to 日記と感想 2011年10月
Top | RSS | Admin

2011.09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2011.11


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171030(月)10:00 聖路加 桑本先生
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170824(木)12:10キララホールエントランスコンサート、マリンバ
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170813(日)10:30ナザレン教会浦和教会
    170813(日)14:00比企紀和君
    170812(土)14:00お江戸こらりあーず演奏会、文京シビックホール
    170809     TW誕生日
    170809(水)17:16初音吹奏楽、府中の森芸術劇場ドリームホール
    170808(火)0930池谷医院
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170708(土)14:00在宅医療説明会(キララホール)
    170707(金)10:00池谷医院
    170706      TM誕生日
    170702(日) 集会感話
    170701      TT誕生日
    170630(金)12:20キララホールエントランスコンサート
    170628      IY誕生日
    170627(火)11:00 能城牧師来訪
    170625)日)10:10トミ子集会感話
    170625(日)14:00茅ヶ崎金子邸
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール


仕事は二人一組が能率的 ++++++++ 所感

2011/10/31 20:40

111031(月)6時起床●TSK日本語版使徒入力。ブロック積みの精神

●TSK日本語版使徒2章WEBアップ

http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

●HP「使徒伝承復元。今日は「死の悲しみと淋しさ」

http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/sabi.htm

●HP「使徒伝承」の「大熊好子さんの思い出」に写真貼りつけ

http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/oy.htm

●NHKFM「気ままにクラシック」のイントロクイズ。バッハ、フルートソナタ第2番「シチリアーナ」。正解。これで49勝12敗。
今日の問題は、ブラームス交響曲第4番

●午後は妻と庭木の整理。仕事は二人でやると負担が二分の一ではなく、三分の一になった感じがする。イエスも使徒を使わすときに二人組にした。

塚本訳  ルカ 10:1
10:1 そのあとで、主は(十二人のほかに)別に七十二人を定め、自分で行こうとしておられる、あらゆる町や場所に二人ずつ先発された。

●結婚生活も夫婦という二人組。これは父性と母性の組み合わせで補完し合っている。

口語訳 創  2:18
2:18 また主なる神は言われた、「人がひとりでいるのは良くない。彼のために、ふさわしい助け手を造ろう」。

●妻と経済計画。

 有体的復活の使徒伝承

   http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/index.html

   

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    

     TSK日本語版・目次

    http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

   

   

    ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 


スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


聖書を耽読する理想的な生き方 ++++++++ 所感

2011/10/30 20:56

111030(日)6時30分起床●集会は丹野、土肥、小寺●集会の途次丹野さんと「終末に備える生き方は聖書を耽読する生活である」事について懇談●高木博義さんと3日の「南原繁シンポジウム」について懇談●妻は午後コーラスの練習●E・ルナンの「パウロ」を少し読む。E・ルナンについて興味を持つ。パウロに距離を置いている。内村も夏目漱石もルナンを読んでいる。●聖書を耽読する生活が理想。これを学的に読むのは「聖書でメシを食う」専門家の道である。●素人は信仰の書として読むべきである。98歳のST氏、99歳のTK氏、88歳のHT氏はいずれも聖書を耽読しておられる。特にHT氏は毎日3時間聖書に耽読され、一年で旧新約を4回も通読される。聖書はこれを勉強するのではなく、「通読」するように編集されている。

  有体的復活の使徒伝承

   http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/index.html

   

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    

     TSK日本語版・目次

    http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

   

   

    ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


杉山好先生を送る会 ++++++++ 所感

2011/10/29 20:05

111029(土)5時半起床●TSK日本語版

●TSK日本語版使徒1章WEBにUP

http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

●HPの使徒伝承の復元。今日は「死の悲しみの克服は」

http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/shi.htm

●「HPの使徒伝承「大熊好子さんの思い出」の写真リンク

http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/oy.htm

●13:00 「杉山好先生を送る会」於・恵泉女学園大学

resize2033.jpg 

プロテスタントの礼拝堂としては秀逸。讃美歌が天井にこだまして感動。


resize2031.jpg 

杉山好先生。24歳のころ美ヶ原の聖書研究会(私の青春)で出会った。ヒルティの幸福論Ⅲの訳者として影響を受けた。
バッハの権威者、バッハの曲の対訳者として著名。享年82歳、心不全で先月召天。

出会いの方々

resize2032.jpg 

大山綱夫 武富保 高橋照男


resize2034.jpg 

水永武光 高橋裕子 高橋照男


resize2035.jpg 

水永武光 大島富士子 高橋照男


resize2036.jpg 

磯山雅


resize2038.jpg 

荒井献先生と。
先生が告別式辞で「死は不条理。しかしイエスは自分を裏切る事になるユダを初めから赦していたのだ(マルコ14章)」と説教されたので、
私が「イエスの復活がユダを赦したことの証拠ですね」と言うと先生は目を輝かせて「そうだ、そうだ」と言って下さった。知の交わりでなく、霊の交わりの喜悦を憶えた。先生は復活を正面から(知で)説かない方であるからなおさらであった。


resize2037.jpg 

第二部茶話会で最高に感動したこと。杉山門下の並みいるエリートや大家が杉山先生への感謝、賛辞の言葉を述べた最後に、お子様方4名のそれぞれの御挨拶があった。その中のお一人が、「私は東大がなんだ、男も女もない、エリートがなんだ、クソオヤジ!」と叫んでいた子供であった・・・・私は(父に)踊りを献げる」と言って、見慣れない奇妙な踊りを狂うように踊った。これを見て私は「これでいいんだ、これでいいんだ」と思い涙がこぼれた。この人の名前は「エリ」。杉山先生も天で嬉し泣きしておられただろう。万歳!、万歳!、神います。
 

 有体的復活の使徒伝承

   http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/index.html

   

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    

     TSK日本語版・目次

    http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

   

   

    ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 




トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


パークホームズ中野 ++++++++ 所感

2011/10/28 20:51

111028(金)4時半起床●TSK日本語版使徒入力
●TSK日本語版ヨハネ21章WEBにアップ。これで福音書は完成。今後の検索は恐らく50%以上がこの福音書であろう。
 
http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

●9:30 伊勢喜明氏(娘愛子の夫)が購入した「パークマンション中野」の内覧会に呼ばれたので妻と行く。販売・三井不動産、設計INA新建築研究所、施工・西武建設。JR中野駅から徒歩約7分。総てがベストである。

resize2028.jpg 

パークマンション中野の外観、都会的ななかなかよい」デザインだ。設計のINA新建築研究所は一流。中野駅から徒歩約7分がすばらしい。伊勢邸は写真の角部屋の一階。

resize2029.jpg 

パークホームズ中野、内観。左は愛子。右はトミ子。

一階の利を生かして庭全体にウッドデッキを敷きつめるようになど各所をアドヴァイス。

セキュリティなど最新式の仕様に驚いた。私が現役のころに比べて随分進歩した。

resize2030.jpg 

内覧会入口。三井不動産の説明はさすがに立派であった。
 
●内覧会終了後、伊勢夫妻と私達とで昼食。若い夫婦が家を建てたり購入するのに
参画するのは建築士として喜悦である。それは相手の人生が隆盛の時に関われるからである。この新しい住まいの上に神の祝福が末長く豊かに宿りますように祈る。

 
  有体的復活の使徒伝承

   http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/index.html

   

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    

     TSK日本語版・目次

    http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

   

   

    ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 













トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


続・ヨハネ福音書の問題 ++++++++ 所感

2011/10/27 20:39

111027(木)5時起床●次回感話の資料修正●TSK日本語版使徒入力●TSK日本語版ヨハネ19-20章WEBにアップ●昨日は、ヨハネ福音書の問題の続をやりとりした。

続・ヨハネ福音書の問題
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
KM 様

 

●ヨハネ伝の問題についての意見交換感謝です。私自身が頭の整理をさせられます。

●ヨハネ教団(仮称)がヨハネ福音書を編み出した時、まだユダヤ教と敵対関係にあったらしく思われます。

その現状を推測するのに役立つのはKMさんの御指摘になるヨハネ16章2節です。「女性の疑問直感」に脱帽。

ヨハネ福音書が書かれた背景を解明するのは「礼拝堂追放」という言葉だと解します。塚本訳で「礼拝堂追放」は次の3か所です。

 

塚本訳 ヨハ 9:22

9:22 両親がこう言ったのは、ユダヤ人を恐れたのである。ユダヤ人は、イエスを公然救世主と認める者があれば、礼拝堂追放にすることを、すでに決議していたからである。

 

塚本訳ヨハ 12:42

12:42 とは言え、(最高法院の)役人たちのうちにも、彼を信じた者が多かった。ただパリサイ人をはばかって、(公然)それを告白しなかった。礼拝堂追放にされるのをおそれたのである。

 

塚本訳 ヨハ 16:2

16:2 彼らはあなた達を礼拝堂追放にするにちがいない。それどころか、あなた達を殺す者が皆、神に奉仕しているかのように思う時が来るであろう。

 

●この「礼拝堂」はユダヤ教の礼拝堂であり、キリスト教がまだ確立してなかったので多くのユダヤ人はユダヤ教のシナゴーグに所属していました。そこで密かにキリストを信じていた人達はしばしば「お前もか」と睨まれて「追放」されていた。

●そういう困難な人達への「慰めの書として」ヨハネ福音書は書かれた。この推測が現代の聖書学(編集史)のようです。

●つまりヨハネ福音書はあたかも祖であるイエスが語ったかのような書かれ方です。

●では史実と違うので「嘘か」と言うと「嘘でもあり真実でもある」と言うところです。

●遠藤周作は「イエスの言葉は史実ではなく真実だ」と名言を吐きました。

●KMさんのように頭脳明晰な方は「イエスの言葉は全部史実でなければ納得しない」というところでしょうがここがヨハネ福音書の最大問題。聖書の読み方にも関係します。

●信仰は「史実」が土台になければなりませんが、ヨハネ福音書はどこまでが史実でどこからが創作による真実かは今となっては解りません。

●多くの聖書学者の学説はこのヨハネ福音書に限らず推測や憶測であり結論は「多分」とか「だろう」とか「おそらく」なのです。ブルトマン然りです。

●本当のところは終末の日まで分からないと思います。いや終末でもわからないかもしれません。

●しかしKMさんのような「疑い深い人」(失礼!)がいるおかげで逆に聖書学が進歩して「ヨハネ教団」の実像が浮かび上がってきます。

●月本昭男先生も聖書を教会の「ドグマ」から解放しようという姿勢です。これ無教会存在の歴史的意義でもあります。関根正雄先生も同じです。

●では「ウッソー」という疑い深い姿勢だけでよいのでしょうか。その疑いを通して「ヨハネ教団」の実像と著者の執筆の心を学ぶのが筋であると解します。

●私は手品が好きですが、孫に手品をしたとき「エーッ」と目を輝かせるのを見るのが楽しみなのですが、最近は私を疑って後ろに回ってタネやシカケを見ようとします。実にカワユクナイ態度です。

●図らずもKMさんとの対話で「無教会の聖書の読み方」に触れたようで感謝です。

●この問題、延長戦を期待します。

 

高橋

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
続・ヨハネ福音書の問題 おわり

●14:50 昭和女子大建築講義。授業中に私語する態度の悪い生徒がいた。
私語が悪いのではない。教師たる私に対する反抗的かつ不遜な態度(目つき)が頭にくるのだ。また手を挙げて伸びをする不届きな生徒もいた。90分聞き続けて疲れるのは分かるが、その不遜な反抗的態度が良くないのだ●創世記。エバが神に逆らってリンゴを食べた事件。リンゴが悪いのではない。神への反抗的不遜な態度が良くなかったのだ。ユダヤ人はこの神への不遜かつ反抗的な態度を「罪」と認識した。かくて人類は洪水で滅ぼされなければならなくなったのだ。●あの二人の生徒、どんなに試験の点数が良くても合格はさせまいと心に誓った。神がユダヤ人がどんなに犠牲の捧げものという「行為」を行ってもそれを喜ばなかった意味が少しわかった。人生の悩み悲しみは聖書を解らせてくれる。イヤな人物に出あえば聖書の深いところが分かる。感謝
 
口語訳 イザ 1:11
1:11 主は言われる、「あなたがたがささげる多くの犠牲は、わたしになんの益があるか。わたしは雄羊の燔祭と、肥えた獣の脂肪とに飽いている。わたしは雄牛あるいは小羊、あるいは雄やぎの血を喜ばない。

●今日のいやなことで、創世記4:2-5の意味が読めた。神は何故猟師アベルの捧げものを喜び農夫カインの捧げものを嫌ったか以前から疑問に思っていたのだが、カインはいかにモノを捧げても神に対する「心」がなかったのだ。

口語訳 創  4:2-5
4:2 彼女はまた、その弟アベルを産んだ。アベルは羊を飼う者となり、カインは土を耕す者となった。
4:3 日がたって、カインは地の産物を持ってきて、主に供え物とした。
4:4 アベルもまた、その群れのういごと肥えたものとを持ってきた。主はアベルとその供え物とを顧みられた。
4:5 しかしカインとその供え物とは顧みられなかったので、カインは大いに憤って、顔を伏せた。
口語訳 創  4:3-5
4:3 日がたって、カインは地の産物を持ってきて、主に供え物とした。
4:4 アベルもまた、その群れのういごと肥えたものとを持ってきた。主はアベルとその供え物とを顧みられた。
4:5 しかしカインとその供え物とは顧みられなかったので、カインは大いに憤って、顔を伏せた。

●盆暮れに品物を送られても添え状がないのは心が無い証拠。モノなんぞいらない。心が欲しいのだ。


●昨日は信仰の先輩のYT氏のブログに次のような素晴らしい言葉があった。


YT氏ブログ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
人は東北の復興、「この世」の復興を計る。しかし神は万物の復興を計られる、否、主イエスの来臨によってすでに万物の復興に着手されている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
YT氏ブログ 終わり。

これに対し次のような感想を送った。

ブログのコメント。誠に然りアーメン×3です。旧新約聖書を貫徹する真理と思います。ネットによる主にある交わり感謝です。」

●世にはいろいろな趣味の交わりがあるが、このような霊の交わりは「最高」、「永遠の喜び」。使徒信条の「聖徒の交わり」はこれだ。人類の至宝「ウェストミンスター小教理問答書」の第一問は「人生の主たる目的は何ですか」。その答え「人生のたる目的は神の栄光を表し、永遠に神を喜ぶ二ある」●この「永遠に神を喜ぶ」よいうところが素晴らしい。
 

