)はこれを守ったから救われるのではなく、守れなかったからといって救われないのではない。きれいスト教の「努力」はこれは救われた者の努力である。 ●イエスが今回のサッカー女子ワールドカップ金メダルを話題にするなら、「あなたたち信者はあの『なでしこジャパン』の選手たちのような努力と精進を神の国に向けて行えと言うだろう。

塚本訳 ルカ 16:8-11
16:8 すると主人はこの不埒な番頭の利巧な遣り口を褒めた(という話)。この世の人は自分たちの仲間のことにかけては、光の子(が神の国のことに利口である)よりも利巧である。
16:9 それでわたしもあなた達に言う、あなた達も(この番頭に見習い、今のうちにこの世の)不正な富を利用して、(天に)友人[神]をつくっておけ。そうすれば富がなくなる時、その友人が永遠の住居に迎えてくださるであろう。
16:10 ごく小さなことに忠実な者は、大きなことにも忠実である。ごく小さなことに不忠実な者は、大きなことにも不忠実である。
16:11 だから、もし(この世の)不正な富に忠実でなかったならば、だれが(天の)まことの富をあなた達にまかせようか。

 有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

 

    TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tsk0603.htm

 

  ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 

 

 





トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


89才、毎日3時間聖書読書 ++++++++ 所感

2011/07/17 19:26

110717(日)5時15分起床●TSK日本語版ヨハネ●集会は丹野、橋トミ子(金持ちの青年、福島の状況報告)、村上(民数記)●13:00 感謝会、15名、89歳Fさんの感話。「朝食後毎日聖書を3時間読んでいると、向こうから迫ってきて胸が熱くなることがある。2ヵ月半で旧約新約を読み切る。毎日が感謝感謝である」●このFさんは一昨年癌になったが治癒した。wたしの見るところ毎日聖書を3時間も読んでいるからであろう。収入は年金だけの月6万。過日臨時収入が入った時、独立学園の建設資金にそっくり献金したという。●集会の方々は何くれとなく福島の三男恵のことを気にかけてくれて援助してくれている」。エクレシアの純粋な「愛」を感じて感謝である。

 有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

 

    TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tsk0603.htm

 

  ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 

 

 

 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


生きがいを失う時 ++++++++ 所感

2011/07/16 18:26

110716(土)5時目覚め●朝の啓示「生きがいを失うとき」●TSK日本語版ヨハネ8章●今日も猛暑、保冷剤を首と額に撒いてクーラーなしで耐える。扇風機かは熱風である。●妻のパソコンにTSKとバイブルデスクトップをノジマPC相談室星野氏の指導でインストール。私のPCが壊れて新規の機械が入った場合もすぐインストール出来る見込みがついて安心。願わくはTSK日本語版の新約聖書が完成するまで壊れないでほしいと願う。●「生きがい」という言葉は新改訳に一回あるだけで他にはない。

新改訳 Ⅰテサ3:8
3:8 あなたがたが主にあって堅く立っていてくれるなら、私たちは今、生きがいがあります

●金があっても、地位があっても、家庭があっても「生きがい」を喪失することがある。私の経験で生きがいを失う」ときは仕事が暇な時である。だからヒルティは幸福の条件として「神と共にあって(何でもよいから)仕事をすること」だと言っている。これ実に現実的な幸福論である。●子育て真っ最中の母親は「夢中」なので「生きがいの喪失」ということはない●生きがいとは命の交わりがあることである。●イエスのところに永遠の命を得たいと尋ねてきた人はこの世的には満足の人である。しかしなにか充たされないものがあったに違いない。そこで「生きがい」を求めていた。●イエスにとってその答えは「永遠の命」に生きることであった。●生きがいとは「命の交わり」である。それは人間の命ではなく神の命、永遠の命である。人間の命には裏切られる。捨てられる。●恋愛は幸福ではない。子供を持つことは幸福ではない。妻を持つことも最終的な幸福ではない。尽きぬ命、神の霊の命、神との交わり、それが生きがいである。

塚本訳  ルカ 18:18
18:18 ひとりの(最高法院の)役人が尋ねた、「善い先生、何をすれば永遠の命がいただけるでしょうか。」

塚本訳 ヨハ 3:1-2
3:1 ところでパリサイ人の中に名をニコデモという人があった。ユダヤの(最高法院の)役人であった。
3:2 ある夜、イエスの所に来て言った、「先生、わたし達はあなたが神のところから来られた先生であることを知っています。神がご一しょでなければ、あなたのされるあんな徴[奇蹟]はだれもすることは出来ません。」

●人間は若い時から晩年になるまで「生きがい」を求めて「あらぬもの」にあっちこっちひっかる。しかし満足しない。心がカラカラである。●私もマイホームを建てられた時はうれしかったが一方、「なんだこんなものか」と思ったものだ。●この世の幸福というものはそべてそれを手に入れた時に「なんだこんなものか」と思ってすぐ飢えが始まるものなのだ。財産、家、妻、子供、地位、健康、仕事、経済的安定・・・・・

 有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

 

    TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tsk0603.htm

 

  ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 



トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


神は病気を治す ++++++++ 所感

2011/07/15 06:39

110715(金)4時15分目覚め。朝の黙想「神は病気を治す」●TSK日本語版ヨハネ8章

resize1912.jpg 

東の窓を開けると朝日。讃美歌97番
~♫~朝日は登り昇りて 世を照らせり~♫~
 

http://www.ylw.mmtr.or.jp/~johnkoji/hymn/xmas/097.html

●生まれ故郷浦和の教会で日曜学校の教師をしていた時、生徒の一人が母親に先立たれた。その生徒がこの讃美歌を歌っていた横顔が忘れられない。今頃どうしているのかなー。生きていたらもう50才ぐらいになっているはずだ。自転車店の娘であった。
●福島の孫の二人が放射線内部被曝の影響ではないかと思われる症状が出たというので悩む。●子や孫が病気になった時は「代われるものなら代わってやりたい」と思う。なぜなら私はもう十分生きたからである。●11年前、息子の一人が「十字架がどうしても分からない」と言っていた頃、私は脳出血で倒れた。あのとき私はベッドに正座して、「息子に十字架の意味を分からせて頂けるなら私の命をお取り下さっても結構です」と真剣に祈った●同じことがまた襲ってきた。孫の病気を直して下さったら、今の私のこの命を奪って下さっても結構である。私はもう十分に生きたからである。●しかし今回の地震津波原発事故は信者にとって信仰の試練である。両親を失った子供もいるのに「信仰の試練」だなどとノーテンキな事を言うなと言われそうであるが、そうではない。それは愛する肉親のラザロが病気で死んで嘆き悲しんでいるときのイエスから学ぶ。●神は死人をも甦らすのだ。病気なんぞを治せないわけはない!。

塚本訳 ヨハ 11:3
11:3 マリヤとマルタとはイエスに使をやって、「主よ、大変です。あなたの可愛がっておられる人が病気です」と言わせた。

塚本訳 ヨハ 11:4
11:4 イエスは聞いて言われた、「これは死ぬための病気ではない。神の栄光のためである。すなわち(神の栄光をあらわすために、)神の子(わたし)がこれによって栄光を受けるためである。」

塚本訳 ヨハ 11:11-13
11:11 こう話して、またそのあとで言われる、「わたし達の友人ラザロが眠った。目をさましに行ってやろう。」
11:12 弟子たちが言った、「主よ、眠ったなら(きっと)助かりましょう。(眠る病人はなおると言います。起さない方がよいでしょう。)」
11:13 イエスはラザロが死んだことを言われたのに、弟子たちは安眠していることを言われるものと思ったのである。

塚本訳 ヨハ 11:14-15
11:14 そこでイエスが今度ははっきり言われた、「ラザロは死んだのだ。
11:15 わたしがそこにいなかったことを、あなた達のために喜ぶ。あなた達の信仰を強めることができるからだ。さあ、ラザロの所に行こう。」

塚本訳ヨハ 11:21
11:21 マルタがイエスに言った、「主よ、あなたがここにいてくださったら、わたしの兄弟は死ななかったでしょうに。

塚本訳 ヨハ 11:22-26
11:22 しかしあなたがお願いになることなら、神様は何でもかなえてくださることを、わたしは今でも知っています。」
11:23 イエスは言われる、「あなたの兄弟は生き返る。」
11:24 マルタが言う、「最後の日の復活の時に生き返ることは、知っています。」
11:25 イエスがマルタに言われた、「わたしが復活だ、命だ。(だから)私を信じている者は、死んでも生きている。
11:26 また、だれでも生きている私を信じている者は、永遠に死なない。このことが信じられるか。」

塚本訳 ヨハ 11:40-43
11:40 イエスがマルタに言われる、「信ずれば神の栄光が見られると、(さきほども)あなたに言ったではないか。」
11:41 人々が石をのけた。するとイエスは目を天に向けて言われた、「お父様、(まだお願いしないのに、もう)わたしの願いを聞いてくださったことを感謝します。
11:42 (願わずとも)あなたはいつもわたしの願いを聞いてくださることを、わたしはよく知っております。しかしまわりに立っている人たちのために、(今わざと声を出して感謝を)申したのであります。(わたしの願いはなんでもきかれることを彼らに示して、)あなたがわたしを遣わされたことを信じさせるためであります。」
11:43 こう言ったのち、大声で、「ラザロ、出て来い」と叫ばれた。 

塚本訳 ヨハ 11:44
11:44 死人が手足を包帯で巻かれたまま、(墓から)出てきた。顔は手拭で包まれていた。イエスは「解いてやって(家に)帰らせなさい」と人々に言われた。

