to 日記と感想 2012年11月
Top | RSS | Admin

2012.10 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2012.12


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171030(月)10:00 聖路加 桑本先生
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170824(木)12:10キララホールエントランスコンサート、マリンバ
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170813(日)10:30ナザレン教会浦和教会
    170813(日)14:00比企紀和君
    170812(土)14:00お江戸こらりあーず演奏会、文京シビックホール
    170809     TW誕生日
    170809(水)17:16初音吹奏楽、府中の森芸術劇場ドリームホール
    170808(火)0930池谷医院
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170708(土)14:00在宅医療説明会(キララホール)
    170707(金)10:00池谷医院
    170706      TM誕生日
    170702(日) 集会感話
    170701      TT誕生日
    170630(金)12:20キララホールエントランスコンサート
    170628      IY誕生日
    170627(火)11:00 能城牧師来訪
    170625)日)10:10トミ子集会感話
    170625(日)14:00茅ヶ崎金子邸
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール


嘆き悲しみの日に ++++++++ 所感

2012/11/30 05:53

121130(金)5時目覚め●朝の啓示。「嘆き悲しみの日には終末再臨新天新地出現の待望で耐え抜こう」●これクリスチャンの聖書的正統信仰である。●こういう場合、ある人は人間の力に走って猪突猛進で解決をしようとする。あるいは情緒に走って「人間的言葉」で傷を舐めあう。いずれも聖書的には間違っている。やってもいいが目的を達しない。喜びに到達しない。的外れである。「罪」の定義は「的外れ」。それは神の顔を立てず人間を立てるから「神の敵」。●長い人生の旅では時に大苦難による嘆きの日が来るものだ。それは「自分の十字架」であって内容はそれぞれに異なるが、「嘆き悲しみ」という点では共通のものがある。●その時は千載一遇のチャンス。聖書の再臨待望の信仰に目覚める時だ。聖書の使信を知るときだ。正統信仰を学ぶ時だ。●年金受給の暇老人には絶対にわからないことだが、神は公平で誰にも「耐えがたい悲しみ」を与えて正しい道に導くものだ。関連聖句を思いつくままに掲げてみよう。 

塚本訳へブル
"581308","ヘブル 13:8","イエス・キリストは、きのうも、きょうも、また永遠に、同じで
ある。"


●あの「悪霊を追い出し」「湖の嵐を静めた」イエスは今もおられる。悪魔悪霊が実在なら神も復活のイエスも聖霊も実在 。

塚本訳マタイ
"402820","わたしがあなた達に命じたことを皆守るように教えながら。
安心せよ、世の終
りまでいつもわたしがあなた達と一しょにいるのだから。」"

 ●これはマタイ福音書の最後の言葉。「安心せよ」の言葉は重い

塚本訳ルカ
"421316","この女はアブラハムの末であるのに、十八年ものあいだ、悪魔が縛っていたの
だ。
安息の日だからとて、その(悪魔の)縄目から解いてはならなかったのか。」"

●こういうことをされたイエスは復活されて今もその業を継続してくださる


塚本訳 黙示
"662220","黙示録 22:20","これらのことを証明する者が言い給う、「然り、私は直に来る。」
アーメン、主イエスよ、来たり給え!"
"662221","黙示録 22:21","(願わくは、)主イエスの恩恵凡ての者と共にあらんことを!"

●これは聖書66巻の終わりの言葉。本は最初と最後を読めばわかるという。聖書の結論は再臨の待望である。

塚本訳マタイ
"400510","ああ幸いだ、信仰のために迫害される人たち、天の国はその人たちのものとな
るのだから。"
"400511","
わたしゆえに罵られたり、迫害されたり、あらん限りの根も葉もない悪口を言
われたりする時、あなた達は幸いである。"
"400512","小躍りして喜びなさい、褒美がどっさり天であなた達を待っているのだから
あなた達より前の預言者たちも、同じように迫害されたのである。"

●クリスチャンの再臨待望の信仰は「行為主義者」からみれば怠慢である。しかし共産主義者やヒューマニストならまだしもクリスチャンの中にもそういう気配の人間がいるから困る。
●そういう人は決まって私の信仰姿勢を「射るよう射るような目つきで攻撃するから「罪人」で神の敵であることが直観でわかる。マー彼らは余命いくばくもないから黙っているが、聖書的神学的に言って正統信仰ではないことだけは今後の若い者たちのために言っておかねばならない
●「行為主義者」たちの口からはついぞ「再臨」の言葉を聞いたことがない。当たり前だ。世の中が良くなるのは人間の「行為あるのみ」と思っているからだ。正統信仰ではないからキリスト教の範囲外である。「神の敵」だからさっさと人権主義者グループに堕落していった方がよい。

塚本訳一テサ
"520413","・テサロニケ 4:13","兄弟達よ、(主に在って)眠った者のことを知っていて、
希望の無い他の人々のように(徒らに)歎かないようにしてもらいたい。"
"520414","
・テサロニケ 4:14","私達が信ずるようにもしイエスが死んで復活し給うたなら
ば、神はイエスによって眠った者をも同様にイエスと共に連れ来たり給うであろうから。"


●人は死んだらおしまいではない。最後の日には墓から呼び出されて「最後の審判」にあずかる。だから信仰があってもなくてもまだラストチャンスがある。
●再臨待望の聖書的根拠はイエスの有体的復活。空虚な墓の事実。それが結果的に大脳皮質を安静させる。理性の安息である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想 終わり。朝飯前の仕事

●6:30 家でラジオ体操。
●昨日はあきる野市議の共産党議員から「しばらく体操に見えませんが・・・」と心配のメール。」。これに対して「あなたが臨終のときに『昔、高橋という男が神の存在を説いてくれたなー』と思うようになることを祈っている」と返メール。救われない人間は救われないのだから「説教も無駄」。




スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


喜んで弱さを誇ろう ++++++++ 所感

2012/11/29 09:59

121129(木)5時半目覚め。●朝の啓示「喜んで弱さを誇ろう」●クリスチャンになるとこの世の俗人からは「信者は了見が狭い」と批判される。故SKさんは御茶ノ水の同窓生から「彼女はキリスト教に凝っている」と言われたそうである。また小学校の教師であった故ST氏は教師たちの宴会の席で校長から「お前がそばにいると酒がまずくなる」と嫌われた。●このように信仰に熱心になるとこの世の俗人どもからは「世界が狭いヤツだ」と思われてしまう。●これクリスチャンの家庭でも同じ。●「信仰信仰とばかり言っているから縁談がまとまらないのだ」と嘆いた親を知っている●ではこの世的に生きることが「了見が広い」と言えるのか、かというとよーくその人を観察しているとどうもそうでもないらしい。●なぜか。それは「悪魔の奴隷」になっていて不自由であるから「生きる世界」が広いようで実は狭いのである。常に何か飢え乾いているのだ。これに関する聖書を列挙してみよう。

塚本訳ヨハネ
"430831","すると信じたユダヤ人に言われた、「もしわたしの言葉に留まっておれば、あな
た達は本当にわたしの弟子である。"
"430832","
真理を知り、その真理があなた達を自由にするであろう。」"
"430833","
しかし彼らは(その意味がわからずに)答えた、「わたし達はアブラハムの子孫
で(自由人で)ある。いまだかつてだれの奴隷にもなったことはない。どうして『あなた
達は自由になる』と言われるのか。」"
"430834","
イエスは答えられた、「アーメン、アーメン、わたしは言う、罪を犯す者は皆罪
の奴隷である。"
"430835","奴隷はいつまでも家におるわけにゆかない。(いつでも追い出される。しかし)
子はいつまでも家におる。

塚本訳Ⅰコリ
"461533","・コリント 15:33","迷わされてはならない。(復活の信仰のない人との交際に注
意せよ。)悪い交際は良い習慣をこわす。(と詩人も言っている。)
"

【新共同訳】 ヤコブ 4 章
 4:4 神に背いた者たち、世の友となることが、神の敵となることだとは知らないのか。世の友になりたいと願う人はだれでも、神の敵になるのです。


●この世の友は神の敵。平気でこの世の人脈やこの世の雑学を自慢する人間は神の敵。なぜか。暇な遊び人だから。だからそういう人間と交わる人間も神の敵だ。
●クリスチャンは「この世的な弱さ」を誇らなければならない。「そんなこと知らない」と言わなければならない。 そんな世の遊びはしらないと言えなければならない。
●そんな「聖書学があることは知らない」「そんな神学者の名前すら知らない」と言えるようでなければならない。
●「Q資料、様式史、編集史、ギリシャ語、ヘブライ語」など知らなくても天国に行ける。 

塚本訳Ⅱコリ
"471209","・コリント 12:9","主は(その都度)言われた、「わたしの恩恵はあなたに十分
だ。力は弱さの中に完成されるのだから。」、それでわたしはキリストの力がわたしに住み
ついてくださるように、大喜びで、むしろ(自分の)弱いことを自慢しよう。"
"471210","
・コリント 12:10","それゆえわたしは弱いことを、虐待、艱難、また迫害と苦
悩をうけることを、キリストの故に喜ぶ
。わたしは弱い時には、(彼の力によってかえっ
て)強いのであるから。"


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想 おわり

●6:30 家の中でラジオ体操

●次回感話の資料推敲

●TSK日本語版レビ記8章入力。血だらけの書。人間の罪は血が流されなければ許されない。

塚本訳へブル
"580922","ヘブル 9:22","こうして律法にしたがえば、ほとんどすべてのものが血で清めら

れ、血を流すことなしには(罪の)赦はない。"


●自分の「汚れ」に苦しんでいる人を救いたい。福音を伝えたい。「自分の犯した罪に悔やんでいる人」を救いたい。「もがき苦しんでいる人」に福音を伝えたい。イエスが流した血で人の犯したどんな罪も赦される。清められる。
●イエスが十字架で流された血は神の赦しの徴。
●それが自分の罪のためであることがわかるのは今に働く聖霊の力。過去の出来事の今への同時性。
●自己の罪に汚れにもがき苦しんでいる人よ。来れ。今の時にすっかり清められるのだ。
●妻は夕方から「メサオア」の練習。帰宅は21:45予定
●東京都知事選挙立候補者出そろうが、誰に入れようか決まらない
 






トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


真理でないものは自然消滅する ++++++++ 所感

2012/11/28 07:28

121128(水)5時目覚め●朝の啓示「真理でないものは自然消滅する」●福音の伝承で正統信仰の真理でないものは自然消滅する。これ自然淘汰である。神学的「わめき合い」や「斬りあい」の必要はない。神が裁く。●擬態的には信者の減少、経済的行き詰まり●エクレシアが高齢化は経済で行き詰るというのはそもそも真理を継承してない証拠。福音の真理は年齢や経済に関係なく進展する。初代キリスト教は大人物ではなく「福音それ自身の力で広まった」(ダイスマン?)●真理でないものは放っておけば自然に滅びる。関連聖書を掲げる。
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


信者にとっての真の権威者 ++++++++ 所感

2012/11/27 05:54

121127火)3時半目覚め。朝の啓示「信者にとっての真の権威者」●関連聖句をを床の中でいろいろ書きとめる。

塚本訳マタイ
"402217","それで御意見を聞かせてください──(わたし達は異教人である)皇帝に、税
を納めてよろしいでしょうか、よろしくないでしょうか。」"
"402218","イエスは彼らの悪意を知って言われた、「なぜわたしを試すのか、この偽善者た
ち、"
"402219","税の貨幣を見せなさい。」デナリ銀貨を差し出すと、"
"402220","言われる、「これはだれの肖像か、まただれの銘か。」"
"402221","「皇帝のです」と彼らが言う。すると言われる、「では皇帝のものは皇帝に、神
のものは神に返せ
。」"

●信者は国家の権威に無条件に従うべきかの議論はロマ書13章の1節を巡って「わめきあい」「斬りあい」が2000年続いて、今も収まらないが、イエスの言葉に帰ればこの一句で収まる。問題は「神のものを神に返す」とは何かである。これもイエスの言葉で解決する。

塚本訳マタイ
"401028","体を殺しても、魂を殺すことの出来ない者を恐れることはない。ただ、魂も体
も地獄で滅ぼすことの出来るお方を恐れよ
。"

●この世の支配者は「体」の支配と統治である。魂まで統治はできない。だから体に関することはこの世の秩序に従え。しかし神の領域なる魂は全く神に服従せよということだ。

塚本訳ヨハネ
"431910","するとピラトが言う、「このわたしに口をきかないのか。わたしはお前を赦す権
力があり、お前を十字架につける権力があることを、知らないのか。」"
"431911","イエスは答えられた、「あなたは上[神]から授けられないかぎり、わたしに対
してなんの権力もない。
だから(あなたの罪はまだ軽いが、)わたしをあなたに売った者
[ユダ]の罪は、あなたよりも重い。(あなたは官憲として神の命令を行なうだけだが、
彼は自分の発意でやったのだから。」"

●イエスにとって国家の官憲は真の権威ではなかった。信者の態度もこれが正しい。

塚本訳Ⅱテモ
"550208","・テモテ 2:8","ダビデの子孫から出、死人の中から甦りい給うイエス・キリス
トを忘れるな──これが私の福音である。"
"550209","・テモテ 2:9","私はこの(福音の)ため罪人として縛られるまでに苦しみを受
けているが、神の言は縛られてはいない。"
"550210","・テモテ 2:10","この故に私は選ばれた人達のために凡てを忍耐する、彼らにも
キリスト・イエスにおける救いと、永遠の栄光とを得させるためである。"

●ボンヘッファーは牧師でありながらヒットラー暗殺計画に加わったがハックして囚われの身になった。「されど神の言が繋がれたるにあらず」(Ⅱテモ2:9文語)はダハウ獄窓説教(マルチン・ニーメラー編)の本の題名である。
●ドイツ降伏の寸前に処刑された。
●ボンヘッファーにとっては体が殺されても魂は殺されなかった。これはパウロと同じである。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想終わり

●6:30 家でラジオ体操
 
●次回感話の準備。人間は天使に引っ張られるか悪魔に引っ張られるかだ。
 
●17:00 妻と三軒茶屋で食事。外食は安いものに徹することにしている。美食は無教養の徴
●18:15 昭和女子大学人見記念講堂で平井秀明作曲台本指揮のオペラ「かぐや姫」を鑑賞。妻の知人が出演。かぐや姫役はソプラノ東京交響楽団の演奏が良かった。メロディーが美しかった。昭和女子大の小学生が3-40人出演したのはほほえましかった。
●内容は日本の竹取物語。人の世の出会いと別れの不条理の悲しみ。
●子供のない老夫婦に月の国から「かぐや姫」がくるが、製糖して結婚問題を通じて金や地位は「別離」の前にむなしいものであるという内容
●満月を見て自分の国を思って泣く「かぐや姫」の姿にイエスが「自分は父のもとから来た身だ」と言ったことが重ね合わされた。

塚本訳ヨハネ
"430842","イエスは言われた、「もしも神があなた達の父であったら、あなた達はわたしを
愛するはずである、わたしは神から出て、(ここに)来ているのだから。わたしは自分で
勝手に来たのではない、神がわたしを遣わされたのである。
"

●しかしこの物語は別離の不条理に泣く人間を癒すものだが、イエスは人の世の罪をあがないためにこの世に来られた。
 
塚本訳へブル
"580103","ヘブル 1:3","彼は神の栄光の放射であり、本質の像である。彼はまたその力あ
る言葉をもって万物を保たれる。
彼は(この世に降り)、罪の潔めを成し(とげて、ふた
たび)高き所にのぼり、(神の)御稜威の“右にお坐りになっている”。"

●帰途の夜道で妻と内村鑑三の「何故大文学は出でざるか」を話し合う。「かぐや姫」は罪と救いを論じてないから世界的な「大文学」にはならない。人情のレベルにすぎない。暗く淋しい。
●淋しさの同情に救いなし。

2012_11270013.jpg 

昭和女子大人見記念講堂でオペラ「かぐや姫」を鑑賞。
キャンパス内にはクリスマスツリーが点灯した。










トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


この世の支配者は悪魔 ++++++++ 所感

2012/11/26 05:59

121126(月)5時目覚め●朝の黙想「この世の支配者は悪魔」という意味について聖書的根拠にもとづいて黙想する。

塚本訳ニコリ
"470404","・コリント 4:4","彼らの場合、この不信者たちの考えをこの世の神(である悪
魔)
が盲にして、神の影像である救世主の栄光をつげる福音の光を見ることができないよ
うにしたのである。"

塚本訳ヨハネ
"431231","今こそ、この世の裁きがおこなわれる。今こそ、この世の支配者([悪魔])が
(この世から)放り出される。(今わたしが天に挙げられるからである。)"
"431232","(しかし)わたしは地から挙げられた時、みんなをわたしの所に引き寄せるで
あろう。」"

塚本訳
"431430","もはやあなた達と多く話さない。(間もなく)この世の支配者(悪魔)が来るか
らだ。あれはわたしに指一本触れることはできない。"

塚本訳ヨハネ
"431611","また罰についてとは、この世の支配者[悪魔]が(わたしを殺したのは、わた
しが罰されたのでなく、自分が)罰されたのであること。──(この三つのことを認めさ
せるのである。)"
"431612","まだ沢山言うことがあるが、(今は言わない。)あなた達にはいまそれを理解す
る力がない。"

●以上の箇所からして、塚本訳の敷衍はこの世の支配者は悪魔だと断定している。はたしてその聖書的根拠はどこにあるのだろう。それが本当なら生きていけない。なぜなら政府も裁判制度も皆悪魔の制度になるからだ。

塚本訳Ⅰコリ
"460509","・コリント 5:9","(前の)手紙で、決して不品行な者たちと付き合ってはなら
ないと書いたが、"
"460510","
・コリント 5:10","あれはこの世の不品行な者や貪欲な者、略奪者や偶像礼拝者
などと決して付き合うなというのではない。もしそうならば、あなた達はこの世から出て
ゆかねばならないからである。"
"460511","・コリント 5:11","しかしわたしは(はっきり)書く。──もし兄弟と呼ばれる
者が、不品行な者や貪欲な者や偶像礼拝者や罵る者や大酒飲みや掠奪者などであるならば、
付き合ってはならない。そんな者とは一しょに食事もしてはならない。"
"460512","
・コリント 5:12","なぜというのか。(主を信じない)外の人たちを、なんでわ
たしが裁くことがあろう。あなた達は、内輪の者たちだけを裁くべきではないのか。"
"460513","
・コリント 5:13","外の人たちは神が裁かれる。“あなた達の中から悪人を取っ
てのけよ。”"
"460601","・コリント 6:1","あなた達のひとりが(信仰の兄弟である)他の人に対して訴
訟があるとき、聖徒でなく、(主を信じない)不正な人たちに訴える(ような不見識な)
ことを、恥としないのか。"
"460602","・コリント 6:2","それとも、(最後の日には)聖徒がこの世を裁くことを、あな
た達は知らないのか。そしてあなた達(が着く裁判席)の前でこの世が裁かれるというの
に、ごくつまらない事件をさばく資格が、あなた達にはないのか。"
"460603","
・コリント 6:3","わたし達は(かの日)天使をさえ裁くのだ、まして日常のこ
とはなおさらであるということを、あなた達は知らないのか。"

●これは裁判制度の否定のように見えるが塚本訳は敷衍で(主を信じない)を入れている。

塚本訳ロマ
"451301","ローマ 13:1","人は皆上に立つ(国家の)官憲に服従せねばならない。神からで
はない官憲はなく、現存の官憲は(ことごとく)神から任命されたものであるから。
"

●信者は国家が戦争という「人殺し」を命じたら従うべきか。これに関しては履いて捨てるほどの論文がある。しゃもの喧嘩の斬り合い。
●この世の支配者(悪魔)は目が空いてないから、これを批判攻撃しても始まらない。それは蛇(サタンの象徴 黙12:9)に四足で歩けというのと同じで絶対に不可能。ヒューマニズムの高唱では世の中改まらない。

塚本訳ロマ
"450838","ローマ 8:38","なぜなら、わたしは確信している、死でも命でも、天使でも支
配(天使)でも、現在起こっていることでも将来起こることでも、権力(天使)でも、"
"450839","
ローマ 8:39","高い所のものでも低い所のものでも、その他どんな創造物でも、
わたし達の主キリスト・イエスによる神の愛から、わたし達を引き離すことはできない。"

塚本訳Ⅰコリ
"461524","・コリント 15:24","それから(最後に)残りの人たちが。この時、キリストは
すべての支配(天使)、すべての権威(天使)と権力(天使)とを滅ぼした後、神にして
父なるお方にその王国を引き渡される。"

●パウロには天使の認識がああった。これに関してはO・クルマン「キリストと時」(前田護郎訳)の第3部第3章、「見えざる諸勢力の制服と、それらの世の出来事に対する救済史的な関係(国家と救済史)」に詳しい。25ページに渡るこの論考に教えられることが多かったが、キリストの次の言葉にはかなわない。だから神学や聖書学はつまらない、面白くない、栄養にならない。「聖書で聖書を読む」のが王道だ。

塚本訳ルカ
"422022","(それでお尋ねしますが、わたし達は異教人である)皇帝に、貢を納めてよろ
しいでしょうか、よろしくないでしょうか。」"
"422023","
彼らの悪賢い考えを見破って言われた、"
"422024","
「デナリ銀貨を見せなさい。そこにはだれの肖像と銘があるか。」「皇帝のがあ
ります」と彼らが言った。"
"422025","
イエスは彼らに言われた、「それなら皇帝のものは皇帝に、神のものは神に返
。」"

●ここで難しいのは「神のもの」である。それは同じくキリストの次の言葉が答える。

塚本訳マタイ
"401028","体を殺しても、魂を殺すことの出来ない者を恐れることはない。ただ、魂も体
も地獄で滅ぼすことの出来るお方を恐れよ。"

●体はこの世の支配者が統治できても魂は統治できない。

塚本訳ピリピ
"500127","ピリピ 1:27","(何れにせよ、)ただ一つの(ことが大切である。)キリストの福
音(を信ずる者たる)に相応しく歩け。そうすれば行って会うにせよ、離れていて君達の
ことを聞くにせよ、君達が心を一つにして確り立ち、一致して福音の信仰のために戦い、"
"500128","
ピリピ 1:28","何事においても敵に嚇かされないことを知ることが出来よう。そ
して(決して敵に嚇かされないという)このことは、(敵対する)彼らにとっては(遂に)
滅び(ること)の兆である、君達には救いの兆であって、これは(何れも)神から賜わっ
たものである。"
"500129","
ピリピ 1:29","君達はキリストのために──ただ彼を信ずるばかりでなく、また
彼のために苦しむことをも恵まれたからである。"

"500130","
ピリピ 1:30","(然り、)君達はかつて私に於て(目のあたり)見、今また私に
就いて聞いているのと同じ戦いをしているのだ!"

