to 日記と感想 高尚な目的に生きよ・・・食べることが目的の人生は堕落・・・
Top | RSS | Admin

2017.09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.11


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171030(月)10:00 聖路加 桑本先生
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170824(木)12:10キララホールエントランスコンサート、マリンバ
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170813(日)10:30ナザレン教会浦和教会
    170813(日)14:00比企紀和君
    170812(土)14:00お江戸こらりあーず演奏会、文京シビックホール
    170809     TW誕生日
    170809(水)17:16初音吹奏楽、府中の森芸術劇場ドリームホール
    170808(火)0930池谷医院
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170708(土)14:00在宅医療説明会(キララホール)
    170707(金)10:00池谷医院
    170706      TM誕生日
    170702(日) 集会感話
    170701      TT誕生日
    170630(金)12:20キララホールエントランスコンサート
    170628      IY誕生日
    170627(火)11:00 能城牧師来訪
    170625)日)10:10トミ子集会感話
    170625(日)14:00茅ヶ崎金子邸
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール


高尚な目的に生きよ・・・食べることが目的の人生は堕落・・・ ++++++++ 所感

2015/12/10 06:33

151210(木)キリスト者の皆様お早うございます。5時起床。朝の啓示「イエスと食糧問題」。●生きていく上で食事の問題は大切である。聖書には意外に「食事」という言葉が多く出てくる。●戦争の真の原因は食糧問題である。かって小麦の増産を研究した人がノーベル「平和賞」を受賞したことがある。平和の追及は組織悪や社会悪を批判断罪することからは来ない。●平和が必要なことは神がご存知である。人間は「神との平和」が必要である。

塚本訳 ロマ 5:1
5:1 だから、わたし達は信仰のゆえに義とされたのであるから、わたし達の主イエス・キリストによって、いま神と平和ができた。


だから社会派クリチャンは人生の時間の使い方が間違っている。また平和の追及を自分の職業にするようなキリスト者の信仰は「手本」に出来ない。それは「神学」であって命がない。●今朝は「食事、食糧問題」をめぐって、感話をしてみよう。

口語訳 創  1:26-31
1:26 神はまた言われた、「われわれのかたちに、われわれにかたどって人を造り、これに海の魚と、空の鳥と、家畜と、地のすべての獣と、地のすべての這うものとを治めさせよう」。
1:27 神は自分のかたちに人を創造された。すなわち、神のかたちに創造し、男と女とに創造された。
1:28 神は彼らを祝福して言われた、「生めよ、ふえよ、地に満ちよ、地を従わせよ。また海の魚と、空の鳥と、地に動くすべての生き物とを治めよ」。
1:29 神はまた言われた、「わたしは全地のおもてにある種をもつすべての草と、種のある実を結ぶすべての木とをあなたがたに与える。これはあなたがたの食物となるであろう。
1:30 また地のすべての獣、空のすべての鳥、地を這うすべてのもの、すなわち命あるものには、食物としてすべての青草を与える」。そのようになった。
1:31 神が造ったすべての物を見られたところ、それは、はなはだ良かった。夕となり、また朝となった。第六日である。


●ここに世界の仕組み、人生の目的、結婚の目的、環境問題などが決められている。植物は神が人間に与えてくれるものであるからこれの獲得を人生の目的としてはいけない。

塚本訳 マタ 6:25-26
6:25 だから、わたしは言う、何を食べようかと命のことを心配したり、また何を着ようかと体のことを心配したりするな。命は食べ物以上、体は着物以上(の賜物)ではないか。(命と体とを下さった天の父上が、それ以下のものを下さらないわけはない。)
6:26 空の鳥を見てごらん。まかず、刈らず、倉にしまいこむこともしないのに、天の父上はそれを養ってくださるのである。あなた達は鳥よりも、はるかに大切ではないのだろうか。


塚本訳 マタ 6:27-30
6:27 (だいいち、)あなた達のうちのだれかが、心配して寿命を一寸でも延ばすことが出来るのか。
6:28 また、なぜ着物のことを心配するのか、野の花の育つのを、よく見てごらん、苦労をせず、紡ぐこともしない。
6:29 しかし、わたしは言う、栄華を極めたソロモン(王)でさえも、この花の一つほどに着飾ってはいなかった。
6:30 きょうは花咲き、あすは炉に投げ込まれる野の草でさえ、神はこんなに装ってくださるからには、ましてあなた達はなおさらのことではないか。信仰の小さい人たちよ!



