to 日記と感想 赦すという行為・・・自分が神に赦されたのだから人を赦せ・・・
Top | RSS | Admin

2018.01 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 » 2018.03


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    180422(日)   杉並公会堂・武蔵野室内合奏団「英雄」
    171229    TM誕生日
    180224   14:30 トミ子、モーチァルト{レクイエム) 171220     KK誕生日
    171225(月)10:45 聖路加診察脳神経外科桑本医師
    171218(月)10:30 聖路加MRI
    171203(日)14:00 無教会浦和集会、助川光子講演
    171126(日)  兄光男、弟靖男と三人会。於・日本橋
    171119(日)15:00 秋川キリスト教会、後藤牧人講演会
    171115    TM誕生日
    171107(月) TI手術、聖路加 171105(日) 照男・トミ子集会感話、トミ子午後郡山にSS見舞い
    171103(金)13:00南原繁研究会学士会館
    171030(月)10:00 聖路加 桑本先生


赦すという行為・・・自分が神に赦されたのだから人を赦せ・・・ ++++++++ 所感

2016/05/15 06:34

160515(日)5時起床。キリスト者の皆様お早うございます。さかなのえ ΙΧΘΥΣ●朝の啓示「赦すという行為・・・自分が神に赦されたのだから人を赦せ・・・」●これは新約聖書の根本の精神。愛の行為は「人を裁かない」という大行為。十字架は義として見るよりは愛として見る方がよくわかる。これキリスト者の対人関係の基本。相手に神の赦しを祈る。「赦す」という行為は人には見えないが神は見ている、知っている、覚えている。だから必ず報いてくださる。●このことをめぐって聖書のアチコチを黙想ディボーションしてみよう。これ私の至福の時。

塚本訳 マタ 18:32-34
18:32 すると主人はその家来を呼び出して言う、『不埒な家来、あなたが頼んだから、わたしはあの負債に全部、棒を引いてやったのだ。
18:33 だからあなたもわたしに情をかけてもらったように、同僚に情をかけてやるべきではなかったのか。』
18:34 そこで主人は怒って、負債を全部返すまでその男を獄吏に引き渡した、(いう話。)

塚本訳 マタ 6:12
6:12 罪を赦してください、わたしたちも罪を犯した人を赦しましたから


塚本訳 マタ 6:14-15
6:14 (祈る前に、まず人の罪を許さねばならない。)あなた達が人の過ちを赦してやれば、天の父上もあなた達を赦してくださるが、
6:15 人を赦さないならば、父上もあなた達の過ちを赦してくださらないであろう。


塚本訳 ロマ 12:19-20
12:19 愛する者たちよ、自分で仕返しをするな、(裁きの日の神の)怒りにまかせよ。こう書いてあるではないか、「主は言われる、『仕返しはわたしのもの、』わたしが『報いをする』と。」
12:20 むしろ、
『あなたの敵が飢えているなら、食べさせてやれ。渇いているなら、飲ませてやれ。こうするのはその頭に炭火を積むことであるから、(いつかは恥じて悔改める。)』

口語訳 ロマ 12:19
12:19 愛する者たちよ。自分で復讐をしないで、むしろ、神の怒りに任せなさい。なぜなら、「主が言われる。復讐はわたしのすることである。わたし自身が報復する」と書いてあるからである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の啓示ディボーションおわり

●集会は 高橋トミ子(司会)、丹野(塚本「ヘブル書講義」)、村上(出エジプト記、十戒序論)
●午後、妻は「メサイア」の練習
●私はキララホールでモーツアルト「レクイエム」の鑑賞。竹森さんと鈴木さんと一緒。


2016_05150003.jpg 
西東京合唱団 モーツァルトレクイエム。 キララホール
水準の高い演奏であった。


スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<震災をどう考えるか・・・罪に気づくまでの地震と余震・・・ | Top | 命の夕暮れの嘆き・・・誰からも忘れられる寂しさ・・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/3995-2dfb1cbe
FC2blog user only
| Top |
0814