to 日記と感想 最も価値ある油・・・・聖書を理解する力・・・
Top | RSS | Admin

2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170824(木)12:10キララホールエントランスコンサート、マリンバ
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170813(日)10:30ナザレン教会浦和教会
    170813(日)14:00比企紀和君
    170812(土)14:00お江戸こらりあーず演奏会、文京シビックホール
    170809     TW誕生日
    170809(水)17:16初音吹奏楽、府中の森芸術劇場ドリームホール
    170808(火)0930池谷医院
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170708(土)14:00在宅医療説明会(キララホール)
    170707(金)10:00池谷医院
    170706      TM誕生日
    170702(日) 集会感話
    170701      TT誕生日
    170630(金)12:20キララホールエントランスコンサート
    170628      IY誕生日
    170627(火)11:00 能城牧師来訪
    170625)日)10:10トミ子集会感話
    170625(日)14:00茅ヶ崎金子邸
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール


最も価値ある油・・・・聖書を理解する力・・・ ++++++++ 所感

2016/02/11 07:59

160211(木)キリスト者の皆様お早うございます。●最近は原油安で灯油の値段が下がって石油クリーンヒーターを使っている我が家もありがたい。原油の価格が世界経済の要である。エネルギー問題の要因である。●ところが人間にとって最も大切な「油」はキリスト(聖霊)の油である。これが人間の眼を開け、人間の尊厳を正す。●この油が聖書を真に理解させる。

塚本訳 Ⅰヨハ2:25-27
2:25 そして彼(キリスト)がわたし達に約束された約束のものこそ、この永遠の命である。
2:26 わたしはあなた達を迷わす者たちについて、これらのことを書いたのである。
2:27 しかしあなた達は、キリストから戴いた油(すなわち聖霊)が留っているのだから、だれからも教えてもらう必要はない。彼の油が万事についてあなた達に教えるように、またそれはまことであって、嘘ではない。そしてその油があなた達に教えたとおり、(つねに)キリストに留っておれ。


●今朝はこの27節について、「聖書で聖書を読む」方法で勉強してみよう。

●まず翻訳比較(邦語) 拙BbB利用

岩波翻訳委員会訳1995

620226 以上、私はあなたがたのために、あなたがたを惑わす者たちについて書き記した。620227しかし、あなたがたの中には、あなたがたが自ら彼から受けた塗 油が留まっており、誰にもせよあなたがたを教える必要はない。かえって彼からの塗油がすベてのことについてあなたがたに教えるのである。それはまた真実で あって、偽りではないから、それがあなたがたに教えたとおりに、彼の中に留まっていなさい。

<!--[if !supportEmptyParas]--> <!--[endif]-->

新共同訳1987

2:26 以上、あなたがたを惑わせようとしている者たちについて書いてきました。

2:27 しかし、いつもあなたがたの内には、御子から注がれた油がありますから、だれからも教えを受ける必要がありません。この油が万事について教えます。それは真実であって、偽りではありません。だから、教えられたとおり、御子の内にとどまりなさい。

<!--[if !supportEmptyParas]--> <!--[endif]-->

前田訳1978

2:26 以上あなた方を迷わすものどもについてお書きしました。

2:27 あなた方については、お受けの油がとどまっていますから、だれもあなた方をお教えする必要がなく、彼の油がすべてについてあなた方を教えます。それはまことで偽りがありません。彼がお教えのように彼のうちにとどまってください。

<!--[if !supportEmptyParas]--> <!--[endif]-->

新改訳1970

2:26 私は、あなたがたを惑わそうとする人たちについて以上のことを書いて来ました。

2:27 あなたがたのばあいは、キリストから受けた注ぎの油があなたがたのうちにとどまっています。それで、だれからも教えを受ける必要がありません。彼の油がす べてのことについてあなたがたを教えるように、――その教えは真理であって偽りではありません。――また、その油があなたがたに教えたとおりに、あなたが たはキリストのうちにとどまるのです。

<!--[if !supportEmptyParas]--> <!--[endif]-->

塚本訳1963

2:26 わたしはあなた達を迷わす者たちについて、これらのことを書いたのである。

2:27 しかしあなた達は、キリストから戴いた油(すなわち聖霊)が留っているのだから、だれからも教えてもらう必要はない。彼の油が万事についてあなた達に教え るように、またそれはまことであって、嘘ではない。そしてその油があなた達に教えたとおり、(つねに)キリストに留っておれ。