●神の国はキリストの到来で始まったが、完成は終末の日。この矛盾の苦しみに生きるのが信者の宿命。しかしその苦しみには希望がある。それが次である。

塚本訳ロマ
"450818","ローマ 8:18","(しかもこの苦しみは恐れることはない。)なぜなら、わたしは
こう考える。今の世の苦しみは、わたし達に現われようとしている栄光(──キリストと
一しょに神の国の相続人になる最後の日の大いなる光栄──)にくらべれば、言うに足り
ない。"
"450819","ローマ 8:19","(そしてこの栄光は必ず与えられる。)その証拠(の第一)は、
創造物が神の子たちの現われるのを、首を長くして待ちこがれていることである。"

塚本訳Ⅰコリ
"461558","・コリント 15:58","だから、わたしの愛する兄弟たちよ、しっかりしておれ、
動かずにおれ、いつも主の仕事にぬきんでよ。骨折りが主にあってむだにならないことを、
あなた達は知っているのだから。"


●キリストの来臨と終末までの中間時代の未完成の悪のこの世に生きる信者の姿勢は次である。

塚本訳ルカ
"421609","それでわたしもあなた達に言う、あなた達も(この番頭に見習い、今のうちに
この世の)不正な富を利用して、(天に)友人[神]をつくっておけ。そうすれば富がな
くなる時、その友人が永遠の住居に迎えてくださるであろう。"
"421610","
ごく小さなことに忠実な者は、大きなことにも忠実である。ごく小さなことに
不忠実な者は、大きなことにも不忠実である。"
"421611","
だから、もし(この世の)不正な富に忠実でなかったならば、だれが(天の)
まことの富をあなた達にまかせようか。"
"421612","
もし他人のもの[この世のこと]に忠実でなかったならば、だれがあなた達の
もの[天のもの]をあなた達に与えようか。"
"421613","
しかし(この世のことはみな準備のためであるから、それに心を奪われてはな
らない。)いかなる僕も(同時に)二人の主人に仕えることは出来ない。こちらを憎んで
あちらを愛するか、こちらに親しんであちらを疎んじるか、どちらかである。あなた達は
神と富とに仕えることは出来ない
。」"

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想おわり

●6:30公園でラジオ体操。
●あきる野市議共産党議員と懇談
私「人間は神と富とに兼ね仕えることができない。」
共産党市議「それではひもじいです」
私「パンが満ち足りても幸福ではない」
共産党市議「キリストの時代と現代は違う。科学的社会主義が大切です。大切なのは行動です」
私(心の中で)「この人は自分の罪に懊悩し、藁をもつかむ思いで『(いるかいないかわからないが)神様、助けてくれー』と絶叫するようにならなければ神はわからない」。
●TSK日本語版レビ記5章入力。
●T先生のおすすめのニンジン+リンゴのジュースをミキサーで二人分。もう一年以上続いている。がん予防。
●15:15 雨なので散歩がてらに、図書館、郵便局、コンビニ、スーパーと歩いて17:20帰宅。
●TSK日本語版、歴代志上の入力準備作業。 




















トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


死の恐れという奴隷 ++++++++ 所感

2012/11/25 07:08

121125(日)5時目覚め。怖い夢を見た。自転車を近くの家に無断駐車していて、いつその家の人に注意されるかという不安。夢でよかった。●そこで浮かんだのが次の聖句。


塚本訳へブル
"580214","ヘブル 2:14","だから、“子らは”血と肉とを共有しているので、(イエス)彼自
身も、(全く)同じようにこれを保たれた。(これはその)死によって、死の権力をもって
いる者、すなわち悪魔をほろぼし、"
"580215","ヘブル 2:15","死を恐れ、全生涯(その)奴隷になっている彼ら(人類)を(の
こらず)釈放するためであった。"

●人間は全生涯「罪と死の恐れと不安」である。人間の文化文明の営みはすべてこの奴隷状態からの解放のためである。しかし目的は達せない。
●この聖句をTSK日本語版で見てみよう。特に15節。
 

●ヘブ 2:15

2:15 死の恐怖のために一生涯、奴隷となっていた者たちを、解き放つためである。

*「解き放つためである。」

Job 33:21-28

21その肉はやせ落ちて見えず、/その骨は見えなかったものまでもあらわになり、 22その魂は墓に近づき、その命は滅ぼす者に近づく。 23もしそこに彼のためにひとりの天使があり、/千のうちのひとりであって、仲保となり、/人にその正しい道を示すならば、 24神は彼をあわれんで言われる、/『彼を救って、墓に下ることを免れさせよ、/わたしはすでにあがないしろを得た。 25彼の肉を幼な子の肉よりもみずみずしくならせ、/彼を若い時の元気に帰らせよ』と。 26その時、彼が神に祈るならば、神は彼を顧み、/喜びをもって、み前にいたらせ、/その救を人に告げ知らせられる。 27彼は人々の前に歌って言う、/『わたしは罪を犯し、正しい事を曲げた。しかしわたしに報復がなかった。 28彼はわたしの魂をあがなって、/墓に下らせられなかった。わたしの命は光を見ることができる』と。

Psalms 33:19

19これは主が彼らの魂を死から救い、ききんの時にも生きながらえさせるためである。

Psalms 56:13

13神よ、わたしがあなたに立てた誓いは/果さなければなりません。わたしは感謝の供え物をあなたにささげます。 [56:14] あなたはわたしの魂を死から救い、わたしの足を守って倒れることなく、いのちの光のうちで神の前に/わたしを歩ませられたからです。

Psalms 89:49

49だれか生きて死を見ず、その魂を陰府の力から/救いうるものがあるでしょうか。〔セラ

Luke 1:74-75

74わたしたちを敵の手から救い出し、 75生きている限り、きよく正しく、みまえに恐れなく仕えさせてくださるのである。

2 Corinthians 1:10

10神はこのような死の危険から、わたしたちを救い出して下さった、また救い出して下さるであろう。わたしたちは、神が今後も救い出して下さることを望んでいる。

*「死の恐怖のために一生涯、」

Job 18:11

11恐ろしい事が四方にあって彼を恐れさせ、/その歩みにしたがって彼を追う。

Job 18:14

14彼はその頼む所の天幕から引き離されて、/恐れの王のもとに追いやられる。

Job 24:17

17彼らには暗黒は朝である。彼らは暗黒の恐れを友とするからだ。

Psalms 55:5

5わたしの心はわがうちにもだえ苦しみ、死の恐れがわたしの上に落ちました。

Psalms 73:20

20なんと彼らはまたたくまに滅ぼされ、恐れをもって全く一掃されたことであろう。

1 Corinthians 15:50-57

50兄弟たちよ。わたしはこの事を言っておく。肉と血とは神の国を継ぐことができないし、朽ちるものは朽ちないものを継ぐことがない。 51ここで、あなたがたに奥義を告げよう。わたしたちすべては、眠り続けるのではない。終りのラッパの響きと共に、またたく間に、一瞬にして変えられる。 52というのは、ラッパが響いて、死人は朽ちない者によみがえらされ、わたしたちは変えられるのである。 53なぜなら、この朽ちるものは必ず朽ちないものを着、この死ぬものは必ず死なないものを着ることになるからである。 54この朽ちるものが朽ちないものを着、この死ぬものが死なないものを着るとき、聖書に書いてある言葉が成就するのである。 55「死は勝利にのまれてしまった。死よ、おまえの勝利は、どこにあるのか。死よ、おまえのとげは、どこにあるのか」。 56死のとげは罪である。罪の力は律法である。 57しかし感謝すべきことには、神はわたしたちの主イエス・キリストによって、わたしたちに勝利を賜わったのである。

*「奴隷となっていた者たちを、」

Romans 8:15

15あなたがたは再び恐れをいだかせる奴隷の霊を受けたのではなく、子たる身分を授ける霊を受けたのである。その霊によって、わたしたちは「アバ、父よ」と呼ぶのである。

Romans 8:21

21かつ、被造物自身にも、滅びのなわめから解放されて、神の子たちの栄光の自由に入る望みが残されているからである。

Galatians 4:21

21律法の下にとどまっていたいと思う人たちよ。わたしに答えなさい。あなたがたは律法の言うところを聞かないのか。

2 Timothy 1:7

7というのは、神がわたしたちに下さったのは、臆する霊ではなく、力と愛と慎みとの霊なのである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

朝の黙想終わり

●無教会全国集会沖縄大会分科会において記録係であった妻のレポートに助言。
●妻は町内会清掃を終わってから集会へ。時間に間に合った
●高木さんと信濃町の駅から懇談しながら集会会場へ。
●10:00集会は川上、横田(教会史、モラヴィア、ポーランド)山本(ヨハネ5章)
●14:00 羽村市生涯学習センター「ゆとろぎ」センターで羽村フィルハーモニー演奏会。中央アジアの草原にて(作曲者のボロディンは私生児であったことを初めて知った)フィンランディア(讃美歌を心で歌った)ヴェートーヴェン7番(息子の一人が小さいときに好きになった)。アンコールはヴォーンウィリアムズ作曲ロージメードル(ウェールズの讃美歌による三つの前奏曲)。これは良かった。
●隣席の二歳の女の子。お父さんがトーンボーンなので「あっお父さんだ」と喜んでいた。


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


人には魔が差す時がある。 ++++++++ 所感

2012/11/24 06:09

121124(土)5時15分目覚めの啓示「人には魔が差す時がある」●人は悪くない「悪魔が悪いのである」。●人間は金に弱い、地位に弱い、女に弱い。・・・・しかしそれは悪魔の働くとき。人間は大抵それに溺れる。そして人生が破滅して苦しみぬく。
●なぜ苦しむか。神がいるから、良心というものがあるから。●人間が悪魔の誘惑に殺(や)られてしまった時の救いのためにイエスは到来した。

塚本訳マルコ
"410140","マルコ 1:40","すると(ある日)一人の癩病人がイエスの所に来てひざまずき、
「清めてください。お心さえあれば、お清めになれるのだから」と言って願った。"
"410141","
マルコ 1:41","イエスは(そのあわれな姿を見て悪魔に対する)怒りに燃え、手
をのばしてその人にさわり、「よろしい、清まれ」と言われると、"
"410142","
マルコ 1:42","たちまち癩病が消えうせて、その人は清まった。"
 
塚本訳ルカ
"421315","主が答えられた、「この偽善者たち、あなた達はだれも、安息日には牛や驢馬を
小屋から解いて、水を飲ませにつれてゆかないのか。"
"421316","
この女はアブラハムの末であるのに、十八年ものあいだ、悪魔が縛っていたの
だ。
安息の日だからとて、その(悪魔の)縄目から解いてはならなかったのか。」"


●イエスは悪魔にだまかされた人間を責めずに悪魔に怒りを感じた。
 ●「桃栗3年柿8年、柚子のバカやろ18年

塚本訳へブル
"580214","ヘブル 2:14","だから、“子らは”血と肉とを共有しているので、(イエス)彼自
身も、(全く)同じようにこれを保たれた。(これはその)死によって、死の権力をもって
いる者、すなわち悪魔をほろぼし
"
"580215","
ヘブル 2:15","死を恐れ、全生涯(その)奴隷になっている彼ら(人類)を(の
こらず)釈放するためであった。"

塚本訳 ガラテヤ 
"480104","ガラテヤ 1:4","キリストはわたし達の父なる神の御心にしたがい、わたし達を
悪い現在の世から救いだそうとして
、わたし達の罪のために自分を与え(て十字架につけ)
られたのである。"

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想 終わり

●6:30 公園でラジオ体操。今朝も共産党市議と会話
●共産党市議「アー今日は雨がやんで良い天気になった。神のおかげだ」
 私「モーセの十戒に『神の名をみだりに称えてはならない』とある。」
 共産党市議、手で顔を覆って笑いながら「今日はきついなー」
●日常生活は聖書の深いところを教えてくれる。「敵はタダで真理を教えてくれる」

【口語訳】 出 20 章
 20:7 あなたは、あなたの神、主の名を、みだりに唱えてはならない。主は、み名をみだりに唱えるものを、罰しないでは置かないであろう。


●神はこれを畏れ敬うものである。一身を捧げるべき相手である。茶化してはいけない。

塚本訳マタイ
"400533","さらにあなた達は昔の人が(モーセから)、“偽りの誓いをしてはならない、”ま
た“誓ったことは主に対して果たさねばならない”と命じられたことを聞いたであろう。"
"400534","
しかしわたしはあなた達に言う、いっさい誓ってはならない。神の御名はもち
ろん、“天”にかけても(誓ってはならない)。(天は)“神の御座である”から。"
"400535","
“大地”にかけても。(大地は)“神の足台である”から。エルサレムにかけて
も。(エルサレムは)“大王(なる神)の都”であるから。"
"400536","自分の頭にかけても誓ってはならない。(頭は神のもので、)あなたは髪の毛一
本を、白くも黒くも出来ないのであるから。"

塚本訳マタイ
"402316","ああ禍だ、君たち目の見えない案内人!君たちは言う、『お宮にかけて誓う者は
なんでもないが、お宮の黄金(の器や飾り)にかけて誓う者は、(その誓いを果す)義務
がある』と。"
"402317","
愚かな人たちよ、目の見えない人たちよ、黄金と黄金を清くするお宮と、いっ
たいどちらが尊いのか。"
"402318","
また(君たちは言う)、『祭壇にかけて誓う者はなんでもないが、その上の供え
物にかけて誓う者は、(その誓いを果す)義務がある』と。"
"402319","
目の見えない人たちよ、供え物と供え物を清くする祭壇と、いったいどちらが
尊いのか。(お宮は黄金に、祭壇は供え物にまさってはいないのか。)"
"402320","
だから、祭壇にかけて誓う者は、祭壇と、その上の物一切にかけて誓うのであ
る。"
"402321","
またお宮にかけて誓う者は、お宮と、そこにお住みになっている方とにかけて
誓い、"
"402322","
天にかけて誓う者は、神の御座と、その上にお坐りになっている方とにかけて
誓うのである。"

●朝食の時、妻との対話で「罪、信仰」などは高校生の時に深く感化されるということで意見が一致。かくいう私たちは高校生の時に信仰に導かれた。伝道は高校時代だ。
●成人になると「このぐらいのことはみんながやってらー」という思いにになり、罪の感覚が鈍る。





 
 

 
 
 
 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


人間は強い悪魔には殺(や)られる ++++++++ 所感

2012/11/23 08:16

121123(金)朝の黙想「悪魔にやられたとしても」●次回感話は「悪魔(悪霊、サタン)」なのでいろいろ思いめぐらしている。悪魔は強いので人間には絶対に勝つ。そしてその悪魔に殺(や)られた場合はどうするかについて瞑想。

塚本訳マタイ
402131","この二人のうち、どちらが父の心を行ったのだろうか。」「もちろん長男」と彼
らが答える。イエスが言われる、「アーメン、わたしは言う、税金取りや遊女たちは、あ
なた達よりも先に神の国に入るであろう。"


塚本訳ルカ
"421501","さて、イエスの話を聞こうとして、(いつものとおり)税金取りや罪人が皆近寄
ってきた。"               
"421502","
パリサイ人と聖書学者たちがぶつぶつ呟いて言った、「この人は罪人を歓迎する
し、また(招かれていって)食事までも一しょにする。」"
"421503","
そこで彼らにつぎの譬を話された。"
"421504","
「あなた達のうちのだれかが羊を百匹持っていて、その一匹がいなくなったと
き、その人は九十九匹を野原に残しておいて、いなくなった一匹を、見つけ出すまではさ
がし歩くのではないだろうか。"


塚本訳ロマ
"450827","ローマ 8:27","しかし(人の)心を見抜くお方[神]は、御霊が何を求めている
か、すなわち、御霊が神の御心にかなうように聖徒たちのために執り成しておられること
を、(もちろん)御存じである。"
"450828","
ローマ 8:28","そればかりではない。(わたし達の救いは次のことからも確かで
ある。)わたし達が知っているように、神を愛する者、すなわち(神の)計画に応じて召
された者には、すべてのことが救いに役立つのである"

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想終わり

●6:30 公園でラジオ体操。隣の共産党市議に一分説教。と対話は次の通り
●「人間には悪魔(悪霊、サタン)が巣食っている。これが世の中を暗くしている。しかしこれを追い出すには人間の力ではダメである。」
●共産党市議「わかりました」。私「わかったてるのかなー」
●TSK日本語版レビ記3章入力
●14:00 無教会研修所助言者会議、無教会における信仰の公同性について突っ込んだ議論。原罪を信じていない人の「聖書入門書」が出回っていることに、「困った困った」という意見が複数出た。「裁きは神の家から始まる」(Ⅰペテ4:17)
●終了後助川暢先生と懇談。








トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


神を喜ぶ ++++++++ 所感

2012/11/22 06:54

121122(木)目覚めの啓示「神を喜ぶ」●英国が生んだ世界最高の本は「ウェストミンスター小教理問答書」であると思う。●その第一条は「人生の主たる目的は神の栄光を表し、永遠に神を喜ぶにある」である。●神なき世は「何か面白いことないなかー」とさまよい歩く。求め歩く。酒、麻薬、ギャンブル、風俗、不倫、スポーツ観戦、戦争、受験競争・・・これらは人間の依存症という「病気」である。偶像礼拝である。●これらより少しはましだが年金受給の暇老人を癒そうとして各種「カルチャーセンター」が大量に発生。しかし永遠に喜びを与えるものにはならない。乾きは癒されない(ヨハネ4:13)●キリスト教の世界でも「エクレシア」が「喜びや遊びの場になっている」。しかし満たされない。一人の人間tたる「先生」にも満たされない。一時的に満たされたとしてもその先生が亡くなればそれでおしまい。また神学や聖書学の面白さも遊びの一種である。●ルターは「神学は歌である」と言っている●ところがこの問答書では「神を喜ぶ」という深淵なことが説かれている。●そこで今朝は「神を喜ぶ」ということに関する聖書を黙想してみよう。
●その前にまずこの世の喜びであるものに誘い、「これは面白いぞ」と誘惑する人間は悪魔(サタン)の化身である。

塚本訳マタイ
"401806","しかしわたしを信ずるこの小さな者を一人でも罪にいざなう者は、大きな挽臼
を頚にかけられて深い海に沈められる方が得である。"
"401807","
この世は罪のいざないがあるから禍だ、罪のいざないの来るのを避けることが
できないからである。しかしいざないを来させる人は禍だ。"

●人間、間違ってもそういう職業に就いてはいけない。

【口語訳】 創 3 章
 3:4 へびは女に言った、「あなたがたは決して死ぬことはないでしょう。
 3:5 それを食べると、あなたがたの目が開け、神のように善悪を知る者となることを、神は知っておられるのです」。
 3:6 女がその木を見ると、それは食べるに良く、目には美しく、賢くなるには好ましいと思われたから、その実を取って食べ、また共にいた夫にも与えたので、彼も食べた。

●これが人類の罪の本質。「神と同等になれる。賢くなる。頭がよくなる。だから面白いぞ」とヘビはイヴを誘う。
●人間は神がいなければすべてが赦されると思う。ドストエフスキー「罪と罰」のラスコーリニコフや「カラマーゾフの兄弟」の次男イワンの思想がそれである。しかしうまくいかない。

●Jバイブルで「喜」をヒットすると632箇所(特に詩編に多い)も出てくるが、そのうちベスト5を挙げる。

【口語訳】 詩 16 篇
 16:11 あなたはいのちの道をわたしに示される。あなたの前には満ちあふれる喜びがあり、あなたの右には、とこしえにもろもろの楽しみがある。

【口語訳】 イザ 12 章
 12:6 シオンに住む者よ、声をあげて、喜びうたえ。イスラエルの聖者はあなたがたのうちで/大いなる者だから」。

塚本訳ルカ
"420145","主の仰せられたことはきっと成就すると信じたこの人は、なんと仕合わせでし
ょう。」"
"420146","
マリヤが(神を讃美して)言った。──“わたしの心は主を”あがめ、"
"420147","
わたしの霊は、“救い主なる神を喜びたたえる、”"


【口語訳】 ルカ 10 章
 10:21 そのとき、イエスは聖霊によって喜びあふれて言われた、「天地の主なる父よ。あなたをほめたたえます。これらの事を知恵のある者や賢い者に隠して、幼な子にあらわしてくださいました。父よ、これはまことに、みこころにかなった事でした。

塚本訳ルカ
"432020","そしてそう言いながら、手と脇腹とをお見せになった。弟子たちは主を見て
んだ。"
"432021","すると主はかさねて言われた、「平安あれ。父上がわたしを遣わされたように、
わたしも(全権を授けて)あなた達を遣わす。」"
"432022","
こう言いながら彼らに息を吹きかけて、言われる、「聖霊を受けよ。"
"432023","
人の罪は、あなた達が赦してやれば赦されて消え、赦してやらねば赦されずに
残る。」"


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想終わり。復活には「喜び」という言葉が付きまとう。来月はクリスマスの喜び。

 讃美歌95番 1節
わが心は あまつ神を とうとみ
わがたましい すくいぬしを
ほめまつりて よろこぶ
 
 


●6:30公園でラジオ体操。例によって隣の共産党市議に次のように「説教」
●「人間として一番大切なことは『神を喜ぶ』ことだ。現在の世は酒、麻薬、ギャンブル、風俗などに喜びを求めていいる。世の中を改革して政治的平和で喜びを得ようとするマルキシズムはカビが生えていて古い」
●14:50 昭和女子大で建築講義。一人の気の毒な生徒を励ました
●妻は夕方から「メサイア」の練習
●去る11月20日にTSK日本語版出エジプト入力終了。CDにバックアップをとった
●昨日からTSK日本語版レビ記入力開始、一か月かかる。 







トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


負いきれぬ十字架によって実を結ばされる ++++++++ 所感

2012/11/21 09:47

121121(水)6時目覚め●目覚めの啓示「負いきれぬ十字架によって実を結ばされる」●12月の感話は「悪魔」、来年2月の感話は「実を結ぶとは何か」がテーマ。●「悪魔」についてはほぼまとまったが、次の「実を結ぶとはなにか」について生みの苦しみ●すると今朝啓示があって助けられた。次の聖句の数々の点と点をつなぐと意味が見えてきた。●「聖書で聖書を読む」ことの効果はここにある。●ある言葉の意味を知りたかったら、それを全聖書にわたって精読するのが一番効果がある。●聖句の引照は自分の頭から紡ぎだすのが一番良い

塚本訳ヨハネ
"431505","わたしが葡萄の木、あなた達は蔓である。わたしに留っており、わたしもその
人に留っている人だけが、多くの実を結ぶのである。あなた達はわたしを離れては、何一
つすることは出来ないのだから。"

【口語訳】 ガラ 5 章
5:22 しかし、御霊の実は、愛、喜び、平和、寛容、慈愛、善意、忠実、

塚本訳ヨハネ
"430413","イエスは答えられた、「この(井戸の)水を飲む者はだれでもまた渇くが、"
"430414","わたしが与える水を飲む者は永遠に渇かない。そればかりでなく、わたしが与
える水は、その人の中で(たえず)湧き出る水の泉となって、永遠の命に至らせるであろ
う。」"

塚本訳ヨハネ
"430737","祭の最後の大祭の日に、イエスは立って叫ばれた、「渇く者はわたしの所に来て
飲みなさい。"
"430738","わたしを信ずる者は、聖書が言っているように、『そのお腹から、清水が川とな
って流れ出るであろう。』」"
"430739","これは、彼を信ずる者が受けるべき御霊のことを言われたのである。イエスは
(その時)まだ栄光を受けておられなかったため、御霊がまだ下っていなかったからであ
る。(「であろう」と言われたのはそのためである。)"

塚本訳マタイ
"401128","さあ、疲れている者、重荷を負っている者はだれでも、わたしの所に来なさい、

休ませてあげよう。
"
"401129","
わたしは心がやさしく、高ぶらないから、わたしの軛を負ってわたしの弟子に

なりなさい、そうすれば“魂の休息が得られよう。”
"
"401130","
わたしの軛は甘く、わたしの荷は軽い。」
"

塚本訳ヨハネ
"431224","アーメン、アーメン、わたしは言う、一粒の麦は、地に落ちて死なねば、いつ

までもただの一粒である。しかし死ねば、多くの実を結ぶ。(だからわたしは命をすてる。)

"
"431225","(この世の)命をかわいがる者は(永遠の)命を失い、この世で命を憎む者

は、命を守って永遠の命にはいるであろう。
"
"431226","
わたしに仕えようとする者は、わたしに従い(わたしと同じ道を歩き)なさい。

そうすれば、わたしに仕える者もわたしがおる所におることができる。父上はわたしに仕

える者に、(そんな)栄誉をくださるのである。]
"

塚本訳ルカ
"420813","岩の上のものとは、御言葉を聞く時、喜んで受け入れるが、この人たちには(し
っかりした信仰の)根がないので、その当座は信じているが、試みの時に離れおちる人た
ちである。"
"420814","
茨の中に落ちたもの、これは(御言葉を)聞く(と、しばらくは信じている)
が、とかくするうちに人生の心配や富や快楽に押えつけられて、実の熟さない人たちであ
る。"
"420815","
しかし良い地のもの、これは御言葉を聞くと、りっぱな善い心でこれをしっか
り守り、忍耐をもって実を結ぶ人たちである。"


【口語訳】 詩 126 篇
 126:5 涙をもって種まく者は、喜びの声をもって刈り取る
 126:6 種を携え、涙を流して出て行く者は、束を携え、喜びの声をあげて帰ってくるであろう。

【口語訳】 一コリ 15 章
 15:58 だから、愛する兄弟たちよ。堅く立って動かされず、いつも全力を注いで主のわざに励みなさい。主にあっては、あなたがたの労苦がむだになることはないと、あなたがたは知っているからである。


●以上の点と点を結べば次のことがわかる。「重い十字架は負いきれないが、イエスとともにあるときそれは軽い。そしてsぽの苦しみは無駄には終わらず、結果的に良い実が結ばされる」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想終わり

●6:30 公園でラジオ体操。いつものように隣に並ぶ共産党市議に次のように一分説教。
●「人間で一番大切なことは十字架を負うこと。革命で外部環境を変えることは真の幸福にはつながらない。革命を起こして世の中を変えてヤロウなどと思っている人間は低級だ」
●NHKTV「新日本風土記」。今日は函館。行ったことのあるところを見るのは楽しい。これは「新聞広告を見るのが一番多いのはそれを購入した人」という統計があるのと同じ。
●信仰集団も同じ。十字架による罪の赦しの体験をした人たちの集まり






トラックバック(0) | コメント(1) | top▲


悪霊を追い出す能力 ++++++++ 所感

2012/11/20 08:00

121120(火)5時半目覚め●朝の啓示「悪霊を追い出す能力」●新約聖書には「悪霊」という言葉が93回も出てきて何と「聖霊」の92回に匹敵する(新共同訳)。●この言葉を全部丹念に読む(聖書理解にはこれが有効。聖書事典、神学事典、注解書よりもはるかに力がある)と顕著なことはそれには「取りつく」という言葉(「悪霊」と「取りつく」の組み合わせは24回)と「追い出す」という言葉(「悪霊」AND「追」の組み合わせは29回)がつきものである。●そしてその悪霊の働きはと言えば人に取りついて「良い人」を別人格のようにさせ、家人をてこずらせ、困らせる。イエスのもとにその悪霊に取りつかれた人間を連れてくるのは大抵が家の人である。万策尽きた人という感じである●これに対してイエスはその権威で悪霊を追い出す。大抵は「一言」で追い散らす。また使徒たちにもその権威を授けた。福音はそういう権威者のもとに広まって言った。パウロにもその能力があった。●人類はこの「悪霊」に悩まされ、その戦いに明け暮れてきた。ドストエフスキーの「悪霊」は革命精神という悪霊。マックスウェーバーの「プロテスタンティズムと資本主義の精神」は金もうけの悪霊、そのほか数限りない文学は不倫という悪霊。あー人間は悪霊に毒素を注入され「呻き苦しんでいる」●この悪霊から解放されるのは思想信条倫理教育躾道徳修養運動では無理なのだ。それが人類の苦闘の歴史なのだ。聖書では律法。それが神の失敗。人間を救えなかった。●そこで「時」が来て神の子が人類を悪霊から救出した。そしてその弟子たる使徒(信者)たちにもその能力を授けられた。●以上の関連個所を列挙してみよう。悪霊は塚本訳では「悪鬼」。
 
塚本訳マタイ
"400816","夕方になると、人々は悪鬼につかれた者を大勢イエスのところにつれて来た。
イエスは言葉をもって霊どもを追い出し、また一人のこらず病人をなおされた。"
"400817","
“彼はわたし達の煩いを除き、病気を取り去るであろう”と、預言者イザヤを
もって言われた言葉が成就するためであった。"

