to 日記と感想 集団自衛権の問題・・・「主の守り」という認識の有無・・・
Top | RSS | Admin

2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170824(木)12:10キララホールエントランスコンサート、マリンバ
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170813(日)10:30ナザレン教会浦和教会
    170813(日)14:00比企紀和君
    170812(土)14:00お江戸こらりあーず演奏会、文京シビックホール
    170809     TW誕生日
    170809(水)17:16初音吹奏楽、府中の森芸術劇場ドリームホール
    170808(火)0930池谷医院
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170708(土)14:00在宅医療説明会(キララホール)
    170707(金)10:00池谷医院
    170706      TM誕生日
    170702(日) 集会感話
    170701      TT誕生日
    170630(金)12:20キララホールエントランスコンサート
    170628      IY誕生日
    170627(火)11:00 能城牧師来訪
    170625)日)10:10トミ子集会感話
    170625(日)14:00茅ヶ崎金子邸
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール


集団自衛権の問題・・・「主の守り」という認識の有無・・・ ++++++++ 所感

2015/09/11 05:30

150911(金)キリスト者の皆様お早うございます。●世は、「集団自衛権の問題」で国論が二分している。55年前の「60年安保」の時と議論の本質は同じ。「大脳皮質レベル」の激しい思想闘争である。●問題はキリスト者の姿勢である。●昨日はSEALDsという安保法案反対の学生による抗議行動について時間をかけてネットで調べた。この運動の中核人物がキリスト教系の高等学校の出身者であることを知り、キリスト者の姿勢としては間違っていると感じた。「主の守り」という認識に欠けるからこの世の人間と同じような行動になり、またこの世が聞いて分かるような宣伝活動をして仲間を増やそうとしている。クリスチャンらしくない。●そこで今朝は「集団自衛権」の問題を巡って聖書の基調をアチコチ思い浮かぶままに掲げてコメントしてみよう。

口語訳 詩  127:1-2
127:1 主が家を建てられるのでなければ、建てる者の勤労はむなしい。主が町を守られるのでなければ、守る者のさめているのはむなしい。
127:2 あなたがたが早く起き、おそく休み、辛苦のかてを食べることは、むなしいことである。主はその愛する者に、眠っている時にも、なくてならぬものを与えられるからである。


●建築一筋50年。「家は建つものは建つ、建たないものは建たない。家は神の祝福があって建つ」というのが建築人生の結論。
●だから「主が町を守られるのでなければ、守る者のさめているのはむなしい。」は納得。主の守りがない国は亡びる。人も家庭も組織も同じ。

口語訳 詩 33:16-18
33:16 王はその軍勢の多きによって救を得ない。勇士はその力の大いなるによって助けを得ない。
33:17 馬は勝利に頼みとならない。その大いなる力も人を助けることはできない。
33:18 見よ、主の目は主を恐れる者の上にあり、そのいつくしみを望む者の上にある。


●集団自衛権は強国同士の結束。しかしそれは人間。最も強い神が参加してない。

口語訳 箴 16:9
16:9 人は心に自分の道を考え計る、しかし、その歩みを導く者は主である。


●「平和思想」も人間レベル。ヒューマニズムは信仰の敵。これを振り回す人間に神が宿っていない。

口語訳 箴 21:30-31
21:30 主に向かっては知恵も悟りも、計りごとも、なんの役にも立たない。
21:31 戦いの日のために馬を備える、しかし勝利は主による

●最終の勝利は主による。

口語訳 伝 9:11
9:11 わたしはまた日の下を見たが、必ずしも速い者が競走に勝つのではなく、強い者が戦いに勝つのでもない。また賢い者がパンを得るのでもなく、さとき者が富を得るのでもない。また知識ある者が恵みを得るのでもない。しかし時と災難はすべての人に臨む。


