to 日記と感想 主による縁の喜びと肉親との別れの悲しさ
Top | RSS | Admin

2017.06 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.08


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170812(土)14:00お江戸こらりあーず演奏会、文京シビックホール
    170821(土)15:00お江戸コラリアーズ定期演奏会、文京公会堂
    170809     TW誕生日
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170708(土)14:00在宅医療説明会(キララホール)
    170707(金)10:00池谷医院
    170706      TM誕生日
    170702(日) 集会感話
    170701      TT誕生日
    170630(金)12:20キララホールエントランスコンサート
    170628      IY誕生日
    170627(火)11:00 能城牧師来訪
    170625)日)10:10トミ子集会感話
    170625(日)14:00茅ヶ崎金子邸
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール
    170610(土)14:00内村鑑三セミナー、立教大学12号館。矢田部、椚」山
    170609(金)   TS命日
    170608(木)12:15ボリショイ「白鳥の湖」、東京文化会館
    170707(水)10:00池谷医院
    170604(日)10:00集会感話、
    170604(日)16:30近藤恵邸起工式、福島市。
    170530(火)14:00田岡氏来訪
    170527(土)14:00今井館ピアノコンサート
    170521(日)14:00新宿フィル、ブラームス1番、レスピーギ「鳥」「ローマの松」。和田睦夫
    170425       TN)誕生日
    150420(木)09:30阿伎留センター泌尿器科)
    170416(日)14:00武蔵野室内合奏団、杉並公会堂(大坪満子)


主による縁の喜びと肉親との別れの悲しさ ++++++++ 所感

2012/09/11 06:06

120911(火)4時半起床。●朝の黙想「主による縁の喜びと肉親との別れの悲しさ」●クリスチャンの宿命として主にある出会いの喜びと同時に血縁との別れの悲しさがある。今朝はこのことを黙想してみよう。

【口語訳】 ヘブル 11 章
11:8 信仰によって、アブラハムは、受け継ぐべき地に出て行けとの召しをこうむった時、それに従い、行く先を知らないで出て行った。

【口語訳】 創 12 章
12:1 時に主はアブラムに言われた、「あなたは国を出て、親族に別れ、父の家を離れ、わたしが示す地に行きなさい。

●信仰の道は険しい。国を捨て、親族を捨てる宿命がある。「父の家を離れ」とは日本の儒教道徳道徳とは異なる。

【口語訳】 創 2 章
2:24 それで人はその父と母を離れて、妻と結び合い、一体となるのである。

【口語訳】 マタ 19 章
19:3 さてパリサイ人たちが近づいてきて、イエスを試みようとして言った、「何かの理由で、夫がその妻を出すのは、さしつかえないでしょうか」。
19:4 イエスは答えて言われた、「あなたがたはまだ読んだことがないのか。『創造者は初めから人を男と女とに造られ、
19:5 そして言われた、それゆえに、人は父母を離れ、その妻と結ばれ、ふたりの者は一体となるべきである』。
19:6 彼らはもはや、ふたりではなく一体である。だから、神が合わせられたものを、人は離してはならない」。

●息子は嫁に散られるのが現実。しかしそれは創造の原理にかなっている。
●娘は何があっても「実家に戻って」きてはいけない。
●九州地方の週刊では四里里の時実家は娘の茶碗を割る。「絶対に戻ってくるな」という意味。
●口語訳の「父母を離れ」は塚本訳では「父母をすてて」となっている。
●一昨日のNHKTV「こころの時代」はカトリックの渡辺和子。親に口答えしないと厳しくしつけられたが、
初めて反抗したのは「洗礼」を受ける時。この時彼女は親をすてたのだ。これ親不孝の親孝行。

【口語訳】 マタ 12 章
12:48 イエスは知らせてくれた者に答えて言われた、「わたしの母とは、だれのことか。わたしの兄弟とは、だれのことか」。

【口語訳】 ヨハ 2 章
2:1 三日目にガリラヤのカナに婚礼があって、イエスの母がそこにいた。
2:2 イエスも弟子たちも、その婚礼に招かれた。
2:3 ぶどう酒がなくなったので、母はイエスに言った、「ぶどう酒がなくなってしまいました」。
2:4 イエスは母に言われた、「婦人よ、あなたは、わたしと、なんの係わりがありますか。わたしの時は、まだきていません」。


●人が親に反抗するときはただ人生でただ一度「信仰に入るとき」だけであるべきだ。そうでなくなんでもかんでも反抗していたら神の栄光があがらない。福音が伝わらない。「あの子が反抗したのは初めてだ。キリスト教はよっぽどのことだ」と思われなければならない。

【口語訳】 ヨハ 1 章
1:9 すべての人を照すまことの光があって、世にきた。
1:10 彼は世にいた。そして、世は彼によってできたのであるが、世は彼を知らずにいた。
1:11 彼は自分のところにきたのに、自分の民は彼を受けいれなかった。
1:12 しかし、彼を受けいれた者、すなわち、その名を信じた人々には、彼は神の子となる力を与えたのである。
1:13 それらの人は、血すじによらず、肉の欲によらず、また、人の欲にもよらず、ただ神によって生れたのである。


