to 日記と感想 2013年01月
Top | RSS | Admin

2012.12 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2013.02


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170824(木)12:10キララホールエントランスコンサート、マリンバ
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170813(日)10:30ナザレン教会浦和教会
    170813(日)14:00比企紀和君
    170812(土)14:00お江戸こらりあーず演奏会、文京シビックホール
    170809     TW誕生日
    170809(水)17:16初音吹奏楽、府中の森芸術劇場ドリームホール
    170808(火)0930池谷医院
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170708(土)14:00在宅医療説明会(キララホール)
    170707(金)10:00池谷医院
    170706      TM誕生日
    170702(日) 集会感話
    170701      TT誕生日
    170630(金)12:20キララホールエントランスコンサート
    170628      IY誕生日
    170627(火)11:00 能城牧師来訪
    170625)日)10:10トミ子集会感話
    170625(日)14:00茅ヶ崎金子邸
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール


アルジェリア事件を聖書的に考える ++++++++ 所感

2013/01/31 05:20

130131(木)3時半目覚め、床の中で黙想。睡眠は6時間なので充分。「アルジェリア事件を聖書的に考える。●私は社会を改造しようとして社会問題を論じない。社会悪を糾弾しない。しかし今回のアルジェリア事件は多分に宗教がらみなので、クリスチャンの立場としてこれを聖書的に考えてみる●まず、この事件には宗教が背景にあることは、イスラム教のテロ集団は、人質にした人間のうち、イスラム教徒は撃たなかったという事実にある。人質に対していちいち「お前はイスラム教徒か」と聞いた。●この事件の構図は欧米の「キリスト教」と人道主義を標榜するがその実「拝金教」の日本をイスラム教が神の名のもとに撃ったとみる。その聖書的背景を考えてみる。 
 
口語訳 民  33:50-53
33:50 エリコに近いヨルダンのほとりのモアブの平野で、主はモーセに言われた、
33:51 「イスラエルの人々に言いなさい。あなたがたがヨルダンを渡ってカナンの地にはいるときは、
33:52 その地の住民をことごとくあなたがたの前から追い払い、すべての石像をこぼち、すべての鋳像をこぼち、すべての高き所を破壊しなければならない
33:53 またあなたがたはその地の民を追い払って、そこに住まなければならない。わたしがその地をあなたがたの所有として与えたからである。

口語訳 民  33:55
33:55 しかし、その地の住民をあなたがたの前から追い払わないならば、その残して置いた者はあなたがたの目にとげとなり、あなたがたの脇にいばらとなり、あなたがたの住む国において、あなたがたを悩ますであろう。

●これをあのモーセが言ったというのだから、旧約聖書を根っこに持つイスラム教がテロという乱暴狼藉をするのは当然である。
●特に33:55では「一人も残すな」という意味であるから、殲滅、みな殺しをせよという命令である。人道主義国の日本人としてはヒューマニズムがこれを赦さない。 
 
口語訳 民  25:5
25:5 モーセはイスラエルのさばきびとたちにむかって言った、「あなたがたはおのおの、配下の者どもでペオルのバアルにつきしたがったものを殺しなさい」。

口語訳 民  31:16-17
31:16 彼らはバラムのはかりごとによって、イスラエルの人々に、ペオルのことで主に罪を犯させ、ついに主の会衆のうちに疫病を起すに至った。
31:17 それで今、
この子供たちのうちの男の子をみな殺し、また男と寝て、男を知った女をみな殺しなさい。



●堕落の様は性道徳の面で顕著になる。そういう場合は「神の名において」「殺せ」というのがあのモーセの教えである。聖にして峻厳なる旧約の神。わが日本はこの厳しさに震え上がる
●昨今問題なっている「体罰」どころではない「みな殺し」にせよというのである。
●性道徳が退廃している日本は「爪の垢を煎じて飲む」必要がある。
●イスラム教徒が堕落した欧米のキリスト教を攻撃するのも宗教的に一理ある。日本のマスコミはそこを見てない。

塚本訳ロマ
"451201","ローマ 12:1","(このように、神は偉大な計画によって人類を一人のこらず救お
うとしておられるのであって、救いは確かである。)だから、兄弟たちよ、わたしは神の
この慈悲を指してあなた達に勧める。あなた達の体を(感謝のしるしとして神に)捧げよ。
この生きた聖なる犠牲こそ、神のお気に入るものであり、(霊なる神を拝むにふさわし
い、)あなた達の霊的な礼拝である。(あなた達の礼拝は動物を供えるような不合理なもの
でなく、全心全霊をささげる合理的な礼拝でなければならならない)"
"451202","ローマ 12:2","また、この世に調子を合わせてはならない。むしろ反対に、何が
神の御心であるか、何が善であり、お気に入るものであり、また完全であるかを見分け得
るために、(御霊によって)心を一新されて自分を造りかえていただけ。(そうすれば来る
べき世への準備ができる。)"


塚本訳エペソ
490518","エペソ 5:18","また“酒に酔うな”──これが放蕩(の始まり)である──むし
ろ御霊に満たされよ。(
これに酔え。)"
"490519","
エペソ 5:19","聖歌と讃美歌と霊の歌をもって互いに語り、心をもって主に歌い
また奏で、"
"490520","
エペソ 5:20","事毎に私達の主イエス・キリストの名において父なる神に常に感
謝せよ。"


●本来キリスト教徒は恩恵によって救われたのだから、感謝の徴として清い生活をしなければならない。パウロはロマ書12章でこれを強調している。それを忘れてキリスト教は人も国もおごって他人や他国をいじめている。
●この外的現象がイスラム教徒を怒らせている。
●イスラム教起こったのはキリスト教徒の堕落が原因だという見方もある。 現にイスラム教では今もアルコールが禁じられている。何かと言うとすぐ「酒」という欧米や日本とは違う。

塚本訳マタイ
"400624","(わたし達の心は天か地かに引かれる。)だれも(同時に)二人の主人に仕える
ことは出来ない。こちらを憎んであちらを愛するか、こちらに親しんであちらを疎んじる
か、どちらかである。あなた達は神と富とに仕えることは出来ない"

塚本訳マタイ
"401921","イエスは言われた、「完全になりたければ、家に帰って持ち物を売って、(その
金を)貧乏な人に施しなさい。そうすれば天に宝を積むことができる。それから来て、わ
たしの弟子になりなさい。」"
"401922","
青年はこの言葉を聞き、悲しそうにして立ち去った。大資産家であったのであ
る。"
"401923","
イエスは弟子たちに言われた、「アーメン、わたしは言う、金持が天の国に入る
ことはむずかしい。"
"401924","
かさねて言う、金持が天の国に入るよりは、駱駝が針のめどを通る方がたやす
い。
"

塚本訳Ⅰテモ
"540609","・テモテ 6:9","しかし金持ちになろうとする者は誘惑と罠と、愚にして有害な
種々の慾とに陥る。そしてこれが人を堕落と滅亡とに突き落とすのである
"
"540610","
・テモテ 6:10","あらゆる悪の根は金を欲しがることにあるから。或る人はこれ
に憧れて信仰から迷い、多くの苦痛で自分を刺し通した


●欧米のキリスト教に対して日本は外交的には人道主義を標榜している。今回の事件でも早くから「人命を第一にしてほしい」と阿部首相がアルジェリアに申し入れてきた。その意味で日本は一神教ではないが人道主義である。しかし事実上富に仕えている「拝金教」である。
●人間は神と富とに仕えることはできない。それほど富は魔物であり、魔神である。日本は富という神を拝んでいる。
●新渡戸稲造は「武士道」で日本には神信仰がないがそれに代わる「武士道」というものがあって、国の精神的支柱であると世界に向けて言った。ところがその武士道の精神が「企業戦士」を生み出した。会社のためなら一命を捧げてもという精神が戦後の経済成長の原動力になった
●日本が戦後驚異的に発展した秘密を外国人が調べたところ、「武士道の精神」にまでさかのぼらなければならないと悟った。
●現に私の先輩知人は大手企業に勤務していたが、新しい住居の選択基準として会社の至近距離ということが条件であった。その働きぶりは熾烈であったが、途中でご夫人に先立たれ、信仰からも離れ、「企業戦士」の淋しい晩年を見るようであった。企業は人間を真に幸福にはさせない。「企業戦士」の給料は豊かだが心はあくまでも淋しい。

塚本訳マタイ
"400521","(だからわたしの戒めは彼らよりもきびしい。)──あなた達は昔の人が(モー
セから
、“人を)殺してはならない、”殺した者は裁判所で罰せられる、と命じられたこと
を聞いたであろう。"
"400522","
しかしわたしはあなた達に言う、兄弟に腹をたてる者は皆、(ただそれだけの理
由で、天国の)裁判所で罰せられる。兄弟に馬鹿と言う者は、最高法院で罰せられる。畜
生と言う者は、火の地獄で罰せられる。"



塚本訳マタイ
400527","あなた達は(昔の人がモーセから、)“姦淫をしてはならない”と命じられたこ
とを聞いたであろう。"
"400528","
しかしわたしはあなた達に言う、情欲をもって人妻を見る者は皆、(見ただけ
で)すでに心の中でその女を姦淫したのである。"
"400529","それで、もし右の目があなたを罪にいざなうなら、くじり出して捨てよ。体の
一部が無くなっても、全身が地獄に投げ込まれない方が得であるから。"
"400530","
もしまた右の手があなたを罪にいざなうなら、切り取って捨てよ。手足が一本
無くなっても、全身が地獄へ行かない方が得であるから。"

塚本訳マタイ
"400538","あなた達は(昔の人がモーセから、)“目には目、歯には歯”──(人の目をつ
ぶした者は自分の目で、人の歯を折った者は自分の歯で、つぐなわなければならない)と
命じられたことを聞いたであろう。"
"400539","
しかしわたしはあなた達に言う、悪人に手向かってはならない。だれかがあな
たの右の頬を打ったら、左をも向けよ。"
"400540","
(裁判所に)訴えて下着を取ろうとする者には、上着をも取らせてやれ。"
"400541","
だれかが無理に一ミリオン[一キロ半]行かせようとするなら、一しょに二ミ
リオン行ってやれ。"
"400542","
求める者には与えよ、借りようとする者を断るな。"
"400543","
あなた達は(昔の人がモーセから、)“隣の人を愛し、”敵を憎まねばならない、
と命じられたことを聞いたであろう。"
"400544","
しかしわたしはあなた達に言う、敵を愛せよ。自分を迫害する者のために祈れ。


塚本訳ヨハネ
"430804","イエスに言う、「先生、この女は姦淫の現場を押えられたのです。"
"430805","
モーセは律法で、このような女を石で打ち殺すように命じていますが、あなた
はなんと言われますか。」
"
"430806","
こう言ったのは、イエスを試して、訴え出る口実を見つけるためであった。イ
エスは身をかがめて、黙って指で地の上に何か書いておられた。"
"430807","
しかし彼らがしつこく尋ねていると、身を起こして言われた、「あなた達の中で
罪(をおかしたこと)のない者が、まずこの女に石を投げつけよ。」"


●神の子イエスはモーセ以上である。
●イスラム教徒よ聞け。モーセでなくイエスに聞け。
●モーセは旧約、神の義には厳しいが救いはない。
●新約は神の義を満足させる贖罪の愛。
●イエスは神の義と愛を満足させる道を開かれた。

塚本訳ロマ
450320","ローマ 3:20","というのは、律法が命ずる行いによっては“だれ一人神の前に義
とされる者はない。”律法によって(は)罪を知る(ことができるだけで、人を罪から救
うことはできない)からである。"
"450321","
ローマ 3:21","しかしながら今、律法に関係なく、神の義は現わされた。しかし
律法と預言書と[聖書]によって(すでに)証しされているものである。"
"450322","
ローマ 3:22","この神の義は、イエス・キリストを信ずる信仰(だけ)によって、
これを信ずるすべての者にあたえられる。(すべてというのは、そこに人間的の)なんの
差別もないからである。"
"450323","
ローマ 3:23","なぜか。すべての人が罪を犯したため、いまだれ一人、(かつて
持っていた)神の栄光をもたない。"
"450324","
ローマ 3:24","(さりとて失った栄光を回復する力はないので、何一つ)代価を
払わず、(ただ)神の恩恵によって、キリスト・イエスによるあがないの力で、(神に)義
とされる(道が設けられた)のである。"
"450325","ローマ 3:25","すなわち神は御自分の義を示すために、宥めの供え物としてキリ
ストを提供された。これはキリストの血でなされたものであり、(人は)信仰によ(って
この恩恵にあずか)るのである。このことは──神が(長いあいだ)忍耐をもって過ぎし
日に犯した罪を罰せずにおられたので──"
"450326","
ローマ 3:26","今の世において、御自分の義を示そうとされたのである。すなわ
ち御自分が義であること、またイエスを信ずる者を義とするお方であることを、(この世
に)示されたのである。"


●イスラム教徒よ、新約聖書のパウロに聞け。欧米の堕落キリスト教徒よパウロのロマ書に聞け。拝金教の日本よ聞け。「、金持が天の国に入ることはむずかしい。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想終わり

●14:50 今学期最後の授業。レポートテストの課題説明
●授業終了後、数人と進路相談。「先生はクリスチャンですか」という質問も出た。
●今年度の全講義が終了した緊張感から解放されたので疲れた
●車中で月本昭男先生のイザヤ書講義(妻が新宿で聴講中、月一回)のテープを聴く。
●妻は西国分寺にコンサート鑑賞。そののち「メサイア」の練習
●次回感話資料の修正。推敲18回目。 











 





スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


異教のみだらな神を拝むと死者が出る ++++++++ 所感

2013/01/30 06:10

130130(水)4時目覚め、起床●朝の啓示「異教の『みだらな神』を拝むと死者が出る」●これは旧約聖書を貫徹する真理であり、キリストの贖罪師もそれが土台にある。これは侮れない畏れ多いことである。●だからキリスト教は視野が狭くて嫌いだという人間の運命は知らない。キリストの父なる神が裁く。多くの場合「禍が来て死者が出る」。●神の報復である。震え上がることである。無辜の人間の死は気の毒であるがそれは贖罪の死である。


口語訳 出 20:2-4
20:2 「わたしはあなたの神、主であって、あなたをエジプトの地、奴隷の家から導き出した者である。
20:3 あなたはわたしのほかに、なにものをも神としてはならない。
20:4 あなたは自分のために、刻んだ像を造ってはならない。上は天にあるもの、下は地にあるもの、また地の下の水のなかにあるものの、どんな形をも造ってはならない。

●キリスト教徒になるには、他の異教の神を拝んではならない。ここにクリスチャンが「この世」から嫌われる源流がある。
●私が16歳の時に洗礼を受ける決心をしたとき、「これで迫害が来る」とふと思った者である。

口語訳 出 20:4-6
20:4 あなたは自分のために、刻んだ像を造ってはならない。上は天にあるもの、下は地にあるもの、また地の下の水のなかにあるものの、どんな形をも造ってはならない。
20:5 それにひれ伏してはならない。それに仕えてはならない。
あなたの神、主であるわたしは、ねたむ神であるから、わたしを憎むものは、父の罪を子に報いて、三、四代に及ぼし、
20:6 わたしを愛し、わたしの戒めを守るものには、恵みを施して、千代に至るであろう。


●これは「幸福論」の著者カール・ヒルティの特愛の部分である。弁護士であったヒルティは人生経験でこれが常に現実のものであることを知ったのであろう。
●「背教」してトンデモナイ情死をたどったのは内村鑑三の愛弟子であった文学者の有島武郎である。内村に言わせれば彼はキリスト教を背教した結果、心に宇宙大の空洞の淋しさができた。それを満たそうとあろうことか人妻に走った。そして二人で首つり自殺。こういうとき日本は人情話として美化する。これがいけない。首を吊った縄にはウジがゾロゾロと上り下りしていたと内村は吐き捨てた。
●そして自分の聖書集会で「有島に少しでも同情するものがあったら即刻この集会から出ていけ!」と言ったという。

レビ  19: 2 [口語
「イスラエルの人々の全会衆に言いなさい
、『あなたがたの神、主なるわたしは、聖であるから、あなたがたも聖でなければならない。


●旧約聖書の透徹した真理である。エホバの神は「聖なるもの」である。
●ルドルウ・オットーに同名の名著(山谷省吾訳、岩波文庫)がある。神は畏れかしこむべき存在であるということである。
●現代の聖とは「先生を友達扱い」していて畏怖の念がない。だから畏怖すべき神の存在もわからないのだ。
●「体罰」を加えるとヒューマニズムの観点から猛烈な反対が出る日本においては「神は不義を罰して殺す」という恐るべき神を嫌う。これが日本にキリスト教が土着しない原因である。

口語訳 レビ 17:7
17:7 彼らが慕って姦淫をおこなったみだらな神に、再び犠牲をささげてはならない。これは彼らが代々ながく守るべき定めである』。


●異教の神の多くは「みだらな神」である。
●キリスト教と根が同じのイスラム教が台頭したのはキリスト教徒の堕落が原因という説もある。
●世界の各地でイスラム教徒がテロを起こす主眼は堕落したキリスト教徒、キリスト教国についてである。

口語訳 民 25:1-5
25:1 イスラエルはシッテムにとどまっていたが、民はモアブの娘たちと、みだらな事をし始めた。
25:2 その娘たちが神々に犠牲をささげる時に民を招くと、民は一緒にそれを食べ、娘たちの神々を拝んだ。
25:3 イスラエルはこうしてペオルのバアルにつきしたがったので、主はイスラエルにむかって怒りを発せられた。
25:4 そして主はモーセに言われた、「民の首領をことごとく捕え、日のあるうちにその人々を主の前で処刑しなさい。そうすれば主の怒りはイスラエルを離れるであろう」。
25:5 モーセはイスラエルのさばきびとたちにむかって言った、「あなたがたはおのおの、配下の者どもでペオルのバアルにつきしたがったもを殺しなさい」。

●「シッテム」とは死海の北東にある町。現代のラスベガス、新宿歌舞伎町、淫蕩の町。どの時代、どの国にもそういうところがある。底には「みだらな神」のもと「みだらな」ことが行われていた。
●「ペオル」とはシッテムの南東の地名。そこに宿敵「バアルの神」がいた。これは不道徳の神の代名詞でもある。
●イスラエルはあろうことかその女に迷って「犠牲を捧げた」。ぐまり金を貢いだ。大金をつぎ込んだ。放蕩に身を持ち崩した。家に金を入れないで「みだらな女」につぎ込んだ。
●モーセはは怒ってそれを「よし」とした「民の首領」を処刑せよと言った。現代における「首領」は会社の上司や同僚である。学生では先輩である。

口語訳 民 31:16-17
31:16 彼らはバラムのはかりごとによって、イスラエルの人々に、ペオルのことで主に罪を犯させ、ついに主の会衆のうちに疫病を起すに至った
31:17 それで今、
この子供たちのうちの男の子をみな殺し、また男と寝て、男を知った女をみな殺しなさい。


●「バラム」とはみだらな神を拝むように誘った悪い人物。現代では首都大学東京教授の宮台真司。彼の説にに付き従う若者が多いとは日本もオシマイだ。
●「疫病」が発生。不純なる性行為で蔓延するエイズ。
●17節では男も女も「みな殺し」にせよと恐ろしいことが言われた。
●最近流行の「新しい聖書の学び」の著者山口里子は聖書では姦淫の罪の場合は女だけが罰される(例、ヨハネ8:1-11)と言って持論のフェミニスト神学を振り回すが、フェミシスと神学からではなく偏見なしに旧約を勉強せよ。彼女は神学校で学んだそうだが、こうなると神学も禍だ。この本はミッションスクールの生徒を地獄に誘う。特に神にも人にも「トッポイ女」を育てる。「汝ら教師になるな」

文語訳 ヤコ 3:1
3:1 わが兄弟よ、
なんぢら多く教師となるな。教師たる我らの更に嚴しき審判を受くることを、汝ら知ればなり。


塚本訳ロマ
"450123","ローマ 1:23","その証拠には、朽ちぬ“栄光”の神“の代りに、”朽ちはてる人
や鳥や四足や長虫の“像を”おがんでいる。"
"450124","ローマ 1:24","だから神は、彼らが情欲にかられて不品行を行うに任せられた。
自分で自分の体を辱しめさせるためである。"
"450125","ローマ 1:25","彼らは真の神を偽りの神(偶像)にかえて、造物者の代りに創造
物を崇めもしおがみもしたからである。造物者こそ永遠に賛美すべきである、アーメン。"
"450126","ローマ 1:26","このゆえに神は彼らが恥ずべき肉欲におぼれるに任せられた。
なわち、女はその自然の交わりを不自然な交わりにかえ、"
"450127","ローマ 1:27","同じく男も女との自然の交わりをすてて互に情熱をもやし、男と
男とが恥ずべきことを行い、迷いに対する当然の報いをその身に受けている。"
"450128","ローマ 1:28","こうして彼らは神を知ることを役に立たぬものと考えたので、神
の方でも、彼らの心が役に立たなくなるに任せられた。その結果彼らは(人として)なす
べからざることをするようになったのである。"


●神ならぬものを拝むとそのけ㏍はこうなるとパウロは嘆く。
●性道徳の乱れの原因は信仰問題に尽きる。
●世が乱れるのは真の髪を拝んでいないからである。
●これがあろうことかエクレシアにも感染して、歌や遊興のサークルに堕落し始めた。「異教の神」を拝んでいる。

塚本訳Ⅰペテ
"600415","・ペテロ 4:15","君達のうち誰も人殺し、あるいは泥坊、あるいは悪者として、
あるいはおせっかい屋として受難してはならない。"
"600416","・ペテロ 4:16","しかしもしクリスチャンとして(受難するの)ならば恥じるな、
むしろこの(クリスチャンたる)名において神の栄光を顕せ。"
"600417","・ペテロ 4:17","審判が神の家“から始まる”時(は既に近づいているの)だか
ら。しかしもし(審判が)まず(神の家すなわちキリストを信ずる)私達から(始まる)
とすれば、神の福音に従わぬ者の最後はどうであろう!"
"600418","・ペテロ 4:18","そして“もし義人すら辛うじて救われるとすれば、不敬虔な者
や罪人は”(一体)どうなるのであろう”。"

●なってはならない仕事は「聖書やキリスト教でメシを食うこと」である。その人間の故につまずく人がいる。
●内村鑑三の理想の仕事は「平民の伝道者」か「貧家の良妻」である(いかにして我が天職を知らんか)

塚本訳Ⅰコリ
"460411","・コリント 4:11","いまこの時まで、わたし達は空腹で、渇いて、裸で、ぶたれ
て、宿なしで、"
"460412","
・コリント 4:12","自分の手で働きながら苦労している。罵られては(神の)祝
福を求め、迫害されては我慢し、"
"460413","
・コリント 4:13","そしられては親切な言葉をかける。いまでもなお、この世の
屑、すべての人のかすのようになっている。"

塚本訳使徒
"442033","使徒 20:33","わたしはだれに対しても、金銀や、(高価な)衣服を欲しがったこ
とはない。"
"442034","
使徒 20:34","この二つの手が、わたしの必要のためにも、わたしと一緒にいる
者たちのためにも働いたことは、あなた達自身が知っている。"
"442035","
使徒 20:35","わたしはあらゆる機会にあなた達に例を示したのだから、あなた
達も同じように一生懸命に働いて、経済的に恵まれない者たちを助けなさい。主イエス御
自身が言われた、『与えるのは貰うより幸いである』という御言葉を忘れずに!」"

●福音宣教で金をとってはいけない。パウロのように「自らの手で」稼げ。「与うるは受くるよりも幸いである」

塚本訳使徒
"440302","使徒 3:2","(ちょうどその時、)母の胎内からの足なえの男がかつがれて来た。
彼は宮に入る人たちに施しを乞うため、宮の、いわゆる「美しい門」に毎日置かれたが、"
"440303","
使徒 3:3","(いま)ペテロとヨハネとが宮に入って行くところを見て、しきり
に施しをもらいたいと頼んだ。
"
"440304","
使徒 3:4","ペテロは、ヨハネと一緒に、その人に目をとめて言った、「わたし達
(の顔)を見なさい。」"
"440305","
使徒 3:5","彼が何かもらうことを予期して二人を見つめていると、"
"440306","
使徒 3:6","ペテロが言った、「金銀は持っていない。わたしの持っているもの、
それをやろう。──ナザレ人イエス・キリストの名で歩きなさい!」"


塚本訳黙示
"660209","黙示録 2:9","私はお前(が私の名のために受けた、また受けつつある数々)の
患難と、(またお前の)貧しさとを知っている──しかし(貧しいのはただ外見だけであ
って、神の前では)お前は(一番)富んでいる(のである。)──
また、(自分で)自分を
ユダヤ人であると称え(て誇り)ながら、(その実、決して真の)ユダヤ人でなく、むし
ろサタンの会堂に属する者達からの罵詈を(お前が受けていることを、)私は知っている。
(お前が今日までよくこれに耐えて来たことを私は褒める。)"

●牧師、伝道者は貧しい。バアルの神に屈しないからである。
●しかしこの世の富者にはない喜びがある。
●人が罪から救われる道を知っている。その情報を握っている。

塚本訳ロマ
"451103","ローマ 11:3","「主よ、“彼らはあなたの預言者たちを殺しました。あなたの祭
壇を破壊しました。そしてわたしだけが残っているのに、そのわたしの命をねらっていま
す。”」"
"451104","
ローマ 11:4","ところが彼に対する神のお告げはどうであるか。──「“わたし
(異教の神)バアルに膝をかがめなかった男子七千人を”自分のために“残しておいた。”」

●異教の神に膝をかがめている日本おいてもバアルの神に屈しない一握りの人間がいる。
●黒崎幸吉新約聖書注解WEB版や拙HPの「聖書で聖書を読む」と「TSK日本語版」はパソコンを操作できる人に用いられている。その存在を実感する。彼らは「希望の星」だ。
●現在、牧師や伝道者の30代の人のパソコン能力は大変なものだそうだ。

塚本訳ルカ
"420512","ある町におられた時のこと、そこに体中癩病の人がいた。イエスを見ると、
を地にすりつけ、
「主よ、(清めてください。)お心さえあれば、お清めになれるのだから」
と言って願った。"
"420513","
イエスは手をのばしてその人にさわり、「よろしい、清まれ」と言われると、た
ちまち癩病が消えうせた。"

●人間として「頭を地にすりつける」のは神の子キリストであるべきだ。
●これがいやなら一生真っ暗な人生だ。

塚本訳ヨハネ
"430313","しかも天から下ってきた者、すなわち人の子(わたし)のほかには、だれ一人
天に上った者はない。(また天上のことを知っている者はない。)"
"430314","
そして、ちょうどモーセが荒野で(銅の)蛇を(竿の先に)挙げたように、人
の子(わたしも十字架に)挙げられ(て天に上ら)ねばならない。"
"430315","
それは、(蛇にかまれた者がその銅の蛇を仰いで命を救われたように、)信ずる
者が皆(天に上った人の子を仰いで、)彼にあって永遠の命を持つためである。"
"430316","そのゆえは、神はその独り子を賜わったほどにこの世を愛されたのである。こ
れはその独り子を信ずる者が一人も滅びず、永遠の命を持つことができるためである。"
"430317","
神は世を罰するためにその子を世に遣わされたのではなく、子によって世を救
うためである。"
"430318","彼を信ずる者は罰されない。信じない者は(今)すでに罰されている。彼を神
の独り子として信じていないからである。"
"430319","
すなわち、光が世に来たのに、人々は自分たちの行いが悪いので、光よりも暗
さの方を愛したこと、それが罰である。"
"430320","
悪いことをしている者は皆、光を憎んで光に来ない。自分の行いが明るみに出
されたくないのである。"

●救いの道はここにある。
●異教の神に膝を屈したために体中に癌が蔓延している日本人にとって十字架に挙げられたキリストを仰げば、救われる
●キリストの血は体中に回った毒素を清める血清である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想終わり

●終日、TSK日本語版民数記32章入力。
●イスラエルは進みゆくところは全員「みな殺し」にする。一神教のすさまじさ。人道主義優先の日本人には受け入れがたい。
●しかしこのすさまじさが神の義の現れ。これが十字架の贖罪死の背景。
●一神教のキリスト教対イスラム教の戦いが今度のアルジェリア事件の根底にある。そこに日本が「人道主義」で説得しても通じない。
●終末が来るまで「戦争はやまない。イエスがそう言う。

塚本訳マタイ
402406","戦争(を目のあたりに見たり、)また戦争の噂を聞くであろうが、あわてないよ
うに注意せよ。“それはおこらねばならないことである”が、しかしまだ最後ではない。"
"402407","
(世の終りが来る前に)“民族は民族に、国は国に向かって(敵となって)立ち
上がり、”またここかしこに飢饉や地震があるのだから。"
"402408","
しかしこれは皆(まだ、新しい世界が生まれるための)陣痛の始めである。"
"402409","
その時あなた達は苦しめられ、殺される。またわたしの弟子であるために、す
べての国の人から憎まれる。"


●アルジェリアのテロ集団は「イスラム教徒」には手を付けなかった。完全に宗教戦争。
 

2013_01300002.jpg 

近くの秋留公園にある「お地蔵さま」。かって孫娘の一人がこれを見て、
手をしっかり組んで祈っている意外な姿を見た。
小さい頃から宗教心が備わっていることを見て喜んだものだ。
この「お地蔵さま」を見るたびに彼女のことを思うのだ。









トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


人が去る苦しみ ++++++++ 所感

2013/01/29 06:56

130129(火)明け方に苦しい夢を見て目が覚めた。集会(どこか地方の集まりらしかった)で聖書の話をしていたら、後半から約半分以上の人が席を立って去って行った。この夢は私に何を示唆するのだろうか。こういうことはイエスでもパウロでも使徒たちでも「神の言葉を取り次ぐ者の悲哀」ではあるが、どうもそれだけではなさそうだ。自分の方に何かがいけないものがあるのかもしれない。今朝はこのことを黙想しよう。

塚本訳Ⅰコリ 
"460201","・コリント 2:1","わたしもまた、兄弟たちよ、(はじめて)あなた達の所に行っ
たとき、(人間の)勝れた言葉や知恵を用いることなしに、神から賜った(福音の)証明
を伝えていたのであった。"
"460202","
・コリント 2:2","あなた達の間では、イエス・キリスト以外には何も(言うま
い)知るまいと、決心したからである、十字架につけられたあの方以外には!"
"460203","
・コリント 2:3","[アテネではこの世の知恵で福音を説こうとしたので失敗し
た。]
それでわたしは、弱く、恐れて、またひどく震えて、あなた達の所にいたのである。
"
"460204","
・コリント 2:4","そしてわたしの話も説教も、人を感服させる知恵の言葉によ
らずに、(神の)霊と力との(直接の)立証によった。"
"460205","
・コリント 2:5","それはあなた達の信仰が人間の知恵に基づくのでなく、神(御
自身)の力に基づくためであった。"

●パウロのアテネ伝道の失敗は「この世の知恵」で福音を説こうとした」ためである。哲学者には哲学的に、科学者には科学的に、社会科学者には社会科学的に、文学者には文学的に、遊び人には遊び的に、学歴のある者にはそれなりに、人生の失敗者、貧困者、にはそれなりに優しく説くというのは一見よさそうに見えるが間違いのようだ。どんな場合でも誰にでも「神の霊との直接の立証でなければならないのだ。

塚本訳Ⅰコリ 
"460122","・コリント 1:22","実際、ユダヤ人は(信ずるための証拠に神からの不思議な)
徴を乞い、異教人は(真理を知るために)知恵を求めるが、"
"460123","
・コリント 1:23","わたし達は十字架につけられたキリストのこと(だけ)を説
く。すなわち、ユダヤ人にはつまづき、異教人には馬鹿なことであるけれども、"
"460124","
・コリント 1:24","(神に)召された者だけには、ユダヤ人、異教人の別なく、
(これこそ)神の力、また神の知恵なるキリストを(説くのである)。"

"460125","
・コリント 1:25","というのは、神の(業はどんなに)馬鹿なこと(に見えても、
それ)は人よりも知恵があり、神の(業はどんなに)無力(に見えても、それ)は人より
も力があるからである。"
"460126","
・コリント 1:26","論より証拠、あなた達のお召しのことを考えてみるがよい。
兄弟たちよ、この世的には、(あなた達の中に)多くの知恵者がなく、多くの有力者がな
く、多くの高貴の人がないではないか。"

●ユダヤ人は信ずるために証拠を、異教人は信ずるために真理を求める。日本人は「信仰」が立身出世や金もうけにつながるかどうかを考えている。牧師伝道者の話もいかに集客し、教会(集会)を維持継続するかということに関心の的があり、話の内容もそのように組み立てられる。長老や信徒を恐れて彼らに「耳触りのよい」話になっているから力がない。それはパウロの言う人間の知恵だ。

塚本訳使徒
442611","使徒 26:11","わたしはまたあらゆる礼拝堂でしばしば罰をもって彼らを強要し
て、(イエスを)冒涜させようとしました。そして彼にむかい猛り狂って、(ユダヤの)国
の外の町々にまで行って、迫害をつづけたのであります。"
"442612","
使徒 26:12","こんな次第で、わたしは大祭司連から全権と委任とを受け、(迫害
のため)ダマスコに進んでゆくと、"
"442613","
使徒 26:13","王よ、昼に、途中で、天から輝く太陽にもまさる光がさして、わ
たしと、同行の者たちとのまわりを照らすのを見ました。"
"442614","
使徒 26:14","わたし達が皆地上に倒れると、ヘブライ語で、『サウロ、サウロ、
なぜわたしを迫害するのか。刺の棒は蹴っても無駄だ』とわたしに言う声を聞きました。"
"442615","
使徒 26:15","わたしは言った、『主よ、あなたはどなたですか。』主が言われた、
『わたしだ、君が迫害しているイエスだ。"


塚本訳使徒
使徒 26:24","彼がこのように弁明したとき、フェストが大声で(それをさえぎ
って)言う、「パウロ、お前は気が狂っている。博学がお前を狂わせたのだ。」"
"442625","
使徒 26:25","パウロが言う、「フェスト閣下、気は狂っておりません。わたしは
正気で真理の言葉を話しています。"

●パウロはこの世の権威者から「狂信者」と思われた。この世の権威者は「この世の神」にひれ伏しているからそう思えるのだ。
●もっともパウロは狂ったようにキリスト信者を迫害していたのだ。
●人間は常に何かの神に「ひれ伏す」。金に高学歴に地位に女に遊びに・・・・・