<!--[if !supportEmptyParas]--> <!--[endif]-->

口語訳1955

2:26 わたしは、あなたがたを惑わす者たちについて、これらのことを書きおくった。

2:27 あなたがたのうちには、キリストからいただいた油がとどまっているので、だれにも教えてもらう必要はない。この油が、すべてのことをあなたがたに教える。 それはまことであって、偽りではないから、その油が教えたように、あなたがたは彼のうちにとどまっていなさい。

<!--[if !supportEmptyParas]--> <!--[endif]-->

文語訳1917

"620226","汝らを惑す者どもに就きて我これらの事を書き贈る。"

"620227","なんぢらの衷には、主より注がれたる油とどまる故に、人の汝らに物を教ふる要なし。此の油は汝らに凡ての事を教へ、かつ眞にして虚僞なし、汝等はその教へしごとく主に居るなり。"
 


●BbB、TSK、黒崎を見て心に響くものをピックアップ

(BbB)


塚本訳 使  10:38
10:38 すなわち、『神が』いかに聖『霊』と(大いなる)力と『をもって』ナザレのイエスに『油を注がれ(て聖別され)た』か、このイエスが(あちらこちらを)巡回しながら、恩愛を施し、悪魔におさえつけられている者を皆直されたかを。神がご一緒におられたからです。


塚本訳 ヨハ 14:26
14:26 (わたしが去ったあとで、)父上がわたしの名で遣わされる弁護者、すなわち聖霊が、あなた達にすべてのことを教え、またわたしが言ったことをすべて思い出させるであろう。


塚本訳 ロマ 8:9
8:9 しかしあなた達は肉にある者ではなく、霊にある者である、(すでにキリストを信じて)神の御霊があなた達の中に住んでおられる以上は。しかし(神の御霊すなわち)キリストの霊を持たないなら、その人はキリストのものではない。


塚本訳 Ⅰコリ2:13
2:13 またその(賜物の)ことをわたし達が話すにも、人間的な知恵に教えられた言葉によらず、御霊に教えられた言葉による。霊のことに霊のことを当てはめ(て解しようとす)るのである。


塚本訳 Ⅰテサ2:13
2:13 この故にまた私達が絶えず神に感謝しているのは、君達が私達から神の言を聞いた時、(これを)人間の言とせず、事実通り神の言として受け、それが(今)君達(テサロニケの)信者の間に(強く)働いていることである。


塚本訳 Ⅰヨハ2:20
2:20 そしてあなた達は聖者(キリスト)から油を注がれ(て聖者となっ)たのであるから、皆、(何が真理で、何が嘘であるかを)知っている。


塚本訳 Ⅰテサ4:9
4:9 兄弟愛については(かれこれ)書く必要はあるまい。互いに相愛すべきことは君達自ら神に教えられ、

(TSK)

●Ⅰヨハ2:27

2:27 あなたがたのうちには、キリストからいただいた油がとどまっているので、だれにも教えてもらう必要はない。この油が、すべてのことをあなたがたに教える。それはまことであって、偽りではないから、その油が教えたように、あなたがたは彼のうちにとどまっていなさい。

 

*「あなたがたのうちには、キリストからいただいた油がとどまっているので、」

John 4:14

14しかし、わたしが与える水を飲む者は、いつまでも、かわくことがないばかりか、わたしが与える水は、その人のうちで泉となり、永遠の命に至る水が、わきあがるであろう」。

1 Peter 1:23

 23あなたがたが新たに生れたのは、朽ちる種からではなく、朽ちない種から、すなわち、神の変ることのない生ける御言によったのである。

1 John 2:20

 20しかし、あなたがたは聖なる者に油を注がれているので、あなたがたすべてが、そのことを知っている。

1 John 3:24

 24神の戒めを守る人は、神におり、神もまたその人にいます。そして、神がわたしたちのうちにいますことは、神がわたしたちに賜わった御霊によって知るのである。

2 John 2

 2それは、わたしたちのうちにあり、また永遠に共にあるべき真理によるのである。

 

