to 日記と感想 いつまでものこるもの・・NICE TO MEET YOU・・・
Top | RSS | Admin

2017.05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.07


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170812(土)14:00お江戸こらりあーず演奏会、文京シビックホール
    170821(土)15:00お江戸コラリアーズ定期演奏会、文京公会堂
    170809     TW誕生日
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170708(土)14:00在宅医療説明会(キララホール)
    170707(金)10:00池谷医院
    170706      TM誕生日
    170702(日) 集会感話
    170701      TT誕生日
    170630(金)12:20キララホールエントランスコンサート
    170628      IY誕生日
    170627(火)11:00 能城牧師来訪
    170625)日)10:10トミ子集会感話
    170625(日)14:00茅ヶ崎金子邸
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール
    170610(土)14:00内村鑑三セミナー、立教大学12号館。矢田部、椚」山
    170609(金)   TS命日
    170608(木)12:15ボリショイ「白鳥の湖」、東京文化会館
    170707(水)10:00池谷医院
    170604(日)10:00集会感話、
    170604(日)16:30近藤恵邸起工式、福島市。
    170530(火)14:00田岡氏来訪
    170527(土)14:00今井館ピアノコンサート
    170521(日)14:00新宿フィル、ブラームス1番、レスピーギ「鳥」「ローマの松」。和田睦夫
    170425       TN)誕生日
    150420(木)09:30阿伎留センター泌尿器科)
    170416(日)14:00武蔵野室内合奏団、杉並公会堂(大坪満子)


いつまでものこるもの・・NICE TO MEET YOU・・・ ++++++++ 所感

2015/09/15 05:31

150915(火)4時起床、昨夜ダウンしたFC2ブログが今朝直っていた。FC2の会社の面々の修復は夜業だったのであろう。感謝。しかしわたしも年齢を重ねるといつかパソコンが出来なくなる日が来るのではないかと一抹の不安がよぎった。●キリスト者の皆様お早うございます。●昨日の早朝散歩で何か読みながらすれ違った人がいた。さては「聖書かな」と思って追いかけて行って聞いてみると案の定「聖書」であった。お互いに自己紹介(私はカタコト英語、彼はカタコト日本語)。彼はカトリックの信者で横田基地に勤める米国人。奥さんは日本人、小さい子供一人。NICE TO MEET YOU(お目にかかれて光栄です)と固く握手すること三度。去ってゆく彼の後姿を見て、これぞ神の存在証明だと思った。彼と家族の上に末永く神の祝福がありますように。●人生における出会いと別れは不思議である。それは偶然ではない。何か神の御計画があると信ずる。●一昨日から、「命の短さ」の嘆き悲しみに満たされている。13日と14日のブログ参照。人類はあと500万年もすると消滅するのは動かぬ真理らしい。人類と言わず、この一個の人生はもっと短く、せいぜい100年以下だ。アッというまに飛び去るのだ。すると楽しかったことの思い出も消え去るのだ。

口語訳 詩 90:10
90:10 われらのよわいは七十年にすぎません。あるいは健やかであっても八十年でしょう。しかしその一生はただ、ほねおりと悩であって、その過ぎゆくことは速く、われらは飛び去るのです。


●そしてどんなに医学が発達しても寿命は延ばせない。

塚本訳 マタ 6:27
6:27 (だいいち、)あなた達のうちのだれかが、心配して
寿命を一寸でも延ばすことが出来るのか。

●これも牢固たる真理だ。若き日の出会い、「幸福論」の著者、スイスのカール・ヒルティは言う。「人生は詩篇90篇10節のように70年あるいは健やかであっても80年。しかし人生の終わりに際して言うことが出来る。「それでも神と出会った私は幸福でした」と。」
●神を知るためには「ほねおりと悩み」が必要。人生における失敗、煩悩、離婚、家庭崩壊は罪ではない。それはこの世の事だからだ。神を知るための通らねばならない道なのだ。


塚本訳 ロマ 8:28
8:28 そればかりではない。(わたし達の救いは次のことからも確かである。)わたし達が知っているように、神を愛する者、すなわち(神の)計画に応じて召された者には、すべてのことが救いに役立つのである。

●世には赦されない罪がある。それは救いの道を拒否することだ。

塚本訳 マタ 22:11-13
22:11 王は客を見ようとして入ってきたが、そこに礼服を着けていない者が一人いるのを見て
22:12 その人に言った、『君、礼服も着ずに、なんでここに入ってきたのか。』その人が黙っていると、
22:13 王は家来たちに言った、『あの者の手足を縛って、外の真暗闇に放り出せ。そこでわめき、歯ぎしりするであろう。』

塚本訳 ルカ 12:9-10
12:9 しかし人の前でわたしを否認する者は、神の使たちの前で(わたしから)否認されるであろう。
12:10 また、人の子(わたし)を冒涜する者ですら、皆、赦していただけるが、聖霊を冒涜する者は(決して)赦されない。


●今朝はコリント前書13章13節の「いつまでものこるもの」について黙想してみよう。短い人生ではあるが、それでも「永遠の命の希望」がある。

塚本訳 Ⅰコリ13:13
13:13 それゆえに、いつまでものこるものは信仰と希望と愛、この三つ。しかし、この中で一番大きいのは愛!

