to 日記と感想 財産は命の足しにはならない・・・通信費のウェート増大・・・
Top | RSS | Admin

2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170824(木)12:10キララホールエントランスコンサート、マリンバ
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170813(日)10:30ナザレン教会浦和教会
    170813(日)14:00比企紀和君
    170812(土)14:00お江戸こらりあーず演奏会、文京シビックホール
    170809     TW誕生日
    170809(水)17:16初音吹奏楽、府中の森芸術劇場ドリームホール
    170808(火)0930池谷医院
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170708(土)14:00在宅医療説明会(キララホール)
    170707(金)10:00池谷医院
    170706      TM誕生日
    170702(日) 集会感話
    170701      TT誕生日
    170630(金)12:20キララホールエントランスコンサート
    170628      IY誕生日
    170627(火)11:00 能城牧師来訪
    170625)日)10:10トミ子集会感話
    170625(日)14:00茅ヶ崎金子邸
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール


財産は命の足しにはならない・・・通信費のウェート増大・・・ ++++++++ 所感

2016/07/15 05:42

160715(金)キリスト者の皆様お早うございます。さかなのえ ΙΧΘΥΣ・イエス(イエス)、クリスス(キリスト)、セス(神)、ヒュス(子)、ソル(救い主)=イクス(魚) ●3時半目覚め。4時起床。朝の啓示「財産は命の足しにはならない」

塚本訳 ルカ 12:15
12:15 人々に言われた、「一切の貪欲に注意し、用心せよ。いかに物があり余っていても、財産は命の足しにはならないのだから。」

●昨日は、家計の経理をやっている妻が通信費(電話、インターネット、テレビなど)の増大に疑問が生じたので、近くのドコモショップに一緒に行って理由を聞いてきた。●家計において水道光熱費と同じぐらいに通信費のウェートが大きい。これは現代文明の特長である。財産のうちには大脳皮質の雑学知識の増大も含まれる。ところがそれは神の国に入る足しにはならない。●建築人生で知り得たことは「蔵書量と信仰の深さは反比例する」ことである。(自戒)。吹き抜けの壁面一杯に本棚を設計した家があった。上の方の本は梯子を使って登るようにした。●評論家の立花隆氏(ご両親は無教会)は自宅以外に書庫のビルがある。情報が商売とはいえ、アレジャー天国には行けない。●そこで今朝は「財産は命の足しにはならない」という主の言葉を「聖書で聖書を読む」方法で学んでみよう。これ至福の時。

●まず翻訳比較(拙ホームページ「聖書で聖書を読む」(BbB)利用)

●翻訳比較

 

岩波翻訳委員会訳1995

 421215また彼は彼らに言った、「心して、あらゆる貧欲を警戒せよ。ある人に〔たとえ資産が〕有り余るほどあったとしても、彼のいのちは彼の財産から出て来るものではないからだ」。

 

新共同訳1987

 12:15 そして、一同に言われた。「どんな貪欲にも注意を払い、用心しなさい。有り余るほど物を持っていても、人の命は財産によってどうすることもできないからである。」

 

前田訳1978

 12:15 そして人々にいわれた、「すべての欲望に注意し、心せよ。あり余っていても財産からいのちは出て来ないから」と。

 

新改訳1970

 12:15 そして人々に言われた。「どんな貪欲にも注意して、よく警戒しなさい。なぜなら、いくら豊かな人でも、その人のいのちは財産にあるのではないからです。」

 

塚本訳1963

12:15 人々に言われた、「一切の貪欲に注意し、用心せよ。いかに物があり余っていても、財産は命の足しにはならないのだから。」 

 

口語訳1955

12:15 それから人々にむかって言われた、「あらゆる貪欲に対してよくよく警戒しなさい。たといたくさんの物を持っていても、人のいのちは、持ち物にはよらないのである」。 

 

文語訳1917

 "421215","かくて人々に言ひたまふ『愼みて凡ての慳貧をふせげ、人の生命は所有の豐なるには因らぬなり』"

●次にBbB、TSK、黒崎を見て心に響くものをピックアップ(拙ホームページ利用)

塚本訳 Ⅰコリ15:32
15:32 もしわたしが(復活の信仰からでなく、)人間的な思いからエペソで獣と戦ったとすれば、わたしにとってなんの得があろう。死人が復活しないのなら、『食おうじゃないか、飲もうじゃないか、どうせあしたは死ぬ身だ』である。


塚本訳 ピリ 3:19
3:19 あの人達の最後は破滅、その神は自分の腹、その光栄(と考えているもの)は(実は)恥であって、あの人達は(ただ)地のこと(ばかり)に気を取られているのだ!