●空の鳥さえ何とか食べていけている。人間は鳥や禽獣を「治める」ために創造されたのだから「一枚上」になっている。これは決して禽獣を軽視するのではなく、人間は禽獣が「食べることだけに腐心」しているような生き方はいけないという意味である。人間は食べてゆくことを人生の目的としてはいけない。
●ところが神なきこの世は「食べることだけに腐心」している。人間の堕落だ。

塚本訳 マタ 4:1-4
4:1 間もなくイエスは悪魔の誘惑にあうため、御霊につれられて荒野に上られた。
4:2 四十日四十夜断食をされると、ついに空腹を覚えられた。
4:3 すると誘惑する者[悪魔]が進み寄って言った、「神の子なら、(そんなにひもじい思いをせずとも、)そこらの石ころに、パンになれと命令したらどうです。」
4:4 しかし答えられた「『パンがなくとも人は生きられる。(もしなければ、)神はそのお口から出る言葉のひとつびとつで(パンを造って、)人を生かしてくださる』と(聖書に)書いてある。」


口語訳 Ⅰ列 17:3-6
17:3 「ここを去って東におもむき、ヨルダンの東にあるケリテ川のほとりに身を隠しなさい。
17:4 そしてその川の水を飲みなさい。わたしはからすに命じて、そこであなたを養わせよう」。
17:5 エリヤは行って、主の言葉のとおりにした。すなわち行って、ヨルダンの東にあるケリテ川のほとりに住んだ。
17:6 すると、からすが朝ごとに彼の所にパンと肉を運び、また夕ごとにパンと肉を運んできた。そして彼はその川の水を飲んだ。



塚本訳 マタ 6:31-34
6:31 だから、『何を食べよう』とか、『何を飲もう』とか、『何を着よう』とか言って、心配するな。
6:32 それは皆異教人のほしがるもの。あなた達の天の父上は、それが皆あなた達に必要なことをよく御承知である。
6:33 あなた達は何よりも、御国と、神に義とされることとを求めよ。そうすれば(食べ物や着物など)こんなものは皆、(求めずとも)つけたして与えられるであろう。
6:34 だから、あしたのことを心配するな。あしたはあしたが自分で心配する。一日の苦労はその日の分で沢山である。


●神なき世は「では、今日のパンはどうするのか。霞を食べては生きていけない」と言う。しかし、牧師、伝道者、キリスト信者は貧しくとも「餓死」した話は聞かない。返って貧困でも子弟が医学部に入った話を聞く。


塚本訳 マタ 22:17-21
22:17 それで御意見を聞かせてください──(わたし達は異教人である)皇帝に、税を納めてよろしいでしょうか、よろしくないでしょうか。」
22:18 イエスは彼らの悪意を知って言われた、「なぜわたしを試すのか、この偽善者たち、
22:19 税の貨幣を見せなさい。」デナリ銀貨を差し出すと、
22:20 言われる、「これはだれの肖像か、まただれの銘か。」
22:21 「皇帝のです」と彼らが言う。すると言われる、「では皇帝のものは皇帝に、神のものは神に返せ。」


●このアクロバット的な不思議な原理は、計算や理屈では説明のつかないことなのだ。信仰なき人には橋が無くて川を渡ることができないの想うのと同じだ。神を信ずる者は「羽根が生える」のだ。

塚本訳 マタ 17:24-27
17:24 彼らがカペナウムに来たとき、宮の奉納金の取立て人がペテロの所に来て言った、「あなた達の先生は奉納金を納めないのか。」
17:25 ペテロが「もちろん、納められる」と言う。そして(イエスの)家に行くと、イエスの方から言い出された、「シモン、どう思うか、この世の王たちは官税や税をだれから取るだろうか。自分の子供たちだろうか、それとも余所の人からだろうか。」
17:26 「余所の人から」と答える。イエスは言われた、「それでは(神の)子供たちには(納める)義務はない。
17:27 しかし人々をつまずかせないため
、湖に出かけていって釣針を垂れよ。最初に釣れた魚を取って口をあけるとスタテル銀貨(二千円)が一つあるから、それを取って、わたしとあなたの分として取立て人に渡しなさい。」


●宗教法人は税金の義務がない。教会はこれに甘えてはいけない。牧師は教会員に養ってもらってはいけない。、人間として同列に額に汗を流さなければならない。「人々をつまずかせないため」に労働をしなければならない。

口語訳 創  3:17
3:17 更に人に言われた、「あなたが妻の言葉を聞いて、食べるなと、わたしが命じた木から取って食べたので、/地はあなたのためにのろわれ、/あなたは一生、苦しんで地から食物を取る。

