to 日記と感想 最高の喜び・・・神に希望を置く・・・
Top | RSS | Admin

2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170824(木)12:10キララホールエントランスコンサート、マリンバ
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170813(日)10:30ナザレン教会浦和教会
    170813(日)14:00比企紀和君
    170812(土)14:00お江戸こらりあーず演奏会、文京シビックホール
    170809     TW誕生日
    170809(水)17:16初音吹奏楽、府中の森芸術劇場ドリームホール
    170808(火)0930池谷医院
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170708(土)14:00在宅医療説明会(キララホール)
    170707(金)10:00池谷医院
    170706      TM誕生日
    170702(日) 集会感話
    170701      TT誕生日
    170630(金)12:20キララホールエントランスコンサート
    170628      IY誕生日
    170627(火)11:00 能城牧師来訪
    170625)日)10:10トミ子集会感話
    170625(日)14:00茅ヶ崎金子邸
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール


最高の喜び・・・神に希望を置く・・・ ++++++++ 所感

2015/12/19 05:43

151219(土)キリスト者の皆様お早うございます。5時起床、体重測定、3年前からマイナス12キロ。朝食をスムージーにしてからマイナス5キロ。この方法は昼食まで空腹感がない。何事も苦痛を伴うのは長続きしない。「千里の道も一歩から」。●昨日は素晴らしい聖句に出会った。次の二つである。

塚本訳 Ⅰテモ4:10
4:10 私達の奮闘も努力も畢竟この生命の約束を目的としている──私達は凡ての人、特に信者の救い主である活ける神に希望を置いているのであるから!


塚本訳 Ⅰペテ1:3
1:3 讃美すべきかな、我らの主イエス・キリストの父なる神!彼は大なる憐憫により、イエス・キリストが死人の中から復活し給うたことをもって、私たちを活ける希望に新しく生み


●この二つに共通の言葉は、「神に希望を置く」ということである。このすばらしい言葉は「最高の喜び」である。最高の人生観である。そこで今朝はⅠテモ4:10について「聖書で聖書を読む」行為をしてみよう。

●まず翻訳比較(拙HPのBbB利用)

●翻訳比較

 

岩波翻訳委員会訳1995

 540410事実、私たちはそれを念頭に置いて苦労し奮闘しているが、それ〔が可能なの〕は私たちが生ける神に、すなわちすべての人々、とりわけ〔すべての〕信徒の救い主に希望を置いているからだ。

 

新共同訳1987
4:10 わたしたちが労苦し、奮闘するのは、すべての人、特に信じる人々の救い主である生ける神に希望を置いているからです。

 

 

前田訳1978

 このためにこそ、われらは労し苦しんでいるのです。われらは生ける神に望んでいます。彼こそ万人の、とくに信ずる者の救い主です。

 

新改訳1970
4:10 私たちはそのために労し、また苦心しているのです。それは、すべての人々、ことに信じる人々の救い主である、生ける神に望みを置いているからです。
 

塚本訳1963

4:10 私達の奮闘も努力も畢竟この生命の約束を目的としている──私達は凡ての人、特に信者の救い主である活ける神に希望を置いているのであるから! 

 

口語訳1955

 4:10 わたしたちは、このために労し苦しんでいる。それは、すべての人の救主、特に信じる者たちの救主なる生ける神に、望みを置いてきたからである。

 

文語訳1917

 4:10 我らは之がために勞しかつ苦心す、そは我ら凡ての人、殊に信ずる者の救主なる活ける神に望を置けばなり。

●世界の主要聖書の引照から心に響くもの(拙HPのBbB利用)

塚本訳 Ⅱテモ3:10
3:10 しかし(他人はともあれ、)君は私の教え(を守り、私の)行状、意向、信仰(を理解し、寛容、愛、忍耐(を見習い、)

塚本訳 ロマ 8:28
8:28 そればかりではない。(わたし達の救いは次のことからも確かである。)わたし達が知っているように、神を愛する者、すなわち(神の)計画に応じて召された者には、すべてのことが救いに役立つのである。

塚本訳 Ⅰテモ1:15
1:15 (まことに)「キリスト・イエスは罪人を救うために世に来給うた」という言は信ずべく、また無条件に承認さるべきである。そしてこの私がその罪人の第一人者である。


塚本訳 Ⅰテモ3:15
3:15 万一延引した場合、(皆が)神の家で如何に振舞うべきかを君(だけ)に(でも)知らせたいためである──神の家は活ける神の教会、真理の柱、また礎である。

塚本訳 Ⅱコリ1:10
1:10 神はこんな恐ろしい死の淵から救いだしてくださった、今後も救ってくださる。今後もなお救われることと、わたし達は神に望みをかけてきた。

