to 日記と感想 2012年12月
Top | RSS | Admin

2012.11 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2013.01


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171030(月)10:00 聖路加 桑本先生
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170824(木)12:10キララホールエントランスコンサート、マリンバ
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170813(日)10:30ナザレン教会浦和教会
    170813(日)14:00比企紀和君
    170812(土)14:00お江戸こらりあーず演奏会、文京シビックホール
    170809     TW誕生日
    170809(水)17:16初音吹奏楽、府中の森芸術劇場ドリームホール
    170808(火)0930池谷医院
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170708(土)14:00在宅医療説明会(キララホール)
    170707(金)10:00池谷医院
    170706      TM誕生日
    170702(日) 集会感話
    170701      TT誕生日
    170630(金)12:20キララホールエントランスコンサート
    170628      IY誕生日
    170627(火)11:00 能城牧師来訪
    170625)日)10:10トミ子集会感話
    170625(日)14:00茅ヶ崎金子邸
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール


語らざるをえない復活の希望 ++++++++ 所感

2012/12/31 08:23

121231(月)6時目覚め●「語らざるを得ない復活の希望」。これを伝承しなければ死んでも死にきれない。もし一人にでも点火すれば私の人生の目的は果たせたことになる 
 
【口語訳】 アモ 3 章
 3:7 まことに主なる神は/そのしもべである預言者にその隠れた事を/示さないでは、何事をもなされない。
 3:8 ししがほえる、だれが恐れないでいられよう。主なる神が語られる、だれが預言しないでいられよう」。

●神につねられて叫ぶのだ。

塚本訳マタイ
"401026","だから彼らを恐れるな、(すべてはじきに明らかになるであろう。)覆われてい
るものであらわされないものはなく、隠れているもので(人に)知られないものはないか
らである。"
"401027","
わたしが暗闇で(こっそり)話すことを、(大胆に)明るみで言え。耳うちされ
たことを屋根の上で宣伝せよ。"
"401028","体を殺しても、魂を殺すことの出来ない者を恐れることはない。ただ、魂も体
も地獄で滅ぼすことの出来るお方を恐れよ。"

●朝の目覚めにささやかれる。それをメモにしておいて、朝飯前にブログに書かないと気がおさまらない。

塚本訳Ⅰコリ
"460916","・コリント 9:16","なぜなら、たとい福音を伝えたところで、わたしの誇りには
ならない。なぜなら、(神に)強要されているのだから。なぜなら、もし福音を伝えない
ならわたしは禍だからである。"
"460917","
・コリント 9:17","なぜなら、わたしが自分から進んでこれをしているというの
なら褒美もいただこうが、否応なしであってみれば、この職を(神に)託されているに過
ぎないからである。
"
"460918","
・コリント 9:18","では、わたしの褒美とはいったい何であるか。それは、わた
しが福音を伝えるとき、無報酬で福音を提供し、福音にあってもつわたしの権利を利用し
ないことである。"
"460919","
・コリント 9:19","それで、わたしはすべての人から(全く)自由であるが、(同
時に、)自分をすべての人の奴隷にした。(キリストのために出来るだけ)多数の人を得る
ためである。"
"460920","
・コリント 9:20","ユダヤ人たちにはユダヤ人のようになった。ユダヤ人たちを
得るためである。わたし自身は(モーセ)律法の下にいないのではあるが、律法の下にい
る者たちには、律法の下にいる者のようになった。律法の下にいる者たちを得るためであ
る。"
"460921","
・コリント 9:21","わたしは神の律法を知らないのではなく、むしろキリストの
律法に縛られているのではあるが、律法を知らない者たちには律法を知らない者のように
なった。律法を知らない者たちを得るためである。"
"460922","
・コリント 9:22","(信仰の)弱い者たちには弱くなった。弱い者たちを得るた
めである。わたしはこれらみんなのために、どんなものにでもなった。せめて幾人かだけ
でも救うためである。"

●福音は集客でなく発信である。それも金をとってはいけない。集金してはいけない。献金を期待してはいけない。
●過日、「牧師先生になりたい」という青年に「聖書でメシを食うな」と一撃した。彼は神とか信仰をゼロから考え始めた。結構なことだ。もそあのまま進んだら節のない竹になっただろう。

塚本訳マタイ
"402805","天使は女たちに言った、「恐れることはない。あなた達は十字架につけられたイ
エスをさがしているようだが、"
"402806","
ここにはおられない。かねがね言われたとおり、もう復活されたのだから。来
て、お体が置いてあった場所を見なさい。"
"402807","
それから急いで行って弟子たちに、『イエスは死人の中から復活された。あなた
達より先にガリラヤに行かれる。そこでお目にかかれる』と言いなさい。これを言いにわ
たしは来たのだ。」"
"402808","
女たちは恐ろしいが、また嬉しくてたまらず、(中には入らずに)急いで墓を立
ち去り、弟子たちに知らせるために走っていった"

塚本訳Ⅰコリ
"460924","・コリント 9:24","(だからあなた達も、競技場の闘士のように自制しなければ
ならない。)競技場で走る者は皆走るけれども、たった一人が賞をもらうことを、あなた
達は知らないのか。あなた達も、それを勝ち取るように走らなければならない。"
"460925","
・コリント 9:25","しかし競技する者は皆、何事にも自制する。ただ、あの人た
ちは朽ちはてる冠をもらうためであるが、わたし達は朽ちぬ冠のためである。"
"460926","
・コリント 9:26","わたしはそれゆえに、目標があいまいでないように走る。空
を打たないように拳闘をする。"
"460927","
・コリント 9:27","いや、自分の体を打ちたたいて征服する。人には(福音を)
説きながら、自分では失格するようなことのないためである。"

●マグダラのマリヤもパウロも走った。復活のイエスに出会った者の人生は走り出す。体を打ちたたいて発信する。

塚本訳Ⅰコリ
"460914","・コリント 9:14","そのように主も、福音を伝える者は福音で生活するようにと
定められたのである。"
"460915","
・コリント 9:15","
しかしこのわたしは、それら(の特権)を何一つ用いたこと
がない。わたしがこのことを書いたのは、自分がそうしてもらいたいからではない。なぜ
なら、むしろわたしは死んだ方がよっぽど仕合わせだ、もし‥‥(いや)この、わたしの
誇り、(びた一文厄介をかけずに福音を伝えるというこの誇り)を、だれも無にしてくれ
るな!"


●福音の発信は無料。金をとってはいけない。福音で生活をしてはならない。
●日本のキリスト教が弱いのは福音宣教を「職業」や「社会的地位」にしているからだ。

塚本訳ルカ
 "421707","ただ(次の譬を聞け。)あなた達のうちに耕作、あるいは牧畜をする僕を持って
いる人があって、その僕が畑からかえって来たとき、『すぐここに来て食事をしなさい』
とその人は言うだろうか。"
"421708","
むしろ反対に、『夕食の用意をして、わたしが食事をすますまで裾をひきからげ
て給仕をし、そのあとで食事をしなさい』と言うのではあるまいか。"
"421709","
言いつけられたことをしたからとて、主人が僕に感謝するだろうか。"
"421710","
そのようにあなた達も、(神に)命じられたことを皆なしとげた時、『われわれ
は役に立たない僕だ、せねばならぬことをしたまでだ。(褒美をいただく資格はない)』と
言え
。」"

●福音の宣教は宅配便の人である。「ご苦労様」とは言うが感謝は送り主にする。
●福音の宣教者は宅配便の人間である。それを間違えて宅配便の人を拝んでいるから福音が伝わらない。信者が悪い、先生や牧師が悪い。

塚本訳ピリピ
"500313","ピリピ 3:13","兄弟達よ、私はまだ自分で(それを)捉えたなどとは考えていな
い。しかし(ただ)一つの事──後ろのものを忘れ、前のものを追い求めながら"
"500314","
ピリピ 3:14","(或る)目標に向かって、すなわち神がキリスト・イエスにおい
て天上に招き給う褒美に向かって(ひた走りに)走っているのである。"
"500315","
ピリピ 3:15","だから(兄弟達よ、既に)完成した者は皆(──君達も私も──)
このことを心がけようではないか。そしてもし君達に何か考え違いがあれば、それも神が
示し給うに違いない。"
"500316","
ピリピ 3:16","ただ私達は(その時その時に)自分が達した(完成の)程度に応
じて歩こうではないか。"

●「後ろのものを忘れ」という言葉がよい。今日のキリスト教は「後ろのもの」を研究(思想、神学)しているばかりだ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想おわり。

●7:20 NHKFMでドビュッシー特集。そのただれた恋愛遍歴(人妻を愛したり、妻を捨てて別の女に走ったりした)にがっくり。ドビュッシーがすっかり嫌いになった。なさけない人生。恋愛の愛は至上ではない。その愛は人を排除する。神を否定する。神が裁く。
●無教会主義の「恋愛ご法度」の雰囲気はよい習慣である。恋愛は真の神を見えなくする魔物である。信仰の堕落である。
●文学者たちが内村のもとを去った原因はここにある。真の神ではなく異教の(みだらな)神を拝んだのだ。内村は愛弟子有島武郎の情死を知って激怒。彼は神を捨てたが故に宇宙大の淋しさに陥り、あろうことか人妻と首つり自殺。その縄にはウジが上り下りしていたと内村は吐き捨てた。

塚本訳ヨハネ
"430112","しかし受け入れた人々、すなわち、その名を(神の子であることを)信じた人
には一人のこらず、神の子となる資格をお授けになった。"
"430113","
この人たちは、人間の血や、肉の欲望や、男の欲望によらず、神(の力)によ
って生まれたのである。"


●男の熱心で結婚するとき、それは「神の栄光があがらない」


【口語訳】 箴 19 章
 19:14 家と富とは先祖からうけつぐもの、
賢い妻は主から賜わるものである。

●結婚する前の若い日に無教会のある大先輩からこの言葉を射され、目が覚めた。
●結婚相手は選び取るのではなく、「賜る」(口語)「いただく」(新共同)ものなのだ。
●ある教会の夫人(同年輩)から「高橋さんはどうして無教会なのですか」と言聞かれたことがある。
●恋愛で立つものは恋愛で倒れる。家庭が崩壊する。
 
 
2012_12310003.jpg 

2012_12310004.jpg 

孫娘と近くの秋留公園で遊ぶ、彼女たちの上に神の祝福が
末永くありますように。私は彼女たちが母になる日までは生きては
いられないであろう。人生は長いようで短いものだ。
 
●17:00 我が家の床はは杉材で暖かくてよいが10年も経過すると「とげ」が刺さるようになった。そこで孫たちのために室内履きを購入。100円ショップで売っていた。この店はすばらしい。こんなものがというものが100円で購入できる。
●大晦日の夕方は多くの人が買い物で忙しい。
 
2013_01010001.jpg 

孫娘は完全武装して「紅白歌合戦」。若い歌手の名前をよく知っている。
私が森進一の歌に「これはいい」と言うと、かなほ(6歳)が「おじいちゃんこの人知っているの?」と来た。時代は変わる。













スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


アバヨ、先に眠ってくれ ++++++++ 所感

2012/12/30 08:28

121230(日)福島の孫が来ているとき、2-3日天井裏にネズミがいる気配があったが、昨夜台所に仕掛けたネズミ採り(粘着テープ)に大きいネズミがかかっていた。中野の孫娘達が起きる前、「夜が開けると」(ルカ24:1)庭に埋葬した。これで何匹目だろう。いつもながら殺生は気分が悪い。埋めるとき「アバヨ。万物が復興するときまで一足先に眠っていてくれ。今私の家には孫が来ているのだ。お前に出てきてもらっては困るのだ」と心に念じた。

【口語訳】 ロマ 8 章
8:21 かつ、被造物自身にも、滅びのなわめから解放されて、神の子たちの栄光の自由に入る望みが残されているからである
8:22 実に、被造物全体が、今に至るまで、共にうめき共に産みの苦しみを続けていることを、わたしたちは知っている。

●ネズミも神の創られた被造物だ。
●母が肺癌による呼吸困難で苦しんでいるとき、集会の先輩が「高橋君。お母さんを楽にしてあげなさいよ。別に殺すわけではないんだ」と言われた。母をホスピスに送る決心をしたのはこの言葉であった。
●「死は眠り」。それは人間だけでなく被造物全体である。
●終末による新天新地復興の時、それまで生きていた全被造物が復活する。
●「少し眠っていてくれ」と言う思想はキリスト教防衛論の哲学か。
●ゴルバチョフが囚われた時、「少しお休みください」と言われて連れ去られた。

●今日は孫娘二人と共に家庭礼拝。教会学校は9時半からだから30分早める。
●子供にはなまじの話はできないので、聖書の言葉そのものを朗読させることにする。
●テーマは、「隠れてするお祈りは神様が聞いていてくださる」。
●10:00 あきる野教会学校 4名

はじめのおいのり おじいちゃん
さんびか      217 あまつましみず
おはなし      「かみさまはかくれたことをみていてくださる」
はなしあい    ぜんいん
さんびか      461 しゅわれをあいす
おわりのおいのり おばあちゃん


あきるの教会学校資料
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

神様は隠(かく)れたことを見ていてくださる

2012.12.30 あきる野教会学校

 

マタイ福音(ふくいん)書(しょ)5章

"400546","自分(じぶん)を愛(あい)する者(もの)を愛(あい)したからとて、なんの褒美(ほうび)があろう。(人(ひと)でなしと言(い)われる

あの)税金取(ぜいきんと)りでも同(おな)じことをするではないか。"

"400547","また兄弟(きょうだい)にだけ親(した)しくしたからとて、なんの特別(とくべつ)なことをしたのだろう。異教人(いきょうじん)でも同(おな)じことをするではないか。"

"400548","だからあなた達(たち)は、天(てん)の父上(ちちうえ)が完全(かんぜん)であられるように“完全(かんぜん)になれ。”"

"400601","(しかし戒(いまし)めだけでなく、行(おこ)ないにおいても聖書学者(せいしょがくしゃ)、パリサイ人以上(いじょう)でなければならない。すなわち)見(み)せびらかすために、人(ひと)の見(み)ている前(まえ)で善行(ぜんこう)をしないように気(き)をつけよ。そうでないと、あなた達(たち)の天(てん)の父上(ちちうえ)の所(ところ)で褒美(ほうび)をいただくことはできない。"

"400602","だからあなたが施(ほとこ)しをする時(とき)には、偽善者(ぎぜんしゃ)のように、自分(じぶん)の前(まえ)にラッパを吹(ふ)き

ならして(吹聴(ふいちょう)して)はならない。彼(かれ)らは人(ひと)に褒(ほ)められようとして、礼拝堂(れいはいどう)や町(まち)の中(なか)でそうするのである。アーメン、わたしは言(い)う、彼(かれ)らは(褒(ほ)められたとき、)すでに褒美(ほうび)をもらっている。"

"400603","あなたは施(ほどこ)しをするときに、右(みぎ)の手(て)のすることを左(ひだり)に悟(さと)られてはならない。"

"400604","これは施(ほどこ)しを隠(かく)しておくためである。そうすれば、隠(かく)れたことを見(み)ておられる

あなたの父上(ちちうえ)は、褒美(ほうび)をくださるであろう。"

"400605","また祈(いの)る時(とき)には、偽善者(ぎぜんしゃ)のようにしてはならない。彼(かれ)らは人(ひと)に見(み)せようとして、

礼拝堂(れいはいどう)や大通(おおどお)りの角(かど)に立(た)って祈(いの)ることを好(この)むのである。アーメン、わたしは言(い)う、彼(かれ)らは

(褒(ほ)められた時(とき)、)すでに褒美(ほうび)をもらっている。"

"400606","あなたが祈(いの)る時(とき)には、“奥座敷(おくざしき)に入(はい)り、部屋(へや)をしめきった上(うえ)で、”隠(かく)れた所(ところ)においでになるあなたの父上に“祈(いの)れ。”そうすれば、隠(かく)れたことを見(み)ておられるあなたの父上(ちちうえ)は、褒美(ほうび)をくださるであろう。"

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



朝の黙想おわり。教えることは自分のためになる。特に子供に教えることは思想が単純化される。

2012_12300001.jpg 

あきる野教会学校が終わって。
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


世には隠れても神に知られる ++++++++ 所感

2012/12/29 07:11

 121229(土)6時起床●朝の啓示「世には隠れても神に知られる」●無神論者にはこれが理解できない。真のクリスチャンはこの世から隠れる。神にのみ知られる。●関連聖句は無数にあるが、思い浮かぶものを掲げる。
 
塚本訳マタイ
"400602","だからあなたが施しをする時には、偽善者のように、自分の前にラッパを吹き
ならして(吹聴して)はならない。彼らは人に褒められようとして、礼拝堂や町の中でそ
うするのである。アーメン、わたしは言う、彼らは(褒められたとき、)すでに褒美をも
らっている。"
"400603","
あなたは施しをするときに、右の手のすることを左に悟られてはならない。"
"400604","
これは施しを隠しておくためである。そうすれば、隠れたことを見ておられる
あなたの父上は、褒美をくださるであろう。"
"400605","
また祈る時には、偽善者のようにしてはならない。彼らは人に見せようとして、
礼拝堂や大通りの角に立って祈ることを好むのである。アーメン、わたしは言う、彼らは
(褒められた時、)すでに褒美をもらっている。"
"400606","
あなたが祈る時には、“奥座敷に入り、部屋をしめきった上で、”隠れた所にお
いでになるあなたの父上に“祈れ。”そうすれば、隠れたことを見ておられるあなたの父
上は、褒美をくださるであろう。"
"400607","
また祈るとき、異教人のようにベラベラしゃべるな。彼らは口数が多ければ、
聞いてもらえるものと思っている。"
"400608","
彼らの真似をしてはならない。神はあなた達の父上である。求める前から、あ
なた達に必要なものをよく御承知である。"

●隠れたる祈りは聴かれる。
●「母の祈り」は聴かれるとという真理はここにある。


塚本訳マタイ
"400538","あなた達は(昔の人がモーセから、)“目には目、歯には歯”──(人の目をつ
ぶした者は自分の目で、人の歯を折った者は自分の歯で、つぐなわなければならない)と
命じられたことを聞いたであろう。"
"400539","
しかしわたしはあなた達に言う、悪人に手向かってはならない。だれかがあな
たの右の頬を打ったら、左をも向けよ。"
"400540","
(裁判所に)訴えて下着を取ろうとする者には、上着をも取らせてやれ。"
"400541","
だれかが無理に一ミリオン[一キロ半]行かせようとするなら、一しょに二ミ
リオン行ってやれ。"
"400542","
求める者には与えよ、借りようとする者を断るな。"
"400543","
あなた達は(昔の人がモーセから、)“隣の人を愛し、”敵を憎まねばならない、
と命じられたことを聞いたであろう。"
"400544","
しかしわたしはあなた達に言う、敵を愛せよ。自分を迫害する者のために祈れ。
"
"400545","
あなた達が天の父上の子であることを示すためである。父上は悪人の上にも善
人の上にも日をのぼらせ、正しい人にも正しくない人にも、雨をお降らしになるのだから。
"

●神は見ている。神はなんでも知っている。お見通しである。復讐は神がする。きっとする。

2012_12290003.jpg 

表参道にある伊藤病院で待ち合わせ。そこで孫息子をその母親(華子)に引き渡す。
診察と診察の合間に近くのロイヤルホストで昼食。
華子から孫の診察の結果を詳しく聞く。この専門病院は水準が高い。福島から来た甲斐があったと言う。

2012_12290004.jpg 

帰途、安藤忠雄設計の「表参道ヒルズ」を観る。この地にあった有名な古い同潤会アパートを建て替えるにあたり、安藤が地権者住民を説得して建物の高さをけやき並木以下に抑えた。建物内部に入ってみると内部スロープが前面道路の勾配と同じ角度で設計されていて内外が融合している。違和感がない。設計の勝利。この建物のおかげでこの付近の地価は数倍に跳ね上がったらしい。多くの若者がひしめいていた。

2012_12290017.jpg 

●孫息子と入れ替わりに今日から中野に住む二人の孫娘が数日間宿泊する。左かなほ、右初音。 中野から連れてきて、あきる野に着いたとたんに「アー空気がおいしい。木の匂いがする」と言うのでうれしくなった。
●二人の手を引きながら夜道をクリスマスの讃美歌を歌いながら歩いた。
またこの母親(愛子)が小さいころに私が教えた「あまつましみず」の讃美歌を歌ったときは胸が詰まった。二人とも母親と共に教会に熱心に通っている。母親が病気の時は二人だけで行くという。この子らと家庭の上に神の祝福が豊かにありますように。女は弱い存在である。(Ⅰペテ3:7)
●夕食のときの対話。
初音(写真右。小4)が「ワタシ、男の子にコクられたの」
私「『コクられた』とはどういうことなの」
初音「男の子に(好きです)と告白されたことなの。ラブレターを渡されたの」
私「それでどうしたの?}
初音「『気持ちうれしいけど、ワタシには別に好きな人がいるの』と答えたら納得してくれた」。
私「その男の子は恋にヤブレターだね」

●女の子は早熟というか世の中変わったというか、唖然とした。ジジババはついていけない。
●血は争えない。両親の血か祖父母の血の影響か。子に罪はない。人は裁けない。
 
【口語訳】 出 20 章
 20:4 あなたは自分のために、刻んだ像を造ってはならない。上は天にあるもの、下は地にあるもの、また地の下の水のなかにあるものの、どんな形をも造ってはならない。
 20:5 それにひれ伏してはならない。それに仕えてはならない。あなたの神、主であるわたしは、ねたむ神であるから、わたしを憎むものは、父の罪を子に報いて、三、四代に及ぼし、
 20:6 わたしを愛し、わたしの戒めを守るものには、恵みを施して、千代に至るであろう。


●就寝の祈り。布団の上に丸くなり、一人ずつ声を出して祈った。 







トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


有体的復活伝承の仲間たち ++++++++ 所感

2012/12/28 07:10

121228(金)5時半目覚め●朝の啓示「有体的復活伝承の仲間たち」●あちこちで「高橋は有体的復活のことを伝承している」と言うことになっているようだ。●人の評価は外部人間である。私が「有体的復活の高橋」というレッテルは光栄である。これのみが人生のもろもろの悩みを解決する唯一の「道」であると解するからである。ライフワークとして喜悦である。●復活伝承は、復活を心に信じた人たちの波長が合って、たくまず自然に信仰の輪が広がっていく。それは誰か一人の偉大な伝道者によらない。名もなく貧しい人であっても「有体的復活」に波長が合って、響いた人たちによって「復活伝承が運ばれる」●私の胸が熱くなって「有体的復活を信じられた」ことはもうずっと前から叫んでいる。 

http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/1205031.htm
 
http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/riyu.htm


●私が有体的復活を語るとき、「アレは使徒信条を丸呑みしている」という愚か者がいる。そういう人間は聖霊を頂いていない人間である。無い袖は振れない。
●ある人が内村鑑三を読んで「これは儒教だ」と言ったそうであるが、その責任は内村にない。その後の有体的復活伝承なきキリスト教の担い手たちである。
●キリスト教が有体的復活を伝承しないとき、それはヒューマニズムや儒教や仏教に似たものになる。
●エクレシアの本質は有体的復活の伝承を受け入れて「胸が熱くなって」信ずることができた人の連鎖である。それは2000年地上で連鎖して今に伝わっている。書籍でなく、インターネットでなく、復活のイエスと聖霊の実在がこれを伝承連鎖させる。
●パウロ書簡は多いがパウロ自身が「一番大切なこと」と言って伝承するのは「復活」のことである。

塚本訳Ⅰコリ
"461501","・コリント 15:1","また、わたしが思い出してもらいたいのは、兄弟たちよ、(以
前)あなた達に伝え、あなた達が(喜んで)受けいれてくれて、(今日まで)それに立っ
ている、あの(死人の復活についての)福音である。"
"461502","
・コリント 15:2","どんな言葉でわたしがその福音を伝えたにせよ、あなた達が
それを守っていさえすれば、軽々しく信仰に入ったのではない限りは、あなた達もその福
音で救われる。"
"461503","
・コリント 15:3","まえにわたしが(福音の)一番大切な事としてあなた達に伝
えた
のは、わたし自身(エルサレム集会から)受けついだのであるが、キリストが聖書(の
預言)どおりにわたし達の罪のために死なれたこと、"
"461504","
・コリント 15:4","葬られたこと、聖書どおりに三日目に復活しておられること、
"
"461505","
・コリント 15:5","またケパに、それから十二人(の弟子)に、御自分を現わさ
れたことである。"
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想おわり。

●孫たちは、一昨日作ったバスケットボールゴールへのボール入れに熱中。昨日から今朝にかけて一人二百数十球は投げた。
 
2012_12280002.jpg 

不要になった自転車の籠を利用して作成したバスyケットのゴールポスト
孫は次第にうまくなって来た

2012_12280001.jpg 

●9:30妻が中野の愛子の家に孫を連れて行き、「いとこ」に合わせる。

●18:00 中野から帰宅。伊勢喜明夫妻と「いとこ」3人がいて遊んでくれたという
孫たちの遊びの内容は少しもわからない。
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


誰からも忘れられる淋しさ、復活の喜び ++++++++ 所感

2012/12/27 07:11

121227(木)6時起床●孫たちが滞在しているので、石油ファンヒーターだけでなく今期初めて空調機をつける。●朝の黙想「誰からも忘れられる淋しさ、復活の喜び」●過日、福島の恵が来ているとき、私のホームページは私が死んでプロバイダーとの契約が切れると消去されることを知ってショックであった。恵と妻は「聖書関係のデータはどうしたらよいのか」と心配してくれた。●恵は私の「日記と感想」は「XP」から{セブン」にコピーしてくれた。「XP」は間もなく壊れるからである。●後の世に残す方法として「書籍」は酸化するため無理、出版社は経営難で倒産し、「売れない本」は処分される。CDは後の世にそれを開くマシンがあるかどうかわからないので永久ではない。現にワシントン図書館では全図書のCD化は中止した。ここへきてプロバイダーも永久ではないことを知って困惑した。●そこで今朝の黙想。●「この世」のものは永久ではない。「終末」ですべてなくなる。星も地球も消滅する。●その前に「この私」はおそらく曾孫の代では忘れられる。名前すらも彼らの記憶から消える。「思い出」も消える●仏教では死後50年で供養はやめる●人は死とともに全宇宙から忘れられる。これが人間としての最大の恐怖と悲しみと淋しさである。●この恐怖と悲しみ」を解決しないで子供を産むのは無責任である。生まれた子供は同じく「死の恐怖」「完全滅却の恐怖」を味わうことになるからである。
子供を産むことは「死の壁に向かって歩む旅」(ハイデッガー)に送り出すことなのだ。●この人間に備わっている宿命の悲しみと淋しさから救われfるには、「復活の希望の喜び」以外にはないだろう。●以上に関する聖句と感話を書く。

塚本訳マタイ
"402429","それらの苦難の日の後に、たちまち“日は暗く、月は光を放たず、”“星は”天
から“落ち、もろもろの天体が”震われるであろう。"

"402430a","
するとその時、人の子(わたし)の徴が天に現われる。するとその時、“

●地球は消滅する。宇宙も消滅する。これは天文学の前提。
●だから人類の記憶も消滅する。

塚本訳マタイ"401615","彼らに言われる、「では、あなた達はわたしのことをなんと言うのか。」"
"401616","
シモン・ペテロが答えて言った、「あなたは救世主、生ける神の子であります!」
"
"401617","
するとイエスは(喜んで)ペテロに答えられた、「バルヨナ・シモン、あなたは
幸いだ。これをあなたに示したのは血肉([人間]の知恵)でなく、わたしの天の父上だ
から。"
"401618","
それでわたしもあなたに言おう。──あなたはペテロ[岩]、わたしはこの岩の
上に、わたしの集会を建てる。黄泉の門[死の力]もこれに勝つことはできない。"
"401619","わたしはあなたに天の国の鍵をあずける。(だから)あなたが地上で結ぶことは
(そのまま)天でも結ばれ、地上で解くことは(そのまま)天でも解かれるであろう。」"