口語訳 創  2:15
2:15 主なる神は人を連れて行ってエデンの園に置き、これを耕させ、これを守らせられた


口語訳 創  3:23
3:23 そこで主なる神は彼をエデンの園から追い出して、人が造られたその土を耕させられた


口語訳 創  4:2
4:2 彼女はまた、その弟アベルを産んだ。アベルは羊を飼う者となり、カインは土を耕す者となった。



●労働は人間の「分」である。これを行わないと人間たるの要件に欠けるから様々な病気になる。特に精神疾患になる。
●ヒルティは幸福とは神と共にあっての労働であると言う。その労働とは何も宗教的な職業(牧師、伝道、教師、キリストの冠のつく仕事など)ではない。アベルのように羊を飼う者、カインのように土を耕す者のような労働が基本である。イエスは大工であった。この基本的な労働観が必要である。これは「小事」である。

塚本訳 ルカ 16:9-13
16:9 それでわたしもあなた達に言う、あなた達も(この番頭に見習い、今のうちにこの世の)不正な富を利用して、(天に)友人[神]をつくっておけ。そうすれば富がなくなる時、その友人が永遠の住居に迎えてくださるであろう。
16:10 ごく小さなことに忠実な者は、大きなことにも忠実である。ごく小さなことに不忠実な者は、大きなことにも不忠実である。
16:11 だから、もし(この世の)不正な富に忠実でなかったならば、だれが(天の)まことの富をあなた達にまかせようか。
16:12 もし他人のもの[この世のこと]に忠実でなかったならば、だれがあなた達のもの[天のもの]をあなた達に与えようか。
16:13 しかし(この世のことはみな準備のためであるから、それに心を奪われてはならない。)いかなる僕も(同時に)二人の主人に仕えることは出来ない。こちらを憎んであちらを愛するか、こちらに親しんであちらを疎んじるか、どちらかである。あなた達は神と富とに仕えることは出来ない。」


●これが私の人生を決した。つまり、キリスト信者になったからといって直ちにペテロのように網を捨てて伝道の仕事に飛び込まなくてよいのだ。否、飛び込んではいけない。今日の日本のプロテスタント教会の牧師や伝道者や教会員には「職業の神学」が欠けている。普通一般の職業よりも聖職の方が一枚上だと思っているのだ。私は生涯「建築士」である。建築の仕事は永遠の家の建築に比べれば「小事」である。この世の物理的建築は小事であるが、これに忠実に仕えることを通して「「人のために」尽くすのだ。小事を通して神に仕えるのだ。」これがキリスト者の私の「職業の神学」である。神にあって牧師や伝道者と同等の価値を持つ。この「職業の神学」を私は日本に与えられた無教会から教えられた。感謝である。ルターの宗教改革三大要素は、「信仰のみ、聖書のみ、万人祭司」である。しかし現代の聖職者はこの三要素に欠けていてその実態は「教会成長のみ、神学思想のみ、牧師論のみ」である

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想おわり。神は人を「満足」の道に導かれる。神は無理にでも伝道一本の道に追い込まれる。
●塚本先生は口を酸っぱくして、「伝道者になるな」「聖書学者になるな」と言われたが、その塚本先生の親心の制止を振り切って所謂伝道者ではなくても伝道一本の悲壮な生涯を貫いた人がいた。神に強要されたのだ。天に宝を積んだ。

2015_12100005.jpg 

妻に促されて東の空を見た。きれいな朝焼け。もう少しで冬至だ。

●新約聖書一日一節黙想 ルカ5:26
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

塚本訳 ルカ 5:26

5:26 皆が感動して神を讃美し、恐れに満たされて、「きょうは不思議なことを見た」と言った。

●イエスの言動に接した人は「不思議」を感じた。

 

塚本訳 マタ 21:25

21:25 ──ヨハネの洗礼はどこから来たのか。天(の神)から(授かったの)か、それとも人間からか。」彼らはひそかに考えた、「もし『天から』と言えば、『では、なぜヨハネを信じなかったか』と言うであろうし、

 

塚本訳 マタ 21:42

21:42 イエスは彼らに言われた、「あなた達は聖書で(この句を)まだ読んだことがないのか。──『大工たちが(役に立たぬと)捨てた石、それが隅の土台石になった。これは主のなされたことで、われわれの目には不思議である。』

 

塚本訳 マタ 27:14

27:14 イエスはただの一言もお答えにならなかったので、総督は不思議でならなかった。

 