塚本訳 ロマ 2:5
2:5 こうしてあなたは頑固な悔改めない心によって、神の正しい裁きの現われる怒りの日に望む(神の)怒りを、自分のために貯蓄している。


塚本訳 Ⅱコリ6:10
6:10 悲しんでいるが、しかしいつでも喜んでいる者として、貧乏であるが、しかし多くの人を金持にする者として、何一つ持たないで、何もかも持っている者としてである。


塚本訳 使  18:15
18:15 問題が(宗教の)教義や、(救世主という)人物や、あなた達の律法に関するものなら、自分で始末したがよかろう。わたしはそんなことの裁判官になりたくない。」


塚本訳 ロマ 2:1-3
2:1 だから、ああ人[ユダヤ人]よ、あなたは(人を)裁いているが、あなたがだれであろうと、言い訳は立たない。あなたは人を裁いて、実は自分の罪を定めている。裁きながら、同じことをしているからである。
2:2 わたし達が知っているように、(いま言った)こんなことをする者を、神は真理によってお裁きになる。
2:3 ああ人よ、あなたはこんなことをする者たちを裁きながら、自分で同じことをしているが、それで自分(だけ)は神の裁きを免れると思っているのか。


塚本訳 Ⅰテモ6:6-10
6:6 信心はたしかに大きな「金儲け」である──足るを知るなら!
6:7 本当に私達は何一つ持たずにこの世に来たのである。従って何一つ持って(この世を)去ることは出来ない。
6:8 だから(とにかく)食う物と着る物があれば、それで足れりとしよう。
6:9 しかし金持ちになろうとする者は誘惑と罠と、愚にして有害な種々の慾とに陥る。そしてこれが人を堕落と滅亡とに突き落とすのである。
6:10 あらゆる悪の根は金を欲しがることにあるから。或る人はこれに憧れて信仰から迷い、多くの苦痛で自分を刺し通した。


塚本訳 ヘブ 13:5
13:5 金銭を愛せぬ生活をせよ。(現在)もっているもので満足せよ。神がこう言われたからである、『わたしは決してあなたを見殺しにしない、また決してあなたを見捨てない』と。


塚本訳 ヤコ 5:1-5
5:1 さあ、金持ち、君達に臨もうとする不幸を嘆きながら泣き叫べ。
5:2 君達の富は腐れた。君達の着物は紙魚に食われた。
5:3 君達の金と銀とは錆びた。その錆が君達の(罪の)証拠になり、『火』のように君達の肉を食うであろう。君達は最後の日において(なおも)『宝を積んだ』。
5:4 見よ、畑を刈った労働者に君達が払わなかった『賃金は叫び』、刈り入れをした者たちの叫び声は『万軍の主の耳に』入った。
5:5 君達は地上で贅沢をし享楽をして、『「屠りの日」に』心を肥やし(太らせ)た。


塚本訳 ヤコ 4:14
4:14 (だが)君達は明日のことを知らないのだ。君達の生命は何か。君達は一寸見えて、(直)またあとで見えなく成る湯気ではないか。


塚本訳 Ⅰコリ15:32
15:32 もしわたしが(復活の信仰からでなく、)人間的な思いからエペソで獣と戦ったとすれば、わたしにとってなんの得があろう。死人が復活しないのなら、『食おうじゃないか、飲もうじゃないか、どうせあしたは死ぬ身だ』である。


塚本訳 Ⅰテモ6:18
6:18 善を行うように、善い仕事に富むように、物惜しみせず分け好きであるように、


塚本訳 ヤコ 2:5
2:5 聴け、愛するわが兄弟達よ、神はこの世の貧乏人を選んで信仰における金持ちとし、神を愛する者に約束し給うた御国の相続人となし給うたではないか。


塚本訳 黙  3:17-18
3:17 お前は、「自分は金持ちである。金持ちになった。何も足りないものは無い」と言うて(いる。なるほどお前には金がある。しかし)自分(の精神)が(どんなに)惨めな、かわいそうな、貧乏な、盲目な、裸な者である(かという)ことを知らない(。
3:18 だ)から私はお前に勧める──(一つ)私から火で煉った金を買って(本当の)金持ちになり、白い着物を買って、着て、お前の裸体の恥じが露されないようにし、目に塗る眼薬を買って、見えるようになれ。


塚本訳 ヤコ 4:13-15
4:13 さあ来い、「今日か明日どこそこの町に行き、一年其処に居り商売をして儲けてやろう」と言う者達!
4:14 (だが)君達は明日のことを知らないのだ。君達の生命は何か。君達は一寸見えて、(直)またあとで見えなく成る湯気ではないか。
4:15 その代わりに君達はこう言わねばならぬ、「主の御心ならば、私達はいきていてこのことあのことを為よう!」