●軍事大国必ずしも勝たない。弱い国でも「主の守り」があれば生き延びられる。これ不信者にはわからない。

塚本訳 Ⅰコリ3:7
3:7 従って、植える者も水をやる者もなんでもなく、成長させるお方、神だけが偉いのである


●エクレシアの成長また同じ。神の力が偉い。

口語訳 詩 3:5
3:5 わたしはふして眠り、また目をさます。主がわたしをささえられるからだ


●信仰なきキリスト者(?)には根性論を振り回すという現象が起きる。空しいことだ。無教養な姿だ。

口語訳 詩 4:8
4:8 わたしは安らかに伏し、また眠ります。主よ、わたしを安らかにおらせてくださるのは、ただあなただけです。


●この「主の守り」を信じないキリスト者とは永久に平行の議論だから空しい。

塚本訳 マタ 15:12-13
15:12 あとで弟子たちが来てイエスに言う、「パリサイ人がお話を聞いて腹を立てたことを御存じですか。」
15:13 イエスは答えられた、「わたしの天の父上がお植えにならないものは皆、引き抜かれる。


●私は「主の守り」を信ずる人間。私に向かって「不活動」を批判する人間がいる。啓蒙しようとする人間がいる。そういう人間の末路は「いつの間にかいなくなる」。個人も家も集団も消える。神の栄光が上ないから続かない。祝福がないからである。                                            ●私としてもアンナ「神の祝福のない」連中と同じレベルで議論しようとしていたのが馬鹿であった。空しいことであることを自覚しなければならない。彼らとは議論しないことが「親切」だ 

口語訳 箴  13:24
13:24 むちを加えない者はその子を憎むのである、子を愛する者は、つとめてこれを懲らしめる

●鞭なく育った子供は神に鞭打たれる。

口語訳 箴  19:18
19:18 望みのあるうちに、自分の子を懲らせ、これを滅ぼす心を起してはならない。
                                                                                                                                                              ●「それでは別れよう」(内村鑑三)だ。神の祝福を祈る。「達者で暮らせ」。

塚本訳 ピリ 3:18-19
3:18 何故なら、度々君達に言ったように、今また涙を流して言うように、キリストの十字架の敵として歩いている者が多いのだから!──
3:19 あの人達の最後は破滅、その神は自分の腹、その光栄(と考えているもの)は(実は)恥であって、あの人達は(ただ)地のこと(ばかり)に気を取られているのだ!


●人間の平和思想、ヒューーマニズムは神に嫌われる。それは「自分の腹」という偶像に仕えているからだ。自分の思想を誇る罪の匂いがする。

塚本訳 マタ 26:52-54
26:52 その時イエスが言われる、「剣を鞘におさめよ。剣による者は皆、剣によって滅びる。
26:53 それとも、父上にお願いして十二軍団以上の天使を今すぐ送っていただくことが、わたしに出来ないと思うのか。
26:54 しかしそれでは、かならずこうなる、とある聖書の言葉は、どうして成就するのか。」


●時の政権を言葉の剣で倒そうとするのは、人間の業。
●主は「集団自衛権」を神と天使に求めた。
●日本が集団自衛権を念頭にいれている米国のコインには「In God We Trust・・我らは神に信頼する」とある。
●日本はその米国の建国の精神を理解してない。

塚本訳 マタ 22:17-21
22:17 それで御意見を聞かせてください──(わたし達は異教人である)皇帝に、税を納めてよろしいでしょうか、よろしくないでしょうか。」
22:18 イエスは彼らの悪意を知って言われた、「なぜわたしを試すのか、この偽善者たち、
22:19 税の貨幣を見せなさい。」デナリ銀貨を差し出すと、
22:20 言われる、「これはだれの肖像か、まただれの銘か。」
22:21 「皇帝のです」と彼らが言う。すると言われる、「では皇帝のものは皇帝に、神のものは神に返せ。」


●主は、この世の政治問題は「相対化」した。
●いわゆる活動家クリスチャンに告ぐ。この主の言葉を深ぅ勉強せよ。
●「神のものを神に返す」とは自分自身をすっかり神に捧げること。そうすれば何をなすべきかは個別に神に指導される。人間の号令で「右向け右」のような集団行動は起こらない。

