to 日記と感想 悩みの日に我を呼べ・・・神に直せない病はない・・・
Top | RSS | Admin

2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170824(木)12:10キララホールエントランスコンサート、マリンバ
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170813(日)10:30ナザレン教会浦和教会
    170813(日)14:00比企紀和君
    170812(土)14:00お江戸こらりあーず演奏会、文京シビックホール
    170809     TW誕生日
    170809(水)17:16初音吹奏楽、府中の森芸術劇場ドリームホール
    170808(火)0930池谷医院
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170708(土)14:00在宅医療説明会(キララホール)
    170707(金)10:00池谷医院
    170706      TM誕生日
    170702(日) 集会感話
    170701      TT誕生日
    170630(金)12:20キララホールエントランスコンサート
    170628      IY誕生日
    170627(火)11:00 能城牧師来訪
    170625)日)10:10トミ子集会感話
    170625(日)14:00茅ヶ崎金子邸
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール


悩みの日に我を呼べ・・・神に直せない病はない・・・ ++++++++ 所感

2016/06/21 06:32

160621(火)キリスト者の皆様お早うございます。さかなのえ  ΙΧΘΥΣ・イエス(イエス)、クリスス(キリスト)、セス(神)、ヒュス(子)、ソル(救い主)=イクス(魚) ●昨日は直りにくい病気(ホルモンバランスのが精神に変調をもたらす)を抱えた人からメールがきた。どうしようもなく「手に負えない」悩みらしい。●人類には病気の大流行の歴史があったが、どれ一つをとっても真の救いのために益であった。
一世紀末ローマ帝国は性道徳の紊乱が原因で人口減、帝国崩壊寸前の暗い社会に一陣の聖いさわやかな風をもたらせたのが初代キリスト教徒の群れであった。これによって帝国は甦えった。(ヒルティ「幸福論」Ⅲ。驚くべき導き、冒頭)。ローマ帝国がキリスト教を国教にしたのは4世紀。●14世紀ヨーロッパ全土にペストが大流行、人口の1/3~2/3が死んだ。この暗き世界は宗教改革前夜であった。●我が国は20世紀初頭に「結核」が大流行、私の父も感染。そのおかげで「信仰」に導かれた。キリスト教無教会主義が結核の療養所に根付いたのもこの頃であった。●そして21世紀現在の日本は精神の病が蔓延。いじめ、不登校、晩婚化(生きる喜びの欠如)による少子化、夫婦不和(離婚率1/3)により路頭に迷う子供の増大。正に「世紀末」の様相である。しかしこれは「夜明け前」の苦しみと感じる。御心と感じる。●こんな時「聖書」に救いの声を聞こう。「宗教に走った」などと笑うな。人間には「手に負えない」、どうしようもない「恩恵の時」が来るのだ。人はその時初めて「救いの門」の前に立つ。「門を叩け」。あらぬものに走るな。享楽に走るな、人間(異性)に走るな、医学や思想や政治に走るな。そこに救いはない。聖書に走れ、神に走れ。落ちつきはそこにある。真の教養人はそこに走る。

文語訳 マタ 7:7
7:7 求めよ、さらば與へられん。尋ねよ、さらば見出さん。門を叩け、さらば開かれん


塚本訳 マタ 7:7
7:7 (ほしいものはなんでも天の父上に求めよ、きっと与えられる。さがせ、きっと見つかる。戸をたたけ、きっとあけていただける。

文語訳 ルカ 13:24
13:24 イエス人々に言ひたまふ『力を盡して狭き門より入れ。我なんぢらに告ぐ、入らん事を求めて入り能はぬ者おほからん。

塚本訳 ルカ 13:24
13:24 「全力を尽くして(今すぐ)狭い戸口から入りなさい。あなた達に言う、(あとになって)入ろうとしても、入れない者が多いのだから。

