to 日記と感想 なぜだ!・・・不幸は納得できるか・・・
Top | RSS | Admin

2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170824(木)12:10キララホールエントランスコンサート、マリンバ
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170813(日)10:30ナザレン教会浦和教会
    170813(日)14:00比企紀和君
    170812(土)14:00お江戸こらりあーず演奏会、文京シビックホール
    170809     TW誕生日
    170809(水)17:16初音吹奏楽、府中の森芸術劇場ドリームホール
    170808(火)0930池谷医院
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170708(土)14:00在宅医療説明会(キララホール)
    170707(金)10:00池谷医院
    170706      TM誕生日
    170702(日) 集会感話
    170701      TT誕生日
    170630(金)12:20キララホールエントランスコンサート
    170628      IY誕生日
    170627(火)11:00 能城牧師来訪
    170625)日)10:10トミ子集会感話
    170625(日)14:00茅ヶ崎金子邸
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール


なぜだ!・・・不幸は納得できるか・・・ ++++++++ 所感

2015/11/03 06:33

151103(火)文化の日、46回目の結婚記念日。感謝●キリスト者の皆様お早うございます。NHKFMのクラシック番組「きらクラ」(日曜午後、月曜朝再放送)に「勝手に名付け親」というコーナーがある。昨日はブラームスの交響曲第4番冒頭のメロディーに「なぜなの。どうして?」という題名をつけたものが当選した。●これを聞いて、私の出会った数々の不幸に見舞われた人々のことを思った。父親の病気で進学できず、「悔しい」と言って泣いた人、「俺の母親は本当の母親ではないのだ。高橋君、一度教会というところに連れて行ってくれないか」と言った人、もの心ついたら女中に「あなたの母親は本当の母親ではない」と告げ口された人、夫人が不治の病になり、「神がいるなら抗議したい」と私に食ってかかった人、シングルマザーの星のもとに育った人、父親が家から出て行った人。早くに父親が亡くなった人、結婚に失敗して人生の汚点を悔やんでいる人・・・・。「悲しむ者は幸いか」。「神や信仰や聖書などクソクラエ!」「この不幸はなぜだ!納得できない」。私は彼らのその後の魂の消息は知らない。彼らは自分の不幸を納得できたか!神のみぞ知る●人間誰にでもあるこの不幸に対してはなまじの人間のなぐさめの言葉では納得できない。聖書の「言葉」でもだ。●ヒルティの幸福論は「不幸は幸福のために必要である」というのが基調であるが、不幸の当事者にはそのヒルティという人間の「言葉」にも納得できない。●ではこの人生最大の難問は誰が納得させてくれるのか。涙を拭いてくれるか。神の子イエスの「主の言葉」に取りすがって聞こう。

塚本訳 マタ 11:28
11:28 さあ、疲れている者、重荷を負っている者はだれでも、わたしの所に来なさい、休ませてあげよう。


●イエスは泣いている人に具体的に奇跡を起こして多くの病を直した。しかし人間はその不幸が直されると、神や信仰は忘れる。教会や集会から離れる。●不幸の中でも罪を清められた人、赦された人は、生涯神を離れない。離れられない(ロマ書35節)次の主の言葉はこの観点から理解できる。貧乏や家庭の不幸は最大の不幸ではない。

塚本訳 マコ 14:7-9
14:7 貧乏な人はいつもあなた達と一しょにいるから、したい時に慈善をすることが出来る。だがわたしはいつも一しょにいるわけではない。
14:8 この婦人はできるかぎりのことをした。──前もってわたしの体に油をぬって、葬る準備をしてくれたのである。
14:9 アーメン、わたしは言う、世界中どこででも(今後)福音の説かれる所では、この婦人のしたことも、その記念のために(一しょに)語りつたえられるであろう。」