●イエスは「霊能者」であった。人間の医者には直せないことがイエスにはできた。


塚本訳ルカ
"420901","それから(前に選んだ)十二人(の弟子)を呼びあつめて、すべての悪鬼を支
配し、
また病気をなおす力と全権とを授けた上、"
"420902","
神の国(の福音)を説いたり、病気を直したりするために派遣された。"

●使徒の能力は悪霊を追い出せること。これがあって罪の赦しの福音の宣教が可能。

塚本訳使徒
"442616","使徒 26:16","さあ、起きて、“自分の足で立て。”わたしが(今)現われたのは、
君を選んで、わたしを見たことと、(今からも)君に現われて示すこととの証人として、
わたしに仕えさせるためである。"
"442617","
使徒 26:17","(かずかずの迫害や危険がのぞむが心配するな。)わたしは君をこ
の(イスラエルの)民(の手)から、また”異教人(の手)から”“(かならず)救い出し
てやる。”“彼らの中にわたしが君を遣わすのは、”"
"442618","
使徒 26:18","彼らの”目をあけて”彼らが“暗闇から光に、”悪魔の権力から神
に帰るため、
そうして彼らがわたしに対する信仰によって罪の赦しを得、きよめられた人
たちの仲間に入れていただくためである』と。"

●パウロには悪霊を追い出す霊能力を授けられた。だから福音の宣教に力があった。

塚本訳マルコ
"410928","マルコ 9:28","家にかえられると、弟子たちは人のいない時に尋ねた、「なぜわ
たし達には霊を追い出せなかったのでしょうか。」"
"410929","
マルコ 9:29","彼らに言われた、「この種類(の霊)は、祈り以外(の手段)で
は決して出てゆかせることは出来ない。」"


塚本訳マタイ
"401719","あとで弟子たちは人のいない時にイエスの所に来て言った、「なぜわたし達には
悪鬼を追い出せなかったのでしょうか。
"
"401720","
彼らに言われた、「信仰が無いからだ。アーメン、わたしは言う、もしあなた達
に芥子粒ほどでも信仰があれば、この山に向かい『ここからあそこに移れ』と言えば移り、
あなた達に出来ないことは一つもない。」"

塚本訳ルカ
"421705","使徒たちが主に言った、「もっと信仰を下さい。」"
"421706","
主が言われた、「もしあなた達に芥子粒ほどでも信仰があれば、──(あなた達
にはそれがないが、もしあれば)──この桑の木にむかい『抜けて海に植われ』と言って
も、言うことを聞くであろう。"

●我々はすべてが「霊能者」にはなれないが、「祈り」という手段で神の莫大なエネルギーを呼びよせることができると言うのだ。霊能者になれるのだ。「アノ人」を悪霊から解放できるのだ。本人に言わなくてもよいのだ。注意や勧告や説教をしなくてよいのだ。遠隔操縦でよいのだ。
●依存症(アルコール、ギャンブル、風俗、麻薬)の人間の病気の根は深い。桑の木の根が深いのと同じ。しかしこの絶対に抜けないというしつこい根も僅かな祈りでもあれば抜けるとイエスは言うのだ。これこそ超能力で、我々もまたイエスやパウロのように霊能力者になれることなのだ。
●田川建三の聖書勉強会では「祈り」をしないそうだが、それでは悪霊を追い出せないから福音も伝わらない。今日の無教会の聖書勉強会も似たり寄ったり。衰退は当たり前。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想 終わり

●6:30 公園でラジオ体操。また共産党市議に「説教」。
●「人間は悪霊に取りつかれている。それからの解放が一番に大切だ。」彼は胸に十字を切ってまた選挙運動に自転車(ラウドスピーカーを付けている)で駅に走って行った。彼は革命思想という悪霊(ドストエフスキー)に取りつかれているのだ。人間を圧政から解放しても真の解放にはならないのだがなー。わかっちゃないなー。
●妻は18:30 月本昭男先生の「イザヤ書講義」(新宿)
●19:00 「大島富士子リーダーアーベント(ソプラノ独唱会)」(ルーテル市ヶ谷ホール)
ほぼこの一年間に癌の二度の大手術と化学療法を乗り越えての演奏会は偉観であった。演奏内容よりもよりもその癌サバイバーの姿に感銘。耳が聞こえなくなったヴェートーヴェンがそれか以後傑作を生みだしたことを思い出した。私の死因は癌になると聖路加の主治医から言われているが「癌サバイバー」として「聖書に関する仕事をしながら」逝きたい。

2012_11200009.jpg 

開演前。大島智夫先生と。先生独特のポーズ。先生とは美ヶ原聖書講習会
で出あってから44年。

2012_11200012.jpg 

病後なのにドイツ語、フランス語、スペイン語でたっぷり2時間。
アンコールも3曲。知っている曲は一つもなかったが、癌サバイバーの姿に感銘。
伴奏は著名なダルトン・ボールドウィン。聴衆はおおよそ300名。補助椅子もあった。

2012_11200013.jpg 

大島富士子さんと。2時間よく持った。撮影は従姉妹のMAさん。
多くの人が挨拶をされていた。私も癌になっても富士子さんのように
「癌サバイバー」で生きたい。

●帰途はHEさんと駅まで一緒。ご主人が50歳で亡くなった時の癌の苦しみはものすごかったのでああいうようにはなりたくないと言われる。 「癌の激痛は医学の進歩で次第にやわらげられるようになるが、残るは死の不安なのでいよいよキリスト教の出番だと思う」と語った。
●帰宅は23:15分。あきる野市は都心から遠い。


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


キリストの血は一切の罪を清める ++++++++ 所感

2012/11/19 07:33

121119(月)5時15分目覚め●朝の啓示「キリストの血は一切の罪を清める」「霊とことば」「解放の喜び」●まず「キリストの血は一切の罪を清める」について黙想。この言葉に力があるのは罪の悩み苦しみがキリストの血」という歴史的物理的現象で解放されることのある。この時「キリストの血」は神の心の目に見える言葉であり、象徴である。これが「十字架のことば」も同じである。●しかしこれは現代の今において「聖霊によってわかる」ものであり、大脳皮質ではわからない。●「次に霊とことば」につて。過日親交のある某氏との手紙のやり取りで「高橋の有体的復活宣教は教条化していると指摘があった。これには思わずホーッと思った。信仰や霊のことを言葉え表現すると聞く方ではそれを「教条化」とうけとるのかー。●また「使徒伝承」を強調したとき、信仰がしっかりしていない人から「それは教条化である」と批判された。こちらの方は信仰がダメな人間の発言だから相手にできないが、この二つは霊を言葉にすると急に力がなくなることを知って新しい視界が開けた。「敵はタダで真理を教えてくれる」●次に「解放の喜び」。キリストは神の子でありながらその地位を捨ててこの世に罪の人間の様で現れ、人間を罪から解放した。新約聖書の本質はこれである。
以上3点に関する聖書の箇所を列挙して瞑想してみよう。

塚本訳へブル
""580914","ヘブル 9:14","まして永遠の御霊の力によって傷のない自分自身を神に捧げた
キリストの血が、わたし達の良心を死ぬ行いから清めて、生ける神を礼拝させないことが
あるだろうか。"

塚本訳へブル
"580922","ヘブル 9:22","こうして律法にしたがえば、ほとんどすべてのものが血で清めら
れ、血を流すことなしには(罪の)赦はない。"


塚本訳ヨハネ
"430662","それなら、もし人の子(わたし)が(地上に下りてくる)前にいた所に上るの
を見たら、どうであろう。そのときあなた達は、肉を食い血を飲むのが、霊の意味であっ
たことに気づくであろう。"
"430663","
霊が命を与える。肉はなんの役にも立たない。いまわたしがあなた達に話した
言葉は、霊である。だから、命である。"


塚本訳  Ⅰコリ
"460204","・コリント 2:4","そしてわたしの話も説教も、人を感服させる知恵の言葉によ
らずに、(神の)霊と力との(直接の)立証によった"
"460205","
・コリント 2:5","それはあなた達の信仰が人間の知恵に基づくのでなく、神(御
自身)の力に基づくためであった。"
"460206","
・コリント 2:6","こうは言うものの、(霊的に)成人した人たちの前では、わた
し達も知恵を話す。ただそれはこの世の知恵でも、やがて滅びるこの世の支配者ども(す
なわち悪魔の手下)の知恵でもない。"
"460207","
・コリント 2:7","わたし達が話すのは神から来る(神の)秘密を示す知恵であ
り、(世に)隠されていた知恵であり、神がわたし達に栄光を与えるために、世の始めの
前からあらかじめお定めになった知恵である。"
"460208","
・コリント 2:8","この世の支配者のだれ一人、これのわかっていた者はなかっ
た。もしわかったならば、栄光の主(キリスト)を十字架につけなかったはずであるから。

塚本訳 Ⅰコリ
"460214","・コリント 2:14","しかし(御霊を持たない)生まれながらの人間は、神の霊か
ら出てくることを受け入れない。
彼にはそれが馬鹿なことなのである。またそれを理解す
ることも出来ない。(霊のことは)霊的に判断されねばならないからである"

塚本訳ルカ
"420418","“主の御霊がわたしの上にある、油を注いで(聖別して)くださったからであ
る。主は貧しい人に福音を伝えるためにわたしを遣わされた。囚人に赦免を、盲人に視力
の回復を告げ、”“押えつけられている者に自由をあたえ、”"
"420419","
“主の恵みの年(の来たこと)を告げさせるために。”"

塚本訳ヨハネ
"430831","すると信じたユダヤ人に言われた、「もしわたしの言葉に留まっておれば、あな
た達は本当にわたしの弟子である。"
"430832","
真理を知り、その真理があなた達を自由にするであろう。」"
"430833","
しかし彼らは(その意味がわからずに)答えた、「わたし達はアブラハムの子孫
で(自由人で)ある。いまだかつてだれの奴隷にもなったことはない。どうして『あなた
達は自由になる』と言われるのか。」"
"430834","
イエスは答えられた、「アーメン、アーメン、わたしは言う、罪を犯す者は皆罪
の奴隷である。"
"430835","奴隷はいつまでも家におるわけにゆかない。(いつでも追い出される。しかし)
子はいつまでも家におる。
"430836","
だから、もし子(たるわたし)が(罪から)自由にしてやれば、あなた達は本
当に自由になるのである。
(そしていつまでも父上のところにおることができる。)"

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想終わり

6:30 公園でラジオ体操。隣に並ぶあきる野市の共産党議員に今日も「説教」
●「解放というのは罪からの解放が人間として一番大切だ」
●するとこの議員、今日は(選挙運動で)忙しいからと言っていつもの胸に十字をきることはしないでそそくさと去って行った。ダメだなー。共産党も先がない。





トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


肉の喜びでなく霊の喜びを求めた方が幸福 ++++++++ 所感

2012/11/18 07:14

121118(日)4時目覚め●朝の啓示「肉の喜びではなく、霊の喜びを求めたほおうが幸福」●心に浮かんだ聖句を列挙する。

塚本訳ロマ
"451312","ローマ 13:12","夜がふけて、(最後の)日が近づいた。だから闇の業をぬぎすて、
光りの武具をつけようではないか。"
"451313","ローマ 13:13","昼間にふさわしく、きちんとして生活しようではないか、酒宴
と酩酊でなく、淫楽と放蕩でなく、喧嘩と嫉妬でなく。"
"451314","ローマ 13:14","主イエス・キリストを着なさい。肉をいたわるのはよいが、情
欲に陥らないように。"


●アウグスチヌスはこの箇所に触れて大回心。あの淫楽と放蕩の息子がカトリック教会の礎となった。聖書の力は偉大だ否、神ご自身の力だ。母モニカの涙の祈りは通じた。
●アメリカには彼女を記念した名前の「サンタ・モニカ市」がある。アウグスチヌスの回心はすべての親の「希望」。「桃栗3年、柿8年、柚子のバカヤロ18年。人の救いは最後の日」


塚本訳 Ⅰコリ
"461550","・コリント 15:50","兄弟たち、わたしの言うのはこのことである。血肉の人間
は神の国を相続することは出来ず、死滅が不滅を相続することはない
"

●俗っぽいクリスチャンはエクレシアの癌。放っておけばそのうち枯れる。まじめなクリスチャンは俗っぽいクリスチャンを臭いでわかるからはねつける。

塚本訳 Ⅰコリ
"460619","・コリント 6:19","それとも、あなた達の体は神からいただいた聖霊の住んでお
られるお宮で、自分のものでないことを、あなた達は知らないのか。"
"460620","
・コリント 6:20","なぜというのか。あなた達は(キリストの血の)代価を払っ
て買われたのである。だからあなた達の体をもって神を賛美せよ。"
"460701","
・コリント 7:1","また、あなた達が(わたしに)書いている(結婚の)ことに
ついては、(こう答える。)──(出来れば)男は女に触れないがよい"

●それでは結婚は成立しないか。そうではない。肉の欲第一にに惹かれて結婚するのはいけないというのだ。
●私は女子大で「イケメンと結婚するな」というと大抵は「エーッ、なんでー」と応答がある。図星なのだ。それに対して「イケメンはたいがい金も今日も倫理がないから」と答える。

塚本訳へブル
"580507","ヘブル 5:7","彼はその(地上における)肉の日に、烈しい叫び声と涙とをもっ
て、彼を死から救い得るお方に向かって祈りや嘆願を捧げ、
その敬虔のゆえに聞きいれら
れた(方である)。"
"580508","
ヘブル 5:8","彼は御子であるにもかかわらず、苦しみをうけて従順を学び、"
"580509","
ヘブル 5:9","完成されたので、(今度は彼が、)彼に従順であるすべての人に対
して“永遠の救の”本源となり、"
"580510","
ヘブル 5:10","神から“メルキゼデクと同等の”大祭司と呼ばれたのである。"

●キリストもパウロもその地上の「肉の生活」の時には激しい叫び声と涙の日々であった。しかし神のところにある喜びに溢れていた。

塚本訳エペソ
"490518","エペソ 5:18","また“酒に酔うな”──これが放蕩(の始まり)である──むし
ろ御霊に満たされよ。(これに酔え。)"
"490519","エペソ 5:19","聖歌と讃美歌と霊の歌をもって互いに語り、心をもって主に歌い
また奏で、"
"490520","
エペソ 5:20","事毎に私達の主イエス・キリストの名において父なる神に常に感
謝せよ。"

●酒は間違いの元。過日NHKの森本ニュースキャスターが電車内で痴漢行為。かなり酔っていたらしい。これで彼の人生もおしまいだ。
●以前、三鷹警察署から妻に電話。「お宅のご主人が痴漢行為で捕まりました。今そばに弁護士がいますから対処の仕方を相談してください」。私はそのとき家にいたので妻が「アナタ何を言っているのですか」というと相手は「がシャッ」と電話を切った。オレオレ詐欺であった。
●酒は乱行n元。倫理感覚がマヒするのかなー。
●キリスト教が我が国にもたらした良い習慣は禁酒禁煙。癌の予防にもなることは定説。

【口語訳】 創 6 章
 6:1 人が地のおもてにふえ始めて、娘たちが彼らに生れた時、
 6:2 神の子たちは人の娘たちの美しいのを見て、自分の好む者を妻にめとった。
 6:3 そこで主は言われた、「わたしの霊はながく人の中にとどまらない。彼は肉にすぎないのだ。しかし、彼の年は百二十年であろう」。

●男は「美人」と結婚するな。女は心だ。美人は冷たい、不親切、傲慢でトッポイ、浪費する。
●ヒルティは虫を「ぶちっ」と平気で潰すような女とは結婚するなと言っている。旦那もその目に遭うのかもしれない。
●信仰の篤い人にこの世が好む美人はいない。
●本当の美人は霊に満たされている顔。
●本当のイケメンも同じ。霊に満たされている顔。
●イマドキのワカイ女性が三高(高学歴、高い身長、高収入)を願うのは親や教師の教育が悪いからだ。人を見る目がない。
●ポテパルの妻は姿の美しいヨセフを誘惑。ダビデは裸体の美しいウリヤの妻を誘惑。聖書はこういう人間を「罪人」と断罪。
●そうするとエクレシアにはイケメンも美人もいないのか。そうではない「福音美人」「福音イケメン」がいる。この世の人間とは美の基準が全然違うのだ。

塚本訳へブル
ヘブル 13:4","婚姻はすべての点において尊ばれよ。また夫婦の床が汚れないように。神
は不品行の者と姦淫する者とを罰されるからである。"
"581305","
ヘブル 13:5","金銭を愛せぬ生活をせよ。(現在)もっているもので満足せよ。

●婚姻生活の破綻の原因は「金銭」がらみが多い。
●人間、大金が入ると堕落する。不品行になる。だからイエスは「貧しき者は幸いなり」といっているのだ。神は人を赤貧にはしない。食べるだけのギリギリ生活が幸福なのだ。

【新共同訳】 一テモ 6 章
 6:10 金銭の欲は、すべての悪の根です。金銭を追い求めるうちに信仰から迷い出て、さまざまのひどい苦しみで突き刺された者もいます。


●十王製紙の馬鹿息子はラスベガスで大金を使って遊興。会社の評判を落とした。
●人間の判定方法は大金を握らせたときそれを何に使うかで決まる。酒や遊興に使う男が最低。
●米国のフルブライトやカーネギーは文化事業に使った
●上智大学の学長であったヘルマンホイベレス神父は故国ドイツの自動車会社の弟が「兄さんも年だから、自動車でも買いなさい」と何度も金を送ってきたがそのたびにそれを貧しい人に分けた。
●妾の子供で淋しく育った賀川豊彦は「死線を越えて」の著作の印税収入が莫大であったが、これまたすべて貧しい人に施し、自分は「キツネウドン」を食べていた。自戒。
●金銭は人物判定のリトマス試験紙。金持ちの青年がイエスに「永遠の命の道」を訪ねてきたがイエスは「財産を貧しい人に施して来い」と言った。これは善行が救いの条件だというのではなくイエスは「人を見た」のである。

塚本訳ルカ
"421017","七十二人が喜んで帰ってきてイエスに言った、「主よ、あなたの名を使うと、悪
鬼までがわたし達に服従します。」"
"421018","
彼らに言われた、「悪魔が稲妻のように天から落ちるのを、わたしは見ていた。
"
                 
"421019","
(悪魔の下働きをする)“蛇”や蝎“を踏みつけ、”また敵のあらゆる力に打ち
勝つ全権をあなた達に授けたではないか。だから、あなた達に害を加えるものは一つもな
い。"
"421020","
しかし(悪い)霊どもがあなた達に服従したことを喜ばず、自分の名が天(の
命の書)に書き込まれていることを喜ばなくてはいけない。」"
"421021","この時イエスは聖霊にみたされ、感激にあふれて言われた、「天地の主なるお父
様、(神の国の秘密に関する)これらのことを(この世の)賢い人、知恵者に隠して、幼
児(のような人たち)にあらわされたことを、讃美いたします。ほんとうに、お父様、そ
うなるのがあなたの御心でした。"

●教会や集会が教勢や人数の増大を目指す精神は「金銭の欲」と同じ。神に喜ばれていない。
●大教会よりも田舎の小教会に神に喜ばれるものがある。讃美歌403番「神によりていつくしめる」の由来は美しい。内村鑑三が指摘している。
●田舎牧師が都会の大教会に招聘され、その別れの日に牧師を峠まで見送ってきた信者たちは愛する牧師との別れに泣き崩れた。それで牧師は大教会に行くことをやめたというもの。
そのときにできたのがこの讃美歌である。天に書き込まれた教会。
●教会の価値はその人数ではない。

塚本訳ルカ
"420145","主の仰せられたことはきっと成就すると信じたこの人は、なんと仕合わせでし
ょう。」"
"420146","
マリヤが(神を讃美して)言った。──“わたしの心は主を”あがめ、"
"420147","
わたしの霊は、“救い主なる神を喜びたたえる、”"
"420148","
この“卑しい召使にまで目をかけてくださった”からです。きっと今からのち
代々の人々は、“わたしを仕合わせ者と言いましょう。”"

●ルカ1:46-56の「マリヤ」の賛歌は、讃美歌95番になっている。
●人間は誰でも「仕合わせ」を求めている。
●聖書はこのマリヤの賛歌のようなことを「仕合わせ」というのだ。
●それは「霊の喜び」なのだ。「この世的喜び」ではないのだ。
●人類の最高傑作と思われる「ウェストミンスター小教理問答書」の第一問「人生の目的は何ですか」の答えは「人生の主たる目的は神の栄光を表し、永遠に神を喜ぶことにある:である。この「神を喜ぶ」というところに注目したい。生まれつきの人間は「この世を喜ぶ」ことを目指して生きているのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想 終わり

6:30 公園でラジオ体操
10:00 妻と集会(信濃町)へ 集会は横田、丹野(ロマ書8章凱歌。次回の私の感話にヒントを得た) 村上(申命記5章)
12:30 信濃町駅前で小寺ご夫妻と私たちで昼食。
14:30 DVD「カラマーゾフの兄弟」の第4枚目。兄弟のうち「遊び人」のミーチャのこと兄弟の仲にもこういう人物がいるんだなーと思うと救いだ。
17:45 夕食後DVD「聖書の謎を追え」第三部「出エジプト」を妻と観る。
21:00 O・クルマン「キリストと時」を少し読む。ディベリウスの天使論。










トラックバック(0) | コメント(2) | top▲


赦せない苦しみからの解放 ++++++++ 所感

2012/11/17 05:36

121117(土)5時目覚め●朝の黙想「赦せない苦しみからの解放」●聖書は人を赦せ、そうしないと自分も神から許されないとしきりに言う。しかしそれが現実的には「どうしても」不可能なのだ。磁石のS極がS極に(このSは英語のSinに通じる)反発するように人の罪を赦せない。この苦しみをどう考えたらよいのか。これが今朝の黙想の課題である。
 ●福島県の某氏に「東電を赦せ」と言ったら、別の人に「東電をぶっ潰せ」と激怒したという。「それでいいんだ、それでいいんだ。それが人間として普通の感情だ」。

塚本訳マタイ
"400612","罪を赦してください、わたしたちも罪を犯した人を赦しましたから。"
"400613","わたしたちを試みにあわせないで、悪から守ってください。"
"400614","(祈る前に、まず人の罪を許さねばならない。)あなた達が人の過ちを赦してや
れば、天の父上もあなた達を赦してくださるが、"
"400615","人を赦さないならば、父上もあなた達の過ちを赦してくださらないであろう。
"

塚本訳マタイ
401832","すると主人はその家来を呼び出して言う、『不埒な家来、あなたが頼んだから、
わたしはあの負債に全部、棒を引いてやったのだ。"
"401833","だからあなたもわたしに情をかけてもらったように、同僚に情をかけてやるべ
きではなかったのか。』"
"401834","そこで主人は怒って、負債を全部返すまでその男を獄吏に引き渡した、(という
話。)"
"401835","わたしの天の父上も、もしあなた達ひとりびとりが心から兄弟を赦さないなら
ば、同じようにあなた達になさるであろう。」"


●赦さないと赦されないとなると生身の人間には絶対に不可能だ。人間的修養や努力では無理。たとえできても「相手を無視」したり「我慢したり」「放っておいたり」「天罰当たれと願う」ことぐらいが関の山。とうてい心から赦せるものではない。
●「赦し」の難問はニワトリが先か卵が先かの問題。


ルカ
"422333","髑髏という所に着くと、(兵卒らは)そこでイエスを十字架につけた。また罪人
も、一人を右に、一人を左に(十字架につけた)。"
"422334","するとイエスは言われた、「お父様、あの人たちを赦してやってください、何を
しているか知らずにいるのです。」
“彼らは籤を引いて、”イエスの“着物を自分たちで分
けた。”"
"422335","民衆は立って“見物していた。”最高法院の)役人たちは“鼻で笑って”言った、
「人を救ったのだ、(今度は)自分を救えばいいのに、神の救世主、(神に)選ばれた者な
ら!」"

●これを読んで「自分も人を赦さなければならない」と自分を戒めるのは「人間的努力」なので、いつかは爆発して元の木阿弥。人間は神の子キリストの真似は出来ないものだ。
●人間が人間を赦すことができれば世の中に戦争は起こらない。復讐は正義だと思うところに戦争の論理がある。
●政治的調整で国際紛争を解決しようと思うのは「人間レベル」での話。
●中国や韓国は日本を永久に許せない。尖閣諸島、竹島問題の根は深い。人間の罪の問題にぶつかる。
●かって日本はABC包囲網で経済封鎖をされたので、復讐心から太平洋戦争が起こった。日本中がそれを「是」とした。提灯行列をした。
●かって、矢内原集会に韓国人が「見学」(?)に来られた時のこと。矢内原先生は「韓国人はまず自分の罪を神に赦していただきなさい。それから日本人を赦しなさい」と言われた。これを聞いたその韓国人たちはどうされたのだろう。

塚本訳ルカ
"421703","(人を罪にいざなわぬように注意せよ。(また)もし兄弟が(あなたに対して)
罪を犯したら、これを咎め、悔改めたら、赦してやりなさい。"
"421704","あなたに対して一日に七度罪を犯しても、七度『すまなかった』と言って、あ
なたの所へもどってきたら、七度赦してやらねばならない。」"

"421705","使徒たちが主に言った、「もっと信仰を下さい。」"
"421706","主が言われた、「もしあなた達に芥子粒ほどでも信仰があれば、──(あなた達
にはそれがないが、もしあれば)──この桑の木にむかい『抜けて海に植われ』と言って
も、言うことを聞くであろう。"

