to 日記と感想 心配と不安・・どうしたらそれを無くすことが出来るか・・・
Top | RSS | Admin

2017.05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.07


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170812(土)14:00お江戸こらりあーず演奏会、文京シビックホール
    170821(土)15:00お江戸コラリアーズ定期演奏会、文京公会堂
    170809     TW誕生日
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170708(土)14:00在宅医療説明会(キララホール)
    170707(金)10:00池谷医院
    170706      TM誕生日
    170702(日) 集会感話
    170701      TT誕生日
    170630(金)12:20キララホールエントランスコンサート
    170628      IY誕生日
    170627(火)11:00 能城牧師来訪
    170625)日)10:10トミ子集会感話
    170625(日)14:00茅ヶ崎金子邸
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール
    170610(土)14:00内村鑑三セミナー、立教大学12号館。矢田部、椚」山
    170609(金)   TS命日
    170608(木)12:15ボリショイ「白鳥の湖」、東京文化会館
    170707(水)10:00池谷医院
    170604(日)10:00集会感話、
    170604(日)16:30近藤恵邸起工式、福島市。
    170530(火)14:00田岡氏来訪
    170527(土)14:00今井館ピアノコンサート
    170521(日)14:00新宿フィル、ブラームス1番、レスピーギ「鳥」「ローマの松」。和田睦夫
    170425       TN)誕生日
    150420(木)09:30阿伎留センター泌尿器科)
    170416(日)14:00武蔵野室内合奏団、杉並公会堂(大坪満子)


心配と不安・・どうしたらそれを無くすことが出来るか・・・ ++++++++ 所感

2015/09/16 06:11

150916(水)4時起床●少し頭痛。頭痛薬を飲む●キリスト者の皆様お早うございます。●昨日は近所の御夫人が先月生まれたばかりの子供を抱いて表に立っていたので「おめでとういございます」とお祝いの言葉をかけた。彼女の子供はこれで3人目、全部男の子である。私は「次は女の子ですね」言うと、「エーッ!。もう(経済的に)ダメです」と言う。そこで私が「私は男三人女一人育てた。何とかなる、何とかなります」と繰り返した。すると彼女は「では高橋さん。保証してくれますか」と切り返された。●私が「何とかなる」と言ったのは心で「神が何とかしてくださる」と思ってのことだった。しかし今朝目覚めて、あのときは信仰なき人に向かって無責任なことを言ったが、この私自身は神を信じているが果たして「心配と不安」がないのだろうかと反省。そこで今朝は神の子イエスが「心配するな」と言った言葉を思い起こして「信仰の学び」をしてみよう。福音書はよくぞ「神の子」の言葉を伝えてくれた。

塚本訳 マタ 6:25-26
6:25 だから、わたしは言う、何を食べようかと命のことを心配したり、また何を着ようかと体のことを心配したりするな。命は食べ物以上、体は着物以上(の賜物)ではないか。(命と体とを下さった天の父上が、それ以下のものを下さらないわけはない。)
6:26 空の鳥を見てごらん。まかず、刈らず、倉にしまいこむこともしないのに、天の父上はそれを養ってくださるのである。あなた達は鳥よりも、はるかに大切ではないのだろうか。


●経済の心配は人間で最大のこと。戦争の原因は食糧問題。労働問題また同じ。●かってゼネコンにいて、私がストライキに参加しなかった時のこと。労働組合の委員長が私に「お前の給料は誰それ
よりも安いのだぞ」と経営者に対して不満を持つように焚きつけた。私は彼の言葉がサタンの囁きのように聞こえた。私の給料は決して高いものでは無かったが、結果的に「何とかなった」。

塚本訳 マタ 6:27-30
6:27 (だいいち、)あなた達のうちのだれかが、心配して寿命を一寸でも延ばすことが出来るのか。
6:28 また、なぜ着物のことを心配するのか、野の花の育つのを、よく見てごらん、苦労をせず、紡ぐこともしない。
6:29 しかし、わたしは言う、栄華を極めたソロモン(王)でさえも、この花の一つほどに着飾ってはいなかった。
6:30 きょうは花咲き、あすは炉に投げ込まれる野の草でさえ、神はこんなに装ってくださるからには、ましてあなた達はなおさらのことではないか。信仰の小さい人たちよ!