塚本訳 ルカ 2:33

2:33 幼児のことをこのように言うのを父と母とが不思議に思っていると、

 

塚本訳 ルカ 5:26

5:26 皆が感動して神を讃美し、恐れに満たされて、「きょうは不思議なことを見た」と言った。

 

塚本訳 ルカ 11:38

11:38 するとそのパリサイ人は、イエスが(規則どおり)食事の前にまず(手を)すすがれないのを見て不思議がった。

 

塚本訳 ヨハ 3:7

3:7 『あなた達は新しく生まれなおさねばならない』と言ったからとて、すこしも不思議がることはない。

 

塚本訳 ヨハ 4:27

4:27 とかくするうちに弟子たちがかえって来て、イエスが女と、(しかもサマリヤの女と)話しておられるのを(見て、)不思議に思った。それでも「何か御用で」とか、「何を話しておられますか」とたずねる者はなかった。

 

塚本訳 ヨハ 4:48

4:48 イエスは言われた、「あなた達は徴[奇蹟]と不思議なことを見なければ、決して信じない。」

 

塚本訳 ヨハ 9:30

9:30 その男が答えて言った、「どこの馬の骨だか知らないとは、こいつは不思議だ。(現に)このわたしの目をあけてくださったのに!

 

●翻訳比較

 

岩波翻訳委員会訳1995

420526そこで正気を失うほどの驚きが皆の者を襲い、彼らは神を賛美し、恐れに満たされて言った、「今日、俺たちは、度肝を抜かれるようなものを見た」。

 

新共同訳1987

5:26 人々は皆大変驚き、神を賛美し始めた。そして、恐れに打たれて、「今日、驚くべきことを見た」と言った。

 

前田訳1978

5:26 皆が感激して神をたたえ、おそれに満たされていった、「きょうは不思議なことを見た」と。

 

新改訳1970

5:26 人々はみな、ひどく驚き、神をあがめ、恐れに満たされて、「私たちは、きょう、驚くべきことを見た。」と言った。

 

塚本訳1963

5:26 皆が感動して神を讃美し、恐れに満たされて、「きょうは不思議なことを見た」と言った。

 

口語訳1955

5:26 みんなの者は驚嘆してしまった。そして神をあがめ、おそれに満たされて、「きょうは驚くべきことを見た」と言った。

 

文語訳1917

"420526","人々みな甚く驚きて神をあがめ懼に滿ちて言ふ『今日われら珍しき事を見たり』"

 

●BbB、TSK、黒崎を見て心に響くものをピックアップ

 

塚本訳 マコ 2:12

2:12 すると彼は起き上がり、すぐ担架をかついで、皆の見ている前を出ていった。皆が呆気にとられ、「こんなことはかって見たことがない」と言って、神を讃美した。

 

塚本訳 マタ 9:8

9:8 群衆はそれを見て恐ろしくなり、こんな全権を人に授けられた神を賛美した。

 

塚本訳 ルカ 1:65

1:65 近所の者に皆恐れが臨んだ。そしてこのことがことごとくユダヤの山地全体の評判になったので、

 

塚本訳 マタ 9:8

9:8 群衆はそれを見て恐ろしくなり、こんな全権を人に授けられた神を賛美した。

 

塚本訳 マタ 12:23

12:23 群衆が皆呆気にとられて言った、「もしかしたらこの人は、ダビデの子ではなかろうか。」

 

塚本訳 ルカ 7:16

7:16 皆が恐れをいだいて、「大預言者がわたし達の間にあらわれた」とか、「神はその民を心にかけてくださった」とか言って、神を讃美した。

 

塚本訳 ルカ 2:20

2:20 羊飼たちは、聞いたり見たりしたことがことごとく(天使の)話のとおりであったので、神を崇め、讃美しながら引き返した。

 

塚本訳 ルカ 1:65-66

1:65 近所の者に皆恐れが臨んだ。そしてこのことがことごとくユダヤの山地全体の評判になったので、

1:66 聞いた者は皆これを胸におさめ、「この幼児はいったい何になるのだろう」と考えた。主の(恵みの)御手もまたたしかにこの幼児に働いていたのである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新約聖書一日一節黙想 ルカ5:26 おわり















スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<労働者募集の条件・・・神の国の募集条件はこの世とは逆・・・ | Top | 人生メチャメチャになった時・・・永遠の喜びは神共にいますこと・・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/3826-2cb7d907
FC2blog user only
| Top |
0814