塚本訳 マタ 24:7-16
24:7 (世の終りが来る前に)『民族は民族に、国は国に向かって(敵となって)立ち上がり、』またここかしこに飢饉や地震があるのだから。
24:8 しかしこれは皆(まだ、新しい世界が生まれるための)陣痛の始めである。
24:9 その時あなた達は苦しめられ、殺される。またわたしの弟子であるために、すべての国の人から憎まれる。
24:10 するとその時、『多くの人が信仰から離れて、』互に裏切り、互に憎むであろう
24:11 また多くの偽預言者があらわれて、多くの人を迷わすにちがいない。
24:12 また(兄弟たちの間に)不法がふえるので、多くの人の愛が冷える
24:13 しかし最後まで耐え忍ぶ者は救われる。
24:14 すなわち、あらゆる国々の人に(わたしとわたしの業を)証しするために、(まず)この御国の福音が全世界に説かれ、それから最後(の裁きの日)が来るのである。
24:15 それで、預言者ダニエルをもって言われた『(聖なる所を)荒らす忌わしいものが聖なる所に』立つのを見たら[読者はここに隠された意味をよく考えるがよい]、
24:16 その時ユダヤ(の平地)におる者は(急いで)山に逃げよ


●クリスチャンは世の救いを祈りつつ「山に逃げよ」。徹底抗戦するな。
●初代教会でローマ軍に徹底抗戦したグループは壊滅して歴史から姿を消したが、山岳地方の「ペラ」に逃げたグループにより福音が生き延びた。これが世界を革新した。                          ●神が総てを成したもう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想おわり。「主の守り」への固い信仰が必要であることは、個人にも家庭にも組織にも国家にも同じ。

●新約聖書一日一節黙想 ルカ3:20
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

塚本訳 ルカ 3:20

3:20 ヨハネを牢に閉じこめ、(これまでの)ありとあらゆる悪事に、もう一つこの悪事をつけたした。

 

●ヘロデの不義はこの世の常。煩悩は罪ではない。最大の罪は福音の阻止。

 

塚本訳 マタ 12:32

12:32 人の子(わたし)を冒涜する者ですら赦していただけるが、聖霊を冒涜する者は、この世でも来るべき世でも(決して)赦されない。

 

塚本訳 マタ 14:1-4

14:1 そのころ、イエスの評判が領主ヘロデ・アンテパスの耳にはいった。

14:2 「これは洗礼者ヨハネにちがいない。あれが死人の中から生きかえったのだ、それだからあんな(不思議な)力が彼の中に働いている」とヘロデは家来に言った。

14:3 それにはこういう訳がある。──ヘロデは(前に)その兄弟ピリポの妻ヘロデヤのことから、ヨハネを捕らえ、しばって牢に入れたことがあった。

14:4 ヨハネがヘロデに、「あなたはあの婦人を妻にするのはよろしくない」と言ったからである。

 

塚本訳 マタ 26:6-13

26:6 イエスがベタニヤで癩病人シモンの家におられるとき、

26:7 一人の女が非常に価の高い香油のはいった石膏の壷を持って近寄り、食卓についておられるイエスの頭に(香油をすっかり)注ぎかけた。

26:8 弟子たちはこれを見て、憤慨して言った、「なぜこんなもったいないことをするのだろう。

26:9 これは高く売れて、貧乏な人に施しが出来たのに。」

26:10 それと知ってイエスは言われた、「なぜこの婦人をいじめるのか。わたしに良いことをしてくれたではないか。

26:11 貧乏な人はいつもあなた達と一しょにいるが、わたしはいつも(一しょに)いるわけではない。

26:12 この婦人がわたしの体に香油をかけてくれたのは、わたしを葬るためである。

26:13 アーメン、わたしは言う、世界中どこでも(今後)この福音の説かれる所では、この婦人のしたことも、その記念のために一しょに語りつたえられるであろう。」

 

塚本訳 マタ 27:3-5

27:3 その時イエスを売ったユダは、イエスの判決が決まったのを見て後悔し、(受け取ったシケル)銀貨三十枚を大祭司連、長老たちに返して、

27:4 「罪もない(人の)血を売って、悪いことをした」と言った。彼らが答えた、「われわれの知ったことではない。お前が自分で始末しろ!」

27:5 ユダは銀貨を宮に投げ込んで去り、行って首をくくった。

 