塚本訳マタイ
"401353","イエスはこれらの譬を終えると、そこを去り、"
"401354","
郷里(ナザレ)に行ってその礼拝堂で教えられた。すると人々が驚いて言った、
「この人はどこからこの知恵と、奇蹟とを覚えてきたのだろう。"
"401355","
これはあの大工の息子ではないか。母はマリヤで、兄弟はヤコブとヨセフとシ
モンとユダではないか。"
"401356","
女兄弟たちは、みんなわたし達の所に住んでいるではないか。するとこの人は、
こんなことを皆どこから覚えてきたのだろう。」"
"401357","
こうして人々はイエスにつまずいた。しかしイエスは彼らに言われた、「預言者
が尊敬されないのは、その郷里と家族のところだけである。」"
"401358","彼らの不信仰のゆえに、そこではあまり奇蹟を行われなかった。(出来なかった
のである。)"

●人を家柄、血筋で見ると誤まる。神から生まれるものは神が生むのだ。

塚本訳マタイ
"400309","『われわれの先祖はアブラハムである(から大丈夫だ)』などと考えてはならな
い。わたしは言う、神はそこらの石ころからでも、アブラハムの子供を造ることがお出来
になるのだ
"

塚本訳ヨハネ
"430714","祭がすでに半ばになったとき、(すなわち祭の四日目に、)イエスが宮に上って
教えておられると、"
"430715","
ユダヤ人は驚いて言った、「この人は学校に行ったこともないのに、どうして聖
書を知っているのだろうか。
"
"430716","
イエスは答えて言われた、「わたしの教えはわたしの教えではない。わたしを遣
わされた方の教えである。"
"430717","
その方の御心を行おうと決心する者には、わたしの教えが神から出たものか、
それともわたしが自分で勝手に話しているかがわかるであろう。"
"430718","
自分で勝手に話す者は、自分の名誉を求める。(そしてその言うことが偽りであ
る。)しかし自分を遣わされた方の言葉を語って、その方の名誉を求める者は、真実であ
り、(すこしも)偽りがない。"

●学歴で人を判断する信者がいる。大抵信仰の薄い人である。信仰で人を見る目がない。
●ある生徒が「先生はどこの大学を卒業されたのですか」と聞いてきた。彼女の罪は孫子まで三-四代に及ぶであろう。
●東大卒のクリスチャンは必ずしも信仰は深くない。かえって浅い。なぜか、この世的にたよるものがあるからだ。人脈然り、経歴然り。家系然り、そういうものは信仰の世界では不利。
●東大卒を尊敬する女性は99%信仰が浅い。そういう女性は尊敬できない。そういう女性を「割礼なき女」という。「塚本先生と一緒に伝道した人の息子の嫁だ」と自慢した超愚か者がいた。どう聖書を学んできたのだろう。
●某キリスト教雑誌は著者紹介欄で大学の教師をズラッと並べることが「趣味」。編集スタッフは信仰の目がない。エリート集団雑誌であることで世を驚かせるのは意味がない。放っておけばそのうち消滅する。
●もう消えたが、無教会の同人雑誌でエリートばかりを集めて「聖書講義」をしたものがあった。聖書講義の程度が低く力がなかった。その編集長は晩年「テレビばかり」を見ていたそうだ。エリートが悪いのではない。その雑誌の編集方針に「使徒伝承」がなかったからだ。執筆者にエリートがいなくなり、季刊になり、年一回になり、ついに消滅した。無教会の恥。
●今、出ている無教会の雑誌にこれと似たりよったりのものが複数ある。罪の赦し復活永遠の命の「使徒伝承」がない。気の抜けたビールのようだ。
●若い信者よ、この世のエリートを目指すな。その道には神の祝福がない。 

 塚本訳マルコ
"410320","マルコ 3:20","家にかえられると、また群衆が集まってきて、みんなは食事すら
出来なかった。"
"410321","
マルコ 3:21","身内の者たちが(イエスの様子を)聞いて(ナザレからカペナウ
ムへ)取りおさえに出てきた。「気が狂っている」と思ったのである。"
"410322","
マルコ 3:22","またエルサレムから下ってきた聖書学者たちは、「あれはベルゼ
ブル[悪魔]につかれている」とか、「悪鬼どもの頭[悪魔]を使って悪鬼を追い出して
いる」とか言った。"

●信仰の道を身内(両親、伴侶、子供、親類)から理解されないことほど悲しくつらいことはない

塚本訳マタイ
"401034","地上に平和をもたらすためにわたしが来た、などと考えてはならない。平和で
はない、剣を、(戦いを)もたらすために来たのである。"
"401035","
わたしは子を“その父と、娘を母と、嫁を姑と”仲違いさせるために来たのだ
から。"
"401036","
家族が自分の敵となろう。”"
"401037","
わたしよりも父や母を愛する者は、わたし(の弟子たる)に適しない。わたし
よりも息子や娘を愛する者は、わたし(の弟子たる)に適しない。"
"401038","
また自分の十字架を取ってわたしのあとに従わない者は、わたし(の弟子たる)
に適しない。"
"401039","
(十字架を避けてこの世の)命を得る者は(永遠の)命を失い、わたしのため
に(この世の)命を失う者は、(永遠の)命を得るであろう。"

●負わされる十字架は重い。肩に食い込む。労苦が重い。しかしその重さが「宣教そのものだ」。
●大所高所から天下国家を評論することが宣教ではない。
●某牧師は身内に精神を患った人が出た。彼はその方面の悩みの相談者になった。そしてさらに刑務所で囚人の悩みを聞く仕事をしている。尊敬すべき仕事。
●かっての米国大使故ライシャワーの父は日本への宣教師であった。娘に聾唖者が生まれた。氏はそれに悩み、日本で初めての聾唖学校を創立した。
●ライシャワー大使が日本人の暴漢に襲われて倒れた時、輸血で一命を取り止めた。氏は「自分は米国の血と日本の血が混ざった。これで本当に米国大使になれた」と言われた。暴漢を赦した。この父にしてこの子あり。しかしその後肝炎で命を縮めた。その時の輸血が原因だったらしい。十字架を負ったクリスチャンらしい生涯だ。
 ●内村鑑三の理想とする職業は「平民の伝道者」「貧家の良妻」。(「いかにして我が天職を知らんか」)。それは内村が言うようになろうとしてなれるものではない。いやいやながら「追い詰められて」仕方なしなしにやらせられるのだ。身内の不義に泣く時、それが真に十字架を負うことだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想おわり

●8:30 妻は 知人とハイキング。弁当を用意して行ってくれた。
●私はTSK日本語版入力。今日は民数記31章。5時間でできるか。
●BK、郵便局

 2013_01290001.jpg

我が家の冬の庭。春を待つ。

●15:00 妻がハイキングから帰る。西多摩霊園からのコース。全部家から徒歩。
とても良いコースだったので、私も歩けそうだから今度行きましょうという。
富士もスカイツリーも見えたという。この辺は良いところだ。

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


泣くな。人生の失敗者 ++++++++ 所感

2013/01/28 05:54

130128(月)4時15分起床●朝の啓示「泣くな。人生の失敗者よ。永遠の命と復活への門が開かれた」●最近は様々な問題で、十字架の重みがグッと肩に食い込んできた●理想の喪失、経済の破綻、結婚の失敗、子育ての失敗、夫の浮気、精神的病の悩み・・・・・●精神科医の中には牧師の精神的病を診るというケースもあるそうだが、さもありなん。十字架は重い●今朝の啓示は「泣くな。人生の失敗者よ」であるが、その慰めの言葉は私の場合は「永遠の命と復活への門が開かれた」ということであって、人間的な慰めの「言葉だけのもの」ではない。

塚本訳ヨハネ
"431427","(今別れにのぞんで)平安をあなた達にのこしておく。わたしの平安をあなた
達に与える。わたしが与える平安は、この世の人が『平安あれ』といのるような(言葉だ
けの)ものではない
。(だから)心騒がせるな、気を落すな。"

●言葉としての慰めであったら、巷にたくさんある。その最高の言葉は「わたしも同じですよ」という同質の原理である。上から目線でなく、同じ高さの目線である。
●ところが聖書の慰めは実質的である。聖霊という慰め主が実態として降り注ぐというのだ。

塚本訳ヨハネ
"431417","これは真理の霊である。この世(の人)には見えもせず、わかりもしないから、
これを受けいれることが出来ない。(しかし)あなた達にはこの霊がわかる。いつもあな
た達のところをはなれず、また、あなた達の中におるのだから。"
"431418","わたしは父上の所に行くけれども、あなた達を孤児にはしておかない。(すぐ)
かえって来る。"

"431419","もう少しするとこの世(の人)はもはやわたしを見ることができなくなるが、
あなた達は(間もなく)わたしを見ることができる。わたしは(死んでまた)生き、(そ
れによって)あなた達も生きるからである。"
"431420","その時あなた達は、わたしが父上の中に(おるように)、あなた達がわたしの中
に、わたしがあなた達の中におることを知るであろう。"

●人間は孤児にはされない。命の神、霊の神が実質的に心を満たしてくれるのだ。
●それは終末の完成という将来の希望だけでなく「今、この世」で喜びに満たされるのだ。
●使徒の時代、それはいつであったかというと、イエスの有体的復活とペンテコステ(聖霊降臨)である。

塚本訳ヨハネ
"431620","アーメン、アーメン、わたしは言う、(わたしがいなくなると)あなた達は泣い
て悲嘆にくれるが、この世は喜ぶであろう。あなた達は悲しむが、その悲しみは(やがて)
喜びにかわるであろう。
"
"431621","
女が子を産む時には、女の(宿命の)時が到来したので悲しみがあるけれども、
子が生まれると、一人の人間が世に生まれ出た喜びのために、もはや(お産の)苦しみを
覚えていない。"
"431622","
だから、(同じく)あなた達にも今は悲しみがあるが、わたしはもう一度あなた
達に会うのだから、(その時)あなた達の心は喜ぶであろう。
そしてあなた達からその喜
びを奪う者はだれもない。"

塚本訳ヨハネ
"432019","その日すなわち週の初めの日の晩であった。ユダヤ人を恐れて、弟子たちのお
る部屋の戸には(皆)鍵がかけてあったのに、イエスが(どこからともなく)はいって来
て(彼らの)真中に進み出て、「平安あれ」と言われた。"
"432020","
そしてそう言いながら、手と脇腹とをお見せになった。弟子たちは主を見て喜
んだ。"
"432021","すると主はかさねて言われた、「平安あれ。父上がわたしを遣わされたように、
わたしも(全権を授けて)あなた達を遣わす。」"
"432022","
こう言いながら彼らに息を吹きかけて、言われる、「聖霊を受けよ。"
"432023","
人の罪は、あなた達が赦してやれば赦されて消え、赦してやらねば赦されずに
残る。」"

塚本訳マタイ
"402805","天使は女たちに言った、「恐れることはない。あなた達は十字架につけられたイ
エスをさがしているようだが、"
"402806","
ここにはおられない。かねがね言われたとおり、もう復活されたのだから。来
て、お体が置いてあった場所を見なさい。"
"402807","
それから急いで行って弟子たちに、『イエスは死人の中から復活された。あなた
達より先にガリラヤに行かれる。そこでお目にかかれる』と言いなさい。これを言いにわ
たしは来たのだ。」"
"402808","
女たちは恐ろしいが、また嬉しくてたまらず、(中には入らずに)急いで墓を立
ち去り、弟子たちに知らせるために走っていった。
"
"402809","
するとイエスがぱったり彼らに出合って、「お早う」と言われた。女たちは進み
寄り、その足を抱いておがんだ。"

塚本訳ヨハネ
"432013","天使がマリヤに言う、「女の人、なぜ泣くのか。」マリヤが言う、「わたしの主を
取っていった者があります。どこに置いたのかわかりません。」"
"432014","
こう言って後を振り向くと、イエスがそこに立っておられるのが見えた。しか
しイエスだとは気づかなかった。"
"432015","
イエスが言われる、「女の人、なぜ泣くのか。だれをさがしているのか。」マリ
ヤはそれを園丁だと思って言う、「あなた、もしあなたがあの方を持っていったのだった
ら、どこに置いたか教えてください。わたしが引き取りますから。」"
"432016","
(こう言って、また墓の方を向いていると、)イエスが「マリヤ!」と言われる。
マリヤが振り向いて彼に、ヘブライ語で「ラボニ!(すなわち「先生!」)と言う。(そし
てイエスに抱きつこうとした。)
"
"432017","
イエスが言われる、「わたしにすがりつくな。まだ父上の所に上っていないのだ
から。わたしの兄弟たち(弟子たち)の所に行って、『わたしは、わたしの父上、すなわ
ちあなた達の父上、わたしの神、すなわちあなた達の神の所に上る』と言いなさい。」"
"432018","
マグダラのマリヤは行って弟子たちに、「わたしは主にお目にかかった」、また、
主がこのことを彼女に言われた、と報告した。"

塚本訳ルカ
"422445","それから聖書をわからせるために彼らの心を開いて"
"422446","
言われた、「救世主は苦しみをうけて、三日目に死人の中から復活する。"
"422447","
また罪を赦されるための悔改め(の福音)が、その名においてすべての国の人
に説かれる、エルサレムから始まって、と(聖書に)こう書いてある。"
"422448","
あなた達はこの(苦しみと復活との)証人である。"
"422449","
待っておいで、わたしが父上のお約束のもの[聖霊]をあなた達におくるから。
あなた達は(この)天よりの力を身につけるまで、都に止まっていなさい。」"

塚本訳ヨハネ
"431425","わたしはこれだけのことを、(まだ)あなた達と一しょにおるあいだに話した。
(これ以上のことは話してもわからないからだ。)"
"431426","
(わたしが去ったあとで、)父上がわたしの名で遣わされる弁護者、すなわち聖
霊が、あなた達にすべてのことを教え、またわたしが言ったことをすべて思い出させるで
あろう。"


塚本訳使徒
"440106","使徒 1:6","さて彼らは集まっていたとき、こう言ってイエスに尋ねた、「主よ、
(聖霊で洗礼を授けられる)その時に、あなたはイスラエルのために(約束の)国を回復
されるのですか。」"
"440107","
使徒 1:7","彼らに言われた、「(その時ではない。回復の)時と、(それまでの)
期間とは、父上が御自分の権力で決めておられるのであって、あなた達の知るべきことで
はない。"
"440108","
使徒 1:8","ただ聖霊があなた達にくだるとき、あなた達は力を戴いて、エルサ
レムをはじめユダヤ全体、またサマリヤ、さては世界の果てまでも、わたしの証人になる
であろう。」"

塚本訳使徒
"440201","使徒 2:1","五旬節の祭の日(すなわち五旬節最後の日)になって、(使徒たちが)
皆一緒に集まっていると、"
"440202","
使徒 2:2","突然、天から激しい風が吹いてきたようなざわめきがしてきて、座
っていた家中にひびきわたった。"
"440203","
使徒 2:3","そして火のようなかずかずの舌が、分れ分れに自分たちひとりびと
りの上に留まるのが彼らに見えた。"
"440204","
使徒 2:4","すると彼らは皆聖霊に満たされ、御霊に言わせられるままに、いろ
いろな外国語で話し出した。
"

●かくして、福音の宣教は始まった。ヒルティによればローマ帝国が精神的に行き詰って暗いムードになっていた。これ我が国の現状と同じ●ローマ帝国は性的不道徳のために人口が増えなくなった(これ天罰)。兵隊を作れなくなったので国力は衰退。そういう暗さの中に一陣のさわやかな生気溌剌たる風が吹いてきた。それが初代キリスト教の集団であった。性道徳に清い集団であった。彼らは歴史を変える転轍手であった。ローマ帝国はこれでよみがえった。●彼らのことをこの世の人間は「酔っぱらっている」ように見えたとある。

塚本訳使徒
"440212","使徒 2:12","皆が呆気にとられ、すっかり不安になって互に言った、「これはい
ったいどうしたというのだ。」"
"440213","
使徒 2:13","しかし「あの人たちは新酒に酔っぱらっている」と言って、嘲弄す
る者もあった。"
"440214","
使徒 2:14","するとペテロは十一人(の使徒)と共に進み出て、声高らかに雄弁
をふるった。──「ユダヤ人諸君、ならびにエルサレムに住む皆さん、このことを知って
ください。わたしの言葉に耳を傾けてください。"
"440215","
使徒 2:15","今は(まだ)朝の九時であるから、あなた達が想像するように、、
この人たちは酒に酔っているのではありません"
"440216","
使徒 2:16","これは(神が)預言者ヨエルをもって言われたこと(が成就して、
神の霊に酔っているの)です。"
"440217","
使徒 2:17","神が仰せられる、──最後の日に、“わたしはすべての人にわたし
の霊を注ごう。するとあなた達の息子と娘とは預言し、青年は幻を見、老人は夢をゆめみ
る。"
"440218","
使徒 2:18","またその日には、わたしの僕と婢とにわたしの霊を注ごう、”する
と彼らは預言する。"

●ローマ帝国がキリスト教を国教とする「その時」までまだ300年はかかった。●初代キリスト教の殉教者たちに感謝。彼らは労苦した。血を流した。家族別れした。十字架を負った。●それに比べて私の労苦なぞ、比べものにならない。初代キリスト教殉教者達に比べればナンノコレシキだ。

塚本訳Ⅰコリ
"460922","・コリント 9:22","(信仰の)弱い者たちには弱くなった。弱い者たちを得るた
めである。わたしはこれらみんなのために、どんなものにでもなった。せめて幾人かだけ
でも救うためである。"
"460923","
・コリント 9:23","わたしは福音のためには、どんなことでもする。福音(の恩
恵)を共有する者になるためである。"
"460924","
・コリント 9:24","(だからあなた達も、競技場の闘士のように自制しなければ
ならない。)競技場で走る者は皆走るけれども、たった一人が賞をもらうことを、あなた
達は知らないのか。あなた達も、それを勝ち取るように走らなければならない。"
"460925","
・コリント 9:25","しかし競技する者は皆、何事にも自制する。ただ、あの人た
ちは朽ちはてる冠をもらうためであるが、わたし達は朽ちぬ冠のためである。"
"460926","
・コリント 9:26","わたしはそれゆえに、目標があいまいでないように走る。空
を打たないように拳闘をする。"
"460927","
・コリント 9:27","いや、自分の体を打ちたたいて征服する。人には(福音を)
説きながら、自分では失格するようなことのないためである。"

●音楽家もアスリート達も「自分の体を打ちたたいて」励む。クリスチャンは自分で「自分の体を打ちたたいて」十字架を忍ばねばならない。血を流さなければならない。


讃美歌384番


我こそ十字架の つわものなれ、
争(いか)でか恥ずべき イェスの御名を


わが主の軍(いくさ)の さきがけして
血の海こえゆき 友は勝ちぬ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想終わり。あーすっきりした。これから今日が始まる。(5時57分)
 
●NHKFM7:20 「気らクラ」で私の寄せた文章が読み上げられた。
「2008年11月、プラハのスメタナホールでモーツァルトのヴァイオリン協奏曲第5番を鑑賞しました。その時の独奏者が奥村愛さん(本日のゲスト)でした。あまりに素晴らしい演奏だったので、聴衆は各楽章ごとに拍手するという異例のことが起こりました」

●家の前の道の雪かき。
●妻はコーラスの練習。とその会議
●図書館で浜田広介の「泣いた赤鬼」原文を借りる。その他2冊注文。
●終日TSK日本語版民数記29章、20章を入力。
 

2013_01280007.jpg 

夕方れの散歩で富士を見る。
富士を見るとST君を思うのだ。長く一緒に仕事をした仲だが、
彼は還暦を待たずして逝った。ある夏、一緒にあの富士に登ったものだ。
私は家に帰れば妻の夕食が待っている。感謝だ。
ST君はあるとき「高橋君、聖書ってそんなに面白いのかい?」と聞いた。
私は残る生涯を罪の赦し、復活と永遠の命の福音を伝えるために挺身しよう。
 

●夕食の時に妻に「私が病になって長く寝込むようになったら、書斎を病室にしたい」と言った。ここにはパソコンもオーディオもある。この部屋から福音を最後まで発信し続けたい。
●キリストの血は人の総ての罪を清める。毒素が回った罪の身を清めるのはイエスの血という血清である。無料である。信ずれば罪は清められて楽になる。そして復活と永遠の命の希望に生きることができる。









トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


この世の神にひれ伏す場合 ++++++++ 所感

2013/01/27 05:59

130127(日)4時目覚め。●次回2月3日の感話の主題は憎む」である。、全聖書を一貫して流れる思想は神に創られた人間が「神を喜ぶ」(ウェストミンスター小教理問答書第一問の答え)ことをしないで、悪魔の誘いに乗って「あだし神」にひれ伏しているためである。そのこの世の神に犠牲を捧げているのだ。!●キリストの父なる神を一途に礼拝している信者が煙たいのである。この世がキリスト信者を憎む原因はここにある。拝む神が違うのである。だからキリスト信者を、蹴飛ばして排除したいのである。今朝は透徹してこのことが見えた。示された。●配布資料の冒頭を掲げる

2月3日感話の配布資料冒頭
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


この世の神にひれ伏す場合

――キリスト信者を憎むことの理由――

ヨハネ福音書15章18~27節

 

2013年2月3日 東京聖書読者会 高橋照男

枠内は塚本訳

"18","(しかしわたしに愛される時、あなた達はこの世から憎まれる。だが)もしこの世があなた達を憎んだら、あなた達よりも先にわたしを憎んだと思え。"

 

塚本訳マタイ

"400408","悪魔はまたイエスを非常に高い山に連れてゆき、世界中の国々と、栄華とを見せて"

"400409","言った、「あれを皆あげよう、もしひれ伏してわたしをおがむなら。」"

"400410","そこでイエスは言われる、「引っ込んでいろ、悪魔!(聖書に)“あなたの神なる主をおがめ、”“主に”のみ“奉仕せよ”と書いてあるのだ。」"

"400411","そこで悪魔が離れると、たちまち天使たちが来てイエスに仕えた。"

 

塚本訳マタイ

"401622","するとペテロはイエスをわきへ引っ張っていって、「主よ、とんでもない。そんなことは絶対にいけません!」と言って忠告を始めた。(救世主が死ぬなどとは考えられなかったのである。)"

"401623","イエスは振り返って、ペテロに言われた、「引っ込んでろ、悪魔、この邪魔者!お前は神様のことを考えずに、人間のことを考えている!"

 

口語訳 レビ 17:7

17:7 彼らが慕って姦淫をおこなったみだらな神に、再び犠牲をささげてはならない。これは彼らが代々ながく守るべき定めである』。

 

口語訳   25:1-3

25:1 イスラエルはシッテムにとどまっていたが、民はモアブの娘たちと、みだらな事をし始めた。

25:2 その娘たちが神々に犠牲をささげる時に民を招くと、民は一緒にそれを食べ、娘たちの神々を拝んだ。

25:3 イスラエルはこうしてペオルのバアルにつきしたがったので、主はイスラエルにむかって怒りを発せられた。

 

塚本訳Ⅰコリ

"461020","・コリント 10:20","そうではない。(聖書にあるように、異教の)人々が犠牲を捧げるのは、“悪鬼にであり神でないものに捧げている”、というのである。あなた達には悪鬼の仲間になってもらいたくない。"

 

塚本訳マタイ

"400624","(わたし達の心は天か地かに引かれる。)だれも(同時に)二人の主人に仕えることは出来ない。こちらを憎んであちらを愛するか、こちらに親しんであちらを疎んじるか、どちらかである。あなた達は神と富とに仕えることは出来ない。"

 

"19","もしあなた達がこの世のものであったら、この世は自分のもの(であるあなた達を)愛するはずである。しかしあなた達は(もはや)この世のものではなく、わたしがこの世から選び出したのだから、この世はあなた達を憎むのである。"

 

塚本訳ヨハネ

"430319","すなわち、光が世に来たのに、人々は自分たちの行いが悪いので、光よりも暗さの方を愛したこと、それが罰である。"

"430320","悪いことをしている者は皆、光を憎んで光に来ない。自分の行いが明るみに出されたくないのである。"

 

塚本訳ピリピ

"500319","ピリピ 3:19","あの人達の最後は破滅、その神は自分の腹、その光栄(と考えているもの)は(実は)恥であって、あの人達は(ただ)地のこと(ばかり)に気を取られているのだ!"

 

塚本訳ヤコブ

"590404","ヤコブ 4:4","姦婦達、世に対する愛情は神への敵対であることを知らないのか。だから誰でも世の友になろうと思う者は自分を神の敵とするのである。"

 

塚本訳Ⅰヨハ

"620313","・ヨハネ 3:13","世があなた達を憎むことを、兄弟たちよ、驚くに及ばない。"

塚本訳マタイ

"401034","地上に平和をもたらすためにわたしが来た、などと考えてはならない。平和ではない、剣(けん)を、(戦いを)もたらすために来たのである。"

"401035","わたしは子を“その父と、娘を母と、嫁を姑と”仲違いさせるために来たのだから。"

"401036","家族が自分の敵となろう。"

 

塚本訳Ⅰヨハ

"620405","・ヨハネ 4:5","彼らは(この)世から(出たの)である。だから、その語ることはこの世的であり、世は彼らの言うことを聞くのである。"

 

塚本訳エペ

"490202","エペソ 2:2","かつてはこの世の世界の流れに従い、すなわち空中の権威と、今も不従順の子らの中に働いている(悪)霊との首領に従って、その咎と罪の中を歩いたのであった。"

"490203","エペソ 2:3","(否、)私達も皆かつてはこの人達に伍して自分の肉の欲の中に生活し、肉と欲望の欲するままに振舞って、他の(異教)人達のように生まれながら(神の)怒りの(審判に定められた)子であった"

"490204","エペソ 2:4","しかし憐憫(あわれみ)に富み給う神は、その大なる愛によって私達を愛し、"

"490205","エペソ 2:5","咎によって死んでいたこの私達をもキリストと共に活かし──君達が救われたのは恩恵によるのだ──"

 

塚本訳ヨハネ

"430112","しかし受け入れた人々、すなわち、その名を(神の子であることを)信じた人には一人のこらず、神の子となる資格をお授けになった。"

"430113","この人たちは、人間の血や、肉の欲望や、男の欲望によらず、神(の力)によって生まれたのである。"

 

塚本訳Ⅰペテ

"600209","・ペテロ 2:9","しかし君達は“選ばれた種族、王なる祭司、聖き民族、”神の“所有物なる民”(である。そして君達がかく神の所有物となったのは、)君達を暗から驚くべき光へと召し給うたお方の“功業(いさおし)を宣べるためである”。"

"600210","・ペテロ 2:10","(誠に)君達はかつては、「“非民”」(であったが)今や神の民、(前には神に)“憐れまれぬ者”(であったが)今や憐れまれる者(となった)。"

 

塚本訳Ⅰペテ

"600404","・ペテロ 4:4","(しかしかつては共にこれらのふしだらな生活をしていた)彼ら(異教人達)は、君達が(最早)同じ放蕩(生活)の流れに共に身を投じないので、そのことを(驚き)異しみ、(君達を譏(そし)るばかりか、遂に)主と神とを冒涜する。"

 

塚本訳Ⅱテモ

"550312","・テモテ 3:12","(私だけでなく、)キリスト・イエスにあって敬虔に生きようとする者は皆迫害される。"

 

塚本訳Ⅰヨハ

"620519","・ヨハネ 5:19","(また)わたし達は知っている、わたし達は神から(出た者)であって、全世界は悪者の支配の下にあることを。"

"620520","・ヨハネ 5:20","しかしわたし達は知っている、神の子が来て、(唯一の)まことの者(なる神)を知る知識力をわたし達に与えられたことを。そしてわたし達はこのまことの者の中に、(然り、)御子イエス・キリストの中に、あるのである。この方はまことの神であり、また永遠の命である。"

"620521","・ヨハネ 5:21","子供たちよ、(このまことの神をもつあなた達は、)偶像から身を守りなさい。"

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2月3日感話の配布資料冒頭 おわり

●10:00 妻と集会へ
集会は川上(司会)、横田(ヨーロッパキリスト教史)、村上(申命記、アルジェリア事件、一神教の問題)
●終了後村上さんと懇談。
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


心の病は必ず治る ++++++++ 所感

2013/01/26 06:00

130126(土)5時目覚め●朝の黙示「心の病は必ず治る」●病のうち「心の病」ほど難しいものはない。医者に行けばすぐ直るという種類の病気ではない。治療には時間がかかる。年単位、数年単位である。●しかし直る。必ず治る。●普通そういう病人を抱えると家庭がおかしくなる●こういうとき家人に必要なことは「絶対に治る」という信念のねばりである●自然治癒ということを堅く信じることである。イナバの白ウサギはガマの穂にそっと寝かされて治った●しかし「放っておけば治る」というものではない。寝かせておけば治るというものでもない。家人の暖かい見守りと忍耐の愛と神は必ず治してくださるという信仰を固く持ち続けることである。●心の病は心の落ち着きがないから、手当たり次第に心を満たすものに走る。アルコール、ギャンブル、風俗遊び、不倫。高級品の買い物、・・・・・・●心をときめかすものに走る。しかしそれは枝葉である。根が悪いから結果としてそういう行動に出るのである。●ではその「心の落ち着き」「心の平安」はどこからと来るかと言うと「まことの神」に帰依することだ。●夫が妻を嫌いになるとき、妻が夫を嫌いになるときも完全に「心の病」である。具体的には金か女で夫婦に亀裂が入る。好き嫌いだけで結婚すると必ずいつかその日(The Day)が来る。結婚は神と自分との契約である。相手に嫌われてもそこは「粘らなければならない」。また相手をどうしてもどうしても嫌いになっていたたまれなくなったら自分だけでも神に戻らなければならない。神に駆けこまなければならない●高橋はまた聖書か信仰か宗教かと言うなかれ。神に帰依しないで治るものならその道を教えていただきたい。●心の病が治る道は命の水源の神に立ち帰ることである。そのとき心の病は消えてなくなる。●そして長かった心の病の苦しみは本人にも家族にも、あの時は苦しかったがあの日々は御心であったと思う感謝の日は必ず訪れる。●心の病人を抱えた家庭は心の「しもやけ」状態であるから、心のマッサージをする必要がある。それは神がしてくださる。人間はそれに答えて熱心に祈らねばならない。●思いつくままに関連聖句を掲げてみよう。

塚本訳ヨハネ
"430410","イエスは答えられた、「もし神の(賜わる最上の)賜物が何であるか、『飲ませ
てくれないか』と(今)あなたに言っている者がだれであるかがあなたにわかっていたら、
あなたの方からその人に頼み、その人があなたに清水[命の水]を与えたであろうに。」"
"430411","
女が言う、「主よ、あなたは釣瓶も持たれず、(この辺は)井戸も深いのに、ど
こからその清水を汲んで来られるのですか。"
"430412","
あなたはわたし達の先祖ヤコブよりもえらいのでしょうか。(まさかそうではあ
りますない。)彼のおかげで、わたし達のこの井戸もあるのです。彼も、その子たちも、
家畜も、この井戸から飲みました。」"
"430413","
イエスは答えられた、「この(井戸の)水を飲む者はだれでもまた渇くが、"
"430414","
わたしが与える水を飲む者は永遠に渇かない。そればかりでなく、わたしが与
える水は、その人の中で(たえず)湧き出る水の泉となって、永遠の命に至らせるであろ
う。」"
"430415","女が言う、「主よ、その水を下さい。(二度と)渇くことがないように、またこ
こに汲みに来なくてもよいように。」"
"430416","
イエスが言われる、「行って、あなたの夫をここに呼んで来なさい。」"
"430417","
女が答えた、「わたしには夫はありません。」イエスが言われる、「『わたしには
夫はありません』と言うのは、もっともだ。"
"430418","
五人の夫とは別れ、今のは、あなたの夫ではないのだから。あなたの言ったこ
とは本当だ。」"

●このサマリヤの女は「心の病」。次から次へと「男を渡り歩いて」まだ心の乾きが癒されない。今同棲中の男は6人目である。これも早晩別れるようになるであろう。
●人間はいったん別れる癖がつくといとも簡単に「別れる」。別れの術を経験するからである。
●イエスはこういうまずい過去を持った「女」を嫌わないで「永遠の命」「永遠に乾かない水」を与えようとする。これは女の不幸に乗じて言ったのだ。チャンスと思ったのだ。
●すると女は言った「「主よ、その水を下さい。(二度と)渇くことがないように」と。ガッツポーズである。人は求めるときに与えられる。
●人生において聖書も信仰も「出番」という時がある。それhがどうしようもない不運、不可解、不条理な出来事である。身に覚えがないこと。どうしてこの私に、どうして我が家にと思うことが襲いかかる。 それは自分の恥、家の恥、汚点である。
●しかしそれが神のマッサージなのだ。きつーいマッサージなのだ。心の血行を促すマッサージなのだ。神のやむを得ざる愛の実行の業だ。

塚本訳ルカ
"421511","また話された、「ある人に二人の息子があった。"
"421512","
『お父さん、財産の分け前を下さい』と弟が父に言った。父は身代を二人に分
けてやった。"
"421513","
幾日もたたないうちに、弟は(分け前)全部をまとめて(金にかえ、)遠い国に
行き、そこで放蕩に財産をまき散らした"
"421514","
すべてを使いはたしたとき、その国にひどい飢饉があって、食べるにも困り果
てた。"
"421515","
そこでその国のある人のところに行ってすがりつくと、畑にやって、豚を飼わ
せた。"          
"421516","
彼はせめて豚の食う蝗豆で腹をふくらしたいと思ったが、(それすら)呉れよう
とする人はなかった。"
"421517","
ここで(はじめて)本心に立ち返って言った。──お父さんのところでは、あ
んなに大勢の雇人に食べ物があり余っているのに、(息子の)このわたしは、ここで飢え
死にしようとしている。……"
"421518","
よし、お父さんの所にかえろう、そしてこう言おう、『お父さん、わたしは天(の
神様)にも、あなたにも、罪を犯しました。"
"421519","もうあなたの息子と言われる資格はありません。どうか雇人なみにしてくださ
い』と。"

