to 日記と感想 2017年05月02日
Top | RSS | Admin

2017.04 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.06


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170824(木)12:10キララホールエントランスコンサート、マリンバ
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170813(日)10:30ナザレン教会浦和教会
    170813(日)14:00比企紀和君
    170812(土)14:00お江戸こらりあーず演奏会、文京シビックホール
    170809     TW誕生日
    170809(水)17:16初音吹奏楽、府中の森芸術劇場ドリームホール
    170808(火)0930池谷医院
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170708(土)14:00在宅医療説明会(キララホール)
    170707(金)10:00池谷医院
    170706      TM誕生日
    170702(日) 集会感話
    170701      TT誕生日
    170630(金)12:20キララホールエントランスコンサート
    170628      IY誕生日
    170627(火)11:00 能城牧師来訪
    170625)日)10:10トミ子集会感話
    170625(日)14:00茅ヶ崎金子邸
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール


和睦の福音・・・見よ、今や『大いなる恵みの時』、見よ今や『救いの日』!・・ ++++++++ 所感

2017/05/02 04:42


170502(火)3時目覚め、床の中で5月7日の集会感話の推敲●さかなのえΙΧΘΥΣ・イエスス(イエス)、クリストス(キリスト)、セオス(神)、ヒュオス(子)、ソテル(救い主)=イクスス(魚) ●キリスト者の皆様お早うございます。北朝鮮問題で、世界中が」北朝鮮をいじめている。ローマ方法が注意を促しているが我らがプロテスタント・無教会はどうすべきか。心で、キムジョンウンを赦す必要がある。こんな時、次回集会感話の内容は意味がある。今朝、また推敲したのでそれを掲げる。

5月7日東京聖書読者会感話
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                            170502-1  

 ΙΧΘΥΣ イクスス()    

イエ(イエス)、クリス(キリスト)、セ()、ヒュ()、ソ(救い主)

聖書で聖書を読む 

                          

ルカ福音書

ナザレの礼拝堂における説教(1) (ルカ4:16-21)   

・・・主の恵みの時が来た・・・

2017年5月7日 東京聖書読者会 高橋照男

 

塚本訳 ルカ 4:16

4:16 それからお育ちになったナザレに行って、安息の日にいつものとおり礼拝堂に入り、(聖書を)朗読しようとして立たれた。

●イエスの生誕はベツレヘム、成育はナザレ、活動はカペナウム。歴史内の事。

 

16-1)塚本訳 ルカ 2:4-7

2:4 ヨセフもガリラヤの町ナザレから、ユダヤのベツレヘムというダビデの町へ上った。彼はダビデ家の出、またその血統であったからである。

16-2
)塚本訳 マタ 2:22-23
2:22
しかしアケラオが父ヘロデに代わってユダヤを治めていると聞き、恐ろしくなってユダヤへ行かずにいると、また夢でお告げを受けたので、(ユダやをやめて)ガリラヤ地方に引っ込み、

2:23 ナザレという町に行って住んだ。「彼はナザレ人と言われる」と、預言者たちをもって言われた言葉が成就するためであった。

16-3
)塚本訳 マタ 4:13
4:13
それから(間もなく)
ナザレを去って、昔)ゼブルン(族)とナフタリ(族)との(領地であった)地方にある、(ガリラヤ)湖畔の(町)カペナウムに行って住まれた。

 

16-4)塚本訳 マタ 9:1
9:1
それから舟に乗って(湖を)渡り、
自分の町(カペナウム)に来られた。

 

●礼拝堂では聖書が朗読された。

 

16-5)塚本訳 使  13:15
13:15
律法と預言書との朗読がすんだ後、礼拝堂監督たちは二人に言わせた、「兄弟の方々、人々へ何か奨励の言葉をお持ちの方は、話してください。」

 

16-6)塚本訳 Ⅱコリ3:14-15
3:14
しかし(そのために、)彼らの考えは頑なにされてしまった。なぜなら、今日までも
古い契約の朗読の時、同じベールが残っているからである。ベールは取り除かれないままである。古い契約は(ただ)キリストにおいて無くなるものだからである。
3:15
いやむしろきょうまで
モーセ(律法)が朗読される度毎に、ベールは彼らの心にかかって(いるので、そのほんとうの意味が隠されて)いる。

 