塚本訳 マタ 27:21-25

27:21 総督は彼らに言った、「二人のうち、どちらを赦してもらいたいのか。」「バラバを!」と彼らが言った。

27:22 ピラトが言う、「では、救世主と言われるイエスをどうしようか。」みんなが、「十字架につけるのだ」と言う。

27:23 ピラトは言った、「いったいどんな悪事をはたらいたというのか。」しかし人々はいよいよ激しく、「十字架につけるのだ」と叫びつづけた。

27:24 ピラトは(自分のすることが)なんの甲斐もないばかりか、かえって騒動が起りそうなのを見て、水を取り寄せ、群衆の前で手を洗って言った、「わたしはこの人の血(を流すこと)に責任をもたない。お前たちが自分で始末しろ。」

27:25 民衆全体が答えた、「その男の血のことなら、われわれが孫子の代まで引き受けた。」

 

●翻訳比較

 

岩波翻訳委員会訳1995

420320〔これまでの〕もろもろの〔悪〕事に加うるに、ヨハネを獄に閉じ込め〔る挙(きょ)に出〕たのである

 

新共同訳1987

3:20 ヨハネを牢に閉じ込めた。こうしてヘロデは、それまでの悪事にもう一つの悪事を加えた。

 

前田訳1978

20すべての悪にこのことを加えた--ヨハネを牢に閉じ込めたのである。

 

新改訳1970

3:20 ヨハネを牢に閉じ込め、すべての悪事にもう一つこの悪事を加えた。

 

塚本訳1963

3:20 ヨハネを牢に閉じこめ、(これまでの)ありとあらゆる悪事に、もう一つこの悪事をつけたした。

 

口語訳1955

3:20 彼を獄に閉じ込めて、いろいろな悪事の上に、もう一つこの悪事を重ねた。

 

文語訳1917

3:20 更に復一つの惡しき事を加へて、ヨハネを獄に閉ぢこめたり。

 

BbBTSK、黒崎を見て心に響くものをピックアップ

 

 

塚本訳 Ⅰテサ2:15-16

2:15 主イエスをも豫言者をも殺し、また私達(イエスの福音を伝える者)をも迫害した同胞! 神の御意に適わず、凡ての人に敵意をもち、

2:16 私達が異教人の救いのために伝道することを妨げて、いつも自分の『罪の枡目を充たしている』(あの同胞ユダヤ)人達! しかし(神の)御怒りは(今や)遂に彼らに臨んでいる!

 

口語訳 ネヘ 9:26

9:26 それにもかかわらず彼らは不従順で、あなたにそむき、あなたの律法を後に投げ捨て、彼らを戒めて、あなたに立ち返らせようとした預言者たちを殺し、大いに汚し事を行いました。

 

塚本訳 ルカ 13:31-34

13:31 ちょうどその時、数人のパリサイ人が来てイエスに言った、「(すぐ)ここを逃げ出しなさい。ヘロデ(王)があなたを殺そうと思っています。」

13:32 彼らに言われた、「(忠告はありがたいが、)行って、あの狐(のヘロデ)にこう言ってもらいたい、『見よ、わたしはきょうとあしたは、(まだここにいて)悪鬼を追い出し治療を行い、三日目に(仕事が終って)全うされる。

13:33 とはいえ、きょうもあしたもあさっても、わたしは(たえずエルサレムへ向かって)進みゆかねばならない。預言者がエルサレム以外の所で死ぬことはあり得ないのだから』と。

13:34 ああエルサレム、エルサレム、預言者を殺し、(神から)遣わされた者を石で打ち殺して(ばかり)いる者よ、雌鳥がその雛を翼の下に集めるように、何度わたしはお前の子供たちを(わたしの所に)集めようとしたことか。だがお前たち(エルサレムの者)はそれを好まなかった。

 