口語訳 詩  50:15
50:15 悩みの日にわたしを呼べ、わたしはあなたを助け、あなたはわたしをあがめるであろう」。


新改訳 詩  50:15
50:15 苦難の日にはわたしを呼び求めよ。わたしはあなたを助け出そう。あなたはわたしをあがめよう。」


新共同 詩  50:15
50:15 それから、わたしを呼ぶがよい。苦難の日、わたしはお前を救おう。そのことによって/お前はわたしの栄光を輝かすであろう。」

文語訳 マタ 11:28
11:28 凡て勞する者・重荷を負ふ者、われに來れ、われ汝らを休ません


新改訳 マタ 11:28
11:28 すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。


新共同 マタ 11:28
11:28 疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう


文語訳 ヨハ 4:13-14
4:13 イエス答へて言ひ給ふ『すべて此の水をのむ者は、また渇かん。
4:14 されど我があたふる水を飲む者は、永遠に渇くことなし。わが與ふる水は彼の中にて泉となり、永遠の生命の水湧きいづべし』


塚本訳 ヨハ 4:13-14
4:13 イエスは答えられた、「この(井戸の)水を飲む者はだれでもまた渇くが、
4:14 わたしが与える水を飲む者は永遠に渇かない。そればかりでなく、わたしが与える水は、その人の中で(たえず)湧き出る水の泉となって、永遠の命に至らせるであろう。」


新共同 ヨハ 4:13-14
4:13 イエスは答えて言われた。「この水を飲む者はだれでもまた渇く。
4:14 しかし、わたしが与える水を飲む者は決して渇かない。わたしが与える水はその人の内で泉となり、永遠の命に至る水がわき出る。」

塚本訳 マタ 8:9-10
8:9 というのは、わたし自身も指揮権の下にある人間であるのに、わたしの下にも兵卒がいて、これに『行け』と言えば行き、ほかのに『来い』と言えば来、また僕に『これをしろ』と言えば(すぐ)するからです。(ましてあなたのお言葉で、病気が直らないわけはありません。)」
8:10 イエスは聞いて驚き、ついて来た人たちに言われた、「アーメン、わたしは言う、イスラエル人の中でも、こんなりっぱな信仰をもっている者を一人も見たことがない。

塚本訳 マコ 9:22-23
9:22 霊はこの子を殺そうとして、幾たびか、火の中、水の中に投げ込みました。それでも、もしなんとかお出来になるなら、わたしども(親子)を不憫と思って、お助けください。」
9:23 イエスは言われた、「もしお出来になるなら(と言うの)か。信ずる者にはなんでも出来る。」

塚本訳 マタ 9:20-21
9:20 するとそこに、十二年も長血にかかっていた女が近寄ってきて、後ろからイエスの上着の裾にさわった。
9:21 「お召物にさわるだけでも、なおるにちがいない」と、ひそかに思ったのである


塚本訳 ルカ 7:50
7:50 しかしイエスは女に言われた、「あなたの信仰があなたを救った。『さよなら、平安あれ。』」


文語訳 ルカ 7:50
7:50 ここにイエス女に言ひ給ふ『なんぢの信仰なんぢを救へり、安らかに往け


文語訳 マコ 5:34
5:34 イエス言ひ給ふ『娘よ、なんぢの信仰なんぢを救へり、安らかに往け、病いえて健かになれ


塚本訳 マコ 5:34
5:34 イエスは言われた、「娘よ、あなたの信仰がなおしたのだ。さよなら、『平安あれ。』もう病気をせず、達者でいなさい。」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想おわり。神は苦しみをいつまでも続けておかれない。目的を達すると苦しみは去り、平安になる。今少しの辛抱だ。神はすべてをご存知。ナンノコレシキと思え。神は子供を親から引き離して導きご自分のものにする。

●日本聖書協会「新翻訳」パイロット版意見具申。ロマ8章。洗練された訳だ。
●妻は台東区のYさんの家から月本昭男先生のイザヤ書講義の聴講。
●札幌の牧師から節ホームページのBbB(聖書で聖書を読む)に対する感謝の言葉と誤りの指摘。聖書を熱心に読む人はこのサイトに行きつく。福音宣教の働きを激励した。


スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<霊の成長・・・世の救いはイエスに負わされた試練によって開かれた・・・・ | Top | 建物の寿命、人の寿命・・・全うするまでの費用は神から与えられる・・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/4037-25ee5123
FC2blog user only
| Top |
0814