 有体的復活の使徒伝承

   http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/index.html

   

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    

     TSK日本語版・目次

    http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

   

   

    ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 

 


 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


神を畏れる畏れを持て ++++++++ 所感

2011/10/26 20:37

111025(火)6時起床●TSK日本語版使徒入力●TSK日本語版WEBヨハネアップ●妻はYさんと都民の森にハイキング●三男の恵が妻子が避難している宮城県の小牛田で子供とサイクリング中にマウンテンバイクで転倒、全治一週間の負傷。ヘルメットが壊れるほどの衝撃。●次回感話の骨子がまとまった。

次回感話の骨子。引照の内容は省略

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「終末と再臨」に備える生き方とは何か

東日本大震災と福島原発により「神を畏れる畏れを持て」と教えられる

 

東京聖書読者会 2011.11.6 高橋照男

 

塚本訳 マタ 24:32-44 来臨の日

 

24:32 無花果の木で(この天の国の)譬を学ぶがよい。──枝がすでに柔らかになって葉が出ると、夏が近いと知るのである。

 

[感話と引照]

●終末が近いことは戦争や想定外の禍で知らされる。原発は悪事の発明の副産物

 

塚本訳 ロマ 1:28-32

 

 

24:33 そのようにあなた達も、これから一切のことを見たら、人の子(わたし)が門口近く来ていることを知れ。

 

[感話と引照]

●古来、信仰が深く敏感な人は「戦争や災害」を体験すると「終末」を感じた。

 

塚本訳マタ 24:7-8

 

24:34 アーメン、わたしは言う、これらのことが一つのこらずおこってしまうまでは、この時代は決して消え失せない。

 

[感話と引照]

●戦争、飢饉、地震などの禍は終末再臨まで決してなくならない。

 

塚本訳 マタ 5:18

 

 

24:35 天地は消え失せる、しかし(いま言った)わたしの言葉は決して消え失せない。

 

[感話と引照]

●終末の日まで戦争と飢饉は続く。救いと有体的復活と再臨預言の使徒伝承は続く

 

口語訳 イザ 40:8

口語訳 イザ 54:10

塚本訳 ヘブ 1:10-12

塚本訳Ⅱペテ3:10

 

24:36 ただし(人の子の来る)その日と時間とは、ただ父上のほかだれも知らない。天の使いたちも知らない。

 

[感話と引照]

●自分の寿命や終末の時を知りたがるのは理性。しかし知ると緊張感が無くなる

 

塚本訳 使  1:6-7

 

 

24:37 人の子の来臨は、ちょうどノアの(洪水の)時のようであるから。

 

[感話と引照]

●東日本大震災はそれは終末の予型であった。神を畏れる畏れを持てとの警告。

 

塚本訳ルカ 17:26

17:26 ちょうどノアの(洪水の)時にあったようなことが、人の子の(来る)日にも起るであろう。

 

 

24:38 すなわち洪水の前のあのころ、『ノアが箱船に入った』日まで、人々は飲んだり食ったり、嫁にやったり取ったりしていて、

 

[感話と引照]

●神を畏れない人間は遊びが人生の目的。教会集会もこの世の遊び集団に類似退化

 

口語訳 詩  14:1

口語訳 Ⅱペテ3:4-7

新共同 ハバクク 1:5

口語訳 使  13:41・・・(ハバクク1:5の70人訳からの自由な訳)

 

24:39 洪水が来て一人のこらずさらってゆくまで、それに気づかなかった。人の子の来臨もこのようである。

 

[感話と引照]

●神を畏れない遊び人の大脳皮質に向って、「神を畏れよ」と言うのは無駄骨。

 

塚本訳 ルカ 19:44

塚本訳 ヨハ 3:20

塚本訳 Ⅱペテ3:6

 

24:40 その時、二人の男が畑にいると、一人は(天に)連れてゆかれ、一人は(地上に)のこされる。

 

24:41 二人の女が臼をひいていると、一人は連れてゆかれ、一人はのこされる。

 

[感話と引照]

●再臨の時には肉親別れが必然的宿命。信仰は一代。そこに悲しみと悩みがある。

 

塚本訳 ルカ 17:34

塚本訳 ルカ 16:27-31

塚本訳 マタ 12:46-50

塚本訳 マタ 13:47-50

塚本訳 マタ 22:9-14

塚本訳 Ⅱペテ2:7-8

 

 

24:42 だから(たえず)目を覚ましておれ。あなた達は主がいつの日来られるか、知らないのだから。

 

[感話と引照]

●目を覚ましているにはどうしたらよいか。再臨を真面目に信ずる人と交際せよ

 

塚本訳 マタ 25:10-13

塚本訳 ルカ 12:35-36

塚本訳 ルカ 12:45

塚本訳 Ⅰテサ5:6

塚本訳 ヘブ 10:25

口語訳 Ⅱテモ3:7-8

塚本訳 マタ 24:43-44

塚本訳 Ⅰペテ4:7

塚本訳 Ⅰコリ15:33

塚本訳 Ⅱテサ3:6

 

24:43 あなた達はこのことを知っているはずだ。──夜の何時に泥坊が来るとわかっておれば、家の主人は目を覚ましていて、みすみす家に忍び込ませはしないであろう。

 

[感話と引照]

●人間の文明や科学は肉的無事を目的に発展するが、想定外の大破滅が総てを破壊

 

塚本訳 Ⅰテサ5:2-6

塚本訳 ロマ 13:11

塚本訳 Ⅱペテ3:12

塚本訳 ルカ 12:47-48

塚本訳Ⅰペテ4:16-17

 

 

24:44 だから、あなた達も用意していなさい。人の子(わたし)は思いがけない時に来るのだから。

 

[感話と引照]

●終末預言は人生そのものが霊的に眠っている人に対する「備えよ」との警告。

 

塚本訳 ピリ 4:5

塚本訳 ヤコ 5:9

塚本訳 黙  3:14-16

塚本訳 ロマ 12:1

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
次回感話の骨子 終わり

有体的復活の使徒伝承

   http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/index.html

   

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    

     TSK日本語版・目次

    http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

   

   

    ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


胸が熱くなった1997年の体験 ++++++++ 所感

2011/10/25 06:56

111025(火)6時起床●妻はYさんと都民の森にハイキング●昨日KMさんに送った古い論考「胸が熱くなって見えたもの」をもう一度読み直してみたが、自分で言うのもおかしいが、この1997年の体験は今でも自分自身に新鮮である。某氏が「高橋は十年一日有体的復活のことを言っていると批評をしてくださった事があるが、これは光栄である。「イエスキリストきのうもきょうもまた永遠に同じである」
「胸が熱くなって見えたもの」の論考は次をクリック。

http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/raise.htm

●「十年一日」同じ事を語っている事を自己弁護させていただけば次の句である。

塚本訳 ヘブ 13:6-8
13:6 だからわたし達は確信して言う(ことができる)。──『主はわたしの助け人、わたしは(何ものも)恐れない。何を人間がわたしにすることができようか。』
13:7 神の御言葉を語ってくれたあなた達の指導者たちのことを思え。その生涯の終り(──いかに神の御言葉を証ししながら死んだか)を注意してみて、その信仰をまねよ。
13:8 イエス・キリストは、きのうも、きょうも、また永遠に、同じである。

●「有体的復活」と言うとピピッと「耳をそばだてる」人がいたり「私も胸が熱くなりました」という反応がある。これは実に不思議な現象である。全国的にいる。「聖霊が働いている」としか考えられない。次の聖句を思う。 

文語訳  ルカ 1:28
1:28 御使、處女の許にきたりて言ふ『めでたし、惠まるる者よ、主なんぢと偕に在せり』

口語訳 ルカ 1:28
1:28 御使がマリヤのところにきて言った、「恵まれた女よ、おめでとう、主があなたと共におられます」。

新改訳 ルカ 1:28
1:28 御使いは、はいって来ると、マリヤに言った。「おめでとう、恵まれた方。主があなたとともにおられます。」

新共同 ルカ 1:28
1:28 天使は、彼女のところに来て言った。「おめでとう、恵まれた方。主があなたと共におられる。」

塚本訳  ルカ 1:28
1:28 天使は乙女の所に来て言った、「おめでとう、恵まれた人よ、主があなたとご一しょだ!」

NKJV ルカ 1:28
1:28 And having come in, the angel said to her, "Rejoice, highly favored one, the Lord is with you; blessed are you among women!"

●では、「ピピッ」と来ない人、「胸が熱くならない人」にはどう対処すればよいのか。私の娘の愛子は「お父さんの話しを聞いてもさっぱり胸が熱くならない」と言う。これは正しい。人間たる私の話しを鼓膜で聞いたり文章目で読んで大脳皮質で「わかった」というのは誤りである。それは肉のレベルの事である。神から霊の光が差し込待なければ耳は「ピピッ」と来ないし、胸は熱くならない。しかし御心によって「ある日ある時」ムナが熱くなる「時」が来る。必ず来る。その日の到来を祈る。これは他の子供達、私の肉の兄弟についても同じ祈りである。
●9:30 元今井館理事長の津上毅一さんから一昨日の「塚本虎二先生記念会」の様子の問い合わせ。津上さんは99歳、昨日のSTさんは98歳。塚本先生(88歳で召天)より10年も長く生きておられるのに、塚本先生の事を深く尊敬されておられる。塚本先生は震災で夫人を失われた時、この世に死んだ人生を歩まれたので、深い影響を多くの人に与えられたのだということで意見が一致。とにかく塚本虎二という人間は「不思議な人物」であった。●私の人生は塚本虎二で決定した●妻から特ダネ。「息子の一人が、『父さんは母さんが死んだら翌日死ぬ。」と言ったという。なぜかというと私が妻に頼り切っているからだと言う。そうかな―。

有体的復活の使徒伝承

   http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/index.html

   

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    

     TSK日本語版・目次

    http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

   

   

    ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 



トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


ヨハネ福音書の問題 ++++++++ 所感

2011/10/24 20:49

111024(月)6時半起床●TSK日本語版使徒入力。「千里の道も一歩から」

●TSK日本語版ヨハネ13-14章WEBアップ

http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

●「使徒伝承」復元。今日は「来世では結婚生活なし」をアップ

http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/raise.htm

●98歳のSTさんからお電話をいただく。聖書と共なる生活。20年以上前に御夫人に先立たれ、今はご令息の家に住まわれておられる。私も最後まで聖書と共なる晩年になりたいと思った。

●昨日の塚本虎二先生記念会に来会されたKMさんからヨハネ福音書の問題について質問があったので、無名の「主の愛する弟子」が著者であると思うと話したが、言い足りなかったので次のようにメールした。


KMさんへのメール
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

KM 様

 

昨日の塚本先生記念会の前にご質問頂いた事は、「ヨハネ伝は100年ごろに書かれたのにどうしてあのように昔のイエスの事が書けたのか」

という事ではなかったかと思いますが、その事に関してでしたら小生の素人読みの考えを述べます。

 

  ヨハネ伝の著者は「長老ヨハネ」ではなく「使徒ヨハネ」

  それはヨハネ伝の中にしばしば出てくる「主の愛する弟子」である。

  その理由は、ヨハネ伝のなかの「主の愛する弟子」の部分に注目してピックアップして読むと、現場にいた人でなければわからないような記事である事が多い。

  ではなぜそれを「ヨハネ」と言わずに「主の愛する弟子」としたか

  その理由はこの人物を中心に形成されたヨハネ教団(塚本先生の弟子集団のようなもの)から実名で「ヨハネ先生、ヨハネ先生」と祭り上げられ偶像化されるのを嫌ったから。これ塚本先生の弟子集団に対しての忠告でもある。自戒。

  そこで弟子の理想像として「主の愛する弟子」と匿名にしたのではなかろうか。この説の学者がいる。

  ヨハネ伝は長生きした使徒ヨハネが若い時の記憶をもとに書いたのものではあるまいか。

  人間は若き日のことはよく覚えているものだが、老人になるとそれが回想的神学的になるので共観福音書とは違ったスタイルになっているのだと思考します

  共観福音書の分かりにくいところはヨハネ伝を読むと分かるということも経験します。素人読みの経験。

  政池仁先生は「ヨハネ伝は共観福音書の補完である」と言っていますが、私も同感です。

  下記論考は雑誌「無教会」第3号2000年。に寄稿したものですが、その「7」にヨハネ教団の事に触れました。

 

http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/guno-sisukeikou.htm

 

以上全く素人読みの結論です。KMさんはKMさん独自の目でお考えください。また御研究下さい。

塚本先生は聖書は自分の目で素人的に読めとおっしゃっておられたと思います。素人の、特に女性の直感は鋭いのです。信仰は女性のものです。

妻はテレビでサスペンスを好んで見ますが、途中で犯人がカンで分かるらしいのです。私は見終ってもなぜあの人が犯人だったのかが分からず、妻にその理由を聞くので嫌われます。ウチの家内にはカナイません。(笑)

高橋

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
KMさんへのメール、終わり


  有体的復活の使徒伝承           http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/index.html

   

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    

     TSK日本語版・目次

    http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

   

   

    ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


塚本虎二先生記念会 ++++++++ 所感

2011/10/23 18:57

111023(日)6:30起床●10:00集会は橋トミ子(福島から直行)、山本(パウロ)、村上(民数記)●14:00、第38回塚本虎二先生記念会、約35名。話題は「塚本虎二訳新約聖書」。私も少し話した。無教会主義は神と人間との間に教会や聖職者という存在があることを否定するが。人間である先生という存在に支配されている限り教会主義となんら変わらない。●帰途、藤本悦子さんと聖書の出版について懇談した。聖書出版は「商売」がらみだから醜い点が濃厚であること。●最近。自分はこれから東大を受験するのだ、そしてバルトを勉強するのだ(?)と言って人を脅かす中年男性がいる。「東大、バルト」と言えば人は驚くと思っているオメデタイ人間である。バルト神学は大脳皮質の営みであり、東大卒は大脳皮質の肥大人間である。信仰の深さとは無関係である。そろそろ目が覚めなければならない。誰も言わないから私が危険を冒して直言する。●また自分は東大出であることを遠回しにチラつかす人間は大抵において現在が落ち目の人間である。過去の事を誇らねば立つ瀬がない人間である。これも誰も言わないから嫌われるのを覚悟の上で直言する●無教会の七不思議の一つに東大卒にあこがれる女性が多いことがある。こういう女を「割礼なき女」(士師14:3)という。この世的人間でキリストの香りがしない人間である。これでは福音はひろまらない。 ●また自分の信仰的血統を自慢する人間がいる。中にはその血統の家庭の嫁であるとか婿であることを自慢する超愚か人間がいる。人は神の霊で新しく生まれるところに真の価値があることを知らない。これも福音の敵である。こういう人間は判で付いたようにキリストの香りがしない。●こっちとら学歴も血統もない雑種であるから自由である。●人は「神の知恵、霊で生まれる事」が大切である●夕食時、妻から4っ日間の話を聞く。(水)ウィークデーの会の話、(木)里のいわき市の話し、(木、金、土)福島県二本松市の息子の話。神います。神は総てを御存知。苦難はむやみやたらに来ない。

