to 日記と感想 神々しい顔・・・植物人間に神の栄光・・・
Top | RSS | Admin

2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170824(木)12:10キララホールエントランスコンサート、マリンバ
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170813(日)10:30ナザレン教会浦和教会
    170813(日)14:00比企紀和君
    170812(土)14:00お江戸こらりあーず演奏会、文京シビックホール
    170809     TW誕生日
    170809(水)17:16初音吹奏楽、府中の森芸術劇場ドリームホール
    170808(火)0930池谷医院
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170708(土)14:00在宅医療説明会(キララホール)
    170707(金)10:00池谷医院
    170706      TM誕生日
    170702(日) 集会感話
    170701      TT誕生日
    170630(金)12:20キララホールエントランスコンサート
    170628      IY誕生日
    170627(火)11:00 能城牧師来訪
    170625)日)10:10トミ子集会感話
    170625(日)14:00茅ヶ崎金子邸
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール


神々しい顔・・・植物人間に神の栄光・・・ ++++++++ 所感

2015/10/03 05:27

151003(土)4時半起床。キリスト者の皆様お早うございます。私のブログは私の放送局です。●昨日は録画してあったNHKTV「植物人間」のドキュメントを見た。その母親は出産時に脳に損傷を受けて植物人間になった。無事生まれた双子の子供は育てられないので乳児院に預けられた。子供がヨチヨチ歩きになった時、初めてその子供と対面。するとなんと母親は「我が子」を見て笑った。それは実に神々しい顔であった。NHKのカメラマンはよくぞその瞬間を撮影した。●私は思う。「神は植物人間に栄光を現す」と。あの薄幸の双子の姉妹の上に神の祝福あれ!●その双子の子供は母親と会っても反応を示さなかったが、植物人間のはずの母親は反応を示して笑ったのだ。●人は神もキリストも知らなくても「創り主」なる神は名をもってご存知なのだ。●今朝は神はどんなにみじめな人の上にも神の栄光を現すものだということを黙想してみたい。否、人生みじめであればあるほどそこに神の栄光が現れるのだ。

口語訳 詩 27:10
27:10 たとい父母がわたしを捨てても、主がわたしを迎えられるでしょう。

口語訳 イザ 49:15
49:15 「女がその乳のみ子を忘れて、その腹の子を、あわれまないようなことがあろうか。たとい彼らが忘れるようなことがあっても、わたしは、あなたを忘れることはない。

塚本訳 ヨハ 9:1-3
9:1 イエスは通りがかりに、生まれつきの盲人を見られた。
9:2 弟子たちが尋ねた、「先生、この人が盲で生まれたのは、だれが罪を犯したからですか。この人ですか、両親ですか。」
9:3 イエスは答えられた、「この人が罪を犯したからでも、両親が罪を犯したからでもない。ただ神の御業がこの人に現われるためである。

●若き日の友人N君は、実母を探しに大阪まで行った。実母はそこで「幸福」に暮らしていることを知った。帰途、大阪湾にきらめく街の灯を見てしゃがみこんだという。私の結婚式では披露宴の司会をしてくれた。その後二度ばかり会うことがあったが、キリスト教とは無縁になった。風の便りで彼は夫人(無教会)に癌で先立たれた。私はその夫人の実家のビルを設計した。彼女は癌を認識していて、年賀状に一言「お世話になりました」とあった。
●高校同期のこれまたN君はあるとき、「高橋君、俺の母親は本当の母親ではないんだ。ひとつ教会というところに連れて行ってみてくれないか」と言った。あれはバプテスト教会であったが、それきりであった。音信不通になったが生きていれば今頃どうしているのだろう。

塚本訳 ルカ 15:1-7
15:1 さて、イエスの話を聞こうとして、(いつものとおり)税金取りや罪人が皆近寄ってきた。
15:2 パリサイ人と聖書学者たちがぶつぶつ呟いて言った、「この人は罪人を歓迎するし、また(招かれていって)食事までも一しょにする。」
15:3 そこで彼らにつぎの譬を話された。
15:4 「あなた達のうちのだれかが羊を百匹持っていて、その一匹がいなくなったとき、その人は九十九匹を野原に残しておいて、いなくなった一匹を、見つけ出すまではさがし歩くのではないだろうか。
15:5 そして見つけると、喜んで肩にのせて、
15:6 家にかえり、友人や近所の人たちを呼びあつめてこう言うにちがいない、『一しょに喜んでください。いなくなっていたわたしの羊が見つかったから』と。
15:7 わたしは言う、このように、一人の罪人が悔改めると、悔改める必要のない九十九人の正しい人以上の喜びが、天にあるのである。

