to 日記と感想 キリストの体なる教会・・・見えざる神の救いの現象・・・
Top | RSS | Admin

2017.05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.07


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170812(土)14:00お江戸こらりあーず演奏会、文京シビックホール
    170821(土)15:00お江戸コラリアーズ定期演奏会、文京公会堂
    170809     TW誕生日
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170708(土)14:00在宅医療説明会(キララホール)
    170707(金)10:00池谷医院
    170706      TM誕生日
    170702(日) 集会感話
    170701      TT誕生日
    170630(金)12:20キララホールエントランスコンサート
    170628      IY誕生日
    170627(火)11:00 能城牧師来訪
    170625)日)10:10トミ子集会感話
    170625(日)14:00茅ヶ崎金子邸
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール
    170610(土)14:00内村鑑三セミナー、立教大学12号館。矢田部、椚」山
    170609(金)   TS命日
    170608(木)12:15ボリショイ「白鳥の湖」、東京文化会館
    170707(水)10:00池谷医院
    170604(日)10:00集会感話、
    170604(日)16:30近藤恵邸起工式、福島市。
    170530(火)14:00田岡氏来訪
    170527(土)14:00今井館ピアノコンサート
    170521(日)14:00新宿フィル、ブラームス1番、レスピーギ「鳥」「ローマの松」。和田睦夫
    170425       TN)誕生日
    150420(木)09:30阿伎留センター泌尿器科)
    170416(日)14:00武蔵野室内合奏団、杉並公会堂(大坪満子)


キリストの体なる教会・・・見えざる神の救いの現象・・・ ++++++++ 所感

2016/07/17 06:35

160717(日)4時半目覚め。朝の啓示「キリストの体なる教会・・・見えざる神の救いの現象・・・」●キリスト者の皆様お早うございます。さかなのえ
ΙΧΘΥΣ・イエスス(イエス)、クリストス(キリスト)、セオス(神)、ヒュオス(子)、ソテル(救い主)=イクスス(魚) ●「キリストの体なる教会」を教会の牧師が言うと、我田引水の律法主義のような気がして俄かに信じがたいが、無教会者がこれを言うと私利私欲なしに言えるので楽である。●神の存在理由は「ユダヤ人」と言われている。またカトリックの神父にして考古学者のティヤールド・シャルダンがは「現象としての人間」を書いた。●私が十年一日のごとくに「有体的復活」を叫んでいると、時々ではあるが、「私も信じる、私も信じる」という人が現れる現象がある。これが使徒信条の「聖なる公同の教会、聖徒の交わり」の現象である。自分の信仰を確かめる行為である。●こういう場合、使徒信条の文言ではなく聖書の文字の方が何倍も力があるので、今朝は「キリストの体なる教会」についてその真理を「聖書で聖書を読む」(BbB)行為をしてみよう。

●まずはじめに「Jバイブる」で「キリスト」と「体」をand検索する。するとコrウェだけで心一杯胸一杯である。特に日本における無教会現象の神学的根拠を打ち立てた、塚本虎二訳に「キリストの体なる教会」という訳語が出てくるのは、真理現象である。無教会主義は二元論、グノーシスではない。

塚本訳 ロマ 12:5
12:5 わたし達(信者)も大勢が(全体としては)キリストにおいて一つの体であり、一つ一つとしては互が互の器官であ(って、互に補い合うからであ)る。


塚本訳 Ⅰコリ6:15
6:15 あなた達は知らないのか、あなた達の体は(すでに)キリストの器官であることを。(もちろん、知っているはずだ。)では、わたしはキリストの器官(であるこのわたしの体)を取って、遊女の器官にしてよいだろうか。もっての外だ。


塚本訳 Ⅰコリ6:20
6:20 なぜというのか。あなた達は(キリストの血の)代価を払って買われたのである。だからあなた達の体をもって神を賛美せよ。


塚本訳 Ⅰコリ12:12
12:12 なぜか。体はただ一つであって、それに多くの器官があるけれども、この体の器官が皆、多くあっても、一つの体を成しているように、キリスト(の体である集会)の場合も同じである。


塚本訳 Ⅰコリ12:27
12:27 (同じことをあなた達についても言うことが出来る。)あなた達はキリストの体であり、ひとりびとりとしては器官である。


塚本訳 ガラ 2:20
2:20 わたしはもはや生きていない。キリストがわたしの中に生きておられる。いまわたしが肉体で生きるのは、わたしを愛し、このわたしのために自分をすてられた神の子を信ずる信仰によって生きているのである。


塚本訳 エペ 3:6
3:6 異教人が福音により、キリスト・イエスにおいて(イスラエルと)共に(天上の王国の)相続人となり、共に一体となり、共に(恩恵の)約束に与る者となるということである。


塚本訳 エペ 4:12
4:12 これは(キリストに対する)奉仕の務めを果たし得るよう聖徒達を準備し、かくしてキリストの体(なる教会)が建て上げられんためである。


塚本訳 エペ 4:17
4:17 (かく君達はキリストの体を建てねばならないの)だから、(今)私は主にあってこのことを言いまた厳命する──君達は最早、異教人が空っぽの考えで歩いているように歩いてはならない。


塚本訳 エペ 5:23
5:23 キリストが教会の頭であり給うように、夫は妻の頭であるから──しかも彼は(同時に)その体(なる教会)の救い主であり給う。(この点においてキリストと夫とはもちろん異なる。)──


塚本訳 ピリ 1:20
1:20 そして私の切なる期待と望みは、私が何事にも恥をかかされず、かえって、いつものように今度も、キリストが正々堂々と私の体で、(私の)生によっても死によっても、(勝を得て)崇められ給わんことである。(然り、私の死によっても!)


