to 日記と感想 命の夕暮れの嘆き・・・誰からも忘れられる寂しさ・・・
Top | RSS | Admin

2017.05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.07


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170812(土)14:00お江戸こらりあーず演奏会、文京シビックホール
    170821(土)15:00お江戸コラリアーズ定期演奏会、文京公会堂
    170809     TW誕生日
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170708(土)14:00在宅医療説明会(キララホール)
    170707(金)10:00池谷医院
    170706      TM誕生日
    170702(日) 集会感話
    170701      TT誕生日
    170630(金)12:20キララホールエントランスコンサート
    170628      IY誕生日
    170627(火)11:00 能城牧師来訪
    170625)日)10:10トミ子集会感話
    170625(日)14:00茅ヶ崎金子邸
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール
    170610(土)14:00内村鑑三セミナー、立教大学12号館。矢田部、椚」山
    170609(金)   TS命日
    170608(木)12:15ボリショイ「白鳥の湖」、東京文化会館
    170707(水)10:00池谷医院
    170604(日)10:00集会感話、
    170604(日)16:30近藤恵邸起工式、福島市。
    170530(火)14:00田岡氏来訪
    170527(土)14:00今井館ピアノコンサート
    170521(日)14:00新宿フィル、ブラームス1番、レスピーギ「鳥」「ローマの松」。和田睦夫
    170425       TN)誕生日
    150420(木)09:30阿伎留センター泌尿器科)
    170416(日)14:00武蔵野室内合奏団、杉並公会堂(大坪満子)


命の夕暮れの嘆き・・・誰からも忘れられる寂しさ・・・ ++++++++ 所感

2016/05/14 06:04

160514(土)5時起床。キリスト者の皆様お早うございます。さかなのえ ΙΧΘΥΣ(イエス・キリスト・神の子・救い主)●昨日は夕方に散歩して暮れゆく奥多摩連山を見て淋しくなった。寂寥感。●思うに人の悲しみは人生の短さではない。肉体の苦痛でもない。この「個の実在」が誰からも忘れられてしまうことである。然り、広い宇宙からも忘れられるのだ。妻からも子供からも孫からも。身内でも三代も先になると「そんな人がいたっけ」となる。人のいかなる文化文明もこの淋しさは癒されない。

2016_05130006.jpg 

奥多摩連山の夕暮れ。寂寥感。

塚本訳 黙  5:4
5:4 私はさめざめと泣いた。(広いこの宇宙に、)その巻き物を開いて、それを見るに相応しい者が一人も無かったのである。

口語訳 詩  90:10
90:10 われらのよわいは七十年にすぎません。あるいは健やかであっても八十年でしょう。しかしその一生はただ、ほねおりと悩みであって、その過ぎゆくことは速く、われらは飛び去るのです



●翻訳比較 黙示録5章4節

 

岩波翻訳委員会訳1995

660504これを聞いて、私は泣きに泣いていた。その小巻物を開くにも、そ〔の内側〕を見るにも、誰一人ふさわしい者が見つからなかったからである。

 

新共同訳1987

5:4 この巻物を開くにも、見るにも、ふさわしい者がだれも見当たらなかったので、わたしは激しく泣いていた。

 

前田訳1978

5:4 わたしはさめざめと泣いた、巻物を開いて読むにふさわしいものが、だれも見当たらなかったから。

 

新改訳1970

5:4 巻き物を開くのにも、見るのにも、ふさわしい者がだれも見つからなかったので、私は激しく泣いいた。

 

塚本訳1963

5:4 私はさめざめと泣いた。(広いこの宇宙に、)その巻き物を開いて、それを見るに相応しい者が一人も無かったのである。

 

口語訳1955

5:4 巻物を開いてそれを見るのにふさわしい者が見当らないので、わたしは激しく泣いていた。

 

文語訳1917

"660504","巻物を開き、これを見るに相應しき者の見えざりしに因りて、我いたく泣きゐたりしに、"

 

●この涙を拭ってくれるのは神の子キリストの復活の事実だ。だからキリスト教徒は次の合言葉に生きてきた。ΙΧΘΥΣ(イエス・キリスト・神の子・救い主。のギリシャ語イクスースの頭文字を大文字で並べると「魚」となる)。初代教会は迫害に遭ったとき、お互いの信仰を確かめ合うために密かに魚のマークを画いた。さかなのえ 。●現代の我々は迫害がなく集まることができ、新約聖書黙示録の次の句を読めるのは感謝だ。

