to 日記と感想 2012年07月
Top | RSS | Admin

2012.06 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2012.08


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171030(月)10:00 聖路加 桑本先生
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170824(木)12:10キララホールエントランスコンサート、マリンバ
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170813(日)10:30ナザレン教会浦和教会
    170813(日)14:00比企紀和君
    170812(土)14:00お江戸こらりあーず演奏会、文京シビックホール
    170809     TW誕生日
    170809(水)17:16初音吹奏楽、府中の森芸術劇場ドリームホール
    170808(火)0930池谷医院
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170708(土)14:00在宅医療説明会(キララホール)
    170707(金)10:00池谷医院
    170706      TM誕生日
    170702(日) 集会感話
    170701      TT誕生日
    170630(金)12:20キララホールエントランスコンサート
    170628      IY誕生日
    170627(火)11:00 能城牧師来訪
    170625)日)10:10トミ子集会感話
    170625(日)14:00茅ヶ崎金子邸
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール


知られざる食べ物 ++++++++ 所感

2012/07/31 08:34

120731(火)5時半目覚め●朝の黙想「生きる世界が違う」●オリンピックで連日熱戦が繰り広げられているが、競技内容では体力の差があって「食べ物が違う」という感じ●これを聖書的に考えると「霊の世界と肉の世界」の違いである。今朝はそれに関する聖句を思いつくまま挙げてみよう。●複数の聖句という点と点を結ぶと、ある像が見えてくる。これで「聖書の言わんとする事」が分かってくる。これがプロテスタントの究極の読み方。イエス、パウロのお勧めの方法。●聖書の引用は「自分の頭から紡ぎだす」ことが一番良い。
●拙ホームページの「聖書で聖書を読む(BbB)」や「TSK日本語版」を使わないで、まず自分で探すのがBEST。それには「Jバイブル」(市販、一万円強。いのちのことば社)がよい。ひところは米国の「バイブルワークス」が使われていたようだが、国産のものが出来て感謝。 

塚本訳 ヨハ 4:32
4:32 言われた、「わたしにはあなた達の知らない食べ物がある。」

塚本訳 ヨハ 6:27
6:27 (食べれば)無くなる食べ物のためでなく、いつまでもなくならずに、永遠の命に至らせる食べ物のために働きなさい。これは人の子(わたし)があなた達に与えるのである。神なる父上が、(これを与える)全権を人の子に授けられたのだから。」

塚本訳 ヨハ 6:50
6:50 それを食べれば死なないもの、これが(本当に)天から下ってくるパンである。

口語訳 Ⅰサム17:4-5
17:4 時に、ペリシテびとの陣から、ガテのゴリアテという名の、戦いをいどむ者が出てきた。身のたけは六キュビト半。
17:5 頭には青銅のかぶとを頂き、身には、うろことじのよろいを着ていた。そのよろいは青銅で重さ五千シケル。

口語訳 Ⅰサム17:48-49
17:48 そのペリシテびとが立ち上がり、近づいてきてダビデに立ち向かったので、ダビデは急ぎ戦線に走り出て、ペリシテびとに立ち向かった。
17:49 ダビデは手を袋に入れて、その中から一つの石を取り、石投げで投げて、ペリシテびとの額を撃ったので、石はその額に突き入り、うつむきに地に倒れた。

塚本訳 マタ 11:25
11:25 その時イエスは声をはげまして言われた、「天地の主なるお父様、(神の国の秘密に関する)これらのことを(この世の)賢い人、知恵者に隠して、幼児(のような人たち)にあらわされたことを、讃美いたします。

塚本訳 ヨハ 7:4-5
7:4 世に認められようとする者が、隠れた所で事をする法はあるまい。こんな(えらい)ことをしているのだから、(都に行って、)自分を世間に現わしたらどうです。」
7:5 兄弟たちも彼を信じなかったからである。(彼らはイエスの国がこの世のものでないことを知らなかった。)

塚本訳 ヨハ 18:36
18:36 イエスが答えられた、「わたしの国はこの世のものではない。もしわたしの国がこの世のものであったら、わたしの手下の者たちが、わたしをユダヤ人に渡すまいとして戦ったはずである。しかし実際のところ、わたしの国はこの世のものではない。」

塚本訳 マタ 22:21
22:21 「皇帝のです」と彼らが言う。すると言われる、「では皇帝のものは皇帝に、神のものは神に返せ。」

塚本訳 ヨハ 3:5-7
3:5 イエスは答えられた、「アーメン、アーメン、わたしは言う、人は霊によって生まれなければ、神の国に入ることは出来ない。
3:6 肉によって生まれたものは肉であり、霊によって生まれたものだけが霊である(から)。
3:7 『あなた達は新しく生まれなおさねばならない』と言ったからとて、すこしも不思議がることはない。

塚本訳 Ⅰコリ2:14
2:14 しかし(御霊を持たない)生まれながらの人間は、神の霊から出てくることを受け入れない。彼にはそれが馬鹿なことなのである。またそれを理解することも出来ない。(霊のことは)霊的に判断されねばならないからである。

塚本訳 Ⅰコリ6:5-6
6:5 あなた達を辱めるために言うのだ。そんなに、あなた達の間には、兄弟と兄弟との間を調停することの出来る分別のある人が、たった一人もないのか。
6:6 それどころか、兄弟が兄弟を訴え、しかも不信者の(裁判席の)前に持ち出すのか。

塚本訳 Ⅰコリ7:15-16
7:15 しかし不信者の夫(なり妻なり)が別れるなら、別れさせよ。こんな場合に、兄弟なり姉妹なり(つまり信者)は(結婚に奴隷として)束縛されてはいない。神は平和な生活へあなた達をお召しになったのである。(無理があるのは、御心ではない。)
7:16 なぜか。妻よ、夫を(信仰に導いて)救うことができるかどうか、どうしてわかるのか。また夫よ、妻を救うことができるかどうか、どうしてわかるのか。

塚本訳 Ⅱコリ4:4
4:4 彼らの場合、この不信者たちの考えをこの世の神(である悪魔)が盲にして、神の影像である救世主の栄光をつげる福音の光を見ることができないようにしたのである。

塚本訳 Ⅱコリ6:14-15
6:14 不信者と一緒に不似合いな軛を負うようになってはいけない。なぜというか。義と不法とはなんの共同関係があろう。また光は暗闇に対しなんの共通性があろう。
6:15 キリストがベリアルに対してなんの調和があろう、また信者は不信者となんの共同があろう。

塚本訳 Ⅰテモ5:8
5:8 自分の身内の者、特に家族を顧みないなら、その人は信仰を棄てたので、不信者よりも悪い。

塚本訳 ルカ 16:26
16:26 そればかりではない、わたし達とあなた達との間には大きな(深い)裂け目があって、ここからあなた達の所へ渡ろうと思っても出来ず、そこからわたし達の所へ越えてくることもない。』

塚本訳 マタ 19:23-26
19:23 イエスは弟子たちに言われた、「アーメン、わたしは言う、金持が天の国に入ることはむずかしい。
19:24 かさねて言う、金持が天の国に入るよりは、駱駝が針のめどを通る方がたやすい。」
19:25 これを聞いて、弟子たちは非常に驚いて言った、「ではいったい、だれが救われることが出来るのだろう。」
19:26 イエスは彼らをじっと見て言われた、「これは人間には出来ないが、『神にはなんでも出来る。』」

塚本訳 マタ 13:19-22
13:19 だれでも御国の言葉を聞いて悟らないと、悪者[悪魔]が来て、心の中にまかれたものを奪ってゆく。これは道ばたにまかれた人である。
13:20 岩地にまかれたもの、これは御言葉を聞いてすぐ喜んで受けいれるが、
13:21 自分の中に(しっかりした信仰)の根がなく、ただその当座だけであるから、御言葉のために苦難や迫害がおこると、すぐ信仰から離れおちる人である。
13:22 茨の中にまかれたもの、これは御言葉を聞くが、(しばらく信じているうちに、)この世の心配や富の惑わしが御言葉を押えつけて、みのらない人である。

塚本訳 Ⅱコリ4:18
4:18 このわたし達は見えるものに目を向けているのではなく、見えないものに目を向けているのである。見えるものは一時的、見えないものが永遠だからである。

塚本訳 ロマ 1:20
1:20 すなわち神の性質は、永遠の能力も神性も、人の目には見えないものであるが、世界創造の時から、理性の目をもって造られた物の中に見ることができるのである。従って(全然)言い訳は立たない。

塚本訳 ヨハ 9:39
9:39 イエスは言われた、「わたしは裁きのためにこの世に来たのだ。・・盲が目明きに、目明きが盲になるために!」

塚本訳 ヘブ 11:3
11:3 (まず、)信仰によって、わたし達はこの世界が神の言葉で造られたことを知る。すなわち、見えるものは、現われぬものからできているのである。
 
 

resize2289.jpg 

今日も炎暑であった。この世は地獄。関連聖句。

口語訳 黙  7:16
7:16 彼らは、もはや飢えることがなく、かわくこともない。太陽も炎暑も、彼らを侵すことはない。
 
口語訳 イザ 4:6
4:6 昼は暑さをふせぐ陰となり、また暴風と雨を避けて隠れる所となる。

口語訳 イザ 49:10
49:10 彼らは飢えることがなく、かわくこともない。また熱い風も、太陽も彼らを撃つことはない。彼らをあわれむ者が彼らを導き、泉のほとりに彼らを導かれるからだ。

口語訳 詩  121:6
121:6 昼は太陽があなたを撃つことなく、夜は月があなたを撃つことはない。

口語訳 ヨナ 4:8
4:8 やがて太陽が出たとき、神が暑い東風を備え、また太陽がヨナの頭を照したので、ヨナは弱りはて、死ぬことを願って言った、「生きるよりも死ぬ方がわたしにはましだ」。

塚本訳 マタ 13:6
13:6 日が出ると焼けて、しっかりした根がないので枯れてしまった。

塚本訳  ヤコ 1:11
1:11 (一度)日が出て熱い風が吹いて、『草を枯らすと、花は落ち』その麗しい顔は失せる。これと同じく、金持ちもその(儲け)仕事の最中に萎んでしまうであろう。

 有体的復活の使徒伝承

   http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/index.html

   

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    

     TSK日本語版・目次

    http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

   

      ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 



スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


国家はこれを相対化せよ ++++++++ 所感

2012/07/30 06:31

120730(月)5時目覚め●朝の啓示「国家や上に立つ権威はこれを相対化せよ」●唯物主義者、地上王国の建設者には言わない。●問題は信者に言う。信仰者の立場として国家や上に対する権威にどう対峙すべきかである。●この問題に対する態度ははその人が歩んできた「痛み」が背景になって「思想信条」が形成されているのでばらばらであり、「温度差」がある。すぐ議論になる。●ご家族を戦争で亡くされた方がかって「高橋さんとは考え方が違う」と言われたことがある。「高橋は塚本虎二の最も悪いところを継承している」と言われたことがある。ただしこの人間の聖書理解は水準が低くて陳腐だから真面目に聞けない。それを読む人間は「盲人に手を引かれる盲人」である。二人とも穴に落ちる。(マタイ15:14)●逆に「原爆の子」の信者からは信仰的な励ましを頂いたことがある●そこで「先生」ではなく、「聖書」に聞いてみよう。●結論は「この世の国家や組織や権威はこれを主にあって尊重しながらも相対化する。利用して自分の天国行きの準備をせよ」ということである。●結果的ではあるが相対化した方が正しくこの世を改造できる●「国家と宗教」に関する本は山とあるが、今これらの本を一切利用しない。引用しない。「先生の思想」を振り回さない。その方面の本を読む暇も興味もない。終末は近い。余命にも限りがある。ひたすら聖書にその指針を学ぶ。自分の頭に浮かんだものを感話をする。●この感話こそ他の人には「温度差」があるので批判の対象になるものだが、その次が大切。思い浮かんだ聖書を貫く一本の「あるもの」を自分で掴まないと神も聖書も否定することになって「自分の腹」を拝んでいることになるから自分も家庭も組織も国家も滅ぼす。神に滅ぼされる。

塚本訳  マタ 22:17-21
22:17 それで御意見を聞かせてください──(わたし達は異教人である)皇帝に、税を納めてよろしいでしょうか、よろしくないでしょうか。」
22:18 イエスは彼らの悪意を知って言われた、「なぜわたしを試すのか、この偽善者たち、
22:19 税の貨幣を見せなさい。」デナリ銀貨を差し出すと、
22:20 言われる、「これはだれの肖像か、まただれの銘か。」
22:21 「皇帝のです」と彼らが言う。すると言われる、「では皇帝のものは皇帝に、神のものは神に返せ。」

●これは難解。本が一冊出来る。しかしこれはイエスが「皇帝」や「国家」を相対化していることが分かる。

●この方面で本を書く人はその方面を「飯の種」「職業」「商売」「専門」にしている「人間の言葉」。あるいはマルキシズムを信仰の世界に持ち込む変態信者。または「暇な神学者」。一人一人の顔を思いながら書く。

●建築士の私はそういう「人間の声」には聞かない。単純にイエスの言葉を正面からとらえる。


塚本訳  ルカ 16:11-13
16:11 だから、もし(この世の)不正な富に忠実でなかったならば、だれが(天の)まことの富をあなた達にまかせようか。
16:12 もし他人のもの[この世のこと]に忠実でなかったならば、だれがあなた達のもの[天のもの]をあなた達に与えようか。
16:13 しかし(この世のことはみな準備のためであるから、それに心を奪われてはならない。)いかなる僕も(同時に)二人の主人に仕えることは出来ない。こちらを憎んであちらを愛するか、こちらに親しんであちらを疎んじるか、どちらかである。あなた達は神と富とに仕えることは出来ない。」

●税金は経済のこと。これに忠実であれということ。ここでもこの世はは相対化せよという。

●私の建築人生はここれで決定した。間違いはなかった。現代の聖職者は「建築はこの世限りのこと」という神学だから建築を職業にする人間に指導力はない。

●永遠の命を頂いて初めてこの世限りのことに真に忠実に一生懸命になれる。
 
●なぜか。「御国と神に義とされることとを求め」れば必要なものは与えられるからである(マタイ5:33)

●米国の建国の精神はこれであったので世界一の富を得た。しかしその後初心を忘れたので」(M・ウェーバー「プロ倫」の結論)堕落した。

●世界の名建築家は決まってラスキンの「建築の七灯」を読みこなしている。ところが日本の建築界ではこれを読めない。なぜか。聖書の言葉が多く出てきているからである。岩波文庫のこの本は昭和初期の翻訳のまま。活字が潰れている。最近、東大の某教授がこれを訳しなおそうとしたが挫折。当たり前だ。聖書をしらないから。 
  
塚本訳  ロマ 13:1-7
13:1 人は皆上に立つ(国家の)官憲に服従せねばならない。神からではない官憲はなく、現存の官憲は(ことごとく)神から任命されたものであるから。
13:2 従って官憲に反抗する者は、神の命令に違反する者である。違反する者は、自分で自分に(神の)裁きを招くであろう。(この世で罰を受けるばかりでなく、最後の日にも。)
13:3 役人が恐ろしいのは、善いことをする者でなく、悪いことをする者である。(だから)あなたは官憲を恐れたくなければ、善いことをせよ。そうすれば官憲から誉められる。
13:4 官憲はあなたの最善のためにつくす神の召使であるから。しかしもし悪事をすれば、恐れねばならない。見えのために剣をささげているのではないのだから。官憲は神の召使で、悪事を行う者に対して(神の)怒りをあらわす復讐者である。
13:5 だからかならず服従せねばならない。ただ怒りの(恐ろしさの)ためだけでなく、(それが信ずる者の義務であることを知っているあなた達は、自分の)良心のためにも。
13:6 それゆえに(同じ理由で、)あなた達は貢をも納めねばならない。官憲は神につかえる者であり、いま言った職務に全力をそそいでいるからである。
13:7 (彼らに対して、信ずる者には普通の人以上の、言わば借りがある。)すべての役人にこの借りを返しなさい。貢取りには貢を、官税取りには官税を、恐るべき者には恐れを、尊敬すべき者には尊敬を。

●これを信仰の薄い人間に語らせると「水平思考」になるから支離滅裂になる。これこそ「相対化」の思想で読まなければならない。
●この部分に関する「信仰薄き」人間の論考は聴きあきた。勝手に議論させておけ。垂直思考をしてから水平思考せよ。もしそれが遁世主義だと言うならマルキシズムかヒューマニズムに転向せよ。
 
塚本訳 Ⅰペテ2:18
2:18 奴隷達よ、(神に対する)あらん限りの畏れをもって主人に服従せよ、ただ善い、優しい主人だけでなく、気難しい主人にも(快く服従せよ。)

●これ奴隷制度の容認助長だという「人権主義」信者がいう。「人権」が泣く。
●人は親を選べない、国を選べない。生まれ出たところが宿命。
●これを「改造、改善」することが君たちの使命だ教える教育機関の教師たちは人生認識が甘い。そういう教師は大抵「人に使われた」ことがない人間、冷たい飯を食べた事のない人間。
●そういう人権主義信者の行動は人と金と同調者集めに狂奔する。彼らに動かされるほど健全信者は馬鹿ではない。その効果が薄いことを間もなく悟るであろう。 
●信者はどのような環境でも神の手から受ける事によって十字架で行きぬくべきだ。それが新約聖書の指針である。モチット聖書を熱心に読むべきだ。
●「デモクラシー」を目標とするな「でもクラセル―」を目標とせよ。(塚本虎二)
●親を上司を組織を国家を牧師を教会を十字架につけるのは聖書の読みが甘い。彼らに教えられる子供や人間の将来はない。
 ●こういう人間に限って「マリヤ」を批判した「マルタ」のように「あの人は何もしてない」と見えてしまうのだから滑稽である。「長いものには巻かている」ように見えてしまうから傲慢である。「組織は悪である」と短絡的になるから困る。モチット信仰と神の力ということを学び直した方がよい。私に言わせればそういう人の方が「何もしてない」「波も知ってない」。神に注意されるのは当然。(ルカ」10:38-42マルタとマリヤ)
●人は一人では仕事はできない。もし組織を嫌って「一人で家を建てようとするなら」できるのはせいぜい犬小屋である。
●関根訳は旧約だけ、塚本訳は新約だけ。しかも岩波は商売にならないとみると関根訳の大半と塚本訳の「使徒のはたらき」は絶版。聖書が泣いている。

 有体的復活の使徒伝承

   http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/index.html

   

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    

     TSK日本語版・目次

    http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

   

      ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 








 



トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


神の霊に燃える ++++++++ 所感

2012/07/29 09:11

120729(日)5時半目覚め●朝の啓示「霊に燃える」●昨日のオリンピック開会式の聖火を見て「燃える」ということに思いを巡らした。●聖書的には「霊に燃え」という言葉があるはずだ。「Jバイブル」で「霊」と「燃」のAnd検索をすると次が心に響く 

塚本訳 ロマ 12:11
12:11 熱心で倦まず、(神の)霊に燃え、主に仕えよ。

塚本訳 Ⅰテサ5:17-20
5:17 絶え間なく祈れ、
5:18 (幸不幸、)何事についても(神に)感謝せよ。これ(ら三つ)は神がキリスト・イエスに於て君達に求め給うものである。
5:19 (他人に燃えている)霊(の火)を消すな。
5:20 (殊に)預言(する者があれば、それ)を軽蔑するな。

新共同 黙 4:5
4:5 玉座からは、稲妻、さまざまな音、雷が起こった。また、玉座の前には、七つのともし火が燃えていた。これは神の七つの霊である。

●このうち最も有名なロマ12:11について拙ホームページの「聖書で聖書を読む(BbB)」を見てみよう。

http://www.bbbible.com/

●まず翻訳比較


岩波翻訳委員会訳1995

451211熱心さにおいて遅れをとらぬ者〔となり〕、霊において熱くなり、主に隷従し、

新共同訳1987

12:11 怠らず励み、霊に燃えて、主に仕えなさい。

前田訳1978

12:11 勤勉で捲まず、霊に燃え、主に仕え、

新改訳1970

12:11 勤勉で怠らず、霊に燃え、主に仕えなさい。 

塚本訳1963

12:11 熱心で、うむことなく、霊に燃え、主に仕え、

口語訳1955

文語訳1917

"451211","勤めて怠らず、心を熱くし、主につかへ、

●次にこの部分の各国聖書引照。国は違っても心は通じるのは音楽と同じだ。霊のオリンピック。

(独)NESTLE-ALAND  NOVUM TESTAMENTUM  GRAECE 27版1993 の引照

新共同 Ⅱコリ6:6

6:6 純真、知識、寛容、親切、聖霊、偽りのない愛、

新共同 マタ 5:44

5:44 しかし、わたしは言っておく。敵を愛し、自分を迫害する者のために祈りなさい。

 新共同 ロマ 15:5

15:5 忍耐と慰めの源である神が、あなたがたに、キリスト・イエスに倣って互いに同じ思いを抱かせ、

 新共同 Ⅰテサ5:15

5:15 だれも、悪をもって悪に報いることのないように気をつけなさい。お互いの間でも、すべての人に対しても、いつも善を行うよう努めなさい。

 新共同 ヘブ 12:14

12:14 すべての人との平和を、また聖なる生活を追い求めなさい。聖なる生活を抜きにして、だれも主を見ることはできません。

 (英・米)THE NEW TREASURY OF SCRIPTURE KNOWLEDGE 1982 の引照

口語訳コリ6:6

6:6 真実と知識と寛容と、慈愛と聖霊と偽りのない愛と、

口語訳 Ⅰテサ5:15

5:15 だれも悪をもって悪に報いないように心がけ、お互に、またみんなに対して、いつも善を追い求めなさい。

口語訳 Ⅰテサ4:11-12

4:11 そして、あなたがたに命じておいたように、つとめて落ち着いた生活をし、自分の仕事に身をいれ、手ずから働きなさい。

4:12 そうすれば、外部の人々に対して品位を保ち、まただれの世話にもならずに、生活できるであろう。

口語訳 ピリ 4:4

4:4 あなたがたは、主にあっていつも喜びなさい。繰り返して言うが、喜びなさい。

口語訳 Ⅰテサ5:8

5:8 しかし、わたしたちは昼の者なのだから、信仰と愛との胸当を身につけ、救の望みのかぶとをかぶって、慎んでいよう。

口語訳 ロマ 2:7

2:7 すなわち、一方では、耐え忍んで善を行って、光栄とほまれと朽ちぬものとを求める人に、永遠のいのちが与えられ、

口語訳 ロマ 5:3-4

5:3 それだけではなく、患難をも喜んでいる。なぜなら、患難は忍耐を生み出し、

5:4 忍耐は錬達を生み出し、錬達は希望を生み出すことを、知っているからである。

口語訳 ピリ 4:6-7

4:6 何事も思い煩ってはならない。ただ、事ごとに、感謝をもって祈と願いとをささげ、あなたがたの求めるところを神に申し上げるがよい。

4:7 そうすれば、人知ではとうてい測り知ることのできない神の平安が、あなたがたの心と思いとを、キリスト・イエスにあって守るであろう。

口語訳 Ⅰテサ5:17

5:17 絶えず祈りなさい。

口語訳 Ⅰコリ4:12-13

4:12 苦労して自分の手で働いている。はずかしめられては祝福し、迫害されては耐え忍び、

4:13 ののしられては優しい言葉をかけている。わたしたちは今に至るまで、この世のちりのように、人間のくずのようにされている。

口語訳 Ⅱコリ11:29

11:29 だれかが弱っているのに、わたしも弱らないでおれようか。だれかが罪を犯しているのに、わたしの心が燃えないでおれようか。

口語訳 ロマ 15:5-6

15:5 どうか、忍耐と慰めとの神が、あなたがたに、キリスト・イエスにならって互に同じ思いをいだかせ、

15:6 こうして、心を一つにし、声を合わせて、わたしたちの主イエス・キリストの父なる神をあがめさせて下さるように。

口語訳 Ⅰコリ1:10

1:10 さて兄弟たちよ。わたしたちの主イエス・キリストの名によって、あなたがたに勧める。みな語ることを一つにして、お互の間に分争がないようにし、同じ心、同じ思いになって、堅く結び合っていてほしい。

口語訳 ピリ 1:27

1:27 ただ、あなたがたはキリストの福音にふさわしく生活しなさい。そして、わたしが行ってあなたがたに会うにしても、離れているにしても、あなたがたが一つの霊によって堅く立ち、一つ心になって福音の信仰のために力を合わせて戦い、

口語訳 ピリ 2:2-3

2:2 どうか同じ思いとなり、同じ愛の心を持ち、心を合わせ、一つ思いになって、わたしの喜びを満たしてほしい。

2:3 何事も党派心や虚栄からするのでなく、へりくだった心をもって互に人を自分よりすぐれた者としなさい。

口語訳 ピリ 4:11-13

4:11 わたしは乏しいから、こう言うのではない。わたしは、どんな境遇にあっても、足ることを学んだ。

4:12 わたしは貧に処する道を知っており、富におる道も知っている。わたしは、飽くことにも飢えることにも、富むことにも乏しいことにも、ありとあらゆる境遇に処する秘けつを心得ている。

4:13 わたしを強くして下さるかたによって、何事でもすることができる。

口語訳 Ⅰコリ3:18

3:18 だれも自分を欺いてはならない。もしあなたがたのうちに、自分がこの世の知者だと思う人がいるなら、その人は知者になるために愚かになるがよい。

口語訳 ロマ 12:19

12:19 愛する者たちよ。自分で復讐をしないで、むしろ、神の怒りに任せなさい。なぜなら、「主が言われる。復讐はわたしのすることである。わたし自身が報復する」と書いてあるからである。

口語訳 ロマ 13:14

13:14 あなたがたは、主イエス・キリストを着なさい。肉の欲を満たすことに心を向けてはならない。

口語訳 ロマ 14:16

14:16 それだから、あなたがたにとって良い事が、そしりの種にならぬようにしなさい。

口語訳 Ⅰコリ6:6-7

6:6 しかるに、兄弟が兄弟を訴え、しかもそれを不信者の前に持ち出すのか。

6:7 そもそも、互に訴え合うこと自体が、すでにあなたがたの敗北なのだ。なぜ、むしろ不義を受けないのか。なぜ、むしろだまされていないのか。

口語訳 Ⅰコリ13:4-5

13:4 愛は寛容であり、愛は情深い。また、ねたむことをしない。愛は高ぶらない、誇らない。

13:5 不作法をしない、自分の利益を求めない、いらだたない、恨みをいだかない。

口語訳 ピリ 4:8-9

4:8 最後に、兄弟たちよ。すべて真実なこと、すべて尊ぶべきこと、すべて正しいこと、すべて純真なこと、すべて愛すべきこと、すべてほまれあること、また徳といわれるもの、称賛に値するものがあれば、それらのものを心にとめなさい。

4:9 あなたがたが、わたしから学んだこと、受けたこと、聞いたこと、見たことは、これを実行しなさい。そうすれば、平和の神が、あなたがたと共にいますであろう。 

口語訳 Ⅱコリ4:2

4:2 恥ずべき隠れたことを捨て去り、悪巧みによって歩かず、神の言を曲げず、真理を明らかにし、神のみまえに、すべての人の良心に自分を推薦するのである。

口語訳 ロマ 14:17-19

14:17 神の国は飲食ではなく、義と、平和と、聖霊における喜びとである。

14:18 こうしてキリストに仕える者は、神に喜ばれ、かつ、人にも受けいれられるのである。

14:19 こういうわけで、平和に役立つことや、互の徳を高めることを、追い求めようではないか。

口語訳 ガラ 5:22

5:22 しかし、御霊の実は、愛、喜び、平和、寛容、慈愛、善意、忠実、 

口語訳 ロマ 5:9

5:9 わたしたちは、キリストの血によって今は義とされているのだから、なおさら、彼によって神の怒りから救われるであろう。

口語訳 ロマ 13:4

13:4 彼は、あなたに益を与えるための神の僕なのである。しかし、もしあなたが悪事をすれば、恐れなければならない。彼はいたずらに剣を帯びているのではない。彼は神の僕であって、悪事を行う者に対しては、怒りをもって報いるからである。 

口語訳 ロマ 8:18

8:18 わたしは思う。今のこの時の苦しみは、やがてわたしたちに現されようとする栄光に比べると、言うに足りない。

口語訳 Ⅱコリ4:17-18

4:17 なぜなら、このしばらくの軽い患難は働いて、永遠の重い栄光を、あふれるばかりにわたしたちに得させるからである。

4:18 わたしたちは、見えるものにではなく、見えないものに目を注ぐ。見えるものは一時的であり、見えないものは永遠につづくのである。

口語訳 ロマ 8:37

8:37 しかし、わたしたちを愛して下さったかたによって、わたしたちは、これらすべての事において勝ち得て余りがある。

口語訳 Ⅱコリ10:4-5

10:4 わたしたちの戦いの武器は、肉のものではなく、神のためには要塞をも破壊するほどの力あるものである。わたしたちはさまざまな議論を破り、

10:5 神の知恵に逆らって立てられたあらゆる障害物を打ちこわし、すべての思いをとりこにしてキリストに服従させ、

口語訳 Ⅰコリ15:58

15:58 だから、愛する兄弟たちよ。堅く立って動かされず、いつも全力を注いで主のわざに励みなさい。主にあっては、あなたがたの労苦がむだになることはないと、あなたがたは知っているからである。

口語訳 ガラ 6:9

6:9 わたしたちは、善を行うことに、うみ疲れてはならない。たゆまないでいると、時が来れば刈り取るようになる。

 (日)新共同訳1987の引照

新共同 Ⅱコリ6:6

6:6 純真、知識、寛容、親切、聖霊、偽りのない愛、

新共同 Ⅰテモ1:5

1:5 わたしのこの命令は、清い心と正しい良心と純真な信仰とから生じる愛を目指すものです。

 新共同 Ⅰテサ5:22

5:22 あらゆる悪いものから遠ざかりなさい。

 新共同 Ⅰテサ5:15

5:15 だれも、悪をもって悪に報いることのないように気をつけなさい。お互いの間でも、すべての人に対しても、いつも善を行うよう努めなさい。
 

新共同 ピリ 2:3

2:3 何事も利己心や虚栄心からするのではなく、へりくだって、互いに相手を自分よりも優れた者と考え、

 新共同 ロマ 5:2

5:2 このキリストのお陰で、今の恵みに信仰によって導き入れられ、神の栄光にあずかる希望を誇りにしています。

新共同 ヘブ 10:32-36

10:32 あなたがたは、光に照らされた後、苦しい大きな戦いによく耐えた初めのころのことを、思い出してください。

10:33 あざけられ、苦しめられて、見せ物にされたこともあり、このような目に遭った人たちの仲間となったこともありました。

10:34 実際、捕らえられた人たちと苦しみを共にしたし、また、自分がもっとすばらしい、いつまでも残るものを持っていると知っているので、財産を奪われても、喜んで耐え忍んだのです。

10:35 だから、自分の確信を捨ててはいけません。この確信には大きな報いがあります。

10:36 神の御心を行って約束されたものを受けるためには、忍耐が必要なのです。

新共同 Ⅰテモ3:2

3:2 だから、監督は、非のうちどころがなく、一人の妻の夫であり、節制し、分別があり、礼儀正しく、客を親切にもてなし、よく教えることができなければなりません。

新共同 Ⅰコリ4:12

4:12 苦労して自分の手で稼いでいます。侮辱されては祝福し、迫害されては耐え忍び、

 新共同 ヘブ 13:3

13:3 自分も一緒に捕らわれているつもりで、牢に捕らわれている人たちを思いやり、また、自分も体を持って生きているのですから、虐待されている人たちのことを思いやりなさい。

新共同 ロマ 15:5

15:5 忍耐と慰めの源である神が、あなたがたに、キリスト・イエスに倣って互いに同じ思いを抱かせ、

 新共同 Ⅱコリ13:11

13:11 終わりに、兄弟たち、喜びなさい。完全な者になりなさい。励まし合いなさい。思いを一つにしなさい。平和を保ちなさい。そうすれば、愛と平和の神があなたがたと共にいてくださいます。

新共同 ピリ 2:2

2:2 同じ思いとなり、同じ愛を抱き、心を合わせ、思いを一つにして、わたしの喜びを満たしてください。

新共同 ロマ 11:20

11:20 そのとおりです。ユダヤ人は、不信仰のために折り取られましたが、あなたは信仰によって立っています。思い上がってはなりません。むしろ恐れなさい。

 新共同 ロマ 12:3

12:3 わたしに与えられた恵みによって、あなたがた一人一人に言います。自分を過大に評価してはなりません。むしろ、神が各自に分け与えてくださった信仰の度合いに応じて慎み深く評価すべきです。

新共同 ロマ 11:25

11:25 兄弟たち、自分を賢い者とうぬぼれないように、次のような秘められた計画をぜひ知ってもらいたい。すなわち、一部のイスラエル人がかたくなになったのは、異邦人全体が救いに達するまでであり、

 新共同 ロマ 12:21

12:21 悪に負けることなく、善をもって悪に勝ちなさい。

 新共同 Ⅰペテ3:9

3:9 悪をもって悪に、侮辱をもって侮辱に報いてはなりません。かえって祝福を祈りなさい。祝福を受け継ぐためにあなたがたは召されたのです。

新共同 Ⅱコリ8:21

8:21 わたしたちは、主の前だけではなく、人の前でも公明正大にふるまうように心がけています。

新共同 ヘブ 12:14

12:14 すべての人との平和を、また聖なる生活を追い求めなさい。聖なる生活を抜きにして、だれも主を見ることはできません。

新共同 ロマ 12:17

12:17 だれに対しても悪に悪を返さず、すべての人の前で善を行うように心がけなさい。

新共同 Ⅰテサ4:6

4:6 このようなことで、兄弟を踏みつけたり、欺いたりしてはいけません。わたしたちが以前にも告げ、また厳しく戒めておいたように、主はこれらすべてのことについて罰をお与えになるからです。

新共同 Ⅱテモ4:14

4:14 銅細工人アレクサンドロがわたしをひどく苦しめました。主は、その仕業に応じて彼にお報いになります。

新共同 ヘブ 10:30

10:30 「復讐はわたしのすること、/わたしが報復する」と言い、また、/「主はその民を裁かれる」と言われた方を、わたしたちは知っています。

新共同 Ⅰペテ2:15

2:15 善を行って、愚かな者たちの無知な発言を封じることが、神の御心だからです。

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE 1985 の引照

口語訳 Ⅰペテ1:22

1:22 あなたがたは、真理に従うことによって、たましいをきよめ、偽りのない兄弟愛をいだくに至ったのであるから、互に心から熱く愛し合いなさい。

口語訳 ピリ 2:3

2:3 何事も党派心や虚栄からするのでなく、へりくだった心をもって互に人を自分よりすぐれた者としなさい。

口語訳 Ⅰコリ13:13

13:13 このように、いつまでも存続するものは、信仰と希望と愛と、この三つである。このうちで最も大いなるものは、愛である。

口語訳 コロ 4:2

4:2 目をさまして、感謝のうちに祈り、ひたすら祈り続けなさい。

口語訳 Ⅰテサ5:17

5:17 絶えず祈りなさい。

口語訳 Ⅰコリ16:1

16:1 聖徒たちへの献金については、わたしはガラテヤの諸教会に命じておいたが、あなたがたもそのとおりにしなさい。

口語訳 Ⅱコリ8:21

8:21 わたしたちは、主のみまえばかりではなく、人の前でも公正であるように、気を配っているのである。

口語訳 Ⅰテサ5:15

5:15 だれも悪をもって悪に報いないように心がけ、お互に、またみんなに対して、いつも善を追い求めなさい。

 口語訳 Ⅰペテ3:9

3:9 悪をもって悪に報いず、悪口をもって悪口に報いず、かえって、祝福をもって報いなさい。あなたがたが召されたのは、祝福を受け継ぐためなのである。

 口語訳 Ⅰコリ6:6-7

6:6 しかるに、兄弟が兄弟を訴え、しかもそれを不信者の前に持ち出すのか。

6:7 そもそも、互に訴え合うこと自体が、すでにあなたがたの敗北なのだ。なぜ、むしろ不義を受けないのか。なぜ、むしろだまされていないのか。

 

●これを全部読むと、「霊に燃える」ことが愛の行為の原点であり、それは落ち着いた道徳的なものであることが分かる。「霊」というと常人にはわからない得体の知れない物pのように思えるが、むしろ「心が燃えている」と言う方が誤解を招かないかもしれない。
●次にTSK日本語版により「霊に燃え」をピンポイントで見てみよう。
 

*「霊に燃え、」

Matthew 24:12

12また不法がはびこるので、多くの人の愛が冷えるであろう。

Acts 18:25

 25この人は主の道に通じており、また、霊に燃えてイエスのことを詳しく語ったり教えたりしていたが、ただヨハネのバプテスマしか知っていなかった。

Colossians 4:12-13

 12あなたがたのうちのひとり、キリスト・イエスの僕エパフラスから、よろしく。彼はいつも、祈のうちであなたがたを覚え、あなたがたが全き人となり、神の御旨をことごとく確信して立つようにと、熱心に祈っている。  13わたしは、彼があなたがたのため、またラオデキヤとヒエラポリスの人々のために、ひじょうに心労していることを、証言する。

James 5:16

 16だから、互に罪を告白し合い、また、いやされるようにお互のために祈りなさい。義人の祈は、大いに力があり、効果のあるものである。

1 Peter 1:22

 22あなたがたは、真理に従うことによって、たましいをきよめ、偽りのない兄弟愛をいだくに至ったのであるから、互に心から熱く愛し合いなさい。

1 Peter 4:8

 8何よりもまず、互の愛を熱く保ちなさい。愛は多くの罪をおおうものである。

Revelation of John 2:4

 4しかし、あなたに対して責むべきことがある。あなたは初めの愛から離れてしまった。

Revelation of John 3:15-16

15わたしはあなたのわざを知っている。あなたは冷たくもなく、熱くもない。むしろ、冷たいか熱いかであってほしい。  16このように、熱くもなく、冷たくもなく、なまぬるいので、あなたを口から吐き出そう。

 
●人間は霊に燃える時が幸福であり、真の人間である。オリンピックは「人権主義者の思想のお祭り」である。クリスチャンのお祭りは霊に燃えるものでなければならない。これは人権主義者には理解のできないことなのだ。
 