塚本訳 ルカ 15:18-22
15:18 よし、お父さんの所にかえろう、そしてこう言おう、『お父さん、わたしは天(の神様)にも、あなたにも、罪を犯しました。
15:19 もうあなたの息子と言われる資格はありません。どうか雇人なみにしてください』と。
15:20 そして立ってその父の所へ出かけた。ところが、まだ遠く離れているのに、父は見つけて不憫に思い、駈けよって首に抱きついて接吻した。
15:21 息子は父に言った、『お父さん、わたしは天(の神様)にも、あなたにも、罪を犯しました。もうあなたの息子と言われる資格はありません。……』
15:22 しかし父は(皆まで聞かず)召使たちに言った、『急いで、一番上等の着物をもって来て着せなさい。手に指輪を、足にお靴をはかせなさい。

●人生は悲惨だ。しかし神は受け入れてくれる。ここにこの世におけるエクレシアの意義がある。エクレシアの本質は「この私を受け入れてくれる」人物の実在だ。

塚本訳 マタ 21:31
21:31 この二人のうち、どちらが父の心を行ったのだろうか。」「もちろん長男」と彼らが答える。イエスが言われる、「アーメン、わたしは言う、税金取りや遊女たちは、あなた達よりも先に神の国に入るであろう。

塚本訳 黙 21:4
21:4 彼らの目から悉く涙を拭い取り給うであろう。最早死もなく、悲嘆も叫喚も疼痛も最早無いであろう。初めの(天と地にあった)ものが(すっかり)消え去ったからである。」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想おわり。有体的復活、有体的再臨を祈る。その時人は「涙を拭われる」


中澤冾樹訳 伝  12:1
12:1
若き日におまえの造り主を憶えよ。そのうちに老境に入り、「おれにはもうなんの楽しみもない」という日が近づくから。




●新約聖書一日一節黙想 ルカ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

塚本訳 ルカ 4:4

4:4 イエスは答えられた、「『パンがなくとも人は生きられる』と(聖書に)書いてある。」

 

●この聖句の本質は「そのときは神が何とかしてくださる」ということである。●信仰の極致だから信仰の無い人にはさっぱりわからない。

 

塚本訳 マタ 6:25-34

6:25 だから、わたしは言う、何を食べようかと命のことを心配したり、また何を着ようかと体のことを心配したりするな。命は食べ物以上、体は着物以上(の賜物)ではないか。(命と体とを下さった天の父上が、それ以下のものを下さらないわけはない。)

6:26 空の鳥を見てごらん。まかず、刈らず、倉にしまいこむこともしないのに、天の父上はそれを養ってくださるのである。あなた達は鳥よりも、はるかに大切ではないのだろうか。

6:27 (だいいち、)あなた達のうちのだれかが、心配して寿命を一寸でも延ばすことが出来るのか。

6:28 また、なぜ着物のことを心配するのか、野の花の育つのを、よく見てごらん、苦労をせず、紡ぐこともしない。

6:29 しかし、わたしは言う、栄華を極めたソロモン(王)でさえも、この花の一つほどに着飾ってはいなかった。

6:30 きょうは花咲き、あすは炉に投げ込まれる野の草でさえ、神はこんなに装ってくださるからには、ましてあなた達はなおさらのことではないか。信仰の小さい人たちよ!

