to 日記と感想 御言葉を行う人とは何か・・・ヤコブ書一章22節の意味探求・・・
Top | RSS | Admin

2017.08 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.10


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171030(月)10:00 聖路加 桑本先生
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170824(木)12:10キララホールエントランスコンサート、マリンバ
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170813(日)10:30ナザレン教会浦和教会
    170813(日)14:00比企紀和君
    170812(土)14:00お江戸こらりあーず演奏会、文京シビックホール
    170809     TW誕生日
    170809(水)17:16初音吹奏楽、府中の森芸術劇場ドリームホール
    170808(火)0930池谷医院
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170708(土)14:00在宅医療説明会(キララホール)
    170707(金)10:00池谷医院
    170706      TM誕生日
    170702(日) 集会感話
    170701      TT誕生日
    170630(金)12:20キララホールエントランスコンサート
    170628      IY誕生日
    170627(火)11:00 能城牧師来訪
    170625)日)10:10トミ子集会感話
    170625(日)14:00茅ヶ崎金子邸
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール


御言葉を行う人とは何か・・・ヤコブ書一章22節の意味探求・・・ ++++++++ 所感

2015/12/31 05:52

151231(木)キリスト者の皆様お早うございます。●日本聖書協会「新翻訳」パイロット版の意見具申をしている最中に「御言葉を行う」(ヤコブ書1:22)という著しい言葉に出会ったので今朝はその探求をしてみよう。

●翻訳比較

岩波翻訳委員会訳1995
590122自らを欺いて単なる聞き手〔で終るの〕でなく、御言葉の実行者となりなさい。

新共同訳1987
1:22 御言葉を行う人になりなさい。自分を欺いて、聞くだけで終わる者になってはいけません。

前田訳1978
1:22 みことばを行なう人におなりなさい。自らをあざむいて、たんに聞き手であってはなりません。

新改訳1970
1:22 また、みことばを実行する人になりなさい。自分を欺いて、ただ聞くだけの者であってはいけません。

塚本訳1963
1:22 御言の実行者となれ。(自分で)自分をごまかしてただの聴聞者となるな。

口語訳1955
1:22 そして、御言を行う人になりなさい。おのれを欺いて、ただ聞くだけの者となってはいけない。

文語訳1917
"590122","ただ御言を聞くのみにして、己を欺く者とならず、之を行ふ者となれ。"

●「言葉」ということで頭に浮かぶことは天地創造のはじまりは神の言葉。イエスの奇跡も「言葉」と共に行われた。福音は言葉で伝わる。
●信仰は伝道者の「言葉」を信じることから始まる。
●イエスは「私の言葉を信じなさい」ということを色々な場面で語った。
●ルターは「ヤコブ書」を藁の書簡と言って低く見たが、イエスの観点からすればそうとも言えない。
●BbB、TSK、黒崎を見て心に響くものをピックアップ。

塚本訳 マタ 7:21-25
7:21 わたしに『主よ、主よ』と言う者が皆、天の国に入るのではない。わたしの天の父上の御心を行う者(だけ)が入るのである。
7:22 (最後の裁きの)かの日には、大勢の者がわたしに、『主よ、主よ、(入れてください。)『わたし達はあなたの名で伝道し、』あなたの名で悪鬼を追い出し、あなたの名で奇蹟を沢山行ったではありませんか』と言うであろう。
7:23 その時わたしは、はっきり彼らに言おう、『かってお前たちを弟子にした覚えはない。『この不届者、わたしを離れよ!』』と。
7:24 だから、以上のわたしの話を聞いてそれを行う者は皆、岩の上に家を建てた賢い人に似ている。
7:25 雨が降って、大水が出て、風が吹いて、その家に襲いかかったが、倒れなかった。岩の上に土台があったからである。

塚本訳 マタ 12:50
12:50 だれでもわたしの天の父上の御心を行う者、それがわたしの兄弟、姉妹、また母であるから。」


塚本訳 マタ 28:20
28:20 わたしがあなた達に命じたことを皆守るように教えながら。安心せよ、世の終りまでいつもわたしがあなた達と一しょにいるのだから。」

塚本訳 ルカ 6:46-48
6:46 (わたしを)『主よ、主よ』と呼びながら、なぜわたしの言うことを行わないのか。
6:47 わたしの所に来て話を聞き、それを行う者が皆、だれに似ているか、おしえてあげよう。
6:48 それは、(地を)深く掘り下げ、岩の上に土台をすえて家を建てた人に似ている。洪水が出て、大水がその家にぶつかったが、丈夫に建ててあったので、びくともしなかった。


