to 日記と感想 天国での仕事・・・「困っている人」を助けること。それは地上の連続・・・
Top | RSS | Admin

2017.09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.11


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171030(月)10:00 聖路加 桑本先生
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170824(木)12:10キララホールエントランスコンサート、マリンバ
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170813(日)10:30ナザレン教会浦和教会
    170813(日)14:00比企紀和君
    170812(土)14:00お江戸こらりあーず演奏会、文京シビックホール
    170809     TW誕生日
    170809(水)17:16初音吹奏楽、府中の森芸術劇場ドリームホール
    170808(火)0930池谷医院
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170708(土)14:00在宅医療説明会(キララホール)
    170707(金)10:00池谷医院
    170706      TM誕生日
    170702(日) 集会感話
    170701      TT誕生日
    170630(金)12:20キララホールエントランスコンサート
    170628      IY誕生日
    170627(火)11:00 能城牧師来訪
    170625)日)10:10トミ子集会感話
    170625(日)14:00茅ヶ崎金子邸
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール


天国での仕事・・・「困っている人」を助けること。それは地上の連続・・・ ++++++++ 所感

2016/06/26 06:33

160626(日)キリスト者の皆様おはようございます。さかなのえ  ΙΧΘΥΣ・イエス(イエス)、クリスス(キリスト)、セオス(神)、ヒュス(子)、ソル(救い主)=イクス(魚) ●朝の啓示「天国での仕事・・・「困っている人」を助けること。地上の連続・・・」●人は地獄でなく天国に行きたいと思うのはヤマヤマであるが、では天国では何をするのか。これが問題である。聖書には何も書いてない。●この疑問をイエスに聞けば「いつも言っているジャーないか。私の働きを見なさい」と言うに違いない。●過日、ソファーベッドに横たわって休んでいると、「聖書の仕事をする方が面白い」と思ってガバッと跳ね起きた。●先週21日は北海道の、そして昨日は宮城県の牧師から私のサイト「BbB(「聖書で聖書を読む)」が非常に役に立っていると感謝の言葉があった。これにより、人を助ける仕事、困っている人を助ける仕事が天国での仕事なのだと思った。

http://www.bbbible.com/

●天国とは「困っている人」を助ける仕事をする気分そのものが天国」なのである。オスカーワイルドの「幸福の王子」のストーリーは次のようである。「ある街に金の板が貼られた王子の銅像があった。一羽のツバメが偶然その肩ににとまると、王字があそこの困っている家庭に私の体から金の板をはがして届けてくらないかと頼む。ツバメは命令のままにアッチコッチの、困っている人のところに飛んで行って金の板のかけらを少しずつ届ける。最後はは王子のサファイヤの目も届ける。ある朝、人々がその銅像を見ると覆っていた金が全部無くなっていたので倒した。そばには仲間と一緒に南の国に帰るはずであったツバメが死んでいたというストーリー。●真にキリスト教文学である。「三浦綾子の小説は「キリスト教宣伝文学だ」(関根正雄の見解)●キリスト者の生きざまはキリストのキの字も言わないことが、日本にキリスト教が土着する道なのである。

塚本訳 Ⅱコリ2:15
2:15 というのは、わたし達は救われる者の間でも、滅びゆく者の間でも、神にささげられるためのキリストのよい薫である。


●私の場合は天国に行ったら、建築で困っている人を助け、説教で困っている牧師伝道者や聖書の解読に困っている人のために聖書データを整備するのがその仕事である。その仕事をしている時の「うれしい気分」「楽しい気分」「生きがいの気分」、その気分そのものがが「天国にいる」ことなのだ。すると天国は地上と地続きだ。●このことを聖書に見てみよう。


口語訳 創  2:18
2:18 また主なる神は言われた、「人がひとりでいるのは良くない。彼のために、ふさわしい助け手を造ろう」。


塚本訳 Ⅰコリ7:13-14
7:13 また、不信者の夫を持ち、その夫が彼女と一しょに生活することを喜ぶ場合の妻は、夫と離婚してはならない。
7:14 (夫婦は結婚生活で一体となるため、)不信者の夫は(信者の)妻によってすでにきよめられており、不信者の妻は兄弟(すなわち信者の夫)によってすでにきよめられているからである。そうでなければ、あなた達の子供は清くないはずであるが、現に彼らはきよい(と認められている)ではないか。