6:31 だから、『何を食べよう』とか、『何を飲もう』とか、『何を着よう』とか言って、心配するな。

6:32 それは皆異教人のほしがるもの。あなた達の天の父上は、それが皆あなた達に必要なことをよく御承知である。

6:33 あなた達は何よりも、御国と、神に義とされることとを求めよ。そうすれば(食べ物や着物など)こんなものは皆、(求めずとも)つけたして与えられるであろう。

6:34 だから、あしたのことを心配するな。あしたはあしたが自分で心配する。一日の苦労はその日の分で沢山である。

 

塚本訳 マタ 26:7-12

26:7 一人の女が非常に価の高い香油のはいった石膏の壷を持って近寄り、食卓についておられるイエスの頭に(香油をすっかり)注ぎかけた。

26:8 弟子たちはこれを見て、憤慨して言った、「なぜこんなもったいないことをするのだろう。

26:9 これは高く売れて、貧乏な人に施しが出来たのに。」

26:10 それと知ってイエスは言われた、「なぜこの婦人をいじめるのか。わたしに良いことをしてくれたではないか。

26:11 貧乏な人はいつもあなた達と一しょにいるが、わたしはいつも(一しょに)いるわけではない。

26:12 この婦人がわたしの体に香油をかけてくれたのは、わたしを葬るためである。

 

●翻訳比較

 

岩波翻訳委員会訳1995

420404そこでイエスは、彼に対して答えた、「こう書かれている、

人はパンだけで生きるものではない」。

 

新共同訳1987

4:4 イエスは、「『人はパンだけで生きるものではない』と書いてある」とお答えになった。

 

前田訳1978

4:4 イエスは答えられた、「『人はパンだけで生きるのではない』と聖書にある」と。

 

新改訳1970

4:4 イエスは答えられた。「『人はパンだけで生きるのではない。』と書いてある。」

 

塚本訳1963

4:4 イエスは答えられた、「『パンがなくとも人は生きられる』と(聖書に)書いてある。」

 

口語訳1955

4:4 イエスは答えて言われた、「『人はパンだけで生きるものではない』と書いてある」。

 

文語訳1917

"420404","イエス答へたまふ『「人の生くるはパンのみに由るにあらず」と録されたり』"

 

●BbB、TSK、黒崎を見て心に響くものをピックアップ

 

塚本訳 マタ 4:4

4:4 しかし答えられた「『パンがなくとも人は生きられる。(もしなければ、)神はそのお口から出る言葉のひとつびとつで(パンを造って、)人を生かしてくださる』と(聖書に)書いてある。」

 

塚本訳 Ⅰヨハ5:1

5:1 どんな人でも、イエスが救世主であると信ずる者は、神(の力)によって生まれたのであり、またどんな人でも、自分を生んでくださったお方を愛する者は、彼(の力)によって生まれた者(、すなわち同じ父から生まれた者)を愛する。

 

塚本訳 ルカ 4:8

4:8 イエスは答えられた、「『あなたの神なる主をおがめ、『主に』のみ『奉仕せよ』と(聖書に)書いてある。」

 

口語訳 出  23:25

23:25 あなたがたの神、主に仕えなければならない。そうすれば、わたしはあなたがたのパンと水を祝し、あなたがたのうちから病を除き去るであろう。

 

塚本訳 ルカ 22:35

22:35 それから彼らに言われた、「(前に)財布も旅行袋も靴も持たせずに、あなた達を(伝道に)やった時、何か足りない物があったか。」彼らが答えた、「いえ、何も。」

 

口語訳 申  8:3

8:3 それで主はあなたを苦しめ、あなたを飢えさせ、あなたも知らず、あなたの先祖たちも知らなかったマナをもって、あなたを養われた。人はパンだけでは生きず、人は主の口から出るすべてのことばによって生きることをあなたに知らせるためであった。

 

口語訳 エレ 49:11

49:11 あなたのみなしごを残せ、わたしがそれを生きながらえさせる。あなたのやもめには、わたしに寄り頼ませよ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新約NHKTV聖書一日一節黙想 ルカ4:4終わり

●NHKTV2:00 「大学入試改革」シンポジウム。シンポジストは一流大学、一流企業のトップ。大学入試改革は時々改革があるが、最善の方法は見つからない。なぜか。それは人間や国際間の競争に勝つようにする方法の模索であって、「この世の競争」が根底にある。見終わっていかなる方法にも「救い」は無いなーと思った。思い浮かぶ聖句を掲げる