・・・・
"421530","ところがあのあなたの息子、きたない女どもと一しょに、あなたの身代をくら
いつぶしたあれがかえって来ると、肥えた小牛を御馳走されるのはどういうわけですか。』
"
●人は思わぬ大金が入ると99%堕落する。遊興に使う。心の癒しに使う。大王製紙の若社長は大金をラスベガスで使った。若社長ではなくバカ社長である。先代の社長の教育が悪かった。アノ会社は先がない。従業員にヤル気がなくなるからである。「女遊び」は必ず発覚する。匂いがする。目が語っている。目に悪魔が合知っている。目が泳いでいる。
●このルカ15章のイエスの「放蕩息子の譬」は人類が続く限り永遠の真理である
●30節ではまじめな兄が弟を軽蔑して「きたない女と一しょ」だったと言った。普通の人間はこういう感情になる。神のようにはなれないものだ。
●ここで兄がデキていて、弟を赦したら「物語」にならない。父が赦したのである。教会や集会という人間が赦すのではない。父なる神が直接赦すのだ。

塚本訳ヨハネ
"430420","(それでお尋ねしたいのですが、)わたし達の先祖はこの(ゲリジム)山で(神
を)礼拝したのに、あなた達(ユダヤの人)は、礼拝すべき場所はエルサレムだと言われ
ます。(どういう訳でしょうか。)」"
"430421","
イエスが言われる、「女の人、わたし(の言葉)を信じなさい。(間もなく)あ
なた達が、この山でもエルサレムでもなく(どこででも、)父上を礼拝する時が来る。
"
"430422","
ただ(同じ神を、)あなた達は知らずに礼拝し、わたし達は知って礼拝している。
救いはユダヤ人から出る(のでわたし達だけに神が示された)からである。"
"430423","
しかし(ユダヤ人もサマリヤ人もなく、)本当の礼拝者が霊と真理とをもって父
上を礼拝する時が来る。いや、今もうきている。父上もこんな礼拝者を求めておられるの
である。"
"430424","
神は霊である。だから礼拝者も霊と真理とをもって礼拝せねばならない。」"

●これは先に掲げた「サマリヤの女」は神殿に行かずとも救われる。病院のベッドでも、一人泣く奥座敷でも神は姿を現してくださる。それは不思議なことだ。苦難の涙の時に「すっと」十字架の救いが示されてわからされるのだ。

塚本訳マタイ
"400605","また祈る時には、偽善者のようにしてはならない。彼らは人に見せようとして、
礼拝堂や大通りの角に立って祈ることを好むのである。アーメン、わたしは言う、彼らは
(褒められた時、)すでに褒美をもらっている。"
"400606","
あなたが祈る時には、“奥座敷に入り、部屋をしめきった上で、”隠れた所にお
いでになるあなたの父上に“祈れ。”そうすれば、隠れたことを見ておられるあなたの父
上は、褒美をくださるであろう。"


●祈りは神と人間との関係。中間に夾雑物があってはならない。

塚本訳マタイ
400808","百卒長は答えた、「主よ、わたしはあなたを、うちの屋根の下にお迎えできるよ
うな者ではありません。(ここで)ただ一言、言ってください。そうすれば下男は直りま
す。"
"400809","というのは、わたし自身も指揮権の下にある人間であるのに、わたしの下にも
兵卒がいて、これに『行け』と言えば行き、ほかのに『来い』と言えば来、また僕に『こ
れをしろ』と言えば(すぐ)するからです。(ましてあなたのお言葉で、病気が直らない
わけはありません。)
"
"400810","
イエスは聞いて驚き、ついて来た人たちに言われた、「アーメン、わたしは言う、
イスラエル人の中でも、こんなりっぱな信仰をもっている者を一人も見たことがない。"
"400811","
わたしは言う、(最後の日には、このような信仰のあつい)大勢の人が“東から
西から”来て、天の国でアブラハムやイサクやヤコブと共に宴会につらなり、"
"400812","
(かんじんのイスラエル人、すなわち)御国の子供たちは外の真暗闇に放り出
され、そこでわめき、歯ぎしりするであろう。」"

●8節「。(ここで)ただ一言、言ってください。そうすれば下男は直りま
"
●9節「(ましてあなたのお言葉で、病気が直らない
わけはありません。)」

●これがイエスが褒めた究極の信仰である。心の病の人に直接会うことをしなくてよい。隠れた祈りが聞かれる。それが「遠隔操縦」である。離れていても祈りは効き目がある。
●心の病の人を「教会(集会)」に引っ張っていく必要はない。手当たり次第の方法もよいが、それで治ったら教会(集会、先生)の栄光は上がっても神の栄光はあがらない。
●「心の病」は治る。祈りで直る。神が直す。
●そのとき、多くの人が救われる。教会(集会)や人間ではなく神の栄光が上がる。
●あの放蕩息子が家に戻ったのは5~7年後ではあるまいか。長いと言えば長い、短いと言えば短い。
●しかしその時父(可愛いものに旅をさせた)は次のように言って喜んだ。

塚本訳ルカ
"421532","だが、喜び祝わずにはおられないではないか。このお前の弟は死んでいたのに
生きかえり
、いなくなっていたのに見つかったのだから。』」"


●放蕩息子は肉体では生きていたが「心」は死んでいた。神のもとに(肉の父ではない)戻って生きる者になった。
●桃栗3年、柿8年、柚子のバカヤロ18年、人の救いは最後の日。
●人生80年は短い。一回限りの人生。もったいないからまじめに正しく生きよ。
●人生、正しく生きるときに力が出る。
●失敗しても立ち直れる。失敗は節。竹は節があれば強い
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想 終わり

●TSK日本語版民数記27章入力。今日は早く終わった。習熟度の向上。
●15:00 妻は合唱団もくせい」の練習。ヴィヴァルディ「グローリア」。とラター
●そのあと新年会の食事。
●プリンターの台が振動するので補強。日曜大工大好き。
●また人生の難問が降りかかってきた。メールの最後に「神の赦しと、祝福がありますように」と書いた。あー「早くこの世が終わってほしい」と心で泣いた。
●信者は「キリストの苦しみの不足を補うのだ」。十字架だ。









トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


神は不思議な方法で信者を起こす ++++++++ 所感

2013/01/25 06:10

130125(金)4時目覚め●朝の啓示「神は不思議な方法で信者を起こす」●日本のキリスト教信者は少ない。約1%。またその信者も老齢化が進み、教会(集会)は老人クラブ。過去の偉大なる先生の同窓会。そこで行われているのは「話の内容も聖書研究も『懐かしのメロディー大会』●なぜだろうか。神の祝福が枯渇しているからである。●信者は教会(集会)が人を努力して集客してできるものではない。「趣味教養のカルチャーセンターもどき(その内容も低級な)ものを拡大しようとする遊び集団ではない。人を悔い改めさせて勢力を広げるのでがない。●エクレシアは復活の証人集団の歴史的連鎖(ブルンナー)である。
●神は実に不思議なる方法で信者を起こす。人を起こす。多くの場合、不可解かつ不条理を通して神の愛は実行される。我々はそれによってカモの愛の何であるか、真の幸福のなんであるかを教えられるのである。関連聖句を掲げて黙想しよう。

塚本訳ヨハネ
"430304","ニコデモがイエスに言う、「(このように)年を取った者が、どうして生まれな
おすことが出来ましょう。まさかもう一度母の胎内に入って、生まれなおすわけにゆかな
いではありませんか。」"
"430305","
イエスは答えられた、「アーメン、アーメン、わたしは言う、人は霊によって生
まれなければ、神の国に入ることは出来ない。"
"430306","
肉によって生まれたものは肉であり、霊によって生まれたものだけが霊である
(から)。"
"430307","
『あなた達は新しく生まれなおさねばならない』と言ったからとて、すこしも
不思議がることはない"
"430308","
風[プニューマ]は心のままに吹く。その音は聞えるが、どこから来てどこに
行くか、あなたは知らない。霊[プニューマ]によって生れる者も皆、そのとおりである。」
"

塚本訳ヨハネ
"430109","この方(言葉)は、この世にうまれて来るすべての人を照らすべきまことの光
であった。"
"430110","
この世に来ておられ、世はこの方によって出来たのに、世はこの方を認めなか
った。"
"430111","
いわば自分の家に来られたのに、家の者が受け入れなかったのである。"
"430112","
しかし受け入れた人々、すなわち、その名を(神の子であることを)信じた人
には一人のこらず、神の子となる資格をお授けになった。"
"430113","
この人たちは、人間の血や、肉の欲望や、男の欲望によらず、神(の力)によ
って生まれたのである。"


塚本訳マタイ
"400309","『われわれの先祖はアブラハムである(から大丈夫だ)』などと考えてはならな
い。わたしは言う、神はそこらの石ころからでも、アブラハムの子供を造ることがお出来
になるのだ。"


塚本訳ルカ
"421906","ザアカイは急いで下りてきて、喜んでお迎えした。"
"421907","
皆がこれを見て、イエスは(税金取りのような)罪人の所に入りこんで宿を取
った、と言ってぶつぶつ呟いた。"
"421908","
しかしザアカイは進み出て主に言った、「主よ、わたしは(誓って)財産の半分
を貧乏な人たちに施します。人からゆすり取ったものは四倍にして返します。」"
"421909","イエスが(人々に)言われた、「救いは(きょう、)この家に入った。(人でなし
のように言われる)この人も、やはり(あなた達と同じ)アブラハムの末だから。"
"421910","
人の子(わたし)は“滅びうせた者をさがして”救うために来たのである。」"



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想終わり。

●「死は眠り。復活の希望を抱いて死ぬ」。これ私のライフワーク。●復活の証拠はイエスの有体的復活。これ私の宣教の本質。」●聖書データの構築。これ具体的な作業「世のため、人のため、』日本のため」。

塚本訳ロマ
"450819","ローマ 8:19","(そしてこの栄光は必ず与えられる。)その証拠(の第一)は、
創造物が神の子たちの現われるのを、首を長くして待ちこがれていることである。"
"450820","
ローマ 8:20","なぜであるか。創造物は自分から(今のような)はかない運命に
屈服したのでなく、それは屈服させたお方([神]の御心)によるからである。(彼らはア
ダムの罪の責任を負わされたのである。)しかし(この屈服には)望みがある。
"
"450821","
ローマ 8:21","創造物自身も、滅亡の奴隷になっている(現在の)状態から自由
にされて、神の子供たちがうける栄光と自由とにあずかるのだから。"
"450822","
ローマ 8:22","わたし達が知っているように、全創造物は(かの日から)今まで、
一しょになって呻き、一しょになって産みの苦しみをしている。(父なる神がこの 呻き
に耳を傾けられないことがあろうか。)
"   
"450823","
ローマ 8:23","しかし(苦しんでいるのは)創造物だけではない。わたし達自身
も、(神の子にされた証拠として)御霊なる初穂を持っているので、このわたし達自身も、
自分(のみじめな姿)をかえりみて、呻きながら、(正式に神の)子にされること、すな
わちわたし達のこの(罪の)体があがなわれ(て、朽ちることのない栄光の体にされ)る
ことを、待っているのである。"
"450824","
ローマ 8:24","なぜなら、わたし達は(最後の日に救いが完成されるという)望
みをもって、救われているからである。目に見ることのできる望みは望みではない。人は
いま現に見ているものを、なんでその上望む必要があろうか。"
"450825","
ローマ 8:25","しかしわたし達が見ていないものを望むとすれば、忍耐をもって
待たねばならない。"


●7:40 妻は中野の愛子の家に手伝い。労苦は無駄に終わらない。
●トンデモナイ人間は神が黙ってはいない。
●次回感話の準備。聖書に触れることは面白くてやめられない。
●TSK日本語版民数記26章入力

2013_01250002.jpg 

「実がなる」とはこういうことか.

塚本訳ヨハネ
431501","わたしがまことの葡萄の木、父上は栽培人である。"
"431502","
わたしについている蔓で実を結ばないものは、父上が皆それを切り取ってしま
われる。また実を結ぶものは、より多く実を結ぶように、皆それを奇麗に刈り込まれる。"
"431503","
あなた達はわたしが語った言葉(を受け入れること)によって(汚れを除かれ)、
すでに奇麗になっている。"
"431504","
わたしに留っておれ。そうすればわたしもあなた達に留っている。ちょうど蔓
が葡萄の木に留っていなければ、自分で実を結ぶことが出来ないように、あなた達もわた
しに留っていなければ、実を結ぶことは出来ない。"

2013_01250005.jpg 

夕方の散歩。いろいろな人の重荷を思いながら讃美歌509番を歌いながら歩く。
「悩み多きこの世なるかな」

讃美歌509番


世のたのしみ 失(う)せされ
ひとのほまれ 消えゆけ
身をおく里   世になしとも
わが幸(さち)こそ イェスきみ


たからも名も ながるる
水のうえの 月かげ
ありてなきを などかは追わん
わが富こそ イェスきみ


さらばゆけよ 夜のゆめ
あさ日にかげ さしきぬ
わがまよいを さやにしめす
み光こそ イェスきみ


いざや別れん うき世に
いざや迎えん とこ世を
いざや迎えん 主のみむねに
よりていこう その日を 

●ある聖書勉強の婦人会に初めて出られた御夫人が
この讃美歌を聴かれて、泣き崩れ号泣されたという。
●この無教会の小婦人会は「よくやってくれた」。これが理想的なエクレシアだ。
あのご婦人はどうされたか。もうこの世にはおられないであろう。
●泣き崩れ号泣したことで成功の人生だ。 



トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


性道徳退廃の原因と救い ++++++++ 所感

2013/01/24 08:41

130124(木)4時15分起床●TSK日本語版民数記25章入力●性道徳退廃の原因はまことの神を拝まないという「信仰問題」であることはウスウス感じていたが、今朝民数記25章を読んで、合点であった。●それを口語訳で以下に記すがこの25章の表題は岩波版の山折哲雄訳では「ペオルのバアルへの背教」とある。つまり「背教」が性道徳の退廃とその後の禍だというのである。

口語訳 民数記25章
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
口語訳 民 25:1-19
25:1 イスラエルはシッテムにとどまっていたが、民はモアブの娘たちと、みだらな事をし始めた。
25:2 その娘たちが神々に犠牲をささげる時に民を招くと、民は一緒にそれを食べ、娘たちの神々を拝んだ。
25:3 イスラエルはこうしてペオルのバアルにつきしたがったので、主はイスラエルにむかって怒りを発せられた。
25:4 そして主はモーセに言われた、「民の首領をことごとく捕え、日のあるうちにその人々を主の前で処刑しなさい。そうすれば主の怒りはイスラエルを離れるであろう」。
25:5 モーセはイスラエルのさばきびとたちにむかって言った、「あなたがたはおのおの、配下の者どもでペオルのバアルにつきしたがったものを殺しなさい」。
25:6 モーセとイスラエルの人々の全会衆とが会見の幕屋の入口で泣いていた時、彼らの目の前で、ひとりのイスラエルびとが、その兄弟たちの中に、ひとりのミデアンの女を連れてきた。
25:7 祭司アロンの子なるエレアザルの子ピネハスはこれを見て、会衆のうちから立ち上がり、やりを手に執り、
25:8 そのイスラエルの人の後を追って、奥の間に入り、そのイスラエルの人を突き、またその女の腹を突き通して、ふたりを殺した。こうして疫病がイスラエルの人々に及ぶのがやんだ。
25:9 しかし、その疫病で死んだ者は二万四千人であった。
25:10 主はモーセに言われた、
25:11 「祭司アロンの子なるエレアザルの子ピネハスは自分のことのように、わたしの憤激をイスラエルの人々のうちに表わし、わたしの怒りをそのうちから取り去ったので、わたしは憤激して、イスラエルの人々を滅ぼすことをしなかった。
25:12 このゆえにあなたは言いなさい、『わたしは平和の契約を彼に授ける。
25:13 これは彼とその後の子孫に永遠の祭司職の契約となるであろう。彼はその神のために熱心であって、イスラエルの人々のために罪のあがないをしたからである』と」。
25:14 ミデアンの女と共に殺されたイスラエルの人の名はジムリといい、サルの子で、シメオンびとのうちの一族のつかさであった。
25:15 またその殺されたミデアンの女の名はコズビといい、ツルの娘であった。ツルはミデアンの民の一族のかしらであった。
25:16 主はまたモーセに言われた、
25:17 「ミデアンびとを打ち悩ましなさい。
25:18 彼らはたくらみをもって、あなたがたを悩まし、ペオルの事と、彼らの姉妹、ミデアンのつかさの娘コズビ、すなわちペオルの事により、疫病の起った日に殺された女の事とによって、あなたがたを惑わしたからである」。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
口語訳 民数記25章 おわり。 ベオルとは死海の北東にあ土地名。そこにバアルの神への信仰ががあり、不道徳な行為が行われていた。現代日本また同じ。異教の不道徳な神である。
 
●まことの神への信仰なきところ性道徳退廃の救いはない。普通道徳による矯正では的外れである。
●性道徳退廃による禍は現代でも惨憺たるものである。
●まことの神に帰ることのみがその救いの道である。民数記25章は現代のことである。これを生み出したユダヤ民族、旧約聖書は偉大なるかな。ひれ伏すのみ。
 
●13:40 昭和女子大で生徒のKAに」対する就職相談。
●14:50 授業中に「就職問題、進路問題で悩んでいるだろうが、正しい道は「開かれた門」を通って行くようなものだ。カール・ヒルティがそう言っている」と語った。
 
口語訳 イザ 30:21
30:21 また、あなたが右に行き、あるいは左に行く時、そのうしろで「これは道だ、これに歩め」と言う言葉を耳に聞く。

●その後、KN先生と、KAの人事相談。
●18:30帰宅。妻の夕食を食べる。「おでん」
●22:00 妻はメサイアの練習から帰る。追込み。







トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


聖書情報の発信 ++++++++ 所感

2013/01/23 20:14

130123(水)4時半起床●TSK日本語版民数記4章入力。朝食前に終了●次回感話の準備。ヨハネ15:18-27「信者はなぜこの世から憎まれるのか」。翻訳比較、引照データを利用して黙想する。●信者がこの世から憎まれるのは当然、忍耐、忍耐●11:00 「Jバイブル」の開発者であられる能城一郎牧師が来訪、ウィンドウズ「セブン」にJバイブル1st..とアドオンデータの入力の続き。翻訳論、賜物論、塚本論、WEB黒崎新約聖書注解、聖書で聖書を読む、などのことを懇談。●聖書情報の発信方法について意見交換。この方面の米国における急速な進歩の現状をうかがった。●私の賜物は「コツコツ」とデータを集積することにあることだ」と励まされた。●左腕を骨折されたご夫人のギブスが取れるには長くかかるそうだ。

2013_01230004.jpg 

能城一郎牧師が来訪、聖書情報の発信について懇親懇談 
●能城牧師が、WEB黒崎新約聖書注解、「聖書で聖書を読む(BbB」および「TSK(未完)」を
褒めてくださった。多くの神学生に使われているという。そのたびに私はそばにいる妻に「お母さん今の話聞いたか」と何度も言った。

 

2013_01230006.jpg 

夕方、郵便局まで散歩。前の林(借景)をうまく取り込んだ良い設計を見た。
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


人は真の父母に出会えるか ++++++++ 所感

2013/01/22 06:07

130122(火)●朝の黙想「人は真の父母に出会えるか」●昨日、某女流作家AN(19年前に逝去)の評伝を読んでショックだった。彼女と私は同年。今から48年前、私が22歳の時、少人数の聖書のギリシャ語勉強会(集会付属)で出会った。彼女は私に対して「私も初めは教会に行っていたのですが・・・」と語ってくれたことを覚えている。出会いはそれきりであった。人生 、別々の道を歩んだ。●その後彼女は一流の女流作家になったが、その経歴は今の今まで全然知らなかった。今回彼女の評伝を読んでその歩みを知って愕然となった。●評伝者(KM)によれば彼女は15歳の時に、自分の父母は本当の父母ではないことを知った。彼女の膨大な作品には深層心理学的観点から言えば無意識のうちにその淋しさが現れているのではないかと評している。ネット調べ。●それはそれでよいとして●あの48年前、それは彼女も22歳であったことになるが、彼女は心の淋しさを癒すためにキリスト教に求道していたのではなかったか。聖書を探求していたのではなかったのか。聖書のギリシャ語を学んでいたのはそのためではなかったのか。神を呼んでいたのではなかったのか●果たしてその後彼女は聖書が言う真の父母に出会えたのだろうか。今となっては19年前に50歳の若さで逝った彼女に聞くすべはない。知るすべはない。その書物からも伺えない窺うえない。
●人生の途中で自分の親は本当の親ではないことを知るという人がいる。その人にとってはショックである。逆境である。心に傷を負う。私はそういう人を何人も知っている●私の母の場合は、多感な少女の時に自分の母は本当の母ではないことを知って、それ以来「人を信じられなくなった」という。私の祈りは不運な母が神に出会えるように祈り続けたがついに叶わなかった。母が息を引き取ったときには祈りが聞かれなかったとわかってがっくりし、肩で泣いた。●しかし母は臨終の意識もうろうの中で「照男ちゃん、照男ちゃん、照男ちゃん、照男ちゃん」と4回も口に上らせたことがせめてもの慰めである。あの呼びかけは何であったのか。今となってはわからない。もし来世で母に会えたら勝気な母は「あれは、『ご飯食べたの』、あるいは『もう時間よ、忘れ物ない』と聞こうとしたのよ」と言うかもしれない。●聖書には肉の父母は真の父母ではないと書いてあるが、それは知識だけのことである。活字だけでは真の慰めにならない。 ●人間にとって「家庭の幸福」「家族の幸福」は真の幸福の条件だろうか。思いつくままに関連聖書を掲げてみよう。

【口語訳】 創 2 章
 2:18 また主なる神は言われた、
「人がひとりでいるのは良くない。彼のために、ふさわしい助け手を造ろう」。

●神は結婚制度を創られたが、ここから様々な悲劇も生まれる。

【口語訳】 ヨブ 1 章
 1:21 そして言った、/
「わたしは裸で母の胎を出た。また裸でかしこに帰ろう。主が与え、主が取られたのだ。主のみ名はほむべきかな」。

●ヨブは子供を失った。悲劇、不条理。子供がいるからこの悲しみがあるのだ。

【口語訳】 ヨブ 2 章
 2:9 時にその妻は彼に言った、「あなたはなおも堅く保って、自分を全うするのですか。神をのろって死になさい」。

●「助け手」である妻からこういう暴言を聞かねばならないとは、「結婚に失敗したー」と言わざるを得ないのだ。結婚は幸福か。

【口語訳】 詩 27 篇
 27:10
たとい父母がわたしを捨てても、主がわたしを迎えられるでしょう。


●現実に捨てられた人に向かってこれを言えるか。簡単には言えない。
●「母なる教会」「母教会」と言うが、それは本当か。
●現実の教会(集会)はそうではない。逆に精神病者や離婚経験者を排除する。冷たい。

塚本訳マタイ
"401246","イエスがまだ群衆に話しておられると、そこにその母と兄弟たちがイエスに話
しがあって、外に立っていた。"
"401247","
〔無し〕"
"401248","
しかしイエスはそのことを知らせた者に、「わたしの母とはだれのことだ、わた
しの兄弟とはだれのことだ」と答えて、"
"401249","
弟子たちの上に手をのばして言われた、「ここにいるのが、わたしの母、わたし
の兄弟だ。"
"401250","
だれでもわたしの天の父上の御心を行う者、それがわたしの兄弟、姉妹、また
母であるから。」"

●エクレシアに真の家族がいるのか。然りでもあり否でもある。全部が全部そうではない。
●高校生の時の友人M君は肉の父がいなかった。しかし自分の所属する教会の牧師を「父ちゃん」と呼んでいた。一度その「父ちゃん」を紹介されたが風邪で牧師館で寝ておられた。もう50年もまえのことだから召されたに違いない。肉の父も父ちゃんなる牧師も永遠ではない。

塚本訳マタイ
"401034","地上に平和をもたらすためにわたしが来た、などと考えてはならない。平和で
はない、剣を、(戦いを)もたらすために来たのである。
"
"401035","
わたしは子を“その父と、娘を母と、嫁を姑と”仲違いさせるために来たのだ
から。"
"401036","家族が自分の敵となろう。”"
"401037","
わたしよりも父や母を愛する者は、わたし(の弟子たる)に適しない。わたし
よりも息子や娘を愛する者は、わたし(の弟子たる)に適しない。"

●キリスト教はこの世の平和を目的としない。それはベタベタの人間関係である。
●教会や集会が「お交わり」と称してベタベタするのは神の御心ではない。それは人間集団だ。

塚本訳マタイ
"401021","また兄弟は兄弟を、父は子を、殺すために(裁判所に)引き渡し、“子は親にさ
からい立って”これを殺すであろう。"
"401022","あなた達はわたしの弟子であるために皆から憎まれる。しかし最後まで耐え忍
ぶ者は救われる。"
"401023","
この町で迫害された時には、次の町に逃げてゆけ。アーメン、わたしは言う、
人の子(わたし)は(すぐに)、あなた達がイスラエル人の町々を回りつくさぬうちに来
るのだから。"

●兄弟間の争いで裁判所の厄介になるのはザラ。
●あーなんと言うことだ。子供が親を殺すようになるとは。こういう悲しい現実の時は必死に「終末」を祈るより方法はない。
●夫婦関係また同じ。


【口語訳】 詩 133 篇
 133:1 見よ、
兄弟が和合して共におるのは/いかに麗しく楽しいことであろう。

●しかし事実上それは出来ない。人間は近しい人ほど「いがみ合う」ものだ。肉の兄弟、エクレシア内部の人間どうし。陸軍の敵は海軍であった。
●「人類皆兄弟」と言われるが、だから喧嘩するのだ。
●肉親の間では信者が「変わり者」として「馬鹿にされる」「煙たがれる」。和合できない。絶縁状態である。

塚本訳マタイ
"401903","そこにパリサイ人たちが近寄ってきて、イエスを試そうとして言った、「何か理
由があれば、妻を離縁してもよろしいか。」"
"401904","
答えて言われた、「造物者が始めから“彼らを男と女とに造られた”こと、"
"401905","
また、“それゆえに人は父と母とをすてて妻に結びつき、二人は一体となる”
言われたことを、あなた達は読んだことがないのか。"

●結婚の原理は「父母を捨てて」二人が一体になることである。「家制度」ではこれを行わなかったから姑と嫁が争ったら嫁が追い出された。
●「父母を捨てて」をいいことに何の連絡もないのは親不孝者である。クリスチャンである前に常識人間であるべきだ。

【口語訳】 出 20 章
 20:12 あなたの父と母を敬え。これは、あなたの神、主が賜わる地で、あなたが長く生きるためである。


●親の財産や土地を捨ててでも「夫婦は一体」とならなければならない。
●しかしそうして初めて父と母を真の姿勢で敬うことができるのだ。これを真に理解しないで親の財産などいらないから、親孝行もしないというのは聖書の読み間違い。
●愛国心また同じ。いったんこの世の国を捨てなければ真の愛国者にはなれない。
●家族に対する愛もまた同じ。肉の関係の愛を捨てて、「主にあって」愛することが真の「兄弟の和合」「親子の和合」。

塚本訳ルカ
"422034","イエスは言われた、「この世の人はめとり嫁ぐけれども、"
"422035","
あの世にはいる資格を与えられて、死人の中から復活する者は、めとることも
なく嫁ぐこともない。"
"422036","
復活によって生まれる彼らは、天使と同じであり、神の子であるので、もはや
死ぬことが出来ない、(従って子を産む必要がない)からである。"


●子供に恵まれない人がいる。医学的にいろいろな手段で何とか肉の子孫を残そうとするが、「肉の子孫」を残すことはそんなに幸福だろうか。霊に目覚めない子供を大量に産んでも悪魔の餌食になるだけだ。かえって悩みが多くなる。

塚本訳ルカ
"421127","こう話しておられる時、群衆の中の一人の女が声を張り上げてイエスに言った、
「なんと仕合わせでしょう、あなたを宿したお腹、あなたがすった乳房は!」"
"421128","
しかしイエスは言われた、「いや、仕合わせなのは、神の言葉を聞いてそれを守
る人たちである。」"
"421129","群衆がなおも押し寄せてきたとき、イエスは話し出された、「この時代は悪い時
代である。(だから信ずるのに)徴を求める。しかしこの時代には、(預言者)ヨナの徴以
外の徴は与えられない。"

●女性にとって「母」になることは幸福であるが、その子供が霊に生まれなければ単なる「生物」。この世は「悪い世」だから堕落して親の悩みは増すばかり。

塚本訳ヨハネ
"430112","しかし受け入れた人々、すなわち、その名を(神の子であることを)信じた人
には一人のこらず、神の子となる資格をお授けになった。"
"430113","
この人たちは、人間の血や、肉の欲望や、男の欲望によらず、神(の力)によ
って生まれたのである。
"

●人間の本当の誕生は「霊にまれる」こと。

塚本訳ヨハネ
"430303","イエスが答えて言われた、「アーメン、アーメン、わたしは言う、(徴を見て信
じたのではいけない。)人は新しく生まれなおさなければ、神の国にはいることは出来な
い。」"
"430304","ニコデモがイエスに言う、「(このように)年を取った者が、どうして生まれな
おすことが出来ましょう。まさかもう一度母の胎内に入って、生まれなおすわけにゆかな
いではありませんか。」"
"430305","
イエスは答えられた、「アーメン、アーメン、わたしは言う、人は霊によって生
まれなければ、神の国に入ることは出来ない。
"

●肉の誕生のままでは真の人間ではない。それは単なる生物学的な物質である。新しく霊によって生まれなければ幸福はない。

塚本訳ロマ
"450705","ローマ 7:5","なぜなら、わたし達が(生まれたままの)肉にあっ(て生きてい)
た時には、律法(の刺激)による罪の情熱が肢体の中に働いて、わたし達は死のために(滅
びの)実を結んだからである。"
"450706","ローマ 7:6","しかし今は縛られていた律法に対して死に、律法から解かれたの
で、(律法の)古い文字によらず、(福音の)新しい霊において(神に)仕えるのである。"

●生まれたままの人間は肉に生きるから、完全に100%悪魔の餌食になって堕落する。人生破滅する。暗い人生になる。家庭は崩壊する。

塚本訳Ⅰコリ
"460214","・コリント 2:14","しかし(御霊を持たない)生まれながらの人間は、神の霊か
ら出てくることを受け入れない。彼にはそれが馬鹿なことなのである。またそれを理解す
ることも出来ない。(霊のことは)霊的に判断されねばならないからである。"

"460215","
・コリント 2:15","反対に、霊の人はすべてのことを判断することができるが、
しかし彼自身はだれからも判断されることがない。"

●生まれながらの人間は御霊をもたないから、信仰のこと、聖書のことがさっぱりわからない。
●肉親からは「アレは宗教に凝っている」と言われるだけだ。狂信者だと言われるだけだ。

塚本訳ヨハネ
"431518","(しかしわたしに愛される時、あなた達はこの世から憎まれる。だが)もしこ
の世があなた達を憎んだら、あなた達よりも先にわたしを憎んだと思え。"
"431519","
もしあなた達がこの世のものであったら、この世は自分のもの(であるあなた
達を)愛するはずである。しかしあなた達は(もはや)この世のものではなく、わたしが
この世から選び出したのだから、この世はあなた達を憎むのである。"


●これは次回2月3日の感話のテーマである。答えは簡単。霊と肉のソリが合わないのだ。
●キリスト信者の中で私のことを「あれはアレ」「了見の狭い奴」と言われたことがある。
●これにはパウロが次のように慰めてくれる。

塚本訳Ⅱコリ
"470614","・コリント 6:14","不信者と一緒に不似合いな軛を負うようになってはいけない。
なぜというか。義と不法とはなんの共同関係があろう。また光は暗闇に対しなんの共通性
があろう。"
"470615","
・コリント 6:15","キリストがベリアルに対してなんの調和があろう、また信者
は不信者となんの共同があろう。"
"470616","
・コリント 6:16","神の宮が偶像となんの一致があろう。
わたし達はたしかに生
ける神の宮である。神がこう仰せられた。──“わたしは彼らの間に住みまた歩むであろ
う、わたしは彼らの神になり、彼らはわたしの民になる”"
"470617","
・コリント 6:17","それゆえに、“あなた達は彼らの中から出よそして離れよ、”
と主は仰せられる、そして“清くないものに触れるな”と。“そうすればわたしはあなた
達を受け入れる、” "
"470618","
・コリント 6:18","“わたしは”あなた達の“父になり、”あなた達は“わたし
達の息子”娘“に”なる、“と全能者である主が仰せられる。”"
"470701","
・コリント 7:1","だから愛する者たちよ、こんな(神の)約束がわたし達には
あるのだから、肉と霊とのあらゆる汚れから自分を清め、神を恐れて完全に聖くなろうで
はないか。"


●「べリアル」とは「よこしまなる子」の意味。転じてサタンのこと。
●だからキリストとサタンとは一緒に生活できない。
●ここに信者は肉親から敵対され、憎まれることの根本原因がある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想終わり、次回感話「信者はなぜ憎まれるか」の準備ができた。

●キリスト信者が肉親から憎まれるのは、信者をこの世的和合、肉的和合、血の関係から振りほどくための苦肉の策なのだ。来れ新天新地の喜びよ。
●ヘンデルのメサイアの初演は1742年であったが、当初はあまり評判が良くなかった。しかし1750年にこれを「捨子養育院」で慈善演奏を行った時から急に評判が上がり、今日のように「最高の音楽」になった。音楽は単にメロディーの楽しみではなく、神のために捧げるものであることが暗示されたのではないだろうか。

●ヘンデル「メサイア」CDのマニア(26種類保有、脱帽)が批評しているものを発見。

http://classic.music.coocan.jp/sacred/handel/messiah.htm

評者が推薦するものは、ガーディナー、リヒター(英語版)、クレンぺラー、りリングの4種類であるが、このうちりリングを残して私は全部保有している。この曲はハマルと抜けられなくなる。


●終日TSK日本語版民数記23章入力。
●妻はインフルエンザ予防注射
●夕方、図書館まで往復徒歩。


























トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


私のために神にどかされた人 ++++++++ 所感

2013/01/21 06:11

130121(月)5時半目覚め●朝の啓示「私のために神にどかされた人」●次回2月3日の感話はヨハネ15:18-27「この世はあなた達を憎む」である。なぜであるか。その結論は19節にある。「聖書で聖書を読む」のが一番である。

塚本訳ヨハネ
"431519","もしあなた達がこの世のものであったら、この世は自分のもの(であるあなた
達を)愛するはずである。しかしあなた達は(もはや)この世のものではなく、わたしが
この世から選び出したのだから、この世はあなた達を憎むのである。"


●世によく知られた伝道者、聖書学者、また熱心な信者で、その肉の御兄弟はさっぱり信仰に関心がないという例が多い。
●この不思議な現象の理由は何か。次の言葉でもその理由は納得できない。

