to 日記と感想 三位一体の真理証明・・・キリスト信者の殉教の生涯・・・
Top | RSS | Admin

2017.09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.11


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171030(月)10:00 聖路加 桑本先生
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170824(木)12:10キララホールエントランスコンサート、マリンバ
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170813(日)10:30ナザレン教会浦和教会
    170813(日)14:00比企紀和君
    170812(土)14:00お江戸こらりあーず演奏会、文京シビックホール
    170809     TW誕生日
    170809(水)17:16初音吹奏楽、府中の森芸術劇場ドリームホール
    170808(火)0930池谷医院
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170708(土)14:00在宅医療説明会(キララホール)
    170707(金)10:00池谷医院
    170706      TM誕生日
    170702(日) 集会感話
    170701      TT誕生日
    170630(金)12:20キララホールエントランスコンサート
    170628      IY誕生日
    170627(火)11:00 能城牧師来訪
    170625)日)10:10トミ子集会感話
    170625(日)14:00茅ヶ崎金子邸
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール


三位一体の真理証明・・・キリスト信者の殉教の生涯・・・ ++++++++ 所感

2015/11/14 05:30

151114(土)キリスト者の皆様お早うございます。今朝は3時半に目覚めて次回感話の原稿を推敲。頭は朝に回転する。


11月29日集会感話原稿、タイトルのみを掲げる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

聖書で聖書を読む  

「こわれ」ゆく肉体と身体の復活。「永遠の命」の実在証明

・・・キリスト信者は老いても信仰は衰えない・・・

 

東京聖書読者会 2015.11.29 高橋照男

①キリスト教各派が依拠する古代教会の信条には必ず「身体のよみがえり」の告白が見られる。各信条は聖書が原点。無教会はその聖書そのものが信条。

 

②聖書に見られる寿命の概念。肉の命には限界がある。「こわれ」(塚本訳)ゆく肉体。

 

 

③イエスは長患いの人に目を止めて、罪から救った。それは永遠の命の暗示

 

 

④人間に死があるのは人類の祖であるアダムが「命の木」からも取って食べようとして神抜きで「永久に生きる」者となろうとしたことに対する神の怒り。神への反抗が罪で、それが死の原因。

 

 

⑥人は生まれたままでは罪によって霊魂が死んでいる。キリストの贖いを信じると神の霊が注がれ新しく生まれ変わる。その霊は再臨と共に有体的に復活させられる。

 

 

⑦神は事件を起こして失われた人間を個別的に導き、永遠の命に導かれる。救いの担保は聖霊。これが三位一体の必要性。

 

 

⑧キリスト信者は贖われて、主の有体的再臨と共に身体が有体的に復活させられ、永遠に生きる。三位一体の真理はその信仰のゆるぎない根拠。この真理が世を救う。信者はその真理の証明のための殉教の生涯。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

11月29日集会感話原稿、タイトルのみ終わり


●聖書解読の王道は、タテ、ヨコ、アチコチ読む。

タテに読むとは通読すること。ヨコに読むとは翻訳比較をすること。ただし日本語で。トビトビに読むとは霊に導かれて自分の頭に浮かぶところをアチコチ飛び飛びに読むこと。この三点、決して人間の書いたものを読まない。第一に面白くない、力がない。今朝はその第三点のアチコチを飛び飛びに読むことの効力について聖書的根拠を黙想しよう。


塚本訳 マタ 18:16
18:16 しかし(どうしても)聞かないなら、ほかに一人か二人、一しょに連れてゆくがよい。『すべてのことは、二人もしくは三人の証言によって定められる』(というモーセの掟に従う)ためである。


塚本訳 マタ 26:62
26:62 そこで大祭司は立ち上がってイエスに言った、「何も答えないのか。この人たちは(あんなに)お前に不利益な証言をしているが、あれはどうだ。」


塚本訳 マタ 27:12-13
27:12 大祭司連、長老たちから(いろいろと)訴えられたが、何もお答えにならなかった。
27:13 するとピラトが言った、「あんなにお前に不利益な証言をしているのが聞えないのか。」


塚本訳 マコ 14:55-56
14:55 大祭司連をはじめ全最高法院は、イエスを死刑にするためしきりにイエスに不利な証言をさがしたが、見つからなかった。
14:56 イエスに不利な偽証をする者は多かったが、その証言は合わなかったのである。