●10:00 集会が夏休みなので、妻と二人で家庭礼拝。讃美歌(いずみとあふるる)、祈り(私)、私の聖書感話(ヨハネの黙示5:5)讃美歌(イェスきみはいとうるわし)、終わりの祈り(トミ子)1時間25分。
 

有体的復活の使徒伝承

   http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/index.html

   

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    

     TSK日本語版・目次

    http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

   

      ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 

 




トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


ヘイジュード ++++++++ 所感

2012/07/28 21:43

120728(土)5:55 妻は友人と麦草峠(八ヶ岳付近)に登山に出発。私はロンドンオリンピック開会式実況中継を見る。最後のポールマッカートニーが歌う「ヘイジュード」は数万人の観客が体を左右に振って大合唱。●ネットでその歌詞と曲の由来を知って感動。●ビートルズの仲間のジョンレノンは初めの夫人と離婚、再婚相手はは日本のオノヨーコ。初めの夫人との間の子供の名前がジュード。この5歳の少年を慰める為に、ポールマッカートニーは「元気出せよ」と励ますために作ったと言う。作曲の動機が美しい。ジュードよ、今いずこ。●しかし、クリスチャンだったらどう慰めるかなーと思った。人間的な同情であったら真の慰めにはならないだろう。聖書的には次だ。

塚本訳  Ⅱコリ7:10
7:10 なぜなら、神の御心に沿った悲しみは、(人を)救いに入れる悔いのない悔改めをもたらすけれども、この世(的)の悲しみは、(絶望と)死をもたらすからである。

●折しも、黙示録のTSK日本語版を入力していてその5章5節にぶつかった。ここの難解な黙示録の本質を見た。
 

岩波翻訳委員会訳1995

660505すると、長老たちのうちの一人が私にこう言う、「泣くのはやめなさい。ご覧、ユダ族出身のライオン、ダビデの根が勝利したので、かの小巻物を開き、その七つの封印を解くことができるのだ」。

 

新共同訳1987

5:5 すると、長老の一人がわたしに言った。「泣くな。見よ。ユダ族から出た獅子、ダビデのひこばえが勝利を得たので、七つの封印を開いて、その巻物を開くことができる。」

 

前田訳1978

5:5 すると長老のひとりがいう、「泣くな。見よ、ユダ族出の獅子、ダビデの根が勝った。彼が巻物とその七つの封印を解く」と。

 

新改訳1970

5:5 すると、長老のひとりが、私に言った。「泣いてはいけない。見なさい。ユダ族から出たしし、ダビデの根が勝利を得たので、その巻き物を開いて、七つの封印を解くことができます。」

 

塚本訳1963

5:5 すると(かの)長老の一人が私に言う、「泣くな。視よ、ユダ族の獅子、ダビデの根(である者)が(既に)勝った(から)、彼がその巻き物と七つの封印とを開く(ことが出来る。)」

 

口語訳1955

5:5 すると、長老のひとりがわたしに言った、「泣くな。見よ、ユダ族のしし、ダビデの若枝であるかたが、勝利を得たので、その巻物を開き七つの封印を解くことができる」。

 

文語訳1917

"660505","長老の一人われに言ふ『泣くな、視よ、ユダの族の獅子・ダビデの萌蘗、すでに勝を得て巻物とその七つの封ニを開き得るなり。

●9月24日の感話の内容が決まった。それは次である。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



 

  泣くな、死は克服された 

黙示録の言わんとすること・・・黙示録5章5節



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●ロンドンオリンピックでは「ヘイジュード」が数万人の大観衆に歌われたが、天の国ではキリストが称えられる大合唱が歌われるであろう。それは次である。

新共同 黙  5:11-13
5:11 また、わたしは見た。そして、玉座と生き物と長老たちとの周りに、多くの天使の声を聞いた。その数は万の数万倍、千の数千倍であった。
5:12 天使たちは大声でこう言った。「屠られた小羊は、/力、富、知恵、威力、/誉れ、栄光、そして賛美を/受けるにふさわしい方です。」
5:13 また、わたしは、天と地と地の下と海にいるすべての被造物、そして、そこにいるあらゆるものがこう言うのを聞いた。「玉座に座っておられる方と小羊とに、/賛美、誉れ、栄光、そして権力が、/世々限りなくありますように。」

●これはヘンデルが「メサイア」の最後、「アーメンコーラス」で取り上げた聖句である。


●オリンピックの「聖火リレー」では2千年間連綿として続いてきた「使徒伝承」の信仰告白と「エクレシア」を思った。それは胸が熱くなって」「胸が聖霊の火で燃えて」聖火のように連鎖反応があったのである。単なる文字だけでは福音は伝わってこなかった。

resize2288.jpg 
 
あきる野名物のツモロコシがぐんぐん伸びている。向こうに見えるのは
我家。今日も暑い日であった、

 有体的復活の使徒伝承

   http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/index.html

   

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    

     TSK日本語版・目次

    http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

   

      ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 

 



トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


年金は人をダメにする ++++++++ 所感

2012/07/27 06:22

120727(金)4時目覚め●朝の啓示「金の追求は人をダメにする」●過日、集会の感謝会でいわき市出身のTT氏から次のような感話があった。「久しぶりで郷里に帰ったら町全体が変な雰囲気になっていた。原因を調べると福島原発の避難民が補償金(一家5人だと月50万円)を貰った人が、働くともらえなくなるのでパチンコなどで遊び暮らしているからだそうだ」と。これを聴いた私はとっさに国の補償政策は人間をダメにする。政治は人を救わないと直感した。そこで今朝は「金の追求ということが以下に人間を堕落させ、ダメにするかを聖書的に探ってみよう。 

 塚本訳マタ 6:24
6:24 (わたし達の心は天か地かに引かれる。)だれも(同時に)二人の主人に仕えることは出来ない。こちらを憎んであちらを愛するか、こちらに親しんであちらを疎んじるか、どちらかである。あなた達は神と富とに仕えることは出来ない。


●金は善用すればいいじゃないかと思うのは墓穴を掘る。サタンの囁き。金は魔物である。神と同時に仕えられない。
●人間にとって異性も「魔物」。この魔物が人を神への道から足を引っ張る。
●ヒルティは女性に二種類あると言う。「一方は男を気高いとkろに導き、一方は堕落させて悪魔のところに導く。女性はこのどちらかである。」と。
●だから結婚は少しぐらいこの世的に不利でも神を信ずる人とでなければならない。

塚本訳マタ 19:23
19:23 イエスは弟子たちに言われた、「アーメン、わたしは言う、金持が天の国に入ることはむずかしい。

●救世軍のブース大将夫人曰く「一番伝道しにくいのは金持ち」(ヒルティに教えられる)。
●同じく、聖職者も入りにくい。精神的金持ちだから。
●一流校卒の人間もも入りにくい。宗教なんぞといって「メンツ」が邪魔をする。


塚本訳  ルカ 6:20
6:20 イエスは目をあげ、(十二人の使徒その他の)弟子たちを見ながら話された。──「ああ幸いだ、『貧しい人たち、』神の国はあなた達のものとなるのだから。

●ある人が塚本先生に質問。「先生。貧乏人はなぜ幸いなのでしょうか」
塚本先生「そうだなー。一生懸命に働かなければならないからじゃーないかなー」 ●これを読んだ私はうなった。聖書の言葉を引用しないところが大家の証拠。
●集会の某夫人「高橋さんは年金生活になってから話しに力がなくなりました」
●ヒルティは「演説は生活なり」という。 
●確かに金は人間をダメにする。
●年金生活もギリギリ生活がよい。
●日本公演に来るウィーン国立歌劇場などの引っ越し公演はバカ高。しかし現地では激安。日本人はいいカモなのだ。
●今日の教会に力がないのは「牧師が信者に生活を支えて貰っているからだ」。耳触りのよい説教きりできない。「遊び人は出て行け!」と怒鳴ることが出来ない。信者の減少が怖いのだ。
●教会や集会が人数的に繁盛(教会ではこれを教勢という)することが神の国の進展の見える形だという誤った考えが教会や集会を弱くしている。
●福音宣教は発信であって、集客ではない。

塚本訳  ルカ 12:15-23
12:15 人々に言われた、「一切の貪欲に注意し、用心せよ。いかに物があり余っていても、財産は命の足しにはならないのだから。」
12:16 そこで一つの譬を人々に話された、「ある金持の畑が(ある年)豊作であった。
12:17 『どうしよう、わたしの作物をしまいこむ場所がないのだが…』と金持ちはひそかに考えていたが、
12:18 やがて言った、『よし、こうしよう。倉をみなとりこわして大きいのを建て、そこに穀物と財産をみなしまいこんでおいて、
12:19 それからわたしの魂に言おう。──おい魂、お前には長年分の財産が沢山しまってある。(もう大丈夫。)さあ休んで、食べて、飲んで、楽しみなさい、と。』
12:20 しかし神はその人に、『愚か者、今夜お前の魂は取り上げられるのだ。するとお前が準備したものは、だれのものになるのか』と言われた。
12:21 自分のために(地上に)宝を積んで、神のところで富んでいない者はみな、このとおりである。」
12:22 それから(また)弟子たちに言われた、「だから、わたしは言う、何を食べようかと命のことを心配したり、また何を着ようかと体のことを心配したりするな。
12:23 命は食べ物以上、体は着物以上(の賜物)だから。(命と体とを下さった神が、それ以下のものを下さらないわけはない。)

●人間は急に大金が入ると「遊ぶ」。品の無いデカイ建物を建てる。これ凡人の証拠。
●新興国ほど超高層ビルを建てたがる。
●高層マンションの「高い」階を望む人ほど品格は「低い」。選択の動機が低級なのだ。
●動物も知能の高いものほど地上に近い低いところに棲む。
●常に天下国家を批判断罪する某社会派信者(この際氏名は伏せておく)は、自ら高層マンションに住んでいながら大所高所から地上のことを批判する。だから全然効き目がない。地上に降りてから物を言え。泣く者と共に泣け。(ロマ12:15)
 ●高価なものを購入したことを自慢したり、それを羨んだりするのはこの世的な人間で、クリスチャンはそうであってはならない。

塚本訳  ルカ 15:11-14
15:11 また話された、「ある人に二人の息子があった。
15:12 『お父さん、財産の分け前を下さい』と弟が父に言った。父は身代を二人に分けてやった。
15:13 幾日もたたないうちに、弟は(分け前)全部をまとめて(金にかえ、)遠い国に行き、そこで放蕩に財産をまき散らした。
15:14 すべてを使いはたしたとき、その国にひどい飢饉があって、食べるにも困り果てた。 

●遺産相続は子供をダメにする。「子に美田は残さず」は真理。
●大金が入ると男は「汚い女」(ルカ15:30塚本訳)に貢ぐのがダメ人間のお決まりコース。
●これを防ぐには小さい頃から「教会」に通わせなければならない。否、親爺が堕落していてはいけない。子供が平気で真似をする。堕落に対し、心に歯止めがかからない。
●堕落した親を持ってしまった子供達よ「自分はそうならないように」気をつけよ。真の家族(主にある家族)を求めよ。

新共同 Ⅰテモ6:10
6:10 金銭の欲は、すべての悪の根です。金銭を追い求めるうちに信仰から迷い出て、さまざまのひどい苦しみで突き刺された者もいます。

●パウロのように人に迷惑をかけないように自分の手で働いて質素な生活をするのが教養人。
●京都の桂離宮と日光東照宮陽明門は同時期の作品。桂離宮を造営した八条の宮の教養の高さが如実。(ブルーノタウト「日本美の再発見」)
●友達、読む本、食べ物、見るテレビ、遊びの内容、宗教に対する態度等でその人の品格が知られる。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
7:00 妻は中野の愛子の家に手伝い。終日。御苦労さんだ。 

塚本訳  マタ 16:24
16:24 あとでイエスは弟子たちに言われた、「だれでも、わたしについて来ようと思う者は、(まず)己れをすてて、自分の十字架を負い、それからわたしに従え。

●この意味するところを研究するためにTSK日本語版を見る

  http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

TSK日本語版より
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 *「自分の十字架を負うて、わたしに従ってきなさい」

Matthew 27:32

32彼らが出て行くと、シモンという名のクレネ人に出会ったので、イエスの十字架を無理に負わせた。

Mark 15:21

 21そこへ、アレキサンデルとルポスとの父シモンというクレネ人が、郊外からきて通りかかったので、人々はイエスの十字架を無理に負わせた。

Luke 23:26

 26彼らがイエスをひいてゆく途中、シモンというクレネ人が郊外から出てきたのを捕えて十字架を負わせ、それをになってイエスのあとから行かせた。

John 19:17

 17イエスはみずから十字架を背負って、されこうべ(ヘブル語ではゴルゴダ)という場所に出て行かれた。

1 Peter 4:1-2

 1このように、キリストは肉において苦しまれたのであるから、あなたがたも同じ覚悟で心の武装をしなさい。肉において苦しんだ人は、それによって罪からのがれたのである。  2それは、肉における残りの生涯を、もはや人間の欲情によらず、神の御旨によって過ごすためである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
TSK日本語版より 終わり



●そうだ、自分の十字架は重すぎ負いきれないのだ。イエスだって負えずにクレネ人シモンに負ってもらった。
●我々も十字架は重くて負えない。なぜか。「負えない重荷」を神に無理に負わせられるからだ。
●十字架はこれを「頑張って」負おうとしてはいけない。それが重すぎて負えずに崩れ落ちた時に神が負って下さる。そのとき十字架を負えたことになるのだ。

  有体的復活の使徒伝承

   http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/index.html

   

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    

     TSK日本語版・目次

    http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

   

      ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 

 

 


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


神の愛は向こうからやってくる ++++++++ 所感

2012/07/26 06:26

120726(木)5時目覚め。朝の啓示「我が立つをも座るをも知り給う」●これが聖書のどこにあったかを調べるには「Jバイブル」(市販、一万円強、いのちのことば社)は本のコンコルダンスより超便利。「立つ」と「座る」のAND検索で一秒。詩篇139:2であることが分かり同時に翻訳比較ができる。●目覚めた時、「今日はどうやって金儲けをしようか」などと思う人間は見込みがない。(ヤコブ4:13-14) 

口語訳 詩 139:2
139:2 あなたはわがすわるをも、立つをも知り、遠くからわが思いをわきまえられます。

新改訳 詩 139:2
139:2 あなたこそは私のすわるのも、立つのも知っておられ、私の思いを遠くから読み取られます。

新共同 詩 139:1-2
139:1 【指揮者によって。ダビデの詩。賛歌。】主よ、あなたはわたしを究め/わたしを知っておられる。
139:2 座るのも立つのも知り/遠くからわたしの計らいを悟っておられる。

NKJV 詩 139:1-2
139:1 O Lord, You have searched me and known me.
139:2 You know my sitting down and my rising up;You understand my thought afar off.

TEV 詩 139:1-2
139:1 Lord, you have examined me and you know me.
139:2 You know everything I do; /from far away you understand all my thoughts.

●次にこの部分の「意味」や「思想」が類似しているところを「自分の頭の中」から紡ぎだす。これが一番大切。一つでも二つでもよい。ヒラメキだからコンコルダンスでは不可能。私の場合は次である。語句検索はJバイブルが超便利。聖句が全然思い浮かばない人間はマダマダ修業が足りない。私が所属する先輩は旧新約聖書を年間4回通読している。氏はQ資料や聖書学に関心がない。 

塚本訳 ヨハ 15:16
15:16 (しかも)あなた達がわたしを選んだのではなく、わたしがあなた達を(使徒に)選んで、あなた達が出かけていって(善い)実を結び、その実がいつまでものこるように、また(その必要のために)あなた達がわたしの名で父上にお願いすれば、なんでもかなえてくださるようにしてやったのである。

塚本訳 ルカ 19:5
19:5 イエスはその場所に来られると、ザアカイを見上げて言われた、「ザアカイ、急いで下りておいで。きょうはあなたの家に泊まることになっているから。」

塚本訳 ロマ 5:8
5:8 しかしわたし達が(義人でも善人でもなく、)まだ罪人(神の敵)であったとき、キリストが私たちのために死んでくださった。このことによって、神はわたし達に対する愛をお示しになったのである。

塚本訳 エペ 2:18
2:18 というのは、(今)私達二つの者が、(イスラエル人も異教人も、)一つの霊で父(なる神)に近づくことが出来るのは彼によるのであるからである。

塚本訳 エペ 5:8
5:8 君達はかつては暗であったが、今は主に在って光である。光の子らしく歩け──

塚本訳 Ⅰペテ2:10
2:10 (誠に)君達はかつては、「『非民』」(であったが)今や神の民、(前には神に)『憐
れまれぬ者』(であったが)今や憐れまれる者(となった)。

●次に詩篇139:2のTSKを見る。(TSK原本の導入は拙HPの聖書研究の部を参照)。
 http://www.asahi-net.or.jp/~ej2t-tkhs/

●TSK日本語版は小生が鋭意作業中、新約は来月完了。その後旧約は数年かかるが、完成すれば多くの人に超便利。
 
http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm 
 



1 Kings 8:39

39あなたは、あなたのすみかである天で聞いてゆるし、かつ行い、おのおのの人に、その心を知っておられるゆえ、そのすべての道にしたがって報いてください。ただ、あなただけ、すべての人の心を知っておられるからです。

1 Chronicles 28:9

 9わが子ソロモンよ、あなたの父の神を知り、全き心をもって喜び勇んで彼に仕えなさい。主はすべての心を探り、すべての思いを悟られるからである。あなたがもし彼を求めるならば会うことができる。しかしあなたがもしかれを捨てるならば彼は長くあなたを捨てられるであろう。

Psalms 11:4-5

 4基が取りこわされるならば、正しい者は何をなし得ようか」と。  5主はその聖なる宮にいまし、主のみくらは天にあり、その目は人の子らをみそなわし、そのまぶたは人の子らを調べられる。

Psalms 17:3

 3どうかわたしについての宣告がみ前から出て、あなたの目が公平をみられるように。

Psalms 23

 1ダビデの歌  2主はわたしの牧者であって、わたしには乏しいことがない。  3主はわたしを緑の牧場に伏させ、いこいのみぎわに伴われる。  4主はわたしの魂をいきかえらせ、み名のためにわたしを正しい道に導かれる。  5たといわたしは死の陰の谷を歩むとも、わざわいを恐れません。あなたがわたしと共におられるからです。あなたのむちと、あなたのつえはわたしを慰めます。  6あなたはわたしの敵の前で、わたしの前に宴を設け、わたしのこうべに油をそそがれる。わたしの杯はあふれます。 [23:7] わたしの生きているかぎりは/必ず恵みといつくしみとが伴うでしょう。わたしはとこしえに主の宮に住むでしょう。

Psalms 44:21

 21われらがもしわれらの神の名を忘れ、ほかの神に手を伸べたことがあったならば、

Jeremiah 12:3

 3主よ、あなたはわたしを知り、わたしを見、わたしの心があなたに対して/いかにあるかを試みられます。ほふるために羊を引き出すように、彼らを引き出し、殺す日にそなえて、彼らを残しておいてください。

Jeremiah 17:9-10

 9心はよろずの物よりも偽るもので、はなはだしく悪に染まっている。だれがこれを、よく知ることができようか。  10「主であるわたしは心を探り、思いを試みる。おのおのに、その道にしたがい、その行いの実によって報いをするためである」。

 

John 21:17

17イエスは三度目に言われた、「ヨハネの子シモンよ、わたしを愛するか」。ペテロは「わたしを愛するか」とイエスが三度も言われたので、心をいためてイエスに言った、「主よ、あなたはすべてをご存じです。わたしがあなたを愛していることは、おわかりになっています」。イエスは彼に言われた、「わたしの羊を養いなさい。

Hebrews 4:13

 13そして、神のみまえには、あらわでない被造物はひとつもなく、すべてのものは、神の目には裸であり、あらわにされているのである。この神に対して、わたしたちは言い開きをしなくてはならない。

Revelation of John 2:18

 18テアテラにある教会の御使に、こう書きおくりなさい。『燃える炎のような目と光り輝くしんちゅうのような足とを持った神の子が、次のように言われる。

Revelation of John 2:23

 23また、この女の子供たちをも打ち殺そう。こうしてすべての教会は、わたしが人の心の奥底までも探り知る者であることを悟るであろう。そしてわたしは、あなたがたひとりびとりのわざに応じて報いよう。

 

Genesis 16:13

13そこで、ハガルは自分に語られた主の名を呼んで、「あなたはエル・ロイです」と言った。彼女が「ここでも、わたしを見ていられるかたのうしろを拝めたのか」と言ったことによる。

2 Kings 6:12

 12ひとりの家来が言った、「王、わが主よ、だれも通じている者はいません。ただイスラエルの預言者エリシャが、あなたが寝室で語られる言葉でもイスラエルの王に告げるのです」。

2 Kings 19:27

 27わたしはあなたのすわること、出入りすること、/わたしにむかって怒り叫んだことをも知っている。

Psalms 56:9

 9あなたはわたしのさすらいを数えられました。わたしの涙をあなたの皮袋にたくわえてください。これは皆あなたの書に/しるされているではありませんか。

Proverbs 15:3

 3主の目はどこにでもあって、悪人と善人とを見張っている。

Isaiah 37:28

 28わたしは、あなたの座すること、出入りすること、また、わたしにむかって/怒り叫んだことをも知っている。

Zechariah 4:10

 10だれでも小さい事の日をいやしめた者は、ゼルバベルの手に、下げ振りのあるのを見て、喜ぶ。これらの七つのものは、あまねく全地を行き来する主の目である」。

 

Genesis 16:13

13そこで、ハガルは自分に語られた主の名を呼んで、「あなたはエル・ロイです」と言った。彼女が「ここでも、わたしを見ていられるかたのうしろを拝めたのか」と言ったことによる。

2 Kings 6:12

 12ひとりの家来が言った、「王、わが主よ、だれも通じている者はいません。ただイスラエルの預言者エリシャが、あなたが寝室で語られる言葉でもイスラエルの王に告げるのです」。

2 Kings 19:27

 27わたしはあなたのすわること、出入りすること、/わたしにむかって怒り叫んだことをも知っている。

Psalms 56:9

 9あなたはわたしのさすらいを数えられました。わたしの涙をあなたの皮袋にたくわえてください。これは皆あなたの書に/しるされているではありませんか。

Proverbs 15:3

 3主の目はどこにでもあって、悪人と善人とを見張っている。

Isaiah 37:28

 28わたしは、あなたの座すること、出入りすること、また、わたしにむかって/怒り叫んだことをも知っている。

Zechariah 4:10

 10だれでも小さい事の日をいやしめた者は、ゼルバベルの手に、下げ振りのあるのを見て、喜ぶ。これらの七つのものは、あまねく全地を行き来する主の目である」。

Psalms 94:11

11主は人の思いの、むなしいことを知られる。

Matthew 9:4

 4イエスは彼らの考えを見抜いて、「なぜ、あなたがたは心の中で悪いことを考えているのか。

Luke 9:47

 47イエスは彼らの心の思いを見抜き、ひとりの幼な子を取りあげて自分のそばに立たせ、彼らに言われた、

John 2:24-25

 24しかしイエスご自身は、彼らに自分をお任せにならなかった。それは、すべての人を知っておられ、  25また人についてあかしする者を、必要とされなかったからである。それは、ご自身人の心の中にあることを知っておられたからである。

1 Corinthians 4:5

 5だから、主がこられるまでは、何事についても、先走りをしてさばいてはいけない。主は暗い中に隠れていることを明るみに出し、心の中で企てられていることを、あらわにされるであろう。その時には、神からそれぞれほまれを受けるであろう。

Ezekiel 38:10-11

10主なる神はこう言われる、その日に、あなたの心に思いが起り、悪い計りごとを企てて、  11言う、『わたしは無防備の村々の地に上り、穏やかにして安らかに住む民、すべて石がきもなく、貫の木も門もない地に住む者どもを攻めよう』と。

Ezekiel 38:17

 17主なる神はこう言われる、わたしが昔、わがしもべイスラエルの預言者たちによって語ったのは、あなたのことではないか。すなわち彼らは、そのころ年久しく預言して、わたしはあなたを送って、彼らを攻めさせると言ったではないか。

●この「聖書で聖書を読む(BbB)」はプロテスタントの究極の方法。
●イエスもパウロも、自説の裏づけによく聖書を引き合いにだした。
●この方法は、バルト、ブルトマン、内村とその弟子達も推薦するはず。塚本先生の奨める方法である。
●塚本先生の翻訳を絶対化してはいけない。自分聖書に向い方法を真似よと言っていたという。塚本先生の「聖書知識」は牧師の「虎の巻」(中国の兵法の一種。転じて講義の種本)でもあった。
●拙ホームページの「聖書研究の部」は牧師伝道者神学生の「虎の巻」となりつつある。
●既に、二つの神学校の教師から「神学生に『高橋のホームページに行け』と教えている」という報告がある。説教準備の「虎の巻」だからだ。
●拙ホームページへの訪問者数は平均一日約100回。
●私のライフワークはこの「虎の巻」の充実。
●ただ、小生の方法は「御言葉の洪水」という批判(信者!)がある。しかし聖書を読んで何も感じないようであったら、見込みがない。そういう人間は人間の書いた本に浸っていればよいがそれは「水で薄めた牛乳」だから栄養価がない。牧師伝道者の「話し」を聴くのも同じ。見よ、そういう人間たちの顔色や目つきの悪いことを。思想レベルで喧嘩ばかりしている。
●我々はプロテスタントだから「聖書そのもの」を自分で読もうではないか。それは「堅い食べ物」であるが、真に栄養になる。

 
塚本訳 ルカ 16:29-31
16:29 しかしアブラハムは言う、『(その必要はない。)彼らにはモーセ(律法)と預言書と[聖書]がある。その教えに従えばよろしい。』
16:30 彼が言った、『いいえ、父アブラハムよ、もしだれかが死人の中から行ってやれば、きっと悔改めます。』
16:31 しかしアブラハムは答えた、『モーセと預言書との教えに従わないようでは、たとえ死人の中から生き返る者があっても、その言うことを聞かないであろう。』」

塚本訳  ヘブ 5:12
5:12 というのは、(福音を聞いた)時間からすれば、(もはや当然人の)先生であるはずなのに、あなた達はもう一度だれかに神の言葉のいろはを教えられる必要がある。そして、堅い食べ物ではなく、乳を必要とする者となっている。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●夕方から妻は合唱の練習。「メサイア」。
●TSK日本語版黙示3章入力。あと残り19章。
●TSK日本語版旧約の準備。今日は民数記。
●今日は猛暑日。室内気温33度。節電のクーラー付けず、扇風機2台ブンブン。大量の水分補給。
●昨日はYT兄が「藤井武全集」岩波書店第5巻(黙示録がある)と御自身の士師記註解を送って下さった。感謝。集会の感話はイエス伝の次は「黙示録」に挑戦することに心が決まった。世の終わりは近い。実人生を踏まえての全力投球。


   有体的復活の使徒伝承

   http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/index.html

   

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    

     TSK日本語版・目次

    http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

   

      ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 



トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


老年の楽しみ ++++++++ 所感

2012/07/25 06:49

120725(水)5時目覚め●朝の黙想「老年の楽しみ」●聖路加国際病院の日野原重明先生は100歳で現役の医師。老人の概念は75歳からだというので69歳の私はまだ「老年」ではない。●ヒルティには「老年について」という論考がある。前向きに生きがいを以て生きるべきことを説いていたと思う。今朝はこのことを思い、頭に浮かぶ関連する聖書の言葉を紡ぎだしてみよう。

新共同 伝 12:1
12:1 青春の日々にこそ、お前の創造主に心を留めよ。苦しみの日々が来ないうちに。「年を重ねることに喜びはない」と/言う年齢にならないうちに。

塚本訳 ピリ 3:20-21
3:20 しかし(私達はそうであってはならない。)私達の故国は天にある。私達は主イエス・キリストが救い主として其処から来給うのを待っているのである。
3:21 (その時)彼は私達の(この)卑しい体を御自分の栄光の体と同じ貌に変え給うのであろう──万物を己に従わせ得給う御力によって!

塚本訳 Ⅰペテ1:5
1:5 (そして)君達は最後の時に顕れる準備の(既に)出来ている救いに入るために、信仰によって神の力に護られる。
 

塚本訳  ルカ 18:18
18:18 ひとりの(最高法院の)役人が尋ねた、「善い先生、何をすれば永遠の命がいただけるでしょうか。」

塚本訳  ルカ 18:21-22
18:21 その人が言った、「それならみんな若い時から守っております。」
18:22 イエスは聞いて言われた、「もう一つ欠けている。持っているものをことごとく売って、(その金を)貧乏な人に分けてやりなさい。そうすれば天に宝を積むことができる。それから来て、わたしの弟子になりなさい。」

塚本訳 ルカ 2:25
2:25 さて(そのころ)エルサレムに名をシメオンという人がいた。この人は正しい、信心深い人で、イスラエルの慰め(である救世主)を待ち望み、聖霊が彼をはなれなかった。

塚本訳 ルカ 2:28-29
2:28 シメオンは幼児を両腕に抱き、こう言って神を讃美した。──
2:29 今こそ、主よ、あなたはこの僕をしてお言葉のとおり安らかに(この世に)暇乞いをさせてくださいます、 

 塚本訳  ロマ 8:23-24
8:23 しかし(苦しんでいるのは)創造物だけではない。わたし達自身も、(神の子にされた証拠として)御霊なる初穂を持っているので、このわたし達自身も、自分(のみじめな姿)をかえりみて、呻きながら、(正式に神の)子にされること、すなわちわたし達のこの(罪の)体があがなわれ(て、朽ちることのない栄光の体にされ)ることを、待っているのである。
8:24 なぜなら、わたし達は(最後の日に救いが完成されるという)望みをもって、救われているからである。目に見ることのできる望みは望みではない。人はいま現に見ているものを、なんでその上望む必要があろうか。

塚本訳 Ⅱコリ4:16
4:16 このゆえに、わたし達は気を落さない。いや、わたし達の(生れながらの)外の人はどんなにこわれていっても、(キリストによって生れた)内の人は一日一日と新しくされてゆく。

塚本訳 Ⅰテサ4:13-14
4:13 兄弟達よ、(主に在って)眠った者のことを知っていて、希望の無い他の人々のように(徒らに)歎かないようにしてもらいたい。
4:14 私達が信ずるようにもしイエスが死んで復活し給うたならば、神はイエスによって眠った者をも同様にイエスと共に連れ来たり給うであろうから。

塚本訳 Ⅰペテ1:8
1:8 君達は彼を(目のあたり)見たことはないが、(これを)愛し、今も見ることは出来ないが、(これを)信じて、(既にかの日の)輝きに満ちた、言語に絶する喜悦を喜んでいる。
 
●8年前母が臨終近く、肺癌で苦しんで肩で息をしていた時、「天国に行けば楽になる」と言うと、母は「行って見てきたの?」と目をギョロッとさせた。それ以来この母の言葉は私の喉に刺さった骨のようにに抜けなかった。しかし今朝の啓示でその答えが得られたように思う。「永遠の命への希望!」。
●私の老年の楽しみ(伝道の書12:1)は牧師伝道者のためにホームページの「聖書研究の部」を充実させることにある。現在二つの神学校の教師から「神学生たちに『高橋のHPに行け』と教えている」ということを聞いた。 


resize2287.jpg 

夕方の散歩。ガーデニングが素晴らしい家。住人の人柄が偲ばれる。 

 有体的復活の使徒伝承

   http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/index.html

   

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    

     TSK日本語版・目次

    http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

   

      ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 












トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


この土の器の我が身もまた ++++++++ 所感

2012/07/24 07:39

120724(火)5時目覚め●朝の啓示「この土の器の我が身もまた」●キリスト教初代教会がユダヤ教の激しい迫害に耐え抜いたのはイエスの復活の事実であった。つまり「死人の復活」である。理論でなく事実であった。●2000年後に生きる我々の「人生の悲しみ」「死の悲しみ」もこの「死人の復活」の事実を信じて来世への復活に希望が持てる●この罪の失敗の欠点のある「土の器」をも清められて来世に迎えられる●この千古不易の希望の喜びがキリスト教が不滅の理由である。●この希望を抱いてこの事を宣伝し続けることがライフワークで、悔いはない。パウロの気持と同じである。関連聖句を掲げる。

塚本訳  Ⅱコリ4:6-7
4:6 というのは、(世界創造の時、)「光、暗闇から輝き出でよ」と言われたその神は、キリストの顔に現れている神の栄光を知る知識が明らかになるため、わたし達の心の中に光を輝かせてくださったからである。
4:7 しかしこの宝が、(貧弱な)土の器の中にある。それはその素晴らしい力が神のものであって、わたし達(土の器)から出るのではないことがわかるためである。


●アダムは「土」で造られ、鼻から息を吹き込まれて初めて「生きることになった。 ●だから生まれたままの人間は「物質」。
●次の「生きた者となった」とは真に深い言葉だ。

口語訳 創  2:7
2:7 主なる神は土のちりで人を造り、命の息をその鼻に吹きいれられた。そこで人は生きた者となった。

●「命の息」とは神の霊である。これなくして人間は肉塊、罪の人間。淋しい人生、有限な人生、火葬場で灰になっておしまい。
●サドカイ人は復活を否定(ルカ20:17)していたが、彼らは祭司階級であってこの世天国を目指し、自分の地位の保身に汲々としていたからである。
●これ今日の共産主義者やキリスト教の聖職者の精神である。

塚本訳 Ⅰテサ4:13-14
4:13 兄弟達よ、(主に在って)眠った者のことを知っていて、希望の無い他の人々のように(徒らに)歎かないようにしてもらいたい。
4:14 私達が信ずるようにもしイエスが死んで復活し給うたならば、神はイエスによって眠った者をも同様にイエスと共に連れ来たり給うであろうから。


●土の器の人間は来世の復活に「希望」がない。だからこの世で限りなく「遊びぬく」享楽人生となる。

塚本訳  Ⅰペテ1:8
1:8 君達は彼を(目のあたり)見たことはないが、(これを)愛し、今も見ることは出来ないが、(これを)信じて、(既にかの日の)輝きに満ちた、言語に絶する喜悦を喜んでいる。

●肺癌で苦しみ臨終近く肩で息をしていた母に「天国に行けば楽になる」と慰めた。すると母は私の眼をじっと見て真剣な顔で「行って見てきたの?」と言った。      ●それ以来私は母のこの言葉が喉に刺さった骨のように残っている。        ●では、人間はどうしたら来世への希望に生きる事が出来るのだろうか。復活の希望を持つことが出来てこの肉の身の苦しみに耐えることが出来るのか。
●この課題は勉強ではなく実人生の悲惨と見える事件を通して神に「無理に」教えられる。この無理な事件こそ神の愛の知恵だ。
 
塚本訳  ピリ 3:20-21
3:20 しかし(私達はそうであってはならない。)私達の故国は天にある。私達は主イエス・キリストが救い主として其処から来給うのを待っているのである。
3:21 (その時)彼は私達の(この)卑しい体を御自分の栄光の体と同じ貌に変え給うのであろう──万物を己に従わせ得給う御力によって!