塚本訳マタイ
"401357","こうして人々はイエスにつまずいた。しかしイエスは彼らに言われた、「預言者
が尊敬されないのは、その郷里と家族のところだけである。」"

塚本訳マタイ
"401034","地上に平和をもたらすためにわたしが来た、などと考えてはならない。平和で
はない、剣を、(戦いを)もたらすために来たのである。"
"401035","
わたしは子を“その父と、娘を母と、嫁を姑と”仲違いさせるために来たのだ
から。"
"401036","
家族が自分の敵となろう。”"

●信仰の生き方を家族から非難されることほど辛く悲しく苦しいことはない。非難されるだけでなく、軽蔑され、さげすまされ、馬鹿にされる。ナニ、イエスだって肉の兄弟から「気が違った」と思われたではないか。パウロだって「気が狂っている」と思われたではないか。

塚本訳マルコ
"410321","マルコ 3:21","身内の者たちが(イエスの様子を)聞いて(ナザレからカペナウ
ムへ)取りおさえに出てきた。「気が狂っている」と思ったのである。"
"410322","
マルコ 3:22","またエルサレムから下ってきた聖書学者たちは、「あれはベルゼ
ブル[悪魔]につかれている」とか、「悪鬼どもの頭[悪魔]を使って悪鬼を追い出して
いる」とか言った。"

塚本訳ヨハネ
"431020","そのうち多くの者は、「あの人は悪鬼につかれて、気が狂っている。どうしてあ
なた達はあんな人の話を聞くのか」と言い、"
"431021","
またこう言う者もあった、「悪鬼につかれた者にあんな話はできない。悪鬼に盲
人の目をあけることが出来ようか。」"

塚本訳使徒
442619","使徒 26:19","アグリッパ王よ、(こんな栄光ある職を受けたのです。)それゆえ、
わたしはこの天からの示しにそむかず、"
"442620","
使徒 26:20","まずダマスコとエルサレムとの人たちに、ユダヤ全国に、それか
ら異教人に、悔改めて神に帰り、悔改めにふさわしいわざをするようにと告げました。"
"442621","
使徒 26:21","そのためユダヤ人はわたしを宮でつかまえて、殺害しようと企て
たのです。"
"442622","
使徒 26:22","しかし神の助けをこうむり、今日まで(こうして)立って、小さ
い者にも大きい者にも証しをしているのです。それも預言書とモーセ[聖書]とが、将来
必ずおこると語った以外のことは、何も言いません。"
"442623","
使徒 26:23","すなわち、救世主は死なねばならないこと、彼は死人の中から最
初に復活して、(イスラエルの)民にも異教人にも光を伝えねばならないことを…」"
"442624","
使徒 26:24","彼がこのように弁明したとき、フェストが大声で(それをさえぎ
って)言う、「パウロ、お前は気が狂っている。博学がお前を狂わせたのだ。」"
"442625","
使徒 26:25","パウロが言う、「フェスト閣下、気は狂っておりません。わたしは
正気で真理の言葉を話しています。"

●13年前に脳出血で倒れたが、幸い回復した。しかし退院してしばらくの時、子供の一人から何かの時に「父さんはやっぱり頭が少しおかしくなっている」と言われた。この時ほど悲しかったことはない。「気が狂っている」とか「頭が悪い」というのは人格を否定することなので禁句だ。
●パウロは福音に熱心だったので「馬鹿なヤツ」と言われたらしい。

塚本訳Ⅰコリ
"460123","・コリント 1:23","わたし達は十字架につけられたキリストのこと(だけ)を説
く。すなわち、ユダヤ人にはつまづき、異教人には馬鹿なことであるけれども、"
"460124","
・コリント 1:24","(神に)召された者だけには、ユダヤ人、異教人の別なく、
(これこそ)神の力、また神の知恵なるキリストを(説くのである)。"
"460125","
・コリント 1:25","というのは、神の(業はどんなに)馬鹿なこと(に見えても、
それ)は人よりも知恵があり、神の(業はどんなに)無力(に見えても、それ)は人より
も力がある
からである。"
"460126","
・コリント 1:26","論より証拠、あなた達のお召しのことを考えてみるがよい。
兄弟たちよ、この世的には、(あなた達の中に)多くの知恵者がなく、多くの有力者がな
く、多くの高貴の人がないではないか。"
"460127","
・コリント 1:27","それどころか、世の馬鹿なものを神はお選びになった、知恵
者に恥をかかせるためである。また世の無力なものを神はお選びになった、力のあるもの
に恥をかかせるためである。"
"460128","
・コリント 1:28","また世の身分の低いもの、軽蔑されているもの、(いや、あ
っても)無い(ように思われている)ものを神はお選びになった
、ある(と思われている)
ものを無にするためである。"
"460129","
・コリント 1:29","こうして、だれ一人神の前で誇ることのないようにされたの
である。"
"460130","
・コリント 1:30","この神ゆえに、あなた達は(はじめて)キリスト・イエスに
あるのであり、このキリストが、神から賜わるわたし達の知恵、また義、また聖さ、また
(罪の)あがないになられたのである。"

●しかしこれだけではないようだ。パウロは同胞ユダヤ人がキリストを信じないのは異邦人が救われるために一時的に「どいて」いるのだと考えた。異邦人が救われるために一時的に悪者にさせられたのだ。

塚本訳ロマ
"451111","ローマ 11:11","それで、わたしは考える、彼らが躓いたのは、倒れて滅びるた
めではあるまいかと。もちろん、そうではない。むしろ反対に、(キリストを信じなかっ
た)彼らの過ちによって救いが異教人に来た
。(そのことが刺激になって)彼らに“妬み
をおこさせ、”(彼らも信仰を求めて、ついに救われ)るためである。"
"451112","
ローマ 11:12","しかしもし、彼らの過ちが、(福音を外に溢れさせて異教人の)
世界を富ませ、また彼らの失敗が異教人を富ませることになったとすれば、まして彼らが
(一人のこらず信仰に入って神の御心を)満たす時(の幸福と喜びと)は、どんなであろ
う。"

●神にどかされた代表はキリストである。本人はどうして俺がどきゃなかならないのかわからないで悶死したのだ。

塚本訳マタイ
"402744","一しょに十字架につけられた強盗たちも、同じようにイエスを罵った。"
"402745","
昼の十二時から地の上が全部暗闇になってきて、三時までつづいた。"
"402746","
三時ごろ、イエスは大声を出して“エリ エリ レマ サバクタニ!”と叫ば
れた。これは“わたしの神様、わたしの神様、なぜ、わたしをお見捨てになりましたか!”
である。"

●クリスチャンは「自分が救われたのは肉の兄弟の誰かがどいてくれたからだ」と思わなければならない。彼が「どいて」くれたので神の目が自分に注がれたのだ。彼らが神に反抗したので「仕方なく」神はこの私に目を注ぐようになったのだ。
●神の目がキリストから罪人に注がれたように、別の兄弟が神に反抗して堕落し、家庭が崩壊したのでこの私に目が注がれたのだ。その堕落、転落、人生沈没、家庭崩壊は悪魔の仕業.。大抵は金と女で悪魔の罠にはまる。この


●パウロは言う。 
 
塚本訳ロマ
"450924","ローマ 9:24","神はこの憐れみの器としてわたし達をも召されたのである。ただ
ユダヤ人の中からだけでなく、異教人の中からも。"
"450925","
ローマ 9:25","(異教人の中から憐れみの器が選ばれることは、不思議ではな
い。)神がホセア書でも言っておられるとおりである。“わたしはわたしの民でない者をわ
たしの民と呼び、愛されぬ者を愛される者と呼ぶであろう。”
"
"450926","
ローマ 9:26","“「あなた達は私の民でない」と言われたその場所で、彼らは生
ける神の子と呼ばれるであろう。”"

●どいてくれた人は、浜田広介の「泣いた赤鬼」の青鬼だ。このあらすじは昨日のブログに書いた。
●私がその童話の続きを書くとしたら、「泣いた赤鬼は去って行った青鬼の幸福のために生涯隠れて祈り続けたのでした」とするのだが、そういうことを書くと説教臭くて落ちる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想終わり

●妻はコーラスの練習のあとに中野の愛子の家に手伝い。孫の初音がインフルエンザに罹った。主にある労苦は決して無駄には終わらない。

口語訳 Ⅰコリ15:58
15:58 だから、愛する兄弟たちよ。堅く立って動かされず、いつも全力を注いで主のわざに励みなさい。主にあっては、あなたがたの労苦がむだになることはないと、あなたがたは知っているからである。

新改訳 Ⅰコリ15:58
15:58 ですから、私の愛する兄弟たちよ。堅く立って、動かされることなく、いつも主のわざに励みなさい。あなたがたは自分たちの労苦が、主にあってむだでないことを知っているのですから。

新共同 Ⅰコリ15:58
15:58 わたしの愛する兄弟たち、こういうわけですから、動かされないようにしっかり立ち、主の業に常に励みなさい。主に結ばれているならば自分たちの苦労が決して無駄にならないことを、あなたがたは知っているはずです。

塚本訳 Ⅰコリ15:58
15:58 然れば我が愛する兄弟よ、確くして搖くことなく、常に勵みて主の事を務めよ、汝等そのの、主にありて空しからぬを知ればなり。

文語訳 Ⅰコリ15:58
15:58 だから、わたしの愛する兄弟たちよ、しっかりしておれ、動かずにおれ、いつも主の仕事にぬきんでよ。骨折りが主にあってむだにならないことを、あなた達は知っているのだから。

NKJV Ⅰコリ15:58
15:58 Therefore, my beloved brethren, be steadfast, immovable, always abounding in the work of the Lord, knowing that your labor is not in vain in the Lord.


TEV Ⅰコリ15:58
15:58 So then, my dear friends, stand firm and steady. Keep busy always in your work for the Lord, since you know that nothing you do in the Lord's service is ever useless.

●童話作家安房直子さんのこと。

浜田広介のことを調べているとき、「ひろすけ童話賞」の1991年の第二回受賞者は童話作家の安房直子さんであることを知った。彼女の童話は私の子供たちが小さいころに読んだものだ。
24歳のころ私は集会付属のギリシャ語聖書勉強会で安房直子さんと同期であった。お年は私と同年であった。安房さんとはその勉強会の2年程度の出会いだけであった。しかし彼女は19年前(1993年)に50歳で召されたことを知った。早かった。そのとき私はご夫君の峰岸明氏(国語学者、昨年逝去77歳)にお悔やみのお電話を差し上げた。多分お子様のこともうかがったのではないかと記憶している。あのギリシャ語聖書勉強会以後の彼女の歩みがどうであったのかは知らない。ところで、その安房さ んの晩年の作品は、死後の世界を意識したものが多いとする評もあることをネットで知った。安房さんの晩年の作品を読んでみたくなった。彼女の作品は死後になってますます見直されているらしい。図書館で「安房直子」をヒットすると95冊も出てきた。彼女は50歳で一生分以上の仕事をされた。私は現在69歳。馬齢を重ねてはいられない。生きておられたら「死後の復活のこと」を話し合えただろうに。彼女はもう眠って久しい。人の一生は短い。














トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


「泣いた赤鬼」の青鬼を聖書的に考える ++++++++ 所感

2013/01/20 05:41

130120(日)朝の瞑想「『泣いた赤鬼』の青鬼を聖書的に考える」●以前から浜田広介の童話「泣いた赤鬼」(1965年)の背景にはキリスト教があると考えていた。つまり神と人間が仲良くなるために神の子キリストが犠牲になったことが青鬼の気持ちではなかったのかと思っていた。●まずこの童話のあらすじをネットから転載してみよう。

浜田広介「泣いた赤鬼」(1964年)あらすじ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とある山の中に、一人の赤鬼が住んでいた。赤鬼はずっと人間と仲良くなりたいと思っていた。そこで、「心のやさしい鬼のうちです。どなたでもおいでください。おいしいお菓子がございます。お茶も沸かしてございます。」という立て札を書き、家の前に立てておいた。

しかし、人間たちは疑い、誰一人として赤鬼の家に遊びに来ることはなかった。赤鬼は非常に悲しみ、信用してもらえないことを悔しがり、終いには腹を立て、せっかく立てた立て札を引き抜いてしまった。

一人悲しみに暮れていた頃、友達の青鬼が赤鬼の元を訪れる。赤鬼の話を聞いた青鬼はあることを考えた。

それは、「青鬼が人間の村へ出かけて大暴れをする。そこへ赤鬼が出てきて、青鬼をこらしめる。そうすれば人間たちにも赤鬼がやさしい鬼だということがわかるだろう。」という策であった。これでは青鬼に申し訳ないと思う赤鬼だったが、青鬼は強引に赤鬼を連れ、人間達が住む村へと向かうのだった。

そしてついに作戦は実行された。青鬼が村の子供達を襲い、赤鬼が懸命に防ぎ助ける。作戦は成功し、おかげで赤鬼は人間と仲良くなり、村人達は赤鬼の家に遊びに来るようになった。人間の友達が出来た赤鬼は毎日毎日遊び続け、充実した毎日を送る。

だが、赤鬼には一つ気になることがあった。それは、親友である青鬼があれから一度も遊びに来ないことであった。今村人と仲良く暮らせているのは青鬼のおかげであるので、赤鬼は近況報告もかねて青鬼の家を訪ねることにした。しかし、青鬼の家の戸は固く締まっており、戸の脇に貼り紙が貼ってあった。

それは「赤鬼くん、人間たちと仲良くして、楽しく暮らしてください。もし、ぼくが、このまま君と付き合っていると、君も悪い鬼だと思われるかもしれません。それで、ぼくは、旅に出るけれども、いつまでも君を忘れません。さようなら、体を大事にしてください。ぼくはどこまでも君の友達です。」 という青鬼からの置手紙であった。

赤鬼は黙ってそれを2度も3度も読み上げ、涙を流して泣いた。その後、赤鬼が青鬼と再会することはなかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
浜田広介「泣いた赤鬼」(1964年)あらすじ おわり

●この青鬼の犠牲の精神がキリストの贖罪の死と通じるものがあるものと考えていた。
●そうならば、キリストの「キ」の字も使わない最高のキリスト教文学だと思っていた。
●オスカーワイルドの「幸福の王子」はキリストの「キ」の字を使わない最高のキリスト教文学だと思っているが、それと同じである。犠牲の精神が豊にあらわされている。
●ところが、今朝「泣いた赤鬼」と「キリスト教」の関係をネットで調べているときに「聖書の中の悪魔は青鬼ではないのか」という言葉に出会って衝撃だった。
●そういえば悪魔も神が創造したもの。神と人間が仲良くなるために「悪い役回り」をさせられたのではないのか。確かに神と悪魔は対話している。一例としてヨブ記の冒頭にはそれがある。
●こう考えるとあの難解な「ユダの存在」も少しわかってくる。
●つまり神は人類救済の経綸のために「ユダ」に悪い役回りをさせたのではないだろうか。
●パウロの考えも似ている。同胞ユダヤ人がキリストを信じないのは異邦人が救いに入るための一時的なものであるとロマ書9-11章で述べ、ついには全人類が救われるのだというのだ。
●すると現実の我々の身近で神を信じないで堕落した人、人生を失敗した人も実は「青鬼」の役回りではあるまいか。一時的に「どいて」くれているのではあるまいか。それは功無くして救われる我々のためではないのか。
●赤鬼は青鬼の置手紙を2度も3度も読んで泣いたのであるが、クリスチャンが毎聖日に礼拝するのはキリストの犠牲死を記念して泣くことである。しかしその陰では神と人間との幸福な関係を願って「去った」青鬼がいるのを忘れてはならない。クリスチャンは「誰かが「どいて」くれたから」功無くして救われたのだ。
●赤鬼は青鬼もまた救われるように生涯祈り続けなければならない。
●パウロの思想は次のようである。

塚本訳ロマ
"451111","ローマ 11:11","それで、わたしは考える、彼らが躓いたのは、倒れて滅びるた
めではあるまいかと。もちろん、そうではない。むしろ反対に、(キリストを信じなかっ
た)彼らの過ちによって救いが異教人に来た。(そのことが刺激になって)彼らに“妬み
をおこさせ、”(彼らも信仰を求めて、ついに救われ)るためである。"
"451112","
ローマ 11:12","しかしもし、彼らの過ちが、(福音を外に溢れさせて異教人の)
世界を富ませ、また彼らの失敗が異教人を富ませることになったとすれば、まして彼らが
(一人のこらず信仰に入って神の御心を)満たす時(の幸福と喜びと)は、どんなであろ
う。"



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の瞑想おわり。終末の新天新地では万物が救われる。
 
●10:00 妻と集会
宮崎(司会)、丹野(塚本虎二講義「5千人のパン」)、高橋(実を結ぶとは。ヨハネ15:2)
●話し終わって、霊がクタクタに疲れた。31年目なので体力が衰えたのだろうか。あるいは全力投球で話したので「霊が出てしまった」のか。

●感話「実を結ぶとは」は次をクリック

http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/miom.htm



●伝道説教は肉体が疲れるものだと聞いていた。
●あの賀川豊彦は伝道集会のあと自分で歩けないほど疲れたので、弟子の村田四郎の肩を借りた。村田が「先生お食事は何にしましょうか」というと賀川は「俺はケツネや」と言ったという。キツネうどんのことである。村田は賀川がベストセラー「死線を超えて」の印税でお金はあったのに「キツネうどん」と言ったことに感銘したと言った。(賀川豊彦記念会)。
 
2013_01200005.jpg 

冬の我が家。冬来りなば、春遠からじ。


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


負わされる十字架が復活の希望を生む ++++++++ 所感

2013/01/19 08:54

201319(土)2時半目覚め●朝の啓示「負わされる十字架の呻きから生まれる復活の希望」。これをメモ用紙に書いて再び寝る。●明日の感話のテーマは「実を結ぶとは」(ヨハネ15:2)であるが、その結論を副題として次のようにした。「負わされる十字架の呻きから生まれる復活の希望」。これが「実を結ぶ」ことの結論である。●配布資料の結論部分を次のようにした

1月20日感話「実を結ぶとは」の結論部分
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●負わされる十字架の呻きから生まれる復活の希望。パウロの呻き、我々の呻き。

⑦ (塚本訳)ロマ
"450506",""なぜなら、わたし達がまだ弱くあったとき、当時まだ不信心者の(わたし達の)ために、キリストは死んでくださったからである。"
"450507",""(驚くべき神の愛!人間の世界では、)義人のために命をすてる者はほとんどあるまい。善人のためならば、惜しげもなく命をすてる者が、あるいはあるかも知れない。"
"450508",""しかしわたし達が(義人でも善人でもなく、)まだ罪人(神の敵)であったとき、キリストが私たちのために死んでくださった。このことによって、神はわたし達に対する愛をお示しになったのである。"

① (塚本訳)ロマ
"450620","ローマ 6:20","なぜなら、あなた達が罪の奴隷であった時には、義に対して自由
(の身)であって(勝手放題な生活をしてい)たが、"
"450621","ローマ 6:21","その時いったいどんな実を得たのであったか。今なら恥ずかしい
ものではないか。それらのものの最後は死だからである。"
"450622","ローマ 6:22","しかし今は、罪から自由にされて神の奴隷にしていただき、一つ
の実を得ている。この実はあなた達を聖め、最後は永遠の命に至らせるのである。"


② (塚本訳)ロマ
"450902",""(わたしが急にこんなことを言い出したら信じてくれないかも知れないが、)わたしに大きな悲しみと、心に絶えざる痛みとがあるのである。"
"450903",""ほんとうに、兄弟すなわち血を分けた同胞の(救われる)ためならば、このわたしは呪われて、救世主(の救い)から離れ落ちてもよいと、幾たび(神に)願ったことであろう。

③ (塚本訳)コロサイ
"510124","コロサイ 1:24","今私は君達のために苦しむことを喜びとし、またキリスト・イ
エスの体なる教会のために私の体でキリストの患難の不足を補っている。"


⑤ (塚本訳)ロマ
"450820","","なぜであるか。創造物は自分から(今のような)はかない運命に屈服したのでなく、それは屈服させたお方([神]の御心)によるからである。(彼らはアダムの罪の責任を負わされたのである。)しかし(この屈服には)望みがある。"
"450821","","創造物自身も、滅亡の奴隷になっている(現在の)状態から自由にされて、神の子供たちがうける栄光と自由とにあずかるのだから。"
"450822",","わたし達が知っているように、全創造物は(かの日から)今まで、 一しょになって呻き、一しょになって産みの苦しみをしている。(父なる神がこの 呻き に耳を傾けられないことがあろうか。)"


⑤ (塚本訳)ロマ
450823", "しかし(苦しんでいるのは)創造物だけではない。わたし達自身も、(神の子にされた証拠として)御霊なる初穂を持っているので、このわたし達自身も、自分(のみじめな姿)をかえりみて、呻きながら、(正式に神の)子にされること、すなわちわたし達のこの(罪の)体があがなわれ(て、朽ちることのない栄光の体にされ)ることを、待っているのである。"
"450824",""なぜなら、わたし達は(最後の日に救いが完成されるという)望みをもって、救われているからである。目に見ることのできる望みは望みではない。人はいま現に見ているものを、なんでその上望む必要があろうか。"

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1月20日感話「実を結ぶとは」の結論部分 おわり

●過日TVで、若手ピアニストで脚光を浴びている、アリス・沙良・オットのグリーグピアノ協奏曲を鑑賞した。彼女は裸足で登場、ピアノのペダルを裸足で踏んだ。
●これを見て思った。裸足の方がピアノに感覚を伝え易いのではあるまいか。
●そして、私は裸足伝道だと思った。なぜか。私には学問なし、神学なし、聖書学なし、学歴なし、語学なし、家柄地位なし、金銭なし、組織なし、教団なし、教会堂なし。円満人格なし、然り、何もないことが自慢であり、強みである。

塚本訳使徒
"440301","使徒 3:1","さて昼の三時の祈りの時間に、ペテロとヨハネとが宮に上ろうとす
ると、"
"440302","
使徒 3:2","(ちょうどその時、)母の胎内からの足なえの男がかつがれて来た。
彼は宮に入る人たちに施しを乞うため、宮の、いわゆる「美しい門」に毎日置かれたが、"
"440303","
使徒 3:3","(いま)ペテロとヨハネとが宮に入って行くところを見て、しきり
に施しをもらいたいと頼んだ。"
"440304","
使徒 3:4","ペテロは、ヨハネと一緒に、その人に目をとめて言った、「わたし達
(の顔)を見なさい。」"
"440305","
使徒 3:5","彼が何かもらうことを予期して二人を見つめていると、"
"440306","
使徒 3:6","ペテロが言った、「金銀は持っていない。わたしの持っているもの、
それをやろう。──ナザレ人イエス・キリストの名で歩きなさい!」"

"440307","
使徒 3:7","そして右手でつかんで起こすと、たちどころに足と踝とが強くなり、
"
"440308","
使徒 3:8","踊り上がって立って、歩きまわった。そして彼らと一緒に宮に入っ
ていった、歩きまわりながら、踊りながら、神を讃美しながら。"


文語訳 使  3:6 
3:6 ペテロ言ふ
『金銀は我になし、然れど我に有るものを汝に與ふ、ナザレのイエス・キリストの名によりて歩め』


塚本訳ヨハネ
"430714","祭がすでに半ばになったとき、(すなわち祭の四日目に、)イエスが宮に上って
教えておられると、"
"430715","
ユダヤ人は驚いて言った、「この人は学校に行ったこともないのに、どうして聖
書を知っているのだろうか。」"
"430716","イエスは答えて言われた、「わたしの教えはわたしの教えではない。わたしを遣
わされた方の教えである。"
"430717","
その方の御心を行おうと決心する者には、わたしの教えが神から出たものか、
それともわたしが自分で勝手に話しているかがわかるであろう。"
"430718","
自分で勝手に話す者は、自分の名誉を求める。(そしてその言うことが偽りであ
る。)しかし自分を遣わされた方の言葉を語って、その方の名誉を求める者は、真実であ
り、(すこしも)偽りがない。"

塚本訳マタ 7:28-29
7:28 イエスがこれらの話を終えられた時、一しょに聞いていた群衆はその教えに感心してしまった。
7:29
自分たちの聖書学者のようでなく、権威を持つ者のように教えられたからである。


塚本訳マルコ」
"410123","マルコ 1:23","そのとき、その礼拝堂に汚れた霊につかれた一人の人がいたが、
たちまち声をあげて叫んで"
"410124","
マルコ 1:24","言った、「ナザレのイエス様、“放っておいてください。”わたし
どもを滅ぼしに来られたにちがいない。あなたがだれだか、わたしにはわかっています。
神の聖者(救世主)です。」"
"410125","
マルコ 1:25","イエスは「黙れ、その人から出てゆけ」と言って叱りつけられた。
"
"410126","
マルコ 1:26","すると汚れた霊はその人をひきつけさせ、大声をあげて出ていっ
た。"
"410127","
マルコ 1:27","皆がびっくりして、評議して言った、「これはいったい何事だろ
う。権威のある新しい教えだ。
この人が命令されると、汚れた霊までその言うことを聞く
のだ。」"
"410128","
マルコ 1:28","イエスの評判がたちまち(カペナウムの)周囲の、全ガリラヤ到
る所に広まった。"

2013_01190001.jpg 

昼食後の散歩。飛行機雲。現在ボーイング787が問題になっている。
技術者の苦労を思う。

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


信者の呻きと復活の希望 ++++++++ 所感

2013/01/18 09:14

130118(金)3時半に目覚めて寝床で黙想。また寝たら今度は6時50分目覚め。朝の黙想「信者の呻きと復活の希望」●明後日の集会感話は「実を結ぶとは」でヨハネ15章2節の探求。

塚本訳ヨハネ
"431502","わたしについている蔓で実を結ばないものは、父上が皆それを切り取ってしま
われる。また実を結ぶものは、より多く実を結ぶように、皆それを奇麗に刈り込まれる。"

●「実を結ぶ」とは人間的努力でこの世的に繁栄することではなく、十字架を負わされて呻きつつ死ぬことであることを知って、涙を禁じ得なかった。しかし復活の希望でこの世を生き抜くのだ。そこで副題は「実は『呻き』で結ばれる。復活の希望に生きる」とした。
●イエスの言葉とパウロの言葉を掲げてみよう。

1月20感話資料の結論
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●キリストの十字架の死によって種は播かれている。だから刈り入れるだけ。

④ (塚本訳)ヨハネ

"431224","アーメン、アーメン、わたしは言う、一粒の麦は、地に落ちて死なねば、いつ

までもただの一粒である。しかし死ねば、多くの実を結ぶ。(だからわたしは命をすてる。)

 

① (塚本訳)ヨハネ

"431513","(わたしはあなた達のために命を捨てる。)友人のために命を捨てる以上の愛はないのだ。"

"431514","あなた達はわたしの命ずることを行ってさえおれば、わたしの友人である。"

 

② (塚本訳)ヨハネ

"431014","わたしが良い羊飼である。わたしはわたしの羊を知っており、わたしの羊もわたしを知っている。"

"431015","父上がわたしを知っておられ、わたしが父上を知っているのと同じである。そしてわたしは羊のために命を捨てる。"

 

③ (塚本訳)マタイ

"401038","また自分の十字架を取ってわたしのあとに従わない者は、わたし(の弟子たる)に適しない。"

"401039","(十字架を避けてこの世の)命を得る者は(永遠の)命を失い、わたしのために(この世の)命を失う者は、(永遠の)命を得るであろう。"

 

④ (塚本訳)ルカ

"421204","あなた達、わたしの友人に言う、体を殺しても、そのあと、それ以上には何もできない者を恐れるな。"

"421205","恐るべき者はだれか、おしえてあげよう。殺したあとで、地獄に投げ込む権力を持っておられるお方を恐れよ。ほんとうに、わたしは言う、そのお方(だけ)を恐れよ。

 

⑤ (塚本訳)マタイ

"401128","さあ、疲れている者、重荷を負っている者はだれでも、わたしの所に来なさい、休ませてあげよう。"

"401129","わたしは心がやさしく、高ぶらないから、わたしの軛を負ってわたしの弟子になりなさい、そうすれば“魂の休息が得られよう。”"

"401130","わたしの軛は甘く、わたしの荷は軽い。」""

 

⑥ (塚本訳)ヨハネ

"430438","(すなわち)わたしはあなた達をやって、あなた達が自分で苦労しなかったものを刈り取らせる。ほかの人々が苦労し、あなた達はその苦労(の実)を取り入れるので

ある。(あなた達はわたしがまいたものを、ただ取り入れるだけでよいのだ。)」"

 

●信者の呻きは実が結ばれることの証拠。パウロの呻き、我々の一生涯の呻き

⑦ (塚本訳)ロマ

"450506",""なぜなら、わたし達がまだ弱くあったとき、当時まだ不信心者の(わたし達の)ために、キリストは死んでくださったからである。"

"450507",""(驚くべき神の愛!人間の世界では、)義人のために命をすてる者はほとんどあるまい。善人のためならば、惜しげもなく命をすてる者が、あるいはあるかも知れない。"

"450508",""しかしわたし達が(義人でも善人でもなく、)まだ罪人(神の敵)であったとき、キリストが私たちのために死んでくださった。このことによって、神はわたし達に対する愛をお示しになったのである。"

 

① (塚本訳)ロマ

"450620","ローマ 6:20","なぜなら、あなた達が罪の奴隷であった時には、義に対して自由(の身)であって(勝手放題な生活をしてい)たが、"

"450621","ローマ 6:21","その時いったいどんな実を得たのであったか。今なら恥ずかしいものではないか。それらのものの最後は死だからである。"

"450622","ローマ 6:22","しかし今は、罪から自由にされて神の奴隷にしていただき、一つの実を得ている。この実はあなた達を聖め、最後は永遠の命に至らせるのである。"

 

② (塚本訳)ロマ

"450902",""(わたしが急にこんなことを言い出したら信じてくれないかも知れないが、)わたしに大きな悲しみと、心に絶えざる痛みとがあるのである。"

"450903",""ほんとうに、兄弟すなわち血を分けた同胞の(救われる)ためならば、このわたしは呪われて、救世主(の救い)から離れ落ちてもよいと、幾たび(神に)願ったことであろう。

 

③ (塚本訳)コロサイ

"510124","コロサイ 1:24","今私は君達のために苦しむことを喜びとし、またキリスト・イエスの体なる教会のために私の体でキリストの患難の不足を補っている。"

 

⑤ (塚本訳)ロマ

"450820","","なぜであるか。創造物は自分から(今のような)はかない運命に屈服したのでなく、それは屈服させたお方([神]の御心)によるからである。(彼らはアダムの罪の責任を負わされたのである。)しかし(この屈服には)望みがある。"

"450821","","創造物自身も、滅亡の奴隷になっている(現在の)状態から自由にされて、神の子供たちがうける栄光と自由とにあずかるのだから。"

"450822",","わたし達が知っているように、全創造物は(かの日から)今まで、

一しょになって呻き、一しょになって産みの苦しみをしている。(父なる神がこの 呻きに耳を傾けられないことがあろうか。)"

 

⑤ (塚本訳)ロマ

450823", "しかし(苦しんでいるのは)創造物だけではない。わたし達自身も、(神の子にされた証拠として)御霊なる初穂を持っているので、このわたし達自身も、自分(のみじめな姿)をかえりみて、呻きながら、(正式に神の)子にされること、すなわちわたし達のこの(罪の)体があがなわれ(て、朽ちることのない栄光の体にされ)ることを、待っているのである。"

"450824",""なぜなら、わたし達は(最後の日に救いが完成されるという)望みをもって、救われているからである。目に見ることのできる望みは望みではない。人はいま現に見ているものを、なんでその上望む必要があろうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1月20感話資料の結論 おわり

●7:40 妻は健康診断のために国分寺に出発。召されるまで我々の肉の体が「御用」のために健やかでありえますように。"

●バッハ、カンタータ147番「心と口と行いと生活で」の第6曲と10曲のコラールは「主よ人の望みの喜びよ」という名称で単独で演奏されることが多い。「讃美歌第2編の228」にもとりいれられている。英語の題名は

"Jesus, Joy of Man's Desiring

1900年代になって英国女流ピアニストのマイラヘスが編曲して世界中に知られる曲になった。バッハ没後なんと250年以上のこと。良いものはいつか人類に見い出るされる。バッハの「マタイ受難曲はバッハ没後100年にメンデルスゾーンによって人類に知られるようになった。ライプチッヒの聖トーマス教会を訪れたときにルター、バッハと並んでメンデルスゾーンの肖像がステンドグラスになっているのを見た。
●清らかな曲なので多くの人の胸を打つ。娘の結婚式の前奏にはこれが選ばれた。娘の希望であった。
●信者は生涯「呻く」。しかしそれは多くの実が結ばれるための宿命。

●クリスチャンの「呻き」は生涯やまない。楽になることはない。しかし今あるその呻きこそ「復活と永遠の命」が与えられる証拠。有体的復活の希望。

●何人も「呻き」なしには天国に入れない。信者は一生涯呻き続けるのだ。しかしそこに復活の希望がある。それでいいのだ。それでいいのだ。

●信者は晩年になって楽になると考えるのは大間違いだ。次第次第に楽になると思うのは大間違いだ。一生「呻く」ままだ。主イエスより幸福になって死ぬのは大間違いだ。

●終日TSK日本語版民数記入力

●18:20 夕食前の散歩。讃美歌「北の果てなる」を歌う。「迷いの鎖解き放てと」の所で胸が詰まる。人間は悪魔の奴隷になって人生を転落する。不自由人間になっている。クリスチャンは彼らを説教せず、批判せず。身代わりの生涯になるべきなのだ。

●家の明かりが見えるところで讃美歌「今日ををも送りぬ、主に仕えて」を歌った。
 
2013_01180012.jpg 

今日の労働を終わった。書斎労働室。
御心ならば明日も尽くさん




トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


子供を失った悲しい夢 ++++++++ 所感

2013/01/17 07:04

130117(木)子供を失った悲しい夢を見た。あまりに悲しかったので隣に寝ている妻を起こそうとしたがまだ寝ていた。●5時起床。聖書の黙想

口語訳 ヨブ 1:18-22
1:18 彼がなお語っているうちに、またひとりが来て言った、「あなたのむすこ、娘たちが第一の兄の家で食事をし、酒を飲んでいると、
1:19 荒野の方から大風が吹いてきて、家の四すみを撃ったので、あの若い人たちの上につぶれ落ちて、皆死にました。
わたしはただひとりのがれて、あなたに告げるために来ました」。
1:20 このときヨブは起き上がり、上着を裂き、頭をそり、地に伏して拝し、
1:21 そして言った、/「わたしは裸で母の胎を出た。また裸でかしこに帰ろう。主が与え、主が取られたのだ。主のみ名はほむべきかな」。
1:22 すべてこの事においてヨブは罪を犯さず、また神に向かって愚かなことを言わなかった。