塚本訳 マコ 14:60
14:60 そこで大祭司は立ち上がり、真中に進み出てイエスに問うた、「何も答えないのか。この人たちは(あんなに)お前に不利益な証言をしているが、あれはどうだ。」


塚本訳 ルカ 22:71
22:71 すると彼らが言った、「これ以上、なんで証言の必要があろう。われわれが(直接)本人の口から聞いたのだから。」


塚本訳 ヨハ 8:16-17
8:16 しかしたとえ裁いても、わたしの裁きは真実である。わたしはひとりではなく、わたしと、わたしを遣わされた方と(二人)であるから。
8:17 あなた達の律法にも、『二人の証言は信用すべきである』と書いてあるではないか。

口語訳 申  17:6
17:6 ふたりの証人または三人の証人の証言によって殺すべき者を殺さなければならない。ただひとりの証人の証言によって殺してはならない。

塚本訳 ヘブ 10:28
10:28 モーセの律法をないがしろにする者があれば、憐れみなく、』『二人もしくは三人の証人(の証言)によって死ぬのである。』

口語訳 申  19:15
19:15 どんな不正であれ、どんなとがであれ、すべて人の犯す罪は、ただひとりの証人によって定めてはならない。ふたりの証人の証言により、または三人の証人の証言によって、その事を定めなければならない。


塚本訳 Ⅱコリ13:1
13:1 わたしはあなた達の所にこれで三度目の訪問をする。『すべての事は、二人もしくは三人の証人の証言によって定められる』(と律法にあるではないか、三度の訪問が三人の証言に当る。)

塚本訳 マタ 18:20
18:20 二人、三人、わたしの名によって集まっている所には、わたしがいつもその真中にいるのだから。」


塚本訳 Ⅰコリ14:29
14:29 預言者も、二人か三人語れ、ほかの(預言する)者たちはそれを判断せよ。


塚本訳 Ⅰテモ5:19
5:19 長老に対する訴えは『二人または三人の証人』が無ければ受け付けるな。

塚本訳 ヘブ 10:28
10:28 モーセの律法をないがしろにする者があれば、憐れみなく、』『二人もしくは三人の証人(の証言)によって死ぬのである。』

塚本訳 ヤコ 5:14-15
5:14 君達の中に病んでいる者があるのか、その人は教会の長老を呼び、長老たちは主の名により油を塗って、その人のことを祈ったがよかろう。
5:15 信仰(による真)の祈りは病人を癒し、主は彼を立たせ給うであろう。そしてもし罪を犯して居るならば、赦されるであろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想おわり。

●新約聖書一日一節黙想 ルカ4:44
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

塚本訳 ルカ 4:44

4:44 それからユダヤ(人の国のあちらこちら)の礼拝堂で教を説いておられた。

●福音書における礼拝堂(塚本訳)全部掲。礼拝堂という場所は大切。

●イエスの活動の本拠地は礼拝堂であった。イエスには常に念頭に礼拝堂にあった

●ユダヤの地とはガリラヤだけ(マルコ139)だけではなくパレスチナ全体。

●諸会堂か礼拝堂か

 

塚本訳 マタ 4:23

4:23 それからガリラヤ中を回りながら、その礼拝堂で教え、御国の福音を説き、また人々の中のありとあらゆる病気や煩いをなおされた。

 

塚本訳 マタ 6:2

6:2 だからあなたが施しをする時には、偽善者のように、自分の前にラッパを吹きならして(吹聴して)はならない。彼らは人に褒められようとして、礼拝堂や町の中でそうするのである。アーメン、わたしは言う、彼らは(褒められたとき、)すでに褒美をもらっている。

 

塚本訳 マタ 6:5

6:5 また祈る時には、偽善者のようにしてはならない。彼らは人に見せようとして、礼拝堂や大通りの角に立って祈ることを好むのである。アーメン、わたしは言う、彼らは(褒められた時、)すでに褒美をもらっている。

 

塚本訳 マタ 9:18

9:18 こう話しておられると、そこに一人の(礼拝堂の)役人が進み出て、しきりに願って言った、「わたしの娘がたったいま死にました。それでも、どうか行って、手をのせてやってください。そうすれば生き返りますから。」

