to 日記と感想 不安と心配事・・・主の憤り。「あゝ信仰の小さい人よ」.・・・
Top | RSS | Admin

2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170824(木)12:10キララホールエントランスコンサート、マリンバ
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170813(日)10:30ナザレン教会浦和教会
    170813(日)14:00比企紀和君
    170812(土)14:00お江戸こらりあーず演奏会、文京シビックホール
    170809     TW誕生日
    170809(水)17:16初音吹奏楽、府中の森芸術劇場ドリームホール
    170808(火)0930池谷医院
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170708(土)14:00在宅医療説明会(キララホール)
    170707(金)10:00池谷医院
    170706      TM誕生日
    170702(日) 集会感話
    170701      TT誕生日
    170630(金)12:20キララホールエントランスコンサート
    170628      IY誕生日
    170627(火)11:00 能城牧師来訪
    170625)日)10:10トミ子集会感話
    170625(日)14:00茅ヶ崎金子邸
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール


不安と心配事・・・主の憤り。「あゝ信仰の小さい人よ」.・・・ ++++++++ 所感

2015/09/25 05:36

150925(金)キリスト者の皆様お早うございます。●昨日は市役所の高齢者福祉課に行って介護保険によるサービスの範囲、またその費用などについて聞いた。●これは寝たきりになった場合の「生活の心配」があるからである。●人生の諸段階の心配に関する聖書の言葉は去る9月6日に茅ヶ崎の家庭集会で話した。8月11日のブログにアップした。その骨子は次の通りであった。

①命の誕生・・・その不思議さ。人の本質は霊。
②幼少年期・・・肉体と霊の成長。子供の宗教教育は父母の祈り
③青年期・・・求道の時、出会いの不思議
④壮年期・・・試練の時。修行遍歴の時
⑤老年期・・・肉体の衰え。復活の希望。身内の救いを祈る時。

●人生は5楽章である。その楽章ごとに特有の悩み悲しみ不安がある。●ヒルティの「幸福論」にも人生はその諸段階特有の悩みや心配事があるものだと言っている。特に第二巻の冒頭は「罪と憂い」であって、人はいかに「憂い」というものを避けたがるものであるかが冒頭で論じられている。しかし今朝はこの論考を読まない。時間がjかかる。パウロにも聞かない。短刀直入に「主の言葉」に聞くことをする。●おおよそ人の行動というものは「将来の不安」や「自分の手の及ばないこと」に対して事前にあくせくすることである。これに対して主は常に「あゝ、信仰の小さい人よ」と言って嘆く。


塚本訳 マタ 6:30
6:30 きょうは花咲き、あすは炉に投げ込まれる野の草でさえ、神はこんなに装ってくださるからには、ましてあなた達はなおさらのことではないか。
信仰の小さい人たちよ!


塚本訳 マタ 8:26
8:26 彼らに言われる、「なんでそんなに臆病なのか、信仰の小さい人たちよ!」それから起き上がって風と湖とを叱りつけられると、(たちどころに)大凪になった。


塚本訳 マタ 14:31
14:31 イエスはすぐ手をのばし、ペテロをつかまえて言われる、「信仰の小さい人よ!なぜ疑うのか。」


塚本訳 マタ 16:7-8
16:7 弟子たちは(その意味がわからず、)「パンを持ってこなかったこと(を言われる)らしい」と言って、こそこそ評議をしていた。
16:8 イエスはそれと知って言われた、「なぜパンのないことをこそこそ評議するのか。この信仰の小さい人たち!

塚本訳 マタ 6:27
6:27 (だいいち、)あなた達のうちのだれかが、心配して寿命を一寸でも延ばすことが出来るのか。


塚本訳 マタ 10:29
10:29 雀は二羽一アサリオン(三十円)で売っているではないか。しかしその一羽でも、あなた達の父上のお許しなしには地に落ちないのである。

塚本訳 ヨハ 11:14-15
11:14 そこでイエスが今度ははっきり言われた、「ラザロは死んだのだ。
11:15 わたしがそこにいなかったことを、あなた達のために喜ぶ。あなた達の信仰を強めることができるからだ。さあ、ラザロの所に行こう。」

塚本訳 ヨハ 11:33-34
11:33 イエスはマリヤが泣き、一しょに来たユダヤ人たちも泣くのを見ると、(その不信仰を)心に憤り、かつ興奮して、
11:34 (マルタとマリヤに)言われた、「どこにラザロを納めたか。」二人が言う、「主よ、来て、御覧ください。」

塚本訳 ルカ 12:4
12:4 あなた達、わたしの友人に言う、体を殺しても、そのあと、それ以上には何もできない者を恐れるな


塚本訳 ルカ 12:32
12:32 小さな群よ、恐れることはない。あなた達の父上は御国をあなた達に下さるつもりだから。

塚本訳 マタ 9:2
9:2 するとそこに、人々が寝床にねている一人の中風の者をつれて来た。イエスはその人たちの信仰を見て(驚き)、中風の者に言われた、「子よ、安心せよ、いまあなたの罪は赦された。」


