to 日記と感想 復活信仰の歴史的連鎖反応
Top | RSS | Admin

2017.06 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.08


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170812(土)14:00お江戸こらりあーず演奏会、文京シビックホール
    170821(土)15:00お江戸コラリアーズ定期演奏会、文京公会堂
    170809     TW誕生日
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170708(土)14:00在宅医療説明会(キララホール)
    170707(金)10:00池谷医院
    170706      TM誕生日
    170702(日) 集会感話
    170701      TT誕生日
    170630(金)12:20キララホールエントランスコンサート
    170628      IY誕生日
    170627(火)11:00 能城牧師来訪
    170625)日)10:10トミ子集会感話
    170625(日)14:00茅ヶ崎金子邸
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール
    170610(土)14:00内村鑑三セミナー、立教大学12号館。矢田部、椚」山
    170609(金)   TS命日
    170608(木)12:15ボリショイ「白鳥の湖」、東京文化会館
    170707(水)10:00池谷医院
    170604(日)10:00集会感話、
    170604(日)16:30近藤恵邸起工式、福島市。
    170530(火)14:00田岡氏来訪
    170527(土)14:00今井館ピアノコンサート
    170521(日)14:00新宿フィル、ブラームス1番、レスピーギ「鳥」「ローマの松」。和田睦夫
    170425       TN)誕生日
    150420(木)09:30阿伎留センター泌尿器科)
    170416(日)14:00武蔵野室内合奏団、杉並公会堂(大坪満子)


復活信仰の歴史的連鎖反応 ++++++++ 所感

2012/07/10 05:24

12071(火)5時目覚め●朝の啓示「永遠の生命の証拠は復活伝承。エクレシアはその歴史的連鎖反応」●キリスト教の本質はイエスの復活と罪の赦し●永遠の生命の希望の根拠は使徒たちの有体的復活の伝承●その連鎖反応があるところエクレシアの存在意義がある。●今朝はこれに関する聖句を思い浮かぶままに挙げてみよう。


塚本訳 Ⅰコリ15:3-8
15:3 まえにわたしが(福音の)一番大切な事としてあなた達に伝えたのは、わたし自身(エルサレム集会から)受けついだのであるが、キリストが聖書(の預言)どおりにわたし達の罪のために死なれたこと、
15:4 葬られたこと、聖書どおりに三日目に復活しておられること、
15:5 またケパに、それから十二人(の弟子)に、御自分を現わされたことである。
15:6 そのあと、一度に五百人以上の兄弟に御自分を現わされた。そのうちの多数の者はいまでも生きてい(て、わたしが嘘を言っていないことを証明してくれ)る。もっともすでに眠った者もあるにはある。
15:7 そのあと(御兄弟の)ヤコブに、それから使徒一同に、御自分を現わされた。
15:8 しかし一番最後には、さながら月足らずのようなわたしにも御自分を現わされた。 
 
●聖書の何がなくともここが中心。聖書学的にもこれが最古の伝承と言われている。
●罪のための死と、復活。これが福音の本質。それは神の行為。
●これに比べイエスの愛の教えは旧約の精神的展開であって本質ではない。

塚本訳 使 24:20-21
24:20 あるいはまた(ここにいる)この(エルサレムの)人たち自身も、わたしが最高法院の前に立ったとき、どんな不正が(わたしに)認められたか、言ってみたまえ!
24:21 『わたしは死人の復活のためにきょうあなた達の前で裁判されているのです』と、みんなの中に立って叫んだその一言のほかに!」 
 
●パウロの活動と迫害された本質は「死人の復活のため」
●戦争反対や社会批判で受難したのではない
●今日の人間が「無教会が戦時下に果敢に国家に反抗した」ことを強調して福音を説かないのは間違い。国家は救えても人間を罪から救えない


塚本訳 使 23:6
23:6 そのときパウロは(役人の)一派はサドカイ人、一派はパリサイ人であるのを見て取り、法院で叫んだ、「兄弟の方々、わたしはパリサイ人で、しかもパリサイ人の子です。いま死人の復活の希望のために裁判されているのです。(わたしは復活のキリストを見たと言いますから。)」

●パウロが裁かれたのは「死人の復活」の伝承のため。国家批判のためではなかった。

塚本訳 マタ 18:19-20
18:19 なお、アーメン、わたしは言う、何事によらず、もしあなた達のうちの二人が心を一つにして地上で祈るならば、わたしの天の父上は(きっとその願いを)かなえてくださるだろう。
18:20 二人、三人、わたしの名によって集まっている所には、わたしがいつもその真中にいるのだから。」 
 
●人間関係の最も良好、良質なものは「主にある交わり」
●趣味教養ではない。また先生を同じくする同窓会でもない。
●現在の各種記念会は「懐かしのメロディー大会」である。
●しかしまーこの大会もあと数年もすれば歌う人がいなくなる。
●女子大で講壇から「橋幸夫」の名前をだしたら、知っている人はいなかった。私も古い。