 

塚本訳 マタ 9:35

9:35 それからイエスは町や村をのこらず回りながら、その礼拝堂で教え、御国の福音を説き、またありとあらゆる病気や煩いをなおされた。

 

塚本訳 マタ 10:17

10:17 人々に気をゆるすな。あなた達を裁判所に引き渡し、礼拝堂で鞭打つからである。

 

塚本訳 マタ 12:9

12:9 そこを去って、(ある安息日に)礼拝堂に入られた。

 

塚本訳 マタ 13:54

13:54 郷里(ナザレ)に行ってその礼拝堂で教えられた。すると人々が驚いて言った、「この人はどこからこの知恵と、奇蹟とを覚えてきたのだろう。

 

塚本訳 マタ 23:6

23:6 また宴会の上座や礼拝堂の上席、

 

塚本訳 マタ 23:34

23:34 だから、わたしが預言者や知者や聖書学者を派遣すると、君たちはそのある者を殺し、また十字架につけ、ある者を礼拝堂で鞭打ち、また町から町へと(追いまわして)迫害するであろう。

 

塚本訳 マコ 1:21

1:21 彼らは(湖畔の町)カペナウムに着いた。イエスはさっそく(次の)安息日に礼拝堂に入って教えられた。

 

塚本訳 マコ 1:23

1:23 そのとき、その礼拝堂に汚れた霊につかれた一人の人がいたが、たちまち声をあげて叫んで

 

塚本訳 マコ 1:29

1:29 イエスは礼拝堂を出ると、すぐヤコブとヨハネとをつれて、シモンとアンデレとの家に行かれた。

 

塚本訳 マコ 1:39

1:39 それからガリラヤ中にあるその礼拝堂で教えを説き、悪鬼を追い出しておられた。

 

塚本訳 マコ 3:1

3:1 ふたたび(ある安息日に)礼拝堂に入られると、そこに片手のなえている人がいた。

 

塚本訳 マコ 6:2

6:2 安息日になって礼拝堂で教え始められると、大勢の人がそれを聞いて、驚いて言った、「この人はこんなことをどこから覚えてきたのだろう。この人の授かったこの知恵はなんだろう。また、その手で行われるかずかずのこんな奇蹟はいったいどうしたのだろう。

 

塚本訳 マコ 12:39

12:39 礼拝堂の上席、宴会の上座が好きである。

 

塚本訳 マコ 13:9

13:9 しかしあなた達は(こんな外の出来事よりも)自分のことに気をつけておれ。あなた達は裁判所に引き渡され、礼拝堂で打たれる。また、わたし(の弟子であるが)ゆえに、総督や王の前に立たされるであろう。これは、その人たちに(福音を)証しする(機会を与えられる)ためである。

 

ルカ  4: 15

イエスはあちらこちらの礼拝堂で教え、皆にあがめられた。

 

ルカ  4: 16

それからお育ちになったナザレに行って、安息の日にいつものとおり礼拝堂に入り、(聖書を)朗読しようとして立たれた。

 

ルカ  4: 20

イエスは(読み終ると、)聖書を巻き、係の者に返して坐られた。礼拝堂にいる者の目が皆彼にそそがれた。

 

ルカ  4: 28

これを聞くと、礼拝堂にいた者が皆非常に憤慨し、

 

ルカ  4: 33

そのとき、礼拝堂に汚れた悪鬼の霊につかれた一人の人がいたが、大声をあげて叫んだ、

 

ルカ  4: 38

イエスは立って礼拝堂を出て、シモンの家に入られた。シモンの姑がひどい熱病に苦しんでいた。人々が彼女のことを願うと、

 

ルカ  4: 44

それからユダヤ(人の国のあちらこちら)の礼拝堂で教を説いておられた。

 

ルカ  6: 6

またほかの安息日に、礼拝堂に入って教えられた。するとそこに一人の人がいて、右手がなえていた。

 

ルカ  7: 5

(異教人でありながら)わが国民に好意をもち、自分でわたし達に礼拝堂を建ててくれたのですから。」

 

ルカ  8: 41

するとそこに名をヤイロという人が来た。この人は礼拝堂の役人であった。イエスの足もとにひれ伏し、家に来ていただきたいと願った。

 