●9:30 オリンピック記念国立青少年センターでシンポジウム(主催・国際デジタルカンファレンス実行実行委員会、共催MTC宣教師訓練センター)。シンポジストは全員福島県人。富永國比古先生、牧師三名、三男の近藤恵、近藤華子など。キリスト教徒の立場からのシンポジウム。だれ一人として国や東電に批判がましいことを言わないところに日本中の十字架を負っている姿を見た。シンポジウムの底流に暖かいものを感じた。神は福島県を愛している。見捨てない。 

resize1913.jpg 
 
近藤恵、近藤華子がシンポジストとして発言。
シンポジスト全員から福島原発事故の生々しい被害報告があった。

resize1914.jpg 

無教会の富永國比古先生から発題。放射線に関する医学的解説。国難の時には無教会者が出現するのは不思議な現象であるが、理由は組織というバアルに膝をかがめない存在だからである。 ●富永先生は最近河出書房新社から「放射能物質から身を守る食事法」を出版されたが、この本に対して出版差し止めの抗議が出ているそうである。先生は「闇の力」を感じると言われた。あの故高木仁三郎氏(反原発の論客)も殺されそうになったことが3回もあったそうである。●但し高木氏に関しては「祈りがない」ということで富永先生と意見が一致した。

塚本訳ロマ 11:4-5
11:4 ところが彼に対する神のお告げはどうであるか。──「『わたしは(異教の神)バアルに膝をかがめなかった男子七千人を』自分のために『残しておいた。』」
11:5 だから、同じように今の世にも、恩恵の選びによる残りの者がある。

●終戦の時、天皇に無条件降伏を促したのは複数の無教会関係者。これは神の不思議なる摂理であった。戦後昭和天皇は息子の英語教師はクリスチャンから選べと命令、クェーカーのヴァイニング夫人が選ばれた。現在皇室侍従の約三分の一は無教会的クリスチャン。これに反してカトリックはマッカーサーと組んで天皇にカトリックの洗礼を授けようして失敗(「天皇とロザリオ」)●戦後無教会者が侍従長になったのは、三谷隆信、村井長政。侍従次長の関屋貞三郎も無教会●無教会の一部はしきりに天皇制批判をしているがこれは犬の遠吠えに留まらず全く聖書を理解してないばかりかキリスト教に泥を塗っている。自分の職能(小事)をしっかりやれ。ルカ16:9-13を塚本訳で深く読め●キリストはこの世に「僕」の形をとって来られたのだ。●無教会の旧約学者中沢樹先生の葬儀には三笠宮殿下が弔辞を述べられた。●Y氏のお孫さんはお気の毒にも4重苦でお生まれになった(3重苦のヘレンケラーは見えず聞こえず話せずだが、さらに歩けず)。しかし結果的に両親と祖父母が信仰に入られた。私はそのことを「キリストはY氏の家に4重苦のお孫さんの姿を取ってこられたのだ」と書いたら、新井明先生(詩人でもあられる)に同感された●初代キリスト教は奴隷階級に広まった。福音は上からでなく下からであるべきだ。

塚本訳  Ⅰペテ2:17-19
2:17 凡ての者を敬え、すなわち教友を愛し、『神を畏れ、王を』敬え。
2:18 奴隷達よ、(神に対する)あらん限りの畏れをもって主人に服従せよ、ただ善い、優しい主人だけでなく、気難しい主人にも(快く服従せよ。)
2:19 もし人が(自分を奴隷としたのは)神(であること)を意識して苦痛を忍び、不当に苦しむならば、これは(神に)喜ばれることであるからである。


塚本訳 ピリ 2:7-8
2:7 かえって自分を空しうして人と同じ形になり、奴隷の姿を取り給うたのである。そして人の様で現れた彼は、
2:8 自ら謙り、死に至るまで、(然り、)十字架の死に至るまで(父なる神に)従順であり給うた。

●13:00 富永先生を囲み高橋家関係者全10名で昼食。福島の孫二人が思っていたより
元気なのはうれしかった。次男の妻と子供も来てにぎやかであった。

●午後は韓国からの発表。今や宣教はSNS(ソーシャルネットワークシステム)の時代だとの講演。これまでの宣教は集客と教会員の増加が目的であったが、今後はITによる異教人社会に向けての福音発信の時代だというのはアーメンであった。発信の内容は社会や世の問題ニーズに貢献する「世に仕えること」でなければならないという●これまでは「教会に来たら」教えてヤルという姿勢であったが、ITの時代はこの世のニーズ(不信者の悩み)に応える形でのこちらからの積極的な情報発信でなければならないという。これもアーメン。私と考えが一致。●韓国の信者は中国の信者とツイッターやフェイスブックで公式メディアとは関係なく自由に交流しているという。具体的には北朝鮮のキムジョンイルの動向などはメディアでなくツイッターやフェイスブックによって素早く情報が流れるという。こういう情報網に日本の信者も巻き込みたいという。中近東の政治改革は政府の御用メディアでなくITを使った若者たちの自由な情報交流であった。●韓国の勢いはすごい。負けソー、目けてる―。

●終了後講演者の一人Ham氏(北京大学教授)に質問をした。(日本人通訳にお願いした)橋「私はホームページを開いていて、世界15カ国から一日平均97名からアクセスがあるが、しかしこの方法だけでエクレシアは出来そうにないが。・・・・」。Ham氏「人数は少ないが心の交わりが出来る筈だ。」●この答えに「わが意を得たり」であった。思えばホームページによる発信で数は少ないが遠方の人と深い心の交わりを得た。それも「有体的復活」の信仰の一致で。こういう信仰の交わりの形は純粋である。●ITの時代になり、信者が物理的に集まる時代は終わった。一人の先生の名のもとに集まる無教会の体質も不純であることが浮き彫りになった。それはあまりに人間的である。無教会は教会主義を批判して、神と人との中間に教会組織を置くのは不純であると言うが、無教会は神と人間の間に信仰の先生を置いている。その先生がいないと集会がまとまらないからそれはしばしば狂信的教派的かつ戦闘的になる。. だから教会主義以上に不純である。神に祝福されず枯れて消滅してゆくのは当然。●内村、塚本、黒崎の諸先生が天で泣いている。
 

  有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

 

    TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tsk0603.htm

 

  ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 



トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


人生で一番困ること ++++++++ 所感

2011/07/14 09:54

110714(木)4時半起床●TSK日本語版ヨハネ8章。2年前に「姦淫の女の救いの物語」について感話した事があるのでそれを見直した。我ながらよく勉強した。福音は伝道や教会で伝わらない。無名の罪人が罪を赦された喜びがその「福音自身の力」で伝わるのだというのが結論である。この感話を聴いて下さった集会の当時96才の大長老Sさんから「これは高橋の感話の総決算だ」と褒めて下さった。

http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/kinen.htm

●人生で一番困ることは二つある。

①罪を犯してそれが清算出来ないでいること。常に過去の罪にさいなまれて平安がこない。恐怖である。
②死の恐怖。人生は短い。死んだら人からも宇宙からも永久に忘れられる。この虚無性の恐怖。

●この二大困難、二大恐怖に比べて政治的圧迫、戦争や病気による肉体の死などは大したことではない。人はみないつかは死ぬのだ。この世の悩みは人間の努力で少しづつよくなっていくものである。●十年一日のごとく天皇制反対を叫んでいる自称クリスチャンの態度は、哀れを通り越して罪悪である。なぜか。人間にとって一番困っていることに気がつかないから言動が的外れであって、キリスト教の顔に泥を塗っているからである。さっさとキリスト教を捨てて人権主義者であることを標榜すべきである。
●取り返しのつかない過ぎ去った過去、手の届かない将来、いずれも人間の努力ではいかんともしがたい悩みである。この二つの解決なしに人は子供を産む事は出来ない。なぜか。子供にこの解決困難な悩みを負わせることになるからだ。
●しかし、人生はありがたい。この二つの困難に救いの道があるのだ。だから福音は永遠のものだ。その救いの道の言葉は聖書の次の二カ所である。

塚本訳 ヨハ 3:16
3:16 そのゆえは、神はその独り子を賜わったほどにこの世を愛されたのである。これはその独り子を信ずる者が一人も滅びず、永遠の命を持つことができるためである。


塚本訳 Ⅰコリ15:3-4
15:3 まえにわたしが(福音の)一番大切な事としてあなた達に伝えたのは、わたし自身(エルサレム集会から)受けついだのであるが、キリストが聖書(の預言)どおりにわたし達の罪のために死なれたこと、
15:4 葬られたこと、聖書どおりに三日目に復活しておられること、

●これを簡単に言えば「罪の赦しの十字架による救いと、有体的復活の喜び」である。過去の救いと将来の救いである。人間にはどうしようもないこのに大困難から救われる道がある。●これはこれを体験した者が伝承することによって困っている人を救うことが出来る。これ「使徒伝承」の本質だるが、堕落したキリスト教会や集会はこの事を「一番大切なこと」(パウロ、Ⅰコリ15:3)だと説かないで、その周辺のこの世の問題にばかり関わり合っている。神の教会が人権主義、政治運動、地球環境、教会制度、等の啓蒙発展に堕落転落している。●神学者のエミールブルンナーはその教義学え教会制度というのは周辺的なことが中心的なことになった姿だという。●なぜこういう現象が起きるかというと、宣教を自分の職業にする人間がいるからである。これが教会主義を産むのである。
●イエスは自分の復活の体が神殿であると言った。(ヨハネ3:21)。ところが初めはその中味があって勢いのあった無教会も100年もたつと、中味が無くなったうえに制度も教会もないから、グノーシス的か精神運動、あるいは社会運動に堕落してしまった。あげくの果ては内村鑑三やその弟子達の「思想」を振り回して宣伝することが「使徒伝承」だと間違うものが出てきて目も当てられない。パウロのいう「一番大切なこと」を忘れた報いでこうなった。 終末は近い。再臨待望。 

