to 日記と感想 信仰無くして死んだ人の運命は?・・・死後にもチャンスがある・・・
Top | RSS | Admin

2017.09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.11


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171030(月)10:00 聖路加 桑本先生
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170824(木)12:10キララホールエントランスコンサート、マリンバ
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170813(日)10:30ナザレン教会浦和教会
    170813(日)14:00比企紀和君
    170812(土)14:00お江戸こらりあーず演奏会、文京シビックホール
    170809     TW誕生日
    170809(水)17:16初音吹奏楽、府中の森芸術劇場ドリームホール
    170808(火)0930池谷医院
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170708(土)14:00在宅医療説明会(キララホール)
    170707(金)10:00池谷医院
    170706      TM誕生日
    170702(日) 集会感話
    170701      TT誕生日
    170630(金)12:20キララホールエントランスコンサート
    170628      IY誕生日
    170627(火)11:00 能城牧師来訪
    170625)日)10:10トミ子集会感話
    170625(日)14:00茅ヶ崎金子邸
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール


信仰無くして死んだ人の運命は?・・・死後にもチャンスがある・・・ ++++++++ 所感

2016/06/14 05:13

160614(火)3時40分起床。キリスト者の皆様お早うございます。さかなのえ  ΙΧΘΥΣ・イエス(イエス)、クリスス(キリスト)、セス(神)、ヒュス(子)、ソテル(救い主)=イクス(魚) ●昨日は建築の仕事上で40年もお世話になった黒田隆さんが95歳の御高齢で亡くなられた。黒田さんは晩年「高橋君から『復活』ということを学べたことが最大のことであった」と言われた。しかしキリストへの信仰を持つに至らずに逝った。葬儀は無宗教で行われるという。私に良くしてくださった黒田さんの霊魂の運命はどうなるのだろうかという疑問が昨日から脳裏を離れない。3時前に目覚めて、聖書のアチコチを黙想してみたが、こういう人生の難問は「神の子イエス」に聞かなければならない。キリストの胸ぐらを掴んで揺さぶって「どうなるんだヨー」と聞かなければならない。パウロに聞くな。人に聞くな。それは人間だ。●いろいろ思いめぐらせた結果、次のように落ち着いた。「復活は神が呼び起こすことだから、死後にもチャンスがある。今からでも遅くはない。だから祈りあるのみ」。この結論の聖書的根拠を掲げてみよう。すべて神の子「主の言葉」だ。

文語訳 ヨハ 11:25-26

11:25 イエス言ひ給ふ『我は復活(よみがへり)なり、生命(いのち)なり、我を信ずる者は死ぬとも生きん。

11:26 凡そ生きて我を信ずる者は、永遠(とこしへ)に死なざるべし。汝これを信ずるか


 塚本訳 ルカ 7:14-15

7:14 近寄って棺に手をかけ──担いでいる者は立ち止まった──「若者よ、あなたに言う、起きよ!」と言われた。

7:15 すると死人が起き上がって物を言い出した。イエスは『彼を母に渡された。』

 

 塚本訳 マコ 5:39

5:39 (家の)中に入って言われる、「なにを泣いたり騒いだりするのか。子供は死んではいない、眠っているのだ。」  (540略)

5:41 そして子供の手を取って、「タリタクミ!]と言われる。訳すると「少女よ、あなたに言う。起きなさい!」である。

 

 塚本訳 ヨハ 11:43-44

11:43 こう言ったのち、大声で、「ラザロ、出て来い」と叫ばれた

塚本訳 ルカ 13:23-25
13:23 するとある人が「主よ、救われる者は少ないでしょうか」と尋ねた。人々に言われた、
13:24 「全力を尽くして(今すぐ)狭い戸口から入りなさい。あなた達に言う、(あとになって)入ろうとしても、入れない者が多いのだから。
13:25 家の主人が立ち上がって戸をしめたあとで、あなた達が外に立って、『ご主人、あけてください』と言って戸をたたきつづけても、主人は、『わたしはあなた達がどこの人だか知らない』と答えるであろう。

