to 日記と感想 身体のよみがえりと永遠の命を信ず・・・古代教会からの信仰告白・・・
Top | RSS | Admin

2017.05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.07


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170812(土)14:00お江戸こらりあーず演奏会、文京シビックホール
    170821(土)15:00お江戸コラリアーズ定期演奏会、文京公会堂
    170809     TW誕生日
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170708(土)14:00在宅医療説明会(キララホール)
    170707(金)10:00池谷医院
    170706      TM誕生日
    170702(日) 集会感話
    170701      TT誕生日
    170630(金)12:20キララホールエントランスコンサート
    170628      IY誕生日
    170627(火)11:00 能城牧師来訪
    170625)日)10:10トミ子集会感話
    170625(日)14:00茅ヶ崎金子邸
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール
    170610(土)14:00内村鑑三セミナー、立教大学12号館。矢田部、椚」山
    170609(金)   TS命日
    170608(木)12:15ボリショイ「白鳥の湖」、東京文化会館
    170707(水)10:00池谷医院
    170604(日)10:00集会感話、
    170604(日)16:30近藤恵邸起工式、福島市。
    170530(火)14:00田岡氏来訪
    170527(土)14:00今井館ピアノコンサート
    170521(日)14:00新宿フィル、ブラームス1番、レスピーギ「鳥」「ローマの松」。和田睦夫
    170425       TN)誕生日
    150420(木)09:30阿伎留センター泌尿器科)
    170416(日)14:00武蔵野室内合奏団、杉並公会堂(大坪満子)


身体のよみがえりと永遠の命を信ず・・・古代教会からの信仰告白・・・ ++++++++ 所感

2015/11/13 06:29

151113(金)キリスト者の皆様お早うございます。3時半起床●集会の御高齢でお体のご不自由な方から「肉体の衰えと永遠の生命」につiいて話すように要望があったので、次回11月29日の感話をまとめた。●古代教会の信仰告白には「身体のよみがえりと永遠の命」の文言が濃厚である。これは超高齢社会の日本人に最も大切な事であると思う。老人に元気を与え、慰めるものはこの信条である。今朝はその資料の内第⑥と第⑦を掲げよう。●古代教会の信仰告白と信条は聖書に源流がある。


11月29日東京聖読者会感話準備資料の一部
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

聖書で聖書を読む 
 

「こわれ」ゆく肉体と身体の復活。永遠の命の希望。

・・・キリスト信者は老いても信仰は衰えない・・・

 

東京聖書読者会 2015.11.29 高橋照男


①宿命としての肉体の寿命。「こわれ」ゆく肉体。

 

 

②イエスは長患いの人に目を止めて、罪から救った。神の子は父の心を地上に現した

 

 

③人間に死があるのは「命の木」からも取って食べようとして「永久に生きる」者になり、主権が脅かされるかもしれないと思った神の恐怖。エデンからの追放が死の象徴

 

 

④罪が赦されると病気は癒され、死からも解放されて永遠に生きる者となる。

 

 

⑤人間は生まれたままでは罪によって霊魂が死んでいる。キリストを信じると神の霊が注がれ新しく生まれ変わる。その霊は再臨と共に復活のときに有体的に復活する。

 

 

⑥神は個別的に導き、復活と再臨と永遠の命を信じられるようにしてくださる。

 

 

⑦キリスト信者は贖われて、主の有体的再臨と共に身体が有体的に復活させられ、永遠に生きる。三位一体の真理はその信仰のゆるぎない根拠。

 

塚本訳 Ⅰコリ15:42-49

15:42 死人の復活もこのようである。(一つの体が死んで別の体が生まれる。)死滅の姿でまかれて不滅の姿に復活する。

15:43 恥辱の姿でまかれて栄光の姿に復活する。弱さの姿でまかれて力の姿に復活する。

15:44 (神の霊を持たない)魂だけの体がまかれて霊の体が復活する。魂だけの体がある以上は霊の体もあるわけである。

15:45 (聖書にも)このように書いてある、「最初の『人』アダム『は魂だけの生きものになり』、最後のアダム[キリスト]は命を与える霊になった」と。

15:46 しかし霊のものが最初でなく、魂だけのものであり、その次に霊のものである。

15:47 最初の『人は地から出て土で出来たものであり』、第二の人は天の出である。

15:48 土の人たちはこの土の人(アダム)のようであり、天の人たちはこの天の人(キリスト)のようである。

15:49 こうしてわたし達は土の人の姿を帯びたように、(復活の時は)天の人の姿を帯びるであろう。

 

