to 日記と感想 マリヤの歌(マニフィカト)・・・・ルカは最高のキリスト教詩人・・・
Top | RSS | Admin

2017.05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.07


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170812(土)14:00お江戸こらりあーず演奏会、文京シビックホール
    170821(土)15:00お江戸コラリアーズ定期演奏会、文京公会堂
    170809     TW誕生日
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170708(土)14:00在宅医療説明会(キララホール)
    170707(金)10:00池谷医院
    170706      TM誕生日
    170702(日) 集会感話
    170701      TT誕生日
    170630(金)12:20キララホールエントランスコンサート
    170628      IY誕生日
    170627(火)11:00 能城牧師来訪
    170625)日)10:10トミ子集会感話
    170625(日)14:00茅ヶ崎金子邸
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール
    170610(土)14:00内村鑑三セミナー、立教大学12号館。矢田部、椚」山
    170609(金)   TS命日
    170608(木)12:15ボリショイ「白鳥の湖」、東京文化会館
    170707(水)10:00池谷医院
    170604(日)10:00集会感話、
    170604(日)16:30近藤恵邸起工式、福島市。
    170530(火)14:00田岡氏来訪
    170527(土)14:00今井館ピアノコンサート
    170521(日)14:00新宿フィル、ブラームス1番、レスピーギ「鳥」「ローマの松」。和田睦夫
    170425       TN)誕生日
    150420(木)09:30阿伎留センター泌尿器科)
    170416(日)14:00武蔵野室内合奏団、杉並公会堂(大坪満子)


マリヤの歌(マニフィカト)・・・・ルカは最高のキリスト教詩人・・・ ++++++++ 所感

2015/12/27 06:44

151227(日)4時目覚め、4時半起床。キリスト者の皆様お早うございます。●今朝は来年1月31日にで感話する「マfリヤのの賛美の歌(ルカ1:46-56)」、いわゆるマニフィカト(冒頭の句のラテン語であるわが心は主を崇め)について学んだ。●ルカは最高のキリストk教詩人であると思った。●人の友愛を歌ったシラーの「歓喜の歌」は霊の歌ではないから心が満たされない。ましてや日本の演歌や花鳥風月を愛でる歌は人の心を永遠に満たさない。それは人の心の渇きを癒さない。●このマニイカトには多くの作曲かが曲をつけて、教会の音楽としている、●無教会は教会、典礼、音楽がなく、枯れた谷であるが、マニフィカトの源流である聖書を身読して「胸が熱く」なれば、その瞬間が大教会の典礼にまさるものである。●以下にその日の資料の初めの部分を掲げる。

2016年1月31日集会感話冒頭
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

聖書で聖書を読む 151227-1                       

ルカ福音書

マリヤの讃美の歌(ルカ1:46-56)

・・・旧約から新約への喜びの歌・・・

2016年1月31日 東京聖書読者会 高橋照男

 

塚本訳 ルカ 1:46

1:46 マリヤが(神を讃美して)言った。──『わたしのは主を』あがめ、

●マリヤの賛歌。マニフィカト Magnificat。ルカは最高のキリスト教詩人。

●ルカ福音書の4大讃歌(キャンティカムCanticum)の共通点は、福音の喜び

 

①マニフィカト(Magnificat) ルカ146-55 ・・・モンテヴェルディ(聖母マリヤのための夕べの祈り・晩課)、バッハ(カンタータ10番BWV10、マニフィカトBWV243)、モーツァルト(K339荘厳晩課ヴェスペレ)、讃美歌95、529
塚本訳 ルカ 1:46-48
1:46
マリヤが(神を讃美して)言った。──『わたしの心は主を』あがめ、
1:47
わたしの霊は、『救い主なる神を喜びたたえる、』
1:48
この『卑しい召使にまで目をかけてくださった』からです。きっと今からのち代々の人々は、『わたしを仕合わせ者と言いましょう。』