塚本訳 ルカ 11:28
11:28 しかしイエスは言われた、「いや、仕合わせなのは、神の言葉を聞いてそれを守る人たちである。」


塚本訳 ルカ 12:47-48
12:47 主人の心を知っていながら用意せず、あるいは主人の心に従って行動しなかった僕は、(鞭で)打たれることが多い。
12:48 しかし(主人の心を)知らない者は、打たれるようなことをしても、打たれ方が少ない。(神に)多く渡された者は皆多く請求され、(信頼して)多く任された者は一そう多く要求される。


塚本訳 ヤコ 4:17
4:17 だから善を為ることを知ってしないのはその人にとって罪である。


塚本訳 ヨハ 13:17
13:17 このことがわかったなら、そのとおりにすれば、幸いである。


塚本訳 ロマ 2:13
2:13 なぜなら、律法を聞く者が神の目に義であるのでなく、律法を行う者が義とされるからである。


塚本訳 ピリ 4:8
4:8 最後に、兄弟達よ、(凡て)真なること、気高いこと、正しいこと、潔いこと、人の喜ぶこと、褒めることは何でも、徳という徳、誉れという誉れ、これら(凡て)を(常に)心に留め(、これを行おうと努め)よ。


塚本訳 コロ 3:17
3:17 凡て言うこと為ることは、皆主イエスの名において為よ。彼によって父なる神に感謝せよ。


塚本訳 Ⅰヨハ2:3
2:3 したがって、もし彼の掟を守るならば、そのことによって、わたし達は彼を知っていることがわかるのである。


塚本訳 Ⅰヨハ3:7
3:7 子供たちよ、あなた達はだれにも迷わされてはいけない。義を行う者は、神が義であるように、義である。


塚本訳 Ⅲヨハ1:11
1:11 愛する者よ、あなたは(そのような)悪をまねず、善をまねよ。善を行う者は神から(出たの)であり、悪を行う者は神を見たことがないのである。


塚本訳 黙  22:7
22:7 (イエスが言い給うた、)「そして視よ、私は直に来る。幸福なる哉、この書の預言の言を守る者!」

塚本訳 ヨハ 13:17
13:17 このことがわかったなら、そのとおりにすれば、幸いである。

塚本訳 黙  14:13
14:13 また私は天から声が(こう)言うのを聞いた、「書け、『今から後主にあって死ぬる死人は幸福である。』」御霊も言い給う、「然り、彼らはその労苦を休息む(ことが出来る)であろう。その(為した)業が彼らに随いて行くのであるから!」と。

塚本訳 ヤコ 2:14-20
2:14 わが兄弟達よ、信仰を有っていると言う人があっても、もし行為がなければ何の役に立とう。(行為の伴わない)そんな信仰がその人を救い得る(と思う)か。
2:15 (君達の)兄弟か姉妹が裸でいて、その日の食物に事欠いている時、
2:16 君達の誰かがこれに、「(では)『お大事に』、温かにして、満腹しなさい」と言って体に必要なものを与らなければ、何の役に立とう。
2:17 同じように信仰にも行為が(伴わ)なければ、それは実質において死んだものである。
2:18 しかし(また、)「この人には信仰があり、かの人には行為がある。(何も信仰に行為が伴う必要はないではないか」)と言う人があるかも知れない。(よろしい)行為の無い君の信仰を私に見せてくれ。そうすれば私も私の行為によって信仰を見せてやろう!
2:19 君は神は唯一であると信ずるか。それはよいことである。(しかしその信仰だけでは足りない。)鬼ですら(それを)信じて慄くのである。
2:20 ああ間の抜けた人よ、君は行為のない信仰の駄目なことが知りたいのか。

塚本訳 ヤコ 4:11
4:11 兄弟達よ、互いに譏るな。兄弟を譏る者、兄弟を審く者は、律法を譏り、律法を審くのである。そして君達が律法を審けば、律法を行う者でなく(その)審判者である。


塚本訳 マタ 7:21
7:21 わたしに『主よ、主よ』と言う者が皆、天の国に入るのではない。わたしの天の父上の御心を行う者(だけ)が入るのである。


塚本訳 マタ 7:26
7:26 また、わたしの話を聞くだけでそれを行わない者は皆、砂の上に家を建てた愚かな人に似ている。

塚本訳 マタ 12:34
12:34 蝮の末よ、あなた達(自身)が悪いのに、どうして善いことが言えよう。心にあふれて口に出るのだから。


塚本訳 マタ 5:14-16
5:14 あなた達は世の光である。山の上にある町は隠れていることは出来ない。
5:15 また、(せっかく)明りをともして枡をかぶせる者はない。かならず燭台の上に置く。すると、家の中におる人を皆照らすのである。
5:16 そのようにあなた達も、その光を世の人の前に輝かし、人があなた達の良い行ないを見て、あなた達の天の父上をあがめるようにせよ。