●あきる野の夏。写真4枚。

resize1908.jpg 

4時36分.東の窓を開けると朝日。讃美歌353番は素晴らしい。ここに朝日という言葉がでてくる。この賛美歌を心から歌えればたとえ惨めな生活、見栄えのしない人生でも感謝の人生、成功の人生だ。歌詞とメロディーは次をクリック

http://www.senzoku.org/353.htm 

resize1909.jpg 

夏の雲はすばらしい。この雄大さ、色彩。「天は神の栄光を現す」(詩篇19篇)。どんな絵画彫刻よりもすばらしい天然の造形。
 
resize1910.jpg 

幸福そうな農業労働。人参の収穫。私は「息子が福島で農業をやっているが放射能汚染で困っている」とこぼした。この人の笑顔を見ると余計うらやましくなった。写真をブログに掲載させて頂きたいと言うと、サイトを教えてほしいという。ヤフーで「橋照男」と打つとトップに出てくると説明。家に帰ったら見てみますと言われた。若い人は電子機械に強い。

resize1911.jpg 

夏空の下の我が家。家は神の支えがあるから建っているのだ。原子核を壊さないのだ
家庭生活も同じに神の支えがあって壊れないのだ。 

ユダヤ人が理想とする幸福な生活。詩篇127と128篇
 

口語訳 詩  127:1-5
127:1 主が家を建てられるのでなければ、建てる者の勤労はむなしい。主が町を守られるのでなければ、守る者のさめているのはむなしい。
127:2 あなたがたが早く起き、おそく休み、辛苦のかてを食べることは、むなしいことである。主はその愛する者に、眠っている時にも、なくてならぬものを与えられるからである。
127:3 見よ、子供たちは神から賜わった嗣業であり、胎の実は報いの賜物である。
127:4 壮年の時の子供は勇士の手にある矢のようだ。
127:5 矢の満ちた矢筒を持つ人はさいわいである。彼は門で敵と物言うとき恥じることはない。

口語訳 詩  128:1-6
128:1 すべて主をおそれ、主の道に歩む者はさいわいである。
128:2 あなたは自分の手の勤労の実を食べ、幸福で、かつ安らかであろう。
128:3 あなたの妻は家の奥にいて/多くの実を結ぶぶどうの木のようであり、あなたの子供たちは食卓を囲んで/オリブの若木のようである。
128:4 見よ、主をおそれる人は、このように祝福を得る。
128:5 主はシオンからあなたを祝福されるように。あなたは世にあるかぎりエルサレムの繁栄を見、
128:6 またあなたの子らの子を見るであろう。どうぞ、イスラエルの上に平安があるように。



  有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

 

    TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tsk0603.htm

 

  ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 

 


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


私の幸福論は「有体的復活」の信仰 ++++++++ 所感

2011/07/13 09:54

110713(水)4:15起床●本日は満68歳の誕生日。残り14年。14年前のことを思うとあっという間だ。●いつものようにTSk日本語版。地味だが日本宣教の土台造り●朝の黙想「人生の岐路」●昨日は嫁の華子と「人生の岐路」について電話で長懇談。原発問題で福島県人が住民票を他の県に移したのは6万人だという●、郡山付近で子供に異常な症状が出始めた。下痢、喉の渇き、鼻血など。国立病院機構・北海道がんセンターの西尾正道院長((放射線治療科)によれば低線量被曝の疑いがあるのではないかという。私の孫の二人にもそれに近い 症状があり、いよいよ行動の時が来たように思う。●人生、進むか留まるか、右するか左するかは常の悩み。男性は職業の選択、職場の決定。女性は結婚相手の問題。いずれも将来のことなので悩みに悩む。しかし脳漿をしぼりだしても将来のことはわからない。金や占いでも解決つかない●神の導きを仰ぐより方法はない。ヒルティもこの人生の悩みについて次の二つで我々に教えている。

①ヒルティ幸福論Ⅲ「わがなんじになさんとするは驚くべき事なり」
②ヒルティ「眠られる夜のためにⅠ」、「なおfりたいのか」

●10代後半にこの論考に出会って私の人生は決した。つまり神の啓導に身を委ねて歩く人生観である。「眠られぬ夜の為にⅠ」3月3日に言う「アリアドネの糸」にしっかりつかまって離さない人生である。そして本日68才、この人生観は間違っていなかった。神は総てをよくして下さった。悩みもことごとく益としてくださった●人生逆境の時もこの「アリアドネの糸」(ギリシャ神話。深い洞窟の迷宮に入った人がアリアドネ(女神)が与えた糸をたぐって無事戻れたという物語。ヒルティはこの糸を神の導き、キリストの啓導と言う。訳者小池辰雄氏の解説)
●特に②の「なおりたいのか」は、人生の歩き方をイザヤ書を縦横に引用して説いていることに驚いたものであった。●ところでヒルティはこの論考をいつ執筆したのかを調べてみると①の幸福論Ⅲは66才、②の「眠られぬ夜のためにⅠ」は68才。いずれも妻ヨハンナに先立たれた64歳以降のものである。ヒルティは一人になった身ですばらしい論考を執筆してくれた。そしてヒルティは76歳で本人の理想通り「仕事中」に召された。
●そこでヒルティがこの論考を執筆した年齢に私も到達したので、年齢の数字からすると私も自分の「幸福論」を言わなければならない。これがヒルティとヒルティを紹介してくれた塚本虎二先生への恩返しである。
●「私の幸福論」とは「有体的復活の信仰」以外にはあり得ない。これこそ人生どんな逆境の時にも耐え抜く、忍耐できる「希望の光」である。今回の東日本大震災の後の最初の集会感話は宮澤賢治のアメニモマケズの中の「コハガラナクテモイヽ」を題名として、「シニソウ」で怖がっている人に復活の希望があることを言わんとしたのである。●これはホームページの「使徒伝承」にアップした。集会感話の資料はいつもならすぐホームページにアップしていたのであるが、なぜかこれはアップしていなかったので本日掲載する。

http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/110713.htm

●私が死んだら「高橋照男という男は有体的復活を固く信じて死んでいった」とだけ言って貰えばよい。それだけでよい。それ以外であってはならない。これ、今日68歳の誕生日の遺言である。
 ●20:30息子の一人から誕生祝いのメッセージの電話。言葉はうれしい。言葉は霊だからである。感謝。こんな夜遅くでもまだ会社で執務中だというので身体を第一にするようにと言った。働き盛りの年齢である。諸般について長懇談。


  有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

 

    TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tsk0603.htm

 

  ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


命の水 ++++++++ 所感

2011/07/12 15:35

110712(火)5時起床●67歳最後の日●TSK日本語版ヨハネ、WEB黒崎詩篇註解校正●昨夜は恵と食品検査の第三者検査機関について懇談。基準が難しいという●8:00妻はYさんと高尾山。ケーブルを使わないで登るという。元気だ。ウチノ家内にはカナイません●7月15日、オリンピック記念青少年総合センターでの「いのちの水」シンポジウムで恵と華子さんが話をするというので「命の水」について聖書に学ぶ。●新約聖書塚本訳で「命の水」は次の個所。いずれも神の霊のことを指す。

検索 命の水 [塚本訳] 新約
ヒット数 検索 5

ヨハ   4: 10 [塚本訳

イエスは答えられた、「もし神の(賜わる最上の)賜物が何であるか、『飲ませてくれないか』と(今)あなたに言っている者がだれであるかがあなたにわかっていたら、あなたの方からその人に頼み、その人があなたに清水[命の水]を与えたであろうに。」

黙    7: 17 [塚本訳

玉座の真中にい給う仔羊が彼らを牧し、彼らを生命の水の泉に導き、また神は彼らの目から悉く涙を拭い去り給うからである。」

黙    21: 6 [塚本訳

そして私に言い給うた、「(事は)成った。我はアルパまたオメガ、初また終である。渇く者には無代で生命の水の泉から我は飲ませるであろう。

黙    22: 1 [塚本訳

天使はまた神と仔羊の玉座から(流れ)出ている水晶のように輝いた生命の水の河を私に示した。

黙    22: 17 [塚本訳

すると御霊と新婦とが(答えて)言う、「来たり給え」と。聞く者も(また)「来たり給え」と言え。渇く者は来い。望む者は無代で生命の水を受けよ。

●ただで命の水は飲めるが「罪からに救い」という一旦歌い目に遭わされなくては「命の水」は飲めない。ここが難しい。この事を示すのはイエスとサマリヤの女の問答である。

塚本訳 2 ヨハ 4:13-15
4:13 イエスは答えられた、「この(井戸の)水を飲む者はだれでもまた渇くが、
4:14 わたしが与える水を飲む者は永遠に渇かない。そればかりでなく、わたしが与える水は、その人の中で(たえず)湧き出る水の泉となって、永遠の命に至らせるであろう。」
4:15 女が言う、「主よ、その水を下さい。(二度と)渇くことがないように、またここに汲みに来なくてもよいように。」

●「命の水」とは神の霊のことである。イエスは次のように言うのだが。これが難しい。生まれつきの人間は神の霊との交わりを経験しないものだからである。「命の水」を飲みたくても飲めないのだ。