16-7)塚本訳 Ⅰテモ4:12-13
4:12
自分の年の若いことを誰にも軽蔑されるな。却って言において、振舞いにおいて、愛において、信仰において、純潔なことにおいて(凡ての)信者の模範となれ。

4:13 私が行くまで(集会で聖書を)朗読すること、勧めをすること、教えることに心を傾けよ。

 

16-8)塚本訳 黙  1:3
1:3
幸福なる哉、この
預言の言を朗読する人、及び(それを)聞いて、その中に書かれてある(一切の)ことを守る人々!(この言の成就する)時が(はや既に)近いからである。

16-9
)塚本訳 使  17:1-2
17:1
彼らはアムポリスとアポロニヤ(の町々)を通過してテサロニケに行った。そこにはユダヤ人の礼拝堂があった。
17:2
パウロはいつものとおり入っていって、三度の安息日に
聖書に由って彼らに話をした。

 

塚本訳 ルカ 4:17

4:17 (係の者から)イザヤの預言書が手渡され、その巻物をお開けになると、こう書いた所が出てきた。──

●イエスの旧約聖書の引用(塚本虎二先生信仰50年記念論文集「聖書とその周辺」より片山徹論考を再集計)によれば旧約全般を読んでいたことがわかる。

17-1)・マルコにある引用

A聖書の引用を明示されたイエスの言葉 

イザヤ書2 申命記3 出エジプト記2 創世記2 詩編2

         レビ記1  ゼカリヤ書1 

B聖書の引用と見られるイエスの言葉

         イザヤ書2 マラキ書1  創世記2  ヨブ記1 

         ダニエル書6  イザヤ書5 詩編7 エレミヤ書2

         ゼカリヤ書2 レビ記2  ヨエル書2 

         エゼキエル書2 ダニエル書3 サムエル記上1

         歴代志下1  ミカ書1 申命記2

17-2)・マタイとルカだけに共通な引用(いわゆるQ資料に属するもの)

  A聖書の引用を明示されたイエスの言葉 

         申命記3 マラキ書1

  B聖書の引用と見られるイエスの言葉

         イザヤ書6 詩編4 マラキ書1 ミカ書1 

         エレミヤ書1 創世記1

17-3)・マタイだけにある引用

  A聖書の引用を明示されたイエスの言葉

         出エジプト記3 申命記5 レビ記3 ホセア書2

         イザヤ書1 詩編1

  B聖書の引用と見られるイエスの言葉

         イザヤ書3 詩編6 申命記2 レビ記2 エレミヤ書3

         箴言1 列王記下1 ヨナ書1  ゼパニヤ書1

         ダニエル書3(一か所は70人訳異本) ゼカリヤ書2

17-4)・ルカだけにある引用

  A聖書の引用を明示されたイエスの言葉

        イザヤ書1 

  B聖書の引用と見られるイエスの言葉

        列王記上1 サムエル記上1 エゼキエル書1 詩編4

        ホセア書1 レビ記2 創世記1 申命記1 ホセア書1

        ゼカリヤ書1 イザヤ書1

17-5)・ヨハネにある引用

  A聖書の引用を明示されたイエスの言葉

     イザヤ書1 詩編6 (ゼカリヤ書1 エゼキエル書1

     ヨエル書1)

   B聖書の引用と見られるイエスの言葉

     士師記1 列王記下1 創世記1 詩編2 出エジプト記2

     ミカ書1 

 

塚本訳 ルカ 4:18

4:18 『主の御霊がわたしの上にある、油を注いで(聖別して)くださったからである。主は貧しい人に福音を伝えるためにわたしを遣わされた。囚人に赦免を、盲人に視力の回復を告げ、』『押えつけられている者に自由をあたえ、

●イエスの「自分が預言されていた神の子である意識(いわゆる尊厳意識)はこのイザヤの言葉を自らが発したことにある。

 

18-1)口語訳 イザ 61:1-2
61:1
主なる神の霊が
わたしに臨んだ。これは主がわたしに油を注いで、貧しい者に福音を宣べ伝えることをゆだね、わたしをつかわして心のいためる者をいやし、捕われ人に放免を告げ、縛られている者に解放を告げ、           61:2 主の恵みの年と/われわれの神の報復の日とを告げさせ、また、すべての悲しむ者を慰め、