②ベネディクトゥス(Benedictus) ルカ167-79・・・讃美歌94
塚本訳 ルカ 1:76-77
1:76
お前、幼児よ、お前はいと高きお方の預言者と呼ばれる。『主の』先駆けをして『その道を用意し、』
1:77
罪の赦しによる救いを民に知らせるのだから。
1:78 これは(みな)われらの神の(深き)憐れみの御心によるのである。またその憐れみによって、高き所よりの光がわたし達を訪れ、

1:79 『暗やみと死の陰とに住まう人々を照らし、』われらの足を『平和の道』へと導くであろう。

 

③グローリア(Gloria in excelsis Deo)ルカ214・・・、讃美歌106、115、119

塚本訳 ルカ 2:14

2:14 いと高き所にては神に栄光、地上にては(いまや)平安、御心にかなう人々にあり!

 

④ヌンク・ディミティス(Nunc dimitis)ルカ229-32・・・讃美歌97
塚本訳 ルカ 2:31-32
2:31
この救いこそ、あなたが『全人類の(ため、その)目の前で』用意されたもの、
2:32
『異教人には啓示を、』あなたの民『イスラエルには栄光をあたえる』『光』であります。

 

塚本訳 ルカ 1:47

1:47 わたしのは、『救い主なる神を喜びたたえる、

●キリストの到来は新約時代の喜び。

 

塚本訳 ルカ 2:10

2:10 天使が言った、「こわがることはない。いまわたしは、(イスラエルの)民全体への大きな喜びのおとずれを、あなた達に伝えるのだから。

 

塚本訳 ルカ 10:9

10:9 その町の病人をなおし、また(町の)人々に、『あなた達には神の国(の喜び)が近づいた』と言え。

 

塚本訳 ユダ 1:25

1:25 我らの救い主(なる)唯一の神に、我らの主イエス・キリストによって、永遠の前も、今も、永遠の後までも、栄光、稜威、権力の帰せんことを! アーメン。

 

塚本訳 ルカ 1:48

1:48 この『卑しい召使にまで目をかけてくださった』からです。きっと今からのち代々の人々は、『わたしを仕合わせ者と言いましょう。』


●このダメな私も神に目をかけていただけること。この一句にパウロの神学の全部が入る。

 

口語訳 Ⅰサム2:8

2:8 貧しい者を、ちりのなかから立ちあがらせ、/乏しい者を、あくたのなかから引き上げて、/王侯と共にすわらせ、/栄誉の位を継がせられる。地の柱は主のものであって、/その柱の上に、世界をすえられたからである。

 

口語訳 詩  136:23

136:23 われらが卑しかった時に/われらをみこころにとめられた者に感謝せよ、そのいつくしみはとこしえに絶えることがない。

 

塚本訳 Ⅰコリ1:28-29

1:28 また世の身分の低いもの、軽蔑されているもの、(いや、あっても)無い(ように思われている)ものを神はお選びになった、ある(と思われている)ものを無にするためである。

1:29 こうして、だれ一人神の前で誇ることのないようにされたのである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 2016年1月31日集会感話冒頭 終わり

●新約聖書一日一節黙想 ルカ6:4
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

塚本訳 ルカ 6:4

6:4 ──彼が神の家に入って、ただ祭司のほかはだれも食べてはならない『供えのパンを』取って食べ、供の者にわけてやったことを。」

●宗教的特権階級の規則を打ち破ったイエス。イエスは旧約聖書を熟知していた。

 

塚本訳 マコ 2:26

2:26 ──彼が大祭司アビアタルの時、神の家に入って、祭司のほかだれも食べてはならない、『供えのパンを』食べ、供をしている者にもわけてやったことを。」

 