塚本訳 ヨハ 7:37-39
7:37 祭の最後の大際の日に、イエスは立って叫ばれた、「渇く者はわたしの所に来て飲みなさい。
7:38 わたしを信ずる者は、聖書が言っているように、『そのお腹から、清水が川となって流れ出るであろう。』」
7:39 これは、彼を信ずる者が受けるべき御霊のことを言われたのである。イエスは(その時)まだ栄光を受けておられなかったため、御霊がまだ下っていなかったからである。(「であろう」と言われたのはそのためである。)

●人間、罪の自覚と十字架の救いを経験して初めて神の霊という「命の水」を飲む事が出来る。そのことをイエスはニコデモに次のように言う。


塚本訳  ヨハ 3:3-6
3:3 イエスが答えて言われた、「アーメン、アーメン、わたしは言う、(徴を見て信じたのではいけない。)人は新しく生まれなおさなければ、神の国にはいることは出来ない。」
3:4 ニコデモがイエスに言う、「(このように)年を取った者が、どうして生まれなおすことが出来ましょう。まさかもう一度母の胎内に入って、生まれなおすわけにゆかないではありませんか。」
3:5 イエスは答えられた、「アーメン、アーメン、わたしは言う、人は霊によって生まれなければ、神の国に入ることは出来ない。
3:6 肉によって生まれたものは肉であり、霊によって生まれたものだけが霊である(から)。

●救われた者にとってはこの事はよくわかることであるが救いの体験をしない者にとっては理解困難である大脳皮質では全く分からないことである。イエスはこの事を次のように言う。


塚本訳ルカ 16:24-26
16:24 声をあげて言った、『父アブラハムよ、どうかわたしをあわれと思ってラザロをよこし、指先を水にひたしてわたしの舌を冷やさせてください。わたしはこの焔の中でもだえ苦しんでおります。』
16:25 しかしアブラハムは言った、『子よ、考えてごらん、あなたは生きていた時に善いものを貰い、ラザロは反対に悪いものを貰ったではないか。だから今ここで、彼は慰められ、あなたはもだえ苦しむのだ。
16:26 そればかりではない、わたし達とあなた達との間には大きな(深い)裂け目があって、ここからあなた達の所へ渡ろうと思っても出来ず、そこからわたし達の所へ越えてくることもない。』

●人間は常に飢え渇いて渇きを癒そうとしている。「水!、水!、水!」と叫んで金に、女に、遊びに、地位に、権力、安心立命、健康長寿にしがみつこうと懸命である。しかしそれは結局渇きを癒さない。一旦は喉が潤うがまた渇く。それで満足sだと言うなら結構だが、高等動物の人間はたいていそれでは満足しない。神の霊を頂かないうちはここは常にカサカサで空しく空虚な気持で充満しているのだ。だからイエスは言うのだ。●26節は悲しい現実を言う。不信者は信者を理解できないというのだ。

文語訳 ヨハ 7:37
7:37 祭りの終の大なる日に、イエス立ちて呼はりて言ひたまふ『人もし渇かば我に來りて飲め。


口語訳 アモ 8:11-13
8:11 主なる神は言われる、「見よ、わたしがききんをこの国に送る日が来る、それはパンのききんではない、水にかわくのでもない、主の言葉を聞くことのききんである。
8:12 彼らは海から海へさまよい歩き、主の言葉を求めて、こなたかなたへはせまわる、しかしこれを得ないであろう。
8:13 その日には美しいおとめも、若い男もかわきのために気を失う。

塚本訳 ヨハ 6:37
6:37 (だが、信じないのは父上の御心である。)父上がわたしに下さるものは皆、わたしの所に来、わたしの所に来る者を、わたしは決して放り出さない。

塚本訳  マタ 11:28
11:28 さあ、疲れている者、重荷を負っている者はだれでも、わたしの所に来なさい、休ませてあげよう。


塚本訳 ヨハ 5:40
5:40 あなた達はその命を得るためわたしの所に来ようとしない。


塚本訳  ヨハ 6:37
6:37 (だが、信じないのは父上の御心である。)父上がわたしに下さるものは皆、わたしの所に来、わたしの所に来る者を、わたしは決して放り出さない。


塚本訳ヨハ 14:6
14:6 イエスは言われる、「わたしが道である。また真理であり、命である。(手段であると同時に目的であるから。)わたしを通らずには、だれも父上の所に行くことはできない。


塚本訳 ヨハ 6:55
6:55 わたしの肉は本当の食べ物、わたしの血は本当の飲み物だから。


塚本訳 Ⅰコリ10:4
10:4 また皆同じ天与の飲み物を飲んだ。すなわち、ついて来た天与の岩から(出る水を)飲んだのである。そしてこの岩こそ救世主であった。


塚本訳 Ⅰコリ11:25
11:25 食事の後、杯を同じように(感謝)して(分けて、)言われた、「この杯はわたしの『血』の犠牲を払った『新しい約束』である。(今から後、)飲むたびごとに、わたしを記念するためにこのことを行ないなさい」。


塚本訳 Ⅰコリ12:13
12:13 また、わたし達は皆、ユダヤ人にせよ異教人にせよ、奴隷にせよ自由人にせよ、一つの体になるために、一つの御霊で洗礼を受けたからである。そしてわたし達は皆一つの御霊を飲まされた。


塚本訳 エペ 5:18
5:18 また『酒に酔うな』──これが放蕩(の始まり)である──むしろ御霊に満たされよ。(これに酔え。)

●イエスは我々に罪の赦しを与える贖罪の死を遂げる為に十字架上で自ら渇かれた。
 
塚本訳  ヨハ 19:28
19:28 こうしたあと、イエスは(自分のなすべきことが)何もかもすんだことを知って、(最後に)聖書の言葉を成就させるために、「〃渇く〃」と言われた。

●これは旧約の成就のためであった。

口語訳 詩  22:15
22:15 わたしの力は陶器の破片のようにかわき、わたしの舌はあごにつく。あなたはわたしを死のちりに伏させられる。

口語訳 詩  69:21
69:21 彼らはわたしの食物に毒を入れ、わたしのかわいた時に酢を飲ませました。


   有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

 

    TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tsk0603.htm

 

  ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 

 

 

 



トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


食品安全の証明方法 ++++++++ 所感

2011/07/11 11:40

110711(月)4時半起床●TSK日本語版ヨハネ●室内気温11時ですでに33.4℃。黒崎詩篇註解WEB版校正。祖国の聖書学習の土台造りをしていると思えば暑さも「ナンノコレシキ」。氷を手拭いに包んで首に巻く●今年は扇風機だけでクーラーなしで貫徹しようと思うが。・・・出来るだろうか。昨年はたまらず3日稼動。
●NHKTV「朝イチ」。福島の牛肉が放射能汚染していた問題。福島県沖の魚の検査をどうするかの問題。私の感想。信頼のおける第3者「検査機関」の証明が頼りである。●なぜか。放射線物質は見えないものであるし、どのレベルが安全なのかも素人には判定できないからである。●見えないものは第3者の証明が必要であることは神についても言える。これについて聖書を思いつくままに感話。

マタ   8: 4 [塚本訳

イエスはその人に言われる、「だれにも言わないように気をつけよ。ただ(全快したことを)世間に証明するため、(エルサレムの宮に)行って体を『祭司に見せ、』モーセが命じた供え者を捧げよ。」

●らい病が清められた証明は祭司が行った。

ルカ   7: 35 [塚本訳

しかし(神の)知恵の正しいことは、(税金取り、罪人など、)その子供たちがみんなで証明した。」

●多数の民意というのも「証明」の一つだ。

使    22: 5 [塚本訳

このことは大祭司をはじめ元老院全体も、わたしのために証人になられるにちがいない。わたしはその方々からダマスコに居る(ユダヤ教の)兄弟たちあての添書までもらって、出かけて行ったのです。そこにいる(この道の)者をも縛ってエルサレムに引いてきて、罰するためでありました。

●大祭司と元老院が証明機関

Ⅰコリ  2: 4 [塚本訳

そしてわたしの話も説教も、人を感服させる知恵の言葉によらずに、(神の)霊と力との(直接の)立証によった。

●神の力が本当の証明力。

ピリ   1: 8 [塚本訳

実際、神が私の(ために)証人になって下さるように、私は(いつも)キリスト・イエスの愛情をもって君達皆を慕っているのである。

●神ご自身が第三者機関となって下さる。これが本当の証明者。

塚本訳  マタ 18:16
18:16 しかし(どうしても)聞かないなら、ほかに一人か二人、一しょに連れてゆくがよい。『すべてのことは、二人もしくは三人の証言によって定められる』(というモーセの掟に従う)ためである。


口語訳 マタ 18:17
18:17 もし彼らの言うことを聞かないなら、教会に申し出なさい。もし教会の言うことも聞かないなら、その人を異邦人または取税人同様に扱いなさい。 


塚本訳  ヨハ 8:15-17
8:15 あなた達は人間的に(目に見えるもので)裁くが、わたしはだれも裁かない。
8:16 しかしたとえ裁いても、わたしの裁きは真実である。わたしはひとりではなく、わたしと、わたしを遣わされた方と(二人)であるから。
8:17 あなた達の律法にも、『二人の証言は信用すべきである』と書いてあるではないか。


●教会も証明機関。

口語訳 申  17:6
17:6 ふたりの証人または三人の証人の証言によって殺すべき者を殺さなければならない。ただひとりの証人の証言によって殺してはならない。
 
口語訳 申  19:15
19:15 どんな不正であれ、どんなとがであれ、すべて人の犯す罪は、ただひとりの証人によって定めてはならない。ふたりの証人の証言により、または三人の証人の証言によって、その事を定めなければならない。