●キリストが「死人の中から起こされた」ことを人生の「無理な事件」で信じさせられると、この土の器の我が身もまた「起こされる」ことが信じられるようになる。
●信仰は恩恵である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●7:00 妻は知人二人と笹尾根にハイキング。「山」に行くとなると妻は元気になる。仲人のSKさんに妻は騙されて私と結婚した。SKさんは「照男さんは山が好きらしいわよ」と。●人は神に騙されて人生を歩むのだ。自分の意思に反して引きずり回されるのだ。

口語訳 エレ 20:7
20:7 主よ、あなたがわたしを欺かれたので、わたしはその欺きに従いました。あなたはわたしよりも強いので、わたしを説き伏せられたのです。わたしは一日中、物笑いとなり、人はみなわたしをあざけります。

塚本訳  ヨハ 21:18
21:18 アーメン、アーメン、わたしは言う、あなたは若い時分には、自分で帯をしめて、行きたい所へ行ったが、年を取ると、両手をのばして、ほかの人に帯をしめられ、行きたくない所へ連れてゆかれるであろう。」
 
●9月2日の婦人の会(すずめの会・茅ケ崎)に呼ばれて感話をする準備。タイトルは次のように決定した。

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      永遠の生命への希望 
「死人の復活」という事実・・・この土の器の我が身もまた

  2012年9月2日  すずめの会(於・茅ケ崎)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




有体的復活の使徒伝承

   http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/index.html

   

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    

     TSK日本語版・目次

    http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

   

      ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 



トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


「眠られぬ夜のために」 ++++++++ 所感

2012/07/23 09:17

120723(月)5時目覚め●妻は「昨夜は寝付けなかった」という。●私にはそういうことはないのだが、「眠られぬ夜」は相当に苦しいらしい。そこで起きてからヒルティの「眠られぬ夜のために」Ⅰを取り出してその序言に目を通した。●高校生の時にこの本の最後の「なおりたいのか」を読んで私の信仰の人生観は決定した。
●ヒルティはこの本の読者が人生の難問、苦難、悩みで寝付かれないときに読んでもらおうと一日ごとに短文を書き連ねている。●かって仕事で欧州に行った時に合間を縫ってスイスのベルンにヒルティの墓を訪ねた。そこで見たのはその墓碑にカール・ヒルティ、ヨハンナ・ヒルティ(夫人)の下にエドガー・ヒルティとあったのである。これは彼の息子であった。生涯病弱であったために一家をなさずに両親とともに眠っているのだろうと思った。このとき私は思った。ヒルティの「幸福論」も「眠られぬ夜のために」も家庭的苦難、苦悩、悩みが原因であったのだ。●ヒルティの本は人を「聖書へ、聖書へ」と導く。●そこで今朝は私流の「眠られる夜の為に」の慰めの言葉。

口語訳 詩  3:4-6
3:4 わたしが声をあげて主を呼ばわると、主は聖なる山からわたしに答えられる。〔セラ
3:5 わたしはふして眠り、また目をさます。主がわたしをささえられるからだ。
3:6 わたしを囲んで立ち構える/ちよろずの民をもわたしは恐れない。

●この部分を「聖書で聖書を読む」為にTSKを見る。(旧約は未完なので、原典にあたる).。ヒルティの「序言」を読むよりも癒される。この方法はヒルティ自身も喜んでくれるであろう。だから引照は大漁だが全部掲げる。
 

詩篇3:5-6 TSK(聖書知識の宝庫)

 

 Psalms 22:2-5

2わが神、わが神、なにゆえわたしを捨てられるのですか。なにゆえ遠く離れてわたしを助けず、わたしの嘆きの言葉を聞かれないのですか。  3わが神よ、わたしが昼よばわっても、あなたは答えられず、夜よばわっても平安を得ません。  4しかしイスラエルのさんびの上に座しておられる/あなたは聖なるおかたです。  5われらの先祖たちはあなたに信頼しました。彼らが信頼したので、あなたは彼らを助けられました。

Psalms 34:6

 6主を仰ぎ見て、光を得よ、そうすれば、あなたがたは、恥じて顔を赤くすることはない。

Psalms 50:15

 15感謝のいけにえを神にささげよ。あなたの誓いをいと高き者に果せ。

Psalms 66:17-19

 17すべて神を恐れる者よ、来て聞け。神がわたしのためになされたことを告げよう。  18わたしは声をあげて神に呼ばわり、わが舌をもって神をあがめた。  19もしわたしが心に不義をいだいていたならば、主はお聞きにならないであろう。

Psalms 86:3-4

 3わたしのいのちをお守りください。わたしは神を敬う者だからです。あなたに信頼するあなたのしもべをお救いください。あなたはわたしの神です。  4主よ、わたしをあわれんでください。わたしはひねもすあなたに呼ばわります。

Psalms 91:15

 15彼がわたしを呼ぶとき、わたしは彼に答える。わたしは彼の悩みのときに、共にいて、彼を救い、彼に光栄を与えよう。

Psalms 116:1-4

 1わたしは主を愛する。主はわが声と、わが願いとを聞かれたからである。  2主はわたしに耳を傾けられたので、わたしは生きるかぎり主を呼びまつるであろう。  3死の綱がわたしを取り巻き、陰府の苦しみがわたしを捕えた。わたしは悩みと悲しみにあった。  4その時わたしは主のみ名を呼んだ。「主よ、どうぞわたしをお救いください」と。

Psalms 130:1-2

 1都もうでの歌  2主よ、わたしは深い淵からあなたに呼ばわる。

Psalms 138:3

 3わたしはあなたの聖なる宮にむかって伏し拝み、あなたのいつくしみと、まこととのゆえに、み名に感謝します。あなたはそのみ名と、み言葉を/すべてのものにまさって高くされたからです。

 

Psalms 142:2-4

2わたしは声を出して主に呼ばわり、声を出して主に願い求めます。  3わたしはみ前にわが嘆きを注ぎ出し、み前にわが悩みをあらわします。  4わが霊のわがうちに消えうせようとする時も、あなたはわが道を知られます。彼らはわたしを捕えようと/わたしの行く道にわなを隠しました。

Isaiah 65:24

 24彼らが呼ばないさきに、わたしは答え、彼らがなお語っているときに、わたしは聞く。

Jeremiah 29:12-13

 12その時、あなたがたはわたしに呼ばわり、来て、わたしに祈る。わたしはあなたがたの祈を聞く。  13あなたがたはわたしを尋ね求めて、わたしに会う。もしあなたがたが一心にわたしを尋ね求めるならば、

Matthew 7:7

 7求めよ、そうすれば、与えられるであろう。捜せ、そうすれば、見いだすであろう。門をたたけ、そうすれば、あけてもらえるであろう。

James 5:13

 13あなたがたの中に、苦しんでいる者があるか。その人は、祈るがよい。喜んでいる者があるか。その人は、さんびするがよい。

 

Psalms 34:5

5わたしが主に求めたとき、主はわたしに答え、すべての恐れからわたしを助け出された。

 

Psalms 2:6

6「わたしはわが王を聖なる山シオンに立てた」と。

Psalms 43:3

 3あなたの光とまこととを送ってわたしを導き、あなたの聖なる山と、あなたの住まわれる所に/わたしをいたらせてください。

Psalms 99:9

 9われらの神、主をあがめ、その聖なる山で拝みまつれ。われらの神、主は聖でいらせられるからである。

Psalms 132:13-14

 13もしあなたの子らがわたしの教える/契約と、あかしとを守るならば、その子らもまた、とこしえに/あなたの位に座するであろう」。  14主はシオンを選び、それをご自分のすみかにしようと望んで言われた、

 

 

Leviticus 26:6

6わたしが国に平和を与えるから、あなたがたは安らかに寝ることができ、あなたがたを恐れさすものはないであろう。わたしはまた国のうちから悪い獣を絶やすであろう。つるぎがあなたがたの国を行き巡ることはないであろう。

Job 11:18-19

 18あなたは望みがあるゆえに安んじ、/保護されて安らかにいこうことができる。  19あなたは伏してやすみ、/あなたを恐れさせるものはない。多くの者はあなたの好意を求めるであろう。

Psalms 4:8

 8あなたがわたしの心にお与えになった喜びは、穀物と、ぶどう酒の豊かな時の喜びに/まさるものでした。 [4:9] わたしは安らかに伏し、また眠ります。主よ、わたしを安らかにおらせてくださるのは、ただあなただけです。

Psalms 127:2

 2主が家を建てられるのでなければ、建てる者の勤労はむなしい。主が町を守られるのでなければ、守る者のさめているのはむなしい。

Proverbs 3:24

 24あなたは座しているとき、恐れることはなく、伏すとき、あなたの眠りはここちよい。

Acts 12:6

 6ヘロデが彼を引き出そうとしていたその夜、ペテロは二重の鎖につながれ、ふたりの兵卒の間に置かれて眠っていた。番兵たちは戸口で獄を見張っていた。

 

Leviticus 26:6

6わたしが国に平和を与えるから、あなたがたは安らかに寝ることができ、あなたがたを恐れさすものはないであろう。わたしはまた国のうちから悪い獣を絶やすであろう。つるぎがあなたがたの国を行き巡ることはないであろう。

Job 11:18-19

 18あなたは望みがあるゆえに安んじ、/保護されて安らかにいこうことができる。  19あなたは伏してやすみ、/あなたを恐れさせるものはない。多くの者はあなたの好意を求めるであろう。

Psalms 4:8

 8あなたがわたしの心にお与えになった喜びは、穀物と、ぶどう酒の豊かな時の喜びに/まさるものでした。 [4:9] わたしは安らかに伏し、また眠ります。主よ、わたしを安らかにおらせてくださるのは、ただあなただけです。

Psalms 127:2

 2主が家を建てられるのでなければ、建てる者の勤労はむなしい。主が町を守られるのでなければ、守る者のさめているのはむなしい。

Proverbs 3:24

 24あなたは座しているとき、恐れることはなく、伏すとき、あなたの眠りはここちよい。

Acts 12:6

 6ヘロデが彼を引き出そうとしていたその夜、ペテロは二重の鎖につながれ、ふたりの兵卒の間に置かれて眠っていた。番兵たちは戸口で獄を見張っていた。



トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


神に組み立てられる喜び ++++++++ 所感

2012/07/22 06:29

120722(日)5時起床●朝の黙示「神に組み立てられる喜び」●6年間使用したパソコWindows「XP」を「7」に買い替えるべく昨日「富士通」の購入窓口と相談。すると担当者の女性が私の仕事の内容と処理速度の水準などを詳しく聴いてオーダーで私にふさわしいものを「設計」し組み立ててくれることになった。これを「カスタムメードサービス」という。心が通った。すると私の場合は不要な部品が無くてすみ既製品より25%も安くなった。そして「富士通のPC家庭教師」というサービスがあって、家に出張して(有料)難しいセッテxジングもしてくれることになった。●毎回、素人の私はパソコンの買い替えには非常に「悩む」ものであるが、サービスも向上してきていてうれしい。●今朝の黙想は「神に組み立てられる喜び」。●建築設計、特に住宅は各家庭にふさわしくオーダーで設計するところに建築主も設計者も非常なる喜びと満足がある。●建築士の私としては建築主との最初の出会いで「この人にはどんな家がふさわしいか」を考える時が最高の喜悦である。胸がドキドキする。このオーダーの創造の喜びというものを聖書的に考えてみよう。

口語訳 創  1:1-3
1:1 はじめに神は天と地とを創造された。
1:2 地は形なく、むなしく、やみが淵のおもてにあり、神の霊が水のおもてをおおっていた。
1:3 神は「光あれ」と言われた。すると光があった。

●素人が建築を考えるときそれは「
形なく、むなしく、やみが淵のおもてにあり」という状態そっくりである。
●その「カオス(混沌)」の状態に建築主は「行き詰って」建築士の私が「呼ばれる」。「建築設計は呼ばれて初めて始まる」ものだ。心が通うことが重要。設計の押し売りはするものではない。
●モーツアルトやハイドンの曲の多くは献呈する人の顔を見て作曲したのだ。あるいは依頼人の心を思いながら作曲したのだ。人類一般に向けて作曲しなかった。 ●建築設計も達人になると、相手から「家の希望」を聞く前に顔を見ただけで「あなたはこういう家をお望みでしょう」と言えるし、希望の言葉を二言ぐらい聞いただけで「所持金の程度」がわかるというものだ。

口語訳 創  2:18
2:18 また主なる神は言われた、「人がひとりでいるのは良くない。彼のために、ふさわしい助け手を造ろう」。

●「ふさわしい」という言葉が大切。ここに人生の喜びがある。
●家も妻も神がその人に「ふさわしい」ものを神がオーダーして与えてくれる
●だからハウスメーカーの展示場に行って「好み」の家を探す人は結果的に満足いかなくて「もう一度、今度は注文住宅で造りたくなるのだ」
●アイドル雑誌の女性の顔は男性の平均的好みの顔をしているので皆似ている。それは既成服である。また住宅展示場の家と同じ。人の気をそそるものが平均的にゴタゴタ付いているので割高な住宅になっている。オーダーすれば設計料分よりも安くなり、かつ満足度は増大。
●私は女子大で「イケメンと結婚するな。なぜか。金も教養もないから」と言っている。それは心から満足しないのだ。平均的な顔立ちなのだ。見よアイドル歌手たちの顔を。味がない。 
 
口語訳 箴  19:14
19:14 家と富とは先祖からうけつぐもの、賢い妻は主から賜わるものである。

●別に「親や先生の決めた人と結婚せよ」などというのではない。親も先生も罪人だ。
●「自分の好み」ということを至上にしてそれが「満足」の条件だと思うことが間違いなのだ。「好み」は人生の段階で変化するからだ。「イケメンや美人」は2年で飽き飽きして愛が冷めるものだ。そういう人は決まって言う。「私は結婚に失敗した」と。
●「高橋さん。私結婚に失敗したー、失敗したー」と嘆く女性の共通点は決まっている。東大、大蔵省、名門家柄、職業、勤務先、容姿、などの「偶像」に「自分の好み」があったからである。目が眩んだからである。自分の「腹」を神として神を無視したからである。
●しかし「失敗も神の手のうち」だ。神はその失敗を「益」とする(ロマ8:28)

口語訳 創  6:1-3
6:1 人が地のおもてにふえ始めて、娘たちが彼らに生れた時、
6:2 神の子たちは人の娘たちの美しいのを見て、自分の好む者を妻にめとった。
6:3 そこで主は言われた、「わたしの霊はながく人の中にとどまらない。彼は肉にすぎないのだ。しかし、彼の年は百二十年であろう」。


●この「自分の好む者を」という言葉の背後に神を畏れる畏れの臭いがない。

口語訳 創  2:21-22
2:21 そこで主なる神は人を深く眠らせ、眠った時に、そのあばら骨の一つを取って、その所を肉でふさがれた。
2:22 主なる神は人から取ったあばら骨でひとりの女を造り、人のところへ連れてこられた。

●妻は神にオーダーされて「連れて」こられる。
●人が眠った時に神は妻をオーダーされる。「自分の好み」はそこに入らない。
●その昔、某学校で建築設計をした時の事。生徒の一人が「この設計を押しつけるのですか」という超生意気な発言があった。建築士というプロフェッショナルの立場を尊重しない態度の最たるものである。こういう生意気な生徒を育てる校風はよくない。体制即悪、権威即悪、組織即悪、上役即悪などという態度は聖書的ではない。

塚本訳 ロマ 13:1-2
13:1 人は皆上に立つ(国家の)官憲に服従せねばならない。神からではない官憲はなく、現存の官憲は(ことごとく)神から任命されたものであるから。
13:2 従って官憲に反抗する者は、神の命令に違反する者である。違反する者は、自分で自分に(神の)裁きを招くであろう。(この世で罰を受けるばかりでなく、最後の日にも。)

●国家即善、体制即善、組織即善、上役即善だなどと言っているのではない。「長いものには巻かれろ」などというのではない。
●神に従順になれば「この世の秩序」を「神が造られたもの」として尊重するようになるものだ。「組織や相手は神に立てられているのだ思わなければならない。」
●そう思わない人は神と社会からはじき出されて滅びる。(13:2)

塚本訳  ピリ 2:3-4
2:3 何事も(決して)利己心や虚栄心からせず、謙遜をもって互いに(他人を)自分よりも勝れていると考え、
2:4 各々自分のことだけでなく、各々他人のことをも顧みよ。


●上記で述べたかって出会った超生意気な生徒の将来はうまくいくはずがない。神の立てられた権威(プロフェッション)に即反抗するから、社会では生きていけないからである。すぐ生意気な口を吐くから「使いにくくてしょうがない」。
●神の祝福というものが得られないからすべての面で、なんとなくうまくいかない。
 ●どの分野でも上司は部下をよく見ている。それは自分の利益の為である。
●そういう生徒は家庭環境が悪い、学校の教師が悪い。育ちが悪い。まず神を畏れる畏れがないのだ。教育や家庭はそのことを人間として基本的に教えなければならない。「従順」という言葉を教えなければならない。
●人の顔を見ればすぐ反抗したくなる人間はもちろん神に従順でない証拠。  

塚本訳  ヘブ 12:5-11
12:5 また、(親がその)子に話すようにして話される(神の)励ましを忘れてしまっている。──『わが子よ、主の訓練を軽んずるな、処罰されるときに、ひるむな。
12:6 なぜなら、主は愛する者を訓練し、好きな子をすべて懲らしめられる。』
12:7 (神の)『訓練』を受けるために、(迫害を)耐え忍べ。神はあなた達を(自分の)『子』のように取り扱われるのである。なぜなら、父の『訓練し』ない『子が』どこにかあるのか。
12:8 もし皆が受ける『訓練が』ないとすれば、それこそあなた達は私生児で、(ほんとうの)『子』ではない。
12:9 かつまた、わたし達は訓練をする者として肉の父を尊敬した(とするならば)、まして霊魂の父に服従して、(永遠に)生きないことがあるだろうか。
12:10 というのは、肉の父は(ほんの)少しの日数(だけ)、自分の考えに従って訓練したのに反して、神はわたし達を益するため、わたし達をその聖さにあずからせるために、訓練されるのであるから。
12:11 あらゆる訓練(というもの)は、その当座は喜びとは見えず、かえって悲しみと見えるが、しかしあとで、それで鍛えた者に(まことの)義の実である平安を与えるのである。


●これを読んですぐ「ムッとくる」人間は育ちが悪い。むらむらと反抗心が湧く人間は家庭に「父権」というものがなく育った人間。その子孫からは愚かな テア革命児が出る。
●人生の苦難も神のオーダーである。神が「良かれ」と思って降す訓練である。
●GOOD TEACHER‘S CUT という。
●家に来る植木屋はバサバサと枝を切り落とす。そこから切ってもいいのかと思うほど思いきって刈り込む。それは次の句である。

塚本訳  ヨハ 15:1-2
15:1 わたしがまことの葡萄の木、父上は栽培人である。
15:2 わたしについている蔓で実を結ばないものは、父上が皆それを切り取ってしまわれる。また実を結ぶものは、より多く実を結ぶように、皆それを奇麗に刈り込まれる。

●建築設計も建築主の希望や煩悩を十分聞くが、あとはバサバサとカットしていくのがオーダー設計のコツ。心の大手術をする。希望の整理をする。
●人生の苦難も神のオーダー。希望や煩悩がバサバサとカットされていくのだ。
神は家庭教師。
●来月末は家に「富士通PC家庭教師」がくる。
●10:00 妻と二人で家庭礼拝。9月2日の茅ケ崎集会の準備として話した。 


 有体的復活の使徒伝承

   http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/index.html

   

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    

     TSK日本語版・目次

    http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

   

      ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 

 

 

 

 


 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


泣くな!変態カラスの親を持つ子等よ。 ++++++++ 所感

2012/07/21 06:21

1207218土)3時半目覚め。床の中で啓示を書きとめる。「汚れたる親から清い子供が生れる」●昨年の「キリスト教性教育研究会」(公開講座)において、某キリスト教主義高等学校の教師が「非行生徒の家庭を訪問すると大抵は家庭が崩れている」という生々しい発表があった。●無理もない。子供は両親の不和で家庭に安らぎが見いだせない為に、「淋しさが故に」理屈なく迷うことなく走って悪い友達や異性や水商売の女に救いを求めるようになるのだ。そこに「変態カラス」の誘いの言葉があり、そこに「愛」(偽りの)があるように思えてしまうのだ●その研究会で「この世には変態カラスがいるから気をつけるべきだ」と言った人がいた。そこに出席していた教師らしい若い女性たちが、下を向いてクスッと笑ったのが印象的だった。「変態カラス」の実在を知っていたのであろう●イマドキのワカイモンには「変態カラス」の習性を教え、それにひっかかるとトンデモナイことになって、自分をダメにし、人生を失うことを教えなくてはならない。失敗の人生になるのだ●ところが人生は悲しい。その「変態カラス」の親の元に生まれた子供達のことである。不義の関係で生まれた子供もいる。何も知らずに生まれた子供に罪はない。●しかし神の救いはある。汚れた親から清い子供が生れる。汚れた親から「でも」清い子供が生れるというのではない。●何も知らずに生まれ出た子供が自分の血が汚れていることを知った時の深いどうしようもない悲しみで神の奇蹟の救いに預かれるのだ。思いつくままに聖書の個所を挙げてみよう。 
 
口語訳 創  6:1-3
6:1 人が地のおもてにふえ始めて、娘たちが彼らに生れた時、
6:2 神の子たちは人の娘たちの美しいのを見て、自分の好む者を妻にめとった。
6:3 そこで主は言われた、「わたしの霊はながく人の中にとどまらない。彼は肉にすぎないのだ。しかし、彼の年は百二十年であろう」。

●恋愛結婚が悪いのではない。「自分の好む者」というその「好み」に「目がなかった」のだ。変態カラス(この場合は変態娘)に魅かれたことがいけなかった。
●神は怒って、霊を去らせるこにした。そこで人間の寿命は120年になった。
●人類が全滅される「ノアの洪水」の序曲であった。

口語訳 創  6:5-7
6:5 主は人の悪が地にはびこり、すべてその心に思いはかることが、いつも悪い事ばかりであるのを見られた。
6:6 主は地の上に人を造ったのを悔いて、心を痛め、
6:7 「わたしが創造した人を地のおもてからぬぐい去ろう。人も獣も、這うものも、空の鳥までも。わたしは、これらを造ったことを悔いる」と言われた。


●神は人を創造したのを後悔したのだ。
●神が後悔するとは。・・・・ここに「親たる者」の慰めがある。


口語訳 創  8:21-22
8:21 主はその香ばしいかおりをかいで、心に言われた、「わたしはもはや二度と人のゆえに地をのろわない。人が心に思い図ることは、幼い時から悪いからである。わたしは、このたびしたように、もう二度と、すべての生きたものを滅ぼさない。
8:22 地のある限り、種まきの時も、刈入れの時も、暑さ寒さも、夏冬も、昼も夜もやむことはないであろう」。


口語訳 創  9:15-16
9:15 こうして、わたしは、わたしとあなたがた、及びすべて肉なるあらゆる生き物との間に立てた契約を思いおこすゆえ、水はふたたび、すべて肉なる者を滅ぼす洪水とはならない。
9:16 にじが雲の中に現れるとき、わたしはこれを見て、神が地上にあるすべて肉なるあらゆる生き物との間に立てた永遠の契約を思いおこすであろう」。



●神は洪水を起こしてノアを残して殲滅したが、その暴挙を悔いたのだ。
●これもまた「人の子の親」として慰めである。
●「虹」は赦しの徴である。キリストの救いの源流がここにある。

塚本訳  ルカ 15:11-13
15:11 また話された、「ある人に二人の息子があった。
15:12 『お父さん、財産の分け前を下さい』と弟が父に言った。父は身代を二人に分けてやった。
15:13 幾日もたたないうちに、弟は(分け前)全部をまとめて(金にかえ、)遠い国に行き、そこで放蕩に財産をまき散らした。

●凡人は大金が入ると「女に貢ぐ」ようになる。その結果変態カラスにひっかかる。 ●この放蕩息子の「父」は「自分の教育が悪かったのだと「後悔」したのかもしれない。身から出た錆と思ったのかもしれない。
●人物の良し悪しは「大金を握らせた時」に分かる。金の使い方で判定できる。
●この面から「永遠の命を得たければ財産を貧しい人に施せ」と言ったイエスの言葉が理解できる。 

塚本訳 ルカ 15:30
15:30 ところがあのあなたの息子、きたない女どもと一しょに、あなたの身代をくらいつぶしたあれがかえって来ると、肥えた小牛を御馳走されるのはどういうわけですか。』

●変態カラスが金を貢ぐ相手は「汚い女」。「汚い女」は変態カラスに金を貢がせる。創世記の記事はイエスの時代にも変わらなかった。 
 
塚本訳  Ⅰペテ4:2-4
4:2 これは君達が最早人間の情欲によらず、神の御心によって肉体の残りの時を生きるためである。
4:3 というのは君達は過去を(神の御意ならぬ)異教人の意欲を行いながら放埒、情欲、大酒、酒宴、酒乱と禁断の偶像礼拝とに過ごしたが、(もう)充分だからである。
4:4 (しかしかつては共にこれらのふしだらな生活をしていた)彼ら(異教人達)は、君達が(最早)同じ放蕩(生活)の流れに共に身を投じないので、そのことを(驚き)異しみ、(君達を譏るばかりか、遂に)主と神とを冒涜する。

●日本は異教国。99%が真の神、義の神を知らない。だから放蕩を何ともおもわない。神の鉄槌は再び起こることは必至。神を畏れなければならない。神はあなどれない。

塚本訳  ヨハ 1:9-13
1:9 この方(言葉)は、この世にうまれて来るすべての人を照らすべきまことの光であった。
1:10 この世に来ておられ、世はこの方によって出来たのに、世はこの方を認めなかった。
1:11 いわば自分の家に来られたのに、家の者が受け入れなかったのである。
1:12 しかし受け入れた人々、すなわち、その名を(神の子であることを)信じた人には一人のこらず、神の子となる資格をお授けになった。
1:13 この人たちは、人間の血や、肉の欲望や、男の欲望によらず、神(の力)によって生まれたのである。

●ところが、遂に救いの光が現れた。
●「男の欲望」で生まれない霊の子が誕生する時が来た。

新共同 ルカ 1:77-79
1:77 主の民に罪の赦しによる救いを/知らせるからである。
1:78 これは我らの神の憐れみの心による。この憐れみによって、/高い所からあけぼのの光が我らを訪れ、
1:79 暗闇と死の陰に座している者たちを照らし、/我らの歩みを平和の道に導く。」

●罪と悩みの暗黒世界に一条の光が差し込んだ。罪の救いの光。
●人間はそに「光」に導かれる。光は天から来る。無条件で差し来る。

塚本訳  ヨハ 4:13-14
4:13 イエスは答えられた、「この(井戸の)水を飲む者はだれでもまた渇くが、
4:14 わたしが与える水を飲む者は永遠に渇かない。そればかりでなく、わたしが与える水は、その人の中で(たえず)湧き出る水の泉となって、永遠の命に至らせるであろう。」

●人間の文化文明はことごとく「渇きを癒すため」。食料、電力、政治、・・・・
●しかしこれらは渇きを癒さない。一番食欲が増すのは食後。

塚本訳 ヨハ 3:3-8
3:3 イエスが答えて言われた、「アーメン、アーメン、わたしは言う、(徴を見て信じたのではいけない。)人は新しく生まれなおさなければ、神の国にはいることは出来ない。」
3:4 ニコデモがイエスに言う、「(このように)年を取った者が、どうして生まれなおすことが出来ましょう。まさかもう一度母の胎内に入って、生まれなおすわけにゆかないではありませんか。」
3:5 イエスは答えられた、「アーメン、アーメン、わたしは言う、人は霊によって生まれなければ、神の国に入ることは出来ない。
3:6 肉によって生まれたものは肉であり、霊によって生まれたものだけが霊である(から)。
3:7 『あなた達は新しく生まれなおさねばならない』と言ったからとて、すこしも不思議がることはない。
3:8 風[プニューマ]は心のままに吹く。その音は聞えるが、どこから来てどこに行くか、あなたは知らない。霊[プニューマ]によって生れる者も皆、そのとおりである。」

●人類に遂に「その時」が来た。「霊によって生まれる」時である。神の赦しの時代が訪れたのだ。
●その救い主は何と旧約の先祖、汚れた血統から誕生した。

塚本訳マタ 1:1
1:1 アブラハムの末のダビデの末のイエス・キリストの系図──

塚本訳 マタ 1:3
1:3 ユダの(その嫁)タマルによる(不倫の)子はパレスとザラ、パレスの子はエスロン、エスロンの子はアラム、

塚本訳 マタ 1:5
1:5 サルモンの(遊女)ラハブによる子はボアズ、ボアズの(異教国モアブの女)ルツによる子はオベデ、オベデの子はエッサイ、

塚本訳マタ 1:6
1:6 エッサイの子はダビデ王である。ダビデの(将軍)ウリヤの妻による子はソロモン、

●神の子イエスの血は汚れていた。!!神の子イエスの肉の系図は目も当てられない。
●肉の系図は誰もかれも汚れているのだ。この私自身もそうだ。遡れば遡るほど戦慄するような汚れた祖先のはずだ。異教告だからだ。私が変態カラスなのだ。
●自分は何代目のクリスチャンだなどと自慢する者は救いは霊であることが分かっていない人間。ましてやその嫁であるとか婿であることを自慢するのは救いのなんたるかを理解していない証拠。

塚本訳  Ⅰコリ7:12-14
7:12 しかしそのほかの人たちに、わたしが言う、主ではない。ある兄弟が不信者の妻を持ち、彼女が彼と一しょに生活することを喜ぶなら、離婚してはならない。
7:13 また、不信者の夫を持ち、その夫が彼女と一しょに生活することを喜ぶ場合の妻は、夫と離婚してはならない。
7:14 (夫婦は結婚生活で一体となるため、)不信者の夫は(信者の)妻によってすでにきよめられており、不信者の妻は兄弟(すなわち信者の夫)によってすでにきよめられているからである。そうでなければ、あなた達の子供は清くないはずであるが、現に彼らはきよい(と認められている)ではないか。


●親が変態カラスで汚れていても、子供は清い。神に救われるのは肉ではなく、霊だからだ。清い水が流れ始めたのだ。 
●泣くな汚れた家庭の子供よ。変態カラスを親に持つ子供たちよ。人は霊によって生まれることが本当の幸福であることが分近道に置かれている。
●あの「ノーベル平和賞」の候補になった賀川豊彦の父は「放蕩人間」、母はその妾。その子供である香川豊彦が聖人のような働きをしたのは奇蹟である。神は人をキリストによって清めて作り変える。汚れた血の呪いから解放して下さる。
 
塚本訳  Ⅱコリ5:17
5:17 だから、キリストと結びついている者は、新しい創造物である。古いものは消え失せて、いまここに、新しくなってしまっている!

塚本訳  コロ 3:12
3:12 (斯く君達は新しい人間に創造られたの)だから、神に選ばれた者、聖い者、また(神に)愛される者として、心からなる同情、親切、謙遜、柔和、寛容を着よ。 

塚本訳  ロマ 11:17-18
11:17 しかし、(イスラエル人という栽培されたオリブの木の)いくらかの枝が切り取られ、それに野生のオリブの木から出た(異教人の)あなたが接木されて、オリブの脂肪豊かな根(の恩恵)を共有するものとなったのであるから、
11:18 あなたはその(切り取られた)枝に対して自慢することはない。自慢したところで、あなたが根を支えているのではなく、根があなたを支えているのである。


●我々は誰でも野生の罪の人間であったが神の国に接木されたのだ。清い樹液が流れてきているのだ。それも恩恵で。 
 
口語訳 創  49:22
49:22 ヨセフは実を結ぶ若木、/泉のほとりの実を結ぶ若木。その枝は、かきねを越えるであろう。

口語訳 詩  1:3
1:3 このような人は流れのほとりに植えられた木の/時が来ると実を結び、その葉もしぼまないように、そのなすところは皆栄える。

口語訳 伝  12:1
12:1 あなたの若い日に、あなたの造り主を覚えよ。悪しき日がきたり、年が寄って、「わたしにはなんの楽しみもない」と言うようにならない前に、

●「孫たちに幸あれ」(ヒルティ「幸福論第3巻)。の結論は孫たちは
●孫たちよ若い日に神を知れ。霊に生れよ。
●夏休みに孫たちが遊びに来る。

 有体的復活の使徒伝承

   http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/index.html

   

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    

     TSK日本語版・目次

    http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

   

      ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 



トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


二人でなく三人 ++++++++ 所感

2012/07/20 05:36

120720(金)3時半目覚め●朝の黙想「二人でなく三人」●昨日妻から報告があった。一昨日、中野にいる娘愛子の子供(つまり孫)と食事中の会話。

孫(K)「おばあちゃんちは何人住んでるの?」。                                                      妻「おじいちゃんと二人だけよ」。
孫(K)「違うでしょ。神さまがいるから三人でしょ」

●これを聞いた私は大なるインスピレーションを受けたので今朝はそのことを黙想する。それにしても愛子は子供達と教会に通っているので、孫は教会学校のよい影響を受けているようだ。教会学校に感謝。 
●まず、マタイ18:20の翻訳比較。(これには拙HP「聖書で聖書を読む。BbB」が便利。 http://www.bbbible.com/ 

岩波翻訳委員会訳1995

401820なぜなら、私の名のもとに二人あるいは三人が集まっているところでは、彼らのただ中に私がいるからである」。

新共同訳1987

18:20 二人または三人がわたしの名によって集まるところには、わたしもその中にいるのである。」

前田訳1978

18:20 二人、三人とわが名で集まるところ、そこにわたしは彼らの仲間としている」と。

新改訳1970

18:20 ふたりでも三人でも、わたしの名において集まる所には、わたしもその中にいるからです。」

塚本訳1963

18:20 二人、三人、わたしの名によって集まっている所には、わたしがいつもその真中にいるのだから。」

口語訳1955

18:20 ふたりまたは三人が、わたしの名によって集まっている所には、わたしもその中にいるのである」。

文語訳1917

"401820","二三人わが名によりて集る所には、我もその中に在るなり』

●次にその「聖書で聖書を読む(BbB)」にある。各国聖書引照のなかから、心に響く個所をピックアップする。 
 

各国聖書引照

 

(独)NESTLE-ALAND  NOVUM TESTAMENTUM  GRAECE 27版1993 の引照

新共同 ヨハ 8:17

8:17 あなたたちの律法には、二人が行う証しは真実であると書いてある。

(英・米)THE NEW TREASURY OF SCRIPTURE KNOWLEDGE 1982 の引照

口語訳 ガラ 6:1

6:1 兄弟たちよ。もしもある人が罪過に陥っていることがわかったなら、霊の人であるあなたがたは、柔和な心をもって、その人を正しなさい。それと同時に、もしか自分自身も誘惑に陥ることがありはしないかと、反省しなさい。

口語訳 Ⅱコリ13:1

13:1 わたしは今、三度目にあなたがたの所に行こうとしている。すべての事がらは、ふたりか三人の証人の証言によって確定する。

口語訳 Ⅱコリ2:6-7

2:6 その人にとっては、多数の者から受けたあの処罰でもう十分なのだから、

2:7 あなたがたはむしろ彼をゆるし、また慰めてやるべきである。そうしないと、その人はますます深い悲しみに沈むかも知れない。

口語訳 ロマ 16:17-18

16:17 さて兄弟たちよ。あなたがたに勧告する。あなたがたが学んだ教にそむいて分裂を引き起し、つまずきを与える人々を警戒し、かつ彼らから遠ざかるがよい。

16:18 なぜなら、こうした人々は、わたしたちの主キリストに仕えないで、自分の腹に仕え、そして甘言と美辞とをもって、純朴な人々の心を欺く者どもだからである。 

口語訳 Ⅰコリ5:9-13

5:9 わたしは前の手紙で、不品行な者たちと交際してはいけないと書いたが、

5:10 それは、この世の不品行な者、貪欲な者、略奪をする者、偶像礼拝をする者などと全然交際してはいけないと、言ったのではない。もしそうだとしたら、あなたがたはこの世から出て行かねばならないことになる。

5:11 しかし、わたしが実際に書いたのは、兄弟と呼ばれる人で、不品行な者、貪欲な者、偶像礼拝をする者、人をそしる者、酒に酔う者、略奪をする者があれば、そんな人と交際をしてはいけない、食事を共にしてもいけない、ということであった。

5:12 外の人たちをさばくのは、わたしのすることであろうか。あなたがたのさばくべき者は、内の人たちではないか。外の人たちは、神がさばくのである。

5:13 その悪人を、あなたがたの中から除いてしまいなさい。 

口語訳 Ⅱコリ6:14-17

6:14 不信者と、つり合わないくびきを共にするな。義と不義となんの係わりがあるか。光とやみとなんの交わりがあるか。

6:15 キリストとベリアルとなんの調和があるか。信仰と不信仰となんの関係があるか。

6:16 神の宮と偶像となんの一致があるか。わたしたちは、生ける神の宮である。神がこう仰せになっている、/「わたしは彼らの間に住み、/かつ出入りをするであろう。そして、わたしは彼らの神となり、/彼らはわたしの民となるであろう」。

6:17 だから、「彼らの間から出て行き、/彼らと分離せよ、と主は言われる。そして、汚れたものに触れてはならない。触れなければ、わたしはあなたがたを受けいれよう。

口語訳 Ⅱコリ2:10

2:10 もしあなたがたが、何かのことについて人をゆるすなら、わたしもまたゆるそう。そして、もしわたしが何かのことでゆるしたとすれば、それは、あなたがたのためにキリストのみまえでゆるしたのである。

口語訳 ピレ 1:2

1:2 姉妹アピヤ、わたしたちの戦友アルキポ、ならびに、あなたの家にある教会へ。 

口語訳 Ⅱコリ13:5

13:5 あなたがたは、はたして信仰があるかどうか、自分を反省し、自分を吟味するがよい。それとも、イエス・キリストがあなたがたのうちにおられることを、悟らないのか。もし悟らなければ、あなたがたは、にせものとして見捨てられる。

 

(日)新共同訳1987 の引照

 新共同 ガラ 6:1

6:1 兄弟たち、万一だれかが不注意にも何かの罪に陥ったなら、“霊”に導かれて生きているあなたがたは、そういう人を柔和な心で正しい道に立ち帰らせなさい。あなた自身も誘惑されないように、自分に気をつけなさい。 

新共同 Ⅱテサ3:15

3:15 しかし、その人を敵とは見なさず、兄弟として警告しなさい。 

新共同 ヤコ 5:19-20

5:19 わたしの兄弟たち、あなたがたの中に真理から迷い出た者がいて、だれかがその人を真理へ連れ戻すならば、

5:20 罪人を迷いの道から連れ戻す人は、その罪人の魂を死から救い出し、多くの罪を覆うことになると、知るべきです。

新共同 Ⅱコリ13:1

13:1 わたしがあなたがたのところに行くのは、これで三度目です。すべてのことは、二人ないし三人の証人の口によって確定されるべきです。 

新共同 Ⅰテモ5:19

5:19 長老に反対する訴えは、二人あるいは三人の証人がいなければ、受理してはなりません。

新共同 ヘブ 10:28

10:28 モーセの律法を破る者は、二、三人の証言に基づいて、情け容赦なく死刑に処せられます。

新共同 Ⅱテサ3:6

3:6 兄弟たち、わたしたちは、わたしたちの主イエス・キリストの名によって命じます。怠惰な生活をして、わたしたちから受けた教えに従わないでいるすべての兄弟を避けなさい。 

新共同 Ⅱテサ3:14

3:14 もし、この手紙でわたしたちの言うことに従わない者がいれば、その者には特に気をつけて、かかわりを持たないようにしなさい。そうすれば、彼は恥じ入るでしょう。

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE 1985 の引照

口語訳 ロマ 16:17

16:17 さて兄弟たちよ。あなたがたに勧告する。あなたがたが学んだ教にそむいて分裂を引き起し、つまずきを与える人々を警戒し、かつ彼らから遠ざかるがよい。 

口語訳 Ⅰコリ5:11

5:11 しかし、わたしが実際に書いたのは、兄弟と呼ばれる人で、不品行な者、貪欲な者、偶像礼拝をする者、人をそしる者、酒に酔う者、略奪をする者があれば、そんな人と交際をしてはいけない、食事を共にしてもいけない、ということであった。 

 
●次にTSK日本語版でマタイ18:20を見てみよう。拙HP

http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm
 

*「ふたりまたは三人が、わたしの名によって集まっている所には」

Genesis 49:10

10つえはユダを離れず、/立法者のつえはその足の間を離れることなく、/シロの来る時までに及ぶであろう。もろもろの民は彼に従う。

John 20:19

 19その日、すなわち、一週の初めの日の夕方、弟子たちはユダヤ人をおそれて、自分たちのおる所の戸をみなしめていると、イエスがはいってきて、彼らの中に立ち、「安かれ」と言われた。

John 20:26

 26八日ののち、イエスの弟子たちはまた家の内におり、トマスも一緒にいた。戸はみな閉ざされていたが、イエスがはいってこられ、中に立って「安かれ」と言われた。

1 Corinthians 5:4

 4すなわち、主イエスの名によって、あなたがたもわたしの霊も共に、わたしたちの主イエスの権威のもとに集まって、

1 Thessalonians 1:1

 1パウロとシルワノとテモテから、父なる神と主イエス・キリストとにあるテサロニケ人たちの教会へ。恵みと平安とが、あなたがたにあるように。

Philemon 2

 2姉妹アピヤ、わたしたちの戦友アルキポ、ならびに、あなたの家にある教会へ。

 

*「わたしもその中にいるのである」

Exodus 20:24

24あなたはわたしのために土の祭壇を築き、その上にあなたの燔祭、酬恩祭、羊、牛をささげなければならない。わたしの名を覚えさせるすべての所で、わたしはあなたに臨んで、あなたを祝福するであろう。

Zechariah 2:5

 5主は仰せられます、わたしはその周囲で火の城壁となり、その中で栄光となる』と」。

Matthew 28:20

 20あなたがたに命じておいたいっさいのことを守るように教えよ。見よ、わたしは世の終りまで、いつもあなたがたと共にいるのである」。

John 8:58

 58イエスは彼らに言われた、「よくよくあなたがたに言っておく。アブラハムの生れる前からわたしは、いるのである」。

Revelation of John 1:11-13

 11その声はこう言った、「あなたが見ていることを書きものにして、それをエペソ、スミルナ、ペルガモ、テアテラ、サルデス、ヒラデルヒヤ、ラオデキヤにある七つの教会に送りなさい」。  12そこでわたしは、わたしに呼びかけたその声を見ようとしてふりむいた。ふりむくと、七つの金の燭台が目についた。  13それらの燭台の間に、足までたれた上着を着、胸に金の帯をしめている人の子のような者がいた。

Revelation of John 2:1

 1エペソにある教会の御使に、こう書きおくりなさい。『右の手に七つの星を持つ者、七つの金の燭台の間を歩く者が、次のように言われる。

Revelation of John 21:3

 3また、御座から大きな声が叫ぶのを聞いた、「見よ、神の幕屋が人と共にあり、神が人と共に住み、人は神の民となり、神自ら人と共にいまして、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●これで心一いっぱい、胸いっぱい。この「聖書で聖書を読む」方法をやったら面白くてやめられない。毎朝の楽しみ。心が燃える。なぜか。人間の声ではなく「神の声」を聞くのだから。
●この方法だと、毎回「アーソウカ」と思うことがあり、頭が改造される。視野が広くなる。
●この方法は、ルター、カルヴァン、ベンゲル、バルト、ブルンナー,ヒルティ、内村、塚本。否。イエス、パウロも奨める方法だろう。
●あと10年もすればパソコンは電話並みになるであろう。なぜか。今や40代以下の人はパソコンが楽々だから。
●こういう方法に比べて誰か一人の「人間」神学者、聖書註解者に聞く方法はその人間がどんなに優れていても聖書そのものより劣るから満足はいかない。そういうことをしているから「教派」や「先生べったり主義」になって不自由になるのだ。人間の奴隷になってしまうのだ。

    有体的復活の使徒伝承

   http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/index.html

   

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    

     TSK日本語版・目次

    http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

   

      ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 

 

 




 





トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


現代の偽教師 ++++++++ 所感

2012/07/19 06:21

120719(木)朝の黙想「現代の偽教師」●元共産党副委員長の小笠原貞子(1920-1995)が1968年に参議院全国区で共産党から初当選した時、「自分は牧師の娘でしたが、キリスト教は卒業しました」と馬鹿なことを公言した。ラジオで聴いた●赤岩栄(1903-1966)は日本基督教団の牧師のまま共産党に入党した。「信仰はキリスト、行動は共産党」だと言ったらしい。これを聞いたブルンナーは「馬鹿!」と吐き捨てた。●「この世の歩み方」は個人の自由だから何も言わないが、福音を馬鹿にして「主の血」を無駄にしている事において共通なので黙認はできない。●彼らは「神への従順が真の自由」ということを知らないから「偽りの教師」である●ところが現代のキリスト教信者の中にもこれと似た信者がいるので困る。彼らからはついぞ「十字架の贖いによる霊魂の自由、復活、再臨」の言葉を聞く事はない。それは当然だ。彼らは「人間の努力活動による地上天国の完成」を目指しているからである。●彼らのプロパガンダが「御心の天になる如く地にもならせ給え」だからそれは「聖書の半可通」そのものである。モチット聖書を真面目に深く勉強せよ●もうひとつ決定的に彼らが間違っているのは、神の力を信じる信仰に生きる人間を「この世の悪に目をつぶっている怠慢者」と理論レベル(?)で軽蔑していることである。「反抗することが真の自由」だとトンデモナイことを思い、また人を教えたり、仲間を作っている。●人の行動は神が裁く。今に見ておれ。●キリストの復活と主の血による贖いの真理を説いた初代教会の戦いは激しかったが、信者の清く正しい生活ぶりが勝利した。「神への従順が真の自由」。彼らにはこの真理が分かるまい。見えないからそうなる。関連聖句を挙げる。

塚本訳 ピリ 3:19
3:19 あの人達の最後は破滅、その神は自分の腹、その光栄(と考えているもの)は(実は)恥であって、あの人達は(ただ)地のこと(ばかり)に気を取られているのだ!