 

 有体的復活の使徒伝承

   http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/index.html

   

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    

     TSK日本語版・目次

    http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

   

   

    ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 



トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


昭島市民文化祭・合唱祭 ++++++++ 所感

2011/10/22 22:45

111022(土)5時半起床●TSK日本語版使徒入力●TSK日本語版ヨハネWEBにアップ●HP使徒伝承復元。「大熊好子さんの思い出」●12:30 昭島市民文化祭・合唱祭。於・昭島市民会館大ホール。一つの市で21団体も出演するのはまれだという。全団体が熱演だった。

resize2025.jpg 
妻の所属する混声合唱団もくせい。水準が高い。妻は福島に行っているので欠席。


resize2026.jpg 
あきしまファミリーコーラス。祖母、母、子供の三代の合唱団はほほえましい。グッド

resize2027.jpg 
児童合唱団「つばさ」。これはすごい。指揮者はにこやかだったが、訓練が激しいという印象。
西多摩地区にもこれほどの児童合唱団があるのはうれしい。
 

有体的復活の使徒伝承

   http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/index.html

   

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    

     TSK日本語版・目次

    http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

   

   

    ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 

 

 




 
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


終末と再臨に備える生き方とは ++++++++ 所感

2011/10/21 19:30

111021(金)5時15分起床●TSK日本語版使徒入力。一日10節。牛歩のごとき歩み。跡一年で新約が完成。その後約7年で旧約が完成

●TSK日本語版ヨハネ9-10章WEBにアップ

http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

●HP使徒伝承の復元、今日は「キリスト信者はなぜ身内から疎まれるのか」

http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/miutinomonndai.htm


●次回感話の準備
「たえず目を覚まして生きる」とは具体的にどうすればよいのか。

24:42 だから(たえず)目を覚ましておれ。あなた達は主がいつの日来られるか、知らないのだから。

 

[感話と引照]

●目を覚ましているにはどうしたらよいか。再臨を真面目に信ずる人と交際せよ

 

塚本訳 マタ 25:10-13

25:10 しかし彼らが買いに行っているあいだに花婿が着いたので、用意のできていた(賢い)女たちは花婿と一しょに宴会場に入り、戸はしめられた。

25:11 あとでほかの(愚かな)乙女たちも来て、『御主人さま、御主人さま、あけてください』と言った。

25:12 しかし主人は、『アーメン、わたしは言う。わたしはあなた達を知らない』と答えた(という話)。

25:13 だから(たえず)目を覚ましておれ。あなた達は(人の子が来る)その日も時間も知らないのだから。

 

塚本訳 ルカ 12:35-36

12:35 裾ひきからげ、明りをともしておれ。

12:36 あなた達は、主人が宴会からかえって来て戸をたたいたときすぐあけられるように、帰りいつかと待ちかまえている人のようであれ。

 

塚本訳 ルカ 12:45

12:45 しかしその僕が、主人のかえりはおそい、と心の中で考えて、下男や下女をなぐったり、飲んだり食ったり酔っぱらったりし始めていると、予期せぬ日、思いもよらぬ時間に、その僕の主人がかえってきて、僕を八つ裂きにし、不信者と同じ目にあわせるにちがいない。

 

塚本訳 Ⅰテサ5:6

5:6 だから、他の人のように眠っていずに、(いつも)目を覚まし、白面でいようではないか。

 

口語訳 Ⅱテモ3:7-8

3:7 彼女たちは、常に学んではいるが、いつになっても真理の知識に達することができない。

3:8 ちょうど、ヤンネとヤンブレとがモーセに逆らったように、こうした人々も真理に逆らうのである。彼らは知性の腐った、信仰の失格者である。

 

塚本訳 マタ 24:43-44

24:43 あなた達はこのことを知っているはずだ。──夜の何時に泥坊が来るとわかっておれば、家の主人は目を覚ましていて、みすみす家に忍び込ませはしないであろう。

24:44 だから、あなた達も用意していなさい。人の子(わたし)は思いがけない時に来るのだから。

 

塚本訳 Ⅰペテ4:7

4:7 (今や)万事の終わりが近づいた。だから考え深くあれ、また真面目に折れ。

 

塚本訳 ヘブ 10:25

10:25 (また、)ある人々がするように、集会を怠けず、むしろ互に勧め(合って出席す)るようにしなくてはいけない。その日が近づいていることをあなた達は知っているから、いよいよそうしなくては!

 

塚本訳 Ⅰコリ15:33

15:33 迷わされてはならない。(復活の信仰のない人との交際に注意せよ。)悪い交際は良い習慣をこわす。(と詩人も言っている。)

 

塚本訳 Ⅱテサ3:6

3:6 兄弟達よ、主イエス・キリストの名において命令する。ふしだらな生活をし、私達から受けた言い伝えに拠って歩かぬ兄弟とは誰とも交際を避けよ。


  有体的復活の使徒伝承

   http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/index.html

   

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    

     TSK日本語版・目次

    http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

   

   

    ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


高橋保有「初代教会史文献」 ++++++++ 所感

2011/10/20 10:30

111020(木)6時起床●RSK日本語版使徒入力。使徒行伝は「聖霊行伝」

●TSK日本語版ヨハネ7-8章WEBアップ

http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

●HP「使徒伝承」復元。今日は「高橋照男保有の『初代教会史文献』リスト」。集会のYT氏が教会史に取り組み始めたので、懇談の必要上私が目を通した文献をお送りした。教会史をやるには有体的復活を信じていなければ歴史を動かす原動力が「読めない」。信仰なき単なる表面的勉強は迷走あるのみ。当時このリストと各文献の感想を秋田稔先生に見ていただいたところ、「高橋は自由な人だ」と言われたのでうれしかった。もう4年も前のものだから、その後学問研究は進んでいると思う。教会史は復活信仰のある歴史の専門家によらなければ興味本位の「俗界」の「勉強」に過ぎなくなる。

http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/shodaikyoukaishi.htm

●14:10 昭和女子大で、木村信之教授から依頼された生徒KMの卒論指導30分。
●私は携帯電話はやるが、携帯メールはやらないことにしている。そのため女生徒から携帯にメールが入っていたが返事を怠っていた。女生徒たちはメールは常識のようだ。携帯メールが出来ないと人間関係にもひびが入る。困った、困った。どうしよう。
●それに見ているとスマートフォンも常識になりつつあるようだ。ますます困った。
●14:50 授業。終了後二人の生徒に卒論テーマ指導。卒論の良し悪しはテーマで決まる。
●住宅に興味を持つ人に。「家で死にたい」と希望する人が多いので「家で死ぬために理想的な環境」
●海がメッチャ好きな生徒に。「また来たくなる海の見える民宿」
●尊敬していた建築家の故外山義(ただす)氏の設計した老人施設「こもれびの里」に入所する老人は徘徊が直るということで評判であった。老人は過去に生きるので、その過去を回想できるような荷物を持ちこめるように室内設計にしただけの事。「人間尊重」の設計精神であった。外山氏はクリスチャンでお子様は私の娘と同じ島根県の愛真高校の生徒であった。外山氏は人生の途中でスェーデンで福祉建築学んで来られたが経歴の持ち主。50歳にならずして召された。惜しかった。

●18:30 二本松の息子のところにに居る妻と電話懇談。自炊の野菜いための方針。
●妻がいないと生活時間がルーズになっていけない。次の聖句は真理だ。
 

口語訳 創  2:18
2:18 また主なる神は言われた、「人がひとりでいるのは良くない。彼のために、ふさわしい助け手を造ろう」。
 
●この聖句に関連する引照をTSKで調べ、心に響いたものは次の通り。

口語訳 箴  18:22
18:22 妻を得る者は、良き物を得る、かつ主から恵みを与えられる。


口語訳 伝  4:9-12
4:9 ふたりはひとりにまさる。彼らはその労苦によって良い報いを得るからである。
4:10 すなわち彼らが倒れる時には、そのひとりがその友を助け起す。しかしひとりであって、その倒れる時、これを助け起す者のない者はわざわいである。
4:11 またふたりが一緒に寝れば暖かである。ひとりだけで、どうして暖かになり得ようか。
4:12 人がもし、そのひとりを攻め撃ったなら、ふたりで、それに当るであろう。三つよりの綱はたやすくは切れない。


口語訳 Ⅰコリ7:36
7:36 もしある人が、相手のおとめに対して、情熱をいだくようになった場合、それは適当でないと思いつつも、やむを得なければ、望みどおりにしてもよい。それは罪を犯すことではない。ふたりは結婚するがよい。 


  有体的復活の使徒伝承

   http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/index.html

   

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    

     TSK日本語版・目次

    http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

   

   

    ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 

 

 



 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


カルカッタへ行くな ++++++++ 所感

2011/10/19 16:52

111019(水)5時起床●TSK日本語版使徒入力1.5時間

●妻は母の墓参に郷里いわき市へ、帰途二本松市へ行って一人で農業を奮闘している三男の手伝いに。(妻子は放射線汚染を逃れて宮城県の小牛田に避難中)。早く家族が一緒に暮らせるようになれるように祈る。

●TSK日本語版ヨハネのWEBアップ。
  
http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

●HP「使徒伝承」復元アップ。今日は「聖書の深いところは人生の苦難で分かる。」
 
http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/seishonohukaitokoro.htm

●富永國比古医師のお勧めでこのところ毎日ニンジンジュース。リンゴを入れるのでおいしい。毎回妻のと二人分。人参二本+リンゴ一個。息子夫婦から贈られたジューサーにより約15分でできる。これゲルソン療法というがん予防。生涯飲み続けよう。

●13:00 NHKEテレでマザーテレサの実写映画。(米国作品)を観賞。
「神の愛の宣教会」のカルカッタでの無私の奉仕活動が全世界に広まっている。アフガン戦争で瀕死の子供(栄養失調)の体を手でさするとみるみる元気を取り戻す場面は圧巻。「愛されている」という実感が病人を癒すのだという。
●ただ、ロンドンの一女性が平凡な会社勤めに生きがいを見出せず、カルカッタのマザーテレサの「神の愛の宣教会」という「組織」に飛び込んだのはいただけない。各国どこでも貧困家庭のマザーテレサがありうるのだ。病の夫、貧困家庭の良妻、認知症の親の介護、知恵遅れの子供の介護、貧困ながら子供を正しく育てる親。こういう隠れた真のマザーテレサは天国からの「ノーベル平和賞」を頂けるのだ。

●妻と私が不便をしている自転車2台を修理5時間。
 
resize2023.jpg 

自転車修理完成。モノ造りは楽しい。完成の喜び、困っている人から「感謝」の言葉をいただける喜び。
日曜大工修理大好き。創造の喜び。創世記を思う。
 

口語訳 創  1:31
1:31 神が造ったすべての物を見られたところ、それは、はなはだ良かった。夕となり、また朝となった。第六日である。

口語訳 創  2:1-4a
2:1 こうして天と地と、その万象とが完成した
2:2 神は第七日にその作業を終えられた。すなわち、そのすべての作業を終って第七日に休まれた。
2:3 神はその第七日を祝福して、これを聖別された。神がこの日に、そのすべての創造のわざを終って休まれたからである。
2:4a これが天地創造の由来である。

●天地が初めに創られたときは非常に美しかったが、人間がこれを汚くしていった。その「修理」の歴史が旧約の歴史。しかしその修理がうまくいかなかったので最後の手段として独り子キリストの贖罪、有体的復活、有体的再臨で世界を完成させる。これが聖書の本質。そして終末でこの天地宇宙は完成して無くなる。淋しいが有体的復活、永遠の命がある。● 今日において汚染の最たるものが放射線汚染)。

●夕食は自炊。得意の野菜炒め。
 

  有体的復活の使徒伝承

   http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/index.html

   

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    

     TSK日本語版・目次

    http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

   

   

    ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 




トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


再臨信仰なきキリスト教 ++++++++ 所感

2011/10/18 21:58

111018(火)5時半起床●TSK日本語版使徒入力●TSK日本語版ヨハネアップ開始●散髪●録画してあった周恩来の4回シリーズを見終る。偉大なる人物、今日の中国の興隆はこの人のおかげだと思った。それにしても文化大革命の間違いよ。周恩来はその鎮圧で病に倒れた。●今井館から借りた「戦時下無教会主義者の証言」を明日妻に託して返却する。読む価値なし。全882ページのうち再臨に触れているのは僅か7ページ。0.8%。これではキリスト教の逸脱である。新約聖書の三本柱は十字架と有体的復活と有体的再臨である。無教会はこの「使徒伝承」の継承を怠っているので、衰退堕落は当然。その残骸としてヒューマニズム思想があるのみ。現今の無教会はキリスト教であってはならない。その集会は「先生の回顧趣味団体」に変質してしまった。裁きは神の家から始まる。

口語訳 Ⅰペテ4:17
4:17 さばきが神の家から始められる時がきた。それが、わたしたちからまず始められるとしたら、神の福音に従わない人々の行く末は、どんなであろうか。

塚本訳  ルカ 12:47-49
12:47 主人の心を知っていながら用意せず、あるいは主人の心に従って行動しなかった僕は、(鞭で)打たれることが多い。
12:48 しかし(主人の心を)知らない者は、打たれるようなことをしても、打たれ方が少ない。(神に)多く渡された者は皆多く請求され、(信頼して)多く任された者は一そう多く要求される。
12:49 火を地上に投げるために、わたしは来た。火がもう燃え出していたらと、どんなに願っていることであろう!