●ヨブは「むすこ」と「娘」を一挙に失った。この悲しみにヨブは俺は一人で生まれてきたのだと思って神を呪わなかった。
●「むすこ」「娘」を失うということは、肉の命だけではなく、霊の命を失うことも意味する。
●悪魔にさらわれて心が離れていくのも「失う」ことである。(ルカ15章の放蕩息子がそれ)
●それは自分の子供だけではない。夫、妻、肉の兄弟、親類縁者、これみな悪魔という「人さらい」に連れていかれて「失う」。
●悪魔はごく親しい人に乗り移って大切な人をさらっていく。堕落させる。
●チャイコフスキーの「白鳥の湖」は王子ジーグフリートに悪魔のロットバルトは自分の娘オディールをオデットそっくりに変身させて心をさらう。
●昔から男は悪魔に乗り移られた「女」に誘惑されてさらわれる。
●「女」は悪魔に乗り移られた「男」に誘惑されてさらわれる。

口語訳 ヨブ 2:9-10
2:9 時にその妻は彼に言った、「あなたはなおも堅く保って、自分を全うするのですか。神をのろって死になさい」。
2:10 しかしヨブは彼女に言った、「あなたの語ることは愚かな女の語るのと同じだ。われわれは神から幸をうけるのだから、災をも、うけるべきではないか」。すべてこの事においてヨブはそのくちびるをもって罪を犯さなかった。

●あーなんということか。悪魔は一番身近な「妻」に乗り移ってヨブを神から引き離そうとした。
●だからイエスは次のように言う。

塚本訳ルカ
"421425","大勢の群衆がイエスと一しょに旅行をしていると、振り向いて言われた、"
"421426","
わたしの所に来て、その父と母と妻と子と兄弟と姉妹と、なおその上に、自分
の命までも憎まない者は、だれもわたしの弟子になることは出来ない。"

"421427","
自分の十字架を負ってわたしについて来ない者は、わたしの弟子になることは
出来ない。"

●自分を神から離れさせようとする悪魔に乗り移られた人物(夫、妻、子供、親、兄弟、親類縁者・・・)とは別れよ。
●片手片足失っても永遠の命を得た方が幸せであるとイエスは言う。
●かってO先生は某国立大学から招聘があった。その教授会は「O氏はピューリタンで清濁併せのむことができない人だ」と言う意見が出た。それを聞かれたO先生は断然その大学をことわられ格下の大学に行かれた。
●某牧師にはお子様に恵まれなかった。御夫人に「もし子供が生まれたら神より愛して信仰を失うかもしれなかった」と言われて慰められた、そして養子を4人も迎えられた。その伴侶がみな信仰を与えられたのは神のご計画。感謝。
●この世的j条件(東大、大蔵省、家柄、財産、イケメン・・・)に目が眩み、神への信仰を第二にしたために人生を失敗した人を知っている。そらみたことか。 しかし今からでは遅い。終末は近い。現状維持で生きよ。

塚本訳マタイ
"401808","(だから)もし手か足があなたを罪にいざなうなら、切り取って捨てよ。両手
両足があって永遠の火の中に投げ込まれるよりも、片手片足で(永遠の)命に入る方が仕
合わせである。"
"401809","もしまた目があなたを罪にいざなうなら、くじり出して捨てよ。両目があって
火の地獄に投げ込まれるよりも、
片目で(永遠の)命に入る方が仕合わせである。"

●この世的幸福を捨てても永遠の命に入る方が幸せだ。
●「妻が集会に行くことに足を引っ張るんでねー」という故人がいた。そういう妻は悪魔に乗り移られた」妻だ。(この妻も故人)

塚本訳Ⅰコリ
"460715","・コリント 7:15","しかし不信者の夫(なり妻なり)が別れるなら、別れさせよ。
こんな場合に、兄弟なり姉妹なり(つまり信者)は(結婚に奴隷として)束縛されてはい
ない。神は平和な生活へあなた達をお召しになったのである。(無理があるのは、御心で
はない。)
"460716","
・コリント 7:16","なぜか。妻よ、夫を(信仰に導いて)救うことができるかど
うか、どうしてわかるのか。また夫よ、妻を救うことができるかどうか、どうしてわかる
のか。"

●パウロの考えは「終末が近いからこの世のことはすべて現状維持に生きよ」である。(Ⅰコリ 7章)
●神の御心抜きに夫を妻を子供を信仰に導くことはできない。
●何を失っても「永遠の命」一徹で行け。
●人間関係、親戚関係、兄弟関係、親子関係、夫婦関係などのしがらみで信仰が曲がるならば、断然これを捨てよ。
●クリスチャンの女性の結婚問題は「信仰のみ」に徹することが必要条件。男は職場の選択、女は結婚問題。この時悪魔のささやきに乗るな。有名企業に惹かれるな、イケメンに惹かれるな。美女に惹かれるな。金持ちに惹かれるな。「東大卒」などの学歴に惹かれるな。家柄に惹かれるな。大抵は失敗する。
●結婚相手をコンピュータで探すな。土地建物で広告に出されているのは堕物。本当にいい物件は不動産業者は広告に出さないで、VIPに知らせる。
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想終わり。あーこの世は悪魔の誘惑だらけだ。だからイエスは次のように祈れという。

塚本訳マタイ
"400612","罪を赦してください、わたしたちも罪を犯した人を赦しましたから。"
"400613","
わたしたちを試みにあわせないで、悪から守ってください。"
"400614","
(祈る前に、まず人の罪を許さねばならない。)あなた達が人の過ちを赦してや
れば、天の父上もあなた達を赦してくださるが、"
"400615","
人を赦さないならば、父上もあなた達の過ちを赦してくださらないであろう。"

●12:15 妻と一緒に家を出る。私は昭和女子大へ講義。妻は中野の愛子の家の手伝い。その後メサイアの練習 








トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


信仰の成長を見る喜び ++++++++ 所感

2013/01/16 09:01

130116(水)5時起床●朝の啓示「信仰の成長」●昨日は某氏から信仰の成長を物語るメールを頂いた。
その一節。
「今回の災難に際しましては
皆様からのお祈りのお陰で
信仰に開眼させられたように思います。
苦難以上の宝が与えられたと喜んでいます。」

●これを読んで、「信仰の成長を見る喜び」を感じた。聖書の思いつく箇所を掲げてみる。

塚本訳マタイ
"401308","しかしあるものは良い地に落ちた。そしてあるいは百倍、あるいは六十倍、あ
るいは三十倍の実がなった。"
"401309","耳のある者は聞け。」"

塚本訳マタイ
"401331","またほかの譬を彼らに示して言われた、「天の国は芥子粒に似ている。ある人が
それを畑にまいた。"
"401332","これはあらゆる種の中で一番小さいが、育つと、野菜の中で一番大きくなり、(大
きな)木になって、“空の鳥が”来て“その枝に巣を作る”ようになるのである。」"

"401333","またほかの譬を彼らに語られた、「天の国はパン種に似ている。女がそれを三サ
トン(二斗)の粉の中に混ぜたところ、ついに全体が発酵した。」"


塚本訳ロマ
"450827","ローマ 8:27","しかし(人の)心を見抜くお方[神]は、御霊が何を求めている
か、すなわち、御霊が神の御心にかなうように聖徒たちのために執り成しておられること
を、(もちろん)御存じである。"
"450828","ローマ 8:28","そればかりではない。(わたし達の救いは次のことからも確かで
ある。)わたし達が知っているように、神を愛する者、すなわち(神の)計画に応じて召
された者には、すべてのことが救いに役立つのである。"


塚本訳使徒
"440607","使徒 6:7","こうして神の言葉は成長し、エルサレムにおける(主の)弟子の数
は猛烈にふえていった。また(ユダヤ教の)祭司までが大勢、従順に信仰を受けいれた。"
 

●次にJバイブルで「成長」をヒットする。

塚本訳Ⅰコリ
"460306","・コリント 3:6","──わたしは植えた、アポロは水をやった、しかし神がこれ
まで成長させてくださった。"

"460307","・コリント 3:7","従って、植える者も水をやる者もなんでもなく、成長させる
お方、神だけが偉いのである。"

塚本訳使徒
"441224","使徒 12:24","こうして主の御言葉は成長し、信者の数はふえていった。"

塚本訳使徒
"441920","使徒 19:20","こうして主の言葉は勢いよく成長し、また力を増した。"

塚本訳Ⅱコリ
"471013","・コリント 10:13","しかしわたし達は、(あの方々のように)限度を越えて自慢
しようとするのではない。ただ神が割り当ててくださった(わたし達の伝道の職)分──
これは実際あなた達の所まで及んだのであるが──この(職)分の限度に応じて自慢する
だけである。"
"471014","・コリント 10:14","なぜなら、わたし達は(伝道が)あなた達に及んでいない
のに、限度を越えて自分(の勢力)を広げるようなことはしない。実際あなた達の所まで
行って、キリストの福音を説いたのだから。"
"471015","・コリント 10:15","わたし達は他人の仕事(の実)を(自分の手柄顔に)限度
を越えて自慢するのではない。むしろこんな希望を持っている、(すなわち、)あなた達の
信仰があなた達の中で成長し(て、もはやわたし達の必要がなくなっ)た暁には、(神に
割り当てられた)わたし達の(職)分に応じて、最大限度にまで発展したいのである。"
"471016","・コリント 10:16","あなた達のはるかかなたの地方に福音を伝えたいのである。
他人の(職)分を種に、出来上がっているものを自慢したくないのである。"
"471017","・コリント 10:17","“誇る者は(ただ)主にあって誇れ”(と聖書にある。)"
"471018","・コリント 10:18","本物(の使徒)は自分で推薦する者ではなく、主が推薦さ
れる者だからである。 "

塚本訳ピリピ
"500109","ピリピ 1:9","そして私が(絶えず)祈っているのは、君達の愛がなおもますま
す(成長することによって)
知識と凡ての(道徳的)知覚を増し、"
"500110","ピリピ 1:10","君達が本質的なものの判別が出来るようになり、斯くしてキリス
ト(来臨)の日に潔くして非難すべき点なく、"
"500111","ピリピ 1:11","イエス・キリストによる義の果実に満ちて、(凡ての)栄光と誉
れが神に帰せんことである。"

塚本訳コロサイ
"510106","コロサイ 1:6","(そして今や)この福音は君達の所まで来て、君達の間でも真
に神の恩恵を聴き知った(最初の)日から、全世界におけると同様、(豊かに)果実を結
び成長しているのである。"


塚本訳コロサイ
"510108","コロサイ 1:8","彼はまた君達が(神の)霊による愛を持っていることを私達に
明らかにしてくれた。"
"510109","コロサイ 1:9","それ故私達もそのことを聞いた日から絶えず(神に)祈って、
君達が御霊による凡ての知恵と聡明とを与えられて、神の御意を知る知識に満たされんこ
とを求めている。"
"510110","コロサイ 1:10","これは君達が主(を信ずる者たる)に相応しく歩いて、凡ての
天において彼を喜こばせんこと、(然り、第一には)凡ての善き業において(多くの)果
実を結び神を知る知識に成長せんこと
、"
"510111","コロサイ 1:11","(第二には)彼の栄光の威力に応じて凡ての能力を強められ、
凡て(の苦難)を耐え忍ばんこと、"
"510112","コロサイ 1:12","(最後に)君達をして光に在る聖徒達の(受くる大なる)世襲
財産の分け前に与り得る者と為し給う父(なる神)に、喜びをもって感謝せんことである。

塚本訳テサロニケ
"530101","・テサロニケ 1:1","パウロ、シルワノ、テモテより、私達の父なる神と主イエ
ス・キリストに在るテサロニケ人の教会に手紙を遺る。"
"530102","・テサロニケ 1:2","父なる神と主イエス・キリストの恩恵と平安、君達にあら
んことを。"
"530103","・テサロニケ 1:3","兄弟達よ、当然のことながら、私達がいつも君達のために
神に感謝しなければならないのは、君達の信仰が著しく成長し、また互いの愛が君達一
人一人に皆増し加わっていることであって、"
"530104","・テサロニケ 1:4","そのため私達は自分(の口)で、君達があらゆる迫害と患
難に耐えているその忍耐と忠実とを神の諸教会の中で自慢しているのであるが、"
"530105","・テサロニケ 1:5","(実はかく)君達が苦しんでいることが(とりも直さず)
神の正しい(最後の)審判の(既に切迫している)兆であり、(またそれにより)君達が
神の国に相応しい者とされるためであって、君達は(今)その御国のために苦しんでいる
ので、"
"530106","・テサロニケ 1:6","神は(きっと)──これは神において正しいことであるか
ら──(今)君達を苦しめている者達には患難をもって、"
"530107","・テサロニケ 1:7","また(これに反し今)苦しめられている君達には私達と一
緒に安息をもって報い給うのであって、そのことは主イエスが天からその能力なる天使(の
群)と共に“火焔の中に”現れ給う時に実現し、"
"530108","・テサロニケ 1:8","(その時)主は“神を知ろうとせぬ(異教の)者”と、私
達の主イエスの福音に“従順でない者に仕返しをし給う”ので、"
"530109","・テサロニケ 1:9","これらの人達は罰を受けて“主の御顔とその御力の栄光と
から”永遠に滅び失せる──"
"530110","・テサロニケ 1:10","そしてこれは主が“聖徒達の間に崇められ”、凡ての信者
の間にて【(もちろん君達の間にても)──私達の(福音の)証は君達の所で信じられた
のだ!】“誉めたたえられんとて来たり給うかの日に”実現するのである。"
"530111","・テサロニケ 1:11","そのため私達はまた、私達の神が君達をその御召しに相応
しい者とし、また(君達の)善に対する凡ての悦びと信仰の業とを力づよく完成し給わん
ことを、いつも君達のために祈っているのであるが、"
"530112","・テサロニケ 1:12","これは私達の神と主イエス・キリストの恩恵によって、私
達の主イエスの“御名が君達の間にて崇められ”、また君達も彼に在って崇められ“んた
めである”。"

塚本訳Ⅱペテ
"610317","・ペテロ 3:17","だから愛する者よ、君達は前以てこのことを知って、無法者ど
もの迷いに引き込まれ自分の堅い決心から落ち(ることの)ないように気をつけ、"
"610318","・ペテロ 3:18","私達の主また救い主イエス・キリストの恩恵と知識とに成長せ
よ。(願う、)今も永遠の日までも栄光彼にあらんことを!"


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想終わり。アーメン神います。モーダメだと思っても神がすべて良く正しく導かれる。

●TSK日本語版民数記18章入力
●13:00 能城一郎牧師来訪。昨日奥様が雪の中で転倒、左腕骨折。救急車で運ばれた。Jバイブル1stをウインドウズ「セブン」にADDONデータと共にインストールしてくださった。
●「黒崎幸吉新約聖書注解」と拙HPの「聖書で聖書を読む」は多くの神学生や米国からの宣教師にも喜んで利用されている報告を伺った。
●「Jバイブル」のことで懇談。









トラックバック(0) | コメント(1) | top▲


負わされる十字架で実が結ばれる ++++++++ 所感

2013/01/15 11:36

130115(火) 5時半起床●朝の黙想「負わされる十字架で実が結ばれる」●次回1月20日の感話のテーマは「実を結ぶ」である。この一か月このことを巡って思いめぐらしていたが、結論として「負わされる十字架で実が結ばれる」ということに到達した。その結論の部分の資料を以下に掲げる。

1月20日感話資料の結論
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●負わされる十字架で実が結ばれる

② (塚本訳)ヨハネ

"431224","アーメン、アーメン、わたしは言う、一粒の麦は、地に落ちて死なねば、いつ

までもただの一粒である。しかし死ねば、多くの実を結ぶ。(だからわたしは命をすてる。)

 

③ (塚本訳)ヨハネ

"431513","(わたしはあなた達のために命を捨てる。)友人のために命を捨てる以上の愛は

ないのだ。"

"431514","あなた達はわたしの命ずることを行ってさえおれば、わたしの友人である。"

 

④ (塚本訳)ヨハネ

"431014","わたしが良い羊飼である。わたしはわたしの羊を知っており、わたしの羊もわ

たしを知っている。"

"431015","父上がわたしを知っておられ、わたしが父上を知っているのと同じである。そ

してわたしは羊のために命を捨てる。"

"431016","・・なおわたしには、この檻のものでない、ほかの羊がある。(彼らはまだ野山

をさまよっている。)わたしはそれをも導いてやらねばならない。彼らはわたしの声を聞

きわけ、かくて群一つ、羊飼一人となるであろう。・・"

 

① (塚本訳)ルカ

"421204","あなた達、わたしの友人に言う、体を殺しても、そのあと、それ以上には何も

できない者を恐れるな。"

"421205","恐るべき者はだれか、おしえてあげよう。殺したあとで、地獄に投げ込む権力

を持っておられるお方を恐れよ。ほんとうに、わたしは言う、そのお方(だけ)を恐れよ。

 

② (塚本訳)マタイ

"401038","また自分の十字架を取ってわたしのあとに従わない者は、わたし(の弟子たる)

に適しない。"

"401039","(十字架を避けてこの世の)命を得る者は(永遠の)命を失い、わたしのため

に(この世の)命を失う者は、(永遠の)命を得るであろう。"

 

③ (塚本訳)Ⅰヨハ

"620502",""神を愛し、その掟を行う時、そのことによって、わたし達は神の子(なる兄弟)たちを愛していることがわかるのである。"

"620503",""神の掟を守ること、それが神を愛することだからである。そしてその掟は、むずかしいものではない。"

 

④ (塚本訳)ロマ

"450902",""(わたしが急にこんなことを言い出したら信じてくれないかも知れないが、)わたしに大きな悲しみと、心に絶えざる痛みとがあるのである。"

"450903",""ほんとうに、兄弟すなわち血を分けた同胞の(救われる)ためならば、このわたしは呪われて、救世主(の救い)から離れ落ちてもよいと、幾たび(神に)願ったことであろう。

 

⑤ (塚本訳)ロマ

"450506",""なぜなら、わたし達がまだ弱くあったとき、当時まだ不信心者の(わたし達の)ために、キリストは死んでくださったからである。"

"450507",""(驚くべき神の愛!人間の世界では、)義人のために命をすてる者はほとんどあるまい。善人のためならば、惜しげもなく命をすてる者が、あるいはあるかも知れない。"

"450508",""しかしわたし達が(義人でも善人でもなく、)まだ罪人(神の敵)であったとき、キリストが私たちのために死んでくださった。このことによって、神はわたし達に対する愛をお示しになったのである。"

 

⑥ (塚本訳)ロマ

"450620","ローマ 6:20","なぜなら、あなた達が罪の奴隷であった時には、義に対して自由

(の身)であって(勝手放題な生活をしてい)たが、"

"450621","ローマ 6:21","その時いったいどんな実を得たのであったか。今なら恥ずかしい

ものではないか。それらのものの最後は死だからである。"

"450622","ローマ 6:22","しかし今は、罪から自由にされて神の奴隷にしていただき、一つ

の実を得ている。この実はあなた達を聖め、最後は永遠の命に至らせるのである。"

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1月20日感話資料の結論 終わり



2013_01150001.jpg 

昨日の雪がやんで。北の窓からあきる野台地を眺める。東北の雪は
こんなものではない。 

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


悪魔の奴隷状態からの解放 ++++++++ 所感

2013/01/14 05:27

130114(月)成人の日。3時目覚め。朝のささやき「悪魔の奴隷状態からの魁皇」●4時15分起床

塚本訳マタイ
"401026","だから彼らを恐れるな、(すべてはじきに明らかになるであろう。)覆われてい
るものであらわされないものはなく、隠れているもので(人に)知られないものはないか
らである。"
"401027","
わたしが暗闇で(こっそり)話すことを、(大胆に)明るみで言え。耳うちされ
たことを屋根の上で宣伝せよ。"

●人生を暗く不幸にしているのは人間が悪魔の奴隷状態にさせられているからである。
●その悪魔からの解放のためにキリストは来られた。これが福音である。
●悪霊に取りつかれている人間を悪魔から解放する徴を行った。新共同訳聖書では「悪霊」93か所、「聖霊」の92箇所よりも多い。
●現代においては罪の奴隷状態から聖霊によって神の赦しを受ける。十字架はその神の赦しの心の「徴」である。キリストはその徴とさせられるために受難した。血を流された。
●その「徴」はこの世の現象である。受難、十字架、血、有体的復活、これすべてこの世の現象である。
●神の心が形になった。
●その形を否定する「グノーシズ主義」は誤り。
●「キリスト教の敵はローマ帝国にあらずしてグノーシス主義であった」というのは至言
●ヨハネの手紙(第一~第三)はこのグノーシス主義に対する激烈な批判。
●現代のエクレシアが政治結社や享楽主義やヒューマニズムに転落堕落しているのを攻撃すること以上に重要。深刻な問題。
●キリスト教の本質は十字架と復活と三位一体。これが希薄だから日本にはキリスト教が土着しない。
●今朝は人間が悪魔の奴隷状態になっている深刻な悩みからの解放について頭に浮かぶものを掲げよう。

塚本訳ロマ
"450819","ローマ 8:19","(そしてこの栄光は必ず与えられる。)その証拠(の第一)は、
創造物が神の子たちの現われるのを、首を長くして待ちこがれていることである。"
"450820","
ローマ 8:20","なぜであるか。創造物は自分から(今のような)はかない運命に
屈服したのでなく、それは屈服させたお方([神]の御心)によるからである。(彼らはア
ダムの罪の責任を負わされたのである。)しかし(この屈服には)望みがある。"
"450821","ローマ 8:21","創造物自身も、滅亡の奴隷になっている(現在の)状態から自由
にされて、神の子供たちがうける栄光と自由とにあずかるのだから。"
"450822","
ローマ 8:22","わたし達が知っているように、全創造物は(かの日から)今まで、
一しょになって呻き、一しょになって産みの苦しみをしている。(父なる神がこの 呻き
に耳を傾けられないことがあろうか。)" 

塚本訳ロマ
"450826","ローマ 8:26","しかし(創造物やわたし達神の子が苦しんでいると)同じように、
御霊も、弱いわたし達を助けてくださる。
すなわち、(神のみ心にかなうには)どう何を
祈るべきかわからないので、御霊自身が、無言の呻きをもって(わたし達の祈りを神に)
執り成してくださるのである。"
"450827","ローマ 8:27","しかし(人の)心を見抜くお方[神]は、御霊が何を求めている
か、すなわち、御霊が神の御心にかなうように聖徒たちのために執り成しておられること
を、(もちろん)御存じである。"


塚本訳マルコ
"410515","マルコ 5:15","彼らはイエスの所に来て、前に一軍団の悪鬼につかれていた者が
着物をき、正気にかえってじっと座っているのを見ると、恐ろしくなった"
"410516","
マルコ 5:16","また(現場を)見ていた人たちは、悪鬼につかれていた者におこ
った
ことや豚のことを、その人々に話してきかせた。"

塚本訳マルコ
"410925","マルコ 9:25","イエスは群衆が駆けよってくるのを見ると、(急いで)汚れた霊
を叱りつけて言われた、「唖と聾の霊、わたしが命令するのだ、この子から出てゆけ、二
度と入るな!」"
"410926","
マルコ 9:26","霊はどなって、はげしくひきつけさせて、出ていった。子は死ん
だようになったので、多くの人が、「死んだ」と言った。"
"410927","
マルコ 9:27","イエスはその子の手をとって起された。すると立ち上がった。"
"410928","
マルコ 9:28","家にかえられると、弟子たちは人のいない時に尋ねた、「なぜわ
たし達には霊を追い出せなかったのでしょうか。」"
"410929","
マルコ 9:29","彼らに言われた、「この種類(の霊)は、祈り以外(の手段)で
は決して出てゆかせることは出来ない。」"


塚本訳ヨハネ
"430833","しかし彼らは(その意味がわからずに)答えた、「わたし達はアブラハムの子孫
で(自由人で)ある。いまだかつてだれの奴隷にもなったことはない。どうして『あなた
達は自由になる』と言われるのか。」"
"430834","
イエスは答えられた、「アーメン、アーメン、わたしは言う、罪を犯す者は皆罪
の奴隷である。"
"430835","奴隷はいつまでも家におるわけにゆかない。(いつでも追い出される。しかし)
子はいつまでも家におる。
"430836","
だから、もし子(たるわたし)が(罪から)自由にしてやれば、あなた達は本
当に自由になるのである。(そしていつまでも父上のところにおることができる。)"


塚本訳マルコ
"410139","マルコ 1:39","それからガリラヤ中にあるその礼拝堂で教えを説き、悪鬼を追い
出しておられた。"
"410140","
マルコ 1:40","すると(ある日)一人の癩病人がイエスの所に来てひざまずき、
「清めてください。お心さえあれば、お清めになれるのだから」と言って願った。"
"410141","
マルコ 1:41","イエスは(そのあわれな姿を見て悪魔に対する)怒りに燃え、手
をのばしてその人にさわり、「よろしい、清まれ」と言われると、
"
"410142","
マルコ 1:42","たちまち癩病が消えうせて、その人は清まった。"

塚本訳マタイ
"401230","(だからわたしは言う、ベルゼブルはすでに縛られている。神と悪魔との戦い
は始まっている。)わたしの側に立たない者は、わたしに反対する者、わたしと一しょに
集めない者は、散らす者である。
"
"401231","
(あなた達はわたしをもって働く神の霊の働きをベルゼブルの働きと罵った。)
だからわたしは言う、人の(犯す)いかなる罪も冒涜も赦していただけるが、御霊の冒涜
は赦されない。"

塚本訳ルカ
"421310","安息日にある礼拝堂で教えておられた。"
"421311","
その時、そこに十八年も病気の霊につかれている女がいた。体が曲っていて、
真直ぐに伸ばすことが出来なかった。"
"421312","
イエスは女を見て呼びよせ、「女の人、病気は直っている」と言って"
"421313","
手をのせられると、女はたちどころに体がまっすぐに伸びて、神を讃美した。"
"421314","
すると礼拝堂監督は、イエスが安息日に病気をなおされたことを憤慨して、群
衆に言った、「働くべき日は六日ある。その間に来てなおしてもらったがよかろう。安息
日の日にはいけない。」"                          
"421315","
主が答えられた、「この偽善者たち、あなた達はだれも、安息日には牛や驢馬を
小屋から解いて、水を飲ませにつれてゆかないのか。"
"421316","
この女はアブラハムの末であるのに、十八年ものあいだ、悪魔が縛っていたの
だ。安息の日だからとて、その(悪魔の)縄目から解いてはならなかったのか。」
"
"421317","
こう言われると、(監督はじめ)反対者は皆恥じ入り、群衆は一人のこらず、イ
エスが行われたあらゆる輝かしい御業を喜んだ。"

塚本訳マタイ
"401228","しかし、もし(そうでなく、)わたしが神の霊で悪鬼を追い出しているのであっ
たら、それこそ神の国はもうあなた達のところに来ているのである。"


塚本訳ヤコブ
"590514","ヤコブ 5:14","君達の中に病んでいる者があるのか、その人は教会の長老を呼び、
長老たちは主の名により油を塗って、その人のことを祈ったがよかろう。
"590515","
ヤコブ 5:15","信仰(による真)の祈りは病人を癒し、主は彼を立たせ給うであ
ろう。そしてもし罪を犯して居るならば、赦されるであろう。
"590516","ヤコブ 5:16","だから互いに罪を告白し、医されるため互いのために祈れ。義人
の(熱心な)祈りは働くと大きな力がある。

塚本訳ヨハネ
"431103","マリヤとマルタとはイエスに使をやって、「主よ、大変です。あなたの可愛がっ
ておられる人が病気です」と言わせた。"
"431104","
イエスは聞いて言われた、「これは死ぬための病気ではない。神の栄光のためで
ある。すなわち(神の栄光をあらわすために、)神の子(わたし)がこれによって栄光を
受けるためである。」
"

塚本訳ヨハネ
"430901","イエスは通りがかりに、生まれつきの盲人を見られた。"
"430902","
弟子たちが尋ねた、「先生、この人が盲で生まれたのは、だれが罪を犯したから
ですか。この人ですか、両親ですか。」"
"430903","
イエスは答えられた、「この人が罪を犯したからでも、両親が罪を犯したからで
もない。ただ神の御業がこの人に現われるためである
"

塚本訳ルカ
"421108","しかしわたしは言う、(その人がなおもせがんで止まなければ、)友人だからと
いうのでは起きて(パンを)かしてやらなくても、その厚かましさにはかなわず、起き上
がって、必要なだけのものをかしてやるにちがいない。"
"421109","
それで、わたしもあなた達に言う、(ほしいものはなんでも神に)求めよ、きっ
と与えられる。さがせ、きっと見つかる。戸をたたけ、きっとあけていただける。"
"421110","
だれであろうと、求める者は受け、さがす者は見つけ、戸をたたく者はあけて
いただけるのだから。"
"421111","あなた達のうちのどんなお父さんでも、子が魚を求めるのに、魚の代りに蛇を
やるだろうか。"
"421112","
また卵を求めるのに、蝎をやるだろうか。"
"421113","
してみると、あなた達は悪い人間でありながらも、自分の子に善い物をやるこ
とを知っている。まして天の父上が、求める者に聖霊(という善いもの)を下さらないこ
とがあるだろうか。
"
"421114","
(ある日)悪鬼を追い出しておられた。それは唖(の霊)であった。その悪鬼
が出てゆくと(すぐ)唖が物を言うようになったので、群衆が驚いた。"


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想終わり。悪魔の奴隷状態の人間の苦しみは神の苦しみでもある。神は救う。


●TSK日本語版民数記16章。50節はヘビーであった。
●東京では珍しい大雪。
●夕方散歩がてらプリンターインクを購入に行く
●「うつ病」の気配の人に関する電話。悩み多きこの世なるかな。新天新地の実現を祈る
●清い生活が病気を追い出す。
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


神は悪魔を利用して救いの経綸を成就する ++++++++ 所感

2013/01/13 07:40

130113(日)朝の啓示「神は悪魔を利用して救いの経綸を成就する」●昨年から「悪魔」の存在とその働きについて勉強しているが、不思議なのはイエスにとって悪魔は敵であるが、神は悪魔を利用していることがわかる。これで「なぜ悪魔が存在するか」の謎が解けた。それは神の人間救済の経綸の手段なのだ。神は神の子イエスより一枚上である。関連聖句で黙想しよう。

【口語訳】 ヨブ 1 章
1:12 主はサタンに言われた、「見よ、彼のすべての所有物をあなたの手にまかせる。ただ彼の身に手をつけてはならない」。サタンは主の前から出て行った。

●ヨブの大苦難はサタンの仕業だが、それは神の了承の結果だ。

【口語訳】 ヨブ 2 章
2:8 ヨブは陶器の破片を取り、それで自分の身をかき、灰の中にすわった。
2:9 時にその妻は彼に言った、「あなたはなおも堅く保って、自分を全うするのですか。神をのろって死になさい」。

●妻の言葉はサタンが彼女に取りついて語ったものだ。あー気の毒なヨブ。一番近しいい人にサタンが入り込んだとは。

塚本訳マタイ
"401034","地上に平和をもたらすためにわたしが来た、などと考えてはならない。平和で
はない、剣を、(戦いを)もたらすために来たのである。"
"401035","わたしは子を“その父と、娘を母と、嫁を姑と”仲違いさせるために来たのだ
から。"
"401036","“家族が自分の敵となろう。”"
"401037","わたしよりも父や母を愛する者は、わたし(の弟子たる)に適しない。わたし
よりも息子や娘を愛する者は、わたし(の弟子たる)に適しない。"
"401038","また自分の十字架を取ってわたしのあとに従わない者は、わたし(の弟子たる)
に適しない。"

●サタンは一番身近な人に取りついて攻撃してくる。妻、夫、父母、兄弟、子供、親類縁者。教会では牧師、長老、信者。勤務先では上司、同僚。多くの場合常識論で「ささやいて」くる。「もっともだ」と思わせる。

塚本訳マタイ
"400401","間もなくイエスは悪魔の誘惑にあうため、御霊につれられて荒野に上られた。 "

●悪魔の誘惑は「御霊つれられて」行われたのだ。何ということだ。ここでも神と悪魔は共謀している。

塚本訳ルカ
"422231","(そしてペテロに向かって言われた、)「シモン、シモン、見なさい、悪魔はあ
なた達を麦のように篩にかけることを(神に)願って聞き届けられた。"
"422232","
しかしわたしはあなたのために、信仰がなくならないように祈っておいた。(だ
から一度信仰を失っても、またもどってくる。)もどってきたら、あなたが兄弟たちを強
めてやってほしい。」"

●アーなんとここでも神は悪魔と話し合っている。神は悪魔の願いを聞き届けた。
●すると人間にとって神は敵ではないのか。

塚本訳ルカ
"422202","大祭司連と聖書学者たちは、イエスを(そっと)無き者にする方法を考えてい
た。人民(が暴動を起すの)を恐れたのである。"
"422203","
すると(その時)悪魔が、十二人の(弟子の)数に入っていたイスカリオテと
呼ばれるユダに入った。"
"422204","
彼は出かけていって、大祭司連、宮の守衛長たちとイエスを売る方法について
話し合った。"
"422205","
彼は喜んで、金をやることに話をきめた。"

●イエスの側近であるユダに悪魔が入った。アーなんということだ。
●しかしここに神の人類救済の経綸の深い計画がある。
●某女が「ユダがいなければ十字架の救いはなかったと思うと、ユダのことをどう考えたらよいか」と問われたことがある。

塚本訳マタイ
"402624","人の子(わたし)は聖書に書いてあるとおりに死んでゆく。だが人の子を売る
その人は、ああかわいそうだ!生まれなかった方がよっぽど仕合わせであった。」"
"402625","
イエスを売るユダが口を出した、「先生、わたしではないでしょう。」彼に言わ
れる、「いや、そうかも知れない。」"

●イエスにとって悪魔は敵。だからそれに取りつかれたユダのことをイエスは「生まれなかった方がよっぽど仕合わせでった」とひどいことを言った。
●しかし神はイエスよりの一枚上。悪魔をユダに入れて、イエスを殺す大経綸を実行しようとしたのだ。

塚本訳ルカ
"431930","イエスは酸っぱい葡萄酒を受けると、「(すべて)すんだ」と言って、首を垂れ
て霊を(神に)渡された。"