●この世的な不幸はこの世的なことで満たされれば神など必要ではないが、それは真の幸福ではない。また渇く。罪の赦しは渇かない。

塚本訳 ヨハ 4:13-14
4:13 イエスは答えられた、「この(井戸の)水を飲む者はだれでもまた渇くが、
4:14 わたしが与える水を飲む者は永遠に渇かない
。そればかりでなく、わたしが与える水は、その人の中で(たえず)湧き出る水の泉となって、永遠の命に至らせるであろう。」



●不幸の人、パウロは次のように言う。


塚本訳 ロマ 8:35-39
8:35 (このゆえに)だれがキリストの(わたし達を愛する)愛から、わたし達を引き離すことができるか。苦しみか、悩みか、迫害か、飢えか、裸か、危険か、剣か。
8:36 こう書いてある。──『あなた[神]のためにわたし達は一日中死の危険にさらされている、わたし達は屠られる羊のように考えられた。』
8:37 (もちろん、引き離すことのできるものはない。)そればかりか、わたし達を愛して(十字架につけられて)くださった方により、これらすべての(苦難の)中にあって、わたし達は悠々と勝つことができる。
8:38 なぜなら、わたしは確信している、死んでも命でも、天使でも支配(天使)でも、現在起こっていることでも将来起こることでも、権力(天使)でも、
8:39 高い所のものでも低い所のものでも、その他どんな創造物でも、わたし達の
主キリスト・イエスによる神の愛から、わたし達を引き離すことはできない。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想おわり。

●10:15 妻は秋川市民文文化祭でコーラス。「旅愁」を歌うために出発
●10:20 私は南原繁研究会 学士会館に出発


●新約聖書一日一節黙想 ルカ4:34
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

塚本訳 ルカ 4:34

4:34 「ああ、ナザレのイエス様、『放っておいてください。』わたしどもを滅ぼしに来られたのか。あなたがだれだか、わたしにはわかっています。神の聖者(救世主)です。」

 

●イエスを神の子と認めたのは「悪霊」。ダメ人間ほどイエスの本性がわかる。

●敵はよくこちらの本質を見抜く。●敵はただで真理を教えてくれる。

 

塚本訳 マタ 9:27

9:27 そこから出かけられると、二人の盲人が「ダビデのお子様、どうぞお慈悲を」と言って叫びながら、イエスについて来た。

 

塚本訳 ルカ 17:15-18

17:15 ところでそのうちの一人は自分が直ったのを見ると、大声で神を讃美しながら帰ってきて、

17:16 イエスの足下にひれ伏してお礼を言った。それはサマリヤ人であった。

17:17 イエスは言われた、「十人とも清められたのではなかったか。九人はどこにいるか。

17:18 この外国人一人のほかには、(九人のユダヤ人のうちに)帰ってきて神に栄光を帰する者はだれもないのか。」

 

塚本訳 マタ 8:28-34

8:28 かくて向う岸、ガダラ人の地にお着きになると、悪鬼につかれた者が二人、墓場から出てきてイエスを迎えた。彼らは非常に狂暴で、だれもその道を通ることが出来なかった。

8:29 彼らはいきなり叫んだ、「神のお子様、『放っておいてください。』まだ時でもないのに、わたしどもを苦しめるためにここに来られたのか。」

8:30 折から、はるかかなたに多くの豚の群が草を食っていた。

8:31 悪鬼どもは、「わたしどもを追い出されるなら、あの豚の中にやってください」と願った。

8:32 イエスが「行ってよろしい」と言われると、悪鬼どもは(二人から)出ていって豚に入った。すると群衆は皆(気がちがったように)けわしい坂をどっと湖へなだれこみ、水の中で死んでしまった。

8:33 豚飼たちは逃げ出して町に行き、ことの一部始終、ことに悪鬼につかれていた者に起ったことを知らせた。

8:34 すると町中(の者)がイエスに会いに出てきて、イエスに会うと、その土地を去られるようにと頼んだ。

 

塚本訳 ルカ 7:37-38

7:37 すると、その町に一人の罪の女がいた。イエスがパリサイ人の家で食卓についておられることを知ると、香油のはいった石膏の壷を持ってきて、

7:38 泣きながら後ろからイエスの足下に進み寄り、しばし涙で御足をぬらしていたが、やがて髪の毛でそれをふき、御足に接吻して香油を塗った。

 