塚本訳テサ4:14
4:14
私達が信ずるようにもしイエスが死んで復活し給うたならば、神はイエスによって眠った者をも同様にイエスと共に連れ来たり給うであろうから。

塚本訳コリ6:14
6:14
そして
神は主を生きかえさらせたばかりか、(最後の日には)わたし達(の体)をも御力をもって生きかえらせてくださるのである。

塚本訳ペテ1:3-5
1:3
讃美すべきかな、我らの主イエス・キリストの父なる神!彼は大なる憐憫により、
イエス・キリストが死人の中から復活し給うたことをもって、私たちを活ける希望に新しく生み、
1:4
君達のために
天に保管されている、朽ちぬ、穢れぬ、萎まぬ相続財産に与らせ給うたのである。
1:5
(そして)君達は
最後の時に顕れる準備の(既に)出来ている救いに入るために、信仰によって神の力に護られる。

 

塚本訳ペテ1:8
1:8
君達は
彼を(目のあたり)見たことはないが、(これを)愛し、今も見ることは出来ないが、(これを)信じて、(既にかの日の)輝きに満ちた、言語に絶する喜悦を喜んでいる。

 

塚本訳 ルカ 12:4

12:4 あなた達、わたしの友人に言う、体を殺しても、そのあと、それ以上には何もできない者を恐れるな。

 

塚本訳 マタ 16:24-25

16:24 あとでイエスは弟子たちに言われた、「だれでも、わたしについて来ようと思う者は、(まず)己れをすてて、自分の十字架を負い、それからわたしに従え。

16:25 (十字架を避けてこの世の)命を救おうと思う者は(永遠の)命を失い、わたしのために(この世の)命を失う者は、(永遠の)命を得るのだから。

 

塚本訳 ヘブ 11:35-36

11:35 婦人たちはその死んだ者を復活させてもらった。しかしほかの(男の)人々は、それにまさる復活に達するため、釈放を願わずに、車裂きにされた。
11:36 また他の人々は、嘲りや鞭打ちや、そのほか縄目や牢の試みを受けた。

⑦古代教会の信仰告白

 

①ローマ信条(使徒信条の源流)2世紀中ごろ

             ・・・・身体のよみがえり〔永遠の生命〕を信ず

 

②使徒信条。2世紀

        ・・・・・・・・・・・身体のよみがえり、永遠の命を信ず

 

③ニカイアコンスタンティノポリス信条。4世紀

・・・・・・・死人の復活と、来たるべき世の生命を待ち望む

 

④アタナシウス信条(トレド会議版)。5~6世紀

・・・来たるべき(異本、人間のまことの))肉体の甦りを信ず

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
11月29日感話準備資料の一部おわり

●8:30 妻は郷里の妹が東京に出てくるので会いに行く。「ゆっくりしてきな。」と送り出した。人は郷里の人に会う時は心がウキウキするようだ。

●新約聖書一日一節黙想 ルカ4:43
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

塚本訳 ルカ 4:43

4:43 イエスは彼らに言われた、「わたしはほかの町々にも、神の国の福音を伝えねばならない。そのために遣わされたのだから。」

 

●イエスにとって「ほかのまちまち」とはどこか。

 

塚本訳 マタ 10:5-6

10:5 イエスはこの十二人に次のように命じて(伝道に)派遣された。──「(国を離れてはいけない。)異教人の所へ行くな、またサマリヤ人の町に入るな。

10:6 ただ、イスラエルの家のいなくなった羊(だけ)に行け。

 

塚本訳 マタ 15:23-26

15:23 しかしイエスは一言も答えられなかった。弟子たちが来て、願って言った、「願いをかなえてやって、(早く)この女を追い払ってください。どなりながらついて来ますから。」