 有体的復活の使徒伝承

   http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/index.html

   

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    

     TSK日本語版・目次

    http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

   

   

    ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


義援金 ++++++++ 所感

2011/10/17 14:08

111017(月)5時半起床●TSK日本語版使徒入力。使徒11:27-30 に感じた。

塚本訳 使  11:28-30
11:28 そのうちの一人のアガボという者が立って、全世界に大飢饉が来ようとしていると御霊によって予言していたところ、はたして(皇帝)クラウデオの時にあった。
11:29 そこで(主の)弟子たちはめいめい分相応、ユダヤに住んでいる(気の毒な)兄弟たちに援助を送ることに決めた。
11:30 それを(すぐに)実行し、バルナバとサウロとの手で、(エルサレムの)長老たちに送った。

●今回の東京電力福島第一発電所で息子の有機農業が窮地に陥ったことを知った知人たちが本当に純粋な気持から御援助下さっている。そのことで上記聖句の「めいめい分相応」ということを深く教えてくれた
●この聖句をTSKを利用して感じるところをピックアップする。「分相応」というのはお金だけではない。知恵のある者は知恵を出して下さっている。

口語訳 伝  11:2
11:2 あなたは一つの分を七つまた八つに分けよ、あなたは、どんな災が地に起るかを知らないからだ。

塚本訳  使  11:29
11:29 そこで(主の)弟子たちはめいめい分相応、ユダヤに住んでいる(気の毒な)兄弟たちに援助を送ることに決めた。


塚本訳 Ⅱコリ8:2-4
8:2 すなわち苦難の大試練に耐えぬいた彼らのあふれるばかりの喜びと、どん底の貧乏(生活)とは、彼らの物惜しみをしない心の豊さとなってあふれたのである。
8:3 というのは、わたしは証人であるが、彼らは力相応に、いや力以上に、自分から進んで、
8:4 聖徒たちのための援助に参加することを、(つまり)この贈物をさせてもらいたいとわたし達に懇願したのである。


塚本訳 Ⅱコリ8:12-14
8:12 心からの気持ちさえあれば、人は持たないもの(までをも用立てること)によらず、持っているもの(を用立てること)によって、(神に)喜ばれるからである。
8:13 なぜなら、ほかの人たちに安楽があるためにあなた達に難儀があってはならず、平等の原則によって、
8:14 現在はあなた達のあり余るものがあの人たちの足りないところに用立ち、(あとでは)あの人達のあり余るものがあなた達の足りないところに用立つようにしたいのである。平等が実現するためである。


塚本訳  ガラ 2:10
2:10 ただ貧しい人たちだけは忘れないようにとのことだが、そのことならば、わたしもまた(常に)しようと努めていたのである。(かくしてエルサレム集会は、わたしが使徒たることを認めざるを得なかった。)


塚本訳  使  2:44-45
2:44 そして信者になった者は皆一緒に集まっていて、一切の物を共有し、
2:45 土地や持ち物を売っては、必要に応じてそれを皆に分配した。


塚本訳 使  4:34-35
4:34 実際、彼らの中にはだれ一人乏しい者がなかった。なぜなら、地所や家を持っている者はみな、それを売っては、売れた物の代金を持ってきて、
4:35 使徒たちの足元に置いたからである。それがひとりびとりの必要に応じて分けあたえられた。


●援助金はその時になって一気に出せるものではないから、普段から少しずつ溜めておけという聖書の教訓がある。
私の家が火災になった時には高橋集会の「ナルドの壺」という貯金箱から義援金を頂いた。

塚本訳  Ⅰコリ16:2
16:2 週の初めの日[日曜日]ごとに、各自何か儲けたものがあれば、家にためて置け。わたしが行った時、それから
(はじめて)醵金が行なわれることのないように。

●ATM、郵便局、自転車修理、コンビニで出雲までの航空券を購入。JALの予約センターの女性の態度は一流。私の身になって一番安い方法を考えて下さった。●それに比べて各種キリスト教団体(無教会を含む)の窓口女性の対応は全部とは言わないが押し並べて最低だ。疑い深くて慇懃無礼、しかも仕事の能力がないときている。これではキリスト教は尊敬されない。キリスト教の組織に入って布教の一端を担おうなどと思うのはもってのほかだ。まず普通一般の優秀な職業人になれ。イエスは自分の弟子達のダメさ加減を嘆いて次のように言った。
 
塚本訳 ルカ 16:8-12
16:8 すると主人はこの不埒な番頭の利巧な遣り口を褒めた(という話)。この世の人は自分たちの仲間のことにかけては、光の子(が神の国のことに利口である)よりも利巧である。
16:9 それでわたしもあなた達に言う、あなた達も(この番頭に見習い、今のうちにこの世の)不正な富を利用して、(天に)友人[神]をつくっておけ。そうすれば富がなくなる時、その友人が永遠の住居に迎えてくださるであろう。
16:10 ごく小さなことに忠実な者は、大きなことにも忠実である。ごく小さなことに不忠実な者は、大きなことにも不忠実である。
16:11 だから、もし(この世の)不正な富に忠実でなかったならば、だれが(天の)まことの富をあなた達にまかせようか。
16:12 もし他人のもの[この世のこと]に忠実でなかったならば、だれがあなた達のもの[天のもの]をあなた達に与えようか。


 有体的復活の使徒伝承

   http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/index.html

   

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    

     TSK日本語版・目次

    http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

   

   

    ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 






トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


満足のいく教会エクレシアはない ++++++++ 所感

2011/10/16 20:24

111016(日)4時半起床●TSK日本語版使徒入力●10:00集会は川上、丹野、横田(イスラム教)●エクレシアはカルチャーセンターであってはならない。大学のゼミの発表会と同じであってはならない●今日キリスト教に力が無いのは、「有体的復活と有体的再臨」の使徒伝承の連鎖が途絶えているからである。●教会や集会が退化堕落した現象は、「あつまり」が遊興親睦団体や政治結社やヒューマニズム集団である。これなら何も難しいキリストを担ぎ出さなくてもよい。●さっさと信仰を捨ててクリスチャンの看板を下ろした方がキリスト教の顔に泥をぬらないからよい。●教会も集会も神の祝福を失うと「この世の遊び集団」「サークル」になる●昔も今も、教会遍歴集会遍歴先生遍歴をする人がいるがこの世に完全に満足のいく教会やエクレシアはない。クリスチャンは教会や集会や先生を「相対化」しなければこの世で信者として平安に生きぬく事はできない●教会への不満の本質は牧師への不満である。エクレシアに対する不満は初代教会からあった。

塚本訳  使  6:1
6:1 そのころ、(主の)弟子たち(の数)が次第にふえてきたため、ギリシヤ語を話す(外国そだちの)ユダヤ人からヘブライ語を話す(はえぬきの)ユダヤ人に対して、自分の方の寡婦たちは、毎日の援助においてないがしろにされているという苦情が出た。

●「内村鑑三を今日あらしめれば」という思考は無教会の自殺行為である。人は内村の思想では救われないからである。●完全に満足のいく教会エクレシアは神のところにのみある。

 

 有体的復活の使徒伝承

   http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/index.html

   

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    

     TSK日本語版・目次

    http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

   

   

    ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 

 

 





トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


激励文 ++++++++ 所感

2011/10/15 07:29

111015(土)5時半起床●福島県の三男恵の苦難の事が東京新聞に取り上げられた。これに対して岩島清先生から激励文を頂いた。

岩島先生の激励文
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
高橋 照男 様

  恵さんが取り上げられた新聞、拡大して読ませていただきました。
  主に付き添われて歩まれた恵さんの努力と土への慈しみ、ご家族
  の愛、そして、クリスチャンとしての両親の姿が見事に描き出され
  たとても良い文章だと思いました。生涯の記念になると思います。
  感謝です。 
  恵さんご家族に、主によってよき道が備えられますようにお祈りし
  ます。
岩島 清

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●これに対して岩島先生を初めとする恵一家の事を御心配下さる方々への返礼を書いた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

各位

この苦難、国難の時、終末を感じますが
このような時の「主にある交わり」の光をありがたく思います。感謝
岩島先生が「生涯の記念」と言われますように、
恵の一家に降りかかったこの苦難で信仰が深まり来世への弾みとなることを祈っています。
親の私自身も「終末への待望」「有体的再臨」(これらは新約聖書の本質)に目が開かれました。

塚本訳 ロマ 8:18
8:18 (しかもこの苦しみは恐れることはない。)なぜなら、わたしはこう考える。今の世の苦しみは、わたし達に現われようとしている栄光(──キリストと一しょに神の国の相続人になる最後の日の大いなる光栄──)にくらべれば、言うに足りない。

塚本訳 ロマ 8:28
8:28 そればかりではない。(わたし達の救いは次のことからも確かである。)わたし達が知っているように、神を愛する者、すなわち(神の)計画に応じて召された者には、すべてのことが救いに役立つのである。

塚本訳 マタ 24:6-8
24:6 戦争(を目のあたりに見たり、)また戦争の噂を聞くであろうが、あわてないように注意せよ。『それはおこらねばならないことである』が、しかしまだ最後ではない。
24:7 (世の終りが来る前に)『民族は民族に、国は国に向かって(敵となって)立ち上がり、』またここかしこに飢饉や地震があるのだから。
24:8 しかしこれは皆(まだ、新しい世界が生まれるための)陣痛の始めである。

塚本訳 Ⅰテサ4:14-17
4:14 私達が信ずるようにもしイエスが死んで復活し給うたならば、神はイエスによって眠った者をも同様にイエスと共に連れ来たり給うであろうから。
4:15 然り、私達の主の御言をもってこのことを(はっきり)君達に言う(ことが出来る)──私達主の来臨(の時)まで生き残っている者は、(既に)眠った者に先立つ(て光栄に与る)ことは絶対に無い。
4:16 何故なら、(その時)主自ら号令と御使いの頭の声と神のラッパ(の響き)と共に天から下り給うて、キリストにおいて死んだ死人がまず復活し、
4:17 それから私達(その時まで)生き残っている者が主に会うため彼らと一緒に雲に乗って空中に奪い去られる。かくして私達はいつも主と共に居るのである。

高橋照男

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
メール終わり

●この世の不幸は真の幸福への「門」、「陣痛」。神は総てを御存知。艱難不幸には意味がある。むやみやたらに襲っては来ない。しかしその深い恩恵の『意味はあとで分かる。

●私は火災で2階にあった本4000冊を失った。しかしそれは読まなくても良い本であった。人間「聖書一巻」でよい。「聖書で聖書を読む」方法がよい。そして苦難が最大の指導書である。  

●13:30孫娘二人の日本舞踊発表会に行く。於・なかの芸能小劇場

resize2017.jpg 
開演前の伊勢初音(小3)とトミ子

resize2018.jpg
絵日傘を踊る伊勢初音(小3) 


resize2020.jpg
京人形を踊る伊勢かなほ(4歳) 



resize2021.jpg 
孫娘の演技を見るトミ子(祖母)と愛子(母)

resize2022.jpg 
最後に記念撮影。左から伊勢さよ(祖母..高橋の家になかった日本的文化を感化してくれている)、伊勢初音(小3)、伊勢かなほ(4歳)、 橋トミ子(祖母)、伊勢健太郎(3才)、伊勢愛子(母)、高橋照男(祖父) 

●18:30 従兄弟の小木秀夫さんから電話。過日亡くなった従妹の堤寿美江さんのお骨を明日浅草の寺に納骨するという。「照男さんは明日は教会だから来られないと思うので妻(イシ)と遠戚の坂本さん(日の出町在住)の3人で行くという。これで須美江さんもご両親のところに眠ることができて安心であろう。しかし人間は最後の日には有体的に復活できる。
 

 有体的復活の使徒伝承

   http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/index.html

   

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    

     TSK日本語版・目次

    http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

   

   

    ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 



有体的復活の使徒伝承
   http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/index.html
   

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」
      http://stonepillow.dee.cc/
    
 TSK日本語版・目次
    http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm
   
   
ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)
    http://chitata.blogspot.com/




トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


理想的なブロク読者 ++++++++ 所感

2011/10/14 09:23

111014(金)6時15分起床●TSK日本語版入力使徒●昨日のブロクに追加。

●昨日ブログの読者から次のようなメールを頂いた。

「高橋さんからは、いつも、的確な聖句を示していただき、どれほど励まされてきたかわかりません。」

●これを読んで、これこそブログを通じての理想的な関係だと喜んだ。ガッツポーズである。信者同士が聖句をやりとりしてお互いを励ます事、これ生きている間に行われる「聖徒の交わり」である。しかしネットでの交わりのみの「見知らぬ人」にはこういう心の交流は誕生しない。初めに「霊の交わりありき」でなければならない
●私のホームページの読者(毎日約100名)はピンキリである。①覗き見、⑧隠れキリシタン   ③荒さがし ④高橋批判攻撃の種づくり ⑤行動監視チェック、偵察 ⑥安否確認 ⑦俺の(私の)名前を消せ ⑧自分の汚い姿が写っているらしく「自慢するな」といって来る人 ⑨聖書関係データの利用 ➉ブログの聖句引照で励まされる ・・・・
●最後の⑨➉がホームページ作成の主目的。ライフワーク。「主の交わり」「聖徒の交わり」
●イエスの話しを聞いていた人の中に言葉尻を捕まえて捕えよう」とする人がいた。こういう人は救いようがないから、イエスは相手にしなかった。「弁解しても救われない」人間だ。生きる世界が違うのだ。

塚本訳 ヨハ 8:2-6
8:2 次の朝早く、また宮に行かれると、人々が皆あつまってきたので、座って教えておられた。
8:3 すると聖書学者とパリサイ人とが、姦淫の現行犯を押えられた女をつれてきた。みんなの真中に立たせて、
8:4 イエスに言う、「先生、この女は姦淫の現場を押えられたのです。
8:5 モーセは律法で、このような女を石で打ち殺すように命じていますが、あなたはなんと言われますか。」
8:6 こう言ったのは、イエスを試して、訴え出る口実を見つけるためであった。イエスは身をかがめて、黙って指で地の上に何か書いておられた。
 
●次回感話の準備。今日はマタイ24;42


24:42 だから(たえず)目を覚ましておれ。あなた達は主がいつの日来られるか、知らないのだから。

 

[感話と引照]

●今日目を覚ましているとはどういう事か。信仰の篤い人と交際せよ。

塚本訳 マタ 25:10-13

25:10 しかし彼らが買いに行っているあいだに花婿が着いたので、用意のできていた(賢い)女たちは花婿と一しょに宴会場に入り、戸はしめられた。

25:11 あとでほかの(愚かな)乙女たちも来て、『御主人さま、御主人さま、あけてください』と言った。

25:12 しかし主人は、『アーメン、わたしは言う。わたしはあなた達を知らない』と答えた(という話)。

25:13 だから(たえず)目を覚ましておれ。あなた達は(人の子が来る)その日も時間も知らないのだから。

 