口語訳 詩  10:3
10:3 悪しき者は自分の心の願いを誇り、むさぼる者は主をのろい、かつ捨てる。


口語訳 詩  119:37-38
119:37 わたしの目をほかにむけて、むなしいものを見させず、あなたの道をもって、わたしを生かしてください。
119:38 あなたを恐れる者にかかわる約束を/あなたのしもべに堅くしてください。


塚本訳 ルカ 8:14
8:14 茨の中に落ちたもの、これは(御言葉を)聞く(と、しばらくは信じている)が、とかくするうちに人生の心配や富や快楽に押えつけられて、実の熟さない人たちである。


塚本訳 ルカ 16:14
16:14 金の好きなパリサイ人の人々は一部始終を聞いて、イエスを鼻で笑った。(富は信仰の褒美と考えていたのである。)


塚本訳 ルカ 21:34
21:34 注意せよ、大酒を呑み、二日酔いをし、またこの世のことを心配して、頭が鈍くなっていると、『罠が』落ちるように、だしぬけにかの日があなた達に臨まないとはかぎらない。


口語訳 箴  23:4-5
23:4 富を得ようと苦労してはならない、かしこく思いとどまるがよい。
23:5 あなたの目をそれにとめると、それはない、富はたちまち自ら翼を生じて、わしのように天に飛び去るからだ。


口語訳 エレ 6:13
6:13 「それは彼らが、小さい者から大きい者まで、みな不正な利をむさぼり、また預言者から祭司にいたるまで、みな偽りを行っているからだ。


口語訳 ミカ 2:2
2:2 彼らは田畑をむさぼってこれを奪い、家をむさぼってこれを取る。彼らは人をしえたげてその家を奪い、人をしえたげてその嗣業を奪う。


口語訳 ハバ 2:9
2:9 わざわいなるかな、災の手を免れるために高い所に巣を構えようと、おのが家のために不義の利を取る者よ。


塚本訳 マコ 7:21-22
7:21 内から、つまり、人の心からは、邪念が出るからである。(すなわち)不品行、盗み、人殺し、
7:22 姦淫、欲張り、悪意、悪巧み、道楽、妬み、悪口、高ぶり、愚かさ(など)。


塚本訳 Ⅰコリ5:10-11
5:10 あれはこの世の不品行な者や貪欲な者、略奪者や偶像礼拝者などと決して付き合うなというのではない。もしそうならば、あなた達はこの世から出てゆかねばならないからである。
5:11 しかしわたしは(はっきり)書く。──もし兄弟と呼ばれる者が、不品行な者や貪欲な者や偶像礼拝者や罵る者や大酒飲みや掠奪者などであるならば、付き合ってはならない。そんな者とは一しょに食事もしてはならない。


塚本訳 Ⅰコリ6:10
6:10 泥坊も、貪欲な者も、大酒飲み、罵る者、掠奪者も、神の国を相続することはない。


塚本訳 エペ 5:3-5
5:3 しかし淫行やあらゆる汚穢また貪欲は、聖徒に似つかわしく、君達の間では口にもするな。
5:4 また卑下たことや馬鹿話また冗談を言うな。これは(聖徒に)相応しくない。むしろ(神に)感謝を述べよ。
5:5 淫行の物や汚穢を行う物や貪欲な者すなわち偶像礼拝者は皆、キリストと神との王国の相続権を有たないことは、君達が(よく)知って居りまた認めていることではないか!


塚本訳 コロ 3:5
3:5 だから、地上のものである(体の)肢の様々の慾、すなわち淫行、汚穢、情慾、邪慾、また偶像礼拝なる貪慾を(悉く)殺せ。

塚本訳 Ⅱテモ3:2-4
3:2 (その時)人は(皆)利己主義、金好き、法螺吹き、横柄、冒涜者、親不孝、恩知らず、無道者、
3:3 無情者、頑固者、悪口家、放埒な、粗野な、善の敵、
3:4 裏切り者、向こう見ず、思い上がった、神を愛するより快楽を愛する者になるからである。


塚本訳 Ⅱペテ2:3
2:3 且つ彼らは貪欲のため言巧みに君達を(も)手に入れる(けれども、)既に永い間彼らに対する審判は怠らず、滅亡は微睡まない!