●私が脳出血で倒れたとき、救急車の中で「まだ子供がいるんだよー」と叫んだ。親としては子供が育つまでは生きていたいものだ。また最近は私が先に逝った時の妻のその後の「生活の心配」に気を遣っている。経済、住い、介護、病気・・・・●しかし主は人間は「心配して寿命を延ばす」ことは出来ないという。私の信仰は小さいなー。

塚本訳 マタ 6:31-32
6:31 だから、『何を食べよう』とか、『何を飲もう』とか、『何を着よう』とか言って、心配するな
6:32 それは皆異教人のほしがるもの。あなた達の天の父上は、それが皆あなた達に必要なことをよく御承知である。


●「異教人のほしがるもの」とはまさしく神の子の言葉。異教人とは「人類全般」のこと。現代日本に当てはめれば「金と平和」。これを求めて狂奔している。経済大国、戦争無き世界。経済の成長、集団自衛権、安保問題・・・・これみな信仰なき「異教人」が切に求めているもの。一見良い事のように見えるが実は信仰なき民の行動。ヒューマニズムは信仰の敵。
●「神が御承知」とはこれまたまさしく「神の子の言葉。故TK氏は生まれつき歩けない体で育った。生涯で3回「歩けなくてつまらない」と言って泣いた。母親のTさん(故人)は「神様がご存知だからいいのよ」とその都度慰めたという。信仰篤き母よ。TK氏は音楽が好きでよく讃美歌を聴いていたという。今は九州の福岡にご両親の骨壺に挟まれて眠っておられる。終わりの日、復活の体で歩けるのだ。

塚本訳 マタ 6:33-34
6:33 あなた達は何よりも、御国と、神に義とされることとを求めよ。そうすれば(食べ物や着物など)こんなものは皆、(求めずとも)つけたして与えられるであろう。
6:34 だから、あしたのことを心配するな。あしたはあしたが自分で心配する。一日の苦労はその日の分で沢山である。


●塚本訳の「御国と、神に義とされることとを求めよ。」とは文語訳の「神の國と神の義とを求めよ」ではない。「神の義を求めよ」となると社会正義や世界平和を追及する人間の「行為」に誤解される。正義や平和は神が下さるから人間はそれを「祈り求めることが道だ。このところ塚本訳で初めてわかったという人がいた。●この世の不信者(特にヒューマニスト)は「クリスチャンはお祈りばかりで何もしない」と批判する。神の力ということを信じてない「この世人間」である証拠。
●「あしたはあしたが自分で心配する」とは「その時はその時で神が何とかしてくださる」ということ。神への深い信仰がない限り、この「神の子」の言葉は分からない。自戒。
●私は給料が安い身だったので「あしたのことを心配」した。4人の子供の学費を計算するとピークの年には二千万円足りないことが事前にわかっていた。しかし「心配するより案ずるは易し」。何とかなった。クリスチャンは無策ではない。祈りという行為で凌ぎきった。神がご存知で「保証」してくださったのだ。
●神は天の父だから人間に必要なものはご存知。マタイ6:25(上記)の敷衍は「(命と体とを下さった天の父上が、それ以下のものを下さらないわけはない。)」の通りである。一場大切な事は「永遠の命」。それを賜る神はそれ以下の健康、寿命、食べ物、着物、住い、教育費などはそれが必要ならば求めずとも(上記マタイ6:33の塚本訳敷衍)与えられると信じよう。自戒、自戒。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想おわり。神の子主イエスの言葉を聞いて自戒、自戒。

●8:00 妻は今井館に「ウィークデーの集い」。

●新約聖書一日一節黙想 ルカ3:25
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

塚本訳 ルカ 3:25

3:25 ヨセフはマタテヤの、マタテヤはアモスの、アモスはナホムの、ナホムはエリスの、エリスはナンガイの、

 

●自分の系図は何代まで遡れるだろうか。私はかって試みたことがあったが、父方の系図、母方の系図を作ると二次元では表現できない。立体にしなければならない。

●マタイの系図とルカの系図の違いは血脈と法脈が入り乱れ、複雑である。よく「あの家庭は複雑だ」と言うことがあるが、イエスの系図は複雑だ。血が汚れている。

●現代でも各人の血統を調べると大抵は皆汚れている。清純無垢で聖い家系はないと言ってもよいだろう。キリスト者の血ももちろん汚れているが、キリストを信じて聖められれば肉の血の汚れは問題にならなくなる。人間の本質は肉でなく霊だからだ。

 

塚本訳 ヨハ 1:12-13

1:12 しかし受け入れた人々、すなわち、その名を(神の子であることを)信じた人には一人のこらず、神の子となる資格をお授けになった。

1:13 この人たちは、人間の血や、肉の欲望や、男の欲望によらず、神(の力)によって生まれたのである。

 