塚本訳 Ⅰペテ1:3-4
1:3 讃美すべきかな、我らの主イエス・キリストの父なる神!彼は大なる憐憫により、イエス・キリストが死人の中から復活し給うたことをもって、私たちを活ける希望に新しく生み、
1:4 君達のために天に保管されている、朽ちぬ、穢れぬ、萎まぬ相続財産に与らせ給うたのである。

塚本訳 Ⅰペテ1:8
1:8 君達は彼を(目のあたり)見たことはないが、(これを)愛し、今も見ることは出来ないが、(これを)信じて、(既にかの日の)輝きに満ちた、言語に絶する喜悦を喜んでいる。

塚本訳 ロマ 8:38-39
8:38 なぜなら、わたしは確信している、死でも命でも、天使でも支配(天使)でも、現在起こっていることでも将来起こることでも、権力(天使)でも、
8:39 高い所のものでも低い所のものでも、その他どんな創造物でも、
わたし達の主キリスト・イエスによる神の愛から、わたし達を引き離すことはできない。

塚本訳 黙  14:13
14:13 また私は天から声が(こう)言うのを聞いた、「書け、『今から後主にあって死ぬる死人は幸福である。』」御霊も言い給う、「然り、彼らはその労苦を休息む(ことが出来る)であろう。その(為した)業が彼らに随いて行くのであるから!」と。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想。アーメン。私の一生は短くても小さくても、みじめであってもこの信仰告白に生き続けることができますように。

2015_09150001.jpg 
早朝散歩で讃美歌を独唱する。

讃美歌90番

ここもかみの みくになれば
あめつち御歌を うたいかわし
岩に樹々に 空に海に
たえなる御業ぞ あらわれたる


ここもかみの みくになれば
鳥の緒と 花の香 主をばたたえ
あさ日 ゆう日 栄えにはえて
そよ吹く風さえ かみをかたる


ここもかみの みくになれば
よこしま 暫しは ときを得とも
主のみむねの ややに成るりて
あめつち遂には 一つとならん


2015_09150009.jpg 

讃美歌496番


うるわしの白百合 ささやきぬ昔を
イェス君の墓より いでましし昔を
(おりかえし)
うるわしの白百合 ささやきぬ昔を
百合の花、ゆりの花、ささやきぬ昔を


春に会う花百合 夢路よりめさめて
かぎうりなき生命に 咲きいずる姿よ


冬枯れのさまより 百合しろき花野二
いとし子を御神は 覚したもぅ今なお

●新約聖書一日一節黙想 ルカ3:24
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

塚本訳 ルカ 3:24

3:24 ヘリはマタテの、マタテはレビの、レビはメルキの、メルキはヤンナイの、ヤンナイはヨセフの、

 

●マタイの系図(マタ1:1-17)はアブラハムから降っている。これは明らかにユダヤ人を念頭に置いている。ルカの系図(3:23-38)はヨセフから遡っているがさらにアブラハムから遡ってアダムまでが詳しく書かれている。これは異教人を念頭において人類全体を視野に入れていることが分かる。つまり人類の罪の始まりは始祖アダムにあるという伏線がここにある。イエスを第二のアダムとみるパウロの思想の影響。●アブラハムからヨセフの間の人名は整合しない。特にマタイの系図中の汚れたる4名の女性の名前はルカには出てこない。系図の食い違いは学問上複雑な議論あり。

 

塚本訳 マタ 1:1-17

1:1 アブラハムの末のダビデの末のイエス・キリストの系図──

1:2 アブラハムの子はイサク、イサクの子はヤコブ、ヤコブの子はユダとその兄弟たち、

1:3 ユダの(その嫁)タマルによる(不倫の)子はパレスとザラ、パレスの子はエスロン、エスロンの子はアラム、

1:4 アラムの子はアミナダブ、アミナダブの子はナアソン、ナアソンの子はサルモン、

1:5 サルモンの(遊女)ラハブによる子はボアズ、ボアズの(異教国モアブの女)ルツによる子はオベデ、オベデの子はエッサイ、

1:6 エッサイの子はダビデ王である。ダビデの(将軍)ウリヤの妻による子はソロモン、

1:7 ソロモン(王)の子はレハベアム、レハベアム(王)の子はアビヤ、アビヤ(王)の子はアサ、

1:8 アサ(王)の子はヨサパテ、ヨサパテ(王)の子はヨラム、ヨラム(王)の子はウジヤ、

1:9 ウジヤ(王)の子はヨタム、ヨタム(王)の子はアハズ、アハズ(王)の子はヒゼキヤ、

1:10 ヒゼキヤ(王)の子はマナセ、マナセ(王)の子はアモン、アモン(王)の子はヨシヤ、

1:11 ヨシヤ(王)の子は、バビロン追放の当時、エコニヤ(王)とその兄弟たちであった。

1:12 バビロン追放の後、エコニヤの子はサラテル、サラテルの子はゾロバベル、

1:13 ゾロバベルの子はアビウデ、アビウデの子はエリヤキム、エリヤキムの子はアゾル、

1:14 アゾルの子はサドク、サドクの子はアキム、アキムの子はエリウデ、

1:15 エリウデの子はエレアザル、エレアザルの子はマタン、マタンの子はヤコブ、

1:16 ヤコブの子はマリヤの夫ヨセフで、このマリヤから救世主と呼ばれるイエスがお生まれになった。

1:17 すなわち、アブラハムからダビデまで合計十四代、ダビデからバビロン追放まで十四代、バビロン追放から救世主まで十四代である。

 