塚本訳マタ 12:45
12:45 そこで行って、自分よりも悪い、ほかの七つの(汚れた)霊を一しょに連れてきて入りこみ、そこに住む。するとその人のあとの有様は、(追い出す前よりも)もっとひどくなるのである。この悪い時代の人も、それと同様であろう。」

塚本訳 ガラ 4:17
4:17 (あの人たちはあなた達を非常に慕っているように見える。しかし)あの人たちがあなた達を熱心に慕っているのは、善くはない。彼らはあなた達を(ただわたしから、いや、福音の真理から)引離して、自分に熱心にしようとしているのである。

塚本訳 ヘブ 6:4-6
6:4 というのは、一度(福音の光に)照らされていながら、(すなわち)天からの賜物を味わい、聖霊を授かる者となり、
6:5 また、神の良い御言葉と、来るべき世の力とを味わっていながら、
6:6 堕落した者は、(今度は)自分で神の子を十字架につけ、晒しものにするのであるから、(彼らを)もう一度新しくして悔改めさせることは出来ないからである。

塚本訳 マタ 23:15
23:15 ああ禍だ、君たち聖書学者とパリサイ人、この偽善者!君たちはたった一人の改宗者を作るために海と陸とを飛びまわり、そして(改宗者が)できると、自分たちより倍も悪い地獄の子にするからだ。

塚本訳 マタ 7:15
7:15 偽預言者に用心せよ。(やさしい)羊の皮をかぶって来るが、内側は強盗の狼である。

塚本訳 マタ 24:24
24:24 偽救世主たち、『偽預言者たちが』あらわれて、大がかりな『奇蹟や不思議なことをして、』あわよくば、選ばれた人々までも迷わそうとするのだから。

塚本訳 ロマ 16:18
16:18 こんな者はわたし達の主キリストの奴隷ではなくて、自分のお腹[下等な欲求]の奴隷であり、あまい言葉と諂いとで無邪気な人たちの心を惑わすからである。

塚本訳 ロマ 13:1-7
13:1 人は皆上に立つ(国家の)官憲に服従せねばならない。神からではない官憲はなく、現存の官憲は(ことごとく)神から任命されたものであるから。
13:2 従って官憲に反抗する者は、神の命令に違反する者である。違反する者は、自分で自分に(神の)裁きを招くであろう。(この世で罰を受けるばかりでなく、最後の日にも。)
13:3 役人が恐ろしいのは、善いことをする者でなく、悪いことをする者である。(だから)あなたは官憲を恐れたくなければ、善いことをせよ。そうすれば官憲から誉められる。
13:4 官憲はあなたの最善のためにつくす神の召使であるから。しかしもし悪事をすれば、恐れねばならない。見えのために剣をささげているのではないのだから。官憲は神の召使で、悪事を行う者に対して(神の)怒りをあらわす復讐者である。
13:5 だからかならず服従せねばならない。ただ怒りの(恐ろしさの)ためだけでなく、(それが信ずる者の義務であることを知っているあなた達は、自分の)良心のためにも。
13:6 それゆえに(同じ理由で、)あなた達は貢をも納めねばならない。官憲は神につかえる者であり、いま言った職務に全力をそそいでいるからである。
13:7 (彼らに対して、信ずる者には普通の人以上の、言わば借りがある。)すべての役人にこの借りを返しなさい。貢取りには貢を、官税取りには官税を、恐るべき者には恐れを、尊敬すべき者には尊敬を。

塚本訳 Ⅱコリ11:13-15
11:13 こんな人たちは、キリストの使徒に変装している偽使徒、悪賢い働き手だからである。
11:14 そして驚くに当らない。悪魔自身が光の天使に変装するのだから、
11:15 だから、その(悪魔の)部下が義の部下に変装することはなんでもない。しかし彼らの最後は、その仕業相当であろう!

塚本訳 コロ 2:8
2:8 注意せよ、(いわゆる)哲学、すなわち空しい欺瞞をもって君達を奪い去る者があるかも知れない。この(人達の言う)哲学は(如何に巧みな説明があるにせよ、要するに)人間の言い伝えに拠るものであり、(地水火風というような)此世の元素の霊に拠るものであって、キリストに拠らないものである。

塚本訳 Ⅰテモ4:1-3
4:1 しかし御霊は、後日(必ず)或る人々が虚言者どもの偽善に欺かれて迷いの霊と鬼の教えに心を奪われ、信仰から離れ落ちることを(予め)明らかに言い給う。
4:2 この虚言者どもは(私利や貪欲の奴隷となり、あたかも奴隷が額に焼印を押されるように)自分の良心に焼印を押され(ていながら、)
4:3 (口では禁欲を唱えてあるいは)結婚を禁じたり、(あるいは)食物を断たせたりしている──しかし食物は信じ且つ真理を知る者が感謝をもって頂くように神が創造り給うたものである。

塚本訳 Ⅱペテ2:1
2:1 しかし(昔イスラエルの)民の中に(真の預言者の外に)偽預言者がいたが、そのように君達の中にも偽の先生が出て来て、(帰依者を)滅亡(に陷れるか)の(勝手な)教義を持ち込み、(高い値をもって)彼らを買い取り給うた主人(イエス・キリスト)をさえ否定して、忽ち滅亡を身に招くのである。

塚本訳 Ⅱテモ3:1-9
3:1 しかしこのことを知れ──最後の日には(本当に)難しい時が来る。
3:2 (その時)人は(皆)利己主義、金好き、法螺吹き、横柄、冒涜者、親不孝、恩知らず、無道者、
3:3 無情者、頑固者、悪口家、放埒な、粗野な、善の敵、
3:4 裏切り者、向こう見ず、思い上がった、神を愛するより快楽を愛する者になるからである。
3:5 彼らは敬虔を装うが(真面目な生活をしようとせず、)その(乱れた生活によってかえって敬虔の)能力を否定している。彼らを離れよ。
3:6 その中には(人の)家に潜り込んで、女どもを口車に乗せる者がある──様々な慾に引かれて罪を重ね、
3:7 (罪に悩んで)いつも学んでいるが、決して(救いの)真理の知識に達することの出来ない女どもを!
3:8 この人達の真理は腐れ、信仰はまがい物で、ヤンネとヤンブレがモーセに逆らったように、真理に逆らうのである。
3:9 しかし(彼らのすることは一時はとにかく、結局)うまくゆかない。あの二人のように、(やがて)その馬鹿げたことが皆に見えすくからである。

塚本訳 テト 1:11
1:11 その口を封ずる必要がある。彼らは汚い金儲けのために、(教う)べからざることを教えて家中を破壊するのである。

塚本訳 テト 3:10
3:10 異端論者は一、二度訓戒した後、(聴かぬ時は集会から)断れ。

塚本訳 Ⅰテモ3:1-9
3:1 「監督の職にあこがれる者は善い仕事を欲しがる者」という(言があるが、)この言は信ずべきである。(監督は尊い職であるからである。)
3:2 だから監督(たる者)は一点非難の打ち処のない(者でなければならない。すなわち)一人の妻の夫であり、真面目で、思慮があり、端正で、接待好きで、教え上手で、
3:3 酒好き喧嘩好きでなく、むしろ優しく、喧嘩嫌いで、金銭を欲しがらず、
3:4 自分の家をよくおさめ、きわめて謹厳で、その子女達が従順な者でなければならぬ。
3:5 【自分の家を(すらよく)おさめることを知らない者に、どうして神の(家である)教会の世話が出来ようか。】
3:6 なお(信仰の)新入生でないこと(が必要である。)そうでないと、(直に)思い上がって悪魔の審判に落ちるであろう。
3:7 また外の者の評判も好くなければならぬ。そうでないと悪口を言われて、悪魔の羂に落ちるであろう。
3:8 執事も同様に謹厳で、二枚舌を使わず、大酒を飲まず、汚い金儲けをせず、
3:9 潔い良心に信仰の奥義を有っている者でなければならぬ。

塚本訳 エペ 6:1
6:1 子達よ、【主に在って】両親に従順なれ。これは当然のことであるから。

●私が教会から無教会に転じた時は、無教会を「異端視された」ことがあって一時辛い思いをした。しかし歴史は正統信仰を固く信じているのは無教会であることが証明されて感謝である。
●「私は牧師の娘ですがキリスト教は卒業しました」(小笠原貞子)。「信仰はキリスト行動は共産党」(赤岩栄)と言ったのは教会の人物である。
●こう言う人間に限って「世の悪」を大脳皮質レベルで理論的に批判する。原発問題に対する小笠原貞子の次の言葉などがそれである。こういう発言にコロッとまいり、行動や発言を共闘する信者(?)がいるから「世も末」である。彼女の見解の奥には不信仰という毒がある。

、ッ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
(小笠原貞子の)原子力に関する発言(
小笠原貞子 - Wikipedia)

日本共産党副委員長だった1987年12月11日、国会原子力政策について、「私たちとしては原子力絶対反対だという立場をとっていない。原子力は当然新しい問題をいろいろ出しているけれども、原子力の発見というのは新しいエネルギーを得たことになり、有効利用の可能性ということを考えると、これをもう全面的に否定だという硬直した考え方は私たちは間違っていると思うのです。」と、反原発の立場にくみしないと述べる一方で、スリーマイル・チェルノブイリの両事故の教訓として「安全性確保の原子力開発政策というものに今のものから転換させることと、その規制を十分行うということが必要だ」と、原子力利用に関する規制強化政策転換が必要との党の立場を明らかにした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●日本にキリスト教が土着しないのは復活、永遠の生命、再臨等を信じない現代の信者自身の非正統信仰性にある。これじゃー共産党とはその熱心さにおいてすでに負けている

 有体的復活の使徒伝承

   http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/index.html

   

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    

     TSK日本語版・目次

    http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

   

      ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 

 



トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


「永遠の命がわかった」という娘 ++++++++ 所感

2012/07/18 09:31

120718(水)3時半目覚め。朝の黙想。昨夕「永遠の命がわかった」という娘の嬉しい電話に関して思い浮かんだ聖句を書き留めてまたしばし寝た。


新共同 詩  3:5-6
3:5 主に向かって声をあげれば/聖なる山から答えてくださいます。〔セラ
3:6 身を横たえて眠り/わたしはまた、目覚めます。主が支えていてくださいます。


●娘の電話の内容。「お父さんがいつも『永遠の命!、永遠の命!』と言っていたことはさっぱり分からなかったが、初めてわかった。『このようなこと』でもなければ決して分からなかった」。
●『このようなこと』とは百人百様、それを言っても役に立たないから言わない。どんな苦難であったかそのいきさつを激白しても人の信仰の益にならない。神の「手段」は不思議な48手。人間の頭では想像もつかないことであった。
●生きて娘からこのような信仰告白が聞けるとはついぞ思わなかった。感謝。
●しかし永遠の命が分かったことは「証」しなければならない。なぜか。人は自分の努力で「信仰や聖書や永遠の命」が分かったのではなく神の「ひどい仕打ち、不思議な方法」のおかげだったのだということを示すためである。神の顔を立てるためである。
●自分を隠す沈黙は罪である。臭いものに蓋をしても救いにはならない。それは神なき人間の悪習慣。神の恩恵の救いの結果を表明しないことは怠慢である。人間は自分の力で救われるのではない。
●キリスト教国は自国の自社の我家の不正を告発する。不利と思っても公表する。人を恐れず神を恐れるからである。これが「罪の文化」。
●ところが「恥の文化」(ルイス・ベネディクト「菊と刀」)である日本は恥を公表することは自国、自社、我家にとって不利だと思って隠す。仲間をかばうことが美徳と思っている。真の神を知らず人の顔を恐れているからである。これが今や日本が三流国に転落した根本原因だ。神の祝福を受けられないでいるからだ。
●罪の語源は「包む」であって、頬かむりすることである。馬鹿め。人には隠せても神には隠せない。神は見ている。
●救われてみれば周囲の人も(神の与えた苦しみは)「そういうことだったのか」とその苦難の意味が分かる。「神はやってくれた」と思う。苦難は感謝に変わる
●人は「永遠の命」を頂いて初めて自分を苦しめた人を赦せる。
●「神います」。娘の告白で「神は必ず人を救って下さる」ことに「自信」をもった。熱祈は聴かれる。娘の苦難に対しては隠れた多くの人の祈りがあった。感謝。
●神は残酷、愛ではない。この世が当然と思うような「幸福」をもぎ取る。それによって神は真の愛、真の幸福の何であるかを教えて下さる。人間の苦難は神の深い知恵。

塚本訳 ルカ 1:28
1:28 天使は乙女の所に来て言った、「おめでとう、恵まれた人よ、主があなたとご一しょだ!」

●「幸福」の定義はこれに尽きる。
●ヒルティの「幸福論」の本質は「神と共にあることと仕事」。
●人は救いに感激して「修道院」に入ってはいけない。あくまでもドロドロのこの罪の世で光の子として生きぬくのだ。世俗の仕事をするのだ。それがプロテスタント。

塚本訳  使  16:30-31
16:30 そして二人を外につれだして言った、「先生方、救われるにはどうしなければならないのですか。」
16:31 二人が言った、「主イエスを信じなさい。そうすればあなたも家族も救われる。」

●家の中で一人でも救われれば家全体が神に覚えられる。神に祝福される。家中が清められる。

塚本訳  Ⅰコリ7:12-14
7:12 しかしそのほかの人たちに、わたしが言う、主ではない。ある兄弟が不信者の妻を持ち、彼女が彼と一しょに生活することを喜ぶなら、離婚してはならない。
7:13 また、不信者の夫を持ち、その夫が彼女と一しょに生活することを喜ぶ場合の妻は、夫と離婚してはならない。
7:14 (夫婦は結婚生活で一体となるため、)不信者の夫は(信者の)妻によってすでにきよめられており、不信者の妻は兄弟(すなわち信者の夫)によってすでにきよめられているからである。そうでなければ、あなた達の子供は清くないはずであるが、現に彼らはきよい(と認められている)ではないか。

●夫婦はどんなことがあっても「離婚」してはならない。離婚届に印鑑を押してはいけない。そこは頑張らなければならない。
●なぜか。結婚は人と人との約束ではなく、神との約束だから。 

塚本訳  マタ 19:5-6
19:5 また、『それゆえに人は父と母とをすてて妻に結びつき、二人は一体となる』と言われたことを、あなた達は読んだことがないのか。
19:6 従って、もはや二人ではない、一体である。だから夫婦は(皆)神が一つの軛におつなぎになったものである。(どんな理由があっても)人間がこれを引き離してはならない。」

●塚本訳敷衍の(どんな理由があっても)は千金の重みがある。この敷衍だけでも塚本訳の価値がある。
●この世の離婚専門の弁護士は「そんなことなら離婚ですね」とすぐ言う。クタバレこの世の悪徳弁護士。

塚本訳  ルカ 19:8-9
19:8 しかしザアカイは進み出て主に言った、「主よ、わたしは(誓って)財産の半分を貧乏な人たちに施します。人からゆすり取ったものは四倍にして返します。」
19:9 イエスが(人々に)言われた、「救いは(きょう、)この家に入った。(人でなしのように言われる)この人も、やはり(あなた達と同じ)アブラハムの末だから。


●その後、このザアカイの家族はきっと全員が救われたであろう。
●バンヤンの「天路歴程」の冒頭。主人公は家族の制止を振り切るように両耳に指を突っ込んで「永遠の命!永遠の命!」と叫びながら「家を飛び出す」。出家。
●主人公の死後、「お父さんの言っていたことがわかった」と言って妻子は、お父さんの歩いて行った道をたどるというのがその後篇。「お父さんの言っていたこと」がわかったとは、天の「お父さん」も喜んだであろう。

口語訳 詩  30:4-5
30:4 主の聖徒よ、主をほめうたい、その聖なるみ名に感謝せよ。
30:5 その怒りはただつかのまで、その恵みはいのちのかぎり長いからである。夜はよもすがら泣きかなしんでも、朝と共に喜びが来る。


●これは「アーメン」だ。泣き明かしても喜びの朝が来る。神はいつまでも人を苦しめてはおかない。
●私の好きなクリスティナロゼッティの詩に次の下りがある。

「泣くもしばし、あおの曙(あけぼの)まで泣いたとて、かの日には微笑(ほほえみ)、その日をお待ち、その日にはただ愛のほか、ものみな過ぎて行く
いたましくひとりでお泣き。心を涙に浸して
・・・・・
ごらん、その日が来るならば 愛のほか皆過ぎてしまうのです
・・・・・・
その時には楽しい愛が 泣くことも忘れさせ 臨むことも 畏れることもなく 見張ることも 眠ることもなく あるのはただ 愛のみです 深く深く いつまでも続く愛」

●私の家が全焼した時、真っ先に灰燼の中からかきだして探したのが「クリスティナ・ロゼッティ信仰詩集」であった。彼女に慰められたかったのである。幸い見つかった。この詩集は今本棚の重要な位置に置いてある。生涯の本。
●クリスティナ・ロゼッティは生涯病弱。これを翻訳した大原三八雄氏は原爆の被害者であった。

口語訳 伝  3:1-8
3:1 天が下のすべての事には季節があり、すべてのわざには時がある。
3:2 生るるに時があり、死ぬるに時があり、植えるに時があり、植えたものを抜くに時があり、
3:3 殺すに時があり、いやすに時があり、こわすに時があり、建てるに時があり、
3:4 泣くに時があり、笑うに時があり、悲しむに時があり、踊るに時があり、
3:5 石を投げるに時があり、石を集めるに時があり、抱くに時があり、抱くことをやめるに時があり、
3:6 捜すに時があり、失うに時があり、保つに時があり、捨てるに時があり、
3:7 裂くに時があり、縫うに時があり、黙るに時があり、語るに時があり、
3:8 愛するに時があり、憎むに時があり、戦うに時があり、和らぐに時がある。

●悲しみの人生が喜びの人生に変わるには「時」が必要。この旧約聖書「伝道の書(コヘレトの言葉)は紀元前約300の年の作。読み人知らず。
●人類はその喜びの「時」を迎えるまでになお300年かかった。神の子イエスの十字架と復活による救いの「時」は来た。人類はそれにより「永遠の命」を頂いて涙が拭われた。

塚本訳  Ⅱコリ7:10
7:10 なぜなら、神の御心に沿った悲しみは、(人を)救いに入れる悔いのない悔改めをもたらすけれども、この世(的)の悲しみは、(絶望と)死をもたらすからである。

●これは私の若き時の特愛の句。主にありて「悲しみ」は救いに入れられるための神の導き。しかしこの事は嵐が過ぎ去ったあとで分かることだから苦難の当事者は辛い。

新共同 伝  11:1
11:1 あなたのパンを水に浮かべて流すがよい。月日がたってから、それを見いだすだろう。

●娘から「お父さんの言っている永遠の命ということがわかった」と言われたのは「月日がたってから」からのことであった。
●ここにエクレシアの存在意義がある。救いは神の本人に対する直接的働き。エクレシアの証人たちはその裏づけ。理性の安息。エクレシアが人を救うのではない。 ●「可愛い子には旅をさせよ」「桃栗三年、柿八年、柚のバカヤロ十八年」。
●十八年でも何年でもよい。救いは救いだ。救いは臨終の時でもよい。否来世で神の前に立つときでもよいのだ。

口語訳 伝  3:11
3:11 神のなされることは皆その時にかなって美しい。神はまた人の心に永遠を思う思いを授けられた。それでもなお、人は神のなされるわざを初めから終りまで見きわめることはできない。


●この「美しい」という言葉が素晴らしい。神のなさることは無駄がないからすべてが美しいのだ。真理は美しい。
●ユダはサタンに導かれてイエスを裏切ったが、それもまた神の計画。神はサタンを利用し、ユダを利用して愛子イエスを殺した。そして人類の救いを成就した。
●だからユダもサタンも神にあって美しかった。

塚本訳  使  3:14-15
3:14 ほんとうにあなた達はあの聖なる人、正しい人を否認し、人殺し(のバラバの方)をゆるしてもらうようにと(総督に)願って、
3:15 (とうとう)命の先達(であるイエス)を殺してしまった。しかし神はその方を、死人の中から復活させられました。わたし達はそのことの証人です。


●ユダヤ人はイエスを殺して初めて「非」を悟った。イエス殺しは神殺し。
●人は神の福音(永遠の命)を説く者を自分の生き方に「邪魔な奴だ」と思って殺す。「その時」に初めて自分の「非」を悟るものだ。それまでは「この男、何を血迷ったことを言っているのだと」と思い続けるものだ。しかしいつか分かる。いつか分かる。私が死んだ後にでもわかる。なぜか。神は生きておられる。神が教える。
 

塚本訳 ヨハ 4:13-14
4:13 イエスは答えられた、「この(井戸の)水を飲む者はだれでもまた渇くが、
4:14 わたしが与える水を飲む者は永遠に渇かない。そればかりでなく、わたしが与える水は、その人の中で(たえず)湧き出る水の泉となって、永遠の命に至らせるであろう。」

塚本訳 ヨハ 7:37
7:37 祭の最後の大際の日に、イエスは立って叫ばれた、「渇く者はわたしの所に来て飲みなさい。

●人が自らの口で「永遠の命がわかった」と告白する時は、その人に聖霊が降ったのである。その証拠である。万歳。ハレルヤ。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●妻は午後から愛子の家に手伝い。
●「お父さん悪いねー」と愛子は言う。ナンノコレシキ。御心、御心。
●今日も暑い日であった。一人で夕食。
 
  有体的復活の使徒伝承

   http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/index.html

   

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    

     TSK日本語版・目次

    http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

   

      ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 

 









トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


幸福を失ってしまった時 ++++++++ 所感

2012/07/17 08:41

120717(火)5時目覚め●朝の黙想「幸福を失ってしまった時」●思いつく聖書の言葉を挙げ、感話をする。

塚本訳 ルカ 22:24-26
22:24 また弟子たちの間に、自分たちのうちでだれが一番えらいと思われているかについての争いもあった。
22:25 するとイエスが言われた、「世間では王が人民を支配し、また主権者は自分を恩人と呼ばせる。
22:26 しかしあなた達はそれではいけない。あなた達の間では、一番えらい者が一番若輩のように、支配する者が給仕をする者のようになれ。

●神なき教育の目標は「恩人と呼ばれる人を創る」ことだが、大間違い。(自戒)
●人に愛されること、尊敬される、称賛されるようになる(文化勲章、ノーベル章、高位高官)ことが人生の目標ではない。神に愛されるようになることが人生の目標。


塚本訳 使  20:35
20:35 わたしはあらゆる機会にあなた達に例を示したのだから、あなた達も同じように一生懸命に働いて、経済的に恵まれない者たちを助けなさい。主イエス御自身が言われた、『与えるのは貰うより幸いである』という御言葉を忘れずに!」

●愛を受けたいと思ってはいけない。この人生、与え尽くさなければならない(自戒)。
●人間の労働は「人のやっかいにならないため」。人に食わせてもらわないため。

塚本訳 ルカ 11:27-28
11:27 こう話しておられる時、群衆の中の一人の女が声を張り上げてイエスに言った、「なんと仕合わせでしょう、あなたを宿したお腹、あなたがすった乳房は!」
11:28 しかしイエスは言われた、「いや、仕合わせなのは、神の言葉を聞いてそれを守る人たちである。」

●その昔、中央線の電車の前の席にとても素晴らしい若い女性が座っていて、こういう女性が「母」になったら、その子供はどんなに「いい子」に育つだろうと思いながら見とれた。武蔵堺の駅だったか、その女性が降りたってホームを歩きだした姿を見て。唖然とした。「びっこ」(不快ごだがあえて言う)だった。彼女は今いずこ。「幸いなるかな悲しむ者。彼女の上に永遠の命の喜びあれ!」

塚本訳 マコ 3:32-35
3:32 大勢の人がイエスのまわりに坐っていたが、彼に言う、「それ、母上と兄弟姉妹方が、外であなたをたずねておられます。」
3:33 イエスは「わたしの母、兄弟とはだれのことだ」と答えて、
3:34 自分のまわりを取りまいて坐っている人々を見まわしながら、言われる、「ここにいるのが、わたしの母、わたしの兄弟だ。
3:35 神の御心を行う者、それがわたしの兄弟、姉妹、また母である。」

●「暖かい家庭が欲しかった」という嘆きを聞いたことがある。
●NO!。「暖かい家庭」は究極の幸せではない。家庭団欒は一時的なもの。子供はすぐ家から巣立つ。

新共同 詩  45:3
45:3 あなたは人の子らのだれよりも美しく/あなたの唇は優雅に語る。あなたはとこしえに神の祝福を受ける方。

●この詩篇は王の即位式の時の歌。「あなた」とは「王」。これはキリストの預言。人は失恋して真に美しい人に出会う。
●失恋は惨め、しかし人からの愛を失うことは「益」。人の愛は不完全。恋愛は2年で冷める。大体美人は我がままだから男をダメにする。人は失恋で尊の愛、神の愛を知る。

新共同 コロ 1:24
1:24 今やわたしは、あなたがたのために苦しむことを喜びとし、キリストの体である教会のために、キリストの苦しみの欠けたところを身をもって満たしています。

●これは世の悪を背負うというようなカッコイイ事ではない。「悲し者と共に悲しみ、泣く者と共に泣く事」

塚本訳 マタ 5:4
5:4 ああ幸いだ、『悲しんでいる人たち、』、(かの日に)『慰めていただく』のはその人たちだから。

塚本訳 ルカ 6:21
6:21 ああ幸いだ、今飢えている人たち、(かの日に)満腹させられるのはあなた達だから。ああ幸いだ、今泣いている人たち、(かの日に)笑うのはあなた達だから。

●塚本訳に(かの日に)と敷衍があるのが正しい解釈だが、この世でも満たされる場合もある。私の場合は、家が焼失して以前よりも大きい土地と家が与えられた。脳内出血で一時よくしゃべれなかったが、回復して以前より口が「滑らか」になった。(笑)。 
●「(かの日に笑う」とあるが、病後「オヤジギャグ」で今この世で「笑う」ことが多くなった。(自笑)
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


resize2285.jpg 
●朝の木漏れ日の庭。今日も暑い日になりそうだ。


resize2286.jpg 
二階のベランダから見る南西方向。家を立てるなら僅かでも「山」が見えるところがよい。霊感が湧く。都心の便利なところに住んでいては「霊感」は湧かない。

 有体的復活の使徒伝承

   http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/index.html

   

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    

     TSK日本語版・目次

    http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

   

      ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 

 



トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


人生って短くて淋しいもんだなー ++++++++ 所感

2012/07/16 06:46

120716(月)4時半目覚め●朝の黙想。「人生って短かくて淋しいもんだなー」●人生のこの嘆きに関する聖書の言葉を列挙してみよう。説教するつもりではない。共に嘆こうと思うのだ。共に泣こうと思うのだ。●私には子供が4人与えられたが彼らがその生きて行く旅路でこの嘆きに陥ることを思うと、彼らが気の毒でしょうがない。

口語訳 詩 90:5-10
90:5 あなたは人を大水のように流れ去らせられます。彼らはひと夜の夢のごとく、あしたにもえでる青草のようです。
90:6 あしたにもえでて、栄えるが、夕べには、しおれて枯れるのです。
90:7 われらはあなたの怒りによって消えうせ、あなたの憤りによって滅び去るのです。
90:8 あなたはわれらの不義をみ前におき、われらの隠れた罪をみ顔の光のなかにおかれました。
90:9 われらのすべての日は、あなたの怒りによって過ぎ去り、われらの年の尽きるのは、ひと息のようです。
90:10 われらのよわいは七十年にすぎません。あるいは健やかであっても八十年でしょう。しかしその一生はただ、ほねおりと悩みであって、その過ぎゆくことは速く、われらは飛び去るのです。

新改訳 伝 1:2-3
1:2 空の空。伝道者は言う。空の空。すべては空。
1:3 日の下で、どんなに労苦しても、それが人に何の益になろう。 

塚本訳  Ⅰペテ1:24
1:24 『人はみな草のごとく、その光榮はみな草の花の如し、草は枯れ、花は落つ。 

塚本訳  Ⅱコリ4:16
4:16 このゆえに、わたし達は気を落さない。いや、わたし達の(生れながらの)外の人はどんなにこわれていっても、(キリストによって生れた)内の人は一日一日と新しくされてゆく。

新共同 ルカ 12:16-19
12:16 それから、イエスはたとえを話された。「ある金持ちの畑が豊作だった。
12:17 金持ちは、『どうしよう。作物をしまっておく場所がない』と思い巡らしたが、
12:18 やがて言った。『こうしよう。倉を壊して、もっと大きいのを建て、そこに穀物や財産をみなしまい、
12:19 こう自分に言ってやるのだ。「さあ、これから先何年も生きて行くだけの蓄えができたぞ。ひと休みして、食べたり飲んだりして楽しめ」と。』

新改訳 イザ 22:12-13
22:12 その日、万軍の神、主は、「泣け。悲しめ。頭を丸めて、荒布をまとえ。」と呼びかけられたのに、
22:13 なんと、おまえたちは楽しみ喜び、牛を殺し、羊をほふり、肉を食らい、ぶどう酒を飲み、「飲めよ。食らえよ。どうせ、あすは死ぬのだから。」と言っている。

新共同 伝 2:1
2:1 わたしはこうつぶやいた。「快楽を追ってみよう、愉悦に浸ってみよう。」見よ、それすらも空しかった。

新共同 伝 2:4-8
2:4 大規模にことを起こし/多くの屋敷を構え、畑にぶどうを植えさせた。
2:5 庭園や果樹園を数々造らせ/さまざまの果樹を植えさせた。
2:6 池を幾つも掘らせ、木の茂る林に水を引かせた。
2:7 買い入れた男女の奴隷に加えて/わたしの家で生まれる奴隷もあり/かつてエルサレムに住んだ者のだれよりも多く/牛や羊と共に財産として所有した。
2:8 金銀を蓄え/国々の王侯が秘蔵する宝を手に入れた。男女の歌い手をそろえ/人の子らの喜びとする多くの側女を置いた。

新共同 伝 2:17-18
2:17 わたしは生きることをいとう。太陽の下に起こることは、何もかもわたしを苦しめる。どれもみな空しく、風を追うようなことだ。
2:18 太陽の下でしたこの労苦の結果を、わたしはすべていとう。後を継ぐ者に残すだけなのだから。

新共同 伝 2:22-23
2:22 まことに、人間が太陽の下で心の苦しみに耐え、労苦してみても何になろう。
2:23 一生、人の務めは痛みと悩み。夜も心は休まらない。これまた、実に空しいことだ。

口語訳 伝 3:9
3:9 働く者はその労することにより、なんの益を得るか。

口語訳 伝 3:19
3:19 人の子らに臨むところは獣にも臨むからである。すなわち一様に彼らに臨み、これの死ぬように、彼も死ぬのである。彼らはみな同様の息をもっている。人は獣にまさるところがない。すべてのものは空だからである。

口語訳 伝 4:1-3
4:1 わたしはまた、日の下に行われるすべてのしえたげを見た。見よ、しえたげられる者の涙を。彼らを慰める者はない。しえたげる者の手には権力がある。しかし彼らを慰める者はいない。
4:2 それで、わたしはなお生きている生存者よりも、すでに死んだ死者を、さいわいな者と思った。
4:3 しかし、この両者よりもさいわいなのは、まだ生れない者で、日の下に行われる悪しきわざを見ない者である。

口語訳 伝 5:16-17
5:16 人は全くその来たように、また去って行かなければならない。これもまた悲しむべき悪である。風のために労する者になんの益があるか。
5:17 人は一生、暗やみと、悲しみと、多くの悩みと、病と、憤りの中にある。
 
口語訳 伝  4:3-6
4:3 しかし、この両者よりもさいわいなのは、まだ生れない者で、日の下に行われる悪しきわざを見ない者である。
4:4 また、わたしはすべての労苦と、すべての巧みなわざを見たが、これは人が互にねたみあってなすものである。これもまた空であって、風を捕えるようである。 4:5 愚かなる者は手をつかねて、自分の肉を食う。
4:6 片手に物を満たして平穏であるのは、両手に物を満たして労苦し、風を捕えるのにまさる。  

口語訳 伝  3:9
3:9 働く者はその労することにより、なんの益を得るか。

口語訳 伝  3:19
3:19 人の子らに臨むところは獣にも臨むからである。すなわち一様に彼らに臨み、これの死ぬように、彼も死ぬのである。彼らはみな同様の息をもっている。人は獣にまさるところがない。すべてのものは空だからである。

口語訳 伝  4:1-3
4:1 わたしはまた、日の下に行われるすべてのしえたげを見た。見よ、しえたげられる者の涙を。彼らを慰める者はない。しえたげる者の手には権力がある。しかし彼らを慰める者はいない。
4:2 それで、わたしはなお生きている生存者よりも、すでに死んだ死者を、さいわいな者と思った。
4:3 しかし、この両者よりもさいわいなのは、まだ生れない者で、日の下に行われる悪しきわざを見ない者である。

口語訳 伝  5:16-17
5:16 人は全くその来たように、また去って行かなければならない。これもまた悲しむべき悪である。風のために労する者になんの益があるか。
5:17 人は一生、暗やみと、悲しみと、多くの悩みと、病と、憤りの中にある。