●イエスはこの世の支配者であるサタンに負けて殺されたがそれは神の救いの大経綸。ああ深きかな神の経綸。

塚本訳ロマ
"450828","ローマ 8:28","そればかりではない。(わたし達の救いは次のことからも確かで
ある。)わたし達が知っているように、神を愛する者、すなわち(神の)計画に応じて召
された者には、すべてのことが救いに役立つのである。"

●これは後でわかることだから当事者は苦しいのだ。
●ヒルティはこの句を取り上げて失敗も自分に対する悪人もすべて神の計画だという。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想 終わり

10:00 妻と集会に出席。小寺(司会)、高木(詩編22編と福音書に関係、およびローズンゲンのこと)、山本(第二コリント)。
 
●帰途、高木さんとローズンゲンを生み出したヘルンフート派、(敬虔主義、ピエティスムス)について語りあった。もはやこのモラヴィア兄弟団と無教会主義は内容的類似性にも関係性についても動かぬものになりつつある。
●教会史家のゾームはこのグループの姿をプロテスタンティズムの行き着く姿だと言っている。
●それは「聖書そのものを重視してこれに権威を認めている」ことである。つまり「聖書に聞く」ということである。
●これを逸脱して教養主義、思想主義、はたまた物見遊山の話や、信仰なき歴史趣味や政治結社やこの世の趣味親睦団体のような堕落集団(教会)は自然消滅する。
●今年頂いた年賀状に「正統信仰」の大切さが書かれていたものがあった。確かにキリスト教の本質は十字架と復活と三位一体である。これを抜きにして信仰も救いもあったものではない。

●TSK日本語版民数記15章入力。聖書っていうのは不思議な引力がある。
●NHKBS 「八重の桜」







トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


人の救いは隠れて祈れ ++++++++ 所感

2013/01/12 08:37

130112(土)5時半目覚め●朝の啓示「人の救いは隠れて祈れ」。●来信年賀状の中に「〇〇さんが福島の息子さんの米を送ってくれました。とてもおいしかったです。」というものがあった。〇〇さんの行為はわたしの知らないところでのことであった。●これに刺激されて「隠れたる祈り」「隠れたる行為」ということを黙想する。

塚本訳マタイ
"400603","あなたは施しをするときに、右の手のすることを左に悟られてはならない。"
"400604","これは施しを隠しておくためである。そうすれば、隠れたことを見ておられる
あなたの父上は、褒美をくださるであろう。"
"400605","また祈る時には、偽善者のようにしてはならない。彼らは人に見せようとして、
礼拝堂や大通りの角に立って祈ることを好むのである。アーメン、わたしは言う、彼らは
(褒められた時、)すでに褒美をもらっている。"
"400606","
あなたが祈る時には、“奥座敷に入り、部屋をしめきった上で、”隠れた所にお
いでになるあなたの父上に“祈れ。”そうすれば、隠れたことを見ておられるあなたの父
上は、褒美をくださるであろう。"
 
●神は隠れたることを見ていてくださる。人走らなくても神はご存知だ。
●救いを宣教するときは人間が本人に直接語るのは良くない。神に直接語っていただかなければ実効はない。
●だから直接本人に会って慰めたり励ましたり説教したりするのは逆効果だ。
●人間どおしの友愛や親睦は神が嫌う。
●ヒューマニズムは兄弟どおし仲良くしても「親父」を認めないので神の栄光があがらない。
●「行為主義者」は施しも祈りも宣伝しながら行う。「信仰者」とは正反対である。。クリスチャンの匂いがしない。ヒューマニストか社民党の一員に近い。

塚本訳マタイ
"400631","だから、『何を食べよう』とか、『何を飲もう』とか、『何を着よう』とか言って、
心配するな。"
"400632","
それは皆異教人のほしがるもの。あなた達の天の父上は、それが皆あなた達に
必要なことをよく御承知である。"
"400633","あなた達は何よりも、御国と、神に義とされることとを求めよ。そうすれば(食
べ物や着物など)こんなものは皆、(求めずとも)つけたして与えられるであろう。"
"400634","
だから、あしたのことを心配するな。あしたはあしたが自分で心配する。一日
の苦労はその日の分で沢山である。"

●親は子供に必要なものは「先回りして」心配する。神も人に隠れたことをする。

塚本訳マタイ
"402537","その時、正しい人たちは答える。『主よ、いつわたし達はあなたの空腹を見て食
事を差し上げ、渇かれているのを見てお飲ませしましたか。"
"402538","
また、いつお宿がないのを見てお宿をし、裸でおられるのを見てお着せしまし
たか。"
"402539","
また、いつ御病気であり、牢に入っておられるのを見て、おたずねしましたか。』
"
"402540","
すると王は答える、『アーメン、わたしは言う、わたしのいと小さいこの兄弟た
ちの一人にしたのは、わたしにしてくれたのと同じである。』"


●神の名によって親切をするのは「あてつけがましい」から神にも人にも嫌われる。
●本当のキリスト教文学は、キリストをむき出しにしない。
●関根正雄先生は三浦綾子の文学はキリスト教宣伝文学だと言った。我が国はキリスト教の根が浅い。


塚本訳ルカ
"422228","しかしあなた達はわたしのかずかずの試みの時に、一しょに持ちこたえてくれ
た人たちだ。"
"422229","
だから父上がわたしに御国を委ねてくださったように、わたしもあなた達にわ
たしの国を委ね、"
"422230","
(そこで)わたしの食卓で飲み食いさせ、また王座につかせて、イスラエルの
(民の)十二族を支配させるであろう。」"
"422231","
(そしてペテロに向かって言われた、)「シモン、シモン、見なさい、悪魔はあ
なた達を麦のように篩にかけることを(神に)願って聞き届けられた。"
"422232","
しかしわたしはあなたのために、信仰がなくならないように祈っておいた。(だから一度信仰を失っても、またもどってくる。)もどってきたら、あなたが兄弟たちを強
めてやってほしい。」"

●イエスはシモンが悪魔に負けないように祈っている。これ間接的である。
●神は悪魔の願を聞くとはどういうことなのだろう。 

塚本訳ヨハネ
"431304","夕食の席から立って、上着をぬぎ、手拭を取って腰に巻かれた。"
"431305","
それから盥に水を入れて、ひとりびとり弟子たちの足を洗っては、(腰に)巻い
た手拭で拭き始められた。"
"431306","
こうしてシモン・ペテロの所まで来られると、ペテロが(こばんで)言う、「主
よ、わたしの足を、あなたが洗われるのですか。」"
"431307","
イエスが答えて言われた、「わたしが何をしているのか、いまはあなたにわから
ない。(わたしがいなくなった)あとでさとるだろう。」"


●「今はわからないが後でわかる」というのは福音の言葉。
●だから福音の宣教は高校生の時ではないか。高校時代にはわからずとも社会の荒波に泣いてわかるものだ。
●もっともわからない人間はいつまでもわからない。その人は終末にわかる。
●内村鑑三は「学生の信仰は信用できない」と言っているが。真理。

塚本訳ルカ
"422327","民衆と、イエスのために悲しみ嘆く女たちとの大勢の群が、あとにつづいた。"
"422328","
イエスは女たちの方に振り向いて言われた、「エルサレムの娘さんたち、わたし
のためには泣いてくれなくともよろしい。それよりは自分のため、自分の子供のために泣
きなさい。"
"422329","いまに人々が、『石女と、(子を)産んだことのない胎と、飲ませたことのない
乳房とが羨ましい』と言う(恐ろしい)日が来るのだから。"
"422330","
その時人々は“山にむかっては、『われわれの上に倒れかかって(殺して)くれ』、
丘にむかっては、『われわれを埋めてくれ』と言い”続けるであろう。"
"422331","
(罪のない)生木(のわたし)でさえ、こんな目にあわされるのだ。まして(罪
にくされた)枯木は、どうなることであろうか!」"

●イエスは自分のために泣いてくれる人のことを喜ばず、自分自身のことを泣けと言っている。
●人は多くの人に惜しまれ泣かれて死にたいと思っているが、神の子イエスはそうは思わなかった。


塚本訳ルカ
"422333","髑髏という所に着くと、(兵卒らは)そこでイエスを十字架につけた。また罪人
も、一人を右に、一人を左に(十字架につけた)。"
"422334","
するとイエスは言われた、「お父様、あの人たちを赦してやってください、何を
しているか知らずにいるのです。」
“彼らは籤を引いて、”イエスの“着物を自分たちで分
けた。”"

●このとりなしの祈りは「隠れた祈り」。崇高な祈り。

塚本訳使徒
"440758","使徒 7:58","彼を町の外に突き出し、石で打ち殺した。証人たちはぬいだ上着を
サウロという青年の足下に置い(て、番をさせ)た。"
"440759","
使徒 7:59","ステパノは打ち殺されながら、イエスの名を呼んで、「主イエス様、
わたしの霊をお受けください」と祈り、"
"440760","
使徒 7:60","それからひざまずいて、大声で叫んだ、「主よ、どうぞこの罪をこ
の人たちに負わせないでください!」こう言って、彼は眠りについた。"

"440801","
使徒 8:1","サウロは(石は投げなかったが、)ステパノを殺すことに賛成であっ
た。その日エルサレムの集会に対して大迫害がおこり、使徒たち以外(の信者)は皆、ユ
ダヤとサマリヤとの田舎に散らばった。"

●パウロの祈りも崇高だ。パウロの前にステパノあり。
●パウロはステパノ殺害に加担した。ステパノの祈りはパウロに効いた。

塚本訳ロマ
"451218","ローマ 12:18","出来るなら、(少なくとも)あなた達の方では、どんな人とも仲
良くせよ。"
"451219","
ローマ 12:19","愛する者たちよ、自分で仕返しをするな、(裁きの日の神の)怒
りにまかせよ。こう書いてあるではないか、「主は言われる、“仕返しはわたしのもの、”
わたしが“報いをする”と。」"
"451220","
ローマ 12:20","むしろ、“あなたの敵が飢えているなら、食べさせてやれ。渇い
ているなら、飲ませてやれ。こうするのはその頭に炭火を積むことであるから、(いつか
は恥じて悔改める。)”"
"451221","
ローマ 12:21","悪に勝たれるな、善によって悪に勝て。"


●アノ人、アノ親戚の人間、アノ兄弟、アノ子供のために隠れて祈る祈りが神に一番喜ばれることだ。
●それは本人が知らない方がよいのだ。その方が神の力が発揮されて、神の栄光があがるのだ
●頭に炭火を積むということは、「後悔の念」を起こすことだが、そこに熱エネルギーを発生させることだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想終わり。しからばアノ人、コノ人のことを隠れて祈ろう。
 
●TSK日本語版民数記14章入力。ヘビーであった。ナンノコレシキ。
●15:00 人参+リンゴをミキサーでジュース。妻との二人分
●15:15 妻は合唱団「もくせい」の練習に行く。ラター、ヴィヴァルディ

2013_01120005.jpg 

冬の日。庭の木漏れ日。








トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


信者に課せられる贖罪苦の生涯 ++++++++ 所感

2013/01/11 07:06

130111(金)6時起床

2013_01110001.jpg 


2013_01110002.jpg 

東の窓を開けるとこの景色。思わず讃美歌24番が浮かび、心で歌う。

讃美歌24番


父のかみよ 夜は去りて、
あらたなる 朝となりぬ
われらは今みまえにいでて
御名(みな)をあがむ

●サー、今日一日も「主のために」働こう。「我と我が家は主に仕えん」。主の言葉の発信だ。

【口語訳】 ヨシ 24 章
 24:15 もしあなたがたが主に仕えることを、こころよしとしないのならば、あなたがたの先祖が、川の向こうで仕えた神々でも、または、いまあなたがたの住む地のアモリびとの神々でも、あなたがたの仕える者を、きょう、選びなさい。ただし、わたしとわたしの家とは共に主に仕えます」。

●朝の啓示「信者に課せられる贖罪苦の生涯」。

塚本訳ピリピ
"500129","ピリピ 1:29","君達はキリストのために──ただ彼を信ずるばかりでなく、また
彼のために苦しむことをも恵まれたからである
"
"500130","
ピリピ 1:30","(然り、)君達はかつて私に於て(目のあたり)見、今また私に
就いて聞いているのと同じ戦いをしているのだ!"

塚本訳マタイ
"400539","しかしわたしはあなた達に言う、悪人に手向かってはならない。だれかがあな
たの右の頬を打ったら、左をも向けよ。"
"400540","
(裁判所に)訴えて下着を取ろうとする者には、上着をも取らせてやれ。"
"400541","
だれかが無理に一ミリオン[一キロ半]行かせようとするなら、一しょに二ミ
リオン行ってやれ。"
"400542","
求める者には与えよ、借りようとする者を断るな。"
"400543","
あなた達は(昔の人がモーセから、)“隣の人を愛し、”敵を憎まねばならない、
と命じられたことを聞いたであろう。"
"400544","
しかしわたしはあなた達に言う、敵を愛せよ。自分を迫害する者のために祈れ。
"
"400545","
あなた達が天の父上の子であることを示すためである。父上は悪人の上にも善
人の上にも日をのぼらせ、正しい人にも正しくない人にも、雨をお降らしになるのだから。
"
"400546","
自分を愛する者を愛したからとて、なんの褒美があろう。(人でなしと言われる
あの)税金取りでも同じことをするではないか。"
"400547","
また兄弟にだけ親しくしたからとて、なんの特別なことをしたのだろう。異教
人でも同じことをするではないか。"
"400548","
だからあなた達は、天の父上が完全であられるように“完全になれ。”"


塚本訳マタイ
"401034","地上に平和をもたらすためにわたしが来た、などと考えてはならない。平和で
はない、剣を、(戦いを)もたらすために来たのである。"
"401035","
わたしは子を“その父と、娘を母と、嫁を姑と”仲違いさせるために来たのだ
から。"
"401036","
“家族が自分の敵となろう。”"
"401037","
わたしよりも父や母を愛する者は、わたし(の弟子たる)に適しない。わたし
よりも息子や娘を愛する者は、わたし(の弟子たる)に適しない。"
"401038","
また自分の十字架を取ってわたしのあとに従わない者は、わたし(の弟子たる)
に適しない。"
"401039","
(十字架を避けてこの世の)命を得る者は(永遠の)命を失い、わたしのため
に(この世の)命を失う者は、(永遠の)命を得るであろう。
"

塚本訳マタイ
"401018","また、あなた達はわたし(の弟子であるが)ゆえに、総督や王の前に引き出さ
れるであろう。これは、その人たちと異教人とに(福音を)証しする(機会を与えられる)
ためである。"
"401019","
人々があなた達を(裁判所や役人に)引き渡した時には、いかに、何を言おう
かと心配するな。何を言うべきかは、その時に(神から)授かるのだから。"
"401020","
言うのはあなた達でなく、父上の霊があなた達によって言われるのである。"
"401021","
また兄弟は兄弟を、父は子を、殺すために(裁判所に)引き渡し、“子は親にさ
からい立って”これを殺すであろう。"
"401022","
あなた達はわたしの弟子であるために皆から憎まれる。しかし最後まで耐え忍
ぶ者は救われる。"
"401023","
この町で迫害された時には、次の町に逃げてゆけ。
アーメン、わたしは言う、
人の子(わたし)は(すぐに)、あなた達がイスラエル人の町々を回りつくさぬうちに来
るのだから。"
"401024","
弟子は先生以上でなく、僕は主人以上ではない。(だからあなた達が迫害される
のは当り前である。)"
"401025","
弟子は先生のよう、僕は主人のようであれば、それで満足すべきである。家の
主人(たるわたし)が(悪鬼の頭)ベルゼブルと(悪口を)言われたのだから、その家族
(たるあなた達)はなおさらのことである。"
"401026","
だから彼らを恐れるな、(すべてはじきに明らかになるであろう。)覆われてい
るものであらわされないものはなく、隠れているもので(人に)知られないものはないか
らである。"
"401027","
わたしが暗闇で(こっそり)話すことを、(大胆に)明るみで言え。耳うちされ
たことを屋根の上で宣伝せよ。
"

塚本訳マタイ
"401012","家に入ったらば、まず平安を祈れ。"
"401013","
もしその家が(その祈りをうけるのに)ふさわしければ、あなた達の(祈った)
平安はかならずその家に臨み、もしふさわしくなければ、その平安はあなた達にもどって
くる。(そしてあなた達のものとなるのである。)"
"401014","
しかし人があなた達を歓迎せず、あなた達の言葉に耳をかたむけないなら、(す
ぐ)その家なり町なりを(出てゆけ。そして)出てゆくとき、(縁を切った証拠に)足の
埃を払いおとせ。"
"401015","
アーメン、わたしは言う、(最後の)裁きの日には、あの(堕落町)ソドムやゴ
モラの地の方が、まだその町よりも罰が軽いであろう。"


塚本訳マタイ
"401353","イエスはこれらの譬を終えると、そこを去り、"
"401354","
郷里(ナザレ)に行ってその礼拝堂で教えられた。すると人々が驚いて言った、
「この人はどこからこの知恵と、奇蹟とを覚えてきたのだろう。"
"401355","
これはあの大工の息子ではないか。母はマリヤで、兄弟はヤコブとヨセフとシ
モンとユダではないか。"
"401356","
女兄弟たちは、みんなわたし達の所に住んでいるではないか。するとこの人は、
こんなことを皆どこから覚えてきたのだろう。」"
"401357","
こうして人々はイエスにつまずいた。しかしイエスは彼らに言われた、「預言者
が尊敬されないのは、その郷里と家族のところだけである。」"
"401358","彼らの不信仰のゆえに、そこではあまり奇蹟を行われなかった。(出来なかった
のである。)"


塚本訳ロマ
"450812","ローマ 8:12","(こんなに大きな恩恵をいただいているの)だから、兄弟たちよ、
わたし達は義務がある。(もちろん)肉に対して、肉的に生きる義務があるのではない。(神
に対して、霊によって生きる義務があるのである。)"

"450813","
ローマ 8:13","その訳は、もしあなた達が肉によって生きれば、かならず死ぬか
らである。しかしもし(霊によって生き、)霊をもって体の働き[肉の行い]を殺せば、(永
遠に)生きる。"
"450814","
ローマ 8:14","神の御霊に導かれている者はことごとく、神の子だからである。

塚本訳ロマ
"450817","ローマ 8:17","(すでに神の)子供であるならば、また相続人である。神の相続
人であり、キリストと共同相続人である、(キリストと)一しょに栄光を受けるため、(こ
うして彼と)一しょに苦しんでいる以上は。"
"450818","
ローマ 8:18","(しかもこの苦しみは恐れることはない。)なぜなら、わたしは
こう考える。今の世の苦しみは、わたし達に現われようとしている栄光(──キリストと
一しょに神の国の相続人になる最後の日の大いなる光栄──)にくらべれば、言うに足り
ない。"


塚本訳ロマ
"450823","ローマ 8:23","しかし(苦しんでいるのは)創造物だけではない。わたし達自身
も、(神の子にされた証拠として)御霊なる初穂を持っているので、このわたし達自身も、
自分(のみじめな姿)をかえりみて、呻きながら、(正式に神の)子にされること、すな
わちわたし達のこの(罪の)体があがなわれ(て、朽ちることのない栄光の体にされ)る
ことを、待っているのである。"
"450824","ローマ 8:24","なぜなら、わたし達は(最後の日に救いが完成されるという)望
みをもって、救われているからである。目に見ることのできる望みは望みではない。人は
いま現に見ているものを、なんでその上望む必要があろうか。"
"450825","
ローマ 8:25","しかしわたし達が見ていないものを望むとすれば、忍耐をもって
待たねばならない。"
"450826","
ローマ 8:26","しかし(創造物やわたし達神の子が苦しんでいると)同じように、
御霊も、弱いわたし達を助けてくださる。すなわち、(神のみ心にかなうには)どう何を
祈るべきかわからないので、御霊自身が、無言の呻きをもって(わたし達の祈りを神に)
執り成してくださるのである。"
"450827","ローマ 8:27","しかし(人の)心を見抜くお方[神]は、御霊が何を求めている
か、すなわち、御霊が神の御心にかなうように聖徒たちのために執り成しておられること
を、(もちろん)御存じである。"


塚本訳コロサイ
"510123","コロサイ 1:23","もし君達が(飽くまで)根強く堅く信仰に止まり、聞いた福音
の希望から動かされることさえ無ければ!この福音は天の下の凡ての創造られたものに宣
べ伝えられ、私パウロがその世話役となったのである。"
"510124","
コロサイ 1:24","今私は君達のために苦しむことを喜びとし、またキリスト・イ
エスの体なる教会のために私の体でキリストの患難の不足を補っている。"
"510125","コロサイ 1:25","そして私は神からその(教会の)世話役たる(尊い)職を賜わ
ったので、君達に神の言を充分に伝えようとしているのである──"

"510126","
コロサイ 1:26","この神の言は世々代々隠されていた奥義であるが、今や神の聖
者達に顕されたのであって、"
"510127","
コロサイ 1:27","神はこの奥義が異教人にとって如何ばかり大なる栄光の富であ
るかを知らせようと欲し給うたのである。そして奥義とは(取りも直さず)君達の中にい
給うキリストのことであって、(これがまた)栄光の希望である。"


塚本訳2コリ
"470103","・コリント 1:3","讃美すべきかな、わたし達の主イエス・キリストの神また父、
慈悲深い父、あらゆる慰めを賜わる神!"
"470104","
・コリント 1:4","どんな苦難の時にもわたし達を慰めてくださる神、こうして
わたし達自身も神に慰めていただくその慰めをもって、どんな苦難の中にいる人たちをも
慰めることが出来るのである。"
"470105","・コリント 1:5","というのは、キリストの苦しまれた(苦しみをわたし達は共
に苦しむので、その)苦しみがわたし達に満ちあふれるのと同じように、わたし達の慰め
もキリストを通じて満ちあふれるからである。
"
"470106","
・コリント 1:6","(すなわち)わたし達が苦しめられるにしても、それはあな
た達の慰めとなり救いとなるためであり、わたし達が慰めていただくにしても、それはあ
なた達の慰めとなるためであって、その慰めが働いて、わたし達がうけるのと同じ苦しみ
をあなた達は耐え忍ぶことが出来るのである。"

塚本訳Ⅰペテ
"600412","・ペテロ 4:12","愛する者よ、試練のため君達に起こった烈火の苦難を(何か)
異常なことが臨んだかのように(驚き)異しむな。"
"600413","
・ペテロ 4:13","むしろキリストの苦難に与れば与るだけ喜べ。(最後の日)そ
の栄光の顕るる時にも歓びに喜ぶ(ことが出来る)ためである。
"
"600414","
・ペテロ 4:14","もし君達がキリストの名において罵られるならば幸福である、
(それは、その時)栄光の霊と“神の霊が”君達の上に“留まっている”(証拠である)
から。"
"600415","
・ペテロ 4:15","君達のうち誰も人殺し、あるいは泥坊、あるいは悪者として、
あるいはおせっかい屋として受難してはならない。"
"600416","
・ペテロ 4:16","しかしもしクリスチャンとして(受難するの)ならば恥じるな、
むしろこの(クリスチャンたる)名において神の栄光を顕せ。"

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想終わり。
アー信者は喜びもあるが、基本的には贖罪苦の生涯だ。でも天国では報いられる。忍耐に意味あり。














トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


人生の不条理と永遠の命 ++++++++ 所感

2013/01/10 06:46

130110(木)5時目覚め

2013_01100003.jpg 

5:30 早朝散歩。五日市線の一番電車はまだ。


●朝の啓示「人生の不条理と永遠の命」●過日、某女から電話「高橋さん。私永遠の命ということが初めてわかりました。高橋さんが口癖のように言っていたときは『この人、何をいつも同じことを言っているのだろう』と思っていたのです。」。●電話を切って私は思った。「そうだったのか。この人の畳の目が見えなくなるまでの涙はこのことのためにあったのか」と。●また思った十年一日のごとく「復活と永遠の命」のことを相手がわかってもわからなくても鼓膜を通じて大脳皮質に焼き付けておいてよかった。いつかそれが芽を出す日が来るものだ。●又思った。「人間は永遠の命がわかるためにはこの世の何物が犠牲になってもそれ以上の喜びがあるのだ」と。●アーメン。わたしは「気が違って」はいなかった。彼女一人が永遠の命がわかったというために「復活と永遠の命」を叫び続けてきたことは無駄ではなかった。●また思った。人間、「永遠の命」がわかればこの世の不条理は直らなくてよいものだということを。●以上の聖書的根拠を掲げよう。

塚本訳マタイ
"401807","この世は罪のいざないがあるから禍だ、罪のいざないの来るのを避けることが
できないからである。しかしいざないを来させる人は禍だ。"
"401808","
(だから)もし手か足があなたを罪にいざなうなら、切り取って捨てよ。両手
両足があって永遠の火の中に投げ込まれるよりも、片手片足で(永遠の)命に入る方が仕
合わせである。"
"401809","もしまた目があなたを罪にいざなうなら、くじり出して捨てよ。両目があって
火の地獄に投げ込まれるよりも、片目で(永遠の)命に入る方が仕合わせである。"

塚本訳マタイ
"400527","あなた達は(昔の人がモーセから、)“姦淫をしてはならない”と命じられたこ
とを聞いたであろう。"
"400528","
しかしわたしはあなた達に言う、情欲をもって人妻を見る者は皆、(見ただけ
で)すでに心の中でその女を姦淫したのである。"
"400529","
それで、もし右の目があなたを罪にいざなうなら、くじり出して捨てよ。体の
一部が無くなっても、全身が地獄に投げ込まれない方が得であるから。
"
"400530","
もしまた右の手があなたを罪にいざなうなら、切り取って捨てよ。手足が一本
無くなっても、全身が地獄へ行かない方が得であるから。"


塚本訳マタイ
"401026","だから彼らを恐れるな、(すべてはじきに明らかになるであろう。)覆われてい
るものであらわされないものはなく、隠れているもので(人に)知られないものはないか
らである。"
"401027","
わたしが暗闇で(こっそり)話すことを、(大胆に)明るみで言え。耳うちされ
たことを屋根の上で宣伝せよ。"
"401028","
体を殺しても、魂を殺すことの出来ない者を恐れることはない。ただ、魂も体
も地獄で滅ぼすことの出来るお方を恐れよ。"


●以上の3か所から、人間にとって何が仕合わせかというと「永遠の命」を知るということだ。
●人間はそれを知るために、この世での不条理、不運、不幸が絶対に必要だ。なぜか。そうでもなければ「この世べったりの心」が天を向かないからだ。
●健康、学歴、家庭、家族、財産、地位、を失っても永遠の命を頂いた方が幸福だ。
●不条理、不運、不幸、挫折による涙で神にガツンとやられる時、初めて永遠の命に思いが向くのだ。

塚本訳Ⅰコリ
"461503","・コリント 15:3","まえにわたしが(福音の)一番大切な事としてあなた達に伝
えたのは、わたし自身(エルサレム集会から)受けついだのであるが、キリストが聖書(の
預言)どおりにわたし達の罪のために死なれたこと、"
"461504","
・コリント 15:4","葬られたこと、聖書どおりに三日目に復活しておられること、
"
"461505","
・コリント 15:5","またケパに、それから十二人(の弟子)に、御自分を現わさ
れたことである。"

塚本訳Ⅰコリ
"461557","・コリント 15:57","しかし神に感謝あれ、勝利をわたし達の主イエス・キリス
トによってわたし達にお与えになる神に!"
"461558","
・コリント 15:58","だから、わたしの愛する兄弟たちよ、しっかりしておれ、
動かずにおれ、いつも主の仕事にぬきんでよ。骨折りが主にあってむだにならないことを
あなた達は知っているのだから。"



●以上の2か所からパウロが懸命に説いているのは「永遠の命」でそれは無駄に終わらないと言っていることだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想終わり

●8:00 市民検診。大腸がん、肺がん、前立腺。国の施策はありがたい。役人は神の使い。
●11:00 教文館で古書セール。数冊購入。
●12:15 銀座教会で正午礼拝。父はこの教会で初めてキリストに出会った。入り口で長山牧神そのことを言って感謝した
●14:50 昭和女子大で建築講義
●16:20 課外授業。数人と進路相談
●妻はメサイアの練習、













トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


転落人生の救い ++++++++ 所感

2013/01/09 06:29

130109(水)5時目覚め●朝の啓示「転落人生の救い」●人生は一生懸命生きれば生きるほど失敗したときの落胆や嘆きは大きい。その寂しさに「魔が射して」(これは良い日本語だ。魔とは聖書的には悪魔のことだ)人生転落する。それはそれはひどい姿になる。精神の病気にもなる。商売もうまくいかなくなる。家庭も崩壊する。勤務先から追放される。教会員から毛嫌いされる(!!)。親類縁者に顔出しができないようになる。妻子から馬鹿にされる。●菊池寛「父帰る」。ルカ伝15章「放蕩息子のたとえばなし」の兄、ヨハネ伝8章「姦淫の女」などがそれを示す●とにかく「この世」から相手にされなくなる。●ところが神はこういう人を救う。キリスト教の本質はここにある。福音の正客はこのような人だ。●今朝はこれに関する聖書の箇所を黙想してみよう。●しかしこのような人はおそらくパソコンなどは手にしてないだろうから、パソコンのできる若い牧師や伝道者に向けて書く。彼ら転落者は困窮者だから教会員にしても経済的メリットはない。「パンを水の上に投げよ」「金銀我になし。されどキリストイエスの名によって歩め」の精神で行け。●世には「転落人生者」は多い。刈り入れる麦は多いが、刈り入れ人は少ない。

塚本訳マタイ
"400543","あなた達は(昔の人がモーセから、)“隣の人を愛し、”敵を憎まねばならない、
と命じられたことを聞いたであろう。"
"400544","
しかしわたしはあなた達に言う、敵を愛せよ。自分を迫害する者のために祈れ。
"
"400545","
あなた達が天の父上の子であることを示すためである。父上は悪人の上にも善
人の上にも日をのぼらせ、正しい人にも正しくない人にも、雨をお降らしになるのだから。

"
"400546","
自分を愛する者を愛したからとて、なんの褒美があろう。(人でなしと言われる
あの)税金取りでも同じことをするではないか。"
"400547","
また兄弟にだけ親しくしたからとて、なんの特別なことをしたのだろう。異教
人でも同じことをするではないか。"

●これは常識人間にはできないことだ。「その人を判断するには友人を見よ」と言われているからだ。
●私は息子の一人に「あんな悪い友達と遊んではいけない」と言ったことでその息子に躓かれた。「お父さんは日曜日に聖書の話をしているときと普段の日とどちらが本当なのか」と。アーキリスト信者の道は辛い。「男はつらいよ」。妻子に躓かれる。

塚本訳マタイ
"400910","イエスが家で食卓についておられるたときのこと、大勢の税金取りや罪人も来
て、イエスや弟子たちと同席していた。"
"400911","
パリサイ人はこれを見て、弟子たちに言った、「なぜあなた達の先生は、税金取
りや罪人と一しょに食事をするのか。」"
"400912","
聞いて言われた、「丈夫な者に医者はいらない、医者のいるのは病人である。"
"400913","“わたしは憐れみを好み、犠牲を好まない”という(神の言葉の)意味を、行
って、勉強したがよかろう。わたしは正しい人を招きに来たのではない、罪人を招きに来
たのである。」"


●かって勤務先の近くにあった富士見町教会(東京では有数の大教会)で弱小教会の牧師の話があった。その内容は「地方から東京に出稼ぎにきた男が悪い女に溺れて転落し、妻子から見放されたが悔いて鼻水と涙が混ざって泣きながら救いを求めに来た。教会は彼を受け入れた。小さい教会には大きい教会にはないこのようなことがある」というものであった。大教会にはキリスト信者でこの世的に偉い名士がウヨウヨいるから「転落人生」の人間には敷居が高くて入れないのだ。
●教会の敷居が高いことに関しては拙HPの次を参考にしていただきたい。

「私はモーだめでしょうか」「贖罪の道がある」

http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/mou.htm

塚本訳マタイ
"402006","(最後に)五時ごろ出ていって見ると、(まだ)ほかの労働者が立っていたので、
言う、『なぜ一日中何もせずに、ここに立っているのか。』"
"402007","
彼らがこたえる、『だれも雇ってくれないのです。』彼らに言う、『(まだ一時間
は働ける。)あなた達も葡萄畑に行きなさい。』"
"402008","
さて夕方になると、葡萄畑の主人が監督に言う、『労働者たちを呼んで、賃金を
払ってやりなさい、(逆に)最後の者から始めて最初の者まで。』"
"402009","
そこで(まず)五時ごろの者が来て、一デナリずつ貰った。"
"402010","
最初の者は来て、(あの連中が一デナリなら、)自分たちは余計に貰えるものと
思っていたところ、彼らも一デナリずつ貰った。"
"402011","
そこで貰ったとき、家の主人に向かって不平を"
"402012","
言った、『この最後の者は(たった)一時間しか働かなかった。われわれは一日
中、重労働と暑さを辛抱したのに、あなたは同じ扱いをされたではないか。』"
"402013","
主人がその一人に答えた、『君、わたしは何も間違ったことをあなたにした覚え
はない。一デナリの約束ではなかったのか。"
"402014","
自分の分を取って帰りたまえ。わたしはこの最後の人に、あなたと同じだけや
りたいのだ。"


●これはこの世の論理で通じない。
●ここでは人生失敗してこの世的には何も「見るべきこと」ができなかった人にも神の救いは及ぶということを示している。
●ラスキンの「Unto This Last (日本語の題名は「この最後の者にも」)はこの聖書の箇所が思想的な根底。
●英国の政治家が理想とするのはこのラスキンの精神。弱者には多少の痛みがあるのは仕方がないと言った元首相の小泉純一郎とは全勢んちがう。
●これに関しては拙HPの次を参照していただきたい。

「市場経済の次に来るのは『人格経済』」

http://www.asahi-net.or.jp/~EJ2T-TKHS/bunshou/sijyou.html


塚本訳マタイ
"402128","いったいあなた達はどう思うか。──ある人に二人の息子があった。長男の所
に行って、『坊や、きょう葡萄畑に行って働いてくれ』と言うと、"
"402129","
長男は『いやです』と答えたが、あとで後悔して出かけた。"
"402130","
つぎに次男の所に行って同じように言うと、こちらは、『お父さん、承知しまし
た』と答えたが、行かなかった。"
"402131","
この二人のうち、どちらが父の心を行ったのだろうか。」「もちろん長男」と彼
らが答える。イエスが言われる、「アーメン、わたしは言う、税金取りや遊女たちは、あ
なた達よりも先に神の国に入るであろう。
"
"402132","
そのわけは、(洗礼者)ヨハネが義の道を示しに来たのに、あなた達は彼を信ぜ
ず、税金取りや遊女の方がかえって信じたからだ。しかしあなた達は(あの人たちが悔改
めるのを)見たあとでも、後悔して彼を信じようとしなかった。"

