to 日記と感想 信仰なき人は救われないか・・・本人の熱意、周囲の祈りで救われる・・・・
Top | RSS | Admin

2017.09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.11


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171030(月)10:00 聖路加 桑本先生
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170824(木)12:10キララホールエントランスコンサート、マリンバ
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170813(日)10:30ナザレン教会浦和教会
    170813(日)14:00比企紀和君
    170812(土)14:00お江戸こらりあーず演奏会、文京シビックホール
    170809     TW誕生日
    170809(水)17:16初音吹奏楽、府中の森芸術劇場ドリームホール
    170808(火)0930池谷医院
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170708(土)14:00在宅医療説明会(キララホール)
    170707(金)10:00池谷医院
    170706      TM誕生日
    170702(日) 集会感話
    170701      TT誕生日
    170630(金)12:20キララホールエントランスコンサート
    170628      IY誕生日
    170627(火)11:00 能城牧師来訪
    170625)日)10:10トミ子集会感話
    170625(日)14:00茅ヶ崎金子邸
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール


信仰なき人は救われないか・・・本人の熱意、周囲の祈りで救われる・・・・ ++++++++ 所感

2015/12/28 16:28

151228(月)キリスト者の皆様お早うございます。●4時20分起床●黙想。キリスト者の最大の悩みは、神もキリストも信じない人間は救われないか。という深刻な問題である。特に肉親の救いの問題はのっぴきならない現実問題である。●これに関しては人間に聞いてはいけない。聖書のうちパウロに聞いてもや安んじない。神の子イエスの胸ぐらをつかんで聞かなければならない。

塚本訳 ルカ 13:23-25
13:23 するとある人が「主よ、救われる者は少ないでしょうか」と尋ねた。人々に言われた、
13:24 「全力を尽くして(今すぐ)狭い戸口から入りなさい。あなた達に言う、(あとになって)入ろうとしても、入れない者が多いのだから。
13:25 家の主人が立ち上がって戸をしめたあとで、あなた達が外に立って、『ご主人、あけてください』と言って戸をたたきつづけても、主人は、『わたしはあなた達がどこの人だか知らない』と答えるであろう。


●ここにすべてが答えられている。100%である。つまりイエスは人類は全員救われることになっているとか、救われる人は予定されているのだとかの頭をスッキリさせるような神学的な答えをされなかった。それは頭はすっきりしても心は安心はしない。イエスは「神にお願いすれば、今からでも大丈夫だ」という生きた、血の通った答えをされた。これが答えの総てである.。この証明が福音書のイエスの言動に多く出ている。
●だから、縁がなくて神もキリストも信じないで死んだ人でも、周囲が祈れば全能の神は何とかして「今からでも」救ってくださる。私は神の子イエスのこの言葉を信じぬく。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
黙想おわり。

12:00 日本聖書協会、新翻訳「パイロット版」に対する意見具申のうち、一テサを送信。早速「貴重なコメント感謝」との返事が来た。

●新約聖書一日一節黙想 ルカ6:5
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

塚本訳 ルカ 6:5

6:5 また彼らに言われた、「人の子(わたし)は安息日の主人である。」


●人は神の子イエスの霊の支配によって律法、道徳、しきたりから解放されて自由になる。キリスト教の本質。

 

塚本訳 ヨハ 8:30-36

8:30 こう話されると、多くの人がイエスを信じた。

8:31 すると信じたユダヤ人に言われた、「もしわたしの言葉に留まっておれば、あなた達は本当にわたしの弟子である。

8:32 真理を知り、その真理があなた達を自由にするであろう。」

8:33 しかし彼らは(その意味がわからずに)答えた、「わたし達はアブラハムの子孫で(自由人で)ある。いまだかつてだれの奴隷にもなったことはない。どうして『あなた達は自由になる』と言われるのか。」