口語訳 伝  5:3-6
5:3 夢は仕事の多いことによってきたり、愚かなる者の声は言葉の多いことによって知られる。
5:4 あなたは神に誓いをなすとき、それを果すことを延ばしてはならない。神は愚かな者を喜ばれないからである。あなたの誓ったことを必ず果せ。
5:5 あなたが誓いをして、それを果さないよりは、むしろ誓いをしないほうがよい。
5:6 あなたの口が、あなたに罪を犯させないようにせよ。また使者の前にそれは誤りであったと言ってはならない。どうして、神があなたの言葉を怒り、あなたの手のわざを滅ぼしてよかろうか。

●これらの人生の嘆きは、神を信じ、復活と永遠の命を信ずるというクリスチャンといえども、ひとたび人生の不条理な大苦難に遭遇すると「ため息」とともに呟かざるを得ない。「あー人生は無常だ」と。
●ヒルティの幸福論Ⅰに「人間とは何だろう、どこから来て、どこへ行くのか、金色に光る空の星のかなたに誰が住んでいるのか?」という小論がある。〈白水社版)。クリスチャンのヒルティにして、フト、このような思いに陥る時があったのだろう。
●上記聖句のうち、特に「伝道の書(新共同訳ではコヘレトの言葉)は紀元前300年ぐらいの作であるというのだから、人類の嘆きはすでにここに極まれりというべきであろう。
●この人生のどうしようもない深い嘆き悲しみから救われるために人類は新約の光を待たねばならなかった。「その時まで」あと300年。
●その救いとはイエスの十字架と復活により「神の霊」が人類に回復すること。 
●最後に新約の白眉である次の二カ所を掲げる。これを言わずして不協和音は終息しない。

塚本訳 ヨハ 3:16
3:16 そのゆえは、神はその独り子を賜わったほどにこの世を愛されたのである。これはその独り子を信ずる者が一人も滅びず、永遠の命を持つことができるためである。

塚本訳  Ⅰコリ15:3-5
15:3 まえにわたしが(福音の)一番大切な事としてあなた達に伝えたのは、わたし自身(エルサレム集会から)受けついだのであるが、キリストが聖書(の預言)どおりにわたし達の罪のために死なれたこと、
15:4 葬られたこと、聖書どおりに三日目に復活しておられること、
15:5 またケパに、それから十二人(の弟子)に、御自分を現わされたことである。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

resize2283.jpg 
窓を開けるとこの朝の景色。今日は熱くなりそうだ。


resize2284.jpg 
●猛暑日。トウモロコシが成長する。奥多摩連山とあきる野市庁舎

 
●室内気温35度。サウナ風呂のようだ。節電のため扇風機を2台で下半身と上半身に風。
●妻の用意した梅ジュースで水分を大量補給。これは「気つけ薬」。熱中症対策。
●TSK日本語版第一ヨハネ2章。生きがいあることをやっていれば暑さもなんのその。
●日本の電力需要が大きいのは年金貰ってじっとしている暇人間が多いからだ。
●寝るときも扇風機。クーラーは使わない。
●NHKともあろうものが、熱中症対策としてクーラーを使えと言うのは間違い。
●家中の窓を開けて風を通す。「家は夏を旨とすべし」(方丈記)
●妻は午後から友人とコンサート。妻達の合唱団に応援にきてくれる人への返礼。

  有体的復活の使徒伝承

   http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/index.html

   

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    

     TSK日本語版・目次

    http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

   

      ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/































トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


すべてのこと相働きて益となる ++++++++ 所感

2012/07/15 05:31

120715(日)5時目覚め●朝の啓示「すべてのこと相働きて益となる」●毎朝の楽しみ喜びは啓示された「聖句」の黙想である。その段階は①翻訳比較②自分の頭から連想する③各国聖書引照からピックアップ黙想④TSK日本語版からピックアップ黙想の順序である。●では始めよう

①翻訳比較研究。これには拙HP「聖書で聖書を読む(BbB)を利用する。 
 
http://www.bbbible.com/


岩波翻訳委員会訳1995

450828神を愛する者たち、すなわち〔神の〕計画に従って召された者たちにとっては、すべてのことが共に働いて善へと至る、ということを私たちは知っている。

450829神は前もって知っていた者たちを、神の子の像と共なるかたちをもつ者たちとして、まさに前もって定めることをされたからである。それはその神の子が、多くの兄弟たちの中で最初に生まれた者となるためである。

450830また、神はその前もって定めた者たちを呼び出し、さらに呼び出した者たちを義とし、義とした者たちに栄光を与えられたのである。

 

新共同訳1987

8:28 神を愛する者たち、つまり、御計画に従って召された者たちには、万事が益となるように共に働くということを、わたしたちは知っています。

8:29 神は前もって知っておられた者たちを、御子の姿に似たものにしようとあらかじめ定められました。それは、御子が多くの兄弟の中で長子となられるためです。

8:30 神はあらかじめ定められた者たちを召し出し、召し出した者たちを義とし、義とされた者たちに栄光をお与えになったのです。


前田訳1978

8:28 われらは知っています、神を愛するものには神が協力してすべてを善になさることを。彼らは御旨に従って召されたものだからです。

8:29 あらかじめご存じのものを、み子と像を同じくするよう神は予定されました。これはみ子が多くの兄弟の長子になられるためです。

8:30 これら予定されたものをばお召しにもなり、お召しのものをば義ともなさり、義となさったものをば栄化もなさいました。

 
新改訳1970

8:28 神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています。

8:29 なぜなら、神は、あらかじめ知っておられる人々を、御子のかたちと同じ姿にあらかじめ定められたからです。それは、御子が多くの兄弟たちの中で長子となられるためです。

8:30 神はあらかじめ定めた人々をさらに召し、召した人々をさらに義と認め、義と認めた人々にはさらに栄光をお与えになりました。

 
塚本訳1963

8:28 そればかりではない。(わたし達の救いは次のことからも確かである。)わたし達が知っているように、神を愛する者、すなわち(神の)計画に応じて召された者には、すべてのことが救いに役立つのである。

8:29 というのは、神は(世の始まる前に)あらかじめお選びになった人たちをば御子(キリスト)と同じ姿にすることを、あらかじめお定めになったからである。──これは(こうして出来た)多くの兄弟たちの中で、彼を長男にするためである。──

8:30 そして(時が来ると)あらかじめお定めになった人たちを召し、お召しになった人たちを義とし、義とした人たちには栄光をお与えになるだろう。

 
口語訳1955

8:28 神は、神を愛する者たち、すなわち、ご計画に従って召された者たちと共に働いて、万事を益となるようにして下さることを、わたしたちは知っている。

8:29 神はあらかじめ知っておられる者たちを、更に御子のかたちに似たものとしようとして、あらかじめ定めて下さった。それは、御子を多くの兄弟の中で長子とならせるためであった。

8:30 そして、あらかじめ定めた者たちを更に召し、召した者たちを更に義とし、義とした者たちには、更に栄光を与えて下さったのである。

 
文語訳1917

"450828","神を愛する者、すなはち御旨によりて召されたる者の爲には、凡てのこと相働きて益となるを我らは知る。"

"450829","神は預じめ知りたまふ者を御子の像に象らせんと預じめ定め給へり。これ多くの兄弟のうちに、御子を嫡子たらせんが爲なり。"

"450830","又その預じめ定めたる者を召し、召したる者を義とし、義としたる者には光榮を得させ給ふ。"


 ②27節の有名な聖句を自分の頭から連想する。この場合「益」とは何かが問題だ。 聖句を探すのは市販の「Jバイブル」(いのちの言葉社、約一万円強)が便利

塚本訳ルカ 10:41-42
10:41 主が答えられた、「マルタ、マルタ、あなたはいろいろなことに気を配り、心をつかっているが、
10:42 無くてならないものはただ一つである。マリヤは善い方を選んだ。それを取り上げてはならない。」

塚本訳 Ⅰコリ15:3-5
15:3 まえにわたしが(福音の)一番大切な事としてあなた達に伝えたのは、わたし自身(エルサレム集会から)受けついだのであるが、キリストが聖書(の預言)どおりにわたし達の罪のために死なれたこと、
15:4 葬られたこと、聖書どおりに三日目に復活しておられること、
15:5 またケパに、それから十二人(の弟子)に、御自分を現わされたことである。

塚本訳  ヨハ 3:16
3:16 そのゆえは、神はその独り子を賜わったほどにこの世を愛されたのである。これはその独り子を信ずる者が一人も滅びず、永遠の命を持つことができるためである。

塚本訳  使  23:6
23:6 そのときパウロは(役人の)一派はサドカイ人、一派はパリサイ人であるのを見て取り、法院で叫んだ、「兄弟の方々、わたしはパリサイ人で、しかもパリサイ人の子です。いま死人の復活の希望のために裁判されているのです。(わたしは復活のキリストを見たと言いますから。)」

塚本訳  使  24:21
24:21 『わたしは死人の復活のためにきょうあなた達の前で裁判されているのです』と、みんなの中に立って叫んだその一言のほかに!」

●パウロは「復活の伝承」のみに命を捧げた。なぜか。そこに神の人類救済の秘儀を見たからである。私の余命もかくありたい。それは罪の赦しによる永遠の命への希望を産むからである。


③次に各国聖書引照をこれにはまた拙HPの「聖書で聖書を読む(BbB)」を利用する。自分で言うのもなんだが超便利。全部読む。すると心に沈殿するものがある。このサイトは現在二つの神学校で教師から生徒に推薦されていることを知った。黙想、牧師の説教、伝道者に必携。 
 

(独)NESTLE-ALAND  NOVUM TESTAMENTUM  GRAECE 27版1993 の引照

新共同 エペ 1:11

1:11 キリストにおいてわたしたちは、御心のままにすべてのことを行われる方の御計画によって前もって定められ、約束されたものの相続者とされました。

 新共同 ピリ 3:21

3:21 キリストは、万物を支配下に置くことさえできる力によって、わたしたちの卑しい体を、御自分の栄光ある体と同じ形に変えてくださるのです。

 新共同 Ⅱコリ4:4

4:4 この世の神が、信じようとはしないこの人々の心の目をくらまし、神の似姿であるキリストの栄光に関する福音の光が見えないようにしたのです。

 新共同 コロ 1:18

1:18 また、御子はその体である教会の頭です。御子は初めの者、死者の中から最初に生まれた方です。こうして、すべてのことにおいて第一の者となられたのです。

 新共同 ヨハ 20:17

20:17 イエスは言われた。「わたしにすがりつくのはよしなさい。まだ父のもとへ上っていないのだから。わたしの兄弟たちのところへ行って、こう言いなさい。『わたしの父であり、あなたがたの父である方、また、わたしの神であり、あなたがたの神である方のところへわたしは上る』と。」

 

(英・米)THE NEW TREASURY OF SCRIPTURE KNOWLEDGE 1982 の引照

口語訳 ロマ 5:3-4

5:3 それだけではなく、患難をも喜んでいる。なぜなら、患難は忍耐を生み出し、

5:4 忍耐は錬達を生み出し、錬達は希望を生み出すことを、知っているからである。

 口語訳 ロマ 8:32

8:32 ご自身の御子をさえ惜しまないで、わたしたちすべての者のために死に渡されたかたが、どうして、御子のみならず万物をも賜わらないことがあろうか。

 口語訳 Ⅰコリ3:21-22

3:21 だから、だれも人間を誇ってはいけない。すべては、あなたがたのものなのである。

3:22 パウロも、アポロも、ケパも、世界も、生も、死も、現在のものも、将来のものも、ことごとく、あなたがたのものである。

 口語訳 Ⅱコリ4:15

4:15 すべてのことは、あなたがたの益であって、恵みがますます多くの人に増し加わるにつれ、感謝が満ちあふれて、神の栄光となるのである。

 口語訳 ロマ 5:5

5:5 そして、希望は失望に終ることはない。なぜなら、わたしたちに賜わっている聖霊によって、神の愛がわたしたちの心に注がれているからである。

 口語訳 Ⅰコリ2:9

2:9 しかし、聖書に書いてあるとおり、/「目がまだ見ず、耳がまだ聞かず、/人の心に思い浮びもしなかったことを、/神は、ご自分を愛する者たちのために備えられた」/のである。

 口語訳 Ⅱコリ7:10-11

7:10 神のみこころに添うた悲しみは、悔いのない救を得させる悔改めに導き、この世の悲しみは死をきたらせる。

7:11 見よ、神のみこころに添うたその悲しみが、どんなにか熱情をあなたがたに起させたことか。また、弁明、義憤、恐れ、愛慕、熱意、それから処罰に至らせたことか。あなたがたはあの問題については、すべての点において潔白であることを証明したのである。

 口語訳 ロマ 1:6-7

1:6 あなたがたもまた、彼らの中にあって、召されてイエス・キリストに属する者となったのである――

1:7 ローマにいる、神に愛され、召された聖徒一同へ。わたしたちの父なる神および主イエス・キリストから、恵みと平安とが、あなたがたにあるように。

 口語訳 ロマ 9:11

9:11 まだ子供らが生れもせず、善も悪もしない先に、神の選びの計画が、

 口語訳 ロマ 11:28-29

11:28 福音について言えば、彼らは、あなたがたのゆえに、神の敵とされているが、選びについて言えば、父祖たちのゆえに、神に愛せられる者である。

11:29 神の賜物と召しとは、変えられることがない。

 口語訳 Ⅰコリ1:2

1:2 コリントにある神の教会、すなわち、わたしたちの主イエス・キリストの御名を至る所で呼び求めているすべての人々と共に、キリスト・イエスにあってきよめられ、聖徒として召されたかたがたへ。このキリストは、わたしたちの主であり、また彼らの主であられる。

 口語訳 ガラ 1:6

1:6 あなたがたがこんなにも早く、あなたがたをキリストの恵みの内へお招きになったかたから離れて、違った福音に落ちていくことが、わたしには不思議でならない。

 口語訳 Ⅰテサ4:7

4:7 神がわたしたちを召されたのは、汚れたことをするためではなく、清くなるためである。

 口語訳 Ⅰテサ5:9

5:9 神は、わたしたちを怒りにあわせるように定められたのではなく、わたしたちの主イエス・キリストによって救を得るように定められたのである。

 口語訳 ロマ 11:2

11:2 神は、あらかじめ知っておられたその民を、捨てることはされなかった。聖書がエリヤについてなんと言っているか、あなたがたは知らないのか。すなわち、彼はイスラエルを神に訴えてこう言った。

 口語訳 ロマ 13:14

13:14 あなたがたは、主イエス・キリストを着なさい。肉の欲を満たすことに心を向けてはならない。

 口語訳 Ⅱコリ3:18

3:18 わたしたちはみな、顔おおいなしに、主の栄光を鏡に映すように見つつ、栄光から栄光へと、主と同じ姿に変えられていく。これは霊なる主の働きによるのである。

 口語訳 ロマ 6:4-8

6:4 すなわち、わたしたちは、その死にあずかるバプテスマによって、彼と共に葬られたのである。それは、キリストが父の栄光によって、死人の中からよみがえらされたように、わたしたちもまた、新しいいのちに生きるためである。

6:5 もしわたしたちが、彼に結びついてその死の様にひとしくなるなら、さらに、彼の復活の様にもひとしくなるであろう。

6:6 わたしたちは、この事を知っている。わたしたちの内の古き人はキリストと共に十字架につけられた。それは、この罪のからだが滅び、わたしたちがもはや、罪の奴隷となることがないためである。

6:7 それは、すでに死んだ者は、罪から解放されているからである。

6:8 もしわたしたちが、キリストと共に死んだなら、また彼と共に生きることを信じる。

 口語訳 ロマ 3:22-26

3:22 それは、イエス・キリストを信じる信仰による神の義であって、すべて信じる人に与えられるものである。そこにはなんらの差別もない。

3:23 すなわち、すべての人は罪を犯したため、神の栄光を受けられなくなっており、

3:24 彼らは、価なしに、神の恵みにより、キリスト・イエスによるあがないによって義とされるのである。

3:25 神はこのキリストを立てて、その血による、信仰をもって受くべきあがないの供え物とされた。それは神の義を示すためであった。すなわち、今までに犯された罪を、神は忍耐をもって見のがしておられたが、

3:26 それは、今の時に、神の義を示すためであった。こうして、神みずからが義となり、さらに、イエスを信じる者を義とされるのである。

 口語訳 Ⅰコリ6:11

6:11 あなたがたの中には、以前はそんな人もいた。しかし、あなたがたは、主イエス・キリストの名によって、またわたしたちの神の霊によって、洗われ、きよめられ、義とされたのである。

 口語訳 ガラ 1:15

1:15 ところが、母の胎内にある時からわたしを聖別し、み恵みをもってわたしをお召しになったかたが、

 口語訳 ロマ 5:8-10

5:8 しかし、まだ罪人であった時、わたしたちのためにキリストが死んで下さったことによって、神はわたしたちに対する愛を示されたのである。

5:9 わたしたちは、キリストの血によって今は義とされているのだから、なおさら、彼によって神の怒りから救われるであろう。

5:10 もし、わたしたちが敵であった時でさえ、御子の死によって神との和解を受けたとすれば、和解を受けている今は、なおさら、彼のいのちによって救われるであろう。

 口語訳 ピリ 3:8-9

3:8 わたしは、更に進んで、わたしの主キリスト・イエスを知る知識の絶大な価値のゆえに、いっさいのものを損と思っている。キリストのゆえに、わたしはすべてを失ったが、それらのものを、ふん土のように思っている。それは、わたしがキリストを得るためであり、

3:9 律法による自分の義ではなく、キリストを信じる信仰による義、すなわち、信仰に基く神からの義を受けて、キリストのうちに自分を見いだすようになるためである。

 口語訳 Ⅰテサ2:12

2:12 御国とその栄光とに召して下さった神のみこころにかなって歩くようにと、勧め、励まし、また、さとしたのである。

 口語訳 ピリ 3:20-21

3:20 しかし、わたしたちの国籍は天にある。そこから、救主、主イエス・キリストのこられるのを、わたしたちは待ち望んでいる。

3:21 彼は、万物をご自身に従わせうる力の働きによって、わたしたちの卑しいからだを、ご自身の栄光のからだと同じかたちに変えて下さるであろう。

 

(日)新共同訳1987の引照

新共同 ロマ 9:11

9:11 -12その子供たちがまだ生まれもせず、善いことも悪いこともしていないのに、「兄は弟に仕えるであろう」とリベカに告げられました。それは、自由な選びによる神の計画が人の行いにはよらず、お召しになる方によって進められるためでした。

 新共同 ロマ 11:34

11:34 「いったいだれが主の心を知っていたであろうか。だれが主の相談相手であっただろうか。

 新共同 エペ 1:9-10

1:9 秘められた計画をわたしたちに知らせてくださいました。これは、前もってキリストにおいてお決めになった神の御心によるものです。

1:10 こうして、時が満ちるに及んで、救いの業が完成され、あらゆるものが、頭であるキリストのもとに一つにまとめられます。天にあるものも地にあるものもキリストのもとに一つにまとめられるのです。

 新共同 Ⅱテモ1:9

1:9 神がわたしたちを救い、聖なる招きによって呼び出してくださったのは、わたしたちの行いによるのではなく、御自身の計画と恵みによるのです。この恵みは、永遠の昔にキリスト・イエスにおいてわたしたちのために与えられ、

 新共同 ヘブ 6:17

6:17 神は約束されたものを受け継ぐ人々に、御自分の計画が変わらないものであることを、いっそうはっきり示したいと考え、それを誓いによって保証なさったのです。

 新共同 ロマ 8:30

8:30 神はあらかじめ定められた者たちを召し出し、召し出した者たちを義とし、義とされた者たちに栄光をお与えになったのです。

 新共同 ロマ 9:24

9:24 神はわたしたちを憐れみの器として、ユダヤ人からだけでなく、異邦人の中からも召し出してくださいました。

 新共同 ロマ 11:29

11:29 神の賜物と招きとは取り消されないものなのです。

 新共同 ガラ 1:6

1:6 キリストの恵みへ招いてくださった方から、あなたがたがこんなにも早く離れて、ほかの福音に乗り換えようとしていることに、わたしはあきれ果てています。

 新共同 ガラ 1:15

1:15 しかし、わたしを母の胎内にあるときから選び分け、恵みによって召し出してくださった神が、御心のままに、

 新共同 ガラ 5:8

5:8 このような誘いは、あなたがたを召し出しておられる方からのものではありません。

 新共同 Ⅱテサ2:14

2:14 神は、このことのために、すなわち、わたしたちの主イエス・キリストの栄光にあずからせるために、わたしたちの福音を通して、あなたがたを招かれたのです。

 新共同 ヘブ 9:15

9:15 こういうわけで、キリストは新しい契約の仲介者なのです。それは、最初の契約の下で犯された罪の贖いとして、キリストが死んでくださったので、召された者たちが、既に約束されている永遠の財産を受け継ぐためにほかなりません。

 新共同 Ⅰペテ2:9

2:9 しかし、あなたがたは、選ばれた民、王の系統を引く祭司、聖なる国民、神のものとなった民です。それは、あなたがたを暗闇の中から驚くべき光の中へと招き入れてくださった方の力ある業を、あなたがたが広く伝えるためなのです。

 新共同 Ⅰペテ3:9

3:9 悪をもって悪に、侮辱をもって侮辱に報いてはなりません。かえって祝福を祈りなさい。祝福を受け継ぐためにあなたがたは召されたのです。

 新共同 ロマ 8:32

8:32 わたしたちすべてのために、その御子をさえ惜しまず死に渡された方は、御子と一緒にすべてのものをわたしたちに賜らないはずがありましょうか。

 新共同 ロマ 11:2

11:2 神は、前もって知っておられた御自分の民を退けたりなさいませんでした。それとも、エリヤについて聖書に何と書いてあるか、あなたがたは知らないのですか。彼は、イスラエルを神にこう訴えています。

 新共同 Ⅰペテ1:2

1:2 あなたがたは、父である神があらかじめ立てられた御計画に基づいて、"霊"によって聖なる者とされ、イエス・キリストに従い、また、その血を注ぎかけていただくために選ばれたのです。恵みと平和が、あなたがたにますます豊かに与えられるように。

 新共同 Ⅰペテ1:20

1:20 キリストは、天地創造の前からあらかじめ知られていましたが、この終わりの時代に、あなたがたのために現れてくださいました。

 新共同 Ⅰコリ15:49

15:49 わたしたちは、土からできたその人の似姿となっているように、天に属するその人の似姿にもなるのです。

 新共同 Ⅱコリ3:18

3:18 わたしたちは皆、顔の覆いを除かれて、鏡のように主の栄光を映し出しながら、栄光から栄光へと、主と同じ姿に造りかえられていきます。これは主の霊の働きによることです。

 新共同 ピリ 3:21

3:21 キリストは、万物を支配下に置くことさえできる力によって、わたしたちの卑しい体を、御自分の栄光ある体と同じ形に変えてくださるのです。

 新共同 コロ 3:10

3:10 造り主の姿に倣う新しい人を身に着け、日々新たにされて、真の知識に達するのです。

 新共同 Ⅰヨハ3:2

3:2 愛する者たち、わたしたちは、今既に神の子ですが、自分がどのようになるかは、まだ示されていません。しかし、御子が現れるとき、御子に似た者となるということを知っています。なぜなら、そのとき御子をありのままに見るからです。

 新共同 ロマ 9:23

9:23 それも、憐れみの器として栄光を与えようと準備しておられた者たちに、御自分の豊かな栄光をお示しになるためであったとすれば、どうでしょう。

 新共同 Ⅰコリ2:7

2:7 わたしたちが語るのは、隠されていた、神秘としての神の知恵であり、神がわたしたちに栄光を与えるために、世界の始まる前から定めておられたものです。

 新共同 エペ 1:5

1:5 イエス・キリストによって神の子にしようと、御心のままに前もってお定めになったのです。

 新共同 エペ 1:11

1:11 キリストにおいてわたしたちは、御心のままにすべてのことを行われる方の御計画によって前もって定められ、約束されたものの相続者とされました。

 新共同 コロ 1:18

1:18 また、御子はその体である教会の頭です。御子は初めの者、死者の中から最初に生まれた方です。こうして、すべてのことにおいて第一の者となられたのです。

 新共同 ヘブ 1:6

1:6 更にまた、神はその長子をこの世界に送るとき、/「神の天使たちは皆、彼を礼拝せよ」と言われました。

 新共同 Ⅰコリ6:11

6:11 あなたがたの中にはそのような者もいました。しかし、主イエス・キリストの名とわたしたちの神の霊によって洗われ、聖なる者とされ、義とされています。

 新共同 ロマ 8:21

8:21 つまり、被造物も、いつか滅びへの隷属から解放されて、神の子供たちの栄光に輝く自由にあずかれるからです。

 

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE 1985 の引照

口語訳 ヤコ 1:12

1:12 試錬を耐え忍ぶ人は、さいわいである。それを忍びとおしたなら、神を愛する者たちに約束されたいのちの冠を受けるであろう。

 口語訳 Ⅰコリ15:49

15:49 すなわち、わたしたちは、土に属している形をとっているのと同様に、また天に属している形をとるであろう。

 口語訳 ピリ 3:21

3:21 彼は、万物をご自身に従わせうる力の働きによって、わたしたちの卑しいからだを、ご自身の栄光のからだと同じかたちに変えて下さるであろう。

④最後に28節の「すべてのこと相働きて益となる」という言葉にピンポイント当てて関連聖句を黙想する。これには拙HPの「TSK日本語版」を利用すると超便利。新約はあと一カ月で完了、旧約はその後数年はかかる。これ私のライワーク。日本への置き土産。前記「聖書で聖書を読む(BbB)と共に牧師伝道者がきっと便利に利用する時が来る。なぜか。神の言葉の引照だから。これを読むとこの世のゴタゴタや難問などは影が薄くなる。何よりも自分が来世に希望をを以て踊り込む事のために大切な営みである。

http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm


*「万事を益となるようにして下さることを、」

Exodus 20:6

6わたしを愛し、わたしの戒めを守るものには、恵みを施して、千代に至るであろう。

Deuteronomy 6:5

 5あなたは心をつくし、精神をつくし、力をつくして、あなたの神、主を愛さなければならない。

Nehemiah 1:5

 5言った、「天の神、主、おのれを愛し、その戒めを守る者には契約を守り、いつくしみを施される大いなる恐るべき神よ、

Psalms 69:36

 36神はシオンを救い、ユダの町々を建て直されるからである。そのしもべらはそこに住んでこれを所有し、 [69:37] そのしもべらの子孫はこれを継ぎ、み名を愛する者はその中に住むであろう。

Mark 12:30

 30心をつくし、精神をつくし、思いをつくし、力をつくして、主なるあなたの神を愛せよ』。

Romans 5:5

 5そして、希望は失望に終ることはない。なぜなら、わたしたちに賜わっている聖霊によって、神の愛がわたしたちの心に注がれているからである。

1 Corinthians 2:9

 9しかし、聖書に書いてあるとおり、/「目がまだ見ず、耳がまだ聞かず、/人の心に思い浮びもしなかったことを、/神は、ご自分を愛する者たちのために備えられた」/のである。

James 1:12

 12試錬を耐え忍ぶ人は、さいわいである。それを忍びとおしたなら、神を愛する者たちに約束されたいのちの冠を受けるであろう。

James 2:5

5愛する兄弟たちよ。よく聞きなさい。神は、この世の貧しい人たちを選んで信仰に富ませ、神を愛する者たちに約束された御国の相続者とされたではないか。

1 John 4:10

 10わたしたちが神を愛したのではなく、神がわたしたちを愛して下さって、わたしたちの罪のためにあがないの供え物として、御子をおつかわしになった。ここに愛がある。

1 John 4:19

 19わたしたちが愛し合うのは、神がまずわたしたちを愛して下さったからである。

1 John 5:2-3

 2神を愛してその戒めを行えば、それによってわたしたちは、神の子たちを愛していることを知るのである。  3神を愛するとは、すなわち、その戒めを守ることである。そして、その戒めはむずかしいものではない。

 

*「神を愛する者たち、すなわち、ご計画に従って召された者たちと共に働いて、」

Jeremiah 51:29

29その地は震い、かつもだえ苦しむ、主がその思い図ることをバビロンにおこない、バビロンの地を、住む人なき荒れ地とされるからだ。

Acts 13:48

 48異邦人たちはこれを聞いてよろこび、主の御言をほめたたえてやまなかった。そして、永遠の命にあずかるように定められていた者は、みな信じた。

Romans 1:6-7

 6あなたがたもまた、彼らの中にあって、召されてイエス・キリストに属する者となったのである――  7ローマにいる、神に愛され、召された聖徒一同へ。わたしたちの父なる神および主イエス・キリストから、恵みと平安とが、あなたがたにあるように。

Romans 8:30

 30そして、あらかじめ定めた者たちを更に召し、召した者たちを更に義とし、義とした者たちには、更に栄光を与えて下さったのである。

Romans 9:11

 11まだ子供らが生れもせず、善も悪もしない先に、神の選びの計画が、

Romans 9:23-24

 23かつ、栄光にあずからせるために、あらかじめ用意されたあわれみの器にご自身の栄光の富を知らせようとされたとすれば、どうであろうか。  24神は、このあわれみの器として、またわたしたちをも、ユダヤ人の中からだけではなく、異邦人の中からも召されたのである。

Galatians 1:15

 15ところが、母の胎内にある時からわたしを聖別し、み恵みをもってわたしをお召しになったかたが、

Ephesians 1:9-10

 9御旨の奥義を、自らあらかじめ定められた計画に従って、わたしたちに示して下さったのである。  10それは、時の満ちるに及んで実現されるご計画にほかならない。それによって、神は天にあるもの地にあるものを、ことごとく、キリストにあって一つに帰せしめようとされたのである。

Ephesians 3:11

 11わたしたちの主キリスト・イエスにあって実現された神の永遠の目的にそうものである。

1 Thessalonians 5:9

9神は、わたしたちを怒りにあわせるように定められたのではなく、わたしたちの主イエス・キリストによって救を得るように定められたのである。

2 Thessalonians 2:13-14

 13しかし、主に愛されている兄弟たちよ。わたしたちはいつもあなたがたのことを、神に感謝せずにはおられない。それは、神があなたがたを初めから選んで、御霊によるきよめと、真理に対する信仰とによって、救を得させようとし、  14そのために、わたしたちの福音によりあなたがたを召して、わたしたちの主イエス・キリストの栄光にあずからせて下さるからである。

2 Timothy 2:19

 19しかし、神のゆるがない土台はすえられていて、それに次の句が証印として、しるされている。「主は自分の者たちを知る」。また「主の名を呼ぶ者は、すべて不義から離れよ」。

1 Peter 5:10

 10あなたがたをキリストにある永遠の栄光に招き入れて下さったあふるる恵みの神は、しばらくの苦しみの後、あなたがたをいやし、強め、力づけ、不動のものとして下さるであろう。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●妻と集会へ。集会は土肥、丹野(塚本先生「二つの創造」)村上(申命記)
●午後は感謝会。12名。私の感想は次の4点
  ①集会第一日曜日の感話、今年で30年
  ②今井館理事今年の6月で辞任、25年間勤めた
  ③三男が大震災と福島原発事故でロマ書8章22節に号泣。      聖書に開 眼したことは感謝。
  ④もう一人の子供は家庭問題で「新しく生まれる」という聖書の意味を知ったということで感謝
  ④集会が「愛の親睦団体」を目指すのは大間違い。塚本先生はその兆しが出始めた時に集会を一時解散した事が2回ある。
 
●有体的復活の使徒伝承を行わなくなったエクレシアの姿は次の通り

 ①愛の親睦団体。暇信者の集まり。病院の待合室化。老人クラブ。
 ②聖書のカルチャーセンター化。それも内容は三流の水準。
 ③政治結社。思想団体化。この世半分、あの世半分だから力がない。    
 ④聖書学の勉強会。聖書で飯を食う人間の巣。聖書学者になるな。
 ⑤救いの機関としての絶対的組織化。これが教会化。聖職の職業化
 ⑤これらすべては集客が目的。エクレシアは有体的復活の発信が
  その本質。
 ⑦付き合いが悪く人間嫌いの性質の人間の集まり。こう言う人 
  の多くは教会を嫌って逃げてきた人間。タチが悪い。キリストの臭 
  がしない。


  有体的復活の使徒伝承

   http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/index.html

   

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    

     TSK日本語版・目次

    http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

   

   

    ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 

 

 


 


 







トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


「受けるよりは与える方が幸い」 ++++++++ 所感

2012/07/14 06:07

120714(土)3時半目覚め。そのまま寝つけず5時起床●朝の啓示。「受けるよりは与える方が幸い」●今朝はこの聖句について黙想しよう。
●まずこの聖句が殿にあるか素早く見つけるには市販のソフト「Jバイブル}(一万円強」がよい。「受」と「与」のand検索で一瞬ででる。分厚い「コンコルダンスよりも強力。するとそれは使徒25:35であることが分かる。
●次にこの部分の「翻訳比較」を見る。それには上記「Jバイブル」のほかに拙HPの「聖書で聖書を読む」が便利。翻訳比較は良質なものを少なく、邦語で読め(塚本虎二)

http://www.bbbible.com/bbb//bbbact20.html

岩波翻訳委員会訳1995
442035あなたたちも同じように働いて、弱い人々を助け、主イエスご自身が言われた『受けるよりは与えるほうが幸いである』という言葉を、心に留めておくように、私はあらゆる点においてあなたたちに模範を示して来たのです」。

新共同訳1987
20:35 あなたがたもこのように働いて弱い者を助けるように、また、主イエス御自身が『受けるよりは与える方が幸いである』と言われた言葉を思い出すようにと、わたしはいつも身をもって示してきました。」

前田訳1978
20:35 わたしはすべてについてあなた方に示しましたが、このように働いて、弱いものを助けるべきです。そして、主イエス自らがいわれた、受けるよりも与えるがさいわい、というおことばを思い出すべきです」と。

新改訳1970
20:35 このように労苦して弱い者を助けなければならないこと、また、主イエスご自身が、『受けるよりも与えるほうが幸いである。』と言われたみことばを思い出すべきことを、私は、万事につけ、あなたがたに示して来たのです。」

塚本訳1963
20:35 わたしはあらゆる機会にあなた達に例を示したのだから、あなた達も同じように一生懸命に働いて、経済的に恵まれない者たちを助けなさい。主イエス御自身が言われた、『与えるのは貰うより幸いである』という御言葉を忘れずに!」 


口語訳1955
20:35 わたしは、あなたがたもこのように働いて、弱い者を助けなければならないこと、また『受けるよりは与える方が、さいわいである』と言われた主イエスの言葉を記憶しているべきことを、万事について教え示したのである」。

文語訳1917
"442035","我すべての事に於て例を示せり、即ち汝らも斯く働きて、弱き者を助け、また主イエスの自ら言ひ給ひし「與ふるは受くよりも幸福なり」との御言を記憶すべきなり』"

●この個所の場合、いわゆる「聖書註解」はこれは福音書にないから真正のイエスの言葉であるとかないとか言っているが、そういう学者の研究も時には必要だが、真剣勝負の実人生においてはあまり益がない。ひとまずそれを置いておこう。
●次に実力で自分の頭の中にある関係聖句を紡ぎだす。聖句の引照は自分の頭にあるものを思い浮かべるのが一番良い。力が出る。今朝思いだしたのは次の聖句である。
 
塚本訳 ルカ 23:27-28
23:27 民衆と、イエスのために悲しみ嘆く女たちとの大勢の群が、あとにつづいた。
23:28 イエスは女たちの方に振り向いて言われた、「エルサレムの娘さんたち、わたしのためには泣いてくれなくともよろしい。それよりは自分のため、自分の子供のために泣きなさい。

塚本訳 マタ 6:3-6
6:3 あなたは施しをするときに、右の手のすることを左に悟られてはならない。
6:4 これは施しを隠しておくためである。そうすれば、隠れたことを見ておられるあなたの父上は、褒美をくださるであろう。
6:5 また祈る時には、偽善者のようにしてはならない。彼らは人に見せようとして、礼拝堂や大通りの角に立って祈ることを好むのである。アーメン、わたしは言う、彼らは(褒められた時、)すでに褒美をもらっている。
6:6 あなたが祈る時には、『奥座敷に入り、部屋をしめきった上で、』隠れた所においでになるあなたの父上に『祈れ。』そうすれば、隠れたことを見ておられるあなたの父上は、褒美をくださるであろう。


塚本訳 マタ 5:5
5:5 ああ幸いだ、『(踏みつけられて)じっと我慢している人たち、』、『(約束の)地(なる御国)を相続する』のはその人たちだから。

塚本訳 マタ 5:6
5:6 ああ幸いだ、(神の)義に飢え渇いている人たち、(かの日に)満足させられるのはその人たちだから。

塚本訳 マタ 5:7
5:7 ああ幸いだ、憐れみ深い人たち、(かの日に)憐れんでいただくのはその人たちだから。

塚本訳 ルカ 22:24-27
22:24 また弟子たちの間に、自分たちのうちでだれが一番えらいと思われているかについての争いもあった。
22:25 するとイエスが言われた、「世間では王が人民を支配し、また主権者は自分を恩人と呼ばせる。
22:26 しかしあなた達はそれではいけない。あなた達の間では、一番えらい者が一番若輩のように、支配する者が給仕をする者のようになれ。
22:27 食卓につく者と給仕をする者と、どちらがえらいか。食卓につく者ではないのか。でもわたしはあなた達の間で、あたかも給仕をする者のようにしている。

塚本訳 マコ 10:45
10:45 人の子(わたし)が来たのも仕えさせるためではない。仕えるため、多くの人のあがない金としてその命を与えるためである。」

●次に拙HP「聖書で聖書を読む(BbB)」のサイトから「各国聖書引照」を見て心に響く者をピックアップして見る。

塚本訳 Ⅰコリ4:12
4:12 自分の手で働きながら苦労している。罵られては(神の)祝福を求め、迫害されては我慢し、

塚本訳 ロマ 12:3
12:3 それでわたしは、(神から)賜わった恩恵、(この使徒の権威)によって、あなた達のひとりびとりに忠告する。思うべき限りをこえて思いあがらぬように、神がめいめいに分けあたえられた信仰の量を思って、謙遜な思いをもつように。