塚本訳 Ⅰテモ1:15
1:15 (まことに)「キリスト・イエスは罪人を救うために世に来給うた」という言は信ずべく、また無条件に承認さるべきである。そしてこの私がその罪人の第一人者である。

塚本訳 Ⅰテモ1:1
1:1 われらの救い主なる神とわれらの希望なるキリスト・イエスの命によってキリスト・イエスの使徒たる(われ)パウロより、

●TSK日本語版(拙HP利用)


塚本訳 Ⅰコリ4:9-13
4:9 なぜなら、わたしはこう思うのだ。神は使徒であるわたし達を(人間の中で)一番下の者、(闘技場の)死刑囚のようにされたと。というのは、わたし達はこの世に対し、天使と人間とに対して、見せ物になっているからである。
4:10 わたし達はキリストのために(こんなに)馬鹿である、あなた達はキリストにあって(そんなに)賢い。わたし達は弱い、あなた達は強い。あなた達には名声がある、わたし達には屈辱がある。
4:11 いまこの時まで、わたし達は空腹で、渇いて、裸で、ぶたれて、宿なしで、
4:12 自分の手で働きながら苦労している。罵られては(神の)祝福を求め、迫害されては我慢し、
4:13 そしられては親切な言葉をかける。いまでもなお、この世の屑、すべての人のかすのようになっている。


塚本訳 Ⅱコリ4:8-10
4:8 わたし達はあらゆることで悩まされる、しかし行き詰まらない。当惑する、しかし絶望しない。
4:9 迫害される、しかし(神に)見捨てられない。打ち倒される、しかし死にはしない。
4:10 わたし達はいつもイエスの死の苦しみを体に受けて持ち回っている。それはわたし達の体にイエスの命も現れるためである。

塚本訳 Ⅱコリ6:3-10
6:3 わたし達は(神に託された)この役目が嘲けられないように、何事にも何一つ躓きを与えていない。
6:4 そればかりではなく、あらゆることによって、神に仕える世話役として自分を推薦している、すなわち、(あるいは)大いなる忍耐によって、──たとえば苦難により、艱難により、苦悩により、
6:5 打たれることにより、牢に入れられることにより、暴動をおこされることにより、労働により、徹夜により、飢餓によって──であり、
6:6 (あるいは)純潔により、知識により、寛容により、親切により、聖霊により、偽らぬ愛により、
6:7 真理の言葉により、神の力によってであり、(あるいは)右と左とに持つ義の武器をもって、
6:8 名誉と恥辱とをもって、悪評と好評とをもってである。(あるいはまた)嘘つきと言われながら、真実な者として、
6:9 (世間では)無名人でありながら、(神の前では)有名人として、『死にかけてい』ながら、いまここに『わたし達は生きている!』『そしてまた(神に)こらしめられるが、殺されない者』として、
6:10 悲しんでいるが、しかしいつでも喜んでいる者として、貧乏であるが、しかし多くの人を金持にする者として、何一つ持たないで、何もかも持っている者としてである。

塚本訳 Ⅱコリ11:23-27
11:23 キリストに仕える者だというのか、気違いになって言う、わたしはもっとそうだ。(伝道の)苦労において(彼らより)なお一層、牢屋に入れられることにおいてなお一層、打たれることにおいて(彼らより)もっともっと、死の危険において度々だ。
11:24 ユダヤ人から「四十マイナス一」の笞の刑を五度受けた。
11:25 (ローマの)笞で打つ刑を三度受けた、一度石打ちされた、三度難船し、一度は一昼夜漂流した。
11:26 度々旅行して、川の危難、強盗の危難、同国人の危難、外国人の危難、都会の危難、荒野の危難、海の危難、偽兄弟の危難に遇った。
11:27 苦労し辛苦した、度々徹夜し、飢えまた渇いた、度々絶食し寒く着る物がなかった。

塚本訳 Ⅱテモ2:9-10
2:9 私はこの(福音の)ため罪人として縛られるまでに苦しみを受けているが、神の言は縛られてはいない。
2:10 この故に私は選ばれた人達のために凡てを忍耐する、彼らにもキリスト・イエスにおける救いと、永遠の栄光とを得させるためである。

塚本訳 Ⅱテモ3:10-12
3:10 しかし(他人はともあれ、)君は私の教え(を守り、私の)行状、意向、信仰(を理解し、寛容、愛、忍耐(を見習い、)
3:11 (また)アンテオキヤ、イコニウム、リストラで私が遭った(数々の)迫害、苦難に(もよく)随って来た。(ああ、)何という(ひどい)迫害を耐え忍んだことか! しかし主は(これら)凡て(の迫害)から私を救い出してくださった。
3:12 (私だけでなく、)キリスト・イエスにあって敬虔に生きようとする者は皆迫害される。