●書籍はなくなる。人間の記憶や思い出もその人がいなくなれば消滅する。
●しかしエクレシアは永遠に続く
●伊勢神宮は25年(技術の伝承の周期)ごとに建て替える。これを「式年」という。
●エクレシアの永遠性は人から人への伝承で継承される。本ではない。ホームページでもない。

塚本訳マタイ
"402820","わたしがあなた達に命じたことを皆守るように教えながら。安心せよ、世の終
りまでいつもわたしがあなた達と一しょにいるのだから。
"

●復活のイエスは「世の終わりまで」いる。永遠に存在する。

塚本訳マタイ
"402430b、“地上の
民族はことごとく(これを見て)悲しむであろう。”そして“人の子(わたし)が”大い
なる権力と栄光とをもって、“天の雲に乗って来るのを”見るであろう。"
"402431","すると(その時、)人の子は“大いなるラッパの響きと共に”自分の使いたちを
やって、“天のこの果てからかの果てまで”“四方から、”選ばれた人々を“集めさせるで
あろう。”"

●地球も宇宙もなくなってイエスが再臨する。これが人類の最後の希望だ。

塚本訳マタイ
"402751","その途端に、宮の(聖所の)幕が上から下まで真っ二つに裂けた。そして地が

震い、岩が裂け、
"
"402752","
墓が開いて、眠っていた多くの聖者たちの体が生きかえり
"
"402753","
墓から出てきて、イエスの復活の後、聖なる都(エルサレム)に入って多くの

人に現われた。
"

塚本訳ヨハネ
"430528","あなた達は(子が裁くという)このことを驚くに及ばない。時が来ると、墓の
中にいる者が皆子(たるわたし)の声を聞いて、"
"430529","
(墓から)出てくるからである。すなわち、善いことをした者は(永遠の)命
にはいるために復活し、悪いことをした者は(死の)罰を受けるために復活する。"
"430530","わたしは自分では何一つすることが出来ない。(ただ父上から)聞いたとおりに
裁く。だからわたしがする裁きは正しい。自分の考えでなく、わたしを遣わされた方の考
えを行おうとするからである。"


●聖書学者の言い分はさておき、こういう不思議なことが起こることを信じられるようになった。

塚本訳ヨハネ
"431141","人々が石をのけた。するとイエスは目を天に向けて言われた、「お父様、(まだ
お願いしないのに、もう)わたしの願いを聞いてくださったことを感謝します。"
"431142","
(願わずとも)あなたはいつもわたしの願いを聞いてくださることを、わたし
はよく知っております。しかしまわりに立っている人たちのために、(今わざと声を出し
て感謝を)申したのであります。(わたしの願いはなんでもきかれることを彼らに示し
て、)あなたがわたしを遣わされたことを信じさせるためであります。」"
"431143","
こう言ったのち、大声で、「ラザロ、出て来い」と叫ばれた"
"431144","
死人が手足を包帯で巻かれたまま、(墓から)出てきた。顔は手拭で包まれてい
た。イエスは「解いてやって(家に)帰らせなさい」と人々に言われた。"

●復活の日、この私は名前で呼び出される。「人類一般」ではない。

塚本訳黙示
"660305","黙示録 3:5","(しかし)勝利者は(誰でも皆、)このように白い着物を着せられ
るであろう。そして私はその名を決して生命の書から消さず、また、私の父の前とその御
使い達の前でその名を告白するであろう。"

塚本訳黙示
"660503","黙示録 5:3","しかし、天にも地にも地の下にも、誰一人(として)その巻き物
を開いて、それ(に書いてあること)を見ることの出来る者が無かった。"
"660504","
黙示録 5:4","私はさめざめと泣いた。(広いこの宇宙に、)その巻き物を開いて、
それを見るに相応しい者が一人も無かったのである。"
"660505","
黙示録 5:5","すると(かの)長老の一人が私に言う、「泣くな。視よ、ユダ族の
獅子、ダビデの根(である者)が(既に)勝った(から)、彼がその巻き物と七つの封印
とを開く(ことが出来る。)」"

●クリスチャンはこの世でどんなに悲しいことがあっても泣いてはいけない。復活の希望があるからだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想。おわり 

2012_12270009.jpg 

昨日作ったバスケットボールのゴールポストで遊ぶ孫

●孫の二人が激しい喧嘩。兄にやられた弟の風人がうずくまって泣いているのを見てどっと慰めの心が湧いた。神は気の毒な人を慰める気持ちがわかる。
 

塚本訳ルカ
421625","しかしアブラハムは言った、『子よ、考えてごらん、あなたは生きていた時に善

いものを貰い、
ラザロは反対に悪いものを貰ったではないか。だから今ここで、彼は慰め
られ、あなたはもだえ苦しむのだ。
"

●喧嘩は兄の方が「ゴメン」と謝って。終了。兄を褒めた。

 


2012_12270011.jpg 

昼食のパンを作る妻の手伝いをする孫たち。自由な形にしている。
自分で作ったパンを食べるのはおいしいはずだ。
 

2012_12270013.jpg 

孫が制作したパン。自由な創作は尊い。
 




トラックバック(0) | コメント(1) | top▲


淋しいときは主の宮に行く ++++++++ 所感

2012/12/26 07:17

121226(水)6時起床●朝の黙想「淋しいときは主の宮に行く」。●一昨日、孫の風人(小Ⅰ)が就寝の祈りで「お父さんがいなくてさびしいです」と祈った。●人間は「淋しい」と言うことが耐えがたき苦痛である。●その淋しさは被造物の何物も癒してくれない。●天地の大自然も、父母も、妻もそれを癒してくれない●神とともなることのみがそれを癒してくれる。アウグスチヌスは「人はあなた(神)に向けられて創られたものです。ですからあなたの御胸に憩うまで安きを得ません」と言った。●この真理を知らないから、また教えないから人は淋しいときに「心がワクワクする」酒、ギャンブル、女、男、人妻、不倫、遊び、ダンス、スポーツ、世の人の注目を浴びる事などに「走る」。しかし満たされない●関連聖句と感想を書こう。

【口語訳】 詩 23 篇
 23:6 わたしの生きているかぎりは/必ず恵みといつくしみとが伴うでしょう。わたしはとこしえに主の宮に住むでしょう。

●「主の宮に住む」とは何とすばらしいことだろう。それは人いきれのする教会ではない。いがみ合いばかりの人間臭い無教会でもない。人間集団は経済で行き詰る。

【口語訳】 詩 84 篇
 84:1 万軍の主よ、あなたのすまいはいかに麗しいことでしょう
 84:2
わが魂は絶えいるばかりに主の大庭を慕い、わが心とわが身は生ける神にむかって喜び歌います。

●ユダヤ教で「主の大庭」とはエルサレム神殿のことで抽象概念ではない。

塚本訳ヨハネ
"430420","(それでお尋ねしたいのですが、)わたし達の先祖はこの(ゲリジム)山で(神
を)礼拝したのに、あなた達(ユダヤの人)は、礼拝すべき場所はエルサレムだと言われ
ます。(どういう訳でしょうか。)」
"
"430421","
イエスが言われる、「女の人、わたし(の言葉)を信じなさい。(間もなく)あ
なた達が、この山でもエルサレムでもなく(どこででも、)父上を礼拝する時が来る。"
"430422","ただ(同じ神を、)あなた達は知らずに礼拝し、わたし達は知って礼拝している。
救いはユダヤ人から出る(のでわたし達だけに神が示された)からである。"
"430423","
しかし(ユダヤ人もサマリヤ人もなく、)本当の礼拝者が霊と真理とをもって父
上を礼拝する時が来る。いや、今もうきている。父上もこんな礼拝者を求めておられるの
である。"
"430424","
神は霊である。だから礼拝者も霊と真理とをもって礼拝せねばならない。"
"430425","
女が言う、「キリストと言われる救世主が来ることは知っています。救世主が来
れば、わたし達に何もかも知らせてくださるでしょう。」"
"430426","
イエスは言われる、「あなたと話しているわたしが、それだ。」"

●キリスト教はユダヤ教の神殿宗教からの解放。
●三位一体の新しい宗教。
●キリスト教はヒューマニズム、思想、哲学ではなく霊の宗教である。
●神の性質はイエスという人格で現れた。
●福音は人格(人格者という意味ではない)を通して伝わる。
●その人格とは十字架の罪の赦しと有体的復活を心から固く信じている人のこと。
●その人物の存在があれば、福音はたくまずして自然に流れ出る。
●初代教会のキリスト教の伝播はパウロや使徒や教父のような大人物の存在ではなく「福音の真理それ自身によって」広まった。だからその展開の形は様々。

塚本訳マルコ
"410135","マルコ 1:35","朝早く、まだ真夜中にイエスは起きて、人のいない所に出て行き、
そこで祈っておられた。"


塚本訳マタイ
"401423","そして群衆を解散させると、祈りのため自分だけ山に上られた。暗くなっても
ひとりそこにおられた。"


塚本訳ヨハネ
"430615","イエスは人々が来て、自分を(エルサレムに)攫って
王にしようと計画してい
るのを知り、自分ひとり、またも山に引っ込まれた。"

●人間は人に知られることを人生の目的、また喜びにするが、それは真の満足ではない。
●イエスは王にかつがれようとしたときに人の世を去った。寂しいところに引っ込んだ。
●教勢の増大は教会の目的であってはならない。
●人気牧師を目指してはならない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想おわり

2012_12260005.jpg 

今日は雨宮先生(恵が小5-6年の時に担任してくださった)が見時と風人を
上野の国立科学博物館に連れて行ってくださった。(感謝)
左からコー君(雨宮先生のお孫さん)、見時、雨宮先生、風人。
●雨宮先生はキリスト教に親派。原発反対運動をされている。
●東秋留の駅で二人を引き渡される時、「何もありませんでした」と言われた。命を預かる教師は大変な仕事だなーと思った。聖職だ。

●私は孫たちの留守に日曜大工。室内でボール遊びをするので、バスケットボールのゴールを作る。日曜大工大好き。

●夕食は餃子。食前の祈りは風人(小Ⅰ)。「神様。今日は科学博物館に行って来られてよかったです。アーメン」。よくできました。















トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


わたしはあなたを知っている ++++++++ 所感

2012/12/25 07:00

121225(火)5時半目覚め●朝の啓示「わたしはあなたを知っている」

2012_12250003.jpg 
サンタクロースの贈り物を枕元にまだ眠りから覚めぬ孫の見時

●孫が起きてからの反応

孫の見時「オーッ!」
孫の風人「おもちゃじゃなかった。チョコレートだった。おじいちゃんにあげようか」
サンタクロースがっくり。
 私「おじいちゃんに一個頂戴」
孫の風人「イヤダ」
神と人間の関係もすべてこんなものかも。

●今朝の啓示「わたしはあなたを知っている」。関連聖句を頭から紡ぎだす。

【口語訳】 詩 50 篇
 50:15 悩みの日にわたしを呼べ、わたしはあなたを助け、あなたはわたしをあがめるであろう」。

【口語訳】 詩 86 篇
 86:7 わたしの悩みの日にわたしはあなたに呼ばわります。
あなたはわたしに答えられるからです。


【口語訳】 詩 139 篇
 139:2 あなたはわがすわるをも、立つをも知り、遠くからわが思いをわきまえられます

【口語訳】 詩 20 篇
 20:1 主が悩みの日にあなたに答え、ヤコブの神のみ名があなたを
守られるように。

【口語訳】 詩 102 篇
 102:2 わたしの悩みの日にみ顔を隠すことなく、あなたの耳をわたしに傾け、わが呼ばわる日に、すみやかにお答えください。

塚本訳黙
"660208","黙示録 2:8","また、スミルナ教会の御使いに(斯く手紙を)書け、最初の者、
最後の者、(一度)死んで(今)また活きた者(である人の子)が斯く言うと──"
"660209","
黙示録 2:9","私はお前(が私の名のために受けた、また受けつつある数々)の
患難と、(またお前の)貧しさとを知っている
──しかし(貧しいのはただ外見だけであ
って、神の前では)お前は(一番)富んでいる(のである。)──また、(自分で)自分を
ユダヤ人であると称え(て誇り)ながら、(その実、決して真の)ユダヤ人でなく、むし
ろサタンの会堂に属する者達からの罵詈を(お前が受けていることを、)私は知っている。
(お前が今日までよくこれに耐えて来たことを私は褒める。)"
"660210","
黙示録 2:10","お前はまだ苦しむであろうが、(決して)それを恐れるな。視よ、
悪魔はお前達の中から(幾人かを)牢屋に投げ込もうとしている。それはお前達が試練を
受けるためである。お前達は十日の間患難を受けるであろう。(しかしただ少しの間の我
慢である。)お前は死ぬるまで私に忠実であれ。そうすればお前に生命の冠を与えるであ
ろう。"
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想おわり。これで心一杯、胸一杯 

●上記のうち、詩編20:1のTSKの引照には次の素晴らしい句がある。これはカール・ヒルティの「幸福論」の本質である。神の方から進んで人間を愛してその人生を導くというのである。この真理は。どんな人間的人生観、哲学、思想、宗教も及ばないものである。

【口語訳】 詩 91 篇
 91:14 彼はわたしを愛して離れないゆえに、わたしは彼を助けよう。彼はわが名を知るゆえに、わたしは彼を守る。
 91:15 彼がわたしを呼ぶとき、わたしは彼に答える。わたしは彼の悩みのときに、共にいて、彼を救い、彼に光栄を与えよう。
 91:16 わたしは長寿をもって彼を満ち足らせ、わが救を彼に示すであろう。


●孫息子二人を国立昭和記念公園に連れていく。

2012_12250005.jpg 

虹のハンモック。子供が喜ぶように設計してあるところが素晴らしい。

2012_12250008.jpg 
木工教室。枯れ枝でネームプレート作成。
大人は手伝ってはいけない規則になっている。。 

2012_12250009.jpg 

見時の作品。KEI KONNDOU 父親のネーム 。父が喜ぶ。

2012_12250010.jpg 
 
風人の作品。コンドウハルコ 母親のネーム。母が喜ぶ。


●19:00 福島県二本松の近藤恵、華子からスカイプの連絡が入る。こちら東京都あきる野市側は、一週間ほど滞在している孫の見時、風人それに照男、トミ子が画面に出て面談。こういう交流の時スカイプは有効だ。


 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


三種の神器 ++++++++ 所感

2012/12/24 10:37

121224(月)6時起床●朝の黙想「三種の神器」
●「鏡と剣の形代および勾玉を所持することが皇室の正統たる帝として皇位継承の際に代々伝えられている。」
●この三種のうち「剣」があるが、クリスチャンの三種の神器を黙想する。
●クリスチャンが聖書で信仰を維持するための「三種の神器」は
 ①良質の翻訳の翻訳比較
 ②検索ソフト、
 ③大量の引照

①良質の聖書の翻訳比較

  黒崎幸吉著新約聖書注解 http://stonepillow.dee.cc  無料
  聖書で聖書を読む(BbB) http://www.bbbible.com/  無料  
  Jバイブル (いのちのことば社) 約一万円強 AND検索もできる。必携

②検索ソフト
 
 Jバイブル (いのちのことば社) 約一万円強 AND検索もできる。必携
 
 
 データベースになっている聖書ならばパソコンの検索可能で検索可能

③大量の引照
 
  黒崎幸吉著新約聖書注解 http://stonepillow.dee.cc 無料
  聖書で聖書を読む(BbB) http://www.bbbible.com/ 無料
  TSK日本語版 (工事中)     http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm  無料 

●「神の言葉」は「御霊の剣」である。上記のTSK日本語版の作成には米国製の「SWORD]というソフトを利用している。これは次の聖句が根拠だと思われる。

塚本訳エペソ
"490613","エペソ 6:13","この故に神の武具を執れ。(悪魔が勢力を壇にする)悪い日にお
いて彼に抵抗し、凡てを征服してその立場を守り得るためである。"
"490614","
エペソ 6:14","だから“腰に真理の帯をしめ、義の鎧を著け、" 
"490615","
エペソ 6:15","平和の福音の用意を”(靴として)“足に”穿いて立て。"
"490616","
エペソ 6:16","その上になお信仰の盾を執れ。これで悪者の(投ぐる)凡ての火
箭を消すことが出来よう。"
"490617","
エペソ 6:17","また“救いの兜”と、“神の言”なる“御霊の”を取れ。"
"490618","
エペソ 6:18","(最後に祈りで武装せよ。すなわち)あらゆる祈りと願いをもっ
て常に御霊において祈れ。そしてそのため(いつも)目を覚まし、あらん限りの根気をも
って聖徒達一同のために祈って居れ。"

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想 終わり

10:30 昼食はピザ。孫たちが手伝う。


2012_12240009.jpg 

12:30 BIGBOX東大和でボーリング。私、恵、見時、風人。
●ガター防止用の柵をセットしてもらって小学生の二人も楽しめた。
●私のスコアは99、140,130。アベレージ123.恵と同点であった。


●恵はそのまま二本松に向かう。
●私は孫の二人をあきる野の家に連れて帰る。 
 




 











   
  
    
   
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


++++++++ 所感

2012/12/23 09:38

121223(日)朝の啓示「光」●今日は孫たちとともにクリスマス家庭礼拝。クリスマスの話のテーマは「光」

【口語訳】 イザ 60 章
60:1 起きよ、を放て。あなたのが臨み、主の栄があなたの上にのぼったから。
60:2 見よ、暗きは地をおおい、やみはもろもろの民をおおう。しかし、あなたの上には主が朝日のごとくのぼられ、主の栄があなたの上にあらわれる。

【口語訳】 イザ 9 章
9:1 しかし、苦しみにあった地にも、やみがなくなる。さきにはゼブルンの地、ナフタリの地にはずかしめを与えられたが、後には海に至る道、ヨルダンの向こうの地、異邦人のガリラヤに光を与えられる。
9:2 暗やみの中に歩んでいた民は大いなるを見た。暗黒の地に住んでいた人々の上にが照った。

塚本訳ルカ
"420208","(その晩、)数人の羊飼がそのあたりで、野宿をしながら群の夜番をしていた。
"
"420209","すると(突然)一人の主の使が(現われて)彼らに近づき、主の栄が彼らの
まわりを照らしたので、羊飼たちはすっかりおびえてしまった。"
"420210","天使が言った、「こわがることはない。いまわたしは、(イスラエルの)民全体
への大きな喜びのおとずれを、あなた達に伝えるのだから。"
"420211","実は今夜ダビデの町に、あなた達のために一人の救い主がお生まれになった。
このお方が(かねて預言されていた)救世主なる主である。"
"420212","あなた達はみどり児が産着にくるまれて飼葉桶に寝ているのを見る。それが(救
世主の)目印である。」"
"420213","するとたちまち、おびただしい天使の群がその天使のところにあらわれて、神
を讃美して言った、──"
"420214","いと高き所にては神に栄、地上にては(いまや)平安、御心にかなう人々に
あり!"

塚本訳マタイ
"400413","それから(間もなく)ナザレを去って、(昔)ゼブルン(族)とナフタリ(族)
との(領地であった)地方にある、(ガリラヤ)湖畔の(町)カペナウムに行って住まれ
た。"
"400414","預言者イザヤをもって言われた言葉が成就するためであった。──"
"400415","“(ガリラヤの)湖に向かった、ゼブルン(族)の地とナフタリ(族)の地、ヨ
ルダン川の向こう(のペレヤ)、異教人の(住む)ガリラヤ──"
"400416","暗闇に住まう(これらの地方の)民は大いなるを見、死の陰の地に住まうこ
の人々にがのぼった、”"
"400417","この時から、イエスは「悔改よ、天の国は近づいた」と言って、教えを説き始
められた。"

塚本訳ヨハネ
"430812","(同じ大祭の日に、)イエスはまた人々に語られた、「わたしが世のである。
わたしに従う者は、決して暗やみを歩かない。そればかりか、命へのを持つことができ
る。」"

塚本訳ヨハネ
"430101","(世の)始めに、(すでに)言葉はおられた。言葉は神とともにおられた。言葉
は神であった。"
"430102","
この方は(世の)始めに神とともにおられた。"
"430103","
一切のものはこの方によって出来た。出来たものでこの方によらずに出来たも
のは、ただの一つもない。"
"430104","
この方は命をもち、この命が人のであった。"
"430105","
この光は(いつも)暗闇の中に輝いている。しかし暗闇(のこの世の人々)は、
これを理解しなかった。"

塚本訳使徒
"442206","使徒 22:6","ところが進んでいってダマスコに近づくと、昼ごろ、突然、天から
強いがさしてわたしのまわりに輝いた。"
"442207","
使徒 22:7","わたしは地べたに倒れて、『サウロ、サウロ、なぜわたしを迫害す
るのか』と言う声を聞いた。"
"442208","
使徒 22:8","わたしは答えた、『主よ、あなたはどなたですか。』わたしに言われ
た、『わたしだ、君が迫害しているナザレ人イエスだ。』"
"442209","
使徒 22:9","連れの者たちはは見えたが、わたしにお話になる方の声は聞こえ
なかった。"
"442210","
使徒 22:10","わたしは言った、『主よ、何をしたらよいのでしょうか。』主は言
われた、『起きてダマスコ(の町)まで行け。そうすればそこで一切は告げられる。君の
することは決めてある。』"
"442211","
使徒 22:11","わたしはそののまばゆさのために目が見えないので、連れの者
たちに手を引かれてダマスコに行きました。"

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想終わり

●10:00 私たちと恵と子供二人の5人でクリスマス家庭礼拝。上記資料をコピーして独りずつ読む。

2012_12230007.jpg 

クリスマス家庭礼拝後。手前左から風人(小1)、恵(三男)、見時(小4)、
後列左 高橋照男 右 高橋トミ子

2012_12230011.jpg 

座布団のサンドバッグを蹴る風人。男の子の遊びは違う。

2012_12230022.jpg 

 2012_12230016.jpg  

あきる野公園でサッカー。おじいちゃんは見ているだけだった。

2012_12230024.jpg 

妻のクリスマスケーキ作りを見時が手伝う。夜はクリスマスイブ会食。

2012_12230027.jpg 
今宵はどこの教会でも降誕祭だ。

●19:15 恵は小学校の恩師である雨宮先生との懇親懇談に出かける。









トラックバック(0) | コメント(1) | top▲


悪霊を追い出す力 ++++++++ 所感

2012/12/22 06:48

121222(土)5時半目覚め●朝の啓示「悪霊を追い出す力」●人格を壊し、健康を恐し、人生を壊し、家庭を壊し、子供を壊し、企業を壊し、国家を壊し、世界を壊し、人類を滅ぼすのは「悪霊(サタン、悪魔)」の仕業である。●この悪霊さえいなければ人類は幸せなのだが、・・・・・●イエスは悪霊を追い出したが弟子たちにもそれを追い出す力を与えたという。今朝はそのことを黙想してみよう。現実問題として私にもその力が与えられたいからである。
 
塚本訳マタイ
"401005","イエスはこの十二人に次のように命じて(伝道に)派遣された。──「(国を離
れてはいけない。)異教人の所へ行くな、またサマリヤ人の町に入るな。"
"401006","
ただ、イスラエルの家のいなくなった羊(だけ)に行け。"
"401007","
行って、『天の国は近づいた』と説け。"
"401008","
病人をなおし、死人を生きかえらせ、癩病人を清め、悪鬼を追い出せ。(福音も
病気もなおす力も、みな神から)ただで戴いたのだ、ただで与えよ
"

●悪鬼を追い出す力を与えられなければ、福音も説けないことになる。
●だから使徒の力の伝承はこういう能力の伝承でもある
●そうでないと福音は頭だけの教養に終わる

塚本訳マルコ
"410916","マルコ 9:16","イエスが群衆に尋ねられた、「弟子たちと何を議論しているの
か。」
"
"410917","
マルコ 9:17","群衆のうちの一人が答えた、「先生、唖の霊につかれている伜を
あなたの所につれて来ました。"
"410918","
マルコ 9:18","この子は霊がつくと所かまわず投げ倒され、泡をふき、歯斬りし
て、体がこわばってしまいます。それで霊を追い出すことをお弟子たちに頼みましたが、
おできになりませんでした。」"
"410919","
マルコ 9:19","彼らに答えられる、「ああ不信仰な時代よ、わたしはいつまであ
なた達の所におればよいのか。いつまであなた達に我慢しなければならないのか。その子
をつれて来なさい。」(こう言って群衆のいない所に行かれた。)"
"410920","
マルコ 9:20","人々がイエスの所につれて来ると、霊はイエスを見るや否や、そ
の子をひどくひきつけさせたので、子は地に倒れ、泡をふきながらころげまわった。"
"410921","
マルコ 9:21","イエスが父親に尋ねられた、「こうなってから、どのくらいにな
るか。」父親がこたえた、「子供の時からです。"
"410922","
マルコ 9:22","霊はこの子を殺そうとして、幾たびか、火の中、水の中に投げ込
みました。それでも、もしなんとかお出来になるなら、わたしども(親子)を不憫と思っ
て、お助けください。」"
"410923","
マルコ 9:23","イエスは言われた、「もしお出来になるなら(と言うの)か。信
ずる者にはなんでも出来る
。」"
"410924","
マルコ 9:24","即座にその子供の父親が叫んだ、「信じます。不信仰をお助けく
ださい
。」"
"410925","
マルコ 9:25","イエスは群衆が駆けよってくるのを見ると、(急いで)汚れた霊
を叱りつけて言われた、「唖と聾の霊、わたしが命令するのだ、この子から出てゆけ、二
度と入るな!」"
"410926","
マルコ 9:26","霊はどなって、はげしくひきつけさせて、出ていった。子は死ん
だようになったので、多くの人が、「死んだ」と言った。"
"410927","
マルコ 9:27","イエスはその子の手をとって起された。すると立ち上がった。"
"410928","
マルコ 9:28","家にかえられると、弟子たちは人のいない時に尋ねた、「なぜわ
たし達には霊を追い出せなかったのでしょうか。」"
"410929","マルコ 9:29","彼らに言われた、「この種類(の霊)は、祈り以外(の手段)で
は決して出てゆかせることは出来ない。」"
"410930","マルコ 9:30","一行は(エルサレムに上るため)そこを去って、ガリラヤを通っ
た。しかしイエスは(この旅行が)人に知られることを好まれなかった。"

●「悪霊を追い出すことはキリスト教の本分か本分ではないか」との議論が今でもある。
●今日、イエスが聞いたら「何を議論しているのか」(上記マルコ9:16)というに違いない。
●しかし現実的に弟子たちには悪霊を追い出せなかった。(上記マルコ9:28)
●これに対してイエスは、「この種類(の霊)は、祈り以外(の手段)では決して出てゆかせることは出来ない。」"(上記マルコ9:28)
●これは救いである。弟子たちにも追い出せるのだ。それには祈りだ。僅かな祈りでもそれはできる。平行記事のマタイは次のようである。

塚本訳マタイ
"401718","そしてイエスが悪鬼を叱りつけられると、悪鬼が出ていって、その時から子は
なおった。"
"401719","
あとで弟子たちは人のいない時にイエスの所に来て言った、「なぜわたし達には
悪鬼を追い出せなかったのでしょうか。」"
"401720","
彼らに言われた、「信仰が無いからだ。アーメン、わたしは言う、もしあなた達
に芥子粒ほどでも信仰があれば、この山に向かい『ここからあそこに移れ』と言えば移り、
あなた達に出来ないことは一つもない。」
"

●祈りは脱力である。建築設計は脱力でよいものができる。他の分野でも同じであることを聞いた。それは神の力が働くからだろう。
●写真も習字も同じであることをその道の人から伺った。
●「信じます。不信仰をお助けください」(前記マルコ9:24)が信仰の極致だ。
●私は不信仰ものだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想終わり


