to 日記と感想 聖書の究極的な読み方・・・神の子が馬小屋で生まれた意味・・・
Top | RSS | Admin

2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170824(木)12:10キララホールエントランスコンサート、マリンバ
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170813(日)10:30ナザレン教会浦和教会
    170813(日)14:00比企紀和君
    170812(土)14:00お江戸こらりあーず演奏会、文京シビックホール
    170809     TW誕生日
    170809(水)17:16初音吹奏楽、府中の森芸術劇場ドリームホール
    170808(火)0930池谷医院
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170708(土)14:00在宅医療説明会(キララホール)
    170707(金)10:00池谷医院
    170706      TM誕生日
    170702(日) 集会感話
    170701      TT誕生日
    170630(金)12:20キララホールエントランスコンサート
    170628      IY誕生日
    170627(火)11:00 能城牧師来訪
    170625)日)10:10トミ子集会感話
    170625(日)14:00茅ヶ崎金子邸
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール


聖書の究極的な読み方・・・神の子が馬小屋で生まれた意味・・・ ++++++++ 所感

2016/04/03 06:26

160403(日)キリスト者の皆様お早うございます。●今日は集会で私の感話の番である。初めに「聖書の究極的な読み方」として次のように話そうと思う。「聖書は聖書自身で読んで、アーソウカと思う時に、初めて聖書を読んだことになる。これがキリスト教の土着である。聖書はローマ法皇や内村や塚本などの人間に読んでもらっていては筋違いで本質を理解できない。聖書は学者の説を大量に読んでも信仰には至らない。本日感話する「イエスの誕生(ルカ2:1-7)」はルカの信仰の心にピッタリ沿って読むのが正しい究極の聖書の読み方である。それを外れて「学者読み」をするのはいけない。ルカ福音書のの学者読みの一例はコンツェルマンの「時の中心・・ルカ神学の研究・・・」である。これは著者が1952年にチュービンゲン大学に提出した学位論文である。結論はルカはパレスチナの地理に詳しくなかったということである。私はこれを読み始めたが、余りに細かすぎて1割ぐらいで挫折。最も完読しても信仰的に得るところは少なかったと思う。日本訳はアノ田川建三である。しかし日本もこういう水準の本が出版されるとは聖書学も進んだものだと思う。では究極の聖書の読み方はどうすればよいのかと言えば年来の主張の「聖書で聖書を読む」読み方である。こうすれば神が心を開いて「アーソウカ」と思わせてくださる。そこで本日はまた「聖書を聖書で読む」ことをして私が「アーソウカ」と思ったことを感話します。これはあくまで私の感話であって、ローマ法王や先生や学者に読んでもらうのではない。ルカの信仰の心に波長を合わせて読む。」

4月3日集会感話配布資料
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

聖書で聖書を読む                            ルカ福音書

イエスの誕生(ルカ21-7

・・・神の子が馬小屋で生まれた意味・・・

 

2016年43日 東京聖書読者会 高橋照男

塚本訳 ルカ 2:1

2:1 そのころ、全(ローマ)帝国の人口調査の勅令が皇帝アウグストから出た。

●ルカはテオピロに正確なところを伝えようとした。ただし信仰による歴史観。

 

1-①)塚本訳 ルカ 1:1-4

1:1 わたし達の間で(近ごろひとまず)完結しました出来事を、(すなわち、イエス・キリストの福音の発端から、それがローマにまで伸びていったことの顛末を、)

1:2 最初から実際に見た人たちと御言葉の伝道にたずさわった人たちとが(語り)伝えてくれたとおりに、一つの物語に編もうと企てた人が数多くありますので、

1:3 テオピロ閣下よ、わたしも一切の事の次第を始めから精密に取り調べましたから、今順序を正して書き綴り、これを閣下に奉呈して、

1:4 閣下が(今日までこのことについて)聞かれた話が、決して間違いでなかったことを知っていただこうと思ったのであります。

 

塚本訳 ルカ 2:2

2:2 これは(ローマ政府)第一回の人口調査で、クレニオがシリヤの総督であったときに行われたものである。

●ルカは福音は歴史的事実の上に立つことを言わんとする。キリストの出来事が史実であることは、理性に安息をもたらす。信仰による心の変化も歴史の内。

 

2-①)塚本訳 ルカ 3:1

3:1 (ローマの)皇帝テベリオの治世の十五年目、ポンテオ・ピラトはユダヤの総督、ヘロデ・(アンテパス)はガリラヤの領主、その兄弟ピリポはイツリヤおよびテラコニテ地方の領主、ルサニヤはアビレネの領主、

 