塚本訳 マタ 24:43-44

24:43 あなた達はこのことを知っているはずだ。──夜の何時に泥坊が来るとわかっておれば、家の主人は目を覚ましていて、みすみす家に忍び込ませはしないであろう。

24:44 だから、あなた達も用意していなさい。人の子(わたし)は思いがけない時に来るのだから。

 

塚本訳 マタ 26:40-41

26:40 やがて弟子たちの所に来て、彼らが眠っているのを見ると、ペテロに言われる、「あなた達、そんなに、たった一時間もわたしと一しょに目を覚ましておられないのか。

26:41 目を覚まして、誘惑に陥らないように祈っていなさい。心ははやっても、体が弱いのだから。」

 

塚本訳 マコ 13:33-37

13:33 気をつけよ、油断するな。あなた達はその時がいつであるか、知らないのだから。

13:34 それはちょうど、ある人が旅行に出かけようとして家を出るとき、僕たちに全権をゆだねてひとりびとりに仕事をわりあて、また門番には目を覚ましておれ、と言いつけるようなものである。

13:35 だから(たえず)目を覚ましておれ。あなた達は家の主人がいつかえって来るか、夕方か、夜中か、一番鶏か、それとも夜明けかを知らないのだから。

13:36 だしぬけに主人がかえって来て、あなた達の眠っているのを見ないとはかぎらない。

13:37 わたしはあなた達に言うことをすべての人に言う、『目を覚ましておれ』と。」

 

塚本訳 ルカ 12:35-36

12:35 裾ひきからげ、明りをともしておれ。

12:36 あなた達は、主人が宴会からかえって来て戸をたたいたときすぐあけられるように、帰りいつかと待ちかまえている人のようであれ。

 

塚本訳 ルカ 21:36

21:36 目を覚まして常に祈っておれ、すべてこれら将来の出来事からのがれて、人の子(わたし)の前に立ち得るようにと。

 

塚本訳 ロマ 13:11

13:11 しかも、あなた達は今の時代を、すなわちもはや眠りからさめるべき時であることを、よく知っている(のだから、なおさらのことである。)今は、信仰に入った時よりも、わたし達の救いが近づいているのである。

 

塚本訳 Ⅰテサ5:6

5:6 だから、他の人のように眠っていずに、(いつも)目を覚まし、白面でいようではないか。

 

塚本訳 Ⅰペテ4:7

4:7 (今や)万事の終わりが近づいた。だから考え深くあれ、また真面目に折れ。

 

塚本訳 Ⅰペテ5:8

5:8 真面目であれ、目を覚まして居れ。君達の敵なる悪魔が『獅子のように哮えながら』、呑む者を探しつつ歩きまわっている。

 

塚本訳 Ⅰコリ16:13

16:13 目を覚ましておれ、信仰にしっかり立っておれ、『男らしくあれ、強くなれ。』

 

塚本訳 黙  3:2-3

3:2 (早く)目を覚まして、死にそうになっていた(少しばかりの生き)残りのものを堅め(て生命を取り止め)よ。(人の前ではともかく、)私の神の前ではお前の業が完全でないことを私は見たのである。

3:3 だから、お前は(前に一体)何を(私から)受けたか、また(何を)聴いたか(、よくそれ)を思い出してみよ。そして、(その時受けたこと、聴いたことをしっかり)守って、(今直ぐに)悔い改めよ。それで、もし目を覚まさなければ、私は泥棒のようにやって来る。そして何時私がお前の所に来るかを、お前は決して知らないであろう。

 

塚本訳 ヘブ 10:25

10:25 (また、)ある人々がするように、集会を怠けず、むしろ互に勧め(合って出席す)るようにしなくてはいけない。その日が近づいていることをあなた達は知っているから、いよいよそうしなくては!

 

塚本訳 Ⅰコリ15:33

15:33 迷わされてはならない。(復活の信仰のない人との交際に注意せよ。)悪い交際は良い習慣をこわす。(と詩人も言っている。)

 

塚本訳 Ⅱテサ3:6

3:6 兄弟達よ、主イエス・キリストの名において命令する。ふしだらな生活をし、私達から受けた言い伝えに拠って歩かぬ兄弟とは誰とも交際を避けよ。

●HP「使徒伝承」復元。今日は「負い目と赦し」

http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/oime.htm

●19:15 フォーレレクイエム演奏会、コールアカデミーひがしやまと。於・東大和ハミングホール。トミ子はアルトで応援出演●アンコールはバッハ「主よ人の望みの喜びよ。「レクイエム」にマッチした。 



resize2008.jpg 
コールアカデミーひがしやまと演奏会。於 東大和ハミングホール
フォーレ「ラシーヌ賛歌」 (フォーレのレクイエムに先だって歌った)

おお、キリストよ
この忠実なる民をひきたてたまえ。
あなたをことほぐために、
今ここに集う民を、
あなたのほろびることのない栄光に献げる讃め歌を受け給え。
あなたから授けられたあふれる才能によって
おくり返される讃めうたを。(訳・荻原英彦) 
 
resize2011.jpg 

フォーレ「レクイエム」の中の「ピエ・イエス」をソプラノ独唱をした竹森真子さん。
この人は並みいるプロ級の中に混じって「素人」で出演。
カールリヒターは「声はプロよりも素人の方が良い」と言って手兵ミュンヘンバッハ合唱団結成にあたって素人ばかりを集めて世界一に仕立てた。キリスト教も同じ。素人が「使徒伝承」を継承するところに強みがある。真子さんはチャイコフスキーの交響曲第6番「悲愴」のメロディーが好きだと言ってハミングしたので、私はチヤイコフスキ―のメロディーは「チヤイコ―(最高)ですね」と応答した。  
  

     
 有体的復活の使徒伝承

   http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/index.html

   

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    

     TSK日本語版・目次

    http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

   

   

    ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


福島産米の出荷可能 ++++++++ 所感

2011/10/13 08:03

111013(木)5時起床●TSK日本語版使徒入力。来年の11月には新約の完成。それから6年は旧約●日野原先生は年取ったら「何か新しいことをやれ」という●昨日、福島産米の出荷許可のニュース。安心した。
昨夜(12日)に書いたメール。

メール
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

IK先生

TK先生

 

本日12日、19時のNHKニュースで、福島県全域(当然二本松も含む)で米の放射線検査(1174所・・・急に多くなった感じです)をしたところ、全部が暫定基準値500ベクレル/㎏以下であったので出荷許可が出たと報じられました。感謝です。息子の刈り入れは終了してます。

しかし、その後の21時のニュースでキャスターが「それでも不安が拭いさられないので、店先で計測するなどのことをしなければな安心できない」などと足を引っ張るようなことを言っていました。このキャスターの態度を見て、マスコミが流す風評悪に日本中が「不安を煽られて」いるのだと思いました。そういう「マスコミ悪」は市場経済の原理が生みだす「狼少年」ではないでしょうか。つまり人を脅かすニュースを流して儲けるという市場原理の悪い面なのではないでしょうか。IK先生もTK先生もこの悪い狼少年と戦っていただきたいと思います。素人の直感ですがマスコミがその体質としてタレ流す狼少年的な「風評悪」は3-5年で消えてしまうのではないかと素人的に愚考しますが・・・・ビキニマグロのように・・・・間違っていますか。

宮城県に避難している息子の妻子が二本松にいつ戻れるのか、それが今後の「親ばか」「じじばか」の課題になりました。しかし息子の恵が言うように「東電にいくら金銭補償をしてもらっても親しい人からもさえ失った信用は回復できない」というところが真相だと思います。

とにかく「一安心です。」詩篇126篇5-6節を思います。今日までの御指導を深く感謝します。

 

口語訳 詩  126:5-6

126:5 涙をもって種まく者は、喜びの声をもって刈り取る。

126:6 種を携え、涙を流して出て行く者は、束を携え、喜びの声をあげて帰ってくるであろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●このメールに対してIK先生は今朝3時半に起きられ、5時に返メールを下さった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

高橋 照男 様

 

  感謝のメール嬉しく拝見しました。私もニュースをみて、肩から荷が一つおリた思いでした。恵さんの努力も報われましたね。感謝です。

  詩編1265-6節、共に詠わせていただきます。 

 

  恵さんの言われる信用とは何か。彼の真摯な努力への人々の信頼は変わっていないし、隣人の米そのものに対する判断は、放射線の生体

 影響についての正確な情報の提供と、米に含まれる放射能の継続的検査が行われれば、正当に行われるようになり、彼が「失った」といわ

 れる「信用」も回復される、と思います。

 

  「マスコミ悪」は今回に限ったことではなく、昔からです。おっしゃるとおり「ニュースを流して儲けるという市場原理の悪い面」そのも

 のです。これまでも、マスコミに正しい情報を報道してもらうために、多くの識者が発言して来ました。しかし、根源的に国民一人一人の

 利益第一主義、自己中心主義の思想が改められない限り、マスコミはそれを利用しているのですから、容易に改善されないと思わせられて

 います。

  神の義・憐れみに従う人の多くなることをお祈りします。

 

  感謝をもって。 IK 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
メール終わり

●500ベクレル/㎏の値が人体にどれだけ悪影響なのかは素人の私には分からないが、最近はマスコミの振りまわす数値に日本中が不安になって右往左往しているのではないか。誰を信用すべきなのか。終末には偽預言者が出現して人々を惑わすと聖書にある。 

塚本訳 マタ 24:3-5
24:3 オリブ山に坐っておられると、弟子たちだけでそばに来て言った、「(宮がくずれると言われますが、)そのことはいつ起るか、また、あなたの来臨と世の終りとには、どんな前兆があるか、話してください。」
24:4 そこでイエスが答えてこう話された。──「人に迷わされないように気をつけよ
24:5 いまに多くの人があらわれて、『救世主はわたしだ』と言ってわたしの名を騙り、多くの人を迷わすにちがいないから。

●こういう時我々は「神の愛」を信じなければならない。神は総てを御存知だから。

●午後は昭和女子大で建築の講義。心と形と金はトライアングルの関係であると言うことを話した。

●学校の図書館で福島の三男恵が出ている東京新聞を読む。

●帰途、吉祥寺駅ホームで集会の山本政則さんに出会って、武蔵堺駅まで。

●次回感話の準備。マタイ24:40-41

   

 

24:40 その時、二人の男が畑にいると、一人は(天に)連れてゆかれ、一人は(地上に)のこされる。

 

24:41 二人の女が臼をひいていると、一人は連れてゆかれ、一人はのこされる。

 

[感話と引照]

●再臨の時には肉親別れが必然的宿命。信仰は一代。そこに心配と悩みがある。

塚本訳 ルカ 17:34

17:34 わたしは言う、その晩、二人の男が一つ寝床にねていると、一人は(天に)連れてゆかれ、他の一人は(地上に)のこされる。

 

塚本訳 ルカ 16:27-31

16:27 金持が言った、『父よ、それではお願いですから、ラザロをわたしの父の家にやってください。

16:28 わたしに五人の兄弟があります。彼らまでがこの苦しみの場所に来ないように、よく言って聞かせてください。

16:29 しかしアブラハムは言う、『(その必要はない。)彼らにはモーセ(律法)と預言書と[聖書]がある。その教えに従えばよろしい。』

16:30 彼が言った、『いいえ、父アブラハムよ、もしだれかが死人の中から行ってやれば、きっと悔改めます。』

16:31 しかしアブラハムは答えた、『モーセと預言書との教えに従わないようでは、たとえ死人の中から生き返る者があっても、その言うことを聞かないであろう。』」

 

塚本訳 マタ 12:46-50

12:46 イエスがまだ群衆に話しておられると、そこにその母と兄弟たちがイエスに話しがあって、外に立っていた。

12:47 〔無し〕

12:48 しかしイエスはそのことを知らせた者に、「わたしの母とはだれのことだ、わたしの兄弟とはだれのことだ」と答えて、

12:49 弟子たちの上に手をのばして言われた、「ここにいるのが、わたしの母、わたしの兄弟だ。

12:50 だれでもわたしの天の父上の御心を行う者、それがわたしの兄弟、姉妹、また母であるから。」

 

塚本訳 ヨハ 21:20-22

21:20 ペテロが(ついて行きながら)振り返ると、イエスの愛しておられた弟子が(あとから)ついて来るのが見えた。この弟子は(最後の)夕食の時に、イエスの胸にもたれかかって、「主よ、あなたを売る者はだれですか」と言った者である。

21:21 ペテロはその人を見て、イエスに言う、「主よ、あの人はどうなるのでしょうか。」

21:22 イエスが言われる、「たといわたしが今度来るまで、あの人を生かしておきたいと思っても、それはあなたの知ったことではない。あなたは(ただ)わたしについて来ればよろしい。」

 

塚本訳 マタ 13:47-50

13:47 さらに、天の国は地曳網を海におろしてあらゆる種類(の魚)を取るのに似ている。

13:48 網が一ぱいになると岸に引き上げ、坐って、良いのは集めて入れ物にいれ、わるいのは投げすてるのである。

13:49 世の終りもそれと同じであろう。すなわち天使たちがあらわれ、義人の中から悪人どもを引き出して、

13:50 火の燃える炉に投げ込み、彼らはそこでわめき、歯ぎしりするであろう。

 

塚本訳 マタ 22:9-14

22:9 だから町の出口の所に行って、出会った者をだれでもよいから宴会に呼んでこい。』

22:10 家来たちは道に出ていって、出会った者を悪人でも善人でも皆集めてきたので、宴会場は客で一ぱいになった。

22:11 王は客を見ようとして入ってきたが、そこに礼服を着けていない者が一人いるのを見て

22:12 その人に言った、『君、礼服も着ずに、なんでここに入ってきたのか。』その人が黙っていると、

22:13 王は家来たちに言った、『あの者の手足を縛って、外の真暗闇に放り出せ。そこでわめき、歯ぎしりするであろう。』

22:14 ──招かれる者は多いが、選ばれる者は少ないのだから。」

 