*「だれにも教えてもらう必要はない。」

Jeremiah 31:33-34

33しかし、それらの日の後にわたしがイスラエルの家に立てる契約はこれである。すなわちわたしは、わたしの律法を彼らのうちに置き、その心にしるす。わたしは彼らの神となり、彼らはわたしの民となると主は言われる。  34人はもはや、おのおのその隣とその兄弟に教えて、『あなたは主を知りなさい』とは言わない。それは、彼らが小より大に至るまで皆、わたしを知るようになるからであると主は言われる。わたしは彼らの不義をゆるし、もはやその罪を思わない」。

John 14:26

 26しかし、助け主、すなわち、父がわたしの名によってつかわされる聖霊は、あなたがたにすべてのことを教え、またわたしが話しておいたことを、ことごとく思い起させるであろう。

John 16:13

 13けれども真理の御霊が来る時には、あなたがたをあらゆる真理に導いてくれるであろう。それは自分から語るのではなく、その聞くところを語り、きたるべき事をあなたがたに知らせるであろう。

Hebrews 8:10-11

 10わたしが、それらの日の後、イスラエルの家と立て/ようとする契約はこれである、と主が言われる。すなわち、わたしの律法を彼らの思いの中に入れ、/彼らの心に書きつけよう。こうして、わたしは彼らの神となり、/彼らはわたしの民となるであろう。  11彼らは、それぞれ、その同胞に、/また、それぞれ、その兄弟に、/主を知れ、と言って教えることはなくなる。なぜなら、大なる者から小なる者に至るまで、/彼らはことごとく、/わたしを知るようになるからである。

1 John 2:20-21

 20しかし、あなたがたは聖なる者に油を注がれているので、あなたがたすべてが、そのことを知っている。  21わたしが書きおくったのは、あなたがたが真理を知らないからではなく、それを知っているからであり、また、すべての偽りは真理から出るものでないことを、知っているからである。

 

*「それはまことであって、偽りではないから、その油が教えたように、」

1 Corinthians 2:13

13この賜物について語るにも、わたしたちは人間の知恵が教える言葉を用いないで、御霊の教える言葉を用い、霊によって霊のことを解釈するのである。

Ephesians 4:21

 21あなたがたはたしかに彼に聞き、彼にあって教えられて、イエスにある真理をそのまま学んだはずである。

1 Thessalonians 2:13

 13これらのことを考えて、わたしたちがまた絶えず神に感謝しているのは、あなたがたがわたしたちの説いた神の言を聞いた時に、それを人間の言葉としてではなく、神の言として――事実そのとおりであるが――受けいれてくれたことである。そして、この神の言は、信じるあなたがたのうちに働いているのである。

1 Timothy 2:7

 7そのために、わたしは立てられて宣教者、使徒となり(わたしは真実を言っている、偽ってはいない)、また異邦人に信仰と真理とを教える教師となったのである。

2 Peter 1:16-17

 16わたしたちの主イエス・キリストの力と来臨とを、あなたがたに知らせた時、わたしたちは、巧みな作り話を用いることはしなかった。わたしたちが、そのご威光の目撃者なのだからである。  17イエスは父なる神からほまれと栄光とをお受けになったが、その時、おごそかな栄光の中から次のようなみ声がかかったのである、「これはわたしの愛する子、わたしの心にかなう者である」。

 

*「あなたがたは彼のうちにとどまっていなさい。」

John 8:31-32

31イエスは自分を信じたユダヤ人たちに言われた、「もしわたしの言葉のうちにとどまっておるなら、あなたがたは、ほんとうにわたしの弟子なのである。  32また真理を知るであろう。そして真理は、あなたがたに自由を得させるであろう」。

John 15:4-7

 4わたしにつながっていなさい。そうすれば、わたしはあなたがたとつながっていよう。枝がぶどうの木につながっていなければ、自分だけでは実を結ぶことができないように、あなたがたもわたしにつながっていなければ実を結ぶことができない。  5わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である。もし人がわたしにつながっており、またわたしがその人とつながっておれば、その人は実を豊かに結ぶようになる。わたしから離れては、あなたがたは何一つできないからである。  6人がわたしにつながっていないならば、枝のように外に投げすてられて枯れる。人々はそれをかき集め、火に投げ入れて、焼いてしまうのである。  7あなたがたがわたしにつながっており、わたしの言葉があなたがたにとどまっているならば、なんでも望むものを求めるがよい。そうすれば、与えられるであろう。

