to 日記と感想 霊の成長・・・世の救いはイエスに負わされた試練によって開かれた・・・・
Top | RSS | Admin

2017.05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.07


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170812(土)14:00お江戸こらりあーず演奏会、文京シビックホール
    170821(土)15:00お江戸コラリアーズ定期演奏会、文京公会堂
    170809     TW誕生日
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170708(土)14:00在宅医療説明会(キララホール)
    170707(金)10:00池谷医院
    170706      TM誕生日
    170702(日) 集会感話
    170701      TT誕生日
    170630(金)12:20キララホールエントランスコンサート
    170628      IY誕生日
    170627(火)11:00 能城牧師来訪
    170625)日)10:10トミ子集会感話
    170625(日)14:00茅ヶ崎金子邸
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール
    170610(土)14:00内村鑑三セミナー、立教大学12号館。矢田部、椚」山
    170609(金)   TS命日
    170608(木)12:15ボリショイ「白鳥の湖」、東京文化会館
    170707(水)10:00池谷医院
    170604(日)10:00集会感話、
    170604(日)16:30近藤恵邸起工式、福島市。
    170530(火)14:00田岡氏来訪
    170527(土)14:00今井館ピアノコンサート
    170521(日)14:00新宿フィル、ブラームス1番、レスピーギ「鳥」「ローマの松」。和田睦夫
    170425       TN)誕生日
    150420(木)09:30阿伎留センター泌尿器科)
    170416(日)14:00武蔵野室内合奏団、杉並公会堂(大坪満子)


霊の成長・・・世の救いはイエスに負わされた試練によって開かれた・・・・ ++++++++ 所感

2016/06/22 05:08

160622(水) キリスト者の皆様お早うございます。さかなのえ  ΙΧΘΥΣ・イエス(イエス)、クリスス(キリスト)、セス(神)、ヒュス(子)、ソル(救い主)=イクス(魚) ●キリスト者は晩年になっても試練が続く。それは信仰が強められるためである。イエスの次の言葉を注目すべきである。

塚本訳 ヨハ 11:15
11:15 わたしがそこにいなかったことを、あなた達のために喜ぶ。あなた達の信仰を強めることができるからだ。さあ、ラザロの所に行こう。」


●人は肉体や知恵ばかりでなく霊も成長する。

塚本訳 ルカ 1:80
1:80 幼児は大きくなり霊も強くなって、(洗礼者として)イスラエルの民の前にあらわれる日まで、荒野に(かくれて)いた。


●人生の不可解、不条理な、手に負えない、医者にも直せない、どうしようも身動きが出来ない、呻くような、懊悩するような、悩み苦しみは、これすべて神が負わせた試練で、神はそれにより世に救いの道を開く。信仰の成長はそのプロセスである。今朝は、神の子イエスといえども我々と同じ試練を受けられ、神に労苦を負わされることによって新時代が開かれたことを黙想ディボーションしてみよう。●キリスト者が晩年になっても試練が続く意義もここにある。人生、最後まで信仰の成長が続く。それは本人のため、世の救いのためである。神います。ひるむな。



塚本訳 ルカ 2:52

2:52 イエスは知恵も身の丈も、『また神と人との寵愛も、いやましに増していった。』

 

塚本訳 ルカ 3:21-22

3:21 さて民衆が皆(ヨハネから)洗礼を受けた時、イエスも洗礼を受けて祈っておられると、天が開けて、

3:22 聖霊が鳩のような形で彼の上に下ってきた。そして「あなたは(いま)わたしの『最愛の子、』わたしの心にかなった』」という声が天からきこえてきた。

 

塚本訳 マタ 4:1
4:1
間もなくイエスは悪魔の誘惑にあうため、御霊につれられて荒野に上られた。

塚本訳 マタ 4:10-11
4:10
そこでイエスは言われる、「引っ込んでいろ、悪魔(サタン)!(聖書に)『あなたの神なる主をおがめ、』『主に』のみ『奉仕せよ』と書いてあるのだ。」
4:11
そこで悪魔が離れると、たちまち天使たちが来てイエスに仕えた。

塚本訳 マタ 6:13
6:13
わたしたちを試みにあわせないで、悪から守ってください。

塚本訳 マタ 16:22-23
16:22
するとペテロはイエスをわきへ引っ張っていって、「主よ、とんでもない。そんなことは絶対にいけません!」と言って忠告を始めた。(救世主が死ぬなどとは考えられなかったのである。)
16:23
イエスは振り返って、ペテロに言われた、「引っ込んでろ、悪魔(サタン)、この邪魔者!お前は神様のことを考えずに、人間のことを考えている!」

