to 日記と感想 何が最高の喜びか・・・この世の大きさ、高さ、強さ、平和、安心でなく神の霊との交わり・・・
Top | RSS | Admin

2017.10 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.12


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    180422(日)   杉並公会堂・武蔵野室内合奏団「英雄」
    171229    TM誕生日
    180224   14:30 トミ子、モーチァルト{レクイエム) 171220     KK誕生日
    171225(月)10:45 聖路加診察脳神経外科桑本医師
    171218(月)10:30 聖路加MRI
    171203(日)14:00 無教会浦和集会、助川光子講演
    171126(日)  兄光男、弟靖男と三人会。於・日本橋
    171119(日)15:00 秋川キリスト教会、後藤牧人講演会
    171115    TM誕生日
    171107(月) TI手術、聖路加 171105(日) 照男・トミ子集会感話、トミ子午後郡山にSS見舞い
    171103(金)13:00南原繁研究会学士会館
    171030(月)10:00 聖路加 桑本先生


何が最高の喜びか・・・この世の大きさ、高さ、強さ、平和、安心でなく神の霊との交わり・・・ ++++++++ 所感

2016/01/31 06:23

160131(日)キリスト者の皆様お早うございます。今日は「主の日」です。三男の家の手伝いに福島県二本松に行っていた妻は早朝に出立、「主の集まり」で会う。●朝の黙想「何が最高の喜びか・・・この世の大きさ、高さ、強さ、平和、安心でなく神の霊との交わり・・・」●今日の集会は私が当番で、話の内容は昨日のブログにアップした。マニフィカトの冒頭に圧倒され、心一杯胸一杯である。

文語訳 ルカ 1:46-4
1:46 マリヤ言ふ、『わがこころ主をあがめ、
1:47 わが靈はわが救主なる神を喜びまつる。


口語訳 ルカ 1:46-47
1:46 するとマリヤは言った、「わたしの魂は主をあがめ、
1:47 わたしの霊は救主なる神をたたえます。


新改訳 ルカ 1:46-47
1:46 マリヤは言った。「わがたましいは主をあがめ、
1:47 わが霊は、わが救い主なる神を喜びたたえます。


新共同 ルカ 1:46-47
1:46 そこで、マリアは言った。
1:47 「わたしの魂は主をあがめ、/わたしの霊は救い主である神を喜びたたえます。


塚本訳 ルカ 1:46-47
1:46 マリヤが(神を讃美して)言った。──『わたしの心は主を』あがめ、
1:47 わたしの霊は、『救い主なる神を喜びたたえる、』


NKJV ルカ 1:46-47
1:46 And Mary said:"My soul magnifies the Lord,
1:47 And my spirit has rejoiced in God my Savior.


TEV ルカ 1:46-47
1:46 Mary said, /"My heart praises the Lord;
1:47 my soul is glad because of God my Savior,


●「こころ」なのか「霊」なのか、心と霊は違うのか、語学的なことはわからないが、その実態真理はわかる。聖書の読み方はここにある。
●その真理は新約聖書の中心的使信である。一つだけ挙げれば次である。


塚本訳 マタ 16:16-17
16:16 シモン・ペテロが答えて言った、「あなたは救世主、生ける神の子であります!」
16:17 するとイエスは(喜んで)ペテロに答えられた、「バルヨナ・シモン、あなたは幸いだ。これをあなたに示したのは血肉([人間]の知恵)でなく、わたしの天の父上だから。


●8:00 東京聖書読者会へ出発。途中中村陸郎先生(医者・無教会渋谷集会)と渋谷まで懇親懇談。集会で今朝二本松を出立した妻と会う。高木(司会、ローズンゲンから選定)、横田(神の存在証明、トマスアクイナス、神学大全、)、高橋(マリヤの賛美の歌)●昼食は小寺ご夫妻と4名。

●今朝の中村先生のお話では現代の最大の問題は「無神論」であることだと言われる。神が分かる、信じられると言う人は昔も今も少ない。しかし今の世にも神を信じる人は少数だが必ずいるということで意見が一致してそれぞれの集会に別れた。

塚本訳 ロマ 9:27
9:27 (預言者)イザヤもイスラエル人について叫んでいる。『たとえイスラエル[ヤコブ]の子孫の数は海の砂のように(多数)であろうとも、(信ずる小数の)残りの者(だけ)が救われる。


塚本訳 ロマ 11:4-5
11:4 ところが彼に対する神のお告げはどうであるか。──「『わたしは(異教の神)バアルに膝をかがめなかった男子七千人を』自分のために『残しておいた。』」
11:5 だから、同じように今の世にも、恩恵の選びによる残りの者がある。


塚本訳 ヨハ 6:45-46
6:45 預言書に、〃(最後の日に)人は皆神に教えを受けるであろう〃と書いてある。(そして神に引っ張られる者、すなわち本当に)父上に聞き、また学ぶ者は皆、わたしの所に来る。
6:46 (聞き、学ぶと言っても、)これはだれかが父上を見たというのではない。神のところから来た者、(すなわちわたし)だけが、父上を見たのである。

塚本訳 ヨハ 14:6
14:6 イエスは言われる、「わたしが道である。また真理であり、命である。(手段であると同時に目的であるから。)わたしを通らずには、だれも父上の所に行くことはできない。










スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<無神論との戦い…今日の最大の敵・・・ | Top | 明日の感話・・・マリヤの賛美の歌・・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/3880-5365777f
FC2blog user only
| Top |
0814