塚本訳 ヨハ 21:21-22
21:21 ペテロはその人を見て、イエスに言う、「主よ、あの人はどうなるのでしょうか。」
21:22 イエスが言われる、「たといわたしが今度来るまで、あの人を生かしておきたいと思っても、それはあなたの知ったことではない。あなたは(ただ)わたしについて来ればよろしい。」

塚本訳 ルカ 20:37-39
20:37 死人が復活することは、(聖書にはっきり書いてある。)モーセも茨の薮の(燃える話の)ところで、主を『アブラハムの神、またイサクの神、またヤコブの神(である)と』と言ってこれを示している。
20:38 ところで神は死人の神ではなく、生きている者の神である。神に対しては、すべての者が生きているのだから。(してみるとアブラハム、イサクなども皆復活して、今生きているわけではないか。)」
20:39 すると数人の聖書学者までが、「先生、りっぱなお答えです」と言った。

塚本訳 ルカ 16:25
16:25 しかしアブラハムは言った、『子よ、考えてごらん、
あなたは生きていた時に善いものを貰い、ラザロは反対に悪いものを貰ったではないか。だから今ここで、彼は慰められ、あなたはもだえ苦しむのだ。

塚本訳 ルカ 23:42-43
23:42 それから(イエスに)言った、「イエス様、こんどあなたのお国と共にお出でになる時には、どうかわたしのことを思い出してください。
23:43 「イエスが言われた、「アーメン、わたしは言う、(その時を待たずとも、)あなたはきょう、わたしと一しょに極楽にはいることができる。」

塚本訳 マコ 9:38-40
9:38 ヨハネがイエスに言った、「先生、わたし達の仲間でない者が、あなたの名を使って悪鬼を追い出しているのを見たので、止めるように言いました。仲間にならないからです。(しかし言うことを聞きませんでした。)」
9:39 イエスは言われた、「止めさせるに及ばない。わたしの名を使って奇蹟を行ったすぐそのあとで、わたしの悪口の言える者はないのだから。
9:40
反対しない者はわたし達の味方である。

塚本訳 マタ 12:31-32
12:31 (あなた達はわたしをもって働く神の霊の働きをベルゼブルの働きと罵った。)だからわたしは言う、人の(犯す)いかなる罪も冒涜も赦していただけるが、御霊の冒涜は赦されない。
12:32 人の子(わたし)を冒涜する者ですら赦していただけるが、
聖霊を冒涜する者は、この世でも来るべき世でも(決して)赦されない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●朝の黙想ディボーションおわり。復活とは無から有を創りだす全能の神に「起こされる」こと。復活のことを英語聖書ではresurerection(復活)と言い、それにtheが付けば「キリストの復活」を意味する。この世とあの世は地続きだから、死んでもまだ救いのチャンスがある。だから我々は信仰なくして死んだ人の救いを祈ろう。神は無から有を起こす全能のお方だ。

●10:00 6月9日は父の24年目命日だったので秋川霊園に墓参に行く。墓を見るのが好きだ。墓誌に刻まれた享年を見て、思いを深くする。天寿に近い人もいれば当年とあって一年も生きない人もいる。キリスト教の墓は少ない。
2016_06140017.jpg 

八王子セブンスデーアドベンチスト教会の合同墓地。「復活(よみがえり)」とある。
信徒が一緒に眠るのはエクレシアの喜びの延長。


2016_06140024.jpg 

高橋家の墓「神は愛なり」と彫った。もう26年も前に建立したものだ。
妻が庭のアジサイを切った。12年前に眠った母は庭の花を飾るのを好んだ。


2016_06140020.jpg 

父、母、母方の祖父母が眠っている。祈っていれば終わりの日に神の一声で起こしてくださる。

●11:30 池谷医院定期健診。決められた日まで、召される日まで健康でいられますように。






スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<神第一に生きよ・・・この世で「安息」が与えられる・・ | Top | 祈りは聴かれる・・全能の父なる神の力を信ぜよ・・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/4030-4b62ed15
FC2blog user only
| Top |
0814