塚本訳 ルカ 23:39-43

23:39 磔にされている罪人の一人がイエスを冒涜した、「お前は救世主じゃないか。自分とおれ達を救ってみろ。」

23:40 するともう一人の者が彼をたしなめて言った、「貴様は(このお方と)同じ(恐ろしい)罰を受けていながら、それでも(まだ)神様がこわくないのか。

23:41 おれ達は自分でしたことの報いを受けるのだから当り前だが、このお方は何一つ、道にはずれたことをなさらなかったのだ。」

23:42 それから(イエスに)言った、「イエス様、こんどあなたのお国と共にお出でになる時には、どうかわたしのことを思い出してください。

23:43 イエスが言われた、「アーメン、わたしは言う、(その時を待たずとも、)あなたはきょう、わたしと一しょに極楽にはいることができる。」

 

塚本訳 Ⅱペテ2:7-8

2:7 しかしもし無法者どもの放埒な振舞いによって苦しめられていた義しいロトは、(これを)救い出し給うたとするならば──

2:8 というのはこの義人は彼らの中に住み、日に日に(彼らの)不法の行跡を見聞して、(その)義しい心を悩ましたのである──

 

  有体的復活の使徒伝承

   http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/index.html

   

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    

     TSK日本語版・目次

    http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

   

   

    ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/




                                                

 

 


トラックバック(1) | コメント(0) | top▲


愛真高校の改修 ++++++++ 所感

2011/10/12 16:23

111012(水)6時起床●TSK日本語版 使徒入力
●TSK日本語版ルカ19-20 WEBアップ●ブログに別データからの画像入力の方法をノジマPC電話相談室に聞く。専門分野のことは専門の人に聞くべきである。 

http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

●HP使徒伝承の復元。今日は「人間イエスが神の子に見える日」


http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/ningeniesuga7.htm

●次回感話の準備。今日はマタイ24:39

24:39 洪水が来て一人のこらずさらってゆくまで、それに気づかなかった。人の子の来臨もこのようである。

 

[感話と引照]

●神を信ない「遊び人」は大震災を神の警告と感じない。飢饉や病気にも感じない。

塚本訳 マタ 13:13-15

13:13 だから、あの人たちには譬をもって話すのである。『見ても見えず、聞いても聞えず、また悟らない』からだ。

13:14 こうしてイザヤの預言はあの人たちに成就した。──『あなた達は聞いても聞いても、決して悟るまい、見ても見ても、決してわかるまい。

13:15 この民の心は鈍くなり、耳は遠くなり、その目は閉じてしまっているのだから。そうでないと、彼らは目で見、耳で聞き、心で悟り、心を入れかえて(わたし[神]に帰り)、わたしに直されるかも知れない。』

 

塚本訳 ルカ 19:44

19:44 お前と、そこにいる『お前の子供たちを地べたに叩きつけ、』お前の中に、そのまま重なっている石が一つもないようにするであろう。恩恵の時を知らなかった罰である。」

 

塚本訳 ヨハ 3:20

3:20 悪いことをしている者は皆、光を憎んで光に来ない。自分の行いが明るみに出されたくないのである。

 

塚本訳 Ⅱペテ3:6

3:6 この神の言によって当時の世界は水に浸されて亡びたのである。
 
●島根県キリスト教愛真高校、改修工事打ち合わせ日日程検討。事務長の植松先生と。

 有体的復活の使徒伝承

   http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/index.html

   

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    

     TSK日本語版・目次

    http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

   

   

    ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


最高のキリスト像 ++++++++ 所感

2011/10/11 18:24

111011(火)6時起床●TSK日本語版使徒入力

●TSK日本語版ルカ17-18章WEBにアップ

http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

●ホームページ「使徒伝承」復元。今日は「神が礼服を着せてくれる」

http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/reihukuwo.htm 

 


isenheimer_altar_full_convert_20111012144848.jpg


これはグリューネヴァルト作の「イーゼンハイムの祭壇画 」として有名。1510-1515年
どこかの普通の農家のおじさんという感じ。皆にさげすまされて死んでいったキリストのイメージにぴったり。500年前の絵だが胸を打つ。 
●2006.5.9に教文館で購入したジョン・ドミニク・クロッサン著太田修司訳「イエス。あるユダヤ人貧農の革命的生涯」はまだ読んでいないが、「貧農」というところに魅かれる。グリューネヴァルト作のキリスト像は福島県の一貧農の姿ではあるまいか。福島県の貧農は「世の罪を背負った」のではあるまいか。

   
●庭木の剪定一時間。ヨハネ15章を思った。

塚本訳  ヨハ 15:1-2
15:1 わたしがまことの葡萄の木、父上は栽培人である。
15:2
わたしについている蔓で実を結ばないものは、父上が皆それを切り取ってしまわれる。また実を結ぶものは、より多く実を結ぶように、皆それを奇麗に刈り込まれる。

 
   有体的復活の使徒伝承

   http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/index.html

   

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    

     TSK日本語版・目次

    http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

   

   

    ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 


 
 



トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


赦せた話 ++++++++ 所感

2011/10/10 13:35

111010(火)体育の日。休日。6時起床●メールを開けると、過日「卒論個人指導の約束時間」をすっぽかした女子大生から謝罪のメール。大病をしたので連絡のメールも出せなかったとのこと。最初は怒り心頭、その生徒は見込みなしと思ったが、真摯なる謝罪メールで「意欲あり」と判断。「赦すことにした」。前田護郎先生が自分のお嬢さんが教師になりたいと言った時、「教師」の職業は良いものだと言われたという。ナルホド、今度のことで一度は怒ったが、謝罪の態度を見て「赦すことができた。泣き笑いの真剣勝負の人生、確かに教師は良い仕事だ。牧師対信者も同じ。親対子も同じ。聖書を思う。
 
塚本訳  ルカ 17:3-4
17:3 (人を罪にいざなわぬように注意せよ。(また)もし兄弟が(あなたに対して)罪を犯したら、これを咎め、悔改めたら、赦してやりなさい。
17:4 あなたに対して一日に七度罪を犯しても、七度『すまなかった』と言って、あなたの所へもどってきたら、七度赦してやらねばならない。」 

●私は神に何度赦して頂いたのだろうか。 


塚本訳 マタ 18:15-17
18:15 それで、もし兄弟が罪を犯し(て悔改めなかっ)たら、行って、あなたと二人だけの間で忠告をしてやりなさい。もし言うことを聞けば、あなたは(天の国のために)兄弟を一人もうけたのである。
18:16 しかし(どうしても)聞かないなら、ほかに一人か二人、一しょに連れてゆくがよい。『すべてのことは、二人もしくは三人の証言によって定められる』(というモーセの掟に従う)ためである。
18:17 しかし彼らの言うことを聞かないなら、集会に申し出よ。集会の言うことも聞かないなら
、(その時は已むを得ないから、その人と交際をたって)異教人か税金取りのように思ってよろしい。

●何度も約束をすっぽかした人間がいる。多くの人がホトホト困り抜いている。屑人間である。彼の家庭も子孫も惨憺たる様になっている。神の裁きは来世ではなくこの世で始まっている。この世地獄、生き地獄である。二人だけのところで「忠告」する気も無くなった。とうてい悔い改めないと思うからである。●彼のボロボロ家庭は罪の結果である。しかしそのボロボロ人生の苦でも彼は悔い改めないであろう。こういうとき聖書は交際を断てという。人間の努力で救われると思っているのが間違いだったのだ。神に打たれているのだ。しかしこう思った時次の句が浮かんだ。

口語訳 イザ 53:4
53:4 まことに彼はわれわれの病を負い、われわれの悲しみをになった。しかるに、われわれは思った、
彼は打たれ、神にたたかれ、苦しめられたのだと

塚本訳 ヨハ 19:7
19:7 ユダヤ人が答えた、「われわれには律法があって、その律法によると、当然死刑です。神の子気取りでいるのだから。」

●罪を犯した人が「謝罪せず」、相変わらずスッポカス」ことをしていれば、神の断罪は必然である。しかし人間は赦せないが神は赦す。わたしに力はないが、神には力がある。聖書の深いところは実人生が教えてくれる。

●次回感話の準備。今日はマタイ24:37
  

24:37 人の子の来臨は、ちょうどノアの(洪水の)時のようであるから。

 

[感話と引照]

●東日本大震災は突然来た。それは終末と再臨の型。だから神をあなどるな。

口語訳 創  6:11-13

6:11 時に世は神の前に乱れて、暴虐が地に満ちた。

6:12 神が地を見られると、それは乱れていた。すべての人が地の上でその道を乱したからである。

6:13 そこで神はノアに言われた、「わたしは、すべての人を絶やそうと決心した。彼らは地を暴虐で満たしたから、わたしは彼らを地とともに滅ぼそう。

 

塚本訳ルカ 17:26

17:26 ちょうどノアの(洪水の)時にあったようなことが、人の子の(来る)日にも起るであろう。

●TSK日本語版使徒10章入力

●TSK日本語版ルカ15-16章アップ

http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

●HP「使徒伝承」復元アップ。今日は「正統信仰の源泉に連なる」

http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/seitou.htm

●14:00 NHK学校音楽コンクール「中学校の部」を妻(福島県出身)と観賞。
福島県立郡山第二中学校の4年連続の金賞は快挙。福島市立第一中学校は銅賞。原発で苦悩している福島の学校が二校とも入賞とは素晴らしいことだ。課題曲の「証(あかし)」の歌詞の内容が「別れ」だから、心がこもっていたのだろう。「演説は生活なり」(カール・ヒルティ)

●先ごろ亡くなったアップル社のスティーブ・ジョブズ氏が2005年にスタンフォード大学の卒業式で行った伝説のスピーチを、YT氏から教えられた。氏は人生で
三つの大苦悩にみまわれた。①生育の秘密 ②自分が創設した会社から追放された事。③すい臓がんの宣告。●逆境が氏を向上させ育てた。苦難の中にある若い人に進める。下記をクリックして、三角矢印の画面をクリック画面の下にある「CC」から日本語字幕を出せばよい。また大きさは画面をダブルクリックすれば大きくなる。中止は「ESC]ボタン。

 

http://sago.livedoor.biz/archives/50251034.html


●夕食後、録画してあったNHKTV「100歳の日野原重明」を妻と観る。100歳でも現役の医師で聴診器をあてているから驚き。●58歳の時ハイジャック事件から救出されたとき、夫人静子さんも「これからはお返しの人生で生きます」という内容の礼状をだしたが、日野原先生のその後の人生はこの言葉に支えられてきたという。それが自分のミッション(使命)だと思うようになったという。その静子夫人(91歳)は現在認知症でほとんど分からなくなっているが、「そばにいてくれるだけでいいのだ」と先生は言われる。 
●私が脳内出血で聖路加に入院(57歳)していたとき、日野原先生は「高橋さん。病気は病院で直りませんよ。リハビリの段階になったら家に御帰りなさい」と言われた。初めは「病院が混んでいるからだ」と思っていたが、今回のTVを見て聖路加に入院していた夫人の静子さんが重篤になった夫人の耳に口を当てて「静子!、静子!、家に帰るか。家に帰りたいのか」と叫ぶように言っている姿見て、人は「家に帰る」ということが大切なことであることを思い日野原先生が私に「家に御帰りなさい」と言って下さった深い意味が10年ぶりにわかった。●「家に帰れ」とはイエスも言っている。
 
●「家に帰る」という言葉には、神学的、宗教的、医学的、経済的、に深い意味がある。福音書で「帰」で検索して心に響くものを掲載して見る。

塚本訳 マタ 9:6-7
9:6 では、人の子(わたし)は地上で罪を赦す全権を持っていることを知らせてやろう」と言っておいて、中風の者に言われる、「起きて寝床をかついで、家に帰りなさい。」
9:7 すると彼は起き上がって、家に帰って行った。


塚本訳 マコ 2:11
2:11 「あなたに命令する、起きて担架をかついで、家に帰りなさい。」


塚本訳 マコ 5:19
5:19 しかし許さずに言われた、「家に帰ってうちの者に、(神なる)主があなたを憐れんで、どんなにえらいことをしてくださったかを、知らせてやりなさい。」


塚本訳  マコ 7:29
7:29 イエスは言われた、「それほど言うなら、よろしい、帰りなさい。悪鬼はもう娘から出ていった。」


塚本訳 マコ 8:26
8:26 イエスは「村にも入るな(、まっすぐに帰りなさい)」と言って、その人を家にかえされた。


塚本訳  マコ 10:52
10:52 そこでイエスが、「お帰り。あなたの信仰がなおした」と言われると、すぐ見えるようになって、イエスの旅行について行った。


塚本訳 ルカ 7:10
7:10 使の者が家に帰って見ると、僕は元気になっていた。


塚本訳 ルカ 8:39
8:39 「家に帰って、神がどんなにえらいことをしてくださったかを、(みんなに)話してきかせなさい。」すると彼は行って、イエスがどんなにえらいことを自分にされたかを、町中に言いふらした。

塚本訳  ルカ 23:48
23:48 見物に来た野次馬も皆、これらの出来事を見て(心を刺され、)胸を打ちながら帰っていった。

●現代青少年の非行原因は「家庭崩壊で帰る家がない」ことであることは定説。●町内会のK氏は言う「秋田県の子供の成績が全国一なのは家庭が健全で落ち着いているから子供がよく勉強するからだ」そうである。秋田県には塾らしい塾はない。
●日野原先生は58歳でハイジャック事件の「死線」から戻ったとき自分のミッションを悟ったという。不肖この私も57歳の脳内出血から生還した時、「罪と死の恐怖からの救い」という使徒伝承の継承にミッションを感じている。
 

 有体的復活の使徒伝承

   http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/index.html

   

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    

     TSK日本語版・目次

    http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

   

   

    ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 



  

トラックバック(0) | コメント(1) | top▲


戦時下無教会主義者の証言 ++++++++ 所感

2011/10/09 07:54

111009(日)6時起床●6時半の収集に間に会うように郵便物を出し自転車を飛ばす。


●Tさんに手紙
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

T 様

 

主にある変わらぬご指導感謝いたします。

来る11月3日の「南原繁シンポジウム・・無教会キリスト教と南原繁」において、Tさんはシンポジストの一人として「法学部長就任と終戦工作」を論じられます。終戦に向って無教会の方々が「天皇や皇室」に急接近したことは神の摂理として目を見張るべきものがあります。しかし私は対中国、対米国との戦争に於いて開戦阻止に無教会の先輩はどう働いたのかに興味を持ちました。小生は昭和18年、日本軍が劣勢になり始めた頃の生まれです。そこで今井館から「戦時下無教会主義者の証言」という分厚い本を借り出して部分読みしました。残念ながら南原繁については特筆されてませんが、最後に「あの頃のこと」という座談会があります。石原兵衛、伊藤祐之、政池仁の3人です。三人とも自己の勇猛果敢な戦争反対言動の自慢話です。そして塚本虎二の姿勢に対する反感、批判が随所に感じられます。