●人を赦すことが困難であることは7章5節の「もっと信仰を下さい」という言葉に表れている。
●これに対するイエスの言葉に解決の糸口が見える。「芥子粒ほどでも信仰」という。しかしそれが人間にはないのだ。
●「頭を下げて謝ってきたら赦してやる」「謝罪すれば赦す」などというのは「この世」の習慣である。官公庁の儀礼は「お辞儀」作業である。
●大阪の橋下市長に関してまずい記事を書いた「週刊朝日」の社長が橋下市長に謝罪をして「社長を辞任」した。この態度を見て橋下市長は「赦した」。こういう劇は茶番である。形だけである。人間的世界の話である。信仰は必要ない。形式である。現に週刊朝日の社長は「社長代行」で居座り続ける。
●「桑の木」は根が深く強いらしい。人間の罪も根が深く強いからなまじの人間的努力では抜かない。それが「信仰で抜ける」とイエスは言うのだ。どういうことか。

塚本訳ロマ
"450503","ローマ 5:3","そればかりではない。苦難をも誇る。苦難は忍耐を、"
"450504","
ローマ 5:4","忍耐は鍛錬を、鍛錬は希望を生むことを知っているからである。"
"450505","
ローマ 5:5","そしてこの“希望は(必ず実現して、わたし達を)失望させるこ
とはない。”神はわたし達に聖霊を授け、それによって愛をわたし達の心の中に(いつも
豊かに)注いでいてくださるからである。"
"450506","
ローマ 5:6","なぜなら、わたし達がまだ弱くあったとき、当時まだ不信心者の
(わたし達の)ために、キリストは死んでくださったからである。"
"450507","
ローマ 5:7","(驚くべき神の愛!人間の世界では、)義人のために命をすてる者
はほとんどあるまい。善人のためならば、惜しげもなく命をすてる者が、あるいはあるか
も知れない。"
"450508","
ローマ 5:8","しかしわたし達が(義人でも善人でもなく、)まだ罪人(神の敵)
であったとき、キリストが私たちのために死んでくださった。このことによって、神はわ
たし達に対する愛をお示しになったのである。"
"450509","ローマ 5:9","それならばキリストの血で義とされている今、わたし達がキリス
トによって(最後の日の神の)怒りから救われるのは、もちろんである。"
"450510","
ローマ 5:10","なぜなら、(神の)敵であったのに、その御子の死によって神と
和睦ができたくらいならば、すでに和睦をしたわたし達が、御子の(復活の)命によって
救われるのは、もちろんである。"

●ここに聖書の答えがある。神が先に「人を赦せない追尾との私」を赦して聖霊を賜り、それで人を赦せるようになる。
●この摩訶不思議な原理がプロテスタンティズムの論理と言えば論理である。
●この恩恵を頂かないうちは人間はいつまでも悪魔の奴隷である。人間的に「悪あがき」しても解放されない。 

塚本訳ヨハネ
"430834","イエスは答えられた、「アーメン、アーメン、わたしは言う、罪を犯す者は皆罪
の奴隷である。"
"430835","
奴隷はいつまでも家におるわけにゆかない。(いつでも追い出される。しかし)
子はいつまでも家におる。
"430836","
だから、もし
子(たるわたし)が(罪から)自由にしてやれば、あなた達は本
当に自由になるのである。(そしていつまでも父上のところにおることができる。)"

塚本訳マタイ
"402534","それから王(なる人の子)は右側の者に言う、『さあ、わたしの父上に祝福され
た人たち、世の始めからあなた達のために用意された御国を相続しなさい。"

●人間が人を赦せないという苦悶の状態から解放されるのは神の祝福による聖霊の付与による。これプロテスタンティズムの本質。

塚本訳 Ⅱコリ
"470316","・コリント 3:16","“しかし彼らの心が主に帰るならば、その時ベールは取り除
かれる。”"
"470317","
・コリント 3:17","(ここで)主(と)は御霊(のこと)である。主の御霊のあ
るところには自由が(ある
から、ベールが取り除かれるので)ある。"

●人が人を赦せるのは神の祝福による

塚本訳ガラテヤ
"480308","ガラテヤ 3:8","すなわち聖書は、神が異教人をも信仰(のみ)によって義とさ
れることを前から知っていたので、アブラハムにあらかじめ福音を伝えた、“お前によっ
て、すべての異教人が祝福をうける”と。"
"480309","
ガラテヤ 3:9","だから信仰の人は、(ユダヤ人、異教人の別なく、)信仰のアブ
ラハムと共に祝福される。"

塚本訳エペソ
"490101","エペソ 1:1","神の御意によってキリスト・イエスの使徒となったパウロから、
【エペソに】ある聖徒、またイエス・キリストを信ずる人達にこの手紙を遺る。"
"490102","
エペソ 1:2","われらの父なる神と主イエス・キリストよりの恩恵と平安君達に
あれ!"
"490103","
エペソ 1:3","賛美すべきかな、天上におけるあらん限りの霊の祝福をもって私
達をキリストにあって祝福し給うわれらの主キリスト・イエスの父なる神!"

塚本訳Ⅰペテ
"600308","・ペテロ 3:8","最後に、皆の者が同じ思いで、同情深く、兄弟仲よく、憐憫深
く、謙遜であり、"
"600309","
・ペテロ 3:9","悪で悪に、あるいは悪口で悪口に報いず、むしろ反対に、祝福
せよ。祝福を相続するために召されたのであるから"

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想 終わり 

●6:20 公園でラジオ体操。隣に並んで体操をするあきる野市共産党市議会議員に「説教」
●「人は人を赦せなくてはいけない。共産党の人が叫ぶ人権だとか平和は人間が変わらなければダメだ」 (今朝自分が黙想したばかりのこと)
●この議員、私の「説教」を聞き終わると胸に十字を切る。本当にわかっているのかなー。 
●昼食後大学から借りてきたDVD「聖書の謎ソドムとゴモラ」を妻と鑑賞。いつの時代にも淫蕩と姦淫の罪があって神に裁かれる。
●15:30 妻は合唱の練習。今日からヴィヴァルディ「グロリア」。
●16:00 学校から借りてきたDVD、ドストエフスキー「カラマーゾフの兄弟」の3枚目を観る。
人生はドロドロ。兄弟でも、無神論者あり、堕落者あり、修道僧あり、大きな違いがあることに「救い」を感じた。ドストエフスキーはそのドロドロを描いてキリストの「救い」を宣べ伝える。
●19:30 妻が帰ってきて夕食




 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


堕ちるところまで堕ちよ ++++++++ 所感

2012/11/16 07:23

121116(金)5時半目覚め●朝の啓示「堕ちるところまで堕ちよ」●ドストエフスキーの「罪と罰」の評論で佐古純一郎(元日本基督教団中渋谷教会牧師・文芸評論家)が同意。●氏は淫売婦ソーニャにキリストの愛が現れているというのだ。これは私の「読み」と同じ。●つまり人間が落ちるところまで堕ちたときにそこにキリストの救いの手が差し出されるというのだ。●そしてドストエフスキーは淫売婦ソーニャにキリストの幻影を見る。●つまり落ちるところまで堕ちた人間の姿になって罪人に近づく。これだ、これが人の子の姿になって罪のこの世に降ったキリストの姿なのだ。●聖書の次を思い出す。
 
塚本訳ピリピ
"500206","ピリピ 2:6","彼は(先には)神の姿であり給うたが、神と等しくあることを棄
て難いことと思わず、"
"500207","
ピリピ 2:7","かえって自分を空しうして人と同じ形になり、奴隷の姿を取り給
うたのである。そして人の様で現れた彼は、"
"500208","
ピリピ 2:8","自ら謙り、死に至るまで、(然り、)十字架の死に至るまで(父な
る神に)従順であり給うた。"
"500209","
ピリピ 2:9","それ故に神も彼を至高く上げ、凡ての名に優る(「主」なる)名を
与え給うた。"

●そうだキリストは罪の人間の姿になって「この世」に降られた。だから悪魔の奴隷になって苦しんでいる人間を救うことができるのだ。

塚本訳へブル
"580415","ヘブル 4:15","なぜなら、わたし達の大祭司は、わたし達の弱さに同感すること
の出来ない(ような)方でないからである。むしろどの点からしてもわたし達と(全く)
同様に誘惑された
。ただし罪は犯されなかった。"
"580416","ヘブル 4:16","だからわたし達は安心して恩恵の御座に近づこう。そして(彼か
ら)憐れみを受け、また時宜を得た助けとなる寵愛を得ようではないか。"

●そうだ、キリストの前にはどんなみじめで恥のことを持ち込んでも受け入れてくれるのだ。
●この世の「お遊び教会」「お遊び集会」はいかがわしい人間を受け入れない。なぜか。それは「死を待つ老人達のおしゃべりクラブ」で、自分たちの楽しみのために集まっているからである。
●「ただし罪は犯されなかった」という言葉は深い。キリストは罪の人間の姿になられた、つまり堕ちるところまで堕ちたが、といって罪を犯さなかった。これが「この世に生きる」信者の生き方だ。

塚本訳へブル
"580501","ヘブル 5:1","なぜなら、(イエスという大祭司は一方ではアロン、他方ではメル
キゼデクと同様で、完全である。元来)人の中から選ばれる(この世の)大祭司は皆、人
に代って神に関すること(を司るため)、すなわち罪のために供物や犠牲を捧げるために、
任命されるものである。"
"580502","
ヘブル 5:2","彼は自分自身も(人間で、彼が代って犠牲を捧げる人々と同様、
人としての)弱さを身に帯びているので、無知の人々、また(罪に)迷う人々を思いやる
ことが出来るのである。"
"580503","ヘブル 5:3","そしてこの弱さのゆえに、彼は民のためにするように、自分自身
のためにも罪祭を捧げねばならない。"
"580504","
ヘブル 5:4","また(大祭司は)、アロンもそうであったように、神に召されなけ
れば、だれもこの名誉職を自分で取る者はない。"
"580505","
ヘブル 5:5","(これがこの世の大祭司である。神の大祭司)キリストもそのよ
うに、自分で大祭司職の光栄ある地位につかれたのではなく、彼にこう言われた者(、然
り、神)が、されたのである。“あなたこそわたしの子、わたしが今日あなたを生異質
んだ。”"

●そうだ、人の救いは神の方で贖ってくださるのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

朝の黙想 終わり

●ドストエフスキーの名作「罪と罰」は法的概念の訳だが、内容からすれば「負い目と審き」と言う方がよいと佐古純一郎は言う。至言。
●人間は神に帰らないと、その一生が「負い目」の苦しみで生き続けなければならない。ソーニャはラスコリーニコフに言う「あなた、それでいいの?」と。この言葉を牧師や伝道者が言えば「キリスト教宣伝」になるが、ソーニャのような普通の人間が言うから効き目があるのだ。
●昨夜のNHKTV19:30は、「長寿の秘密」。勝手人気者であった「きんさんぎんさん」のうちぎんさんの娘4人が平均90歳ぐらいの長寿。最高齢は98歳。それがそろって元気な原因をその道の医学者が調査した結果の報告。いつも4人が集まって3時間以上「たわいもないおしゃべり」をしていることが原因。
●このことを妻に話すと「いいわねー」とという。その意味は「私も外に自由に放しておいて」という意味らしい。
●老人ホームの個室は人を一番ボケさせる原因ではないだろうか。設計思想が悪い。
●日本の老人福祉施設は肉体の長寿を目指しているからボケ老人を大量に生産している。
●人間の幸福は長寿ではない。質だ。短くても内容だ。キリストもパウロもモーツァルトも短かった。ボケて馬齢を重ねても意味はない。周りに迷惑をかけて金を使うだけだ。国家予算を浪費するだけだ。
●現代プロテスタント教会や無教会集会は老人病院の待合室の様相を呈している。クリスチャンならおしゃべりは神と個人的にするべきである。
●私はかって礼拝の前にぺちゃくちゃしゃべっている老人3人のところに行って「静かにしてください」と激怒。以来私が部屋に入るとその3人は話がやむ。
●かって塚本虎二先生の集会(3-400人)は集会の始まる前は針一本落としてても音が聞こえるように静粛であったという。福音はまずそういう空気で伝わるのだが、現代の教会や集会のうるささでは福音は伝わらない。だから人集めに「悪あがき」をしても無理。信仰の姿勢が堕落している。キリストの集会はカルチャーセンターや趣味娯楽のサークルではない。「おしゃべりや遊興の場ではない」。それと同列に考えている人間はどちらか一方を選ぶべきだ。人は「神と遊びに兼ね仕えることはできない」







トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


宥めの供え物としての人生 ++++++++ 所感

2012/11/15 05:01

121115(木)4時15分目覚め即起床●朝の啓示「悪魔に囚われた人間の救出作戦」「宥めの供え物としての信者の生涯」●次回の感話のテーマは「悪魔」。昨日は分厚い聖書事典で「悪魔」「悪霊」「サタン」を読んだがさっぱり力が出ない。それよりも過日から準備している資料、「悪魔41か所、悪霊、93か所、サタン38か所、合計172か所(いずれも新約聖書)の全部をもれなく丹念に読んだ方が全然力が出て納得する。聖書学は頭、聖書は心。
●感話の表題は「悪魔(悪霊、サタン、)の実在とその働き。」として上記172箇所から心に響く者をピックアップ。悪魔と戦うにはまず敵を知ることが大切。副題は「悪魔に囚われた人間の救出作戦」として信者の生き方について関連個所を感話する。その感話の内容は次である。引用聖句は省略
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

悪魔(悪霊、サタン)の実在とその働き

悪魔(悪霊、サタン)に囚われた人間の奪還作戦

        

                  東京聖書読者会 2012.12.2 高橋照男

 

①聖書における悪魔、悪霊、サタン、悪鬼の出現数(邦語)・・・圧倒的に新約での出現が多い

 

             悪魔   悪霊  サタン   悪鬼    合計

 

   口語訳  旧約    0    9   14    0    23

        新約   36   73   33    0   142

 

   新共同訳 旧約    0    8   14    0    23

        新約   41   93   38    0   172

 

   新改訳  旧約    0    3   14    0    17

        新約   34   78   35    0   113

 

   塚本訳  新約   82    7   14   75   178   *敷衍共

 

 

②新約聖書における悪魔悪霊サタン主要箇所掲上 (新共同訳)

 

悪魔・・・悪魔は神と人間との仲を妬み、この世のもので誘惑して仲を裂こうとする

         (聖書箇所掲上省略)

 

悪霊・・・人間に「取りつく」という言葉が多い。人間は病気になる。神のみに追い
     出す事ができる

      (聖書箇所掲上省略)

サタン・・・普段から特に親しい人になりすまして近づいてくる

       (聖書箇所掲上省略) 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


感話・・・悪魔(悪霊、サタン)に囚われた人間の奪還作戦

①悪魔の正体。悪魔は神とキリストとの仲を妬んでこれを裂こうとする

 マタ 3:17

②キリストが神に徹底的に従順になろうとするときに悪魔は足を引っ張る。

 マタ 16:22-23

③悪魔は一番身近な人になりすまして近づき神への従順を挫こうとする。

 マタ 10:34-36

④悪魔の撃退法は「一喝」すること。大脳皮質レベルでの議論はしない

 ヨハ 13:27

 Ⅰコリ15:36

⑤悪魔は神と聖霊と同じくどこにでもいる。

 ヨハ 4:21

⑥悪魔は光を畏れる。。人間には誰にも「良心の呵責」が備わっているのは救い

 ヨハ 3:20

 マコ 1:23-24

 

⑦神がわからないというのは悪魔に見えなくされているからであり人間のせいではない。

 Ⅱコリ4:4

⑧悪魔の誘惑に勝つ方法。生活習慣を正し、「この世の習慣」に浸っている人とは交際するな。特に堕落信者に要注意。

 マタ 6:13

 Ⅰコリ15:33

⑨悪魔は神が追い出して下さる。悪魔を追い出せるのは神のみ。人間の医学や方法では不可能

 マタ 12:28

 マコ 9:25-29

 ルカ 4:18-19
 Ⅱコリ3:15-17

 

⑩キリストは人間を悪魔から奪還するために「この世に」に来られた。屠られた小羊こそ永遠なれ

 ガラ 1:3-5

 ヘブ 1:3

 ヘブ 2:14-15

 ヘブ 2:14-15

 ヨハ 12:24

  黙  5:11-12

 

⑪ 信者の十字架の苦は宿命。それは神による「宥めの供え物」

ルカ 9:23

マタ 11:28-29

ピリ 1:29
Ⅰコリ15:58 
ロマ3:25-26

⑫なぜこの世に不幸をもたらす悪魔(悪霊、サタン)が存在するのか

ヨハ11:15
ヨハ11:33-35
ヘブ2:17-18
ヘブ4:15
ヘブ5:7-10
ヘブ12:5-11

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想 終わり。この福音よ「十字架を負って苦しんでいる人」に届け。
 
●14:10昭和女子大。図書館でDVDでドストエフスキー「カラマーゾフの兄弟」「聖書の謎を追え」を借りる。
●学内の博物館で「日本における近代建築の歴史」を見学。堀内教授の力作。日本における和様折衷の建築の調査研究
●14:50 建築の講義。今日は演習。
●時間が余ったので、個別に進路指導。大きな組織に入ろうとしないで「士」か「師」のつく仕事を目指せと言った。
●建築士の資格を取ろうと思ったら、2年計画。過去の問題を800問勉強すれば「必ず」受かる。なぜか。建築士は「法律の番人」だから。これだけは知っておいてほしいという問題だけが出る。それで出題の傾向がわかる。
●妻はヘンデル「メサイア」の練習。21:45帰宅
●私はその間、ドストエフスキーの「カラマー族の兄弟」のDVD6枚(9時間)のうちの一枚目。ロソア文学は登場人物が多いので辟易すると誰かが言った。
●なぜこれを見るかというと次回感話のテーマ「悪魔」(悪霊、サタン)が出てくるらしいいから。

 


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


悪魔を追い出す方法 ++++++++ 所感

2012/11/14 06:11

1114(水)3時半目覚め、寝床で黙想。5時半起床●朝の啓示「悪魔を追い出す方法」。人生を府王にするのは悪魔。悪霊、サタン。これが争いや病気をもたらす。ではその悪魔を追い出す方法何か
●その 答えは次にある。

塚本訳マルコ
"410925","マルコ 9:25","イエスは群衆が駆けよってくるのを見ると、(急いで)汚れた霊
を叱りつけて言われた、「唖と聾の霊、わたしが命令するのだ、この子から出てゆけ、二
度と入るな!」"
"410926","マルコ 9:26","霊はどなって、はげしくひきつけさせて、出ていった。子は死ん
だようになったので、多くの人が、「死んだ」と言った。"
"410927","マルコ 9:27","イエスはその子の手をとって起された。すると立ち上がった。"
"410928","マルコ 9:28","家にかえられると、弟子たちは人のいない時に尋ねた、「なぜわ
たし達には霊を追い出せなかったのでしょうか。」"
"410929","マルコ 9:29","彼らに言われた、「この種類(の霊)は、祈り以外(の手段)で
は決して出てゆかせることは出来ない。」"

●この28節「この種類(の霊)は、祈り以外(の手段)で
は決して出てゆかせることは出来ない。」について探求。

●まず翻訳比較
http://www.bbbible.com/

岩波翻訳委員会訳1995

410929すると彼は彼らに言った、「この類(たぐい)のものは、祈り以外の手段では出て行かせることができないのだ」。

新共同訳1987

9:29 イエスは、「この種のものは、祈りによらなければ決して追い出すことはできないのだ」と言われた。

前田訳1978

9:29 彼はいわれた、「この類のものは祈りによるほか決して追い出せない」と。

新改訳1970

9:29 すると、イエスは言われた。「この種のものは、祈りによらなければ、何によっても追い出せるものではありません。」

塚本訳1963

9:29 彼らに言われた、「この種類(の霊)は、祈り以外(の手段)では決して出てゆかせることは出来ない。」

口語訳1955

9:29 すると、イエスは言われた、「このたぐいは、祈によらなければ、どうしても追い出すことはできない」。

文語訳1917

"410929","答へ給ふ『この類は祈に由らざれば、如何にすとも出でざるなり』"

●全翻訳に共通の言葉は「祈り」
●次に各国引照の中で心に響くもの。 http://www.bbbible.com/


(英・米)THE NEW TREASURY OF SCRIPTURE KNOWLEDGE 1982 の引照

口語訳 ロマ 10:17

10:17 したがって、信仰は聞くことによるのであり、聞くことはキリストの言葉から来るのである。

(日)新共同訳1987 の引照

新共同 ヘブ 12:2

12:2 信仰の創始者また完成者であるイエスを見つめながら。このイエスは、御自身の前にある喜びを捨て、恥をもいとわないで十字架の死を耐え忍び、神の玉座の右にお座りになったのです。 
 

新共同 エペ 6:18
6:18 どのような時にも、"霊"に助けられて祈り、願い求め、すべての聖なる者たちのために、絶えず目を覚まして根気よく祈り続けなさい。

●次にTSK日本語版のうち、9章29節を見る
 http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

●マコ 9:29

9:29 すると、イエスは言われた、「このたぐいは、祈によらなければ、どうしても追い出すことはできない」。

*「このたぐいは、」

Matthew 12:45

45そこでまた出て行って、自分以上に悪い他の七つの霊を一緒に引き連れてきて中にはいり、そこに住み込む。そうすると、その人ののちの状態は初めよりももっと悪くなるのである。よこしまな今の時代も、このようになるであろう」。

Luke 11:26

26そこでまた出て行って、自分以上に悪い他の七つの霊を引き連れてきて中にはいり、そこに住み込む。そうすると、その人の後の状態は初めよりももっと悪くなるのである」。

*「祈によらなければ、どうしても追い出すことはできない」

1 Kings 17:20-22

20主に呼ばわって言った、「わが神、主よ、あなたはわたしが宿っている家のやもめにさえ災をくだして、子供を殺されるのですか」。 21そして三度その子供の上に身を伸ばし、主に呼ばわって言った、「わが神、主よ、この子供の魂をもとに帰らせてください」。 22主はエリヤの声を聞きいれられたので、その子供の魂はもとに帰って、彼は生きかえった。

2 Kings 4:33-34

33彼ははいって戸を閉じ、彼らふたりだけ内にいて主に祈った。 34そしてエリシャが上がって子供の上に伏し、自分の口を子供の口の上に、自分の目を子供の目の上に、自分の両手を子供の両手の上にあて、その身を子供の上に伸ばしたとき、子供のからだは暖かになった。

Matthew 17:21

21〔しかし、このたぐいは、祈と断食とによらなければ、追い出すことはできない〕」。

Acts 9:40-41

40ペテロはみんなの者を外に出し、ひざまずいて祈った。それから死体の方に向いて、「タビタよ、起きなさい」と言った。すると彼女は目をあけ、ペテロを見て起きなおった。 41ペテロは彼女に手をかして立たせた。それから、聖徒たちや、やもめたちを呼び入れて、彼女が生きかえっているのを見せた。

2 Corinthians 12:8

8このことについて、わたしは彼を離れ去らせて下さるようにと、三度も主に祈った。

Ephesians 6:18

18絶えず祈と願いをし、どんな時でも御霊によって祈り、そのために目をさましてうむことがなく、すべての聖徒のために祈りつづけなさい。

James 5:15

15信仰による祈は、病んでいる人を救い、そして、主はその人を立ちあがらせて下さる。かつ、その人が罪を犯していたなら、それもゆるされる。

Daniel 9:3

3それでわたしは、わが顔を主なる神に向け、断食をなし、荒布を着、灰をかぶって祈り、かつ願い求めた。

Acts 14:23

23また教会ごとに彼らのために長老たちを任命し、断食をして祈り、彼らをその信じている主にゆだねた。

1 Corinthians 9:27

27すなわち、自分のからだを打ちたたいて服従させるのである。そうしないと、ほかの人に宣べ伝えておきながら、自分は失格者になるかも知れない。

2 Corinthians 6:5

5むち打たれることにも、入獄にも、騒乱にも、労苦にも、徹夜にも、飢餓にも、

2 Corinthians 11:27

27労し苦しみ、たびたび眠られぬ夜を過ごし、飢えかわき、しばしば食物がなく、寒さに凍え、裸でいたこともあった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想、終わり。聖書勉強はこの方法がベストだ。

●翻訳比較は教派神学や一人の先生からの脱却
●各国引照やTSK日本語版は聖書注解書からの脱却
●時間があれば、まず「祈る」「祈り」について聖書全巻にわたって読む。これには聖書ソフトの「Jバイブル」(いのちのことば社)があれば便利。
なくても各種聖書を「検索」で機能で次々と読めばよい。
 
●朝からずっと「神はなぜ悪魔を存在させているか」について考えている。その答えは神は愛する者に一瞬「神を疑わせる」ため、それを通じて信仰を強めるためだ、と思った。

塚本訳マタイ
"402746","三時ごろ、イエスは大声を出して“エリ エリ レマ サバクタニ!”と叫ば
れた。これは“わたしの神様、わたしの神様、なぜ、わたしをお見捨てになりましたか!”
である。"

●イエスは本当に一瞬神を疑った。そして疑いのまま死んだ。しかし自らの力でなく神の力で復活させられた。イエスの死の意味を神の業と理解したパウロはイエスに狂った。初代教会の殉教者たちもイエスに狂った。命を捧げた。

【口語訳】 黙 5 章
 5:12 大声で叫んでいた、「ほふられた小羊こそは、力と、富と、知恵と、勢いと、ほまれと、栄光と、さんびとを受けるにふさわしい」。

●妻は今井館ウィークデーの集い。8時出発18時15分帰宅。
今日の講師は鷲見八重子。カナダの女性文学者マーガレット・アトウッドについての報告。並びに10月に国連総会に出席した報告。







トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


死の恐怖からの解放 ++++++++ 所感

2012/11/13 07:06

121113(火)朝の啓示「死の恐怖からの解放」●生きとし生けるものは「死ぬまい、死ぬまい」と思っているのが行動の原理である。●「少しでも長く生きたい」と思うことが医療などに費やす金銭である●ところがこれらの悩みに人間の業は決定的には効果がない、やってもいいがそれはわずかであり、「悪あがき」にすぎない。聖書は言う。