●裁判の証人は複数。

口語訳 ヨハ 8:17
8:17 あなたがたの律法には、ふたりによる証言は真実だと、書いてある。

●企業の会計検査の報告も二人で行う


口語訳 Ⅱコリ13:1
13:1 わたしは今、三度目にあなたがたの所に行こうとしている。すべての事がらは、ふたりか三人の証人の証言によって確定する。

口語訳 Ⅰテモ5:19
5:19 長老に対する訴訟は、ふたりか三人の証人がない場合には、受理してはならない。

口語訳 ヘブ 10:28
10:28 モーセの律法を無視する者が、あわれみを受けることなしに、二、三の人の証言に基いて死刑に処せられるとすれば、

●私が塚本虎二先生に初めて出会った時、その弟子に前田護郎や関根正雄がいたので、その実によって木を信用した。
 
塚本訳 マタ 12:33
12:33 木を良いとするなら、その実をも良いとせよ。また、木を悪いとするなら、その実をも悪いとせよ。木(の良し悪し)は実で知られるのである。
 
●14:00 あまり暑いので市民プール。市民で65歳以上は一時間100円。クロール500メートル。水中歩行500メートル


●あきる野の夏の風景 5枚。 

resize1902.jpg 

午前4時33分。東の窓を開けると朝日。今日も暑くなりそうだ。

resize1903.jpg 

きれいな夏雲。奥多摩連山とあきる野市庁舎。官吏は神が備える「上に立つ権威」(ロマ13:1)

resize1904.jpg 

白い雲と赤い花。白地に赤は日本国旗。

resize1905.jpg 

夏の雲は上へ上へと湧きあがる。好きだなーこの勢い。

resize1906.jpg 

じりじりと照りつける太陽。ヴィヴァルディ合奏協奏曲の「夏」を思いだす。
 http://www.youtube.com/watch?v=UBBrIgYNqIY&feature=related



 有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

 

    TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tsk0603.htm

 

  ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


毒の水 ++++++++ 所感

2011/07/10 17:57

110710(日)5時半起床●TSK日本語版ヨハネ●集会は宮崎、高木(詩篇、ロマ書13:1、大震災のこと)山本(第一コリント)●高木博義さんは大震災に対する自らの姿勢を整理された話をされた。その中で、内村鑑三、宮田光雄、高橋照男他の三者を比較された。●そして「私(高木)は橋さんに先週の橋の感話に対して『あなたの話しは尖がっている』と個人的に言ったが、その意味は自分(高木)にグサッとくることが多かったからだ」と壇上から話された。●集会における感話の相互批判は集会の徳を建てる。●私の考えは自分の考えではなく「聖書それ自身の考え」と心得ており、それを目標としなければならない。

塚本訳Ⅰコリ14:12
14:12 あなた達も同じである。あなた達は霊のものを得ようと努力する者であるから、集会(の信仰)を造りあげるために、それが豊富になることを求めよ。

●先週の感話で地球の消滅は科学的予測として45億年後だという説があることを話したが、地球には終わりがあることを「覚悟しなければならない」と言ったつもりなのに、某トンチンカン氏が、その数値的予測は当てにならない30億年かも60億年かもしれないなどと的外れな受け止め方をされた。「嘆かわしい」とはこういう時に使う言葉である。イエスは次のように言う。イエスも「嘆かわしい」と思ったのである。

塚本訳 マタ 16:3-4 
16:3 また朝早く、『きょうは荒れだ、空が雲って焼けているから』と言う。あなた達は空の模様を見分けることを知っていながら、時の(せまった)徴を見分けることが出来ないのか。
16:4 この悪い、神を忘れた時代の人は、徴をほしがる。しかしこの人たちには、ヨナの徴以外の徴は与えられない。」イエスは彼らをすてて立ち去られた。

塚本訳  マタ 24:3
24:3 オリブ山に坐っておられると、弟子たちだけでそばに来て言った、「(宮がくずれると言われますが、)そのことはいつ起るか、また、あなたの来臨と世の終りとには、どんな前兆があるか、話してください。」

●こういう「嘆かわしい不信仰な人物」に対してイエスは「すてて立ち去る」(マタ16:4)ことをされた。これが正しい道である。なぜか。霊の目の開いていない人を相手にしたり、憤慨したり、弁解したり、反論するのは「人生の時間の無駄」だからである。なぜか。上からの光が降らない限り心の一致は望めないからである。「見込みがない」からである。大脳皮質に向かって説くのは「馬の耳に念仏」ほど筋違いのことである。信仰は大脳皮質に向かって説いてはいけない。間違っている。

●13:30 中野ZEROホールで伊勢初音の日本舞踊発表会。初音が日舞を倣うのは父方の祖母の願い。日舞は高橋家も妻の草野家も縁がなかったが、こうして別世界の文化を学ぶのも有益である。

resize1899.jpg 

初音の踊りは昨年より成長著しく、少女らしくなった。

resize1900.jpg 

初音のクラスメートが母親たちと応援(?)に来てくれた。これはうれしかった。

resize1901.jpg

伊勢一家(喜明、愛子、初音、かなほ、健太郎)と祖父母たち。
初音は化粧を落としたら日焼けの肌が真っ黒。彼女はゴスペルもやっているのだから日本文化の混合を 身に負っている。

●神は時に人間に警告を与えるため災難を降して苦しめるがその手段として「毒の水」とか「毒草」が用いられることもある。「毒の水」とは悪臭のある植物の樹液だとされる。しかし人間はこれらで死ぬことはない。否、肉は死んでも霊魂は生かされる。●何の因果か、この「毒の水」や「毒草」を扱うように運命づけられた人は己が身を嘆かない方がよい。責任は神にある。神は結局は人類を救う。「毒の水」や「毒草」を扱う身を嘆きにながら「命の水」を扱う人間になれば不幸中の幸いである。

口語訳 エレ 8:14
8:14 どうしてわれわれはなす事もなく座しているのか。集まって、堅固な町にはいり、そこでわれわれは滅びよう。われわれが主に罪を犯したので、われわれの神、主がわれわれを滅ぼそうとして、毒の水を飲ませられるのだ。

口語訳 エレ 9:15
9:15 それゆえ万軍の主、イスラエルの神はこう言われる、見よ、わたしはこの民に、にがよもぎを食べさせ、毒の水を飲ませ、

口語訳 エレ 23:15
23:15 それゆえ万軍の主は預言者についてこう言われる、「見よ、わたしは彼らに、にがよもぎを食べさせ、毒の水を飲ませる。神を汚すことがエルサレムの預言者から出て、全地に及んでいるからである」。

口語訳 申  29:18
29:18 それゆえ、あなたがたのうちに、きょう、その心にわれわれの神、主を離れてそれらの国民の神々に行って仕える男や女、氏族や部族があってはならない。またあなたがたのうちに、毒草や、にがよもぎを生ずる根があってはならない。

●神の救いの時は来た。イエスは「命の水」である。 しかしこの命の水を飲む為には「罪の悔い改め」という痛い関門を通らなければならない。

塚本訳ヨハ4:13-19
4:13 イエスは答えられた、「この(井戸の)水を飲む者はだれでもまた渇くが、
4:14 わたしが与える水を飲む者は永遠に渇かない。そればかりでなく、わたしが与える水は、その人の中で(たえず)湧き出る水の泉となって、永遠の命に至らせるであろう。」
4:15 女が言う、「主よ、その水を下さい。(二度と)渇くことがないように、またここに汲みに来なくてもよいように。」
4:16 イエスが言われる、「行って、あなたの夫をここに呼んで来なさい。」
4:17 女が答えた、「わたしには夫はありません。」イエスが言われる、「『わたしには夫はありません』と言うのは、もっともだ。
4:18 五人の夫とは別れ、今のは、あなたの夫ではないのだから。あなたの言ったことは本当だ。」
4:19 女が(びっくりして)言う、「主よ、わかりました、あなたは預言者です。

 有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

 

    TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tsk0603.htm

 

  ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 




トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


和解できない苦悩 ++++++++ 所感

2011/07/09 18:10

110709(土)4時半目覚め●朝の啓示「和解できない苦悩」。人生の人づきあいの中でどうしても赦せない人、この私を赦してくれない人がいる。●余命14年。おそらくその人達とは和解できなくて私は死ぬであろう。残念である。●今まで何とか和解しようと私なりに努力してきたが無理であった。この際自力を放棄する。本日自己努力を完全放棄する●なぜか。人間同士の真の和解は不可能であって、完全には終末、再臨、復活によって初めて成就するものだからである。だから私は再臨待望、終末待望である●なぜかその時万物は罪が清められて復活できるからだ。●だから和解できない苦悩の人類に最も必要なj情報、新約聖書の中心的使信は次の二つである。この二つを理解できれば聖書が分かったこと、キリスト教が分かったことである●同時に成功の人生である。

文語訳 ヨハ 3:16
3:16 それ神はその獨子を賜ふほどに世を愛し給へり、すべて彼を信ずる者の亡びずして、永遠の生命を得んためなり。

塚本訳Ⅰコリ15:3-4
15:3 まえにわたしが(福音の)一番大切な事としてあなた達に伝えたのは、わたし自身(エルサレム集会から)受けついだのであるが、キリストが聖書(の預言)どおりにわたし達の罪のために死なれたこと、
15:4 葬られたこと、聖書どおりに三日目に復活しておられること、