●11:51 福島県二本松から三男が子供二人とともに来訪。雨なので傘を持って駅まで迎えに行く。孫は一週間東京にいる。少しでも放射能汚染を逃れるため。
●5人で昼食
●三男がスカイプをセットしてくれた。
●17:30 中東に海外赴任している次男と東京の5人がスカイプで長話。スカイプは無料だというので驚きである。文化も風習も異なる十数か国を相手の金融の仕事は想像以上に厳しいと感じた。次男家族の無事を祈る。
●三男が聖書関係ソフトをウィンドウズ「セブン」でもできるようにセットしてくれた。これでウィンドウズ「XP」(すでに6年経過)がダウンしても安心。
●夕食後「セブン」で聖書関係ソフトを実験して成功、覚えた。感謝
●妻からパソコンの難しいことは止められている。12年前に脳内出血を起こしたのは前日の夜遅くまでパソコンのトラブルを修復していたことが遠因だったとも考えられたからである。以来、難しいことは自ら手を出さずに息子に任せている。
●世界の聖書関係ソフトは想像以上に急速に進歩している。すべて無料。明治訳(いわゆる元訳、大正改訳(いわゆる文語訳)、ラゲ訳もフリーソフトになっているのに驚いた。
●神の言葉を売り物にしている人や国はまずい。聖書研究はパソコンのできる若い層にどんどん追い抜かれていく。
●21:00 布団の上に5人が丸くなって座り、順番に声を出して就寝の祈りを捧げる。






トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


復活の希望 ++++++++ 所感

2012/12/21 20:48

121221(金)今日の黙想。「復活の希望」。●昨日は仕事上の師匠である黒田隆氏を今月に入居された「老人ホーム」に伺った。●そこで「高橋さんから教えられた最大のことは『復活』だ」と言われ、人の天職や使命は自分以外の周りから追い込まれるものだと認識した。●そこで今日は「復活の希望」について黙想する。●人間は誰でも「死ぬまい、死ぬまい」「滅びるまい、滅びるまい」「死んでも命のありますように」と願って生きているものだ●復活の希望について最大の聖書箇所はⅠペテ1章3節である。まずその所の翻訳比較をしてみよう。

岩波翻訳委員会訳1995

600103神にして、私たちの主イエス・キリストの父〔である方〕は祝されよ。この方はその多大な憐れみにより、イエス・キリストの死者たちのうちからの甦りを通して、私たちを生ける希望へと再生させ

新共同訳1987

1:3 わたしたちの主イエス・キリストの父である神が、ほめたたえられますように。神は豊かな憐れみにより、わたしたちを新たに生まれさせ、死者の中からのイエス・キリストの復活によって、生き生きとした希望を与え、

前田訳1978

1:3 ほむべきはわれらの主イエス・キリストの父なる神です。神は大きなあわれみによってイエス・キリストを死人の中からよみがえらせて、われらを生ける望みへと新たにお生みでした。

新改訳1970

1:3 私たちの主イエス・キリストの父なる神がほめたたえられますように。神は、ご自分の大きなあわれみのゆえに、イエス・キリストが死者の中からよみがえられたことによって、私たちを新しく生まれさせて、生ける望みを持つようにしてくださいました。

塚本訳1963

1:3 讃美すべきかな、我らの主イエス・キリストの父なる神!彼は大なる憐憫により、イエス・キリストが死人の中から復活し給うたことをもって、私たちを活ける希望に新しく生み、

口語訳1955

1:3 ほむべきかな、わたしたちの主イエス・キリストの父なる神。神は、その豊かなあわれみにより、イエス・キリストを死人の中からよみがえらせ、それにより、わたしたちを新たに生れさせて生ける望みをいだかせ、

文語訳1917

"600103","讃むべきかな、我らの主イエス・キリストの父なる神、その大なる憐憫に隨ひ、イエス・キリストの死人の中より甦へり給へることに由り、我らを新に生れしめて生ける望みを懷かせ、"

●いかに聖書解釈が種々あろうともこの一句に含まれる意味は永久に変わらない。
●次にこの一節をTSKを利用してみてみよう。深くディボーション(黙想)してみよう。
 

●Ⅰペテ1:3

1:3 ほむべきかな、わたしたちの主イエス・キリストの父なる神。神は、その豊かなあわれみにより、イエス・キリストを死人の中からよみがえらせ、それにより、わたしたちを新たに生れさせて生ける望みをいだかせ、

*「ほむべきかな、わたしたちの主イエス・キリストの父なる神。」

1 Kings 8:15

15彼は言った、「イスラエルの神、主はほむべきかな。主はその口をもってわたしの父ダビデに約束されたことを、その手をもってなし遂げられた。主は言われた、

1 Chronicles 29:10-13

10そこでダビデは全会衆の前で主をほめたたえた。ダビデは言った、「われわれの先祖イスラエルの神、主よ、あなたはとこしえにほむべきかたです。 11主よ、大いなることと、力と、栄光と、勝利と、威光とはあなたのものです。天にあるもの、地にあるものも皆あなたのものです。主よ、国もまたあなたのものです。あなたは万有のかしらとして、あがめられます。 12富と誉とはあなたから出ます。あなたは万有をつかさどられます。あなたの手には勢いと力があります。あなたの手はすべてのものを大いならしめ、強くされます。 13われわれの神よ、われわれは、いま、あなたに感謝し、あなたの光栄ある名をたたえます。

1 Chronicles 29:20

20そしてダビデが全会衆にむかって、「あなたがたの神、主をほめたたえよ」と言ったので、全会衆は先祖たちの神、主をほめたたえ、伏して主を拝し、王に敬礼した。

Psalms 41:13

13あなたはわたしの全きによって、わたしをささえ、とこしえにみ前に置かれます。 [41:14] イスラエルの神、主は/とこしえからとこしえまでほむべきかな。アァメン、アァメン。

Psalms 72:18-19

18彼の名はとこしえに続き、その名声は日のあらん限り、絶えることのないように。人々は彼によって祝福を得、もろもろの国民は彼をさいわいなる者と/となえるように。 19イスラエルの神、主はほむべきかな。ただ主のみ、くすしきみわざをなされる。

2 Corinthians 1:3

3ほむべきかな、わたしたちの主イエス・キリストの父なる神、あわれみ深き父、慰めに満ちたる神。

Ephesians 1:3

3ほむべきかな、わたしたちの主イエス・キリストの父なる神。神はキリストにあって、天上で霊のもろもろの祝福をもって、わたしたちを祝福し、

Ephesians 1:17

17どうか、わたしたちの主イエス・キリストの神、栄光の父が、知恵と啓示との霊をあなたがたに賜わって神を認めさせ、

Ephesians 3:20

20どうか、わたしたちのうちに働く力によって、わたしたちが求めまた思うところのいっさいを、はるかに越えてかなえて下さることができるかたに、

*「神は、その・・・あわれみにより、」

Exodus 34:6

6主は彼の前を過ぎて宣べられた。「主、主、あわれみあり、恵みあり、怒ることおそく、いつくしみと、まこととの豊かなる神、

Psalms 86:5

5あなたのしもべの魂を喜ばせてください。主よ、わが魂はあなたを仰ぎ望みます。

Psalms 86:15

15神よ、高ぶる者はわたしに逆らって起り、荒ぶる者の群れはわたしのいのちを求め、彼らは自分の前にあなたを置くことをしません。

Jonah 4:2

2主に祈って言った、「主よ、わたしがなお国におりました時、この事を申したではありませんか。それでこそわたしは、急いでタルシシにのがれようとしたのです。なぜなら、わたしはあなたが恵み深い神、あわれみあり、怒ることおそく、いつくしみ豊かで、災を思いかえされることを、知っていたからです。

Romans 5:15-21

15しかし、恵みの賜物は罪過の場合とは異なっている。すなわち、もしひとりの罪過のために多くの人が死んだとすれば、まして、神の恵みと、ひとりの人イエス・キリストの恵みによる賜物とは、さらに豊かに多くの人々に満ちあふれたはずではないか。 16かつ、この賜物は、ひとりの犯した罪の結果とは異なっている。なぜなら、さばきの場合は、ひとりの罪過から、罪に定めることになったが、恵みの場合には、多くの人の罪過から、義とする結果になるからである。 17もし、ひとりの罪過によって、そのひとりをとおして死が支配するに至ったとすれば、まして、あふれるばかりの恵みと義の賜物とを受けている者たちは、ひとりのイエス・キリストをとおし、いのちにあって、さらに力強く支配するはずではないか。 18このようなわけで、ひとりの罪過によってすべての人が罪に定められたように、ひとりの義なる行為によって、いのちを得させる義がすべての人に及ぶのである。 19すなわち、ひとりの人の不従順によって、多くの人が罪人とされたと同じように、ひとりの従順によって、多くの人が義人とされるのである。 20律法がはいり込んできたのは、罪過の増し加わるためである。しかし、罪の増し加わったところには、恵みもますます満ちあふれた。 21それは、罪が死によって支配するに至ったように、恵みもまた義によって支配し、わたしたちの主イエス・キリストにより、永遠のいのちを得させるためである。

Ephesians 1:7

7わたしたちは、御子にあって、神の豊かな恵みのゆえに、その血によるあがない、すなわち、罪過のゆるしを受けたのである。

Ephesians 2:4

4しかるに、あわれみに富む神は、わたしたちを愛して下さったその大きな愛をもって、

Ephesians 2:7-10

7それは、キリスト・イエスにあってわたしたちに賜わった慈愛による神の恵みの絶大な富を、きたるべき世々に示すためであった。 8あなたがたの救われたのは、実に、恵みにより、信仰によるのである。それは、あなたがた自身から出たものではなく、神の賜物である。 9決して行いによるのではない。それは、だれも誇ることがないためなのである。 10わたしたちは神の作品であって、良い行いをするように、キリスト・イエスにあって造られたのである。神は、わたしたちが、良い行いをして日を過ごすようにと、あらかじめ備えて下さったのである。

1 Timothy 1:14

14その上、わたしたちの主の恵みが、キリスト・イエスにある信仰と愛とに伴い、ますます増し加わってきた。

Titus 3:4-6

4ところが、わたしたちの救主なる神の慈悲と博愛とが現れたとき、 5わたしたちの行った義のわざによってではなく、ただ神のあわれみによって、再生の洗いを受け、聖霊により新たにされて、わたしたちは救われたのである。 6この聖霊は、わたしたちの救主イエス・キリストをとおして、わたしたちの上に豊かに注がれた。

*「豊かな」

John 1:13

13それらの人は、血すじによらず、肉の欲によらず、また、人の欲にもよらず、ただ神によって生れたのである。

John 3:3-8

3イエスは答えて言われた、「よくよくあなたに言っておく。だれでも新しく生れなければ、神の国を見ることはできない」。 4ニコデモは言った、「人は年をとってから生れることが、どうしてできますか。もう一度、母の胎にはいって生れることができましょうか」。 5イエスは答えられた、「よくよくあなたに言っておく。だれでも、水と霊とから生れなければ、神の国にはいることはできない。 6肉から生れる者は肉であり、霊から生れる者は霊である。 7あなたがたは新しく生れなければならないと、わたしが言ったからとて、不思議に思うには及ばない。 8風は思いのままに吹く。あなたはその音を聞くが、それがどこからきて、どこへ行くかは知らない。霊から生れる者もみな、それと同じである」。

James 1:18

18父は、わたしたちを、いわば被造物の初穂とするために、真理の言葉によって御旨のままに、生み出して下さったのである。

1 Peter 1:23

23あなたがたが新たに生れたのは、朽ちる種からではなく、朽ちない種から、すなわち、神の変ることのない生ける御言によったのである。

1 Peter 2:2

2今生れたばかりの乳飲み子のように、混じりけのない霊の乳を慕い求めなさい。それによっておい育ち、救に入るようになるためである。

1 John 2:29

29彼の義なるかたであることがわかれば、義を行う者はみな彼から生れたものであることを、知るであろう。

1 John 3:9

9すべて神から生れた者は、罪を犯さない。神の種が、その人のうちにとどまっているからである。また、その人は、神から生れた者であるから、罪を犯すことができない。

1 John 4:7

7愛する者たちよ。わたしたちは互に愛し合おうではないか。愛は、神から出たものなのである。すべて愛する者は、神から生れた者であって、神を知っている。

1 John 5:1

1すべてイエスのキリストであることを信じる者は、神から生れた者である。すべて生んで下さったかたを愛する者は、そのかたから生れた者をも愛するのである。

1 John 5:4

4なぜなら、すべて神から生れた者は、世に勝つからである。そして、わたしたちの信仰こそ、世に勝たしめた勝利の力である。

1 John 5:18

18すべて神から生れた者は罪を犯さないことを、わたしたちは知っている。神から生れたかたが彼を守っていて下さるので、悪しき者が手を触れるようなことはない。

*「それにより、わたしたちを新たに生れさせて生ける望みをいだかせ、」

Romans 5:4-5

4忍耐は錬達を生み出し、錬達は希望を生み出すことを、知っているからである。 5そして、希望は失望に終ることはない。なぜなら、わたしたちに賜わっている聖霊によって、神の愛がわたしたちの心に注がれているからである。

Romans 8:24

24わたしたちは、この望みによって救われているのである。しかし、目に見える望みは望みではない。なぜなら、現に見ている事を、どうして、なお望む人があろうか。

Romans 12:12

12望みをいだいて喜び、患難に耐え、常に祈りなさい。

Romans 15:13

13どうか、望みの神が、信仰から来るあらゆる喜びと平安とを、あなたがたに満たし、聖霊の力によって、あなたがたを、望みにあふれさせて下さるように。

1 Corinthians 13:13

13このように、いつまでも存続するものは、信仰と希望と愛と、この三つである。このうちで最も大いなるものは、愛である。

Colossians 1:23

23ただし、あなたがたは、ゆるぐことがなく、しっかりと信仰にふみとどまり、すでに聞いている福音の望みから移り行くことのないようにすべきである。この福音は、天の下にあるすべての造られたものに対して宣べ伝えられたものであって、それにこのパウロが奉仕しているのである。

Colossians 1:27

27神は彼らに、異邦人の受くべきこの奥義が、いかに栄光に富んだものであるかを、知らせようとされたのである。この奥義は、あなたがたのうちにいますキリストであり、栄光の望みである。

1 Thessalonians 1:3

3あなたがたの信仰の働きと、愛の労苦と、わたしたちの主イエス・キリストに対する望みの忍耐とを、わたしたちの父なる神のみまえに、絶えず思い起している。

Titus 2:13

13祝福に満ちた望み、すなわち、大いなる神、わたしたちの救主キリスト・イエスの栄光の出現を待ち望むようにと、教えている。

Hebrews 3:6

6キリストは御子として、神の家を治めるのに忠実であられたのである。もしわたしたちが、望みの確信と誇とを最後までしっかりと持ち続けるなら、わたしたちは神の家なのである。

Hebrews 6:18-19

18それは、偽ることのあり得ない神に立てられた二つの不変の事がらによって、前におかれている望みを捕えようとして世をのがれてきたわたしたちが、力強い励ましを受けるためである。 19この望みは、わたしたちにとって、いわば、たましいを安全にし不動にする錨であり、かつ「幕の内」にはいり行かせるものである。

1 John 3:3

3彼についてこの望みをいだいている者は皆、彼がきよくあられるように、自らをきよくする。

*「イエス・キリストを死人の中からよみがえらせ、」

Isaiah 26:19

19あなたの死者は生き、彼らのなきがらは起きる。ちりに伏す者よ、さめて喜びうたえ。あなたの露は光の露であって、それを亡霊の国の上に降らされるからである。

Romans 4:25

25主は、わたしたちの罪過のために死に渡され、わたしたちが義とされるために、よみがえらされたのである。

Romans 5:10

10もし、わたしたちが敵であった時でさえ、御子の死によって神との和解を受けたとすれば、和解を受けている今は、なおさら、彼のいのちによって救われるであろう。

Romans 8:11

11もし、イエスを死人の中からよみがえらせたかたの御霊が、あなたがたの内に宿っているなら、キリスト・イエスを死人の中からよみがえらせたかたは、あなたがたの内に宿っている御霊によって、あなたがたの死ぬべきからだをも、生かしてくださるであろう。

1 Corinthians 15:20

20しかし事実、キリストは眠っている者の初穂として、死人の中からよみがえったのである。

Ephesians 2:6

6キリスト・イエスにあって、共によみがえらせ、共に天上で座につかせて下さったのである。

1 Thessalonians 4:13

13兄弟たちよ。眠っている人々については、無知でいてもらいたくない。望みを持たない外の人々のように、あなたがたが悲しむことのないためである。

1 Peter 3:21

21この水はバブテスマを象徴するものであって、今やあなたがたをも救うのである。それは、イエス・キリストの復活によるのであって、からだの汚れを除くことではなく、明らかな良心を神に願い求めることである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
TSK日本語版Ⅰペテ1:3終わり これで心一杯、胸一杯である。

●TSK日本語版レビ記終了、感謝
●孫が来るので暖房マットを出す。
●NHKBSで「エルミターシュ幻想」を鑑賞
●妻は夕方から合唱指導者、指揮者の峯崎りみ独唱会
●今日は冬至なので柚子湯。





トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


夫婦喧嘩の原因とその救い ++++++++ 所感

2012/12/20 05:09

121220(木)4時45分目覚め起床●朝の黙想「夫婦喧嘩の原因と救い」●夫婦喧嘩の原因と離婚の原因は一般に言われているように「性格の不一致」ではない。それは「真の神以外のものを拝むことによる宗教問題、信仰問題である。辛いことであるが、今朝はこの問題を聖書から学ぼう。

【口語訳】 レビ 19 章
19:2 「イスラエルの人々の全会衆に言いなさい、『あなたがたの神、主なるわたしは、聖であるから、あなたがたも聖でなければならない。

●聖書の本質はこれに尽きる。イエスの十字架も神が人間を穢れから救うためにある。


塚本訳ロマ
"450311","ローマ 3:11","物のわかる人がいない、神をさがし求める人がいない。"
"450312","ローマ 3:12","だれもかれも迷って、みんな堕落してしまった。善をする人がい
ない、ただの一人もいない。
”"
"450313","ローマ 3:13"“彼らの咽は口のあいた墓のよう、その舌であざむき、”“蝮の毒
が唇の下にある。”"
"450314","ローマ 3:14","“口には呪いと苦い言葉とがいっぱいである。”"
"450315","ローマ 3:15","“その足には血を流すにすばしこく、"
"450316","ローマ 3:16","その行く所には破壊と悲惨とがある、"
"450317","ローマ 3:17","彼らは平和の道を知らない。”"
"450318","ローマ 3:18"“その目の前には神をおそれる恐れがない。”"

●男女二人が合意するなら、「性行為も自由ではないか」と考えるのは甘い。創造者なる聖なる神が存在する。
●性道徳の乱れは人間が真の神を拝まないことが原因。畏れないことが原因。信仰問題である。ヒューマニズムでは解決できない。

【口語訳】 黙 17 章
17:1 それから、七つの鉢を持つ七人の御使のひとりがきて、わたしに語って言った、「さあ、きなさい。多くの水の上にすわっている大淫婦に対するさばきを、見せよう。
17:2 地の王たちはこの女と姦淫を行い、地に住む人々はこの女の姦淫のぶどう酒に酔いしれている」。

●人間は地位を得て金が入ると決まって「大淫婦」に金を貢ぐようになる。「女と姦淫をを行」う。アー悲しい人間の性(さが)y宿命よ。
●まじめな人間にそういう「女」を紹介するのは悪魔の化身たる友人や上司である。地獄で裁かれる。否この世でも裁かれる
●クリスマスイブは男と女がイチャイチャする夜ではない。もしそういうこの世の雰囲気にのまれるとしたら、人生に先はない。生涯「不純なる性行為」を是認する人生観となり、清く明るい人生とは程遠くなる。その影響は孫子にまで感染する。子供達が「不純なる性道徳」に感染して家庭が祝福されない。
●この責任は教会エクレシアがクリスマスを「お祭り」ととらえて、人を浮かれさているからだ。

【口語訳】 レビ 17 章
17:7 彼らが慕って姦淫をおこなったみだらな神に、再び犠牲をささげてはならない。これは彼らが代々ながく守るべき定めである』。

●この世は「みだらな神」に犠牲を捧げているから暗いのだ。家庭が放棄するのだ。
●現代における「みだらな神」とは金、アルコール、麻薬、ギャンブル、風俗、不倫。これらは人生を滅ぼす。

【口語訳】 申 32 章
32:17 彼らは神でもない悪霊に犠牲をささげた。それは彼らがかつて知らなかった神々、/近ごろ出た新しい神々、/先祖たちの恐れることもしなかった者である。

●「近ごろ出た新しい神々」とはいつの時代にも当てはまる言葉だ。

塚本訳マタイ
"400623","目が悪いと、体全体が暗い。だから(天に宝を積まないため、)もしあなたの内
の光(である目、すなわち心)が暗かったら、その暗さはどんなであろう。"
"400624","(わたし達の心は天か地かに引かれる。)だれも(同時に)二人の主人に仕える
ことは出来ない。こちらを憎んであちらを愛するか、こちらに親しんであちらを疎んじる
か、どちらかである。
あなた達は神と富とに仕えることは出来ない。"

●富は魔物、どんなに立派な人や国でもこれに殺(や)られる。これを拝む。わが日本がそうなのだ。


塚本訳ルカ
"421511","また話された、「ある人に二人の息子があった。"
"421512","『お父さん、財産の分け前を下さい』と弟が父に言った。父は身代を二人に分
けてやった。"
"421513","幾日もたたないうちに、弟は(分け前)全部をまとめて(金にかえ、)遠い国に
行き、そこで放蕩に財産をまき散らした。"


●人間の判定は金を掴ませた時の行動でわかる。バカは女かギャンブルにつぎ込む。
●この次男息子は「放蕩に財産をまき散らした」
●これは人生の現実だ。イエスは若いのにこういう事件を知っていたのかなー。身近にあったのかなー。

【口語訳】 創 19 章
 19:24 主は硫黄と火とを主の所すなわち天からソドムとゴモラの上に降らせて、
 19:25 これらの町と、すべての低地と、その町々のすべての住民と、その地にはえている物を、ことごとく滅ぼされた。
 19:26 しかしロトの妻はうしろを顧みたので塩の柱になった

●現代はソドムとゴモラと同じ堕落町である。堕落人間、堕落家庭、堕落国家、堕落エクレシア!!である。
●神は間もなく天変地異でこれらを滅ぼすであろう。その認識がないから日本は救われない。
●復興復興というが罪のまま復興しても意味はない。
●クリスチャンはロトのように命からがらソドムとゴモラから逃げ出さなければならない。
●ロトは二人の子供を連れて堕落町を脱出。妻のロトも脱出したが堕落町に未練があったのか、うしろを見たので「塩の柱」になった。堕落妻。
●世には堕落妻、堕落夫、堕落子供、堕落両親、堕落兄弟親族がいる。クリスチャンは泣く泣く彼らを捨てて逃げなければならない。

塚本訳Ⅰコリ
"460716","・コリント 7:16","なぜか。妻よ、夫を(信仰に導いて)救うことができるかど
うか、どうしてわかるのか。
また夫よ、妻を救うことができるかどうか、どうしてわかる
のか。"

●信仰はヒューマニズムではない。ダメな人間(夫、妻、子供、親、兄弟親族)は捨てなければ自分が危ない。

塚本訳マタイ
"401021","また兄弟は兄弟を、父は子を、殺すために(裁判所に)引き渡し、“子は親にさ
からい立って”これを殺すであろう。
"
"401022","
あなた達はわたしの弟子であるために皆から憎まれる。しかし最後まで耐え忍
ぶ者は救われる。"
"401023","
この町で迫害された時には、次の町に逃げてゆけ。アーメン、わたしは言う、
人の子(わたし)は(すぐに)、あなた達がイスラエル人の町々を回りつくさぬうちに来
るのだから。
"

●クリスチャンは悪と闘うな「逃げよ」。悪は神が滅ぼす。ソドムとゴモラの堕落町は神が滅ぼした。
●考古学の調査によれば、それは死海の底に沈んでいるという。その付近を遠くから見たことがあるが、静まり返っていた。
●ユダヤ戦争の時、愛国者たちは「剣によって剣」に立ち向かった。しかしクリスチャンたちは「ペラ」に脱出。裁きは神に任せた。
●逃げる時にクリスチャンたちは行為主義の愛国者たちから罵声を浴びせられたはず(秀村欣二)。
●しかしその結果彼らキリスト信者たちによってキリスト教の本質は守られた。250年後キリスト教は剣を使わずにローマ帝国を征服。250年は長いようで短かった。

塚本訳Ⅰコリ
"460710","・コリント 7:10","しかし結婚した者に命ずる、命ずるのはわたしではなく主で
ある。妻は夫と別れてはならない。"
"460711","
・コリント 7:11","──しかし別れたのなら、独身でいるか、夫と仲直りをせよ。
──夫も妻と離婚してはならない。"
"460712","
・コリント 7:12","しかしそのほかの人たちに、わたしが言う、主ではない。あ
る兄弟が不信者の妻を持ち、彼女が彼と一しょに生活することを喜ぶなら、離婚してはな
らない。"
"460713","
・コリント 7:13","また、不信者の夫を持ち、その夫が彼女と一しょに生活する
ことを喜ぶ場合の妻は、夫と離婚してはならない。
"
"460714","
・コリント 7:14","
(夫婦は結婚生活で一体となるため、)不信者の夫は(信者
の)妻によってすでにきよめられており、不信者の妻は兄弟(すなわち信者の夫)によっ
てすでにきよめられているからである。そうでなければ、あなた達の子供は清くないはず
であるが、現に彼らはきよい(と認められている)ではないか。"

●これはヒューマニズムではない。終末がせまっているからというのである。
●ヒューマニズムでは世は改まらない。
●キリスト信者たちは有体的復活と再臨による新天新地を望み見て花と散った。
●人間、「どうせ死ぬなら」、この真理の希望を抱いて死ぬことに一命を捧げたい。 


塚本訳Ⅰコリ
"460729","・コリント 7:29","兄弟たちよ、わたしが言うのはこのことである。──時は迫
った。(だから)今から後は、妻を持つ者は持っていない者のように、"

"460730","
・コリント 7:30","泣いている者は泣いていない者のように、喜んでいる者は喜
んでいない者のように、(物を)買う者は(何も)持っていない者のように、"
"460731","
・コリント 7:31","(つまり、)この世と交渉のある者は交渉がない者のように、
しなくてはいけない。この世の姿は(じきに)消え去るのだから。"

●時は迫っているから、すべて現状維持で行け。
●東海大地震は30年以内に起こる。都心のビルは倒壊。大火災、飢餓。
●夫婦喧嘩の救いは夫婦のどちらかが命からがら「神に向かって逃げる」ことである。
●そうすれば、神から清く明るい家庭を神から頂ける。

塚本訳マルコ
"411029","マルコ 10:29","イエスは言われた、「アーメン、あなた達に言う、わたしのため、
また福音のために、家や兄弟や姉妹や母や父や子や畑をすてた者で、"
"411030","
マルコ 10:30","今、この世で──迫害のうちにおいてではあるが──百倍の家
と兄弟と姉妹と母と子と畑とを、また来るべき世では永遠の命を受けない者は一人もない。


●この世の幸福はいったんこれを捨てて、すべてを新しく神から頂いて真の幸福を得るのがクリスチャンの道だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想おわり。終末が早く来ますように。マラナ・サ(主よ来てください)。
 

2012_12200006.jpg 

●10:30 建築職業上の師匠(私との共著3冊)、黒田隆氏(91歳)を見舞う。
ベネッセの介護付有料老人ホーム「まどか川崎」。南武線尻手駅徒歩2分。
施設と介護は至れりつくせりであるが、ご本人の心の満足度はイマイチ。なぜだろう。
黒田さんは奥様に先立たれて精神面で急に弱くなられた。車椅子の生活。途中からベッドに横になられた。 最近はシベリヤ抑留のときに亡くなられた戦友の夢をよく見ると言われる。
お見舞いしていた一時間の間に「高橋さん。よく来てくださった」と数回も言われた。淋しかったらしい。
「高橋さんから教えられた最大のことは『復活』ということです」と言われたときは
心でガッツポーズした。