塚本訳 マタ 28:16-20
28:16 さて、十一人の弟子はガリラヤに行き、イエスに命じられた山にのぼり、
28:17 お目にかかっておがんだ。しかし疑う者もあった。
28:18 イエスは近寄ってきて十一人に言われた、「(いまや)天上地上一切の権能が、(父上から)わたしに授けられた。
28:19 それゆえに、行ってすべての国の人を(わたしの)弟子にせよ、父と子と聖霊の名で洗礼を授け、
28:20 わたしがあなた達に命じたことを皆守るように教えながら。安心せよ、世の終りまでいつもわたしがあなた達と一しょにいるのだから。」

●復活のイエスは終末まで実在する。これは「懐かしのメロディー」ではない。
●目に見えない復活のイエスと「関連付けられる」のは霊において救いにおいて。

塚本訳  ルカ 24:31-32
24:31 (その時)二人の目が開けて、その方とはっきりわかった。すると(また)その姿が見えなくなった。
24:32 二人は語り合うのであった、「(そう言えば、)道々わたし達に話をされたり、聖書を説き明かされたりした時に、胸の中が熱くなったではないか」と。

●私が復活の信仰を得られたのは、イエスの墓が空になっていたという個所の勉強中であった。
●空の墓を肉眼で見たわけではないのだが、復活伝承を聞くことにより「胸が熱くなり」霊眼が開いてイエスの有体的復活を信じられるようになった。これは非科学的な事だが、私にとっては実体験の真理。

塚本訳  ヨハ 20:6-10
20:6 続いてシモン・ペテロも来た。彼は墓に入り、亜麻布が(そのままそこに)あるのを見た。
20:7 また頭をつつんだ手拭は亜麻布と一しょになく、これだけ別の所に、包んだまま(の形)になっていた。
20:8 すると先に墓に着いたもう一人の弟子も入ってきて、見て、信じた。
20:9 イエスは死人の中から復活されねばならないという聖書の言葉が、(この時まで)まだ彼らにわかっていなかったのである。
20:10 それから二人の弟子は家にかえった。

●イエスの墓が物理的に空になっていたことは「歴史内」の事実(佐藤研、荒井献先生と確認)
●しかしそこから単純に復活信仰には至らない。それは聖霊の力による。胸が熱くなる事による。
塚本訳 Ⅰペテ1:7-8
1:7 これは君達の信仰が、火によって本物であると証明された(この世の)はかない金よりも尊い本物であることが判り、イエス・キリストの顕現の時に(君達の)面目また光栄また栄誉とならんためである。
1:8 君達は彼を(目のあたり)見たことはないが、(これを)愛し、今も見ることは出来ないが、(これを)信じて、(既にかの日の)輝きに満ちた、言語に絶する喜悦を喜んでいる。

●7節に「本物」という言葉がある。私が言うことは「本物」である。私の人格は円満ではなく、めちゃめちゃで、コワモテで躓かれているが、言っていることは「本物」である。天地が崩れても残る。
●なぜか。「胸が熱くなった」人が私以外に何人もいるからだ。
●空の墓を見たことはない。使徒たちの復活体験とは違うが「胸が熱くなる事」によって使徒伝承の連鎖に連なった。
●「胸が熱くなったこと」の話しをした時、聞いていた一人の人が、両手を挙げてまるくした。真理である事の証明。私だけの事ではない。しかしその人は故人になられた。しかし私にとっては今も生きている。

塚本訳 使 13:37-38
13:37 神が復活させられたイエスは、朽ち果てられなかった。
13:38 だから兄弟の方々、このイエスによる罪の赦しがいまあなた達に宣べ伝えられていることを、知ってください。モーセ律法では義とされることが出来なかったどんなことからでも、 
 
●老化現象で肉体は朽ちるが内なる復活の命は新しくなる。

塚本訳  Ⅱコリ4:16
4:16 このゆえに、わたし達は気を落さない。いや、わたし達の(生れながらの)外の人はどんなにこわれていっても、(キリストによって生れた)内の人は一日一日と新しくされてゆく。
●肉の体は衰える。脳、目、耳。疲労。しかし霊魂は衰えないとはありがたいことではないか。
●この復活の霊が最後の日に有体的に復活するのだ。

塚本訳 使 17:31-32
17:31 神は一つの日を決め、その日に御自分の定めた一人の人(イエス)を使って『正しく(全)世界を裁こうと』計画しておられるからです。そして彼を死人の中から復活させて、すべての人に(彼が世界を裁くべき人であるという)その保証をお与えになったのであります。」
17:32 死人の復活と聞くと、嘲る者もあり、「そのことはまたいつかあなたに聞こう」と言う者もあった。
 
 
●クリスチャンの中でも「有体的復活」というとキョトンとしている人が多い。特に社会派信者にそれが多い。

塚本訳 使 24:24-25
24:24 数日の後ペリクスは、ユダヤ人であるその妻ドルシラと一緒に(監禁の場所に)来て、パウロを呼び、キリスト・イエスに対する信仰の話を聞いた。
24:25 ところがパウロの話は、義と、節制と、来るべき(最後の)裁きとについてだったので、ペリクスは恐ろしくなって、「本日はこれで帰ってよろしい。よい折があったら、また呼びにやるから」と言った。
 