ルカ  11: 43

ああ禍だ、君たちパリサイ人!君たちは礼拝堂の上席や、市場で挨拶されることを好むからだ。

 

ルカ  12: 11

人々があなた達を礼拝堂や役所や官庁に引っ張っていった時には、いかに、何と弁明しようか、何を言おうかと、心配するな。

 

ルカ  13: 10

安息日にある礼拝堂で教えておられた。

 

ルカ  20: 46

「聖書学者に用心せよ。あの人たちは(人の目につくように)長い衣を着て歩くことが好きで、市場で挨拶されることや、礼拝堂の上席、宴会の上座を喜び、

 

ルカ  21: 12

しかしすべてこれらのことがある前に、人々はあなた達に手をかけて迫害する。すなわち礼拝堂や牢屋に引き渡し、またわたしゆえに、王や総督の前に引き出すであろう。

 

ヨハ  6: 59

これはカペナウムの礼拝堂で教えておられたときに、話されたものである。

 

ヨハ  9: 34

彼らも負けずに言った、「罪だらけで生まれたお前が、このわれわれを教えるのか。」そして彼を(礼拝堂)追放にした。

 

ヨハ  18: 20

イエスは答えられた、「わたしは世間にむかって公然と話した。わたしはいつも、ユダヤ人が皆集まる礼拝堂や宮で教えて、何一つ隠れて話したことはない。

 

●翻訳比較

 

岩波翻訳委員会訳1995

420444そしてユダヤの諸会堂において、宣教し続けた。

 

新共同訳1987

4:44 そして、ユダヤの諸会堂に行って宣教された。

 

前田訳1978

4:44 そしてユダヤの諸教会で教えを説いておられた。

 

新改訳1970

4:44 そしてユダヤの諸会堂で、福音を告げ知らせておられた。

 

塚本訳1963

4:44 それからユダヤ(人の国のあちらこちら)の礼拝堂で教を説いておられた。

 

口語訳1955

4:44 そして、ユダヤの諸会堂で教を説かれた

 

文語訳1917

"420444","かくてユダヤの諸會堂にて教を宣べたまふ。"

 

●BbB、TSK、黒崎を見て心に響くものをピックアップ

 

塚本訳 マコ 1:39

1:39 それからガリラヤ中にあるその礼拝堂で教えを説き、悪鬼を追い出しておられた。

 

塚本訳 マタ 12:9

12:9 そこを去って、(ある安息日に)礼拝堂に入られた。

 

塚本訳 マタ 4:23

4:23 それからガリラヤ中を回りながら、その礼拝堂で教え、御国の福音を説き、また人々の中のありとあらゆる病気や煩いをなおされた。

 

塚本訳 マコ 1:39

1:39 それからガリラヤ中にあるその礼拝堂で教えを説き、悪鬼を追い出しておられた。

 

塚本訳 ルカ 4:15

4:15 イエスはあちらこちらの礼拝堂で教え、皆にあがめられた。

 

塚本訳 ルカ 6:17

6:17 イエスはこの人々を連れて(山を)下り、平らな所にお立ちになった。大勢の弟子の群と、ユダヤ全国、ことにエルサレム、また(遠く)ツロ、シドンの沿岸から来た大勢の民衆の群も、

 

塚本訳 ルカ 7:17

7:17 イエスについてのこの(二つの)言葉は、ユダヤ(人の国)全体とその周囲いたる所に広まった。

 

塚本訳 ルカ 23:5

23:5 彼らはますます強く言い張った、「この男はユダヤ人(の国)全体に(自分の)教えを説いて民衆を煽動し、ガリラヤから始めてここまで来ている。」

 

塚本訳 使  10:37

10:37 あなた達は(洗礼者)ヨハネが洗礼を説いた後、ガリラヤから始まってユダヤ中にゆきわたった出来事を知っておられる。

 

塚本訳 使  10:39

10:39 ──(使徒たる)わたし達は、イエスがユダヤ人の地、ことにエルサレムでされた一切のことの証人です。──このイエスを人々は『(十字架の)木にかけて』処刑した。

 

塚本訳 使  26:20

26:20 まずダマスコとエルサレムとの人たちに、ユダヤ全国に、それから異教人に、悔改めて神に帰り、悔改めにふさわしいわざをするようにと告げました。

 