塚本訳 ヨハ 3:3-6

3:3 イエスが答えて言われた、「アーメン、アーメン、わたしは言う、(徴を見て信じたのではいけない。)人は新しく生まれなおさなければ、神の国にはいることは出来ない。」

3:4 ニコデモがイエスに言う、「(このように)年を取った者が、どうして生まれなおすことが出来ましょう。まさかもう一度母の胎内に入って、生まれなおすわけにゆかないではありませんか。」

3:5 イエスは答えられた、「アーメン、アーメン、わたしは言う、人は霊によって生まれなければ、神の国に入ることは出来ない。

3:6 肉によって生まれたものは肉であり、霊によって生まれたものだけが霊である(から)。

 

塚本訳 Ⅱコリ5:16-17

5:16 だからこのわたし達は、今からのちだれをも人間的に知ろうとはしない。たとい(以前は)キリストをも人間的に知っていたにせよ、今はもはや(そのように)知りはしない。

5:17 だから、キリストと結びついている者は、新しい創造物である。古いものは消え失せて、いまここに、新しくなってしまっている!

 

塚本訳 エペ 4:22-24

4:22 然り、君達は情欲に欺かれて破滅すべき、以前の生活に属する旧い人間を脱ぎ棄て、

4:23 君達の霊も心も(すっかり)新しくされ、

4:24 真理の義と聖とにより神に肖って創造られた新しい人間を着るべき(ことを教えられたの)である。

 

塚本訳 コロ 3:10

3:10 新しい人間を着よ。この新しい人間はいよいよ新しくされて、彼を創造り給うた御方の『像に肖って』(遂に完全なる)知識に達するのである。

 

塚本訳 Ⅰペテ1:23

1:23 (君達は)朽つる種でなく、朽ちぬ種から、(すなわち)神の活ける、また(永遠に)消え失せぬ言によって新しく生まれたのである。

 

塚本訳 Ⅰペテ2:1-2

2:1 (君達はかく新しく生まれたの)だから一切の悪意と一切の欺瞞と偽善と嫉妬と一切の誹謗を脱ぎ捨て、

2:2 今生まれたばかりの赤ん坊として、まぜ物のない霊の乳を慕え、これで育って救いに入る(ことが出来る)ためである──

 

塚本訳 黙  21:2-5

21:2 また聖なる都新しいエルサレムが、夫のために飾った新婦のように身支度をして、天から、神(の御許)から降って来るのを私は見た。

21:3 そして私は玉座から大きな声が(出てこう)言うのを聞いた、「視よ、人と共に神の幕屋がある! 神が彼らと共に住み、彼らは神の民となり、神自ら彼らと共にいまして、

21:4 彼らの目から悉く涙を拭い取り給うであろう。最早死もなく、悲嘆も叫喚も疼痛も最早無いであろう。初めの(天と地にあった)ものが(すっかり)消え去ったからである。」

21:5 すると玉座に坐し給う者が言い給うた、「視よ、われ凡てを新しくする」と。また言い給う、「書け、この言は信ずべくまた真実であるから。」

 

●翻訳比較

 

岩波翻訳委員会訳1995

420325マタティア、アモス、ナウム、エスリ、ナガイ、

 

新共同訳1987

3:25 マタティア、アモス、ナウム、エスリ、ナガイ、

 

前田訳1978

25マタテヤ、アモス、ナホム、エスリ、ナンガイ、

 

新改訳1970

3:25 マタテヤの子、アモスの子、ナホムの子、エスリの子、ナンガイの子、

 

塚本訳1963

3:25 ヨセフはマタテヤの、マタテヤはアモスの、アモスはナホムの、ナホムはエリスの、エリスはナンガイの、

 

口語訳1955

3:25 マタテヤ、アモス、ナホム、エスリ、ナンガイ、

 

文語訳1917

3:25 マタテヤ、アモス、ナホム、エスリ、ナンガイ、

 

BbBTSK、黒崎を見て心に響くものをピックアップ

 

塚本訳 Ⅰコリ15:45-47

15:45 (聖書にも)このように書いてある、「最初の『人』アダム『は魂だけの生きものになり』、最後のアダム[キリスト]は命を与える霊になった」と。

15:46 しかし霊のものが最初でなく、魂だけのものであり、その次に霊のものである。

15:47 最初の『人は地から出て土で出来たものであり』、第二の人は天の出である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新約聖書一日一節黙想 ルカ3:25おわり





スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<どうしたら「道」が分かるか・・・イエスへの質問の数々・・・ | Top | いつまでものこるもの・・NICE TO MEET YOU・・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/3735-e21e4189
FC2blog user only
| Top |
0814