18-2
)塚本訳 使  10:38
10:38
すなわち、『神が』いかに聖『霊』と(大いなる)力と『をもって』ナザレのイエスに『油を注がれ(て聖別され)た』か、このイエスが(あちらこちらを)巡回しながら、恩愛を施し、
悪魔におさえつけられている者を皆直されたかを。神がご一緒におられたからです。

 

●真の自由は罪からの自由。それは神にのみできること

 

18-3)塚本訳 ルカ 13:16
13:16
この女はアブラハムの末であるのに、十八年ものあいだ、
悪魔が縛っていたのだ。安息の日だからとて、その(悪魔の)縄目から解いてはならなかったのか。」

18-4
)塚本訳 ヨハ 4:13-14
4:13
イエスは答えられた、「
この(井戸の)水を飲む者はだれでもまた渇くが、

4:14 わたしが与える水を飲む者は永遠に渇かない。そればかりでなく、わたしが与える水は、その人の中で(たえず)湧き出る水の泉となって、永遠の命に至らせるであろう。」

18-5
)塚本訳 ヨハ 8:31-32
8:31
すると信じたユダヤ人に言われた、「もし
わたしの言葉に留まっておれば、あなた達は本当にわたしの弟子である。
8:32
真理を知り、その
真理があなた達を自由にするであろう。」

18-6
)塚本訳 ヨハ 8:36
8:36
だから、もし
子(たるわたし)が(罪から)自由にしてやれば、あなた達は本当に自由になるのである。(そしていつまでも父上のところにおることができる。)

18-7
)塚本訳 ヨハ 14:6
14:6
イエスは言われる、「
わたしが道である。また真理であり、命である。(手段であると同時に目的であるから。)わたしを通らずには、だれも父上の所に行くことはできない。

 

塚本訳 ルカ 4:19

4:19 『主の恵みの年(の来たこと)を告げさせるために。』

●神の福音は人間の歴史の中に突入した。それは喜びの時。神のお心が世に示されれる罪の赦しの時。

 

19-1)塚本訳 マタ 4:16

4:16 暗闇に住まう(これらの地方の)民は大いなる光を見、死の陰の地に住まうこの人々に光がのぼった、』

19-2
)塚本訳 ヨハ 1:14
1:14
この言葉は
肉体となって(しばらく)わたし達の間に住んでおられた。(これが主イエス・キリストである。)わたし達はその栄光を見た。いかにも父上の独り子らしい栄光で、恩恵と真理とに満ちておられた。

19-3
)塚本訳 ヨハ 12:35
12:35
するとイエスは(それには答えず、)彼らに言われた、「もうしばらくの間、光はあなた達のところにある。
光のある間に(早く)歩いて、暗闇に追い付かれないようにせよ。暗闇を歩く者は、自分がどこへ行くのか知らない。

19-4
)塚本訳 マタ 11:3-5
11:3
「来るべき方(救世主)はあなたですか、それともほかの人を待つべきでしょうか」とたずねさせた。
11:4
イエスは答えられた、「行って、
(今ここで)聞いていること見ていることをヨハネに報告しなさい。
11:5
──『盲人は見えるようになり、』足なえは歩きまわり、癩病人は清まり、聾は聞き、
死人は生きかえり、『貧しい人は福音を聞かされている』と。
11:6
わたしにつまずかぬ者は幸いである。

19-5
)塚本訳 Ⅰヨハ1:1-3
1:1
(世の)始めから(すでに)おられたもの、(それは)わたし達が(この耳で)聞いたもの、
自分の目で見たもの、直観しまた自分の手でさわったもの、(すなわち)命の言葉について、──
1:2
この命が
自分を現わし、(それを)わたし達は見て、証明し、またこの永遠の命をあなた達に告げる。これは(始めには)父と共におられたが、(今)わたし達に自分を現わしたのである──
1:3
わたし達が見たもの、また聞いたものを、あなた達にも
告げる。あなた達もわたし達と(霊の)交わりを持つためである。しかしわたし達のこの交わりは、(他方においては)父(なる神)とその子イエス・キリストとの交わりである。

 

19-9)塚本訳 ルカ 19:42
19:42
そして言われた、「(ああエルサレム、)お前ももし(「平安を見る」という自分の名のように、)きょうでも平安への道が見えたなら
(まだ遅くはないのに!)しかし今それはお前の目に隠されている。

 