塚本訳 マタ 27:54

27:54 百卒長および一しょにイエスの見張りをしていた兵卒らは、地震とこれらの出来事とを見てすっかり恐ろしくなり、「この人は、確かに神の子であった」と言った。

 

塚本訳 ヨハ 3:17-21

3:17 神は世を罰するためにその子を世に遣わされたのではなく、子によって世を救うためである。

3:18 彼を信ずる者は罰されない。信じない者は(今)すでに罰されている。彼を神の独り子として信じていないからである。

3:19 すなわち、光が世に来たのに、人々は自分たちの行いが悪いので、光よりも暗さの方を愛したこと、それが罰である。

3:20 悪いことをしている者は皆、光を憎んで光に来ない。自分の行いが明るみに出されたくないのである。

3:21 これと反対に、真理を行っている者は、光に来る。自分の行いが神にあってなされたことを、現わしたいのである。」

 

●翻訳比較

 

岩波翻訳委員会訳1995

420434「へえ、ナザレ人イエスよ、お前は俺たちとなんの関係があるのだ。お前は俺たちを滅ぼしに来たのか。俺はお前が何者か知っているぞ、神の聖者だ」。

 

新共同訳1987

4:34 「ああ、ナザレのイエス、かまわないでくれ。我々を滅ぼしに来たのか。正体は分かっている。神の聖者だ。」

 

前田訳1978

4:34 「ああ、何のご用ですか、ナザレのイエス。われらを退治においでですか。あなたがどなたか知っています。神の聖者です」と。

 

新改訳1970

4:34 「ああ、ナザレ人のイエス。いったい私たちに何をしようというのです。あなたは私たちを滅ぼしに来たのでしょう。私はあなたがどなたか知っています。神の聖者です。」

 

塚本訳1963

4:34 「ああ、ナザレのイエス様、『放っておいてください。』わたしどもを滅ぼしに来られたのか。あなたがだれだか、わたしにはわかっています。神の聖者(救世主)です。」

 

口語訳1955

4:34 「ああ、ナザレのイエスよ、あなたはわたしたちとなんの係わりがあるのです。わたしたちを滅ぼしにこられたのですか。あなたがどなたであるか、わかっています。神の聖者です」。

 

文語訳1917

"420434","『ああ、ナザレのイエスよ、我らは汝となにの關係あらんや。我らを亡さんとて來給ふか。我はなんぢの誰なるを知る、神の聖者なり』"

 

●BbB、TSK、黒崎を見て心に響くものをピックアップ

 

塚本訳 マコ 1:23-25

1:23 そのとき、その礼拝堂に汚れた霊につかれた一人の人がいたが、たちまち声をあげて叫んで

1:24 言った、「ナザレのイエス様、『放っておいてください。』わたしどもを滅ぼしに来られたにちがいない。あなたがだれだか、わたしにはわかっています。神の聖者(救世主)です。」

1:25 イエスは「黙れ、その人から出てゆけ」と言って叱りつけられた。

 

塚本訳 使  3:14-15

3:14 ほんとうにあなた達はあの聖なる人、正しい人を否認し、人殺し(のバラバの方)をゆるしてもらうようにと(総督に)願って、

3:15 (とうとう)命の先達(であるイエス)を殺してしまった。しかし神はその方を、死人の中から復活させられました。わたし達はそのことの証人です。

 

塚本訳 ルカ 8:37

8:37 ゲラサ地方の住民は皆すっかりおびえ切って、イエスに自分たち(の所)からでて行ってもらいたいと頼んだ。そこでイエスは舟に乗って帰られた。

 

塚本訳 使  16:39

16:39 来て二人を宥め、(牢から)つれだした上、町を立ち去ってもらいたいと頼んだ。

 

塚本訳 マタ 8:29

8:29 彼らはいきなり叫んだ、「神のお子様、『放っておいてください。』まだ時でもないのに、わたしどもを苦しめるためにここに来られたのか。」

 

