to 日記と感想 神の栄光は問題児を通して現れる。・・・悩みを恐れるな・・・
Top | RSS | Admin

2018.01 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 » 2018.03


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    180422(日)   杉並公会堂・武蔵野室内合奏団「英雄」
    171229    TM誕生日
    180224   14:30 トミ子、モーチァルト{レクイエム) 171220     KK誕生日
    171225(月)10:45 聖路加診察脳神経外科桑本医師
    171218(月)10:30 聖路加MRI
    171203(日)14:00 無教会浦和集会、助川光子講演
    171126(日)  兄光男、弟靖男と三人会。於・日本橋
    171119(日)15:00 秋川キリスト教会、後藤牧人講演会
    171115    TM誕生日
    171107(月) TI手術、聖路加 171105(日) 照男・トミ子集会感話、トミ子午後郡山にSS見舞い
    171103(金)13:00南原繁研究会学士会館
    171030(月)10:00 聖路加 桑本先生


神の栄光は問題児を通して現れる。・・・悩みを恐れるな・・・ ++++++++ 所感

2016/07/08 06:34

180708(金)キリスト者の皆様お早うございます。さかなのえ ΙΧΘΥΣ・イエス(イエス)、クリスス(キリスト)、セス(神)、ヒュス(子)、ソル(救い主)=イクス(魚) ●夜半に目覚めて啓示


詩篇
50:16 なやみの日にわれをよべ我なんぢを援けん而してなんぢ我をあがむべし

口語訳 詩  50:15
50:15 悩みの日にわたしを呼べ、わたしはあなたを助け、あなたはわたしをあがめるであろう」。

新共同 詩  50:15
50:15 それから、わたしを呼ぶがよい。苦難の日、わたしはお前を救おう。そのことによって/お前はわたしの栄光を輝かすであろう。」


●この具体例はイエスの行動を福音書に読めば沢山出てくる。今朝はそれを書かなお去る6月21日のブログもこの句に言及したがそこに書かなかったことを書く。神は我々の「悩み」をご存知で必ず助けて下さる。天使が現れて「力づけてくださる」。

塚本訳 ルカ 22:41-44
22:41 そして自分は石を投げれば届くほどの所に離れてゆき、ひざまずいて祈って
22:42 言われた、「お父様、お心ならば、どうかこの杯をわたしに差さないでください。しかし、わたしの願いでなく、お心が成りますように!」
22:43 そのとき天から一人の天使がイエスに現われて、力づけた。
22:44 イエスはもだえながら、死に物狂いに祈られた汗が血のしたたるように(ポタポタ)地上に落ちた。


●我々が神の国に入るには地上で苦しみを、得体のしれない不可解な、不条理な苦難を受けなければならない。これはクリスチャンの宿命だ。

塚本訳 使  14:22
14:22 (道々主の)弟子たちの心を力づけ、いつまでも信仰に留まっているように、「神の国に入るには、わたし達は多くの苦難を通らねばならない」といましめた。

塚本訳 ヘブ 12:5-6
12:5 また、(親がその)子に話すようにして話される(神の)励ましを忘れてしまっている。──『わが子よ、主の訓練を軽んずるな、処罰されるときに、ひるむな。
12:6 なぜなら、主は愛する者を訓練し、好きな子をすべて懲らしめられる。』

文語訳 ヘブ 12:5-6
12:5 また子に告ぐるごとく汝らに告げ給ひし勸言を忘れたり。曰く、『わが子よ、主の懲戒を輕んずるなかれ、主に戒めらるるとき捲むなかれ、
12:6 そは主、その愛する者を懲らしめ、凡てその受け給ふ子を鞭うち給へばなり』、と。


●私が家を設計した故松島省三先生(稲の博士)が出征するとき、走り去る列車に信子夫人(故人)が追いかけて紙切れを渡した。そこにはピリピ1:29が書かれていた。

文語訳 ピリ 1:29
1:29 汝等はキリストのために啻に彼を信ずる事のみならず、また彼のために苦しむ事をも賜はりたればなり


塚本訳 ピリ 1:29
1:29 君達はキリストのために──ただ彼を信ずるばかりでなく、また彼のために苦しむことをも恵まれたからである


●これを読まれた先生は滂沱の涙。この時程「クリスチャンを妻にもってよかった」と思ったことはないと思ったそうだ。南方で御苦労されて帰国してみると愛する二人の子供が亡くなっていた。その時の先生の嘆きはいかばかりであったか。生き延びたお子様の一人は「問題児」になり、ご両親を悩ませたが、先生の死後に回心してクリスチャンになられた。その洗礼式で教会員の歌う讃美歌にその「問題児」は号泣。神の栄光は、「問題児」を通して現れる。世の親よ、「問題児」を隠すな。悩みを恐れるな。


文語訳 ヨハ 12:24
12:24 誠にまことに汝らに告ぐ、一粒の麥、地に落ちて死なずば、唯一つにて在らん、もし
死なば、多くの果を結ぶべし。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想ディボーションおわり 不可解な不条理な苦難は神による信仰の訓練。
神の目的が達すれば楽になる。パウロは信仰は忍耐だという。これは不思議な言葉だ。

塚本訳 ロマ 5:2-4
5:2 そうだ、キリストにより、信仰で、わたし達はいまいるこの恩恵の状態に入ることができ、また(最後の日に)神の(子になることを信じて、その)栄光にあずかる希望を誇っているのである。
5:3 そればかりではない。苦難をも誇る。苦難は忍耐を、
5:4 忍耐は鍛錬を、鍛錬は希望を生むことを知っているからである。

●日本聖書協会「新翻訳」パイロット版意見具申。ガラテヤ5章
パウロが渾身の力を入れて説く律法からの自由は神の霊の介入があってのことである。

●妻は、午後に自彊術。

●夕方、東部図書館。





スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<どう祈るべきかわからないとき・・・神・キリストの霊の介入・・・ | Top | 結婚生活の苦・・・夫婦の不和は神が修復してくださる・・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/4055-17b4ddd7
FC2blog user only
| Top |
0814