塚本訳 マタ 9:22
9:22 イエスは振り向いて、女を見ながら言われた、「娘よ、安心しなさい、あなたの信仰がなおした。」するとちょうどその時から、女はなおった。

塚本訳 マタ 14:26-28
14:26 弟子たちはイエスが湖の上を歩いておられるのを見ると、幽霊だと思って肝をつぶし、恐ろしさのあまり叫んだ。
14:27 しかしイエスはすぐ彼らに話しかけて言われた、「安心せよ、わたしだ。こわがることはない。」
14:28 ペテロが答えた、「主よ、あなたでしたら、どうかわたしに命令して、水の上を歩いてあなたの所へ行かせてください。」

塚本訳 マタ 28:20
28:20 わたしがあなた達に命じたことを皆守るように教えながら。安心せよ、世の終りまでいつもわたしがあなた達と一しょにいるのだから。」


塚本訳 マコ 10:46-49
10:46 彼らはエリコ(の町)に来る。イエスが弟子たちや多くの群衆と一しょにエリコを出られると、テマイの子のバルテマイという盲の乞食が道ばたに坐っていた。
10:47 ナザレのイエス(のお通り)だと聞くと、「ダビデの子イエス様、どうぞお慈悲を」と言って叫び出した。
10:48 多くの人が叱りつけて黙らせようとしたが、かえってますます「ダビデのお子様、どうぞお慈悲を」と叫びつづけた。
10:49 イエスは立ち止まって、「あれを呼べ」と言われた。人々が盲人を呼んで言う、「安心せよ。起きよ。お呼びだ。」

塚本訳 ヨハ 16:22
16:22 だから、(同じく)あなた達にも今は悲しみがあるが、わたしはもう一度あなた達に会うのだから、(その時)あなた達の心は喜ぶであろう。そしてあなた達からその喜びを奪う者はだれもない。

塚本訳 ヨハ 16:33
16:33 これらのことを話したのは、あなた達がわたしに(しっかり)結びついていて、平安を保つことができるためである。この世ではあなた達に苦しみがある。しかし安心していなさい。わたしがすでに世に勝っている。」

塚本訳 マタ 10:23-24
10:23 この町で迫害された時には、次の町に逃げてゆけ。アーメン、わたしは言う、人の子(わたし)は(すぐに)、あなた達がイスラエル人の町々を回りつくさぬうちに来るのだから。
10:24 弟子は先生以上でなく、僕は主人以上ではない。(だからあなた達が迫害されるのは当り前である。)

塚本訳 マタ 24:30-31
24:30 するとその時、人の子(わたし)の徴が天に現われる。するとその時、『地上の民族はことごとく(これを見て)悲しむであろう。』そして『人の子(わたし)が』大いなる権力と栄光とをもって、『天の雲に乗って来るのを』見るであろう。
24:31 すると(その時、)人の子は『大いなるラッパの響きと共に』自分の使いたちをやって、『天のこの果てからかの果てまで』『四方から、』選ばれた人々を『集めさせるであろう。』


塚本訳 マタ 24:33-35
24:33 そのようにあなた達も、これから一切のことを見たら、人の子(わたし)が門口近く来ていることを知れ。
24:34 アーメン、わたしは言う、これらのことが一つのこらずおこってしまうまでは、この時代は決して消え失せない。
24:35 天地は消え失せる、しかし(いま言った)わたしの言葉は決して消え失せない


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想おわり。男の信仰は薄い。自戒。有体的再臨がキリスト者の最終的希望。


●新約聖書一日一節黙想 ルカ3:34
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

塚本訳 ルカ 3:34

3:34 ユダはヤコブの、ヤコブはイサクの、イサクはアブラハムの、アブラハムはテラの、テラはナホルの、

 

●翻訳比較

 

岩波翻訳委員会訳1995

420334ヤコブ、イサク、アブラハム、テラ、ナホル、

 

新共同訳1987

3:34 ヤコブ、イサク、アブラハム、テラ、ナホル、

 

前田訳1978

34ヤコブ、イサク、アブラハム、テラ、ナホル、

 

新改訳1970

3:34 ヤコブの子、イサクの子、アブラハムの子、テラの子、ナホルの子、

 

塚本訳1963

3:34 ユダはヤコブの、ヤコブはイサクの、イサクはアブラハムの、アブラハムはテラの、テラはナホルの、

 

口語訳1955

3:34 ヤコブ、イサク、アブラハム、テラ、ナホル、

 

文語訳1917

3:34 ヤコブ、イサク、アブラハム、テラ、ナホル、

 

●BbB、TSK、黒崎を見て心に響くものをピックアップ

 

「ヤコブ」

口語訳 創  25:34

25:34 そこでヤコブはパンとレンズ豆のあつものとをエサウに与えたので、彼は飲み食いして、立ち去った。このようにしてエサウは長子の特権を軽んじた。

 