塚本訳 マタ 12:5-7

12:5 また、祭司は安息日に宮で(いろいろな務めをして)安息日を犯しても罪にならぬことを、律法で読んだことがないのか。

12:6 わたしは言う、(ダビデ王よりも、祭司よりも、)宮よりも大きい者が(今)ここにいる。

12:7 もしあなた達に、『わたしは憐れみを好み、犠牲を好まない』という(神の言葉の)意味がわかっていたなら、罪もないこの人たちを(安息日違犯だと言って)咎め立てしなかったであろうに。

 

●翻訳比較

 

岩波翻訳委員会訳1995

420604[すなわち]彼は、神の家に入り、供えのパンを取って食べ、また共にいる者たちにも与えたのだが、これら、〔のパン〕は、ただ祭司たちのほかは誰にも食べることが許されていないものなのだ」。

 

新共同訳1987

6:4 神の家に入り、ただ祭司のほかにはだれも食べてはならない供えのパンを取って食べ、供の者たちにも与えたではないか。」

 

前田訳1978

彼が神の家に入って、祭司のほか食べることがゆるされない供えのパンを取って食ベ、お伴にも与えたことを」と。

 

新改訳1970

6:4 ダビデは神の家にはいって、祭司以外の者はだれも食べてはならない供えのパンを取って、自分も食べたし、供の者にも与えたではありませんか。」

 

塚本訳1963

6:4 ──彼が神の家に入って、ただ祭司のほかはだれも食べてはならない『供えのパンを』取って食べ、供の者にわけてやったことを。」

 

口語訳1955

6:4 すなわち、神の家にはいって、祭司たちのほかだれも食べてはならぬ供えのパンを取って食べ、また供の者たちにも与えたではないか」。

 

文語訳1917

6:4 即ち神の家に入りて、祭司の他は食ふまじき供のパンを取りて食ひ、己と偕なる者にも與へたり』

 

●BbB、TSK、黒崎を見て心に響くものをピックアップ

 

口語訳 レビ 24:5-9

24:5 あなたは麦粉を取り、それで十二個の菓子を焼かなければならない。菓子一個に麦粉十分の二エパを用いなければならない。

24:6 そしてそれを主の前の純金の机の上に、ひと重ね六個ずつ、ふた重ねにして置かなければならない。

24:7 あなたはまた、おのおのの重ねの上に、純粋の乳香を置いて、そのパンの記念の分とし、主にささげて火祭としなければならない。

24:8 安息日ごとに絶えず、これを主の前に整えなければならない。これはイスラエルの人々のささぐべきものであって、永遠の契約である。

24:9 これはアロンとその子たちに帰する。彼らはこれを聖なる所で食べなければならない。これはいと聖なる物であって、主の火祭のうち彼に帰すべき永久の分である」。

 

塚本訳 ヘブ 9:2

9:2 (その構造はつぎのとおり。)すなわち(聖所は二つの幕屋に分れ、前方に)第一の幕屋が設けてあって、その中には燭台と机と供えのパンとがあった。この幕屋を聖所と呼んだ。

 

新共同 Ⅰサム21:6-7

21:6 ダビデは祭司に答えて言った。「いつものことですが、わたしが出陣するときには女を遠ざけています。従者たちは身を清めています。常の遠征でもそうですから、まして今日は、身を清めています。」

21:7 普通のパンがなかったので、祭司は聖別されたパンをダビデに与えた。パンを供え替える日で、焼きたてのパンに替えて主の御前から取り下げた、供えのパンしかなかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新約聖書一日一節黙想 ルカ6:4 終わり

●10:00 妻と二人で家庭礼拝。次回感話の「マロヤの賛美の歌」。リハーサル
●日本聖書協会 新翻訳 パイロット版 下読み意見具申 一テサ5章
●夕方散歩で 道が見えなくなる不思議な体験をした。急いで戻った。



スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<信仰なき人は救われないか・・・本人の熱意、周囲の祈りで救われる・・・・ | Top | 神の国は来始めた・・・御心にかなう人の胸に・・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/3843-87cc9837
FC2blog user only
| Top |
0814