to 日記と感想 文明の求めるところは福音で満たされる・・・古代ギリシャ展の結論でうれし泣き・・・
Top | RSS | Admin

2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170824(木)12:10キララホールエントランスコンサート、マリンバ
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170813(日)10:30ナザレン教会浦和教会
    170813(日)14:00比企紀和君
    170812(土)14:00お江戸こらりあーず演奏会、文京シビックホール
    170809     TW誕生日
    170809(水)17:16初音吹奏楽、府中の森芸術劇場ドリームホール
    170808(火)0930池谷医院
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170708(土)14:00在宅医療説明会(キララホール)
    170707(金)10:00池谷医院
    170706      TM誕生日
    170702(日) 集会感話
    170701      TT誕生日
    170630(金)12:20キララホールエントランスコンサート
    170628      IY誕生日
    170627(火)11:00 能城牧師来訪
    170625)日)10:10トミ子集会感話
    170625(日)14:00茅ヶ崎金子邸
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール


文明の求めるところは福音で満たされる・・・古代ギリシャ展の結論でうれし泣き・・・ ++++++++ 所感

2016/07/11 05:25

160711(月)4時起床。さかなのえ  ΙΧΘΥΣ・イエス(イエス)、クリスス(キリスト)、セオス(神)、ヒュス(子)、ソテル(救い主)=イクス(魚) 
●今朝の黙想課題「文明の求めるところは福音で満たされる・・・古代ギリシャ展の結論でうれし泣き・・・」。●昨日は上野の国立博物館で「古代ギリシャ展」を見た。日本とギリシャ国の総力を挙げての史上最大規模であった。全国にも回る。●そのコンセプトは「人類の文化文明の基礎はヘレニズムの文化文明にある」というものである。藝術、政治、スポーツ・・・・●私は終始キリスト者の聖書的観点からこれを見て回ったが、その最後の最後「ヘレニズムとローマ」の部屋にあった第325番目の遺物「男性頭部」(紀元253~268年のもの。アテネ出土、アテネ国立考古学博物館)の額に刻まれた十字架を見て心で「うれし泣き」をした。●人類最高のギリシャ文明はキリスト教の福音によって偶像だといって滅ぼされたというのが歴史の観点であるが、私は真逆に「人類の文明の求めるところは福音で満たされた」と見た。うれし泣きである。さすが「神の子の十字架の福音である」。●人類が心の底から希求しているものは総て神が満たしてくれる。死後の命は永遠の命。この世の政治体制は、「エクレシア(神に呼び集められる者)」の形体。医学(治癒神アスクレピオス)はイエスの病気治療、理想の人体像は有体的復活、理想の神殿は活けるキリストが神の神殿。理想の「男女間の愛」はキリストによる霊の交わり。・・・・これらすべてが聖書に書かれている。●キリストの福音はマケドニアのアレキサンダー大王が制覇した国々に進展していった。聖書はコイネギリシャ語で書かれた。●ギリシャ文明は福音が伸びて行く「道を用意した」。●パウロはアテネのパルテノン神殿のあるアテネのあのアレオパゴスの丘で「知られざる神を拝んでいるアテネ人諸君に」と言って有体的復活の福音を説いた。


塚本訳 使  17:16-18
17:16 パウロはアテネで二人を待っているあいだに、都が偶像だらけであるのを見て、その心が怒りに燃えた。
17:17 それで、礼拝堂ではユダヤ人や敬神家たち、また広場では毎日毎日そこに居合わせた人たちに、話をした。
17:18 数人のエピクロス派やストア派の哲学者も彼と会談したが、「このお喋りはいったい何が言いたいのだろう」と言う者もあれば、「どうも外国の神々の宣伝者らしい」と言う者もあった。パウロがイエスと復活のこととを伝えていたからである


塚本訳 使  17:22-23
17:22 パウロはアレオパゴス法院の真中に進み出て言った。「アテネ人諸君、あなた達はどの点からしても、最高に信心深いようにわたしには見えます。
17:23 その証拠には、町を通りながらあなた達の聖殿を注意して見ていたところ、知らぬ神に(献ずる)という銘のある祭壇すらありました。だからあなた達が(こうして)知らずに敬っているもの、それをわたしは伝えよう



2016_07100003.jpg 

建築芸術の原点パルテノン神殿。アテネ。
アテネ市街からここに向かっていく途中にアレオパゴスの丘があるそうだからパウロはおそらくこの建物をも見たはずだ。
使徒のはたらき17章はギリシャ文明の中に有体的復活の福音が突入した劇的な場面である。

●翻って我が国のことを見ると、かって神道の側から「神道の目指すものはキリスト教に結実している」という学的報告があって、キリスト教の指導者が喜んだことがあった。神道に限らず仏教も儒教もその目指すところは「キリストの福音」にあると考える。ギリシャ文明は福音に変わったと同じように、我が国の宗教も福音に変わることを祈る。私は「有体的復活を十年一日のごとく説いている男」と言われているが、残る生涯は「この道」を行くしかない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の黙想おわり。キリストの有体的復活の福音こそ人の救いである。パウロはこれが一番大切な事だと次のように言う。

文語訳 Ⅰコリ15:3-5
15:3 我が第一に汝らに傳へしは、我が受けし所にして、キリスト聖書に應じて我らの罪のために死に、
15:4 また葬られ、聖書に應じて三日めに甦へり
15:5 ケパに現れ、後に十二弟子に現れ給ひし事なり。


塚本訳 Ⅰコリ15:3-5
15:3 まえにわたしが(福音の)一番大切な事としてあなた達に伝えたのは、わたし自身(エルサレム集会から)受けついだのであるが、キリストが聖書(の預言)どおりにわたし達の罪のために死なれたこと、
15:4 葬られたこと、聖書どおりに三日目に復活しておられること
15:5 またケパに、それから十二人(の弟子)に、御自分を現わされたことである。

スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<信仰は史実の上に立つ・・・有体的復活の歴史性・・・ | Top | 手に負えない病に罹った時に・・・神に直せない病気はない・・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/4058-bb9a38b6
FC2blog user only
| Top |
0814