塚本訳 ヘブ 11:26
11:26 彼は『キリストの(受けられる)罵りを(受けることは)』、エジプトの宝にまさる大なる富と考えたのである。(来るべき天からの)報いに目を向けていたからである。


塚本訳 ヘブ 13:13
13:13 それならばわたし達も彼(と同様)の罵りを忍んで、(肉のこの)『宿営の外』に出て彼のところにゆこう。


塚本訳 Ⅰペテ4:14-15
4:14 もし君達がキリストの名において罵られるならば幸福である、(それは、その時)栄光の霊と『神の霊が』君達の上に『留まっている』(証拠である)から。
4:15 君達のうち誰も人殺し、あるいは泥坊、あるいは悪者として、あるいはおせっかい屋として受難してはならない。


口語訳 詩  37:40
37:40 主は彼らを助け、彼らを解き放ち、彼らを悪しき者どもから解き放って救われる。彼らは主に寄り頼むからである。


口語訳 詩  84:11-12
84:11 主なる神は日です、盾です。主は恵みと誉とを与え、直く歩む者に良い物を拒まれることはありません。
84:12 万軍の主よ、あなたに信頼する人はさいわいです。


口語訳 詩  118:7-8
118:7 主はわたしに味方し、わたしを助けられるので、わたしを憎む者についての願いを見るであろう。
118:8 主に寄り頼むは人にたよるよりも良い。


口語訳 イザ 12:2
12:2 見よ、神はわが救である。わたしは信頼して恐れることはない。主なる神はわが力、わが歌であり、わが救となられたからである」。


口語訳 イザ 50:10
50:10 あなたがたのうち主を恐れ、そのしもべの声に聞き従い、暗い中を歩いて光を得なくても、なお主の名を頼み、おのれの神にたよる者はだれか。


口語訳 エレ 17:7
17:7 おおよそ主にたより、主を頼みとする人はさいわいである。


口語訳 ダニ 3:28
3:28 ネブカデネザルは言った、「シャデラク、メシャク、アベデネゴの神はほむべきかな。神はその使者をつかわして、自分に寄り頼むしもべらを救った。また彼らは自分の神以外の神に仕え、拝むよりも、むしろ王の命令を無視し、自分の身をも捨てようとしたのだ。


塚本訳 Ⅰテモ6:17
6:17 この世の金持ち達に(堅く)命ぜよ──高慢にならぬように、また不確かな富でなく、私達を楽しませようとして豊かに万物を与え給う神に望みを置くように、

口語訳 ナホ 1:7
1:7 主は恵み深く、なやみの日の要害である。彼はご自分を避け所とする者を知っておられる。


塚本訳 マタ 27:43
27:43 『彼は神にたよっている。神が可愛がっておられるなら、』今すぐ『救ってくださろう』だ。『わたしは神の子だ』と言ったから。」

塚本訳 ロマ 15:12-13
15:12 さらにイザヤは言う。『エッサイの根ははえ、起きあがる者[キリスト]があらわれる、異教人を支配するために。異教人は彼に望みをかけるであろう。』
15:13 希望の源である神が、(彼を)信ずることにおいて来る無上の喜びと平安とであなた達を満たし、聖霊の力によって(豊かな)希望に溢れさせられんことを。

塚本訳 Ⅰペテ1:21
1:21 (そして)君達は彼によって、彼を死人の中から甦らせて栄光を給うた神を信ずる者となり、斯くして君達の信仰はまた神に対する希望となった。


口語訳 詩  107:6-8
107:6 彼らはその悩みのうちに主に呼ばわったので、主は彼らをその悩みから助け出し、
107:7 住むべき町に行き着くまで、まっすぐな道に導かれた。
107:8 どうか、彼らが主のいつくしみと、人の子らになされたくすしきみわざとのために、主に感謝するように。


口語訳 詩  107:19-20
107:19 彼らはその悩みのうちに主に呼ばわったので、主は彼らをその悩みから救い、
107:20 そのみ言葉をつかわして、彼らをいやし、彼らを滅びから助け出された。


口語訳 詩  107:28-32
107:28 彼らはその悩みのうちに主に呼ばわったので、主は彼らをその悩みから救い出された。
107:29 主があらしを静められると、海の波は穏やかになった。
107:30 こうして彼らは波の静まったのを喜び、主は彼らをその望む港へ導かれた。
107:31 どうか、彼らが主のいつくしみと、人の子らになされたくすしきみわざとのために、主に感謝するように。
107:32 彼らが民の集会で主をあがめ、長老の会合で主をほめたたえるように。