塚本訳 ルカ 2:3

2:3 すべての人が登録を受けるために、それぞれ自分の(生まれた)町にかえった。

●福音は歴史内に入った。ヨセフは当時のユダヤ人の習慣で故郷に帰った。歴史的真偽は不明だが、何らかの情報があって、ルカはそれを信仰的に解釈した。

 

3-①)口語訳 ミカ 5:2

5:2 しかしベツレヘム・エフラタよ、あなたはユダの氏族のうちで小さい者だが、イスラエルを治める者があなたのうちから/わたしのために出る。その出るのは昔から、いにしえの日からである。

 

3-②)塚本訳 ヨハ 7:41-42

7:41 「この人は救世主だ」と言う者もあり、また(反対して、)こう言う者もあった、「ガリラヤから救世主が出るとでも言うのか。

7:42 『救世主は〃ダビデの末〃から、ダビデの住んでいた村〃ベツレヘムから出る〃』と聖書が言っているではないか。」

 

塚本訳 ルカ 2:4

2:4 ヨセフもガリラヤの町ナザレから、ユダヤのベツレヘムというダビデの町へ上った。彼はダビデ家の出、またその血統であったからである。

●キリストはダビデの血統から生まれるという預言があった。血統は男子系。

 

4―①)口語訳 Ⅰサム17:12

17:12 さて、ダビデはユダのベツレヘムにいたエフラタびとエッサイという名の人の子で、この人に八人の子があったが、サウルの世には年が進んで、すでに年老いていた。

 

4-②)口語訳 イザ 11:1

11:1 エッサイの株から一つの芽が出、その根から一つの若枝が生えて実を結び、

 

4-③)口語訳 エレ 23:5

23:5 主は仰せられる、見よ、わたしがダビデのために一つの正しい枝を起す日がくる。彼は王となって世を治め、栄えて、公平と正義を世に行う

 

4-④)口語訳 ミカ 5:2

5:2 しかしベツレヘム・エフラタよ、あなたはユダの氏族のうちで小さい者だが、イスラエルを治める者があなたのうちから/わたしのために出る。その出るのは昔から、いにしえの日からである。

 

4‐⑤)塚本訳 ルカ 1:27-31

1:27 この乙女はダビデ(王)家の出であるヨセフという人と婚約の間柄で、名をマリヤといった。

1:28 天使は乙女の所に来て言った、「おめでとう、恵まれた人よ、主があなたとご一しょだ!

1:29 マリヤはこの言葉にびっくりして、いったいこの挨拶は何事であろうと考えまどうた。

1:30 天使が言った、「マリヤよ、恐れることはない。神からお恵みをいただいたのだから。

1:31 見よ、あなたは子をさずかり、男の子が生まれる。その名をイエスとつけよ。

 

4-⑥)塚本訳 ロマ 1:1-4

1:1 キリスト・イエスの奴隷であり、(また)神に召され、その福音のために選ばれた使徒であるパウロから、──

1:2 この福音は、神がその預言者たちにより、聖書においてかねて約束されたもので、

1:3 その御子、すなわち、人間としてはダビデの末から生まれ

1:4 聖なる霊としては死人の中から復活して力ある神の子と定められた方、わたし達の主イエス・キリストに関するものである。

 

塚本訳 ルカ 2:5

2:5 すでに身重であった妻マリヤと共に、登録を受けるためであった。

●婚前に妻が身重になったというヨセフの苦悩それ自身には、史実性がある。

 

5-①)塚本訳 マタ 1:18-25

1:18 さてイエス・キリストの誕生はこのようであった。──イエスの母マリヤがヨセフと婚約の間柄で、まだいっしょにならないうちに、聖霊によって身重となっていることが知れた。

1:19 夫ヨセフはあわれみぶかい人であったので、(これを公沙汰にして)女を晒し者にすることを好まず、内緒で離縁しようと決心した

1:20 しかし(なおも)そのことを思案していると、主の使いが夢でヨセフに現われて言った、「ダビデの末なるヨセフよ、心配せずにあなたの妻マリヤを(家に)迎えよ。胎内にやどっている者は、聖霊によるのである。

 

5-②)口語訳 申  22:22-27

22:22 もし夫のある女と寝ている男を見つけたならば、その女と寝た男およびその女を一緒に殺し、こうしてイスラエルのうちから悪を除き去らなければならない。

 

塚本訳 ルカ 2:6

2:6 するとそこにおる間に、マリヤは月満ちて、

●キリストは普通の人間のように女から「月満ちて」生れた。

 

6-①)塚本訳 ガラ 4:4

4:4 しかし(定められた)時が満ちると、神はその御子を女から生まれさせ、律法の下に置いて、(この世に)お遣わしになった。

 

