to 日記と感想 いのちの光、瞬時と永遠
Top | RSS | Admin

2017.04 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.06


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170821(土)15:00お江戸コラリアーズ定期演奏会、文京公会堂
    170809     TW誕生日
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170706      TM誕生日
    170701      TT誕生日
    170628       IY誕生日
    170625(日)14:00羽村フィル、ゆとろぎ。モーツァルト40番、チャイコフスキー5番
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール
    170610(土)14:00内村鑑三セミナー、立教大学12号館。矢田部、椚」山
    170609(金)   TS命日
    170608(木)12:15ボリショイ「白鳥の湖」、東京文化会館
    170707(水)10:00池谷医院
    170604(日)10:00集会感話、
    170604(日)16:30近藤恵邸起工式、福島市。
    170530(火)14:00田岡氏来訪
    170527(土)14:00今井館ピアノコンサート
    170521(日)14:00新宿フィル、ブラームス1番、レスピーギ「鳥」「ローマの松」。和田睦夫
    170425       TN)誕生日
    150420(木)09:30阿伎留センター泌尿器科)
    170416(日)14:00武蔵野室内合奏団、杉並公会堂(大坪満子)


いのちの光、瞬時と永遠 ++++++++ 所感

2015/01/01 05:39

13日で満71歳6か月。平均余命11年(生命保険会社統計)、この残り時間のすべてをキリスト教使徒伝承の連鎖に捧げる。罪と死の恐怖から救われる「十字架の贖罪の福音と有体的復活と有体的再臨の希望の喜び」を犠牲的に生きて証人となる。自分のため、子孫のため、親類縁者のため、気の毒な人のため。悪魔(病魔)に取りつかれて苦しんでいる人のため。孤独と向き合っている人のため。


150101(木)キリスト者の皆様、新年明けましておめでとうございます。本年も主にある御交誼をよろしくお願い申しあげます。今年の私の年賀状をは下記の通りです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新年あけましておめでとうございます
皆様におかれましては本年もよい年でありますようにお祈り申し上げます。 
             2015年(平成27年) 元旦

               
あなたの若い日にあなたの造り主を覚えよ
(旧約聖書 伝道の書 12章1節)



これは4人の子供たちに初めて聖書を買った時に、私達が墨で扉に書いた言葉です。今では多くの孫たちも健やかに成長していることは感謝です。皆がいつの日か造り主を覚える者となりますように私達の祈りには熱いものがあります。
「復活の日」、その喜びの朝を待ち望みながら。

 
 〒197-0828 あきる野市秋留4-10-11 電話&FAX 042-558-9361
 E・メール   ej2t-tkhs@asahi-net.or.jp
 ホームページ  http://www.asahi-net.or.jp/~ej2t-tkhs/
高 橋 照 男  ト ミ 子

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●今朝の啓示は「いのちの光」です。●初日の出までまだ一時間、まだ外は闇です。●28日から孫娘が泊まりに来ていて、つくづく「いのちは光」だなーと思います。妻は「家の光」でありますが、命はどんなに小さくまた短くとも神が備えた「光」であることを思います。●そこで今朝は聖書で「いのちの光」に」ついて思い浮かぶところを掲げます。

口語訳 創  1:1-3
1:1 はじめに神は天と地とを創造された。
1:2 地は形なく、むなしく、やみが淵のおもてにあり、神の霊が水のおもてをおおっていた。
1:3 神は「光あれ」と言われた。するとがあった。

口語訳 詩  19:5-6
19:5 は花婿がその祝のへやから出てくるように、また勇士が競い走るように、その道を喜び走る。
19:6 それは天のはてからのぼって、天のはてにまで、めぐって行く。その暖まりをこうむらないものはない。

口語訳 詩  84:11
84:11 主なる神はです、盾です。主は恵みと誉とを与え、直く歩む者に良い物を拒まれることはありません。

口語訳 詩  90:10-11
90:10 われらのよわいは七十年にすぎません。あるいは健やかであっても八十年でしょう。しかしその一生はただ、ほねおりと悩みであって、その過ぎゆくことは速く、われらは飛び去るのです
90:11 だれがあなたの怒りの力を知るでしょうか。だれがあなたをおそれる恐れにしたがって/あなたの憤りを知るでしょうか。