 
●「その(宗教の)話はまたあとで聞く」というのがこの世の人間の「口癖」。
●復活は説き伏せてわかるものではない。大脳皮質ではわからない。
 
塚本訳  ヨハ 13:5-8
13:5 それから盥に水を入れて、ひとりびとり弟子たちの足を洗っては、(腰に)巻いた手拭で拭き始められた。
13:6 こうしてシモン・ペテロの所まで来られると、ペテロが(こばんで)言う、「主よ、わたしの足を、あなたが洗われるのですか。」
13:7 イエスが答えて言われた、「わたしが何をしているのか、いまはあなたにわからない。(わたしがいなくなった)あとでさとるだろう。」
13:8 ペテロが言う、「わたしの足は、いつまでも絶対に洗わないでください。」イエスは答えられた、「わたしが(足を)洗ってやらないなら、あなたはわたしとなんの関係もない人だ。」

●罪の人生に苦しみもがいて「救いを求める者」にして初めて神の救いと関係ができるのだ。
●「求めよ。さらば与えられん」
●それまでは神も聖書も「縁なき者」
●「縁なき衆生(しゅじょう)は度し難し(どしがたし)」(仏縁なき人間は救いがたい)という。
●しかし求めれば神の方から進んで汚い足(過去)を洗ってくださるのがキリスト教。 

塚本訳  マタ 21:31-32
21:31 この二人のうち、どちらが父の心を行ったのだろうか。」「もちろん長男」と彼らが答える。イエスが言われる、「アーメン、わたしは言う、税金取りや遊女たちは、あなた達よりも先に神の国に入るであろう。
21:32 そのわけは、(洗礼者)ヨハネが義の道を示しに来たのに、あなた達は彼を信ぜず、税金取りや遊女の方がかえって信じたからだ。しかしあなた達は(あの人たちが悔改めるのを)見たあとでも、後悔して彼を信じようとしなかった。

●キリストは罪人と縁がある。否。罪人とのみが縁が深いのだ。
●ここに人生の希望がある。あの人の方が先に救われるのだ。神に目をかけられるのだ。 
●聖書学者のエレミヤスによれば神の国に入るのは後先の問題ではなく、罪人が先に入ってドアーは閉じられるというのだ。天国はそういう人たちで満員だという。

  塚本訳  ピリ 2:12-13
2:12 だから、愛する者達よ、(今まで)何時も従順であったように、(従順であってもらいたい。)私が(一緒に)居る時ばかりでなく、居ない今こそ却つてなお一層、畏れと戦きをもって、自分の救いを得よ。
2:13 (しかしもちろんこれは君達の力では出来ない。)何故なら、(救いに関わる)御旨を成し遂ぐるため、君達のうちに働いて、(救いの)願望を起こさせ、これを成就せしめ給う者は、神であるからである。

●救いはまず本人が「俺の人生、これではイカン。このままではイカン」と思って自分自身が救いを求める気を起こさなければはじまらない。
●だからキリスト教の「伝道の精神」は「来るものを拒まず、去る者を追わず」である。「おせっかいはいけない。

塚本訳  Ⅰペテ4:14-15
4:14 もし君達がキリストの名において罵られるならば幸福である、(それは、その時)栄光の霊と『神の霊が』君達の上に『留まっている』(証拠である)から。
4:15 君達のうち誰も人殺し、あるいは泥坊、あるいは悪者として、あるいはおせっかい屋として受難してはならない。

●「おせっかい」は愛ではない。愛は隠れた祈りの行為だ。


●以上、私の言ったことは、バッハ、ヘンデルの気持と同じ。
●だから、語る私はそれを演奏するカラヤンやリヒターの立場と同じ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●終日、TSK日本語版第一ペテロ5章入力。第一ペテロ完了

http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm 

●TSK日本語版旧約レビ記準備
 
●今日は夏日で暑かった。妻は立川で知人数名と会食。妻の知人は未亡人が増えてきたという。



   有体的復活の使徒伝承

   http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/index.html

   

 

 「黒崎幸吉著 註解新約聖書Web版」

      http://stonepillow.dee.cc/

    

     TSK日本語版・目次

    http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/110910.htm

   

   

    ちたた農園日誌(三男が福島県で独立経営する農場)

    http://chitata.blogspot.com/

 

スポンサーサイト
トラックバック(1) | コメント(0) | top▲


<<一流の信仰を目指せ | Top | どうしたら「永遠の命」への希望を持てるか>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/2497-9da8a66f
FC2blog user only
これだけはNG!男が死ぬほど嫌がる「女の口癖」トップ5
口癖は誰にでもあると思いますが、無意識に口にしてしまうので、注意するのは難しいですよね。ところがその何気ない無意識の発言が、男性をドン引きさせていることもあるのです。今... 恋愛コラムリーダー ~Love Column Reader~【2012/09/20 01:03】
| Top |
0814