●「明日は我が身」。帰りに事務所でベネッセの介護付有料老人ホームについて伺う。
場所によって異なるが、ざっと費用は月30万円。入所一時金は100万円。
●私の場合は「家で死にたい」という気持ちがしきりに思った。こういう施設に入るには年金だけでは足りない。家と土地の売却が必要。それでもメンタルの面からは不満足になりそうだ。●「家で死ぬ」ということは精神的かつ医学的な面からも重要な意味がありそうだ。それには妻に世話にならねばならない。しかし妻が先に逝けばヘルパーだ。
●最後まで書斎で聖書関係の仕事を発信し、最後は病院に直行して6か月以内に御国に駆けあがりたい。ヒルティは「仕事中に死ぬ」のを理想とした。
●私の死因は肺癌が決定的である。聖路加の主治医から言われている。親族に肺癌者が複数いるからだ。ただ母(肺癌)のように猛烈に苦しむのはゴメンだ。

●14:50 昭和女子大で建築の講義。時間外で数人と進路相談。
「ワタシ、結婚できるかしら」「先生はどうやって結婚されたのですか」などと質問する生徒がいて気持ちが若返った。若いというのはいいなー。
私「一流会社、有名会社を目指すな」
生徒「なぜですか」
私「みんなが行くからだ」

2012_12200008.jpg 

18:00 今井館聖書講堂で、高橋啓三門下でプロのソリスト13名によるヘンデル「メサイア」を鑑賞。  耳をつんざくような大声量とソリストのうまさに酔った。最後に全員で讃美歌109番「きよしこの夜」。最後はハミングにしたのがよかった。 出口で高橋啓三氏に「音響はいかがでしたか」と伺うと「大変素晴らしかった」と言われ、改築を設計した者としてうれしかった。建築は良い音楽を支えるものだ。

 2012_12200009.jpg

脳梗塞の病が癒えた新井明先生(英文学者・今井館理事長・前敬和学園学長)ご夫妻と並んで鑑賞。

私「ヘンデルはドイツ人ですが英国に帰化してからメサイアを作曲したので曲は明るいですね」
新井「歌詞はKJV(欽定訳聖書1611年)そのものである。」
私 「英国のKJVは日本の文語訳聖書に当たりますね」
新井「文語訳よりKJVの方がわかりやすい(やさしい)」
私「ヘンデルは聖書ばかりを引用してこの宗教劇を作りましたが、その引用箇所の選択は聖霊の働きがあったのでしょう。一本筋が通っています。彼はこれを泣きながら作曲したそうです」
新井「高橋さんも私(脳出血)も復活した(病気が癒えた)のだから、残りの人生を主に捧げましょう」
私「TSK日本語ヴァージョンは現在旧約の入力中です。あと3年はかかります。それまでは死ねません。TSKのルーツは先生が英国留学中に調べていただきましたね」
新井「高橋さんには勉強するようにさせられた」
私「TSK日本語ヴァージョンを含む私のホームページは複数の神学校で紹介されていて、毎日100名が見に来ています。日本にはパソコンを扱える若い層に『残りの者』(ロマ11:4-5)がいて、希望があります」

●新井先生にTSKのルーツを調べていただいたことなどは、ホームページの中の次に掲げてある。

http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/bunshou/tsk.html

●都心に比べて寒いあきる野の夜はきれいであった。クリスマスの歌を歌いながら家に到着したのは23:15分。「いかに幸なるわが勤めや、御胸にかなわば明日も尽くさん」(讃美歌535-3)

























トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


神に従うものは孤独だ ++++++++ 所感

2012/12/19 06:00

121219(水)目覚めの啓示「神に従うものは孤独だ」●神に従おうとする者が孤独になる理由は、この世とソリが合わないからである。ウマが合わないからである。理解されないからであれう●その相手がが身近な人であればあるほど悲劇であり悲哀である。●聖書はその慰めのためにもあると言っても過言ではない。●クリスチャン達よ「ひるむな」神に従おうとする者にとって孤独は宿命だ。それは信仰が本物である証明だ●以下はその孤独なる人物の列伝。頭に浮かぶままに順不同で掲げる。 2月の感話(ヨハネ15:18-27)の準備。


【口語訳】 ヨブ 2 章
 2:8 ヨブは陶器の破片を取り、それで自分の身をかき、灰の中にすわった。
 2:9 時にその妻は彼に言った、「あなたはなおも堅く保って、自分を全うするのですか。神をのろって死になさい」。 
 2:10 しかしヨブは彼女に言った、「あなたの語ることは愚かな女の語るのと同じだ。われわれは神から幸をうけるのだから、災をも、うけるべきではないか」。すべてこの事においてヨブはそのくちびるをもって罪を犯さなかった。

●ヨブは病気になったとき、その妻がは夫を罵った。「神を呪ってしないなさい」と。あーこの時ほどヨブは「コイツと結婚して失敗した。私の一生の間違いだった」と思ったことはないだろう。

塚本訳マルコ
"410602","マルコ 6:2","安息日になって礼拝堂で教え始められると、大勢の人がそれを聞
いて、驚いて言った、「この人はこんなことをどこから覚えてきたのだろう。この人の授
かったこの知恵はなんだろう。また、その手で行われるかずかずのこんな奇蹟はいったい
どうしたのだろう。 "
"410603","
マルコ 6:3","これはあの大工ではないか。マリヤの息子で、ヤコブとヨセとユ
ダとシモンとの兄弟ではないか。女兄弟たちは、ここで、わたし達の所に住んでいるでは
ないか。」こうして人々はイエスにつまずいた。(そのため彼の言葉に耳を傾ける者がなか
った。)"
"410604","
マルコ 6:4","イエスは彼らに言われた、「預言者が尊敬されないのは、その郷里
と親族と家族のところだけである。」"


●地元では伝道できない。職場では伝道できない。家族には伝道できない。「お前がクリスチャンなのか」と躓かれるだけである。笑われるだけである。

塚本訳マタイ
"401034","地上に平和をもたらすためにわたしが来た、などと考えてはならない。平和で
はない、剣を、(戦いを)もたらすために来たのである。"
"401035","
わたしは子を“その父と、娘を母と、嫁を姑と”仲違いさせるために来たのだ
から。"
"401036","
“家族が自分の敵となろう。”"
"401037","
わたしよりも父や母を愛する者は、わたし(の弟子たる)に適しない。わたし
よりも息子や娘を愛する者は、わたし(の弟子たる)に適しない。"
"401038","
また自分の十字架を取ってわたしのあとに従わない者は、わたし(の弟子たる)
に適しない。"


●伝道者は家族に評判が悪い。特に奥さんに尊敬されない。しかしそれは勲章だ。

塚本訳ルカ
"421433","だから同じように、(家族や財産など)一切合切、自分のものと別れなければ、
あなた達のだれ一人、わたしの弟子になることは出来ない。"

"421434","
だから、(それは塩に似ている。)塩はよいもの。しかし塩でももし馬鹿になっ
たら、何で(もう一度)塩気がつけられるか。"
"421435","
畑にも肥料にも役立たず、外に捨てられるばかりである。(わたしの弟子もその
とおり。)耳のきこえる者は聞け。」"


●「能ある鷹は爪を隠す」と考えて、この世と「ウマーク」調子を合わせてやっていこうとする信者がいる。堕落信者。付き合ってはいけない。話を聞いてはいけない。自然消滅を待て。

【口語訳】 創 12 章
 12:1 時に主はアブラムに言われた、「あなたは国を出て、
親族に別れ、父の家を離れ、わたしが示す地に行きなさい。


塚本訳へブル
"581108","ヘブル 11:8","信仰によって、アブラハムは財産として戴くべき(カナンの)場
所に“出てゆけ”とのお召しを受け、(素直に)言うことを聞いた。
そしてどこへ行くと
もわからず、“出ていった”。"

●これクリスチャンの「家出」の原理。彼は気が狂ったと思われる。イエスもそう思われた。

塚本訳マルコ
"410321","マルコ 3:21","身内の者たちが(イエスの様子を)聞いて(ナザレからカペナウ
ムへ)取りおさえに出てきた。「気が狂っている」と思ったのである。
"
"410322","
マルコ 3:22","またエルサレムから下ってきた聖書学者たちは、「あれはベルゼ
ブル[悪魔]につかれている」とか、「悪鬼どもの頭[悪魔]を使って悪鬼を追い出して
いる」とか言った。"

●神に従おうとするときの最大の敵は「身内」。特に親。足を引っ張る。この時が最高の孤独。

塚本訳ヨハネ
"430201","それから三日目に、ガリラヤのカナに婚礼があって、イエスの母がそこにいた。
"
"430202","
イエスも弟子たちと婚礼に招かれた。"
"430203","
すると宴会の最中に酒が足りなくなったので、母がイエスに言う、「お酒がなく
なりました。」"
"430204","
イエスが言われる、「女の方、〃放っておいてください。〃わたしの栄光(を示
す)時はまだ来ておりません。」"

●母親に向かって「女の方」と言ったイエスの孤独。母マリヤも息子の変わりように嘆いたにちがいない。

塚本訳マタイ
"402662","そこで大祭司は立ち上がってイエスに言った、「何も答えないのか。この人たち
は(あんなに)お前に不利益な証言をしているが、あれはどうだ。」"
"402663","
しかしイエスは黙っておられた。大祭司が言った、「生ける神に誓ってわれわれ
にこたえよ。お前が、神の子救世主か。」"
"402664","
イエスは(はじめて口を開いて)彼に言われる、「(そう言われるなら)御意見
にまかせる。
だが、わたしは言う、あなた方は今後“人の子(わたし)が”“大能の(神
の)右に坐り、”“天の雲に乗って来るのを”見るであろう。」"
"402665","
そこで大祭司は自分の上着を引き裂いて言った、「冒涜だ!これ以上、なんで証
人の必要があろう。諸君は今ここに(おのれを神の子とする許しがたい)冒涜を聞かれた。

●「(そう言われるなら)御意見にまかせる。」は名訳。「勝手に考えろ」という意味だ。イエスの孤独。全人類から理解されなかった。絶対の孤独。


塚本訳マタイ
"402746","三時ごろ、イエスは大声を出して“エリ エリ レマ サバクタニ!”と叫ば
れた。これは“わたしの神様、わたしの神様、なぜ、わたしをお見捨てになりましたか!
である。"


●イエスは父なる神からも捨てられた。見捨てられた。イエスは人に「神は父であるから祈れば何でも聴いてくださる」と教えておきながら、いざ自分の時の祈りは聴かれなかった。最高の孤独。しかしここに人類が罪から救われた深い理由があった。神は我が子を捨てたのだ。ここに罪人を救う神の愛が現れた。

塚本訳使徒
442424","使徒 24:24","数日の後ペリクスは、ユダヤ人であるその妻ドルシラと一緒に(監
禁の場所に)来て、パウロを呼び、キリスト・イエスに対する信仰の話を聞いた。"
"442425","
使徒 24:25","ところがパウロの話は、義と、節制と、来るべき(最後の)裁き
とについてだったので、ペリクスは恐ろしくなって、「本日はこれで帰ってよろしい。よ
い折があったら、また呼びにやるから」
と言った。"

●ぺりクスがパウロの話を聞きたがらなかったのは、自分の罪に対して良心の咎めがあったからであろう。
●クリスチャンが嫌われる理由はこれである。クリスチャンは孤独である。
●パウロは孤独であった。

塚本訳使徒
 "442628","使徒 26:28","するとアグリッパがパウロに、「お前はいとも簡単にわたしを説き
伏せてクリスチャンにしようとしている。」"
"442629","使徒 26:29","パウロがいった、「簡単にせよ面倒にせよ、わたしが神に祈りたい
のは、王だけでなく、きょうわたしの話を聞いておられる方々が皆、このわたしのような
者になられることであります
。もっともこの鎖だけは別として!」"

●クリスチャンの話は長くていけない。クリスチャンが嫌われる理由はここにもあるが、それは「この世の人」から嫌われるのだから、「ひるむな」。

塚本訳塚本訳
"401022","あなた達はわたしの弟子であるために皆から憎まれる。しかし最後まで耐え忍
ぶ者は救われる。"
"401023","
この町で迫害された時には、次の町に逃げてゆけ。アーメン、わたしは言う、
人の子(わたし)は(すぐに)、あなた達がイスラエル人の町々を回りつくさぬうちに来
るのだから。"
"401024","
弟子は先生以上でなく、僕は主人以上ではない。(だからあなた達が迫害される
のは当り前である。)"
"401025","
弟子は先生のよう、僕は主人のようであれば、それで満足すべきである。家の
主人(たるわたし)が(悪鬼の頭)ベルゼブルと(悪口を)言われたのだから、その家族
(たるあなた達)はなおさらのことである。"
"401026","
だから彼らを恐れるな、(すべてはじきに明らかになるであろう。)覆われてい
るものであらわされないものはなく、隠れているもので(人に)知られないものはないか
らである。"
"401027","
わたしが暗闇で(こっそり)話すことを、(大胆に)明るみで言え。耳うちされ
たことを屋根の上で宣伝せよ。"
"401028","
体を殺しても、魂を殺すことの出来ない者を恐れることはない。ただ、魂も体
も地獄で滅ぼすことの出来るお方を恐れよ。
"

●さらばクリスチャンよこの世を恐れるな。ソリが合わないのを悔やむな。自分を責めるな。この世は悪の世だからウマが合わないのだ。

塚本訳ヨハネ
"431518","(しかしわたしに愛される時、あなた達はこの世から憎まれる。だが)もしこ
の世があなた達を憎んだら、あなた達よりも先にわたしを憎んだと思え。"
"431519","
もしあなた達がこの世のものであったら、この世は自分のもの(であるあなた
達を)愛するはずである。しかしあなた達は(もはや)この世のものではなく、わたしが
この世から選び出したのだから、この世はあなた達を憎むのである。"
"431520","
『僕はその主人よりもえらくはない』と言ったわたしの言葉を忘れないように。
人々は(わたしにしたと同じことをあなた達にするであろう。)わたしを迫害したなら、
あなた達をも迫害し、わたしの言葉を守ったなら、あなた達の言葉をも守るであろう。"
"431521","
ところが、彼らはあなた達がわたしの弟子であるために、(憎み、迫害など)す
べてこれらのことを、あなた達にするであろう。
わたしを遣わされた方を知らないからで
ある。"

●クリスチャンが不信者とソリが合わないのは当然。この世は悪の世だからである。無理にソリを合わせようとしたり、ウマを合わせようとすると信仰が堕落して、かえってこの世の人から軽蔑される。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想おわり。さらば「行こう。この世を振り切って行こう」

●TSK日本語版レビ記入力26章。聖書は力あり、温かみあり、不思議な本だ。
●妻は障子貼り



トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


星のように輝く人 ++++++++ 所感

2012/12/18 05:51

121218(火)妻に叩かれて目を覚ますとカリカリと家の部材をかじる音。「ネズミだ!」起きてその付近を叩くとかじる音が止んだ。しばらくぶりのネズミだ。周りは畑があるので野ネズミ。「寒いからだろう」と私が言った。「わがものと思えばうれし家ネズミ」。5時起床●朝の黙想「星のように輝く・神の力によって永遠の命を頂いた者は、この暗き世にあって星のように輝いて生きる。●その実例を3人掲げよう。

①OYさん。故人。最初の子を流産されてからお子様なし。しかしいつも笑っておられ、信者出ない人から、「あなたは大金持ちのような顔をしている」と言われたことがあるという。好物はサツマイモであった。身を持ち崩した女性の友達。
②FYさん。91歳。年に4回旧新約聖書を通読される。一昨年癌になられたが克服。収入は国民年金の5万円。倹約家。少しのところはバスに乗らずに歩かれるが、最近はさすがに足が弱られ集会は欠席。「死は天国への門」だと確信している。
③HTさん。90歳。「午後三時祈りの友」の会員。晩年に御夫人に先立たれ、その上全盲かつ難聴になられた。真っ暗な世界。毎日寝たきり。ヘルパーさんが来られる。しかし顔を輝かして「ナンノコレシキ」と言われる。「召されるまで、召されるまで」と祈って困苦に耐えておられる。

●これらの方々は、暗くなってから家路につく時に見える御岳山の頂上にある一個の光のようだ。遠くでも光は見える。

塚本訳マタイ
"400514","あなた達は世の光である。山の上にある町は隠れていることは出来ない。"
"400515","
また、(せっかく)明りをともして枡をかぶせる者はない。かならず燭台の上に
置く。すると、家の中におる人を皆照らすのである。"
"400516","
そのようにあなた達も、その光を世の人の前に輝かし、人があなた達の良い行
ないを見て、あなた達の天の父上をあがめるようにせよ。"

●聖書学者のJ・エレミヤスはこの輝きは「終末の光」だという。
 
塚本訳マタイ
"400414","預言者イザヤをもって言われた言葉が成就するためであった。──"
"400415","
“(ガリラヤの)湖に向かった、ゼブルン(族)の地とナフタリ(族)の地、ヨ
ルダン川の向こう(のペレヤ)、異教人の(住む)ガリラヤ──"
"400416",
"暗闇に住まう(これらの地方の)民は大いなる光を見、死の陰の地に住まうこ
の人々に光がのぼった、”"
"400417","
この時から、イエスは「悔改よ、天の国は近づいた」と言って、教えを説き始
められた。"


【新共同訳】 イザ 9 章
 9:1 闇の中を歩む民は、大いなる光を見/死の陰の地に住む者の上に、光が輝いた。
 9:2 あなたは深い喜びと/大きな楽しみをお与えになり/人々は御前に喜び祝った。刈り入れの時を祝うように/戦利品を分け合って楽しむように。

●光は暗闇に輝く。新約の光は暗闇に輝いた。

 
塚本訳ピリピ
"500214","ピリピ 2:14","何事をするにも呟くな、躊躇うな。"
"500215","
ピリピ 2:15","これは君達が非難すべき所でなく、純真であって、“曲ったねじ
くれた(この)時代”の真中にあって“瑕なき神の子”とならんためである。(まことに)
君達はこの時代にあって、生命の言を堅く守りながら、この(暗い)世に星のように輝い
ているのである。
"          
"500216","
ピリピ 2:16","かくて私の走ったことが無駄にならず、”苦労したことが無駄に”
ならずに、キリストの日に名誉が私に帰するであろう。"
"500217","
ピリピ 2:17","否、(ただに苦労だけでなく、)たとい私が君達の信仰を供え物と
して(神に)献ぐる時(潅奠としてそれに)血をも注がねばならぬとしても、私は喜ぶ。
君達皆と共に喜ぶ。"        
"500218","
ピリピ 2:18","同じように君達も喜んでくれ。私と共に喜んでくれ。"

【口語訳】 ピリ 2 章
 2:14 すべてのことを、つぶやかず疑わないでしなさい。
 2:15 それは、あなたがたが責められるところのない純真な者となり、曲った邪悪な時代のただ中にあって、傷のない神の子となるためである。あなたがたは、いのちの言葉を堅く持って、彼らの間で星のようにこの世に輝いている。 
 2:16 このようにして、キリストの日に、わたしは自分の走ったことがむだでなく、労したこともむだではなかったと誇ることができる。
 2:17 そして、たとい、あなたがたの信仰の供え物をささげる祭壇に、わたしの血をそそぐことがあっても、わたしは喜ぼう。あなたがた一同と共に喜ぼう。
 2:18 同じように、あなたがたも喜びなさい。わたしと共に喜びなさい。

 
●不思議で不条理と思える暗い世から神の力で永遠の命に生きるものとされた者は、今度は神の光を受けてこの世にポツンと輝く。燃料切れはない!。

塚本訳使徒
"440615","使徒 6:15","法院に坐っていた者が皆ステパノに目をとめた。彼の顔がちょうど
天使の顔のように(輝いて)見えた。"


塚本訳ヨハネ
"430104","この方は命をもち、この命が人の光であった。"
"430105","
この光は(いつも)暗闇の中に輝いている。しかし暗闇(のこの世の人々)は、
これを理解しなかった。"

塚本訳ヨハネ
"430114","この言葉は肉体となって、(しばらく)わたし達の間に住んでおられた。(これ
が主イエス・キリストである。)わたし達はその栄光を見た。いかにも父上の独り子らし
い栄光で、恩恵と真理とに満ちておられた。"


塚本訳ヨハネ
"430112","しかし受け入れた人々、すなわち、その名を(神の子であることを)信じた人

には一人のこらず、神の子となる資格をお授けになった。
"
"430113","
この人たちは、人間の血や、肉の欲望や、男の欲望によらず、神(の力)によ
って生まれたのである。
"

●クリスチャンは血筋を誇ってはいけない。それは血肉である。
●この私自身は妻と共に「雑種」である。野生である。土の器である。
●内村鑑三の話を聞いた、塚本虎二の丸の内集会の会員であったことも自慢にはならない。
●私は某先生の同労者の息子の嫁です。などという自慢をする人がいたが、滑稽を通りすぎて罪悪である。福音による新生体験がないからこういう考えになる。

塚本訳ヨハネ
"430305","イエスは答えられた、「アーメン、アーメン、わたしは言う、人は霊によって生
まれなければ、神の国に入ることは出来ない。"
"430306","肉によって生まれたものは肉であり、霊によって生まれたものだけが霊である
(から)。"
"430307","
『あなた達は新しく生まれなおさねばならない』と言ったからとて、すこしも
不思議がることはない。"
"430308","
風[プニューマ]は心のままに吹く。その音は聞えるが、どこから来てどこに
行くか、あなたは知らない。霊[プニューマ]によって生れる者も皆、そのとおりである。」

●霊によって生まれなければ顔に輝きが出ない。だから人間の努力では光になれない。
●霊によって生まれるのは神の絶対主権による。絶対恩恵による無条件の罪の赦し。
●それはこの世の闇に泣いている人に神の目が注がれる。(幸いなるかな、今泣く者よ。ルカ6:21)
●生まれつき盲の人間に対してイエスは足を止めた。(ヨハネ9:1)
●38年も病気の人にもイエスの方から声をかけた。(ヨハネ5:5-6) 

塚本訳ロマ
"451201","ローマ 12:1","(このように、神は偉大な計画によって人類を一人のこらず救お
うとしておられるのであって、救いは確かである。)だから、兄弟たちよ、わたしは神の
この慈悲を指してあなた達に勧める。あなた達の体を(感謝のしるしとして神に)捧げよ。
この生きた聖なる犠牲こそ、神のお気に入るものであり、(霊なる神を拝むにふさわし
い、)あなた達の霊的な礼拝である。(あなた達の礼拝は動物を供えるような不合理なもの
でなく、全心全霊をささげる合理的な礼拝でなければならならない)"

塚本訳ロマ
"451203","ローマ 12:3","それでわたしは、(神から)賜わった恩恵、(この使徒の権威)に
よって、あなた達のひとりびとりに忠告する。思うべき限りをこえて思いあがらぬように、
神がめいめいに分けあたえられた信仰の量を思って、謙遜な思いをもつように。"
"451204","
ローマ 12:4","なぜなら、わたし達には一つの体に多くの器官があるが、すべて
の器官が同じ働きをしないと同様に、"
"451205","
ローマ 12:5","わたし達(信者)も大勢が(全体としては)キリストにおいて一
つの体であり、一つ一つとしては互が互の器官であ(って、互に補い合うからであ)る。"
"451206","
ローマ 12:6","(すなわち)わたし達は与えられた恩恵(の分量と種類と)に応
じて、(ひとりびとりが)ちがった賜物を持っているのだから、(たとえば、)預言(の力)
を持っているなら、信仰の量に応じて預言せよ。"
"451207","
ローマ 12:7","(貧しい人の救済その他の)職務を持っているなら、その職務に、
教師なら教育に、"
"451208","
ローマ 12:8","伝道なら伝道に、精を出せ。施す者は純粋に、世話をする者は熱
心に、慈善を行う者は喜んで、しなければいけない。"


●頂いた永遠の命の光は自分の職業領域で放て。役人は役人らしく。医者は医者らしく、主婦は主婦らしく(フェミニズムを振り回すな)、親は親らしく(放蕩息子が出ても)、牧師は牧師らしく(政治に口を出すな、ヒューマニズムの運動をするな)、裁判官は裁判官らしく、教師は教師らしく、建築士は建築士らしく。・・・・・他人の職業領域にゲタバキで入るな。
●聖書を学びに行ったら政治的デモに誘われたり、歌の練習であったり、バザーやレクレーションだったり、三流のカルチャーセンターまがいであったり、聖書学者の注解の受け売りであったり、読んだ本の紹介であったり、物見遊山の報告だったりなどというおかしなことになっている。これはエクレシアの堕落。裁きは神の家から始まる。
●キリスト教の学校はと言えば「地の塩になれ」と言って天下国家の批判に長ける人間を教育するから、そういう人間は一人前の仕事もできないのにすぐ経営者や上司を批判断罪する。某病院の幹部(故人)から「あの学校の卒業生は使いにくい」という言葉を聞いた。

塚本訳ルカ
"421609","それでわたしもあなた達に言う、あなた達も(この番頭に見習い、今のうちに
この世の)不正な富を利用して、(天に)友人[神]をつくっておけ。そうすれば富がな
くなる時、その友人が永遠の住居に迎えてくださるであろう。"
"421610","ごく小さなことに忠実な者は、大きなことにも忠実である。ごく小さなことに
不忠実な者は、大きなことにも不忠実である。"
"421611","
だから、もし(この世の)不正な富に忠実でなかったならば、だれが(天の)
まことの富をあなた達にまかせようか。"
"421612","もし他人のもの[この世のこと]に忠実でなかったならば、だれがあなた達の
もの[天のもの]をあなた達に与えようか。"
"421613","
しかし(この世のことはみな準備のためであるから、それに心を奪われてはな
らない。)いかなる僕も(同時に)二人の主人に仕えることは出来ない。こちらを憎んで
あちらを愛するか、こちらに親しんであちらを疎んじるか、どちらかである。あなた達は
神と富とに仕えることは出来ない。」"


●キリスト教職業論の本質はここにある。私はここで「建築」を生業にしていてよいことを理解した。
●「不正な富」とは私にとってはこの世限りの建物。これは小事。
●この職業論がわからない人間がすぐ神学校に行って青二才のくせに「信仰を指導する」から教会の評判が悪くなるのだ。
●しかし信仰によってこの世の職業領域で成功することではない。
●この世の人には真似のできない働きをする。建築家の外山義(故人)が設計した老人施設の「こもれびの里」は徘徊老人がでなかった。クリスチャンの弁護士、クリスチャンの精神科医はなんとなく違う。この「なんとなく」という雰囲気が大切だ。

塚本訳Ⅰコリ
 "460321","・コリント 3:21","従って、(自分の先生はだれだ、彼だなどと、)人間のことを
自慢する者があってはならない。万物はあなた達のものではないか。"
"460322","
・コリント 3:22","パウロでもアポロでもケパでも、世界でも命でも死でも、現
在起こっていることでも将来起こることでも、万物はあなた達のものである。"
"460323","・コリント 3:23","しかしあなた達はキリストのもの、キリストは神のものであ
る。"

●永遠の命を頂くと世界中のものが自分のものになる。
●これが「私はなぜクリスチャンであるか」の理由。

塚本訳マルコ
"411029","マルコ 10:29","イエスは言われた、「アーメン、あなた達に言う、わたしのため、
また福音のために、家や兄弟や姉妹や母や父や子や畑をすてた者で、"
"411030","
マルコ 10:30","今、
この世で──迫害のうちにおいてではあるが──百倍の家
と兄弟と姉妹と母と子と畑とを、また来るべき世では永遠の命を受けない者は一人もない。

"
●この百倍とは精神的な意味か、物質的なものか。
●こういう時注解書を見ても効果はあない。体験の実感でなければならない。
●私の家が焼けたあと、土地は1.5倍、家は1.1倍になった。心の友は1.5倍になった。
●だから「100倍」とは物質的にも栄進的にでもある。
●ただ、中には「家が燃えたのはキリストの集まりに行っていたからだ」と非難する人がいた。「御利益がありませんでしたね」という人もいた。こういうのを──迫害のうちにおいてではあるが──というのである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想 おわり。アーすっきりした。これだから朝の聖書読みは面白くてやめられない。朝の黙想をしないと一日がはじまらない。
 
