to 日記と感想 救いが先で聖書が後・・・イエスの誕生物語のとらえかた・・・
Top | RSS | Admin

2017.10 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.12


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    180422(日)   杉並公会堂・武蔵野室内合奏団「英雄」
    171229    TM誕生日
    180224   14:30 トミ子、モーチァルト{レクイエム) 171220     KK誕生日
    171225(月)10:45 聖路加診察脳神経外科桑本医師
    171218(月)10:30 聖路加MRI
    171203(日)14:00 無教会浦和集会、助川光子講演
    171126(日)  兄光男、弟靖男と三人会。於・日本橋
    171119(日)15:00 秋川キリスト教会、後藤牧人講演会
    171115    TM誕生日
    171107(月) TI手術、聖路加 171105(日) 照男・トミ子集会感話、トミ子午後郡山にSS見舞い
    171103(金)13:00南原繁研究会学士会館
    171030(月)10:00 聖路加 桑本先生


救いが先で聖書が後・・・イエスの誕生物語のとらえかた・・・ ++++++++ 所感

2015/10/28 06:11

151028(水)キリスト者の皆様お早うございます。●次の集会の感話原稿の冒頭を推敲

 11月1日集会感話冒頭
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 聖書で聖書を読む
                          
 
ルカ福音書

イエスの誕生のお告げ(ルカ1:26-38)

●なぜ処女降誕か・・・世の罪をとりのぞく為には罪なき「神の小羊」が必要    
●聖書の使信・・・神は人の罪を贖われた。罪なきイエスの死はその見える徴

2015年11月1日 東京聖書読者会 高橋照男


●基本信条(世界信条)


 ①使徒信条。2世紀
       ・・・・・・・・・・その御子、我らの主、
処女より生まれ

②ニカイアコンスタンティノポリス信条。4世紀
・・・・・・・聖霊と
処女マリヤより肉体をとりて人となり

③カルケドン信条。5世紀

・・・・・・・・神の母なる処女マリヤより生まれたまえり

④アタナシウス信条(トレド会議版)。5~6世紀
・・・・・・・
処女マリヤの胎(異本、胎内において聖化)

 

・キリスト教各派はこのいずれかに依拠。「処女より」という言葉が共通。
主は神の意志で生まれた事の信仰表明。これが2千年間連鎖してきた三位一体の信仰。大脳皮質では把握できず、霊の啓示で初めて共感できる不思議な真理。

・無教会は「聖書自身」が信条。その本質である三位一体の正統信仰を信じることよって2千年の教会史に接続している。

・無教会は内村以来「三位一体」という神学用語を使用せずに、強固な三位一体の信仰に立ってきた。これが無教会の歴史的使命。エクレシアはこの信仰を失うと迷走し、衰退消滅する。

 

●イエスの誕生記事をどうとらえるか・・・目に見えない霊の喜びの表現方法は様々。礼拝、典礼、言葉・・・。マタイ1~2章とルカ2章の誕生記事は、物語(ルカ12)の形式をとった信仰告白(クレド)。「救いが先で聖書は後」。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想 終わり

2015_10280011.jpg 

6:10 妻に促されて西に沈む大きな月を見る。

2015_10280012.jpg 

東の空を見る。「アー麗しきシオンの朝」

●次の集会では最後に次の讃美歌を歌う

讃美歌5番


こよなくかしこし わが主のみさかえ
よろずのくにたみ みまえにひれふせ


みことのまにまに ものみな成りけり
みいかりうけなば ものみな消えうせん


塵よりひとをも つくれるみちから
さからうものなく あおがぬものなし


そらよりひろけし わが主のみめぐみ
ときわにたえせじ わが主のみおきて


くにぐにことなる よろずのことばの
たたえのうたごえ みとのをゆるがさん





●新約聖書一日一節黙想 ルカ4:28
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

塚本訳 ルカ 4:28

4:28 これを聞くと、礼拝堂にいた者が皆非常に憤慨し、

 

●イエスは「ユダヤ人には分かるまい」と思っていたのでユダヤ人は怒っていた。

 

塚本訳 マタ 13:13-14

13:13 だから、あの人たちには譬をもって話すのである。『見ても見えず、聞いても聞えず、また悟らない』からだ。

13:14 こうしてイザヤの預言はあの人たちに成就した。──『あなた達は聞いても聞いても、決して悟るまい、見ても見ても、決してわかるまい。

 

塚本訳 マコ 4:12

4:12 これは(聖書にあるように)『彼らが見ても見てもわからず、聞いても聞いても悟らないようにする』ためである。『そうでないと、心を入れかえて(わたし[神]に帰り、罪を)赦されるかも知れない。』」

 

塚本訳 ルカ 8:10

8:10 言われた、「あなた達(内輪の者)には、神の国の秘密をさとる力が授けられている(のでありのままに話す)が、ほかの人たちには譬をもって話すのである。これは(聖書にあるように、)『彼らが見ても見えず、聞いても悟らない』ようにするためである。

 

塚本訳 ルカ 22:66-69

22:66 朝になると、国の元老院、すなわち大祭司連や、聖書学者たちが集まって、イエスを彼らの法院の議場に引いていって

22:67 言った、「お前が救世主なら、そうだとわれわれに言ってもらいたい。」彼らに答えられた、「言っても、とても信じまいし、

22:68 尋ねても、なかなか返事ができまい。

22:69 しかし今からのち、『人の子(わたし)は大能の神の右に坐って』いる。」

 

塚本訳 ヨハ 8:26

8:26 あなた達について言うべきこと、裁くべきことが沢山あるにはあるが。(言ってもなんの役にも立つまい。)それでもわたしを遣わされた方は真実であるから、わたしもその方から聞いたことを、この世に語らないわけにゆかない。(あなた達がわかってもわからなくても。)」