 しかし私は、この三人に「有体的復活」「有体的再臨」の信仰はどうなっているのか尋ねてみたいと思っています。故人ですからその弟子たちにでも聞いてみたいと思っています。なぜかと言いますと「十字架(史実)、有体的復活(空の墓は史実)、有体的再臨(新約聖書の基盤)」なのに、「使徒伝承」を忘「この世の平和」や「社会批判」に急で信仰が変質退化堕落しているのが今日の無教会の姿だと思っているからです。

 戦時中南原先生はどういう姿勢であったかの興味深い談話もあります。南原先生も塚本先生も自分の「責任外」のことには口を出さないという事であったようです。私はこれが無教会主義者の態度として見習うべきものと思っています。

これは側聞ですが、ある人いが塚本先生に対して「塚本先生のはっきりしない態度」を面と向かって批判したところ、先生は笑いながら「そうだね―、そうだね―、君の言う通りだねー」と答えられたそうです。

 新約聖書には終末と再臨の前には戦争、飢饉、地震が必然と書いてあります。

一握りの反対者の存在でも、神の摂理は動かないものと思います。

 

以上Tさんの発言の参考資料としてお渡しいたします。もちろん取捨御自由でございます。資料提供のみにございます。

 

2011年10月9日

高橋照男

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●女に「逆ギレ」された話。

妻と集会に向う電車の中。向い側の3人掛けシルバーシートの中央に自分の手荷物を置いて眠っている年のころ40歳いぐらいの女性が居た。混んできて前に人が立ち始めたので立ちあがりその女性の腕をつついて「荷物を膝に乗せなさい」と注意して自分の席に戻った。するとその「女」は向こう側から私を睨みつけて来た。私がでじっとにらみ返すと、やおら私に近寄ってきたので押し問答。
女「女性の体に触れるとは何事ですか。警察に訴えますヨ」。と逆ギレ。
私「アンタが眠っていたから腕をつついて起こしたのだ」
その女は私を睨み続けながら三鷹で下車した。
隣の妻からも叱られたので今度は妻と押し問答。今朝は聖日なのに非常に気分が悪かった。
とにかく自分の荷物を座席に置いている人を見るとムカムカして頭がキレるのだ。
しかしそこで反省。もう少し言い方に気をつければ良かったかなー。聖書を思い出す。 
 
口語訳 ガラ 6:1
6:1 兄弟たちよ。もしもある人が罪過に陥っていることがわかったなら、霊の人であるあなたがたは、柔和な心をもって、その人を正しなさい。それと同時に、もしか自分自身も誘惑に陥ることがありはしないかと、反省しなさい。

●どうすればよかったのか。「モシモシ、もしもし。」と何度も言って体を触らずに起こし、「前に立っている人がいますよ」と柔和な心で言えばよかったのだ。自戒。
●集会は茂木、高木(詩篇、東日本大震災所感)、山本( 第一コリント13章)
●宮城県小牛田にいる華子と風人(6歳誕生日)に電話。妻ともども懇談。御心のままに、み心のままに。

●TSK日本語版ルカ13-14章アップ 

http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm 

●HP使徒伝承復元。今日は「信仰なき人はどうなるのか」アップ

http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/shinko-naki.htm
 
●次回感話の準備。今日はマタイ24:36



24:36 ただし(人の子の来る)その日と時間とは、ただ父上のほかだれも知らない。天の使いたちも知らない。

 

[感話と引照]

●人生の終わりや終末の時を知りたがるのは理性。しかし知ると緊張感が無くなる

塚本訳 マタ 24:42-43

24:42 だから(たえず)目を覚ましておれ。あなた達は主がいつの日来られるか、知らないのだから。

24:43 あなた達はこのことを知っているはずだ。──夜の何時に泥坊が来るとわかっておれば、家の主人は目を覚ましていて、みすみす家に忍び込ませはしないであろう。

 

塚本訳  使  1:7

1:7 彼らに言われた、「(その時ではない。回復の)時と、(それまでの)期間とは、父上が御自分の権力で決めておられるのであって、あなた達の知るべきことではない。

 

塚本訳 テサ5:1-2

5:1 兄弟達よ、(来臨までの)時間と(その)時期とについては、(更めてここに)書く必要はあるまい。

5:2 主の日が夜の盗人のように(不意に)来ることを君達は精密く知っているのだから。

 

塚本訳Ⅱペテ3:10

3:10 しかし主の日は盗人のように来るであろう。(そして)その日天は轟然たる響きと共に消え失せ、日月星辰は燃えて解け去り、地とその上にある(人間の)事業は燃え失せるであろう。


有体的復活の使徒伝承

   http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/index.html

   

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    

     TSK日本語版・目次

    http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

   

   

    ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


いつまでもあると思うなこの天地 ++++++++ 所感

2011/10/08 11:14

111008(土)5時半起床●TSK日本語版使徒入力。考えさせられた事
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

塚本訳 使 9:29-30
9:29 またギリシヤ語を話す(外国そだちの)ユダヤ人とたえず語り、議論をしていた。すると彼らは彼を殺そうと計画した。
9:30 兄弟たちはこれに気づいて、カイザリヤにつれて行き、(郷里キリキヤ州の)タルソへ送った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
感話と引照

●パウロはダマスコ途上の復活のイエスとの出会いを報告してエルサレム教団の先輩達と議論に違いないが、それが通じなかったらしい。これぞと頼む人達から排斥されるとは。エルサレム教団の元老たちがサウロを殺そうと計画したのはサウロの体験を怖がったからではあるまいか。9章26節にはサウロのことを「怖がった」とある。実に敵になる人間としてエクレシアの仲間ほどのものはない。彼等は自分たちの信仰生活に邪魔な人間を排除する。これパウロが言う同国民の難である。「海軍の敵は陸軍」と同じである。

口語訳 Ⅱコリ11:26-27
11:26 幾たびも旅をし、川の難、盗賊の難、同国民の難、異邦人の難、都会の難、荒野の難、海上の難、にせ兄弟の難に会い、
11:27 労し苦しみ、たびたび眠られぬ夜を過ごし、飢えかわき、しばしば食物がなく、寒さに凍え、裸でいたこともあった。

塚本訳 Ⅱコリ11:26-27
11:26 度々旅行して、川の危難、強盗の危難、同国人の危難、外国人の危難、都会の危難、荒野の危難、海の危難、偽兄弟の危難に遇った。
11:27 苦労し辛苦した、度々徹夜し、飢えまた渇いた、度々絶食し寒く着る物がなかった。
 
●TSK日本語版ルカ11-12章アップ。

http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm


●HP使徒伝承復元。今日は「十字架を負わされた時の慰め」

http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/jyu-jika.htm

●次回感話の準備。今日はマタイ24:35

24:35 天地は消え失せる、しかし(いま言った)わたしの言葉は決して消え失せない。

 

[感話と引照]

●天地宇宙が消え失せるまでイエスの言葉(聖書、福音、エクレシア)は存続する

口語訳 イザ 40:8

40:8 草は枯れ、花はしぼむ。しかし、われわれの神の言葉は/とこしえに変ることはない」。

 

口語訳 イザ 54:10

54:10 山は移り、丘は動いても、わがいつくしみはあなたから移ることなく、平安を与えるわが契約は動くことがない」と/あなたをあわれまれる主は言われる。

 

口語訳 ヘブ 1:11-12

1:11 これらのものは滅びてしまうが、/あなたは、いつまでもいますかたである。すべてのものは衣のように古び、

1:12 それらをあなたは、外套のように巻かれる。これらのものは、衣のように変るが、/あなたは、いつも変ることがなく、/あなたのよわいは、尽きることがない」/とも言われている。

 

口語訳 Ⅱペテ3:4-7

3:4 「主の来臨の約束はどうなったのか。先祖たちが眠りについてから、すべてのものは天地創造の初めからそのままであって、変ってはいない」と言うであろう。

3:5 すなわち、彼らはこのことを認めようとはしない。古い昔に天が存在し、地は神の言によって、水がもとになり、また、水によって成ったのであるが、

3:6 その時の世界は、御言により水でおおわれて滅んでしまった。

3:7 しかし、今の天と地とは、同じ御言によって保存され、不信仰な人々がさばかれ、滅ぼさるべき日に火で焼かれる時まで、そのまま保たれているのである。

 

 

口語訳 Ⅱペテ3:10-12

3:10 しかし、主の日は盗人のように襲って来る。その日には、天は大音響をたてて消え去り、天体は焼けてくずれ、地とその上に造り出されたものも、みな焼きつくされるであろう。

3:11 このように、これらはみなくずれ落ちていくものであるから、神の日の到来を熱心に待ち望んでいるあなたがたは、

3:12 極力、きよく信心深い行いをしていなければならない。その日には、天は燃えくずれ、天体は焼けうせてしまう。

●13:00 T先生のお勧めで、このところ毎日ニンジンジュース。人参2本+リンゴ一個で二人分のジュース。癌予防。
●17:00 山本義人指揮TGY合唱団コンサートを妻と観賞。トッパンホール。
 

resize2016.jpg 

トッパンホールはコストをかけた素晴らしいホールだが、
JR飯田橋駅からのアクセスが悪い8暗い夜道)のが玉に傷


resize2015.jpg 

5年前に一緒にオーストリアに演奏旅行に行ったメンバーと再会。
右は佐藤さん。ザルツブルグ音楽祭のホールを一緒に見学した。

 有体的復活の使徒伝承

   http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/index.html

   

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    

     TSK日本語版・目次

    http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

   

   

    ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


がん検診。仕事が完了するまでは死ねない. ++++++++ 所感

2011/10/07 09:40


resize2001.jpg 
五日市街道のコスモス

resize2002.jpg 
あきる野の畑


111007(金)5時半起床●TSK日本語版使徒入力。歴史は面白い●TSK日本語版ルカ9-10章WEBアップ。


http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/index.html



使徒伝承



http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/index.html

TSK日本語版目次 110910

http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

ルカによる福音書 09 及び10


●ホームページ「使徒伝承復元「故長谷川浩納骨式式辞」をアップ


http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/hasegawashikiji.htm

●10:00 市民、がん検診に行く。TSK日本語版を完成させるまで少なくともあと7年は死ねない。

●今朝のTSK日本語版入力時に感じた事

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・.. 
 口語訳 使  9:16
9:16 わたしの名のために彼がどんなに苦しまなければならないかを、彼に知らせよう」。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●感話と引照

●福音はこれを伝える人の「苦の人格」によって伝わる。「教えてやる」「啓蒙する」「導いてやる」「楽にしてやる」「罪を清めてやる」「救ってやる」などという姿勢では絶対に伝わらない。ましてや「エクレシア遊びの仲間に入れてやる」「偉い先生(人間)を紹介してあげる」などという態度が一番いけない。

●引照 

塚本訳 マタ 5:11
5:11 わたしゆえに罵られたり、迫害されたり、あらん限りの根も葉もない悪口を言われたりする時、あなた達は幸いである。

塚本訳 マタ 10:21-25
10:21 また兄弟は兄弟を、父は子を、殺すために(裁判所に)引き渡し、『子は親にさからい立って』これを殺すであろう。
10:22 あなた達はわたしの弟子であるために皆から憎まれる。しかし最後まで耐え忍ぶ者は救われる。
10:23 この町で迫害された時には、次の町に逃げてゆけ。アーメン、わたしは言う、人の子(わたし)は(すぐに)、あなた達がイスラエル人の町々を回りつくさぬうちに来るのだから。
10:24 弟子は先生以上でなく、僕は主人以上ではない。(だからあなた達が迫害されるのは当り前である。)
10:25 弟子は先生のよう、僕は主人のようであれば、それで満足すべきである。家の主人(たるわたし)が(悪鬼の頭)ベルゼブルと(悪口を)言われたのだから、その家族(たるあなた達)はなおさらのことである。

塚本訳 マタ 24:9
24:9 その時あなた達は苦しめられ、殺される。またわたしの弟子であるために、すべての国の人から憎まれる。

塚本訳 Ⅰペテ4:14
4:14 もし君達がキリストの名において罵られるならば幸福である、(それは、その時)栄光の霊と『神の霊が』君達の上に『留まっている』(証拠である)から。

塚本訳 Ⅱコリ6:4-5
6:4 そればかりではなく、あらゆることによって、神に仕える世話役として自分を推薦している、すなわち、(あるいは)大いなる忍耐によって、──たとえば苦難により、艱難により、苦悩により、
6:5 打たれることにより、牢に入れられることにより、暴動をおこされることにより、労働により、徹夜により、飢餓によって──であり、

塚本訳 使  5:41
5:41 さて、彼らは御名のために恥を受けるに足る者とされたことを喜びながら、法院から出ていった。

●次回感話の準備。今日はマタイ24:34

24:34 アーメン、わたしは言う、これらのことが一つのこらずおこってしまうまでは、この時代は決して消え失せない。

 

[感話と引照]

●戦争、飢饉、地震などの禍、及び律法は再臨で世が改まるまで続く

塚本訳 マタ 5:18

5:18 アーメン、わたしは言う、天地が消え失せても、(そこに書かれている)すべてのことが実現するまでは、律法(と預言書)から、その一点一画といえども決して消え失せない。

 

塚本訳 ロマ 10:4

10:4 (では律法を守ることが、なぜいけないか。律法はキリストによって目的を達し、もうなくなってしまったからである。)すなわち、キリストは(御自分を)信ずる者が一人のこらず義とされるために、律法の終りとなられたのである。

 

塚本訳 Ⅱペテ3:9

3:9 主は或る人達が遅いと考えているように約束を果たし給うのが遅いのでは(決して)ない。ただ何人の亡びることをも欲せず、凡ての者が悔い改めに到ることを欲して、君達に対し寛大であり給うのである。

●妻は夕方から杉並公会堂へコンサートへ。
 


 有体的復活の使徒伝承

   http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/index.html

   

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    

     TSK日本語版・目次

    http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

   

   

    ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


イケメンとは結婚するな ++++++++ 所感

2011/10/06 08:32



111006(木)5時起床●TSK日本語版使徒9章入力

●TSK日本語版ルカWEBにアップ

http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

●HP「使徒伝承」復元「聖書の風」アップ
 
http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/seishonokaze.htm

●朝の黙想「犠牲(いけにえ)の人生。「終末と再臨」に備える人生とは何か。その答えをパウロに聞くとロマ書12章1節と答えるのではないか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
塚本訳  ロマ 12:1
12:1 (このように、神は偉大な計画によって人類を一人のこらず救おうとしておられるのであって、救いは確かである。)だから、兄弟たちよ、わたしは神のこの慈悲を指してあなた達に勧める。あなた達の体を(感謝のしるしとして神に)捧げよ。この生きた聖なる犠牲こそ、神のお気に入るものであり、(霊なる神を拝むにふさわしい、)あなた達の霊的な礼拝である。(あなた達の礼拝は動物を供えるような不合理なものでなく、全心全霊をささげる合理的な礼拝でなければならならない)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●感話と引照
犠牲(いけにえ)の人生とは、神に無理に不幸失敗にさせられる。惨めな十字架j人生。 但し、自ら進んで犠牲(いけにえ)になろうと思ってもなれず、十字架を負うこともできない。それは神によって無理に不幸にされる時、無理に負わされるところに準備人生がある。 

塚本訳 マタ 16:24
16:24 あとでイエスは弟子たちに言われた、「だれでも、わたしについて来ようと思う者は、(まず)己れをすてて、自分の十字架を負い、それからわたしに従え。

塚本訳Ⅱコリ1:4
1:4 どんな苦難の時にもわたし達を慰めてくださる神、こうしてわたし達自身も神に慰めていただくその慰めをもって、どんな苦難の中にいる人たちをも慰めることが出来るのである。

口語訳 ヘブ 2:18
2:18 主ご自身、試錬を受けて苦しまれたからこそ、試練の中にある者たちを助けることができるのである。
 
●藤井武の言葉「打ちたまえ。御存分に打ちたまえ。鞭の下より我すがる」
●家屋が全焼し、3ヶ月後に「脳内出血」で意識不明で倒れた時のこと。集会の御夫人から「高橋さん。神様はあなたを『これでもか、これでもか』と打っておられるのですよ」と慰めて下さった。その御夫人は若き日に結核をやって肋骨が少ない。御結婚できなかった。『母』というものになりたかっただろうに。しかし彼女のような人生がよく「終末と再臨」に備えた人生なのだ。この世的には大失敗の不幸の人生だ。
 
●次回感話の準備。今日はマタイ24:33


24:33 そのようにあなた達も、これから一切のことを見たら、人の子(わたし)が門口近く来ていることを知れ。

 

[感話と引照]

●古来、信仰が深く敏感な人は「戦争や災害」を体験すると「終末」を感じた。

 

塚本訳マタ 24:7-8

24:7 (世の終りが来る前に)『民族は民族に、国は国に向かって(敵となって)立ち上がり、』またここかしこに飢饉や地震があるのだから。

24:8 しかしこれは皆(まだ、新しい世界が生まれるための)陣痛の始めである。

 

口語訳 ヤコ 5:9

5:9 兄弟たちよ。互に不平を言い合ってはならない。さばきを受けるかも知れないから。見よ、さばき主が、すでに戸口に立っておられる。

 

口語訳 黙  3:20

3:20 見よ、わたしは戸の外に立って、たたいている。だれでもわたしの声を聞いて戸をあけるなら、わたしはその中にはいって彼と食を共にし、彼もまたわたしと食を共にするであろう。


●午後、昭和女子大後期授業開始。「ウィトルウィウスの建築論」の講義中に関連問題として発展的に脱線し、生徒と対論

私「(ウィトルウィウスの思想の思想はこうだ)・・・・だからイケメンや遊び人を友人とするな。そういう男とは結婚するな」
女生徒「エーッ!どうしてですか」
私「イケメンにはお金もないし教養もないから自分を高めてくれない。だからすぐ飽きる。愛は2年で冷める」
女生徒「イケメンでお金も教養もあったらどうですか」
私「そういう人がいたら連れて来てみなさい。いたら会ってみたいです」
女生徒「ではどういう人と結婚すればよいのですか」
私「ジャガイモのような顔をしていても働き者がよい。ディズニーランドに行きましょうと誘っても『仕事で忙しいから行きたくない』と断わる男がよい。もしジャガイモのような顔の人でお金も教養も無い人と結婚する運命になったら、ワタシがお金持ちで教養のある人にして見せるという意気込みがなければならない」
 

resize2000.jpg 
渋谷で見たきれいなショーウィンドウ



●帰宅19:00 久しぶりの都心で疲れた。


   有体的復活の使徒伝承

   http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/index.html

   

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    

     TSK日本語版・目次

    http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

   

   

    ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


終末が近いことを感じる理由 ++++++++ 所感

2011/10/05 13:33

111005(水)5時半起床●TSK日本語版使徒入力●TSK日本語版ルカをWEBにアップ●HP使徒伝承を復元。「本物を感じとることが出来る人。

http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/honmono.htm

●次回感話11月4日の準備。今日はマタイ24:32

24:32 無花果の木で(この天の国の)譬を学ぶがよい。──枝がすでに柔らかになって葉が出ると、夏が近いと知るのである。

 

[感話と引照]

●終末が近いことは戦争や想定外の災害で知らされる。原発は悪事の発明の結果

塚本訳 ロマ 1:28-32

1:28 こうして彼らは神を知ることを役に立たぬものと考えたので、神の方でも、彼らの心が役に立たなくなるに任せられた。その結果彼らは(人として)なすべからざることをするようになったのである。

1:29 彼らはあらゆる不道徳・悪意・欲張り・悪念に満ちた者、妬み・人殺し・喧嘩・悪巧み・よこしまで一ぱいな者、陰口をきく者、

1:30 悪口を言う者、神の敵、無法者、高ぶる者、法螺吹き、悪事の発明家、親不孝者、

1:31 無知・不誠実・無情・無慈悲の者である。

1:32 この人たちは、こんなことをする者が死なねばならぬ神の定めをよく知っていながら、自分でそれをするばかりでなく、人がするのをも喜ぶのである。

●8月にTV録画記録しておいた「戦争証言」を次々と見ているが、戦争の残酷な様を見るにつけ、神はどうしてこの残酷な戦争をそのままにしておいたのかと感じだ。しかし、ロマ1:28-32 にあるように、神は人間の悪事をなすがままにさせられ、人類が「自滅」するようにしておいたのではあるまいか。原発の汚染も放射線物質の捨て場がないことで日本は行き詰っている。これも放射線物質というものが「悪事の発明」となった事による「自滅」である。終末が来なければ地球は清まらない●「行き詰まり」により、終末が近いことを感じる。。●新天新地出現の終末の到来を祈る。
●妻は婦人の読書会(塚本著作集)岩波映画、東大和でフォーレレクイエム練習

  有体的復活の使徒伝承

   http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/index.html

   

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    

     TSK日本語版・目次

    http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

   

   

    ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


リスクコミュニケーションの実例 ++++++++ 所感

2011/10/04 05:42

resize1999.jpg 
あきる野の朝焼け

111004(火)4時50分起床●朝の黙想。「リスクコミュニケ―ション」●過日某メンタルクリニックの医師との話しで「リスクコミュニケーション」なることを教えられた。それは患者に同情する対話をして治療することなのだそうだ。●昨日はその実例演習をしたら効果があった。すばらしいクリスチャンの夫人から意外な悩みが漏らされた。その対話の中味を書いてみよう。同じ悩みの中に居る夫人にあるいは少しは役に立つかもしれない。私流に多少変更。
夫人「ウチの主人は優しくないんです。定年で2年前から家に居るので気がめいるのです。」
私「そういうのを『亭主在宅ストレス症候群』と言うのです。一種の精神的病です。貞淑な従順な夫人に多く発症します。そういう時の治癒は次の5つです。私の考えを大幅に入れて話します」

①たまには主人に反抗し、食ってかかる事
②常に外出すること
③家の中では10メートル以上離れて生活すること
④就寝時間をずらすこと。夫が寝てから寝る事
⑤一人で山や川に向って「❍❍のバカヤロオー」と10回おもいきり叫ぶ事。すると7回目ぐらいに御主人の良いところが浮かんできて不思議に赦せるようになる。

●するとこの夫人は「⑤を早速やってみます。今日は良い話を伺ってすっきりしました。聖書の話を伺うより良かったです」と言われた。●この対話でこの私も「リスクコミュニケーション」の実践が少ししは出来たのかなーと思った●こういう場合はナマジ聖書の引照をして「説教」をしてはいけない●イエスが十字架で死なれたのは、神の子でありながら、「人間の姿になってこの世に降り」、人が生きる上での様々な悩み苦しみを味わいつくしたからである。
 
新共同 イザ 53:3-4
53:3 彼は軽蔑され、人々に見捨てられ/多くの痛みを負い、病を知っている。彼はわたしたちに顔を隠し/わたしたちは彼を軽蔑し、無視していた。
53:4 彼が担ったのはわたしたちの病/彼が負ったのはわたしたちの痛みであったのに/わたしたちは思っていた/神の手にかかり、打たれたから/彼は苦しんでいるのだ、と。


新共同 イザ 53:12b
53:12 それゆえ、わたしは多くの人を彼の取り分とし/彼は戦利品としておびただしい人を受ける。彼が自らをなげうち、死んで/罪人のひとりに数えられたからだ。多くの人の過ちを担い/背いた者のために執り成しをしたのは/この人であった。



●これもつい過日の選挙の時のこと。某共産党候補の事務所から投票依頼の電話。
私「その候補以外の人に期日前投票で入れてしまった。」
選挙事務所の人「なぜですか」。
私「第一に神を信じない人間は大嫌いだ」。
選挙事務所の人「共産党は平和運動に熱心です。」
私「平和とは人間同士の平和でなく、神と人間の平和が基本です」

●とにかく「世の中は物質だけからできている」などという低級な考えを持ち、神の存在を信じない人間は「人間として最劣等」である。生きている時間が「モッタイナイ」。生ける屍である。 
●ホームページ「使徒伝承」の古い部分がかなりアップしなくなっていたので、復元作業。
今日は「神の義はその福音のうちに現れ」をアップ。

http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/kaminogi.htm
 

 有体的復活の使徒伝承

   http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/index.html

   

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    

     TSK日本語版・目次

    http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

   

   

    ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


家庭や子供を幸福の目的とするな ++++++++ 所感

2011/10/03 19:53


resize1998.jpg 
あきる野の秋の空

111003(月)4時半目覚め。朝の黙想「失敗の人生」●TSKb日本語版。次のところを注目した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 塚本訳 使  8:16
8:16 彼らには、まだだれにも聖霊が下っていなかったからである。ただ主イエスの名で洗礼を受けていただけであった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●感話と引照
形はあっても中味が無い事は至るところにある。キリスト教の世界にそれが多い
 
●引照 

塚本訳 Ⅰコリ1:13-15
1:13 救世主が分裂しているのか。まさかパウロがあなた達のために十字架につけられたのではあるまい。それとも、(キリストでなく)パウロの名で、あなた達は洗礼を受けたというのか。
1:14 わたしは(あの)クリスポとガイオ以外、あなた達のだれにも洗礼を授けなかったことを(神に)感謝する。
1:15 このことは、あなた達がわたしの名で洗礼を受けたと、人が言うことのないためである。

塚本訳  使  2:38
2:38 ペテロがこたえた、「悔改めなさい。そしてあなた達ひとりびとり、罪を赦されるために、イエス・キリストの名において洗礼を受けなさい。そうすれば(わたし達と同じ)聖霊の賜物を戴くことができる。

●失敗の人生。「思うようにならない人生」「こんなはずではなかった人生」・・・これは自分の理想が満たされないr時の言葉である。しかしここに神の恩恵がある。人間の思う「幸福」が打ち砕かれる時だからである。●学業の失敗、結婚に失敗、健康に失敗、子育てに失敗、仕事に失敗、就職に失敗。老後生活に失敗。この人生の不条理に神の神の大なる恵みの知恵が隠されている。●私は家屋を火災で失った。住宅ローンが終了してから「サー、これからだ」と思った時だった。その三ケ月後に脳出血で倒れた。「なぜだ」と思ったが。結局この苦難で「有体的復活」の信仰が定着させられた。これは地上の建物、肉の体以上のものであった。感謝。●神は人が「これこそ最も幸福のものだ」と思うものを無残にも取り上げる。しかし、人はそれで「目が覚める」。つまらないものを「幸福と思っていたものだ」と。●「家庭や子供」を幸福の目的としてはいけない。それはいつか取り上げられる。。●今回の福島原発による放射能汚染で福島え有機農業を営んでいて苦悩し呻いている息子のことを思って必死に終末を祈っている。イエスはライ病の人間を奇蹟で直した。放射能汚染は人間の罪と酷似。どうしようにも清められない。放射性物質はどこに捨てても消えない。人間の犯した罪は「人間のガンバリ」では消えないのと同じ●午後は女子大の後期講義準備で大学とメールやりとり。助手の存在はありがたい。●兄から「うれしい便り」。主にある兄弟愛に比べて肉親の愛は質が違う。ありがたいものである。●塚本先生のお嬢さん(故人)はある日「お父さんは私より療養所の娘の方を可愛がっているんだ」と言って泣かれた。それに対して先生は「愛の種類が違う」と言って慰められた。しかしここに信者のまた伝道者の家庭の宿命的な悲劇(十字架)がある。信者の家庭の総てにこの悲しみがある。 


有体的復活の使徒伝承

   http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/index.html

   

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    

     TSK日本語版・目次

    http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

   

   

    ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 




トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


「終末と再臨」を待望する喜び ++++++++ 所感

2011/10/02 20:42

111002(日)4時半起床●今日の感話の資料作成●10:00妻と集会へ。集会は藤巻、小寺、高橋。
私は「終末と再臨を待望する喜び」と題して次のように話した
 

http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/shumatu.htm
 

●藤巻大先輩から「霊の話をして下さってありがとう」と感謝された。一人からでもそういう応答があるのは「力」を与えられる●信濃町の駅まで高木博義さんと懇談●新宿で小寺ご夫妻と私達とで昼食●帰宅して妻と録画してあった「ウィーンの街歩き」を懐かしく見た●息子のMと電話懇談。「可愛い者には旅をさせよ」だ。●町内会班長の仕事●ノジマ電気で蛍光灯購入し、取り替える


有体的復活の使徒伝承

   http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/index.html

   

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    

     TSK日本語版・目次

    http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

   

   

    ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 




トラックバック(0) | コメント(0) | top▲




| Top | Next
0814