15:24 イエスは答えられた、「わたしはイスラエルの家のいなくなった羊だけにしか、遣わされていない。」

15:25 するとその女が来て、しきりに願って言った、「主よ、お助けください。」

15:26 イエスは答えられた、「子供たちのパンを取り上げて、(異教の)小犬どもに投げてやるのはよろしくない。」

 

塚本訳 マタ 8:5-7

8:5 カペナウムに帰られると、一人の百卒長がそばに来て願って

8:6 言った、「主よ、うちの下男が中風で家にねていて、ひどく苦しんでおります。……」

8:7 彼に言われる、「(ユダヤ人の)このわたしが、(異教人のあなたの家に)行ってなおすのか。」

 

塚本訳 マタ 28:18-19

28:18 イエスは近寄ってきて十一人に言われた、「(いまや)天上地上一切の権能が、(父上から)わたしに授けられた。

28:19 それゆえに、行ってすべての国の人を(わたしの)弟子にせよ、父と子と聖霊の名で洗礼を授け、塚本訳マタ 28:18-20

28:18 イエスは近寄ってきて十一人に言われた、「(いまや)天上地上一切の権能が、(父上から)わたしに授けられた。

28:19 それゆえに、行ってすべての国の人を(わたしの)弟子にせよ、父と子と聖霊の名で洗礼を授け、

28:20 わたしがあなた達に命じたことを皆守るように教えながら。安心せよ、世の終りまでいつもわたしがあなた達と一しょにいるのだから。」

 

塚本訳 ヨハ 4:9-10

4:9 サマリヤの女が言う、「ユダヤ人のあなたが、どうしてサマリヤの女のわたしに、飲み物をお求めになるのです。」(女が不審に思ったのは、)ユダヤ人はサマリヤ人と交際をしないからである。

4:10 イエスは答えられた、「もし神の(賜わる最上の)賜物が何であるか、『飲ませてくれないか』と(今)あなたに言っている者がだれであるかがあなたにわかっていたら、あなたの方からその人に頼み、その人があなたに清水[命の水]を与えたであろうに。」

 

塚本訳 ヨハ 12:20-23

12:20 この祭にお参りするため上ってきた人たちの中に、数人の(改宗した)異教人があった。

12:21 ガリラヤのベッサイダの人ピリポの所に来て、こう言って頼んだ、「君、イエスにお会いしたいのですが。」

12:22 ピリポは行ってアンデレに話し、アンデレはピリポと行ってイエスに話した。

12:23 するとイエスは(非常に感動して)二人に答えられる、「人の子(わたし)が栄光を受ける時がついに来た。

 

塚本訳 マコ 15:38-39

15:38 (その途端に、)宮の(聖所の)幕が上から下まで真っ二つに裂けた。

15:39 イエスと向かい合ってそばに立っていた百卒長は、こんなにして息が絶えたのを見て、「この方は確かに神の子であった」と言った。

 

塚本訳 使  13:46

13:46 そこでパウロとバルナバとは公然こう宣言した、「神の言葉は(お約束どおり)まず第一に、君たち(ユダヤ人)に語られねばならなかった。(だから、そうしたのだ。)しかし君たちがそれをはねつけ、自分で自分を永遠の命にふさわしからぬ者とするので、それでは、よし、異教人(の伝道)へ方向をかえる。

 

塚本訳 Ⅰコリ1:23-24

1:23 わたし達は十字架につけられたキリストのこと(だけ)を説く。すなわち、ユダヤ人にはつまづき、異教人には馬鹿なことであるけれども、

1:24 (神に)召された者だけには、ユダヤ人、異教人の別なく、(これこそ)神の力、また神の知恵なるキリストを(説くのである)。

 

●翻訳比較

 

岩波翻訳委員会訳1995

420443彼はしかし、彼らに対して言った、「他の町々でも、私は神の王国〔の福音〕を告げ知らせねばならない。そのためにこそ、私は遣わされたからだ」。

 

新共同訳1987

4:43 しかし、イエスは言われた。「ほかの町にも神の国の福音を告げ知らせなければならない。わたしはそのために遣わされたのだ。」

 

前田訳1978

4:43 彼はいわれた、「ほかの町々にもわたしは神の国の福音を伝えねばならない。そのためにつかわされたのだから」と。

 