●親鸞の悪人正機説と似ているが、違う。親鸞の説は「思想」。キリストは自らが血を流して救う贖罪。罪は死を持って清まる。
●大阪の釜ヶ崎に飛び込んだ「本田哲郎神父」の講演を聞いたことがある。本田神父は無料散髪で奉仕していたが、ある時、同じホームレスの人が同僚(?)のホームレスに「俺もお前と同じなんだ」と言ったことが同僚を真に励ましたことに感動したという。
●私に言わせれば、本田神父は「上から目線」でホームレスに接していたのだ。それに比べてホームレスの同僚の目線は同じレベルであった。これ同質の原理と言う。同質の原理が真に人を慰める。「説教」が人に通じない原理もこの辺にある。

塚本訳ヨハネ
"430802","次の朝早く、また宮に行かれると、人々が皆あつまってきたので、座って教え
ておられた。"
"430803","
すると聖書学者とパリサイ人とが、姦淫の現行犯を押えられた女をつれてきた。
みんなの真中に立たせて、"
"430804","
イエスに言う、「先生、この女は姦淫の現場を押えられたのです。"
"430805","
モーセは律法で、このような女を石で打ち殺すように命じていますが、あなた
はなんと言われますか。」"
"430806","
こう言ったのは、イエスを試して、訴え出る口実を見つけるためであった。
エスは身をかがめて、黙って指で地の上に何か書いておられた。"


●イエスは座っていたが、「姦淫の女」が皆に責められると一緒にうずくまった。ここに同じレベルの目線の姿がある。
●「わたしも罰しない」(8:11)と言ったイエスはその後、一人で十字架に向かう生涯になった。
「悪人正機」の思想ではない。自らが血を流しての贖罪の道を開いたのだ。
●それは律法の峻厳さと神の愛の矛盾を一致させる「苦しい道」があったのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想終わり。

●朝食では妻から昨日のコンサートに関する話を聞いた。
●妻は今日は読書会(塚本虎二著作集)とウィークデーの集いの準備会。
●去る1月6日のブログに「大切なものを無くした嘆き悲しみ」と題してショルダーバッグを無くしたが見つかったことを書いたが。これを読んだ海外にいると思われる日本人から実名で聖日厳守を促されるメールを頂いた。わたしの宗教人生の甘さを感じたのでその全文を掲載する。

聖日厳守を促されたメール
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

高橋さん、昨日(から今日にかけて)は大変でしたね。でも見つかって本当に良かったです。

 

ところで、プリンターを購入されたのは、昨日土曜日の日没前でしたか。それとも日没後でしたか。東京でしたら、昨日の日没は午後4時45分ごろだったはずですが。

もし日没前でしたら、安息日に買い物という(信仰とは関係のない事柄の)世俗の行為に対する、神様からの警告だったのかもしれませんね^^

 

神を信じる者として、安息日に買い物など、世俗の行為は出来る限り避けるのは非常に重要なことだと理解しています。

私も信仰者・クリスチャンの端くれとして、金曜日の日没から、翌土曜日の日没までの聖日・安息日の間は、よほどの緊急の場合以外は買い物は一切しませんし、(一刻を争う、命に関わると思われるような)重度の症状が出たような時以外は、病院・診療所等を受診することもありません。

甚だ不十分であっても、このほぼ一日間は、信仰・神・主に関する事柄以外は、自分の出来る限り行なわない、また考えもしないよう努めようと常々思っています。もちろん、特に「考えない」は非常に至難ではありますが、主の憐れみとみ力・助けに頼り、その段階まで到達できればと祈り願っています。

 

それで、土曜日の日没後、翌日の平日・日曜日にかけて、仕事が一週間で一番忙しかったりするんですが。

ともあれ、仕事をはじめ世俗の活動は、土曜日没から金曜日没までの6日間に全て為し終え、創造・贖いの記念日であり、また再臨の主をも指し示す、霊的にも最重要である、十戒の精髄でもある安息日を、主の恵みにより、もっと清く守ることが、私にとっても目前の大きな課題でもあります。

もうその成就である再臨の時は、そしてそれに先立つ恵みの期間の終わりは目前に迫っているのですから。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
聖日厳守を促されたメール

●この方は半分ユダヤ教なのか。
●ユダヤ教では安息日は「考える」こともしないとは実に徹底している。
●ロケットの糸川博士は「ユダヤ人の頭脳が優秀な理由は7日に一回は全く労働をしないことにあることだと思う」と言っていた。
●札幌農学校で内村鑑三が在籍していた学年の成績上位から数人は全員クリスチャンであって、彼らは月曜から試験であっても前日の日曜日には試験勉強をしなかった。
●それに比べてイマドキのクリスチャンは平気で聖日を厳守しない。
●キリスト教だから、あるいは無教会主義だからといって平気で聖日を休むクリスチャン(?)はそもそも信仰のタガが緩んでいる。
●私はと言えば、昨年の冬は風邪でどうしても集会に出られず、駅まで言ったが、妻に言われて集会(礼拝)を休んだ。駅から家に戻って来るときは実に悲しかった。クリスチャンになって50年目に初めて集会(礼拝)を休んだからだ。今日まで曲がりなりにも信仰が続けられてきたのは妻と共に励まし合って「聖日厳守」を守り通してきたからだ。









トラックバック(0) | コメント(1) | top▲


自殺願望者に告ぐ ++++++++ 所感

2013/01/08 08:21

130108(火)朝の啓示「自殺は罪」●私のブログは「パンを水の上に投げる」ようなものである。真剣勝負である。

【口語訳】 伝 11 章
11:1 あなたのパンを水の上に投げよ、多くの日の後、あなたはそれを得るからである。

●このブログが本人に届くかどうかわからないが期待を抱いて告げる。「自殺は罪である!!」
●聖書に「自殺」という言葉は新約に2か所(ヨハネ8:22 使徒10:27)あるだけである。旧約にはない。


塚本訳ヨハネ
"430822","ユダヤ人たちが言った、「『わたしの行く所に、あなた達は来ることはできない』
と言うが、まさか自殺するつもりではあるまい。」"

塚本訳使徒
"441627","使徒 16:27","牢番は目を覚まし、牢の戸があいているのを見ると、囚人どもが
逃げたものと思い、剣を抜いて自決しようとした。"
"441628","使徒 16:28","するとパウロが大声を出して言った、「早まったことをしなさるな。
みんなここにいるのだから。」"

●「自殺」という言葉は旧約にはない。だから「汝殺すなかれ」というような言い方で「汝自殺するなかれ」はない。これが解決の糸口である。

【口語訳】 出 20 章
20:13 あなたは殺してはならない。

●私が自殺が罪であることをはっきり認識したのは12年前の脳出血の時のことである。職場で倒れ、意識不明になってから回復させられtたとき、「この肉の命は99%でなく、100%神が握っておられる」ことがわかった。このとき自殺は自らの命と言えども「神から頂いた命の破壊者」である。神から預かっているものを破壊する罪である。このことがわかった。預かり物の破壊である。自分の命はじぶんのものだからどうしようと勝手だとおもうところに恐ろしい罪の根がある。
●とは言え、私が遭遇したり、側聞した「自殺者」の多くは「うつ病」が原因である。これは「心療内科」の医者の分野であるが、キリスト教にも責任がないとは言えない。自殺は罪であることをハッキリ言っていないからである。「この世の完成」を目的としている「この世的キリスト教」からは「自殺は罪だ」というメッセージは聞こえてこない。
●我が国の自殺者は毎年3万人、一向に減らない。これ日本の「この世的キリスト教」が原因である。日本のキリスト教の責任と罪は重い。
●人のことは言えない。私の若きときからのキリスト教の友人は人生の途中で精神の病になり、ついに入水自殺。私に何の連絡もなく逝った。私としては彼が私に一言もなかったことが残念でしょうがないのだ。悔やまれてしょうがないのだ。せめて最後の段階で彼の入院してた「精神病院」に一度でも見舞いに行けばよかったのだ。直らないとわかって射てもだ。復活の時彼に合わす顔がない。私は神に罰される。
 
●旧約に「自殺」という概念がないのは、この世のものはすべて神の創られたものなので、これを破壊することは神への反逆、神をバカにすることだから当然である。親の愛を仇で返すようなものであるから、「汝殺すなかれ」と同じ戒めである。自殺が罪であることはこの「汝殺すなかれ」の一句で足りる。

【口語訳】 創 1 章
1:27 神は自分のかたちに人を創造された。すなわち、神のかたちに創造し、男と女とに創造された。
1:28 神は彼らを祝福して言われた、「生めよ、ふえよ、地に満ちよ、地を従わせよ。また海の魚と、空の鳥と、地に動くすべての生き物とを治めよ」。

【口語訳】 詩 24 篇
24:1
地と、それに満ちるもの、世界と、そのなかに住む者とは主のものである。


●「自殺願望者」を救おうとする真剣勝負の人達に反して、最近出会った「人を救わない本」は次の3冊である。迫害を覚悟にあえて著者名を書く。こんな本がキリスト教内部から出るから「裁きは神の家から始まる」のだ。 クタバレ!。

塚本訳Ⅰペテ
"600417","・ペテロ 4:17","審判が神の家“から始まる”時(は既に近づいているの)だか
ら。しかしもし(審判が)まず(神の家すなわちキリストを信ずる)私達から(始まる)
とすれば、神の福音に従わぬ者の最後はどうであろう!"


①「ふしぎなキリスト教」(講談社現代新書)橋爪大三郎、オオサワ真幸著

●信仰なき人間の愚問にたいする応答の本。営利出版社の「売らんかな」の本。 「イエスもの」は売れるというが、神の子イエスを売りものにするな。客寄せパンダにするな。関根正雄先生訳の旧約聖書は文庫本として分冊で岩波書店から発行されていたが、売れなくなったので「創世記」と「出エジプト記」意外は絶版。塚本虎二先生訳の「使徒の働き」も同じ運命。営利第一主義の出版社に聖書を任せるとこうなる。神の言葉が市場経済の原理で消え去った。

②「新しい聖書の学び」(新教出版社)山口里子著

●どのページにもフェミニスト思想のバイアスがかかっていて辟易とする。「いい加減にしてくれ!!」と言いたくなる。学生によく読まれているというのはミッションスクールのキリスト教の教師や腰抜けプロテスタント教会には反省材料にはなるが、こういう本は人の霊魂を救わない。これを出版した新教出版社もここまで落ちたか。売れれば何でもいいというのだとしたらキリストも泣く。

③「ぼくたちが聖書について知りたかったこと」(小学館)池澤夏樹著

●目次を見て『「永遠のいのち」は喜びなのか?』という項目があったのでそこを読んでみると、愚問。それに答えている聖書学者の秋吉輝雄氏もご苦労様なことだ。信仰は大脳皮質ではわからないのだ。だからこういう愚問には「愚か者!」と一喝した方が速い。 イエスもパウロもそうした。次の例がそれを示す。

塚本訳ヨハネ
"430309","ニコデモが言葉を返した、「(霊によって生まれるなどと、)そんなことがどうし
て出来ましょうか。」"
"430310","
イエスが答えて言われた。──「あなたはイスラエルの(名高い)先生であり
ながら、それくらいなことがわからないのか。"

"430311","
アーメン、アーメン、わたしは言う、わたし達(神の国を説く者)は知ってい
ることを話し、(自分で)見たことを証しするのである。しかしあなた達はその証しを受
けいれない。"
"430312","わたしが(いま)地上のことを言うのに、それを信じないから、天上のことを
言うとき、どうして信じることができよう。"

塚本訳ルカ
"421625","しかしアブラハムは言った、『子よ、考えてごらん、あなたは生きていた時に善
いものを貰い、ラザロは反対に悪いものを貰ったではないか。だから今ここで、彼は慰め
られ、あなたはもだえ苦しむのだ。"
"421626","
そればかりではない、わたし達とあなた達との間には大きな(深い)裂け目が
あって、ここからあなた達の所へ渡ろうと思っても出来ず、そこからわたし達の所へ越え
てくることもない。』
"

塚本訳Ⅰコリ
"460212","・コリント 2:12","しかしわたし達はこの世の霊でなく、神から来るその霊を戴
いた。それは、神から恩恵として賜わったもの(の何であるか)が、わかるためである。
"
"460213","
・コリント 2:13","またその(賜物の)ことをわたし達が話すにも、人間的な知
恵に教えられた言葉によらず、御霊に教えられた言葉による。霊のことに霊のことを当て
はめ(て解しようとす)るのである。"
"460214","
・コリント 2:14","しかし(御霊を持たない)生まれながらの人間は、神の霊か
ら出てくることを受け入れない。彼にはそれが馬鹿なことなのである。またそれを理解す
ることも出来ない
。(霊のことは)霊的に判断されねばならないからである。"

【新共同訳】 一コリ 15 章
 15:35 しかし、死者はどんなふうに復活するのか、どんな体で来るのか、と聞く者がいるかもしれません。
 15:36 愚かな人だ。あなたが蒔くものは、死ななければ命を得ないではありませんか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想 おわり。

●自分史69年間分をCDに焼き付けてバックアップ。母屋が焼けても物置にしまってある。342メガバイト。これがCD半分以下に入るjとは電子技術の発展は驚異だ。
●新しいプリンターで写真のプリント。鮮明だ。
●妻は倉石真+淑子夫妻の演奏会(於。登戸学寮)に行く。ご苦労さんである。帰宅は22:30ごろ。
●TSK日本語版民数記10章入力。
●明日は「預言者はなぜ故郷では敬われないのか」ということを勉強したい。クリスチャンで家族や親戚から絶縁状態の人を知っている。宿命とはいえ、悲しいことだ。淋しいことだ。
























トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


悔い改めは神の慈愛に触れるとき ++++++++ 所感

2013/01/07 08:59

130107(月)6時40分起床●朝の啓示「悔い改めは神の慈愛に触れるとき」●堕落人間、放蕩人間、犯罪者などが悔い改めるのは本人が何か「暖かい大いなるもの」に触れる時である。●だから人間の説教や訓戒や忠告や叱責や断罪ではない。●聖書からそのことを学んでみよう。

塚本訳ロマ
"450203","ローマ 2:3","ああ人よ、あなたはこんなことをする者たちを裁きながら、自分
で同じことをしているが、それで自分(だけ)は神の裁きを免れると思っているのか。"
"450204","
ローマ 2:4","それとも、神の豊かな慈愛と忍耐と寛容とを誤解し、憐れみ深い
このお方があなたを悔改めさせようとしておられることが、わからないのか。"

塚本訳エペソ
"490204","エペソ 2:4","しかし憐憫に富み給う神は、その大なる愛によって私達を愛し、"
"490205","
エペソ 2:5","咎によって死んでいたこの私達をもキリストと共に活かし──君
達が救われたのは恩恵によるのだ──"
"490206","
エペソ 2:6","キリスト・イエスにおいて彼と共に蘇らせ、共に天上に坐らせ給
うたのであるが、"
"490207","
エペソ 2:7","これはキリスト・イエスにおいて私達に与えられた慈愛による神
の恩恵の豊富絶大なることを、来るべき代々(の人達)に示し給わんためである。"
"490208","
エペソ 2:8","然り、君達は恩恵の故に、信仰によって救われた者である。これ
は君達の力によるのでなく、神の賜物である。"

塚本訳テトス
"560303","テトス 3:3","私達とてもかつては無智で、不従順で、(道に)迷い、様々な慾と
快楽の奴隷となり、悪意と妬みとに(日を)過ごし、(人に)嫌われ、(また)互いに憎み
合っていたのである。"
"560304","
テトス 3:4","しかし我らの救い主なる神の慈愛と愛情とが顕れた時、"
"560305","
テトス 3:5","私達がした義の行為からでなく、(ただ)その憐憫により、再生と
聖霊による革新とを齎す水浴びをもって私達を救い給うた。"


●東京聖書読者会の創始者であられた藤林益三先生は自らの救いのいきさつはあまり語られなかったが、若いころ讃美歌331番に心を打たれたのだと言われた。この一言は先生がなにか大いなるものに触れたことを示している。それは神の「慈愛」なのだ。
 
讃美歌331番

1節
主にのみ十字架を 負わせまつり
われ知らずがおに あるべきかは


●藤林先生についてはネットのウィキペディアに次のように簡潔だが的をついて書かれている。

藤林益三(ウィキペディア)

企業法務の弁護士として活躍した後、最高裁判事となり、その後、現在に至るも、唯一人の「弁護士出身の最高裁長官」となる。彼は、熱心な「無教会主義キリスト教」の信徒であり、毎日曜に聖書研究会を続けていた。その信仰は、いわゆる「津地鎮祭訴訟」判決における、異例の「長官の反対意見・補足反対意見」(津市による地鎮祭主催は政教分離を定める憲法違反との立場。藤林・団藤など違憲派5人に対し、合憲派10人)となって現れる。後に、彼は、「自らの法律家としての人生は、まさに、この判決のためにあったようなもの」と述懐しているほど、この判決の執筆に力を入れたと言われる。
 
●罪人が悔い改めるのは神の慈愛という不思議な大いなるものに触れる時であるが、信者の立場としては、清く正しい生き方をすることにより「この世」と摩擦が起こり、その力学的エネルギーが発電エネルギーになる。建築力学的に言えば「モーメント」が起こるわけだ。
●信者のこの世での苦と涙の意味はここにある。
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


大切なものを無くした嘆き悲しみ ++++++++ 所感

2013/01/06 10:15

130106(日)2時半目覚め。●朝の啓示多数●それよりも昨日プリンターをイオンモール内の「ノジマ」で購入したが、その店でショルダーバッグを紛失。今朝になってそれに気が付いた。中には財布(少額)、各種カード、手帳など非常に大切なものが入っていたので、嘆き悲しんだ。●しかしイオンで落し物収集として保管してあることが分かったので非常に喜んだ。購入したプリンターを気にしていたばかりにトイレの中に置き忘れたのであった。●早速受け取りに行くと、家族が届けてくれて名を名乗らずに去ったという。●名も告げずに去った人は神からお礼をしてもらって欲しい。●それにしても「大切なものを失った時の人間の落胆は大きい。その落胆が深ければ深いだけそれを見出した時の喜びは大きい。●失う嘆き悲しみ。それは命である。そしてそれが回復される喜びとは復活と永遠の命だ。今日は大切なものを失った人の悲嘆落胆ぶりを聖書に感じた。


塚本訳ルカ
"421501","さて、イエスの話を聞こうとして、(いつものとおり)税金取りや罪人が皆近寄
ってきた。"               
"421502","
パリサイ人と聖書学者たちがぶつぶつ呟いて言った、「この人は罪人を歓迎する
し、また(招かれていって)食事までも一しょにする。」"
"421503","
そこで彼らにつぎの譬を話された。"
"421504","
「あなた達のうちのだれかが羊を百匹持っていて、その一匹がいなくなったと
き、その人は九十九匹を野原に残しておいて、いなくなった一匹を、見つけ出すまではさ
がし歩くのではないだろうか。"
"421505","
そして見つけると、喜んで肩にのせて、"
"421506","
家にかえり、友人や近所の人たちを呼びあつめてこう言うにちがいない、『一し
ょに喜んでください。いなくなっていたわたしの羊が見つかったから』と。"
"421507","
わたしは言う、このように、一人の罪人が悔改めると、悔改める必要のない九
十九人の正しい人以上の喜びが、天にあるのである。"

塚本訳ルカ
"421508","また、どんな女でも、ドラクマ銀貨[五百円]を十枚持っていて、もしその銀
貨を一枚無くしたとすれば、明りをつけて家(中)を掃き、それを見つけ出すまでは、丹
念にさがしつづけるのではないだろうか。"
"421509","
そして見つけると、友だちや近所の女たちを呼びあつめてこう言うにちがいな
い、『一しょに喜んでください。無くした銀貨が見つかりましたから』と。"
"421510","
わたしは言う、このように、一人の罪人が悔改めると、神の使たちに喜びがあ
るのである。」"

塚本訳ルカ
"421524","このわたしの息子は死んでいたのに生き返り、いなくなっていたのに見つかっ
たのだから。』そこで祝賀会が始まった。"
"421525","
兄は畑にいたが、家の近くに来ると鳴り物や踊りの音が聞えるので、"
"421526","
ひとりの下男を呼んで、あれはいったい何ごとかとたずねた。"
"421527","
下男が言った、『弟さんがかえってこられました。無事に取り戻したというので、
お父様が肥えた小牛を御馳走されたのです。"
"421528","
兄はおこって、家に入ろうとしなかった。父が出てきていろいろ宥めると、
""421529","
父に答えた、『わたしは何年も何年もあなたに仕え、一度としてお言い付けに
そむいたことはないのに、わたしには友人と楽しむために、(小牛どころか)山羊一匹下
さったことがただの一度もないではありませんか。"
"421530","
ところがあのあなたの息子、きたない女どもと一しょに、あなたの身代をくら
いつぶしたあれがかえって来ると、肥えた小牛を御馳走されるのはどういうわけですか。』
"
"421531","
父が言った、『まあまあ、坊や、お前はいつもわたしと一しょにいるではないか。
わたしの物はみんなお前のものだ。"
"421532","
だが、喜び祝わずにはおられないではないか。このお前の弟は死んでいたのに
生きかえり、いなくなっていたのに見つかったのだから。』」
"

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日の黙想終わり。人生の悲嘆落胆が永遠の生命に導いてくれる。それが成功の人生だ。
 
●人間にとって「大切なもの」とはなんだろう。それは命だ。自分の命、妻の命、夫の命、子供の命、兄弟の命。
●その命を失うのが人間にとって最高最大の悲しみであり、落胆せざるを得ないことだ。しかし、その涙を通して人は「永遠の命」に目を覚まされるのだ。それが大成功の人生なのだ。
●10:00 妻と二人の家庭礼拝。讃美歌、祈り、「実を結ぶとはどういうことなのだろう」(1月20日集会感話の準備)、二人が聖書箇所を交互に朗読、讃美歌、祈り、一時間で終了。

●午後は昨日購入したエプソンプリンター「EP-805A」のつなぎこみ。エプソンの女性サポーターに世話になった。なんとか覚えたが、使いこなすにはまだ時間がかかりそうだ。エプソンは機械もサポーターも進歩して優秀だ。低価格(2万800円)にもなった。他社との自由競争のおかげ。
●妻は午後、ヘンデルの「メサイア」の練習。神を賛美することはよいことだ。




トラックバック(0) | コメント(1) | top▲


終末までそのままにしておけ ++++++++ 所感

2013/01/05 08:05

130105(土)5時半目覚め「終末までそのままにしておけ」●ダメな人間、ダメな家庭、ダメな子供、ダメな親、ダメな親族、ダメな学校、ダメな聖書学者、ダメな企業、ダメな国家、ダメなエクレシア、ダメな信者、ダメな教会、ダメな牧師、ダメな人生、ダメなこの世、ダメな歴史、ダメな自分!!・・・・神の裁きは恐ろしい。容赦ない。即枯れる。自然に枯れる。続かない。継続しない。経済的に行き詰る。潰れる。人がつかない。人が来ない。●しかし人間でなく神が断を下すということが安心である。そのダメさ加減は神が知っていてくださるからだ。●時間はかかるが人は終末で救われる●だから人間は手を下さなくてよい。「終末までそのままにしておけ」。これがイエスの姿勢であった。●世の中、人間の手で改造するな。それはマルキストの態度であって信仰者の態度ではない。


塚本訳マタイ
"401512","あとで弟子たちが来てイエスに言う、「パリサイ人がお話を聞いて腹を立てたこ
とを御存じですか。」"
"401513","イエスは答えられた、「わたしの天の父上がお植えにならないものは皆、引き抜
かれる。"
"401514","あの人たちを放っておけ。盲人の手引をする盲人だ。盲人が盲人の手引をすれ
ば、二人とも穴に落ちよう
。」"

塚本訳マタイ
"401303","譬をもって多くのことを語られた。──「種まく人が種まきに出かけた。"
"401304","まく時に、あるものは道ばたに落ちた。鳥が来て食ってしまった。"
"401305","あるものは土の多くない岩地に落ちた。土が深くないため、すぐ芽を出したが、
"
"401306","日が出ると焼けて、しっかりした根がないので枯れてしまった。"
"401307","あるものは茨の(根が張っている)間に落ちた。茨が伸びてきて押えつけてし
まった。"

塚本訳マタイ
"402117","イエスは彼らをすて置き、都を出てベタニヤにゆき、そこで夜を過ごされた。"
"402118","(次の)朝早く都に帰られるとき、イエスは空腹であった。"
"402119","それで道ばたに一本の無花果の木があるのを見て、そこに行かれた。が見ると、
ただ葉ばかりで何もなかった。
イエスはその木に言われる、「もはやいつまでも、お前に
は実がなってはならない!」無花果の木は見る間に枯れてしまった。"


塚本訳マタイ
"402337","ああエルサレム、エルサレム、預言者を殺し、(神から)遣わされた者を石で打
ち殺して(ばかり)いる者よ、雌鳥がその雛を翼の下に集めるように、何度わたしはお前
の子供たちを(わたしの所に)集めようとしたことか。だがお前たち(エルサレムの者)
はそれを好まなかった。"
"402338","そら、“
お前たちの町は(宮もろとも神に)見捨てられ(て荒れ果て)るのだ。”

塚本訳マタイ
"401324","またほかの譬を群衆に示して言われた、「天の国は畑に良い種をまく人にたとえ られる。"
"401325","人々が(夜)眠っている間に敵が来て、麦の中に毒麦をまいて行った。"
"401326","苗が芽生えて実を結ぶと、その時毒麦も現われた。"
"401327","使用人たちが来て家の主人に言った、『ご主人、畑には良い種をまかれたのでは ないですか。すると毒麦はどこから来たのでしょうか。』"
"401328","主人がこたえた、『敵のしわざだ。』使用人たちが言う、『では、行って抜き取り ましょうか。』"
"401329","主人が言う、『いや、毒麦を抜き取ろうとして、麦まで一しょに引き抜くかも知 れない。"
"401330","両方とも刈入れまで育つままにしておけ。刈入れの時、わたしが刈入れ人たち に言いつける、まず毒麦を抜き取り、束にしばって焼きすてよ、麦の方は集めて倉に入れ よ、と。』」"

●30節の「育つままにしておけ」とはなんと無責任な怠惰な態度か。行為主義者が攻撃する。しかしそれは信仰があるためである。神に任せているからである。行為主義者にはこの信仰がない。神学がない、神観の違いである。


●では「なぜ、ダメになったのか」を黙想してみよう。

塚本訳マタイ
"400724","だから、以上のわたしの話を聞いてそれを行う者は皆、岩の上に家を建てた賢 い人に似ている。"
"400725","雨が降って、大水が出て、風が吹いて、その家に襲いかかったが、倒れなかっ た。岩の上に土台があったからである。"
"400726","また、わたしの話を聞くだけでそれを行わない者は皆、砂の上に家を建てた愚 かな人に似ている。"
"400727","雨が降って、大水が出て、風が吹いて、その家にうちつけると、倒れてしまっ た。ひどい倒れ方であった。」"

●「ひどい倒れ方であった」とは言いえて妙である。現実的な現象である。家が壊される。家庭が崩壊する。人間集団が解散する。
●なぜそうなったのか。それは神の国を求めなかったからである。「この世」を求めていたからである。あだし神を拝んでいたからである。みだらな遊びの神を拝んでいたからである。

塚本訳マタイ
"400631","だから、『何を食べよう』とか、『何を飲もう』とか、『何を着よう』とか言って、
心配するな。"
"400632","
それは皆異教人のほしがるもの。あなた達の天の父上は、それが皆あなた達に
必要なことをよく御承知である。"
"400633","
あなた達は何よりも、御国と、神に義とされることとを求めよ。そうすれば(食
べ物や着物など)こんなものは皆、(求めずとも)つけたして与えられるであろう。"
"400634","だから、あしたのことを心配するな。あしたはあしたが自分で心配する。一日
の苦労はその日の分で沢山である。"

●信者が苦難を受ける理由はダメ人間に福音を証する機会を与えられるため。

塚本訳マタイ
"401014","しかし人があなた達を歓迎せず、あなた達の言葉に耳をかたむけないなら、(す
ぐ)その家なり町なりを(出てゆけ。そして)出てゆくとき、(縁を切った証拠に)足の
埃を払いおとせ。"
"401015","アーメン、わたしは言う、(最後の)裁きの日には、あの(堕落町)ソドムやゴ
モラの地の方が、まだその町よりも罰が軽いであろう。"
"401016","
いまわたしがあなた達を送り出すのは、羊を狼の中に入れるようなものだ。だ
から、蛇のように賢く、鳩のように純真であれ。"
"401017","
人々に気をゆるすな。あなた達を裁判所に引き渡し、礼拝堂で鞭打つからであ
る。"
"401018","
また、あなた達はわたし(の弟子であるが)ゆえに、総督や王の前に引き出さ
れるであろう。これは、その人たちと異教人とに(福音を)証しする(機会を与えられる)
ためである。"

●14節「(縁を切った証拠)に足の埃を払い落とす」ということは、別れのサクラメント(儀式)である。
●親しい人にこの「別れのサクラメント(儀式)」をしなければならない、信仰人生の悲しさよ、辛さよ。
●しかしあのダメ人間、あの家庭がが亡びてしまっては困る。
●パウロが同胞のダメさ加減に嘆いたのがロマ書9~11章である。

塚本訳ロマ
"450901","ローマ 9:1","私はキリストにある者として本当のことを言う、嘘はつかない。
わたしの良心も聖霊によって、(それが本当であることを)保証してくれる。"
"450902","
ローマ 9:2","(わたしが急にこんなことを言い出したら信じてくれないかも知
れないが、)わたしに大きな悲しみと、心に絶えざる痛みとがあるのである。"
"450903","
ローマ 9:3","ほんとうに、兄弟すなわち血を分けた同胞の(救われる)ためな
らば、このわたしは呪われて、救世主(の救い)から離れ落ちてもよいと、幾たび(神に)
願ったことであろう。"
"450904","ローマ 9:4","(言うまでもなく、)それはイスラエル人のことである。(彼らは
神の)子たる身分(を与えられ、神の)栄光(はその中に住み、)かずかずの契約(は神
との間に結ばれ、比類のない)律法、(荘厳な)礼拝、多くの(恩恵の)約束は、(ことご
とく)彼らのものである。"

塚本訳ロマ
"451001","ローマ 10:1","兄弟たちよ、彼ら[イスラエル人]が救われること、これがわた
しの切なる望み、また彼らのための神への願いである。
"
"451002","
ローマ 10:2","彼らは神に対して(ほんとうに)熱心だからである。そのことを
彼らのために証明する。ただ、(残念なことに、その熱心が正しい)認識を欠いている。"
"451003","
ローマ 10:3","すなわち、彼らは(キリストを信ずることによって義とされる)
神の義(の道が開けているの)がわからず、(自分の力で律法を守って)自分の義を立て
ようとしたため、神の義に服従しなかったのである。"


●親しい同胞のためなら自分は救いから離れ落ちてもよいとまで言うパウロの偉さよ、すごさよ。(上記ロマ9:3)
●信者の人生はすべてパウロのこの態度に習わなければならない。
●しかしながらあのダメ人間のために進んで死ぬことはとうていできっこない。
●しかしそれが十字架、十字架は無理やり負わされて「福音を無理やり証させられる」(上記マタイ10:18)ようになるのだ。
●ああ、辛い信仰人生よ。
●しかし神はこれをご存知だ。信者の宿命だ。キリストの弟子の宿命だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想 終わり
 
●TSK日本語版民数記7章入力。ウィンドウズ「セブン」にしてスピードアップした。
●7年使用したエプソンプリンターPM-A890の廃液吸収パットが一杯になってダウン。製造後5年経過の製品はパーツがないということで仕方なくEP-805Aに買い換えた。
●ドイツのカメラであるライカはどんなに古いものでも修理してくれる。また万年筆の部品パーツは100年あるという。立派。思想が違う。
●またネズミ一匹捕獲。いい気持ちがしない。アバヨッ!。先に眠ってくれ。






トラックバック(0) | コメント(1) | top▲


実らない木がある理由 ++++++++ 所感

2013/01/04 07:10

130104(金)5時半目覚め●朝の啓示「実らない木がある理由」「信者に苦しみがある理由」●今月20日の感話のテーマは「実を結ぶとはどういうことか」cである。

聖書のテキストはヨハネ15:1-2

塚本訳ヨハネ
"431501","わたしがまことの葡萄の木、父上は栽培人である。"
"431502","
わたしについている蔓で実を結ばないものは、父上が皆それを切り取ってしま
われる。また実を結ぶものは、より多く実を結ぶように、皆それを奇麗に刈り込まれる。"
"431503","
あなた達はわたしが語った言葉(を受け入れること)によって(汚れを除かれ)、
すでに奇麗になっている。"

●その結論は

旧約は物理的繁栄、新約は霊的繁栄を指す。
光はあらゆる善意と正義と真実との実を結ばせるものである(エペソ5: 9)

●今朝は、では「実らない木がある理由は何か」を黙想する。これ人生の最深の現実的問題。

●まず、木が実らない理由は「悪魔(悪霊、サタン)の仕業であると書いてある。

塚本訳マタイ
"401319","だれでも御国の言葉を聞いて悟らないと、悪者[悪魔]が来て、心の中にまか
れたものを奪ってゆく。これは道ばたにまかれた人である。"

塚本訳マタイ
"401324","またほかの譬を群衆に示して言われた、「天の国は畑に良い種をまく人にたとえ
られる。"
"401325","
人々が(夜)眠っている間に敵が来て、麦の中に毒麦をまいて行った。"
"401326","
苗が芽生えて実を結ぶと、その時毒麦も現われた。"
"401327","
使用人たちが来て家の主人に言った、『ご主人、畑には良い種をまかれたのでは
ないですか。すると毒麦はどこから来たのでしょうか。』"
"401328","
主人がこたえた、『敵のしわざだ。』使用人たちが言う、『では、行って抜き取り
ましょうか。』"
"401329","
主人が言う、『いや、毒麦を抜き取ろうとして、麦まで一しょに引き抜くかも知
れない。"
"401330","
両方とも刈入れまで育つままにしておけ。刈入れの時、わたしが刈入れ人たち
に言いつける、まず毒麦を抜き取り、束にしばって焼きすてよ、麦の方は集めて倉に入れ
よ、と。』」"