●英国人英語教師リンゼイさん殺しの犯人である市橋達也被告は、法廷において英国から来日したリンゼイさんの両親に向って土下座して謝った。しかし彼の罪は土下座したぐらいで消えるものではない。また消えてはならない。罪は死で清まる。しかしまだ足りない。肉体が死んでも霊魂の死(第二の死)がある。●その霊魂の死から贖われる道はある。神の御子イエスキリストの十字架の救いである●だから地上において不和の関係は人間的努力でお互いが謝りあったぐらいで和解出来ると思ったら大間違いである。人間同士が和解しても神が罪を贖って下さらなければ罪は清まらない●だから不和は悩まない方がよい。それは終末再臨において全人類が神によって罪から贖われなければ人と人の真の和解は絶対に不可能なのである。自己努力、人間的努力でで和解してはいけない。それは神の主権をないがしろにすることである。神に介入していただかなければ罪は清まらないからだ。●人間の不和の原因は心の中で相手を殺すことである。「アンナヤツ早く死んでしまえ」と心で思うとき、それは神の目から見れば完全に殺人である。たとえ肉体を殺さなくても相手を精神的に殺していたのである。●そのことをイエスは次のように言う。
 

塚本訳 マタ 5:21-26
5:21 (だからわたしの戒めは彼らよりもきびしい。)──あなた達は昔の人が(モーセから、『人を)殺してはならない、』殺した者は裁判所で罰せられる、と命じられたことを聞いたであろう。
5:22 しかしわたしはあなた達に言う、兄弟に腹をたてる者は皆、(ただそれだけの理由で、天国の)裁判所で罰せられる。兄弟に馬鹿と言う者は、最高法院で罰せられる。畜生と言う者は、火の地獄で罰せられる。
5:23 だからもし、あなたが祭壇に供え物を捧げるとき、そこで兄弟に恨まれていることを思い出したなら、
5:24 供え物をそこに、祭壇の前に置き、まず行ってその兄弟と仲直りをし、それからかえって来て供え物を捧げよ。
5:25 また告訴人とは、一しょに(裁判所へ)行く途中で、早く示談にするがよい。そうでないと、告訴人は裁判官に、裁判官は下役にあなたを引き渡して、牢に入れられるにちがいない。
5:26 アーメン、わたしは言う、最後の一コドラント[十円]を返すまでは、決してそこから出ることはできない。

●ここにおいて
26節の「最後の一コドラント[十円]を返すまでは、決してそこから出ることはできない。」
という意味は何か。神は兎の毛程の罪をも赦さないということである。見逃さないということである。一瞬でも「アイツ早く死なないかなー」「いなくならないかなー」と思ったことは神は見逃さない。可哀そうだが仕方がない。●しかし心の中で「馬鹿者、畜生」と言うとき、直ちに殺人罪という訳ではない。憎しみの心で言う「馬鹿者、畜生」と愛があふれて「馬鹿者」というのとでは同じ「馬鹿者」でも違う。イエスの言葉を律法的にとらえてはならない。●イエス自身マタイ23章で聖書学者パリサイ人を激しく愚弄した。イエスは言行不一致である。かく言う私も兄弟に腹を立てたことは何度もあり、会社で人を殴ったこともある。これらは憎しみからか愛からであったかは自己弁明はできない。ただ、最後の裁きの日にキリストの十字架で今まで歩いてきた人生の総ての罪、不和の原因である心の中での殺人の罪の数々をことごとく赦してもらわなくてはならない。キリストの十字架の血潮ですっかり完全に清められなければならない。否、清められたい。●だから終末、再臨が早く来ることを希求する。したがって現在不和の関係にある人たちとの和解には無理な努力をしない。たとえこのまま和解できなくて死んでも神に赦して頂く。御子キリストの十字架の故に罪をきよめていただく。

●WEB黒崎詩篇註解の校正。送り状に建築家ヴォーリズの事を書く●15:00 娘の愛子の家が新しくマンションに引っ越すので、大荷物をゆずってくれた。先ず電動マッサージの椅子、これは妻が欲しがっていたもので嬉しい。次に自転車。マンションでは一台きり保有できないから二台の内の一台をゆずってくれた。これも妻の自転車が古くなっていたのでちょうどよかった。子どもが結婚すると親の持ちものをゆずることがあるが、私達老人になるとそれが逆になるものだなーと思った。

resize1897.jpg 

娘の愛子の家が新しいマンションに引っ越すので、大荷物の電動マッサージ椅子を
譲ってくれた。この椅子は高価なのでこういうことでもなければ自らは入手できない。感謝。
 
resize1907.jpg 

愛子の家から譲られた自転車。夏に来る孫が帰ったら後ろの子供椅子は取る。


●地元西多摩新聞の記者が福島県二本松の三男(恵)のところに行って放射線被害に苦悩苦闘している様子を取材。7月8日付の第二面に大きく取り上げられていた。子供の行き詰まりの苦悩はまた親の苦悩でもある。


 

 有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

 

    TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tsk0603.htm

 

   ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


人生は短くてもよい。勇ましく高尚であれ ++++++++ 所感

2011/07/08 08:57

110708(金)5時15分起床●朝の啓示「人生は短くてもよい。勇ましく高尚であれ」●TSK日本語版ヨハネ●昨日あきる野図書館での会話。親しい女性館員「今度はジャンヌダルクの研究ですか」。私「19歳の若さで火刑台に花と散った勇ましい生きざまを勉強するのだ」。親しい女性館員「でも、高橋さんの年齢では『花と散る』とは言い難いのではないですか」。●昨日こう言われてから今朝まで「花と散る人生とは何か」を考えた●福島第一原発の事故で残念ながら愛する孫の人生は短くなるかもしれない。しかし人生は長さではない。人生はたとえ短くても、内村鑑三が「後世への最大遺物」で語るように「勇ましく高尚な生涯」であればよいのだ。●そうだ。今からでも遅くはない。老年でも「勇ましく高尚なる生涯」に生きることが出来るのだ。ヒルティはそれを望んで切るのだ。●「勇ましく高尚な生涯」とは何か‹カッコヨイ仕事、皆に褒められる事業をすることではない。昨日お見舞いした88歳の星野利男さんは、夫人に先立たれ、晩年に全盲になり、しかも難聴で今は腰も悪く荒れた。しかし「召される日まで」と言いながら「何のコレシキ」と復活を信じてねばっておられる。これこそ「勇ましく高尚なる生涯」である。決して華々しい生涯ではない。これでいいのだ。これでいいのだ。●人には知られないが神に知られる人世がよいのだ●私の子や孫が「勇ましく高尚な生涯」を送るように神にあって祈る。願う●私は自分に向かって言う「進め、突撃。妻や子や孫の救いは一切神に委ね、総てを捨てて、後ろも脇も見ずに。あと残り14年間の命。」


●讃美歌494番2節

1. わが ゆく みち いつ いかに

   なるべき か は つゆ しらねど,

   しゅ は みこころ なし たまわん.

 

(Refrain)

   そなえ たもう しゅ の みち を

   ふみて ゆかん ひとすじ に.

 

2. こころ たけく たゆまざれ,

   ひと は かわり よ は うつれと,

   しゅ は みこころ なし たまわん.

  

3. あらうみ を も うち ひらき,

   すなはら に も まな を ふらせ,

   しゅ は みこころ なし たまわん.


resize1896.jpg 

●19:00 武蔵野市民文化会館小ホール。女声合唱団コール・アネモネのフォーレ「レクイエム」他を観賞。福島孝子さんの御招待。第三部はウィンナワルツで最後はラデッキ―行進曲。会場が手拍子。指揮者の永井宏のもと、よくまとまっている合唱団だ。


 有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

 

    TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tsk0603.htm

 

  ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

トラックバック(1) | コメント(0) | top▲


信仰は一代 ++++++++ 所感

2011/07/07 11:49

110707(木)6時起床●TSK日本語版ヨハネ●NHKTVでレース用のサラブレッドがどう誕生するかの解説があった。血統には300年の歴史があり、元をただせばアラブ系の馬3頭になるという。レースで勝った牡に注目し交配させ今日のように多くなったという。いわゆる血統遵守である。ただし名馬の子供が全部速く走れるという訳ではないらしい。●血統とは肉の世界のことである。「親の顔が見たいものだ」ということがあるが、親がだらしないと子もまただらしないのは真理。親の性道徳が悪いと子の心理に「親だってああだから自分も赦される」という感情が働いて歯止めがかからず同じように堕落する。これは身近に見つけられるから悲しい。●しかし信仰の世界、霊の救いは肉の血統とは全く関係ない。●イエスの血統はすごかった。その血統を証明しないとユダヤ人は納得信用しなかったのである。まったくこの世的な頭であった。救い主はアブラハムの子孫でダビデの子でなければならなかった。

塚本訳 マタ 1:1
1:1 アブラハムの末のダビデの末のイエス・キリストの系図──

●ところが当の救い主イエスは次のように言う。

塚本訳 マタ 22:41-45
22:41 イエスは(そこに)集まっているパリサイ人にお尋ねになった、
22:42 「あなた達は救世主のことをどう思うか。だれの子だろうか。」「ダビデの子」と答えると、
22:43 彼らに言われる、「ではダビデが御霊に感じて、救世主を主と呼んでいるのはどういう訳だろう。彼はこう言っている。──
22:44 『(神なる)主はわが主(救世主)に仰せられた、『わたしの右に坐りなさい、わたしがあなたの敵を(征服して)あなたの足の下に置くまで』と。』
22:45 だから、ダビデが(このように)救世主を主と呼んでいる以上、どういう訳で(その救世主が)ダビデの子であろうか。」

●ヨハネ福音書には次のようにある。

塚本訳  ヨハ 1:12-13
1:12 しかし受け入れた人々、すなわち、その名を(神の子であることを)信じた人には一人のこらず、神の子となる資格をお授けになった。
1:13 この人たちは、人間の血や、肉の欲望や、男の欲望によらず、神(の力)によって生まれたのである