口語訳 ヨブ 2:4
2:4 サタンは主に答えて言った、「皮には皮をもってします。人は自分の命のために、その持っているすべての物をも与えます。


口語訳 詩  37:17
37:17 悪しき者の腕は折られるが、主は正しい者を助けささえられるからである。


口語訳 箴  15:16
15:16 少しの物を所有して主を恐れるのは、多くの宝をもって苦労するのにまさる。


口語訳 箴  16:16
16:16 知恵を得るのは金を得るのにまさる、悟りを得るのは銀を得るよりも望ましい。


口語訳 伝  4:6-8
4:6 片手に物を満たして平穏であるのは、両手に物を満たして労苦し、風を捕えるのにまさる。
4:7 わたしはまた、日の下に空なる事のあるのを見た。
4:8 ここに人がある。ひとりであって、仲間もなく、子もなく、兄弟もない。それでも彼の労苦は窮まりなく、その目は富に飽くことがない。また彼は言わない、「わたしはだれのために労するのか、どうして自分を楽しませないのか」と。これもまた空であって、苦しいわざである。


塚本訳 マタ 6:25-26
6:25 だから、わたしは言う、何を食べようかと命のことを心配したり、また何を着ようかと体のことを心配したりするな。命は食べ物以上、体は着物以上(の賜物)ではないか。(命と体とを下さった天の父上が、それ以下のものを下さらないわけはない。)
6:26 空の鳥を見てごらん。まかず、刈らず、倉にしまいこむこともしないのに、天の父上はそれを養ってくださるのである。あなた達は鳥よりも、はるかに大切ではないのだろうか。


口語訳 伝  5:10-16
5:10 金銭を好む者は金銭をもって満足しない。富を好む者は富を得て満足しない。これもまた空である。
5:11 財産が増せば、これを食う者も増す。その持ち主は目にそれを見るだけで、なんの益があるか。
5:12 働く者は食べることが少なくても多くても、快く眠る。しかし飽き足りるほどの富は、彼に眠ることをゆるさない。
5:13 わたしは日の下に悲しむべき悪のあるのを見た。すなわち、富はこれをたくわえるその持ち主に害を及ぼすことである。
5:14 またその富は不幸な出来事によってうせ行くことである。それで、その人が子をもうけても、彼の手には何も残らない。
5:15 彼は母の胎から出てきたように、すなわち裸で出てきたように帰って行く。彼はその労苦によって得た何物をもその手に携え行くことができない。
5:16 人は全くその来たように、また去って行かなければならない。これもまた悲しむべき悪である。風のために労する者になんの益があるか。

塚本訳 Ⅰテモ6:6-10
6:6 信心はたしかに大きな「金儲け」である──足るを知るなら!
6:7 本当に私達は何一つ持たずにこの世に来たのである。従って何一つ持って(この世を)去ることは出来ない。
6:8 だから(とにかく)食う物と着る物があれば、それで足れりとしよう。
6:9 しかし金持ちになろうとする者は誘惑と罠と、愚にして有害な種々の慾とに陥る。そしてこれが人を堕落と滅亡とに突き落とすのである。
6:10 あらゆる悪の根は金を欲しがることにあるから。或る人はこれに憧れて信仰から迷い、多くの苦痛で自分を刺し通した。


塚本訳 ヘブ 13:5
13:5 金銭を愛せぬ生活をせよ。(現在)もっているもので満足せよ。神がこう言われたからである、『わたしは決してあなたを見殺しにしない、また決してあなたを見捨てない』と。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の啓示と黙想ディボーションおわり。聖書の研究も命の足しにはならない。自戒。

塚本訳 ヨハ 5:39-40
5:39 あなた達は聖書(旧約)をもっていることが永遠の命を持っていることのように思って、それを研究している。ところがこの
聖書は、(永遠の命である)このわたしのことを証明しているのに、
5:40 あなた達はその命を得るためわたしの所に来ようとしない。


●日本聖書協会「新翻訳」パイロット版」意見具申。「コロサイの信徒への手紙」が終了したので日本聖書協会翻訳部に送信した。その送り状は次の通り。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本聖書協会 翻訳部 ○○○ 様

 

パイロット版意見具申 コロサイの信徒への手紙 の「改訂案抽出」とその基礎資料の「改訂案と翻訳比較」を添付でお送りします。

 

本書の著者問題は学会で二分してます。パウロか、パウロ以外かです。

 

小生は学者の意見に振り回されずに虚心坦懐に読みました。

初めは思想的にパウロらしくないと思い、次はコロサイの教会の内部事情に詳しいパウロ以外の人、そして最後は4章18節の「わたしが獄中にあることを心に留めてください」

を読んで、やはり伝統的な説の「パウロの真筆」の感じがしました。聖書は学者の説ではなく自分で読んで「感じる」ことが大切であると思いました。

 

著者が誰であるにせよ初代教会に固まりつつある「正統信仰」の「空気」に触れることが出来て感謝です。

意見具申の作業は自分自身のために有益です。

 

引き続きテモテ(1,2) を行います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本聖書協会 翻訳部 への送り状 おわり



スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<実を結ぶとは何か・・・眠りは神に覚まされる・・・ | Top | 残りの日々をどう生きるか・・・十年一日の如く、「有体的復活」を叫び続ける・・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/4062-2e39b1cc
FC2blog user only
| Top |
0814