●出生の秘密は誰にでもある。人は親を選べない。泣くな。不幸の星のもとに生まれた子よ。本当の誕生は霊によって新しく生まれ変わることなのだ。

【口語訳】 ルカ 2 章
2:34 するとシメオンは彼らを祝し、そして母マリヤに言った、「ごらんなさい、この幼な子は、イスラエルの多くの人を倒れさせたり立ちあがらせたりするために、また反対を受けるしるしとして、定められています。――
2:35 そして、あなた自身もつるぎで胸を刺し貫かれるでしょう。――それは多くの人の心にある思いが、現れるようになるためです」。

●母マリヤはこのシメオンの予言が的中した。息子に胸を刺し貫かれた。母も子も涙涙だ。

口語訳】 ヨハ 3 章
3:4 ニコデモは言った、「人は年をとってから生れることが、どうしてできますか。もう一度、母の胎にはいって生れることができましょうか」。
3:5 イエスは答えられた、「よくよくあなたに言っておく。だれでも、水と霊とから生れなければ、神の国にはいることはできない。
3:6 肉から生れる者は肉であり、霊から生れる者は霊である。
3:7 あなたがたは新しく生れなければならないと、わたしが言ったからとて、不思議に思うには及ばない。
3:8 風は思いのままに吹く。あなたはその音を聞くが、それがどこからきて、どこへ行くかは知らない。霊から生れる者もみな、それと同じである」。
3:9 ニコデモはイエスに答えて言った、「どうして、そんなことがあり得ましょうか」。

●これが肉親との別れの根本原理なのだ。


【口語訳】 マタ 10 章
10:34 地上に平和をもたらすために、わたしがきたと思うな。平和ではなく、つるぎを投げ込むためにきたのである。
10:35 わたしがきたのは、人をその父と、娘をその母と、嫁をそのしゅうとめと仲たがいさせるためである。
10:36 そして家の者が、その人の敵となるであろう。
10:37 わたしよりも父または母を愛する者は、わたしにふさわしくない。わたしよりもむすこや娘を愛する者は、わたしにふさわしくない。
10:38 また自分の十字架をとってわたしに従ってこない者はわたしにふさわしくない。
10:39 自分の命を得ている者はそれを失い、わたしのために自分の命を失っている者は、それを得るであろう。

【口語訳】 マタ 10 章
10:21 兄弟は兄弟を、父は子を殺すために渡し、また子は親に逆らって立ち、彼らを殺させるであろう。
10:22 またあなたがたは、わたしの名のゆえにすべての人に憎まれるであろう。しかし、最後まで耐え忍ぶ者は救われる。

●古代ローマの殉教者ヴィクトリアは、処刑台に立った時兄が近づいてきて「妹とよ、生き延びて老いた両親に孝行しなさい。一言『ローマ皇帝が主だ』と言えば助かるのだ」と囁いたが、ヴィクトリアは断然それを拒否。
●かってローマのカタコンベを訪れたとき、首に切り裂かれたあとのある女性の像があった。あれはヴィクトリアだったのか。キリスト教はローマに勝利した。
●親にも兄弟にも憎まれるとき、それは真のクリスチャンの証だ。喜び喜べ。

【口語訳】 一テモ 5 章
5:8 もしある人が、その親族を、ことに自分の家族をかえりみない場合には、その信仰を捨てたことになるのであって、不信者以上にわるい。

●これは難解。これがわからないからすぐ修道院にはいる人間がいる。主にあって親兄弟の救いを祈り続けて「普通の人」で生きるべきなのだ。
●私は主を信じてこの世限りの建築という「小事」に邁進してきたの

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●以上朝飯前の仕事●公園でラジオ体操。毎月11日は全国のラジオ体操会場で福島のために募金。500円を投じた。
●8:00NHKTV朝ドラ「梅ちゃん先生」
●TSK日本語版創世記21章入力。創世記は面白い。
●TSK日本語版士師記入力準備
●13:001966年米国「THE BIBLE」(日本語名は『天地創造』)のDVDを100円で借りてきたものを妻と鑑賞。アブラハムは神の命令とあらば晩年にようやく授かった一人息子のイサクを捧げるその絶対従順の信仰に感心した。40年以上も前に映画館で見たものだが、新しい視点で見ることができた。
●アブラハムの信仰の試練について妻と話し合う。私はアブラハムのような信仰を持つことができるだろうか。
●神への絶対従順はこの世のものは一切捨てなければならない。

2012_09110002.jpg 
秋留台公園のひまわり。みんな笑っているようだなー

2012_09110003.jpg 
秋留台公園のコスモス。コスモス大好き。風に逆らわずにしなやかに揺れるところが
信仰の生き方に似ている。自然体で生きる。頑張らないで生きる。そういう信仰の人を知っている。こういう人の方が強い生き方になれる。

【口語訳】 一コリ 15 章
 15:43 卑しいものでまかれ、栄光あるものによみがえり、弱いものでまかれ、強いものによみがえり、

【口語訳】 一コリ 1 章
 1:25 神の愚かさは人よりも賢く、神の弱さは人よりも強いからである。

2012_09110004.jpg 

ダルメシアンという種類の猟犬だそうだ。気性が荒くて扱いにくいという。 




















スポンサーサイト
トラックバック(1) | コメント(0) | top▲


<<愛する子を捧げよとは | Top | 見逃してくれた駅員>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/2571-f5492434
FC2blog user only
ī【2012/10/02 21:37】
| Top |
0814