塚本訳 コロ 1:24
1:24 今私は君達のために苦しむことを喜びとし、またキリスト・イエスの体なる教会のために私の体でキリストの患難の不足を補っている。


塚本訳 コロ 2:9
2:9 (君達はこんなものに惑わされず、ただキリストに拠れ。)何故なら、彼の中には豊満なる神性が悉く形体を取って宿って居り、


塚本訳 コロ 2:19
2:19 (キリストなる)頭にくっついていない。体(なる教会)全体はこの頭から靭帯と腱とによって支えられ、結び合わされ、(かくして)神に育てられて成長するのである。


塚本訳 ヘブ 10:10
10:10 この(神の)『御心』によって、イエス・キリストの『体が捧げられること』により、わたし達はただ一度かぎりで、きよめられているのである


塚本訳 ヘブ 13:12
13:12 だからイエスも(これと同様に、しかし獣の血でなく)自分の血をもって、民をきよめるために、(エルサレムの)門の外で(十字架の)苦しみをうけられたのである。(すなわち贖罪と同じように、血は天の聖所の中に持って入られたけれども、その肉体は門の外のゴルゴダで滅び失せたのである。だから新約の祭壇では、食べる肉は無い。聖晩餐のパンがキリストの肉である訳はないではないか。)


塚本訳 Ⅰペテ4:1
4:1 かくキリストは肉体で受難し給うたのであるから、君達も同じ考えで自分を武装せよ──(罪なくして)肉体で受難した者は(既に)罪(の生活)を断ったのであるから──


塚本訳 Ⅰペテ4:6
4:6 何故なら、肉体では人間的に(既に罪人として)審かれ(て死んだが、)霊では神に倣って(永遠に)生きるため、(陰府に在る)死者にも(キリストによって)福音が宣べ伝えられたからである。


塚本訳 Ⅰヨハ4:2-3
4:2 (しかしこれを吟味することは難しくない。)あなた達はこのことで神の霊を知るのである。──どんな霊でも、イエス・キリストは肉体で(この世に)来られた(神の子である)ことを公然認めるものは、神から(出たの)であり、
4:3 どんな霊でも、イエス(が肉体を取られた神の子であること)を公然認めないものは、神から(出たの)ではない。それは反キリストの霊である。それが来ることを、あなた達は(かねがね)聞いていたのであり、今やすでに、それがこの世におるのである。


塚本訳 Ⅱヨハ1:7
1:7 というのは、イエス・キリストが肉体で来られたことを告白しない誘惑者が、多く(この)世に出てきたのである。これが誘惑者であり、また(最後の日に現われるかの)反キリストである。

●無教会主義者の私が以上の箇所を引用すると、教会の牧師は喜ぶが、無教会者達は「信仰の堕落」と言うかもしれない。しかし無教会者は教会の成長を自己目的としないから「キリストの体」と口では言わないが結果的に教会以上に「キリストの体」を形成している。教会では信者が(特に悪い長老)が牧師をいじめるが無教会ではそういうことはない。集会を大切にし、聖書講義する人間を尊敬する。これ逆説である。●日本の無教会集団を愛したスイスのエミールブルンナーが日本を去る時、塚本先生の「聖書知識」誌に別れの言葉として次の言葉を送った。

塚本訳 ガラ 4:19
4:19 わたしの子供たちよ、あなた達の中に
キリストが形づくられるまで、わたしはもう一度産みの苦しみをしている。

●教会も無教会もこれを「自己目的」にすると行き詰まり、消滅してそれを失う。

塚本訳 ルカ 17:33
17:33 (この世の)命を保とうとする者は(永遠の)命を失い、(この世の命を)失う者は、(永遠に)生きながらえるであろう。

塚本訳 マタ 10:39
10:39 (十字架を避けてこの世の)命を得る者は(永遠の)命を失い、わたしのために
(この世の)命を失う者は、(永遠の)命を得るであろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の啓示と黙想ディボーション おわり。私の信仰が丸くなったのか。信仰の堕落か。

●今日も妻と集会に行く。無教会の集会は信仰の支配者がいないので風通しがよいから自由で楽である。

●集会は川上(司会)、丹野(塚本虎二「ヘブル書講義」)、村上(モーセの実在性)
●午後、前期感謝祭。老齢化で墓の話が複数出た。

スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<神は悔いた心を受け入れられる・・・ハラハラと涙を流す「その時」は必ず来る・・・ | Top | 実を結ぶとは何か・・・眠りは神に覚まされる・・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/4064-29681675
FC2blog user only
| Top |
0814