●翻訳比較 黙示録5章5節

 

岩波翻訳委員会訳1995

660505すると、長老たちのうちの一人が私にこう言う、「泣くのはやめなさい。ご覧、ユダ族出身のライオン、ダビデの根が勝利したので、かの小巻物を開き、その七つの封印を解くことができるのだ」。

 

新共同訳1987

5:5 すると、長老の一人がわたしに言った。「泣くな。見よ。ユダ族から出た獅子、ダビデのひこばえが勝利を得たので、七つの封印を開いて、その巻物を開くことができる。」

 

前田訳1978

5:5 すると長老のひとりがいう、「泣くな。見よ、ユダ族出の獅子、ダビデの根が勝った。彼が巻物とその七つの封印を解く」と。

 

新改訳1970

5:5 すると、長老のひとりが、私に言った。「泣いてはいけない。見なさい。ユダ族から出たしし、ダビデの根が勝利を得たので、その巻き物を開いて、七つの封印を解くことができます。」

 

塚本訳1963

5:5 すると(かの)長老の一人が私に言う、「泣くな。視よ、ユダ族の獅子、ダビデの根(である者)が(既に)勝った(から)、彼がその巻き物と七つの封印とを開く(ことが出来る。)」

 

口語訳1955

5:5 すると、長老のひとりがわたしに言った、「泣くな。見よ、ユダ族のしし、ダビデの若枝であるかたが、勝利を得たので、その巻物を開き七つの封印を解くことができる」。

 

文語訳1917

"660505","長老の一人われに言ふ『泣くな、視よ、ユダの族の獅子・ダビデの萌蘗、すでに勝を得て巻物とその七つの封印とを開き得るなり。"

●人間は誰でも「無期懲役の囚人」である。去る5月10日、いまだ会わない死刑囚の目に留まるようにブログを書いて発信した。「泣くな。復活を信じて十字架にすがれ」。これのみが救いの道だ。今朝はこれをめぐって神の子の言葉、を黙想ディボーションしてみよう。パウロに聞くと神学論争になるからやめる。主の言葉に聞く。全部文語訳で読む。特に下記赤字の部分を暗記するため。

文語訳 ヨハ 3:3
3:3 イエス答へて言ひ給ふ『まことに誠に汝に告ぐ、人あらたに生れずば、神の國を見ること能はず

文語訳 ヨハ 4:13-14
4:13 イエス答へて言ひ給ふ『すべて此の水をのむ者は、また渇かん
4:14 されど我があたふる水を飲む者は、永遠に渇くことなし。わが與ふる水は彼の中にて泉となり、永遠の生命の水湧きいづべし』

文語訳 マタ 11:28
11:28 凡て勞する者・重荷を負ふ者、われに來れ、われ汝らを休ません。

文語訳 ルカ 7:13-14
7:13 主、寡婦を見て憫み『泣くな』と言ひて、
7:14 近より柩に手をつけ給へば、舁くもの立ち止る。イエス言ひたまふ『若者よ、我なんぢに言ふ、起きよ』

 

文語訳 ルカ 8:52
8:52 人みな泣き、かつ子のために歎き居たりしが、イエス言ひたまふ『泣くな、死にたるにあらず、寝ねたるなり

文語訳 ヨハ 11:25-26
11:25 イエス言ひ給ふ
我は復活なり、生命なり、我を信ずる者は死ぬとも生きん。
11:26 凡そ生きて我を信ずる者は、永遠に死なざるべし
汝これを信ずるか』

文語訳 ヨハ 11:43-44
11:43 斯く言ひてのち、聲高く『ラザロよ、出で來たれ』と呼はり給へば、
11:44 死にしもの布にて足と手とを巻かれたるまま出で來る、顔も手拭にて包まれたり。イエス『これを解きて往かしめよ』と言ひ給ふ。