●以上の聖句を読むと真の信仰者は自然に行為が外に溢れ出るように思われる。ヤコブ書の真精神は必ずしも「行為主義」ではない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想おわり。私にとっての「御言葉を行う人」とは「御言葉に仕える」ことである。これが余生の仕事。
私を受け入れてくれる少数の人が相手。ダンテは謎の人であったが、彼を知る少数の人に天国への門を開いたと言われる。(クラウスのダンテ伝の結語。記憶)。親鸞の歎異抄は一人の老婆に語ったもの。塚本虎二の「聖書知識」の標準読者は明日の命も分からぬ療養所の女性。真剣勝負。

2015_12310002.jpg 

大きくなった初音は妻のおせち料理作りの手伝いをする。

●新約聖書一日一節黙想 ルカ6:8
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

塚本訳 ルカ 6:8

6:8 イエスは彼らの考えを知って、手のなえた男に「立って真中に出てこい」と言われると、立ち上がって出てきた。

●イエスが奇跡を起こす時には声を発した。

 

塚本訳 マコ 1:40-42

1:40 すると(ある日)一人の癩病人がイエスの所に来てひざまずき、「清めてください。お心さえあれば、お清めになれるのだから」と言って願った。

1:41 イエスは(そのあわれな姿を見て悪魔に対する)怒りに燃え、手をのばしてその人にさわり、「よろしい、清まれ」と言われると、

1:42 たちまち癩病が消えうせて、その人は清まった。

 

塚本訳 マコ 2:10-12

2:10 では、人の子(わたし)は地上で罪を赦す全権を持っていることを知らせてやろう」と彼らに言いながら、中風の者に言われる、

2:11 「あなたに命令する、起きて担架をかついで、家に帰りなさい。」

2:12 すると彼は起き上がり、すぐ担架をかついで、皆の見ている前を出ていった。皆が呆気にとられ、「こんなことはかって見たことがない」と言って、神を讃美した。

 

塚本訳 マコ 3:5-6

3:5 するとイエスは怒気をふくんで人々を見まわし、彼らの心の頑ななのをふかく悲しんで、その人に言われる、「手をのばせ。」のばすと手が直った。

3:6 パリサイ人たちは出ていって、すぐヘロデ党の者と、イエスを殺す相談をはじめた。

 

塚本訳 マコ 4:37-39

4:37 すると激しい突風がおこり、波が舟に打ち込んできて、もう舟にいっぱいになりそうになった。

4:38 しかしイエスは艫の方で枕をして眠っておられた。弟子たちが「先生、溺れます、構ってくださらないのですか」と言って起した。

4:39 イエスは目をさまして風を叱りつけ、湖に言われた、「黙れ、静かにしないか!」(たちどころに)風がやんで、大凪になった。

 

塚本訳 マコ 7:33-35

7:33 イエスはその人をただ一人、群衆の中から連れ出して、指をその両耳にさしこみ、次に(指に)唾をしてその舌にさわり、

7:34 天を仰いで溜息をつき、その人に「エパタ!」[すなわち「開け!」]と言われる。

7:35 すると耳があき、すぐ舌のもつれが解けて、普通に物が言えるようになった。

 

塚本訳 ヨハ 5:5-9

5:5 するとそこに三十八年病気の人がいた。

5:6 イエスはその人が横になっているのを見、すでに長い間わずらっていることを知ると、「直りたいか」とたずねられた。

5:7 病人が答えた、「主よ、水がかきまわされた時に、わたしを池に入れてくれる者がないのです。わたしが行くうちに、ほかの人が先に下りてゆきます。」

5:8 イエスが言われる、「起きて担架をかついて、歩きなさい。」

5:9 するとその人はすぐ直って、担架をかついで歩きまわった。あいにくその日は安息日であった。

 

塚本訳 ヨハ 11:43-44

11:43 こう言ったのち、大声で、「ラザロ、出て来い」と叫ばれた。

11:44 死人が手足を包帯で巻かれたまま、(墓から)出てきた。顔は手拭で包まれていた。イエスは「解いてやって(家に)帰らせなさい」と人々に言われた。

 

●翻訳比較

 

岩波翻訳委員会訳1995

420608しかし、イエス自身は、彼らの思いを知って、萎えた手を持った人に言った、「起きなさい、そして、真中へ進み出なさい」。すると彼は起き上がって立った。

 

新共同訳1987

6:8 イエスは彼らの考えを見抜いて、手の萎えた人に、「立って、真ん中に出なさい」と言われた。その人は身を起こして立った。

 