口語訳 詩  119:105
119:105 あなたのみ言葉はわが足のともしび、わが道のです。

口語訳 箴  31:25-30
31:25 力と気品とは彼女の着物である、そして後の日を笑っている
31:26 彼女は口を開いて知恵を語る、その舌にはいつくしみの教がある。
31:27 彼女は家の事をよくかえりみ、怠りのかてを食べることをしない。
31:28 その子らは立ち上がって彼女を祝し、その夫もまた彼女をほめたたえて言う
31:29 「りっぱに事をなし遂げる女は多いけれども、あなたはそのすべてにまさっている」と。
31:30 あでやかさは偽りであり、美しさはつかのまである、しかし主を恐れる女はほめたたえられる。


塚本訳 ヨハ 1:1-13
1:1 (世の)始めに、(すでに)言葉はおられた。言葉は神とともにおられた。言葉は神であった。
1:2 この方は(世の)始めに神とともにおられた。
1:3 一切のものはこの方によって出来た。出来たものでこの方によらずに出来たものは、ただの一つもない。
1:4 この方はをもち、この命が人の光であった。
1:5 このは(いつも)暗闇の中に輝いている。しかし暗闇(のこの世の人々)は、これを理解しなかった。
1:6 (そこで)一人の人が(この世に)あらわれた。神から遣わされたのである。その名はヨハネ。
1:7 この人は証しのため、すなわち、について証しをし、彼の証しによってすべての人を信仰にいれるために来たのであった。
1:8 彼はではなかった。ただについて証しをするために来たのであった。
1:9 この方(言葉)は、この世にうまれて来るすべての人を照らすべきまことの光であった。
1:10 この世に来ておられ、世はこの方によって出来たのに、世はこの方を認めなかった。
1:11 いわば自分の家に来られたのに、家の者が受け入れなかったのである。
1:12 しかし受け入れた人々、すなわち、その名を(神の子であることを)信じた人には一人のこらず、神の子となる資格をお授けになった。
1:13 この人たちは、人間の血や、肉の欲望や、男の欲望によらず、神(の力)によって生まれたのである。

塚本訳 ヨハ 5:31-35
5:31 (今わたしの裁きは正しいと言ったが、)もしわたしが自分で自分のことを証明するのであったら、わたしの証明は信用できない。
5:32 わたしのことを証明してくださるお方はほかにあるのである。そしてわたしは、わたしのことを証明されるその(方の)証明が、信用すべきであることを知っている。
5:33 しかし(それは、あなた達が考えるように洗礼者ヨハネではない。)あなた達はヨハネに使をやり、彼は(わたしが)真理(であること)について証明したが、
5:34 わたしは人間(ヨハネ)から証明してもらう必要はない。わたしがヨハネのことを言うのは、ただあなた達が(彼の証明によりわたしを信じて)救われるためである。
5:35 ヨハネは(光ではないが、まことの光に導く)燃えて輝く明りであった。しかしあなた達は(彼の言葉に従おうとせずに、)しばし彼の光にうち興じただけであった

塚本訳 ルカ 2:13-14
2:13 するとたちまち、おびただしい天使の群がその天使のところにあらわれて、神を讃美して言った、──
2:14 いと高き所にては神に栄光、地上にては(いまや)平安、御心にかなう人々にあり!

塚本訳 マタ 2:1-2
2:1 さてイエスはヘロデ(大)王の代にユダヤのベツレヘムでお生まれになったが、そのとき、東の国の博士たちがエルサレムに来て
2:2 言った、「(今度)お生まれになったユダヤ人の王[救世主]はどこにおられるか。われわれはそのお方の星が出るのを見たので、おがみにまいった。」

塚本訳 マタ 4:16
4:16 暗闇に住まう(これらの地方の)民は大いなる光を見、死の陰の地に住まうこの人々に光がのぼった、』

塚本訳 ルカ 2:28-32
2:28 シメオンは幼児を両腕に抱き、こう言って神を讃美した。──
2:29 今こそ、主よ、あなたはこの僕をしてお言葉のとおり安らかに(この世に)暇乞いをさせてくださいます、
2:30 わたしの目が『もうあなたの救いを拝見しました』からです。
2:31 この救いこそ、あなたが『全人類の(ため、その)目の前で』用意されたもの、
2:32 『異教人には啓示を、』あなたの民『イスラエルには栄光をあたえる』『光』であります。

塚本訳 ヨハ 8:12
8:12 (同じ大祭の日に、)イエスはまた人々に語られた、「わたしが世の光である。わたしに従う者は、決して暗やみを歩かない。そればかりか、命への光を持つことができる。」

塚本訳 ヨハ 3:16
3:16 そのゆえは、神はその独り子を賜わったほどにこの世を愛されたのである。これはその独り子を信ずる者が一人も滅びず、永遠の命を持つことができるためである。