塚本訳 マコ 1:34

1:34 イエスはさまざまな病気にかかっている大勢の病人をなおし、多くの悪鬼を追い出された。そして悪鬼どもがイエスを(救世主と)知っているので、口をきくことをお許しにならなかった。

 

塚本訳 マコ 5:7

5:7 大声で叫んだ、「いと高き神の子のイエス様、『放っておいてください。』後生だから、どうぞわたしを苦しめないでください。」

 

塚本訳 ルカ 4:41

4:41 悪鬼も、「あなたは神の子だ」と叫びながら多くの人から出ていった。イエスは悪鬼どもが救世主だと知っているので、これを叱りつけ、口をきくことをお許しにならなかった。

 

塚本訳 ルカ 8:28

8:28 イエスを見ると、叫びながらその前にひれ伏し、大声で言った、「いと高き神の子のイエス様、『放っておいてください。』お願いです、わたしを苦しめないでください。」

 

塚本訳 ヤコ 2:19

2:19 君は神は唯一であると信ずるか。それはよいことである。(しかしその信仰だけでは足りない。)鬼ですら(それを)信じて慄くのである。

 

塚本訳 ルカ 1:35

1:35 天使が答えた、「聖霊があなたの上に臨み、いと高きお方の力があなたを掩いかくすであろう。それゆえ(あなたから)生まれるものは、『聖』であり、神の子『と呼ばれる。』

 

塚本訳 使  2:27

2:27 あなたはわたしの魂を黄泉に捨ておくことはなく、あなたの聖者(救世主)を朽ち果てさせることもないから。

 

塚本訳 使  3:14

3:14 ほんとうにあなた達はあの聖なる人、正しい人を否認し、人殺し(のバラバの方)をゆるしてもらうようにと(総督に)願って、

 

塚本訳 使  4:27

4:27 (そして、この預言は成就しました。)実際ヘロデ[アンテパス](王)と(総督)ポンテオ・ピラトとは』異教人らや』イスラエル人の『民ども』と共に、『あなたに油を注がれて(救世主として聖別され)た、』あなたの聖なる僕イエスに敵対してこの(エルサレムの)都に『集まり、』

 

塚本訳 黙  3:7

3:7 また、ヒラデルヒヤ教会の御使いに(手紙を)書け、聖なる者、真実なる者、ダビデの(家の)鍵を有ち、開けば閉ずる者なく、閉ずれば開く者なき者がこう言うと──

 

塚本訳 マタ 2:23

2:23 ナザレという町に行って住んだ。「彼はナザレ人と言われる」と、預言者たちをもって言われた言葉が成就するためであった。

 

塚本訳 ヨハ 6:69

6:69 あなたこそ神の聖者(救世主)であると、わたし達は信じております。また知っております。」

口語訳 Ⅰ列 17:18

17:18 彼女はエリヤに言った、「神の人よ、あなたはわたしに、何の恨みがあるのですか。あなたはわたしの罪を思い出させるため、またわたしの子を死なせるためにおいでになったのですか」。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新約聖書一日一節黙想 ルカ4:34 おわり

●13:00学士会館で南原繁研究会。出席者約200名。主題講演加藤陽子(東大教授)。後半は若手のパネリストによるシンポジウム。福音が政治学の専門家の中に浸透しているのは頼もしいことだ。しかし、南原の思想は内村鑑三の再臨思想にもとづいていると言われるので、南原を真に理解するためには正統信仰(処女降誕、十字架、有体的復活、有体的再臨)を信じなければならない。帰宅19:15。


2015_11030003.jpg 

秋の奥多摩連山

2015_11030005.jpg 

秋の竹橋交差点



スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<ボロボロ人生の慰め・・・イエスは神の子と信じらた人の生涯は成功・・・ | Top | 永遠の命・復活の命・・・キリスト者は老いても精神は衰えず・・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/3787-b1993b2b
FC2blog user only
| Top |
0814