新改訳1970

4:43 しかしイエスは、彼らにこう言われた。「ほかの町々にも、どうしても神の国の福音を宣べ伝えなければなりません。わたしは、そのために遣わされたのですから。」

 

塚本訳1963

4:43 イエスは彼らに言われた、「わたしはほかの町々にも、神の国の福音を伝えねばならない。そのために遣わされたのだから。」

 

口語訳1955

4:43 しかしイエスは、「わたしは、ほかの町々にも神の国の福音を宣べ伝えねばならない。自分はそのためにつかわされたのである」と言われた。

 

文語訳1917

"420443","イエス言ひ給ふ『われ又ほかの町々にも神の國の福音を宣傳へざるを得ず、わが遣されしは之が爲なり』"

 

●BbB、TSK、黒崎を見て心に響くものをピックアップ

 

塚本訳 マコ 1:38

1:38 彼らに言われる、「さあ、どこかほかの近くの町々にも行って、そこで教えを説こうではないか。そのためにわたしは来たのだから。」

 

塚本訳 マコ 1:14-15

1:14 (洗礼者)ヨハネが牢に入れられた後、イエスはガリラヤにかえり、神の福音を説いて

1:15 言われた、「時は満ちた、神の国は近づいた。悔改めて福音を信ぜよ」と。

 

塚本訳 マコ 1:38

1:38 彼らに言われる、「さあ、どこかほかの近くの町々にも行って、そこで教えを説こうではないか。そのためにわたしは来たのだから。」

 

塚本訳 ヨハ 9:4

9:4 わたし達はわたしを遣わされた方の御業を昼の間にせねばならない。(すぐ)夜が来る。するとだれも働けなくなる。

 

塚本訳 Ⅱテモ4:2

4:2 御言を宣べよ、折よくも折悪くも(たえずそのために)準備して居れ。寛容と教訓の限りを尽くして咎め、叱り、(また)諭せ。

 

口語訳 イザ 42:1-4

42:1 わたしの支持するわがしもべ、わたしの喜ぶわが選び人を見よ。わたしはわが霊を彼に与えた。彼はもろもろの国びとに道をしめす。

42:2 彼は叫ぶことなく、声をあげることなく、その声をちまたに聞えさせず、

42:3 また傷ついた葦を折ることなく、ほのぐらい灯心を消すことなく、真実をもって道をしめす。

42:4 彼は衰えず、落胆せず、ついに道を地に確立する。海沿いの国々はその教を待ち望む。

 

口語訳 イザ 61:0-3

61:1 主なる神の霊がわたしに臨んだ。これは主がわたしに油を注いで、貧しい者に福音を宣べ伝えることをゆだね、わたしをつかわして心のいためる者をいやし、捕われ人に放免を告げ、縛られている者に解放を告げ、

61:2 主の恵みの年と/われわれの神の報復の日とを告げさせ、また、すべての悲しむ者を慰め、

61:3 シオンの中の悲しむ者に喜びを与え、灰にかえて冠を与え、悲しみにかえて喜びの油を与え、憂いの心にかえて、さんびの衣を与えさせるためである。こうして、彼らは義のかしの木ととなえられ、主がその栄光をあらわすために/植えられた者ととなえられる。

 

塚本訳 ヨハ 20:21

20:21 すると主はかさねて言われた、「平安あれ。父上がわたしを遣わされたように、わたしも(全権を授けて)あなた達を遣わす。」

 

塚本訳 ルカ 8:1

8:1 その後、イエスは町から町、村から村へと回りながら、神の国を説き、その福音を伝えられた。十二人(の弟子)がお供をした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新約聖書一日一節黙想 ルカ4:43終わり

●書庫の整理。整理には「術」がある。一旦全部出して仕訳整理し、必要なものを残して不要なものはすてる。その時は大切と思っていたものも、時間の経過とともにその必要性が薄れるものがある。本もそうだから次第に本の整理もしよう。

●15:00 山川歯科。歯の老化。










スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<三位一体の真理証明・・・キリスト信者の殉教の生涯・・・ | Top | 神の所有物なる民・・・顔の輝きの秘密・・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/3798-7bb4afad
FC2blog user only
| Top |
0814