8:34 イエスは答えられた、「アーメン、アーメン、わたしは言う、罪を犯す者は皆罪の奴隷である。

8:35 奴隷はいつまでも家におるわけにゆかない。(いつでも追い出される。しかし)子はいつまでも家におる。

8:36 だから、もし子(たるわたし)が(罪から)自由にしてやれば、あなた達は本当に自由になるのである。(そしていつまでも父上のところにおることができる。)

 

塚本訳 ヨハ 8:56-59

8:56 あなた達の父アブラハムは、生きてわたしの日、(わたしが来て神の契約を成就するその日)を見ることを、楽しみにしていた。そして(実際)それを見て、喜んだ。」

8:57 するとユダヤ人がイエスに言った、「君はまだ五十にもならないのに、アブラハムに会ったのか。」

8:58 イエスは言われた、「アーメン、アーメン、わたしは言う、アブラハムが生まれる前から、わたしはいたのだ。」

8:59 すると彼らは、(自分を神と同じにすると言って、)石を取ってイエスに投げつけようとしたが、イエスは身を隠して、宮から出てゆかれた。

 

塚本訳 ロマ 9:5

9:5 (また、アブラハム、イサク、ヤコブなどの偉大な)祖先たちは彼らのものであり、救世主も人間としては彼らから出られたのである。一切のものの上におられる神なる彼は、永遠に賛美すべきである、アーメン。

 

●翻訳比較

 

岩波翻訳委員会訳1995

420605そして彼は彼らに言った、「人の子は、安息日の主である」。

 

新共同訳1987

6:5 そして、彼らに言われた。「人の子は安息日の主である。」

 

前田訳1978

5また彼らにいわれた、「人の子は安息日の主である」と。

 

新改訳1970

6:5 そして、彼らに言われた。「人の子は、安息日の主です。」

 

塚本訳1963

6:5 また彼らに言われた、「人の子(わたし)は安息日の主人である。」

 

口語訳1955

6:5 また彼らに言われた、「人の子は安息日の主である」。

 

文語訳1917

6:5 また言ひたまふ『人の子は安息日の主たるなり』

 

●BbB、TSK、黒崎を見て心に響くものをピックアップ

 

塚本訳 マコ 2:27-28

2:27 また彼らに言われた、「安息日は人のためで、人が安息日のためにあるのではない。

2:28 だから人の子(わたし)はまた安息日の主人である。」

 

塚本訳 マタ 12:7-8

12:7 もしあなた達に、『わたしは憐れみを好み、犠牲を好まない』という(神の言葉の)意味がわかっていたなら、罪もないこの人たちを(安息日違犯だと言って)咎め立てしなかったであろうに。

12:8 (わたしの弟子たちに罪はない。)人の子(わたし)は安息日の主人であるから。」

 

塚本訳 エペ 1:22

1:22 然り、神は『万物を彼』(キリスト)『の足の下に屈伏せしめ』、彼を万物の上にある頭として教会に与え給うた。

 

塚本訳 マタ 11:5-8

11:5 ──『盲人は見えるようになり、』足なえは歩きまわり、癩病人は清まり、聾は聞き、死人は生きかえり、『貧しい人は福音を聞かされている』と。

11:6 わたしにつまずかぬ者は幸いである。」

11:7 ヨハネの弟子たちがかえってゆくと、イエスは群衆にヨハネのことを話し出された。──「(さきごろ)あなた達は何を眺めようとして、荒野(のヨハネの所)に出かけたのか。風にそよぐ葦だったのか。(まさかそうではあるまい。)

11:8 それでは、何を見ようとして出かけたのか。柔らかいものを着ている人か。見よ、柔らかいものをまとった人ならば、王の御殿にいる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新約聖書一日一節黙想 ルカ6:5おわり

スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<信仰なき人の救い・・・神が目を覚ましてくださる・・・ | Top | マリヤの歌(マニフィカト)・・・・ルカは最高のキリスト教詩人・・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/3844-3079138b
FC2blog user only
| Top |
0814