塚本訳 ピリ 2:3
2:3 何事も(決して)利己心や虚栄心からせず、謙遜をもって互いに(他人を)自分よりも勝れていると考え、

塚本訳 Ⅱコリ4:1-2
4:1 わたし達は(神の)憐れみをうけて、この(モーセにまさる)役目を託されているのであるから、(どんな場合にも)気を落さない。
4:2 いや、(一切の)恥かしい隠し事を絶った、計略を用いて歩かず、神の言葉をごまかしもせず、ただ(福音の)真理を明らかにすることによって、神の前ですべての人間の良心に自分を推薦しているのである。

塚本訳 ガラ 1:10
1:10 そもそもわたしは今、人の気に入ろうとしているか、それとも神か。それとも人を喜ばせようとしているか。もし今もなお人を喜ばせているのだったら、わたしは(人の奴隷で、)キリストの奴隷ではない。

塚本訳 Ⅰテサ2:4
2:4 私達は神に(心の中を)験され(た後、選ばれ)て福音を託されたのであるから、そのように──人間の気に入ろうとせず、(ただ)私達の『心を験し給う』神の御意に適うように──語るのである。

塚本訳 ロマ 14:17
14:17 神の国は(なんでも自由に)食べることや飲むことではなく、義と平安と聖霊による喜びとであるから。

塚本訳 Ⅰコリ10:32
10:32 ユダヤ人にも異教人にも神の集会にも、つまずきになるな。

塚本訳 ロマ 2:17
2:17 しかしもしあなたが自分はユダヤ人だと言い、律法を頼りにし、神との(特別の)関係を誇るならば、

塚本訳 Ⅱコリ11:9
11:9 そしてあなた達の所にいて不自由したときも、だれの厄介にもならなかった。わたしの不自由は(みな)マケドニヤから来た兄弟たちが補ってくれたのだから。こうして、わたしはあらゆることで自分があなた達の重荷にならないようにしていた。これからもそのつもりである。

塚本訳 Ⅰテサ2:9
2:9 兄弟達よ、私達の労苦と骨折りを(まだ)憶えているであろう。私達は君達の誰にも厄介をかけまいとして夜も昼も働きながら、君達に神の福音を伝えたのであった。

塚本訳 Ⅰコリ11:1
11:1 わたしがキリストのまねをする者であるのと同じに、わたしのまねをする者になってもらいたい。

塚本訳 Ⅰテサ4:11
4:11 また静かに生活し、自分の仕事を励み、(曩に)命じたように手ずから働くことをもって名誉とせよ。

塚本訳 Ⅰコリ8:9
8:9 しかし気をつけよ、(強い)あなた達のその自由が、弱い人たちにつまずきにでもなることがないように。

塚本訳 Ⅱコリ8:9
8:9 ──あなた達はわたし達の主イエス・キリストの恩恵を知っているではないか、彼は(神の子として)富んでおられたのに、あなた達のために(人間となって)貧しくなられた、この方の貧しさによってあなた達が富むためである。

塚本訳 ピリ 4:17
4:17 これは贈り物が欲しいからではない。君達の貸の勘定を殖やす信仰の果実が欲しいのである。

塚本訳 コロ 2:5
2:5 私は肉でこそ離れて居れ、霊では(いつも)君達と一緒にいて、キリストに対する君達の信仰の秩序正しいことと、堅固なこととを見て喜んでいるのである。

塚本訳 エペ 1:7
1:7 私達はこの愛され給う者において、神の豊かなる恩恵により、その血による贖いすなわち咎の赦免を戴いたのであり、

塚本訳 テト 2:14
2:14 彼は私達を『凡ての不法から贖い出し』、また(私達を)『潔めて』、善い仕事に熱心な『自分の選民にしよう』として、私達のために自分を与え給うたのである。

塚本訳 Ⅰコリ8:9-11
8:9 しかし気をつけよ、(強い)あなた達のその自由が、弱い人たちにつまずきにでもなることがないように。
8:10 なぜなら、あなたが知識を持っているため、偶像のお宮で食事の席について(供え物の肉を食べて)いるのを、(知識を持たない)ある人が見たとすると、その人は弱いのに、その良心が(はたしてあなた達がいうように「強め」られるであろうか。いや全く)「強め」られて、偶像に供えた肉を(御利益でもあるように思って)食べる、ということにならないであろうか。
8:11 そんなことになると、弱い人、一人の兄弟があなたの知識に禍されて滅びるのである。キリストはその人のためにも死なれたのである。


●最後にTSK日本語版で「与えるは受けるよりも幸い」の部分を見る。

*「『受けるよりは与える方が、さいわいである』と言われた」

Psalms 41:2-4

2貧しい者をかえりみる人はさいわいである。主はそのような人を悩みの日に救い出される。  3主は彼を守って、生きながらえさせられる。彼はこの地にあって、さいわいな者と呼ばれる。あなたは彼をその敵の欲望にわたされない。  4主は彼をその病の床でささえられる。あなたは彼の病む時、その病をことごとくいやされる。

Psalms 112:5-9

 5恵みを施し、貸すことをなし、その事を正しく行う人はさいわいである。  6正しい人は決して動かされることなく、とこしえに覚えられる。  7彼は悪いおとずれを恐れず、その心は主に信頼してゆるがない。  8その心は落ち着いて恐れることなく、ついにそのあだについての願いを見る。  9彼は惜しげなく施し、貧しい者に与えた。その義はとこしえに、うせることはない。その角は誉を得てあげられる。

Proverbs 19:17

 17貧しい者をあわれむ者は主に貸すのだ、その施しは主が償われる。

Isaiah 32:8

 8しかし尊い人は尊いことを語り、つねに尊いことを行う。

Isaiah 58:7-12

 7また飢えた者に、あなたのパンを分け与え、さすらえる貧しい者を、あなたの家に入れ、裸の者を見て、これを着せ、自分の骨肉に身を隠さないなどの事ではないか。  8そうすれば、あなたの光が暁のようにあらわれ出て、あなたは、すみやかにいやされ、あなたの義はあなたの前に行き、主の栄光はあなたのしんがりとなる。  9また、あなたが呼ぶとき、主は答えられ、あなたが叫ぶとき、『わたしはここにおる』と言われる。もし、あなたの中からくびきを除き、指をさすこと、悪い事を語ることを除き、  10飢えた者にあなたのパンを施し、苦しむ者の願いを満ち足らせるならば、あなたの光は暗きに輝き、あなたのやみは真昼のようになる。  11主は常にあなたを導き、良き物をもってあなたの願いを満ち足らせ、あなたの骨を強くされる。あなたは潤った園のように、水の絶えない泉のようになる。  12あなたの子らは久しく荒れすたれたる所を興し、あなたは代々やぶれた基を立て、人はあなたを『破れを繕う者』と呼び、『市街を繕って住むべき所となす者』と/呼ぶようになる。

Matthew 10:8

 8病人をいやし、死人をよみがえらせ、らい病人をきよめ、悪霊を追い出せ。ただで受けたのだから、ただで与えるがよい。

Matthew 25:34-40

 34そのとき、王は右にいる人々に言うであろう、『わたしの父に祝福された人たちよ、さあ、世の初めからあなたがたのために用意されている御国を受けつぎなさい。  35あなたがたは、わたしが空腹のときに食べさせ、かわいていたときに飲ませ、旅人であったときに宿を貸し、  36裸であったときに着せ、病気のときに見舞い、獄にいたときに尋ねてくれたからである』。  37そのとき、正しい者たちは答えて言うであろう、『主よ、いつ、わたしたちは、あなたが空腹であるのを見て食物をめぐみ、かわいているのを見て飲ませましたか。  38いつあなたが旅人であるのを見て宿を貸し、裸なのを見て着せましたか。  39また、いつあなたが病気をし、獄にいるのを見て、あなたの所に参りましたか』。  40すると、王は答えて言うであろう、『あなたがたによく言っておく。わたしの兄弟であるこれらの最も小さい者のひとりにしたのは、すなわち、わたしにしたのである』。

Luke 14:12-14

12また、イエスは自分を招いた人に言われた、「午餐または晩餐の席を設ける場合には、友人、兄弟、親族、金持の隣り人などは呼ばぬがよい。恐らく彼らもあなたを招きかえし、それであなたは返礼を受けることになるから。  13むしろ、宴会を催す場合には、貧しい人、体の不自由な人、足の悪い人、目の見えない人などを招くがよい。  14そうすれば、彼らは返礼ができないから、あなたはさいわいになるであろう。正しい人々の復活の際には、あなたは報いられるであろう」。

2 Corinthians 8:9

 9あなたがたは、わたしたちの主イエス・キリストの恵みを知っている。すなわち、主は富んでおられたのに、あなたがたのために貧しくなられた。それは、あなたがたが、彼の貧しさによって富む者になるためである。

2 Corinthians 9:6-12

 6わたしの考えはこうである。少ししかまかない者は、少ししか刈り取らず、豊かにまく者は、豊かに刈り取ることになる。  7各自は惜しむ心からでなく、また、しいられてでもなく、自ら心で決めたとおりにすべきである。神は喜んで施す人を愛して下さるのである。  8神はあなたがたにあらゆる恵みを豊かに与え、あなたがたを常にすべてのことに満ち足らせ、すべての良いわざに富ませる力のあるかたなのである。  9「彼は貧しい人たちに散らして与えた。その義は永遠に続くであろう」/と書いてあるとおりである。  10種まく人に種と食べるためのパンとを備えて下さるかたは、あなたがたにも種を備え、それをふやし、そしてあなたがたの義の実を増して下さるのである。  11こうして、あなたがたはすべてのことに豊かになって、惜しみなく施し、その施しはわたしたちの手によって行われ、神に感謝するに至るのである。  12なぜなら、この援助の働きは、聖徒たちの欠乏を補うだけではなく、神に対する多くの感謝によってますます豊かになるからである。

Philippians 4:17-20

 17わたしは、贈り物を求めているのではない。わたしの求めているのは、あなたがたの勘定をふやしていく果実なのである。  18わたしは、すべての物を受けてあり余るほどである。エパフロデトから、あなたがたの贈り物をいただいて、飽き足りている。それは、かんばしいかおりであり、神の喜んで受けて下さる供え物である。  19わたしの神は、ご自身の栄光の富の中から、あなたがたのいっさいの必要を、キリスト・イエスにあって満たして下さるであろう。  20わたしたちの父なる神に、栄光が世々限りなくあるように、アァメン。

Hebrews 13:16

 16そして、善を行うことと施しをすることとを、忘れてはいけない。神は、このようないけにえを喜ばれる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●以上、すべて読んで心に沈殿したもの。「私は何を贅沢を言うか」「人に愛されようとするな。尊敬されようとするな。褒められようとするな。慕われようとするな。帰ってこの見一身を神と人とに捧げよ。」 

●妻は夕方からコーラスの練習。音楽はいい。人を癒す。慰める。死ねば大好きなクラシックが聞けないのが淋しい。否。来世では天使の合唱があるはず。黙示録には「ラッパ」という言葉が沢山出てくる。天使の合唱は、ベルリン国立歌劇場、ウィーン国立歌劇場合唱団よりも素晴らしいと固く信ずる。その荘厳な礼拝に参列できる。

口語訳 黙  4:8
4:8 この四つの生き物には、それぞれ六つの翼があり、その翼のまわりも内側も目で満ちていた。そして、昼も夜も、絶え間なくこう叫びつづけていた、「聖なるかな、聖なるかな、聖なるかな、全能者にして主なる神。昔いまし、今いまし、やがてきたるべき者」。

口語訳 黙  8:6-12
8:6 そこで、七つのラッパを持っている七人の御使が、それを吹く用意をした。
8:7 第一の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、血のまじった雹と火とがあらわれて、地上に降ってきた。そして、地の三分の一が焼け、木の三分の一が焼け、また、すべての青草も焼けてしまった。
8:8 第二の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、火の燃えさかっている大きな山のようなものが、海に投げ込まれた。そして、海の三分の一は血となり、
8:9 海の中の造られた生き物の三分の一は死に、舟の三分の一がこわされてしまった。
8:10 第三の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、たいまつのように燃えている大きな星が、空から落ちてきた。そしてそれは、川の三分の一とその水源との上に落ちた。
8:11 この星の名は「苦よもぎ」と言い、水の三分の一が「苦よもぎ」のように苦くなった。水が苦くなったので、そのために多くの人が死んだ。
8:12 第四の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、太陽の三分の一と、月の三分の一と、星の三分の一とが打たれて、これらのものの三分の一は暗くなり、昼の三分の一は明るくなくなり、夜も同じようになった。

口語訳 黙  15:3
15:3 彼らは、神の僕モーセの歌と小羊の歌とを歌って言った、「全能者にして主なる神よ。あなたのみわざは、大いなる、また驚くべきものであります。万民の王よ、あなたの道は正しく、かつ真実であります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●海外赴任中の息子から「誕生日メッセージ」のメール。感謝。
 


 有体的復活の使徒伝承

   http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/index.html

   

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    

     TSK日本語版・目次

    http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

   

   

    ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

      

 








トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


人には出来ないが神にはできる ++++++++ 所感

2012/07/13 06:14

120713(金)5時目覚め●今日は満69歳の誕生日。御心次第だが、余命13年。「急げ」●人の命は99%でなく100%神に握られているが、イエスもパウロも「自分の命の終わりは間近だ」と思って生きていた。(マタイ16:21-23ペテ1:14)●朝の啓示「人間には出来ないが神には出来る」

塚本訳 マコ 10:25-27
10:25 金持が神の国に入るよりは、駱駝が針の孔を通る方がたやすい。」
10:26 弟子たちはいよいよ驚いて互に言った、「それでは、だれが救われることが出来るのだろう。」
10:27 イエスは彼らをじっと見て言われる、「人間には出来ないが、神には出来る。『神にはなんでも出来る。』」


●この27節は、人生の大苦難に遭遇した時に思い出せばよい。人生行き詰って「万策尽きた時」の祈りである。これが「一流の信仰」である。(7月11日ブログ参照)
●人の手に負えない、判断困難な事は沢山ある。若い時は勉強や進学の問題、職業の決定、恋愛、結婚相手の問題、中年では仕事の行き詰まり、勤務先の倒産、経済問題、身内や子供の病気と危篤、伴侶の浮気不貞。職場の人間関係。教会の問題、老年では健康の問題。子供達の家庭問題。不妊の悩み、死による永遠滅却の問題。死後の裁きの恐怖。これらの多くは人間の手に負えない。

●では、この一句をTSK日本語版http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm には何が書いてあるだろう。TSK200年の歴史、その結晶を見てみよう。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●マコ 10:27

10:27 イエスは彼らを見つめて言われた、「人にはできないが、神にはできる。神はなんでもできるからである」。

 

*「人にはできないが、神にはできる。」

Genesis 18:13-14

13主はアブラハムに言われた、「なぜサラは、わたしは老人であるのに、どうして子を産むことができようかと言って笑ったのか。  14主にとって不可能なことがありましょうか。来年の春、定めの時に、わたしはあなたの所に帰ってきます。そのときサラには男の子が生れているでしょう」。

Numbers 11:21-23

 21モーセは言った、「わたしと共におる民は徒歩の男子だけでも六十万です。ところがあなたは、『わたしは彼らに肉を与えて一か月のあいだ食べさせよう』と言われます。  22羊と牛の群れを彼らのためにほふって、彼らを飽きさせるというのですか。海のすべての魚を彼らのために集めて、彼らを飽きさせるというのですか」。  23主はモーセに言われた、「主の手は短かろうか。あなたは、いま、わたしの言葉の成るかどうかを見るであろう」。

2 Kings 7:2

 2時にひとりの副官すなわち王がその人の手によりかかっていた者が神の人に答えて言った、「たとい主が天に窓を開かれても、そんな事がありえましょうか」。エリシャは言った、「あなたは自分の目をもってそれを見るであろう。しかしそれを食べることはなかろう」。

Zechariah 8:6

 6万軍の主は、こう仰せられる、『その日には、たとい、この民の残れる者の目に、不思議な事であっても、それはわたしの目にも、不思議な事であろうか』と万軍の主は言われる。

Matthew 19:26

 26イエスは彼らを見つめて言われた、「人にはそれはできないが、神にはなんでもできない事はない」。

Luke 18:27

 27イエスは言われた、「人にはできない事も、神にはできる」。

 

*「神はなんでもできるからである」

Job 42:2

2「わたしは知ります、/あなたはすべての事をなすことができ、/またいかなるおぼしめしでも、/あなたにできないことはないことを。

Jeremiah 32:17

 17『ああ主なる神よ、あなたは大いなる力と、伸べた腕をもって天と地をお造りになったのです。あなたのできないことは、ひとつもありません。

Jeremiah 32:27

 27「見よ、わたしは主である、すべて命ある者の神である。わたしにできない事があろうか。

Luke 1:37

 37神には、なんでもできないことはありません」。

Philippians 3:21

 21彼は、万物をご自身に従わせうる力の働きによって、わたしたちの卑しいからだを、ご自身の栄光のからだと同じかたちに変えて下さるであろう。

Hebrews 7:25

 25そこでまた、彼は、いつも生きていて彼らのためにとりなしておられるので、彼によって神に来る人々を、いつも救うことができるのである。

Hebrews 11:19

 19彼は、神が死人の中から人をよみがえらせる力がある、と信じていたのである。だから彼は、いわば、イサクを生きかえして渡されたわけである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●人生はこれ「神あり」と賭けて生きるか、「神なし」と賭けて生きるかのどちらかである。(パスカル)。どちらの人生観を選択するかだ。
●私自身は「神あり」と賭けて生きてきて「幸福」(ヒルティ)であった。悩みにも望みがあった。そして神は答えてくれた。

●若い人に告ぐ。人生は短い。「メメント・モリ」(死を思え。ラテン語諺)


メメント・モリ
memento mori)は、ラテン語で「自分が(いつか)必ず死ぬことを忘れるな」という意味の警句。「を記憶せよ」などと訳される。芸術作品のモチーフとして広く使われ、「自分が死すべきものである」ということを人々に思い起こさせるために使われた。(ヤフー)



●今朝は「説教調」になってしまった。これはイカン。嫌われる。
 
●妻から「お誕生日おめでとうございます」。私「ありがとうございます。これからもよろしくお願いします」。 

●こう言われるのもあと13回。残り少なくなった。しかし妻が先にポックリ逝くかもしれない。 

●近くの方が5月30日に亡くなっていたことを奥さんから初めて聞いた。68歳、肺癌で最後はモルヒネも効かずに猛烈に苦しまれたという。私の死因は肺癌だと聖路加の主治医から言われている。家系で分かると言う。母は肺癌で死亡、弟は肺癌手術の経験があるので、家系から推測できると言う。今日で満69歳。至近弾が落ちてきた感じである。肺癌は苦しむのか。母の最後を看取った私は恐怖に感じた。
●妻に最後は「ホスピスで死にたい」と言った。ホスピスは延命処置はしないが「痛みは取る」。
●イエスは十字架で苦しまれた。イエス殺しは神殺し。私たちの罪を背負って痛まれた。死なれた。
 

 有体的復活の使徒伝承

   http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/index.html

   

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    

     TSK日本語版・目次

    http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

   

   

    ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 

 


 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


救いは神の直接的赦しが先行する ++++++++ 所感

2012/07/12 06:11

120712(木)5時目覚め●朝の啓示「救いは神の直接的赦しが先行する」●人の救いは神と人との直接的関係によるのであるから、そこに教会もエクレシアも他人も介入できない●子供の救いは親が介入できない。いつの間にか信仰に目覚めて熱心になり、聖書に開眼する。聖書の深いところに目覚める●「かわいい者には旅をさせよ●「桃栗三年柿八年、柚の大馬鹿十八年、人の救いは最後の日」●然り、最後の日に神は全員を「教える」。●人は悔い改めが先行して神がそれを確認したら罪を赦すのではなく、神の方が先に「許す」。その結果として人は悔い改めて乱れた生活が一変する●これが「新約聖書の中心的使信」であって、聖書的根拠は無数にあるが思いつくままに5カ所だけ挙げよう。 

塚本訳  ヘブ 8:10-11
8:10 「これこそわたしがイスラエルの家と結ぶ契約である、かの日の後に」と主は言われる、「わたしは彼らの悟りにわたしの律法を与え、彼らの心にそれを書きしるすであろう。わたしは彼らの神になり、彼らがわたしの民になるであろう。
8:11 そしてひとりびとりがその同胞に、ひとりびとりがその兄弟に、『主を知れ』と言って、教えることは決してないであろう、(その時)彼らは小より大に至るまで皆わたしを知るであろうから。 

塚本訳  Ⅰヨハ2:27
2:27 しかしあなた達は、キリストから戴いた油(すなわち聖霊)が留っているのだから、だれからも教えてもらう必要はない。彼の油が万事についてあなた達に教えるように、またそれはまことであって、嘘ではない。そしてその油があなた達に教えたとおり、(つねに)キリストに留っておれ。 

塚本訳  ヨハ 16:7-8
16:7 しかし本当のことを言うが、わたしが(父上の所に)行くことは、あなた達のために利益である。行かねば、弁護者はあなた達の所に来ないが、行けば、わたしが彼を遣わすからである。
16:8 そして彼は来ると、罪について、義について、罰について、この世に(その考えの)誤りを認めさせるのであろう。 

塚本訳  ロマ 9:25-26
9:25 (異教人の中から憐れみの器が選ばれることは、不思議ではない。)神がホセア書でも言っておられるとおりである。『わたしはわたしの民でない者をわたしの民と呼び、愛されぬ者を愛される者と呼ぶであろう。』
9:26 『「あなた達は私の民でない」と言われたその場所で、彼らは生ける神の子と呼ばれるであろう。』 

塚本訳 Ⅱコリ6:17-18
6:17 それゆえに、『あなた達は彼らの中から出よそして離れよ、』と主は仰せられる、そして『清くないものに触れるな』と。『そうすればわたしはあなた達を受け入れる、』
6:18 『わたしは』あなた達の『父になり、』あなた達は『わたし達の息子』娘『に』なる、『と全能者である主が仰せられる。』

●この5カ所について「TSK日本語版」を利用して関連引照を調べピンとくるものを黙想して見よう。こういう聖書勉強は面白くてやめられない。これ私の朝食前の「道楽」
●ある人が私の方法は「御言葉の洪水だ」と批判されたが、聖句を大量に読めば何か沈殿するのだ。
●この方法を批判する人は自分の教派や自分の先生の本を中心に読んでいる。それは薄められた牛乳だから栄養価が少ないのだ。彼らの目は栄養失調の目ではないか。見よ彼らは自分の教派や先生を尊しと思って喧嘩ばかりしているではないか。
●カール・ヒルティの「幸福論」は聖書の参照個所が膨大である。ヒルティは私のようにパソコンは使わなかったが、すべて頭の中から紡ぎだしたのだからスゴイ。 


口語訳 エゼ 36:26-27
36:26 わたしは新しい心をあなたがたに与え、新しい霊をあなたがたの内に授け、あなたがたの肉から、石の心を除いて、肉の心を与える。
36:27 わたしはまたわが霊をあなたがたのうちに置いて、わが定めに歩ませ、わがおきてを守ってこれを行わせる。

塚本訳 Ⅱコリ3:3
3:3 (実際)あなた達はわたし達によって配達されたキリストの手紙であって、インキでなく生ける神の霊で、また、(モーセ律法とは違い)『石の板』にではなく『人の心の板』に書かれていることが、知れ渡っているのである。

塚本訳 ヤコ 1:17-18
1:17 (誘いは神から来るのではない。)あらゆる善い贈り物、あらゆる完い賜物が、上から、(もろもろの)光の父から下るのである。父には微塵も変化がなく、また星辰の運行から生ずる陰影も無い。(だから、こんな神から悪への誘いが来る訳が無いではないか。)
1:18 (のみならず、)彼は私達をその創造り給うた物の謂わば初穂たらしめようと思って、真理の言により私達を生み給うたのである。

塚本訳 Ⅰペテ1:23
1:23 (君達は)朽つる種でなく、朽ちぬ種から、(すなわち)神の活ける、また(永遠に)消え失せぬ言によって新しく生まれたのである。

口語訳 創  17:7-8
17:7 わたしはあなた及び後の代々の子孫と契約を立てて、永遠の契約とし、あなたと後の子孫との神となるであろう。
17:8 わたしはあなたと後の子孫とにあなたの宿っているこの地、すなわちカナンの全地を永久の所有として与える。そしてわたしは彼らの神となるであろう」。

口語訳 エレ 24:7
24:7 わたしは彼らにわたしが主であることを知る心を与えよう。彼らはわたしの民となり、わたしは彼らの神となる。彼らは一心にわたしのもとに帰ってくる。

口語訳 エレ 24:7
24:7 わたしは彼らにわたしが主であることを知る心を与えよう。彼らはわたしの民となり、わたしは彼らの神となる。彼らは一心にわたしのもとに帰ってくる。

口語訳 エレ 31:33
31:33 しかし、それらの日の後にわたしがイスラエルの家に立てる契約はこれである。すなわちわたしは、わたしの律法を彼らのうちに置き、その心にしるす。わたしは彼らの神となり、彼らはわたしの民となると主は言われる。

口語訳 エゼ 36:28
36:28 あなたがたは、わたしがあなたがたの先祖に与えた地に住んで、わが民となり、わたしはあなたがたの神となる。

口語訳 エゼ 37:27
37:27 わがすみかは彼らと共にあり、わたしは彼らの神となり、彼らはわが民となる。

口語訳 エゼ 39:22
39:22 この日から後、イスラエルの家はわたしが彼らの神、主であることを悟るようになる。

口語訳 ホセ 2:23
2:23 わたしはわたしのために彼を地にまき、あわれまれぬ者をあわれみ、わたしの民でない者に向かって、『あなたはわたしの民である』と言い、彼は『あなたはわたしの神である』と言う」。

口語訳 ゼカ 13:9
13:9 わたしはこの三分の一を火の中に入れ、銀をふき分けるように、これをふき分け、金を精錬するように、これを精錬する。彼らはわたしの名を呼び、わたしは彼らに答える。わたしは『彼らはわが民である』と言い、彼らは『主はわが神である』と言う」。

口語訳 出  19:5-6
19:5 それで、もしあなたがたが、まことにわたしの声に聞き従い、わたしの契約を守るならば、あなたがたはすべての民にまさって、わたしの宝となるであろう。全地はわたしの所有だからである。
19:6 あなたがたはわたしに対して祭司の国となり、また聖なる民となるであろう』。これがあなたのイスラエルの人々に語るべき言葉である」。

塚本訳 テト 2:14
2:14 彼は私達を『凡ての不法から贖い出し』、また(私達を)『潔めて』、善い仕事に熱心な『自分の選民にしよう』として、私達のために自分を与え給うたのである。

塚本訳 Ⅰペテ2:9
2:9 しかし君達は『選ばれた種族、王なる祭司、聖き民族、』神の『所有物なる民』(である。そして君達がかく神の所有物となったのは、)君達を暗から驚くべき光へと召し給うたお方の『功業を宣べるためである』。

塚本訳 Ⅰヨハ2:27
2:27 しかしあなた達は、キリストから戴いた油(すなわち聖霊)が留っているのだから、だれからも教えてもらう必要はない。彼の油が万事についてあなた達に教えるように、またそれはまことであって、嘘ではない。そしてその油があなた達に教えたとおり、(つねに)キリストに留っておれ。

塚本訳 ヨハ 4:14
4:14 わたしが与える水を飲む者は永遠に渇かない。そればかりでなく、わたしが与える水は、その人の中で(たえず)湧き出る水の泉となって、永遠の命に至らせるであろう。」

口語訳 エレ 31:33-34
31:33 しかし、それらの日の後にわたしがイスラエルの家に立てる契約はこれである。すなわちわたしは、わたしの律法を彼らのうちに置き、その心にしるす。わたしは彼らの神となり、彼らはわたしの民となると主は言われる。
31:34 人はもはや、おのおのその隣とその兄弟に教えて、『あなたは主を知りなさい』とは言わない。それは、彼らが小より大に至るまで皆、わたしを知るようになるからであると主は言われる。わたしは彼らの不義をゆるし、もはやその罪を思わない」。

塚本訳 ヨハ 14:26
14:26 (わたしが去ったあとで、)父上がわたしの名で遣わされる弁護者、すなわち聖霊が、あなた達にすべてのことを教え、またわたしが言ったことをすべて思い出させるであろう。

塚本訳 ヨハ 16:13
16:13 真理の霊が来る時、彼があなた達を導いていっさいの真理を悟らせるであろう。(いっさいの真理というのは、わたしと同じく、)彼は自分勝手に話すのではなく、(父上から)聞いたことを話すからである。また将来起るべき(世の終りの)ことをあなた達に知らせるであろう。

塚本訳 Ⅰヨハ2:20-21
2:20 そしてあなた達は聖者(キリスト)から油を注がれ(て聖者となっ)たのであるから、皆、(何が真理で、何が嘘であるかを)知っている。
2:21 わたしが(このことを)あなた達に書いたのは、あなた達が真理を知らないからではない、むしろそれを知っているからである。そして(また)、あらゆる嘘は真理から(出るの)ではないからである。

塚本訳 Ⅰコリ2:13
2:13 またその(賜物の)ことをわたし達が話すにも、人間的な知恵に教えられた言葉によらず、御霊に教えられた言葉による。霊のことに霊のことを当てはめ(て解しようとす)るのである。

塚本訳 エペ 4:21
4:21 君達は彼に聴き、彼に在ってイエスにあるような真理に依り教えられたのだ!

塚本訳 Ⅰテサ2:13
2:13 この故にまた私達が絶えず神に感謝しているのは、君達が私達から神の言を聞いた時、(これを)人間の言とせず、事実通り神の言として受け、それが(今)君達(テサロニケの)信者の間に(強く)働いていることである。

塚本訳 ヨハ 8:31-32
8:31 すると信じたユダヤ人に言われた、「もしわたしの言葉に留まっておれば、あなた達は本当にわたしの弟子である。
8:32 真理を知り、その真理があなた達を自由にするであろう。」

塚本訳 ヨハ 15:4-7
15:4 わたしに留っておれ。そうすればわたしもあなた達に留っている。ちょうど蔓が葡萄の木に留っていなければ、自分で実を結ぶことが出来ないように、あなた達もわたしに留っていなければ、実を結ぶことは出来ない。
15:5 わたしが葡萄の木、あなた達は蔓である。わたしに留っており、わたしもその人に留っている人だけが、多くの実を結ぶのである。あなた達はわたしを離れては、何一つすることは出来ないのだから。
15:6 人はわたしに留っていなければ、蔓のように投げ出されて枯れる。すると集められ、火の中に投げ込まれて焼かれる。
15:7 もしあなた達がわたしに留まっており、わたしの言葉があなた達に留まっておれば、なんでもほしいものを願いなさい。かならずかなえられる。

塚本訳 ロマ 8:28
8:28 そればかりではない。(わたし達の救いは次のことからも確かである。)わたし達が知っているように、神を愛する者、すなわち(神の)計画に応じて召された者には、すべてのことが救いに役立つのである。

塚本訳 Ⅱコリ4:17
4:17 なぜなら、現在の軽い苦難は、この上もなく素晴らしい、永遠に豊富な(神の)栄光をわたし達にもたらす(保証だ)からである。

塚本訳 ヨハ 14:16-17
14:16 そうすればわたしも父上に願って、(わたしに代わる)ほかの弁護者をおくっていただき、いつまでもあなた達と一しょにおるようにしてあげる。
14:17 これは真理の霊である。この世(の人)には見えもせず、わかりもしないから、これを受けいれることが出来ない。(しかし)あなた達にはこの霊がわかる。いつもあなた達のところをはなれず、また、あなた達の中におるのだから。

塚本訳 ヨハ 14:26
14:26 (わたしが去ったあとで、)父上がわたしの名で遣わされる弁護者、すなわち聖霊が、あなた達にすべてのことを教え、またわたしが言ったことをすべて思い出させるであろう。

塚本訳 ヨハ 15:26
15:26 (また)わたしが父上のところからあなた達に遣わす弁護者、すなわち父上のところから出てくる真理の霊が来る時、それがわたしのことを(すべて)証明するであろう。

塚本訳 ルカ 24:49
24:49 待っておいで、わたしが父上のお約束のもの[聖霊]をあなた達におくるから。あなた達は(この)天よりの力を身につけるまで、都に止まっていなさい。」

塚本訳 使  1:4-5
1:4 そして一緒に食事をしておられたとき、彼らに命じられた、──エルサレムを離れずにいて、「あなた達がわたしから聞いた」父上のお約束のものを待つように。
1:5 「ヨハネは水で洗礼を授けたが、あなた達は幾日もたたぬうちに、聖霊で洗礼を授けられるであろうから」と。

口語訳 ホセ 2:23
2:23 わたしはわたしのために彼を地にまき、あわれまれぬ者をあわれみ、わたしの民でない者に向かって、『あなたはわたしの民である』と言い、彼は『あなたはわたしの神である』と言う」。

塚本訳 Ⅰペテ2:10
2:10 (誠に)君達はかつては、「『非民』」(であったが)今や神の民、(前には神に)『憐れまれぬ者』(であったが)今や憐れまれる者(となった)。

塚本訳 ヨハ 16:27
16:27 なぜなら、あなた達がわたしを愛し、またわたしが神のところから出てきたことを信じたので、父上御自身で(直接)あなた達を愛しておられるからである。

口語訳 ホセ 1:9-10
1:9 主は言われた、「その子の名をロアンミと名づけよ。あなたがたは、わたしの民ではなく、わたしは、あなたがたの神ではないからである」。
1:10 しかしイスラエルの人々の数は海の砂のように量ることも、数えることもできないほどになって、さきに彼らが「あなたがたは、わたしの民ではない」と言われたその所で、「あなたがたは生ける神の子である」と言われるようになる。

塚本訳 ガラ 3:26
3:26 (なぜか。)あなた達はキリスト・イエスを信ずる信仰によって、みな神の子だからである。

塚本訳 Ⅰヨハ3:1-3
3:1 見よ、父はなんとすばらしい愛を賜わったことか、わたし達は神の子(たるべき特権を与えられたの)であり、否、事実上すでに神の子である!この世は神を知らないために、わたし達(が神の子であること)を(も)知らないのである。
3:2 愛する者たちよ、わたし達は今神の子であるが、(最後の日に)どうなるか、それはまだ現われていない。(キリストが)自分を現わされるときには、わたし達は彼に似ているであろうことを知っている。その時わたし達は彼をありのまま(の姿)で見るからである。(それはわたし達が彼に似ている証拠、また見ることによって、いよいよ似た者になるであろう。)
3:3 神にこんな希望を持っている者は皆、キリストが清くあるように、自分を清める。

口語訳 民  16:26
16:26 モーセは会衆に言った、「どうぞ、あなたがたはこれらの悪い人々の天幕を離れてください。彼らのものには何にも触れてはならない。彼らのもろもろの罪によって、あなたがたも滅ぼされてはいけないから」。

口語訳 詩  1:1-3
1:1 悪しき者のはかりごとに歩まず、罪びとの道に立たず、あざける者の座にすわらぬ人はさいわいである。
1:2 このような人は主のおきてをよろこび、昼も夜もそのおきてを思う。
1:3 このような人は流れのほとりに植えられた木の/時が来ると実を結び、その葉もしぼまないように、そのなすところは皆栄える。

塚本訳 Ⅱコリ7:1
7:1 だから愛する者たちよ、こんな(神の)約束がわたし達にはあるのだから、肉と霊とのあらゆる汚れから自分を清め、神を恐れて完全に聖くなろうではないか。

塚本訳 使  2:40
2:40 なお多くのほかの言葉をもって(その確かなことの)証しをし、「曲ったこの時代から救われよ」と言って警告した。

塚本訳 ヨハ 6:37-38
6:37 (だが、信じないのは父上の御心である。)父上がわたしに下さるものは皆、わたしの所に来、わたしの所に来る者を、わたしは決して放り出さない。
6:38 (放り出すわけがない。)わたしは、自分のしたいことをするために天から下ってきたのではない。わたしを遣わされた方の御心を行うためである。

塚本訳 ロマ 15:7
15:7 このゆえに、キリストが(命をすてて)あなた達(みんな)を(神の聖なる家族の)仲間に入れ、神の栄光をあらわされたように、あなた達も互を仲間に入れなさい。

口語訳 エレ 3:19
3:19 どのようにして、あなたをわたしの子どもたちのうちに置き、万国のうちで最も美しい嗣業である良い地を/あなたに与えようかと、わたしは思っていた。わたしはまた、あなたがわたしを「わが父」と呼び、わたしに従って離れることはないと思っていた。

口語訳 ホセ 14:9
14:9 知恵のある者はだれか。その人にこれらのことを悟らせよ。悟りある者はだれか。その人にこれらのことを知らせよ。主の道は直く、正しき者はこれを歩む。しかし罪びとはこれにつまずく。

塚本訳 ロマ 8:29
8:29 というのは、神は(世の始まる前に)あらかじめお選びになった人たちをば御子(キリスト)と同じ姿にすることを、あらかじめお定めになったからである。──これは(こうして出来た)多くの兄弟たちの中で、彼を長男にするためである。──

塚本訳 ガラ 3:26
3:26 (なぜか。)あなた達はキリスト・イエスを信ずる信仰によって、みな神の子だからである。

塚本訳 ガラ 4:5-7
4:5 これは律法の下に(奴隷になって)いる者を贖い出して、わたし達に子たる身分を受けさせるためである。
4:6 しかしあなた達が(いまや神の)子であることは、神がわたし達の心に、「アバ[お父様]、お父様」と呼ぶ御子の霊をお遣わしになったことによって(、知り得るの)である。
4:7 だからあなたはもはや奴隷ではなく、子である。子である以上、神(の恩恵)によって相続人である。