塚本訳 ロマ 5:12-21

5:12 (この救いはキリストとアダムとを比較する時に、はっきりする。)すなわち、一人の人(アダム)によってこの世に罪が入ってき、罪によって死が入ってき、こうして、(この人において)人は一人のこらず罪を犯したので、全人類に死が行き渡ったように──([一八節ニツヅク]一人の人キリストの正しい行いによって、全人類に命を与える義が臨んだのである。)

5:13 なぜか。(律法のない時代、つまりアダム以後モーセ)律法(のできる)までの間にも、罪はこの世にあったが、律法がないので、(たとえ罪に当たることをしても、)罪はその人の責任に帰せられ(ず、死の罰は受け)ないはずである。

5:14 それにもかかわらず、アダムからモーセまでの間に、アダムと同じ(律法)違反の罪を犯さなかった(その時代の)人たちの上にも、死が王として支配したからである。(従ってこの罪と死とがアダムによるものでなくてなんであろう。そして一人の人の行いが全人類に影響を及ぼす点において、)アダムは来るべき者(である新約のアダム、すなわちキリスト)の型である。

5:15 しかし(神の)賜物は(アダムの)過ちと同じではない。なぜなら、一人の人(アダム)の過ちによってすら多くの人が死んだくらいであるから、まして神の恩恵と一人の人イエス・キリストによる恩恵の賜物とが、多くの人に満ちあふれるのはもちろんである。

5:16 なお、(キリストの)賜物と一人の罪を犯した人の場合とは、同じではない。なぜなら、一人の人(の罪)に対する(神の)裁きは、(多くの人に)死の宣告を下したのであるが、(神の)賜物は、多くの(人をその)過ちから(救い出して)義とするからである。

5:17 一人の人によって、すなわち一人の人(アダム)の過ちによってすら死が支配するようになったくらいであるから、ましてあふれるばかりの恩恵と義とされる賜物とを戴いた者が、一人の人イエス・キリストにより(永遠の)命をもって支配するのは、もちろんであるからである。──

5:18 従って、一人の人の過ちによって全人類に死の宣告が下されたと同じに、一人の人の正しい行いによって、全人類に命を与える義が臨んだのである。

5:19 すなわち、一人の人の不従順によって多くの人が罪人になったように、一人の人の従順によっても多くの人が義人になるのである。

5:20 (それなら律法は人を義として永遠の命を与えるためには役立たないのか。その通り。)律法は、過ちを増し強めるために第二義的に来たのである。しかし(神に感謝する、人の犯す)罪が増し強まれば、恩恵は豊かにあふれる。

5:21 これは罪が死を持って支配したように、恩恵も義をもって支配し、わたし達の主イエス・キリストによって、(わたし達を)永遠の命に入れるためである。

 

●翻訳比較

 

岩波翻訳委員会訳1995

420324〔さらにたどれば、〕マタト、レビ、メルキ、ヤナイ、ヨセフ、

 

新共同訳1987

3:24 マタト、レビ、メルキ、ヤナイ、ヨセフ、

 

前田訳1978

24その先はマタテ、レビ、メルキ、ヤンナイ、ヨセフ、

 

新改訳1970

3:24 マタテの子、レビの子、メルキの子、ヤンナイの子、ヨセフの子、

 

塚本訳1963

3:24 ヘリはマタテの、マタテはレビの、レビはメルキの、メルキはヤンナイの、ヤンナイはヨセフの、

 

口語訳1955

3:24 それから、さかのぼって、マタテ、レビ、メルキ、ヤンナイ、ヨセフ、

 

文語訳1917

3:24 その先はマタテ、レビ、メルキ、ヤンナイ、ヨセフ、

 

BbBTSK、黒崎を見て心に響くものをピックアップ

 

塚本訳 Ⅰコリ15:45-47

15:45 (聖書にも)このように書いてある、「最初の『人』アダム『は魂だけの生きものになり』、最後のアダム[キリスト]は命を与える霊になった」と。

15:46 しかし霊のものが最初でなく、魂だけのものであり、その次に霊のものである。

15:47 最初の『人は地から出て土で出来たものであり』、第二の人は天の出である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新約聖書一日一節黙想 ルカ3:24おわり



スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<心配と不安・・どうしたらそれを無くすことが出来るか・・・ | Top | 「風と共に去りぬ」・・・人類はあと500万年で消滅・・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/3734-5d932214
FC2blog user only
| Top |
0814