口語訳 詩  20:7
20:7 ある者は戦車を誇り、ある者はを誇る。しかしわれらは、われらの神、主のみ名を誇る。

塚本訳 Ⅰコリ1:21
1:21 なぜなら、(この)世(の人)が自分の知恵により(判断し)、神の知恵(の現われである御業)において神を認めることをしないので、神は馬鹿な(ことと見える十字架の)説教によって信ずる者(だけ)を救おうと、お決めになったからである。


塚本訳 Ⅰコリ1:22-24
1:22 実際、ユダヤ人は(信ずるための証拠に神からの不思議な)徴を乞い、異教人は(真理を知るために)知恵を求めるが、
1:23 わたし達は十字架につけられたキリストのこと(だけ)を説く。すなわち、ユダヤ人にはつまづき、異教人には馬鹿なことであるけれども、
1:24 (神に)召された者だけには、ユダヤ人、異教人の別なく、(これこそ)神の力、また神の知恵なるキリストを(説くのである)。

塚本訳 Ⅰコリ1:25
1:25 というのは、神の(業はどんなに)馬鹿なこと(に見えても、それ)は人よりも知恵があり、神の(業はどんなに)無力(に見えても、それ)は人よりも力があるからである。

塚本訳 ヨハ 7:15
7:15 ユダヤ人は驚いて言った、「この人は学校に行ったこともないのに、どうして聖書を知っているのだろうか。」

塚本訳 ヨハ 7:45-48
7:45 やがて下役らが(手ぶらで)かえって来ると、大祭司連とパリサイ人とが言った、「なぜあれを引いてこなかったか。」
7:46 下役らが答えた、「あの人が話すように話した人は、いまだかつてありません。」
7:47 パリサイ人が答えた、「君たちまでが迷わされたのではあるまいね。
7:48 (最高法院の)役人かパリサイ人のうちに、あれを信じた者がひとりでもあるというのか。

口語訳 詩  19:7
19:7 主のおきては完全であって、魂を生きかえらせ、主のあかしは確かであって、無学な者を賢くする。


口語訳 詩  116:6
116:6 主は無学な者を守られる。わたしが低くされたとき、主はわたしを救われた。


口語訳 詩  119:130
119:130 み言葉が開けると光を放って、無学な者に知恵を与えます。


塚本訳 使  4:13
4:13 人々はペテロとヨハネとの大胆不敵な態度を見て、しかもそれが無学な人間で、全くの素人であることがわかると、不思議でたまらなかった。そして彼らがもとイエスの弟子であると知り、


口語訳 Ⅱペテ3:16
3:16 彼は、どの手紙にもこれらのことを述べている。その手紙の中には、ところどころ、わかりにくい箇所もあって、無学で心の定まらない者たちは、ほかの聖書についてもしているように、無理な解釈をほどこして、自分の滅亡を招いている。


塚本訳 Ⅱペテ3:16
3:16 これについて述べているその凡ての手紙においても同様であるが、その中には難解なものも少なくないので、教養のない者や心の定まらない者は他の(聖)書と同様これをも曲解して自分の亡滅を招いている。

塚本訳 ヨハ 6:44-45
6:44 (わたしを信じないのは、父上が引っ張ってくださらないからだ。)わたしを遣わされた父上が引っ張ってくださらなければ、だれもわたしの所に来ることはできない。(しかし来れば、)わたしはその人をきっと最後の日に復活させる。
6:45 預言書に、
〃(最後の日に)人は皆神に教えを受けるであろう〃と書いてある。(そして神に引っ張られる者、すなわち本当に)父上に聞き、また学ぶ者は皆、わたしの所に来る。

●妻は夕方からコーラスの練習。帰宅は19:30.夕食を作っておいてくれた。

●KHさんから自らの聖書勉強発表会でBbBを活用しているという感謝の言葉。ガッツポーズ。
BbBは聖書勉強の発表をする人が「便利」に使っているようだ。今後深く静かに浸透していくであろうと思った。
























スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<若いSEALDsの諸君のうち、「耳ある者」は聞け!・・・その力を神に向けよ・・・ | Top | 人生の最後の悲惨さはなぜか・・・希望ある長命の実在・・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/3754-6d725a6f
FC2blog user only
| Top |
0814