塚本訳 Ⅰヨハ3:1-2
3:1 見よ、父はなんとすばらしい愛を賜わったことか、わたし達は神の子(たるべき特権を与えられたの)であり、否、事実上すでに神の子である!この世は神を知らないために、わたし達(が神の子であること)を(も)知らないのである。
3:2 愛する者たちよ、わたし達は今神の子であるが、(最後の日に)どうなるか、それはまだ現われていない。(キリストが)自分を現わされるときには、わたし達は彼に似ているであろうことを知っている。その時わたし達は彼をありのまま(の姿)で見るからである。(それはわたし達が彼に似ている証拠、また見ることによって、いよいよ似た者になるであろう。)

塚本訳 黙  21:7
21:7 勝利者はこの幸福を相続し、我は彼の神となり、彼はわが子となるであろう。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●過日の「国際聖書フォーラム」で知り合いになった角田健氏(福音ルーテル引退牧師83歳)から御自分の「説教集を贈られた。感謝。83歳と言えば私の寿命の年だ。
●また、過日は大山綱夫氏からライフワークとも言うべき「札幌農学校とキリスト教」という重厚かつアカデミックな本を贈呈された。この分野の定本となると思われる。御病気の御夫人との共著とも言うべきもの。感謝。

有体的復活の使徒伝承

   http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/index.html

   

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    

     TSK日本語版・目次

    http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

   

   

    ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 

 




 






トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


一流の信仰を目指せ ++++++++ 所感

2012/07/11 06:55

120711(水)5時目覚め●朝の啓示「一流の信仰を目指せ」●信仰を頂いてからは集会の先輩の影響もあり、何事も「一流」ということに魅せられる如くにひきつけられるようになった。その背後には神の栄光を感じるからである●クラシック音楽は過去最高の演奏を聞くことにしている。名曲ごとに最高の演奏のリストを持っている。建築も最高の作品を観賞する。技術品また同じ●陶芸や反物の名匠に入門すると師匠は弟子に初めの一年間は本物ばかりを毎日見るという。すると本物とニセモノの見分けがつくようになる●建築設計また同じ。一流の設計作品を見せられる●企業の窓口接客態度にも一流がある。●残念ながらキリスト教団体の窓口女性の態度は慇懃無礼で最低。これではキリスト教は神の栄光があがらない●ある人が塚本虎二先生に一流の神学校に入りたいがどこがいいでしょうか」と尋ねた(塚本先生に聞くとは聞く方もおかしい)。すると先生は「結核の療養所がいい。そこに何年も入院している人が最高(一流)の信仰を持っている」と答えられた。●この世の人間は「一流大学」「一流企業」「一流結婚」はては「一流幼稚園」を目指す事に必死である。何も知らない子供達はそういう親の「車輪の下」(ヘルマン・ヘッセ)にあえいで地獄の人間になって行く。自戒●一流国家の指標はGDPという数値で測るが間違い。世界で最高の幸福度係数(国民が自分は幸福だと思っている割合)の国はあの貧しい農業国のブータン。その割合は何と97%。これにはどの文明国も追いつかない。文化文明が高くなるほど幸福度は反比例する●人間を学力偏差値や出身校という判断基準で見る人間は最低人物。数値で判断するのは猿でもできるのだ。クリスチャンの中にもそういう人がいるから困る。その人は信仰のレベルが最低。権力天使という悪魔を拝んでいるのだ。●しかし何事もどうせやるなら「一流」を目指すべきである。演奏家もアスリートもその練習は激しい。●ではイエスは何を目指せと言うか。イエスが目指すべき「一流の信仰」とは何か。それは次の個所でわかる。少々長いが前後が大切だから記す。塚本訳の標題は「百卒長の下男」。

塚本訳  ルカ 7:1-10
7:1 イエスはこれら一切の話を人々に聞かせ終った後、カペナウムにかえられた。
7:2 すると、ある百卒長の大事な僕が病気で、もう危篤であった。
7:3 百卒長はイエスのことを聞くと、ユダヤ人の長老たちをイエスの所に使にやって、是非僕を直しに来てほしいと頼ませた。
7:4 長老たちはイエスの所に来て、こう言って熱心に願った、「あの人はそうしていただいてもよい人です。
7:5 (異教人でありながら)わが国民に好意をもち、自分でわたし達に礼拝堂を建ててくれたのですから。」
7:6 イエスは彼らと連れ立って行かれた。しかし、すでにその家から程遠からずなったとき、百卒長は友人たちをやって言わせた、「主よ、ご足労くださらぬように。わたしはあなたを、うちの屋根の下にお迎えできるような者ではありません。
7:7 だから自分でお願いに出る資格もないと考えたのです。(ここでただ)一言、言ってください。そうすれば下男は直ります。
7:8 というのは、わたし自身も指揮権に服する人間であるのに、わたしの下にも兵卒がいて、これに『行け』と言えば行き、ほかのに『来い』と言えば来、また僕に『これをしろ』と言えば(すぐ)するからです。(ましてあなたのお言葉で、病気が直らないわけはありません。)」
7:9 イエスはこれを聞いて驚き、ついて来た群衆の方に振り向いて言われた、「わたしは言う、イスラエルの人の中でも、こんな(りっぱな)信仰を見たことがない。」
7:10 使の者が家に帰って見ると、僕は元気になっていた。

●ここに信者がイエスが目指すべきという「一流の信仰」とは何かが言われている
●こういう信仰になるためにはこの記事のように大切な人が危篤というようなどうしようもない苦難に追い詰められなければならない。
●聖書や神学や聖書学の知識 増大ではない。それは大脳皮質への雑学の肥大。瓦礫。ましてや天下国家や自分の勤務先に対する生意気な批判ではない。天下国家の断罪が信仰の証や営みではない。
●13:00~15:00 台風シーズンに備えてバルコニーにセットするルーバーの溝を改善。
●15:00~15:40 夏休みに孫が来るので2階の手すりに竹のすだれをセットして落下しないようにした。 
●TSK日本語版Ⅱペテ1章入力。余命でTSKの旧新約日本語版を完成した。
●余命13年(予定。神のみぞ知る。肺癌か脳梗塞が死因らしい)だが、今から12年前は火災と脳出血で倒れた年だ。次の聖句を思う。13年はあっという間だ。淋しい。悲しい。 

口語訳 Ⅱペテ1:14
1:14 それは、わたしたちの主イエス・キリストもわたしに示して下さったように、わたしのこの幕屋を脱ぎ去る時が間近であることを知っているからである。

新改訳 Ⅱペテ1:14
1:14 それは、私たちの主イエス・キリストも、私にはっきりお示しになったとおり、私がこの幕屋を脱ぎ捨てるのが間近に迫っているのを知っているからです。

新共同 Ⅱペテ1:14
1:14 わたしたちの主イエス・キリストが示してくださったように、自分がこの仮の宿を間もなく離れなければならないことを、わたしはよく承知しているからです。

塚本訳 Ⅱペテ1:14
1:14 私達の主イエス・キリストも私に示し給うたように、私のテントを脱ぎ棄てるのが間もないことを知っているからである。


  有体的復活の使徒伝承

   http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/index.html

   

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    

     TSK日本語版・目次

    http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

   

   

    ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 



 


 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


復活信仰の歴史的連鎖反応 ++++++++ 所感

2012/07/10 05:24

12071(火)5時目覚め●朝の啓示「永遠の生命の証拠は復活伝承。エクレシアはその歴史的連鎖反応」●キリスト教の本質はイエスの復活と罪の赦し●永遠の生命の希望の根拠は使徒たちの有体的復活の伝承●その連鎖反応があるところエクレシアの存在意義がある。●今朝はこれに関する聖句を思い浮かぶままに挙げてみよう。


塚本訳 Ⅰコリ15:3-8
15:3 まえにわたしが(福音の)一番大切な事としてあなた達に伝えたのは、わたし自身(エルサレム集会から)受けついだのであるが、キリストが聖書(の預言)どおりにわたし達の罪のために死なれたこと、
15:4 葬られたこと、聖書どおりに三日目に復活しておられること、
15:5 またケパに、それから十二人(の弟子)に、御自分を現わされたことである。
15:6 そのあと、一度に五百人以上の兄弟に御自分を現わされた。そのうちの多数の者はいまでも生きてい(て、わたしが嘘を言っていないことを証明してくれ)る。もっともすでに眠った者もあるにはある。
15:7 そのあと(御兄弟の)ヤコブに、それから使徒一同に、御自分を現わされた。
15:8 しかし一番最後には、さながら月足らずのようなわたしにも御自分を現わされた。 
 
●聖書の何がなくともここが中心。聖書学的にもこれが最古の伝承と言われている。
●罪のための死と、復活。これが福音の本質。それは神の行為。
●これに比べイエスの愛の教えは旧約の精神的展開であって本質ではない。

塚本訳 使 24:20-21
24:20 あるいはまた(ここにいる)この(エルサレムの)人たち自身も、わたしが最高法院の前に立ったとき、どんな不正が(わたしに)認められたか、言ってみたまえ!
24:21 『わたしは死人の復活のためにきょうあなた達の前で裁判されているのです』と、みんなの中に立って叫んだその一言のほかに!」 
 
●パウロの活動と迫害された本質は「死人の復活のため」
●戦争反対や社会批判で受難したのではない
●今日の人間が「無教会が戦時下に果敢に国家に反抗した」ことを強調して福音を説かないのは間違い。国家は救えても人間を罪から救えない


塚本訳 使 23:6
23:6 そのときパウロは(役人の)一派はサドカイ人、一派はパリサイ人であるのを見て取り、法院で叫んだ、「兄弟の方々、わたしはパリサイ人で、しかもパリサイ人の子です。いま死人の復活の希望のために裁判されているのです。(わたしは復活のキリストを見たと言いますから。)」

●パウロが裁かれたのは「死人の復活」の伝承のため。国家批判のためではなかった。

塚本訳 マタ 18:19-20
18:19 なお、アーメン、わたしは言う、何事によらず、もしあなた達のうちの二人が心を一つにして地上で祈るならば、わたしの天の父上は(きっとその願いを)かなえてくださるだろう。
18:20 二人、三人、わたしの名によって集まっている所には、わたしがいつもその真中にいるのだから。」 
 
●人間関係の最も良好、良質なものは「主にある交わり」
●趣味教養ではない。また先生を同じくする同窓会でもない。
●現在の各種記念会は「懐かしのメロディー大会」である。
●しかしまーこの大会もあと数年もすれば歌う人がいなくなる。
●女子大で講壇から「橋幸夫」の名前をだしたら、知っている人はいなかった。私も古い。

塚本訳 マタ 28:16-20
28:16 さて、十一人の弟子はガリラヤに行き、イエスに命じられた山にのぼり、
28:17 お目にかかっておがんだ。しかし疑う者もあった。
28:18 イエスは近寄ってきて十一人に言われた、「(いまや)天上地上一切の権能が、(父上から)わたしに授けられた。
28:19 それゆえに、行ってすべての国の人を(わたしの)弟子にせよ、父と子と聖霊の名で洗礼を授け、
28:20 わたしがあなた達に命じたことを皆守るように教えながら。安心せよ、世の終りまでいつもわたしがあなた達と一しょにいるのだから。」

●復活のイエスは終末まで実在する。これは「懐かしのメロディー」ではない。
●目に見えない復活のイエスと「関連付けられる」のは霊において救いにおいて。

塚本訳  ルカ 24:31-32
24:31 (その時)二人の目が開けて、その方とはっきりわかった。すると(また)その姿が見えなくなった。
24:32 二人は語り合うのであった、「(そう言えば、)道々わたし達に話をされたり、聖書を説き明かされたりした時に、胸の中が熱くなったではないか」と。

●私が復活の信仰を得られたのは、イエスの墓が空になっていたという個所の勉強中であった。
●空の墓を肉眼で見たわけではないのだが、復活伝承を聞くことにより「胸が熱くなり」霊眼が開いてイエスの有体的復活を信じられるようになった。これは非科学的な事だが、私にとっては実体験の真理。

塚本訳  ヨハ 20:6-10
20:6 続いてシモン・ペテロも来た。彼は墓に入り、亜麻布が(そのままそこに)あるのを見た。
20:7 また頭をつつんだ手拭は亜麻布と一しょになく、これだけ別の所に、包んだまま(の形)になっていた。
20:8 すると先に墓に着いたもう一人の弟子も入ってきて、見て、信じた。
20:9 イエスは死人の中から復活されねばならないという聖書の言葉が、(この時まで)まだ彼らにわかっていなかったのである。
20:10 それから二人の弟子は家にかえった。

●イエスの墓が物理的に空になっていたことは「歴史内」の事実(佐藤研、荒井献先生と確認)
●しかしそこから単純に復活信仰には至らない。それは聖霊の力による。胸が熱くなる事による。
塚本訳 Ⅰペテ1:7-8
1:7 これは君達の信仰が、火によって本物であると証明された(この世の)はかない金よりも尊い本物であることが判り、イエス・キリストの顕現の時に(君達の)面目また光栄また栄誉とならんためである。
1:8 君達は彼を(目のあたり)見たことはないが、(これを)愛し、今も見ることは出来ないが、(これを)信じて、(既にかの日の)輝きに満ちた、言語に絶する喜悦を喜んでいる。

●7節に「本物」という言葉がある。私が言うことは「本物」である。私の人格は円満ではなく、めちゃめちゃで、コワモテで躓かれているが、言っていることは「本物」である。天地が崩れても残る。
●なぜか。「胸が熱くなった」人が私以外に何人もいるからだ。
●空の墓を見たことはない。使徒たちの復活体験とは違うが「胸が熱くなる事」によって使徒伝承の連鎖に連なった。
●「胸が熱くなったこと」の話しをした時、聞いていた一人の人が、両手を挙げてまるくした。真理である事の証明。私だけの事ではない。しかしその人は故人になられた。しかし私にとっては今も生きている。

塚本訳 使 13:37-38
13:37 神が復活させられたイエスは、朽ち果てられなかった。
13:38 だから兄弟の方々、このイエスによる罪の赦しがいまあなた達に宣べ伝えられていることを、知ってください。モーセ律法では義とされることが出来なかったどんなことからでも、 
 
●老化現象で肉体は朽ちるが内なる復活の命は新しくなる。

塚本訳  Ⅱコリ4:16
4:16 このゆえに、わたし達は気を落さない。いや、わたし達の(生れながらの)外の人はどんなにこわれていっても、(キリストによって生れた)内の人は一日一日と新しくされてゆく。
●肉の体は衰える。脳、目、耳。疲労。しかし霊魂は衰えないとはありがたいことではないか。
●この復活の霊が最後の日に有体的に復活するのだ。

塚本訳 使 17:31-32
17:31 神は一つの日を決め、その日に御自分の定めた一人の人(イエス)を使って『正しく(全)世界を裁こうと』計画しておられるからです。そして彼を死人の中から復活させて、すべての人に(彼が世界を裁くべき人であるという)その保証をお与えになったのであります。」
17:32 死人の復活と聞くと、嘲る者もあり、「そのことはまたいつかあなたに聞こう」と言う者もあった。
 
 
●クリスチャンの中でも「有体的復活」というとキョトンとしている人が多い。特に社会派信者にそれが多い。

塚本訳 使 24:24-25
24:24 数日の後ペリクスは、ユダヤ人であるその妻ドルシラと一緒に(監禁の場所に)来て、パウロを呼び、キリスト・イエスに対する信仰の話を聞いた。
24:25 ところがパウロの話は、義と、節制と、来るべき(最後の)裁きとについてだったので、ペリクスは恐ろしくなって、「本日はこれで帰ってよろしい。よい折があったら、また呼びにやるから」と言った。
 
 
●「その(宗教の)話はまたあとで聞く」というのがこの世の人間の「口癖」。
●復活は説き伏せてわかるものではない。大脳皮質ではわからない。
 
塚本訳  ヨハ 13:5-8
13:5 それから盥に水を入れて、ひとりびとり弟子たちの足を洗っては、(腰に)巻いた手拭で拭き始められた。
13:6 こうしてシモン・ペテロの所まで来られると、ペテロが(こばんで)言う、「主よ、わたしの足を、あなたが洗われるのですか。」
13:7 イエスが答えて言われた、「わたしが何をしているのか、いまはあなたにわからない。(わたしがいなくなった)あとでさとるだろう。」
13:8 ペテロが言う、「わたしの足は、いつまでも絶対に洗わないでください。」イエスは答えられた、「わたしが(足を)洗ってやらないなら、あなたはわたしとなんの関係もない人だ。」

●罪の人生に苦しみもがいて「救いを求める者」にして初めて神の救いと関係ができるのだ。
●「求めよ。さらば与えられん」
●それまでは神も聖書も「縁なき者」
●「縁なき衆生(しゅじょう)は度し難し(どしがたし)」(仏縁なき人間は救いがたい)という。
●しかし求めれば神の方から進んで汚い足(過去)を洗ってくださるのがキリスト教。 

塚本訳  マタ 21:31-32
21:31 この二人のうち、どちらが父の心を行ったのだろうか。」「もちろん長男」と彼らが答える。イエスが言われる、「アーメン、わたしは言う、税金取りや遊女たちは、あなた達よりも先に神の国に入るであろう。
21:32 そのわけは、(洗礼者)ヨハネが義の道を示しに来たのに、あなた達は彼を信ぜず、税金取りや遊女の方がかえって信じたからだ。しかしあなた達は(あの人たちが悔改めるのを)見たあとでも、後悔して彼を信じようとしなかった。

●キリストは罪人と縁がある。否。罪人とのみが縁が深いのだ。
●ここに人生の希望がある。あの人の方が先に救われるのだ。神に目をかけられるのだ。 
●聖書学者のエレミヤスによれば神の国に入るのは後先の問題ではなく、罪人が先に入ってドアーは閉じられるというのだ。天国はそういう人たちで満員だという。

  塚本訳  ピリ 2:12-13
2:12 だから、愛する者達よ、(今まで)何時も従順であったように、(従順であってもらいたい。)私が(一緒に)居る時ばかりでなく、居ない今こそ却つてなお一層、畏れと戦きをもって、自分の救いを得よ。
2:13 (しかしもちろんこれは君達の力では出来ない。)何故なら、(救いに関わる)御旨を成し遂ぐるため、君達のうちに働いて、(救いの)願望を起こさせ、これを成就せしめ給う者は、神であるからである。

●救いはまず本人が「俺の人生、これではイカン。このままではイカン」と思って自分自身が救いを求める気を起こさなければはじまらない。
●だからキリスト教の「伝道の精神」は「来るものを拒まず、去る者を追わず」である。「おせっかいはいけない。

塚本訳  Ⅰペテ4:14-15
4:14 もし君達がキリストの名において罵られるならば幸福である、(それは、その時)栄光の霊と『神の霊が』君達の上に『留まっている』(証拠である)から。
4:15 君達のうち誰も人殺し、あるいは泥坊、あるいは悪者として、あるいはおせっかい屋として受難してはならない。

●「おせっかい」は愛ではない。愛は隠れた祈りの行為だ。


●以上、私の言ったことは、バッハ、ヘンデルの気持と同じ。
●だから、語る私はそれを演奏するカラヤンやリヒターの立場と同じ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●終日、TSK日本語版第一ペテロ5章入力。第一ペテロ完了

http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm 

●TSK日本語版旧約レビ記準備
 
●今日は夏日で暑かった。妻は立川で知人数名と会食。妻の知人は未亡人が増えてきたという。



   有体的復活の使徒伝承

   http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/index.html

   

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    

     TSK日本語版・目次

    http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

   

   

    ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

トラックバック(1) | コメント(0) | top▲


どうしたら「永遠の命」への希望を持てるか ++++++++ 所感

2012/07/09 08:39

120709(月)6時起床●朝の啓示「どうしたら永遠の生命への希望を持てるか」●次回9月2日の茅ケ崎金子邸での感話の題は「永遠の生命への希望」。今夏はその準備。●今日は「どうしたら」という思いについて。●関連聖句を思い浮かぶままに挙げる。●「説教調」にならないように「聖書それ自身に聞く」。

①最初の仕事。Jバイブル(市販1万円強)で『永遠の生命』を検索すると次が出る。


マタ 19: 17 [塚本訳

イエスは言われた、「なぜ善いことについってわたしに尋ねるのか。善いお方はただ一人(神)である。(永遠の)命に入りたければ、(神の)掟を守りなさい。」

マコ 10: 17 [塚本訳

旅行に出ようとされると、ひとりの人が駆けてきて、ひざまずいて尋ねた、「善い先生、永遠の命をいただくには、何をすればよいでしょうか。」

ルカ 18: 18 [塚本訳

ひとりの(最高法院の)役人が尋ねた、「善い先生、何をすれば永遠の命がいただけるでしょうか。」

ヨハ 5: 29 [塚本訳

(墓から)出てくるからである。すなわち、善いことをした者は(永遠の)命にはいるために復活し、悪いことをした者は(死の)罰を受けるために復活する。

Ⅰテモ 6: 12 [塚本訳

信仰の善い戦いを戦い、永遠の生命を捉えよ。君はこの生命に召されて、多くの証人達の前で(信仰の)よき告白をしたのである。 


②このうちマタ19:17はその前節も共にみる
 
塚本訳  マタ 19:16-17
19:16 するとそこに、ひとりの人がイエスの所に来て言った、「先生、永遠の命を得るには、どんなよいことをすればよいでしょうか。」
19:17 イエスは言われた、「なぜ善いことについってわたしに尋ねるのか。善いお方はただ一人(神)である。(永遠の)命に入りたければ、(神の)掟を守りなさい。」

③このうちマタイ19:16をTSK日本語版(http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm)で見る。
 

●マタ 19:16

19:16 すると、ひとりの人がイエスに近寄ってきて言った、「先生、永遠の生命を得るためには、どんなよいことをしたらいいでしょうか」。

 *「ひとりの人ひとりのがイエスに近寄ってきて言った、」

Mark 10:17

17イエスが道に出て行かれると、ひとりの人が走り寄り、みまえにひざまずいて尋ねた、「よき師よ、永遠の生命を受けるために、何をしたらよいでしょうか」。

Luke 18:18

 18また、ある役人がイエスに尋ねた、「よき師よ、何をしたら永遠の生命が受けられましょうか」。

 

*「どんなよいことをしたらいいでしょうか」

Luke 10:25

25するとそこへ、ある律法学者が現れ、イエスを試みようとして言った、「先生、何をしたら永遠の生命が受けられましょうか」。

John 6:27-29

 27朽ちる食物のためではなく、永遠の命に至る朽ちない食物のために働くがよい。これは人の子があなたがたに与えるものである。父なる神は、人の子にそれをゆだねられたのである」。  28そこで、彼らはイエスに言った、「神のわざを行うために、わたしたちは何をしたらよいでしょうか」。  29イエスは彼らに答えて言われた、「神がつかわされた者を信じることが、神のわざである」。

Acts 16:30

 30それから、ふたりを外に連れ出して言った、「先生がた、わたしは救われるために、何をすべきでしょうか」。

 *「永遠の生命を得るためには」

Daniel 12:2

2また地のちりの中に眠っている者のうち、多くの者は目をさますでしょう。そのうち永遠の生命にいたる者もあり、また恥と、限りなき恥辱をうける者もあるでしょう。

Matthew 25:46

 46そして彼らは永遠の刑罰を受け、正しい者は永遠の生命に入るであろう」。

John 3:15

 15それは彼を信じる者が、すべて永遠の命を得るためである」。

John 4:14

 14しかし、わたしが与える水を飲む者は、いつまでも、かわくことがないばかりか、わたしが与える水は、その人のうちで泉となり、永遠の命に至る水が、わきあがるであろう」。

John 5:39

 39あなたがたは、聖書の中に永遠の命があると思って調べているが、この聖書は、わたしについてあかしをするものである。

John 6:47

 47よくよくあなたがたに言っておく。信じる者には永遠の命がある。

John 6:68

 68シモン・ペテロが答えた、「主よ、わたしたちは、だれのところに行きましょう。永遠の命の言をもっているのはあなたです。

John 10:28

 28わたしは、彼らに永遠の命を与える。だから、彼らはいつまでも滅びることがなく、また、彼らをわたしの手から奪い去る者はない。

John 12:25

 25自分の命を愛する者はそれを失い、この世で自分の命を憎む者は、それを保って永遠の命に至るであろう。

Romans 2:7

7すなわち、一方では、耐え忍んで善を行って、光栄とほまれと朽ちぬものとを求める人に、永遠のいのちが与えられ、

Romans 5:21

 21それは、罪が死によって支配するに至ったように、恵みもまた義によって支配し、わたしたちの主イエス・キリストにより、永遠のいのちを得させるためである。

Romans 6:22-23

 22しかし今や、あなたがたは罪から解放されて神に仕え、きよきに至る実を結んでいる。その終極は永遠のいのちである。  23罪の支払う報酬は死である。しかし神の賜物は、わたしたちの主キリスト・イエスにおける永遠のいのちである。

1 Timothy 1:16

 16しかし、わたしがあわれみをこうむったのは、キリスト・イエスが、まずわたしに対して限りない寛容を示し、そして、わたしが今後、彼を信じて永遠のいのちを受ける者の模範となるためである。

1 Timothy 6:12

 12信仰の戦いをりっぱに戦いぬいて、永遠のいのちを獲得しなさい。あなたは、そのために召され、多くの証人の前で、りっぱなあかしをしたのである。

1 Timothy 6:19

 19こうして、真のいのちを得るために、未来に備えてよい土台を自分のために築き上げるように、命じなさい。

Titus 1:2

 2偽りのない神が永遠の昔に約束された永遠のいのちの望みに基くのである。

Titus 3:7

 7これは、わたしたちが、キリストの恵みによって義とされ、永遠のいのちを望むことによって、御国をつぐ者となるためである。

1 John 1:2

 2このいのちが現れたので、この永遠のいのちをわたしたちは見て、そのあかしをし、かつ、あなたがたに告げ知らせるのである。この永遠のいのちは、父と共にいましたが、今やわたしたちに現れたものである――

1 John 2:25

 25これが、彼自らわたしたちに約束された約束であって、すなわち、永遠のいのちである。

1 John 5:11-13

11そのあかしとは、神が永遠のいのちをわたしたちに賜わり、かつ、そのいのちが御子のうちにあるということである。  12御子を持つ者はいのちを持ち、神の御子を持たない者はいのちを持っていない。  13これらのことをあなたがたに書きおくったのは、神の子の御名を信じるあなたがたに、永遠のいのちを持っていることを、悟らせるためである。

1 John 5:20

 20さらに、神の子がきて、真実なかたを知る知力をわたしたちに授けて下さったことも、知っている。そして、わたしたちは、真実なかたにおり、御子イエス・キリストにおるのである。このかたは真実な神であり、永遠のいのちである。

Jude 21

 21神の愛の中に自らを保ち、永遠のいのちを目あてとして、わたしたちの主イエス・キリストのあわれみを待ち望みなさい。

 ④上記のうち最も心に響くのは使徒16:30である。この部分のTSK日本語版を見てみよう。


*「わたしは救われるために、何をすべきでしょうか」


Job 25:4

4それで人はどうして神の前に正しくありえようか。女から生れた者がどうして清くありえようか。

Luke 3:10

 10そこで群衆が彼に、「それでは、わたしたちは何をすればよいのですか」と尋ねた。

John 6:27-29

 27朽ちる食物のためではなく、永遠の命に至る朽ちない食物のために働くがよい。これは人の子があなたがたに与えるものである。父なる神は、人の子にそれをゆだねられたのである」。  28そこで、彼らはイエスに言った、「神のわざを行うために、わたしたちは何をしたらよいでしょうか」。  29イエスは彼らに答えて言われた、「神がつかわされた者を信じることが、神のわざである」。

Acts 2:37

 37人々はこれを聞いて、強く心を刺され、ペテロやほかの使徒たちに、「兄弟たちよ、わたしたちは、どうしたらよいのでしょうか」と言った。

Acts 9:6

 6さあ立って、町にはいって行きなさい。そうすれば、そこであなたのなすべき事が告げられるであろう」。

Acts 16:17

 17この女が、パウロやわたしたちのあとを追ってきては、「この人たちは、いと高き神の僕たちで、あなたがたに救の道を伝えるかただ」と、叫び出すのであった。

Acts 22:10

 10わたしが『主よ、わたしは何をしたらよいでしょうか』と尋ねたところ、主は言われた、『起きあがってダマスコに行きなさい。そうすれば、あなたがするように決めてある事が、すべてそこで告げられるであろう』。


⑤これを全部読んで心に沈殿し「アーソウカ」と思うことは

●「永遠の命」は生前から与えられる人と与えられない人が決まっているわけではない。 ●もしそうなら、イエスは「あなたは救いに定められてない人だ」と言ったであろう
●永遠の命をゲットするのは人間の側の「福音を信ずるという行為」「キリストを受け入れるという心構え」「救いを願うという心の傾向」が必要。
●永遠の命は「キリスト」と「罪の赦し」が」絶対条件。これが他の宗教や哲学とは違うところ。
●神は人をそのような心理状態にさせて下さる。それがこの世の苦難である。幸福をもぎ取って下さる。
●人間は自らこの世の幸福の追求をやめる事はできない。
●神は人に永遠の命を与えるために「荒療治」をなさる。(この辺説教調になった。自戒)
●以上のステップは、牧師の説教準備に有効な方法であるが、これで自分の教会を繁盛させようなどとケチな考えをしてはいけない。信徒の各自がこの方法を行って、信仰を深めなければならない。
●しかしパソコンがなければできないことだが、あと10年もすればパソコンは電話並みにほとんどの人が操作できるようになる。
●この「聖書で聖書を読む」方法は、まず「問題意識」がなければだめである。聖書に聞いてみようという問題意識である。それは人生の淋しさ、悲しさ、苦しさ、空しさ、呻き、懊悩である。
●聖書から慰めと癒しを得るには、ベンゲル、ルター、アウグスチヌス、内村、バルトに行くよりも桁違いに効果がある。

 有体的復活の使徒伝承

   http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/index.html

   

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    

     TSK日本語版・目次

    http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

   

   

    ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 

 










トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


罪に悩み苦しむ時 ++++++++ 所感

2012/07/08 06:31

120708(日)6時目覚め●朝の黙想「罪に悩み苦しむ時」●人の痛みは第一に肉体の痛みがある。これは医者に行って直る。次に心の痛みがある。これは様々な悲しみで、「時が過ぎる」と自然に癒える。いわゆる「自然治癒」である。具体的には「別離の嘆き悲しみ」などもそれである。ところが「罪の悩み苦しみ」というのは医者でも「時」もこれを癒さない。神の手術によらなければ永久に「楽に」ならない。これ自己経験。●これに関する聖句を思い浮かぶままに挙げてみよう。


塚本訳 Ⅰヨハ1:8-9
1:8 もしわたし達が自分に罪はない、と言うならば、自分をごまかしているのであって、真理はわたし達の中にない。
1:9 もし罪を正直に言うならば、神は真実で、正しいお方であるから、わたし達の罪を赦し、あらゆる不義から清めてくださるのである。

口語訳 詩  19:12-13
19:12 だれが自分のあやまちを知ることができましようか。どうか、わたしを隠れたとがから解き放ってください。
19:13 また、あなたのしもべを引きとめて、故意の罪を犯させず、これに支配されることのないようにしてください。そうすれば、わたしはあやまちのない者となって、大いなるとがを免れることができるでしょう。

口語訳 詩  32:3
32:3 わたしが自分の罪を言いあらわさなかった時は、ひねもす苦しみうめいたので、わたしの骨はふるび衰えた。


口語訳 詩  119:9
119:9 若い人はどうしておのが道を/清く保つことができるでしょうか。み言葉にしたがって、それを守るよりほかにありません。

塚本訳 ルカ 15:11-17
15:11 また話された、「ある人に二人の息子があった。
15:12 『お父さん、財産の分け前を下さい』と弟が父に言った。父は身代を二人に分けてやった。
15:13 幾日もたたないうちに、弟は(分け前)全部をまとめて(金にかえ、)遠い国に行き、そこで放蕩に財産をまき散らした。
15:14 すべてを使いはたしたとき、その国にひどい飢饉があって、食べるにも困り果てた。
15:15 そこでその国のある人のところに行ってすがりつくと、畑にやって、豚を飼わせた。
15:16 彼はせめて豚の食う蝗豆で腹をふくらしたいと思ったが、(それすら)呉れようとする人はなかった。
15:17 ここで(はじめて)本心に立ち返って言った。──お父さんのところでは、あんなに大勢の雇人に食べ物があり余っているのに、(息子の)このわたしは、ここで飢え死にしようとしている。……

塚本訳 ルカ 13:1-3
13:1 ちょうどその時、人が来て、(総督ピラトが犠牲をささげている)ガリラヤ人たちを殺し、その血が彼らの犠牲(の血)にまじったことをイエスに報告した。
13:2 その人たちに言われた、「そのガリラヤ人たちはそんな目にあったので、(ほかの)すべてのガリラヤ人よりも罪人だったと思うのか。
13:3 そうではない。わたしは言う、あなた達も悔改めなければ、皆同じように滅びるであろう。


口語訳 詩  119:25
119:25 わが魂はちりについています。み言葉に従って、わたしを生き返らせてください。


口語訳 詩  119:75
119:75 主よ、わたしはあなたのさばきの正しく、また、あなたが真実をもって/わたしを苦しめられたことを知っています。


口語訳 詩  119:142-143
119:142 あなたの義はとこしえに正しく、あなたのおきてはまことです。
119:143 悩みと苦しみがわたしに臨みました。しかしあなたの戒めはわたしの喜びです。


口語訳 詩  119:153-154
119:153 わが悩みを見て、わたしをお救いください。わたしはあなたのおきてを忘れないからです。
119:154 わが訴えを弁護して、わたしをあがない、あなたの約束にしたがって、わたしを生かしてください。

塚本訳 Ⅰコリ12:20-26
12:20 しかし実際は、器官は多いが、体は一つなのである。
12:21 目は手に、「お前はいらない」、あるいはまた頭は足に、「お前たちはいらない」と言うことは出来ない。
12:22 いや反対に、体の中でわりあいに弱いと見える器官こそかえって必要であり、
12:23 また体の中でわりあいにりっぱでないとわたし達が思う器官は、これにことさらにりっぱなものをまとわせるのである。またわたし達の見苦しい部分はことさらに体裁よくするが、
12:24 (始めから)体裁のよい部分は、その必要がない。むしろ、神は劣っている部分にことさらにりっぱなものを与えて、体(全体)を統合された。
12:25 これは体の間に仲間割れがなく、(多くの)器官が一致して互に心を配り合うためである。
12:26 もし一つの器官が苦しみをうければ、(ほかの)すべての器官が一しょに苦しみ、もし一つの器官がとうとばれれば、(ほかの)すべての器官が一しょに喜ぶのである。 
/
 
結論
「罪の重荷の悩み苦しみは神による救いへの招きがある証拠」。神います。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●10:00 妻と集会(東京聖書読者会)に行く。
●茂木洋子(司会)、高木(憲法の話、とローズンゲンより)、山本(第二コリント3章)
●夕方、無教会小諸集会の倉石忠子さんより電話。「今日の礼拝は三男の恵さんの『原発事故と私』の話しで、多くの人が感動しました」。とのこと。
●大震災と原発事故により息子は聖書に開眼。
●ヒルティは「演説は生活なり」という。これは演説は生活の体験から滲み出たものでなければならないということ。
●人は神や聖書に開眼するためには。だれでも「呻きと涙」の回り道をするものだ。しかしそれは決して無駄な旅ではない。人生は蛇行しながら螺旋状に上昇するものだ。
●恵の社会生活の出発に際して故隅谷三喜男先生は私へのアドバイスとして「可愛いものには旅をさせよ」と言われた。
●とにもかくにも息子が「主の御用」を果たせたようで感謝。
●同集会世話人の倉石重造、忠子ご夫妻には大変お世話になった。
 

文語訳 ロマ 8:28
8:28 神を愛する者、すなはち御旨によりて召されたる者の爲には、凡てのこと相働きて益となるを我らは知る。


塚本訳  ロマ 8:28
8:28 そればかりではない。(わたし達の救いは次のことからも確かである。)わたし達が知っているように、神を愛する者、すなわち(神の)計画に応じて召された者には、すべてのことが救いに役立つのである。


有体的復活の使徒伝承

   http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/index.html

   

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    

     TSK日本語版・目次

    http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

   

   

    ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


原因追求は人生問題の真の解決にはならない ++++++++ 所感

2012/07/07 06:46

120707(土)5時目覚め●朝の黙示「原因追求は人生問題の真の解決にはならない」●一昨日、次のようなマスコミの報道があった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
東京電力福島第一原子力発電所の事故を検証する国会の事故調査委員会(黒川清委員長)は5日、最終報告書を決定し、衆参両院議長に提出した。その中で今回の事故は「自然災害」ではなく、規制当局や東電の安全対策の「意図的な先送り」が招いた「人災である」と断定した。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●技術的事故、経済的事故、医療的事故、、など「事故という事故」、あるいは病気、家庭問題などが起きた場合、人間は「二度とこういうことは起こすまい」と原因を追究して改善したり予防に努める。それは当然のことである。上記の「事故調査報告書」は「人災」という結論のようである。
●クリスチャンの中にも「原発事故は人災だ」などと息巻いて溜飲を下げている聖書の半可通がいるから困る。
●人生問題の深いところはそれで真の解決にはならない。その典型的な聖書の個所は次である。 
 
塚本訳  ヨハ 9:1-3
9:1 イエスは通りがかりに、生まれつきの盲人を見られた。
9:2 弟子たちが尋ねた、「先生、この人が盲で生まれたのは、だれが罪を犯したからですか。この人ですか、両親ですか。」
9:3 イエスは答えられた、「この人が罪を犯したからでも、両親が罪を犯したからでもない。ただ神の御業がこの人に現われるためである。


●この意味の解明はなまじの註解では納得できない。
●銀座の冷房が効いたビルの一室で、いくら世界の註解を漁っても解明できない。
●「泣く者と共に泣く」苦難の共有者にして初めて語ることが出来る。
●その意味で晴眼の私には盲人に語る資格はない。
●息子も娘も人生の不条理な不可解な大不幸を通じて「聖書に開眼した」ようだ。
●「ようだ」というのは人の心の中は神と本人きりわからないからだ。
●「可愛いものには旅をさせよ」は真理。
●「聖書の開眼」には長い道のりが必要だ。
●しかし、開眼は開眼、勝てば官軍。
●肉眼の問題は人間の眼科医、霊の眼は神によってのみ開けられる。