 

塚本訳 ルカ 5:20-23

5:20 イエスはその人たちの信仰を見て(驚き、中風の者に)言われた、「君、あなたの罪は赦されている。」

5:21 聖書学者とパリサイ人は考え始めた、「冒涜を言うこの人はいったい何者だろう。ただ神のほか、だれが罪を赦せよう。」

5:22 イエスは彼らの考えを見抜いて、「何を心の中で考えているのか。

5:23 あなたの罪は赦されている、と言うのと、起きて歩け、と言うのと、どちらがたやすい(と思う)か。

 

塚本訳 マタ 26:65-66

26:65 そこで大祭司は自分の上着を引き裂いて言った、「冒涜だ!これ以上、なんで証人の必要があろう。諸君は今ここに(おのれを神の子とする許しがたい)冒涜を聞かれた。

26:66 (この者の処分について)お考えを承りたい。」「死罪を相当とする」と彼らが答えた。

 

●翻訳比較

 

岩波翻訳委員会訳1995

420428すると会堂にいた彼らは、これら〔の話〕を聞いて皆憤りに満たされ、

 

新共同訳1987

4:28 これを聞いた会堂内の人々は皆憤慨し、

 

前田訳1978 

4:28 それを聞いて会堂にいたものは皆怒りに満ち、

 

新改訳1970

4:28 これらのことを聞くと、会堂にいた人たちはみな、ひどく怒り、

 

塚本訳1963

4:28 これを聞くと、礼拝堂にいた者が皆非常に憤慨し、

 

口語訳1955

4:28 会堂にいた者たちはこれを聞いて、みな憤りに満ち、

 

文語訳1917

"420428","會堂にをる者みな之を聞きて憤恚に滿ち、"

 

●BbB、TSK、黒崎を見て心に響くものをピックアップ

 

塚本訳 マタ 22:11-13

22:11 王は客を見ようとして入ってきたが、そこに礼服を着けていない者が一人いるのを見て

22:12 その人に言った、『君、礼服も着ずに、なんでここに入ってきたのか。』その人が黙っていると、

22:13 王は家来たちに言った、『あの者の手足を縛って、外の真暗闇に放り出せ。そこでわめき、歯ぎしりするであろう。』

 

塚本訳 ヨハ 8:58-59

8:58 イエスは言われた、「アーメン、アーメン、わたしは言う、アブラハムが生まれる前から、わたしはいたのだ。」

8:59 すると彼らは、(自分を神と同じにすると言って、)石を取ってイエスに投げつけようとしたが、イエスは身を隠して、宮から出てゆかれた。

 

塚本訳 使  13:46

13:46 そこでパウロとバルナバとは公然こう宣言した、「神の言葉は(お約束どおり)まず第一に、君たち(ユダヤ人)に語られねばならなかった。(だから、そうしたのだ。)しかし君たちがそれをはねつけ、自分で自分を永遠の命にふさわしからぬ者とするので、それでは、よし、異教人(の伝道)へ方向をかえる。

 

口語訳 Ⅱ歴 24:20-21

24:20 そこで神の霊が祭司エホヤダの子ゼカリヤに臨んだので、彼は民の前に立ち上がって言った、「神はこう仰せられる、『あなたがたが主の戒めを犯して、災を招くのはどういうわけであるか。あなたがたが主を捨てたために、主もあなたがたを捨てられたのである』」。

24:21 しかし人々は彼を害しようと計り、王の命によって、石をもって彼を主の宮の庭で撃ち殺した。

 

塚本訳 ルカ 6:11

6:11 彼らは狂わんばかりに怒って、イエスをどうしょうかと話し合った。

 

塚本訳 ルカ 11:53-54

11:53 イエスがそこを出てゆかれると、聖書学者とパリサイ人とは(イエスに対して)ひどく敵意をいだき、いろいろな質問をあびせ始めた。

11:54 あわよくば、その口から何か言葉質をとろうと狙っていたのである。

 

塚本訳 使  5:33

5:33 これを聞いた者たちは真赤になっておこり、彼らを殺そうと思った。

 

塚本訳 使  22:21-23

22:21 主はわたしに言われた、『行け、わたしが君を遠く異教人につかわすのだから。』」

22:22 (静かに聞いていた)人々は、(主から異教人につかわされたのだという)パウロのこの言葉まで聞くと、声を張りあげて言った、「こんな奴は地の上から片付けろ。生かしておいてはならない!」

22:23 こう叫んで、(石打ちをしようと)上着を脱ぎすてたり、砂を空中にまき散らしたりしたので、

 

塚本訳 Ⅰテサ2:15-16

2:15 主イエスをも豫言者をも殺し、また私達(イエスの福音を伝える者)をも迫害した同胞! 神の御意に適わず、凡ての人に敵意をもち、

2:16 私達が異教人の救いのために伝道することを妨げて、いつも自分の『罪の枡目を充たしている』(あの同胞ユダヤ)人達! しかし(神の)御怒りは(今や)遂に彼らに臨んでいる!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新約聖書一日一節黙想 ルカ4:28おわり

●8:00 妻は知人と高尾山

●ノジマにプリンターのインクを買いに行く。帰途、桜並木で妻の弁当を食す。
●13:30 ルピアで「あきる野市健康指導教室」個人指導。あと2キロ程度痩せなくてはならない。




スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<身代わりの祈りは聴かれる・・・母の祈り、妻の祈り、肉親の祈り・・・ | Top | 信仰のない人の姿・・・しかし神は何とかして救ってくださる・・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/3780-ae35eccf
FC2blog user only
| Top |
0814