「イサク」

口語訳 創  21:3

21:3 アブラハムは生れた子、サラが産んだ男の子の名をイサクと名づけた。

 

口語訳 創  25:26

25:26 その後に弟が出た。その手はエサウのかかとをつかんでいた。それで名をヤコブと名づけた。リベカが彼らを産んだ時、イサクは六十歳であった。

 

口語訳 Ⅰ歴 1:28

1:28 アブラハムの子らはイサクとイシマエルである。

 

口語訳 Ⅰ歴 1:34

1:34 アブラハムはイサクを生んだ。イサクの子らはエサウとイスラエル。

 

塚本訳 マタ 1:2

1:2 アブラハムの子はイサク、イサクの子はヤコブ、ヤコブの子はユダとその兄弟たち、

 

塚本訳 使  7:8

7:8 それから彼に『割礼の(規則の)契約を』お与えになった。こうしてアブラハムは、イサクが生まれると(契約に従って)『八日目に割礼を施した。』イサクの子はヤコブ、ヤコブの子は十二人の族長であった。

 

「アブラハム」

口語訳 Ⅰ歴 1:34

口語訳 Ⅰ歴 1:28

1:28 アブラハムの子らはイサクとイシマエルである。

 

口語訳 創  11:10-26

11:10 セムの系図は次のとおりである。セムは百歳になって洪水の二年の後にアルパクサデを生んだ。

11:11 セムはアルパクサデを生んで後、五百年生きて、男子と女子を生んだ。

11:12 アルパクサデは三十五歳になってシラを生んだ。

11:13 アルパクサデはシラを生んで後、四百三年生きて、男子と女子を生んだ。

11:14 シラは三十歳になってエベルを生んだ。

11:15 シラはエベルを生んで後、四百三年生きて、男子と女子を生んだ。

11:16 エベルは三十四歳になってペレグを生んだ。

11:17 エベルはペレグを生んで後、四百三十年生きて、男子と女子を生んだ。

11:18 ペレグは三十歳になってリウを生んだ。

11:19 ペレグはリウを生んで後、二百九年生きて、男子と女子を生んだ。

11:20 リウは三十二歳になってセルグを生んだ。

11:21 リウはセルグを生んで後、二百七年生きて、男子と女子を生んだ。

11:22 セルグは三十歳になってナホルを生んだ。

11:23 セルグはナホルを生んで後、二百年生きて、男子と女子を生んだ。

11:24 ナホルは二十九歳になってテラを生んだ。

11:25 ナホルはテラを生んで後、百十九年生きて、男子と女子を生んだ。

11:26 テラは七十歳になってアブラム、ナホルおよびハランを生んだ。

 

口語訳 Ⅰ歴 1:24-27

1:24 セム、アルパクサデ、シラ、

1:25 エベル、ペレグ、リウ、

1:26 セルグ、ナホル、テラ、

1:27 アブラムすなわちアブラハムである。

 

「テラ」

口語訳 創  11:24-32

11:24 ナホルは二十九歳になってテラを生んだ。

11:25 ナホルはテラを生んで後、百十九年生きて、男子と女子を生んだ。

11:26 テラは七十歳になってアブラム、ナホルおよびハランを生んだ。

11:27 テラの系図は次のとおりである。テラはアブラム、ナホルおよびハランを生み、ハランはロトを生んだ。

11:28 ハランは父テラにさきだって、その生れた地、カルデヤのウルで死んだ。

11:29 アブラムとナホルは妻をめとった。アブラムの妻の名はサライといい、ナホルの妻の名はミルカといってハランの娘である。ハランはミルカの父、またイスカの父である。

11:30 サライはうまずめで、子がなかった。

11:31 テラはその子アブラムと、ハランの子である孫ロトと、子アブラムの妻である嫁サライとを連れて、カナンの地へ行こうとカルデヤのウルを出たが、ハランに着いてそこに住んだ。

11:32 テラの年は二百五歳であった。テラはハランで死んだ。

 

口語訳 ヨシ 24:2

24:2 そしてヨシュアはすべての民に言った、「イスラエルの神、主は、こう仰せられる、『あなたがたの先祖たち、すなわちアブラハムの父、ナホルの父テラは、昔、ユフラテ川の向こうに住み、みな、ほかの神々に仕えていたが、

 

口語訳 Ⅰ歴 1:24-28

1:24 セム、アルパクサデ、シラ、

1:25 エベル、ペレグ、リウ、

1:26 セルグ、ナホル、テラ、

1:27 アブラムすなわちアブラハムである。

1:28 アブラハムの子らはイサクとイシマエルである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新約聖書一日一節黙想 ルカ3:34 おわり

















スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<中国に救いの光・・・共産党のキリスト教弾圧・・・ | Top | 片腹痛い・・・異教人のほしがる平和は破滅・・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/3745-c999f065
FC2blog user only
| Top |
0814