【口語訳】 詩 39 篇
 39:6 まことに人は影のように、さまよいます。まことに彼らはむなしい事のために/ぎまわるのです。彼は積みたくわえるけれども、だれがそれを収めるかを知りません。

●本当に人間は「さまよい」、「騒ぎまわる」のである。身よ人間の科学技術はみなこのことにためにある。しかし死の恐怖からは解放されない。
●有名校、一流企業、金持ちを志向する心理もみな同じである。しかし効果はない。


塚本訳ルカ
 "421225","(だいいち、)あなた達のうちのだれが、心配して寿命を一寸でも延ばすことが
出来るのか。"
"421226","それなら、こんな小さなことさえ出来ないのに、なぜほかのことを心配するの
か。"

●ハイデッガーは言う。「人生は死という壁に向かって歩む旅である。しかし誰でもそれは自分にとって遠い先のことだ思っている」
●私がホスピスが好きなのはあと何日(ホスピスに入って死ぬまでの期間は大体10日前後)と宣告された人たちの真剣勝負の場だからである。
●ラテン語の諺に「メメント・モリ」(死を思え)というのがある。

【新改訳改訂3】 創 3 章
 3:22 神である【主】は仰せられた。「見よ。人はわれわれのひとりのようになり、善悪を知るようになった。今、彼が、手を伸ばし、いのちの木からも取って食べ、永遠に生きないように。」
 3:23 そこで神である【主】は、人をエデンの園から追い出されたので、人は自分がそこから取り出された土を耕すようになった。
 3:24 こうして、神は人を追放して、いのちの木への道を守るために、エデンの園の東に、ケルビムと輪を描いて回る炎の剣を置かれた。


●人間はなぜ「死ななければならないか」その悲しい運命はここにある。
●人間が神の命令に背いて「永遠に生きる」ようになったら神が神が競合して神自身が困る。そこで神は人間に「死」という宿命を与えたのだ。
●神への不従順というこの罪の贖いに今度はキリストという完全従順の独り子の死をもって人類を救出した。この説明はパウロが次のように言う。

塚本訳ロマ
"450512","ローマ 5:12","(この救いはキリストとアダムとを比較する時に、はっきりす
る。)すなわち、一人の人(アダム)によってこの世に罪が入ってき、罪によって死が入
ってき、こうして、(この人において)人は一人のこらず罪を犯したので、全人類に死が
行き渡ったように──([一八節ニツヅク]一人の人キリストの正しい行いによって、全
人類に命を与える義が臨んだのである。)"
"450513","ローマ 5:13","なぜか。(律法のない時代、つまりアダム以後モーセ)律法(の
できる)までの間にも、罪はこの世にあったが、律法がないので、(たとえ罪に当たるこ
とをしても、)罪はその人の責任に帰せられ(ず、死の罰は受け)ないはずである。"
"450514","
ローマ 5:14","それにもかかわらず、アダムからモーセまでの間に、アダムと同
じ(律法)違反の罪を犯さなかった(その時代の)人たちの上にも、死が王として支配し
たからである。(従ってこの罪と死とがアダムによるものでなくてなんであろう。そして
一人の人の行いが全人類に影響を及ぼす点において、)アダムは来るべき者(である新約
のアダム、すなわちキリスト)の型である。"
"450515","
ローマ 5:15","しかし(神の)賜物は(アダムの)過ちと同じではない。なぜな
ら、一人の人(アダム)の過ちによってすら多くの人が死んだくらいであるから、まして
神の恩恵と一人の人イエス・キリストによる恩恵の賜物とが、多くの人に満ちあふれるの
はもちろんである。"
"450516","
ローマ 5:16","なお、(キリストの)賜物と一人の罪を犯した人の場合とは、同
じではない。なぜなら、一人の人(の罪)に対する(神の)裁きは、(多くの人に)死の
宣告を下したのであるが、(神の)賜物は、多くの(人をその)過ちから(救い出して)
義とするからである。"
"450517","ローマ 5:17","一人の人によって、すなわち一人の人(アダム)の過ちによって
すら死が支配するようになったくらいであるから、ましてあふれるばかりの恩恵と義とさ
れる賜物とを戴いた者が、一人の人イエス・キリストにより(永遠の)命をもって支配す
るのは、もちろんであるからである。──"
"450518","
ローマ 5:18","従って、一人の人の過ちによって全人類に死の宣告が下されたと
同じに、一人の人の正しい行いによって、全人類に命を与える義が臨んだのである。"
"450519","
ローマ 5:19","すなわち、一人の人の不従順によって多くの人が罪人になったよ
うに、一人の人の従順によっても多くの人が義人になるのである。"
"450520","
ローマ 5:20","(それなら律法は人を義として永遠の命を与えるためには役立た
ないのか。その通り。)律法は、過ちを増し強めるために第二義的に来たのである。しか
し(神に感謝する、人の犯す)罪が増し強まれば、恩恵は豊かにあふれる。"
"450521","
ローマ 5:21","これは罪が死を持って支配したように、恩恵も義をもって支配し、
わたし達の主イエス・キリストによって、(わたし達を)永遠の命に入れるためである。"


●パウロの長い説明は「理屈」であるが真理だ。救われた者にとっては頭がすっきりする。

塚本訳ロマ
"450620","ローマ 6:20","なぜなら、あなた達が罪の奴隷であった時には、義に対して自由
(の身)であって(勝手放題な生活をしてい)たが、"
"450621","
ローマ 6:21","その時いったいどんな実を得たのであったか。今なら恥ずかしい
ものではないか。それらのものの最後は死だからである。"
"450622","
ローマ 6:22","しかし今は、罪から自由にされて神の奴隷にしていただき、一つ
の実を得ている。この実はあなた達を聖め、最後は永遠の命に至らせるのである。"
"450623","
ローマ 6:23","なぜなら、罪が(奴隷に)払ってくれる給料は死であり、(従う
者に与えられる)神の賜物は、わたし達の主イエス・キリストにおいての永遠の命だから
である。"


●これもすごい「説明」である。
●人生は罪という社長に一生奴隷状態sで仕える社員である。その退職の報酬は「死」だというのだ。悲しいかな人間。悲しいかな人生。

塚本訳へブル
"580213","ヘブル 2:13","またさらに“わたしは彼[神]にたよるであろう。”またさらに
“見よ、わたしと、神がわたしに賜わった子らとは…”"
"580214","
ヘブル 2:14","だから、“子らは”血と肉とを共有しているので、(イエス)彼自
身も、(全く)同じようにこれを保たれた。(これはその)死によって、死の権力をもって
いる者、すなわち悪魔をほろぼし、"
"580215","
ヘブル 2:15","死を恐れ、全生涯(その)奴隷になっている彼ら(人類)を(の
こらず)釈放するためであった。"
"580216","ヘブル 2:16","然り、イエスは天使たちを世話(しようとは)されない。“彼は
(人類を)、アブラハムの子孫を世話される”。"
"580217","
ヘブル 2:17","そのため、彼はどの点からしても“兄弟”(である人間)に似ざ
るを得なかったのである。彼は(人間に対して)憐れみぶかい、神に関することについて
は忠実な大祭司となられた。それは民の罪を贖うためであった"
"580218","
ヘブル 2:18","というのは、みずから誘惑にあって苦しみをうけたので、(同じ
く)誘惑にあう者を助けることが出来るからである。"

●まことに人間はその生涯が死の恐れの奴隷である。
●この奴隷状態から解放される道はあるか。ある。あるのだ。
●罪の赦しによる救いの体験の喜び、永遠の生命への希望、確信。
●証拠は①自らの救いの体験、②同じ体験をした人たちの証、③キリストの有体的復活の使徒伝承の歴史的連鎖。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想終わり。言いたいことを言った。アーすっきりした。

●かって韓国のソプラノ歌手「スミ・ジョー」の歌声を初めて聴いたとき、「素晴らしい」と思ってそれ以来注目してきたが、本日「ネット」で調べたら世界的な歌手で、亜細亜人で初めてヨーロッパ人に認められた歌手だという。
●特にカラヤンに見いだされたことがデビューのきっかけ。その二人の練習風景においてカラヤンがスミジョーを認める貴重な映像があった。バッハの「ロ短調ミサ」を歌っている。
下記サイトの中頃。 

http://jiro-dokudan.cocolog-nifty.com/jiro/2010/03/sumi-jo-13a8.html


●別のサイトでは彼女が美しい声を保つモットーの一つに生活や人生を清く保つということを語っている。然り、アーメン。これはどんな職業分野でも同じ。
●良い建築は生活の清い建築家から生み出される。
●スミ・ジョーの声は「筋がよい」
●信仰も同じで信仰の「筋がよい人」と「筋がよくない人」がいる。信者はそれを見分ける目を持たねばならない。大脳皮質が雑学で肥大している神学人間やキリスト教ディレッタント、神学老人、また、信仰的遊び人は「信仰の筋がよい」とは言えないから付き合ってはならない。
●教会や集会がその継続維持や人集めに腐心しているのは、「芽の出る種」をもっていない証拠。人間的手法で「悪あがき」しても徒労。自然消滅がその結末。神の裁きは「神の家から」始まる。(一ペテ4:17)
●カラヤンは人を見出すことで有名。彼の眼鏡にかかった人。
フルートの吉田正夫。(カラヤンが来日してN響を振った時に目を付けられ、氏の引きでヨーロッパ留学)
クラリネットのザビーネマイヤー(カラヤンがベルリンフィルに入れようと思ったが男性ばかりが鉄則のベルリンフィルの団員に反対されて実現しなかった)
ソプラノのスミ・ジョー(韓国が世界に誇る名歌手になる。)
指揮者の小沢征爾も目をつけられた方だ。
●大芸術家の子弟にその道で筋の良い人はいない。世の中公平にできている。
●芸術も信仰も世襲はない。伝承はできにくい。信仰が伝承できるとすれば100%神の恩恵。
●大宗教家、大伝道者の息子にパットした人物は出ない。もし継承する人が出る場合は親の財産管理などこの世的なものを継承しているに過ぎない。
●藤林益三先生は「信仰は一代だ」と言われた。この事実は信仰は親の感化ではなく、100%神の絶対恩恵によることの証明である。神の福音は公平である。福音はみじめな家庭、みじめな人生の人に流れていく。 イエスは言う。

塚本訳マタイ
"402131","この二人のうち、どちらが父の心を行ったのだろうか。」「もちろん長男」と彼
らが答える。イエスが言われる、「アーメン、わたしは言う、税金取りや遊女たちは、あ
なた達よりも先に神の国に入るであろう。"
"402132","そのわけは、(洗礼者)ヨハネが義の道を示しに来たのに、あなた達は彼を信ぜ
ず、税金取りや遊女の方がかえって信じたからだ。しかしあなた達は(あの人たちが悔改
めるのを)見たあとでも、後悔して彼を信じようとしなかった。"

●妻は知人のYさんと三頭山に登る。8時出発16時半帰宅。紅葉がきれいだったという。
●16:40 山川歯科で歯石除去掃除。








トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


悪魔から解放されるには ++++++++ 所感

2012/11/12 07:01

121112(月)5時15分目覚め●朝の啓示「悪魔からの自由」●人生を不幸にするのは人間が悪魔の奴隷になっているからでである。●その悪魔の勝利、つまり人間が角間の捕虜にされている状態から救出されるには、神の力以外にはありえない。●人間の道徳、躾、教育、常識などではとうてい強い悪魔から解放されない●神が人間の罪を赦して味方になってくださった物理的目に見える徴が「十字架」」である。イエスは十字架で息絶えるとき「ことは成った」と言われた。これは神の罪の赦しの徴がイエスの神への完全従順でその徴が完成したというのだ。●これが神と人間との「新しい契約」、つまり「新約」なのだ。●しかしこのことはいくら頭で考えてもわからない。他人の罪を身代わりで死ぬことで本人がゆるされるという「虫のよい」へんてこな原理は受け入れられない。●ところが長い人生のうちで、ゴタゴタを通じて自分の罪に直面して苦しんでもがいて懊悩しているとき、スッーとこのへんてこな十字架の原理が胸に落ちる。●神の祝福の霊が下ったのである。そのとき現代の人間は悪魔の霊から解放される。●イエスの死はそのあがない金の目に見える徴だったのだ。●イエスの死への生涯はその神の赦しの徴となるべき「受難」であったのだ。●「心は形をとる」(E・ネストレ)●しかしアー難しい。キリスト教は難しい。頭ではわからない。●各種宗教曲を歌っている合唱団員のうち何人がこの「ありがたい福音」の本質がわかるのだろうかといつも感じる●「罪の増すところ恩恵も増す」(ロマ5:20)●悪魔は神の霊が追い出すことと、十字架は現代のわれわれに対する神の契約の徴であることに関する聖書の箇所を掲げてみよう。

塚本訳ヨハネ
"430831","すると信じたユダヤ人に言われた、「もしわたしの言葉に留まっておれば、あな
た達は本当にわたしの弟子である。"
"430832","
真理を知り、その真理があなた達を自由にするであろう。」"
"430833","
しかし彼らは(その意味がわからずに)答えた、「わたし達はアブラハムの子孫
で(自由人で)ある。いまだかつてだれの奴隷にもなったことはない。どうして『あなた
達は自由になる』と言われるのか。」"
"430834","
イエスは答えられた、「アーメン、アーメン、わたしは言う、罪を犯す者は皆罪
の奴隷である。"
"430835","
奴隷はいつまでも家におるわけにゆかない。(いつでも追い出される。しかし)
子はいつまでも家におる。
"430836","
だから、もし子(たるわたし)が(罪から)自由にしてやれば、あなた達は本
当に自由になるのである。(そしていつまでも父上のところにおることができる。)
"

塚本訳マタイ
"401228","しかし、もし(そうでなく、)わたしが神の霊で悪鬼を追い出しているのであっ
たら、それこそ神の国はもうあなた達のところに来ているのである。
"

塚本訳マルコ
"410925","マルコ 9:25","イエスは群衆が駆けよってくるのを見ると、(急いで)汚れた霊
を叱りつけて言われた、「唖と聾の霊、わたしが命令するのだ、この子から出てゆけ、二
度と入るな!」"
"410926","マルコ 9:26","霊はどなって、はげしくひきつけさせて、出ていった。子は死ん
だようになったので、多くの人が、「死んだ」と言った。"
"410927","
マルコ 9:27","イエスはその子の手をとって起された。すると立ち上がった。"
"410928","
マルコ 9:28","家にかえられると、弟子たちは人のいない時に尋ねた、「なぜわ
たし達には霊を追い出せなかったのでしょうか。」"
"410929","
マルコ 9:29","彼らに言われた、「この種類(の霊)は、祈り以外(の手段)で
は決して出てゆかせることは出来ない。」"


塚本訳ルカ
"420418","“主の御霊がわたしの上にある、油を注いで(聖別して)くださったからであ
る。主は貧しい人に福音を伝えるためにわたしを遣わされた。囚人に赦免を、盲人に視力
の回復を告げ、”“押えつけられている者に自由をあたえ、”"
"420419","
“主の恵みの年(の来たこと)を告げさせるために。”"

塚本訳 ニコリ
"470315","・コリント 3:15","いやむしろきょうまでモーセ(律法)が朗読される度毎に、
ベールは彼らの心にかかって(いるので、そのほんとうの意味が隠されて)いる。"
"470316","
・コリント 3:16","“しかし彼らの心が主に帰るならば、その時ベールは取り除
かれる。”"
"470317","
・コリント 3:17","(ここで)主(と)は御霊(のこと)である。主の御霊のあ
るところには自由が(あるから、ベールが取り除かれるので)ある。
"
"470318","
・コリント 3:18","そしてわたし達(主キリストを信ずる者)は皆、覆いを取ら
れた顔で(直接)“主の栄光”を鏡にうつして拝見し、栄光から栄光に進み(つつ、つい
に)主と同じ(栄光の)姿に造りかえられる。御霊である主がなさるのであるから当然で
ある。"
"470401","
・コリント 4:1","わたし達は(神の)憐れみをうけて、この(モーセにまさる)
役目を託されているのであるから、(どんな場合にも)気を落さない。"
"470402","
・コリント 4:2","いや、(一切の)恥かしい隠し事を絶った、計略を用いて歩か
ず、神の言葉をごまかしもせず、ただ(福音の)真理を明らかにすることによって、神の
前ですべての人間の良心に自分を推薦しているのである。"
"470403","
・コリント 4:3","しかしそれでもなおわたし達の説く福音が(ベールで)覆わ
れている(からわからないのだと言う)なら、それは滅びゆく者にとって(だけ)覆われ
ているのである。"
"470404","
・コリント 4:4","彼らの場合、この不信者たちの考えをこの世の神(である悪
魔)が盲にして、神の影像である救世主の栄光をつげる福音の光を見ることができないよ
うにしたのである。"

塚本訳ガラテヤ
480103","ガラテヤ 1:3","わたし達の父なる神と主イエス・キリストからの恩恵と平安、
あなた達にあらんことを。"
"480104","
ガラテヤ 1:4","キリストはわたし達の父なる神の御心にしたがい、わたし達を
悪い現在の世から救いだそうとして、わたし達の罪のために自分を与え(て十字架につけ)
られたのである。"
"480105","ガラテヤ 1:5","栄光は永遠より永遠に神のものであれ、アーメン。"

塚本訳へブル
"580103","ヘブル 1:3","彼は神の栄光の放射であり、本質の像である。彼はまたその力あ
る言葉をもって万物を保たれる。彼は(この世に降り)、罪の潔めを成し(とげて、ふた
たび)高き所にのぼり、(神の)御稜威の“右にお坐りになっている”
"

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想終わり

●6:30 公園でラジオ体操。指導者から次第に上手になってきていると褒められたが、中には芸術的に美しい人がいる。一生懸命やっているところが美しく見えるのだ。
●7:20 NHKFM「気らくらDON」イントロクイズ、マスネー作曲タイスの瞑想曲。あたり。これで15勝5敗。
●去る10日のコンサートのことで妻曰く、「モーツアルトのレクイエムを暗譜で歌えるのは歌詞の繰り返しが多いからだ」。それにしても素人合唱団ながらラテン語の歌詞を暗譜とはご立派。
●TSK日本語版出エジプト32章入力。ゆっくりゆっくり。聖書は」面白い。なにか不思議な力がある。




トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


父殺しの罪 ++++++++ 所感

2012/11/11 06:19

12111(日)5:00 NHKTV「心の時代」は「父なるもの」。東京外国大学学長亀山郁夫。●自分の家庭の生々しい赤裸々な告白。厳しい父親との葛藤。しこからドストエフスキーにのめりこんでいく過程。「罪と罰」「悪霊」「カラマーゾフの兄弟」の概説。●結論はドストエフスキーの罪の問題は亀山氏本人の苦しみと重なっていた。「こんな父親は早く死なないかなー」と思う心が「罪と罰」のラスコーリニコフ(金貸し婆さんの殺害)の心に一致した●最近の翻訳「カラマーゾフの兄弟」は100万部のベストセラーというから、日本の若い層も捨てたものではない。だれもが罪の苦し身に呻いているのだ●人のことは言えない。学校の教師は「あのいやな生徒、早く卒業してしまわないかなー」と思い、牧師は「あのいやな信者交通事故で死なないかなー」と思い、会社員は「あのいやな上司は早く転勤させられないかなー」と思い、妻は夫を、夫は妻を「この人早く死なないかなー」と思う。また舅や姑もそう思われるのはザラ●こういうのは亀山氏に言わされば「黙過」の罪というのだそうだ。つまり自分の手を汚さずに相手の死や失敗を願う心。「ザマーミロ」と思う心●しかしこの番組ではキリストの贖罪による救いが語られなかったのが残念であった。●私に言わせればドストエフスキーは「罪と罰」で娼婦のソーニャに神の愛(アガペー)を具現化していると思うのだがなー●亀山氏の口からは一度も「聖書」ということは出てこなかった。これではドストエフスキーも泣いている。亀山氏も「聖書の読みが浅い。
●それにしてもドストエフスキーの大作を読むのには残りの人生の時間が惜しい。それらの文学は聖書の一句で示されている。
●今日の題名は「父なるもの」。厳しい父親」の存在は結局不思議な方法で人に救いをもたらす。宮沢賢治も父親と葛藤があった。クリスチャンの父親も子供たちに嫌われる。しかし父親達よ「ひるむな」。厳しさは「父なるもの」に神から与えられた役割なのだ。
●亀山氏は50歳を過ぎて父親の遺品の中に、「子を思う父の思い」の日記を読んで胸を打たれたという。いいんだ、いいんだ、それでいいのだ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●6:30公園でのラジオ体操。隣に並んだあきる野市の共産党市議に、今朝の上記TV番組の内容を話して、「(共産主義者のやっている)人権や地上の平和を目的としているのは低級だ」と激白した。
●10:00 妻と集会へ。茂木(司会」)、高木(福音書における詩編の引用。新渡戸稲造のほーランド最低、岩手県大船渡市訪問の話)、山本(第二コリント5章.30年前に講壇を降りられた伊東彊自先生の最後の講義はこの5章であったと説明)
●集会の聖書感話はその後5人で引き継いだが、私を残して4人が召された。
●帰途、婦人の一人が、「高橋さんの感話は『山上の説教』からでしたね」と当時を覚えていてくださり非常にうれしかった。
●その時私は40歳。この30年の間には家屋全焼、脳内出血 での意識不明、子供のことなどなど色々あったが、すべては守られ良きに変わり感謝、感謝。何でも来い!!ナンノコレシキ。
●15:00 図書館

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


信仰の質を向上せよ。「高きをめざして」。 ++++++++ 所感

2012/11/10 06:53

121110(土)5時半目覚め●朝の啓示「信仰の質を向上せよ」●信仰の筋ということを考える。建築の世界では彼には建築性があると言い、音楽の世界では彼には音楽性があるという。同じく信仰の世界にも彼(彼女・・・この方が圧倒的に多い)には信仰性があるという人がいる。●幸い私には若いころからこの信仰性がある人、信仰の筋が良い人に多く巡り合った。●友人を持つならこの「信仰性のある人、信仰の質の良い人、信仰の筋が良い人」を選べ。それは人生の宝だ。自分を天国に導いてくれる●私にとって信仰の深い人はまず高校生の時に出会ったカール・ヒルティである。その「幸福論」の最後の論考は「高きをめざして」であり、その結論は「高きを目指すのには多くの不幸や苦難に遭う必要がある」というものだ。この世の教えとは質が違う●次に私にとって信仰の質の高い人は塚本虎二先生である。在世中の先生の「聖書知識」の発行部数は毎月4000部。その理由は、信仰の深さと学問的水準の高さで群を抜いていたからである。先生からヒルティを教えられた●次に私に信仰の感化を与えてくれたのはその塚本先生の薫陶を受けられた人たちである。●30年前に集会で感話をすることになったとき、最前列の2列には先生の影響を受けられた頭の白いご婦人たちが背筋を正して陣取っておられ、私の話が少しでも曲がろうものなら急に空気が悪くなるのを感じた。その空気で無言のうちに矯正された。●イエスは「信仰の筋」の良い人について語っている。それを頭に浮かぶままに三人掲げてみよう。

塚本訳マタイ
"400808","百卒長は答えた、「主よ、わたしはあなたを、うちの屋根の下にお迎えできるよ
うな者ではありません。(ここで)ただ一言、言ってください。そうすれば下男は直りま
す。"
"400809","
というのは、わたし自身も指揮権の下にある人間であるのに、わたしの下にも
兵卒がいて、これに『行け』と言えば行き、ほかのに『来い』と言えば来、また僕に『こ
れをしろ』と言えば(すぐ)するからです。(ましてあなたのお言葉で、病気が直らない
わけはありません。)」"
"400810","
イエスは聞いて驚き、ついて来た人たちに言われた、「アーメン、わたしは言う、
イスラエル人の中でも、こんなりっぱな信仰をもっている者を一人も見たことがない。
"

塚本訳ヨハネ
"430447","イエスがユダヤからガリラヤに来ておられると聞くと、イエスの所に行き、(カ
ペナウムに)下ってきて息子を直してほしいと頼んだ。息子が死にそうだったのである。"
"430448","
イエスは言われた、「あなた達は徴[奇蹟]と不思議なことを見なければ、決し
て信じない。」"
"430449","
王の役人が、「主よ、子供が死なないうちに(カペナウムに)下ってきてくださ
い」と言いつづけると、"
"430450","
イエスは言われる、「かえりなさい、息子さんはなおった。」その人はイエスの
言われた言葉を信じて、かえっていった。"

"430451","
しかしすでに途中で、僕たちが出迎えて、子供がなおったことを知らせた。"
"430452","
そこで僕たちに良くなった時間をたずねると、「きのう午後一時に熱が取れた」
とこたえた。"
"430453","
父は、それが「息子さんはなおった」とイエスが言われた時間であることを知
り、彼はもちろん、全家族が信じた。"

塚本訳ルカ
"421801","なお、気を落さずに常に祈るべきことについて、一つの譬をひいて弟子たちに
話された、"
"421802","「ある町に、神を恐れず、人を人とも思わない裁判官があった。"
"421803","
またその町に一人の寡婦がいた。いつもその裁判官の所に来ては、『(早く裁判
をして)わたしのため敵に仕返しをしてください』と言っていた。"
"421804","
裁判官はしばらくの間は取り合おうとしなかったが、あとでひそかに考えた、
『わたしは神を恐れず、人を人とも思わないが、"
"421805","
この寡婦はどうもうるさくて、やりきれないから、(裁判をして、)この女のた
めに仕返しをしてやろう。そうしないと最後にはやって来て、わたしをどんなひどい目に
あわせるか知れない。』」"
"421806","
それから主は言われた、「この不埒な裁判官の言うことを聞け。"
"421807","
(こんな男でもこのとおり。)まして神が、夜昼叫んでいるその選ばれた人々
ために仕返し(の裁判)をせず、気長に放っておかれることがあろうか。"
"421808","
わたしは言う、間もなく彼らのために仕返しをされるであろう。しかし人の子
(わたし)が来るときに、はたして地上に信仰(をもつ人)が見当るだろうか!」"

