to 日記と感想 失せた望みのために泣け。手放しで泣け・・・いいんだ。いいんだ。それでいいんだ・・・
Top | RSS | Admin

2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09


将来日記

    将来日記

    XXXXXXXXXXX    終末、復活、永遠の生命、再会(父、母、妻、
              子供、親戚、友人、集会の方々)
              復活と再会の確信はイエスの有体的復活の事実
    291103       結婚60年記念、ダイヤモンド婚
    261016       イカ成人
    251009       コフ成人
    250809       タワ成人
    241103       結婚55年記念。エメラルド婚
    230110       イハ20歳成人
    230713       タテ満80歳
    220728       KM成人
    200713       タテ誕生日満77歳喜寿
    191103       結婚50年記念。金婚
    18秋ごろ 木曜日 阿伎留病院森先生に胃カメラ申し込み
    171229    TM誕生日
    171220     KK誕生日
    171115    TM誕生日
    171016     IK誕生日
    171009     KH誕生日
    1709頃      聖路加約センターに2018年のMRI予約3か月前に聖路加に行く
    170831     芝浦工業会年会費支払締切
    170824(木)12:10キララホールエントランスコンサート、マリンバ
    170822     KS命日
    170817(木)11:30 キリスト教性教育研究会、ナザレ修道会、富永國比古
    170813     KT命日
    170813(日)10:30ナザレン教会浦和教会
    170813(日)14:00比企紀和君
    170812(土)14:00お江戸こらりあーず演奏会、文京シビックホール
    170809     TW誕生日
    170809(水)17:16初音吹奏楽、府中の森芸術劇場ドリームホール
    170808(火)0930池谷医院
    170801     TH誕生日
    170728     TI誕生日 KM誕生日
    170723      IK誕生日
    170713      TT誕生日
    170708(土)14:00在宅医療説明会(キララホール)
    170707(金)10:00池谷医院
    170706      TM誕生日
    170702(日) 集会感話
    170701      TT誕生日
    170630(金)12:20キララホールエントランスコンサート
    170628      IY誕生日
    170627(火)11:00 能城牧師来訪
    170625)日)10:10トミ子集会感話
    170625(日)14:00茅ヶ崎金子邸
    170618(日)15:00今井館総会
    170611(日)14:00武蔵野室内アンサンブル。ブラームス3番他。キララホール


失せた望みのために泣け。手放しで泣け・・・いいんだ。いいんだ。それでいいんだ・・・ ++++++++ 所感

2016/07/20 06:32

160719(水)キリスト者の皆様お早うございます。さかなのえ ΙΧΘΥΣ・イエス(イエス)、クリスス(キリスト)、セス(神)、ヒュス(子)、ソル(救い主)=イクス(魚) ●4時目覚め、4時半起床。朝の黙示「泣け。手放しで泣け・・・失せた望みの時に・・・」●昨日は、録画してあった「復興コンサート」を見て「音楽の力」の偉大さに感じた。これは東日本大震災の直後に仙台フィルハーモニーの面々が各所を慰問に訪れて演奏したドキュメントであった。●ある仮設住宅での演奏会のこと。それまで我慢に我慢を重ねてきた一人の御夫人は管英三子(ソプラノ。日本キリスト教団仙台北教会会員)の歌を聴いて、滂沱の涙。「いいんだ、いいんだ。泣いていいんだ」と思ったという。これを見た私は音楽の持つ不思議なt力を感じた。仙台フィルハーモニーの面々も「こんな時に音楽なんて役に立つのだろうか。演奏中に石でも投げつけられるのではないか」と思った人もあった。しかし実際は逆で音楽は被災者を励ますのだということを知ったと言う。●信仰や聖書も同じである。かって某氏が私に「宗教なんて役に立たない」と激怒批判したことがある。その人は身内に手に負えない病の人を抱えた。その逆境、苦難が神の愛からであることを知る時が来ることを祈る。この世でダメなら来世でも。●人は「失せた望み」の時に泣く時が来る。大泣きする。手放しで泣く。私の場合は、父の結核再発、火災による家屋喪失、脳出血、母の死。●家屋全焼の時は焼け跡にクリスチナロゼッティの詩集を探した。彼女の身の上から出た詩。「お泣き、心からお泣き。朝が来れば微笑(ほほえみ)」というくだりを読んで彼女に慰めてもらいたかったのだ。この詩集の翻訳者大原三ハ雄氏は広島原爆の被爆者。またSさんは「神様はムゴイネー」と言って電話の先で泣いてくださった。故人になられた。私は弔辞を述べた。Sさんの霊、御許で安かれ。●母が死んだときは不幸な育ちをした母がついに神がわからにまま死んだことに力を落として泣いていたときに、ホスピスのO医師が「いいんだ、いいんだ、それでいいんだ」と肩に手をかけてくださった。そのO医師の夫人(クリスチャン)は過日召された。●神は悲しみの時に現れてくださる。某女のこと。御主人に裏切られた夜。畳の目が見えなくなるほど泣き明かした。すると初めて「永遠の命」ということが分かったと言って来られた。●東日本大震災では信仰を失った人もいると聞く。逆に信仰が分かった人もいる。神は人を泣かせてその人が思う以上、望む以上の尊い幸福を下さる。●父母の墓碑銘は「神は愛なり」。私たちもそう遠くはない日にそこに眠る。