●ヒルティは「新聞は読むな」という。次のとおりである。

【新共同訳】 伝 1 章
 1:9 かつてあったことは、これからもあり/かつて起こったことは、これからも起こる。太陽の下、新しいものは何ひとつない。

●TSK日本語版レビ記25章入力。土地は神からの預かり物だから50年以上は持てないという規則はこのレビ記25:23。素晴らしい規則だ。日本もこの規則を心得ていればあの「土地神話はなかった。バブル崩壊もなかった。
●KT氏が老人ホームに入ったこと。YTさんが84歳で亡くなったお知らせ。
●14:00妻は中野の愛子のところに寄ってから月本昭男先生のイザヤ書講義(無教会研修所)に行く。帰宅は21時ごろ。
●年賀状の添え書きを書く。一年に一回でも「年賀状だけの付き合い」は重要だ。


 







トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


人生は失敗して永遠の命の実を結ぶ ++++++++ 所感

2012/12/17 06:49

121217(月)朝の啓示●「人生は失敗して永遠の命の実を結ぶ」●次回感話のテーマは「実を結ぶとは何か」であるが、それは永遠の命を知ることである。●そしてそれは人生の失敗を通して神の光が射すときである。しかし「その時」がくるまでには時間がかかる。人間の努力ではない。人間の力ではない。伝道は脱力である。偉大な人物に拠るのではない。福音自身の力である。●人生失敗して泣いて永遠の命を知った人は次の通り。皆天で輝いている。


●罪の女

塚本訳ルカ
"420737","すると、その町に一人の罪の女がいた。イエスがパリサイ人の家で食卓につい

ておられることを知ると、香油のはいった石膏の壷を持ってきて、
"
"420738","
泣きながら後ろからイエスの足下に進み寄り、しばし
涙で御足をぬらしていた
が、やがて髪の毛でそれをふき、御足に接吻して香油を塗った。"
・・・
"420745","あなたは接吻一つしてくれないのに、この婦人はわたしが(この家に)来たと
きから、わたしの足に接吻のしつづけである。"
"420746","
あなたは(普通の)油をすら頭に塗ってくれないのに、この婦人は(高価な)
香油を足に塗ってくれた。"
"420747","
だから、わたしは言う、この婦人の多くの罪は赦されている。(いま)多くわた
しを愛したのがその証拠である。赦され方の少ない者は、愛し方も少ない。」"
"420748","そしてその女に言われた、「あなたの罪は赦されている。」"
"420749","
同席の者が(憤慨して)ひそかに考えた、「罪さえ赦す(という)この人はいっ
たい何人だろう。」"
"420750","
しかしイエスは女に言われた、「あなたの信仰があなたを救った。“さよなら、
平安あれ。”」"


●姦淫の女

塚本訳ヨハネ
"430802","次の朝早く、また宮に行かれると、人々が皆あつまってきたので、座って教え
ておられた。"
"430803","
すると聖書学者とパリサイ人とが、姦淫の現行犯を押えられた女をつれてきた。
みんなの真中に立たせて、"
"430804","
イエスに言う、「先生、この女は姦淫の現場を押えられたのです。"
"430805","
モーセは律法で、このような女を石で打ち殺すように命じていますが、あなた
はなんと言われますか。」"
・・・
"430811","「主よ、だれも」と女がこたえた。イエスが言われた、「わたしも罰しない。お
かえり。
今からはもう罪を犯さないように。」"
"430812","
(同じ大祭の日に、)イエスはまた人々に語られた、「わたしが世の光である。
わたしに従う者は、決して暗やみを歩かない。そればかりか、命への光を持つことができ
る。」"



●離婚歴5回の女

塚本訳ヨハネ
"430413","イエスは答えられた、「この(井戸の)水を飲む者はだれでもまた渇くが、"
"430414","
わたしが与える水を飲む者は永遠に渇かない。そればかりでなく、わたしが与
える水は、その人の中で(たえず)湧き出る水の泉となって、永遠の命に至らせるであろ
う。」"
"430415","
女が言う、「主よ、その水を下さい。(二度と)渇くことがないように、またこ
こに汲みに来なくてもよいように。」"
"430416","
イエスが言われる、「行って、あなたの夫をここに呼んで来なさい。」"
"430417","
女が答えた、「わたしには夫はありません。」イエスが言われる、「『わたしには
夫はありません』と言うのは、もっともだ。"
"430418","
五人の夫とは別れ、今のは、あなたの夫ではないのだから。あなたの言ったこ
とは本当だ。」"
"430419","
女が(びっくりして)言う、「主よ、わかりました、あなたは預言者です。"


●嫌われた職業の税金取りザアカイ

塚本訳ルカ
"421905","イエスはその場所に来られると、ザアカイを見上げて言われた、「ザアカイ、急
いで下りておいで。きょうはあなたの家に泊まることになっているから。」"
"421906","ザアカイは急いで下りてきて、喜んでお迎えした。"
"421907","
皆がこれを見て、イエスは(税金取りのような)罪人の所に入りこんで宿を取
った、と言ってぶつぶつ呟いた。"
"421908","
しかしザアカイは進み出て主に言った、「主よ、わたしは(誓って)財産の半分
を貧乏な人たちに施します。人からゆすり取ったものは四倍にして返します。」"
"421909","
イエスが(人々に)言われた、「救いは(きょう、)この家に入った。(人でなし
のように言われる)この人も、やはり(あなた達と同じ)アブラハムの末だから。"
"421910","
人の子(わたし)は“滅びうせた者をさがして”救うために来たのである
。」"


●金が入って放蕩に身を持ち崩した男

塚本訳ルカ
"421511","また話された、「ある人に二人の息子があった。"
"421512","
『お父さん、財産の分け前を下さい』と弟が父に言った。父は身代を二人に分
けてやった。"
"421513","
幾日もたたないうちに、弟は(分け前)全部をまとめて(金にかえ、)遠い国に
行き、そこで放蕩に財産をまき散らした。
"
"421514","
すべてを使いはたしたとき、その国にひどい飢饉があって、食べるにも困り果
てた。"
・・・
"421520","そして立ってその父の所へ出かけた。ところが、まだ遠く離れているのに、父
は見つけて不憫に思い、駈けよって首に抱きついて接吻した。"
"421521","
息子は父に言った、『お父さん、わたしは天(の神様)にも、あなたにも、罪を
犯しました。もうあなたの息子と言われる資格はありません。……』
"
"421522","
しかし父は(皆まで聞かず)召使たちに言った、『急いで、一番上等の着物をも
って来て着せなさい。手に指輪を、足にお靴をはかせなさい。"
"421523","それから肥えた小牛を引いてきて料理しなさい。みんなで食べてお祝いをしよ
うではないか。"
"421524","
このわたしの息子は死んでいたのに生き返り、いなくなっていたのに見つかっ
たのだから。』そこで祝賀会が始まった。"



●十字架に磔にされた罪人

塚本訳ルカ
"422339","磔にされている罪人の一人がイエスを冒涜した、「お前は救世主じゃないか。自
分とおれ達を救ってみろ。」"
"422340","
するともう一人の者が彼をたしなめて言った、「貴様は(このお方と)同じ(恐
ろしい)罰を受けていながら、それでも(まだ)神様がこわくないのか。"
"422341","
おれ達は自分でしたことの報いを受けるのだから当り前だが、このお方は何一
つ、道にはずれたことをなさらなかったのだ。」"
"422342","
それから(イエスに)言った、「イエス様、こんどあなたのお国と共にお出でに
なる時には、どうかわたしのことを思い出してください。」
"422343","
イエスが言われた、「アーメン、わたしは言う、(その時を待たずとも、)あな
たはきょう、わたしと一しょに極楽にはいることができる。」"

塚本訳ヨハネ
"430901","イエスは通りがかりに、生まれつきの盲人を見られた。"
"430902","
弟子たちが尋ねた、「先生、この人が盲で生まれたのは、だれが罪を犯したから
ですか。この人ですか、両親ですか。」"
"430903","
イエスは答えられた、「この人が罪を犯したからでも、両親が罪を犯したからで
もない。ただ神の御業がこの人に現われるためである。"
"430904","わたし達はわたしを遣わされた方の御業を昼の間にせねばならない。(すぐ)夜
が来る。するとだれも働けなくなる。"
"430905","
世におる間、わたしは世の光である。」"
"430906","
こう言って地に唾をはき、唾で泥をつくり、その泥を盲人の目に塗って、"
"430907","
言われた、「行って、シロアム池で洗いなさい。」(シロアムは訳すると「遣わさ
れた者」。)そこで盲人は行って、洗って、見えるようになって、かえって行った。"



●これらの人たちは皆人生を失敗して泣いたが故に神に見いだされて永遠の命を知った。永遠の命を得るには人生の失敗が必要だ。彼らは今頃天で喜びに満たされている。万歳。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想終わり











トラックバック(0) | コメント(1) | top▲


不幸は永遠の命への門 ++++++++ 所感

2012/12/16 06:30

121216(日)5時目覚め●朝の啓示「不幸は永遠の命への門」●ヒルティの幸福論Ⅲに「二つの幸福」がある。しかし今朝はそれを開かない。自分の頭の中にある聖書の句をひらめくままに列挙する。聖書の読み方はこれがベスト。

塚本訳ルカ
"420620","イエスは目をあげ、(十二人の使徒その他の)弟子たちを見ながら話された。─
─「ああ幸いだ、“貧しい人たち、”神の国はあなた達のものとなるのだから"
"420621","
ああ幸いだ、今飢えている人たち、(かの日に)満腹させられるのはあなた達だ
から。ああ幸いだ、今泣いている人たち、(かの日に)笑うのはあなた達だから。
"
"420622","
人に憎まれる時、また、人の子(わたし)のゆえに除名されたり、罵られたり、
悪様に言われたりする時には、あなた達は幸いである。"

"420623","
その日には躍りあがって喜びなさい、どっさり褒美が、天であなた達を待って
いるのだから。あの人達の先祖も、同じことを預言者たちにしたのである。"

●これはこの世の不幸、この世的に恵まれていない人に対する「招きの言葉」である。
●神の国へ招かれる条件はこの世的に不幸な人間である。この世の幸福を失った者である。

塚本訳ルカ
"420624","だが、ああ禍だ、富んでいるあなた達、もう慰めを受けたのだから"
"420625","
ああ禍だ、今食べあきているあなた達、(かの日に)飢えるのだから。ああ禍だ、
今笑っている人たち、(かの日に)泣き悲しむのはあなた達だから。"
"420626","
皆の人に良く言われる時、あなた達は禍である。あの人達の先祖も、同じこと
を偽預言者たちにしたのである。"

●この世的にも幸福で、最後は天国にも行きたいというのはどうも無理らしい。

塚本訳ルカ
"421625","しかしアブラハムは言った、『子よ、考えてごらん、あなたは生きていた時に善
いものを貰い、ラザロは反対に悪いものを貰ったではないか。だから今ここで、彼は慰め
られ、あなたはもだえ苦しむのだ。"
"421626","そればかりではない、わたし達とあなた達との間には大きな(深い)裂け目が
あって、
ここからあなた達の所へ渡ろうと思っても出来ず、そこからわたし達の所へ越え
てくることもない。』"

●この世と次の世は逆転するらしい。そしてそこには深い裂け目があって渡れないらしい。
●この世の人は生前の幸福を求める。そしてそれは人間として当然のことと社会も認め、奨励する。
●それが悪いのではない。信仰のおかげでこの世的にも繁栄したという認識もある。
●問題は「不条理な不可解な」不幸である。「なんでだよー」と泣く時である。
●しかしその時神の光が射しくるのだ。


塚本訳ピリピ
"500307","ピリピ 3:7","しかし(前には)自分に得であ(ると思っ)たこれらの特権も、
キリストのために(かえって)損と思うようになってしまった。"
"500308","
ピリピ 3:8","否、ただにそれ(らの特権)ばかりでなく、わが主キリスト・イ
エス(を知る)の知識が(余りにも尊く)優れているために、本当は(今は)一切合切の
ものを損だと思っている。(実際)彼のために何もかも損してしまったのだが、(そんなも
のは皆)塵芥と思っている。
これはキリスト・イエスを自分の有とし、"
"500309","
ピリピ 3:9","彼に在ることが出来──(もちろん)これは律法(を守ること)
から来る私自身の義によるのでなく、キリストの信仰による(義、)すなわち信仰に基づ
いて神から与えられる義によるのであるが──"
"500310","
ピリピ 3:10","かくて(ますます深く)キリストを知り、その復活の力を受け、
その苦難に与り、彼と同じような死様をして、"
"500311","
ピリピ 3:11","あわよくば私も(最後に)死人の復活に達したいためである。"

●パウロはキリストの故にこの世の幸福を失ったが、「(そんなものは皆)塵芥と思っている。」という
●パウロがこのような心境になれたのは「永遠の命」を得たからである。
●その幸福の心境は頭だけのものではない。概念の遊びでもない。
●私の家が焼け、病気になったとき。信仰の先輩が「君の家がねー」と慰めてくださった。しかし私は神によるその秘密を知っている。「天国の家は焼けない」という認識を与えられたのだ。 
 
塚本訳マタイ
"401808","(だから)もし手か足があなたを罪にいざなうなら、切り取って捨てよ。両手
両足があって永遠の火の中に投げ込まれるよりも、片手片足で(永遠の)命に入る方が仕
合わせである。"
 

●肉の健康を失う。伴侶を失う。家庭を失う。子供を失う。仕事を失う。学歴を失う。家屋を失う。〇〇を失う。・・・・しかしそれよりも「永遠の命」を得たほうが「仕合わせ」だとキリストは言う。
●「そんなのこの世的の敗残者がいう言葉だ」というものは言え。本当かどうかは「あの世」に行ってからだ。だから信仰は5分5分の賭けだ。
●5分5分ならば「ダメでもともと」(ダメもと)。来世で神がいたらもうけもの。いなければ「ダメもと」
●現代人はバカだ。この賭けをしない。
●来世を待たずとも「神あり」と賭けて生きる方が「神なし」と賭けて生きるよりも「幸福」である。なぜか。それは「希望の喜び」があるからだ。

塚本訳ロマ
"451513","ローマ 15:13","希望の源である神が、(彼を)信ずることにおいて来る無上の喜
びと平安とであなた達を満たし、
聖霊の力によって(豊かな)希望に溢れさせられんこと
を。"

塚本訳一テサ
"520219","・テサロニケ 2:19","何故(こんなにも君達に対して熱心であるか)と言うのか。
(兄弟達よ、)私達の主イエスの来臨の時、その御前で私達の希望(であり)、喜び(であ
り)、誇りの冠(である者)は(一体)誰であるか。(他の人達と共に)君達もそうではな
いのか。"

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想 終わり


●妻と集会へ。
●集会は川上、丹野、村上(申命記)
●午後、感謝会14名。
●私の話に身を乗り出して聞いている人は話が伝わっている人。種が良い地に落ちている。 






トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


禍転じて福となる ++++++++ 所感

2012/12/15 06:14

121215(土)朝の啓示。「禍転じて福となす」●サタンの定義の一つに「告発者」がある。サタンは人間の過去を指摘して救いの希望をくじく。しかし神はその禍の過去、失敗の過去を利用して救いに導く。●過日、「自殺した母親の子供が洗礼を受けた」という報告を受けた。これなどは「禍が転じて福」となった実例だ。●悪魔は人間の足を引っ張って救いを絶望させるが、神は禍や失敗を利用して救う。●人間の世界では過去を調査してまずければ入社させない。入学させない。結婚できない。しかし神はそういう「まずい過去」の人間をこそ救うのだ●関連聖句を思いつくままに掲げてみよう。

塚本訳
"430901","イエスは通りがかりに、生まれつきの盲人を見られた。"
"430902","
弟子たちが尋ねた、「先生、この人が盲で生まれたのは、だれが罪を犯したから
ですか。この人ですか、両親ですか。」"
"430903","
イエスは答えられた、「この人が罪を犯したからでも、両親が罪を犯したからで
もない。ただ神の御業がこの人に現われるためである。"
"430904","わたし達はわたしを遣わされた方の御業を昼の間にせねばならない。(すぐ)夜
が来る。するとだれも働けなくなる。"
"430905","
世におる間、わたしは世の光である。」"
"430906","
こう言って地に唾をはき、唾で泥をつくり、その泥を盲人の目に塗って、"
"430907","
言われた、「行って、シロアム池で洗いなさい。」(シロアムは訳すると「遣わさ
れた者」。)そこで盲人は行って、洗って、見えるようになって、かえって行った。"

●失敗や禍や不幸があったときは原因の追究をするのが人間常識である。科学技術の分野では「原因調査」が必須。なぜか。次にその失敗を繰り返さないためである。改善の動機である。
●中世の石造教会堂は多くの倒壊の失敗があって今日のものがある。
●ところが罪による人生の失敗はそれとは質が違う。
●過日、某氏が「我が子を引きこもりにさせない為にはどうしたらよいのですか」と関係者に尋ねたという。この某氏「浅い」。禍が来ないように人間的方法を学ぼうとしている。人間的である。
●「生まれつきの盲人」。これ以上の禍はあるまい。絶望である。しかしそのイエスの答えがまたむずかしい。
●しかしイエスは理論でなく、実際に肉の目を開けた。霊の目が明いたというのではない。奇跡。
●イエスの言葉が難しいのは目が明けられないからである。
●イエスは肉の目を開けたが、よく読むと最後はイエスに霊的な目を開けた。(9:38)
●イエスは霊の目を開けるために肉の目を開けたのだ。
●この盲人は「生まれつき盲」であった禍が転じて福となった。
●以前、好きな人と関係してしまったという女性が「ワタシはもーダメでしょうか」という質問があった。神戸の方でお互いに知らない。だから彼女は安心して告白した。そのことはHPに掲げた。幸いなるかな「過去がまずい人」「過去を悔やんでいる人」

http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/mou.htm

塚本訳
"430801","イエスはオリブ山に行かれた。"
"430802","
次の朝早く、また宮に行かれると、人々が皆あつまってきたので、座って教え
ておられた。"
"430803","
すると聖書学者とパリサイ人とが、姦淫の現行犯を押えられた女をつれてきた。
みんなの真中に立たせて、"
"430804","
イエスに言う、「先生、この女は姦淫の現場を押えられたのです。"
"430805","
モーセは律法で、このような女を石で打ち殺すように命じていますが、あなた
はなんと言われますか。」"

・・・・
"430810","イエスは身を起こして女に言われた、「女の人、あの人たちはどこにいるのか。
だれもあなたを罰しなかったのか。」"
"430811","
「主よ、だれも」と女がこたえた。イエスが言われた、「わたしも罰しない。
かえり。今からはもう罪を犯さないように。」"
"430812","
(同じ大祭の日に、)イエスはまた人々に語られた、「わたしが世の光である。
わたしに従う者は、決して暗やみを歩かない。そればかりか、命への光を持つことができ
る。」"

・・・
"430815","あなた達は人間的に(目に見えるもので)裁くが、わたしはだれも裁かない。"
"430816","
しかしたとえ裁いても、わたしの裁きは真実である。
わたしはひとりではなく、
わたしと、わたしを遣わされた方と(二人)であるから。"

●旧約では性の失敗者はことごとく殺される。レビ記はその典型。さすがユダヤ人。
●しかしイエスはそういう失敗者を殺さないで救う。

塚本訳
"450828","ローマ 8:28","そればかりではない。(わたし達の救いは次のことからも確かで
ある。)わたし達が知っているように、
神を愛する者、すなわち(神の)計画に応じて召
された者には、すべてのことが救いに役立つのである。"

●東日本大震災や福島東電事故は「禍」であったが、それによって霊の目が明けられれば、亡くなられた方には申し訳ないが、大震災感謝、原発事故感謝である。
●冒頭に掲げた母親の自殺を通して子供が救われれば、これも「禍が福」となったことである。なぜが。その母親が天寿を全うしても子供が救われなければ、人生意味はない。
●日本の医学は延命中心で馬齢を重ねるために躍起である。意味はない。
●いや、日本人の幸福感がいけない。家内安全、健康長寿、良縁、

塚本訳
"431224","アーメン、アーメン、わたしは言う、一粒の麦は、地に落ちて死なねば、いつ
までもただの一粒である。しかし死ねば、多くの実を結ぶ。(だからわたしは命をすてる。)

●それが自殺という「禍」であっても神はその不幸を転じて「福」とする。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想終わり

●TSK日本語版入力 レビ記22章
●12;45 散髪 店主は私が行くとクラシック音楽をかけてくれる。今日はチャイコフスキー「白鳥の湖」
●14:45 妻と二人で障子の張り替え。今日は8本。仕事は二人組だと能率的だとヒルティはいう。そういえば神は男は一人でいるのはよくないと思われて女を創造した。またイエスは弟子を遣わす時は二人組にした。カトリックのシスターは外出するとき二人組だ。
●18:45 夕食後二人で食卓で居眠り。疲れたのだ。





トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


可愛い女の子を連れて世界への旅に出たい ++++++++ 所感

2012/12/14 07:17

121214(金)朝の啓示「パンを水の上に投げよ」


【口語訳】 伝 11 章
11:1 あなたのパンを水の上に投げよ、多くの日の後、あなたはそれを得るからである。


【新共同訳】 伝 11 章
11:1 あなたのパンを水に浮かべて流すがよい。月日がたってから、それを見いだすだろう。

●過日某青年との会話
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
某青年「大学に一応は決まったが、その学部に打ち込むことができそうにない。中退して可愛い女の子を連れて世界への旅に出たい」
私「あのパスカルは『職業の選択は人生で一番大切なことだが、それはしばしば偶然に決まる』と言っている。君みたいにまだくちばしの黄色い人間に心から打ちこめる天職を見出すことはできない。偶然に決まった大学の学部の勉強は『教養の一つとしていやいやながらでも4年間我慢して勉強し親の顔を立てるつもりでひとまず向こう岸に渡ってしまえ。卒業してしまえ。向こう岸に着いたらまた考えてみよ。君みたいな考えの人間についてくる『女の子』とは別れてしまえ。そういう女は三流だ。なぜか。女は男の助け手(創世記2:8)として創造されている。君みたいに自分の仕事がはっきりしていない男に対しては女としても『助け』ようがない。」
某青年「高橋さんにはいつも自分の考えをブチ壊されます。今度家にお邪魔します」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
過日某青年との会話おわり

●この青年はこのあと妻を捕まえて「一度も会わずに信仰だけで結婚したそうですが、信仰ってそんなに大切なんですか」と聞いたそうだ。
●この青年は伸びると思った。しかしそれには「多くの日」「月日」が必要だ。
●彼との対話は激突。私はパンを水の上に投げたことになる。。彼の上に神の祝福あれ。私としては生きて「彼の道と彼の妻」を見ることはできないであろう。 
●内村鑑三に「いかにして我が天職を知らんか」がある。結論は「目前の仕事を一生懸命にやれ。そうすれば神は人を次第次第に導いて天職に追い込む」。至言だ。
 

●今朝の啓示「伝道の書11:1」に関する聖句を頭に思い浮かぶまま掲げる


塚本訳
"461557","・コリント 15:57","しかし神に感謝あれ、勝利をわたし達の主イエス・キリス
トによってわたし達にお与えになる神に!"
"461558","
・コリント 15:58","だから、わたしの愛する兄弟たちよ、しっかりしておれ、
動かずにおれ、いつも主の仕事にぬきんでよ。骨折りが主にあってむだにならないことを、
あなた達は知っているのだから。"


塚本訳
"401331","またほかの譬を彼らに示して言われた、「天の国は芥子粒に似ている。ある人が
それを畑にまいた。"
"401332","
これはあらゆる種の中で一番小さいが、育つと、野菜の中で一番大きくなり、(大
きな)木になって、“空の鳥が”来て“その枝に巣を作る”ようになるのである。」
"
"401333","
またほかの譬を彼らに語られた、「天の国はパン種に似ている。女がそれを三サ
トン(二斗)の粉の中に混ぜたところ、ついに全体が発酵した。」
"

塚本訳
"500129","ピリピ 1:29","君達はキリストのために──ただ彼を信ずるばかりでなく、また
彼のために苦しむことをも恵まれたからである

塚本訳
"480419","ガラテヤ 4:19","わたしの子供たちよ、あなた達の中にキリストが形づくられる
まで、わたしはもう一度産みの苦しみをしている"

塚本訳
"510124","コロサイ 1:24","今私は君達のために苦しむことを喜びとし、またキリスト・イ
エスの体なる教会のために私の体でキリストの患難の不足を補っている。
"

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想おわり
 
●今年の夏は猛暑であったが、扇風機だけで空調機をつけなかった。風通しの良い家に設計したからだ。
●「家のつくりようは夏を旨とすべし」(徒然草55段 吉田兼好)
●省エネのために冬でも空調機をつけない。厚着をしている。しかし「しもやけ」がひどい。
●キリスト教愛真高校の寮は2重サッシにしたので暖房機が2台ではなく、今のところ一台ですんでいるので電気代が少なくて済む予想だという。生徒からは「愛真の寒い冬も怖くない」という感謝の言葉を聞くことができた。








トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


神の光が射して実を結ぶ ++++++++ 所感

2012/12/13 07:19

121213(木)朝の啓示「神の光が射す時」●次回1月20日の感話は「わたしは葡萄の木」(ヨハネ15:1-11)であるが、その中心は次である。

塚本訳
"431503","あなた達はわたしが語った言葉(を受け入れること)によって(汚れを除かれ)、
すでに奇麗になっている
。"
"431504","わたしに留っておれ。そうすればわたしもあなた達に留っている。ちょうど蔓
が葡萄の木に留っていなければ、自分で実を結ことが出来ないように、あなた達もわた
しに留っていなければ、実を結ぶことは出来ない。"

●人は神の光(言葉)が射して救われる。その結果実を結ぶことができる。
●これに関する聖句を連想する

【口語訳】 イザ 6 章
 6:5 その時わたしは言った、「わざわいなるかな、わたしは滅びるばかりだ。わたしは汚れたくちびるの者で、汚れたくちびるの民の中に住む者であるのに、わたしの目が万軍の主なる王を見たのだから」。

●人は神の光に照らされると自らの醜さに気が付いて震えおののき懊悩する。これ救いの前提。

塚本訳
"410123","マルコ 1:23","そのとき、その礼拝堂に汚れた霊につかれた一人の人がいたが、
たちまち声をあげて叫んで"
"410124","
マルコ 1:24","言った、「ナザレのイエス様、“放っておいてください。”わたし
どもを滅ぼしに来られたにちがいない。あなたがだれだか、わたしにはわかっています。
神の聖者(救世主)です。」"
"410125","マルコ 1:25","イエスは「黙れ、その人から出てゆけ」と言って叱りつけられた。
"
"410126","
マルコ 1:26","すると汚れた霊はその人をひきつけさせ、大声をあげて出ていっ
た。"

塚本訳
"430318","彼を信ずる者は罰されない。信じない者は(今)すでに罰されている。彼を神
の独り子として信じていないからである。"
"430319","
すなわち、光が世に来たのに、人々は自分たちの行いが悪いので、光よりも暗
さの方を愛したこと、それが罰である。"
"430320","
悪いことをしている者は皆、光を憎んで光に来ない。自分の行いが明るみに出
されたくないのである。"


●罪人は光を恐れるものだ。なぜか。神に滅ぼされるという直観があるからだ。
でもこれが救いの前提、条件。

【口語訳】 詩 119 篇
 119:105 あなたのみ言葉はわが足のともしび、わが道のです。

●人間の言葉ではない。聖書の言葉、神の言葉。

【口語訳】 イザ 60 章
 60:2 見よ、暗きは地をおおい、やみはもろもろの民をおおう。しかし、
あなたの上には主が朝日のごとくのぼられ、主の栄光があなたの上にあらわれる。

●人が救われるのは人間の思想の言葉ではなく。神の霊。霊の言葉

塚本訳
"431509","父上がわたしを愛されたように、わたしもあなた達を愛した。わたしの愛に留
っておれ。"

塚本訳
"431516","(しかも)あなた達がわたしを選んだのではなく、わたしがあなた達を(使徒
に)選んで、あなた達が出かけていって(善い)実を結び、
その実がいつまでものこるよ
うに、また(その必要のために)あなた達がわたしの名で父上にお願いすれば、なんでも
かなえてくださるようにしてやったのである。"