塚本訳 ルカ 4:20

4:20 イエスは(読み終ると、)聖書を巻き、係の者に返して坐られた。礼拝堂にいる者の目が皆彼にそそがれた。

●イエスの言葉には何か人を引き付けるものがあった。その原因は聖霊の力。

 

20-1)塚本訳 ルカ 4:14
4:14
イエスは
御霊の力にあふれて、ガリラヤに帰られた。評判がその周囲全体に広まった。

20-2
)塚本訳 マタ 13:54
13:54
郷里(ナザレ)に行ってその
礼拝堂で教えられた。すると人々が驚いて言った、「この人はどこからこの知恵と、奇蹟とを覚えてきたのだろう。

20-3
)塚本訳 ルカ 19:48
19:48
どう仕様もなかった。だれもかれも皆イエスの話に
聞きとれていたからである。

 

塚本訳 ルカ 4:21

4:21 イエスは、「(今)あなた達が聞いたこの聖書の言葉は、今日(ここで)成就した」と言って話を始められた

●イエスは聖書(旧約)の朗読のあとに、「自分の時が来た」と独自の話をされた。聖書は朗読をする人の人格、霊の実在を通して伝わる。

 

21-1)塚本訳 ルカ 16:16
16:16
(あなた達は聖書を誇るが、
時代はもう変っている。)律法と預言書と([聖書]の時代)は(洗礼者)ヨハネ(の現われる時)までで、その時以来神の国の福音は伝えられ、だれもかれも暴力で攻め入っている。

21-2)塚本訳 ヨハ 5:39-40
5:39
あなた達は
聖書(旧約)をもっていることが永遠の命を持っていることのように思って、それを研究している。ところがこの聖書は、(永遠の命である)このわたしのことを証明しているのに、
5:40
あなた達はその命を得るため
わたしの所に来ようとしない。

21-3
)塚本訳 マタ 18:20
18:20
二人、三人、
わたしの名によって集まっている所には、わたしがいつもその真中にいるのだから。」


21-4
)塚本訳 マタ 5:17
5:17
わたしが律法や預言書[聖書]を廃止するために来たと思ってはならない。廃止するどころか、
成就するために来たのである。

21-5
)塚本訳 Ⅱコリ6:1
6:1
それで、(この
和睦の福音のために)わたし達は(神と)御一緒に働いているのであるから、なおこのことを勧める、あなた達は神のこの恩恵を受け取って(実を結ばせ)、むだにしないようにせよ。

21-6
)塚本訳 Ⅱコリ6:2
6:2
『恵みの時にわたしはあなたの願いを聞きとどけ、救いの日にわたしはあなたを助けた。』と神は仰せられるではないか。
見よ、今や『大いなる恵みの時』、見よ今や『救いの日』!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

5月7日東京聖書読者会感話おわり

●日本聖書協会、仮称「新翻訳」パイロット版意見具申 マタイ 27章 イエスの受難。
何度も目頭が熱くなった。同時に「ユダヤ人のバカヤロー」とも思った。マタイ27:25の句はユダヤ人の罰の預言として当然だと思ったが、それは神に愛された民族の証である。


マタイ27章25節 翻訳比較

仮称「新翻訳」パイロット版2017

25民はこぞって答えた。「その血の責任は、我々と我々の子孫にある。」


岩波翻訳委員会訳1995

402725すると民全体が答えて言った、「彼の血は、われわれとわれわれの子孫の上に〔ふりかかれ〕」。

 

新共同訳1987

27:25 民はこぞって答えた。「その血の責任は、我々と子孫にある。」

 

前田訳1978

27:25 民は皆いった、「彼の血はわれらと子孫の上に」と。

 

新改訳1970

27:25 すると、民衆はみな答えて言った。「その人の血は、私たちや子どもたちの上にかかってもいい。」

 

塚本訳1963

27:25 民衆全体が答えた、「その男の血のことなら、われわれが孫子の代まで引き受けた。」

 

口語訳1955

27:25 すると、民衆全体が答えて言った、「その血の責任は、われわれとわれわれの子孫の上にかかってもよい」。

 

文語訳1917

"402725","民みな答へて言ふ『其の血は、我らと我らの子孫とに歸すべし』"

 
●日本聖書協会、仮称「新翻訳」パイロット版意見具申 マタイ 27章

 あきる野市社会福祉協議会に行き、介護福祉サービスの内容について聴く。小野沢さん

スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲




| Top |
0814