to 日記と感想 キリス信者、伝道者の悲哀・・信仰は一代、肉のエクレシアも一代・・・
Top | RSS | Admin

2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170824(木)12:10キララホールエントランスコンサート、マリンバ
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170813(日)10:30ナザレン教会浦和教会
    170813(日)14:00比企紀和君
    170812(土)14:00お江戸こらりあーず演奏会、文京シビックホール
    170809     TW誕生日
    170809(水)17:16初音吹奏楽、府中の森芸術劇場ドリームホール
    170808(火)0930池谷医院
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170708(土)14:00在宅医療説明会(キララホール)
    170707(金)10:00池谷医院
    170706      TM誕生日
    170702(日) 集会感話
    170701      TT誕生日
    170630(金)12:20キララホールエントランスコンサート
    170628      IY誕生日
    170627(火)11:00 能城牧師来訪
    170625)日)10:10トミ子集会感話
    170625(日)14:00茅ヶ崎金子邸
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール


キリス信者、伝道者の悲哀・・信仰は一代、肉のエクレシアも一代・・・ ++++++++ 所感

2016/03/20 06:24

160320(日)キリスト者の皆様お早うございます。5時起床、バイブルワークス開始●昨日は兄弟姉妹の仲が良いことを羨んだ。キリスト信者はなぜか通常一般常識の肉の関係を断たれる。肉の関係を取り上げられる。●船が沈没しそうになる時、儒教の教えでは親族から先に救うが、キリスト教では「弱いもの」から先に救う。然り、「自分の命」をも捨てる。ここがキリスト信者および伝道者のの悲哀である。悲劇であるy。信仰が深くなればなるほどその溝は開いて「肉的関係の別れ」という悲劇の度が増す。●しかしその反面「霊の兄弟姉妹」という天的な喜びが与えられる。、●塚本虎二先生は結婚直後に関東大震災夫人に先立たれた。幼い子供二人は寂しかった。男の子はいつもフルートを吹いていたという。女の子は「お父様は私より療養所の娘の方が可愛いんだ」と言って泣いたことがあるという。しかし二人とも亡くなり、塚本家は消滅した。その塚本家の墓は多磨墓地にあるが、訪れる人は無いだろう。●人生は短い、淋しい。あっという間だ。人生どこに喜びがあるのだ。

口語訳 詩 90:10
90:10 われらのよわいは七十年にすぎません。あるいは健やかであっても八十年でしょう。しかしその一生はただ、ほねおりと悩みであって、その過ぎゆくことは速く、われらは飛び去るのです。


●塚本先生に「ある夜の涙」という文章がある。ある晩、眠る前に祈ると、とめどもなく涙が流れ、それは止めようにも止まらなかったという。●私は高校生の頃に「聖書知識」のバックナンバーを買いに塚元先生の家に伺ったことがる。先生は福島県の方にお出かけでお出かけでお留守であったが。令妹の善子さんが上げて(これ異例のことだと別の人から伺った)くださった。随分質素な家屋であった。●今はその家はそこにはない。

塚本訳 ヨハ 20:16-17
20:16 (こう言って、また墓の方を向いていると、)イエスが「マリヤ!」と言われる。マリヤが振り向いて彼に、ヘブライ語で「ラボニ!(すなわち「先生!」)と言う。(そしてイエスに抱きつこうとした。)
20:17 イエスが言われる、「わたしにすがりつくな。まだ父上の所に上っていないのだから。わたしの兄弟たち(弟子たち)の所に行って、『わたしは、わたしの父上、すなわちあなた達の父上、わたしの神、すなわちあなた達の神の所に上る』と言いなさい。」


●今朝は肉の関係ではなく、霊の関係の喜びということを黙想する。

「キリスト信者が憎まれる理由」

http://ej2ttkhs.web.fc2.com/denshou/130203.htm

●キリスト信者、伝道者の喜びはこの世の人が喜ぶ喜びとは違う。

塚本訳 マタ 12:48-49
12:48 しかしイエスはそのことを知らせた者に、「わたしの母とはだれのことだ、わたしの兄弟とはだれのことだ」と答えて、
12:49 弟子たちの上に手をのばして言われた、「ここにいるのが、わたしの母、わたしの兄弟だ。

塚本訳 マコ 10:30
10:30 今、この世で──迫害のうちにおいてではあるが──百倍の家と兄弟と姉妹と母と子と畑とを、また来るべき世では永遠の命を受けない者は一人もない。

塚本訳 マタ 18:20
18:20 二人、三人、わたしの名によって集まっている所には、わたしがいつもその真中にいるのだから。」

塚本訳 黙  5:5
5:5 すると(かの)長老の一人が私に言う、「泣くな。視よ、ユダ族の獅子、ダビデの根(である者)が(既に)勝った(から)、彼がその巻き物と七つの封印とを開く(ことが出来る。)」

塚本訳 黙  14:13
14:13 また私は天から声が(こう)言うのを聞いた、「書け、『今から後主にあって死ぬる死人は幸福である。』」御霊も言い給う、「然り、彼らはその労苦を休息む(ことが出来る)であろう。その(為した)業が彼らに随いて行くのであるから!」と。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想おわり。今日は主の日、妻と兄弟姉妹のいる「東京聖書読者会」に行く。感謝。

●10:00 東京聖書読者会 高橋トミ子(司会)、丹野(塚本「ヘブル書講義」)、村上(出エジプト)

2016_03200004.jpg

●14:00 西中学校吹奏楽部定期演奏会。東京都大会金賞、東日本大会銅賞。三男の恵が入部していた団体。非常にうまくなった。西秋留小学校金管ブラスとの合同演奏が感動的。於キララホール。

●福島県二本松市の家族と電話懇談。



スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<反抗期は過ぎる・・・反抗期を聖書的に考える・・・ | Top | 神の祝福の導き…進学、就職、結婚・・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/3933-0c9fd828
FC2blog user only
| Top |
0814