●この三人は皆苦難を背負っていた。ヒルティは「幸福には不幸が必要だ」という。
●神はそのために「実にひどいこと」をなさるお方だ。
●ヒルティはその不幸のことを、溶鉱炉で鉄が精錬されるときに不純物が吹分けられるようなものというが、我が国に即して言えば、「膿が出される」ということだろう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想おわり
 
●14:00。モーツァルト「レクイエム」演奏会。妻がアルトで出演。東大和ハミングホール。なかなかよくできた。

2012_11100001.jpg 

モーツァルト「レクイエム」東大和ハミングホール。妻がアルトで出演。
なかなか良かった。

2012_11100003.jpg 
コンサートなどでの偶然の出会いは楽しいものだ。

左から木庭菊枝、高橋照男、高橋トミ子、山元千恵子。

木庭菊枝さんは兄上(写真撮影者)と同じ合唱団(あきる野混声)に所属、
兄弟7人が集まると合唱をするという。いいなー、素晴らしいなー
山元千恵子さんは妻のトミ子と同じ合唱団(モデラート)に所属。
 







トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


男は淋しいとき「女」に走る ++++++++ 所感

2012/11/09 09:33

121109(金)朝のNHKニュースでヒント「男は淋しいときに『女』に走る」。●ニュースの内容はこうだ。「無銭飲食」で捕まった男はすぐ刑務所に送るのではなく「福祉施設」に送って肉体労働をさせる。●そこに送り込まれた一人の声。「淋しかったので女性に逢いに行ったが、そこでの飲み代が支払えなかったので逃げた」というもの。●犯罪の原因は「淋しさ」である。●人間は「淋しさを癒す」ために人間、男は女に、女は男に走る。●しかし満たされない。 
 
塚本訳ヨハネ
"430413","イエスは答えられた、「この(井戸の)水を飲む者はだれでもまた渇くが、"
"430414","
わたしが与える水を飲む者は永遠に渇かない。そればかりでなく、わたしが与
える水は、その人の中で(たえず)湧き出る水の泉となって、永遠の命に至らせるであろ
う。」"
"430415","女が言う、「主よ、その水を下さい。(二度と)渇くことがないように、またこ
こに汲みに来なくてもよいように。」"
"430416","
イエスが言われる、「行って、あなたの夫をここに呼んで来なさい。」"
"430417","
女が答えた、「わたしには夫はありません。」イエスが言われる、「『わたしには
夫はありません』と言うのは、もっともだ。"
"430418","
五人の夫とは別れ、今のは、あなたの夫ではないのだから。あなたの言ったこ
とは本当だ。」"
"430419","女が(びっくりして)言う、「主よ、わかりました、あなたは預言者です。"
"430420","
(それでお尋ねしたいのですが、)わたし達の先祖はこの(ゲリジム)山で(神
を)礼拝したのに、あなた達(ユダヤの人)は、礼拝すべき場所はエルサレムだと言われ
ます。(どういう訳でしょうか。)」"
"430421","
イエスが言われる、「女の人、わたし(の言葉)を信じなさい。(間もなく)あ
なた達が、この山でもエルサレムでもなく(どこででも、)父上を礼拝する時が来る。"

●淋しさは人間では癒されないのだ。一時的に癒されてもすぐ「乾く」のだ。
●アウグスチヌス「人間はあなた(神)に向けられて造られたものだから、あなた(神)の御胸に憩うまでは安らぎを得ません」。放蕩息子のアウグストチヌスのこの告白は重い。
●アウグスチヌスの母モニカの苦悩はいかばかりであったか。彼女が胸の苦汁をミラノの大司教アンブロウシウスは「涙の子は滅びません」と慰めたという。
●祈りは通じ、アウグスチヌスは大回心、カトリック教会の礎となった。
●アメリカの「サンタモニカ市」は彼女の名前に由来する。
●母モニカは放蕩息子、放蕩娘の「鏡」である。
●放蕩の前歴のある人は教会に頭を下げずとも、その場で神に向かって悔い改め、その場で救われる。現実問題として「恥ずかしくて」教会にいけない。上記のようにイエスはサマリヤの女を救った。
●彼女のその後がどういう生涯を送ったからは聖書は語らないが、イエスが十字架にかけらるときに多くの女性がついて行ったとあるからその中の一人であったのではないだろうか。

塚本訳ルカ 
"422326","(兵卒らが)イエスを(刑場へ)引いてゆく時、シモンというクレネ人が野良
から来(て通りかかっ)たので、つかまえて(イエスの)十字架を背負わせ、イエスの後
から担いでゆかせた。(イエスにはもう負う力がなかったのである。)"
"422327","
民衆と、イエスのために悲しみ嘆く女たちとの大勢の群が、あとにつづいた。"
"422328","イエスは女たちの方に振り向いて言われた、「エルサレムの娘さんたち、わたし
のためには泣いてくれなくともよろしい。それよりは自分のため、自分の子供のために泣
きなさい。"
"422329","
いまに人々が、『石女と、(子を)産んだことのない胎と、飲ませたことのない
乳房とが羨ましい』と言う(恐ろしい)日が来るのだから。"
"422330","
その時人々は“山にむかっては、『われわれの上に倒れかかって(殺して)くれ』、
丘にむかっては、『われわれを埋めてくれ』と言い”続けるであろう。"
"422331","
(罪のない)生木(のわたし)でさえ、こんな目にあわされるのだ。まして(罪
にくされた)枯木は、どうなることであろうか!」"

●世の中の犯罪は人間の根源的な「淋しさ」を癒さなければ亡くならない。
●教育、躾、道徳などでは無理。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想おわり
 
●ルカ15章の「放蕩息子の譬」に出てくる父親の心を学ぼうとTSKとBbBをじっくり読んだ。
●「放蕩」という現象は旧約の時代、新約聖書の時代、そして現代にも共通のことだ
●それにしても「放蕩」は人間が神から離れたことによっておこる現象だ。
●TSK日本語版出エジプト29章入力
●妻は夕方からモーツァルトレクイエムの練習。明日が本番。今日はオケ合わせ。
●あきる野の秋を撮影

2012_11090001.jpg 

畑の一隅に咲く菊。珍しい形だなー。花の咲き方は様々だ。人生も同じだ。家庭も同じだ。
秋と言えば菊。私たちの結婚式には菊の花が多かった。
もう43年も前のことだ。キリスト信者の交わりはこの世限りでなく永遠だ。

2012_11090003.jpg 

秋留台公園の紅葉。春は桜の場所だ。
秋というのはなんとなく淋しいなー。
人生の秋も淋しいが、復活、永遠の命を思えば希望が湧く。

2012_11090004.jpg 

2012_11090005.jpg 

素晴らしい紅葉。日本の四季の色は素晴らしい。
遠くに出かけなくても楽しめる。









トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


どん底まで落ちぶれた者よ聞け。来い ++++++++ 所感

2012/11/08 07:19

121108(木)4時半目覚め●朝の啓示「人生、どん底まで落ちた方が救われやすい」●キリストは「罪人の救い」のためにこの世に降られた。だから罪の故に人生がどん底に落ちた人間の方が救いに近い。救われ易い。なまじ人間の普通道徳で「人の道」「常識の道」を踏み外さないように頑張っている人間の方が救いには遠い。●新約聖書はこのドロドロ人生、めちゃくちゃ人生の人間の救いのために存在する。自分がこうなったのは「罪」が原因であることを自分がよーく自覚し易いからである。●その意味で「落ちる人間は落ちるところまで落ちた方がよい。●私の残りの人生はそういう「落ちた人間の救い」のために尽くそう。イエスの生涯はそういう人間の救いのためにあったのだ。イエスの十字架の血は人間の一切の罪を清めて清く正しく平安な一生にさせてくださる。●その人の落ち込んで行くドロドロの様は枝葉である。根が腐っているからそうなるのであって、目を覆うような奇形の枝葉を見るのを悩んえも解決にはならない。「枯れる木は枯れる」「腐る木は腐る」。しかし神はよみがえらせる奇跡をおこなうことができる。●関連聖句を思いつくままに掲げてみよう。

塚本訳マタイ
"402131","この二人のうち、どちらが父の心を行ったのだろうか。」「もちろん長男」と彼
らが答える。イエスが言われる、「アーメン、わたしは言う、税金取りや遊女たちは、あ
なた達よりも先に神の国に入るであろう。
"
"402132","
そのわけは、(洗礼者)ヨハネが義の道を示しに来たのに、あなた達は彼を信ぜ
ず、税金取りや遊女の方がかえって信じたからだ。しかしあなた達は(あの人たちが悔改
めるのを)見たあとでも、後悔して彼を信じようとしなかった。"

●「税金取りや遊女」というのは最も卑しい職業である。落ちるところまで落ちた人生である。みなから嫌われる人生である。現代にあてはめれば「金貸し業」や「水商売」である。かって建築の仕事で「金貸し業」の人間に接したことがあるが、自分の仕事をおおっぴらに人に言えないので可読になり鬱的になっていた。その人曰く「聖書には高利で人に金を貸してはいけない」と書いてありますね」と自分の仕事がやましいことに敏感であった。聖書をよく知っていた。!

【口語訳】 エゼ 18 章
 18:13
利息や高利をとって貸すならば、その子は生きるであろうか。彼は生きることはできない。彼はこれらの憎むべき事をしたので、必ず死に、その血は彼自身に帰する。


●また「水商売の女」も自分の仕事が醜いものであっておおっぴらにはえきないことを自分がよく自覚している。救いは近い。

塚本訳ルカ
"420735","しかし(神の)知恵の正しいことは、(税金取り、罪人など、)その子供たちが
みんなで証明した。」"
"420736","
(シモンという)ひとりのパリサイ人が一しょにお食事をと願ったので、その
パリサイ人の家に入って食卓に着かれた。"
"420737","
すると、その町に一人の罪の女がいた。イエスがパリサイ人の家で食卓につい
ておられることを知ると、香油のはいった石膏の壷を持ってきて、"
"420738","
泣きながら後ろからイエスの足下に進み寄り、しばし涙で御足をぬらしていた
が、やがて髪の毛でそれをふき、御足に接吻して香油を塗った。"

●「罪の女」とは現代的には「水條売の女」「売春婦」。こういう人がイエスの救いの対象。


塚本訳ルカ
"421902","すると、(町に)名をザアカイという人がいた。この人は税金取りの頭で、金持
であった。
"
"421903","
イエスがどんな人か見ようとしたが、背が低いので、群衆のため見ることが出
来なかった。"
"421904","
それで先の方に駈けていって、桑無花果の木に上った。そこを通られるところ
を見ようとしたのである。"
"421905","
イエスはその場所に来られると、ザアカイを見上げて言われた、「ザアカイ、急
いで下りておいで。きょうはあなたの家に泊まることになっているから。」"
"421906","
ザアカイは急いで下りてきて、喜んでお迎えした。"
"421907","
皆がこれを見て、イエスは(税金取りのような)罪人の所に入りこんで宿を取
った、と言ってぶつぶつ呟いた。"
"421908","
しかしザアカイは進み出て主に言った、「主よ、わたしは(誓って)財産の半分
を貧乏な人たちに施します。人からゆすり取ったものは四倍にして返します。」"
"421909","
イエスが(人々に)言われた、「救いは(きょう、)この家に入った。(人でなし
のように言われる)この人も、やはり(あなた達と同じ)アブラハムの末だから。"
"421910","
人の子(わたし)は“滅びうせた者をさがして”救うために来たのである。」"

●この税金取りは「金持ち」ではあったがおそらく心は淋しかった。救いを求めていた。
●この話の結論は10節。「人の子(わたし)は“滅びうせた者をさがして”救うために来たのである」。

塚本訳ヨハネ
"430413","イエスは答えられた、「この(井戸の)水を飲む者はだれでもまた渇くが、"
"430414","
わたしが与える水を飲む者は永遠に渇かない。そればかりでなく、わたしが与
える水は、その人の中で(たえず)湧き出る水の泉となって、永遠の命に至らせるであろ
う。」"
"430415","
女が言う、「主よ、その水を下さい。(二度と)渇くことがないように、またこ
こに汲みに来なくてもよいように。」"
"430416","イエスが言われる、「行って、あなたの夫をここに呼んで来なさい。」"
"430417","
女が答えた、「わたしには夫はありません。」イエスが言われる、「『わたしには
夫はありません』と言うのは、もっともだ。"
"430418","
五人の夫とは別れ、今のは、あなたの夫ではないのだから。あなたの言ったこ
とは本当だ。
"
"430419","
女が(びっくりして)言う、「主よ、わかりました、あなたは預言者です。"

●この女の過去はドロドロめちゃくちゃ。バツ5(ご)で今は同棲中。見られない人生、親戚にも顔出しできない。孤独。淋しい人生。心が乾いているが何をやっても満たされない。男遍歴5回とはまー聖書もすごいことを書いている。
●こういう「過去ある女」はまともな就職ができない。身持ちの悪い女は雇う方で警戒する。
●この前半の4章6節を見ると、この女は昼の1時ごろに井戸に水を汲みに来たとある。これは人目を避けてきたという意味なのだそうだ。
●アー誰がこういう人生を予想しただろう。自分も親も兄弟も親戚も、あるいは子供もいたのかもしれない。
●何が原因で転落したのだろう。マテマテ。原因は追究するまい。こういう人間こそ結局神に救われるのだ。救いへの門は近いのだ。

塚本訳ルカ
"422339","磔にされている罪人の一人がイエスを冒涜した、「お前は救世主じゃないか。自
分とおれ達を救ってみろ。」"
"422340","
するともう一人の者が彼をたしなめて言った、「貴様は(このお方と)同じ(恐
ろしい)罰を受けていながら、それでも(まだ)神様がこわくないのか。"
"422341","
おれ達は自分でしたことの報いを受けるのだから当り前だが、このお方は何一
つ、道にはずれたことをなさらなかったのだ。」"
"422342","
それから(イエスに)言った、「イエス様、こんどあなたのお国と共にお出でに
なる時には、どうかわたしのことを思い出してください。」

"422343","
イエスが言われた、「アーメン、わたしは言う、(その時を待たずとも、)あな
たはきょう、わたしと一しょに極楽にはいることができる。」"

●この強盗は失敗の人生、十字架のもとにイエスの母はいたが、この強盗には親兄弟も誰もいなかっただろう。淋しい一生であった。
●しかし最後の土壇場でこの男は一縷の望みで隣の「神の子」とか言われているイエスに「イチかバチか」ですがった。この男、こういう目に逢ってはじめて心が砕けた。それでいいのだこれでいいのだ。この男の人生はこの最後の言葉で「成功の人生」であった。
●思うに「人生は神に出会う子おtによって始まり終わる」
●人生で先に神の国に入るのは、金貸し業、水商売の女、離婚経験者、強盗などだ。キリスト教、福音、聖書はその人たちの救いのためにあるのだ。
●ところがサロン化したお遊び集団の現代プロテスタント教会は無意識にこれらの人間を嫌う。教会の役員にしない。私はそういう「お遊びエクrシア」を知っている。クタバレ。

塚本訳ルカ
"421511","また話された、「ある人に二人の息子があった。"
"421512","
『お父さん、財産の分け前を下さい』と弟が父に言った。父は身代を二人に分
けてやった。"
"421513","幾日もたたないうちに、弟は(分け前)全部をまとめて(金にかえ、)遠い国に
行き、そこで放蕩に財産をまき散らした"
"421514","
すべてを使いはたしたとき、その国にひどい飢饉があって、食べるにも困り果
てた。"
"421515","そこでその国のある人のところに行ってすがりつくと、畑にやって、豚を飼わ
せた。"          
"421516","
彼はせめて豚の食う蝗豆で腹をふくらしたいと思ったが、(それすら)呉れよう
とする人はなかった。"
"421517","
ここで(はじめて)本心に立ち返って言った。──お父さんのところでは、あ
んなに大勢の雇人に食べ物があり余っているのに、(息子の)このわたしは、ここで飢え
死にしようとしている。……"

●人間、大金が入ると放蕩に使うことはお決まりのコース。新聞の社会面はこrだ。十王製紙のの息子のギャンブルに狂って身を滅ぼした。会社の評判も落とした。
●「すべてをつかいはたした」ごはまー現代に通じる真理だ。女に貢金はすぐなくなる。水商売の女の狙いは「金」のみなのだ。これにひっかる男は相当に馬鹿だなー。
●こういうとき「飢饉」がきたとはまー聖書もすごいことが書いてある。現代的に言えば不景気の上にリストラ。不純な生活をしているからすぐリストラの対象になるものだ。
●人間はこういうどん底に落ちて初めて目が覚める。(17節)。これは神の手段。

塚本訳ロマ
"450125","ローマ 1:25","彼らは真の神を偽りの神(偶像)にかえて、造物者の代りに創造
物を崇めもしおがみもしたからである。造物者こそ永遠に賛美すべきである、アーメン。"
"450126","
ローマ 1:26","このゆえに神は彼らが恥ずべき肉欲におぼれるに任せられた。
なわち、女はその自然の交わりを不自然な交わりにかえ、"
"450127","
ローマ 1:27","同じく男も女との自然の交わりをすてて互に情熱をもやし、男と
男とが恥ずべきことを行い、迷いに対する当然の報いをその身に受けている"
"450128","
ローマ 1:28","こうして彼らは神を知ることを役に立たぬものと考えたので、
の方でも、彼らの心が役に立たなくなるに任せられた。その結果彼らは(人として)なす
べからざることをするようになったのである。
"


塚本訳ロマ
"450208","ローマ 2:8","自分本意で、真理に従わず偽りに従う者には、怒りと憤りとが待
っている。"
"450209","ローマ 2:9","(つまり、)苦しみと悩みとは悪を働くすべての人、まずユダヤ人、
次に異教人に、"
"450210","ローマ 2:10","また栄光と尊敬と平安とは善を行うすべての人、まずユダヤ人、
次に異教人に、のぞむであろう。"


●罪には必ず「悩み」が襲う。
●人がその罪のために落ちるところまで落ちて行くのをみるのは非常につらいことだがしょうがない。神は「なすがままにさせる」させておくからだ(ロマ1:28)
●救いに至るまでに通らなければならない関所なのだ。
●神よ、私をしてこのような「転落男」「転落女」の救いのために遣わしたまえ。その働きは世に隠れる。ひそかにその働きをさせたまえ。
●罪人は「鳴くまで待とうホトトギス」。馬のみ耳に念仏のようなことはすまい。
 
●「どん底まで落ちた者よ聞け。来い!」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想 終わり
 
●11:30 神田画廊に細井真澄、章子夫妻の個展。

2012_11080003.jpg 

細井真澄、章子夫妻の個展(神田画廊)
細井君の絵はシュールレアリズム調。夢の中の絵のようであり、一枚一枚の意味を教えてもらった。
 細井君は連合設計社市谷建築事務所時代の同僚。今は独立して設計事務所の所長。
北大卒で、内村鑑三や新渡戸稲造のことをよく知っている。
私は旧約聖書創世記に夢の意味を説くヨセフの物語があることを話した。

2012_11080004.jpg

章子夫人の作品は切り絵。実に幻想的であった。
お二人とも「夢に見た絵」を描いているようであった。
人生は「一夜の夢」のようだなーと思った。
 

【口語訳】 詩 90 篇
 90:3 あなたは人をちりに帰らせて言われます、「人の子よ、帰れ」と。
 90:4 あなたの目の前には千年も/過ぎ去ればきのうのごとく、夜の間のひと時のようです。
 90:5 あなたは人を大水のように流れ去らせられます。彼らはひと夜の夢のごとく、あしたにもえでる青草のようです。
 90:6 あしたにもえでて、栄えるが、夕べには、しおれて枯れるのです。

●14:50 昭和女子大環境デザイン学科で講義。少し早く終わったので、残った生徒3-4人と人生談義。職業の選択、結婚、人との相性。私の話に若い女性が「エーッ!」と驚くのは私が勉強になった。
●妻は「メサイア」の練習で夜遅く帰宅。


















トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


人の心は人間にはわからない ++++++++ 所感

2012/11/07 07:17

121107(水)5時半目覚め●朝の啓示「人の心は人間にはわからない」●昨夜の妻の沖縄での全国集会の報告を聞いて、 沖縄と本土、東北と東京、いずれも温度差があって真に当事者の悲しみ苦しみは理解できないものだなーと思った。そこで今朝は「人の心は人間には真にわわからない」ということを瞑想しよう。関連聖句を思いつくままに掲げる。


塚本訳ロマ
"451215","ローマ 12:15","喜ぶ者と共に喜び、泣く者と共に泣け。"

●「泣く者と共に」泣けることはできても「喜ぶ者と共に喜ぶ」ことは難しい。妬みが湧くから。たから人は人の心に完全には一致できない。

【口語訳】 イザ 53 章
 53:3 彼は侮られて人に捨てられ、悲しみの人で、病を知っていた。また顔をおおって忌みきらわれる者のように、彼は侮られた。われわれも彼を尊ばなかった。
 53:4 まことに彼はわれわれの病を負い、われわれの悲しみをになった。しかるに、われわれは思った、彼は打たれ、神にたたかれ、苦しめられたのだと。

●キリストは悲しみも病も知ってくださり、底辺まで下ってくださった。
●「悲しいときは悲しい音楽を聴け。」と日野原重明先生は言われる。それは「同質の原理」なのだという。
●人が悲しんでいるときに「励ます」ことは特に精神の病の人にはいけないと言われている。
●人が人生を失敗したときに「説教したり」原因を指摘する」ことは自分を一枚上においているので神に嫌われる。

【口語訳】 マル 15 章
 15:28 〔こうして「彼は罪人たちのひとりに数えられた」と書いてある言葉が成就したのである。〕


【口語訳】 イザ 53 章
 53:3 彼は侮られて人に捨てられ、悲しみの人で、病を知っていた。また顔をおおって忌みきらわれる者のように、彼は侮られた。われわれも彼を尊ばなかった。
 53:4 まことに彼はわれわれの病を負い、われわれの悲しみをになった。しかるに、われわれは思った、彼は打たれ、神にたたかれ、苦しめられたのだと。

●キリストは「罪人の友」。そこまで下ってくださった。

塚本訳ロマ
"450826","ローマ 8:26","しかし(創造物やわたし達神の子が苦しんでいると)同じように、
御霊も、弱いわたし達を助けてくださる。すなわち、(神のみ心にかなうには)どう何を
祈るべきかわからないので、御霊自身が、無言の呻きをもって(わたし達の祈りを神に)
執り成してくださるのである。"
"450827","ローマ 8:27","しかし(人の)心を見抜くお方[神]は、御霊が何を求めている
か、すなわち、御霊が神の御心にかなうように聖徒たちのために執り成しておられること
を、(もちろん)御存じである。"

●御霊は人の心を見抜いて先回りして祈ってくださる。


塚本訳マタイ
"400630","きょうは花咲き、あすは炉に投げ込まれる野の草でさえ、神はこんなに装って
くださるからには、ましてあなた達はなおさらのことではないか。信仰の小さい人たちよ!
"
"400631","
だから、『何を食べよう』とか、『何を飲もう』とか、『何を着よう』とか言って、
心配するな。"
"400632","
それは皆異教人のほしがるもの。あなた達の天の父上は、それが皆あなた達に
必要なことをよく御承知である。"
"400633","あなた達は何よりも、御国と、神に義とされることとを求めよ。そうすれば(食
べ物や着物など)
こんなものは皆、(求めずとも)つけたして与えられるであろう。"

●人間は貧しくても何とか食べていける。不満があるのは他人と比較するからだ。境遇、学歴、勤務先、地位、・・・・真に必要なものは神がご存知。

塚本訳マタイ
"400903","すると数人の聖書学者がひそかに思った、「この人は神を冒涜している。」"
"400904","
イエスは彼らの考えを知って言われた、「なぜ悪いことを心の中で考えているの
か。"


●「目は口ほどに物を言い」。しかし神は目を見なくても心の中を読む。そして必要なものは与えてくださる。

塚本訳ロマ
"450506","ローマ 5:6","なぜなら、わたし達がまだ弱くあったとき、当時まだ不信心者の
(わたし達の)ために、キリストは死んでくださったからである。"
"450507","
ローマ 5:7","(驚くべき神の愛!人間の世界では、)義人のために命をすてる者
はほとんどあるまい。善人のためならば、惜しげもなく命をすてる者が、あるいはあるか
も知れない。"
"450508","
ローマ 5:8","しかしわたし達が(義人でも善人でもなく、)まだ罪人(神の敵)
であったとき、キリストが私たちのために死んでくださった。このことによって、神はわ
たし達に対する愛をお示しになったのである。"


●これだ。これが福音の本質だ。神は先回りして人間にとって真に必要な「罪の赦し」を実行してくださった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想終わり

●8:00 0妻は婦人の読書会に出発。帰りに中野の愛子の家。 












トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


サタンには十字架で勝て ++++++++ 所感

2012/11/06 07:07

121106(火)朝の啓示「サタンには十字架で勝て」●人生を不幸にするのはサタンの襲撃である。その防衛方法は10月31日のブログに書いた●今日は「サタンには十字架で勝つべき」ということを黙想してみよう。頭に浮かぶ聖句を掲げる。

塚本訳マタイ
"401038","また自分の十字架を取ってわたしのあとに従わない者は、わたし(の弟子たる)
に適しない。"
"401039","
(十字架を避けてこの世の)命を得る者は(永遠の)命を失い、わたしのため
に(この世の)命を失う者は、(永遠の)命を得るであろう。"