塚本訳 ヨハ 9:5
9:5 世におる間、わたしは世の光である。」

塚本訳 ヨハ 11:9-10
11:9 イエスが答えられた、「(心配するな。わたしが神に命ぜられた務を果す時までは、だれもわたしに手を下すことはできない。)昼間は十二時間あるではないか。人は昼間歩けば、つまづくことはない。この世の(太陽)が照らしているからだ。
11:10 しかし夜歩けば、つまづく。その人の中に(心を照らす)がないからである。」

塚本訳 ヨハ 12:35
12:35 するとイエスは(それには答えず、)彼らに言われた、「もうしばらくの間、はあなた達のところにある。光のある間に(早く)歩いて、暗闇に追い付かれないようにせよ。暗闇を歩く者は、自分がどこへ行くのか知らない。

塚本訳 エペ 5:8
5:8 君達はかつては暗であったが、今は主に在ってである。光の子らしく歩け──

塚本訳 Ⅰヨハ1:7
1:7 しかしもし神がの中にあるように、わたし達もの中を歩いているならば、(神と交わりを持ち、従って)互に(まことの)交わりを持つ(ことができる)のである。そして(たとい罪を犯すことがあっても)、その子イエスの血があらゆる罪から清めてくださる。(かくてわたし達は光の子となるのである。)

塚本訳 黙  21:23-24
21:23 また都はそれを照らすのに太陽をも月をも必要としない。神の栄光がそれを照らし、仔羊がその燈火であるからである。
21:24 諸国の民はその光の中を歩であろう。また地の王達は彼らの(有つ凡ての)光栄をここに持って来る。

塚本訳 ヨハ 11:25-27
11:25 イエスがマルタに言われた、「わたしが復活だ、命だ。(だから)私を信じている者は、死んでも生きている。
11:26 また、だれでも生きている私を信じている者は、永遠に死なない。このことが信じられるか。」
11:27 イエスに言う、「はい、主よ、(信じます。)あなたが救世主で、神の子で、世に来るべき方であると、私は信じています。」

塚本訳 マタ 5:14-16
5:14 あなた達は世の光である。山の上にある町は隠れていることは出来ない。
5:15 また、(せっかく)明りをともして枡をかぶせる者はない。かならず燭台の上に置く。すると、家の中におる人を皆照らすのである。
5:16 そのようにあなた達も、そのを世の人の前に輝かし、人があなた達の良い行ないを見て、あなた達の天の父上をあがめるようにせよ。

塚本訳 ピリ 2:15
2:15 これは君達が非難すべき所でなく、純真であって、『曲ったねじくれた(この)時代』の真中にあって『瑕なき神の子』とならんためである。(まことに)君達はこの時代にあって、生命の言を堅く守りながら、この(暗い)世に星のように輝いているのである。

塚本訳 ヘブ 11:11-12
11:11 信仰によって、アブラハムはまた(その妻)サラと共に、子孫をつくる力を受けた、(すでに年齢が)盛りを過ぎていながら。彼は約束された方を誠実であると考えたのである。
11:12 だからまた、(たった)一人から、しかも(老いぼれて)死んだような者から、『天の星のように数多く、また数えきれぬ海岸の砂のように子孫ができたのである。』

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の啓示黙想おわり。アーメン。今年も光の中を歩めますように。

●最近は年賀状が早く配達される。早速返事書き。年に一度の交流でも心が温まるものだ。
●若いころ手塩にかけて設計した家が経済的理由で人手に渡る事になったり、老後の一人住まいが成り立たなくなって家を出る事に成ったり、淋しく悲しい知らせが来る。この世のことははかない。
●愛子は主人の家の法事を済ませてから16:30にあきる野に来た。健太郎共。急に賑やかになった。
●TSK日本語版エレミヤ書36章





スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(1) | top▲


<<ゴメンナサイの人生 | Top | 孫娘の寝顔を見て>>




Comment






























いよいよ注目の2015年が始まりました。

今年の(陽暦)9月13日夕から始まるユダヤ暦5776年は、霊的にも重要・重大な意味を持つ「ヨベルの年」です。(あえて言えば「奴隷解放と土地の安息回復の年」!)

世界で一体何が起こるのか・・・・

この「ヨベルの年」に込められた象徴的意義が、この実世界で現実のものとなるのか・・・

あるいは今年から来年の秋の間に、終わりの時代への突入の端緒となる、米国での日曜休業令の制定の契機となる、世界的な諸事件が、果たして現実に起き始めるのか・・・・それとも、もっと先になるのか・・・

たとえば、現在進行中のユダヤ暦5775年は、7年ごとの「安息年」ですが、直近の2度の安息年の最終日(大晦日!?)・即ちエルル月の29日には連続して、米国において史上2番目と最悪の株価大暴落(ダウ工業平均・下落幅)が起こっています。2001年9月17日の、911を受けた大暴落と、2008年9月29日の、リーマンショックによる大暴落です。偶然の一致とは思えません。今年の陽暦9月13日は、それらに続く、7年ぶりの安息年最終日・エルルの29日です。あくまでも仮定の話しですが、2度あることは3度ある(可能性もあり)・・!?