塚本訳 マタ 21:35-41

21:35 すると小作人は使用人をつかまえて、一人をなぐりつけ、一人を石で打ち、一人を殺した。

21:36 また前よりも多くのほかの使用人をやると、同じような目にあわせた。

21:37 最後に『わたしの独り息子なら恐れ入るにちがいない』と言って、その息子を使いにやった。

21:38 すると小作人たちはこの息子を見て、『これは相続人だ。さあ、殺して、その財産を取ってしまおう』と互に言いながら、

21:39 つかまえて葡萄畑の外に放り出した上、殺してしまった(と言う話。)

21:40 それで(尋ねるが、)葡萄畑の持ち主が来たら、この小作人たちをどうするだろうか。」

21:41 人々が答える、「そのひどい奴どもをひどい目にあわせて殺し、葡萄畑は、収穫の時ごとにそれを納めるほかの小作人に貸すにちがいない。」

 

塚本訳 マタ 23:31-33

23:31 だから君たちは、預言者殺しの子孫であることを自分で証明している。

23:32 では君たちも(ひと奮発して預言者の中の預言者を殺し、まだ一ぱいになっていない)先祖たちの(罪の)枡を一ぱいにしたらどうだ。

23:33 蛇!蝮の末!どうして君たちは地獄の刑罰を免れることができようか。

 

塚本訳 Ⅰテサ2:15-16

2:15 主イエスをも豫言者をも殺し、また私達(イエスの福音を伝える者)をも迫害した同胞! 神の御意に適わず、凡ての人に敵意をもち、

2:16 私達が異教人の救いのために伝道することを妨げて、いつも自分の『罪の枡目を充たしている』(あの同胞ユダヤ)人達! しかし(神の)御怒りは(今や)遂に彼らに臨んでいる!

 

塚本訳 黙  16:6

16:6 彼らは聖徒、預言者(を迫害してそ)の血を流し、(その報復として今)汝は彼らに血を飲ましめ給うたのであるから。(主よ、)それは当然である!」

 

塚本訳 ルカ 7:28-35

7:28 わたしは言う、女の産んだ者の中には、ヨハネより大きい者は一人もない。しかし神の国で一番小さい者でも、彼より大きい。

7:29 (ヨハネの説教を)聞いた民衆は皆、税金取りまで、ヨハネの洗礼を受け(ることによっ)て神の正しいことを認めた。

7:30 しかしパリサイ人と律法学者とは、彼から洗礼を受けることをせず、彼らをも救おうとされた(せっかくの)神の御心をないがしろにした。

7:31 だから、(気ままな)この時代の人々を何にたとえようか。彼らは何に似ているだろうか。

7:32 子供達が市場に坐って(嫁入りごっこや弔いごっこをしながら)、こう言って互に(相手の組と)呼びかわすのに似ている。──笛を吹いたのに、踊ってくれない。弔いの歌をうたったのに、泣いてくれない。

7:33 なぜならあなた達は、洗礼者ヨハネが来てパンを食べず酒を飲まないと、『悪鬼につかれている』と言い、

7:34 人の子(わたし)が来て飲み食いすると、『そら、大飯食いだ、飲兵衛だ、税金取りと罪人の仲間だ』と言うのだから。

7:35 しかし(神の)知恵の正しいことは、(税金取り、罪人など、)その子供たちがみんなで証明した。」

 

塚本訳 ヨハ 3:22-24

3:22 そののち、イエスは弟子たちと(エルサレムを去って)ユダヤの地方に行き、一しょにそこに滞在して、洗礼を授けておられた。

3:23 ところがヨハネも、サリムに近いアイノンにいて、洗礼を授けていた。そこには水が沢山あったからである。人々が来て、ヨハネから洗礼を受けた。

3:24 ヨハネはまだ牢に入れられていなかったのである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新約聖書一日一節黙想 ルカ3:20 おわり

スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<河川の制御・・・生命の川の流れをを呼び込む・・ | Top | 親の心配は神の心配・・・可愛いものには旅をさせよ・・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/3729-6a58e909
FC2blog user only
| Top |
0814