to 日記と感想 どう祈るべきかわからないとき・・・神・キリストの霊の介入・・・
Top | RSS | Admin

2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170824(木)12:10キララホールエントランスコンサート、マリンバ
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170813(日)10:30ナザレン教会浦和教会
    170813(日)14:00比企紀和君
    170812(土)14:00お江戸こらりあーず演奏会、文京シビックホール
    170809     TW誕生日
    170809(水)17:16初音吹奏楽、府中の森芸術劇場ドリームホール
    170808(火)0930池谷医院
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170708(土)14:00在宅医療説明会(キララホール)
    170707(金)10:00池谷医院
    170706      TM誕生日
    170702(日) 集会感話
    170701      TT誕生日
    170630(金)12:20キララホールエントランスコンサート
    170628      IY誕生日
    170627(火)11:00 能城牧師来訪
    170625)日)10:10トミ子集会感話
    170625(日)14:00茅ヶ崎金子邸
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール


どう祈るべきかわからないとき・・・神・キリストの霊の介入・・・ ++++++++ 所感

2016/07/09 05:47

160709(土)キリスト者の皆様お早うございます。さかなのえ  ΙΧΘΥΣ・イエス(イエス)、クリスス(キリスト)、セオス(神)、ヒュス(子)、ソル(救い主)=イクス(魚) 。●人生は艱難辛苦の連続である。楽で楽しい日々は続かない。常に重荷や悩みが襲ってくる。悲しみが降ってくる。子供たちの各家庭も自分たちの子供が難しい年頃になって悩みが増えてくる。「子を持って知る親の恩」。●「耐えがたき夜」「眠られぬ夜」は辛い。そんな時、わたし達以上に艱難辛苦の経験をした人の言葉は慰めである。人の子イエス、パウロ、ヒルティ、内村鑑三、信仰の諸先輩の言葉が胸に響く。苦難の音楽家たち(バッハ、vベートーヴェン、ラフマニノフ)の曲が響く。しかし、それらは「人間の言葉」だから究極の慰めにはならない。然り「聖書の言葉」は慰めにはなっても救いにはならない。●エクレシアは励ましにはなっても「救い」になならない●真の救いは神・キリストの霊の実在である。


文語訳 ロマ 8:26-27
8:26 斯くのごとく御靈も我らの弱を助けたまふ。我らは如何に祈るべきかを知らざれども、御靈みづから言ひ難き歎きをもて執成し給ふ。
8:27 また人の心を極めたまふ者は御靈の念をも知りたまふ。御靈は神の御意に適ひて聖徒のために執成し給へばなり


塚本訳 ロマ 8:26-27
8:26 しかし(創造物やわたし達神の子が苦しんでいると)同じように、御霊も、弱いわたし達を助けてくださる。すなわち、(神のみ心にかなうには)どう何を祈るべきかわからないので、御霊自身が、無言の呻きをもって(わたし達の祈りを神に)執り成してくださるのである
8:27 しかし(人の)心を見抜くお方[神]は、御霊が何を求めているか、すなわち、御霊が神の御心にかなうように聖徒たちのために執り成しておられることを、(もちろん)御存じである。


新改訳 ロマ 8:26-27
8:26 御霊も同じようにして、弱い私たちを助けてくださいます。私たちは、どのように祈ったらよいかわからないのですが、御霊ご自身が、言いようもない深いうめきによって、私たちのためにとりなしてくださいます。
8:27 人間の心を探り窮める方は、御霊の思いが何かをよく知っておられます。なぜなら、御霊は、神のみこころに従って、聖徒のためにとりなしをしてくださるからです。


新共同 ロマ 8:26-27
8:26 同様に、"霊"も弱いわたしたちを助けてくださいます。わたしたちはどう祈るべきかを知りませんが、"霊"自らが、言葉に表せないうめきをもって執り成してくださるからです
8:27 人の心を見抜く方は、"霊"の思いが何であるかを知っておられます。"霊"は、神の御心に従って、聖なる者たちのために執り成してくださるからです。

岩波翻訳委員会 ロマ 8:26-27

450826同様にして、霊もまた私たちの弱さを助けてくれる。なぜならば私たちは、しかるべき仕方で何を祈るべきかを知らないが、しかし霊自らが、言葉にならないうめきをもって、執り成しをしてくれるからである