塚本訳 マタ 4:23

4:23 それからガリラヤ中を回りながら、その礼拝堂で教え、御国の福音を説き、また人々の中のありとあらゆる病気や煩いをなおされた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新約聖書一日一節黙想 ルカ4:44 終わり

●10:30 ふれあいセンターで「認知症行方不明者1万人」の講演を聞く。NHK記者の話は実録なので重みがあった。
●13:30 同じく「たたみの上で死にたい」ということ。これは妻が聞きに行く。
●14:00 キララホールで「森麻季ソプラノリサイタル」。その栄光の歌唱力に感動。天の賜物だ。

2015_11140001.jpg 

森麻季ソプラノリサイタル。キララホール満員。輝かしい経歴。その栄光の声。
フットライトを浴びて人生の花道を歩いている。バッハ/グノーのアヴェマリアを歌う前に
密かに祈って十字を切っていた。「この人にしてこの芸術あり」。神はこの人を知っている。



2015_11140005.jpg 

演奏会終了後に楽屋で森麻季さんと会う。森さんはその昔昭和女子大人見記念講堂で歌われたことがある。ご母堂が「これが娘の次男です」と紹介してくださった。麻季さんは子供二人とご母堂を乗せて外車でサーッと帰られた。疲れておられるだろうに自分で運転するとはびっくり。ご主人はイタリア人。彼女とそのお子様の上に主の恩恵が末永くありますように。

●人生、栄光の陰に家庭の悩みあり。それは世には知られないが神はご存知。

塚本訳 Ⅱコリ12:7-9
12:7 そしてこれらの素晴らしい啓示があるので、わたしが高慢にならないようにと、わたしの肉に一つの刺が与えられた。悪魔の使いであって、これはわたしが高慢にならないようにと、わたしをうつものである。
12:8 この使について、それがわたしから手を引くようにと、三度まで主に願ったが、
12:9 主は(その都度)言われた、「わたしの恩恵はあなたに十分だ。
力は弱さの中に完成されるのだから。」、それでわたしはキリストの力がわたしに住みついてくださるように、大喜びで、むしろ(自分の)弱いことを自慢しよう。

塚本訳 ヨハ 9:1-3
9:1 イエスは通りがかりに、生まれつきの盲人を見られた。
9:2 弟子たちが尋ねた、「先生、この人が盲で生まれたのは、だれが罪を犯したからですか。この人ですか、両親ですか。」
9:3 イエスは答えられた、「この人が罪を犯したからでも、両親が罪を犯したからでもない。ただ神の御業がこの人に現われるためである。

塚本訳 ルカ 16:25
16:25 しかしアブラハムは言った、『子よ、考えてごらん、あなたは生きていた時に善いものを貰い、ラザロは反対に悪いものを貰ったではないか。だから今ここで、彼は慰められ、あなたはもだえ苦しむのだ。

塚本訳 マコ 9:20-25
9:20 人々がイエスの所につれて来ると、霊はイエスを見るや否や、その子をひどくひきつけさせたので、子は地に倒れ、泡をふきながらころげまわった。
9:21 イエスが父親に尋ねられた、「こうなってから、どのくらいになるか。」父親がこたえた、「子供の時からです。
9:22 霊はこの子を殺そうとして、幾たびか、火の中、水の中に投げ込みました。それでも、もしなんとかお出来になるなら、わたしども(親子)を不憫と思って、お助けください。」
9:23 イエスは言われた、「もしお出来になるなら(と言うの)か。信ずる者にはなんでも出来る。」
9:24 即座にその子供の父親が叫んだ、「信じます。不信仰をお助けください。」
9:25 イエスは群衆が駆けよってくるのを見ると、(急いで)汚れた霊を叱りつけて言われた、「唖と聾の霊、わたしが命令するのだ、この子から出てゆけ、二度と入るな!」






 












スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<良い家庭に悩み多し・・・神は辛い事件を起こし、十字架を負わせて永遠の喜びに導き給う・・・ | Top | 身体のよみがえりと永遠の命を信ず・・・古代教会からの信仰告白・・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/3799-ed4fe375
FC2blog user only
| Top |
0814