口語訳 詩  107:38-41
107:38 主が彼らを祝福されたので彼らは大いにふえ、その家畜の減るのをゆるされなかった。
107:39 彼らがしえたげと、悩みと、悲しみとによって/減り、かつ卑しめられたとき、
107:40 主はもろもろの君に侮りをそそぎ、道なき荒れ地にさまよわせられた。
107:41 しかし主は貧しい者を悩みのうちからあげて、その家族を羊の群れのようにされた。


口語訳 イザ 45:21-22
45:21 あなたがたの言い分を持ってきて述べよ。また共に相談せよ。この事をだれがいにしえから示したか。だれが昔から告げたか。わたし、すなわち主ではなかったか。わたしのほかに神はない。わたしは義なる神、救主であって、わたしのほかに神はない。
45:22 地の果なるもろもろの人よ、わたしを仰ぎのぞめ、そうすれば救われる。わたしは神であって、ほかに神はないからだ。


塚本訳 ヨハ 5:24
5:24 アーメン、アーメン、わたしは言う、わたしの言葉を聞き、わたしを遣わされた方を信ずる者は、(今すでに)永遠の命を持っていて、(最後の日に)罰を受けない。その人はもはや死から命に移っているのである。

●黒崎幸吉新約聖書註解WEB版・ネストレ版新約聖書引照(拙HP)

塚本訳 Ⅰテモ3:15
3:15 万一延引した場合、(皆が)神の家で如何に振舞うべきかを君(だけ)に(でも)知らせたいためである──神の家は活ける神の教会、真理の柱、また礎である。


塚本訳 Ⅱコリ1:10
1:10 神はこんな恐ろしい死の淵から救いだしてくださった、今後も救ってくださる。今後もなお救われることと、わたし達は神に望みをかけてきた。


塚本訳 Ⅰテモ5:5
5:5 本当の寡婦で孤独の者は望みを神に置いて夜も昼も願い且つ祈り続ける。


塚本訳 Ⅰテモ6:17
6:17 この世の金持ち達に(堅く)命ぜよ──高慢にならぬように、また不確かな富でなく、私達を楽しませようとして豊かに万物を与え給う神に望みを置くように、


塚本訳 テト 2:11
2:11 というのは、凡ての人を救うべき神の恩恵は(既に世に)顕れ、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想おわり。神に望みを置くことが最高の人生観。

塚本訳 使  27:20-25
27:20 幾日もの間太陽も星も陰さえ見えず、はげしい嵐が荒れ狂ったので、わたし達の助かるあらゆる望みがついに消えた。
27:21 一同は食欲をすっかりなくしていたので、その時パウロは彼らの真中に進み出て言った、「諸君、(やはり)わたしの言葉に従って、クレテ(のあの美しい港)から船出せずにおくべきであった。そうすればこの危険と損害とをまぬかれたのだ。
27:22 それで今あなた達に忠告する、元気を出しなさい。船の(なくなる)ほかは、だれ一人命を失う者はないのだから。
27:23 なぜなら、わたしの主でありまたわたしが礼拝している神の使が、昨夜わたしのそばに来て、
27:24 言われた、『恐れることはない、パウロ。あなたは(ローマに行って)皇帝(ネロ)の前に出なければならない。そら、神はあなたと一緒に乗ってゆく者を皆、あなたに賜ったではないか』と。
27:25 だから諸君、元気を出しなさい。わたしは神を信ずる、わたしに語られたとおりになるにちがいないと。

●録画してあったNHK「こころの時代」は無着成恭。子供の心に寄り添う教育に感動。現在88歳、僧侶。
●16:00 妻と早い夕飯。
●大島智夫先生の「海老名通信」拝受。結婚生活60年のこととご家族のことが書かれている。ご長男の大島守夫氏が「黒崎幸吉聖書註解」(国宝級と思われる)をインターネット版にしたところすでに23万回のアクセスがあり、大伝道者も及ばない快挙であると喜ばれている。少しくお手伝いできたことは感謝である。
● 妻は登戸学寮にクリスマスコンサート。17:00出発。大島富士子(ソプラノ)+長島陽子(アルト)リサイタル。寒風の夜道を出かけて行った。帰宅は23時ごろ。音楽を心から鑑賞するのも「主のため、主の業」。



















スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<神の霊に生きよ・・・この世は神の霊の見える姿・・・ | Top | 老年のあるべき姿・・・復活の希望、宥めの供えもの、一粒の麦、祈り・・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/3835-fafb04d4
FC2blog user only
| Top |
0814