6-②)塚本訳 ヨハ 16:21

16:21 女が子を産む時には、女の(宿命の)時が到来したので悲しみがあるけれども、子が生まれると、一人の人間が世に生まれ出た喜びのために、もはや(お産の)苦しみを覚えていない。

 

塚本訳 ルカ 2:7

2:7 初子を産み、産着にくるんで飼葉桶に寝かせた。宿屋には場所がなかったのである。

●ルカはイエスの出生の秘密を信仰的にとらえて表現した。神の子が馬小屋で生まれたのは、神がイエスをどん底人生の惨めな人と同じにして世を救うため。

 

7-①)塚本訳 ルカ 9:58

9:58 イエスはその人に言われた、「狐には穴がある、空の鳥には巣がある。しかし人の子(わたし)には枕する所がない。(その覚悟があるか。)」

 

7-②)塚本訳 Ⅱコリ8:9

8:9 ──あなた達はわたし達の主イエス・キリストの恩恵を知っているではないか、彼は(神の子として)富んでおられたのに、あなた達のために(人間となって)貧しくなられた、この方の貧しさによってあなた達が富むためである

 

7-③)塚本訳 ピリ 2:6-8

2:6 彼は(先には)神の姿であり給うたが、神と等しくあることを棄て難いことと思わず、

2:7 かえって自分を空しうして人と同じ形になり、奴隷の姿を取り給うたのである。そして人の様で現れた彼は、

2:8 自ら謙り、死に至るまで、(然り、)十字架の死に至るまで(父なる神に)従順であり給うた。

 

7-④)塚本訳 マコ 6:3

6:3 これはあの大工ではないか。マリヤの息子で、ヤコブとヨセとユダとシモンとの兄弟ではないか。女兄弟たちは、ここで、わたし達の所に住んでいるではないか。」こうして人々はイエスにつまずいた。(そのため彼の言葉に耳を傾ける者がなかった。)

 

7―⑤)塚本訳ヨハ 7:15-16

7:15 ユダヤ人は驚いて言った、「この人は学校に行ったこともないのに、どうして聖書を知っているのだろうか。

7:16 イエスは答えて言われた、「わたしの教えはわたしの教えではない。わたしを遣わされた方の教えである。

 

7‐⑥)塚本訳 マタ 12:46-49

12:46 イエスがまだ群衆に話しておられると、そこにその母と兄弟たちがイエスに話しがあって、外に立っていた。 12:47 〔無し〕

12:48 しかしイエスはそのことを知らせた者に、「わたしの母とはだれのことだ、わたしの兄弟とはだれのことだ」と答えて、

12:49 弟子たちの上に手をのばして言われた、「ここにいるのが、わたしの母、わたしの兄弟だ

 

7―⑦)塚本訳 ルカ 21:16-17

21:16 あなた達はまた親、兄弟、親族、友人からまで(裁判所に)引き渡される。殺される者もあろう。

21:17 またわたしの弟子であるために皆から憎まれる

 

7―⑧)塚本訳 マコ 3:20-21

3:20 家にかえられると、また群衆が集まってきて、みんなは食事すら出来なかった。

3:21 身内の者たちが(イエスの様子を)聞いて(ナザレからカペナウムへ)取りおさえに出てきた。「気が狂っている」と思ったのである。

 

7-⑨)塚本訳 マタ 13:57

13:57 こうして人々はイエスにつまずいた。しかしイエスは彼らに言われた、「預言者が尊敬されないのは、その郷里と家族のところだけである。」

 

7‐⑩)塚本訳 マタ 21:31

21:31 この二人のうち、どちらが父の心を行ったのだろうか。」「もちろん長男」と彼らが答える。イエスが言われる、「アーメン、わたしは言う、税金取りや遊女たちは、あなた達よりも先に神の国に入るであろう

 

7-⑪)塚本訳 ルカ 22:42-44

22:42 言われた、「お父様、お心ならば、どうかこの杯をわたしに差さないでください。しかし、わたしの願いでなく、お心が成りますように!」

22:43 そのとき天から一人の天使がイエスに現われて、力づけた。

22:44 イエスはもだえながら、死に物狂いに祈られた。汗が血のしたたるように(ポタポタ)地上に落ちた。

 

7-⑬)塚本訳 マコ 15:34

15:34 三時に、イエスは大声を出して『エロイ エロイ ラマ サバクタニ!』と叫ばれた。訳すると、『わたしの神様、わたしの神様、なぜ、わたしをお見捨てになりましたか!』である。

 