Colossians 2:6

 6このように、あなたがたは主キリスト・イエスを受けいれたのだから、彼にあって歩きなさい。

1 John 2:28

 28そこで、子たちよ。キリストのうちにとどまっていなさい。それは、彼が現れる時に、確信を持ち、その来臨に際して、みまえに恥じいることがないためである。

(黒崎)

ヨハネの手紙一2章27節

しかし、いつもあなたがたの内には、御子から注がれた油がありますから、だれからも教えを受ける必要がありません。この油が万事について教えます。それは真実であって、偽りではありません。だから、教えられたとおり、御子の内にとどまりなさい。 [→ネストレ引照]

  1. [御子から注がれた油]

      ヨハネの手紙一 2章20節
      2章20節 しかし、あなたがたは聖なる方から油を注がれているので、皆、真理を知っています。

  2. [この油が万事について教えます]

      ヨハネによる福音書 14章26節
      14章26節 しかし、弁護者、すなわち、父がわたしの名によってお遣わしになる聖霊が、あなたがたにすべてのことを教え、わたしが話したことをことごとく思い起こさせてくださる。

      テサロニケの信徒への手紙一 4章9節
      4章9節 兄弟愛については、あなたがたに書く必要はありません。あなたがた自身、互いに愛し合うように、神から教えられているからです。

  3. [御子の内にとどまりなさい]

      ヨハネによる福音書 14章17節
      14章17節 この方は、真理の霊である。世は、この霊を見ようとも知ろうともしないので、受け入れることができない。しかし、あなたがたはこの霊を知っている。この霊があなたがたと共におり、これからも、あなたがたの内にいるからである。


      (ネストレ27版引照)

      ヨハネの手紙一2章27節

      しかし、いつもあなたがたの内には、御子から注がれた油がありますから、だれからも教えを受ける必要がありません。この油が万事について教えます。それは真実であって、偽りではありません。だから、教えられたとおり、御子の内にとどまりなさい。

      1. [ --- ]

        ヨハネの手紙一 2章20節
        2章20節 しかし、あなたがたは聖なる方から油を注がれているので、皆、真理を知っています。

        コリントへの信徒への手紙二 1章21節
        1章21節 わたしたちとあなたがたとをキリストに固く結び付け、わたしたちに油を注いでくださったのは、神です。

        使徒言行録 10章38節!
        10章38節 つまり、ナザレのイエスのことです。神は、聖霊と力によってこの方を油注がれた者となさいました。イエスは、方々を巡り歩いて人々を助け、悪魔に苦しめられている人たちをすべていやされたのですが、それは、神が御一緒だったからです。

        テサロニケの信徒への手紙一 4章9節
        4章9節 兄弟愛については、あなたがたに書く必要はありません。あなたがた自身、互いに愛し合うように、神から教えられているからです。


        ヨハネによる福音書 14章26節!
        14章26節 しかし、弁護者、すなわち、父がわたしの名によってお遣わしになる聖霊が、あなたがたにすべてのことを教え、わたしが話したことをことごとく思い起こさせて くださる。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
        朝のバイブルワークス終わり


        2016_02110001.jpg 

        8:00 都心に出かける。振り返ると富士がきれいだった。

        2016_02110002.jpg 

        11:00 教文館で「アントニン・レーモンド展」
        私の好きな聖公会聖オルバン教会(木造・港区芝)の設計原図があった。

        2016_02110004.jpg 

        14:00 合奏団ZERO演奏会。(なかのZERO大ホール)
        ドビュッシー 牧神の午後への前奏曲 フルートがよかった。生演奏の良さ
        ラヴェル   ダフニスとクロエ 第二組曲 ラヴェルは色彩の魔術師だ。
        E・ショーソン 交響曲 変ロ長調  難曲。オーケストラが熱演



        2016_02110007.jpg 

        コンサートホールの壁にあった絵画。鹿の夫婦。私達はあと3年で金婚式だ。

        ●帰途、メサイアの練習を終わって戻る妻と拝島駅で会った。夕暮れのあきる野に戻る。



         










スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<気絶しそうな痛み・・・痛みと苦しみの意味・・・ | Top | キリスト信者の涙・・・イエスも声をあげて泣かれた・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/3891-7cf3940c
FC2blog user only
| Top |
0814