前田訳1978

6:8 彼らの考えを悟って、彼は手のなえた人にいわれた、「起きて真ん中にお立ち」と。すると起きあがって立った。

 

新改訳1970

6:8 イエスは彼らの考えをよく知っておられた。それで、手のなえた人に、「立って、真中に出なさい。」と言われた。その人は、起き上がって、そこに立った。

 

塚本訳1963

6:8 イエスは彼らの考えを知って、手のなえた男に「立って真中に出てこい」と言われると、立ち上がって出てきた。

 

口語訳1955

6:8 イエスは彼らの思っていることを知って、その手のなえた人に、「起きて、まん中に立ちなさい」と言われると、起き上がって立った。

 

文語訳1917

"420608","イエス彼らの念を知りて、手なえたる人に『起きて中に立て』と言ひ給へば、起きて立てり。"

 

●BbB、TSK、黒崎を見て心に響くものをピックアップ

 

塚本訳 マコ 3:3-5

3:3 イエスは(それと知って)、手のなえた人に「立って真中に出てこい」と言っておいて、

3:4 彼らに言われる、「安息日には、善いことをするのと悪いことをするのと、命を救うのと殺すのと、どちらが正しいか。」彼らは黙っていた。

3:5 するとイエスは怒気をふくんで人々を見まわし、彼らの心の頑ななのをふかく悲しんで、その人に言われる、「手をのばせ。」のばすと手が直った。

 

塚本訳 マタ 12:9-14

12:9 そこを去って、(ある安息日に)礼拝堂に入られた。

12:10 するとそこに、片手のなえた人がいた。(パリサイ派の)人々がイエスに、「安息日に病気をなおすことは正しいだろうか」と尋ねた。イエスを訴え出る(口実を見つける)ためであった。

12:11 彼らにこたえられた、「あなた達のうちには羊を一匹持っていて、もしそれが安息日に穴に落ち込めば、引っぱり上げてやらない者がだれかあるだろうか。

12:12 ところで、人間は羊よりもどれだけ大切だか知れない。だから安息日に良いことをするのは正しい。」

12:13 それからその人に言われる、「手をのばせ。」のばすと直って、片方の手のようによくなった。

12:14 パリサイ人たちは出ていって、イエスを殺すことを決議した。

 

塚本訳 ルカ 5:22

5:22 イエスは彼らの考えを見抜いて、「何を心の中で考えているのか。

 

塚本訳 ヨハ 2:25

2:25 また人のことをだれからも教えてもらう必要がなかったのである。自分で人の心の中がわかったからである。

 

塚本訳 ヨハ 21:17

21:17 三度目に言われる、「ヨハネの子シモン、あなたはわたしを愛しているのか。」ペテロは、イエスが三度も「あなたはわたしを愛しているのか」と言われたので悲しくなって、言った、「主よ、あなたはなんでも御存じです。わたしがあなたを愛していることはあなたが御存じです。」イエスが言われる、「わたしの羊を飼いなさい。

 

塚本訳 ヘブ 4:13

4:13 かくて創造物は(何一つ)神の前にあらわれないものはない。(然り、)神の目には万物が裸で姿をあらわし、わたし達はこのお方に対して、勘定を払わねばならないのである。

 

塚本訳 黙  2:23

2:23 そして、彼女の子供らを(も)疫病をもってうち殺すであろう。斯くして全教会は、私が(人の最も隠れた所である)腎臓をも心臓をも尋ね究め(て、彼らを罰す)る者であることを知る(に至る)であろう。そして(また、)私はお前達の業に従って一人一人に報ゆるであろう。

 

塚本訳 ピリ 1:28

1:28 何事においても敵に嚇かされないことを知ることが出来よう。そして(決して敵に嚇かされないという)このことは、(敵対する)彼らにとっては(遂に)滅び(ること)の兆である、君達には救いの兆であって、これは(何れも)神から賜わったものである。

 

塚本訳 マタ 9:4

9:4 イエスは彼らの考えを知って言われた、「なぜ悪いことを心の中で考えているのか。

 

塚本訳 ルカ 9:47

9:47 イエスは彼らの心の考えを知って、一人の子供の手を取り、自分のわきに立たせて、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新約聖書一日一節黙想 ルカ6:8 おわり


●大晦日の夕飯。中学一年の初音は自ら進んで食前の祈りで年末の祈りを捧げた。感謝。
●それから孫娘の二人は完全武装して「紅白歌合戦」。知っている歌を合唱。私達に「エーッ!。この人知らないの」と言われることが多かった。






スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<新年の抱負・・・聖書を身読する人生は楽し・・・ | Top | 結婚生活の喜怒哀楽・・・孫娘の縁談の夢を見て・・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/3847-9afccfe2
FC2blog user only
| Top |
0814