塚本訳 ルカ 22:40-46
22:40
いつもの場所につくと、彼らに言われた、「誘惑に陥らないように祈っていなさい。」
22:41
そして自分は石を投げれば届くほどの所に離れてゆき、ひざまずいて祈って
22:42
言われた、「お父様、お心ならば、どうかこの杯をわたしに差さないでください。しかし、わたしの願いでなく、お心が成りますように!」
22:43 そのとき天から一人の天使がイエスに現われて、力づけた。
22:44
イエスはもだえながら、死に物狂いに祈られた。汗が血のしたたるように(ポタポタ)地上に落ちた。
22:45
やがて祈りから立ち上がって弟子たちの所に来て、彼らが悲しさのあまり寝入っているのを見ると、
22:46
言われた、「なぜ眠るのか。誘惑に陥らないように、立ち上がって祈っていなさい。

 

塚本訳 マコ 15:33-34

15:33 昼の十二時になると、地の上が全部暗闇になってきて、三時までつづいた。

15:34 三時に、イエスは大声を出して『エロイ エロイ ラマ サバクタニ!』と叫ばれた。訳すると、『わたしの神様、わたしの神様、なぜ、わたしをお見捨てになりましたか!』である。

 

塚本訳 ヨハ 19:28-30

19:28 こうしたあと、イエスは(自分のなすべきことが)何もかもすんだことを知って、(最後に)聖書の言葉を成就させるために、「〃渇く〃」と言われた。

19:29 酸っぱい葡萄酒の一ぱい入った器がそこに置いてあった。人々はその[酸っぱい葡萄酒を]一ぱい含ませた海綿をヒソプの(茎の先)につけて、イエス(の口許)に差し出した。

19:30 イエスは酸っぱい葡萄酒を受けると、「(すべて)すんだ」と言って、首を垂れて霊を(神に)渡された。

 

塚本訳 ヘブ 2:10

2:10 なぜなら、多くの子たちを栄光に導くため、彼らの救の創始者(であるイエス)を苦しみによって完成することは、万物が彼のため、また万物が彼によ(って存在す)る神に、(いかにも)ふさわしいことであった。

 

塚本訳 ヘブ 12:5-6

12:5 また、(親がその)子に話すようにして話される(神の)励ましを忘れてしまっている。──『わが子よ、主の訓練を軽んずるな、処罰されるときに、ひるむな。

12:6 なぜなら、主は愛する者を訓練し、好きな子をすべて懲らしめられる。』


塚本訳 ヘブ 12:9-12
12:9 かつまた、わたし達は訓練をする者として肉の父を尊敬した(とするならば)、まして霊魂の父に服従して、(永遠に)生きないことがあるだろうか
12:10 というのは、肉の父は(ほんの)少しの日数(だけ)、自分の考えに従って訓練したのに反して、神はわたし達を益するため、わたし達をその聖さにあずからせるために、訓練されるのであから。
12:11 あらゆる訓練(というもの)は、その当座は喜びとは見えず、かえって悲しみと見えるが、しかしあとで、それで鍛えた者に(まことの)義の実である平安を与えるのである。
12:12 だから、『力の抜けた手と、しびれた膝をまっすぐに伸ばしなさい。』

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●朝の黙想ディボーションおわり。ディズニーの名作「バンビ」の一場面が忘れられない。バンビの母が撃たれて死んだときバンビは悲しみに暮れて倒れる。降り注ぐ雪。その時、天から父親の声が聞こえる。「バンビ、起きなさい」。●パウロも倒れた時、天から声が聞こえた。

塚本訳 使  26:15-18
26:15 わたしは言った、『主よ、あなたはどなたですか。』主が言われた、『わたしだ、君が迫害しているイエスだ。
26:16 さあ、起きて、『自分の足で立て。』わたしが(今)現われたのは、君を選んで、わたしを見たことと、(今からも)君に現われて示すこととの証人として、わたしに仕えさせるためである。
26:17 (かずかずの迫害や危険がのぞむが心配するな。)わたしは君をこの(イスラエルの)民(の手)から、また』異教人(の手)から』『(かならず)救い出してやる。』『彼らの中にわたしが君を遣わすのは、』
26:18 彼らの』目をあけて』彼らが『暗闇から光に、』悪魔の権力から神に帰るため、そうして彼らがわたしに対する信仰によって罪の赦しを得、きよめられた人たちの仲間に入れていただくためである』と。

2016_06220001.jpg 

13:30.妻と市内のまほろばホールに行き、「古代ギリシャ展(於・国立博物館)」の解説講演会(国立博物館の専門家)を聴いた。この高度な文明はキリスト教により偶像崇拝とされ、消えて行ったという。
霊魂不滅のギリシャの宗教は有体的復活のキリスト教の前に力を失ったのは当然と思った。翻って霊魂不滅の我が国の仏教も有体的復活を信じる真のキリスト教の前には衰退する運命にあるのだが、日本のキリスト教は「有体的復活」を心から信じてないから力がない。

●日本聖書協会「新翻訳」パイロット版意見具申ロマ書9章。パウロの懊悩、苦闘。神の懐に眠るパウロの霊魂安らかなれ。





スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<ギリシャ文明対福音・・・「福音の美」は神が賜る・・・ | Top | 悩みの日に我を呼べ・・・神に直せない病はない・・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/4038-65f7c335
FC2blog user only
| Top |
0814