●神が初めに人を愛することによって救われる。逆ではない。人間の努力ではない。
 
塚本訳
"401513","イエスは答えられた、「わたしの天の父上がお植えにならないものは皆、引き抜
かれる。"
"401514","あの人たちを放っておけ。盲人の手引をする盲人だ。盲人が盲人の手引をすれ
ば、二人とも穴に落ちよう。」"

●人間が立てた、結婚、家庭、学校、組織、教会、国家、学校、寮、・・・みな抜かれる

塚本訳
"442206","使徒 22:6","ところが進んでいってダマスコに近づくと、昼ごろ、突然、天から
強い光がさしてわたしのまわりに輝いた
"
"442207","
使徒 22:7","わたしは地べたに倒れて、『サウロ、サウロ、なぜわたしを迫害す
るのか』と言う声を聞いた。"
"442208","
使徒 22:8","わたしは答えた、『主よ、あなたはどなたですか。』わたしに言われ
た、『わたしだ、君が迫害しているナザレ人イエスだ。』"

●パウロは神の光に打たれて開眼。2000年後の今日も人は神の光に打たれて聖書に開眼する。その多くは「不条理」という人生の前提があった後に光が射しくる。
●光が射す「その時」まで、人間には時間がかかる。
●「桃栗3年、柿8年、柚子の大馬鹿18年。人の救いは最後の日。
●大馬鹿の18年でもよい。救いは救いだ。コンクリートが固まるのには時間がかかる。
●18年を超過する大馬鹿でよい。生きているうちに救われなくても神は「最後の日」に救ってくださるのだ。それがイエスの中心的使信だ。
 
塚本訳
"431223","するとイエスは(非常に感動して)二人に答えられる、「人の子(わたし)が栄
光を受ける時がついに来た。"
"431224","
アーメン、アーメン、わたしは言う、一粒の麦は、地に落ちて死なねば、いつ
までもただの一粒である。しかし死ねば、多くの実を結ぶ。(だからわたしは命をすてる。)
"
"431225","(この世の)命をかわいがる者は(永遠の)命を失い、この世で命を憎む者
は、命を守って永遠の命にはいるであろう。"

●実を結ぶためには「死」が必要なのだ。

塚本訳
"461535","・コリント 15:35","しかし、ある人は言うかも知れない、(かりに復活があると
しても、)どんな風にして死人が復活するのか、どんな体で来るのかと。"
"461536","
・コリント 15:36","訳のわからない人!あなたがまくものは、死ななければ生
かされないのだ。"


●クリスチャンの死は新しいクリスチャンを生む。初代教会では「血は種子である」と言われた。これはローマ帝国のがキリスト信者の血を流せば流すほど新しい信者が増えることを言ったものである。だからエクレシアは死ぬためにある。永続させようとするのはこの世の企業精神。学校、寮また同じ。

塚本訳
"480519","ガラテヤ 5:19","肉の行いは明らかである。──それは不品行、汚れ、放蕩、"
"480520","
ガラテヤ 5:20","偶像礼拝、魔術、敵意、争い、嫉妬、激怒、我利、仲違い、党
派心、"
"480521","
ガラテヤ 5:21","そねみ、酩酊、酒宴等々である。前もって言ったことであるが、
(今もう一度)あらかじめ言っておく、こんなことをする者は、神の国を相続することが
ないであろう。"
"480522","
ガラテヤ 5:22","しかし霊の実は愛、喜び、平和、寛容、親切、善良、忠実、"
"480523","
ガラテヤ 5:23","柔和、節制である。これらのものに対しては律法は(力が)な
い。"
"480524","
ガラテヤ 5:24","キリスト・イエスのものである者は、肉と共に情熱をも欲をも
十字架につけてしまった。"
"480525","
ガラテヤ 5:25","もしわたし達が(かく)霊によって生きているのなら、また霊
に従おうではないか。"
"480526","
ガラテヤ 5:26","たがいに挑発したり、たがいに妬んだりして、虚栄心にかられ
まいではないか。"

●クリスチャンはなんとなく違う。クリスチャンの医師、特に精神科医はなんとなく違う。これ各種職業分野についても同じ。実例は枚挙にいとまがない。
●キリシタン大名は偉かった。ああいう人物が日本を作った。

塚本訳
"490203","エペソ 2:3","(否、)私達も皆かつてはこの人達に伍して自分の肉の欲の中に生
活し、肉と欲望の欲するままに振舞って、他の(異教)人達のように生まれながら(神の)
怒りの(審判に定められた)子であった。"
"490204","
エペソ 2:4","しかし憐憫に富み給う神は、その大なる愛によって私達を愛し、"
"490205","
エペソ 2:5","咎によって死んでいたこの私達をもキリストと共に活かし──君
達が救われたのは恩恵によるのだ──"
"490206","エペソ 2:6","キリスト・イエスにおいて彼と共に蘇らせ、共に天上に坐らせ給
うたのであるが、"
"490207","
エペソ 2:7","これはキリスト・イエスにおいて私達に与えられた慈愛による神
の恩恵の豊富絶大なることを、来るべき代々(の人達)に示し給わんためである。"
"490208","
エペソ 2:8","然り、君達は恩恵の故に、信仰によって救われた者である。これ
は君達の力によるのでなく、神の賜物である。"

"490209","
エペソ 2:9","業によるのではない──誇る者の無からん為である!"

●実は神が結ばせる。

塚本訳
"400529","それで、もし右の目があなたを罪にいざなうなら、くじり出して捨てよ。体の
一部が無くなっても、全身が地獄に投げ込まれない方が得であるから。"
"400530","もしまた右の手があなたを罪にいざなうなら、切り取って捨てよ。手足が一本
無くなっても、全身が地獄へ行かない方が得であるから。"

●この世の何を失っても霊魂が救われた方が「得」。人生の成功、事業の成功、家庭、出世、学校、社会的地位、職場、健康、妻、子供、経済・・・・・・これらの何を失ってもそれによって霊の眼が開かれればその方が「成功の人生」。これが「実を結ぶ」ということだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想終わり。










トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


神の光が射して人は救われる ++++++++ 所感

2012/12/12 22:13

121212(水)4:30キリスト教愛真高校、ゲストハウス「池の家」で目覚め。朝礼拝の準備。

2012_12120012.jpg 

キリスト教愛真高校。炊事係は5:45から朝食準備。立派。

●8:20 キリスト教愛心高校朝礼拝。教職学生全員出席。
私の話は「御言葉はわが足の灯、わが道の光」(詩編119編105節)
人が救われるのは神の光によるのであって、それには時間がかかるが、その時がくれば何年後であっても確実に救われる事を実例を示して語った。
●進路問題で悩んでいる生徒が多かったので関連の話をした。
●その後安校長夫妻、植松事務長、と懇親懇談。妻同席

2012_12120018.jpg 
改修なった男子寮内部で。 左から植松事務長、安校長、杉本設計所長、トミ子、私。
撮影は渡辺さん

●10:30 竣工合評会。杉本、辻川、小田、植松、安、市森。渡辺、私。
皆の口から感謝の言葉が出た。
私は「ラスキンが良い建築とは工事が終わったとき、工事関係者が皆 『あの仕事をしていた時は楽しかった』」と振り返る工事だと言っている」と語った
●その間妻は渡辺さんの奥様と懇親懇談。「友の会」のことなど。

2012_12120019.jpg 
愛真高校の帰途、車中から鳴き砂で有名な琴が浜海岸を見る。


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


キリスト教愛真高校改修工事竣工視察 ++++++++ 所感

2012/12/11 20:58


121211(火)5時目覚め●朝の啓示「主が働いて事は成る」●今日と明日は島根県にあるキリスト教愛真高校の寮の改修工事の竣工検査に行く。妻同伴。●夕礼拝と朝礼拝に話をするのでその準備。詩編127:1-2の関連聖句

【新共同訳】 詩 127 編
127:1 【都に上る歌。ソロモンの詩。】主御自身が建ててくださるのでなければ/家を建てる人の労苦はむなしい。主御自身が守ってくださるのでなければ/町を守る人が目覚めているのもむなしい。
127:2 朝早く起き、夜おそく休み/焦慮してパンを食べる人よ/それは、むなしいことではないか/主は愛する者に眠りをお与えになるのだから。

【新共同訳】 出 14 章
14:14 主があなたたちのために戦われる。あなたたちは静かにしていなさい。」

【新共同訳】 ヨブ 1 章
1:21 「わたしは裸で母の胎を出た。裸でそこに帰ろう。主は与え、主は奪う。主の御名はほめたたえられよ。」


【新共同訳】 ロマ 12 章
12:19 愛する人たち、自分で復讐せず、神の怒りに任せなさい。「『復讐はわたしのすること、わたしが報復する』と主は言われる」と書いてあります。

【新共同訳】 マタ 15 章
15:13 イエスはお答えになった。「わたしの天の父がお植えにならなかった木は、すべて抜き取られてしまう。

【新共同訳】 マタ 7 章
7:24 「そこで、わたしのこれらの言葉を聞いて行う者は皆、岩の上に自分の家を建てた賢い人に似ている。
7:25 雨が降り、川があふれ、風が吹いてその家を襲っても、倒れなかった。岩を土台としていたからである。
7:26 わたしのこれらの言葉を聞くだけで行わない者は皆、砂の上に家を建てた愚かな人に似ている。
7:27 雨が降り、川があふれ、風が吹いてその家に襲いかかると、倒れて、その倒れ方がひどかった。」

【新共同訳】 エペ 2 章
2:3 わたしたちも皆、こういう者たちの中にいて、以前は肉の欲望の赴くままに生活し、肉や心の欲するままに行動していたのであり、ほかの人々と同じように、生まれながら神の怒りを受けるべき者でした。
2:4 しかし、憐れみ豊かな神は、わたしたちをこの上なく愛してくださり、その愛によって、
2:5 罪のために死んでいたわたしたちをキリストと共に生かし、――あなたがたの救われたのは恵みによるのです――

【口語訳】 ヤコブ 5 章
5:15 信仰による祈は、病んでいる人を救い、そして、主はその人を立ちあがらせて下さる。かつ、その人が罪を犯していたなら、それもゆるされる。
5:16 だから、互に罪を告白し合い、また、いやされるようにお互のために祈りなさい。義人の祈は、大いに力があり、効果のあるものである。


【新共同訳】 ヨハ 15 章
15:16 あなたがたがわたしを選んだのではない。わたしがあなたがたを選んだ。あなたがたが出かけて行って実を結び、その実が残るようにと、また、わたしの名によって父に願うものは何でも与えられるようにと、わたしがあなたがたを任命したのである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想おわり。

●6:40キリスト教愛真高校寮改修工事竣工視察に妻と出発。

2012_12120002.jpg 
羽田空港待合室から富士を望む。

2012_12120005.jpg 
途中で仁魔サンドミュージアムを訪問。建物設計は高松伸

2012_12120006.jpg 
一年計砂時計。制作過程が興味深かった。中の砂は福島県飯豊町のものだとのことに妻が驚く。

2012_12120009.jpg 

砂絵を作って遊ぶ。

2012_12130001.jpg 

砂絵。左が照男、右がトミ子の作品
ノリのついた紙に色砂(約30種類ぐらい)を振り掛ければできるので簡単。


●18:00 キリスト教愛真高校で安校長に挨拶。妻を紹介。夕食。妻持参の手作りケーキを全員に食していただく。
●18:40 夕方礼拝。寮改修竣工に対する生徒からの大感謝の言葉に対する返礼挨拶。建築士冥利に尽きると語る。

2012_12120011.jpg 

20:00 植松さんと渡辺さん が温泉湯(ゆのつ)温泉の薬師湯に連れて行ってくださった。すごく温まった。旅先で一緒に湯に入るのは忘れられないことだ。裸の付き合いだからか。
学校に戻って「池の家」で泊。




トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


(神の)怒りの(審判に定められた)子 ++++++++ 所感

2012/12/10 05:44

121210(月)朝の勉強「怒りの子」●聖書はこれを時代的背景、歴史的背景、言語学的根拠、聖書釈義などからアプローチするのは「学者読み」あるいは聖書の本職読み。あるいは聖書でメシを食うプロ人間の読み方である。これとは別にこれら(最低限の知識は必要ではあるがその知識習得を目的としない)とは関係なく「素人読み」という方法がある。●素人読みの一例。

【口語訳】 エペ 2 章
2:3 また、わたしたちもみな、かつては彼らの中にいて、肉の欲に従って日を過ごし、肉とその思いとの欲するままを行い、ほかの人々と同じく、「生れながらの怒りの子であった」。

●この箇所の感話で某夫人が「私は生まれながらに怒りっぽい性質の人間でしたが神のおかげで変えられました」と読んだ。これを聞いていた語学に強い人がそのあと立って「ギリシャ語を知らないから今のような間違いの読み方をする。だからギリシャ語の勉強が必要だ」と公然と語ったらしい。これを聞いた塚本虎二先生はその後に立って激怒。ここは「私は怒りっぽい性質の人間であった」と読んでも聖書は決して読み間違いではないと言われたらしい。私はその場にいなかったので伝聞。前後関係は不明。しかし現在の私のホームページは全く「素人読み」の営み。プロには笑われるが、塚本先生には「それでいいんだ。それでいいんだ」と言われると思う。
●人が聖書を手にする動機は各人の苦難、人生のゴタゴタである。そういうとき「学者読み」では力がない。効能がない。

●ここの本当の意味は塚本訳のように次である。

塚本訳エペソ
"490203","エペソ 2:3","(否、)私達も皆かつてはこの人達に伍して自分の肉の欲の中に生
活し、肉と欲望の欲するままに振舞って、他の(異教)人達のように生まれながら(神の)
怒りの(審判に定められた)子であった。"

●新改訳と新共同訳も岩波版も同じ解釈である。
●聖書を素人読みするのは学者読みするより力がある。真理に近くなる。聖書の著者もそれが目的である。
●そころが現代は誰も学者の解釈の後を追っかけている。またその真似をしている。これでは信仰が深くならない。頭でっかちになるだけだ。福音が伝承できない。
●素人信者は聖書の解釈権を学者から奪還しなければならない。ルターが聖書を教会から奪還したように。

●では今朝はエペソ2:3の素人読みをしてみよう。まず翻訳比較。これは一教派、一教会、一先生からの解放である。この道具としては拙ホームページの「聖書で聖書を読む」を利用するのが便利。 http://www.bbbible.com/

翻訳比較 エペソ2:1-10
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

岩波翻訳委員会訳1995

490203これらの〔子らの〕中にあって私たちもまたかつては皆、私たちの肉の欲望の只中で生活し、、肉や想念の欲することを行ない、他の人々と同様、生まれつき〔神の〕怒り〔を受けるべきところ〕の子であつた。

新共同訳1987

2:3 わたしたちも皆、こういう者たちの中にいて、以前は肉の欲望の赴くままに生活し、肉や心の欲するままに行動していたのであり、ほかの人々と同じように、生まれながら神の怒りを受けるべき者でした。

前田訳1978

2:3 われらも同様で、皆かつては肉欲のうちに歩み、肉と官能の押すままをしました。生まれながらではわれらも他の人同様、怒りの子でした。

新改訳1970

2:3 私たちもみな、かつては不従順の子らの中にあって、自分の肉の欲の中に生き、肉と心の望むままを行ない、ほかの人たちと同じように、生まれながら御怒りを受けるべき子らでした。

塚本訳1963

2:3 (否、)私達も皆かつてはこの人達に伍して自分の肉の欲の中に生活し、肉と欲望の欲するままに振舞って、他の(異教)人達のように生まれながら(神の)怒りの(審判に定められた)子であった。

口語訳1955

2:3 また、わたしたちもみな、かつては彼らの中にいて、肉の欲に従って日を過ごし、肉とその思いとの欲するままを行い、ほかの人々と同じく、生れながらの怒りの子であった。

文語訳1917

"490203","我等もみな前には彼らの中にをり、肉の慾に從ひて日をおくり、肉と心との欲する隨をなし、他の者のごとく生れながら怒の子なりき。"

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
翻訳比較おわり

●次に3節の関連聖句引照で素人としての「読み」(釈義とは言わない)を深めてみよう。それには拙ホームページの「聖書で聖書を読む」(BbB)を参考にするのが便利。(ここには各国主要聖書の引照がある。 http://www.bbbible.com/。ただし3節だけに特化できないのが難点。
これを補うためには同じく拙ホームページの「TSK日本語版」が便利。http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

●では3節の「TSK日本語版」を見てみよう。「怒りの子」に特化してみてみよう。

TSK日本語版エペソ2:3「怒りの子であった」の部分の引照
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*「怒りの子であった。」

Romans 9:22

22もし、神が怒りをあらわし、かつ、ご自身の力を知らせようと思われつつも、滅びることになっている怒りの器を、大いなる寛容をもって忍ばれたとすれば、

Ephesians 2:2

2かつてはそれらの中で、この世のならわしに従い、空中の権をもつ君、すなわち、不従順の子らの中に今も働いている霊に従って、歩いていたのである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の勉強おわり
 
●これからの素人の聖書読みにはパソコンが必須。あと10年もすればパソコンは電話並みになるだろう。現時点で拙HPを訪問してくる人は若手の牧師や伝道者や学生であろう。将来が楽しみである。私はそういう人たちのために「縁の下の力仕事」をし続けたい。
●内村鑑三が首唱した「無教会」は無教会派を造ろうとしたのではなく、日本の教会を強くなるようにしたのである。
●内村は「無教会」を「般若の面をかぶる羊」だと言った。
●我が家を建ててくださった加藤棟梁が年末の挨拶に来て下さった。体の故障で大きな工事は現役を去られるという。63歳。今後は今まで建てた家のメンテナンスや小規模工事を手がけると言われる。人間引き後わが大切だ。
 







トラックバック(0) | コメント(1) | top▲


性道徳の退廃は「みだらな神」を拝むことに起因する ++++++++ 所感

2012/12/09 05:40

121209(日)5時15分目覚め●朝の啓示「性道徳の退廃は『みだらな神』を拝むことに起因する」●昨日はTSK日本語版入力の作業中に次の句にぶつかった。

【口語訳】 レビ 17 章
17:6 祭司はその血を会見の幕屋の入口にある主の祭壇に注ぎかけ、またその脂肪を焼いて香ばしいかおりとし、主にささげなければならない。
17:7 彼らが慕って姦淫をおこなったみだらな神に、再び犠牲をささげてはならない。これは彼らが代々ながく守るべき定めである』。

●性道徳の退廃は人間が真の神を拝まず、「みだらな神」を拝むことに起因する。これが今日我が国の性道徳が崩れている真の原因であることを示された。
●真の神を拝まずに「みだらな神」という「異なる神」に犠牲(金)を捧げているのだ。
●性道徳の乱れの原因はこれが急所である。「別の神に仕える」と禍が来ることは聖書に事例が多くあって枚挙にいとまがない。
●「あだし神」の「あだし」とは「他し・異し・徒し・空し」と書き、意味は「異なっている。ほかのものである。別である」ちいうことである。
●性道徳の乱れに対し、神抜きの「人間道徳」「ヒューマニズム」でこれを解決しようと思っても無理である。
●性道徳の退廃を防ごうとする教育や啓蒙では効果があがらなう原因は「神抜き」だからだ。
●人間を真の神ではなく「みだらな神」を拝むように導くのは悪魔(悪霊、サタン)である。聖書はそれを言う。
●そしてこの罪悪をあがなうのは「祭司」である。旧約では人間の祭司が動物の血で清めたが、新約ではキリストがご自分の血でこれを清められた。
●まずはじめにこの箇所の翻訳比較をやってみよう。

 【新共同訳】 レビ 17 章
 17:6 祭司はその血を臨在の幕屋の入り口にある主の祭壇に注ぎかけ、脂肪は主を宥める香りとして燃やして煙にする。
 17:7 彼らがかつて、淫行を行ったあの山羊の魔神に二度と献げ物をささげてはならない。これは彼らが代々にわたって守るべき不変の定めである。

【新改訳改訂3】 レビ 17 章
 17:6 また、祭司が、その血を会見の天幕の入口にある【主】の祭壇に注ぎかけ、その脂肪を【主】へのなだめのかおりとして焼いて煙にするため、
 17:7 また、彼らが慕って、淫行をしていたやぎの偶像に、彼らが二度といけにえをささげなくなるためである。これは彼らにとって、代々守るべき永遠のおきてとなる。

●口語訳の「みだらな神」はどのような訳になっているか。

口語訳・「みだらな神」。文語訳・「魑魅(ちみ)・・人面鬼神の怪物、山の神、」。新共同訳・「山羊の魔神」。新改訳・「やぎの偶像」。岩波版山我哲雄訳・「雄山羊の〔悪霊〕たち」。教文館版関根正雄訳・「山羊のデーモン」

●具体的には真の神以外の偶像だ。それは金(マモン)、地位、知恵、アルコール、ギャンブル、風俗、女、
●これらは悪魔(悪霊、サタン)が「信仰ばかりでなくこれも面白いぞ」と言ってウマーク誘う。それが次である。

【口語訳】 申 32 章
 32:17 彼らは神でもない悪霊に犠牲をささげた。それは彼らがかつて知らなかった神々、/近ごろ出た新しい神々、/先祖たちの恐れることもしなかった者である。

【口語訳】 歴代下 11 章
 11:15 ヤラベアムは高き所と、みだらな神と、自分で造った子牛のために自分の祭司を立てた。

【口語訳】 詩 106 篇
 106:37 彼らはそのむすこ、娘たちを悪霊にささげ、

【口語訳】 出 34 章
 34:15 おそらくあなたはその国に住む者と契約を結び、彼らの神々を慕って姦淫を行い、その神々に犠牲をささげ、招かれて彼らの犠牲を食べ、

【口語訳】 エレ 3 章
 3:1 もし人がその妻を離婚し、女が彼のもとを去って、他人の妻となるなら、その人はふたたび彼女に帰るであろうか。その地は大いに汚れないであろうか。あなたは多くの恋人と姦淫を行った。しかもわたしに帰ろうというのか」と主は言われる。


【口語訳】 エゼ 23 章
 23:7 彼女は彼らに淫行を供えた。彼らはすべてアッスリヤのえり抜きの人々である。彼女はまた、そのこがれたすべての者のもろもろの偶像をもって、おのれを汚した。
 23:8 彼女はエジプトの日からおこなっていた、その淫行を捨てなかった。それは彼女の若い時に、彼らが彼女と寝、その処女の乳ぶさをいじり、その情欲を彼女の上に注いだからである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

黙想おわり

●集会は茂木(司会)、高木(詩編と福音書の関係)、山本(第二コリント)
●高木さんと吉祥寺まで
●14:00青梅クリスマス講演会。有賀政夫「生きる力」、渡辺晴季「地を継ぐもの」
 

2012_12090001.jpg 

渡辺晴季先生(キリスト教愛心高校初代校長)

マタイ5:5の「柔和なるものは地を継ぐ」の意味と歴史的実例を話された。感銘深かった。
●ユダヤ戦争の時、ローマ帝国に剣で抵抗したエッセネ派に対し、基督信徒はエルサレムを捨ててペラに逃げた。愛国者たちからはおそらくy罵倒されたであろう。しかしそのことで福音の本質は守られ、キリストの真理は「地を継いだ」ということを指摘された。(秀村欣二「新約時代史」から引用された)












トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


主は与え、主はとり給う ++++++++ 所感

2012/12/08 06:23

1211208(土)朝の啓示「主は与え、主はとり給う。主の御名はほむべきかな」●80年続き、20年前に召された父が喜んで出席し、その後私も加祈しゃとして加わった「午後三時祈りの友会」(結核患者の苦難共同体…祈り祈られる教派を超えた気持ちの良い会)は歴史的使命を終えて80年の幕を引くことになった。●地上のエクレシアの消滅という事件に接しショックである●感慨深いものがあるが、編集主幹稲垣謙次郎氏の体力限界による苦汁の決断の挨拶文のほかに御夫人久子様の「夫は私がブレーキをかけなければ倒れるまでやるであろう」という言葉にも感動納得した。そうなると(後始末など)多くの人にご迷惑をかけるというのがご夫妻のお考えであった。そして久子夫人の言葉に納得した。それは次である。 
 
文語訳ヨブ記1:21
我裸にて母の胎を出(い)でたり又裸にて彼所(かしこ)に帰らんエホバ与へエホバ取り給うなりエホバの御名は讃(ほ)むべきかな。

【口語訳】 ヨブ 1 章
 1:21 そして言った、/「わたしは裸で母の胎を出た。また裸でかしこに帰ろう。主が与え、主が取られたのだ。主のみ名はほむべきかな」。

【新共同訳】 ヨブ 1 章
 1:21 「わたしは裸で母の胎を出た。裸でそこに帰ろう。主は与え、主は奪う。主の御名はほめたたえられよ。」

【新改訳改訂3】 ヨブ 1 章
 1:21 そして言った。「私は裸で母の胎から出て来た。また、裸で私はかしこに帰ろう。【主】は与え、【主】は取られる。【主】の御名はほむべきかな。」

【KJV】 Job 1 章
 1:21 And said, Naked came I out of my mother's womb, and naked shall I return thither: the LORD gave, and the LORD hath taken away; blessed be the name of the LORD.

【NKJV】 Job 1 章
 1:21 And he said:"Naked I came from my mother's womb,And naked shall I return there.The Lord gave, and the Lord has taken away;Blessed be the name of the Lord."

【NIV】 Job 1 章
 1:21 and said: / "Naked I came from my mother's womb, / and naked I will depart. {[21] Or <will return there>} / The LORD gave and the LORD has taken away; / may the name of the LORD be praised."