●イエスはニコデモに次のように言った。

塚本訳 ヨハ 3:6-8
3:6 肉によって生まれたものは肉であり、霊によって生まれたものだけが霊である(から)。
3:7 『あなた達は新しく生まれなおさねばならない』と言ったからとて、すこしも不思議がることはない。
3:8 風[プニューマ]は心のままに吹く。その音は聞えるが、どこから来てどこに行くか、あなたは知らない。霊[プニューマ]によって生れる者も皆、そのとおりである。」

●そして聖書の心臓部である次の言葉を発する。

塚本訳 ヨハ 3:15-16
3:15 それは、(蛇にかまれた者がその銅の蛇を仰いで命を救われたように、)信ずる者が皆(天に上った人の子を仰いで、)彼にあって永遠の命を持つためである。
3:16 そのゆえは、神はその独り子を賜わったほどにこの世を愛されたのである。これはその独り子を信ずる者が一人も滅びず、永遠の命を持つことができるためである。

●現実を見よう。信者の子供必ずしも信者にはならない。返って反抗する。残念であるが確信的に反抗する。攻撃する。これは悲しい現実であるが良いことである。信仰は世襲や血筋ではないことが証明されているからである。名演奏家の子供名演奏家ではない。無教会で親子二代の伝道者は生まれない(例外はある)●だから信者の親は子供が信仰を継ぐと思わない方が楽だ。継がないのが自然の姿だと思った方がよい。それが神の摂理だ。●なぜか。どんな植物の種もその種は自分の足元に落ちないで遠くに飛んで行く。然り、自分の手の届かないところに飛んで行ってしまう。これはなるべく種が広範囲に広がる為である。●救いは全くもって99%でなく100%神の恩恵、神の祝福で与えられる。上記ヨハネ3:8の通りである。
●汚れた両親から生まれた気の毒な子供も、神の霊が降れば、見違えるよな人格の持ち主になる。ノーベル平和賞の候補にもなり日本よりも外国で評価されたあの賀川豊彦の出生の秘密は暗い。妾の子であったのだ。小さい頃「妾の子、妾の子」と呼ばれて淋しかった。その賀川少年を米国宣教師のマヤスとローガンがキリストの救いに導いた。「神はこのとき賀川に襲いかかったのだ」と村田四郎氏は賀川記念会で語った。
●信仰は一代である。親が子供や孫に信仰を継承してもらいたいと思う時、それはほとんど「この世的」かつ「肉的」な人間的思いである。
●イエスは独身。しかも兄弟は彼を理解しなかった。当然である。肉の世界の人間だからだ。世界が違うのだ。そこには渡れない裂け目があるのだ。クリスチャンとして身内から理解されないという悲痛なくして天国には入れない。

塚本訳 マコ 3:20-21
3:20 家にかえられると、また群衆が集まってきて、みんなは食事すら出来なかった。
3:21 身内の者たちが(イエスの様子を)聞いて(ナザレからカペナウムへ)取りおさえに出てきた。「気が狂っている」と思ったのである。

塚本訳 ルカ 16:26-31
16:26 そればかりではない、わたし達とあなた達との間には大きな(深い)裂け目があって、ここからあなた達の所へ渡ろうと思っても出来ず、そこからわたし達の所へ越えてくることもない。』
16:27 金持が言った、『父よ、それではお願いですから、ラザロをわたしの父の家にやってください。
16:28 わたしに五人の兄弟があります。彼らまでがこの苦しみの場所に来ないように、よく言って聞かせてください。』
16:29 しかしアブラハムは言う、『(その必要はない。)彼らにはモーセ(律法)と預言書と[聖書]がある。その教えに従えばよろしい。』
16:30 彼が言った、『いいえ、父アブラハムよ、もしだれかが死人の中から行ってやれば、きっと悔改めます。』
16:31 しかしアブラハムは答えた、『モーセと預言書との教えに従わないようでは、たとえ死人の中から生き返る者があっても、その言うことを聞かないであろう。』」

●パウロも独身。しかし新約聖書の大半はパウロの手紙。ベートーヴェンだって独身だったが、あれだけ人類を慰める曲を産んだ。●人間、健康で長生きばかりが能ではないそれは単に馬齢を重ねるということに過ぎない。動物的本能である。低級な人生観である。ジャンヌダークのように復活を信じて「花と散る」のが人生の目的だ。彼女は19歳であった。 

●15:10 妻と星野利男さんを一年ぶりに見舞う。星野さんは88才、夫人に先立たれ、晩年に全盲になりしかも難聴にもなられた。最近は腰を痛めて御不自由が増された。「召される日まで」「ナンノコレシキ」と言って信仰でねばっておられる。私がこのようになったら果たして私は真似が出来るだろうかと思った。●「午後三時祈りの友」4月号の会員召天名簿を読み上げた。1300人以上おられる。矢内原忠雄、塚本虎二、藤沢武義、野村実など無教会者の名前がかなりある。私は19年前に召された父(橋晋)の後を引き継いで会員になった●星野さんのリクエストで讃美歌87b(父の愛唱歌)を三人で歌い、三人で祈って辞去した。●星野さんのような不遇な状態になっても自殺しないでねばれるのは信仰のおかげだ。復活の希望があるためだ。●星野さんのこの信仰による忍耐は百千の説教に勝る。

讃美歌87b 

God is love: His mercy brightens


1. めぐみ の ひかり は わが ゆき なやむ

   やみじ を てらせり, かみ は あい なり.

   われら も あいせん, あい なる かみ を.

 
2. うきぐも おおえど みかお の えみ は

   さやか に てり いず, かみ は あい なり.

   われら も あいせん, あい なる かみ おを

 
3. うれい の とき に も のぞみ を あたえ,

   なぐさめ たまえり,  かみ は あいなり.

   われら も あいせん, あい なる かみ を.

 
4. もの みな うつれど めぐみ の ひかり,

   とわ に ぞ かがやく, かみ は あい なり.

   われら も あいせん, あい なる かみ を.


resize1895.jpg

祈りの友会員、星野利男さんを見舞った帰り。泰山木が見事に咲いてうた。妻を写す 


   有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

 

    TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tsk0603.htm

 

   ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 


 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


御霊の交わりという喜び ++++++++ 所感

2011/07/06 14:40

110706(水)5時起床●TSK日本語版ヨハネ●朝の黙想「御霊の交わりという喜び」

口語訳 ピリ 2:1
2:1 そこで、あなたがたに、キリストによる勧め、愛の励まし、御霊の交わり、熱愛とあわれみとが、いくらかでもあるなら、


口語訳 Ⅱコリ13:13
13:13 主イエス・キリストの恵みと、神の愛と、聖霊の交わりとが、あなたがた一同と共にあるように。


口語訳 コロ 2:5
2:5 たとい、わたしは肉体においては離れていても、霊においてはあなたがたと一緒にいて、あなたがたの秩序正しい様子とキリストに対するあなたがたの強固な信仰とを見て、喜んでいる。

●神の愛がこの世に降ったというのは罪の苦しみが解放されるというこの世の苦しみの解放である。これが神の愛の実在である。この愛が具体的にこの世に実在するのは「キリストの体なるエクレシア」においてである。●しかしこのエクレシア認識が堕落して、「交わり」おいうことが神の御霊抜きの「遊びの交わり」になっている。●本当の喜びは御霊の交わりである●生まれつきの人間は「喜び」を追求している。この喜びこそ「幸福の条件」である。●しかし新しい世界では「喜び」の質が違う.。これはこの世的ならざる天的な清い愛である。深い喜びである。イエスは次のように言う。

新共同 ヨハ 4:31-32
4:31 その間に、弟子たちが「ラビ、食事をどうぞ」と勧めると、
4:32 イエスは、「わたしにはあなたがたの知らない食べ物がある」と言われた。

●妻は婦人の読書会(塚本虎二著作集)、午後は愛子の仮住まいのマンションに行く●プールで600メートル泳ぐ

resize1894.jpg 

プールの帰途。秋留台公園の犬の遊び場を通る


  有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

 

    TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tsk0603.htm

 

  ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 

 




トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


ヒルティの「高きを目指して」 ++++++++ 所感

2011/07/05 06:28

110705(火)5時起床●朝の黙想「高きを目指して」。ヒルティ幸福論Ⅲの最後(幸福論の最後でもある)は「高きを目指して」(白水社旧版333~)。ここでヒルティは次のように言う。
「親愛なる読者よ、私達が―――今度は永久に―――お別れする前に申したい。前進には厭わしい事は避けられない。多くの人々よりも高きを目指すならば、いつも苦しみを覚悟せよ。これが『われに従うものは、おのが十字架を負え』とのキリストの悲壮な御言葉の飾らぬ、ややそっけない翻訳である。」(P359)●そしてヒルティは最後に死について次のように言っている。「そうして最後に死が訪れる。なにゆえ死は、誰にとっても『恐ろしいものの王者』でなければならぬのか?・・・・」(p375)●ヒルティは「我々の主ご自身は・・・」と言ってところから幸福論の読者をキリスト信者を想定している。(p367)●ヒルティは「(幸福になるには)不幸と試練の『火の燃える炉』の中で、最後の大きな溶かし」を体験しなければならないという。(p345)●そして幸福論全3巻の最後は次の言葉で閉じられている。
「苦痛は瞬時にして、喜びは永遠である」(シラー「オルレアンの乙女」)
●現在図書館から、このジャンヌダークに関する本を沢山借りてきている。19歳の若き女性が復活を信じて火刑に散ったそのいさぎよい「生きざま」に胸を打たれるからである
●以下は高橋節。今日の日本人の一般的な「幸福論」は経済的安定による健康長寿である。これ実に動物的で低級な人生観ではないか。ヒルティが「高きを目指して」というのは人格が霊的に清められ、来世に希望を持って死を突破することであるというのにのに比べ、日本人の「高きを目指して」は、一流校、一流会社、一流の地位、経済的安定、家庭の幸福、健康長寿、安心老後、などのことである。これは主たる「幸福」ではない。そのことは体験してみれば分かる。たとえそれを獲得してもそれだけではなお心はカサカサなのだ。空しいのだ。それだけ人間という生き物は高度に出来ているのだ。 まー駄目でもともとだ。試して見るのも人生だ。駄目だと感じればやり直せばよい。 