塚本訳 使  20:35
20:35 わたしはあらゆる機会にあなた達に例を示したのだから、あなた達も同じように一生懸命に働いて、経済的に恵まれない者たちを助けなさい。主イエス御自身が言われた、『与えるのは貰うより幸いである』という御言葉を忘れずに!」

文語訳 使  20:35
20:35 我すべての事に於て例を示せり、即ち汝らも斯く働きて、弱き者を助け、また主イエスの自ら言ひ給ひし「與ふるは受くよりも幸福なり」との御言を記憶すべきなり』

塚本訳 ルカ 9:48
9:48 言われた、「わたしの名を信ずるこの子供を迎える者は、わたしを迎えてくれるのである。わたしを迎える者は、わたしを遣わされた方をお迎えするのである。あなた達の間ではだれよりも一番小さい者が、一番えらい。」

塚本訳 ルカ 22:24-26
22:24 また弟子たちの間に、自分たちのうちでだれが一番えらいと思われているかについての争いもあった。
22:25 するとイエスが言われた、「世間では王が人民を支配し、また主権者は自分を恩人と呼ばせる。
22:26 しかしあなた達はそれではいけない。あなた達の間では、一番えらい者が一番若輩のように、支配する者が給仕をする者のようになれ。


塚本訳 ヨハ 13:12-17
13:12 さて、みんなの足を洗い終ると、上着を着てふたたび席について、言われた、「いまわたしは何をあなた達にしたか、(そのわけ)がわかるか。
13:13 あなた達はわたしを『先生』とか『主』とか呼んでいるが、そう言うのは正しい。その通りだから。
13:14 してみると、主であり先生であるこのわたしが足を洗ってやったのだから、あなた達も互に足を洗う義務がある。
13:15 わたしがしてやったとおりあなた達もするようにと、手本を示したのである。
13:16 アーメン、アーメン、わたしは言う、僕はその主人よりもえらくはならない。また使は本人よりもえらくはない。(だからわたしを真似るがよい。)
13:17 このことがわかったなら、そのとおりにすれば、幸いである。

塚本訳 使  3:6
3:6 ペテロが言った、「金銀は持っていない。わたしの持っているもの、それをやろう。──ナザレ人イエス・キリストの名で歩きなさい!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の啓示と黙想ディボーションおわり

●10:00 東京聖書読者会。川上(司会)、土肥(良きサマリヤ人の譬)、横田(宇宙研究史)
●土肥さんの話は読みが深かった。
●妻は秋川流域合唱祭に出演のため集会は欠席。音楽も神からのもの。
●15:00 地元秋川キリスト集会でルーマニア人歌手アマリアさんの証しと独唱会。

2016_06260005.jpg 

アマリヤさんはルーマニアで一流のオペラ歌手であったが、離婚という辛い経験を通して
日本に逃げてこられ、ここで「罪人こそ救われる」という真の福音に接して人生き返ったという証。
冒頭に聖書の言葉を語られた。

新共同 ロマ 8:28
8:28 神を愛する者たち、つまり、御計画に従って召された者たちには、万事が益となるように共に働くということを、わたしたちは知っています。

●バッハ・グノーの「アヴェマリヤ」など数曲を歌った後のアンコールに小椋桂の「愛燦燦」を流暢な日本語で歌った。会場全体も声を合わせた。この歌の内容は上記ロマ書8章28節に似ている。

「♫♫~人生って不思議なものですねー♫♫」


アマリアさんは来日してルーテル教会の日本人牧師と結婚して子供(男児)が一人与えられた。

2016_06260010.jpg 

コンサート終了後に入り口でひとしきり信仰の話。

アマリアさんは言う。「恋と愛は違います。恋は動物にもあってそれは短いものです。しかし愛は創りあげるものです。」
アマリアさんはご自身の辛い経験から真の伝道者になられた。
私は「あなたの過去をすべて知った上で受け入れた牧師の御主人は偉い方です。」と言った。
彼女とその家庭の上に末永く神の祝福あれ。固く握手した。






スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<孫たちに告ぐ。恋と愛は似ているが違う・・・恋は人の奴隷。真の愛は自由で、人を大切にする・・ | Top | 不和の原因はサタンの働き・・・サタンは神が滅ぼす・・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/4042-74f69d2f
FC2blog user only
| Top |
0814