塚本訳  Ⅱコリ4:4
4:4 彼らの場合、この不信者たちの考えをこの世の神(である悪魔)が盲にして、神の影像である救世主の栄光をつげる福音の光を見ることができないようにしたのである。 
 

●霊眼があ開けばこの世のどんな不条理もかえってそれを感謝できるようになるから不思議。
●息子に聖書を開眼させてくれた東日本大震災感謝、原子力発電所事故感謝。
●ヨハネ9:1-2 の盲人本人や家族はイエスの言葉だけで盲で生まれた理由を納得したか。
●それはこの話しのあとでイエスに実際に眼をあけられたことで、「神の御業」を納得したであろう。
●人間は霊眼を開けられることによって初めてこの世の大不幸に納得感謝できるものだ。
●だからこの話は、霊眼が開けられてない「この世の人間」(霊の盲人)には冒涜。宗教に逃げた人間、はかない喜びだと思う。勝手に思え。そういう人間は深い真理を知らないだけだ。不幸者。
●昨日は母親が離婚して傷心していた青年に出会った。「今どうしている」と聞いたらキリスト教系の大学で「聖書学」を学んでいるという。万歳。神はむやみやたらに不幸を降さない。不幸には神の深い導きと愛の目的があるものだ。 
 

塚本訳 ロマ 8:28
8:28 そればかりではない。(わたし達の救いは次のことからも確かである。)わたし達が知っているように、神を愛する者、すなわち(神の)計画に応じて召された者には、すべてのことが救いに役立つのである。

●この部分のTSK日本語版を見てみよう。これを読めば「心いっぱい胸いっぱい」である。なぜか。人間の解説でなく、神の解説だから。
 

●ロマ 8:28

8:28 神は、神を愛する者たち、すなわち、ご計画に従って召された者たちと共に働いて、万事を益となるようにして下さることを、わたしたちは知っている。

 *「わたしたちは知っている。」

Genesis 50:20

20あなたがたはわたしに対して悪をたくらんだが、神はそれを良きに変らせて、今日のように多くの民の命を救おうと計らわれました。

Deuteronomy 8:2-3

 2あなたの神、主がこの四十年の間、荒野であなたを導かれたそのすべての道を覚えなければならない。それはあなたを苦しめて、あなたを試み、あなたの心のうちを知り、あなたがその命令を守るか、どうかを知るためであった。  3それで主はあなたを苦しめ、あなたを飢えさせ、あなたも知らず、あなたの先祖たちも知らなかったマナをもって、あなたを養われた。人はパンだけでは生きず、人は主の口から出るすべてのことばによって生きることをあなたに知らせるためであった。

Deuteronomy 8:16

 16先祖たちも知らなかったマナを荒野であなたに食べさせられた。それはあなたを苦しめ、あなたを試みて、ついにはあなたをさいわいにするためであった。

Psalms 46:1-3
 
46:1 神はわれらの避け所また力である。悩める時のいと近き助けである。
46:2 このゆえに、たとい地は変り、山は海の真中に移るとも、われらは恐れない。
46:3 たといその水は鳴りとどろき、あわだつとも、そのさわぎによって山は震え動くとも、われらは恐れない。〔セラ

Jeremiah 24:5-7

 5「イスラエルの神、主はこう仰せられる、この所からカルデヤびとの地に追いやったユダの捕われ人を、わたしはこの良いいちじくのように顧みて恵もう。  6わたしは彼らに目をかけてこれを恵み、彼らをこの地に返し、彼らを建てて倒さず、植えて抜かない。  7わたしは彼らにわたしが主であることを知る心を与えよう。彼らはわたしの民となり、わたしは彼らの神となる。彼らは一心にわたしのもとに帰ってくる。

Zechariah 13:9

 9わたしはこの三分の一を火の中に入れ、銀をふき分けるように、これをふき分け、金を精錬するように、これを精錬する。彼らはわたしの名を呼び、わたしは彼らに答える。わたしは『彼らはわが民である』と言い、彼らは『主はわが神である』と言う」。

Romans 5:3-4

 3それだけではなく、患難をも喜んでいる。なぜなら、患難は忍耐を生み出し、  4忍耐は錬達を生み出し、錬達は希望を生み出すことを、知っているからである。

Romans 8:35-39

 35だれが、キリストの愛からわたしたちを離れさせるのか。患難か、苦悩か、迫害か、飢えか、裸か、危難か、剣か。  36「わたしたちはあなたのために終日、/死に定められており、/ほふられる羊のように見られている」/と書いてあるとおりである。  37しかし、わたしたちを愛して下さったかたによって、わたしたちは、これらすべての事において勝ち得て余りがある。  38わたしは確信する。死も生も、天使も支配者も、現在のものも将来のものも、力あるものも、  39高いものも深いものも、その他どんな被造物も、わたしたちの主キリスト・イエスにおける神の愛から、わたしたちを引き離すことはできないのである。

2 Corinthians 4:15-17

15すべてのことは、あなたがたの益であって、恵みがますます多くの人に増し加わるにつれ、感謝が満ちあふれて、神の栄光となるのである。  16だから、わたしたちは落胆しない。たといわたしたちの外なる人は滅びても、内なる人は日ごとに新しくされていく。  17なぜなら、このしばらくの軽い患難は働いて、永遠の重い栄光を、あふれるばかりにわたしたちに得させるからである。

2 Corinthians 5:1

 1わたしたちの住んでいる地上の幕屋がこわれると、神からいただく建物、すなわち天にある、人の手によらない永遠の家が備えてあることを、わたしたちは知っている。

Philippians 1:19-23

 19なぜなら、あなたがたの祈と、イエス・キリストの霊の助けとによって、この事がついには、わたしの救となることを知っているからである。  20そこで、わたしが切実な思いで待ち望むことは、わたしが、どんなことがあっても恥じることなく、かえって、いつものように今も、大胆に語ることによって、生きるにも死ぬにも、わたしの身によってキリストがあがめられることである。  21わたしにとっては、生きることはキリストであり、死ぬことは益である。  22しかし、肉体において生きていることが、わたしにとっては実り多い働きになるのだとすれば、どちらを選んだらよいか、わたしにはわからない。  23わたしは、これら二つのものの間に板ばさみになっている。わたしの願いを言えば、この世を去ってキリストと共にいることであり、実は、その方がはるかに望ましい。

2 Thessalonians 1:5-7

 5これは、あなたがたを、神の国にふさわしい者にしようとする神のさばきが正しいことを、証拠だてるものである。その神の国のために、あなたがたも苦しんでいるのである。  6すなわち、あなたがたを悩ます者には患難をもって報い、悩まされているあなたがたには、わたしたちと共に、休息をもって報いて下さるのが、神にとって正しいことだからである。  7それは、主イエスが炎の中で力ある天使たちを率いて天から現れる時に実現する。

Hebrews 12:6-12

 6主は愛する者を訓練し、/受けいれるすべての子を、/むち打たれるのである」。  7あなたがたは訓練として耐え忍びなさい。神はあなたがたを、子として取り扱っておられるのである。いったい、父に訓練されない子があるだろうか。  8だれでも受ける訓練が、あなたがたに与えられないとすれば、それこそ、あなたがたは私生子であって、ほんとうの子ではない。  9その上、肉親の父はわたしたちを訓練するのに、なお彼をうやまうとすれば、なおさら、わたしたちは、たましいの父に服従して、真に生きるべきではないか。  10肉親の父は、しばらくの間、自分の考えに従って訓練を与えるが、たましいの父は、わたしたちの益のため、そのきよさにあずからせるために、そうされるのである。  11すべての訓練は、当座は、喜ばしいものとは思われず、むしろ悲しいものと思われる。しかし後になれば、それによって鍛えられる者に、平安な義の実を結ばせるようになる。  12それだから、あなたがたのなえた手と、弱くなっているひざとを、まっすぐにしなさい。

James 1:3-4

 3あなたがたの知っているとおり、信仰がためされることによって、忍耐が生み出されるからである。  4だから、なんら欠点のない、完全な、でき上がった人となるように、その忍耐力を十分に働かせるがよい。

1 Peter 1:7-8

7こうして、あなたがたの信仰はためされて、火で精錬されても朽ちる外はない金よりもはるかに尊いことが明らかにされ、イエス・キリストの現れるとき、さんびと栄光とほまれとに変るであろう。  8あなたがたは、イエス・キリストを見たことはないが、彼を愛している。現在、見てはいけないけれども、信じて、言葉につくせない、輝きにみちた喜びにあふれている。

Revelation of John 3:19

 19すべてわたしの愛している者を、わたしはしかったり、懲らしめたりする。だから、熱心になって悔い改めなさい。

 
*「万事を益となるようにして下さることを、」

Exodus 20:6

6わたしを愛し、わたしの戒めを守るものには、恵みを施して、千代に至るであろう。

Deuteronomy 6:5

 5あなたは心をつくし、精神をつくし、力をつくして、あなたの神、主を愛さなければならない。

Nehemiah 1:5

 5言った、「天の神、主、おのれを愛し、その戒めを守る者には契約を守り、いつくしみを施される大いなる恐るべき神よ、

Psalms 69:36

 36神はシオンを救い、ユダの町々を建て直されるからである。そのしもべらはそこに住んでこれを所有し、 [69:37] そのしもべらの子孫はこれを継ぎ、み名を愛する者はその中に住むであろう。

Mark 12:30

 30心をつくし、精神をつくし、思いをつくし、力をつくして、主なるあなたの神を愛せよ』。

Romans 5:5

 5そして、希望は失望に終ることはない。なぜなら、わたしたちに賜わっている聖霊によって、神の愛がわたしたちの心に注がれているからである。

1 Corinthians 2:9

 9しかし、聖書に書いてあるとおり、/「目がまだ見ず、耳がまだ聞かず、/人の心に思い浮びもしなかったことを、/神は、ご自分を愛する者たちのために備えられた」/のである。

James 1:12

 12試錬を耐え忍ぶ人は、さいわいである。それを忍びとおしたなら、神を愛する者たちに約束されたいのちの冠を受けるであろう。

James 2:5

5愛する兄弟たちよ。よく聞きなさい。神は、この世の貧しい人たちを選んで信仰に富ませ、神を愛する者たちに約束された御国の相続者とされたではないか。

1 John 4:10

 10わたしたちが神を愛したのではなく、神がわたしたちを愛して下さって、わたしたちの罪のためにあがないの供え物として、御子をおつかわしになった。ここに愛がある。

1 John 4:19

 19わたしたちが愛し合うのは、神がまずわたしたちを愛して下さったからである。

1 John 5:2-3

 2神を愛してその戒めを行えば、それによってわたしたちは、神の子たちを愛していることを知るのである。  3神を愛するとは、すなわち、その戒めを守ることである。そして、その戒めはむずかしいものではない。

 

*「神を愛する者たち、すなわち、ご計画に従って召された者たちと共に働いて、」

Jeremiah 51:29

29その地は震い、かつもだえ苦しむ、主がその思い図ることをバビロンにおこない、バビロンの地を、住む人なき荒れ地とされるからだ。

Acts 13:48

 48異邦人たちはこれを聞いてよろこび、主の御言をほめたたえてやまなかった。そして、永遠の命にあずかるように定められていた者は、みな信じた。

Romans 1:6-7

 6あなたがたもまた、彼らの中にあって、召されてイエス・キリストに属する者となったのである――  7ローマにいる、神に愛され、召された聖徒一同へ。わたしたちの父なる神および主イエス・キリストから、恵みと平安とが、あなたがたにあるように。

Romans 8:30

 30そして、あらかじめ定めた者たちを更に召し、召した者たちを更に義とし、義とした者たちには、更に栄光を与えて下さったのである。

Romans 9:11

 11まだ子供らが生れもせず、善も悪もしない先に、神の選びの計画が、

Romans 9:23-24

 23かつ、栄光にあずからせるために、あらかじめ用意されたあわれみの器にご自身の栄光の富を知らせようとされたとすれば、どうであろうか。  24神は、このあわれみの器として、またわたしたちをも、ユダヤ人の中からだけではなく、異邦人の中からも召されたのである。

Galatians 1:15

 15ところが、母の胎内にある時からわたしを聖別し、み恵みをもってわたしをお召しになったかたが、

Ephesians 1:9-10

 9御旨の奥義を、自らあらかじめ定められた計画に従って、わたしたちに示して下さったのである。  10それは、時の満ちるに及んで実現されるご計画にほかならない。それによって、神は天にあるもの地にあるものを、ことごとく、キリストにあって一つに帰せしめようとされたのである。

Ephesians 3:11

 11わたしたちの主キリスト・イエスにあって実現された神の永遠の目的にそうものである。

1 Thessalonians 5:9

9神は、わたしたちを怒りにあわせるように定められたのではなく、わたしたちの主イエス・キリストによって救を得るように定められたのである。

2 Thessalonians 2:13-14

 13しかし、主に愛されている兄弟たちよ。わたしたちはいつもあなたがたのことを、神に感謝せずにはおられない。それは、神があなたがたを初めから選んで、御霊によるきよめと、真理に対する信仰とによって、救を得させようとし、  14そのために、わたしたちの福音によりあなたがたを召して、わたしたちの主イエス・キリストの栄光にあずからせて下さるからである。

2 Timothy 2:19

 19しかし、神のゆるがない土台はすえられていて、それに次の句が証印として、しるされている。「主は自分の者たちを知る」。また「主の名を呼ぶ者は、すべて不義から離れよ」。

1 Peter 5:10

 10あなたがたをキリストにある永遠の栄光に招き入れて下さったあふるる恵みの神は、しばらくの苦しみの後、あなたがたをいやし、強め、力づけ、不動のものとして下さるであろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●TSK日本語版 第一ペテロ3章入力。活人生の生きた手紙は面白い
 


  有体的復活の使徒伝承

   http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/index.html

   

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    

     TSK日本語版・目次

    http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

   

   

    ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 

 


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


「悩みは真理への導き ++++++++ 所感

2012/07/06 07:39

120706(金)5時起床●朝の黙想「悩みは真理への導き」。過日、某女との話しの中で彼女には何か「悩み」を抱えているなーと感じた。それが何であるかは分からなかったが、悩みがあるというのは良いことだ。悩みの原因は百人百様であるが、それによって「この世の幸福」というものが行き詰って真の幸福に導かれるからである。●〔悩みと救い」に関して次の聖書の個所が思い浮かんだ。

口語訳 詩  119:71
119:71 苦しみにあったことは、わたしに良い事です。これによってわたしはあなたのおきてを/学ぶことができました。

●この個所のTSKを見てみよう。

Psalms 94:12-13

12主よ、あなたによって懲らされる人、あなたのおきてを教えられる人はさいわいです。  13あなたはその人を災の日からのがれさせ、悪しき者のために穴が掘られるまで/その人に平安を与えられます。

Psalms 119:67

 67わたしに良い判断と知識とを教えてください。わたしはあなたの戒めを信じるからです。

Isaiah 27:9

 9それゆえ、ヤコブの不義は/これによって、あがなわれる。これによって結ぶ実は彼の罪を除く。すなわち彼が祭壇のすべての石を/砕けた白堊のようにし、アシラ像と香の祭壇とを再び建てないことである。

1 Corinthians 11:32

 32しかし、さばかれるとすれば、それは、この世と共に罪に定められないために、主の懲らしめを受けることなのである。

Hebrews 12:10-11

 10肉親の父は、しばらくの間、自分の考えに従って訓練を与えるが、たましいの父は、わたしたちの益のため、そのきよさにあずからせるために、そうされるのである。  11すべての訓練は、当座は、喜ばしいものとは思われず、むしろ悲しいものと思われる。しかし後になれば、それによって鍛えられる者に、平安な義の実を結ばせるようになる。  
  
●10:00 国際聖書フォーラム第二日(於・ホテルニューオータニ)。
第二番目の田川建三(元ストラースブール大学教授)の講演「ヨハネ福音書の歴史的事実」が圧巻であった。
フロアーからの私の質問「ヨハネ伝の著者(「もう一人の弟子」、ないし「主の愛する弟子」)はどうしてゼベダイの子のヨハネと書かないで自分の名前を伏せたのか」。田川「古代では著者自身の名前を書かないこともある」。・・・この回答に私は不満であったが時間不足。

●午後の講演ではペトラ・フォン・ゲミュシテン女史(アウクスブルク大学教授)の「ヨハネ福音書」の講演が良かった。
フロアーからの私の質問「ユダヤ人のヨハネ共同体はどこに実在していたのか。著者はユダヤ人の迫害下にあったヨハネ共同体を慰め励ましたのは分かるが、その共同体のその後の消息は?」。ペトラ・フォン・ゲミュシテン女史「それは難しい質問である。はっきりしてないが私の見解としては、初めはパレスチナにあったが、その後移動したらしい。最後はエペソらしい」。講演会後の休憩時間に個人的に質問の続き。女史の回答「ヨハネ共同体の発展はギリシャやロシアである。」私「日本人もヨハネ福音書が大好きです」。ゲミュシテン女史「にっこり」。何人かから「良い質問をしてくれた」と感謝された。

●聴衆(350名程度)の中に若い女性がいたのが頼もしかった。聴衆の水準は高く、英語の部分は通訳なしで分かるようであった。

resize2280.jpg 

国際聖書フォーラム2012.吉野隆治氏(無教会経堂聖書会)と。

resize2282.jpg 

「ヨハネ福音書」に関する講演をされた親日家のペトラ・フォン・ゲミュシテン女史(アウグスブルく大学教授)と。
後方右はドイツ語通訳の須藤伊知郎氏(西南学院大学神学部教授) 

有体的復活の使徒伝承

   http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/index.html

   

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    

     TSK日本語版・目次

    http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

   

   

    ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


「新しく生まれる」ということ ++++++++ 所感

2012/07/05 08:44

120705(木)5時40分。妻は郷里のいわき市へ母の3回忌の法事で出発●朝の黙想。昨日妻から報告。「新しく生まれるとはどういうことかわかった」人が出現した。●驚喜。万歳。神はすごいことをなさる。この世の幸福をめちゃくちゃにされても「新しく生まれる」方が大なる喜びである。●人はこの世の大不幸や深刻な苦しみを通して「聖書に目が開けられる」。●人は死に目に遭う苦難と涙を経験して救われるものだなー●妻に言った。「片手、片足(つまりこの世の幸福)を失っても霊魂が救われれば幸せだ」と。●これに関する聖句を思いつくままに書こう。

塚本訳  マタ 5:29-30
5:29 それで、もし右の目があなたを罪にいざなうなら、くじり出して捨てよ。体の一部が無くなっても、全身が地獄に投げ込まれない方が得であるから。
5:30 もしまた右の手があなたを罪にいざなうなら、切り取って捨てよ。手足が一本無くなっても、全身が地獄へ行かない方が得であるから。


●この世が「幸福」と思っていて、万人がその追求は当然だと思っていること。健康、家庭、子孫繁栄、学歴、職場、職業、経済、名誉、地位、人格、道徳。それらが無残且つ残酷にも理不尽にも不条理にも奪い取られる時に人間は神に目覚める。

塚本訳 マタ 16:26
16:26 たとい全世界をもうけても、命を損するならば、その人は何を得するのだろう。それとも、人は(一度失った永遠の)命を受けもどす代価として、何か(神に)渡すことができるのだろうか。


●全世界に名前が知られても、世界一周旅行しても、世界一の金持ちになっても、永遠の命を得られなかったらむなしい。

塚本訳  ヨハ 3:5-6
3:5 イエスは答えられた、「アーメン、アーメン、わたしは言う、人は霊によって生まれなければ、神の国に入ることは出来ない。
3:6 肉によって生まれたものは肉であり、霊によって生まれたものだけが霊である(から)。


●人間は二度誕生がある。第一は母親の体内から肉の体が誕生する。第二は神により霊に生まれる。この世の肉の頭だけではこれがわからない。

塚本訳 ヨハ 1:12-13
1:12 しかし受け入れた人々、すなわち、その名を(神の子であることを)信じた人には一人のこらず、神の子となる資格をお授けになった。
1:13 この人たちは、人間の血や、肉の欲望や、男の欲望によらず、神(の力)によって生まれたのである。


●人が第二の誕生、霊による誕生にあずかるには、この世の幸福がことごとくもぎ取られる。その苦難と涙なくして人は何人も神の国に入れない。健康、家庭、仕事、子孫・・・・

塚本訳 Ⅱコリ5:17
5:17 だから、キリストと結びついている者は、新しい創造物である。古いものは消え失せて、いまここに、新しくなってしまっている!

●「新しい創造物」とはすごい言葉だ。生まれたままの人間は単なる「肉の塊」。物質。そのレベルの幸福が充実しても霊魂の安らぎという真の幸福はない。たとえ得たとしても一時の喜びですぐ心は渇く。

口語訳 出  20:4-5
20:4 あなたは自分のために、刻んだ像を造ってはならない。上は天にあるもの、下は地にあるもの、また地の下の水のなかにあるものの、どんな形をも造ってはならない。
20:5 それにひれ伏してはならない。それに仕えてはならない。あなたの神、主であるわたしは、ねたむ神であるから、わたしを憎むものは、父の罪を子に報いて、三、四代に及ぼし


●父や祖父が「遊び人」だと子や孫もその汚れた血により「遊び人」のDNAを受け継ぐ。この呪から清められうにはキリストの身代わりの死の血潮で血清を受け、体中の汚れた血を入れ変えていただかなければならない。
●この私自身の血液は汚れていたのだが、キリストの血潮で清めていただき、あの罪の苦悶から救われたのだ。

塚本訳  Ⅰコリ7:14
7:14 (夫婦は結婚生活で一体となるため、)不信者の夫は(信者の)妻によってすでにきよめられており、不信者の妻は兄弟(すなわち信者の夫)によってすでにきよめられているからである。そうでなければ、あなた達の子供は清くないはずであるが、現に彼らはきよい(と認められている)ではないか。

●「遊び人」の親の汚れた血を断つにはキリストの救いで「新しく生まれ直す」ことが必要。
●それは事実可能。私の祖父は「遊び人」だったが、私はキリストの恩恵の血潮で救われた。
●苦悶から救われた。自由にされた。平安にされた。

塚本訳  ルカ 14:26
14:26 わたしの所に来て、その父と母と妻と子と兄弟と姉妹と、なおその上に、自分の命までも憎まない者は、だれもわたしの弟子になることは出来ない。

●修道院に入るには家庭を捨てる。生涯独身。
●プロテスタントはこの世の修羅場が修道院。その苦難の坩堝が信仰の鍛錬。

塚本訳  マタ 19:16
19:16 するとそこに、ひとりの人がイエスの所に来て言った、「先生、永遠の命を得るには、どんなよいことをすればよいでしょうか。」

●人は遊び人生の惰眠から目覚める時が来る。その時の第一声「永遠の命を得るにはどうしたらよいか」である。人生はここからスタートする。「目覚めの時は必ず来る」。臨終の時でも良い。遅くはない。この世で来なくても「来世」で救われる。

塚本訳  マタ 19:21
19:21 イエスは言われた、「完全になりたければ、家に帰って持ち物を売って、(その金を)貧乏な人に施しなさい。そうすれば天に宝を積むことができる。それから来て、わたしの弟子になりなさい。」

●この世半分、神の国半分では救われない。
●罪の故に経済が傾き、スッテンテンで病気になって死に目に遭って、人は目が覚める。
●しかし人間は自分の手で財産を手放せない。神にもぎ取られる時に初めて目が開く。
●だから苦難や不幸や号泣は「恩恵」。

塚本訳  ヨハ 9:1-3
9:1 イエスは通りがかりに、生まれつきの盲人を見られた。
9:2 弟子たちが尋ねた、「先生、この人が盲で生まれたのは、だれが罪を犯したからですか。この人ですか、両親ですか。」
9:3 イエスは答えられた、「この人が罪を犯したからでも、両親が罪を犯したからでもない。ただ神の御業がこの人に現われるためである。

●あの人はどうして神に対して「盲」で生まれてきて、今もなお目が開かないのか。
●それは「これから」神の栄光が現れるためだと信じ続けよう。 

●1200 国際聖書フォーラム2012(於、ホテルニューオータニ)
 吉野隆治氏と並んで聞く。

 resize2278.jpg 

四谷駅前。カトリックイグナチオ教会


resize2279.jpg 

国際聖書フォーラム。明日の講演者である田川建三氏と。田川氏はその著書から受ける印象とは全く違い、非常に温和でジェントリーだ。「ヨハネ福音書付録の21章が、ペテロを高く評価しているのは教会化への兆しであることでこれは定説だから明日の講演では今さらとりあげない」と言われた。

●本人に直接会うと「思っていたのと違って好印象が得られる」というのは人生の「ささやかな喜びの一つ」だとヒルティは言う。

  塚本訳 Ⅱコリ10:9-10
10:9 しかし、(わたしはそうしない。)手紙であなた達をおどそうとしているように見え(て信仰を破壊するようなことはし)たくないのである。
10:10 というのは「手紙はいかにも重みがあって力があるけれども、御本人がお出ましになると貧弱で、話はなっていない」と(人は悪口を)言うのである。

●帰宅19:30。今晩は郷のいわき市にいる妻に電話。

●定年男が妻に言ってはいけないことは次の三つと言われている。(自戒)

①妻が出かける時に「ご飯はどうすればいいの」と聞かない。
②妻が出かける時に「何時頃帰って来るの」と聞かない。
③妻が出かける時「一緒に行く」とは言わない。

●しかしこの会話が無くなると「夫婦」では無くなるのではないのかなー。 


有体的復活の使徒伝承

   http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/index.html

   

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    

     TSK日本語版・目次

    http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

   

   

    ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 





トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


中味と外側 ++++++++ 所感

2012/07/04 09:22

120704(水)5時起床●朝の黙想「中味と外側」●過日のNHKTV「内村鑑三と新渡戸稲造」についてまた批判。NHKは内村の中味が見えないで彼の社会的発言などの外側きり見えてない。人間に対する見方としてこれは半面である。木や枝葉は見えていてもその根を見てない。否、信仰がなければ見えない。●エミールブルンナーは「教会というのは福音の周辺的なものが中心的なものになった姿」と言っている。●キリスト信者は中心的なものにしがみついてその結果としての周辺的なことには無頓着で自由であるべきだ。●聖書における外側と中味に関する言葉を頭に浮かぶまま上げてみる。 
 
口語訳 Ⅰサム16:7
16:7 しかし主はサムエルに言われた、「顔かたちや身のたけを見てはならない。わたしはすでにその人を捨てた。わたしが見るところは人とは異なる。人は外の顔かたちを見、主は心を見る」。

●女子大の講義で脱線して「イケメンと結婚してはいけない」と話している。生徒「エーッ、なぜですか」。私「イケメンは金も教養もない」。
●これに加えて言いたい。イケメンは一般常識も道徳も倫理もない。
●男に言う。「美人と結婚してはいけない。それは大抵心がワガママで冷たいだから」

塚本訳 マタ 5:27-28
5:27 あなた達は(昔の人がモーセから、)『姦淫をしてはならない』と命じられたことを聞いたであろう。
5:28 しかしわたしはあなた達に言う、情欲をもって人妻を見る者は皆、(見ただけで)すでに心の中でその女を姦淫したのである。


●これは生まれたままの肉の人間にとっては辛いことだ。
●ところが神の霊に満たされると女性に対する見方が変わる。美意識がかわるのだ。神の栄光が現れている人に魅かれるようになるのだ。
●信仰の深い人の目つきは違う。

塚本訳 マタ 6:21-24
6:21 宝のある所に、あなたの心もあるのだから。
6:22 目は体の明りである。だからあなたの目が澄んでおれば、体全体が明るいが、
6:23 目が悪いと、体全体が暗い。だから(天に宝を積まないため、)もしあなたの内の光(である目、すなわち心)が暗かったら、その暗さはどんなであろう。
6:24 (わたし達の心は天か地かに引かれる。)だれも(同時に)二人の主人に仕えることは出来ない。こちらを憎んであちらを愛するか、こちらに親しんであちらを疎んじるか、どちらかである。あなた達は神と富とに仕えることは出来ない。

●金儲けに一生懸命な人の目つきや人相は決まっている。目が濁っている。ガラが悪い。

塚本訳 マタ 12:34
12:34 蝮の末よ、あなた達(自身)が悪いのに、どうして善いことが言えよう。心にあふれて口に出るのだから。


●口が悪い人間は心が悪いのだ。(自戒)。
●弁解は七分の弱み


塚本訳 ルカ 6:45
6:45 (同じように、)善人は心の善い倉から善い物を取り出し、悪人は(心の)悪い倉から悪い物を取り出す。心にあふれて口に出るのだから。

●友人を見ればその人の中味がわかる。
●人は「今まで出会ってきた人物の総和」である。
●蔵書を見ればその人となりが分かるというものだ。
●漫画ばかり読んでいる人間は程度が低く、「人間の屑」。
●平気で約束を破ったり、遅刻してくる人間も「人間の屑」。
●信仰は普通道徳の人間のもの。 「人間の屑」は神の大手術でなければ救われない。
●話題がこの世的なことばかりの人間とは付き合うな。自分が堕落する。
●文学者達はは内村鑑三に接近したが耐えきれずに離れたのは当然。
●有島武郎は情死。その首つりの縄にはウジ虫が登り降りしていたという。


塚本訳 ロマ 10:9-10
10:9 つまり、あなたは『口で』イエスを主と告白して、『心で』神がイエスを死人の中から復活させられたことを信ずれば、救われる。
10:10 『心で信じて義とされ、口で告白して救われるからである。──(こうわたし達は説いているのである。)

●この難解な言葉も、心は「根」。口は「枝葉」という観点からみれば分かる。
●良い友人は金儲けの目的で一緒になっている職場にはいない。趣味で一緒になっているサークルにはいない。信仰の先生が同じで一緒になっている集会にはいない。それは「懐かしのメロディ」。●エクレシアにはいるか。ノー。有体的復活や処女降誕などの「使徒伝承」を信じてない信者とは一緒になってはいけない。信仰の為にならない。 

●妻は婦人の読書会(塚本虎二著作集)で千駄ヶ谷へ。午後は中野の愛子のところに手伝い。


 有体的復活の使徒伝承

   http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/index.html

   

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    

     TSK日本語版・目次

    http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

   

   

    ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 






トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


一面きり見られないNHKの内村像 ++++++++ 所感

2012/07/03 14:28

120703(火)昨日はNHKTV「日本人は何を考えてきたか」の第4回「内村鑑三と新渡戸稲造」を録画で見た。●内村を信仰の無いディレクターが作ると社会批判者に写る。●矢内原忠雄も出てきたが、社会的に偉い人間がクリスチャンだからといってそのことを宣伝するのは伝道には全くならない。最悪。それは権威という悪魔を拝ませることになるのであって神への信仰、罪の赦しの信仰には導かない。●ところが最近の無教会者の中には内村、新渡戸、矢内原を抵抗運動の士とほめたたえる傾向にあるが、トンデモナイ間違い。●NHK、東大、岩波、NHKはこの世の権威。●この世の権威者がクリスチャンであることは伝道に全く不利。●NHKは内村の一面きり見られないこの世的な存在である。最も仕方がないことだが。・・・・●9:15 池谷医院へ定期健診。ここ2~3日「記憶」がおかしいと言ったら、暑くなったので血圧が下がって脳に血流が少なくなっているのかもしれないと診断された。そして普段飲んでいる降圧剤を弱いものに処方された。●能城牧師から電話。Jバイブルとウィンドウズ「7」のこと。●今年の8月末にいよいよ「7」に切り替える事にした。それで私の寿命と同じだけもつか。


     有体的復活の使徒伝承

   http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/index.html

   

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    

     TSK日本語版・目次

    http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

   

   

    ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

 

 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


Go ahead !(行け、進め) ++++++++ 所感

2012/07/02 05:59

120702(月)4時45分起床。睡眠7時間●目覚めの啓示「外なる人は滅びても、内なる人は日ごとに新しくされて行く」●これは20年前に召された父の遺訓だ●昨日の集会感話で、「あれを言ったっか、これを言ったかとか」記憶にないことがある。確かに記憶が薄れていることを自覚する●しかし集会の先輩では、70~80代の人がザラ。60代は若僧だ。●昨年、集会の老婦人に体の不調を訴えると「何言っているの。高橋さん!。60代は花の60代ですよ!」と発破をかけられたことがある。しかし私は一度「脳」をやっている。だから「オー、ノー」である。(自笑)。●私にとって元気薬は「聖書の言葉」。今朝はⅡコリ4:16に励まされた。

●まず、翻訳比較。


塚本訳  Ⅱコリ4:16
4:16 この故に我らは落膽せず、我らが外なる人は壞るれども、内なる人は日々に新なり。

新共同 Ⅱコリ4:16
4:16 だから、わたしたちは落胆しません。たとえわたしたちの「外なる人」は衰えていくとしても、わたしたちの「内なる人」は日々新たにされていきます。

新改訳 Ⅱコリ4:16
4:16 ですから、私たちは勇気を失いません。たとい私たちの外なる人は衰えても、内なる人は日々新たにされています。

口語訳 Ⅱコリ4:16
4:16 だから、わたしたちは落胆しない。たといわたしたちの外なる人は滅びても、内なる人は日ごとに新しくされていく。

NKJV Ⅱコリ4:16
4:16 Therefore we do not lose heart. Even though our outward man is perishing, yet the inward man is being renewed day by day.

TEV Ⅱコリ4:16
4:16 For this reason we never become discouraged. Even though our physical being is gradually decaying, yet our spiritual being is renewed day after day. 
 

●次にこの部分のTSK日本語版
 

●Ⅱコリ4:16

4:16 だから、わたしたちは落胆しない。たといわたしたちの外なる人は滅びても、内なる人は日ごとに新しくされていく。

 *「だから、わたしたちは落胆しない。」

Psalms 27:14

14わたしは信じます、生ける者の地でわたしは主の恵みを見ることを。 [27:15] 主を待ち望め、強く、かつ雄々しくあれ。主を待ち望め。

Psalms 119:82

 82わが魂はあなたの救を慕って絶えいるばかりです。わたしはみ言葉によって望みをいだきます。

Isaiah 40:29

 29弱った者には力を与え、勢いのない者には強さを増し加えられる。

1 Corinthians 15:58

 58だから、愛する兄弟たちよ。堅く立って動かされず、いつも全力を注いで主のわざに励みなさい。主にあっては、あなたがたの労苦がむだになることはないと、あなたがたは知っているからである。

2 Corinthians 4:1

 1このようにわたしたちは、あわれみを受けてこの務についているのだから、落胆せずに、

 *「たといわたしたちの外なる人は滅びても、」

Job 19:26-27

26わたしの皮がこのように滅ぼされたのち、/わたしは肉を離れて神を見るであろう。  27しかもわたしの味方として見るであろう。わたしの見る者はこれ以外のものではない。わたしの心はこれを望んでこがれる。

Psalms 73:26

 26わたしはあなたのほかに、だれを天にもち得よう。地にはあなたのほかに慕うものはない。

Isaiah 57:1-2

 1正しい者が滅びても、心にとめる人がなく、神を敬う人々が取り去られても、悟る者はない。正しい者は災の前に取り去られて、  2平安に入るからである。すべて正直に歩む者は、その床に休むことができる。

Matthew 5:29-30

 29もしあなたの右の目が罪を犯させるなら、それを抜き出して捨てなさい。五体の一部を失っても、全身が地獄に投げ入れられない方が、あなたにとって益である。  30もしあなたの右の手が罪を犯させるなら、それを切って捨てなさい。五体の一部を失っても、全身が地獄に落ち込まない方が、あなたにとって益である。

2 Corinthians 12:15

 15そこでわたしは、あなたがたの魂のためには、大いに喜んで費用を使い、また、わたし自身をも使いつくそう。わたしがあなたがたを愛すれば愛するほど、あなたがたからますます愛されなくなるのであろうか。

 *「内なる人は」

Romans 7:22

22すなわち、わたしは、内なる人としては神の律法を喜んでいるが、

Ephesians 3:16

 16どうか父が、その栄光の富にしたがい、御霊により、力をもってあなたがたの内なる人を強くして下さるように、

1 Peter 3:4

 4かくれた内なる人、柔和で、しとやかな霊という朽ちることのない飾りを、身につけるべきである。これこそ、神のみまえに、きわめて尊いものである。

 *「新しくされていく。」

Psalms 51:11

11神よ、わたしのために清い心をつくり、わたしのうちに新しい、正しい霊を与えてください。

Isaiah 40:31

 31しかし主を待ち望む者は新たなる力を得、わしのように翼をはって、のぼることができる。走っても疲れることなく、歩いても弱ることはない。

Romans 12:2

 2あなたがたは、この世と妥協してはならない。むしろ、心を新たにすることによって、造りかえられ、何が神の御旨であるか、何が善であって、神に喜ばれ、かつ全きことであるかを、わきまえ知るべきである。

Ephesians 4:23

 23心の深みまで新たにされて、

Colossians 3:10

 10造り主のかたちに従って新しくされ、真の知識に至る新しき人を着たのである。

Titus 3:5

 5わたしたちの行った義のわざによってではなく、ただ神のあわれみによって、再生の洗いを受け、聖霊により新たにされて、わたしたちは救われたのである。

 *「日ごとに」

Luke 11:3

3わたしたちの日ごとの食物を、日々お与えください
 


●聖書の言葉は「特効薬」。「そうだ」。「Go ahead!!](行け、進め)。

●神を信ずる者は「内なる人が日々新しくされるのだ」(父の遺訓)。

●TSK日本語版を完成する(新約あと2カ月、旧約それから数年)ことと、❍❍氏の救いを見るまでは絶対に死ねない。「ナンノ、コレシキ。まだ死ねない。」  

●12年前に「脳出血」で倒れた時に娘の愛子が人に漏らしたと言う。「お父さんには神様がついているから大丈夫」と。そうだ。「神の御用が済むまでは死なない。死ねない」。
●14:00 能城一郎牧師が来訪。聖書翻訳、聖書解釈(通時的、共時的)、Jバイブル、パソコン、健康、の事等。塚本虎二を非常に高く評価されておられる。

●拙ホームページの下記サイトを高く評価して下さり、教鞭をとっておられる神学校の生徒に推薦しておられるとのこと。
 
聖書で聖書を読む(BbB)  http://www.bbbible.com/

TSK日本語版