●岩島清様(元国立公衆衛生院放射線衛生学部長、今井館監事)に三男恵の住む二本松の放射線問題についてお尋ねする。どうも分が悪いようだ。
 
●大好きな夏雲をあきる野市で見る。生まれ故郷浦和の夏雲に似ている。あれから50年、流れ流れてあきる野市に落ち着いた。住まいは4回目。おそらく今の家が終(つい)の住処になるだろう。

resize1888.jpg 
植物が天に向かってぐんぐん伸びる。「高きを目指して」

resize1889.jpg 
大きな空.。高い空。バッハ、オルガンコラール「高き御空より我は来たれり」Bwv769
日本語讃美歌101番。 メロディーは次をクリック。

http://www.youtube.com/watch?v=t8PdGhp6dSg


resize1890.jpg 
高い雲 . 入道雲(積乱雲)は何かを物語っている。


resize1891.jpg 
プールで500メートル泳いだ帰り。初めて息継ぎを覚えたのは千葉県館山湾での
臨海学校のときであった。あの時は水平線のかなたに夏雲があったなー。

resize1892.jpg 
入道雲は雄大だ。手前はあきる野名物のトウモロコシ。

resize1893.jpg 
むくむくと湧き立つ雲。聖霊のようだ。今日の夕食はソーメンだと妻が
言っていた。

●東急ストア―で靴を購入。●NHKTVで名曲探偵アマデウス。ベートーヴェンの「月光」ヴェートーヴェンの曲は飽きない。●ヴェートーヴェンは耳が聞こえなくなってからの作品が傑作だ。


 有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

 

    TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tsk0603.htm

 

  ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 



トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


「虫がつく」ということ ++++++++ 所感

2011/07/04 10:37

110704(月)午前0時半、隣に寝ていた妻の「叫び声」で目が覚める。「百足(むかで!」。妻の足の親指がかみつかれ、ずきずきするという。見ると壁に張り付いている。二人で蠅たたきを探しにいっているうちに逃げられてしまった。●5時に起きてから、「Jバイブル」で聖書の中の「虫」を調べた。そのうち感ずるところの「感話」

塚本訳  マタ 6:19-20
6:19 (このように、何事も天の父上相手でなければならない。たとえば)あなたたちは衣魚や虫が食い、また泥坊が忍び込んで盗むこの地上に宝を積まず、
6:20 衣魚も虫も食わない、また泥坊が忍び込むことも盗むこともない天に、宝を積んでおきなさい。(そうでないと、心が天に向かないであろう。)

●父母の住んでいた実家はあるとき「白アリ」にやられた。白アリには普通土台がやられるがあの時は梁までやられていたのでぞっとした。木造家屋は白アリ対策が必要。それを「防蟻(ぼうぎ)工事」という。しかし家の全体が白アリにやられたら建て替えた方がよい。人間は白アリに負ける。

塚本訳 ルカ 12:33
12:33 (ただ御国のために働けばよろしい。)持ち物を売って施しをしなさい。(すなわちそれによって)自分のために古び(て破れ)ることのない財布をつくり、泥坊が近づくことも、衣魚が食うこともない天に、使いつくすことのない宝をつんでおきなさい。

●地上の財産は衣魚(しみ)に食われる。建築では劣化、寿命という事がある。古びない家は「天」にある。10年前に家屋が全焼した時に「天国の家は焼けない」という声を聞いた。


口語訳 使 12:23
12:23 するとたちまち、主の使が彼を打った。神に栄光を帰することをしなかったからである。彼は虫にかまれて息が絶えてしまった。

●この「彼」とはヘロデのこと。ヘロデは神に栄光を帰することをしなかった罰」で虫に食われて死んだ。別の訳では虫でなく蛆(うじ)。いずれにしても人間にとって「虫」は強敵。
●かって娘にボーイフレンドから電話がかかって来た時に私は「娘に手を出すな!」と我を忘れて必死に怒鳴った。娘に虫がついたようでぞっとしたからである。娘はその後、その「虫」と結婚するに至った。彼は私に一喝されたことで娘のことを「そんなにかわいがっているのか」と感じ入ったのだという。 うちの娘を受け入れてくれたその「虫」は良い虫であった。感謝。
●昨夜は「妻に虫がついた」。こういうとき男はやはりぞっとするものだ。「生命の畏敬」を説いたA・シュヴァイツァーの戒めなどはすっかり忘れ、必死にぶっ殺すことを考えるものだ。
 
口語訳 出  16:19-21
16:19 モーセは彼らに言った、「だれも朝までそれを残しておいてはならない」。
16:20 しかし彼らはモーセに聞き従わないで、ある者は朝までそれを残しておいたが、虫がついて臭くなった。モーセは彼らにむかって怒った。
16:21 彼らは、おのおのその食べるところに従って、朝ごとにそれを集めたが、日が熱くなるとそれは溶けた。

●食品は買い過ぎると腐る。金も必要以上に溜め過ぎると虫に食われるような禍がおこる。来月、来週どうして暮らそうかという不安状態の方が健全家庭と思う。金は必要な時に必要なだけ「天から下って来るように」思う。経験的にそう思う。
 

resize1887.jpg 

あきる野の夏の空。 ~♫~夏が来れば思い出す。はるかな尾瀬、遠い空~♫~


 有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

 

    TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tsk0603.htm

 

  ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


大震災の意味を聖書に学ぶ ++++++++ 所感

2011/07/03 18:08

110703(日)5時起床●本日の感話の資料をホチキス止め●10:00集会は藤巻、小寺(マタイ)、橋(「大震災の意味を聖書に学ぶ・・・人の子来臨の前兆・・・」下記URL)

http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/0703.htm

●帰途、高木博義さんから今日の感話についての有り難い講評をいただいた。最近「東京聖書読者会」はラオデキヤ教会のように「冷たくもなく熱くもない」(黙示録3:14-16)から今日の話しのように信仰的に厳しく尖がっているのは良いことであったという内容。信仰の交わりによる批評は益になる。徳が高められる。感謝。

口語訳 ロマ 1:12
1:12 それは、あなたがたの中にいて、あなたがたとわたしとのお互の信仰によって、共に励まし合うためにほかならない。

口語訳 ロマ 14:19
14:19 こういうわけで、平和に役立つことや、互の徳を高めることを、追い求めようではないか。

口語訳 Ⅰテサ5:11
5:11 だから、あなたがたは、今しているように、互に慰め合い、相互の徳を高めなさい。

●「冷たくもなく熱くもなかった」ラオデキヤ教会とはどういう教会出会ったのだろう。おそらくこの世の人の顔を恐れて信仰をはっきりしない人間。高木さんの言葉に従えば「尖がってない人間」達の集まりではあるまいか。この世との「妥協人間」ではあるまいか。この世とウマークやって行こうとする人間ではあるまいか。


塚本訳黙  3:14-16
3:14 また、ラオデキヤ教会の御使いに(手紙を)書け、アーメンである者、忠実な、真実な証人、神の創造の本源である者がこう言うと──
3:15 私はお前の業を知っている。お前は冷たくもなければ熱くもない。(いっそ)冷たいか熱ければよいのに!
3:16 私はお前がこんなに生暖くて、熱くも冷たくもないから、お前を口から吐き出そうとしている。
 
●妻は集会の帰途、コーラスの練習


●HTさんと電話懇談。目が御不自由だが自活は出来る。長男の家の傍のケアハウス(千代田区が管理)に入居出来てご安心。理想的な老後の居住環境だ。御主人召されて間もなく6年。平安あれかし。
 
resize1886.jpg 

非常に暑い聖日の午後、集会が終わってあきる野市に着く。冷たい風呂に入る。
炎天下の農業労働者の苦労を思う。


有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

 

    TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tsk0603.htm

 

  ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


地球崩壊と宇宙の終焉 ++++++++ 所感

2011/07/02 17:46

110702(土)5時起床●TSK日本語版ヨハネ●明日の感話「大震災の意味を聖書に学ぶ・・・人の子来臨の前兆・・・」を準備していて、地球の崩壊は45億年後。ビッグバンの研究で宇宙には始まりがあったことが分かっているので、現在その大きさ460億光年の宇宙に終焉があることも解明されつつある。●このことを考えると急に淋しくなった。宇宙の大きさ460億光年に比べて地球は塵以下である。その地球も45億年後に崩壊すると妻、子供、孫、人類の歴史のすべての思い出が無くなり、あとは暗い宇宙にシーンとなるだけである。●この淋しい人間、この淋しい人生を神は聖書と聖霊を通して「永遠の生命」「有体的復活」ということで慰めて下さる。希望を持たせてくれる。嘘でもよい、騙されてもよい。その希望無くしてこの人生は全く淋しくてつまらない。やりきれない。


 有体的復活の使徒伝承

   http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/index.html

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

 

    TSK日本語版・目次

    http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/denshou/tsk0603.htm

 

   ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲




| Top | Next
0814