450827〔人の〕心を探り知る方は、霊の思いが何であるのかを知っておられる。霊は、神に従って、聖なる者たちのために執り成しをしてくれるからである。

●パウロの救いは神・キリストの霊の実在であった。パウロの「律法主義者たち」との戦い、その迫害に耐えたのはキリストの霊の実在であった。今、日本聖書協会「新翻訳」パイロット版の意見具申のうちガラテヤ書をやっていてその息吹を感じる。

塚本訳 ガラ 3:2
3:2 わたしはあなた達からこのことだけを聞かせてもらいたい、あなた達が御霊をいただいたのは、律法を行なうことによってか、それとも、信仰(の福音)を聞いて信じたことによってか。


塚本訳 ガラ 3:5
3:5 では(もう一度たずねるが)、神が御霊を授け、あなた達の中に(不思議な)力を働かせられたのは、(あなた達が)律法を行なうことによってか、それとも、信仰を聞い(て信じ)たことによってか。


塚本訳 ガラ 3:14
3:14 これは、(モーセ律法を知らぬ)異教人に、(律法を行なわずとも、)イエス・キリスト(につながっているというだけの理由)によってアブラハムの祝福が臨むため、(然り、キリストを信ずる)信仰によって、(アブラハムに対する)約束の御霊をわたし達がいただくためである。


塚本訳 ガラ 5:25
5:25 もしわたし達が(かく)霊によって生きているのなら、またに従おうではないか。


塚本訳 ガラ 6:1
6:1 兄弟たち、もし何か過ちを犯した人があったら、あなた達霊の人は、柔和な心でこんな人を正しい道に引戻さねばならない。(ただ)あなたも(一緒に)誘惑されないように、自分に注意せよ。

塚本訳 ガラ 6:8
6:8 というのは、肉に蒔く者は肉から滅亡を刈取り、霊に蒔く者は(最後の日に神の)霊から永遠の命を刈取であろう。

塚本訳 ガラ 6:18
6:18 わたし達の主、イエス・キリストの恩恵、あなた達の霊と共にあらんことを、兄弟たちよ、アーメン。


●「聖書の言葉」も「人の言葉」も救いにはならない。神、キリスト、信仰、十字架、有体的復活、有体的再臨、聖書、三位一体、等キリスト教の本質は恩恵による「神・キリストの霊の介入」で初めてわかるものだ。●だから「霊とは何か」を探求しようとしたがやめた。探求というのは大脳皮質の知的行為だから宗教的真理はわからない。キリスト教の真理は「霊の介入でわかり、人生の「極度の悲しみ」からの救いもここにある。●我々の救い主は次のように言う。

塚本訳 ヨハ 14:15-17
14:15 あなた達は(皆別れを悲しんでいるが、本当に)わたしを愛するなら、わたしの掟を守り(互に愛し)なさい。
14:16 そうすればわたしも父上に願って、(わたしに代わる)ほかの弁護者をおくっていただき、いつまでもあなた達と一しょにおるようにしてあげる。
14:17 これは真理の霊である。この世(の人)には見えもせず、わかりもしないから、これを受けいれることが出来ない。(しかし)あなた達にはこの霊がわかる。いつもあなた達のところをはなれず、また、あなた達の中におるのだから。


塚本訳 ヨハ 15:26
15:26 (また)わたしが父上のところからあなた達に遣わす弁護者、すなわち父上のところから出てくる真理の霊が来る時、それがわたしのことを(すべて)証明するであろう。

塚本訳 ヨハ 16:13
16:13 真理の霊が来る時、彼があなた達を導いていっさいの真理を悟らせるであろう。(いっさいの真理というのは、わたしと同じく、)彼は自分勝手に話すのではなく、(父上から)聞いたことを話すからである。また将来起るべき(世の終りの)ことをあなた達に知らせるであろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想おわり。神は全部をご存知で導いて救って平安にしてくださる。神は時に本当に「むごい」ことをなさるが、それでも神は愛だ。その酷いことも真の愛を知らせんがためであると信じる。否、信じ込む。騙されても、嘘であっても信じ貫く。

●妻は歯科から参議院議員選挙、期日前投票に行く。

●午後私も参議院議員選挙、期日前投票に行く。明日投票できない理由を書く「覧」に「礼拝」と書いた。

●日本聖書協会「新翻訳」パイロット版意見具申、ガラテヤ書が終了したので日本聖書協会翻訳部に送信。この意見具申は私自身が勉強になり有益である。














スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<手に負えない病に罹った時に・・・神に直せない病気はない・・・ | Top | 神の栄光は問題児を通して現れる。・・・悩みを恐れるな・・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/4056-c09b2fbc
FC2blog user only
| Top |
0814