●実らない木は切り取られるという不条理がある。


塚本訳ルカ
"421306","そこでこの譬を話された、「ある人が葡萄畑に一本の無花果の木を植えておいた。
(ある日)実をさがしに来たが、見つからないので、"
"421307","
葡萄畑の作男に言った、『もう三年この方、この無花果の木に実をさがしに来て
いるのに、まだ実がならない。切ってくれ。(ならないばかりか、)なんで土地までくたび
れさせることがあろう。』"

塚本訳マタイ
"401513","イエスは答えられた、「わたしの天の父上がお植えにならないものは皆、引き抜
かれる。"
"401514","
あの人たちを放っておけ。盲人の手引をする盲人だ。盲人が盲人の手引をすれ
ば、二人とも穴に落ちよう。」"

塚本訳マタイ
"400716","(結ぶ)実で偽預言者はわかる。茨から葡萄が、薊から無花果がとれようか。"
"400717","
(そのように、)善い木は皆良い実を結び、わるい木は悪い実を結ぶ。"
"400718","
善い木に悪い実がなることは出来ず、わるい木に良い実がなることも出来ない。
"
"400719","
良い実を結ばない木はどんな木でも、切られて火の中に投げ込まれる。"
"400720","
それだから、(結ぶ)実で、偽預言者はわかるのである。"


塚本訳マタイ
"400309","『われわれの先祖はアブラハムである(から大丈夫だ)』などと考えてはならな
い。わたしは言う、神はそこらの石ころからでも、アブラハムの子供を造ることがお出来
になるのだ。"
"400310","
斧はすでに木の根に置いてある。だから、良い実を結ばない木はどんな木でも、
切られて火の中に投げ込まれる。"

●実らない木がある理由は、悪魔が追い出されることにより神の栄光があがるため。

塚本訳マタイ
"401225","イエスは彼らの考えを知って言われた、「内輪割れをするいかなる国も荒れ果て、
内輪割れをするいかなる町も家も立ってゆかない。"
"401226","
(同じように)悪魔が悪魔を追い出しているとすれば、それは(悪魔の国が)
内輪で割れたのであるから、どうしてその国が立ってゆこう。(だからわたしが悪鬼ども
の頭を使うわけはないではないか。)"
"401227","
それから、(あなた達の言うように)わたしがベルゼブルを使って悪鬼を追い出
すとすれば、(同じことをしている)あなた達の弟子は、いったい何を使って(悪鬼を)
追い出しているのか。(まさかベルゼブルではあるまい。)だから(このことについては、)
あなた達の弟子に裁判官になってもらったがよかろう。"
"401228","
しかし、もし(そうでなく、)わたしが神の霊で悪鬼を追い出しているのであっ
たら、それこそ神の国はもうあなた達のところに来ているのである。"

塚本訳ヨハネ
"430901","イエスは通りがかりに、生まれつきの盲人を見られた。"
"430902","
弟子たちが尋ねた、「先生、この人が盲で生まれたのは、だれが罪を犯したから
ですか。この人ですか、両親ですか。」"
"430903","
イエスは答えられた、「この人が罪を犯したからでも、両親が罪を犯したからで
もない。ただ神の御業がこの人に現われるためである。"

塚本訳ヨハネ
"431103","マリヤとマルタとはイエスに使をやって、「主よ、大変です。あなたの可愛がっ
ておられる人が病気です」と言わせた。"
"431104","
イエスは聞いて言われた、「これは死ぬための病気ではない。神の栄光のためで
ある。すなわち(神の栄光をあらわすために、)神の子(わたし)がこれによって栄光を
受けるためである。」"

塚本訳ロマ
"450918","ローマ 9:18","従って神は思うままに、ある人を憐れみ、ある人を、”頑固にさ
れる”(ことは明らかである。)"
"450919","
ローマ 9:19","するとあなたはわたしに(抗議して)言うにちがいない、それで
は、なぜ神はなおも人を咎められるのか。(御自身が人の心を頑固にされるのなら、)だれ
も神の意志に逆らうことはできない訳ではないかと。"
"450920","
ローマ 9:20","ああ人よ、いったい君は何者なれば、神に口答えをするのか。“作
られたものが作った者に向かって、「なぜ“わたしをこんなものに造ったか」と言えるだ
ろうか。”"
"450921","
ローマ 9:21","それとも、“陶器師には、”同じ“粘土”の塊で、一つは尊い用途
の、一つは卑しい用途の器を造る権利がないのだろうか。"
"450922","
ローマ 9:22","それで、もし神が、(御自分の)怒りを示し御自分の力(の恐ろ
しさ)を知らせようとお思いになるので、(今日まで)いとも気長に、“滅びのために”つ
くられた”怒りの器[滅びる人]を辛抱された”とすれば、"
"450923","
ローマ 9:23","またそれは、栄光のためにあらかじめ用意された憐れみの器[救
われる人]に、御自分の豊かな栄光を知らせるためであったとすれば、どうだ。(かれこ
れ言うことはないではないか。)"
"450924","
ローマ 9:24","神はこの憐れみの器としてわたし達をも召されたのである。ただ
ユダヤ人の中からだけでなく、異教人の中からも。"
"450925","
ローマ 9:25","(異教人の中から憐れみの器が選ばれることは、不思議ではな
い。)神がホセア書でも言っておられるとおりである。“わたしはわたしの民でない者をわ
たしの民と呼び、愛されぬ者を愛される者と呼ぶであろう。”"
"450926","
ローマ 9:26","“「あなた達は私の民でない」と言われたその場所で、彼らは生
ける神の子と呼ばれるであろう。”"

塚本訳ロマ
"451117","ローマ 11:17","しかし、(イスラエル人という栽培されたオリブの木の)いくら
かの枝が切り取られ、それに野生のオリブの木から出た(異教人の)あなたが接木されて、
オリブの脂肪豊かな根(の恩恵)を共有するものとなったのであるから、"
"451118","
ローマ 11:18","あなたはその(切り取られた)枝に対して自慢することはない。
自慢したところで、あなたが根を支えているのではなく、根があなたを支えているのであ
る。"
"451119","
ローマ 11:19","するとあなたは言うだろう、「でも、枝が切り取られたのは、こ
のわたしが接木されるためだ」と。"
"451120","
ローマ 11:20","いかにもそのとおり。彼らは不信仰のゆえに切り取られ、あな
たは信仰のゆえに(接木されて)りっぱに立っているのである。(だから)高ぶった考え
をもってはならない、(神を)恐れよ。"
"451121","
ローマ 11:21","本来の枝ですら容赦されなかった神である、(接木の)あなたに
容赦されるはずがない。"
"451122","
ローマ 11:22","神の慈愛と厳しさとを見よ。(不信仰のゆえに)倒れた者には厳
しさ、あなたには神の慈愛!(もちろん、)もしあなたがその慈愛を信じ続けているなら
ば、である。そうでなければ、あなたも切り落される。"
"451123","
ローマ 11:23","また彼ら(切り落された者)も不信仰を続けていないならば、(も
とのオリブの木に)接木される。神はもう一度彼らを接木する力をお持ちになっている。"
"451124","
ローマ 11:24","本来野性のオリブの木から切り落されたあなたが、本性に反し
て、栽培されたオリブの木に接木されるくらいであるから、ましてこれらの本来の枝が、
自分のオリブの木に接木されない訳がないではないか。"


●次に信者にはなぜ苦しみが多いのかを黙想する。

塚本訳ヨハネ
"431632","見ていなさい、みなちりぢりになって自分の家にかえり、わたしを独りぼっち
にする時が来るから、いや、もう来ている。しかしわたしは独りぼっちではない、父上が
いつも一しょにいてくださるのだから。"
"431633","
これらのことを話したのは、あなた達がわたしに(しっかり)結びついていて、
平安を保つことができるためである。この世ではあなた達に苦しみがある。しかし安心し
ていなさい。わたしがすでに世に勝っている。」"

塚本訳マルコ
"410833","マルコ 8:33","イエスは振り返って、弟子たちの見ている前でペテロを叱りつけ
られた、「引っ込んでろ、悪魔!お前は神様のことを考えずに、人間のことを考えてい
る!」"
"410834","
マルコ 8:34","それから、群衆を弟子と一しょに呼びよせて言われた、「だれで
も、わたしについて来ようと思う者は、(まず)己れをすてて、自分の十字架を負い、そ
れからわたしに従え。"
"410835","
マルコ 8:35","(十字架を避けてこの世の)命を救おうと思う者は(永遠の)命
を失い、わたしと福音とのために(この世の)命を失う者は、(永遠の)命を救うのだか
ら。"
"410836","
マルコ 8:36","全世界をもうけても、命を損するのでは、その人になんの得があ
ろう。"
"410837","
マルコ 8:37","また、人は(一度失った永遠の)命を受けもどす代価として、何
か(神に)渡すことができようか。"
"410838","
マルコ 8:38","(わたしを信ずると言いながら、)神を忘れた、罪のこの時代に
おいて、わたしとわたしの福音(を告白すること)とを恥じる者があれば、人の子(わた
し)も、父上の栄光に包まれ、聖なる天使たちを引き連れて(ふたたび地上に)来る時、
その(臆病)者を(弟子と認めることを)恥じるであろう。」"

塚本訳ピリピ
"500129","ピリピ 1:29","君達はキリストのために──ただ彼を信ずるばかりでなく、また
彼のために苦しむことをも恵まれたからである。"
"500130","
ピリピ 1:30","(然り、)君達はかつて私に於て(目のあたり)見、今また私に
就いて聞いているのと同じ戦いをしているのだ!"

塚本訳コロサイ
"510124","コロサイ 1:24","今私は君達のために苦しむことを喜びとし、またキリスト・イ
エスの体なる教会のために私の体でキリストの患難の不足を補っている。"
"510125","
コロサイ 1:25","そして私は神からその(教会の)世話役たる(尊い)職を賜わ
ったので、君達に神の言を充分に伝えようとしているのである──"
"510126","
コロサイ 1:26","この神の言は世々代々隠されていた奥義であるが、今や神の聖
者達に顕されたのであって、"
"510127","
コロサイ 1:27","神はこの奥義が異教人にとって如何ばかり大なる栄光の富であ
るかを知らせようと欲し給うたのである。そして奥義とは(取りも直さず)君達の中にい
給うキリストのことであって、(これがまた)栄光の希望である。"

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想おわり。栄光神にあれ







トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


不信者の夫を持つ妻の祈り ++++++++ 所感

2013/01/03 05:44

130103(木)4時半目覚め●朝の啓示「不信者の夫を持つ妻の祈り●過日、不信者の夫を持つ妻の祈り」を聞き、そこに崇高なるものを感じて、この祈りは必ず神に聴かれると思った。●パウロに次の不思議な言葉がある。

塚本訳Ⅰコリ
"460714","・コリント 7:14","(夫婦は結婚生活で一体となるため、)不信者の夫は(信者
の)妻によってすでにきよめられており、不信者の妻は兄弟(すなわち信者の夫)によっ
てすでにきよめられているからである。
そうでなければ、あなた達の子供は清くないはず
であるが、現に彼らはきよい(と認められている)ではないか。"


●救いは本人の悔い改めと信仰によることはカトリックとは違いプロテスタンティズムの本質である。
●ではこのパウロの不思議なる言葉の真意は何か。人間の書いた注解書では「思想」に振り回されるので拙HPを利用して「聖書で聖書を読む(BbB)」および「TSK日本語版」でこれを探求してみよう。
まずはじめに良質聖書による翻訳比較。これは「聖書で聖書を読む(BbB)」
●その前にこのⅠコリ 7:14を含む塚本訳の表題は次のようになっている。この表題は問題の核心を突いている。
 

第一コリント 7:12-16

信者と不信者との結婚継続問題

●次は翻訳比較

岩波翻訳委員会訳1995

460714なぜならば、信者でない夫はその妻において聖められているからであり、また信者でない妻は〔夫である〕その兄弟において聖められているからである。さもなければ、あなたがたの子供たちは不浄であることになるが、しかし現に彼らは聖いのである。

新共同訳1987

7:14 なぜなら、信者でない夫は、信者である妻のゆえに聖なる者とされ、信者でない妻は、信者である夫のゆえに聖なる者とされているからです。そうでなければ、あなたがたの子供たちは汚れていることになりますが、実際には聖なる者です。

前田訳1978

"460714","それは、信者でない夫は妻によってきよめられており、信者でない妻は夫によってきよめられているからです。そうでなければあなた方の子は汚れているのですが、現に彼らはきよいのです。"

新改訳1970

7:14 なぜなら、信者でない夫は妻によって聖められており、また、信者でない妻も信者の夫によって聖められているからです。そうでなかったら、あなたがたの子どもは汚れているわけです。ところが、現に聖いのです。

塚本訳1963

7:14 (夫婦は結婚生活で一体となるため、)不信者の夫は(信者の)妻によってすでにきよめられており、不信者の妻は兄弟(すなわち信者の夫)によってすでにきよめられているからである。そうでなければ、あなた達の子供は清くないはずであるが、現に彼らはきよい(と認められている)ではないか。

口語訳1955

7:14 なぜなら、不信者の夫は妻によってきよめられており、また、不信者の妻も夫によってきよめられているからである。もしそうでなければ、あなたがたの子は汚れていることになるが、実際はきよいではないか。

文語訳1917

7:14 そは不信者なる夫は妻によりて潔くなり、不信者なる妻は夫によりて潔くなりたればなり。然なくば汝らの子供は潔からず、されど今は潔き者なり。

●これだけでは意味が不明なので、その続きにある各国聖書引照から、ヒントになるものをピックアップしてみよう。 
 

(独)NESTLE-ALAND NOVUM TESTAMENTUM GRAECE 27版1993 の引照

新共同コリ7:10

7:10 更に、既婚者に命じます。妻は夫と別れてはいけない。こう命じるのは、わたしではなく、主です。

新共同 ロマ 14:19

14:19 だから、平和や互いの向上に役立つことを追い求めようではありませんか。

(英・米)THE NEW TREASURY OF SCRIPTURE KNOWLEDGE 1982 の引照

口語訳 ロマ 11:16

11:16 もし、麦粉の初穂がきよければ、そのかたまりもきよい。もし根がきよければ、その枝もきよい。

口語訳 Ⅰコリ14:33

14:33 神は無秩序の神ではなく、平和の神である。聖徒たちのすべての教会で行われているように、

口語訳 ロマ 12:18

12:18 あなたがたは、できる限りすべての人と平和に過ごしなさい。

口語訳 ガラ 5:22

5:22 しかし、御霊の実は、愛、喜び、平和、寛容、慈愛、善意、忠実、

口語訳 ロマ 8:28

8:28 神は、神を愛する者たち、すなわち、ご計画に従って召された者たちと共に働いて、万事を益となるようにして下さることを、わたしたちは知っている。

(日)新共同訳1987の引照

新共同 Ⅰコリ6:7

6:7 そもそも、あなたがたの間に裁判ざたがあること自体、既にあなたがたの負けです。なぜ、むしろ不義を甘んじて受けないのです。なぜ、むしろ奪われるままでいないのです。

新共同 Ⅱコリ11:7

11:7 それとも、あなたがたを高めるため、自分を低くして神の福音を無報酬で告げ知らせたからといって、わたしは罪を犯したことになるでしょうか。

新共同 ロマ 14:19

14:19 だから、平和や互いの向上に役立つことを追い求めようではありませんか。

新共同 ロマ 11:14

11:14 何とかして自分の同胞にねたみを起こさせ、その幾人かでも救いたいのです。

新共同 Ⅰペテ3:1-2

3:1 同じように、妻たちよ、自分の夫に従いなさい。夫が御言葉を信じない人であっても、妻の無言の行いによって信仰に導かれるようになるためです。

3:2 神を畏れるあなたがたの純真な生活を見るからです。

(仏)THE NEW JERUSALEM BIBLE 1985 の引照

・・・・ナシ・・・


●これで大体不信者の夫に対する信者の妻の姿勢(それは常に十字架を負う)を学ぶが、時には耐えられないこともある。キレることもある。
●そこでもう一歩、今度は「TSK日本語版」でⅠコリ 7:14だけをピンポイントで学ぼう。 

*「なぜなら、不信者の夫は妻によってきよめられており、また、不信者の妻も夫によってきよめられているからである。」

Ezra 9:1-2

1これらの事がなされた後、つかさたちは、わたしのもとに来て言った、「イスラエルの民、祭司およびレビびとは諸国の民と離れないで、カナンびと、ヘテびと、ペリジびと、エブスびと、アンモンびと、モアブびと、エジプトびと、アモリびとなどの憎むべき事を行いました。 2すなわち、彼らの娘たちをみずからめとり、またそのむすこたちにめとったので、聖なる種が諸国の民とまじりました。そしてつかさたる者、長たる者が先だって、このとがを犯しました」。

1 Corinthians 6:15-17

15あなたがたは自分のからだがキリストの肢体であることを、知らないのか。それだのに、キリストの肢体を取って遊女の肢体としてよいのか。断じていけない。 16それとも、遊女につく者はそれと一つのからだになることを、知らないのか。「ふたりの者は一体となるべきである」とあるからである。 17しかし主につく者は、主と一つの霊になるのである。

1 Timothy 4:5

5それらは、神の言と祈とによって、きよめられるからである。

Titus 1:15

15きよい人には、すべてのものがきよい。しかし、汚れている不信仰な人には、きよいものは一つもなく、その知性も良心も汚れてしまっている。

Ezra 9:2

2すなわち、彼らの娘たちをみずからめとり、またそのむすこたちにめとったので、聖なる種が諸国の民とまじりました。そしてつかさたる者、長たる者が先だって、このとがを犯しました」。

Isaiah 52:1

1シオンよ、さめよ、さめよ、力を着よ。聖なる都エルサレムよ、美しい衣を着よ。割礼を受けない者および汚れた者は、もはやあなたのところに、はいることがないからだ。

Malachi 2:15-16

15一つ神は、われわれのために命の霊を造り、これをささえられたではないか。彼は何を望まれるか。神を敬う子孫であるゆえ、あなたがたはみずから慎んで、その若い時の妻を裏切ってはならない。 16イスラエルの神、主は言われる、「わたしは離縁する者を憎み、また、しえたげをもってその衣をおおう人を憎むと、万軍の主は言われる。ゆえにみずから慎んで、裏切ることをしてはならない」。

Acts 10:23

23そこで、ペテロは、彼らを迎えて泊まらせた。翌日、ペテロは立って、彼らと連れだって出発した。ヨッパの兄弟たち数人も一緒に行った。

Romans 11:16
16もし、麦粉の初穂がきよければ、そのかたまりもきよい。もし根がきよければ、その枝もきよい。


●これを読むと徹底的に信仰問題であることがわかる。
 

●実はパウロの問題解決もここにある。つまり「終末は近いのですべて『現状維持』で行け」と言うのである。それはⅠコリ 7:12-16の次の部分、7:17-24に書かれている。塚本訳の表題は「問題解決の原則」である。特に7:20-24は次の通りである。

塚本訳Ⅰコリ
"460720","・コリント 7:20","各自がお召しを受けた時の状態に留まっておれ。"
"460721","
・コリント 7:21","あなたは奴隷として召されたのか。それを気にすることはな
い。かえって、(釈放されて)自由人になることが出来るとしても、むしろ(奴隷たる身
分を)利用せよ。(そのままにしていたがよい。)"
"460722","
・コリント 7:22","なぜなら、奴隷として召されて主にある者は、(罪の奴隷の
状態から)主によって釈放された自由人であり、同様に、自由人として召された者は、キ
リストの奴隷(になったの)であるから。"
"460723","
・コリント 7:23","あなた達は(自由人にせよ奴隷にせよ、キリストの血の)代
価を払って買われたのである、人間の奴隷になるな。"
"460724","
・コリント 7:24","兄弟たちよ、各自が召された時の状態で神の前に留まってお
れ。"


●以上で心一杯、胸一杯である。
●終末は近い。すべては終末の到来で解決する。神による新天新地の実現で万物は清められうっかつするのだ。
●何の幸いか先に救われた者は未だ救われざる人のために十字架を負いつつ祈りつつ生きるのだ。これがキリスト信者に課せられたライフワークなのだ。
●救いは生きているうちにこの世で見えることがなくても新天新地の実現でかんせいするのだ。そのとき地上で流した涙はぬぐわれる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想 終わり。聖書の深いところは活人生の苦難が教えてくれる。




トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


親の血は断てるか ++++++++ 所感

2013/01/02 06:28

130102(水)5:15朝の黙想「親の血は断てるか」

●堕落した親の性質は子供に感染する。血は争えない。
●「親もやっているから」と思い、心理的に歯止めがかからないのだ。
●「お父さんがウルサイから」「お母さんがウルサイから」という思いが堕落の歯止めになる。
●これに反して「親、上司、同僚、みんながやっているから」と思うのは心に歯止めがかからないから一緒に堕落して地獄行きだ。
●子供は親の悪い血をどうしたら断てるか。
●キリストの血で清められねばならない.
●神により生まれ変わらせて頂き、全身の血を入れ替えていただければ親の悪い血を断てる。
●ノーベル平和賞の候補にもなって聖人のような働きをした賀川豊彦は、妾(二号、愛人)の子供であった。
●神は、米国宣教師のマヤスとローがンンを通して賀川に襲い掛かって彼を親の悪い血を入れ替えて生まれ変わらせた。
●関連聖句を掲げよう。

塚本訳ヨハネ
"430112","しかし受け入れた人々、すなわち、その名を(神の子であることを)信じた人
には一人のこらず、神の子となる資格をお授けになった。"
"430113","
この人たちは、人間の血や、肉の欲望や、男の欲望によらず、神(の力)によって生まれたのである。"

塚本訳ロマ
"450323","ローマ 3:23","なぜか。すべての人が罪を犯したため、いまだれ一人、(かつて
持っていた)神の栄光をもたない。"
"450324","
ローマ 3:24","(さりとて失った栄光を回復する力はないので、何一つ)代価を
払わず、(ただ)神の恩恵によって、キリスト・イエスによるあがないの力で、(神に)義
とされる(道が設けられた)のである。"
"450325","
ローマ 3:25","すなわち神は御自分の義を示すために、宥めの供え物としてキリ
ストを提供された。これはキリストの血でなされたものであり、(人は)信仰によ(って
この恩恵にあずか)るのである。
このことは──神が(長いあいだ)忍耐をもって過ぎし
日に犯した罪を罰せずにおられたので──"
"450326","
ローマ 3:26","今の世において、御自分の義を示そうとされたのである。すなわ
ち御自分が義であること、またイエスを信ずる者を義とするお方であることを、(この世
に)示されたのである。"

塚本訳ロマ
"450508","ローマ 5:8","しかしわたし達が(義人でも善人でもなく、)まだ罪人(神の敵)

であったとき、キリストが私たちのために死んでくださった。このことによって、神はわ

たし達に対する愛をお示しになったのである。
"
"450509","
ローマ 5:9","それならば
キリストの血で義とされている今、わたし達がキリス
トによって(最後の日の神の)怒りから救われるのは、もちろんである。
"
"450510","ローマ 5:10","なぜなら、(神の)敵であったのに、その御子の死によって神と
和睦ができたくらいならば、すでに和睦をしたわたし達が、御子の(復活の)命によって

救われるのは、もちろんである。
"

塚本訳Ⅰコリ
"460711","・コリント 7:11","──しかし別れたのなら、独身でいるか、夫と仲直りをせよ。
──夫も妻と離婚してはならない。"
"460712","
・コリント 7:12","しかしそのほかの人たちに、わたしが言う、主ではない。あ
る兄弟が不信者の妻を持ち、彼女が彼と一しょに生活することを喜ぶなら、離婚してはな
らない。"
"460713","
・コリント 7:13","また、不信者の夫を持ち、その夫が彼女と一しょに生活する
ことを喜ぶ場合の妻は、夫と離婚してはならない。"
"460714","
・コリント 7:14","(夫婦は結婚生活で一体となるため、)不信者の夫は(信者
の)妻によってすでにきよめられており、不信者の妻は兄弟(すなわち信者の夫)によっ
てすでにきよめられているからである。そうでなければ、あなた達の子供は清くないはず
であるが、現に彼らはきよい(と認められている)ではないか。"


塚本訳Ⅰヨハ
"620107","・ヨハネ 1:7","しかしもし神が光の中にあるように、わたし達も光の中を歩い

ているならば、(神と交わりを持ち、従って)互に(まことの)交わりを持つ(ことがで

きる)のである。そして(たとい罪を犯すことがあっても)、
その子イエスの血があらゆ
る罪から清めてくださる。(かくてわたし達は光の子となるのである。)"




●人生では「良い人」に出会う幸福もあるが、不幸なことに「我慢ならない人」が現れることがある。付き合わなければならないこともある。そういう時はどんな忠告や説教も耳に入らない。「なりふり構わず」ブチ切れする。それでいいのだそれでいいのだ。それが人間だ。人間は聖人ではない。●「付き合わなければならない人」とは身近な人間(夫、妻、子供、親、親戚、生徒、職場同僚)●しかしブチ切れそのままではそこに救いはない。●我慢ならない人間の救いは神ご自身が乗り出して下さる。●だから人間としては「脱力」。「祈り」あるのみ。脱力しないと神の力が発揮できない。神の栄光があがらない。●頭から出る関連聖句を並べてみよう。

塚本訳マタイ
"401810","この小さな者を一人でも軽んじることのないように注意せよ。わたしは言う、
(わたしの父上は片時も彼らをお忘れにならない。)あの者たちの(守り)天使は、天で
いつもわたしの天の父上にお目にかかっているのだから。"
"401811","〔無し〕"
"401812","あなた達はどう思うか。ある人が羊を百匹もっていて、その一匹が道に迷った
とき、
その人は九十九匹を山にのこしておいて、迷っている一匹をさがしに行かないだろ
うか。
"
"401813","そしてもし見つけようものなら、アーメン、わたしは言う、この一匹を、迷わ
なかった九十九匹以上に喜ぶにちがいない。 "
"401814","このように、この小さな者たちが一人でも滅びることは、あなた達の天の父上
の御心ではない。"

塚本訳ルカ
"421905","イエスはその場所に来られると、ザアカイを見上げて言われた、「ザアカイ、急
いで下りておいで。きょうはあなたの家に泊まることになっているから。」"
"421906","ザアカイは急いで下りてきて、喜んでお迎えした。"
"421907","皆がこれを見て、イエスは(税金取りのような)罪人の所に入りこんで宿を取
った、と言ってぶつぶつ呟いた。"
"421908","しかしザアカイは進み出て主に言った、「主よ、わたしは(誓って)財産の半分
を貧乏な人たちに施します。人からゆすり取ったものは四倍にして返します。」"
"421909","イエスが(人々に)言われた、「救いは(きょう、)この家に入った。(人でなし
のように言われる)この人も、やはり(あなた達と同じ)アブラハムの末だから。"
"421910","人の子(わたし)は“滅びうせた者をさがして”救うために来たのである。」"

塚本訳マタイ
"400544","しかしわたしはあなた達に言う、敵を愛せよ。自分を迫害する者のために祈れ。
"
"400545","あなた達が天の父上の子であることを示すためである。父上は悪人の上にも善
人の上にも日をのぼらせ、正しい人にも正しくない人にも、雨をお降らしになるのだから

"
"400546","自分を愛する者を愛したからとて、なんの褒美があろう。(人でなしと言われる
あの)税金取りでも同じことをするではないか。"
"400547","また兄弟にだけ親しくしたからとて、なんの特別なことをしたのだろう。異教
人でも同じことをするではないか。"

塚本訳マタイ
"400910","イエスが家で食卓についておられるたときのこと、大勢の税金取りや罪人も来
て、イエスや弟子たちと同席していた。"
"400911","パリサイ人はこれを見て、弟子たちに言った、「なぜあなた達の先生は、税金取
りや罪人と一しょに食事をするのか。」"
"400912","聞いて言われた、「丈夫な者に医者はいらない、医者のいるのは病人である。"
"400913","“わたしは憐れみを好み、犠牲を好まない”という(神の言葉の)意味を、行
って、勉強したがよかろう。わたしは正しい人を招きに来たのではない、罪人を招きに来
たのである。」"

塚本訳ルカ
"421501","さて、イエスの話を聞こうとして、(いつものとおり)税金取りや罪人が皆近寄
ってきた。"               
"421502","パリサイ人と聖書学者たちがぶつぶつ呟いて言った、「この人は罪人を歓迎する
し、また(招かれていって)食事までも一しょにする。」"

"421503","そこで彼らにつぎの譬を話された。"
"421504","「あなた達のうちのだれかが羊を百匹持っていて、その一匹がいなくなったと
き、その人は九十九匹を野原に残しておいて、いなくなった一匹を、見つけ出すまではさ
がし歩くのではないだろうか。"
"421505","そして見つけると、喜んで肩にのせて、"
"421506","家にかえり、友人や近所の人たちを呼びあつめてこう言うにちがいない、『一し
ょに喜んでください。いなくなっていたわたしの羊が見つかったから』と。"
"421507","わたしは言う、このように、一人の罪人が悔改めると、悔改める必要のない九
十九人の正しい人以上の喜びが、天にあるのである。"


塚本訳ルカ
"420529","レビがイエスのために家で大宴会を催すと、税金取り、その他の人々が大勢、(イ
エスや弟子たちと)共に食卓についていた。"

"420530","パリサイ人とパリサイ派の聖書学者が弟子たちに向かってつぶやいた、「なぜあ
なた達は税金取りや罪人と一しょに飲み食いするのか。」"
"420531","イエスはその人たちに答えられた、「健康な者に医者はいらない、医者のいるの
は病人である。"
"420532","わたしは正しい人を招きに来たのではない、罪人を招いて悔改めさせるために
来たのである。」"
"420533","彼らがイエスに言った、「(洗礼者)ヨハネの弟子はしばしば断食をし、祈りを
するのに、あなたの弟子は(平気で)飲み食いしている。」"

塚本訳ロマ
"450309","ローマ 3:9","それでは、どうなるのだろうか。(ユダヤ人である)わたし達には、
(異教人より)優れたところがあるのか。全然ない。わたし達が前から強く主張してきた
ように、ユダヤ人も異教人もことごとく、罪の(支配の)下にいるからである。""450310","
ローマ 3:10","(聖書に)こう書いてある。──“正しい人がいない、一人もいない、"
"450311","ローマ 3:11","物のわかる人がいない、神をさがし求める人がいない。"
"450312","ローマ 3:12","だれもかれも迷って、みんな堕落してしまった。善をする人がい
ない、ただの一人もいない。”"

"450313","ローマ 3:13"“彼らの咽は口のあいた墓のよう、その舌であざむき、”“蝮の毒
が唇の下にある。”"

塚本訳ロマ
450503","ローマ 5:3","そればかりではない。苦難をも誇る。苦難は忍耐を、"
"450504","ローマ 5:4","忍耐は鍛錬を、鍛錬は希望を生むことを知っているからである。"
"450505","ローマ 5:5","そしてこの“希望は(必ず実現して、わたし達を)失望させるこ
とはない。”神はわたし達に聖霊を授け、それによって愛をわたし達の心の中に(いつも
豊かに)注いでいてくださるからである。"
"450506","ローマ 5:6","なぜなら、わたし達がまだ弱くあったとき、当時まだ不信心者の
(わたし達の)ために、キリストは死んでくださったからである。"
"450507","ローマ 5:7","(驚くべき神の愛!人間の世界では、)義人のために命をすてる者
はほとんどあるまい。善人のためならば、惜しげもなく命をすてる者が、あるいはあるか
も知れない。"
"450508","ローマ 5:8","しかしわたし達が(義人でも善人でもなく、)まだ罪人(神の敵)
であったとき、キリストが私たちのために死んでくださった。このことによって、神はわ
たし達に対する愛をお示しになったのである。"

"450509","ローマ 5:9","それならばキリストの血で義とされている今、わたし達がキリス
トによって(最後の日の神の)怒りから救われるのは、もちろんである。"
"450510","ローマ 5:10","なぜなら、(神の)敵であったのに、その御子の死によって神と
和睦ができたくらいならば、すでに和睦をしたわたし達が、御子の(復活の)命によって
救われるのは、もちろんである。"

塚本訳Ⅰヨハ
"620409","・ヨハネ 4:9","神がその独り子を(この)世に遣わし、独り子によって(死ぬ
べき)わたし達が生きるようになったそのことで、神の愛が(はじめて)わたし達に現わ
されたのである。"
"620410","・ヨハネ 4:10","わたし達が神を愛したことではなく、彼がわたし達を愛し、そ
の子をわたし達の罪のための宥め(の供物)として遣わされたそのことに、愛があるので
ある。"
"620411","・ヨハネ 4:11","愛する者たちよ、神はこのようにわたし達を愛されたのだから、
わたし達も互に愛する義務がある。"

【口語訳】 詩 23 篇
 23:6 わたしの生きているかぎりは/必ず恵みといつくしみとが伴うでしょう。わたしはとこしえに主の宮に住むでしょう。


●以上の聖句に解説はいらない。信ずるのみ。実体験あるのみ。
 
●ブチキレするとき。救いの動力は神にある


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想おわり 

 

2013_01020002.jpg 

中野の孫たちがパンを作る 
 
 
2013_01020004.jpg 

中野の孫たち。前列左から かなほ(幼稚園)、愛子(母)、健太郎(4歳)
初音(9歳)、後列左から高橋照男、高橋トミ子

●孫達は4泊して14:00に帰る。私が駅まで見送る。福島の孫は8日、中野の孫は4日、滞在。みんな去って家はすっかり静かになった。お互いに「ご苦労様でした」と言い合った。
 
●昨夜の就寝の祈りでは中野の一家全員から崇高なる祈りを聞くことができてうれしかった。   家庭の土台は神への祈り。ゆるぎない家庭の建設は「家族全員の祈り」だ。

2013_01020006.jpg 

私の戦場。左はウィンドウズ「XP」6年経過、右は昨年購入したウィンドウズ「セブン」
パソコンは2台あると超便利。

 ●この書斎で死にたい。あと12年後。復活と永遠の生命を固く信じて逝きたい。
●この部屋にはベッド、パソコン、オーディオ、クラシックCD(3100枚)、隣接書庫がある。東の窓からは畑、南の窓からは庭木、北の窓からはあきる野台地の遠景が望める。
●死因は肺癌と言われているからその時は在宅緩和ケアを希望する。ヒルティは言う。「仕事中に死ぬのが理想だ」と。











トラックバック(0) | コメント(0) | top▲




| Top | Next
0814