●人は自分の意志で生まれてきたのではない。また自分の意志で死んでいくのでもない。そては神の意志だ。
●12年前に脳出血で意識不明で倒れ、助かったとき、「この命は99%ではなく100%神の手に握られている」ことを悟ったものだ。今あるは神の御心。だから余命も神のご計画次第。あと13年などと言ってはいられない。明日かも知れない。

【口語訳】 創 1 章
 1:22 神はこれらを祝福して言われた
、「生めよ、ふえよ、海の水に満ちよ、また鳥は地にふえよ」。

 

【口語訳】 詩 127 篇
 127:1 主が家を建てられるのでなければ、建てる者の勤労はむなしい。主が町を守られるのでなければ、守る者のさめているのはむなしい。

●子供も家も家庭も神に与えられるもの。それが取り去られることも御心。すべては神から出て神に取られる。
●私が設計した建物が壊されたり経済的理由で手放されるものもでてきている。「思い出」だけが残る。
●集会でもポツリポツリと召されて行く。「思い出の人」が多くなりつつある。中には仏式で葬られた人も複数いる。いいんだ、いいんだ。それでいいんだ。「この世的永続性」は悪魔の心だ。 
 
塚本訳マタイ
"400118","さてイエス・キリストの誕生はこのようであった。──イエスの母マリヤがヨ
セフと婚約の間柄で、まだいっしょにならないうちに、聖霊によって身重となっているこ
とが知れた。"
"400119","夫ヨセフはあわれみぶかい人であったので、(これを公沙汰にして)女を晒し者
にすることを好まず、内緒で離縁しようと決心した。"
"400120","
しかし(なおも)そのことを思案していると、主の使いが夢でヨセフに現われ
て言った、「ダビデの末なるヨセフよ、心配せずにあなたの妻マリヤを(家に)迎えよ。
胎内にやどっている者は、聖霊によるのである"

●最近はキリストの処女降誕を信じない愚かなクリスチャンがいる。くたばってしまえ。クリスチャンの看板をおろせ。集会はこの世の親睦団体、「先生懐かしのナツメロ音楽会では」ないから即刻解散したほうがよい。キリスト教の顔に泥を塗る。新人を迷わし、老人を天国に行かせない。老人を地獄行きに巻き添えにする。
●処女降誕も有体的復活も信じない自称クリスチャンは、神は無から有を創造されることを信じていない。そういうのが学者の中にもいるから世も末だ。「裁きは神の家から始まる」
●某氏の報告では山口里子の「新しい聖書の学び」(新教出版社)という本は原罪というものを否定していてよく売れているそうだ。売らんかなという新教出版社も先がない。神に祝福されない。こわいもの(腐りかげん)見たさに図書館に取り寄せ注文、東大和市の図書館にあった。
 

塚本訳マタイ
"401612","その時(やっと)弟子たちは、イエスがパン種でなく、パリサイ人とサドカイ
人との教えを警戒せよ、と言われたことを悟った。"
"401613","
ピリポ・カイザリヤ地方に行かれたとき、イエスはこう言って弟子たちに尋ね
られた、「世間の人は人の子(わたし)のことをなんと言っているか。」"
"401614","
彼らが言った、「あるいは洗礼者ヨハネ、あるいは預言者エリヤ、あるいはエレ
ミヤとか(昔の)普通の預言者とか言う者があります。」"
"401615","
彼らに言われる、「では、あなた達はわたしのことをなんと言うのか。」"
"401616","
シモン・ペテロが答えて言った、「あなたは救世主、生ける神の子であります!」
"
"401617","
するとイエスは(喜んで)ペテロに答えられた、「バルヨナ・シモン、あなたは
幸いだ。これをあなたに示したのは血肉([人間]の知恵)でなく、わたしの天の父上だ
から。"
"401618","
それでわたしもあなたに言おう。──あなたはペテロ[岩]、わたしはこの岩の
上に、わたしの集会を建てる。黄泉の門[死の力]もこれに勝つことはできない。"
"401619","わたしはあなたに天の国の鍵をあずける。(だから)あなたが地上で結ぶことは
(そのまま)天でも結ばれ、地上で解くことは(そのまま)天でも解かれるであろう。」"

●エクレシアは神が起こす。キリストを主と告白する信仰者の上に建つ。そういう人は神が起こす。

塚本訳マタイ
"401818","アーメン、わたしは言う、あなた達が地上で結ぶことはみな天でも結ばれ、地
上で解くことはみな天でも解かれるであろう。"
"401819","
なお、アーメン、わたしは言う、何事によらず、もしあなた達のうちの二人が
心を一つにして地上で祈るならば、わたしの天の父上は(きっとその願いを)かなえてく
ださるだろう。"
"401820","
二人、三人、わたしの名によって集まっている所には、わたしがいつもその真
中にいるのだから。」"

●キリストを信仰告白する人が二人いればエクレシアが成立。否、一人でも神と二人だ。
 
塚本訳マタイ
"402119","それで道ばたに一本の無花果の木があるのを見て、そこに行かれた。が見ると、
ただ葉ばかりで何もなかった。イエスはその木に言われる、「もはやいつまでも、お前に
は実がなってはならない!」無花果の木は見る間に枯れてしまった。
"
"402120","
これを見て弟子たちは驚いて言った、「なぜ無花果は見る間に枯れてしまったの
ですか。」"
"402121","
イエスは答えられた、「アーメン、わたしは言う、もしあなた達に信仰があって
疑わないならば、この無花果におこった(と同じ)ことをすることができるばかりか、こ
の山にむかい『立ち上がって海に飛び込め』と言っても、その通りになる。"
"402122","
信じて祈れば、求めるものはなんでも、戴くことができる。」"

塚本訳ルカ
"421807","(こんな男でもこのとおり。)まして神が、夜昼叫んでいるその選ばれた人々の
ために仕返し(の裁判)をせず、気長に放っておかれることがあろうか。"
"421808","
わたしは言う、間もなく彼らのために仕返しをされるであろう。しかし人の子
(わたし)が来るときに、はたして地上に信仰(をもつ人)が見当るだろうか!」"


塚本訳ルカ
"421305","そうではない。わたしは言う、あなた達も悔改めなければ、皆同様に滅びるで
あろう。」"
"421306","
そこでこの譬を話された、「ある人が葡萄畑に一本の無花果の木を植えておいた。
(ある日)実をさがしに来たが、見つからないので、"
"421307","
葡萄畑の作男に言った、『もう三年この方、この無花果の木に実をさがしに来て
いるのに、まだ実がならない。切ってくれ。(ならないばかりか、)なんで土地までくたび
れさせることがあろう。』"
"421308","答えて言う、『ご主人、今年もう一年だけ勘弁してやってください。今度は回り
を掘って、肥料をやってみますから。"
"421309","
それで来年実を結べばよし、それでもだめなら、切ってください。』」"

●しかし神が命を取り上げる時がくる。
●人が命を取り上げられるとき、それが寿命であれ裁きであれ、神の手によるというこおを思えば安心である。神が知っていてくださるからだ。
●それが冒頭に掲げたヨブ記1章21節の「主のみ名はほむべきかな」である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想終わり。

●昨日外出中に現在作業中の「TSK日本語版」の手順をふっと思い出せなくなった。また「脳か」と思って一瞬ヒヤッとしたが、家に帰ってパソコンを開いたら思い出せた。ホッ。
●TSK日本語版レビ記入力。記憶が怪しくなっても、あと3年、これを終わらせないうちは死ねない。
●午後妻はケーキ作り。夕方から「メサイア」の練習へ
●私は期日前投票。日本が世界に誇る「平和憲法」を守りたい。

2012_12080001.jpg 

冬の寒い夕暮れ。期日前投票に出かける。 























トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


人生、泣くとき ++++++++ 所感

2012/12/07 09:01

121207(金)朝の啓示「人生、泣くとき」●長い人生では「泣く」という時があるものだ。その多くは「幸福と思われてつたことを失う」時である。しかしそこに神の恵みの知恵というものがあるものだ。聖書のはじめから思いるつくままに掲げてみよう。

【口語訳】 創 3 章
3:22 主なる神は言われた、「見よ、人はわれわれのひとりのようになり、善悪を知るものとなった。彼は手を伸べ、命の木からも取って食べ、永久に生きるかも知れない」。
3:23 そこで主なる神は彼をエデンの園から追い出して、人が造られたその土を耕させられた。
3:24 神は人を追い出し、エデンの園の東に、ケルビムと、回る炎のつるぎとを置いて、命の木の道を守らせられた。


●人間は「善悪を知る木の実」を食べて不遜にも神と対等になろうとしたしたので、神は脅威を感じて「楽園追放」にした。
●以後人類に不幸が到来した。
●ここに「泣く」という言葉はないが、男は労働の苦しみに泣き、女は産みの苦しむに泣くようになった。 辛い人生になった。

【口語訳】 伝 3 章
 3:4 泣くに時があり、笑うに時があり、悲しむに時があり、踊るに時があり、

●人間は「泣くまい、泣くまい」と思って行動する。親は子を「泣かせまい、泣かせまい」と思って良い学校、良い結婚をさせようとする。健康絵元気な子供に育てようとする。しかし必ずそもそのようにはうまくいかないものだ。

塚本訳マタイ
"400218","“声がラマに聞えた、──(ラケルの)”はげしい“わめきと、なげきの声であ
る。ラケルはその子らのために泣くばかりで、慰められようとしない、子らがもういない
ので。”"

●母親にとって子供を失うときは嘆きが深く、誰にも慰められようとしない。


塚本訳マルコ
"410538","マルコ 5:38","やがて監督の家に着いて、人々がひどく泣きわめいて騒いでいる
のを見ると、"
"410539","
マルコ 5:39","(家の)中に入って言われる、「なにを泣いたり騒いだりするの
か。子供は死んではいない、眠っているのだ。」"

塚本訳ルカ
"420712","町の門の近くに来られると、ちょうど、ある独り息子が死んで、(棺が)舁き出
されるところであった。母は寡婦であった。町の人が大勢その母に付添っていた。"
"420713","
主は母を見て不憫に思い、「そんなに泣くでない」と言って、"
"420714","
近寄って棺に手をかけ──担いでいる者は立ち止まった──「若者よ、あなた
に言う、起きよ!」と言われた。"

塚本訳ヨハネ
"431131","マリヤと一しょに家にいて慰めていたユダヤ人たちは、マリヤが急に立って出
て行くのを見ると、墓に泣きに行くものと思って、あとについて行った。"
"431132","
マリヤはイエスのおられる所に来ると、イエスを見るなり、足もとにひれ伏し
て言った、「主よ、あなたがここにいてくださったら、わたしの・・わたしの兄弟は死な
なかったでしょうに。」"
"431133","
イエスはマリヤが泣き、一しょに来たユダヤ人たちも泣くのを見ると、(その不
信仰を)心に憤り、かつ興奮して、"
"431134","
(マルタとマリヤに)言われた、「どこにラザロを納めたか。」二人が言う、「主
よ、来て、御覧ください。」"
"431135","
イエスが涙を流された。"
"431136","
するとユダヤ人たちが言った、「まあ、なんとラザロを可愛がっておられること
だろう!」"

●愛する人との死別の時は「泣く」。
●私は母が息を引き取ったときはそばで泣いた。母は私の祈りむなしくついに信仰を頂けないえ逝ったので急に力が抜けたのだ。すると医者が「それでいいんだ、それでいいんだ」と慰めてくれた。
●しかし、神は死人をも呼び起こす。

塚本訳ルカ
"420621","ああ幸いだ、今飢えている人たち、(かの日に)満腹させられるのはあなた達だ
から。ああ幸いだ、今泣いている人たち、(かの日に)笑うのはあなた達だから。"

塚本訳ルカ
"421941","いよいよ(エルサレムが)近くなって(はじめて)都が見えると、イエスは都
(に臨もうとしている裁き)を思い、声をあげて泣きだされた"

●堕落した親、夫、妻、子供、兄弟、のために流す涙は尊い。神に覚えられる。

塚本訳ルカ
"422326","(兵卒らが)イエスを(刑場へ)引いてゆく時、シモンというクレネ人が野良
から来(て通りかかっ)たので、つかまえて(イエスの)十字架を背負わせ、イエスの後
から担いでゆかせた。(イエスにはもう負う力がなかったのである。)"
"422327","
民衆と、イエスのために悲しみ嘆く女たちとの大勢の群が、あとにつづいた。"
"422328","
イエスは女たちの方に振り向いて言われた、「エルサレムの娘さんたち、わたし
のためには泣いてくれなくともよろしい。それよりは自分のため、自分の子供のために泣
きなさい。"
"422329","いまに人々が、『石女と、(子を)産んだことのない胎と、飲ませたことのない
乳房とが羨ましい』と言う(恐ろしい)日が来るのだから。"
"422330","
その時人々は“山にむかっては、『われわれの上に倒れかかって(殺して)くれ』、
丘にむかっては、『われわれを埋めてくれ』と言い”続けるであろう。"

●人は「泣かれ惜しまれて死ぬのを理想とする」が神の子イエスは違った。「自分のためには泣いてくれなくてよい」と言われた。神の子だ。

塚本訳黙示
"660505","黙示録 5:5","すると(かの)長老の一人が私に言う、「泣くな。視よ、ユダ族の
獅子、ダビデの根(である者)が(既に)勝った(から)、彼がその巻き物と七つの封印
とを開く(ことが出来る。)」"

●聖書の結論は「泣くな」である。なぜかこの世において当然にあるべき幸福を失っても、神の愛の十字架がある、復活がある。永遠の命がある。
●人生、不条理で激しく泣くとき、激しく号泣するとき、その時に神の愛の何であるかが分からされるのだ。アーメン。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想おわり

●TSK日本語版レビ記入力
●妻は中野の愛子の家に手伝い
●15:30 私は「午後三時祈りの友会」の星野利男さんを見舞う。自転車+電車+徒歩。
星野さんは90歳全盲で難聴。世の中文字通り真っ暗だ。奥さまには先立たれお気の毒。「祈りの友会」が来年4月でその80年の幕を閉じることを告げた。辛く淋しい報告であった。「雑誌はなくなっても祈り合いはなくならない」と言ったらうなずかれた。エクレシアは永遠に続く。神が続けられる。また来年参りますと言って二人で祈って別れた。

2012_12070003.jpg 

星野さんを見舞って奥多摩の夕暮れを見る。私も人生の最後に星野さんのように
全盲難聴になっても信仰で耐え抜くことができるだろうかと思いつつ、讃美歌を歌いながら
帰途に就いた。

讃美歌39番

日くれて四方(よも)は暗く、わが魂(たま)はいとさびし
寄る辺なき身の頼る、主よ共に宿りませ。

人生(いのち)の暮れちかづき 世の色香うつりゆく
とこしえに変わらざる 主よ共に宿りませ

十字架のくしきひかり 閉ずる目にあおがしめ
みさかえにさむるまで 主よ共にやどりませ


















トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


人はなぜ嘘をつくのか ++++++++ 所感

2012/12/06 06:49

121206(木)朝の啓示「人はなぜ嘘をつくのか」●それは自分の罪を隠したいがための保身術である。●罪がバレると罰されて自分の身が亡びる恐怖から嘘をついてごまかすのである。●罪は罰されるということが本能としての恐怖として人間に備わっている。だから罪と罰は真理である。●頭に浮かんだ聖書的根拠を掲げてみよう。

塚本訳マルコ
"410123","マルコ 1:23","そのとき、その礼拝堂に汚れた霊につかれた一人の人がいたが、
たちまち声をあげて叫んで"
"410124","マルコ 1:24","言った、「ナザレのイエス様、“放っておいてください。”わたし
どもを滅ぼしに来られたにちがいない。あなたがだれだか、わたしにはわかっています。
神の聖者(救世主)です。」
"
"410125","マルコ 1:25","イエスは「黙れ、その人から出てゆけ」と言って叱りつけられた。
"
"410126","マルコ 1:26","すると汚れた霊はその人をひきつけさせ、大声をあげて出ていっ
た。"

●悪霊は本能的に神に対して恐怖心を持つ。滅ぼされると思うからである。

【口語訳】 創 3 章
 3:8 彼らは、日の涼しい風の吹くころ、園の中に主なる神の歩まれる音を聞いた。そこで、人とその妻とは主なる神の顔を避けて、園の木の間に身を隠した。 
 3:9 主なる神は人に呼びかけて言われた、「あなたはどこにいるのか」。
 3:10 彼は答えた、「園の中であなたの歩まれる音を聞き、わたしは裸だったので、恐れて身を隠したのです」。

●罪を犯した人間の習性は「身を隠す」という行動である。人には隠せても神には見られている。神は見ていて罰する。

【口語訳】 創 3 章
 3:11 神は言われた、「あなたが裸であるのを、だれが知らせたのか。食べるなと、命じておいた木から、あなたは取って食べたのか」。
 3:12 人は答えた、「わたしと一緒
にしてくださったあの女が、木から取ってくれたので、わたしは食べたのです」。
 3:13 そこで主なる神は女に言われた、「あなたは、なんということをしたのです」。女は答えた、「へびがわたしをだましたのです。それでわたしは食べました」。

●罪のなすりあいもわが身が滅びないようにとの保身術。福島原発事故原因は国と東電の罪のなすりあい。●役人の保身術はひどいものだ。その背後に恐怖心がある。

【口語訳】 詩 32 篇
 32:2 主によって不義を負わされず、その霊に偽りのない人はさいわいである。
 32:3 わたしが自分の罪を言いあらわさなかった時は、ひねもす苦しみうめいたので、わたしの骨はふるび衰えた。
 32:4 あなたのみ手が昼も夜も、わたしの上に重かったからである。わたしの力は、夏のひでりによって/かれるように、かれ果てた。〔
セラ

●隠れた罪には「ひねもす苦しみうめく」という天罰が下る。ひねもすとは一生涯のことである。
●ドストエフスキー「罪と罰」。罪を隠しているラスコーリニコフに娼婦ソーニャは「あなた、そのまま一生苦しみ続けるのでいいの」という。ソーニャは身は落ちぶれているが彼女を声は神の声であった。

塚本訳ヨハネ
"430318","彼を信ずる者は罰されない。信じない者は(今)すでに罰されている。彼を神
の独り子として信じていないからである。"
"430319","
すなわち、光が世に来たのに、人々は自分たちの行いが悪いので、光よりも暗
さの方を愛したこと、それが罰である。"
"430320","
悪いことをしている者は皆、光を憎んで光に来ない。自分の行いが明るみに出
されたくないのである。
"
"430321","
これと反対に、真理を行っている者は、光に来る。自分の行いが神にあってな
されたことを、現わしたいのである。」"

●教会に行くとヤバイという気持は、罪がバレるという心配である。目に悪魔が走る。目が泳ぐ。「罪人の恐怖」である。 
 
塚本訳ヨハネ
"430843","なぜわたしの言葉が通じないのだろうか。(神から委ねられた)わたしの福音を
聞く耳がないからだ。"
"430844","
(そのはずである。)あなた達は悪魔なる父の子で、父と同じ欲望を遂げようと
思っているのだ。(人殺しをし、嘘をつくのは、そのためである。)悪魔は始めから人殺し
である。(また嘘つきで、)真理に立ってない。彼の中には真理がないからである。だから
彼は嘘をつく度ごとに、その本性を表しているのである。嘘つきで、嘘の父だからだ。"
"430845","ところがわたしは真理を言うので、あなた達はわたし(の言うこと)を信じな
い。"
"430846","
あなた達のうち、だれがわたしに罪があることを立証できるか。真理を言って
いるのに、なぜわたし(の言うこと)を信じないか。"
"430847","
神から出た者は(わたしが話す)神の言葉に聞き従う。あなた達は神から出た
のでないから、(わたしの言葉に)従わないのである。」"

●嘘つきは悪魔の仕業、
●悪魔は自分の欲望を貫徹して人を殺す、人を犯す、嘘をつく。

塚本訳マタイ
"402671","そして玄関に出てゆくと、ほかの女中がペテロを見て、そこにいる人たちに「こ
の人はあのナザレ人イエスと一しょだった」と言う。"
"402672","
ペテロは誓いまで立てて、「そんな男は知らない」と、また打ち消した"
"402673","
しばらくすると、そこに立っていた人たちが寄ってきてペテロに言った、「確か
にあなたもあの仲間だ。あなたの国訛りでもそれがわかる。」"
"402674","
そこでペテロは、「そんな男は知らない。(これが嘘なら、呪われてもよい)」と、
幾たびも呪いをかけて誓った。するとすぐ鶏が鳴いた。"
"402675","
ペテロは、「鶏が鳴く前に、三度、わたしを知らないと言う」と言われたイエス
の言葉を思い出し、外に出ていって、さめざめと泣いた。"


●ペテロは嘘をついた。わが身可愛さの保身術であった。
●しかしイエスに赦されて大使徒になった。失敗は成功の元。人間には望みあり。

塚本訳ヨハネ
"431330","ユダはパンを食べると、すぐ出て行った。夜であった。──(そとは丸い月が
かがやいていたが、ユダの心は真暗であった。)"


●ユダの良心の呵責。このあとユダは首をくくる。人間界では評判が悪いが神には赦されたであろう。なぜか、自殺するほど心が砕けたからである。人には望みがある。ユダの場合。「服役の苦は終わった」


塚本訳Ⅰヨハ
"620106","・ヨハネ 1:6","もし神と交わりがあると言いながら、暗闇を歩いているならば、
わたし達は嘘をつくのであって、真理を行ってはいない。"

●クリスチャンでも嘘をつく場合がある。エクレシアに顔向けができないとき。しかし神には顔向けしなけrばならない。

塚本訳Ⅰヨハ
"620108","・ヨハネ 1:8","もしわたし達が自分に罪はない、と言うならば、自分をごまか
しているのであって、真理はわたし達の中にない
"
"620109","
・ヨハネ 1:9","もし罪を正直に言うならば、神は真実で、正しいお方であるか
ら、わたし達の罪を赦し、あらゆる不義から清めてくださるのである。"
"620110","
・ヨハネ 1:10","
もし自分は罪を犯したことはない、と言うならば、(それは)
神を嘘つきとするのであって、(約束の)御言葉はわたし達の中にないのである。(聖書は、
わたし達が一人のこらず罪人であるとするからである。)"

●人間、嘘をつき続けても最後は救われる。希望あり。

塚本訳Ⅰコリ
"460714","・コリント 7:14","(夫婦は結婚生活で一体となるため、)不信者の夫は(信者
の)妻によってすでにきよめられており、不信者の妻は兄弟(すなわち信者の夫)によっ
てすでにきよめられているからである。そうでなければ、あなた達の子供は清くないはず
であるが、現に彼らはきよい(と認められている)ではないか。"
"460715","
・コリント 7:15","しかし不信者の夫(なり妻なり)が別れるなら、別れさせよ。
こんな場合に、兄弟なり姉妹なり(つまり信者)は(結婚に奴隷として)束縛されてはい
ない。神は平和な生活へあなた達をお召しになったのである。(無理があるのは、御心で
はない。)
"460716","・コリント 7:16","なぜか。妻よ、夫を(信仰に導いて)救うことができるかど
うか、どうしてわかるのか。また夫よ、妻を救うことができるかどうか、どうしてわかる
のか。"

●この世的な夫はクリスチャンの妻が煙たい。つまらない。冷たい。堅い。だから離れていく。
自分の不義を隠す。嘘をつく。
●パウロは「離れるままにさせよ」という
●しかし私は反対。子供がかわいそうだ。


【口語訳】 詩 51 篇
 51:17 神の受けられるいけにえは砕けた魂です。神よ、あなたは砕けた悔いた心を/かろしめられません。
 51:18 あなたのみこころにしたがってシオンに恵みを施し、
エルサレムの城壁を築きなおしてください。

●人間、望みあり。粘りで勝利すべし。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想終わり

●TSK日本語版レビ記14章入力。十字架のむごい死に方の源流はここにある。罪は血を流さなければ赦されない。死は罪を清める。
●午後は女子大の建築講義。私に向かってトンデモナイ不遜な言葉を発した生徒がいた。先が思いやられる。アレジャー就職も結婚もうまくいくはずがない。人生失敗するのみ。注意しても直りそうもない人間だ。
●人物の判定は一目、一言でわかる。ペーパーテストでは人物はわからない。
●妻は夕方からメアイアの練習。21時半帰宅。独唱者は望月哲也に決定打という。













トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


希望の光 ++++++++ 所感

2012/12/05 06:55

121205(水)朝の黙想「希望の光」●福島県在住の三男Kは東電の事故による放射能汚染で農業を廃業し農協勤務に転進することになった。お世話になった方々への「農業廃業のお知らせ挨拶文」の最後はイザヤ書60:1-5で締めくくってあった。これは未来への「希望」である。これを読んで私にとっては東日本大震災感謝、東電原発事故感謝である。なぜか。息子はこの出来事によって肉に死んで聖書に開眼、永遠の生命への道を開かれたと思うからである。「可愛い者には旅をさせよ」であった。そこで今朝の黙想はイザヤ書60章1-5とする。研究でなく実効的に読む。

●まず、翻訳比較。それには拙HPのBbB(聖書で聖書を読む)を利用。

http://www.bbbible.com/

新共同訳1987

60:1 起きよ、光を放て。あなたを照らす光は昇り/主の栄光はあなたの上に輝く。

60:2 見よ、闇は地を覆い/暗黒が国々を包んでいる。しかし、あなたの上には主が輝き出で/主の栄光があなたの上に現れる。

60:3 国々はあなたを照らす光に向かい/王たちは射し出でるその輝きに向かって歩む。

60:4 目を上げて、見渡すがよい。みな集い、あなたのもとに来る。息子たちは遠くから/娘たちは抱かれて、進んで来る。

60:5 そのとき、あなたは畏れつつも喜びに輝き/おののきつつも心は晴れやかになる。海からの宝があなたに送られ/国々の富はあなたのもとに集まる。

新改訳1970

60:1 起きよ。光を放て。あなたの光が来て、主の栄光があなたの上に輝いているからだ。

60:2 見よ。やみが地をおおい、暗やみが諸国の民をおおっている。しかし、あなたの上には主が輝き、その栄光があなたの上に現われる。

60:3 国々はあなたの光のうちに歩み、王たちはあなたの輝きに照らされて歩む。

60:4 目を上げて、あたりを見よ。彼らはみな集まって、あなたのもとに来る。あなたの息子たちは遠くから来、娘たちはわきに抱かれて来る。

60:5 そのとき、あなたはこれを見て、晴れやかになり、心は震えて、喜ぶ。海の富はあなたのところに移され、国々の財宝はあなたのものとなるからだ。

口語訳1955

60:1 起きよ、光を放て。あなたの光が臨み、主の栄光があなたの上にのぼったから。

60:2 見よ、暗きは地をおおい、やみはもろもろの民をおおう。しかし、あなたの上には主が朝日のごとくのぼられ、主の栄光があなたの上にあらわれる。

60:3 もろもろの国は、あなたの光に来、もろもろの王は、のぼるあなたの輝きに来る。

60:4 あなたの目をあげて見まわせ、彼らはみな集まってあなたに来る。あなたの子らは遠くから来、あなたの娘らは、かいなにいだかれて来る。

60:5 その時あなたは見て、喜びに輝き、あなたの心はどよめき、かつ喜ぶ。海の富が移ってあなたに来、もろもろの国の宝が、あなたに来るからである。

●将来は岩波版(関根清三訳)が電子化されフリーに利用できることを期待する。
しかし営利が主目的の企業では聖書はオープンされないであろう。岩波は聖書の意義を知らない。何の「著作権問題」か。現に関根正雄訳の多く、塚本訳の「使徒のはたらき」は絶版。「神の言葉」なる聖書を売り物にしてはいけない。岩波も「この世の神」に支配されている。先がない。

●次に聖書は「聖書学」で読まないで「聖書の引照」で黙想しつつ読むのが王道。
●聖書学が役に立たない例。
M・ノートの[12部族連合説」は、旧約聖書を読み解く「マスターキー」と言われていたので、分厚い本を購入してあったが、ほとんど一ページも読まないうちに、その学説は否定されてしまった。ブルトマンの「ヨハネ注解」は20世紀のヨハネ研究はすべてブルトマンとの対決という形であったそうだが、最近ではブルトマンを引き合いに出すのは時代錯誤なのだそうだ。ブルトマンの「ヨハネ注解」(杉原助訳、大貫隆監修)は1052ページ18000円で購入したが翻訳の苦労話を読んだだけで中身は一ページも読んでない。読まなくてよかった。
●そこで王道である「聖書で聖書を読む」方法で読み、自分の心が(頭ではない)「アーソウカ」と感じることをピックアップする。「アーソウカ」と思う時がその人にまた日本に聖書が定着することになる。
●「アーソウカ」と感じない人は見込みがない。聖書は頭でなく霊でわかるものだから。 

塚本訳ルカ
"421628","わたしに五人の兄弟があります。彼らまでがこの苦しみの場所に来ないように、
よく言って聞かせてください。』"
"421629","
しかしアブラハムは言う、『(その必要はない。)彼らにはモーセ(律法)と預言
書と[聖書]がある。その教えに従えばよろしい。』"
"421630","
彼が言った、『いいえ、父アブラハムよ、もしだれかが死人の中から行ってやれ
ば、きっと悔改めます。』"
"421631","
しかしアブラハムは答えた、『モーセと預言書との教えに従わないようでは、た
とえ死人の中から生き返る者があっても、その言うことを聞かないであろう。
』」"

●では「聖書で聖書を読む」具体的な方法を示そう。
パソコンができる人は拙HPのBbB(聖書で聖書を読む)を利用するのがよい。 http://www.bbbible.com/
この引照集は英、米、独、仏、日の5か国のものでいわば世界中が総がかりである。だから安心である。

【口語訳】 エペ 5 章
 5:13 しかし、光にさらされる時、すべてのものは、明らかになる。
 5:14 明らかにされたものは皆、光となるのである。だから、こう書いてある、/「眠っている者よ、起きなさい。死人のなかから、立ち上がりなさい。そうすれば、キリストがあなたを照すであろう」。

【口語訳】 ヨハ 15 章
 15:2 わたしにつながっている枝で実を結ばないものは、父がすべてこれをとりのぞき、実を結ぶものは、もっと豊かに実らせるために、手入れしてこれをきれいになさるのである。

【口語訳】 黙 21 章
 21:23 都は、日や月がそれを照す必要がない。神の栄光が都を明るくし、小羊が都のあかりだからである。
 21:24 諸国民は都の光の中を歩き、地の王たちは、自分たちの光栄をそこに携えて来る。
 21:25 都の門は、終日、閉ざされることはない。そこには夜がないからである。
 21:26 人々は、諸国民の光栄とほまれとをそこに携えて来る。