●十字架は人によって異なる。外部からはわからない。神のみぞ知る。十字架は重い。

塚本訳マタイ
"401128","さあ、疲れている者、重荷を負っている者はだれでも、わたしの所に来なさい、
休ませてあげよう。"
"401129","わたしは心がやさしく、高ぶらないから、わたしの軛を負ってわたしの弟子に
なりなさい、そうすれば“魂の休息が得られよう。”"
"401130","
わたしの軛は甘く、わたしの荷は軽い。」"

●なぜ軽いか。「わたしの軛」とあるから、イエスと一緒に歩くので、イエスの方に力がかかるのだ。我々は脱力の手抜きでよい。

塚本訳 ニコリ
"471304","・コリント 13:4","ほんとうに、彼は弱さのゆえに十字架をつけられ(て死なれ)
たけれども、神の力によって、いま生きておられるからである。同様に、わたし達も彼と
結びついているので弱いけれども、彼と共に、神の力により、あなた達に対して(強く)
生きる
だろうからである。"

●信者は弱いときに強いのはなぜか。神の力がその人に存分に働くからである。 
 

塚本訳ロマ
"450818","ローマ 8:18","(しかもこの苦しみは恐れることはない。)なぜなら、わたしは
こう考える。今の世の苦しみは、わたし達に現われようとしている栄光(──キリストと
一しょに神の国の相続人になる最後の日の大いなる光栄──)にくらべれば、言うに足り
ない。"

●「今の世の苦しみ」は瞬時だ。
●栄光とは有体的復活の体。これに勝る幸福はない。永遠の生命。

"450826","ローマ 8:26","しかし(創造物やわたし達神の子が苦しんでいると)同じように、
御霊も、弱いわたし達を助けてくださる。すなわち、(神のみ心にかなうには)どう何を
祈るべきかわからないので、御霊自身が、無言の呻きをもって(わたし達の祈りを神に)
執り成してくださるのである。"

●人生は「呻き」の連続だ。しかしその言葉にならない「呻き」こそ神が聞き届けてくださる。



"450828","ローマ 8:28","そればかりではない。(わたし達の救いは次のことからも確かで
ある。)わたし達が知っているように、神を愛する者、すなわち(神の)計画に応じて召
された者には、すべてのことが救いに役立つのである。"

●これらのロマ書の言葉は20年前に召された父から耳にタコができるほど聞かされたものだ。我が家の家訓。私の子供たちに伝承する言葉。
●父が臨終のとき私は耳元で「リマ署8章!、ロマ書8章!」と叫んだ。聞こえたのだろうか。
●すべてのこと(災難も失敗も不運も不幸も病気も貧困も)が救いに役立つ。「救いに」であって、この世の幸福が回復するということではない。真の幸福に開眼できるという意味。 

塚本訳ピリピ
"500206","ピリピ 2:6","彼は(先には)神の姿であり給うたが、神と等しくあることを棄
て難いことと思わず、"
"500207","
ピリピ 2:7","かえって自分を空しうして人と同じ形になり、奴隷の姿を取り給
うたのである。そして人の様で現れた彼は、"
"500208","
ピリピ 2:8","自ら謙り、死に至るまで、(然り、)十字架の死に至るまで(父な
る神に)従順であり給うた。"
"500209","
ピリピ 2:9","それ故に神も彼を至高く上げ、凡ての名に優る(「主」なる)名を
与え給うた。"

●これは初代教会の苦難の信者たちの讃美歌。「詠み人知らず」。

塚本訳へブル
"580103","ヘブル 1:3","彼は神の栄光の放射であり、本質の像である。彼はまたその力あ
る言葉をもって万物を保たれる。彼は(この世に降り)、罪の潔めを成し(とげて、ふた
たび)高き所にのぼり、(神の)御稜威の“右にお坐りになっている”。"

●これは福音の本質、ヨハネ3:16とともにキリスト教の本質。
●「罪の清め」を成し遂げたイエス。神に無理に負わされた十字架。
●人類はその宝血でどんな人もその罪をもすっかり清められて復活、永遠の命を頂ける。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想終わり

●TSK日本語版出エジプト26章入力。一日一章
●図書館。ドストエフスキー「罪と罰」米川正夫訳
●文芸評論家の佐古純一郎は「罪と罰」を20回も読んだという。(「罪と罰ノート」・日本キリスト教団出版局)
●21:30 沖縄での「無教会全国集会」から妻が帰宅。報告を受ける。
●沖縄県民の戦争の心の傷は本土の人にはわからない。震災の東北の人の心が心底わからないのと同じようだという。
●(伝道者の)妻から主人への悩みを個人的に複数聞かされたという。●人は表向きは立派でも家庭内では違うもんだなー。これはしょうがない。意外。
●しかし「それでいいんだ。それでいいんだ」何かが犠牲にならなければならないのだ。
●それは多くの場合、家庭が犠牲になる。それは名誉の負傷だ。名誉の傷だ。
●初代教会の人は迫害を受けたので、体に傷がない人は恥であったそうだ。
●神はその独り子を殺してまで「この世」を愛された(ヨハ3:16)とあるが、これは神の国における「犠牲苦」である。もし家庭内のことだったら「離婚騒動」だろう。 








トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


声に出せない女性の貧困 ++++++++ 所感

2012/11/05 09:51

121105(月)8:15NHKTV「アサイチ」で「声に出せない女性の貧困」。●女性の貧困の実態と悩みの真相がわかった。各種救済の方法が語られていたが、その根本原因、その真の原因はやはり「人間の罪」であることを思い、キリスト教は「罪からの救い」に邁進しなければならないと思った。貧困の具体的な原因は、夫の失業、離婚、精神的病の治療、借金、食費、住居費、ローン返済、●差し迫った問題として「誰にも打ち明けられない」「実家に頭を下げられない」などの精神的バリヤーがある。これなども「人間の罪」が原因である。●そういう女性水商売(ドストエフスキー「罪と罰」のソーニャ)などの不安定生活になる。多くは子育てに必死。●夫のリストラで収入がなくなるなどというのは現代日本の経済的縮図●母親、シングルマザーはパート、契約社員、派遣社員などで働くが給料は低い、ボーナスはない。●こういう時でも世の若き女性は「したたかに」子育てをする。神がこういう人の悩みを聞き届けてくれますように●こういう闇の世界から世が救われるためにキリスト教の役割は「罪からの自由」。

塚本訳 使徒
440306","使徒 3:6","ペテロが言った、「金銀は持っていない。わたしの持っているもの、それをやろう。──ナザレ人イエス・キリストの名で歩きなさい!」

●これを知らない人は「神よりも金だ」というに違いない。しかし人間罪から解放されると、それからの人生がなんとなくうまくいくのだ。なぜかわからない。神のツキが回ってくるのかもしれない。神の祝福がくだるのだろう。
 
●この使徒3:6をTSK日本語版で見てみよう。
http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

●使 3:6

3:6 ペテロが言った、「金銀はわたしには無い。しかし、わたしにあるものをあげよう。ナザレ人イエス・キリストの名によって歩きなさい」。

*「金銀はわたしには無い。」

Matthew 10:9

9財布の中に金、銀または銭を入れて行くな。

1 Corinthians 4:11

11今の今まで、わたしたちは飢え、かわき、裸にされ、打たれ、宿なしであり、

2 Corinthians 6:10

10悲しんでいるようであるが、常に喜んでおり、貧しいようであるが、多くの人を富ませ、何も持たないようであるが、すべての物を持っている。

2 Corinthians 8:9

9あなたがたは、わたしたちの主イエス・キリストの恵みを知っている。すなわち、主は富んでおられたのに、あなたがたのために貧しくなられた。それは、あなたがたが、彼の貧しさによって富む者になるためである。

James 2:5

5愛する兄弟たちよ。よく聞きなさい。神は、この世の貧しい人たちを選んで信仰に富ませ、神を愛する者たちに約束された御国の相続者とされたではないか。

*「しかし、わたしにあるものをあげよう。」

Mark 14:8

8この女はできる限りの事をしたのだ。すなわち、わたしのからだに油を注いで、あらかじめ葬りの用意をしてくれたのである。

2 Corinthians 8:12

12もし心から願ってそうするなら、持たないところによらず、持っているところによって、神に受けいれられるのである。

1 Peter 4:10

10あなたがたは、それぞれ賜物をいただいているのだから、神のさまざまな恵みの良き管理人として、それをお互のために役立てるべきである。

*「の名によって歩きなさい」」

Matthew 7:22

22その日には、多くの者が、わたしにむかって『主よ、主よ、わたしたちはあなたの名によって預言したではありませんか。また、あなたの名によって悪霊を追い出し、あなたの名によって多くの力あるわざを行ったではありませんか』と言うであろう。

Mark 16:17

17信じる者には、このようなしるしが伴う。すなわち、彼らはわたしの名で悪霊を追い出し、新しい言葉を語り、

Acts 3:16

16そして、イエスの名が、それを信じる信仰のゆえに、あなたがたのいま見て知っているこの人を、強くしたのであり、イエスによる信仰が、彼をあなたがた一同の前で、このとおり完全にいやしたのである。

Acts 4:7

7そして、そのまん中に使徒たちを立たせて尋問した、「あなたがたは、いったい、なんの権威、また、だれの名によって、このことをしたのか」。

Acts 9:34

34ペテロが彼に言った、「アイネヤよ、イエス・キリストがあなたをいやして下さるのだ。起きなさい。そして床を取りあげなさい」。すると、彼はただちに起きあがった。

Acts 16:18

18そして、そんなことを幾日間もつづけていた。パウロは困りはてて、その霊にむかい「イエス・キリストの名によって命じる。その女から出て行け」と言った。すると、その瞬間に霊が女から出て行った。

Acts 19:13-16

13そこで、ユダヤ人のまじない師で、遍歴している者たちが、悪霊につかれている者にむかって、主イエスの名をとなえ、「パウロの宣べ伝えているイエスによって命じる。出て行け」と、ためしに言ってみた。 14ユダヤの祭司長スケワという者の七人のむすこたちも、そんなことをしていた。 15すると悪霊がこれに対して言った、「イエスなら自分は知っている。パウロもわかっている。だが、おまえたちは、いったい何者だ」。 16そして、悪霊につかれている人が、彼らに飛びかかり、みんなを押えつけて負かしたので、彼らは傷を負ったまま裸になって、その家を逃げ出した。

*「ナザレ人イエス・キリスト」

John 19:19

19ピラトは罪状書きを書いて、十字架の上にかけさせた。それには「ユダヤ人の王、ナザレのイエス」と書いてあった。

Acts 2:22

22イスラエルの人たちよ、今わたしの語ることを聞きなさい。あなたがたがよく知っているとおり、ナザレ人イエスは、神が彼をとおして、あなたがたの中で行われた数々の力あるわざと奇跡としるしとにより、神からつかわされた者であることを、あなたがたに示されたかたであった。

Acts 2:36

36だから、イスラエルの全家は、この事をしかと知っておくがよい。あなたがたが十字架につけたこのイエスを、神は、主またキリストとしてお立てになったのである」。

Acts 4:10

10あなたがたご一同も、またイスラエルの人々全体も、知っていてもらいたい。この人が元気になってみんなの前に立っているのは、ひとえに、あなたがたが十字架につけて殺したのを、神が死人の中からよみがえらせたナザレ人イエス・キリストの御名によるのである。

Acts 10:38

38神はナザレのイエスに聖霊と力とを注がれました。このイエスは、神が共におられるので、よい働きをしながら、また悪魔に押えつけられている人々をことごとくいやしながら、巡回されました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●アーソウカ。イエスは「罪からの解放」が主眼だったのだ。だから私は限りある時間を「社会改良」ではなく、「罪からの解放」に捧げよう。そうすると「声に出せない貧困女性」の人生はなんとなくうまくいくのだ。嘘だと思ったら、多くの人に聞いてみるがよい。たいていは「心が豊か」で「信仰による金持ち」になっている。男は酒、たばこ、ギャンブル、風俗遊びがやめられるのだ。生活が清くなるからその後の人生うまくいかないはずはない。 

塚本訳 一テモ
"540606","・テモテ 6:6","信心はたしかに大きな「金儲け」である──足るを知るなら!"
"540607","
・テモテ 6:7","本当に私達は何一つ持たずにこの世に来たのである。従って何
一つ持って(この世を)去ることは出来ない。"
"540608","
・テモテ 6:8","だから(とにかく)食う物と着る物があれば、それで足れりと
しよう。"
"540609","
・テモテ 6:9","しかし金持ちになろうとする者は誘惑と罠と、愚にして有害な
種々の慾とに陥る。そしてこれが人を堕落と滅亡とに突き落とすのである。"
"540610","・テモテ 6:10","あらゆる悪の根は金を欲しがることにあるから。或る人はこれ
に憧れて信仰から迷い、多くの苦痛で自分を刺し通した。"

塚本訳ヤコブ
"590205","ヤコブ 2:5","聴け、愛するわが兄弟達よ、神はこの世の貧乏人を選んで信仰における金持ちとし、神を愛する者に約束し給うた御国の相続人となし給うたではないか。





トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


一粒の死なずば ++++++++ 所感

2012/11/04 05:24

121104(日)4時半目覚め●朝の啓示「一粒の麦死なずば」●今日の感話のテーマは前半は「新約聖書における『この世』の概念。後半はなぜ神がわからない人が多いのか●前半に関しては新約聖書の「この世」の言葉全部161箇所並べた●「神学辞典、神学論争にならないためにはその言葉を全部読む必要がある。すると心に沈殿して見えてくるものがある。●まず数字からわかる。「この世」の概念は旧約にはたったの10か所、それに比べて新約聖書は161か所、この差だけでもいかに新約が新約である子とかが歴然とする。●後半の世の中にはなぜ神を信じない人が多いかの問題。特にわが国では信者が1%、それに比べて韓国は30%近く。●その答えが今朝の啓示で示された。「信仰の殉教者の少なさ」である。特にプロテスタント教徒にそれが言える。信仰を頂いて幸福な生涯になろうなどと甘い考えの持ち主が多いからではあるまいか。自戒。
●そこで示された聖書の言葉の数々を列挙してみよう。
 
塚本訳ヨハネ
"431224","アーメン、アーメン、わたしは言う、一粒の麦は、地に落ちて死なねば、いつ
までもただの一粒である。しかし死ねば、多くの実を結ぶ。(だからわたしは命をすてる。)

●初代教会の信者たちの無辜の死がローマ帝国をキリスト教にした
●イエスの死の意味の深い説明。植物学的説明
●誰か血を流して犠牲にならなければ救われる人は出ない。
●兄弟間で「遺産相続の骨肉の争い」が生じたときは、だれか一人が「私は頂きません」という犠牲の態度に出れば争いは病んで紛争が解決するという。
●ドストエフスキーの「罪と罰」の本質は主人公ラスコーリニコフが金貸しのばあさんを殺したとき、偶然にそれを目撃したそのばあさんの妹(リザベータ)までも殺してしまうことがポイント。その妹は無辜の死であった。ラスコーリニコフの罪の呵責はここに始まる。リザベータの遺品の聖書が娼婦ソーニャに渡る、ソーニャはラスコーリニコフに「俺と一緒に死んでくれ『お前も私もこの世的には死んだ人間だ』と望まれれる。この辺太宰治や有島武郎の心中事件を彷彿とさせる。しかしここからがキリスト教弁証論のドストエフスキー「罪と罰」を「偉大なる文学」にした理由。ソーニャは新約聖書のラザロの復活のところ(ヨハネ11:28-44)をほぼ暗記していていてラスコーリニコフに聞かせる。死んだ人間がよみがえるということ。ここからラスコーリ二コフの人生は始まる。結末はシベリヤに囚人となって強制労働させられるラスコーリニコフにソーニャがついてゆく。神のアガペーの愛はソーニャに具現化しているが、もっと深いところではあの金持ちのばあさんの妹リザベータの死は「一粒の麦」であったのだ。偉大なるかなドストエフスキーの文学。
●内村鑑三に「何故大文学は出でざるか」があるが、罪を罪としないで美化するからだ。

塚本訳マタイ
"401034","地上に平和をもたらすためにわたしが来た、などと考えてはならない。平和で
はない、剣を、(戦いを)もたらすために来たのである。"
"401035","
わたしは子を“その父と、娘を母と、嫁を姑と”仲違いさせるために来たのだ
から。"
"401036","
“家族が自分の敵となろう。”"
"401037","
わたしよりも父や母を愛する者は、わたし(の弟子たる)に適しない。わたし
よりも息子や娘を愛する者は、わたし(の弟子たる)に適しない。"
"401038","
また自分の十字架を取ってわたしのあとに従わない者は、わたし(の弟子たる)
に適しない。"
"401039","
(十字架を避けてこの世の)命を得る者は(永遠の)命を失い、わたしのため
に(この世の)命を失う者は、(永遠の)命を得るであろう。"

●キリスト教が「平和運動教」に堕落退化しているから福音がつたわらない。キリスト教徒の平和運動は無神論の共産党の人間にも喜ばれている。
●かって牧師の娘、小笠原貞子は全国区で共産党から立候補して当選。当選後の記者会見で「私はキリスト教を卒業しました」と言った。こういう人間はどうしようもない。
●昔のことは言えない。現代でも無教会のある人は「社民党から媚を売られ」、「一緒に戦いましょう」などと」誘われる。キリスト教の堕落もここまで来たか。

塚本訳へブル
"581204","ヘブル 12:4","あなた達はまだ、罪と戦って血を流すまでに抵抗したことがない。
"
"581205","
ヘブル 12:5","また、(親がその)子に話すようにして話される(神の)励まし
を忘れてしまっている。──“わが子よ、主の訓練を軽んずるな、処罰されるときに、ひ
るむな。"
"581206","
ヘブル 12:6","なぜなら、主は愛する者を訓練し、好きな子をすべて懲らしめら
れる。”"
"581207","
ヘブル 12:7","(神の)“訓練”を受けるために、(迫害を)耐え忍べ。神はあな
た達を(自分の)“子”のように取り扱われるのである。なぜなら、父の“訓練し”ない
“子が”どこにかあるのか。"
"581208","
ヘブル 12:8","もし皆が受ける“訓練が”ないとすれば、それこそあなた達は私
生児で、(ほんとうの)“子”ではない。"
"581209","
ヘブル 12:9","かつまた、わたし達は訓練をする者として肉の父を尊敬した(と
するならば)、まして霊魂の父に服従して、(永遠に)生きないことがあるだろうか。"
"581210","
ヘブル 12:10","というのは、肉の父は(ほんの)少しの日数(だけ)、自分の考
えに従って訓練したのに反して、神はわたし達を益するため、わたし達をその聖さにあず
からせるために、訓練されるのであるから。"
"581211","
ヘブル 12:11","あらゆる訓練(というもの)は、その当座は喜びとは見えず、
かえって悲しみと見えるが、しかしあとで、それで鍛えた者に(まことの)義の実である
平安を与えるのである。"

●我らの「戦い」は人間の罪の根源に対してであって、この世の改善ではない。
●罪の根源に対して戦う時は一番身近な家庭内に亀裂が起こる。
●へブル12:4「血を流す」まで戦うことが、多くの実を結ぶことなのだ。
●「信仰を持てば私のように幸福になれる」というような「伝道の精神」ではさっぱり救われる人はでない。

塚本訳 一コリ
"461555","・コリント 15:55","“死よ、どこに、お前の勝利は。死よ、どこに、お前の剣
は”。"
"461556","
・コリント 15:56","──死の剣は罪である、罪の力(の源)は律法である。─
"
"461557","
・コリント 15:57","しかし神に感謝あれ、勝利をわたし達の主イエス・キリス
トによってわたし達にお与えになる神に!"
"461558","
・コリント 15:58","だから、わたしの愛する兄弟たちよ、しっかりしておれ、
動かずにおれ、いつも主の仕事にぬきんでよ。骨折りが主にあってむだにならないことを、
あなた達は知っているのだから。"

●この世の罪の世界における信者の「労苦」というのは決して無駄におわらない。
●「この世」の概念は新約聖書に非常に多い。それだけ労苦が重いのだ。
●「信仰の労苦」は犠牲の働きであり、相手を赦す「苦」である。これが「一粒の麦の死」につながるのである。
●讃美歌331番を思う
 
 「主にのみ十字架を負わせまつり われ知らずがおに あるべきかは」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想終わり、


●10:00 集会、宮崎トキ(司会) 小寺利男(マタイ)、高橋照男(「新約聖書における「この世」) 

http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/121104.htm

●14:00 古巣の連合設計社市ヶ谷建築事務所に行き、吉田桂二の個展を鑑賞、テーマは「多芸成る古都ウィーン」。吉田桂二と懇談。

2012_11040003.jpg 

吉田桂二の個展に行く。吉田桂二と。背後はウィーンの絵。シュテファン寺院の絵が多かった。
2007年に訪れたことがあるので懐かしかった。

2012_11040004.jpg 

あきる野の秋の夕暮れ。淋しいなー。

●TSK日本語版出エジプト24章入力。
●21:00 らららクラシックでモーツァルト「レクイエム」







トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


人生の失敗、ことごとく可なり ++++++++ 所感

2012/11/03 04:41

121103(土)3じ45分目覚め、起床●朝の啓示「人生の失敗、ことごとく可なり」●人生はたいていの人が失敗する。若い時から考えると、受験の失敗、就職の失敗、恋愛の失敗、失恋、好きな人に振られる悲しみ嘆き、体を許してしまった過去の悩み、まずい親の元に生まれたどうしようもない悲劇、結婚の失敗、家庭建設の失敗、仕事の失敗、子育ての失敗、転勤左遷の悲しみ、健康の失敗、不治の病妻や病夫を抱えてしまった嘆き、経済の失敗、上司との確執、出世の失敗、リストラされる不運、勤務先の倒産、思わざる被害、障害児の子や孫を抱えてしまった嘆き、老後の失敗、変なエクレシアの失敗、合わない牧師との悩み、エクレシアの中に信仰の合わない遊び人の信者がいる悩み、悪妻の失敗、親不孝の子供を持った失敗、気に入らない嫁や婿が来た失敗、各種依存症(アルコール、ギャンブル、風俗、・・・)の病気の夫をもった失敗、夫の浮気、妻の浮気、借金の失敗、財産が失われる失敗、社会的評判が落ちる失敗、理想の挫折、・・・・・・あーこの世は失敗だらけ、失敗の悩みばかりだ。一人一人の顔が浮かぶ。
●神社の絵馬を見ると、人生失敗しませんようにとの「願い」が書かれている。私はこれを飽かずに見るものだ。曰く「志望校合格祈願」「恋愛成就」「良縁成就」「商売繁盛家内安全」「子供が授かりますように」「健康回復」・・・・アー、人生は「呻きと叫び」の連続だ。少しも楽しいことはない。あのゲーテは「自分が楽しいと思った日は僅か数日であった」と言い、臨終の言葉は「もっと光を」であった。
●「幸福論」の著者ヒルティはこのゲーテの言葉を取り上げて神抜きの人生はこうなると批判している。
●ここで一気に信仰を説くわけではない。これらの失敗に対する人間的慰めはそのほとんどが「言葉だけ」のものである。そんな「言葉だけの慰め」を言うわけではない。イエスは次のように言う。

塚本訳ヨハネ
"431427","(今別れにのぞんで)平安をあなた達にのこしておく。わたしの平安をあなた
達に与える。わたしが与える平安は、この世の人が『平安あれ』といのるような(言葉だ
けの)ものではない
。(だから)心騒がせるな、気を落すな。"
"431428","
『わたしは離れてゆくが、すぐかえって来る』と言ったのを、あなた達は聞い
たであろう。(もし本当に)あなた達がわたしを愛しているなら、わたしが父上の所に行
くのを喜ぶはずである。父上はわたしよりもえらい(ので、行けば栄光をいただける)か
らである。"
"431429","
今事のおこらぬさきにこれを言うのは、事がおこった時、あなた達がそのこと
を信じ得るためである。"
"431430","
もはやあなた達と多く話さない。(間もなく)この世の支配者(悪魔)が来るか
らだ。あれはわたしに指一本触れることはできない。"

●イエスのいう「平安」とは実際に聖霊を降して神との交わりという「永遠の命」を与えてくださることだ。この世的にいえば、「言葉だけでなく」実際に大金をくださることだ。霊の目が開けられることだ。聖書に開眼することだ。罪の赦しの福音がわかることだ。
●生まれつき目の見えない人の不幸はイエスの奇跡で肉の眼が開けられたが、実は彼の霊の眼が明けられたことのほうが真の幸福であった。神の目的はここにあった。なぜか。肉眼は死を持って終わるが霊眼が開いたことは「永遠の命」を頂いたからだ。彼のこの世の不幸は真の幸福への門であった。
●その消息は聖書の次の箇所に出ている。

塚本訳ヨハネ
"430901","イエスは通りがかりに、生まれつきの盲人を見られた。"
"430902","
弟子たちが尋ねた、「先生、この人が盲で生まれたのは、だれが罪を犯したから
ですか。この人ですか、両親ですか。」"
"430903","
イエスは答えられた、「この人が罪を犯したからでも、両親が罪を犯したからで
もない。ただ神の御業がこの人に現われるためである"

"430906","こう言って地に唾をはき、唾で泥をつくり、その泥を盲人の目に塗って、"
"430907","
言われた、「行って、シロアム池で洗いなさい。」(シロアムは訳すると「遣わさ
れた者」。)そこで盲人は行って、洗って、見えるようになって、かえって行った"

"430935","イエスは彼が追放されたと聞いて、出合ったときに言われた、「あなたは人の子
を信ずるか。」"
"430936","
彼が答えた、「主よ、人の子とはだれのことですか。(教えてください。)信じた
いのです。」"
"430937","
イエスが言われた、「あなたはもうその人に会った。いや、あなたと話している
のが、その人だ。」"
"430938","
すると「主よ、信じます」と言って、イエスをおがんだ。"
"430939","
イエスは言われた、「わたしは裁きのためにこの世に来たのだ。・・盲が目明き
に、目明きが盲になるために!」"