この9月13日にはまた、「部分日食」も。。。天のしるしもこの日に現れるのです。

気を引き締めて、冷静に情勢の推移を注視する必要性を感じます。

一応は平穏な年末年始を迎えることが出来るのも、もしかしたら今回が最後なのかも・・とも思い巡らしています。

今の時が、まさに「嵐の前の静けさ」の時だとも感じています。

しかし、こうした「時のしるし」を見極めるのも重要ですが、例え何が起ころうとも、何より私自身が「目をさまして準備するのは今」!と改めて強く迫られているのです。それが自らの永遠の運命を決める、最重要事だと痛感させられています。

そう・・・一応は平穏で、信仰の自由もなんとか保たれている、今のうちに。。

「人々が平和だ無事だと言っているその矢先に、ちょうど妊婦に産みの苦しみが臨むように、突如として滅びが彼らをおそって来る。そして、それからのがれることは決してできない。・・・・・だから、ほかの人々のように眠っていないで、目をさまして慎んでいよう。」
 (テサロニケ人への第一の手紙 5章3節 6節)

We Shall Overcome!最後の勝利は我にあり!

高橋さまご一家の今年の、今後の歩みの上に、主の祝福・恵みが、守りと導きが最後までともにありますよう。。

寒い日々が続きますが、どうかお元気でお過ごし下さい。

祈りとともに。。。

































いよいよ注目の2015年が始まりました。

今年の(陽暦)9月13日夕から始まるユダヤ暦5776年は、霊的にも重要・重大な意味を持つ「ヨベルの年」です。(あえて言えば「奴隷解放と、土地の回復・安息の年」!)

世界で一体何が起こるのか・・・・

この「ヨベルの年」に込められた象徴的意義が、この実世界で現実のものとなるのか・・・

あるいは今年から来年の秋の間に、終わりの時代への突入の端緒となる、米国での日曜休業令の制定の契機となる、世界的な諸事件が、果たして現実に起き始めるのか・・・・それとも、もっと先になるのか・・・

たとえば、現在進行中のユダヤ暦5775年は、7年ごとの「安息年」ですが、直近の2度の安息年の最終日(大晦日!?)・即ちエルル月の29日には連続して、米国において史上2番目と最悪の株価大暴落(ダウ工業平均・下落幅)が起こっています。2001年9月17日の、911を受けた大暴落と、2008年9月29日の、リーマンショックによる大暴落です。偶然の一致とは思えません。今年の陽暦9月13日は、それらに続く、7年ぶりの安息年最終日・エルルの29日です。あくまでも仮定の話しですが、2度あることは3度ある(可能性もあり)・・!?

この9月13日にはまた、「部分日食」も。。。天のしるしもこの日に現れるのです。

気を引き締めて、冷静に情勢の推移を注視する必要性を感じます。

一応は平穏な年末年始を迎えることが出来るのも、もしかしたら今回が最後なのかも・・とも思い巡らしています。

今の時が、まさに「嵐の前の静けさ」の時だとも感じています。

しかし、こうした「時のしるし」を見極めるのも重要ですが、例え何が起ころうとも、何より私自身が「目をさまして準備するのは今」!と改めて強く迫られているのです。それが自らの永遠の運命を決める、最重要事だと痛感させられています。

そう・・・一応は平穏で、信仰の自由もなんとか保たれている、今のうちに。。

「人々が平和だ無事だと言っているその矢先に、ちょうど妊婦に産みの苦しみが臨むように、突如として滅びが彼らをおそって来る。そして、それからのがれることは決してできない。・・・・・だから、ほかの人々のように眠っていないで、目をさまして慎んでいよう。」

 (テサロニケ人への第一の手紙 5章3節 6節)

We Shall Overcome!最後の勝利は我にあり!

高橋さまご一家の今年の・今後の歩みの上に、主の祝福・恵みが、守りと導きが最後までともにありますよう。。

寒い日々が続きますが、どうかお元気でお過ごし下さい。

祈りとともに。。。




【2015/01/01 12:55】 URL | しんきち(伊藤亮典) [ 編集] | top▲




コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/3469-7ec55560
FC2blog user only
| Top |
0814