【口語訳】 黙 21 章
 21:4 人の目から涙を全くぬぐいとって下さる。もはや、死もなく、悲しみも、叫びも、痛みもない。先のものが、すでに過ぎ去ったからである」。
 21:5 すると、御座にいますかたが言われた、「見よ、わたしはすべてのものを新たにする」。また言われた、「書きしるせ。これらの言葉は、信ずべきであり、まことである」。
 21:6 そして、わたしに仰せられた、「事はすでに成った。わたしは、アルパでありオメガである。初めであり終りである。かわいている者には、いのちの水の泉から価なしに飲ませよう。

【口語訳】 エペ 2 章
 2:10 わたしたちは神の作品であって、良い行いをするように、キリスト・イエスにあって造られたのである。神は、わたしたちが、良い行いをして日を過ごすようにと、あらかじめ備えて下さったのである。

【口語訳】 ヤコブ 1 章
 1:17 あらゆる良い贈り物、あらゆる完全な賜物は、上から、光の父から下って来る。父には、変化とか回転の影とかいうものはない。

【口語訳】 コロ 1 章
 1:13 神は、わたしたちをやみの力から救い出して、その愛する御子の支配下に移して下さった。

【口語訳】 マタ 5 章
 5:5 柔和な人たちは、さいわいである、彼らは地を受けつぐであろう。

【口語訳】 マタ 13 章
 13:32 それはどんな種よりも小さいが、成長すると、野菜の中でいちばん大きくなり、空の鳥がきて、その枝に宿るほどの木になる」。

●これで心一杯、胸一杯である。この方法は人間の百千の解説書や説教にはるかに勝るものである。試してみていただきたい。
●世の、神学生、牧師の諸氏に告ぐ。説教の準備にはこの方法がベストと思う。現に3か所の神学校の先生から「学生に聖書を学ぶには高橋のHPに行け」と指導していると報告があった。また九州地方の一牧師からは「BbB(聖書で聖書を読む)は労作」ですと言われた。「足れり」である。
●拙HPへのアクセスは一日平均100回、おそらくパソコンで聖書を学んでいる若い神学生や牧師たちであろう。
●最後に聖書の引照は自分の頭から紡ぎだすことが大切。それが一番力強い。私の場合は次の4か所である。

【口語訳】 マタ 4 章
 4:16 暗黒の中に住んでいる民は大いなる光を見、死の地、死の陰に住んでいる人々に、光がのぼった」。

【口語訳】 ヨハ 1 章
 1:9 すべての人を照すまことの光があって、世にきた。

【口語訳】 ヨハ 8 章
 8:12 イエスは、また人々に語ってこう言われた、「わたしは世の光である。わたしに従って来る者は、やみのうちを歩くことがなく、命の光をもつであろう」。

【口語訳】 ガラ 1 章
 1:3 わたしたちの父なる神と主イエス・キリストから、恵みと平安とが、あなたがたにあるように。
 1:4 キリストは、わたしたちの父なる神の御旨に従い、わたしたちを今の悪の世から救い出そうとして、ご自身をわたしたちの罪のためにささげられたのである。
 1:5 栄光が世々限りなく神にあるように、アァメン。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想おわり

●妻は午前中は婦人の読書会。塚本虎二著作集。塚本先生は正統信仰の権化だから安心だ。塚本虎二は学問的水準の高さと信仰の深さにおいて群を抜いていた(量義治)と言われていたが、今でもそうであろう。現在の「聖書学者」は学問的進歩ははあるがいかんせん信仰の深さがない。建築と同じ。技術の進歩はあっても「建築」がない。

2012_12050001.jpg 

過日庭師がバッサリ切った「もみじ」の木。次の聖句を思った。

塚本訳ヨハネ
"431501","わたしがまことの葡萄の木、父上は栽培人である。"
"431502","
わたしについている蔓で実を結ばないものは、父上が皆それを切り取ってしま
われる。
また実を結ぶものは、より多く実を結ぶように、皆それを奇麗に刈り込まれる。"

●庭師は思い切りがよい。ダメなやつはバッサリ切る。次の句もそれに関連する。

塚本訳ルカ
"421306","そこでこの譬を話された、「ある人が葡萄畑に一本の無花果の木を植えておいた。
(ある日)実をさがしに来たが、見つからないので、"
"421307","
葡萄畑の作男に言った、『もう三年この方、この無花果の木に実をさがしに来て
いるのに、まだ実がならない。切ってくれ。(ならないばかりか、)なんで土地までくたび
れさせることがあろう
。』"
"421308","
答えて言う、『ご主人、今年もう一年だけ勘弁してやってください。今度は回り
を掘って、肥料をやってみますから。"
"421309","
それで来年実を結べばよし、それでもだめなら、切ってください。』」"


●神は無限の慈悲ではない。ダメなものは永遠にダメにする。黙示録には「第二の死」という恐ろしい言葉がある。それは霊魂の死である。

塚本訳 黙示録
 "662013","黙示録 20:13","海はその中にあった死人を出し、死も陰府もその中にあった死
人を出し、各々その業に応じて審判された。"
"662014","
黙示録 20:14","そして死と陰府とは火の池に放り込まれた。これが第二の死、
(最後の)火の池の死である
"
"662015","
黙示録 20:15","生命の書に(その名を)書かれていない者は(悉くこの)火の
池に放り込まれた。"

●どんなクリスチャンといえども完全無欠はない。だから十字架の贖いが必要なのだ。
 
●13:30 「今井館クリスマスコンサート」。リコーダー太田光子。リコーダーのCDを持っているが、イマイチ感動しなかった。しかし今日の演奏を見てその体の振りに目が行き、音楽は(体の振り)でも表現されるものでもあると思った。フルートの高広さんと会った。祖母の雲野武夫夫人は8年も前に亡くなられていたことを知って驚いた。



 




トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


崩壊家庭の子供に救いはあるか ++++++++ 所感

2012/12/04 05:48

121204(火)3時半目覚め。まだ暗い。

塚本訳マタイ
"401027","わたしが暗闇で(こっそり)話すことを、(大胆に)明るみで言え。耳うちされ
たことを屋根の上で宣伝せよ。"


●啓示されたことをネットで「大胆に」言う。宣伝する。恐れずに言う。嫌われても叫ぶ。

塚本訳マタイ
"401028","体を殺しても、魂を殺すことの出来ない者を恐れることはない。ただ、魂も体
も地獄で滅ぼすことの出来るお方を恐れよ。"

●崩壊家庭の場合、夫と妻は自業自得。「夫婦喧嘩は犬も食わない」。罪のなすり愛は解決にならない。ついにそれぞれの親の躾にまで原因が追究されるからきりがない。
●しかしマーいいか。本人には悔やみと良心の呵責が一生涯続くのだ。この世で罰を受ける。
●問題はその不幸な暗く淋しい家庭に育つ子供のことである。十字架を負っている。彼らに救いはあるのか。救われるとしたらいかなる方法か。
 ●家庭崩壊の原因の多くは「金」。内村鑑三と最初の妻浅田タケとの離婚の原因も「金」。それも少額。(ひ孫の日永康氏証言)
●しかしその離婚したタケの子孫から日永氏のような熱心な伝送者が生まれたのはこの暗き世界の「望み」である。
●「子は鎹(かすがい)」と言われるが、悪魔に取りつかた親は「わが子をも殺す」。あーこの世は地獄だ。


【口語訳】 出 20 章
 20:5 それにひれ伏してはならない。それに仕えてはならない。あなたの神、主であるわたしは、ねたむ神であるから、
わたしを憎むものは、父の罪を子に報いて、三、四代に及ぼし、


●学生と接していると「親は離婚している」と悲しい顔で言う人がいる。彼らは就職に不利、結婚に不利、また性格的にも暗い。実際問題としてこの世的には救いはない。
●それにもっと根本的なことは、人を信じないから神を信ずるのにも不利。「愛」ということが信じられなくなっている。ニーチェがそうだ。
●この句は幸福論のカール・ヒルティが好んで引用する。理屈は抜きにして現実問題として離婚家庭崩壊家庭の禍は孫子にまで及んでいるのをヒルティは見たのxであろう。私もそれをしっている。
●「かあちゃん。俺の親父はどこにいるんだよー」「かあちゃんの母親は誰なんだよー」「父ちゃんはかあちゃん以外の女と一緒なのかよー」と親の胸ぐらを掴む悲しい時がくる。あー悲しい。日本の離婚率は3割とも4割とも。そのとき罪もない子供には不幸が襲ってくる。
●不義の子供は赤子のうちに死んでしまうという例も知っている。堕胎されてしまいことが多い。あーかわいそうな子供よ。親の罪を背負って死んでいくのだ。
●この悩みを一緒に負うのが私の残りの人生の課題だ。

塚本訳マタイ
"400724","だから、以上のわたしの話を聞いてそれを行う者は皆、岩の上に家を建てた賢
い人に似ている。"
"400725","
雨が降って、大水が出て、風が吹いて、その家に襲いかかったが、倒れなかっ
た。岩の上に土台があったからである。"
"400726","
また、わたしの話を聞くだけでそれを行わない者は皆、砂の上に家を建てた愚
かな人に似ている。"
"400727","
雨が降って、大水が出て、風が吹いて、その家にうちつけると、倒れてしまっ
た。ひどい倒れ方であった。」"


●私は建築士だからこの部分には関心がある。
●特に「大水」というのは東日本大震災の洪水を思う。
●「ひどい倒れ方」という言葉も文字通りである。家庭崩壊も「ひどい倒れ方」になる。

塚本訳マタイ
"400416","暗闇に住まう(これらの地方の)民は大いなる光を見、死の陰の地に住まうこ
の人々に光がのぼった、”
"
"400417","
この時から、イエスは「悔改よ、天の国は近づいた」と言って、教えを説き始
められた。"

塚本訳マタイ
"401228","しかし、もし(そうでなく、)わたしが神の霊で悪鬼を追い出しているのであっ
たら、それこそ神の国はもうあなた達のところに来ているのである。"


塚本訳マタイ
"401102","さて(洗礼者)ヨハネは牢屋で、(イエスの)救世主としての働きを聞くと(心
が動揺し、)弟子たちをやって、"
"401103","
「来るべき方(救世主)はあなたですか、それともほかの人を待つべきでしょ
うか」とたずねさせた。 "
"401104","
イエスは答えられた、「行って、(今ここで)聞いていること見ていることをヨ
ハネに報告しなさい。"
"401105","
──“盲人は見えるようになり、”足なえは歩きまわり、癩病人は清まり、聾は
聞き、死人は生きかえり、“貧しい人は福音を聞かされている”と。"
"401106","わたしにつまずかぬ者は幸いである。」"


●今から2000年前に光が射した。死の陰の地に光がのぼった。キリストの救いである。
●神は人の子の姿をとってこの淫乱腐敗の暗き世に来られたのだ。
●その神の子キリストは暗き世界で呻吟し悲しんでいる人をじっと見つめて救った。その例を見てみよう。

塚本訳ヨハネ
"430505","するとそこに三十八年病気の人がいた。"
"430506","
イエスはその人が横になっているのを見、すでに長い間わずらっていることを
知ると、「直りたいか」とたずねられた。"

●イエスの方から声をかけた。
●「直りたいか」という言葉は医者の問いににている。本人に救いの希望があるのかどうかを確かめたのだ。

塚本訳マルコ
"411049","マルコ 10:49","イエスは立ち止まって、「あれを呼べ」と言われた。人々が盲人
を呼んで言う、「安心せよ。起きよ。お呼びだ。」"
"411050","
マルコ 10:50","盲人は上着をぬぎ捨て、躍り上がってイエスの所に来た。"
"411051","
マルコ 10:51","イエスが彼に言われた、「何をしてもらいたいのか。」盲人がこ
たえた、「先生、見えるようになりたい。」"

●「イエスは立ち止まって」というところに注目したい。神の方から目をかけたのだ。
●そして「何をしてもらいたいのか」との質問は医者の第一の質問に似ている。
●建築設計の時の第一の質問も「 どのような家をお望みですか」と似ている。相手の意志を確かめ、思いを整理させるのだ。

塚本訳ヨハネ
"430405","そして、サマリヤのスカルという町のそばまで来られた。ヤコブがその子ヨセ
フに与えた地所の近くで、"
"430406","
そこには(有名な)ヤコブの井戸があった。
旅に疲れたイエスは、いきなり井
戸のわきに腰をおろされた。昼の十二時ごろであった。"
"430407","
一人のサマリヤの女が水を汲みに来る。「飲ませてくれないか」とイエスが女に
言われた。


●イエスは疲れていきなり腰をおろした。そのつかれもいとわず「離婚経験5回の崩壊家庭の女」に自分から声をかけた。
●普通はこういういかがわしい女に声をかけるのは男としては慎まなければならない。しかし神の子イエスは目をかけて声をかけた。ここに救いの本源がある。救いは求道ではない。神のお声がかりが最初である。

塚本訳ヨハネ
"430901","イエスは通りがかりに、生まれつきの盲人を見られた。"
"430902","
弟子たちが尋ねた、「先生、この人が盲で生まれたのは、だれが罪を犯したから
ですか。この人ですか、両親ですか。」"
"430903","
イエスは答えられた、「この人が罪を犯したからでも、両親が罪を犯したからで
もない。ただ神の御業がこの人に現われるためである。"


●ここでもまたイエスの方から目をかけた。「通りががりに」とあるから歩くのをやめたのである。
●盲で生まれたのは親のせいか、祖父祖母のせいか、本人のせいか。これは先の「父の罪を子に報いて三、四代」に及ばされた結果なのか。
●盲の原因を「罪」に結びつけたのはさすがユダヤ人。深い。
●これに対してイエスはNO!。こういう人にこそ神の救いが現れると言った。ここに「罪の赦し」の源流がある。「絶対恩恵による無条件の罪の赦し」。

塚本訳ルカ
"421905","イエスはその場所に来られると、ザアカイを見上げて言われた、「ザアカイ、急
いで下りておいで。きょうはあなたの家に泊まることになっているから。」"

"421906","
ザアカイは急いで下りてきて、喜んでお迎えした。"
"421907","
皆がこれを見て、イエスは(税金取りのような)罪人の所に入りこんで宿を取
った、と言ってぶつぶつ呟いた。"

●これもまたイエスの方から声をかけた。木の上に登っていたザアカイをどうして知ったのか。
●当時税金取りは「罪人」とさげすまられていた。「落ちぶれた」人間。
●「落ちぶれて袖に涙のかかるとき、人の心の奥ぞ知らるる」(内村鑑三「基督信徒の慰め」の「貧に迫りしとき」)


塚本訳マタイ
"402131","この二人のうち、どちらが父の心を行ったのだろうか。」「もちろん長男」と彼
らが答える。イエスが言われる、「アーメン、わたしは言う、税金取りや遊女たちは、あ
なた達よりも先に神の国に入るであろう。
"

●これは順番の問題ではない。この世で気の毒であった人のみが天国に入れるというのだ。 

塚本訳ルカ
"421625","しかしアブラハムは言った、『子よ、考えてごらん、あなたは生きていた時に善
いものを貰い、ラザロは反対に悪いものを貰ったではないか。だから今ここで、彼は慰め
られ、あなたはもだえ苦しむのだ。"
"421626","そればかりではない、わたし達とあなた達との間には大きな(深い)裂け目が
あって、ここからあなた達の所へ渡ろうと思っても出来ず、そこからわたし達の所へ越え
てくることもない。』"


●神は公平だ。崩壊家庭の気の毒な子供が天国に入り、幸福な家庭の子供は入れない。

塚本訳ヨハネ
"430112","しかし受け入れた人々、すなわち、その名を(神の子であることを)信じた人
には一人のこらず、神の子となる資格をお授けになった。"
"430113","
この人たちは、人間の血や、肉の欲望や、男の欲望によらず、神(の力)によ
って生まれたのである。"
"430114","この言葉は肉体となって、(しばらく)わたし達の間に住んでおられた。(これ
が主イエス・キリストである。)わたし達はその栄光を見た。いかにも父上の独り子らし
い栄光で、恩恵と真理とに満ちておられた。"

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想 終わり

●故郷の浦和から、「ホザナ園だより」が来ていたので今朝は熟読した。この施設は家庭に恵まれない子供たちを預かっている。その昔、今は亡き父が理事をしていたことがある。 
●妻はYさんと秩父にハイキング(高尾山変更)
●「午後三時祈りの友」が80年の幕を閉じることになった。父の代から入会していただけに淋しい限りである。理由は主幹の稲垣謙次郎氏の体力の限界。
●エクレシアというものは個人の肉体の限界でおしまいになるとは思わない。それにしてもキリスト教のエクレシアはよく2000年続いてきたものだと思う。これはやはり人間ではなく、神が建てたもう集会なのだと思う。

塚本訳マタイ
"401615","彼らに言われる、「では、あなた達はわたしのことをなんと言うのか。」"
"401616","
シモン・ペテロが答えて言った、「あなたは救世主、生ける神の子であります!」
"
"401617","
するとイエスは(喜んで)ペテロに答えられた、「バルヨナ・シモン、あなたは
幸いだ。これをあなたに示したのは血肉([人間]の知恵)でなく、わたしの天の父上だ
から。"
"401618","
それでわたしもあなたに言おう。──あなたはペテロ[岩]、わたしはこの岩の
上に、わたしの集会を建てる。黄泉の門[死の力]もこれに勝つことはできない。
"
"401619","
わたしはあなたに天の国の鍵をあずける。(だから)あなたが地上で結ぶことは
(そのまま)天でも結ばれ、地上で解くことは(そのまま)天でも解かれるであろう。」"

●エクレシアが単なる苦難共同体や親睦団体であれば消滅する。たとえそれが信仰に基づくものであってもである。
●エクレシアの本質は罪を赦された者がキリストを神の子と信ずる「世にも不思議な」霊の団体なのだ。この中心を逸脱すると続かない。教会も集会も各種団体も。



 









.
















トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


故郷の夢を見る ++++++++ 所感

2012/12/03 07:34

121203(月)夜中に一度起きて、朝方に夢を見た。故郷浦和(現さいたま市)の人が出てきた。「一度起きてまた寝る」というのは聖書にある。


【口語訳】 詩 3 篇
3:4 わたしが声をあげて主を呼ばわると、主は聖なる山からわたしに答えられる。〔セラ
3:5
わたしはふして眠り、また目をさます。主がわたしをささえられるからだ。


●人生は旅で、それは出会いと別れの連続である。20歳に浦和を離れるまでに私は故郷で良いものに出会った。
その中で最大の出会いは「キリスト」との出会いである。あれから50年。今は妻と共にまだ見ぬ本当の故郷を目座して今「人生の秋」を歩めるのはただ感謝のほかはない。キリストとの別れはなかった!キリストは私を捨てなかった。振らなかった。裏切らなかった。
●人生の方向は中学高校で決まるのかもしれない。教育や伝道というのもその時代だ。

塚本訳へブル
"581108","ヘブル 11:8","信仰によって、アブラハムは財産として戴くべき(カナンの)場
所に“出てゆけ”とのお召しを受け、(素直に)言うことを聞いた。そしてどこへ行くと
もわからず、“出ていった”。"
"581109","
ヘブル 11:9","信仰によって、彼は約束の地に他国人として“宿った”。
彼は同
じ約束の(ものの)共同相続人(である子)イサクおよび(孫)ヤコブと一しょに、天幕
に住んだのである。"
"581110","
ヘブル 11:10","(どうしてこんな生活に甘んじたか。)彼は(堅固な)土台を持
つ(天の)都を待ちのぞんでいたからである。その建設者また創造者は神である。""

塚本訳へブル
"581113","ヘブル 11:13","信仰に従い、これらの人たちは皆、(地上では)約束のものを受
けずに死んだのである。彼らはただ遠くからそれを眺めて歓迎し、自分たちは、“この地
上では外国人であり、旅の者”であると認めた。"

"581114","
ヘブル 11:14","このように(自分を外国人、旅の者と)言う人々は、(ほかにあ
る)自分の国を追及していることを現わしているからである。"
"581115","ヘブル 11:15","もしも彼らが出てきた所、(すなわちカルデヤのウル)のことを
思ったのであったら、(いくらも)引き返す機会があったはずである。"
"581116","
ヘブル 11:16","しかし今や彼らは(地上のものに)まさる天の国を熱望してい
るのである。だから神も、彼らの神と言われることを恥とされない。彼は彼らのために(天
に)都を用意されたのであるから。"


●これからもいりりろな出会い(思想、人、不幸、悲しみ嘆き、財産・・・)があるかもしれないがの最後まで残るのは
キリストであろう。それは天国にまで導いてくれるであろう。感謝
●初代キリスト教の教父にポリカルプスがいるが、その最後の言葉。
死刑執行官「あなたも老人で命も短い。ここで一言『皇帝が主だ』とつぶやけば赦してやる」
ポリカルプス「主イエスキリストはこの年齢になるまで私を見捨てず捨てなかった。なんでこの段に及んで主を裏切ることができようか」
●老ポリカルプスの肉体は殺されたが魂は殺されなかった。私も病魔に死刑を宣告(癌)されても、ポリカルプスのように死を受け入れよう。

塚本訳マタイ
"401026","だから彼らを恐れるな、(すべてはじきに明らかになるであろう。)覆われてい
るものであらわされないものはなく、隠れているもので(人に)知られないものはないか
らである。"
"401027","
わたしが暗闇で(こっそり)話すことを、(大胆に)明るみで言え。耳うちされ
たことを屋根の上で宣伝せよ。"
"401028","
体を殺しても、魂を殺すことの出来ない者を恐れることはない。ただ、魂も体
も地獄で滅ぼすことの出来るお方を恐れよ。
"


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想おわり

●7:20 NHKFM クラシック番組「気らクラ」のイントロクイズ。ブラームス「ハンガリー舞曲第5番」。これは優しい。これで18勝5敗
●TSK日本語版レビ記11章入力
●ATM-BKでカレンダーー図書館ー郵便局ー池谷医院ー薬局ーコンビニで航空運賃
●JALの航空運賃支払いシステムはコンビニで超簡単。素晴らしいシステムだ。そこへいくと格安航空会社のサービスはイマイチだ。
●妻は午前中、コーラスの練習
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


親の罪を背負って生まれた子供に幸福はあるか ++++++++ 所感

2012/12/02 06:01

121202(日)朝の啓示「親の罪を背負って生まれた子供に幸福はあるか」●今日の感話の最後の大波が来た。急遽プリントの修正。●人が罪を犯せば本人の罰で生産される。クリスチャンは信仰が深まるという。しかしその不幸で罪もない子供に及ぶ不幸というものをどう考えたらよいのか。実話を交えて黙想する。●私の関係筋で父親を知らないで育っている子供がいる。本人には「父親は死んだ」ことになっている。結婚時のトラブルでこうなった。学校の成績は悪い。不憫でしょうがない。その子に何と言って慰め励ましたらよいのかわからない。●成人して自分で戸籍を見ることがあったら、「母親を罵倒する」ことは目に見えている。「おれの父親にあわせろ」というに違いない。私には「聖書が真理ならば俺の不幸を説明して納得させてくれ」と食ってかかるに違いない。人間の私には言葉がない。●そういう不幸な生まれ育ちでも立派に信仰の道を歩いている実例を5例ほど持ち出すことはできるがそれは本人には真の慰めにはならない。またそうしてはならない。それは奮起発奮を促すだけのことなのだ。●それで最後の頼みの綱、聖書はキリストはどう答えてくれるのかを黙想したい。

【口語訳】 出 20 章
 20:5 それにひれ伏してはならない。それに仕えてはならない。あなたの神、主であるわたしは、ねたむ神であるから、わたしを憎むものは、父の罪を子に報いて、三、四代に及ぼし、

●これはヒルティの特愛の言葉だ。弁護士業で人生のドロドロに接していての実感であろう。
●親の罪は孫子にまで及ぶのだ。祖父の顔を知らない孫はその祖父の罪をどうして負わなければならないのか。人生は不条理だ。

塚本訳ヨハネ
"430901","イエスは通りがかりに、生まれつきの盲人を見られた。"
"430902","
弟子たちが尋ねた、「先生、この人が盲で生まれたのは、だれが罪を犯したから
ですか。この人ですか、両親ですか。」"
"430903","
イエスは答えられた、「この人が罪を犯したからでも、両親が罪を犯したからで
もない。ただ神の御業がこの人に現われるためである。"

●これ現実的な深刻な問題である。「坊主、見てきたような嘘をつくな。」である。
●職業宗教家よとってつけたような、頭で勉強した話はしてくれるな。真剣勝負で話してくれ。
●この部分で一節に注目したい。神の子イエスは「立ち止まって」じっと生まれつき不幸の盲人を見つめたられたのだ。ここに福音がある。信仰は本人の努力ではなく、神に個人的に「じっと見つめられること」なのだ。救いは神の方からくるのだ。
●ここに聖書とキリストによる真の幸福がある。

塚本訳ルカ
"421625","しかしアブラハムは言った、『子よ、考えてごらん、あなたは生きていた時に善
いものを貰い、ラザロは反対に悪いものを貰ったではないか。だから今ここで、彼は慰め
られ、あなたはもだえ苦しむのだ。"
"421626","
そればかりではない、わたし達とあなた達との間には大きな(深い)裂け目が
あって、ここからあなた達の所へ渡ろうと思っても出来ず、そこからわたし達の所へ越え
てくることもない。』"

●この世でと来世は逆らしい。
●行って、見てきたわけではないがこの世で薄幸の人は来世では幸福「らしい」。そこに希望を持つ。

塚本訳マタイ
"400504","ああ幸いだ、“悲しんでいる人たち、”、(かの日に)“慰めていただく”のはその
人たちだから。"

塚本訳ルカ
"420621","ああ幸いだ、今飢えている人たち、(かの日に)満腹させられるのはあなた達だ
から。ああ幸いだ、今泣いている人たち、(かの日に)笑うのはあなた達だから。"

●塚本訳の敷衍では(かの日)が強調されていてこの世で不幸な人の幸福は「来世」での逆転によってであると思われるが、そうではない。私の実感では生きてその幸福、神に目が開くといういう幸福を得られる人ばかりだ。
●しかし中にはこの世的に不幸で福音の救いも得られない人もいる。
●実はそういう人こそ神に目をかけられる人ではないのか。障碍者のことを米国では「神にキッスされた人」といっているそうだ。日本の因果応報の世界観人生観とは違う。
●キリストの到来によって「父の罪は孫子に及ばない!!」
 
【新共同訳】 マタ 21 章
 21:31 この二人のうち、どちらが父親の望みどおりにしたか。」彼らが「兄の方です」と言うと、イエスは言われた。「はっきり言っておく。徴税人や娼婦たちの方が、あなたたちより先に神の国に入るだろう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想 終わり

●8:00 出発までギリギリ今日の感話資料の修正とプリンと。推敲変更18回目。
●集会は宮崎(司会)、小寺(マタイ)、高橋(ヨハネ14:25-31.「悪魔(悪霊、サタン)の実在とその働き。HP使徒伝承にアップ)

http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/121202.htm

●帰途は高木博義さんと吉祥寺まで。今日の私の話に対する非常に手厳しい御批判を頂く。感謝。
●14:30 あきる野ふれあいセンターで「愛の星合唱団コンサート」障害児とその父兄の合唱団。高橋修氏(あきる野混声合唱団の木庭菊枝さん令兄)が出演されておられた。
●人間は誰でも障害の人を抱えるものだ。夫、妻、子供、親、孫・・・
これは神がその人に与えられた「十字架」。神に託された尊い重荷。意味がある。

塚本訳 Ⅰコリ15:58
15:58 だから、わたしの愛する兄弟たちよ、しっかりしておれ、動かずにおれ、いつも主の仕事にぬきんでよ。骨折りが主にあってむだにならないことを、あなた達は知っているのだから。

●午後、妻はヘンデル「メサイア」のレッスン。






トラックバック(0) | コメント(0) | top▲




| Top | Next
0814