●これがこの世の一切の不幸に処する道だ。負け惜しみではない。「高橋は宗教に凝った」というやつは言え。そういう人間は真に幸福なのか。幸福ならばその神抜きの幸福の道を教えていただきたい。
●故人になられたがSKさんは、生前御茶ノ水の同窓生から「アレはキリスト教に凝っている」と陰口を言われていたらしい。神やキリストに凝るのは光栄だ。そういう陰口を叩く人は「この世の何かに」凝っているのだ。
●これも故人になられたTSさんにはお子様がなかった。葬儀のあと、その弟さんから「兄はキリストをやっていたので、墓はキリスト教的にしてほしい」とご相談があった。以来私はTSさんを「キリストをやっていた男」といつも記憶している。氏の伝記をかくとすればただ一言「キリストをやっていた男」となる。これぞ栄光の生涯、成功の生涯。世には「この世に凝っている」人間がほとんどだからである。氏はこの世的にはあまり幸福ではなかったが一等地を抜いて光っている。ちなみにTSさんは生まれつき障害を持っておられた。
●過日集会のKT氏から夜中に電話がかかってきて次の句がわかったという喜びをお話しくださった。氏はピリピ4章12節の「一切合切」を強調された。生きてこういう信仰の交わり、確認のしあいができるのは幸せである。

塚本訳ピリピ
"500412","ピリピ 4:12","貧乏の道も知って居れば、有福の道も知っている。食い飽きるこ
とにも飢えることにも、有り余ることにも事欠くことにも、一切合切に通じている。"
"500413","
ピリピ 4:13","私を力づけ給うお方の御蔭で何でも出来る。"
"500414","
ピリピ 4:14","それにしても君達は善くこそ私と苦難を共にしてくれた。"

●同じようなことをパウロはまた次のように言う。万歳だ。

塚本訳ロマ
"450835","ローマ 8:35","(このゆえに)だれがキリストの(わたし達を愛する)愛から、
わたし達を引き離すことができるか。苦しみか、悩みか、迫害か、飢えか、裸か、危険か、
剣か。"
"450836","ローマ 8:36","こう書いてある。──“あなた[神]のためにわたし達は一日中
死の危険にさらされている、わたし達は屠られる羊のように考えられた。”"
"450837","
ローマ 8:37","(もちろん、引き離すことのできるものはない。)そればかりか、
わたし達を愛して(十字架につけられて)くださった方により、これらすべての(苦難の)
中にあって、わたし達は悠々と勝つことができる。"
"450838","
ローマ 8:38","なぜなら、わたしは確信している、死でも命でも、天使でも支
配(天使)でも、現在起こっていることでも将来起こることでも、権力(天使)でも、"
"450839","
ローマ 8:39","高い所のものでも低い所のものでも、その他どんな創造物でも、
わたし達の主キリスト・イエスによる神の愛から、わたし達を引き離すことはできない。"

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想終わり。これでまたパワーを頂けた。
 
●今日は43回目の結婚記念日。式辞をしてくださった故藤林益三先生は、「妻の寝顔を見て、よく私のところに来てくれた」と思えば結婚は長続きするものだと述べてくださり、誓約のときに「間違ったことをしてはいけない。いいな」と私の眼を厳しく見て言われたものだ。 
●5:15 妻は今日から3泊4日で、沖縄における「無教会全国集会」に出発。まだ暗い闇の中に消えて行った。 
●10:00 腰が痛むので吉祥寺の「十字式健康法」(キリスト教)に行って「気功」で直してもらう。一発で直った。不思議。パソコンのウィンドウズ「7」を購入し、まだ故障してない「XP」と左右に並べて使っているので体をひねった姿勢にしていたのが原因らしい。背骨は万病の元。
●12:00 水道橋の日本大学校舎前で福島県本宮市の農産物を直売しているのでいくつか購入した。聞いてみると日本大学の生徒が数年前から福島家本宮市の農家と交流していて毎年直売物産展を出しているという。息子が近くの二本松市で有機農業をやっていたが原発事故のため営農を断念したことを話した。

2012_11030006.jpg 

2012_11030007.jpg 

福島県本宮市の物産展。米(天のつぶ)少々、人参三本、菓子少々を購入。
日本大学の生徒は数年前からこういうことをやっているという。偉いなー。

●13:00 学士会館で「南原繁研究会」。本年は「南原繁と新渡戸稲造」。最後の挨拶をされた高木博義氏(東京聖書読者会)の話がよかった。5千円札が新渡戸稲造から樋口一葉に代わったのは残念であるという内容。鳥居ご夫妻、大山綱夫先生、鈴木孝二先生と懇談。若い柴田君、宮崎君とも懇談。
●20:30 沖縄のトミ子から「無教会全国集会」第一日目の方向の電話。




トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


気を落とさずに祈れ ++++++++ 所感

2012/11/02 06:58

121102(金)5時半目覚め●朝の啓示「気を落とさずに祈れ」●イエスはあるとき「気を落とさずに祈るべきこと」を話された。譬の内容からしておそらく貧しい寡婦、誰かに「ひどい目にあわされて」いて弁護士に支払う金もないような気の毒な人を目の前にしてのことではないだろうか。イエスのたとえ話は次である。

塚本訳ルカ
"421801","なお、気を落さずに常に祈るべきことについて、一つの譬をひいて弟子たちに
話された、"
"421802","
「ある町に、神を恐れず、人を人とも思わない裁判官があった。"
"421803","
またその町に一人の寡婦がいた。いつもその裁判官の所に来ては、『(早く裁判
をして)わたしのため敵に仕返しをしてください』と言っていた。"
"421804","
裁判官はしばらくの間は取り合おうとしなかったが、あとでひそかに考えた、
『わたしは神を恐れず、人を人とも思わないが、"
"421805","
この寡婦はどうもうるさくて、やりきれないから、(裁判をして、)この女のた
めに仕返しをしてやろう。そうしないと最後にはやって来て、わたしをどんなひどい目に
あわせるか知れない。』」"
"421806","
それから主は言われた、「この不埒な裁判官の言うことを聞け。"
"421807","
(こんな男でもこのとおり。)まして神が、夜昼叫んでいるその選ばれた人々の
ために仕返し(の裁判)をせず、気長に放っておかれることがあろうか。"

●1節の「気を落とさずに祈る」ということが今朝の啓示である。
●苦難や悲しみの時、「世の中一般がこうだ」とか「厭世の境地」「悟りの境地」に逃げ込むのは真の数位にはならない。
●神への祈りで実際に解決していただくのがキリスト教の本質である。
●この世の例を引けば、「野球は9回ツーアウトから」「柔道相撲の極意である二枚腰」。いずれもあきらめではなく「勝利」である。
●関連聖句を思いつくままに掲げよう。

塚本訳 一ヨハ
"620504","・ヨハネ 5:4","というのは、すべて神(の力)によって生まれたものは、(掟に
反抗する)この世(の悪の力)に勝っているからでる。そしてこの世に勝った勝利、それ
はわたし達の信仰。"
"620505","
・ヨハネ 5:5","では、だれがこの世に勝つのであるか、イエスは神の子である
と信ずる者でなくして。"

塚本訳ロマ
"450831","ローマ 8:31","すると、それはどういうことになるのだろうか。──神がわたし
達の味方である以上、だれがわたし達に敵対できるか。"
"450832","
ローマ 8:32","御自分の子をさえなんの惜しげもなく、わたし達みんなのために
死に引き渡されたその神が、どうしてそれと共に、すべてのものをも賜わらないことがあ
ろうか。"

●「気を落とさずに祈るべき」ということについて、TSK日本語版を見て心に響くものを掲げてみよう。 
http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

【口語訳】 詩 55 篇
 55:16 しかしわたしが神に呼ばわれば、主はわたしを救われます。
 55:17 夕べに、あしたに、真昼にわたしが嘆きうめけば、主はわたしの声を聞かれます。

【口語訳】 詩 102 篇
 102:16 主はシオンを築き、その栄光をもって現れ、
 102:17 乏しい者の祈をかえりみ、彼らの願いをかろしめられないからです。

【口語訳】 詩 142 篇
 142:6 どうか、わが叫びにみこころをとめてください。わたしは、はなはだしく低くされています。わたしを責める者から助け出してください。彼らはわたしにまさって強いのです。
 142:7 わたしをひとやから出し、み名に感謝させてください。あなたが豊かにわたしをあしらわれるので、正しい人々はわたしのまわりに集まるでしょう」。

塚本訳ルカ
"421105","また彼らに言われた、「あなた達のうちのだれかに友人があって、夜中にその友
人の所に行き、『友よ、パンを三つ貸してくれ。"
"421106","
旅先からわたしの友人が来たのに、何も出すものがないから』と言ったとき、"
"421107","
その友人は内から、『勘弁してくれ。もう戸締りをしてしまったし、子供たちも
わたしと一しょに寝ている。起きてかしてやるわけにはゆかない』と答えるにちがいない。
"
"421108","
しかしわたしは言う、(その人がなおもせがんで止まなければ、)友人だからと
いうのでは起きて(パンを)かしてやらなくても、その厚かましさにはかなわず、起き上
がって、必要なだけのものをかしてやるにちがいない。"
"421109","
それで、わたしもあなた達に言う、(ほしいものはなんでも神に)求めよ、きっ
と与えられる。さがせ、きっと見つかる。戸をたたけ、きっとあけていただける。"
"421110","
だれであろうと、求める者は受け、さがす者は見つけ、戸をたたく者はあけて
いただけるのだから。"
"421111","
あなた達のうちのどんなお父さんでも、子が魚を求めるのに、魚の代りに蛇を
やるだろうか。"
"421112","
また卵を求めるのに、蝎をやるだろうか。"
"421113","
してみると、あなた達は悪い人間でありながらも、自分の子に善い物をやるこ
とを知っている。まして天の父上が、求める者に聖霊(という善いもの)を下さらないこ
とがあるだろうか。」"

塚本訳ロマ
"451211","ローマ 12:11","熱心で倦まず、(神の)霊に燃え、主に仕えよ。"
"451212","
ローマ 12:12","希望をもって喜び、苦難に耐え、たゆまず祈れ。"
"451213","
ローマ 12:13","力を合わせて聖徒の欠乏をおぎない、旅人の接待に努めよ。"
"451214","
ローマ 12:14","(あなた達を)迫害する者に(神の)祝福を求め、祝福して呪
うな。"
"451215","
ローマ 12:15","喜ぶ者と共に喜び、泣く者と共に泣け。"
"451216","
ローマ 12:16","互に思いを同じくせよ。高くなろうと思わず、低い方に従え。”
自分で賢いなどとうぬぼれてはならない。”"
"451217","
ローマ 12:17","だれにも悪をもあって悪に報いず、どんな”人の前でも善をす
るように心がけよ。”"
"451218","
ローマ 12:18","出来るなら、(少なくとも)あなた達の方では、どんな人とも仲
良くせよ。"
"451219","
ローマ 12:19","愛する者たちよ、自分で仕返しをするな、(裁きの日の神の)怒
りにまかせよ。こう書いてあるではないか、「主は言われる、“仕返しはわたしのもの、”
わたしが“報いをする”と。」"
"451220","
ローマ 12:20","むしろ、“あなたの敵が飢えているなら、食べさせてやれ。渇い
ているなら、飲ませてやれ。こうするのはその頭に炭火を積むことであるから、(いつか
は恥じて悔改める。)”"
"451221","
ローマ 12:21","悪に勝たれるな、善によって悪に勝て。"

エレミヤ
【口語訳】 エレ 29 章
 29:12 その時、あなたがたはわたしに呼ばわり、来て、わたしに祈る。わたしはあなたがたの祈を聞く。

コロサイ
"510402","コロサイ 4:2"," 撓まず祈れ、感謝をもって祈りつつ目を覚まし居れ。"
"510403","
コロサイ 4:3","同時に私達のためにも祈って、神が御言の門を私達に開いてキ
リストの奥義を語らせ給うよう──(実に)そのために私も(今)縄目についているので
あるが──"
"510404","
コロサイ 4:4","また私が命ぜられるままにその奥義を顕し得るようにしてもら
いたい。"
"510405","
コロサイ 4:5","(信者ならぬ)外部の人に対しては知恵をもって接し、(福音の
ためにあらゆる)機会を利用せよ。(時は迫っている。)"

一テサ
"520517","・テサロニケ 5:17","絶え間なく祈れ、"
"520518","
・テサロニケ 5:18","(幸不幸、)何事についても(神に)感謝せよ。これ(ら
三つ)は神がキリスト・イエスに於て君達に求め給うものである。"
"520519","
・テサロニケ 5:19","(他人に燃えている)霊(の火)を消すな。"
"520520","
・テサロニケ 5:20","(殊に)預言(する者があれば、それ)を軽蔑するな。"
"520521","
・テサロニケ 5:21","何事についても真偽を見別け、善いもの(だけ)を保存せ
よ。"
"520522","
・テサロニケ 5:22","“あらゆる”種類の“悪に遠ざかれ”。"
"520523","
・テサロニケ 5:23","願わくは、平和の神自ら君達を潔め尽くし、私達の主イエ
ス・キリストの来臨の時咎められることの無いように、君達の霊と心と体を完全に守り給
わんことを。"
"520524","
・テサロニケ 5:24","君達を召し給うお方は真実だから、このことをも(きっと)
成し遂げ給うであろう。"

へブル
"581205","ヘブル 12:5","また、(親がその)子に話すようにして話される(神の)励まし
を忘れてしまっている。──“わが子よ、主の訓練を軽んずるな、処罰されるときに、ひ
るむな。"
"581206","
ヘブル 12:6","なぜなら、主は愛する者を訓練し、好きな子をすべて懲らしめら
れる。”"
"581207","
ヘブル 12:7","(神の)“訓練”を受けるために、(迫害を)耐え忍べ。神はあな
た達を(自分の)“子”のように取り扱われるのである。なぜなら、父の“訓練し”ない
“子が”どこにかあるのか。"
"581208","
ヘブル 12:8","もし皆が受ける“訓練が”ないとすれば、それこそあなた達は私
生児で、(ほんとうの)“子”ではない。"
"581209","
ヘブル 12:9","かつまた、わたし達は訓練をする者として肉の父を尊敬した(と
するならば)、まして霊魂の父に服従して、(永遠に)生きないことがあるだろうか。"
"581210","
ヘブル 12:10","というのは、肉の父は(ほんの)少しの日数(だけ)、自分の考
えに従って訓練したのに反して、神はわたし達を益するため、わたし達をその聖さにあず
からせるために、訓練されるのであるから。"
"581211","
ヘブル 12:11","あらゆる訓練(というもの)は、その当座は喜びとは見えず、
かえって悲しみと見えるが、しかしあとで、それで鍛えた者に(まことの)義の実である
平安を与えるのである。"
"581212","
ヘブル 12:12","だから、“力の抜けた手と、しびれた膝をまっすぐに伸ばしなさ
い。”"

●初代教会の信者たちは「愛の労苦」をした。
●「午後三時祈りの友」のあきる野市の会員であるHTさんはご高齢の上に全盲で耳も遠くなられた。妻とお見舞いに伺うと「ナンノこれしき」と言って笑われた。心は天国にあられる。
●某夫人がキリスト教に初めてしたのは、ある無教会の家庭婦人集会。そこで讃美歌「509番」を聴いて号泣。あの方はその後どうしておられるのかなー。どういうお悲しみがあったのかなー。いやいや知るまい。人生、終わりよければすべて良しだ。
●「いいんだ、いいんだ。人生それでいいんだ、それでいいんだ。」。失敗の人生で神と出会うのが成功の人生なのだ

讃美歌509番

1・世の楽しみ 失せされ ひとの誉れ 消えゆけ 身をいく里 世になしとも わが幸こそイエス君
2・宝も名もながるる 水の上の月影 ありてなきを などかは追わん わが富こそイエス君
3・さらばゆけよ 世の夢 朝日のかげ さしきぬ わがまよいをさやにしめす みひかりこそ イエス君
4・いざや別れん うき世に イザヤ迎えん とこ世を いざや迎えん 主の身胸に よりていこう その日を

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想 終わり


●8:00 妻は中野の愛子の家に手伝いに出発。十字架、十字架。祈りは聴かれる。神は実在にまします。
●09:15 池谷医院に定期健診
●11:40 山川歯科に定期健診














トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


魂が砕ける佳き日 ++++++++ 所感

2012/11/01 06:58

69歳4か月。平均余命13年(生命保険会社統計)、4745日、11万3800時間。この時間をすべてキリスト教使徒伝承の連鎖に捧げる。罪と死の恐怖から救われる「十字架の贖罪の福音と有体的復活の希望の喜び」を犠牲的に生きて証人となる。自分のため、親類縁者のため、気の毒な人のため。

121101(木)5時目覚め●朝の瞑想「魂が砕ける佳き日」●人生はドン底から魂が砕けて再生への道を歩みだす時が一番素晴らしい。●聖書には「魂の砕け」を経験した人の例が数多く出てくる。

①ダビデ。王の地位を悪用して人妻を自分のものとした。悔い改めた時の詩


【新共同訳】 詩 51 編
 51:1 【指揮者によって。賛歌。ダビデの詩。
 51:2 ダビデがバト・シェバと通じたので預言者ナタンがダビデのもとに来たとき。】
 51:3 神よ、わたしを憐れんでください/御慈しみをもって。深い御憐れみをもって/背きの罪をぬぐってください。
 51:4 わたしの咎をことごとく洗い/罪から清めてください。
 51:5 あなたに背いたことをわたしは知っています。わたしの罪は常にわたしの前に置かれています。
 51:6 あなたに、あなたのみにわたしは罪を犯し/御目に悪事と見られることをしました。あなたの言われることは正しく/あなたの裁きに誤りはありません。



②十字架上の強盗。「俺がこうなるのは当然だ」と言って魂が砕けている。

塚本訳ルカ
"422340","するともう一人の者が彼をたしなめて言った、「貴様は(このお方と)同じ(恐
ろしい)罰を受けていながら、それでも(まだ)神様がこわくないのか。"
"422341","
おれ達は自分でしたことの報いを受けるのだから当り前だが、このお方は何一
つ、道にはずれたことをなさらなかったのだ。」"
"422342","
それから(イエスに)言った、「イエス様、こんどあなたのお国と共にお出でに
なる時には、どうかわたしのことを思い出してください。」
"422343","
イエスが言われた、「アーメン、わたしは言う、(その時を待たずとも、)あな
たはきょう、わたしと一しょに極楽にはいることができる。」"

③罪の女。泣きながらイエスの足に香油を塗った。自分の過去に悔いがある。

塚本訳ルカ
"420737","すると、その町に一人の罪の女がいた。イエスがパリサイ人の家で食卓につい
ておられることを知ると、香油のはいった石膏の壷を持ってきて、"
"420738","
泣きながら後ろからイエスの足下に進み寄り、しばし涙で御足をぬらしていた
が、やがて髪の毛でそれをふき、御足に接吻して香油を塗った。"
・・・・・・・
420747","だから、わたしは言う、この婦人の多くの罪は赦されている。(いま)多くわた
しを愛したのがその証拠である。赦され方の少ない者は、愛し方も少ない。」
"
"420748","
そしてその女に言われた、「あなたの罪は赦されている。」"

④放蕩息子。放蕩に身を持ち崩して食えなくなり目が覚める。水商売の女は男に金がなくなるとこれを捨てる。「金の切れ目が縁の切れ目」。それを見抜けない男は愚か者。

塚本訳ルカ
"421511","また話された、「ある人に二人の息子があった。"
"421512","
『お父さん、財産の分け前を下さい』と弟が父に言った。父は身代を二人に分
けてやった。"
"421513","
幾日もたたないうちに、弟は(分け前)全部をまとめて(金にかえ、)遠い国に
行き、そこで放蕩に財産をまき散らした。"
"421514","
すべてを使いはたしたとき、その国にひどい飢饉があって、食べるにも困り果
てた。"
"421515","
そこでその国のある人のところに行ってすがりつくと、畑にやって、豚を飼わ
せた。"          
"421516","
彼はせめて豚の食う蝗豆で腹をふくらしたいと思ったが、(それすら)呉れよう
とする人はなかった。"
"421517","
ここで(はじめて)本心に立ち返って言った。──お父さんのところでは、あ
んなに大勢の雇人に食べ物があり余っているのに、(息子の)このわたしは、ここで飢え
死にしようとしている。……"
"421518","
よし、お父さんの所にかえろう、そしてこう言おう、『お父さん、わたしは天(の
神様)にも、あなたにも、罪を犯しました。"
"421519","
もうあなたの息子と言われる資格はありません。どうか雇人なみにしてくださ
い』と。"

⑤税金取りザアカイ。良心が痛んでいたらしい。

塚本訳ルカ
"421905","イエスはその場所に来られると、ザアカイを見上げて言われた、「ザアカイ、急
いで下りておいで。きょうはあなたの家に泊まることになっているから。」"
"421906","
ザアカイは急いで下りてきて、喜んでお迎えした。"
"421907","
皆がこれを見て、イエスは(税金取りのような)罪人の所に入りこんで宿を取
った、と言ってぶつぶつ呟いた。"
"421908","
しかしザアカイは進み出て主に言った、「主よ、わたしは(誓って)財産の半分
を貧乏な人たちに施します。人からゆすり取ったものは四倍にして返します。」
"
"421909","
イエスが(人々に)言われた、「救いは(きょう、)この家に入った。(人でなし
のように言われる)この人も、やはり(あなた達と同じ)アブラハムの末だから。"
"421910","
人の子(わたし)は“滅びうせた者をさがして”救うために来たのである。」"

●以上の5人に共通のことは魂が砕けたことである。
●魂の砕けは何か温かいものに触れる時である。そのとき人間は「まずい。このままではいけない」と自分のみじめさを自覚して何とかして救われたいと思うのだ。断罪や説教によるのではない。
●この暖かいものとは神ご自身とそれを「この世」に具現かつ体現化するクリスチャンである。初代教会の面々はそれを「愛の労苦」「愛の忍耐」という。それは一見なにもしていないようだが、結果的に神を通じて本人に「遠隔操縦」しているわけだ。「天に宝を積む」(マタ19:21)とはこのことだ。「敵の頭に炭火を置く」とはこのことだ。

塚本訳ロマ
"451217","ローマ 12:17","だれにも悪をもあって悪に報いず、どんな”人の前でも善をす
るように心がけよ。”"
"451218","
ローマ 12:18","出来るなら、(少なくとも)あなた達の方では、どんな人とも仲
良くせよ。"
"451219","
ローマ 12:19","愛する者たちよ、自分で仕返しをするな、(裁きの日の神の)怒
りにまかせよ。こう書いてあるではないか、「主は言われる、“仕返しはわたしのもの、”
わたしが“報いをする”と。」"
"451220","
ローマ 12:20","むしろ、“あなたの敵が飢えているなら、食べさせてやれ。渇い
ているなら、飲ませてやれ。こうするのはその頭に炭火を積むことであるから、(いつか
は恥じて悔改める。)”"
"451221","ローマ 12:21","悪に勝たれるな、善によって悪に勝て。"

 

●失敗の人生、まずい過去を背負った人の方が「魂の砕け」に近い存在である。聖書はそれを次のように言うのだ。
 
【口語訳】 詩 34 篇
 34:18 主は心の砕けた者に近く、たましいの悔いくずおれた者を救われる。

【口語訳】 詩 51 篇
 51:17 神の受けられるいけにえは砕けた魂です。神よ、あなたは砕けた悔いた心を/かろしめられません。

塚本訳マタイ
"402131","この二人のうち、どちらが父の心を行ったのだろうか。」「もちろん長男」と彼
らが答える。イエスが言われる、「アーメン、わたしは言う、税金取りや遊女たちは、あ
なた達よりも先に神の国に入るであろう
"
"402132","
そのわけは、(洗礼者)ヨハネが義の道を示しに来たのに、あなた達は彼を信ぜ
ず、税金取りや遊女の方がかえって信じたからだ。しかしあなた達は(あの人たちが悔改
めるのを)見たあとでも、後悔して彼を信じようとしなかった。"

塚本訳マタイ
"402013","主人がその一人に答えた、『君、わたしは何も間違ったことをあなたにした覚え
はない。一デナリの約束ではなかったのか。"
"402014","
自分の分を取って帰りたまえ。わたしはこの最後の人に、あなたと同じだけや
りたいのだ。"
"402015","
わたしのものを、わたしがしたいようにしてはいけないのか。それとも、わた
しが親切をしてやったのが羨ましいのか。』"
"402016","
このように、最後の者が一番になり、一番の者が最後になるであろう。」"

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

朝の黙想おわり


●TSK日本語版出エジプト22章入力
●バッハ「マタイ受難曲」をカール・リヒター指揮ミュンヘンバッハ合唱団&管弦楽団(1958年版、金字塔)で鑑賞
●この演奏はリヒターに魂をわしづかみにされて揺さぶられるようだ。
●某氏につぎのようなメールを打った。「音楽の友」はいい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(前略)
ところで、小生が名演奏と考えるベストスリーは次のとおりです。

 

   ヴェートーヴェン「合唱」。フルテヴェングラー指揮、バイロイト祝祭歌劇場管弦楽団&合唱団のライブ

   ヴェートーヴェン「田園」。ブルーノワルター指揮、コロンビア交響楽団。(ながらく上記①が評論家の人気NO1でしたが

最近、これが一位の座につきました)

   バッハ「マタイ受難曲」。 カール・リヒター指揮、ミュンヘンバッハ合唱団&管弦楽団、1958年版。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●妻は夕方から「メサイア」のレッスン。




 










トラックバック(0) | コメント(0) | top▲




| Top |
0814