7-⑭)塚本訳 マタ 27:59-61

27:59 ヨセフは体を受け取り、清らかな亜麻布で包み、

27:60 岩に掘らせた自分の新しい墓にそれを納め、墓の入口に大きな石をころがしておいて、立ち去った。

27:61 マグダラのマリヤともう一人のマリヤとはそこにのこって、墓の方を向いて坐っていた。

 

7-⑮)口語訳 イザ 53:2-5

53:2 彼は主の前に若木のように、かわいた土から出る根のように育った。彼にはわれわれの見るべき姿がなく、威厳もなく、われわれの慕うべき美しさもない。

53:3 彼は侮られて人に捨てられ、悲しみの人で、病を知っていた。また顔をおおって忌みきらわれる者のように、彼は侮られた。われわれも彼を尊ばなかった。

53:4 まことに彼はわれわれの病を負い、われわれの悲しみをになった。しかるに、われわれは思った、彼は打たれ、神にたたかれ、苦しめられたのだと。

53:5 しかし彼はわれわれのとがのために傷つけられ、われわれの不義のために砕かれたのだ。彼はみずから懲らしめをうけて、われわれに平安を与え、その打たれた傷によって、われわれはいやされたのだ。

 

7-⑯)塚本訳 ルカ 23:26-28

23:26 (兵卒らが)イエスを(刑場へ)引いてゆく時、シモンというクレネ人が野良から来(て通りかかっ)たので、つかまえて(イエスの)十字架を背負わせ、イエスの後から担いでゆかせた。(イエスにはもう負う力がなかったのである。)

23:27 民衆と、イエスのために悲しみ嘆く女たちとの大勢の群が、あとにつづいた。

23:28 イエスは女たちの方に振り向いて言われた、「エルサレムの娘さんたち、わたしのためには泣いてくれなくともよろしい。それよりは自分のため、自分の子供のために泣きなさい。

 

7-⑰)塚本訳 マタ 21:42

21:42 イエスは彼らに言われた、「あなた達は聖書で(この句を)まだ読んだことがないのか。──『大工たちが(役に立たぬと)捨てた石、それが隅の土台石になった。これは主のなされたことで、われわれの目には不思議である。

 

7-⑱)塚本訳 ヨハ 3:14-16

3:14 そして、ちょうどモーセが荒野で(銅の)蛇を(竿の先に)挙げたように、人の子(わたしも十字架に)挙げられ(て天に上ら)ねばならない

3:15 それは、(蛇にかまれた者がその銅の蛇を仰いで命を救われたように、)信ずる者が皆(天に上った人の子を仰いで、)彼にあって永遠の命を持つためである。

3:16 そのゆえは、神はその独り子を賜わったほどにこの世を愛されたのである。これはその独り子を信ずる者が一人も滅びず、永遠の命を持つことができるためである。

 

7-⑲)塚本訳黙  5:5

5:5 すると(かの)長老の一人が私に言う、「泣くな。視よ、ユダ族の獅子、ダビデの根(である者)が(既に)勝ったから)、彼がその巻き物と七つの封印とを開く(ことが出来る。)」

 

7-⑳)塚本訳 Ⅰコリ15:3-5

15:3 まえにわたしが(福音の)一番大切な事としてあなた達に伝えたのは、わたし自身(エルサレム集会から)受けついだのであるが、キリストが聖書(の預言)どおりにわたし達の罪のために死なれたこと、

15:4 葬られたこと、聖書どおりに三日目に復活しておられること

2016_04030029.jpg 
      
今まで出会ったキリスト像で一番ぴったりのイメージ。一介の貧農の姿。       
「フランス、アルザス地方のコルマール、ウンターリンデン美術館。マティアス・グリューネルワルト作『イーゼンハイムの祭壇画』」。神はこの犠牲の小羊を復活させた。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

4月3日集会感話配布資料おわり




●10:00 東京聖書読者会。宮崎(司会)、山本(塚本虎二「エペソ書講義」朗読)、高橋(イエスの誕生。上記資料)

●最後の讃美歌は、121番「まぶねのなかにうぶごえあげ」を歌った。某氏が、「今日の話はこの讃美歌に全部入っていますね。復活を除いて」と言われた。そうだ。受難だけではいけない、神にとっては復活が目的なのだ」。


2016_04030006.jpg

13:00 妻とYTさんの書道展。新宿。

2016_04030009.jpg 


あきる野市普門寺の桜を見にゆく。満開。


2016_04030016.jpg 

あきる野市普門寺のしだれ桜
スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<バカモン!・・・信仰は議論からは生まれない・・・ | Top | 「有体的復活」を信ずる不思議人間・・・その存在の喜び・・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/3947-83a37ac7
FC2blog user only
| Top |
0814