文語訳 マタ 5:36
5:36 己が頭を指して誓ふな、なんぢ頭髪一筋だに白くし、また黒くし能はねばなり

文語訳 マタ 6:27-30
6:27 汝らの中たれか思ひ煩ひて身の長一尺を加へ得んや
6:28 又なにゆゑ衣のことを思ひ煩ふや。野の百合は如何にして育つかを思へ、勞せず、紡がざるなり
6:29 されど我なんぢらに告ぐ、榮華を極めたるソロモンだに、その服装この花の一つにも及かざりき。
6:30
今日ありて明日、爐に投げ入れらるる野の草をも、神はかく装ひ給へば、まして汝らをや、ああ信仰うすき者よ。

文語訳 マタ 10:28-30
10:28 身を殺して靈魂をころし得ぬ者どもを懼るな、身と靈魂とをゲヘナにて滅し得る者をおそれよ。
10:29 二羽の雀は一錢にて賣るにあらずや、然るに、
汝らの父の許なくば、その一羽も地に落つること無からん。
10:30
汝らの頭の髪までも皆かぞへらる。

文語訳 ルカ 10:20
10:20 されど靈の汝らに服するを喜ぶな、汝らの名の天に録されたるを喜べ

文語訳 ルカ 6:20-21
6:20 イエス目をあげ弟子たちを見て言ひたまふ『
幸福なるかな、貧しき者よ、神の國は汝らの有なり。
6:21 幸福なる哉、いま飢うる者よ、汝ら飽くことを得ん。
幸福なる哉、いま泣く者よ、汝ら笑ふことを得ん。

文語訳 ヨハ 12:47
12:47 人たとひ我が言をききて守らずとも、我は之を審かず。(それ)わが來りしは世を審かん爲にあらず、世を救はん爲なり。

文語訳 マタ 21:31
21:31 この二人のうち孰か父の意を爲しし』彼ら言ふ『後の者なり』イエス言ひ給ふ『まことに汝ら告ぐ、取税人と遊女とは汝らに先だちて神の國に入るなり。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想ディボーションおわり。上記の主の言葉(赤字)は暗記して死にたい。

●9:00 妻は所沢に集会のMTさんの個展を観賞に行く。帰りに天覧山へ。16:00帰宅

●毎日ブログで福音を発信しているが、真理は必ず思わぬ形、方法で浸透していくものと信じる。
昔は口伝、次に書物、現代はそれらにコンピュータやネットが加わる。しかしこれらはあくまで「手段」。霊の真理は形が異なっても伝わる。「教会」「エクレシア」も手段の一つであって目的ではない。●福音は発信すべきものであって、集客の手段ではいけない。

塚本訳 Ⅱテモ2:9
2:9 私はこの(福音の)ため罪人として縛られるまでに苦しみを受けているが、神の言は縛られてはいない。

塚本訳 ヨハ 4:21-26
4:21 イエスが言われる、「女の人、わたし(の言葉)を信じなさい。(間もなく)あなた達が、この山でもエルサレムでもなく(どこででも、)父上を礼拝する時が来る。
4:22 ただ(同じ神を、)あなた達は知らずに礼拝し、わたし達は知って礼拝している。救いはユダヤ人から出る(のでわたし達だけに神が示された)からである。
4:23 しかし(ユダヤ人もサマリヤ人もなく、)本当の礼拝者が霊と真理とをもって父上を礼拝する時が来る。いや、今もうきている。父上もこんな礼拝者を求めておられるのである。
4:24 神は霊である。だから礼拝者も霊と真理とをもって礼拝せねばならない。」
4:25 女が言う、「キリストと言われる救世主が来ることは知っています。救世主が来れば、わたし達に何もかも知らせてくださるでしょう。」
4:26 イエスは言われる、「あなたと話しているわたしが、それだ。」

塚本訳 マタ 10:27
10:27 わたしが暗闇で(こっそり)話すことを、(大胆に)明るみで言え。耳うちされたことを屋根の上で宣伝せよ。

塚本訳 ルカ 12:3
12:3 (伝道も同じである。)だからあなた達が暗闇で(こっそり)言ったことはみな、明るみで聞かれ、奥の部屋で耳にささやいたことは、屋根の上で宣伝される(時が来る)のである


スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<赦すという行為・・・自分が神に赦されたのだから人を赦せ・・・ | Top | 人の思いに浮ばなかったこと・・・罪の赦しと復活・永遠の命・・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/3993-66d53c90
FC2blog user only
| Top |
0814