文語訳 ルカ 6:21b
6:21b 幸福なる哉、いま泣く者よ、汝ら笑ふことを得ん。


塚本訳 ルカ 6:21b
6:21 bああ幸いだ、今泣いている人たち、(かの日に)笑うのはあなた達だから。

文語訳 Ⅰヨハ4:16
4:16 我らに對する神の愛を我ら既に知り、かつ信ず。神は愛なり、愛に居る者は神に居り、神も亦かれに居給ふ。


塚本訳 Ⅰヨハ4:16
4:16 わたし達は神がわたし達に対して持たれる愛を、知りまた信じているのである。神は愛である。愛に留っている者は神に留っており、神も彼に留っておられる。

文語訳 Ⅰヨハ5:3
5:3 神の誡命を守るは即ち神を愛するなり、而してその誡命は難からず


塚本訳 Ⅰヨハ5:3
5:3 神の掟を守ること、それが神を愛することだからである。そしてその掟は、むずかしいものではない

文語訳 Ⅰヨハ4:10
4:10 愛といふは、我ら神を愛せしにあらず、神われらを愛し、その子を遣して我らの罪のために宥の供物となし給ひし是なり


塚本訳 Ⅰヨハ4:10
4:10 わたし達が神を愛したことではなく、彼がわたし達を愛し、その子をわたし達の罪のための宥め(の供物)として遣わされたそのことに、愛があるのである。

口語訳 Ⅰヨハ4:10
4:10 わたしたちが神を愛したのではなく、神がわたしたちを愛して下さって、わたしたちの罪のためにあがないの供え物として、御子をおつかわしになった。ここに愛がある。

文語訳 Ⅱコリ7:10
7:10 それ神にしたがふ憂は、悔なきの救を得るの悔改を生じ、世の憂は死を生ず。


塚本訳 Ⅱコリ7:10
7:10 なぜなら、
神の御心に沿った悲しみは、(人を)救いに入れる悔いのない悔改めをもたらすけれども、この世(的)の悲しみは、(絶望と)死をもたらすからである。


●ロマ種8章28節は私の父も幸福論の」カールヒルティも特愛の句であった。ヒルティ著作集の本質。

文語訳 ロマ 8:28
8:28 神を愛する者、すなはち御旨によりて召されたる者の爲には、凡てのこと相働きて益となを我らは知る。

塚本訳 ロマ 8:28
8:28 そればかりではない。(わたし達の救いは次のことからも確かである。)わたし達が知っているように、神を愛する者、すなわち(神の)計画に応じて召された者には、すべてのことが救いに役立つのである


文語訳 黙  5:5
5:5 長老の一人われに言ふ『泣くな、視よ、ユダの族の獅子・ダビデの萌蘗、すでに勝を得て巻物とその七つの封印とを開き得るなり。


塚本訳 黙  5:5
5:5 すると(かの)長老の一人が私に言う、「泣くな。視よ、ユダ族の獅子、ダビデの根(である者)が(既に)勝った(から)、彼がその巻き物と七つの封印とを開く(ことが出来る。)」



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の啓示黙想ディボーションおわり


●信者の某女から長電話。黙って聞くのも不親切。聖徒の交わりは「敬虔な空気」が必要。

●ちょうど日本聖書協会「新翻訳」パイロット版意見具申を書いている最中。1テモテ4章。4章7節に意見。



 

7俗悪で愚かな作り話を退けなさい。敬虔さのために自分を鍛えなさい。

●改訂案・・・「愚かな」は直訳の「老女じみた」が良い

●理由・・・・プロテスタント教会は、老人病院の待合室。特に老女の「おしゃべり」が多い。牧師や伝道者はこういう人間に時間を取られてはいけない。神への敬虔を目指せ。

       岩波、前田、新改訳、塚本訳、フランシスコ会。

 

●翻訳比較

 

岩波翻訳委員会訳1995

540407老婆好みの卑俗な作り話は退けなさい。そうではなく、敬虔の方向に自分自身を鍛錬しなさい。

 

新共同訳1987

4:7 俗悪で愚にもつかない作り話は退けなさい。信心のために自分を鍛えなさい。

 

前田訳1978

7俗で老婆向きの作り話は避けて、自らを敬虔へと訓練なさい。

 

新改訳1970

4:7 俗悪な、年寄り女がするような空想話を避けなさい。むしろ、敬虔のために自分を鍛練しなさい。

 

塚本訳1963

4:7 俗悪な、年寄り女がするような空想話を避けなさい。むしろ、敬虔のために自分を鍛練しなさい。

 

 

口語訳1955

4:7 しかし、俗悪で愚にもつかない作り話は避けなさい。信心のために自分を訓練しなさい。

 

文語訳1917

"540407","されど妄なる談と老いたる女の昔話とを捨てよ、また自ら敬虔を修行せよ。"

 



スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<聖書は「老いの悲しみ」に触れてない・・・待て、終末再臨の喜びの時は「間もなくだ」・・・ | Top | 血を分けた同胞の救い・・・一番大切なことは、有体的復活伝承の歴史的連鎖・・・>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://teruonikki.blog55.fc2.com/tb.php/4067-d8e00823
FC2blog user only
| Top |
0814